昨日に引き続き

蠅蕕たびの山村純也先生同行で

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ゆかりの地をめぐるバスツアーへ

1泊2日ではなく

2日連続の日帰りツアーです(笑)


各旅行会社がツアーの集合場所にしているのが

京都駅八条口のアバンティ前

今朝はちょうど他社さんが2台口のバスツアーの受付をしていたので

溢れんばかりの混雑っぷりでした
Fotor_165023647499650_copy_1024x768Fotor_165023640542427_copy_1024x768







我々が最初に向かった先は

“京都御苑”の中にある

“京都御所”

以前は期間限定公開でしたが

現在は通年、予約なし(無料)で拝観できます

受付で検温&アルコール消毒

中に入るとカバンの中身をチェックされます
(軽く見せるだけでOK)

拝観中は入門証を首から下げておきましょう

パンフレットは入口付近に置いてあります

IMG_20220417_095204_copy_1024x768IMG_20220417_095245_copy_1024x768






IMG_20220417_095329_copy_1024x768IMG_20220417_095343_copy_1024x768






京都御苑環境庁の管轄ですが

京都御所宮内庁の管轄

警備がしっかりしているので

立ち止まってまとまっていると注意されます

ここはイヤホンガイドが大活躍しました
IMG_20220417_095521_copy_1024x768IMG_20220417_101029_copy_1024x768






無料でこれだけ見れるなんて

かなり太っ腹な観光スポットです
IMG_20220417_095801_copy_1094x1459








京都御所内は観光ルートでは見れないスポットも多いので

お家に帰ってじっくり復復習できるよう

売店でガイドブックが売られているんですが・・・

IMG_20220417_104350_copy_1024x768_1






これ、山村先生の会社の

“らくたび文庫”やん!!(笑)

ということで・・・

その場で即席のサイン会を開催(笑)
IMG_20220417_104601_copy_1024x768_1IMG_20220417_104323_copy_1024x768_1






ガイドブックの著者にその場を案内してもらうなんて

かなり贅沢ですよね

そういえば以前

著者が同行するこんなツアーもあったな・・・

伊豆の仏像めぐりと東寺展ツアー・1日目♪
(2019年5月28日)


つい先日まで枝垂れ桜が満開だった京都御苑も

今は新緑の季節へと移り変わっています
IMG_20220417_110510_copy_1024x768IMG_20220417_110723_copy_1024x768






それでも八重桜は所どこで綺麗に咲いていましたね

特に宮内庁京都事務所内がめっちゃ綺麗でした
IMG_20220417_105531_copy_1024x768IMG_20220417_105932_copy_1024x768








今日のランチは京都御苑のすぐ近くにある

“京懐石・蛍”
(京都ブライトンホテル1階)

“献招点心(けんじょうてんしん)”と呼ばれる二段のお弁当
(点心ゆーても中華じゃないです)

IMG_20220417_114515_copy_1024x768






このお弁当がかなり面白いんですよね

祇園祭の「くじ改め」って儀式をイメージしたお弁当で

扇に見立てたお箸を手前に引くと紐が解ける仕掛けです

「くじ改め」を知らないと面白さが伝わらないですね・・・
(知らない方はググってください)

IMG_20220417_115936_copy_1024x768






見た目もお味も大満足のお弁当でした
Fotor_16501825386295_copy_1024x1024








“京都ブライトンホテル”って実は初めて利用しました

設備も立派だけど接客もかなり好印象

ぜひ今度は泊りで利用したいです
IMG_20220417_124827_copy_1024x768IMG_20220417_124813_copy_1024x768






午後は平清盛後白河法皇のために寄進した

“三十三間堂”

実はここも仕事では初めて来ました・・・

IMG_20220417_133502_copy_1024x768






修学旅行の定番スポットだけあって団体慣れしています
IMG_20220417_133514_copy_1024x768IMG_20220417_133400_copy_1024x768






千体観音を安置する堂内へは靴を脱いで入堂

誘導スタッフがかなり塩対応なので
(やんちゃな修学旅行生に対応するためか?)

素直に指示された下駄箱に靴を入れましょう
IMG_20220417_133839_copy_1024x768IMG_20220417_141545_copy_1024x768






団体は団体専用のスペースがあります
IMG_20220417_134023_copy_1024x768IMG_20220417_141806_copy_1024x768






堂内の拝観の他、お堂の周囲をぐるっと散策することもできます
IMG_20220417_141934_copy_1459x1094IMG_20220417_133604_copy_1024x768






本日最後の行程は三十三間堂の向かいにある

“法住寺(ほうじゅじ)”

ここも個人で1度来たのみやね


かつて後白河法皇が院御所(法住寺殿)を置き

木曾義仲“法住寺合戦”でも知られる“法住寺”

合戦の際、後白河法皇を助けるため天台座主

明雲大僧正が身代わりになったそうです


観光寺院ではないので電話対応とかは素っ気なかったんですが

お若い住職が丁寧に説明してくれた上に

今様まで披露してくれました
(今様はその時の気分によるらしい)
IMG_20220417_150342_copy_1024x768IMG_20220417_150546_copy_1024x768






かつて広大な敷地だった法住寺殿
(三十三間堂も法住寺殿の一部)

現在のお寺自体は小規模ですが

後白河法皇の念持仏

“身代わり不動明王”

赤穂浪士の木像
(大石倉之助ゆかりの寺院でもあるらしい)

長谷川町子自筆のサザエさんの色紙など
(長谷川家の菩提寺でもあるらしい)

なかなか見ごたえがありました

本堂の前に枯山水(?)の小さい庭があるのも面白いですね

色々と凝った御朱印もあるようですので

御朱印好きの方にもおすすめの寺院でした

IMG_20220417_150600_copy_1024x768







これにて第3回のツアーは終了

16時前に京都駅に帰ってきたんですが

駅周辺は今朝同様、かなり賑わっていました
(府民割が再開した影響もあるのかな?)
IMG_20220417_161311_copy_1024x768






このまま京都の観光も旅行業界も

活気が戻ってくれるといいですね♪

IMG_20220418_080805_copy_1024x768IMG_20220418_080611_copy_1024x768