さて今回は高野山3大スポットのひとつ

金剛峯寺(こんごうぶじ)へ行ってみましょう!

金剛峯寺は約3600ある高野山真言宗の総本山

正門(写真右下)は1593年に再建されたもので

かつては皇族や高野山の重職しか通れなかったそうです
P9190098-1024x768P9190099-1024x768






こちらがメインの主殿(しゅでん)

豊臣秀吉が母の菩提を弔うために建立した“青岸寺(せいがんじ)”

青岸寺と隣接して建っていた“興山寺(こうざんじ)”が明治時代に合併

2つのお寺を合わせたものが現在の金剛峯寺です

P9190100-1024x768P9190104-1024x768






屋根の上に置きな桶が置かれていますね

これは“天水桶(てんすいおけ)”と呼ばれていて

火災の際に屋根が燃えないようにする防火装置だそうです
P9190103-1024x768






さぁ拝観料(500円)を払って中へ入りましょう

狩野派による襖絵が見事ですが撮影はNG

でも襖絵以外はほとんど撮影OKです

ちなみに“砲隆屐は豊臣秀次が切腹した場所で

通称“秀次自刃の間”
P9200059-1024x768P9200062-1024x768






台所がめっちゃ広いですね

この大きな釜で約2000人分のご飯が炊けるそうですよ
P9200063-1024x768






金剛峯寺の庭園は2匹の龍を表現した“蟠龍庭(ばんりゅうてい)”

国内最大級の石庭としても有名です

岩は空海の出身地である四国の花崗岩

砂は空海が活躍した京都の白川砂を使用しているそうです
P9200055-1024x768P9200053-1024x768






金剛峯寺に行ったら是非やってみたかったのが

“阿字観(あじかん)”

阿字感とは真言宗に伝わる瞑想法

高野山では宿坊先の宿坊で体験できる場合もありますが

どうせやるなら本場の金剛峯寺で体験したいですよね
(体験料は別途1000円)

金剛峯寺が主催する“ちょっと一息 阿字観体験”

4月下旬〜11月中旬の期間限定で

しかも開催日は金曜から日曜のみ

さらに1日4回で

各回の定員が先着20名!


今回は11時半からの回を受講できましたが

しっかり20名ほど集まっていましたね

参加者はなぜか全員おっさんでした(笑)

P9200051-1024x768IMG_20190920_111630-1024x768






所要時間は説明込みで約1時間

受けてみた感想は・・・

ヨガのレッスンに似た感じかな?

心身ともにリフレッシュした気分になれました♪

高野山に行かれた際は是非、体験してみてくださいね

IMG_20190926_203105-1280x960






【諸堂共通内拝券】
高野山内の有料施設6ヶ所のお得なセット券です
全て行く予定なら事前に購入をおススメします♪
=セット内容=
■根本大塔(200円)
■金堂(200円)
■金剛峯寺(500円)
■霊宝館(600円)
■徳川家霊台(200円)
■大師教会・授戒(500円)
合計:1700円→1500円
購入先は山内に3ヶ所ある高野山宿坊教会