前回ご紹介した梅田の氏神、“綱敷天神社”

茶屋町に境外末社が2つあるようなので

ついでに行ってみました♪

07_copy_1024x767






まずは

“綱敷天神社・御旅社”

商業ビルが立ち並ぶエリアにポツンとあります

目に入ったことはあるけど

立ち止まったことはない

そんな感じの小さい神社です
Fotor_158409169208856_copy_1024x768Fotor_158409164732470_copy_1024x768






でも扁額はめちゃくちゃ立派

写真では分かりにくいですが、社殿もなかなか豪華です
(阪急京都線からだとよく見えます)
Fotor_158409173038750_copy_1024x768Fotor_158409170972755_copy_1024x768






菅原道真の綱を敷いて梅を見たって故事は

もともとこの神社のお話しだそうで

ミッチーの帰りを待っていたお供の従臣たちが

“梅塚天満宮”として祀ったのが始まりだとか
(創建当時は太融寺町だったとも)

一般的にお祭りの際などに神様が休憩する場所を

“御旅所(おたびしょ)”といいますが

こちらは常にミッチーの御霊が鎮まっているので

“御旅社(おたびしゃ)”と呼ぶそうです



残りの1社はさらに賑やかなエリア

HEPファイブの大観覧車の裏あたりにありました

社殿はさらに小さくなるので

前を通っても目にも止めないかも・・・

Fotor_15840925449080_copy_1024x768Fotor_158409263210794_copy_1024x768






こちらの神社がちょっと変わった名前でして

“歯神社”

といいます(笑)

ご利益は言わなくても分かりますよね

歯痛です(笑)

Fotor_158409258828365_copy_1024x768Fotor_158409256223074_copy_1024x768






もともと農耕神として祀られていた神社で

淀川の決壊をこのあたりで歯止めたことから

“歯神社”と呼ばれるようになったんだとか

神社とかお寺の名称って

たまに無理やり感があるから面白い(笑)

社務所はないので御朱印はさっきの“御旅社”へ

ちなみにこの茶屋町界隈

かつて菜種油を採取するため

菜の花畑が広がっていたそうです

街道沿いに菜の花を楽しむための茶屋が三軒あったことから

“茶屋町”と呼ばれるようになったとも言われているそうです

茶屋町がかつて菜の花畑だったなんて信じられませんね!!


この3社をまとめると

嵯峨天皇を祀る神社➡神野太神宮➡綱敷天神社

菅原道真を祀る神社➡梅塚天神社➡綱敷神社・御旅社

農耕神を祀る神社➡歯神社

もとは別々の会社が

明治に入って業務提携したって感じですかね?(笑)

Fotor_158409268619134_copy_1024x768Fotor_158409395384876_copy_2736x2052






以上の三社は全て徒歩圏内

買い物やデートで梅田に来られた際は

フラッと“梅田三社詣り”なんていかがですか?


↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!