南蔵院を出たのは17時すぎ
IMG_20190420_171907-1024x768






まだ明るいし

もう1ヶ所くらい行けそうやね♪

ってことでJR城戸南蔵院前から再びJR福北ゆたか線に乗り

吉塚駅で下車しました

鹿児島本線と接続している駅です
(南蔵院に行く時に乗り換えた駅)

IMG_20190420_174717-1024x768






向かった先は“筥崎宮(はこざきぐう)”

別名は筥崎八幡宮

京都の石清水八幡宮

大分の宇佐神宮(宇佐八幡宮)

と並んで

三大八幡宮に数えられている神社です
(筥崎宮の代わりに鶴岡八幡宮とする場合もあります)


参道に重厚感のある石の鳥居が立っていますが
IMG_20190420_180337-1024x768IMG_20190420_180402-1024x768






この鳥居、寄進したのはあの

黒田長政!

ちゃんと鳥居には名前も刻まれていました
IMG_20190420_180246-1024x768IMG_20190420_181531-1024x768






手水舎も立派ですよね

この水盤の側面は

“銭洗御神水”ってお金を洗ってご利益を頂くコーナーになっていました
(なんか鎌倉の銭洗い弁天みたい)
IMG_20190420_180451-1024x768IMG_20190420_181216-1024x768






ここの狛犬・・・

この小さい顔にぶっとい腕・・・

香椎宮で見た狛犬と同じデザインやん!!

島旅部・春のひとり合宿2日目【香椎宮編】

IMG_20190420_180323-1024x768IMG_20190420_180305-1024x768






同じ年代に置かれたのでしょうか?


この筥崎宮と言えば

小早川隆景によって建てられた楼門が有名

なんで有名かと言うと

扁額に「敵國降伏」って書かれているから

IMG_20190420_180656-1024x768IMG_20190420_180902-1024x768






心穏やかに訪れる神社に「敵國降伏」だなんて

なんだかちょっと不釣合いな感じですよね

これは元寇の際に亀山上皇が国家の安泰を祈念して奉納したもの
(所説あるとは思いますが)

ちなみに扉の桐紋彫刻は左甚五郎作と伝わっているそうです


楼門の前には筥崎宮の名前の由来にもなった

“筥松”という御神木が立っていました
IMG_20190420_181051-1024x768






でもこちらの筥松より

同じく境内にある大楠がめちゃくちゃ神々しかったです
(樹齢800年!!)
IMG_20190420_181253-1024x768IMG_20190420_181313-1024x768






こちらは“湧出石(わきでいし)”

筥崎宮きってのパワースポットだそうです
(ふーん・・・)
IMG_20190420_180609-1024x768






この横長の大きな石は“蒙古軍船碇石”

神風によって沈んだ蒙古軍が碇として使用していた石だそうです

これはちょっと興味深いですね!

関西にいたら蒙古とか元寇とか

あんまり出てこないキーワードですから・・・
IMG_20190420_181404-1024x768






こちらはハトのおやつ

普通、こういった場所って

“鳩に餌をあげないでください”

なのにね・・・(笑)

八幡宮の神使は鳩なのでハトに優しいのでしょうか?(笑)

IMG_20190420_181116-1024x768






参拝のあとは“JR箱崎駅”から福岡空港へ向かいました
(筥崎宮は吉塚駅と箱崎駅の中間にあります)


神社の名称は“崎宮”ですが

神社と同じ名称は恐れ多いとして

駅の名称は“崎駅”だそうです

IMG_20190420_182711-1024x768Fotor_155584501644854







さて、これにて長かった

島旅部・春のひとり合宿の観光は全て終了です

綺麗に八幡宮で始まり八幡宮で終わった(笑)
(たまたまなんですが)


あ、観光はこれで本当に最後ですが

ブログのネタはもうちょっと続きます!!

もうちょっとだけお付き合いをm(__)m