2022年の京都桜めぐり5回目に行った醍醐寺

醍醐寺のお花見のあと、地下鉄で山科まで戻り

そこから歩いて山科の桜スポットへ行ってきました

山科の桜スポットと言われてもピンとこない方も多いと思いますが

最近、こんな写真をお花見サイトなどで見たことありません?
IMG_20220404_132836_copy_1024x768






この疎水沿いに咲く桜と菜の花が綺麗なスポットは

山科疎水

そのまんまですね・・・

前々から山科出身の後輩に勧められていたんですが

初めて見に行ってきました

想像以上の桜の多さと

菜の花とのコントラストに驚きました

京都にこんな場所があったとは!!

しかも無料ですよ

某・醍醐寺の1500円はなんやったんや!!
IMG_20220404_132244_copy_1024x768_1IMG_20220404_132310_copy_1024x768






ここは観光客というより地元の人が楽しむスポットって感じですね

比較的人も少なくのんびり桜を楽しめました
IMG_20220404_132322_copy_1024x768IMG_20220404_132503_copy_1024x768






そんな山科疎水の先にあるのが

山科のお花見スポットの代表格

毘沙門堂

そう、紅葉シーズンの京都でここ数年一気に注目を集める

あのモミジの絨毯で有名な毘沙門堂です

IMG_20220404_143501_copy_1024x768IMG_20220404_145911_copy_1024x768






桜が有名だとは知りませんでした・・・

天台宗の門跡寺院ですが

本堂や塀が朱色なので

なんだか神社っぽいですよね
(本堂もここでは本殿と呼ぶし)
IMG_20220404_143838_copy_1024x768IMG_20220404_143520_copy_1024x768






宸殿前のお庭が綺麗ですが

拝観料の500円を払うと

建物内の貴重な襖絵や杉戸絵が見れます
(トリックアート的な作品が多くて面白い!)

建物側から桜を鑑賞できるのも優越感があっていいです(笑)
IMG_20220404_141758_copy_1024x768IMG_20220404_143142_copy_1024x768






宸殿と勅使門の間にひときわ大きな枝垂桜があります

樹齢100年を越える通称「毘沙門しだれ」

過去に「そうだ 京都、行こう。」

のキャンペーンでも起用されたこともあるそうです
IMG_20220404_144547_copy_1024x768IMG_20220404_141959_copy_1024x768






IMG_20220404_143650_copy_1024x768IMG_20220404_143553_copy_1024x768






紅葉シーズンは有料エリアもゆっくり見れないと思います

ぜひ、紅葉シーズンのイメトレも兼ねて

桜のシーズンもお越し下さい
IMG_20220404_145159_copy_1024x768IMG_20220404_145147_copy_1024x768







この動画を見たら

山科のイメージがきっと変わると思いますよ〜♪



動画ではこのあと安祥寺まで歩いています

最後に面白い映像が撮れたので

ぜひ、エンディングまでご覧くださいね♪

IMG_20220406_135400_copy_1024x768