さて、大尾神社、黒男神社のあとは

いよいよ本殿へ進みましょう

やたら手水舎の水盤が立派ですが

この水盤は国内最大の御影石の水盤だそうです
(山口県産で重さ24トン!)
P4180148P4180150






手水舎を進むと上宮(じょうぐう)下宮(げぐう)の分岐点があります
P4180146Fotor_155571584773395






流れ的に上宮から進むほうがいいですね

宇佐神宮の本殿は

■一之御殿(御祭神:応神天皇)
■二乃御殿(御祭神:宗像三女神)※所説あり
■三ノ御殿(御祭神:神功皇后)


って3棟が横並びになっています

そして拝礼は出雲大社と同じく

二礼四拍手一礼です
P4180165P4180166






本殿の背後に“大元(おおもと)神社遥拝所”って窓枠があって

そこから大元神社がある御許山(おもとさん)が眺められます

大元神社というのは宇佐神宮の奥宮にあたります
P4180159P4180160






帰りは仁徳天皇を祀る若宮神社を左に進むと下宮です
P4180181P4180180






こちらも上宮同様の造り

なのでお賽銭は最低でも6回分は用意しておきたいですね(笑)
P4180155






最後に宝物館(300円)に入ってみました

規模はかなり小さいですが

これも維持費だと思ってできれば入ってあげたいですね
P4180183






あ、宇佐神宮で一番びっくりしたのが

境内にモノレールが走っていること!

気になってのりばに行ってみると・・・

なんか思ってたのと違うモノレール・・・
(ケーブルカーみたいですね)
P4180172P4180173






祐徳稲荷のエレベーターといい

九州の神社は足の弱い参拝者に優しい神社が多いですね