福岡県にある新幹線の車両基地

博多総合車両所の一般公開

通称、新幹線ふれあいデーに行ってきました

もちろん仕事です(笑)

このイベントはJR西日本が毎年行っているイベント

今回は抽選により選ばれた

15000名を招待
(倍率は5倍ほどだったそうです)

旅行会社でもツアーとして参加できるので

確実に行きたい!!ってお客様や

抽選に外れた方が旅行会社のツアーに申し込んでいたようです

無料のイベントですが、新幹線代を考えても

関西の方なら旅行会社に申し込んだほう断然お得♪

新大阪からは会場まで直通の貸切新幹線を利用

うちの会社は300名ほどのお客様にご参加頂きました

同じ新幹線には他社さんも乗るし

日曜日なので他のツアーの受付もあるし

新大阪の受付が一番の不安要素でしたが

添乗員もセンダーも精鋭揃いだったおかげか

参加者が若いお父さんお母さん層が多かったおかげか

意外なほどスムーズに受付は終了
IMG_20231016_084202_copy_1024x768IMG_20231016_084054_copy_1024x768






新幹線は16両編成のN700系

車内ではワゴンサービスがありましたが

新幹線やJRのグッズがメイン

お弁当やサンドイッチなどの扱いはありませんでした
20231015_092323_copy_1024x768






20231015_092625_copy_768x1024








博多駅では会場の最寄り駅である

博多南駅まで行く新幹線を待つ人でホームはごった返していました

この混雑を横目に

我々の新幹線は会場へ直接乗り入れできるので

これだけでも旅行会社に申し込む価値はあります♪

ちなみに博多駅から博多南駅は

車両は新幹線を利用するのに特急料金がかからない特別な区間なので

330円で新幹線に乗れる面白い路線だそうです
(乗車時間は8分間)
20231015_110646_copy_1024x76820231015_110637_copy_1024x768






博多南駅から会場までは営業運行していない区間

この区間の景色が鉄道好きにはたまらないそうです

鉄道系添乗員・だいちゃんの解説付きでお楽しみ下さい(笑)

開場は10:00ですが

我々の新幹線は11:20着

ってことで会場内には既に多くの個人のお客様が入場しています


我々の貸切新幹線は博多総合車両所内にある

仕交検庫と呼ばれる建物の

一番西側のホームに入線しました

扉は全て開きますが

降りれるのは々羲屬鉢Ч羲屬里
(帰りも同様)

なので姐羲屬里客様は建物を出るまで10分ほどかかりました

帰りも同じ新幹線に乗る予定ですが

清掃が入るので荷物は全て持って降りて頂きます

泊まりで来ているお客様は荷物が多いのでここがネック・・・
IMG_20231016_082009_copy_1024x76820231015_113625_copy_1024x768






新幹線下車後の導線はこんな感じ↓


会場はめちゃくちゃ広いので

会場に到着する前に

しっかりイメトレしておいてもらいましょう
Gallery_1697412962541_copy_1477x1057






貸切新幹線で車庫を出ると

右へ進めば正門方面へ続く西ロード

左へ進めば大食堂方面や工場方面へ続く南ロード

まずは南ロードのグッズ販売所の様子を見てみましょう
IMG_20231016_110408_copy_800x600IMG_20231016_110231_copy_1024x768






レジ待ちに長蛇の列・・・

その奥は数量限定のノベルティの配布コーナー
(ドクターイエローのペラペラトート)

在庫はさんあるのに配る人が少ないのか

ここにも長蛇の列ができていました

時間がもったいないのでスルー
20231015_115735_copy_1024x76820231015_120537_copy_1024x768






小さいお子様連れのお客様はベビーカーを預けたいですよね

大食堂の横に無料のベビーカー預け所がありました

常連さんはベビーカーに荷物を突っ込んで預ける

という裏技を使ったりするそうです(笑)
20231015_120715_copy_1024x76820231015_120745_copy_1024x768






大食堂が楽しみで行ってみたんですが

12時すぎの時点で食券が売り切れ・・・
(カレーと唐揚げはこのあと追加があったみたい)
20231015_121409_copy_1024x76820231015_121328_copy_1024x768






てかめっちゃ広い食堂ですね

スキー場のレストランより大きい!!


食堂以外でフード類が買えたのは

今回は西ロードのPRコーナーのみ

ゆーても自治体が用意したピザとマフィン程度・・・

食堂で食べれなかった来場者がピザに集中

ってことでここも長蛇の列・・・
20231015_143657_copy_1024x76820231015_143721_copy_1024x768








大食堂の前では0系新幹線やWIN350って試験車両が展示されていました

まったく興味がないので先へ進みます
20231015_122131_copy_1024x768IMG_20231016_082346_copy_1024x768






12種類のイベントが集中している工場内にやってきました

ミニ新幹線は120分待ち・・・
20231015_122519_copy_1024x76820231015_123141_copy_1024x768






工場内では他にも

・パンタグラフ動作体験
・新幹線綱引き大会
・新幹線おそうじ体験
・車内表示器展示デモ


などが行われていました
20231015_123501_copy_1024x76820231015_122527_copy_1024x768






中でも一番人気だったのは

新幹線ジャッキアップ

1時間に1回程度の実演なので

時間をチェックしてから見に行きましょう
(パンフレットに載っています)
20231015_123633_copy_1024x76820231015_123724_copy_1024x768








正門側の本部棟までやってきました

会場の中央部分

倉庫側と正門側は地下通路を利用します

この通路が混み合うので移動の際はご注意下さい

屋上展望所・1階展示室共に20分待ち

ここはまだマシですね
IMG_20231016_103116_copy_1024x768






私は興味がないので上がりませんでしたが

パパラッチ系、いや報道系添乗員・イソップが写真を撮ってきてくれました

ズラっと並ぶ新幹線は圧巻です

右側に停車しているのは山陽新幹線

左側の高架を走るのは九州新幹線です
(通過時間はパンフレットに記載されています)
1697412397501_copy_1024x7681697412448563_copy_1024x768






ちなみに九州新幹線は熊本の車両基地が見学できるようです


本部棟の裏ではN700系とドクターイエローが展示されていました

やっぱり人気はドクターイエロー

正面から写真を撮るには

これまた長蛇の列を並ばないといけないので

ここは諦めたお客様が多数でした・・・
20231015_125309_copy_1024x7681697413488108_copy_1024x768






そんなドクターイエローには車内見学というイベントもありまして

個人の方はふれあいデーの応募時に申し込んで

抽選で選ばれます

ツアーのお客様はもともと付いているプランもあれば

今回の我々のように

参加者の中から抽選で選ばれるツアーもあります
20231015_142857_copy_1024x768Gallery_1697414158156_copy_1586x1128






中にはドクターイエローの車内見学もお弁当も全て込み!!

なんて豪華版のツアーもあったようです
(羨ましい・・・)

ちなみに車内見学は静止画・動画含め撮影NGだったようです


さて、楽しい時間はあっという間

帰りの時間が近づいてきました

15時〜16時が個人客の帰宅ラッシュ

博多南駅も入場制限を行う場合があるので

博多駅で乗り換えがある方は余裕を持って会場を出ましょう
(1時間に2本程度なので)

15時半頃の正門周辺の様子はこんな感じ↓


復路の貸切新幹線は16:38発

会場が16:00までなので

15:15〜15:55までに各自で新幹線へ戻って頂きます
(全ての旅行会社共通)

帰りの導線はこんな感じ


20231015_155327_copy_1024x768






この時間を過ぎると貸切新幹線には乗れないので

絶対に遅れないように!!!

帰りはサプライズ洗車サービスやスタッフのお見送りなど

最後の最後までお楽しみ満載の新幹線ふれあいデーでした


帰りもワゴンサービスがありましたが

やはりフード類の販売はありませんでした

その代わり、行きにはなかったアルコール類の販売があったので

車内では至る所で

プシュっていい音が鳴り響いていました(笑)

おつまには珍しい猪ジャーキーなんて商品もありましたよ


ちなみに会場内へはアルコール持ち込み禁止で販売もしていません

グッズも行きと内容が違うので

これまたワゴンがまわってくるのに

えらい時間がかかりましたわ・・・
20231015_190902_copy_768x102420231015_190907_copy_768x1024








あ、最後に今回ご参加のお子さまから頂いた

嬉しいお手紙をご紹介

N700系の塗り絵の裏には

今日の感想が書かれていました
20231015_193259_copy_1024x76820231015_193254_copy_1024x768






こんなんもらったら

おっちゃん泣けてくるやないか!!

ってこれ

私じゃなくて隣の号車の添乗員

ひろしさんが貰ったんですけどね(笑)

食事難民やどこのイベントも長蛇の列で

お客様はかなりお疲れだったと思いますが

お子さまには楽しい思い出になったようです


今後、新幹線ふれあいデーへ行かれる方は

現地で食べもの類は全く買えないと考えて
(自販機はたくさんあります)

食料やおやつは多めに用意しておいた方が良さそうです

あと飲食可能な休憩所もありますが

芝生広場もあるのでレジャーシートなどがあれば便利

一般のお客様もツアー参加者も

会場から出ると再入場できないのでご注意下さい