ツアー最終日は加賀屋の送迎バスで和倉温泉駅へ

ここから“能登かがり火4号”に乗って金沢駅へ
(所要時間は約1時間)

ちなみに“花嫁のれん”は現在コロナの影響で運休してるそうです
IMG_20201203_084406_copy_1024x768IMG_20201203_084334_copy_1824x1368






能登かがり火って特急初めて乗ったけど

サンダーバードみたいな感じやね

ガラガラでした
IMG_20201203_085606_copy_1024x768IMG_20201203_085728_copy_1024x768






金沢駅に到着したら手荷物一時預かり所で荷物を預け
IMG_20201203_104728_copy_1024x768IMG_20201203_155155_copy_1024x768






観光協会で“SAMURAIパスポート”

“金沢市内1日フリー乗車券”をお客様に配って

約6時間のフルータイム
(これ添乗員いる???)


ちなみにこの観光協会の女性スタッフが

超絶・塩対応で半泣きになりました(泣)

観光協会といえば他府県からくる観光客にとったら

その訪れた県の顔みたいな存在だと思うんですよね

忙しいのはわかりますけど

もうちょっと心ある対応をして頂きたかったです・・・
(ほんまにヒドかった)
IMG_20201203_103555_copy_1024x768IMG_20201203_104246_copy_1024x768






お客様は各自、ひがし茶屋街や

21世紀美術館に行かれたようです
(兼六園は昨日行ったしね)


しかし金沢駅で降りるのってめっちゃ久しぶり

観光バスの乗降場所も新しくなってから来たことがなかったので

様子を見に行ってきました

前の富山駅みたいなことがあったらあかんしね(笑)

富山駅に着いたら駐車場が消えていた件
(2020年1月26日)


IMG_20201203_110737_copy_1368x1824








以前と同じく西口へ出るんですが

出て右奥の方に進むと

観光バス専用の駐車スペースがありました
IMG_20201203_110904_copy_1024x768IMG_20201203_110846_copy_1024x768






ここまで屋根もあるし

近くにトレイもあるから安心です
(トイレに行く間には屋根はないです)
IMG_20201203_110639_copy_1024x768IMG_20201203_110649_copy_1024x768






市内観光に便利な“城下まち金沢周遊バス”

逆側の東口がターミナルになっています
(金沢駅のシンボル、鼓門(つづみもん)がある側)
IMG_20201203_103937_copy_1024x768IMG_20201203_103927_copy_1824x1368






せっかくの機会なので添乗員さんも

“現地調査”のために

1日フリー乗車券を使って出かけてみました♪


※SMURAIパスポートと1日フリー乗車券について※

【SAMUARIパスポート】
大人:1000円
兼六園や武家屋敷跡(野村家)
石川県立美術館・石川県立歴史博物館など
市内10ケ所の文化施設に2日間無料で入れるパスポート
※注意事項※
施設により事前にweb予約が必要な場所や
休館している施設もあるので
当日、観光協会などで最新情報を入手しましょう
(21世紀美術館・国立工芸館・成辰閣は割引料金)

【金沢市内1日フリー乗車券】
大人:600円
‐覯篠周遊バス
兼六園シャトル(現在コロナで運休中)
O線バス(利用区間内に限る)

が1日乗り放題!
金沢観光では、まずみんな買うであろうお得な乗車券です
観光客がメインに乗るのは“城下まち周遊バス”
右回りルートと左回りルートがあります
近江町市場・尾山神社・香林坊・長町武家屋敷
にし茶屋街・21世紀美術館・兼六園・ひがし茶屋街

などはこの周遊バスでまわれます♪
金沢駅を出て、まず近江町市場でランチ!
って場合は左回りルート
まずは兼六園や21世紀美術館をじっくり観光!
って場合は右回りルートに乗りましょう
後ろの扉から乗車し、前の扉から下車
乗車券の提示は下車の際だけでOKです
(路線バスは乗車の際に整理券を受け取り、降車の際に運賃箱へ)
※注意事項※
土日祝だけ運行の“まちバス”と
コミュニティバスの“金沢ふらっとバス”
には乗車できません

ちょっと話しが長くなるので続きは後半へ・・・


YouTubeも頑張って更新中

旅のイメトレチャンネル タビトレ!