今回は石清水八幡宮の参拝に来たら

絶対に外せない名物を2品をご紹介します

1586602110113_copy_1024x1024









まずは石清水八幡宮の門前名物

“走井餅(はしりいもち)”

一ノ鳥居目の前にある

“やわた走井餅老舗”で購入できます

(境内にも小さい販売所がありますが、いつも閉まってる・・・)


走井餅は京都検定でもよく出題される有名なお餅

創業は1764年

大津で走井の名水を用いて作ったのが始まり

明治4年にここ、八幡にのれん分けしたんですが

その後、大津の本家が廃業

八幡の走井餅は、直系唯一の走井餅として本家の味を継承しています

※井筒八ツ橋本舗(追分店)で売っている走井餅とは別物

ちなみにこの笹かまぼこみたいな形は“刀”を表現しているそうですよ
(刀匠・三條小鍛冶宗近が走井の名水で刀を鍛えて故事に由来)

お土産用は5個からでしたが

こちらの店舗だと1個(130円)からOK
Fotor_158622242451896_copy_1024x768IMG_20200407_131925_copy_1024x768







お次は京阪・石清水八幡宮駅から男山ケーブルに向かう途中にある

和食処“朝日屋”

昔ながらの落ち着いた店内ですね

実はここの“鯖寿司”が絶品なんです!!

雑誌「ブルータス」の全国のおススメお取り寄せで金賞受賞

雑誌「dancyu」の京都のおススメお取り寄せさば寿司3選

などにも選ばれているそうです

以前、バラエティー番組の「ごぶごぶ」でも以前紹介されたそうですよ
(地元の友人談)
Fotor_158656719951880_copy_1024x768Fotor_158656721236777_copy_1024x768






前に店内で鯖寿司付きの定食を食べて感激したんですよね
(鯖寿司3カンとうどんで1430円)

こんな美味しいものが八幡にあったんだ!って(笑)

1本は多いので今回はハーフを持ち帰りで購入

竹の皮に包まれているのがいいですね

てか

切れてないんかーい!!!
Fotor_158656727055410_copy_1024x768






先日、新しい包丁買ったばかりで良かったわ(笑)

この鯖寿司、脂ののりが半端ないんですよね

トロっっっっとろ♪

でも全体的にはあっさりした味付けなのでしつこくない

こってりだけど後味さっぱり

こっさり系の鯖寿司なのでした♪
Fotor_158656730164431_copy_1024x768Fotor_158656830661833_copy_1024x768






でもお値段がね

1本3240円
(特上は4800円

このハーフでも2160円です

てことは

1切れ350円くらいか・・・・・・・
Fotor_158656735010043_copy_1024x768






美味しいものを食べるには

やっぱりお金を出さないといけませんね

あ、これ

パッケージツアーも同じですね



↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!