大阪市中央区博労(ばくろう)町にある

“難波神社”に行ってきました♪

前にも同じような神社に行っていますが

あちらは難波大社・生國魂神社

こっちは難波神社です

実際に行ったのは緊急事態宣言前です


03_copy_1024x767







御堂筋に面しているので前から存在は知っていたけど

実際に境内に入るのは今回が初めて
Fotor_158558050679521_copy_1024x768






御堂筋側(東側)の鳥居には扁額がないですが

南側に面した鳥居にはちゃんと扁額が掛かっていました

社殿が南側を向いているからこっちが正面なのかな?

Fotor_158558033234710_copy_1024x768Fotor_158558037243130_copy_1024x768






境内に入ると立派なクスノキが目にとまります

樹齢は約400年

大阪府の保存木・第一号だそうです
Fotor_158558031319291_copy_1024x768Fotor_158558039287473_copy_1024x768






狛犬はこんな感じ
Fotor_158558059226875_copy_1024x768Fotor_158558060861988_copy_1024x768






ご祭神は

第16代・仁徳天皇

さらにスサノオウカノミタマも祀っているみたいですね

第17代・反正天皇が父、仁徳天皇を祀ったのが始まりなんだとか
(創建当時は現在の松原市にあったそうです)
Fotor_158558027800280_copy_1024x768Fotor_158558034947985_copy_1024x768






境内にはいくつかの摂社・末社が点在しています

こちらは“十四柱相殿(じゅうよんばしらあいどの)神社”

以前は数社に分かれていた神社を合祀したそうで

左殿に4柱、中殿に3柱、右殿に4柱を祀っているみたいです
(あれ、11柱しかいない・・・)

左殿の4柱が凄いメンツ

■徳川家康
■楠木正成
■菅原道真
■豊臣秀吉


出世・勝負・学問

なんでもこいですね(笑)
Fotor_15855804088958_copy_1024x768Fotor_158558042936388_copy_1024x768







写真左下は“金刀比羅(ことひら)神社”

こんぴらさんは航海の神さま

写真右下は“博労稲荷神社”

おいなりさんは商売繁盛の神さま
Fotor_158558044461547_copy_1024x768Fotor_158558046246651_copy_1024x768






江戸時代には難波神社のことを

稲荷社とか稲荷宮とも呼んでいたそうです

さすが商人のまち船場

古代天皇のより商売の神様やったんや(笑)

ちなみに大阪府中央区あたりを

“船場(せんば)”って言いますよね
(船場センタービルとか)

語源はもちろん船着き場から船場だろ

って思っていましたが

それ以外にも

■たびたび戦があったから“戦場”からセンバ

■砂浜があったから“砂場(さば)”がなまってセンバ

■大阪城の馬を洗ったから“洗馬”からセンバ


なんて説もあるそうです

これ、ネタで使えそうでしょ(笑)


さて、そんな大阪の商業中心地にある難波神社ですが

四方を塀で囲まれていて、ちゃんと門限もあります

大阪の神社って門限がある神社が多いですよね・・・

(京都の感覚だと神社って24時間いつでも参拝できる感覚ですが)
Fotor_158558056938617_copy_1024x768Fotor_158558055526452_copy_1024x768






ご参拝の際は閉門時間に気を付けましょう
IMG_20200330_160524_copy_1024x768IMG_20200330_160504_copy_1024x768







↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!