堀越神社に行った際

グーグルマップで周辺の地図を見ていたら

“庚申堂(こうしんどう)”を見つけたのでついでに行ってみました
22_copy_1024x767






四天王寺からも堀越神社からも近いんですが

住宅街の中にあるのでちょっと分かりにくい場所にありました・・・

本邦最初・庚申堂って書いてますね

実はこちらの四天王寺・庚申堂

全国にある庚申堂の元祖なんだそうです!

庚申堂ってナニ?って方はこちらの記事へ・・・

八坂庚申堂に行ってきました♪
(2018年3月9日)

読み返したら、ちゃんと自分でも

日本三大庚申として書いてましたね(笑)

Fotor_158557252257073_copy_1024x768Fotor_158557253726771_copy_1024x768






こちらの庚申堂の創建は701年

疫病で苦しむ人をなんとかしたいと思った

豪範(ごうはん)という僧が一心不乱に祈ると

“青面金剛童子(しょうめんこんごうどうじ)”が現れたそうです

その後、その青面金剛童子を祀ると疫病も収まったのだとか

今まさにお詣りしたいスポットですね


庚申堂と言えば“猿”

日光で有名な三猿の元祖でもあります
Fotor_158557255261192_copy_1024x768Fotor_158557263284636_copy_1024x768






Fotor_158557260280040_copy_1024x768IMG_20200330_114356_copy_1024x768






こちらが“三猿堂”

堂内に三猿の木造が安置されていました

京都の八坂・庚申堂はカラフルな

“くくり猿”で一躍インスタで人気になりましたが

こちらの庚申堂にはくくり猿はおらず

代わりに“庚申願い球”なるご利益グッズが吊るされていました
(バエるまでにはもうちょっと時間がかかりそうです・・・)
Fotor_158557247643653_copy_1024x768Fotor_158557238009966_copy_1024x768






Fotor_158557236068730_copy_1824x1368






こちらが本堂

ご本尊の“青面金剛童子”は絶対秘仏
(御開帳は60年に一度)
Fotor_158557241044253_copy_1024x768Fotor_158557245869088_copy_1024x768






四天王寺庚申堂は創建から1300年以上経っていますが

一度も場所を移していないそうです

ただ本堂は大阪大空襲で焼失

現在の建物は1970年に建てられたもの

なんと大阪万博の休憩所を移築したそうですよ


境内の奥に七福神と大黒さんの石像がありました

この大黒さん

ソリに乗っているのかと思いきや・・・


それ、いつも肩に担いでる袋ですやん!

しかも打ち出の小槌、ちょっと出てるし!

それにしてもめっちゃ楽しそうな顔してますね(笑)
IMG_20200330_114653_copy_1024x768IMG_20200330_114634_copy_1024x768






1300年もの昔

疫病の苦しむ人々のために建てられたお堂ですが

現在は庚申日以外はひっそりとしているそうです

天王寺界隈にお越しの際は

ぜひ、庚申さんにもお立ち寄り下さいね
IMG_20200330_114137_copy_1024x768







↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!