先日、石清水八幡宮参拝レポートを2日に渡ってお送りしましたが

実は話しが長くなるからカットした部分があるんです

ちょっと聞いてもらえます?(笑)

それは神紋(しんもん)のお話し

28_copy_1024x767






神紋とは神社の手水舎や瓦に付いている紋章

家なら家紋、寺院なら寺紋ですね


八幡宮といえば神紋は“三つ巴”

巴紋ってシンプルだけど色々と謎が多い模様なんですよね

水を表しているって説が一般的で

よく火災除けで瓦に付いていたります

IMG_20200406_155046_copy_1024x768IMG_20200407_123951_copy_1024x768






ところでこの三つ巴には

“右三つ巴”“左三つ巴”があるんですが

この写真の巴紋はどっちだと思います?

渦が右回りだから“右三つ巴”って思いますよね

でも一般的にはこれ

“左三つ巴”と呼ぶそうです

覚え方がちょっと面白くて

自分の親指を巴紋として

親指の向いている方向で覚えるそうです(笑)
IMG_20200407_152139_copy_1024x1024









あと石清水八幡宮の総門で

ちょっと気になる紋が目に止まりました

Fotor_158622126227415_copy_1024x768






御祭神が天皇なので菊の紋はわかるけど

手前にある植物の紋は何やろ?
IMG_20200406_161307_copy_1024x768IMG_20200406_161330_copy_1024x768






調べてみると、この紋は

日本の十大紋のひとつ

“橘(たちばな)紋”

その橘紋の中でも

“久世橘(くぜたちばな)”と呼ばれる家紋だそうです

で、今度は[石清水八幡宮 橘]って検索したら

石清水八幡宮創建当時

朝廷の宣旨を受け社殿を建立したのが

“橘良基(たちばなのよしもと)”って平安貴族

だから橘紋なのかな〜と思ったら

この橘紋は石清水八幡宮を宇佐から勧請した

大安寺の僧・行教の家紋から来ているそうです(笑)
(最初から社務所で聞けば良かった・・・)


家紋や社紋って注意してみると面白いんですよね

八幡宮にたくさんある燈篭にも

よく見たら寄進した武士の家紋が彫られている燈篭が数多くありました

Fotor_158623981042592_copy_1024x1024








最近、この家紋や社紋を見るのが面白くて

本まで買ってしまった(笑)
Fotor_158631818728278_copy_1024x768Fotor_15863181630709_copy_1024x768






西東社から出ている

「家紋と名字」

これ、めちゃ分かりやすいですよ

西東社の本はほんと外れがないです♪

本棚にある西東社の本をピックアップしてみたら

これだけあった(笑)

Fotor_15870357230029_copy_1280x960






最近は家にいる時間も多いと思うので

これを期に本で教養を深めるものいいですね♪



ところで皆さん

自分の家の家紋ってご存知です?

↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!