ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

国内添乗◆東北

カシオペア紀行とねぶた祭りツアー♪【2日目】

ツアー2日目

盛岡駅到着後、6つのツアーはそれぞれ行程が違うので生き別れ

我々は駅前にあるホテル

メトロポリタン盛岡ニューウイングで朝食をたべ

観光バスで十和田湖へ向かいます

昼食は十和田湖遊覧船の船内で花善の鶏飯弁当

これめっちゃ好きなやつ♪
P8040090~0120180804_114343~01






このあとホテルへ早めのチェックイン

本日お世話になるのは“八甲田ホテル”

日本最大の洋風木造建築でもあります
P8050114~01P8050130~01






ルームキーがこれまた重厚で格式を感じますね

部屋も広くて快適でした♪
(A棟だったのでフロントから遠かったけど)
Fotor_15334633751594~01Fotor_153346339433921~01






今夜はねぶた祭りを見るため16時からと早めの夕食です

こんな早い時間から食べれるかな〜って心配したけど

めちゃ美味しかったので完食(笑)

お客様も美味しくお召し上がり頂けたようです♪
PhotoGrid_1533386529204~01








青森市内の桟敷席まではホテルから約1時間

今回は拡屬琉愡卆覆任靴

P8040101~01P8040103~01






しかしスタート前から雲行きが怪しい・・・

ねぶたも雨に備えてビニールを被せての運行です
20180804_191925~0120180804_193309~01






20180804_195331~0120180804_200614~01






まぁ降っても本降りにはならないでしょ

ってお客様とのん気に鑑賞していたんですが

気が付けば土砂降りやん!!!

さすがに我慢できずねぶたが1周する前にお客様はギブアップ

幸いにも近くに地下道があったので

そこに非難して交通規制が解かれるの待ちました
20180804_202518~0120180804_204802~01






21時半ちょっと前に規制が解除になったので桟敷席までバスを配車

青森市内を抜けるのに時間がかかりましたが

23時前にはホテルへ帰ってこれました

そういえば前回、ねぶた祭りに行ったときも土砂降りだったよな〜・・・

東北三大夏祭り2日目♪
2014年8月6日)

カシオペア紀行とねぶた祭りツアー♪【1日目】

さて今日から寝台特急カシオペア紀行に初乗車です

上野のペッパーランチでステーキを食べて気合い注入!(笑)
20180803_111723~01








ツアーの集合場所はJR上野駅の入谷(いりや)改札にあるジャイアントパンダ像前

初めて見たけど、めちゃインパクトのあるパンダやね・・・
Fotor_15334629380297~01P8030019~01






受付の際、お客様には“カシオペア紀行 乗車票”をお渡しします

これが乗車券みたいなもので

車内レストランを利用する際にも必要となります
20180803_142944~0120180803_092142~01






上野駅が始発なのでカシオペアは機関車を先頭にバックで入線

これがマニアにはたまらないそうです
P8030029~01P8030033~01






P8030026~01P8030027~01






関西人にはお馴染みのトワイライトエクスプレスは4名1室のBコンパートメントが基本でしたが

カシオペアは全室ツイン

12両編成で´号車がスイート

スタンダードツインは2階建てなんですが

下の階は景色が見にくいし

上の階は荷物の上げ下げがちょっと不便です
Fotor_153346263665286~01






こちらはス羲屬鉢号車にあるミニロビー
P8030053~01Fotor_153346260149075~01






こちらはラウンジカーの号車
Fotor_153346350231999~01Fotor_153346352577851~01






同じく号車には売店もあってグッズ販売なども行われていました

ワゴンサービスも何度かありましたね
Fotor_153346286232785~01






Fotor_153346284517811~01Fotor_15334626870633~01






こちらは9羲屬離瀬ぅ縫鵐哀ー

懐石料理やフランス料理が楽しめます
Fotor_153346388681257~01P8030049~01






共用シャワーの設備もありますが今回は使用不可
(貸切団体の際は使用していないみたいです)

今までトワイライトの添乗だと

その日の昼食・夕食・翌日の朝食

って3食を事前に購入しなければいけませんでしたが

今回は集合時間がランチ後だったし

車内では添乗員の夕食付き!

朝食も盛岡駅に着いてから食べるのでラクチンでした

おやつと飲み物だけ買い込めばOKやね

↓カシオペア紀行のスペシャル弁当を味わうあきおちゃん

20180803_191658~01






終点の盛岡駅には翌朝の7時28分着

トワイライトに比べればそんなに揺れずに快適に過ごせました♪

カシオペア紀行とねぶた祭りツアー♪【前泊】

寝台列車のカシオペア紀行を利用して

青森のねぶた祭りを見に行ってきました

今回のツアーは

集合場所がJR上野駅

添乗準備も東京本社

というちょっと特殊なお仕事

別に人気添乗員なので是非来て下さい!

って呼ばれた訳ではなく

ただ単に東京で添乗員が足りていなかったみたいです(笑)


「カシオペア紀行」って関西ではあまり馴染みがないですが

2015年まで上野〜札幌間を運行していた寝台列車

「カシオペア」の団体専用列車のことです

定期運行終了後はたまに貸切列車として走っていて

その際は「カシオペア紀行」って愛称で呼ばれるそうです
(定期運行時の貸切列車の愛称は“カシオペアクルーズ”


今回の「カシオペア紀行」には添乗員付きのツアーが6本設定されていたので

添乗員6人とスタッフ2名が乗務

添乗員6人のうち関西からはもう一人

先輩のあきおちゃんが同行です



東京本社が築地にあるのでランチは場外市場で海鮮丼♪

20180802_123952~0120180802_122627~01






添乗準備が終わったあと

泊まりもそのまま築地のビジネスホテルだったので

夕食はこれまた場外市場で回転寿司♪
20180802_201642~0120180802_203815~01






なんとも寿司三昧な1日でした♪


ちょうど築地本願寺では
「第71回・納涼盆踊り大会」が開催中
(8月1日〜8月4日)

P8020002~01P8020003~01






めっちゃ本格的で賑やかな盆踊り大会でしたが

明日の添乗に備えて早めにホテルへ戻ったのでした・・・

東北さいはてフルムーン・4日目♪

【4日目】

最終日は三陸鉄道・北リアス線に乗車

駅の手前にある“道の駅くじ・やませ土風館”で時間調整

ここはお土産が豊富なのでいいですね
P6130091~01P6130093~01






久慈駅から普代駅までは2両編成のローカル列車の旅

自由席ですが3団体だったので全員座ることができました♪
P6130095~01P6130097~01






このあと最後の観光地“北山崎”

海は荒れていましたが、シロバナシャクナゲが綺麗に咲いていました
P6130106~01P6130112~01






さぁあとはひたすら盛岡駅を目指しましょう

今日のお弁当は“うにイクラ弁当”

前に来たときはホタテ弁当だったのでグレードアップですね(笑)

このコース、ほんと昼食にこだわってるな〜

毎日美味しいランチ、ご馳走様でした♪
P6130120~01






途中、道の駅・三田貝分校(みたかいぶんこう)でトイレ休憩

道の駅なのに分校なんてちょっと変わった名前ですが

ここ、廃校になった小学校の校舎を再利用した道の駅だそうです

レストランも給食室とか書かれていて微笑ましい(笑)
P6130123~01P6130127~01






盛岡駅って夏祭りのコースとかで降りることはあっても

帰りに利用する機会ってこれまであんまりなかったな〜

バスの駐車場から構内に入ると北改札口が最寄りの改札です

再集合もこの改札の前にしました
P6130141~01P6130140~01






P6130137~01P6130138~01






南北連絡通路を利用すると反対側に行けるようなので行ってみました
P6130136~01






こちらが南改札口

待合室もありますがとっても小さいし

全体的に地味・・・

やっぱり北側の方が賑やかでした
P6130129~01P6130132~01






P6130135~01P6130133~01







このあと予定通り東京駅で乗り換えて新大阪へ

フェリーの欠航で移動時間は長くなりましたが

終わってみればラッキーなことが多くて恵まれた4日間でした♪



あ、そうそう3日目に行った大間崎でこんなサプライズがありました

ずいぶん前にブログの広報用にチラシを置かせてもらっていた開運丸さん

なんとまだ当時のPRボックスが残っていました
P6120084~01P6120083~01






既にチラシはなくなり箱だけになっていましたが

小物入れとして活用してもらっているようです(笑)

まだ捨てずに持ってくれて頂き光栄ですっっ!!
P6120082~01






しかし時代の流れを感じさせる色褪せっぷりですね(笑)

一番最初に来店した記事を辿ったら2007年でした!!
(ちなみにこのブログは2005年スタート)

東北秘境ツアー3日目♪
(2007年7月4日)


時が経つのは早いですね・・・・・・

東北さいはてフルムーン・3日目♪

【3日目】

これまで台風の影響もなく順調にきていましたが・・・

ここにきて大打撃を受けてしまいました

この日は蟹田港から脇野沢港までむつ湾フェリーで60分♪

だったんですが

フェリーが欠航になってしまいました・・・

こうなると津軽半島から下北半島まで陸路で移動となります・・・

途中、ゆ〜さ浅虫(道の駅浅虫)と

杉山社長が待つ横浜町のサンシャインで休憩を挟み

下北半島のてっぺん、大間崎を目指します

Fotor_152896353212324









鯵ヶ沢のホテルを出発したのが7時半

大間に着いたのは12時過ぎでした・・・

まずは腹ごしらえ

今日はお昼はこのツアー唯一の店内食(笑)

浜寿司さんでマグロ丼です♪

添乗員も同じメニューを食べさせて頂きました

めっちゃ幸せ〜♪
P6120078~0120180612_121024~01






通常、むつ湾フェリーが欠航だと

そのあとの仏ヶ浦遊覧船も当然のごとく欠航になるんですが

今回はラッキーがことに遊覧船は出航してくれました♪

予定通り恐山の参拝もできたので

観光面ではそれほどダメージは受けずに済みました
P6120079~0120180612_164906~01






でもホテルが八戸だったので恐山のあとが長かった・・・

これまでは3泊目はむつ市内か古牧温泉でしたからね

今回お世話になったのは“グランドサンピア八戸”

到着したのは20時10分でした・・・
P6120088~01P6120089~01






ホテルは遠かったけど、ごはんも美味しくて綺麗なホテルでした♪

八戸のイメージ変わったわ・・・(笑)
P6120090~01

東北さいはてフルムーン1・2日目♪

久々にJRのフルムーンパスを使ったツアーに行ってきました

行先は毎度おなじみ東北の秘境めぐりです

【1日目】

東海道新幹線と東北新幹線を乗り継いで秋田駅へ

秋田駅からは男鹿半島の“セイコーグランドホテル”へ直行

移動だけで1日が終わりました・・・

今日お昼に食べた“なだ万厨房”のお弁当

上品で美味しかったな♪

20180610_122227~01







【2日目】

最初の観光はJR五能線の旅

基本的には普通車に乗車なんですが

今回はラッキーなことに

能代(のしろ)駅から十二湖駅まで観光列車

“リゾートしらかみ”に乗車しました

P6110011~01Fotor_152889675138799~01






能代市はバスケットボールが盛んな街ということで

ホームではフリースロー体験のイベントも開催(笑)

参加無料でゴールが決まると記念品がもらえます♪
Fotor_152889685154642~01Fotor_152889687282656~01






リゾートしらかみは【橅(ぶな)・青池・くまげら】

って3タイプの車両があるそうですが

今回は新型車両の“橅(ぶな)”でした♪
P6110020~01P6110021~01






車両は4両編成

各車両には展望スペースも設けられています
P6110036~01P6110031~01






乗車記念のポストカードはセルフスタイル

3号車にはカウンター付きの売店がありました
P6110033~01P6110038~01






こちらは号車のボックス席

グループやファミリーにピッタリですね
P6110040~01P6110043~01






リゾートしらかみでちょっぴり鉄旅を味わったあとは青池へ

この日はコンディションが良くてめっちゃ綺麗でした♪

これまで行った中で一番青かったんじゃないかな?

青池というより蒼池って感じですね
P6110049~01P6110066~01






このあといつものように十三湖でしじみ汁を飲んで竜飛崎へ

台風の影響が心配されましたが

結局雨にもあわず無事に本日の観光は終了

あ、今日のお昼もお弁当だったんですが

花膳の鶏飯弁当(デラックス版)でした

これ、日本全国の駅弁で一番好きなお弁当♪

P6110076~0120180611_115601~01







2日目のお宿は鯵ヶ沢温泉の“ロックウッド・ホテル&スパ”


旧ナクア白神ホテル&リゾートであり

旧鯵ヶ沢プリンスホテルでもあります
(名前変わりすぎ!!)

ホテルの部屋でWi-Fiが入ったのがありがたかった〜

ツアーレポートが2本分溜まってたんですよね・・・

立派な机もあったので快適にブログの更新ができました♪

20180611_173725~01






津軽海峡春景色ツアー3日目♪

ツアー3日目は函館朝市のあと五稜郭公園

これまで五稜郭の桜って綺麗に咲いていた記憶がほとんどないんですが・・・

なにこれ?

めっちゃ綺麗やん!!

おまけに天気もいいし!

お客様も添乗員もかなりテンションが上がります♪

Fotor_152515074299451~01Fotor_152515080150766~01






公園内に入ったら堤防沿いを歩いてみましょう
Fotor_152515078138722~01P5010021~01






ここから見ると上と下、同時に桜が見られるのが面白いですね
P5010026~01Fotor_152515092569833~01






Fotor_152515090986191~01P5010010~01






もちろん五稜郭タワーにも上ってきました
Fotor_152514495987295~01






Fotor_15251506349327~01Fotor_152515061079053~01






これまた絶景!!

これを満開と言わずして何を満開と呼ぶのか!

ってほど文句なしの状態でした♪

Fotor_152515056387060~01Fotor_152515053567110~01






最後が五稜郭の桜でほんと良かった〜♪


このあと九州チームに合わせて函館空港へ

関西チームは1時間ほど遅いフライトだったので空港内で各自ランチタイム

何食べよっかな〜

って迷うほどお店はないんですが

今回は1階にある元祖函館ラーメンの“おんじき庭本”

トラピスラーメン(950円)をオーダー

函館ラーメンと言えば塩味

店員さんに当たり前かのように「塩でいいですか?」って聞かれたので

「あ、はい」って答えてしまったんですが

具がコーンとバターでしょ

函館とはいえ、やっぱりコーンとバターと言えば

味噌味をオーダーすべきでした・・・
20180501_114740~01






津軽海峡春景色ツアー2日目♪

ツアー2日目

岩手県の鶯宿温泉を出発して青森県まで北上

【弘前公園】

毎度のことですが“津軽藩ねぶた村”でバスを降り

“中央高校口”にある団体専用の窓口でチケットを購入


これこれ、この賑わいがいいですよね

去年はさくらまつりが終わった時期に行ったので

屋台も撤収したあとだったもんな・・・

みちのく桜絵巻ゴールデンルート3日間♪
(2017年5月9日)
Fotor_152509149991924~01Fotor_152509154970662~01






さっきの窓口で受け取ったチケットは

赤い欄干が美しい下乗橋(げじょうばし)を渡った先で提示します

ここに来るまでになくさないよう注意しましょう
Fotor_152509159003227~01Fotor_15250916073775~01






Fotor_152509164893117~01Fotor_152509168377086~01






今日の昼食はお弁当の昼食

天守閣周辺の広場は景色もいいのでお弁当を食べるのにおススメですが

屋台がないしトイレも遠いのでちょっと不便
Fotor_152509171958675~01Fotor_152509176130335~01






公園内は天守閣付近を含め、ゴミ箱がいたるところに設置されています

今回のようなお弁当を配って各自で食べてもらうツアーでも安心ですね♪
P4300021~01






Fotor_152509182754241~01Fotor_152509185045189~01






四の丸広場は屋台は多いけどお弁当を食べる場所が少なめ
Fotor_152509197884170~01Fotor_152509202163892~01






総合的にみて一番お弁当を食べるのに適しているのは“ピクニック広場”かな?

名前からしてお弁当を食べるのにピッタリでしょ(笑)

ここだと桜も綺麗だし、近くに屋台やトイレもあるので便利です

※天守閣まで行ってここまでお弁当をずっと持っておくのも大変なので
ツアーのお客様には不向きかもしれません

Fotor_152509204864396~01Fotor_152509206320768~01






さて、このあとは北海道新幹線“はやぶさ”に乗って函館へ

【新青森駅】
Fotor_152509207742115~01P4300076~01






改札がある2階に待合室があるので便利

お土産やお弁当の購入は1階の“あおもり旬味館”
Fotor_15250921171403~01






Fotor_152509220998595~01P4300078~01






美味しそうなお店がたくさんありましたね

新青森駅は休憩するスペースが多くて助かります♪
Fotor_152509215880821~01Fotor_152509218231564~01






今さらですが、北海道新幹線に乗るのは初めて(笑)

東北新幹線のはやぶさと車両自体は同じだそうですが

北海道仕様のはやぶさは車体のピンクのラインがラベンダーカラーだそうです

いっそのこと車体自体をラベンダーカラーにしたら良かったのに・・・
P4300092~01P4300093~01






【函館山】

新青森駅から新函館北斗駅までは約1時間

このあとは夜景ではなく

“夕景”の函館の景色をみにバスで函館山の山頂へ向かいました

なんですかこの人の多さは!!

数百年に一度の天体ショーでもあるのかと思うほどの賑わいです(笑)

Fotor_152509231965480~01Fotor_152509229217816~01






ここまで来たんだから夜景を見てほしかったな〜・・・

香港の夜景に引き続きお客様の

“これじゃない感”がひしひしと伝わってきました・・・(涙)
P4300107~01P4300108~01






さて、この日の宿泊は

九州チームがホテル啄木亭

関西チームがホテル海峡の風

(これまたホテルの格差が・・・)


添乗員は啄木亭利用でしたが

今回もらった添乗員の部屋

やたら広かったなー

てか広すぎ!(笑)

トイレも洗面所もなかった昨晩とはえらい違いだわ

Fotor_152509143712933~01






津軽海峡春景色ツアー1日目♪

2018年のゴールデンウイーク1本目は

東北&北海道のお花見ツアーへ行ってきました

お客様の伊丹空港集合は7時20分

てことは添乗員のスタンバイは6時40分

また朝が早いね・・・(涙)


でもゴールデンウィークに直行便で現地入りできるのは助かります
(去年は羽田経由が多かったようなので)

秋田空港に到着したあと最初に向かったのは

【千秋(せんしゅう)公園】

場所はJR秋田駅のすぐちかく

佐竹氏の居城、久保田城の城跡を整備して造られた公園です

石垣や天守閣などはないですが

表門や御隅櫓(おすみやぐら)が当時を偲ばせています

P4290002~01P4290005~01






P4290006~01P4290008~01






こちらが姿勢100周年を記念して復元された御隅櫓

中には資料室と展望台がありました(100円)
P4290010~01P4290011~01






はじめて行きましたが

市民の憩いの公園って感じですかね

広場ではイベントなんかも開催されていてお花見ムードを盛り上げてくれました
P4290012~01P4290018~01






【ねぶり流し会館】

ここも初めていく施設(100円)

正式名称は“秋田市民族芸能伝承館”

竿灯まつりをはじめとした郷土芸能の保存館です
P4290038~01P4290023~01






決まった時間に竿燈の実演が行われているんですが

今回は臨時に対応してくれました♪
P4290026~01P4290032~01






体験タイムもあって、100円のわりになかなか見応えがありましたよ
P4290035~01P4290036~01






【秋田まるごと市場】

今日はこちらで完全自由昼食

写真はフードコートのお寿司屋さんで頼んだ海鮮丼(950円)

ボリュームたっぷりで美味しかったです♪

Fotor_152503922679692~0120180429_131157~01







【角館】

秋田のお花見を言えばここ、角館ですよね

武家屋敷通りのシダレザクラ(エドヒガンザクラ)は見頃を過ぎていまいた

P4290043~01P4290042~01






でも通りの端にある駐車場内の桜は綺麗でしたよ

ここの桜はいつも開花が遅いので角館の隠れた花見スポットです(笑)
P4290050~01P4290044~01






桧内川(ひのきないがわ)沿いの桜はソメイヨシノ

枝垂れ桜に比べ開花は遅めなので、まだ綺麗に咲いていました

P4290059~01P4290063~01






P4290067~01P4290070~01






P4290076~01P4290072~01






このあとは今夜のお宿、鶯宿(おうしゅく)温泉へ

今回のツアーは九州から羽田経由で集まった16名様と

伊丹空港に集合した16名様との混載でした


九州からお越しのお客様はホテル加賀助

関西からお越しのお客様はホテル森の風

もともとのツアー代金が違うとはいえ

同じバスで差がありすぎなんですけど・・・(涙)

みちのく紅葉物語ツアー3日目♪

ツアー3日目は山形県酒田市にある“山居(さんきょ)倉庫”

山形県鶴岡市にある“羽黒山・出羽(いでは)神社”


出羽神社の観光の流れは前回の湯野浜温泉ツアーを参照


湯野浜温泉1泊ツアー・1日目♪

(2017年9月12日)


前回は気が付かなかったけど


ここの五重塔ってオオクニヌシを祀っているんですね


五重塔ってそもそも仏教施設で


仏舎利(お釈迦様の遺骨)を安置する建物だったはず・・・


ここ、出羽三山神社の建物は明治の神仏分離まで仏教の施設だったものが多く


摂社・末社として祀られているお社も、もともとはお堂だったりするそうです

(参道入り口にある“随神門”も、かつての“仁王門”)


歴史を知れば見方もガラっと変わりますね


PB090127~01PB090128~01






以前は随神門の横で御朱印が受けられましたが


現在は社務所まで行かないといけませんのでご注意を


PB090133~01Fotor_15102140672746~01






境内の紅葉は見ごろでしたね


特に三神合祭殿(さんじんごうさいでん)前の鏡池周辺が綺麗でした

PB090134~01PB090140~01






PB090137~01PB090141~01






あ、あとこちらも前回は気が付かなかったんですが


三神合祭殿の屋根を4体の黒い力士像が支えているではないですか!

Fotor_151021418864192~01PB090143~01






PB090147~01PB090148~01






案内してくれた専門ガイドさんが教えてくれたんですが


この力士像、昔は腕で屋根を支えている姿だったそうです


それを見た偉いお方(誰?)が


腕で支えていたらいつか疲れて倒れるから肩で支えたほうがいいよ


ってアドバイスしたんだとか


そしたらその後、この建物は予言通り崩壊


再築にあたってはアドバイス通り肩で担ぐ力士の姿にしたそうです


それからというもの、現在に至るまで


この合祭殿の屋根は一度も倒れることはなかったのでした


めでたしめでたし・・・・・



なんか兼六園の蛇と蛙とナメクジの睨めっこみたいで面白い話ですね


ちなみに4体の力士像にはちゃんと名前があるそうですよ



このあと庄内物産館でお昼ごはんを食べ空港へ


ってコースなんですが


今回は遅いフライトだたので時間調整で鮭のまち村上の“サーモンハウス”へ


日程表には“日本初・鮭の博物館イヨボヤ会館見学もお楽しみ下さい”


って書いてあったけど


お金を払って入場するお客様は誰もおりませんでした・・・


PB090150~01PB090152~01






サーモンハウスもただの売店だし・・・

PB090153~01PB090155~01






お客様の村上のイメージはコレ


ようきなった絶品越後!2日目♪

(2017年2月22日)


こんな感じで鮭がぶら下がっている様子を期待していたのに

ec73357beaa8fd63






PB090154~01

サーモンハウスの塩引き鮭はこんな感じ


「・・・・・・」


ま、まぁ確かに鮭はぶら下がっているけどや・・・

(これじゃない感がハンパない)



最後の最後で微妙の空気のまま新潟空港に到着


復路便は新潟空港19:05⇒伊丹空港20:25


これまた夕食に微妙なスケジュールなのでした・・・

PB090156~01PB090157~01







あ、久々に伊丹空港を利用しましたが


工事エリアがさらに拡大していてかなり工事現場感が増していました(笑)

Fotor_151015373583296~01Fotor_151015375121862~01






PB070008~01PB070009~01






PB070011~01PB070013~01






出発ゲート付近のお店もかなり減っているので


必要なものは手荷物検査を受ける前に購入しておきましょう♪

みちのく紅葉物語ツアー2日目♪

ツアー2日目は“蔵王ロープウェイ”からスタート

8時30分のオープン前に到着したんですが、ちょっと早めに臨時で出してくれました♪
PB080042~01PB080043~01






紅葉はもちろん終わっております・・・
PB080046~01PB080062~01






まず山麓線で蔵王山麓駅から樹氷高原駅

定員53名で所要時間7分です
(15分間隔)

面倒ですが樹氷高原駅で乗り換え

お次は山頂線で樹氷高原駅から地蔵山山頂駅

定員18名で所要時間10分
(随時運行)
PB080048~01PB080051~01






山頂駅、真っ白・・・

お地蔵さんだけ見て帰りますかー

って言ってはみたけど

行ったことないしどこにあるかわからん・・・
PB080058~01PB080052~01






うっすら霧の向こうにお地蔵さまの赤い頭巾が見えたので助かりました(笑)

めちゃデカくてびっくりです

江戸時代の創建で高さは2・34mだそうです
Fotor_151015367831466~01PB080055~01






お次は山寺こと“立石寺(りっしゃくじ)”

バスは“ふもとや”ってお店に駐車

時間に余裕があったので1時間40分ほど取りました

お店から参道を進むと“日枝(ひよし)神社”の鳥居が見えてきます

いったんこちらはスルーして先に進むと立石寺の入り口が見えてきます
PB080112~01PB080111~01






階段を上がって目の前にあるのが根本中堂(本堂にあたる建物)

まずはこちらから参拝しましょう

参拝が終わったら本堂に向かって左へ進みます

日枝神社の境内を通って戻る感じですね
PB080108~01PB080107~01






大きな鐘楼の先に山門(拝観受付)があって、ここからが有料エリアとなります
PB080065~01PB080063~01






PB080066~01PB080067~01






ひたすら煩悩を消しながら階段を上ります(笑)
PB080072~01PB080073~01






PB080075~01PB080085~01






Fotor_15101531400171~01途中で分かれ道に出るのでちょっと迷います

左が有名な“五大堂”方面

右が奥之院方面


メインは五大堂なので先にこちらに進みましょう

山寺といってイメージされるあの突き出たお堂が“五大堂”です

PB080090~01PB080092~01






周辺の紅葉が見ごろでした♪

PB080080~01PB080087~01






このあと時間に余裕があれば奥之院方面にも行ってみましょう

さっきの分岐点まで戻って、さらに階段を上がります

奥之院には“大仏殿”があって、中には黄金の阿弥陀如来坐像

山寺に大仏がいたなんて知らなかったな・・・

創建は1718年で高さは5m

新しく塗り替えたのか、かなり金ぴかでした
PB080094~01PB080097~01






ここまで来たら大仏殿の近くにある“三重小塔”もお忘れなく

1519年(室町時代)の創建で2.5m

「模型ではありません」って張り紙がかわいいですね(笑)
PB080098~01PB080103~01






帰りは日枝神社の階段を下りたほうがふもとやさんに近いですよ


山寺のあとは最上川舟下りをしてホテルへ
PB080113~01PB080117~01






今夜のお宿は鳥海温泉の“遊楽里(ゆらり)”

隣接する日帰り入浴施設も使えるのが嬉しいですね
PB090118~01Fotor_151021386840766~01






PB090120~01PB090121~01






しかしネーミングがインパクトあるなー

“あぽん西浜”(笑)

庄内地方の方言で「あぽん」は赤ちゃんが使う「おふろ」って意味があるそうです

みちのく紅葉物語ツアー1日目♪

「秋彩のみちのく紅葉物語 
蔵王・山寺・最上川・羽黒山3日間」

という飛行機利用の3日間コースに行ってきました

PB070014~01伊丹空港から新潟空港までひとっ飛び

所要時間は1時間ほど

やっぱり飛行機はラクやね♪



初日の観光は山形県米沢市にある“上杉神社”のみ

神社って神話に登場する神様を祀っている場合が多いですが

中には歴史上の偉人や英雄を祀っている神社もあります

こちらはもちろん“上杉謙信”を祀っている神社

松が岬公園(米沢城址)って公園の中にあります
Fotor_151021778966760~01PB070016~01






明治の神仏分離令まで仏式で祀っていたので神社というよりお寺っぽいですね

PB070022~01PB070023~01






“越後の虎”だけに手水舎もトラ(笑)
PB070027~01PB070030~01






アメコミ版バットマンにでも出てきそうな狛犬がかっこよかったです♪
PB070025~01PB070026~01






公園内の紅葉も見ごろでした♪
Fotor_151015328568125~01PB070029~01






PB070037~01PB070032~01






ちなみに境内にある“春日神社”

春日だけに奈良の春日大社の神様“タケミカヅチ”を祀っていそうですが

こちらは米沢藩9代藩主の“上杉鷹山(ようざん)”を祀った神社です

家臣にあてた教訓

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」

アメリカのケネディ大統領がリスペクトしていたことで有名ですね


ちなみについでに

上杉家の居城、春日山城の名前の春日

奈良の春日大社からきているそうです

ややこしいわ!!



さてさて、今夜の宿泊は蔵王温泉の“ホテル樹林”

ずいぶん前に泊まった記憶が・・・

目の前がゲレンデというか

ゲレンデの中にあるような立地のホテルでした(笑)
PB080040~01PB080041~01






20171109_182630~01←館内がややこしいので注意!!






湯野浜温泉1泊ツアー・2日目♪

2日目はホテルを7時30分に出発し月山8合目にある“弥陀ヶ原(みだがはら)湿原”

前回はこんな感じで山岳ガイドさん付きでしたが、今回は各自散策です

鳥海山・月山ツアー3日目♪
(2012年7月24日)

雨はなんとか大丈夫だったんですが、霧がすごくて視界は真っ白・・・

トイレ(チップ制)を済ませて散策スタート!

P9130058~01P9130059~01






木道は平坦ではなくカーブや段差が多いので歩きにくいです

P9130061~01P9130063~01






約15分で月山・中の宮こと“御田原(みだはら)神社”に到着

ここのご祭神はスサノオの奥さん、八重垣神社で有名な“クシナダヒメ”でございます

クシナダヒメが単体で祀られているなんて珍しいですよね

しかもなんでこんなところに?って感じですが

まぁ月山のご祭神、ツキヨミから見れば

“弟(スサノオ)の嫁”って感じだから関係ないこともないか・・・(笑)

Fotor_150530862672586今回はこの中の宮で引き返す班と、50分コースを一周する班に分かれました

地図で見るとこんな感じ





Fotor_150528939814545~01P9130068~01






50分コースを歩く場合は必ず鳥居をくぐるルートを進みましょう

Fotor_150528923162364~01Fotor_150528926469174~01






中の宮から先は足場も少し険しくなるのでさらに注意が必要です
P9130064~01P9130077~01






約15分進むと十字路に差し掛かります

この十字路は必ず右へ進みましょう

そのまま進んだら頂上に向かってしまいます!!
P9130079~01Fotor_150528929885871~01






この十字路から先がけっこう湿原らしくて雰囲気がいいです
P9130080~01P9130087~01






霧もまた幻想的じゃないですか♪

この日は風が強くてかなり寒かったけ〜

ダウンを着ている人も多かったです
P9130084~01P9130085~01






早く戻った方はレストハウスでお買い物やコーヒーを飲んでまったりしていました
Fotor_150529050484337Fotor_150527985927552~01






下界に降りてきたらいい天気♪

Fotor_150527992022960~01今日のお昼は“庄内観光物産館”

ドライバーさんに勧められた“だだちゃ豆ジェラート”を食べてみたんですが

これめっちゃ美味しかったです!!


Fotor_150527989371464~01Fotor_150527994061387~01






このあと道の駅で休憩を挟んで再び新潟空港へ向かい

伊丹空港には17時半すぎに帰ってきました

朝の出発が早かっただけあって帰着も早いね♪




あ、伊丹空港と言えば

1日目の朝、朝食を買いに行こうと1階のスカイコンビニに行ってみると

20170912_071514~01「8/1をもって閉店いたしました」

ってマジか!!(涙)




じゃモスにするか・・・

ってさらに進むと

20170912_065331~01「8/31をもって閉店しました」

ってモスもかーい!!(泣)





伊丹空港をご利用の際はご注意くださいませm(__)m

湯野浜温泉1泊ツアー・1日目♪

「山形・湯野浜温泉1泊と羽黒山・月山・酒田2日間」

という最近人気のツアーに行ってきました

1泊2日の飛行機利用ツアーが29980円!

かなりお得なツアーなので連日大盛況でして

今回私が担当したツアーも

お客様は26組・47名様でした・・・



新潟空港から最初に向かったのは“羽黒山”

初めていく観光地です


羽黒山(はぐろさん)・月山(がっさん)と言えば、

湯殿山(ゆどのさん)

山形県にあるこの3つの山は総称して

“出羽三山(でわさんざん)”と呼ばれていています

羽黒山では専門ガイドさんと一緒に国宝の五重塔と山頂にある

“三神合祭殿(さんしんごうさいでん)”を見学

御朱印が欲しい方は随心門(ずいしんもん)の横が社務所なので、ここで先にお願いしておきましょう

P9120001~01P9120003~01






五重塔まではけっこうアップダウンがあるので足元注意です
P9120007~01P9120009~01






こちらが平将門の創建と言われる五重塔

山の中にポツンってあるので他の五重塔より風情があります

羽黒山は山頂まで続く2446の階段(写真右)も有名ですが

随心門から山頂までは全長1700mで1時間コース!

なので今回のツアーでは、らくらくバス移動です♪
P9120015~01P9120017~01






約10分で羽黒山レストハウスに到着
P9120034~01P9120021~01






こちらはアップダウンもないので安心です
P9120019~01P9120020~01






こちらが三神合祭殿

なにこれ?めっちゃデッカイ!!!

神社検定のテキストにも写真が載っていたので、存在は知っていたけど

まさかこんなに大きいとは・・・

これはほんと一見の価値アリです!!
P9120024~01P9120025~01






P9120030~01P9120028~01






周囲に規則的に配置された摂社・末社もカッコイイ!!
P9120029~01P9120032~01






出羽三山は江戸時代まで“羽黒派修験道”の聖山として栄えた信仰のお山

三山にはそれぞれ

月山⇒月山神社
(ご祭神:ツキヨミノミコト)

羽黒山⇒出羽(いでは)神社
(ご祭神:イデハノカミ&ウカノミタマノミコト)

湯殿山⇒湯殿山神社
(オオヤマツミノミコト・オオナムチノミコト・スクナヒコナノミコト)

って神社があります

でも月山(1984m)と湯殿山(1500m)は冬は雪で参拝ができなくなるので

一番低い羽黒山(414m)に3つの神社を集めた“三神合祭殿”ができたという訳です


個人的にかなりテンションの上がった羽黒山をあとに向かったのは

山形県酒田市にある“山居(さんきょ)倉庫”

明治時代に建造されたお米の保管倉庫です

ケヤキ並木と倉庫が絵になりますね♪

両端にある一部の倉庫が資料館や売店として利用されています

「おしん」のロケにも使われたそうで、おしんの像もありました(笑)

P9120038~01P9120040~01






P9120046~01P9120044~01






さて、今夜のお宿は湯野浜温泉“リゾートホテル華夕美(はなゆうび)・日本海”

囲炉裏バイキングの夕食がウリのホテルです
P9120051~01P9120054~01






P9120047~01P9120052~01






確かに自分で焼くおっきなホタテや海老は美味しかったんですが

添乗員と乗務員に割り当てられた“離れ”と呼ばれる別館の部屋がなんともキツかった・・・

室内にトイレはなくて、洗面所は水のみ
(山小屋かよ!)

Fotor_150528024656886~01めっちゃカビ臭いし

窓の外は蜘蛛の巣だらけだし

布団もペラペラで湿っぽいし・・・


ホテルの名称には確かリゾートホテルって付いてたと思うんですが

まったくリゾートちっくじゃないんですけど〜!!!(涙)

南東北ハイライト3日間♪

JR利用で南東北に行ってきました

ツアータイトルは

「北陸新幹線で行く!南東北ハイライト

季節のみどころ周遊と絶景ローカル列車の旅3日間」



1日目は

特急サンダーバードと北陸新幹線を乗り継いで上越妙高駅へ

観光地は“鶴ヶ城”のみで宿泊は裏磐梯猫魔温泉

2日目は

“五色沼(毘沙門沼)”“松島”“蔵王の御釜”を見学して宿泊は猪苗代温泉

3日目は

“大内宿”“塔のへつり”

そして“会津鉄道”のローカル列車に乗車

復路も上越妙高駅から帰ってきました

P9070009~01P9080019~01






P9080026~01P9080028~01






P9090035~01P9090040~01






P9090039~01P9090037~01






P9090046~01P9090058~01






P9090061~01P9090062~01






P9090063~01P9090065~01






P9090066~01P9090067~01






P9090068~01P9090069~01







初日に宿泊した“裏磐梯レイクリゾート”さん

初めて泊まったけどスタッフの皆さんも明るくて元気だし

館内もオシャレでとても好感が持てました
P9070012~01P9070011~01






とくに売店がやたらイケてた(笑)
P9070017~01P9070014~01






P9070015~01P9070016~01








今回のツアーは約2ヶ月ぶりのJRコースだったんですが

色々と変わっていることが多かったですね

Fotor_150495776545399~01まず団券

なんかレシートみたいになってるし!(涙)




P9070004~01そして大阪駅の鉄道案内所

なんかジャンプのアンテナショップになってるし!(笑)




P9080022~01そして松島

これまでバスの乗降に使っていたロータリーが工事で使えなくなってるし!(涙)




ちなみにセンチュリーホテルの駐車場は乗降だけなら無料

松島はここから遊覧船の桟橋あたりまで舗装工事で歩きにくくなっています

散策の際は足元に注意して歩きましょう!




さてさて、今回のツアーは久々の宿泊ツアーでもあった訳ですが

日帰りに比べてようやくゆっくりできると思ったのに

初日は大阪駅に6時40分スタンバイ

ホテルの出発は2日目も3日目も7時45分

ちなみにこのツアーの翌日は・・・

モーニングコール当番で4時半起きなのでした(涙)


たまには目覚ましをかけず思いっきり眠りたいな・・・

じゃ休みの日に朝から釣りに行くなって話しですね

はい、その通り!!!!!

みちのく桜絵巻ゴールデンルート3日間♪

今さらですが、今シーズン初のお花見ツアーに行ってきました(笑)

ツアータイトルは

「みちのく桜絵巻ゴールデンルート 弘前公園・角館・北上展勝地・中尊寺・松島と津軽鉄道お花見列車3日間」

長すぎやろ・・・・・・・・・・

20170507_124134~01←移動距離も南北に長くてこんな感じ(笑)

これ、ガイドさんの手作りマップ

使いまわしじゃなくその都度作っているそうです

そのモチベーションの高さに感激(涙)


【1日目】

仙台空港から“北上展勝地(岩手県)”

さくら祭りはギリギリこの日までだったんですが

遊覧船も観光馬車も正午で終了・・・

もちろん見頃も終了しておりました・・・

P5070003~01P5070004~01






【2日目】

“芦野公園(青森県)”

さくら祭りは前日で終了・・・

もちろん見頃も終了・・・

動物園の熊もやる気なし・・・
P5080012~01P5080008~01






“津軽富士見湖パーク(青森県)”

ここ初めて来ました

日本一の木造三連太鼓橋“鶴の舞橋”があります

散策コースは駐車場から往復するか

橋の反対側で降りてバスを駐車場まで回送させるか

2パターンあるようで

今回は岩木山も見えていたので反対側で降りました

こっちからだと岩木山を見ながら渡ることができます♪

吉永小百合さんが出演している「大人の休日倶楽部(JR東日本)」のCMでも使われた場所だそうです

P5080023~01P5080017~01






P5080018~01P5080020~01






2日目最後は“弘前公園(青森県)”

こちらもさくら祭りは前日で終了・・・

名物の屋台も終了・・・
P5080055~01P5080052~01






弘前城の天守閣は石垣工事のため現在移動中

今なら展望デッキから岩木山と天守閣が一緒に写真が撮れます

P5080026~01P5080029~01






P5080034~01P5080038~01






ソメイヨシノの見頃は終わっていましたが

弘前公園には約50種類の桜が植えられているので、全滅という訳ではありませんでした
P5080039~01P5080061~01






特に弘前公園で最後に咲く八重桜“関山(かんざん)”はちょうど今が見頃!

ピクニックパークと呼ばれる広場の周辺はかなり華やかでした♪
P5080044~01P5080053~01






P5080050~01P5080049~01






P5080085~01P5080067~01






【3日目】

“角館(秋田県)”

さくら祭りはこのツアーの出発日には既に終了・・・

武家屋敷通りも桧木内川沿いの桜ももちろん終了・・・

P5090089~01P5090090~01






このツアー最後は松島へ

ゆーても“西行戻しの松公園”と呼ばれる高台から松島を見下ろすのみ

20170509_151345~0120170509_151130~01






こんな感じで3日間の行程で桜が楽しめたのは弘前公園のみでした

ん〜このコース、設定長すぎじゃないのかな・・・

桜の開花状況はその年によって違いますが

「みちのく桜絵巻」ってツアータイトルなんでから

せめて各地のさくら祭り開催期間内にツアーは設定してほしいものです・・・



あ、そうそう仙台空港の到着ロビー付近が4月20日からリニューアル

P5090095~01P5090098~01






インフォメーションデスクや観光案内所、カフェなどが新たにオープンしていました

みちのくさいはて紀行3日間♪後半

【3日目】

3日目最初の観光は“竜飛崎(たっぴざき)”からスタート

今日もいい天気だなー

北海道もはっきり見えていました♪

P9070036~01P9070037~01






お昼は十三湖の湖畔で“中泊メバル膳”

“深浦マグロステーキ丼”、“平内ホタテ活御膳”に続く

青森県の新・OMOTENASHIご当地グルメの第3弾だそうです

メバルって煮つけでは食べますが

刺身ってなかなか食べる機会がありませんよね

しかも刺身には醤油、オリジナル塩、煎り酒の3種類が用意されていました

お酒で刺身を食べるなんて面白い!

食べた感想は・・・

やっぱりメバルは煮つけやね♪

P9070046~01P9070047~01







このツアー最後の観光は五所川原にある“立佞武多(たちねぶた)の館”

初めて行きましたけど、めっちゃ立派な建物ですね

売店も大きいしスタッフの皆さんも明るくて元気!

P9070086~01P9070085~01






館内には3体の立佞武多が展示されているんですが

その見上げるほどの大きさにはビックリ!!

30分間隔でスクリーン上演もあります(所要約8分)

その間は消灯するのでご注意を!

P9070055~01P9070058~01






スクリーン上映の際は3階の観覧席から見るのがお勧め

館内はいったん4階まであがって

らせん状のスロープを下りながら見学するコース

実際のお祭りでは見られない角度からじっくり鑑賞できるのがいいですね

P9070062~01P9070069~01






P9070075~01P9070083~01







帰りは往路同様、青森空港利用

久々に来たけど、到着ロビーにサンクスができていました

2階の売店も以前より綺麗になったような

P9070088~01P9070089~01






P9070094~01P9070091~01






P9070093~01P9070092~01






今回は台風12号の影響が心配でしたが

傘を使ったのは仏ヶ浦くらいで、あとはいいお天気に恵まれました♪

また次は13号が来てるしね・・・

あ、今回のツアーでは1日目に横浜町のドライブイン、サンシャインで休憩をしました

P9050001~01かなり久々に杉山社長とご対面♪

「フナッシュ全然歳とらないねー」って言ってたけど




社長も全然変わんないです!(笑)

ちなみに、サンシャインの横にある“ほたて観音”

ここはポケモンGOのポケストップになっているようで

最近は若い人もサンシャインに足を運んでくれるのだとか


あ、くれぐれも社長の頭を捕まえて

「ピカチュウゲットだぜ!」とか言わないように(笑)
(本人談)


ポケモンより下北の名産品をゲットだぜ!

したい方はコチラへ↓
サンシャイン(ホームページ)

みちのくさいはて紀行3日間♪前半

飛行機利用で東北へ行ってきました!

東北と言っても


青森空港に降り立って

青森県の観光地をめぐって

青森県に2泊して

また青森空港から帰ってくる

って青森三昧なコースです(笑)

東北のコースも色々あるけど

青森1県しか行かないツアーは初めてかも・・・


【1日目】

青森空港から一路“恐山”

この日の観光は恐山のみ!

朝早い飛行機だと1日目に恐山の観光ができるんですね

P9050009~01P9050010~01






P9050011~01P9050014~01






P9050016~01この日の宿泊は薬研(やげん)温泉の

“ホテルニュー薬研”さん




ホテル自体は全然“ニュー”じゃないんですが

対応も親切だし料理も美味しいホテル

だったんですが・・・

今年の11月で閉館してしまうそうです(涙)

これまでお世話になりましたm(__)m



【2日目】

本州最北端の大間崎を経由して“仏ヶ浦遊覧”

P9060017~01P9060023~01






午後は“脇野沢(わきのざわ)港”から“蟹田(かにた)港”までむつ湾フェリーに乗船

約60分で下北半島から津軽半島へ移動です

P9060030~01P9060032~01






20160906_144010~0120160906_144125~01






脇野沢の乗船所の横に“マリンハウス”ってお店があるんですけど

ここではなんとワンコインで生のホタテが食べれるんです

ワンコインゆーても500円じゃないですよ

なんと100円!!

地元のお姉さんが慣れた手つきで次々と殻を開けてくれます

食べ終わったら各自、テーブルに置かれた缶に100円を入れるシステム(笑)

脇野沢からフェリーに乗る際は是非お試しあれ♪

東北ゴールデンルート3日間♪

久々に東北コテコテツアーに行ってきました

※東北のコテコテツアー・・・十和田・松島・中尊寺

十和田とか恐らく1年ぶりくらいかな?



【1日目】

珍しく秋田空港IN

14時から遅めの昼食をたべて角館散策

そして十和田湖畔温泉泊まり

P7100002~01P7100005~01






【2日目】

お昼まで十和田湖&奥入瀬エリアに滞在

P7110006~01P7110007~01






P7110014~01P7110010~01






P7110017~01P7110020~01






たかさご屋が3階まで全席イス・テーブル対応になっていましたね(笑)

これは助かる♪
(この勢いでEVも付けて!)

最近、十和田湖付近では熊がよく出没しているそうです

この日も休屋付近で目撃した観光バスがいたようで

警察がいそがしそうに捜索していました

3日目

中尊寺ハスとアジサイが見頃な中尊寺と松島を散策

P7120024~01P7120022~01






中尊寺では4年ぶりに秘仏“一字金輪佛頂尊(いちじきんりんぶっちょうそん)”が御開帳

期間は6月25日〜11月6日まで

いつもの宝物館、讃衡蔵(さんこうぞう)の裏手が会場です

P7120027~01P7120030~01






P7120026~01P7120029~01






P7120031~01P7120037~01






P7120038~01P7120040~01






復路は仙台空港OUT

七夕飾りが見事でした!

もうすぐ夏祭りの季節ですね♪

P7120052~01P7120053~01






20160712_120825~01かもめの玉子もメロン味が出てたし

もうすっかり夏だ





なんだか梅雨って感じがしないなー

今回はお天気も梅雨とは思えないほどの陽気に恵まれた3日間でした

ウルトラに染まる福島空港♪

今回の“冬こそ、会津!ツアー”では

往復ともに福島空港を利用しました

震災後、東北ツアーといえばJR利用がすっかり定着していたので

飛行機利用で東北に行けるだけでもありがたかったです♪


しかし福島空港って久しぶりだなー

震災後は初めてなんじゃないかな?

P3140074~01到着ロビーはこんな感じ






P3140073~01チェックインカウンターはこんな感じです
(ゲートは1番か2番)





今回のフライトは福島空港18時05分発

伊丹空港19時25分着

夕食を食べるのになんとも中途半端な時間です

空港内ではお弁当などは販売しておらず

1階の売店にパンがちょこっとある程度

P3140070~01P3140071~01






2階には大きなお土産屋さんがあるれけど

ここも夕食になるようなものはなかったな…

同じく2階いは“シャロン”って洋食中心のレストランがあります
(カレー800円・ソースかつ丼1100円など)

Fotor_145795266625972~01P3140080~01






P3140082~013階には「田善(でんぜん)」って和食中心のレストランがあるんですが

なぜか早々と閉まってた・・・




ちなみにどちらも17時半ラストオーダー
(早っ!)


飲食関係はちょっと弱気な福島空港ですが

実は福島空港はウルトラマン一色な空港なんです!

P3140075~01ウルトラマンの生みの親、円谷英二監督

空港がある福島県須賀川市は監督の出身地なんだとか




しかしどこを見てもウルトラマンのキャラクターだらけ
P3140077~01P3140068~01






P3140069~01ポストもウルトラマン(笑)






P3140083~01トイレのサインもウルトラマン(笑)






そのうち「福島ウルトラマン空港」

って愛称になる日も近いのか・・・?


ちなみに現在正式に愛称が付けられている空港と言えば

「鳥取砂丘コナン空港」

「米子鬼太郎空港」

「富山きときと空港」

「おいしい山形空港」

「コウノトリ但馬空港」

「出雲縁結び空港」

「徳島阿波おどり空港」

「高知龍馬空港」

「宮崎ブーゲンビリア空港」

などなど

色々あるんですねー

冬こそ、会津!ツアー2日目♪

ツアー2日目

窓の外を見てビックリ

P3140042~01昨日まで雪がなかった場所に雪が積もってる!!

昨晩から降り続いていたようです




20160314_081625~01実はホテルの裏にあるスキー場は雪不足で昨日でシーズンを終了していたんですよね

スキー場の人からしたら“今さら降っても遅いわ!”って感じですよね…



ちなみにこんなに早くシーズンを終了したの初めてとのことでした

2日目最初の観光地は“大内宿(おおうちじゅく)”

到着した頃には雪は雨に変わっていましたが

屋根にはまだ雪が残っていました

P3140055~01茅葺の屋根に雪がちょっとあるかないかでも雰囲気がだいぶ違いますからね

昨晩からの雪に感謝♪




P3140045~01P3140046~01






街並みの一番奥には展望台がありますが

左右2ヶ所ある階段は細くて急なのでくれぐれもご注意を!

山に向かって左側の階段の方がまだましかな?

P3140047~01P3140049~01






P3140051~01P3140054~01






お昼は会津若松へ

P3140059~01鶴ヶ城会館でお昼を食べたあとは希望者を天守閣にご案内

そのあと近くにある“宮泉(みやいずみ)酒造”さんで酒蔵見学です






こちらはまったく雪がないね

雪吊りもこの冬は出番がなかったようです

P3140061~01P3140063~01






このあとバスは一路、福島空港へ

今回はちゃんと飛行機も飛んで、予定通り伊丹空港に帰ってこれました(笑)

あ、今回のツアータイトルをノーカットで書くと

「冬こそ、会津!鶴ヶ城・大内宿と猪苗代温泉2日間」

「冬こそ会津!」ではなく

「冬こそ、会津!」ってところが

なんだかJRのあのキャッチコピーぽい・・・(笑)

冬こそ、会津!ツアー1日目♪

ANAの伊丹〜福島便を利用して東北ツアーに行ってきました

このツアーは今月限定のキャンペーンコース

毎回満席近いお客様にお集まり頂いている人気コースです


福島空港に着いて最初に向かったのは“阿武隈川ライン舟下り”

この時期はこたつ舟として運行しています

建物に入って右手が窓口、左手がトイレ&乗船口に降りる階段です

P3130011~01P3130010~01






P3130012~01P3130016~01






P3130017~01P3130014~01






今回はお客様が41名で船は3隻出ました

添乗員は先にグループ分けをしておいて

グループ毎に乗船口に降りてもらうとスムーズです

Fotor_145794956661099~01Fotor_14579495200510~01






今回初めて乗った阿武隈川ライン下り

ライン下りと言ってもいったん上流に進んで、途中でUターンするコース

上流に向かう際はエンジン音もうるさいのでお弁当タイム

Uターンして戻ってくる際に船頭さんの楽しいお話しを聞いて帰ってきました

所要時間は約1時間ほど

P3130024~01桟橋に戻ってくると人懐っこいカモたちがお出迎え(笑)

売店ではカモのエサも売っていました





お次は“猪苗代湖(いなわしろこ)”にある白鳥の飛来地“白鳥浜”へ

「今年は暖冬の影響で白鳥は既に飛び立っていよ!」

と言われていましたが

この日は日曜日だったので餌付けをしている一般観光客が多かったようで

白鳥も何羽か戻ってきてくれていました♪

P3130031~01P3130035~01






P3130040~01この日の宿泊は猪苗代温泉

ホテルリステル猪苗代

夕食&温泉も好評でした



しかし眠い1日だったなー


これまでの3日間

早朝から大阪駅センダー

早朝から関空センダー

早朝から伊丹集合

って3日連続睡眠3時間・・・

一ノ関駅から東北新幹線に乗車(添乗員用メモ)

今回の熟年ツアー

いや、秘境・秘湯ツアーでは 帰りに“JR一ノ関駅”を利用したので、今日は観光バスを降りてから東北新幹線のホームまでの道のりをご紹介したいと思います

駅は在来線側の西口と新幹線側の東口があります

バスは東口側で降りるんですが、そのまま道路を横断することができないのでちょっと厄介

いったん“東口交流センター”って建物から陸橋を使って駅へ向かいます

↓こちらをクリック
一ノ関駅構内図
P9300133~01P9300134~01






この東口交流センター、エスカレーターがないんですよね…

階段を使うか奥のエレベーターを利用して2階へ上がります

P9300131~01P9300132~01






陸橋を渡りきると突き当たりが東改札
P9300135~01P9300136~01






P9300140~01構内に入ってすぐ左側が新幹線の改札口

右側には弁当屋さんや売店が並んでいます




“茶房”の奥に休憩コーナーがありますが、あくまで店内で購入したドリンクを飲む場所です

P9300137~01P9300138~01






P9300142~01西口へ向かう途中にはコンビニが1軒

フルムーンパスを持っていたら西口の改札から外に出てもいいですね
(お土産は西口の改札の外の売店の方が充実していると思います)




新幹線の改札を入ると待合室はあっても売店はないので注意しましょう



新幹線のホームはいたってシンプル

11番ホームが新青森方面で

12番ホームが東京方面

P9300143~01P9300144~01







ただ編成によって同じ号車でも待つ場所が違うし

同じ16両編成でも黒色と青色の号車案内があるのでちょっとややこしい

予め何色の号車案内なのか駅員さんに聞いたほうが安心ですよ♪

東京駅・2つの新幹線乗換口について(添乗員用メモ)

この記事は2015年10月現在の情報です

今日は東京駅に関する“業務的”なお話

新大阪方面から東京駅で東北新幹線に乗り換える道のりをご紹介したいと思います

実は前々から東京乗り換えの記事を書きたかったんですけど

いつも接続時間が短すぎて写真を撮る時間がなかったんですよね…

今回は1時間以上接続時間があったので、お客様を東北新幹線のホームにご案内したあと

また東海道新幹線のホームまで戻って写真を撮ってきました(笑)


※※東京駅についてほとんど知識がない!って添乗員さんを前提にすすめます※※

まず、東京駅はよく“八重洲(やえす)側”とか“丸の内側”とか呼ばれます

皇居や丸ビル、赤レンガの駅舎があるのが“丸の内側”

その反対側、大丸や観光バスの鍛冶橋駐車場などあるのが“八重洲側”です

どちら側も北・中央・南に改札があり、それぞれ

“八重洲北口”“八重洲中央口”“八重洲南口”
“丸の内北口”“丸の内中央口”“丸の内南口”

とありまして

さらに八重洲側には“八重洲中央南口”“日本橋口”なんて改札があります

よーするにめちゃくちゃ広いんです(笑)



はい、ここまでは前置き

今回の本題は東北新幹線への乗り換えですよね

まず、新幹線の乗り換え口は“中央乗換口”“南乗換口”の2ヶ所

“北乗換口”ってのはありません

東京駅に着くとグリーン車がある8・9号車付近に下りのエスカレーターがあります

ここにはこんな案内が書かれています

東北新幹線や山形新幹線の表示はあっても“乗換口”とは書かれていません

出口の案内は“八重洲北口”“八重洲中央北口”と書かれています
(東海道新幹線の改札からは直に丸の内側には出れないので丸の内の表示はないです)

出口に“中央”ってキーワードがあるエスカレーターを降りたら“中央乗換口”なんだと覚えましょう

P9260013~01P9260014~01






降りたらこんな感じ

IMG_20220312_132259_copy_1459x1094






案内板に従い右へ進みます

P9260015~01






こちらが“中央乗換口”
P9260019~01






昔は駅員さんに

「団体は一度東海道新幹線の改札を出て、外から東北新幹線の改札から入って!」

なんて言われていましたが、最近はそんな話しは聞きませんね
(実際どーなんでしょう?)


乗換口の前の売店

左から“サンド・ヘルシー・肉系・人気・幕ノ内・ご当地”

ってカテゴリー分けして案内しているところが分かりやすくていい(笑)

P9260017~01






東北新幹線の改札に入ったところがこんな感じ

手前から23番&22番ホーム

その奥が21番&20番ホームです

P9260020~01






構内には待合室

その脇に

“BECK`S COFFEE”ってテイクアウト専用のカフェがあります

P9260022~01






東北新幹線は電光掲示板の案内が分かりやすくていいですね

東北新幹線って“前が秋田新幹線こまちで、後ろが東北新幹線はやぶさ”とか

違う新幹線を連結している編成が多いじゃないですか

こうやってビジュアル化してもらえると、自分みたいな鉄道オンチ系添乗員はほんと助かります♪

P9260023~01P9260026~01






それでは東北新幹線のホームに上がってみましょう

P9260033~01






たまに自分たちが乗る予定の号車付近がすでに人だかりができている場合があります

え、指定席やのになんでそんなに早く並んでるの?

って一瞬怯みますがご安心を

東京駅はめちゃくちゃ忙しい駅なのでひっきりなしに新幹線が出入りします

なので並ぶ列も先発と後発(次発)を分けているんですね

しかも下の写真みたいに同じ17号車でも

次発の“こまち”は指定席だけど、

先発の“つばさ”が自由席なので早くから列ができるわけです

他にも列車によって並ぶ列が指定されたりするので案内板や足元の表示を見落とさないようにしましょう

東北新幹線はピリピリしたビジネスマンが多いのでツアー客がダラダラ並んでいると怒られます…(涙)

P9260032~01P9260030~01







はい、ここまでが東海道新幹線を降りて中央乗換口を使って東北新幹線に乗り換える流れでした



お次は“南乗換口”

東海道新幹線が4号車付近だったら

恐らく下りのエスカレーターの上にはこんな案内板が出ていると思います

“八重洲南口”“八重洲中央南口”

そう、“南”ってキーワードが書かれていたら

そこは降りたら“南乗換口”だと覚えておきましょう

P9260011~01P9260012~01






降りたらこんな感じ

IMG_20220312_132228_copy_1459x1094




こっちから降りてもとにかく右へ

P9260010~01






↓こちらが“南乗換口”

中央に比べてちょっと奥まっているので分かりにくい

P9260001~01P9260003~01






改札前には“DERiCA STATiON”って売店とスタバ

そして待合室があります

P9260006~01P9260009~01






中央乗換口前のお店に比べて、こっちの方がカジュアル

向こうにはなかったおにぎり類も扱っています

ドリンク類も豊富


それになんてったってスタバがあるのが嬉しいですよね

帰りに時間があれば、ここでドリップコーヒーを頼んで1杯目は新幹線車内で

2杯目は新大阪に着いてから108円でワンモアコーヒー!

理想的やね♪


P9260007~01






おっと話しが個人的趣向に反れてしまった…

こんな感じですがイメージできましたか?
(余計心配になったりして…)


まぁ今まで接続時間9分でも乗り遅れたことはないのでご安心を!(笑)

ただ想像以上に人が多すぎて思うように動けないこともあるので油断は禁物です

接続時間が短い場合は予め次のホームや緊急連絡先を案内しておきましょう

“万が一はぐれたら直接ホームへ!”って案内しておいてもいいかもしれません

2つの乗換口も利用する号車や乗り継ぎ時間を考えて上手に使い分けたいですね

↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!




フルムーン東北 秘湯・秘境大周遊5日間【後半】♪

ツアー後半戦の4日目はむつ市内から久慈まで大移動

この日のメインは“三陸鉄道・北リアス線”

久慈(くじ)駅から普代(ふだい)駅まで35分間のローカル列車の旅です


P9290099~01久慈駅には早目に着いたので

駅前にある“まちなか水族館”などを見学してもらいました




P9290091~01P9290095~01






P9290092~01P9290098~01






館内にはこの水族館の応援団長である“さかなクン”が提供した魚や水槽、イラストなどがズラリ

さかなクンってほんと多彩やなー

と魚そっちのけでさかなクンに感心してしまった(笑)

三陸鉄道はたまたまこの日は貸切日

海女ちゃんガイドの楽しいお話を聞きながら車内でホタテ弁当の昼食です

P9290101~01P9290103~01






P9290105~01あ、向かいのJRのホームにこんな貸切車両がおった

こっちも気になる…




P9290108~01P9290106~01






P9290110~01しかし陽気で楽しい海女ちゃんガイドさんでしたね

普段は海ではなく陸(観光協会)で働いているそうです(笑)




このあと“北山崎”と“浄土ヶ浜”を見学して“三陸花ホテルはまぎく”さんへ

P9290117~01P9290118~01






今回はじめて泊まるホテルだったんですが

名前の通りめっちゃ花ホテルやった

フロント可愛いすぎ(笑)

P9290122~01P9290123~01






P9290120~01P9290128~01






こちらのホテル

ホテルのすぐ裏が三陸海岸の絶景が広がっているんですよね

それゆえ東日本大震災では壊滅的な被害を受けたとのこと

2013年8月にこれまでの“浪板観光ホテル”から名前も一新し復活リニューアル

ちなみにホテル名にも付いている“はまぎく”の花言葉は「逆境に立ち向かう」だそうです

P9290130~01非常階段の照明がやたら明るくて

避難経路を示す案内表示も徹底していたのが印象的でした





ホテルの部屋に入ったら非常口の確認

なんだかお約束のフレーズで重要性を忘れかけていたけど大事なことですよね

お客様への案内はもちろん、自分自身も気を付けたいものです

フルムーン東北 秘湯・秘境大周遊5日間【前半】♪

前回の「レッツらゴー!ツアー」に引き続き東北へ行ってきました

ツアータイトルは

「みちのく秘湯・秘境大周遊 熟年ご夫婦の旅5日間」

毎度おなじみJRのフルムーンパスを使ったツアーです

てかタイトルにその“熟年”っている・・・?



さて、このコースは10月1日出発だったんですが

ちょうど北日本の日本海側は爆弾低気圧の影響で大荒れ

20151002_170526~01雨はそんなに酷くなかったんですが

風がほんとヤバかった…




と言うわけで

2日目のJR五能線→運休

3日目の仏ヶ浦遊覧船→欠航

となってしまいました(涙)

竜飛崎ではあまりの暴風でお客様はしゃがみこんでしまうほどだったもんな…

でも大間崎からは綺麗に函館山も見れたし

恐山に行く途中では見事な虹もみれたし

傘を使わずに観光できただけラッキーでした♪

P9270039~01P9270040~01






P9270047~01P9270046~01






P9280080~01P9280081~01






P9280086~01P9280088~01






3日目は浅虫温泉から佐井に向かう途中

横浜町のドライブイン“サンシャイン”に立ち寄りました

P9280067~01P9280069~01






P9280072~01久々に社長に会えると思ったのに

イベント出席のため不在…

ほんと多忙なお方です



ここで杉山社長に出会ったことで始まったこの「ブログな添乗員」

社長、早いものでもう11年目に入りましたよー!(笑)

山形空港サポーターズクラブって知ってる?

今回のレッツゴー東北では帰りに山形空港を利用しました
(ちなみに3レターはGAJ

P9230082~01行ったら思い出すかなーと思ったけど全然記憶にない

ひょっとしたら復路で利用するのは初めてなのかも???




1階は航空会社とレンタカーのカウンターがある他は、小さい売店があるのみ

2階には少し大きめの売店とレストランが1ヶ所

P9230083~01P9230084~01






P9230086~01そして無駄に広いスペースに中途半端に置かれたイス・テーブル






P9230088~01昭和なムード漂うの無料Wi-Fiコーナーなどがあります






思った以上に寂しい空港…

そんな時に限って2時間待ち…

こんな時はカードラウンジへ♪


って思ったけど

悲しいかな山形空港にはカードラウンジがない…

その代り“山形空港サポーターズクラブ”って会員専用のラウンジがあるのですが

もちろんそんな会員にはなっておりません…


と、そんな“使えない空港”的な印象で終わりかけていた山形空港に挽回のチャンスが!

P9230087~01なんとサポーターズクラブ専用ラウンジのお試しキャンペーンをやっているではないですか!






このアピールする気ないやろ!って感じの控えめな告知がまたいいですね(笑)

さっそく空港ビルの事務所に行ってみました

書類書いたり面倒な手続きがあるのかと思いきや

ノーチェックノーサイン(笑)

“あ、どーぞ使ってください”ってあっさり使わせてもらいました♪

室内は添乗精算や報告書を書くのにもってこいのデスク!

山形ブランドのジュース(1人1本まで)や

ネスプレッソマシンが置かれていました♪

P9230093~01P9230091~01






P9230090~01P9230095~01






これを無料で使えるなんて嬉しいですよね

欲を言えばラウンジ内も無料のWi-Fiが使えたらもっと嬉しいのですが…


今回はお試しキャンペーンということで利用させてもらいましたが

入会金も年会費も無料なので入っておいて損はなさそうですよね

入会すると他にも特典盛りだくさん♪

でも羽田便の増便と名古屋便の復活を記念したラウンジなので

特典もあくまで羽田&名古屋の利用者向けになっております



話は変わりますが

P9230081~01JALのカウンターにこんな紙ヒコーキが飾られていました

これ、機長が折ったそうですよ

スゴイですよね


山形空港をご利用の際は是非お見逃しなく!!

山形空港サポーターズクラブとは(山形空港HPより)

レッツゴー!東北3日間♪

最近やたらと出発が続いている東北ツアーに行ってきました

ツアータイトルは

“レッツ ゴー東北! 初秋の中尊寺・銀山温泉散策と鳴子温泉・松島に泊まる3日間”

長いしちょっと恥ずかしいわ・・・・・・・・

でもレッツゴー効果が効いたのか連日盛況のこのコース

この日も20組47名のお客様にお集まり頂きました(涙)


初日は中尊寺の観光のみで鳴子温泉へ

2日目は銀山温泉&山寺

P9220037~01P9220003~01






P9220001~01P9220028~01






P9220021~01P9220018~01






前に銀山温泉に来たときは雪がどっさり積もっていたんですよね
蔵王樹氷と最上川こたつ船ツアー・2日目♪(2015年2月18日)

雪があるのとないのではえらい印象が違います
(写真左が今回、右が今年の2月)

P9220019~0188c6aad0






白銀(しろがね)滝のそばのトイレもちゃんと見えてた(笑)

P9220016~01533c9b6e






前回、“立ち食い生あげ(200円)”を食べた“野川とうふや”

今回はシンプルに“立ち食い豆腐(170円)”を食べてみました

あらかじめ食べやすいサイズにカットされているがいいですね

P9220036~01お箸よりスプーンで食べたい程とろっとろでめちゃくちゃ美味しかったです♪

最初からかかっている醤油(タレ?)も薄味なのにしっかり風味があって豆腐と愛称バッチリでした♪




P9220043~01P9220056~01






P9220047~01P9220049~01






今回のコースでは山寺の参拝はコースに入っていなかったんですが

昼食が山寺の参道の“ふもとや”さんだったので、少し長めに昼食の時間をとって希望者は各自参拝に行ってもらいました

(てか昼食が参道のお店なのに山寺行かない訳にはいかんでしょ…)

P9220050~01奥の院までは1015段の道のり

昼食込みで1時間40分取りましたが、時間があれば2時間くらいあったほうがいいかも






P9220051~01P9220052~01






P9220053~01P9220054~01






この日はホテルに入ったあと松島海岸の散策も入っていたのであんまりゆっくりできなかったんですよね

今夜はちょうど中秋の名月

お月見の名所でもある松島の“観瀾亭(かんらんてい)”では夜間拝観も行われていました


P9220060~01P9220064~01






最終日は松島遊覧&塩釜神社の参拝をして山形空港から大阪に帰ってきました

山形では28度まで気温が上がって暑い3日間だったなー

思わず行きに着ていったジャケット

ホテルのクローゼットに忘れて帰ってしまいましたとさ…(涙)

P9230071~01P9230074~01






P9230077~01P9230079~01






話は変わりますが

松島では“花ごころの湯 新富亭(しんとみてい)”

“松ぼっくりの宿 翠松亭(すいしょうてい)”との分宿でした

2015年9月28日 172042 JST~01分宿ゆーてもすぐお隣なんですけど

新富亭には本館と松館があって、翠松亭には翠(みどり)館があるわけです




この造りがややこしいのなんのって…

次に行く添乗員さん用に手書きのイラストをアップしておきます(笑)

まとめるとこんな感じ↓

IMG_20150928_165628~01てかこれホテル名を分ける必要あったんかいな?

しかも翠松亭って館がひとつしかないんだから“翠館”なんて名前つけず

新富亭の本館、松館、翠館で良かったと思うんですけど…





まぁ色々と事情があるのですね、きっと


ちなみに“どんぐりの宿”っていうのは

童謡「どんぐりころころ」の作詞者:青木存義( あおきながよし)氏が松島出身に由来しております

みちのく桜絵巻ツアー5日目♪

【西行戻しの松公園】

ここは初めてきました

駐車場は工事中でゴチャゴチャしていましたね

P4260246~01P4260245~01 






P4260248~01P4260249~01 






ちょっと小高い丘を登ったところが公園です

松島の島々を見下ろすことができます

P4260253~01P4260250~01 






P4260254~01ここも既に桜は終わっておりました…

満開だったら桜越しに海が見えて綺麗なんだろーなー







【三春の滝桜】

でました大御所!

2週間前に来た時点で見頃は過ぎていたので行くのが心苦しかった…

駐車場は誰もおりまへん

チケットもないから入場料300円返金だい!(投げやり)

P4260255~01P4260256~01

 




P4260257~01 
誰やだれやー

こんな嫌がらせするヤツは…



途中の露店街も綺麗に撤収されていました

P4260269~01P4260258~01






P4260260~01
あ、ここだけ営業していましたね

ゆべしで有名な“かんのや”さん

5月の連休まで開いているそうです


でもなかなか三春の滝桜をひとりじめなんてできませんよ

しかも桜が終わっても楽しめるように綺麗に菜の花が植えられています

真っ黄色の菜の花と青々とした新緑の滝桜のコントラスト見事でした

P4260261~01P4260266~01






P4260271~01でもやっぱりダレもこんね…







前回の東北ツアーは喜多方の満開の桜で終わりましたが

今回はこの三春が最後の観光地でございました…


【JR郡山駅】

復路はJR郡山駅を利用

めったに使わん駅やね

P4260275~01スタバありタリーズありヨドバシカメラあり

で大変立派な駅でございました




P4260276~01P4260277~01






P4260278~01P4260282~01







改札の外に待合室があるのも嬉しいです
(リアルおばあちゃんの民話の実演までやってました)

P4260280~01P4260279~01






実は最初、コンビニとかあるかな?

って心配しておりましたが

郡山の皆さんごめんなさいm(__)m




さてさて、今回は5日間と国内ツアーにしてはロングなコースでしたが

ずっと晴れってすごくない?

桜の見頃は終わっている場所が多かったですが

キラキラと気持ちのいい東北の春を感じることができた5日間でした♪

みちのく桜絵巻ツアー4日目♪

4日目はこれまたみちのく桜ツアーの大御所です

【角館・武家屋敷通り/桧木内川堤防】

角館の桜は

武家屋敷通りの枝垂れ桜と

桧木内川(ひのきないがわ)の桜並木

の2部構成

駐車場のすぐ裏手が桧木内川です

P4250208~01P4250209~01






P4250211~01まず駐車場前の道路を横断して武家屋敷通りに向かいましょう

トイレは駐車場内に仮設

道路を横断したところに公衆トイレがあります


P4250212~01武家屋敷通りに行く途中、左手にある酒屋さんが“君ちゃんのお店”

バスの乗務員さんや添乗員の憩いの場でもあります




曲がり角にあるのが“樺細工伝承館”
P4250217~01P4250215~01






桜の青々としていましたが、観光客は相変わらず多かったです

P4250219~01P4250214~01






P4250221~01こちら有料施設の“青柳家”

ほかにも“石黒家”“岩橋家”“小野田家”などがあります





武家屋敷通りをそのまま進むと国道46号線とのT字路に突き当たります

P4250223~01
ここまで来る途中で同じ道を引き返してもいいですが

この交差点を左へ進んでもバスの駐車場に戻れます



途中、右手にコンビニがあります

行くと必ず乗務員か添乗員がおります(笑)
P4250224~01P4250226~01






コンビニを過ぎ信号をひとつ越えると桧木内川にかかる“古城橋”に差し掛かります

これを渡らず左へ進むと桧木内川沿いの桜並木

P4250228~01P4250229~01






そのまま進むとバスの駐車場が左手に見えてくるので安心です
P4250231~01P4250235~01






P4250236~01桜は散っていましたが

ゆっくり腰を下ろしてお弁当を食べるにはもってこいの陽気でした
(ただし毛虫に注意)




このあと中尊寺に向かいましたが

ここも本堂の正面にある八重桜を以外は終わっておりました…

P4250241~01P4250240~01






みちのく桜絵巻ツアー3日目♪

【盛岡・高松公園】

ここは以前にも来たことがあるスポット

P4240175~01駐車場から道路を横断したらすぐ公園なので分かりやすい

市民の憩いの公園って感じ

もともと県外の観光客向けの場所ではないです


P4240176~01P4240178~01






P4240184~01ここも桜は終わっていましたが、ちょうど祝日だったので若者でにぎわっていました


出店もかろうじて2店舗だけ残ってたね…



P4240185~01P4240183~01







【小岩井農場・一本桜】

ここの一本桜は小岩井農場まきば園からではなく

農場の外側から遠望するスポットです

マイカーは駐車場があるのでいいですが

大型バスは路駐もしくは回送しなくてはいけません

P4240203~01お客様を降ろすタイミングも難しく

乗務員さん泣かせのスポットです





P4240195~01P4240193~01






2015年4月29日 170241 JST~01もう一度いいますが

桜は農場の外から“遠望”です

ココはこーゆーもんなんです!(笑)


P4240200~01最低でも5倍ズーム搭載のカメラを持っていきましょう♪






P4240202~01くれぐれも道路の横断には十分注意しましょうね

いつかバスとの接触事故とか起きそう…





この日はほんと穏やかでいい天気だったな〜

“十和田湖”の水がめちゃ澄んでいて綺麗でした♪

P4240160~01P4240186~01









みちのく桜絵巻ツアー2日目・後半♪

【芦野(あしの)公園】

今回はじめて行った観光地のひとつ

P4230109~01~01かなり広い公園です

津軽鉄道に乗る前の散策って感じ





P4230122~01バスの駐車場の裏側に線路が走っています






P4230113~01線路を渡ると公園内へ

渡らず左へ曲がるとお店が並んでいます




“桜の駅”って看板のお店の脇を進むと“芦野公園駅”に出ます

P4230115~012015年4月28日 164709 JST~01






こちらが駅舎

窓口で手続きをすると津軽鉄道のチラシと団券が渡されます

この団券は乗車時にアテンダントさんに渡します

P4230110~01P4230105~01






さくらまつりの前日に行ったのに

さくらはほぼ散っておりました…
P4230147~01P4230150~01






P4230124~01P4230125~01






P4230145~01園内に小さい動物園(無料)があるんですが

ここにいるヒグマがめちゃ可愛いかったです♪







【津軽鉄道】

芦野公園駅から津軽五所川原駅まで乗車しました

余裕があれば団体用に席を確保してくれています

P4230106~01P4230118~01






今回は我々含め4団体が乗車

そのうち立ち席だったのは我々だけでした…
(手配を入れたツアー順っぽいです)

P4230156~012015年4月28日 160020 JST~01






P4230119~01桜が満開だと見事なんだろーなー♪







みちのく桜絵巻ツアー2日目・前半♪

2日目はみちのく桜ツアーの大御所登場です

【弘前城・弘前公園】

P4230062~01とにかく毎年迷子が多いので一番気をつかいます

バスはおそらく“ねぷた村”に駐車です
(ピーク時は乗降だけでバスは回送)




弘前公園は有料施設なのでチケットを受け取るまで団体行動

途中にある売店や屋台など誘惑に負けないよう、お客様には事前にしっかり案内しておきましょう

P4230100~012015年4月28日 165006 JST~01






P4230096~01ねぷた村から一番近いのが“中央高校口”

まずはこの場所を覚えてもらいます




P4230094~01ちょうど桜の花びらがお濠にビッシリ浮かんでいて見事でした






中央高校口から公園に入るとすぐ臨時のチケット売り場があります

チケットはどこで買ってもいいのですが、ここが一番利用しやすいと思います

チケットとパンフレットをお客様にお配りします
(パンフレットの中に地図がはさんであります)

P4230018~01P4230015~01






このあとは添乗員とはぐれても大丈夫ですが

いちおー“下乗橋(げじょうばし)”まで案内するツアーが多いです

P4230021~01P4230026~01






P4230030~01この赤い橋が下乗橋

ここから桜越しに見る天守閣がスナップ写真の定番スポット




P4230033~01橋を渡るとゲートがあります

ここで先ほどのチケットが必要となります




有料区域に入ると、まず行きたいのが天守閣

前日は最大60分待ちになったようですが

この日は待ち時間なしで入城できました

P4230034~01P4230038~01






↓天守閣から見た風景

けっこう桜も残ってますね

P4230040~01P4230041~01






公園内は枝垂桜がメインです

P4230051~01P4230052~01






毎年、四の丸周辺にでる屋台は昭和なムード満点で必見

ここにしかない黒いおでんは特に美味しいって訳じゃないけど買っちゃいます(笑)

P4230061~01P4230058~01






西の郭には“桜のトンネル”という名所があります

ここは完全に葉桜でございました・・・

P4230088~01P4230089~01






ねぷた村からはちょっと離れているので行くのは大変ですが

見頃ならぜひ足を運んでみたいスポットです

みちのく桜絵巻ツアー1日目♪

5日間のみちのく桜ツアーに行ってきました

今回も初めて行く添乗員向けに業務的な内容をサクッと書いていこうと思います


【北上展勝地(きたかみてんしょうち)】

今回利用したJR北上駅から北上川を渡ってすぐです

駐車場は大きいので安心

P4220010~01P4220013~01






仮設の案内書にパンフレットが置いてあります
(地図はあまり必要なさそうですが)

P4220001~01P4220002~01






P4220006~01桜は咲いていなくても屋台がたくさん並んでいて賑やかですね

一番奥には展勝地レストハウスがあります




まずは堤防沿いの桜並木へ進みましょう

途中左手に遊覧船のりばがあります


P4220005~01P4220007~01


 



ご覧の通り、桜は散ったあとでございました…

P4220009~01P4220012~01






ここ、いっつもタイミング合わないんですけど…

南東北桜めぐり3日目(後半)♪

【しだれ桜散歩道(日中線記念自転車歩行者道)】

今回のツアーで一番心配だった場所

喜多方市にある隠れた名所だそうです

“日中(にっちゅう)”とありますが

別に日本と中国の国交を記念して・・・とかではありません


国鉄時代、喜多方駅と“熱塩(あつしお)駅”を結んでいた“日中線”

1984年に廃線になった跡地が自転車&歩行者専用道として整備されているんです

P4180318~01その沿線にしだれ桜が3キロに渡って続いており

途中にはSLが展示されております





ドライバーさんもガイドさんも行ったことがないので

少ない情報をもとにGoogleマップを活用してイメトレ
(ほんとGoogleマップに感謝感謝)

2015年4月23日 153218 JST~01バスを“押切川公園体育館(Pマーク)”に止め

“喜多方プラザ”のある交差点を渡り(赤い丸)

歩行者道の交差点(黄色い丸)まで誘導しました





ピンクに塗ったラインが“しだれ桜散歩道(日中線記念自転車歩行者道)”

P4180355~01←押切川公園体育館の駐車場






2015年4月23日 200520 JST~01←喜多方プラザのある交差点






この信号を渡って散歩道の入り口まで進みます

地図で見るより近く、駐車場から5分もかからなかった♪

2015年4月23日 202303 JST~01この交差点は起点ではありません

右へ行くと喜多方駅

左へ行くとSL方面です



P4180301~01こっちは喜多方駅方面

もちろんこちらにも桜は植えてあります




でもメインはSL方面ですね

P4180302~01P4180303~01






枝垂れ桜はちょうど今が見頃!

まだ若い桜なので背丈も低いし色も濃い

迫ってくるような枝垂れ桜はまさに圧巻です!!!

P4180310~01P4180305~01






P4180317~01さっきの交差点からトイレまで250m

かなり小さいトイレです




トイレのすぐ先にSLが展示されていました

P4180319~01P4180320~01






ここで満足してUターンしてしまいがちですが

ちょっと待った!!

もうちょっと頑張って進んでみましょう!

P4180326~01P4180329~01






進むにつれて道が細くなり…

P4180331~01P4180332~01






こんな感じで桜のトンネルのように見えるスポットもあるのです!

なんだか枝垂れ桜というより“藤棚”みたい…(笑)

P4180347~01P4180340~01






P4180345~01これは今まで見た桜の景色の中で一番の絶景かも!

ほんとすごい迫力でした

お客様も最後に満開の桜が見れて大喜びでした





でもここ、ツアーではほとんど行程に入っていないんですよね

ツアー客も我々だけで、ほとんどが地元の方でした

この先、誰かが写真コンテストとかに出して

“この場所はどこだ!?”

みたいな感じで一躍人気スポットになるかもしれませんね


帰りは行きと同じく新潟空港から伊丹へ

P4180358~01P4180360~01






3階がレストラン街ですが

コンビニやお弁当を扱うお店はありませんのでご注意ください


ちなみに

前日はバードストライクで伊丹便が急遽欠航

このツアーに行っていた先輩添乗員が大阪に帰れなくなり延泊したんですよね

翌日の伊丹便も満席で

セントレアまで飛んで名古屋駅経由で大阪に帰ってきたそうです

ほんとツアーは最後まで何があるかわかりませんね…

無事に帰ってこれたことに感謝m(__)m

南東北桜めぐり3日目(前半)♪

【亀ヶ城公園】

福島県には棚倉(たなぐら)町と猪苗代町に“亀ヶ城公園”がありますが

このツアーで行くのは猪苗代町の亀ヶ城公園です

今回はじめて行きました
(てか他のツアーは皆無なほどマニアック)

他の添乗員からは「駐車場にトイレはないよ」って聞いていたのに

行ったらちゃんとあるんですよね

なんだか様子がおかしいなと思ったら

2015年4月23日 102825 JST~01~01駐車場が2ヶ所あるようです

写真のAとB
(※AとかBは便宜上、私が勝手に付けた記号です)





P4180257~01他の添乗員はAに止めてて

自分たちのバスが入った駐車場はBだったようです…




まぁどちらに止めても上には登れます

特徴として

【駐車場A】
利点:足元が整備されていて比較的登りやすく、駐車場に“亀ヶ城公園”って石碑がある
欠点:トイレがなく、駐車場から磐梯山が見えない

【駐車場B】
利点:トイレがあって、駐車場から磐梯山が見える
欠点:足元が整備されていないので雨の日などは危険

所要20分でも上まで登って帰ってこれるほどこじんまりした公園です

上からは磐梯山を一望

野口英世の像もありました

P4180263~01P4180260~01






P4180259~01P4180261~01








【湯野山(ゆのかみ)温泉駅】

“湯野上温泉駅”から“芦ノ牧駅”まで会津鉄道に乗車です

ツアータイトルに

「三春の滝桜・南東北桜めぐりとお花見列車3日間」

とあり“お花見列車”に期待がかかりますが

実際に乗ってる時間は13分で1区間の普通車利用…(涙)

おまけに日程表に“車窓より桜景色をお楽しみ”って書いてあるけど

この区間はほとんどトンネルで

車窓から見えるのは渓谷とダムくらいって

添乗員的には全く笑えないオチでございます…(涙)


P4180274~01でも駅の桜は見事でしたね

ちょうど満開でした♪




駅舎は茅葺屋根で趣があります

奥には足湯がありました

P4180267~01P4180266~01






P4180279~01芦ノ牧温泉方面は線路を渡って斜め向かい側のホーム

このホームからの風景ものどかで癒されます♪




P4180276~01P4180283~01






P4180288~01反対方向から列車がきました

絵になるな〜♪
(撮り鉄な気分)




この列車は快速で車両は2両編成

他にも“お座敷列車”なる特別車両もあるのでそっちに乗りたかった…

P4180290~01P4180293~01







【芦ノ牧温泉駅】

P4180299~01P4180296~01






猫が駅長だそうです

ご老体でほとんど寝てます

てかなんでわざわざ名前を“ばす”にするかな…

お客様に

「それじゃーバスみてお手洗い済ませてバスに乗ってくださーい!」

ってややこしいいわ!

南東北桜めぐり2日目(後半)♪

【合戦場(かっせんば)のしだれ桜】

霞ヶ城と同じく二本松市にある名所です

ここも初めて行きました


P4170186~01バスの駐車場から細い道を歩きます

距離は短いですが車の通行量も多い場所です

1列になって移動しましょう



バスの駐車場にはトイレはありませんがマイカーの駐車場に屋台と仮設トイレがありました

P4170187~01P4170206~01






P4170191~01マイカーの駐車場を抜け広場を進むと右手に大きな枝垂れ桜が見えてきます

この一帯に枝垂桜はたくさんありますが、ひときわ大きいのですぐ分かります





二本並んでいるので“夫婦桜”と呼ばれていたり

三春の滝桜の孫とも言われているベニシダレザクラ(樹齢約170年)


P4170205~01P4170204~01






少し下がった所に菜の花畑が広がっていて、ここから見上げると圧巻です
P4170194~01P4170193~01







【三春の滝桜】

日本三大桜(巨桜)のひとつ

エドヒガン系のベニシダレザクラで天然記念物

樹齢1000年越えのモンスター級の桜です

P4170240~01駐車場はかなり広いです







駐車料金は不要ですが、ここはチケットの購入が必要

パンフレットとチケットを受け取り入場ゲート前で配ります

P4170210~01P4170209~01






P4170237~01地図もここに置いてありました

滝桜に向かう道中にも置いてあります




P4170241~01駐車場の時点で桜の状況が分かります


こんな感じだそうです…



途中、お店がたくさんあるので誘惑が多いですが

ほとんどの団体が半強制的に団体写真の場所に連れていかれるので

撮影場所まで誘惑に負けないように付いてきてもらいましょう

P4170213~01P4170236~01






P4170216~01ここが撮影ポイント

撮影台は2台あったのでこの日はスムーズでした




P4170220~01撮影後は解散

桜の周囲をぐるっと回ることもできます




P4170218~01P4170233~01






P4170234~01添乗員はこの怪しい倉庫の中で写真が出来上がるのを待つそうです

休憩もできますが中はタバコ臭くていられたもんじゃない…




そして写真の代金はいったん添乗員が建て替えてこの倉庫で支払い、あとでバス車内でお客様から回収するシステム…
(あとでお客様が「やっぱりいらん」って言ったらどーすんねやろ)

この立て替えシステムについて写真屋さんが言うには

「天然記念物の前でお金の受け渡しをするのはいやらしいので…」

って

いやいやその天然記念物の前でガッツリ商売してるのダレやねん!

って突っ込みたくなります(笑)




【紅枝垂地蔵ザクラ】

郡山市にある桜の名所です

今回初めて行きました

樹齢約400年のベニシダレザクラ

三春の滝桜の娘だそうです


よーするに

親:三春の滝桜(1000年以上)
子;地蔵ザクラ(約400年)
孫:合戦場のしだれ桜(約170年)

こんな感じ(笑)

P4170253~01駐車場から目の前なので問題なし

三春よりマシですが、見頃は過ぎていました…




P4170246~01P4170249~01






P4170248~01駐車場前にある販売所

ここの花桃も見事でした





P4160077~01今日も1日いいお天気

上着もいらないほどの陽気に恵まれました♪




南東北桜めぐり2日目(前半)♪

【花見山公園】

今回初めて行きました

P4170164~01バスの駐車場はかなり大きくて整備されていました

ピーク時はここまで来るのに大渋滞して途中で歩く場合もあるそうです




駐車場代は環境整備協力金として10000円でございます
(入場無料なので入場料と思えばこんなもんかと)

案内所にパンフレット(地図)があるのでお客様にお配りします
(事前にコピーだけでも配った方が良いです)

P4170124~01P4170122~01






駐車場から山の入り口にあるログハウスの案内所まで所要15分と書かれています…

P4170126~01P4170128~01






ログハウスに行く途中に2ヶ所、屋台や売店が密集している休憩所がありました

P4170163~01P4170129~01






P4170134~01こちらがログハウスの案内所

ここまで来てようやく山の入り口です




P4170135~01このあとは各自のペースで

って団体が多かったです

コースは30分・45分・60分の3コース


P4170138~01P4170141~01






P4170153~01P4170159~01






桜は終わりかけですが、他にも色んな花が咲いていたので綺麗でした

P4170160~01帰りは車道を通って駐車場に戻ります

途中右側に団子屋さんなどお店が出ていました







【二本松城跡(県立霞ヶ城公園)】

今回はじめて行きました

2015年4月24日 105012 JST地図にPマークがいくつもあってややこしいですが

バスは一番右の赤丸のPに止めます

すぐ後ろにトイレがあるので便利




お城へ向かう途中に仮設の案内所があり地図も置いてあります
(できれば事前に配った方が良い)

P4170166~01P4170184~01






P4170168~01P4170169~01






少年隊のブロンズ像の前を通り階段を上がると広場があります

地図でいうと菊人形会場って書かれている場所

ここに屋台が並んでいて食事もできます

P4170170~01P4170171~01






P4170173~01桜は見事に終わっていましたね…






P4170174~01P4170175~01






“本丸城跡”までは駐車場から30分とのことですが、そこまでかからないと思います

が、けっこう勾配があるので半分くらいのお客様しか上がってきませんでしたね…

P4170180~01P4170181~01






P4170182~01桜が咲いていたらこんな場所でお弁当を食べるのもいいですね






南東北桜めぐり1日目♪

飛行機利用で南東北の桜ツアーに行ってきました

このコースは初めて行く桜の名所が多くて大変だったので

これから行く添乗員さん&乗務員さん用に要点だけサクッと書いていきたいと思います

なので今回のツアーの記事はいつも以上に業務的な内容なのでご了承ください…


【会津若松・鶴ヶ城】

バスはいつもの“鶴ヶ城会館”さんに止め置き

桜の時期に何度か来たことがあるけど、こんなに見事に咲いていたのは初めて♪

P4160067~01P4160006~01






P4160017~01P4160056~01






P4160033~01P4160050~01






P4160060~01P4160056~01







【飯盛山】

ここは桜の名所ってワケじゃないけど、ここも綺麗に咲いていました

P4160068~01P4160074~01







【石部(いしべ)桜】

ここはバスの駐車場がないので路肩にバスを止めて乗降
(バスは回送)

警備員さんも立っているし、看板も出ているので迷うことはなさそうです

P4160113~01P4160078~01






P4160082~01P4160084~01






P4160089~01ご覧の通り畑にポツンと立っている1本桜

会津五桜に数えられるエドヒガンザクラです

大河ドラマ「八重の桜」のオープニングで登場していたそうです





P4160094~01P4160099~01






P4160110~01初日の行程は以上で終了

空港に着いたときは小雨だったけど

天候も回復して一安心♪


IMG_20150421_184238~01ホテルからはこんな綺麗な夕日も見れました!!








蔵王樹氷と最上川こたつ船ツアー3日間♪

先日と同じ蔵王樹氷と最上川ツアーに行ってきました

前回、1日目の夜にご案内した樹氷ライトアップは2月で終了

なので今後は樹氷が見れるチャンスは2日目の朝の一度きりとなります

天候が心配されながら2日目の朝を迎えたんですが

前日まで雪がなかったホテル前の道路は真っ白

昨晩からかなり雪が降り続いてたもんな〜

ホテルの部屋からゲレンデの方向を見ても真っ白です…

P2250001~01P2250004~01






せめて山頂線のロープウェイが動かなくても

山麓線くらいは動いてくれるだろーと安易に考えていたんですが

結局、両方のロープウェイが運休

P2250005~01ちなみに朝からどちらも止まるのは

今シーズン初だそうです(涙)




このあとも2日目の行程はどこに行っても吹雪

P2250006~01それでも天童の将棋むらのスタッフの方々はいつも通り花笠音頭でお見送り

ほんと申し訳ない…




最上川船下りはかろうじて出ましたが

下船場所の草薙が大荒れにつき、古口から古口に戻る周遊コースでした

銀山温泉も寒かったな…

P2250013~01P2250018~01






行程に入っているロープウェイや遊覧船が欠航になった場合

厄介なのが返金処理

細かいお金が絡んでくるので大変なんです

でも今回はなんだか嫌な予感がしていたんですよね

予め大量の千円札&小銭を持参(笑)

ほんと用意しといて助かったわ♪

P2250026~01P2250031~01






3日目はなんとか雪にもあわずに過ごせました

鶴ヶ城の雪もだいぶ溶けていました

P2260033~01P2260034~01






今回のツアーは前回同様

大阪から金沢まで特急サンダーバード

金沢から直江津まで特急はくたか

を利用

団券には“ハクタカ(ザイ”って見慣れない記載がされていました

北陸新幹線の「はくたか」と間違わないようにとの配慮でしょうね

復路のはくたかの車内では、記念のはくたかカードが配布されていました

3月13日がラストラン

恐らく在来線の特急はくたかに乗るのはこれでが最後だと思います

これまでありがとうございましたm(__)m

P2260037~01P2260047~01






20150303_192916~01てことで

いよいよ北陸新幹線のデビューまで2週間を切りました

どんな乗り心地なのか今から楽しみですね♪




蔵王樹氷と最上川こたつ船ツアー・3日目♪

ツアー3日目は会津若松の“鶴ヶ城”へ

P2140114~01現在、天守閣内の1・2階が改装工事中

料金がかなりお得になっていました♪




一部見れない展示物がある程度で、見た目や天守閣からの眺望に支障はなかったです

てか屋根に雪が積もって姫路城並に真っ白なお城でした

P2140176P2140177






P2140178鶴ヶ城会館さんで昼食をとったあと漆器屋さんに立ち寄って

あとはひたすら、直江津駅へ向かうのみ

なんか観光している時間に対して

どんだけ移動に時間かけてんだろ…



実は今回、スマホを自宅に置いてきてしまったんですよね

会社携帯があるから業務に支障はなかったとはいえ

とっさに調べ事とかできないし

やっぱりスマホがないって不便だと痛感した3日間でした

蔵王樹氷と最上川こたつ船ツアー・2日目♪

ツアー2日目
P2130140昨晩からしんしんと雪が降り続く寒い朝を迎えました






ロープウェイからの視界もやっぱり悪い…
(まだ樹氷が確認できるだけマシですが)

P2130152P2130153






P2130142そして展望台は悪天候につき閉鎖…






でもそんな時の強い味方が“レストラン山頂”

ドリンクを注文しなくてもここから樹氷を見学することができるんです
(もちろん注文して頂く方が気分的にもカラダ的にもゆったりできます)

P2130143P2130151






P2130144P2130150






P2130145外は昨晩行けた場所も立ち入り禁止になっていましたが

ゲレンデ方面は規制されていないので、行こうと思えばかなり奥まで歩いて行けます




スキーヤーやスノーシューを楽しむ人たちに紛れて奥まで進むと

とんでもないことになるので、早目に引き返してもらいましょう(汗)

P2130149P2130147






P2130146
おーい・・・






このあとバスは最上川船下りの乗船場所である“古口(ふるくち)”へ

昼食は船内でお弁当でした

から揚げ、春巻き、ミートボール

もうちょっと郷土色が欲しい内容です…

2015年2月20日 84602 JSTP2130157






2015年2月20日 84627 JSTその代わり船頭さんの案内は郷土色満載

てか郷土色ありすぎて7割くらいしか聞き取れないくらい(笑)





P2130088~01午後は“銀山温泉”の散策

来たことあるようなないような…




P2130158バスの駐車場というものはないので

路線バスの停留所で乗降
(乗ってきたバスは回送先の伊豆こけしさんへ)



P2130159坂道を下っていくと温泉街が見えてきます






P2130160“しろがねばし”を渡ると左右に旅館やお店が並んでいる温泉街がスタート






P2130163メインの散策道は左側

用事がある時に右側に渡るといった感じです





P2130162こちらの大正ロマン漂う建物が能登屋さん

温泉街のシンボル的存在です





この先にある“白銀の滝”より先は行き止まりになっていました

この滝も瀧見館さんへ続く橋を渡ってようやく見える程度

P2130164P2130166






銀山温泉で困るのがお手洗いが少ないこと

乗降場所のバス停にはトイレはないので注意しましょう

温泉街の公共トイレは大きくわけて2ヶ所

P2130165まず白銀の滝のそばにあるトイレ

半分雪で埋まっているので分かりづらい…




P2130168中心部ならここ

“かじか湯”って公共浴場




まぁそんなに大きな温泉街ではないので白銀の滝まで行ってもしれていますけど・・・

P2130173帰りは坂道を戻ららないといけないので

足の悪い方やご年配の方にはちょっと大変な散策でした




あ、温泉街に“野川とうふや”ってお豆腐屋さんがあります

ここで“立ち食い生あげ(200円)”を食べたんですけど

めっちゃ美味しかったです

P2130170P2130172







2泊目の宿泊先は“鳴子温泉”でした

蔵王樹氷と最上川こたつ船ツアー・1日目♪

JR利用の東北3日間コースに行ってきました

震災後、定番化した直江津駅IN、直江津駅OUTの長距離移動コースです…

初日は5時間以上かけてひたすら山形県の蔵王温泉へ

ホテル到着後は希望者を樹氷ライトアップへご案内

蔵王の樹氷を見るには

【蔵王山麓駅】から“蔵王ロープウェイ山麓線”に乗って【樹氷高原駅】へ

そこから“蔵王ロープウェイ山頂線”に乗り換えて【地蔵山頂駅】

とちょっと面倒くさい…

P2120138こちらが【蔵王山麓駅】

宿泊先のホテル蔵王さんから徒歩15分ほど
(坂道なので帰りが危ない)



P2120137夜景観賞用のチケットはポストカード仕様になっています

往復券ですからなくさなように




P2120121こちらが最初に乗るロープウェイ(55名定員)

10分間隔で所要時間は約7分

ゲレンデを滑るスキーヤー&ボーダーを見ながら上がっていきます


【樹氷高原駅】に到着

流れに沿って進むと次のロープウェイのりばです

P2120122P2120123






P2120124こちらが山頂へ向かうロープウェイ(定員18名)

2分間隔で所要時間は約10分




ロープウェイ内は真っ暗なのでかなりミステリアスな雰囲気♪

帰り一人で乗ったんですけど、泣きそうになりました(笑)

P2120125【地蔵山頂駅】

右が展望台へ続く階段

左が外へ出る出口です



↓こちらが展望台

見晴らしがいいので写真を撮るにはこちらがオススメ

P2120129P2120127






P2120126P2120128







近くで見たい方は外に出てみましょう

近くでと言ってもロープが貼ってあるのでそんなに近くには行けません

行動範囲もかなり限定されていました

P2120135P2120132






P2120133P2120136






まぁあんまり出歩るくと遭難する恐れがありますからね

この日もこのあと吹雪いてきて視界がかなり悪くなってしまいました

山頂駅の下りの最終は20時45分

高原駅の下りの最終は21時00分

くれぐれも乗り遅れのないよう注意しましょう!

こんな所に置いてかれたら大変だ…

みちのく秘境・秘湯フルムーン5日間♪

JRの“フルムーン夫婦グリーパス”を使った5日間の東北ツアーに行ってきました

恐山や仏ヶ浦、青池、不老ふ死温泉など秘境や秘湯をめぐる内容です

お客様は16組32名さま

5月に行ったときの30名でも多すぎ!と思ってたのに

さらに2名増えてるし・・・・・・・・

4日目にはしっかり横浜町のドライブインさんしゃいんで杉山社長にも会ってきました♪

IMG_20141008_182939~01IMG_20141011_081243~01








IMG_20141009_182049~01IMG_20141009_182224~01








IMG_20141009_222728~01IMG_20141009_222827~01








IMG_20141009_222627~01IMG_20141009_222903~01








IMG_20141009_222535~01IMG_20141012_011214~01








IMG_20141011_081022~01IMG_20141011_080917~01








IMG_20141011_081121~01IMG_20141009_224804~01









今回のツアーは5日間ずーーーっと天気が良かったんですよね

おかげで毎日綺麗な夕日を見ることができました

IMG_20141011_191411~01←2日目

竜飛岬で







IMG_20141009_181725~01←4日目

横浜町のさんしゃいん横で







IMG_20141011_191219~01←5日目

東海道新幹線の中で







1日前にも同じツアーが出発していたんですが

台風の影響で1日目の宿入りが22時40分だったそうです

我々は台風18号と19号の合間をいぬって、ほんとタイミングが良く観光できた5日間でした!

蔵王・芦ノ牧温泉3日間♪

「あだたらエクスプレス・奥阿賀遊覧と蔵王・芦ノ牧温泉3日間」

って聞きなれないツアータイトルの飛行機利用3日間コースに行ってきました

9月15日に1本目が出たばかりの新しいコース

“あだたらエクスプレス”っていうから観光列車と思いきや

安達太良山のスキー場にかかるロープウェイのことでした(笑)

“安達太良山”“浄土平”“飯盛山”“奥阿賀遊覧船”

って初めての観光地ばっかりだったし

“大内宿”“塔のへつり”も1度しか行ったことがない

なんともマニアックな内容のツアーに加え

お客様は43名様

添乗指示書は指示書になってないし

不安要素満載でしたが

先に行っている仲間が現地から報告書をFaxしてくれたり

乗務員さんもめちゃ親切だったので何とか無事にツアーを終えることができました

ほんと新しいコースは危険がいっぱいやね

IMG_20140920_174251~01IMG_20140920_174202~01








IMG_20140919_210156~01IMG_20140919_210241~01








IMG_20140919_210406~01IMG_20140919_210602~01








IMG_20140919_210758~01IMG_20140919_210638~01








IMG_20140919_181502~01IMG_20140919_181436~01








IMG_20140919_181243~01IMG_20140919_180454~01








IMG_20140919_181146~01IMG_20140919_181113~01








IMG_20140919_181317~01IMG_20140919_181011~01








IMG_20140919_180926~01IMG_20140919_180802~01








IMG_20140919_181146~01IMG_20140919_180100~01








IMG_20140919_180424~01IMG_20140919_180329~01








IMG_20140919_180211~01IMG_20140919_210034~01








IMG_20140920_135028~01IMG_20140920_134840~01








IMG_20140920_134757~01IMG_20140920_134644~01








IMG_20140920_195234~01IMG_20140920_190628~01









話は変わりますが

最終日にこんなの見つけました

ばかうけ神社にサトウのごはんスーツケース

新潟県ってじわじわくるな〜

大曲の花火と蔵王温泉3日間♪

今月3本目の東北ツアー!

今回は大曲の花火大会(秋田県)がメインの3日間コースです

恥ずかしながら大曲の花火に行くのは初めて


大阪出発のJRコースでは

蔵王温泉泊まりのツアーが2台

かみのやま温泉泊まりのツアーが3台

計5台のバスに添乗員も5人

5人の見事な(?)連携プレーと高岡営業所の先輩添乗さんのアドバイスのおかげで無事迷子も出さず帰ってくることができました

我々は蔵王温泉泊まり

山の中なのでホテルに戻ってくるのは3時、4時を覚悟していましたが

なんとか1時55分に到着♪

お客様がほんと集まりが良かったんですよね

21時30分に花火が終了したあと

22時15分には駐車場を出発できましたから♪

もちろん花火も見事だったけど


行きのサンダーバードで遭遇した大雨&ヒョウのインパクトもすごかった

その嵐のあとに日本海が沖縄の海みたいに綺麗に輝いていたのもビックリしたな

IMG_20140823_000017~01IMG_20140822_235932~01








IMG_20140822_235708~01IMG_20140823_000128~01








IMG_20140824_211932~01IMG_20140824_212005~01








IMG_20140824_233314~01IMG_20140824_233825~01








IMG_20140824_105458~01IMG_20140824_105216~01








IMG_20140824_104818~01IMG_20140824_105821~01








IMG_20140824_095118~01IMG_20140824_094521~01








IMG_20140824_110217~01IMG_20140824_110258~01








IMG_20140824_110422~01IMG_20140824_110613~01








IMG_20140824_110953~01IMG_20140824_185200~01








IMG_20140824_190049~01IMG_20140824_185946~01








IMG_20140824_190200~01IMG_20140824_190357~01








IMG_20140824_190533~01IMG_20140824_211806~01








IMG_20140824_214024~01IMG_20140824_213755~01








IMG_20140824_213919~01IMG_20140824_021818~01








IMG_20140824_212107~01IMG_20140824_212434~01








IMG_20140824_213001~01IMG_20140824_213105~01









これで日本三大花火大会のうち

長岡と大曲は制覇!

残る土浦の花火大会(茨城県)も見てみたな〜

みちのくゴールデンルート大周遊4日間♪


IMG_20140812_152727~01←こちら大阪駅の高速バス出発案内

いよいよお盆休みもスタートって感じですね







そんなお盆休み真っ只中の12日〜15日まで、またまた東北に行ってきました

今回はお祭りではなく、東北の定番観光地をめぐる周遊コースです

直江津駅から…

去年の6月にも同じようなコースに行ったけど

その時よりちょっとラクになっていたとはいえ

4日間の走行距離は約1600km…

補助席利用じゃなくて助かりました

天気も4日間傘いらずだったし♪

ガイドさんめちゃ面白かったし♪

お客様から色んなものもらったし♪(笑)


心配していた渋滞も2日目に東北道が混んで行程が遅れたものの

ホテル入りが1時間ほど遅れた程度で済んでやれやれです

IMG_20140814_113533~01IMG_20140814_104334~01








IMG_20140814_113619~01IMG_20140814_104028~01








IMG_20140814_114120~01IMG_20140814_113942~01








IMG_20140814_113717~01IMG_20140814_114253~01








IMG_20140815_081011~01IMG_20140814_124111~01








IMG_20140815_080854~01IMG_20140815_185237~01








IMG_20140815_160811~01IMG_20140815_160912~01








IMG_20140815_185401~01IMG_20140815_185147~01









話は変わりますが

先日の台風11号はひどかったな〜

9日の関西地方は大荒れ

楽しみにしていた淀川の花火大会も中止になってしまいました(涙)

IMG_20140812_152924~01ツアーに出ていた添乗員さんも大変だっただろーな

特に北陸線はかなり影響を受けていたようです







お盆休みと重なってたらと思うとゾッとしますよね

無事に夏休みシーズンを乗り越えたいものです…

仙台駅の観光バス発着場

久々にJR仙台駅に行くとかなり大がかりな工事の真っ最中でした

IMG_20140808_072817~01IMG_20140808_072929~01








IMG_20140808_073033~01IMG_20140808_072952~01








今までは新幹線の改札がある“西口”側にバスを止めていたんですが

7月から観光バスの発着は裏の“東口”に変更となっておりました


復路に観光バスで仙台駅を利用する際はこんな感じ

IMG_20140808_074427~01指定の乗降場所でバスを降りたらエスカレーターで上へ









IMG_20140808_074402~01上に上がると“西口方面”と書かれた連絡通路があります
(とてもわかりやすい)

ここが駅の2階にあたります






IMG_20140808_074612~01この通路をひたすらまっすぐ進みます
(とてもわかりやすい)








IMG_20140808_111615~01西口側に出て右に進むと観光案内所があります

この1つ上の3階が新幹線の改札ですが、買い物のメインはこの2階







IMG_20140808_111808~01観光案内所前をまっすぐ進むと駅弁屋さん

牛タン弁当や山形の牛肉どまん中など種類が豊富です







IMG_20140808_115658~01観光案内所横のエスカレーターを降りたらスタバや郵便局、トイレなどがあります









疲れて動きたくない方はスターバックス♪

旅行疲れで体がカチカチの方はボディーマッサージ♪

お金が足りなくなった方は郵便局♪

がこの下にありますよ!

ってネタを考えてたのに

まさかバタバタと前倒しの新幹線に乗るハメになるとは…


皆さんも駅・空港には余裕をもって向かいましょうね



※この写真は自由時間に駅まで下見に行った時のものです

東北三大夏祭り3日目♪

最終日の3日目は仙台の“七夕まつり”

A〜Hまである乗降場所は昨年同様Hを利用しました

ここだと東一番丁通りと中央通りのアーケードにアクセスしやすいし

臨時救護室や観光案内所があるので安心です♪

昼食と見学込みで2時間半ほど取りました

お客様の迷子もなく無事に仙台駅に余裕をもって到着できたんですが…

お昼頃に発生した東北新幹線の一部運行見合わせの影響で

これから自分たちが乗る“やまびこ50号”にも40分〜60分の大幅な遅れが出るとのアナウンス

もともと東京で乗り継ぎ時間が9分しかないのに…

遠方の方もいるのでこれじゃマズいと思い

急遽1本早い“やまびこ144号”の自由席に乗車してもらいました

幸いにも仙台始発だったのでお客様も全員無事着席
(てか予想に反してめっちゃ空いてた)

東京でも余裕をもって予定通りの“ひかり523号”に乗り継ぐことができました♪

IMG_20140808_074932~01IMG_20140808_075130~01








IMG_20140808_075024~01IMG_20140808_072345~01








IMG_20140808_072749~01IMG_20140808_072441~01








IMG_20140808_072601~01IMG_20140808_073121~01








IMG_20140808_072646~01IMG_20140808_073609~01








IMG_20140808_073421~01IMG_20140808_073517~01








IMG_20140808_073815~01IMG_20140808_073253~01









お正月に遭遇した有楽町の沿線火災といい

ほんと最終日の最後の最後まで油断は禁物ってことですね

今回もいきなりの行程変更にも機敏にもご協力頂いたお客様に感謝♪

東北三大夏祭り2日目♪

夏祭り2日目は青森の“ねぶた祭り”

前日に弘前のお祭りで事故が起きて中止騒ぎになっていましたが

同じ青森県内ですが、弘前市は“ねぷた祭り”で青森市は“ねぶた祭り”でございます
(お客様も混同していてかなり心配していました)


今年の桟敷席は63番

この桟敷はホテル青森の目の前と好立地!

トイレも使えるし再集合もロビーでさせてもらえたのでほんと快適でした

特に今回みたいな悪天候のときは…

実は前日も途中から大雨で大変だったみたいなんですが

この日も途中からどしゃ降りの雨!!!

それでもやっぱりお祭り好きの方には雨なんて関係ありませんね

集合時間に指定した21時までかぶりつきで見学されているお客様もいました


IMG_20140808_073959~01IMG_20140806_220000~01








IMG_20140806_175335~01IMG_20140806_220148~01








IMG_20140806_220056~01IMG_20140806_215909~01








IMG_20140806_215805~01IMG_20140806_215305~01








IMG_20140806_215703~01IMG_20140806_215502~01








IMG_20140806_215056~01IMG_20140806_214956~01








IMG_20140806_214641~01IMG_20140806_214536~01








IMG_20140806_214813~01IMG_20140808_074145~01








IMG_20140807_002555~01結局この日も雨で早目に集まってもらえて、さらにバスも近くに止まっていたので21時10分に脱出成功

ただ高速が大雨の影響で一部通行止めに…

安比高原のホテルに着いたのは23時57分でした




バスの中で

お客様〜よかったですね!ギリギリ今日中にお宿入りできましたよ♪

ただお部屋に入る頃には明日ですけど

って案内したらかなりウケてた(笑)
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・