先日、2回目のワクチン接種の際に

翌日は何もできないだろうからと

DVDを3作品レンタルしました
(アマプラ会員なのにレンタルするアナログ派)

 結局、翌日はDVDを見る余裕もないほど副反応に苦しみ

返却日が迫ったDVDを次のお休みにまとめて鑑賞しました

そんな私が借りた3作品のタイトルがこちら


合葬

遺体

おみおくり



レンタルショップのレジがセルフで良かった(笑)
fotor_1629511485050_copy_800x548






せっかくなのでこの3作品を1つづつ

ご紹介していきたいと思います


おみおくり〜女納棺師物語〜
(2018年公開)
173753_01









タイトル通り、あの「おくりびと」の女性版

女性納棺師の活躍を描く作品です

本当は「おくりびと」を借りたかったんですけど

置いてなかったんですよね・・・

「おくりびと」は山形県の酒田市が舞台でしたが

「おみおくり」は富山県の氷見市が舞台

高島礼子さんがベテラン納棺師を

そこに弟子入りする新人納棺師を

文音(あやね)さんが演じています

存在感のあるハスキーボイスの文音さん

この作品で初めて知りましたが

長渕剛の娘さんなんですね

ちなみに私はお客様から頻繁に

長渕剛に似てると言われます・・・
(まぁ否定はできん)
fotor_1629548106279_copy_819x819










映画「おくりびと」で注目された納棺師

納棺師とは、簡単に言えば

ご遺体を棺に入れる人

必要に応じてご遺体に化粧をしたり、着替えを行います

似たような用語に

清拭(せいしき) 
病気などでお風呂に入れない患者を蒸しタオルなどで綺麗にすること

エンゼルケア 
死後に顔や髪を整え、化粧などを施すこと
(病院では看護師さんが行ってくれたりします)

湯灌(ゆかん) 
納棺の前にご遺体を入浴させ、洗い清めること
(古式湯灌、普通湯灌など種類によって値段が違う)

エンバーミング 
ご遺体が長期保存できるよう防腐・殺菌・保存処理を行うこと
(専門の資格を有したエンバーマーが行います)


なんてのがあります

ご遺体とひと口言っても

皆さん眠っているような状態というわけではなく

死後、数日経ってから発見されたご遺体

自死や事故などの損傷で、ご遺族が直視できないご遺体

こんなケースも少なくありません
(実際、びっくりするほど多いです)

そんなご遺体の物理的なケアと

ご遺族の精神的なケアを引き受ける納棺師

葬儀業界にも色んな仕事があるけど

納棺師はちょっと自分にはムリだな





個人的には文音さんが豚肉か何かの皮を

大きな針と糸で縫うシーン(ご遺体の修復の練習?)

が妙にリアルで衝撃でした・・・