京都検定の試験が終わっても京都散歩は終わらない!

ということで引き続きお休みを利用して京都散歩に出かけてきました

まだガイドブック「京都散歩」に掲載されたコースは残っていますからね

ショップ&グルメコースを除いたコースは全部で41コースなので

あと残り16コース!

IMG_20190214_171109-1280x960






その中で今回歩いてきたのはコース38

太秦
〜大魔神の像も建つ映画の街〜

なんかキャッチフレーズがうっすいな〜・・・

コース内容はこんな感じ

〇修亮
東映太秦映画村


コース内容もうっすいな〜・・・

まぁ冬のオフシーズンですからこれくらいが丁度いいか?

歩く時間も35分/歩く距離2.4km

とお手軽コースですね♪
(実際はそんなにお手軽ではなかったけど)

スタート地点は地下鉄の“太秦天神川駅”

P1250001~01






〇修亮
(かいこのやしろ)

駅のそばにある大きな石の鳥居には“養蚕神社”と書かれています

P1250005~01P1250006~01






白木の神明鳥居の先に本殿がありました
P1250008~01P1250043~01






よく見ると2つ社殿が並んでいますが

向かって右側が養蚕神社(蚕の社)の本殿だそうです
P1250018~01P1250016~01






こちらの神社の正式名称は

“木嶋坐天照御魂神社”
(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)

一般的には木嶋神社蚕の社と呼ばれています

名前の通り、養蚕や織物の神様です

神社の名称に天照ってあるのでアマテラスが祀られていそうですが

御祭神はアメノミナカヌシを筆頭に四柱

神紋は下鴨神社と同じ双葉葵
P1250017~01P1250041~01






台風の影響がちょっと痛々しいですね
P1250013~01P1250014~01






さて、こちらの神社には京都三珍鳥居のひとつがありまして

これを見るのが目的だったんですが

鳥居は柵の向こうにあって近くには寄れないんだ・・・
P1250019~01P1250021~01






こちらが京都三珍鳥居のひとつ“三柱鳥居”

鳥居の足が3本あって

上から見ると正三角形をしているんです
P1250022~01P1250023~01






この神社を創建したのは渡来系の氏族、秦氏(はたうじ)

秦氏は古代イスラエルから中国・朝鮮半島を軽油して

日本にやってきたという説があります

キリスト教の一派のネストリウス派は中国で“景教”と呼ばれ

日本にも伝わってきたのだとか

で、この不思議なカタチの鳥居は

キリスト教の教義である「三位一体」を現しているとの説も

↓確かに言われてみれば・・・って感じですよね
(てことは真ん中の磐座みたいなのはキリスト?)

Screenshot_20190125-203724







これは別に都市伝説とかトンデモ説って訳でもなく

ちゃんと神社の由緒書きにも書かれていました(笑)
P1250010~01






鳥居の周囲は石で囲いがあって池みたいですよね
P1250026~01P1250029~01






あとから嵐電の“蚕ノ社駅”でこんな写真を発見
IMG_20190131_002858






やっぱり昔は池だったみたいです
(水があったほうが神秘的ですね)

境内には稲荷社もありました
(お稲荷さんも秦氏が建てた神社)

P1250033~01P1250034~01






さて、さっそくですがお腹が空いたのでランチタイムにしますか

お店を探すのが面倒なので嵐電の“太秦広隆寺駅”に隣接している

“京富”ってお店で

“きざみそば+たこ飯(700円)”を頂きました

なんで京都でタコ飯やねん!

ってあんまり期待していなかったけど

これが意外に美味しかった(笑)
P1250048~01P1250046~01






さて次のスポットに向かう途中に気になる神社がありました

大酒神社
(おおさけじんじゃ)

鳥居の横には

養蚕機織管弦楽舞之祖神

と書かれた石碑が建っています
P1250052~01P1250053~01






大酒神社は元の名を“大辟(闢)”神社と呼ぶそうで

中国語で大闢は“ダビデ”の意味

ちなみにさっきの養蚕機織管弦楽舞之祖神

管弦楽ダビデ王の特徴とも一致するそうです

養蚕機織はもちろん“秦氏”のこと

ちなみにこちらの御祭神はどなたかというと

秦始皇帝!!

Fotor_154848857233054~01






まさか日本に秦始皇帝を祀る神社があったとは!!

ちなみに秦氏は秦始皇帝の末裔です
(自称ですが)

こちらの大きな石碑は“皇紀2600年”を記念して建てられたものみたいです
P1250054~01






皇紀・・・神武天皇の即位した日を元年とした暦
(西暦2019年は皇紀2679年)

社殿は揺らしたら壊れそうな鈴がある程度で装飾も地味

秦始皇帝やダビデ王にまつわる神社だとは普通は気づかないような神社ですが

太秦のお越しの際は是非立ち寄ってみましょう!
P1250055~01P1250059~01






さて、大酒神社の先にあるのが今回のコースの2ヶ所目にして最後のスポット

東映太秦映画村

実は一度も入ったことがないんですよね〜
P1250065~01P1250066~01






ちょうどこの日はお休みでした
(もともと入る気はなかったけど)
20190125_125511~01






コース38のスポットは以上2ヶ所だけですが

紹介しきれていない場所がまだまだあるので後編へ♪