これまで高野山のメインスポット

奥ノ院、金剛峯寺、壇上伽藍を巡ってきましたが

高野山は他にも見所がたくさん!

今回はそんな見所のいくつかをご紹介します



大門(だいもん)

高野山の総門にあたる高さ約25mの楼門です

現在の門は1705年に再建されたもの

その後、弘法大師御入定1150年記念事業の際

5年3ヶ月を掛けて解体修理が行われ

1986年に完成し今に至ります

(金剛力士像は江戸時代の作品)
P9190156-1024x768P9190160-1024x768






霊宝館(れいほうかん)

高野山の宝物館ですね
(入館料:600円)

宇治の平等院を模した造りで

現存する木造建築の博物館としては国内最古だそうです

運慶の八大童子を楽しみにしていたのに

見れなかった〜(泣)

八大童子は普段は展示されていないようです・・・
P9190165-1024x768P9190166-1024x768






大師教会(たいしきょうかい)

弘法大師の教えを広める活動を行っている総本部です

P9200024-1024x768






左のコンクリート造りの建物が事務局

右の大きなお堂は大正時代に建てられた大講堂
P9200025-1024x768P9200031-1024x768






堂内には空海の一生を描いたパネルが展示されています
P9200027-1024x768P9200028-1024x768






この大師教会では“授戒(じゅかい)”と呼ばれる体験ができます

受付で500円を支払いアテンド役の僧侶と一緒に授戒堂へ

扉を閉めきり薄暗い中、奥から阿闍梨(あじゃり)様が登場します

※阿闍梨・・・位の高い僧侶

阿闍梨様が御真言を唱えたあと

アテンド僧侶と自分が同じように御真言を唱える様に指示されました

えっ?御真言なんて唱えたことないんですけど!!

って焦ったけど大丈夫

阿闍梨様は初心者向けに

真言を短く区切って唱えてくれるのです

自分はそのあとに続くだけ

英語の授業の“リピートアフターミー”って感じですね(笑)

でも受講生が自分ひとりだったので恥ずかしかった〜

羞恥心を克服する

そんな意味を込めた修行だったのでしょうか?(笑)

終了すると阿闍梨様より名前が呼ばれ

“菩薩戒帳”が手渡されます
(認定書みたいなもん?)

これで晴れて空海の弟子になったらしい・・・
(授戒は宗派問わずに受けられます)
IMG_20190920_093726-1024x768







女人堂(にょにんどう)

明治まで女人禁制だった高野山

高野山へ向かう7つの参道には女性が籠るためのお堂ができ

そこからお大師様を拝んでいたそうです

かつては7つの参道にそれぞれ存在した女人堂

現存するのはこちらの不動坂口の女人堂のみです
IMG_20190920_144905-1024x768IMG_20190920_145646-1024x768






お堂の前にそびえるのは“お竹地蔵”

江戸時代にお竹さんが建立したお地蔵さんで

高野山にある鋳銅製の仏像では最大級だそうです
IMG_20190920_144920-1024x768IMG_20190920_145535-1024x768






徳川家霊台(とくがわけれいだい)

家康と秀忠が祀られています

規模は小さいですが流石に煌びやかですね
(拝観料:200円)
P9200038-1024x768P9200037-1024x768







摩尼宝塔(まにほうとう)


ガイドブックなどにはあまり載っていませんが

恐らくバスで前を通ったら

「添乗員さんあれ何?」

って聞かれるであろうちょっと派手な

三層八角の宝塔です

こちらは太平洋戦争の際、ビルマ方面で亡くなった方の冥福を祈る塔で

別名:ビルマ戦没者慰霊塔

成福院(じょうふくいん)という宿坊寺院の境内に立っています

堂内にはビルマから贈られた仏像や

ビルマ戦の資料などが展示されていました
(入場無料)
P9200041-1024x768P9200044-1024x768






刈萱堂(かるかやどう)

ここは高野山内でもかなり有名なスポット

かつて刈萱道心(かるかやどうしん)

石堂丸(いしどうまる)という親子がおりまして

その親子の悲しい物語ゆかりのお堂です

ちなみに高野山には“刈萱餅”っ有名なお土産まであります
P9200048-1024x768P9190085-1024x768






あとは観光地じゃないけど、こんなスポットも

ちょっと風変わりな建物ですが

これ、警察署なんです!(笑)

P9200032-1024x768IMG_20190920_155822-1024x768






高野山って知れば知るほど奥が深いですね

今回は1泊2日でしたが

まだまだ見逃したスポットもたくさんあるので

また機会をみてリベンジしたいです

これからの紅葉の季節や

冬のキリっとした空気の中の高野山も素敵だろ〜な〜

IMG_20190920_174138-1024x768






高野山へ行かれる際は予習はしっかり

これが鉄則のようです♪