先日、京都駅の観光案内所で

“宇治田原いいとこガイド”

ってパンフレットを手に取りました
IMG_20220515_151903_copy_1024x768






そういや宇治田原って名前くらいしか知らんな・・・

プライベートでも仕事でも行ったことないし・・・

てことでさっそく休日を利用して歩いてきました

IMG_20220423_124755_copy_1024x768IMG_20220423_122609_copy_1024x768






昨年、同じくお茶の京都である

和束町を歩きましたが

あの時は4月中旬

今回は4月下旬だったので

シートに覆われてる茶畑が多い・・・

IMG_20220423_122700_copy_1024x768IMG_20220423_124023_copy_1024x768






IMG_20220423_123412_copy_1024x768IMG_20220423_122728_copy_1024x768






IMG_20220423_113328_copy_1024x768IMG_20220423_113334_copy_1024x768






でも今回は茶畑がメインではないのでいいんです

こちらは野面積の石垣が美しい

“大道神社”

紅葉の隠れた名所でもあるそうです
IMG_20220423_120008_copy_1024x768IMG_20220423_120942_copy_1024x768






流造の小さな社殿ですが

かつて極彩色に塗られていた面影が残っていますね
IMG_20220423_120627_copy_1024x768IMG_20220423_120338_copy_1024x768






木造の狛犬がいい顔してます
IMG_20220423_120529_copy_1024x768IMG_20220423_120604_copy_1024x768






すぐそばには“信西入道塚”

平安時代、平清盛の時代に活躍した人物です

大河ドラマ「平清盛」では阿部サダヲさんが演じていていましたね

IMG_20220423_174858_copy_1024x768IMG_20220423_174838_copy_1024x768






お昼は“そば処・実り”ってお店で食べたんですが

極細に切られたお蕎麦がめっちゃ美味しかったです!
IMG_20220423_124928_copy_1024x768IMG_20220423_125941_copy_1024x768







午後は湯屋谷(ゆやだに)エリアを歩きました

レトロな茶工場が点在する

ノスタルジックな町並みです
IMG_20220423_131801_copy_1024x768IMG_20220423_132048_copy_1024x768






こちらは観光拠点となっている

宗円交遊庵・やんたん

「湯屋谷」は地元では

「やんたん」と呼ばれているそうです

IMG_20220423_132834_copy_1024x768IMG_20220423_152838_copy_1024x768






お土産コーナーの他にカフェも併設

土日祝はランチも対応しています

IMG_20220423_152931_copy_1024x768IMG_20220423_152823_copy_1824x1368






湯屋谷出身の人物に

日本緑茶に欠かせない人物がいるのをご存知ですか?

それが“永谷宗円(ながたにそうえん)”

現在の煎茶製法は

宗円が15年かけて編み出したものが源流になっているそうです

“永谷宗円・生家”では

宗円が実際に使用していた“焙炉(ほいろ)”も残っています

焙炉→茶葉を揉みながら乾燥させる作業台
IMG_20220423_141408_copy_1280x960IMG_20220423_141355_copy_1024x768






IMG_20220423_141008_copy_1024x768IMG_20220423_140635_copy_1024x768






現在、緑色の美味しいお茶が気軽に飲めるのは

宗円さんのおかげな訳です

ちなみに宗円がこの新しいお茶を江戸に売り込みに行った際

誰も見向きもしなかったこのお茶を買い上げ広めてくれたのが

山本屋の山本嘉兵衛(かへい)

宗円のお茶で繁盛した山本屋はのちに

上から読んでも下から読んでも・・・の

“山本山”となり

永谷宗円の子孫はお茶漬け海苔で知られる

“永谷園”を創業します

意外なところに意外な歴史が隠れているもんですね〜

宗円の生家の奥には

湯屋谷で最初に茶畑がはじまった

“大福谷(おおぶくだに)”の茶畑が広がっていました

IMG_20220423_173748_copy_1024x768IMG_20220423_173826_copy_1024x768






あ、途中で化石も見れましたよ

湯屋谷は海底が隆起してできた土地だそうです

こんな山の中がかつての海の底だったなんて・・・
IMG_20220423_133742_copy_1024x768IMG_20220423_133709_copy_1024x768







最後は“高田通泉園”で人気の“ほうじ茶ソフト”

注文してから茶葉を混ぜるので風味がいいんですよね

舌がザラザラするくらいたっぷりの茶葉パウダー

想像以上に濃厚でめっちゃ美味しかったです♪
IMG_20220423_154647_copy_1024x768IMG_20220423_155009_copy_1024x768







この様子もYouTubeにアップしています

是非、知られざるお茶の京都

宇治田原の魅力に触れてみてくださいね

【前半】


【後半】


今回、やんたんの散策は

観光部会長の木谷さんに案内をして頂きました

ぜひ、初めて宇治田原を歩かれる際は

案内人と一緒に歩くことをお勧めします♪
(案内料は無料)