ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

国内添乗◆関東・甲信越

草津温泉と6000体の雛祭り2日間♪

JR利用で草津温泉へ行ってきました♪

大阪駅に6時40分スタンバイ

まだ暗い・・・
 IMG_20200123_064232-1024x768






初日は富山駅から善光寺へ
(途中、名立谷浜SAで休憩して約3時間)
IMG_20200123_150039-1024x768IMG_20200123_151558-1024x768






仁王門が現在工事中ですが、仁王像は見学可能でした
(ここの仁王像、めちゃカッコイイ!!)
IMG_20200123_150447-1024x768IMG_20200123_150405-1024x768






善光寺のあとはひたすら草津温泉へ
(途中、千曲川PAで休憩して約2時間半)

宿泊先は毎度お世話になっている“草津ナウリゾートホテル”でした
IMG_20200123_191926-1024x768IMG_20200123_193335-1024x768






2日目

珍しくこのツアーでは“湯もみショー”付き

湯畑観光観光駐車場にバスを止め湯畑へ
IMG_20200124_093411-1024x768IMG_20200124_093425-1024x768






近道もあるけど、雪がある場合はバスターミナル前の交差点を利用するのが安心です
(それでも結構勾配が急なので要注意)
IMG_20200124_093958-1024x768IMG_20200124_094050-1024x768






こちらが湯もみショーが行われる“熱乃湯”
(夜は温泉落語の会場)

湯もみ➡参加型湯もみ➡踊り

って20分のプログラムですが

参加型の時点で飽きて出てくる人が多数でした・・・
IMG_20200124_092639-1024x768IMG_20200124_092516-1024x768






帰りは湯路広場の屋根の付いた通路を目印に帰ってきてもらいましょう

広場の奥の建物は公衆トイレです
(看板とかないので分かりにくい)
Fotor_157991967059865-1024x768IMG_20200124_095703-1024x768






ちなみに観光駐車場にもトイレがありますが

こんな感じです・・・
(写真右下)
IMG_20200124_093742-1024x768IMG_20200124_093704-1024x768






このあと長野県北部にある

須坂(すざか)アートパークへ
(移動に2時間弱かかった・・・)

写真右下

手前が“須坂版画美術館”で

奥が“世界の民族人形博物館”
IMG_20200124_121203-1024x768IMG_20200124_123401-1024x768






まずは奥の人形博物館から入館しましょう

三十段飾りの千体ひな祭りが開催されています
IMG_20200124_122414-1024x768IMG_20200124_122128-1024x768






版画美術館にも三十段のひな飾りがあります

時間があれば歴史建物園にも行ってみましょう

この3つのエリアで合計6000体の雛飾りとなるそうです
(期間は1月18日〜4月19日まで)

駐車場から少し歩きますが、40分あればOKでした
IMG_20200124_122258-1024x768IMG_20200124_122523-1024x768






このあと信州フルーツランドでちょっと遅めのランチ
IMG_20200124_131520-1024x768






午後はひたすら富山駅へ向かうのみ
(途中、越中境PAで1回休憩して約2時間40分)

なんか観光は少ないけど

やたら移動の長い2日間でした

しかもバスガイドの同行なし

これも時代の流れなのでしょうか・・・(涙)

立山黒部アルペンルート2日間♪

46名のお客様をお連れして

今シーズン初のアルペンルートに行ってきました♪

今シーズンというか

去年は1度も行かなかったので

2年ぶりのアルペンルートです・・・(笑)

【1日目】

朝から

悪天候でサンダーバードが米原経由!
(通常より金沢到着が20〜40分遅れる)

という試練が待っていましたが

なんとか北陸新幹線が接続待ちをしてくれたので

富山駅には10分遅れ程度で到着♪
IMG_20190615_064344-1024x768






黒部峡谷トロッコ列車は大雨を覚悟して

キャリーケースの中に長靴まで用意していたんですが

予想外に天気いいやん♪

てかめっちゃ快晴になってきた♪(笑)
IMG_20190615_132622_1-1024x768IMG_20190615_134410-1024x768






IMG_20190615_144620-1024x768IMG_20190615_162228-1024x768






宿泊は毎度お世話になっている

リゾートインマリオンシナノ

久々に行くとスタッフも料理もパワーアップしていました♪
IMG_20190615_182442-1024x768IMG_20190615_184528-1024x768







【2日目】

アルペンルートは扇沢駅を

8時30分にスタート

日曜でしたが、それほど混んでないね♪

でも黒部ダムでは暴風雨が待ち構えていました

ほとんどのお客様の傘がここで大破・・・
IMG_20190616_081425-1024x768IMG_20190616_084644-1024x768






室堂まで進んでも天気は回復せず
IMG_20190616_104703-1024x768IMG_20190616_104527-1024x768






雪の大谷ウォークは終日中止が決定

室堂高原の雪の回廊は歩けるということで行ってみましたが

あまりの暴風雨と寒さで30秒ほどで引き返しました(涙)

IMG_20190616_103157-1024x768IMG_20190616_103353-1024x768






この日の気温は

黒部ダムで11度

室堂で3度ほど

この時期にしては寒い寒い1日でした・・・
IMG_20190616_111852-1024x768IMG_20190616_111822-1024x768






室堂は早めに切り上げて立山駅へ降りてきました

長野県側から富山県側に渡ってきても

やっぱり雨は弱まる様子を見せません・・・
IMG_20190616_131409-1024x768






それだけでも精神的にクタクタだったのに

さらに回送中のバスに自家用車が突っ込んでくるというトラブルが発生!!

そのことを知ったのが最後のケーブルに乗り込む直前!

たまたま現場の近くにいた同じバス会社のバスがいたので

荷物を乗せ替えて、なんとか立山駅まで迎えにきてくれました

そんな代替えバスに乗っていたのは

10年以上前にくさきぬツアーでご一緒したドライバーさん

ひょんなことで久々の再会となりました♪


顔馴染みのドライバーさんでホッとしたのも束の間

また会社から電話がかかったきて

お客様の荷物が1つ

前のバスに残っているとこのと・・・

結局、この荷物は帰りの新幹線には間に合わず

後日、お客様のご自宅に直接送ってもらう運びとなりました・・・


あ〜振り返ってみれば

初日のサンダーバードからトラブル続きだったな・・・

お客様には色々とご迷惑をおかけしたというのに

帰りの新高岡駅でお客様から

「添乗員さんお疲れさま」

って青汁の差し入れがありました

お客様から缶コーヒーやお茶をもらったことは何度もありますが

青汁をもらったのは初めてです(笑)

「バナナか迷ってんけど、青汁にしてん」

って

IMG_20190616_172526-1024x768






お客様、添乗員の好みをよくご存知で!

実は最近、青汁を飲み始めたんですよね(笑)


お客様にはそんな話しはしていなかったのに

そんなに青汁が好きそうな顔してたんですかね・・・

伊豆の仏像めぐりと東寺展ツアー・2日目♪

ツアー2日目はいよいよ牧野先生のホームグラウンド

伊豆の仏像めぐりです

最初に向かったのは“願成就院(がんじょうじゅいん)”

伊豆の仏像めぐりのハイライト的存在のお寺です
IMG_20190529_101807-1024x768IMG_20190529_094844-1024x768






なぜそんなに有名かというと

仏像界のカリスマ

運慶の作品が5体も揃っているから!!

前に買った国宝特集の雑誌でも大きく特集していましたね

Fotor_155969614063859-1280x960Fotor_155969625654259-1024x768






今回のツアーに向けて購入した

「マンガでわかる天才仏師!運慶」でも詳しく紹介されていました
Fotor_155969533171116-1024x768Fotor_155969537523693-1024x768






そんな仏像群も見ごたえバッチリなんですが

境内に置かれたユニークな五百羅漢も面白いです
IMG_20190529_101738-1024x768IMG_20190529_100809-1024x768






IMG_20190529_100716-1024x768IMG_20190529_100730-1024x768







お次は“かんなみ仏の里美術館”

運慶を代表とする仏師集団“慶派”に所属する“実慶”の阿弥陀三尊をはじめ

伊豆では珍しく十二神将が全て揃っている貴重な仏像群を見ることができます

実はここの仏像たちは牧野先生が修復に携わっているんですよね

実際に修復を担当した先生の解説付きで見学できるなんて

仏像好きのお客様にとってはなんとも贅沢なツアーです♪
IMG_20190529_113324-1024x768IMG_20190605_100010-1024x768






このあとバスは東京へ戻り

上野公園で牧野先生とはお別れ

お客様は東京国立博物館で開催中の特別展

「東寺」と「美を紡ぐ日本美術の名品」を見学

どちらも会期の終盤だったので結構混み合っていました
IMG_20190529_143252-1024x768IMG_20190529_143316_1-1024x768






添乗員は今回もチケットがないので上野公園をブラブラ

あ、上野公園にも“清水の舞台”があるのをご存知ですか?

正式名称は寛永寺・清水観音堂

江戸時代(寛永8年)建立で重要文化財に指定されています
IMG_20190529_145222-1024x768IMG_20190529_161936-1024x768






歌川広重の浮世絵にも描かれた“月の松”が有名で

現在はその月の松を再現させた松が植えられています
(どうやって曲げたんだろ・・・)
IMG_20190529_144735-1024x768IMG_20190529_144959-1024x768






このあと羽田空港から一路大阪へ

実は今月は日帰り出張でも東京に来ていたんですよね

先月の一般参賀といい

最近、東京

それも上野公園に縁があるな〜
IMG_20190529_161654-1024x768






皇居一般参賀ツアー・2日目【後半】♪

皇居を予定通り出発し、向かったのは“銀座”

ツアーで銀ブラが入っている場合

これまでは“その辺で乗降”ってアバウトな指示でしたが

いつの間にか観光バス乗降場所ができていたんですね

場所は銀座六丁目にある商業施設

“GINZA SIX”

IMG_20190504_131933-1024x768






ただ乗降場所は中央通り(写真上)ではなく

裏の三原通りに面しています

バスの乗降場所は1階ですが独立したエリアなので

いったんエスカレーターで2階に上がります
IMG_20190504_130445-1024x768IMG_20190504_130546-1024x768






上がったところが“三原テラス”とよばれるバルコニー

よーするにギンザシックスを通らないと散策には行けないシステムです

再集合もこの三原テラス

バスに直接ってのはNGだそうです
IMG_20190504_130231-1024x768IMG_20190504_131246-1024x768






このテラス、中央部分に水が張ってあるので足元注意です

オシャレなデザインを狙っているのか知りませんが

軽く嫌がらせに近いよね・・・

この水は飲めませんって注意書きが意味不明
(カラスじゃあるまいし誰が飲むねん!!)
IMG_20190504_141949-1024x768IMG_20190504_141958-1024x768






今回のツアーは銀座で自由昼食

どこも混んでいたのでとりあえず

席があったお蕎麦屋さんでおろしそば(900円)を食べました

大根おろしがワイルドで美味しかったです
IMG_20190504_135920-1024x768IMG_20190504_134050-1024x768






三原テラスに戻るとタムッチョとキーボーがコンビニで買ったパンを食べていました

す羲屬蝋諜錣療着に20分ほど差があったんですが

その影響でお客様は三回目(12時)のお出ましを見ていたようで
(しかも3回目もギリギリだったそうです)

その分、銀座到着も遅れてしまったんです

皇居一般参賀は数分の到着の差が

あとあと大きく影響するので怖いですね


ちなみにこのギンザシックスのバス乗降場所

予約にかなりシビア

時間を変更する際は必ず連絡を入れましょう
IMG_20190504_140855-1024x768IMG_20190504_130606-1024x768






午後は“上野動物園”
IMG_20190504_151951-1024x768






5月4日は無料開放日とあってすごい人!!

パンダも70分待ち!!

滞在時間が2時間だったので

パンダを見るために並んだお客様もいましたね

まぁ参賀の待ち時間に比べたら可愛いもんか・・・(笑)
IMG_20190504_152246_1-1024x768IMG_20190504_151940-1024x768






このあと東京駅へ

普段は人の少ない日本橋口もすごい人です
IMG_20190504_175019-1024x768






それもそのはず

実は帰りの新幹線は団体専用臨時列車

通常“団臨(だんりん)”と呼ばれる新幹線でした

恥ずかしながら団臨初体験(笑)
IMG_20190504_181806-1024x768IMG_20190504_181817-1024x768






注意点としては

.錺乾鵐機璽咼垢ない
⊃径膾紊能弦腓靴燭客様は全員で改札で出る
0貳無劼乗ってこなよう気をつける


って感じかな

ウチの会社は一般参賀の4台とは別にTDRツアーが3台

他社の知っている添乗員さんも数名乗っていて

和やかに新大阪まで帰ってくることができました♪


さて、これにて長かった11連勤が無事終了しました

東京2日間→東北4日間→天橋立日帰り→東京2日間

この間、休みなしによく働いたな〜

待ちに待った翌日のお休みは

びわ湖に行くため3時半起き

その翌日も休みだったので

またまたびわ湖に行くために4時半起き
IMG_20190505_182945-1024x768IMG_20190505_181841-1024x768






別に朝が早いのは慣れっこなんですが

さすがに目の下のクマがやばい・・・

皇居一般参賀ツアー・2日目【前半】♪

さぁいよいよ一般参賀の朝を迎えました

ホテルを7時に出発して皇居を目指します

駐車場がまだ空いていないので、とりあえず皇居の近くで下車

途中で駐車場を通るので場所と時間を決め皇居に向かいました
(楠正行あたりがメジャーです)

まず手荷物検査→ボディーチェックの流れ

ペットボトルもOKですが、ひとくち飲むように言われます

手荷物ありとなしでレーンが分かれているので

ちょっとでも早く並びたい一般客は手ぶらで来ていました

もうこのあたりでゴチャゴチャ

お客様とは生き別れ状態です(笑)

このあと番号が付いた列に並びます

先に着いていたひょうたは“屮譟璽鵑吠造戮燭茲Δ任

我々はとい吠かれていました

ここでの待ち時間がとにかく長い・・・
IMG_20190504_080034-1024x768IMG_20190504_080620-1024x768






常連さんは折り畳みの椅子とか持ってきていましたね
Fotor_15570642235278-1024x768






ちなみにこの整列レーンは3方向から皇居正門に向かって伸びています
(だから“屬癸海弔△襦

警察官に指示を受けながら徐々に正門に近づいていきます
IMG_20190504_080316_1-1024x768IMG_20190504_084952-1024x768






動き始めたらけっこうスイスイ進むね
IMG_20190504_095405-1024x768IMG_20190504_094637-1024x768






皇居側から自分たちが並んでいた方向を見たところ↓
IMG_20190504_100211-1024x768IMG_20190504_100219-1024x768






皇居内はゆるやかな坂道になっているので押し合わずにゆっくり進みましょう

門をくぐると左手に長和殿と呼ばれる宮殿が見えてきます

我々が皇族方を見るのは宮殿東庭(とうてい)と呼ばれる広場です
IMG_20190504_100036-1024x768IMG_20190504_100251-1024x768






東庭に入ったとき、ちょうど1回目のお出ましが終わるところでした

宮殿に向かって左端には大型モニターが設置されています

一般参賀はどこで見るかがとても重要になるようです
IMG_20190504_100319-1024x768IMG_20190504_100420-1024x768






東庭で次のお出ましを待ちます

皇族方がお出ましになると一斉に国旗があがる光景は圧巻
IMG_20190504_105449-1024x768IMG_20190504_110227-1024x768






お出ましになっている時間は5分ほど
IMG_20190504_110137-1024x768IMG_20190504_224621-1024x769






このあとそのまま残る人と帰る人で東庭内はゴタゴタになります

そう、一般参賀は“1回見たら帰ってね”

ってやんわりアナウンスしていますが

昔の映画館のように完全入れ替え制ではないのです!(笑)



さて、東庭を出て人の流れに沿って進むと

T字路(写真左下)に差し掛かります

左は桔梗門・乾門方面、右は坂下門方面

ここは混んでいても坂下門(写真右下)から出たほうがいいです

桔梗門でも帰ってこれますがかなり遠回りになります

乾門は正反対なので絶対出ちゃダメ!!
Fotor_155706458301885IMG_20190504_111855-1024x768






坂下門を出たあとは右へ右へ進むと白いテント(売店)が見えてきます
IMG_20190504_112700-1024x768IMG_20190504_113512-1024x768






途中で横断歩道があるので不安になりますが大丈夫

観光バスの看板を信じて進みましょう
IMG_20190504_114344-1024x768IMG_20190504_115155-1024x768






ただバスはずらーーーーっと楠公レストハウス前に並んでいるので

バスに目印とか付けておいた方がいいかもしれませんね


今回は令和に入って初めての一般参賀ということでかなりビビッていましたが

お客様は早い人で1回目(10時)

2回目(11時)には全員お出ましを見ることができました

お出ましからバス駐車場までは最低でも40分以上かかるので

バスの出発時間はお出ましの時間プラス1時間といったところ

でも何回目のお出ましが見れるかは行ってみないと分からないし

お客様も全員が同じ回のお出ましを見ている訳でもないので

再集合を何時にするかが難しい・・・


今回は迷子もなく戻ってきてくれたし

欲張って3回目にチャレンジしたお客様もいなかったので

予定通りに駐車場を出発できました

協力的なお客様に感謝です♪

皇居一般参賀ツアー・1日目♪

11連勤の最後は

「皇居一般参賀とお江戸散策2日間」

というJR2日間ツアーに行ってきました

写真左下は新大阪駅の在来線の券売機前

こんなに混んでるの初めて見た・・・
Fotor_155706330461130-1024x768IMG_20190504_204634-1024x769






はじめて新幹線を品川駅で降り

最初に向かった先は“東京タワー”

高さ333mに合わせて333匹の鯉のぼりが飾られていました
IMG_20190503_154851-1024x768IMG_20190503_152336-1024x768






お次は“靖国神社”

個人では行ったことはあるけど、仕事では初めてです

ここは参道の横に駐車場があるので安心♪

指示では所要50分ってなってたけど

30分もあれば十分でした・・・
IMG_20190503_165624-1024x768IMG_20190503_165433-1024x768






本日最後は“浅草”

このツアーではこちら浅草の自由夕食
IMG_20190503_180326-1024x768IMG_20190503_182215-1024x768






どこも混み合っていたので、とりあえず空いていたレストランで夕食を食べました

味も雰囲気もめっちゃ昭和なレストランやった・・・
(時代は令和に入ったことに気づいているのか・・・)
IMG_20190503_185716-1024x768IMG_20190503_183901-1024x768






一緒にご飯を食べているのは

号車担当のひょうた
9羲崔甘のタムッチョ
す羲崔甘のキーボー

実は今回のツアーは泊りでは珍しく4台口なのです!


あ、しばらく浅草に来ないうちに観光バスの乗降のシステムが変わっていました
(予約によって降車場所と乗車場所が事前に指示されています)

IMG_20190503_191711-1024x768IMG_20190503_191723-1024x768






さて、このあとホテルへ

´号車は東池袋にある“サンシャインシティプリンスホテル”
IMG_20190503_233303-1024x768IMG_20190503_205831-1024x768






明日の一般参賀はずいぶん前に1度行っただけなのでめちゃ心配

横浜・東京ツアー3日目♪
(2008年1月2日)


ホテルでは23時過ぎまでひょうたと勉強会(笑)


しかも今回のツアーはバスガイドさんの同行がないんですよね

急いで東京のガイドブック2冊買ったわ!!

どっちもメルカリで!!(笑)

IMG_20190503_224139-1024x768IMG_20190504_000140-1024x768






ひょうたが帰ったあとも地図に印をつけたり調べものをしたりで

結局寝たのは2時過ぎでした・・・

両陛下と文化交流ツアー・2日目♪

帝国ホテルでは朝食会場が4つあるんですが

ルームサービスも朝食券で対応してくれるんですよね

朝からルームサービスなんてめったにできる経験ではないので

ここぞとばかりに利用してみました

忙しそうに行き交う新幹線を眼下に眺めながら

まったりルームサービスの朝食

優雅すぎるやん♪
IMG_20190426_071805-1024x768IMG_20190426_071816-1024x768







2日目は朝からいきなり日光へ

最初の目的地がいきなり昼食レストラン(笑)

今日のランチは日光にある“明治の館”

日本の蓄音機の父と呼ばれるホーン氏の別荘を利用した西洋レストランです

ここのチーズケーキは人気なようで

修学旅行の先生などもよく買い付けに来られるそうです
IMG_20190426_120218-1024x768IMG_20190426_120055-1024x768






IMG_20190426_110957-1024x768IMG_20190426_111700-1024x768






ニジマス料理が名物なようですが

ちょっと味付けが合わなかったかな・・・

しかも想像以上にデカかった・・・

こんなに食べられへんわ〜って言いながら

後で出てきたチーズケーキは皆さん綺麗に召し上がっていましたね

さすが甘いものは別腹です(笑)
PhotoGrid_1556277106565-1024x1024








食後は“田母沢御用邸記念公園”を見学して

“日光東照宮”

ずっと工事用の素屋根に覆われていた“輪王寺”でしたが

素屋根が取れてすっきりしました
IMG_20190426_151544-1024x768IMG_20190426_144716-1024x768






雨の中での参拝となりましたが

霧に包まれた東照宮も幻想的でいいですね


東照宮のあとは一路、羽田空港へ

時間的にも渋滞が心配でしたが

なんとか予定通り空港に到着することができました♪

あ、羽田空港でこんな自販機を発見

ご当地の名産品を販売する自販機(笑)
IMG_20190426_182610-1024x768






山形名産やふくしま名産はわかるけど

岡山県は岡山名産じゃなくて

総社市なんや・・・(笑)
IMG_20190426_182650-1024x768IMG_20190426_182625-1024x768






あ、ご当地ものといえば

空弁のお店には北海道の佐藤水産のコーナーもありました

これ、期間限定とかではなく常に取り扱っているそうです

東京帰りに北海道の空弁なんて嬉しいやん♪

ってことでさっそく北海道帰りによく食べる“石狩鮨”をゲット
IMG_20190426_183008-1024x768IMG_20190426_184523-1024x768






さて、明日から世間では10連休に突入ですね

わたくし、自慢じゃないですけど

既に11連勤に突入中

あと8日

無事に乗り切れますように・・・

両陛下と文化交流ツアー・1日目♪

飛行機利用で東京に行ってきました

最初、このツアーのタイトルを見た時ビックリしました

「両陛下と文化交流」

え、天皇陛下とお茶でもしながらおしゃべりでもすんの???


なわけないですよね〜

よく見たら「両陛下と文化交流」ってのは

東京国立博物館で開催中の特別展のタイトル

今回のツアーはその特別展と皇室ゆかりのスポット

さらに日光をめぐるちょっとマニアックで

ちょっと高級感のあるツアーなのでした


羽田空港に到着後

最初に向かった先がいきなりマニアックだった〜

“ねむの木の庭”

閑静な住宅街にポツンと佇む小さい公園です

もちろんバスの駐車場などはなく

JR五反田駅近くで乗降して

そこから徒歩で約10分
IMG_20190425_104444-1024x768IMG_20190425_104543-1024x768






ここ、実は美智子皇后のご実家跡に整備された公園なんです

「プリンセスミチコ」ってバラも咲いていました

トイレもないような小さな公園ですが

ここから美智子皇后は皇室へ嫁がれたのか〜

ってお客様は興味深々だったご様子でした
IMG_20190425_104943-1024x768IMG_20190425_104705-1024x768






お次は“東京ステーションホテル”でランチタイム

東京駅と一体化しているあのラグジュアリーホテルです
IMG_20190425_120806-1024x768IMG_20190425_120844_1-1024x768






IMG_20190425_121816-1024x768IMG_20190425_121809-1024x768






食事の前にホテルスタッフによる館内案内がありました

その日によって見学できる部屋は違うんですが

この日はラッキーなことに

ロイヤルスイートも見学できました♪

どんな人が泊まるんですかね?(汗)
IMG_20190425_122458-1024x768IMG_20190425_122729-1024x768






本日のランチはフレンチのフルコース
IMG_20190425_123608-1024x768






こんな場合、添乗員は大抵カレーライスとかなんですが

このコースでは珍しく添乗員も同じメニューを頂きました

めっちゃ美味しかった〜♪

テーブルマナーに自信なくてググりながら食べた〜♪
PhotoGrid_1556202512930-1024x1024








食後は上野にある“東京国立博物館”

本館で開催中の「両陛下と文化交流」

そして平成館で開催中の「東寺」

2つの特別展を見学
IMG_20190425_145153-1024x768IMG_20190425_145730-1024x768






でも添乗員の分のチケットはなかったんですよね〜・・・
(なぜかその辺はシビア)

仕方ないので上野公園付近をブラブラ散策

あ、上野公園内に“上野大佛”って大仏様がいるのご存知ですか?

地震で頭が落ちたり、戦争で胴体を没収されたり

数奇な運命を辿った末

現在は顔だけ残っています

これ以上落ちないということで受験生に人気なんだとか(笑)

頭だけというか顔面だけなんですよね

正直ちょっと怖い・・・

IMG_20190425_151153-1024x768IMG_20190425_151209-1024x768







さて、これにて本日の行程は全て終了

今夜の宿泊先は“帝国ホテル”

お客様が帝国ホテルに宿泊する場合

添乗員は大抵、都内のビジネスホテルなんですが

このコースでは珍しく添乗員も帝国ホテルに泊まれました♪
IMG_20190425_183444-1024x768IMG_20190425_174613-1024x768






IMG_20190425_182831-1024x768IMG_20190425_182820-1024x768






帝国ホテルはこれまで何度か利用したことはありましたが

自分が泊まるのは初めてかも♪

普段、自分が旅行をする際は

ホテルなんて寝るだけなんだしどこでもいいやん♪

ってタイプなんですが

やっぱりいいホテルはいいね♪

無駄にバスローブとか着てみたわ(笑)

きぬいちツアー2日間♪

「北陸新幹線で行く日光東照宮・長野善光寺とりんご狩り2日間」

というJR利用の新コースに行ってきました

定番の草津・鬼怒川3日間の

“くさきぬツアー”ではなく

鬼怒川1泊なので

“きぬいちツアー”と勝手に命名(笑)

ビワイチみたいでかっこいいでしょ♪

1日目

観光は“善光寺”のみ

このあと高速道路で2回休憩を取って

鬼怒川温泉の鬼怒川プラザホテルへ

ホテル到着はドライバーさんが捕まらない程度に頑張ってもらって

なんとか19時半・・・

P9250002~01







2日目

午前の観光は“日光東照宮”

P9260011~01






このあと高速道路で2回休憩を取って


信州中野で“りんご狩り食べ放題”

P9260012~01







以上m(__)m



最初、ツアータイトルを見たとき

え?東照宮と善光寺に行くのに2日間???

ってビックリしたけど

大阪駅では他社さんも同じような

「日光と善光寺と軽井沢2日間」

ってコースが出ていました

しかも台数口で

先日行った2日間の東北二大半島めぐりといい

2泊3日のコースを1泊2日でまわるのが流行ってるんですかね・・・

鬼怒川温泉ホテルの石窯ブッフェ♪

何のひねりもないブログのタイトルですが

今回2泊目に利用した鬼怒川温泉ホテルの夕食のお話しです(笑)

P9190065~01P9190064~01






石窯ブッフェという名前の通り

大きな石窯を使った料理も美味しかったですが

ガイドさんオススメのまぐろの刺身もめちゃ美味しかった♪

バイキングの刺身コーナーでこれだけいいマグロを使っているのも珍しいんじゃないかな?

20180919_184334~0120180919_182132~01






って今回は料理が美味しかった話しがしたいワケじゃなく

素敵だな〜と思ったサービスの話しです(笑)


まず席に誘導される時に驚いた

受付で“ブッフェ会場MAP”と書かれた用紙を渡されました

え、こんなのくれるんや!

ってビックリしたんですが

ちゃんと自分が利用する席に印がつけられていてさらにビックリ

レストランが広くて迷子になるお客様が多いからなんだとか

席まではちゃんとスタッフが誘導してくれる上にこの心遣い

しかもそのスタッフがめちゃ礼儀正しいんですよね

よく教育されているんだな〜と感心しました

20180919_182427~01






そしてお子さまコーナーでも驚いた!

ちゃんとお子さま用にテーブルが低くなっているんですよね

これって今までありそうでなかったな〜

P9190071~01P9190068~01






さらにお子さまコーナーにはキューピーのベビーフードまで用意されていました

ホテルのバイキング会場で離乳食を見たのは初めてだわ

自分が赤ちゃんを連れて行ったことがないので気づかなかっただけかも(笑)

P9190069~01






色々とサービスが行き届いてるな〜

って心もお腹も満たされた石窯バイキングなのでした♪


そして翌日・・・

ホテルのロビーには今日の天気予報が標示されていました

これはどこのホテルでもありますよね

でも鬼怒川温泉ホテルさんではさらに・・・

“今日は何の日?”まで書かれているじゃないですか!

これは添乗員やバスガイドさんにとってはいい話しのネタになりますよね♪

しかもこの日は“バスの日”だった!(笑)
20180920_080707~01






ほんと最後の最後まで素敵な驚きが満載の鬼怒川温泉ホテルなのでした♪

鬼怒川温泉ホテル(公式HP)

皇居と日光ツアー♪3日目

ツアー最終日は“日光東照宮”からスタート

えげつないほど修学旅行生だらけでしたね(笑)

P9200100~01P9200074~01






東照宮の参拝のあとは“田母沢御用邸記念公園”

ここも初めていくスポット

皇室ゆかりの御用邸で

現在は公園として一般公開されています

駐車場は道路を挟んで向かい側

階段を降り横断歩道を渡るの誘導がちょっと大変です

P9200095~01P9200094~01






団体の場合、靴は指定された番号の靴箱に入れて入館

館内は順路に沿って各自見学です
P9200092~01P9200085~01






P9200089~01P9200088~01






お庭も見学できるので時間があれば行ってみましょう
P9200090~01P9200091~01






このあといつもの磐梯ドライブンで昼食をたべ東京駅へ


復路は17時33分の新幹線

時間があったのでちょっと早めですが

駅で夕食を食べることにしました

実は先月のカシオペアツアーの時に見つけて以来

気になっていたお店があるんですよね〜

それがコチラの“うに屋のあまごころ”

壱岐ツアーでお世話になっている

“あまごころ本舗”さんの系列のお店(笑)

スパゲティと迷ったけど

“想い出のうにオムライス(1512円)”をオーダー

ソースもライスも卵もウニ三昧な贅沢な一品♪

卵もふわとろで美味しかったんですが

さすがに昼食から3時間しか経っていなかったので

正直ちょっと胸やけした・・・(泣)
20180920_164725~0120180920_162747~01






いや〜予定通りの交通機関で帰れるって幸せですね♪

前回のツアーも(急遽)新幹線で新大阪に帰ってきましたが

全然乗り心地が違う♪

当たり前か(笑)

P9200099~01






今回のツアーは2泊とも初めて泊まるホテル

観光地も初めての場所が多かったんですが

ご一緒した武蔵グリーン観光の乗務員さんが

めちゃくちゃ協力的でほんと助かりました(泣)

実は観光バスも初めて乗ったバス会社さんだったんですが

こんな意識の高い乗務員さんのいるバス会社があるんや!

ってビックリした!

先日の下呂ツアーといい

最近、観光バスの乗務員さん運がツイてるな〜♪

この調子で秋の行楽シーズンを乗り切りたいものです♪

皇居と日光ツアー♪2日目

ツアー2日目は“皇居”からスタート

ちょうどこの日はセネガルとカタールから大使が皇居に来ていたようで

東京駅へ送迎する馬車列を見ることができました♪
20180919_110423~01Fotor_153742932901765~01






皇居の見学のあと都内で昼食だったんですが

レストランの場所がなんと

丸ビルの6階!!

まさかツアーで丸ビルに行く日が来るとは!!!

大阪でゆーたら阪急百貨店かグランフロントにお客様を連れていくようなもんですよ・・・
(さすがに社旗は出してません)

平日のランチタイムに丸ビルて!!

かなりビビリながら向かったんですが

お店の方がいったん地階1階へ降りてから

エレベーターに誘導してくれたので

一般客のお邪魔になることなく入店できました♪


今回お世話になったのは山形の郷土料理がメインの和食屋さん

“DAEDOKO”

芋煮付きのランチが人気のようで

この日も店内はOLやサラリーマンで賑わっていました

我々のメニューはそばご膳ってことですが

ちょっと蕎麦の盛り付けが斬新ですね・・・

一瞬食べ残しかと思った・・・
20180919_122738~0120180919_120115~01






あとでこの写真を見たバスのドライバーさんが

「なんだかおやじのバーコード頭みたい」

って言ってた(笑)

これも山形スタイルなんでしょうか???
20180919_120744~01







午後は高速道路で休憩を挟みながら栃木県へ

向かった先は“大谷資料館”

初めていく観光地です

“おおたに”ではなく“おおや”と読むそうです

かつて住宅の門などでよく利用されていた

“大谷石(おおやいし)”と呼ばれる石の採石場なんですが

この採石場、地下30メートルの場所にあるです!
P9190032~01P9190034~01






なんだか地下宮殿って感じで神秘的ですよね

エジプトの神殿みたい♪
P9190035~01P9190041~01






映画やミュージシャンのPVにもよく使われているそうですよ
(最近だと「るろうに剣心」や「暗殺教室」など)

あと結婚式場としても人気みたいです
P9190047~01P9190049~01






P9190052~01P9190055~01






こちらの地下採掘場跡の平均気温はなんと8度!夏でもヒンヤリするそうで

この日も地下の気温は14度でした

見学の際は上着を持参することをお勧めします


さて、このあとたまり漬けのお店に立ち寄ったあと

今夜のお宿“鬼怒川温泉ホテル”

P9190062~01P9190057~01






ここも初めて泊まるホテルでしたが

スタッフも礼儀正しいし

バイキングも美味しかったし

お部屋も広くて快適でした♪

皇居と日光ツアー♪1日目

JR利用で東京&日光へ行ってきました

初日は名古屋でお弁当を積み込み東京駅へ

20180918_110741~01






東京駅からまず向かった先は“国会議事堂”

スカイツリーがオープンした当時はよく来たけど

最近めっきりご無沙汰でした
P9180013~01P9180012~01






お次は浅草

今回はスカイツリーの観光はないので浅草から見るだけです
P9180020~01P9180019~01






夕食は浅草ビューホテル

リニューアルしてから初めて行きましたが

随分変わってたな〜

1階のフロントがあった場所に

「GRILL DINING薪火」ってオシャレなレストランができていて

今夜はこちらで洋食コースです

めちゃ高級感のある雰囲気♪

P9180027~01P9180024~01






お客様のメインはステーキですが

添乗員は安定のカレーやね

だいたい高級感のあるレストランでは

添乗員はカレーです・・・(泣)
20180918_174426~01






食後はわざわざ28階のラウンジへ移動

こちらで夜景を見ながらティータイム♪

なんでわざわざ1階で夕食たべたあと28階でお茶すんねん!

って最初は思ったけど

1階のレストランだと景色が見えないので

これはこれでお客様は喜ばれていました

やっぱり浅草“ビュー”ホテルに来たんだから

夜景をビューして帰らんとね(笑)
P9180028~0120180918_182830~01






でもこの日の天気予報

晴れのち雨は的中し

夕食を食べている間にめっちゃ雨が降ってきて

スカイツリーもかすんでしまいました・・・
(まぁ見えているだけマシですけど)

20180918_183401~01






ティータイムのあとはそのままコチラに泊まりたいところですが

今夜の宿泊先は九段下にある

“ホテルグランドパレス”なのです

今回はじめて利用しましたが

東京のホテルには珍しく電話対応もフロントの方も親切で

東京のホテルのイメージがだいぶ変わりました(笑)
P9180031~01P9180029~01






この日の東京は2夜連続で警報が出るほどの集中豪雨

日中は快晴だったのにな〜

季節の変わり目ってほんと天気が不安定で油断できませんね・・・
Screenshot_20180918-213315~01~01

草津・鬼怒川ゴールデンルート3日間♪

台風20号が接近する中

JR利用で草津温泉&鬼怒川温泉2泊3日ツアー

通称“くさきぬ”に行ってきました

1日目

前回はこんな感じ↓
日光・草津・鬼怒川ツアー・1日目♪
(2018年6月17日)

初日は特急サンダーバード&北陸新幹線で富山駅へ

富山からはひたすら鬼怒川温泉を目指します


ツアー中、台風の影響を受けるのは覚悟してたけど

サンダーバードは始発から米原経由が決定か・・・

20180823_065505~0120180823_063524~01






サンダーバードが米原経由に変更ってことは

金沢駅には40分前後遅れることを意味します

もともと金沢駅で9分しか接続時間がない我々は

この時点で接続不能・・・(泣)

そしてこんな時に限って新幹線が富山駅利用・・・(泣)
(いつもは上越妙高駅までなのに!)


それでもありがたいことに

1本後の北陸新幹線が接続待ちをしてくれたので助かりました♪

なんとか無事に富山駅に到着しましたが

ここからが長い・・・

富山駅から鬼怒川温泉までは約470キロ!!

途中、高速道路で3回休憩をとり鬼怒川プラザホテルへ
(上越妙高駅だったら2回休憩)

初日はひたすら移動だけで終わったのでした


2日目

前回はこんな感じ↓
日光・草津・鬼怒川ツアー・2日目♪
(2018年6月18日)

夜のうちに雨の峠は越えましたが

2日目のメインである日光東照宮は雨の中での参拝となりました
P8240008~01P8240009~01






でも午後からは一気に天気が回復!

吹き割れの滝では日差しが眩しいほどの陽気でした

とても同じ日とは思えんね(笑)

P8240023~01P8240019~01






この日は草津ナウリゾート泊り

翌日の出発も9時だったのでゆっくりできました♪


3日目

前回はこんな感じ↓
日光・草津・鬼怒川ツアー・3日目♪
(2018年6月19日)

今回も草津白根山が噴火警戒レベル2なので

万座ハイウェイ経由で志賀高原ルートへ

午後から長野県は雨の予報が出ていましたが

なんとか善光寺は傘いらずで参拝ができました♪

P8250027~01Fotor_153520695444714~01






さて、今回は往路が富山駅利用で移動が通常より長かったので

復路が逆にいつもの富山駅じゃなく上越妙高駅利用でラクでした♪

いつもはシーンとしている上越妙高駅がなんだか賑やかだと思ったら

地元の高校生によるゆかた祭りが開催されていました

学園祭みたいで微笑ましかったです(笑)
Fotor_153520685414713~0120180825_152533~01






微笑ましいと言えば

今回のツアーでは往路のバタバタの中

個人的に微笑ましい出来事がありました

往路に利用した特急サンダーバード5号

他社さんのツアー2本も同じ列車だったんですが

その中の添乗員に、この春まで専門学校で教えていた生徒

ひろやがいたんです!(笑)

ひろやはこの日がサンダーバードデビュー

いきなり台風の洗礼を受けて大変だったと思いますが

お客様が不安な気持ちにならないよう

しっかり笑顔で対応していましたね

Fotor_153520749324237~01Fotor_153520774445745~01






この他社さんのツアーは3台口だったんですが

ひろやだけ帰りのサンダーバードも一緒でした(笑)

これも何かの縁やね


せっかく入社したのにすぐに辞めてしまった

って生徒の話しも最近よく耳にしていたので

ひろやの活躍はとっても嬉しかったです

明日の巡礼ツアーも頑張れよー!!

先生も明日から下呂温泉ツアー頑張るわ!(笑)

Fotor_153520732875925~01







水上高原ホテルの座敷わらし部屋

今回の尾瀬ツアーで利用した

水上高原ホテル200
(トゥーハンドレッド)

水上高原プリンスホテル時代からお世話になっているお宿です

いつもは尾瀬ハイキングのツアー客やら

ゴルフで来ている一般客やらでごった返している印象ですが

今回はほとんどツアー客も泊まっていなかったので

2泊ともに、まったり利用させて頂きました

P7030003~01P7030002~01






が、しかし

部屋がどうにも落ち着かなかったな〜・・・

入った瞬間、なんか様子が変

なにこの圧迫感???

P7010001~01






部屋の中ではなんと

2段ベッドが向かい合っているではないですか!!
P7010011~01P7010010~01






奥にソファーやテーブルが置いてあったんですが

とにかく狭い・・・

でも壁の色とか雰囲気とか

いちいち可愛い・・・

なんか子どもっぽくない?
P7010009~01






テーブルの下にあった引き出しをあけると

おもちゃが詰め込まれていました(笑)
P7010013~01






洗面所には子ども用の歯ブラシがセットされていたし
20180703_075316~0120180702_234317~01






いったい何なんだこの部屋は!?

ってネットで調べてみたら

このタイプは

“フォレストキャビン”ってタイプのファミリー向けのお部屋でした

コンセプトは

ご家族での“つどい”

だそうです

まぁ確かにお子さんには喜ばれそうですが

大人が1人で利用するには落ち着かんわな・・・(笑)

別に狭いのはいいんですが

夜、ちょっとでも体を動かすとベッドがミシミシ言うんですよね

そしてイタリア・ピロンディーニア製という、こだわりの鳩時計

定期的にギーギー異音を発するんですよね

そしてそして部屋のライト

全部消すと善光寺の戒壇めぐり並みに暗くなるんですよね

真っ暗な部屋に時おり響くラップ音(←原因は分かっていますが)

怖がり添乗員はバスルームの灯りをつけて

間接照明にして2晩を過ごしたのでした・・・

P7010008~01






たっぷり尾瀬ヶ原3日間♪

JR利用で尾瀬に行ってきました

【1日目】

前日の晩は大雨の影響でサンダーバードが一時運休になっていましたが

予定通りサンダーバード&北陸新幹線を乗り継ぎ上越妙高駅へ
20180630_205514~01






初日は駅から水上高原ホテル200へ向かうのみ

明日のハイキングに備えて体力温存です♪


【2日目】

尾瀬って久々だな〜と思ったら

去年もツアーには出ていたんだけど

道路が通行止めで尾瀬に行けずに帰ってきたんだった!

尾瀬沼花紀行と湯沢高原ツアー2日目♪
(2017年7月4日)

2016年は行ってないから、、、

実に2015年ぶりの尾瀬です!

尾瀬ヶ原と湯沢高原ツアー2日目♪
(2015年6月10日)

久々に行ったら鳩待峠の駐車場の場所が少し手前に移動していました
(ほんのちょっとですけどね)

P7020074~01P7020075~01






今回のツアーは鳩待峠からスタート

竜宮まで行って引き返すコースです

前回は大雨でこれなかった尾瀬ですが

今回は天気が良すぎるくらいの快晴♪

しかも他に我々のようなツアー客もおらず

尾瀬ヶ原貸し切りって感じ♪
P7020022~01P7020033~01






竜宮でお弁当タイム♪
P7020037~01P7020058~01






帰りも天気の崩れもなく帰ってこれました♪
P7020061~01P7020062~01






さすがに水芭蕉は終わっていますが

色んなお花が見れました
P7020050~01P7020040~01






P7020043~01P7020055~01






中でもヒオウギアヤメがすごかったね

尾瀬ってこんなにアヤメが群生してたんや!
P7020019~01P7020018~01






P7020073~01P7020072~01






尾瀬は基本的に雨!

ってイメージですが

今回は珍しく終始お天気に恵まれたハイキングでした♪
P7020060~01









【3日目】

3日目は

(川温泉入浴
谷川岳ロープウェイ


って選べる観光

今回は天気がいいので全員、谷川岳をチョイス
(添乗員的にかなりありがたい♪)

22名乗りのゴンドラに乗って

谷川岳ベースプラザから約7分で標高1319mの天神平へ
P7030004~01P7030010~01






天神平ではニッコウキスゲが綺麗に咲いていましたが

時間があったので皆さんリフトに乗って

標高1502mの天神峠に向かっていきました
P7030007~01P7030011~01






谷川岳の頂上は雲に覆われて見えませんね・・・

天神平〜天神峠間のリフトの所要時間は約7分ですが

天神平まで歩いても降りれるようなので歩いてみました
(看板では所要15分とのこと)
P7030012~01P7030013~01






思ったより時間はかかりませんでしたが傾斜がかなり急!

歩いて降りる場合は無料で貸し出しているステッキを利用したほうが安心です
P7030015~01P7030016~01






このあと魚野の里でへぎそば定食を食べ

名水が沸く“竜ヶ窪”
20180703_115344~01P7030018~01






この日の竜ヶ窪、めっちゃ綺麗だったな〜

前日の尾瀬に引き続き、ほんとお天気に恵まれた3日間でした♪
P7030019~01P7030020~01






今回はお客様が23名と少人数だったのもラッキーでしたね♪

でも半数以上がオーバー70(笑)

装備的にもかなり心配な方が多かったんですが・・・・

なんとか誰一人の脱落者もなく歩いてくれました♪

でもいましたよ今回も!

靴底が途中で取れる人!

しかも2人も!!

ほんと毎回いるので念を押して注意するんですけどね・・・

古くなった靴で山に入るのは本当に危険です!

登山・ハイキングに行かれる際は、くれぐれもご注意くださいませ・・・

P7020065~01






日光・草津・鬼怒川ツアー・3日目♪

ツアー最終日は

草津白根山の湯釜が行程に入っていたんですが

現在、草津白根山は噴火警戒レベル2


周辺道路が閉鎖されているため見学ができず

いったん万座ハイウェイを経由して志賀高原ルートへ進みました

Fotor_152948442616580








途中、景色のいい横手山ドライブンで休憩
P6190051~01P6190056~01






スカイレーターに登る時間はありませんでしたが

天気が良かったので駐車場からでも大パノラマを満喫できました♪
P6190050~01P6190055~01






このあと中野フルーツランドでお昼を食べて

長野市内の“善光寺”
P6190057~01P6190061~01






境内は専属の案内人さんが誘導してくれますが

善光寺も東照宮と同様に

セールストークで気分を害してしまうお客様が毎回おります・・・

そりゃいきなり封筒配られて

住所・氏名書いてお金入れて!

なんて言われたら気分も悪くなりますよね・・・

でも今回は意外と早めに開放してくれたので

門前町をブラブラする時間もとれました

P6190067~01P6190071~01






善光寺の仁王像

はじめて見たけど結構迫力あってなかなか見応えありますね
P6190070~01P6190072~01






以前は第二駐車場のそばにあるお土産店

“若竹屋”までビッシリ案内人さんが誘導

って感じでしたが

若竹屋さん、昨年でお店を閉めたようです
(だから早く開放してくれたんか♪)
P6190074~01






善光寺のあとはひたすら富山駅へ

北陸新幹線&サンダーバードを乗り継いで大阪へ帰ってきました

地震の影響で京都から徐行運転だったものの

結局、大阪駅には27分程度の遅れで済みました

あれだけ大きな地震があった翌日なのに

ちゃんと電車が動いているって凄いですよね♪


自分の部屋に帰っても特に何が壊れていたわけでもなく

地震の爪痕を感じることはなかったんですが

近所のコンビニで初めて地震の影響を感じました

20180619_221330~0120180619_221321~01






パンもおにぎりも全然ないんですけど・・・・・・・・

日光・草津・鬼怒川ツアー・2日目♪

朝から大阪で大きな地震がありましたね

ホテル出発前だったんですが、めっちゃ驚きました

Screenshot_20180619-071421






こっちはまったく支障はなかったのでツアーは予定通り続行

2日目の観光は日光東照宮からスタートです

久々に行ったら以前と参拝の進め方などが変わっていたので

ちょっと長くなりますが業務的なことを書いておきます


まず大きく変わったのは料金体系と案内人の案内範囲

これまでは案内人さんは参拝のあと食事会場まで誘導してくれていましたが

シーズン中の案内は途中の祈祷殿(きとうでん)まで

代わりにその期間はバスは輪王寺に止め置きできるそうです

なので輪王寺を出る際は振り返って

お客様に帰り道をしっかり覚えてもらいましょう
P6180001~01P6180035~01






輪王寺ではこれまで通り

本堂(三仏殿)でお札のセールス

護摩堂で数珠のセールス

とありがたいセールストークを受けるわけですが

添乗員はその間に受付で東照宮のチケットを受け取りにいきます

受付は五重塔と表門の間にある建物です
Fotor_152940827490959~01P6180007~01






チケットは表門を通過する際に白い部分

本地堂(鳴龍)に入る際に黄色い部分がもぎられます

※このチケットは団体割引適応外(一般料金)のチケットです
35名以上の場合は団体で1枚の団体用チケットを利用


P6180003~01Fotor_152940868480684~01






表門付近はかなり混み合います

一般客や他のツアー客に配らないよう注意しましょう
(余裕があれば点呼をとって配るのが安心)
Fotor_152940965905273~01Fotor_152940970453845~01






表門を入ると左側に三猿が見えてきました
P6180013~01P6180014~01






さらに進むと皆さんお待ちかねの陽明門(ようめいもん)

陽明門の手前を左へ進むと本地堂(鳴龍)ですが

ここはあとで行くのでスルーします
Fotor_152940898934318~01Fotor_152940905727477~01






2013年6月から行われていた陽明門の大修理

昨年の4月に無事、修理を終えたそうです

P6180016~01~01P6180015~01






P6180018~01P6180020~01






陽明門をくぐると右側に眠り猫&祈祷殿エリアへ入る受付があります

以前はここで眠り猫を見るためのチケットを購入していましたが

現在はチケットに眠り猫の拝観料も含まれています♪
(これは添乗員にとってかなりありがたい)
P6180022~01






Fotor_152940956292284~01~01P6180024~01






眠り猫を見たあと祈祷殿の団体専用入り口へお客様を誘導

案内人さんの誘導&案内はここで終了です

このあとは添乗員が誘導しなければいけませんので社旗は忘れずに!

↑はい、私はうっかりバスに忘れました(笑)
Fotor_152940910835541~01






祈祷殿では神職の方からありがたい“ここだけ限定!”

な香袋のセールストークがうけられます

お札→数珠の次は香袋か!!(笑)

セールストーク終了後、全員そろって本地堂へ移動

ここがゴチャゴチャして一番やっかいかも

すぐ出てくる人もいれば香袋を買っているお客様もいるし・・・

個人的にはここで解散してあとは好きに参拝してもらうのがスムーズな気がしますが

一応、指示通り全員で本地堂(鳴龍)へ向かいました

番号が書かれた団体用の下駄箱に靴をいれて中に入ります

履き間違いを防ぐため使われていない番号の下駄箱を利用しましょう)

お堂の中では鳴龍のデモンストレーション&

ありがたいお守りのセールストークがあるようです
(このセールスが長いって案内のおばちゃんが言ってた)

そう、東照宮は各スポットで必ずセールストークが待っています

中には気分を害するお客様もいるので

予めサラッとお伝えしておいたほうが無難かもしれませんね・・・
P6180032~01






今回はここで出てきたお客様に出発時間を伝えて解散にしました

このあと華厳の滝→吹き割れの滝→原田農園に立ち寄り

ようやく草津温泉に到着

今回はいつもの草津ナウリゾートではなく

初めて泊まる“ホテル・ヴィレッジ”でした
P6180037~01P6180038~01






綺麗でオシャレなホテルですね♪
P6180040~01P6180044~01






部屋も快適でバイキングも美味しかったです♪
P6180042~01P6180045~01






日光・草津・鬼怒川ツアー・1日目♪

かなり久しぶりにJR利用で草津・鬼怒川3日間ツアーに行ってきました

前回はコチラ
日光・草津・鬼怒川ゴールデンルート3日間♪
(2014年4月15日)

ってことはもう4年以上ぶりになるのか!!


この草津温泉と鬼怒川温泉の2泊コース

通称「くさきぬ」って呼ばれるほどこの業界では定番コース

でも今回は1泊目が鬼怒川温泉、2泊目が草津温泉

「きぬくさ」です(笑)

※逆コースというわけではなく、これが正コース



上越妙高駅からバスに乗り

ひたすら鬼怒川温泉の鬼怒川観光ホテルを目指します

群馬県を走行中、緊急トイレでSAに急遽入ったんですが

ちょうどそのタイミングで緊急地震速報が鳴り響きました

ドライバーさんやバス車内のお客様は「かなり揺れた!」って言っていましたが

自分とバスガイドさんはバスの外にいたので全然揺れを感じなかったです
(ガイドさんと自分が鈍感なのか・・・)

Screenshot_20180619-071233






大阪の会社から

「地震大丈夫?」って連絡がありました

ご心配頂きありがとうございますm(__)m

でもまさか翌日に

「そっちこそ大丈夫?」って事態になろうとは・・・

富士八景めぐりツアー2日目♪

ツアー2日目

ゥ所目は【金多留満(きんだるま)】って和菓子屋さん

富士山は見えず・・・

Ε所目は車窓より【河口湖大橋】

富士山は見えず・・・

このあと八景ではないですが2つの金運パワースポットへ

【北口本宮浅間神社】
きたぐちほんぐうせんげんじんじゃ

浅間神社なので御祭神はコノハナサクヤヒメです
P5070075~01P5070062~01






初めて行く神社ですが

めっちゃ貫禄があって渋いですねー
P5070064~01P5070065~01






ちょうど前日が“初申祭(はつざるさい)”って例祭が行われていたようです

申→猿→サル→サルタヒコ→天狗

ということで天狗のお面が飾られていました
P5070066~01P5070069~01






本殿の両サイドに立つ立派なヒノキは“富士夫婦桧”

これ地下で繋がっているそうです
P5070072~01P5070073~01






お次は【新屋山神社】(あらややまじんじゃ)

日本三大金運神社だそうです
(誰が決めたんや?)

御祭神はオオヤマツミノミコト

サクヤヒメのお父ちゃんですね

こじんまりした神社なんですが

金運アップにあやかろうと全国から参拝者が訪れるそうです

ま、そんなことより

境内にある社殿の色が

黒・白・赤って珍しいカラーリングでカッコ良かった(笑)

バス専用の駐車場がないのでツアーには不向きなスポットですね
(御朱印も一度にたくさんは対応できないとのことでした)
P5070077~01P5070080~01






P5070081~01P5070083~01






Д所目【富士芝桜まつり】

関西人には馴染みがないですが

関東ではけっこう人気があるイベントなようです

入園口が第一と第二と2ヶ所あって

団体は団体バス駐車場に駐車して、第二入園口から入ります

受付で精算を済ませたら、そのまま入園口へ進みましょう

チケットなどはなく、どこのツアーもバッチ対応です
(再入場可)
Fotor_152569227919694~01P5070087~01






Fotor_152569218956439~01Fotor_152569221606412~01






P5070093~01P5070094~01






ん〜天気の問題か、それとも見頃が過ぎているのか

ちょっと迫力に欠けますね・・・

前を歩いていたご夫婦連れの奥様が

「こんなのご自由にどうぞってレベルでしょ!」

「詐欺よ詐欺!」

「これで入園料取るなんて!」


ってプンプン怒ってた

入園料云々より

そんなことでプンプン怒っている時間の方がもったいですね(笑)
P5070099~01P5070103~01






P5070100~01Fotor_152569464957945~01






今回はこちらで自由昼食

園内では“富士山うまいものフェスタ”が開催中

屋根付きのテントもあるので雨でしたが安心でした♪

お弁当の持ち込みは可でもなく不可でもなく・・・

とのことでした(スタッフ談)
P5070095~01P5070097~01






富士宮やきそばが食べたかったけど、時間がかかりそうなので

桜海老のかき揚げそばをオーダー(800円)

こーゆー場所にしては意外と美味しかったです(笑)
20180507_113014~01






┘所目【白糸の滝】

駐車場からは10分ほど歩きます
Fotor_152569296671011~01P5070105~01






途中にある滝は“音止めの滝”なので間違えないように!

こっちはこっちで迫力があるんですけどね
(落差はこちらの方が高いです)
P5070118~01P5070120~01






さらに商店街を進むと階段が

ここからは足の弱い方はキツいかもしれません

車椅子用の展望エリアがあるので、ここから眺めてもいいかも

P5070106~01P5070107~01






P5070108~01P5070109~01






P5070114~01P5070116~01






先日の葛城山の影響で全身筋肉痛の身にこの階段はキツかったです・・・(涙)
P5070117~01






このあと浜松SA→甲南PAと休憩を挟んで大阪に戻ってきたのは19時半

お昼からはずっと雨でしたが

大きな渋滞もなく予定より早く帰ってこれました♪

これにて2018年のゴールデンウィーク添乗も終了

GW渋滞に泣かされた昨年と違って

今年はトラブルレスでGWを終えることができました♪

東洋一の藤棚「天王川公園」と日野ダリア園ツアー♪
(2017年5月3日)

でも週末には葛城山が控えています

まだ油断は禁物だな・・・

富士八景めぐりツアー1日目♪

珍しく1泊2日のバスツアーに行ってきました

ツアータイトル通り、富士山の眺望がメインのコースです

この業界では

富士山を見に行くツアーの時に限って富士山が見えない

ってジンクスがありますが

今回は八景のうち何ヶ所で富士山が見えるのでしょうか・・・?

.所目【富士川SA】

バッチリやね♪
P5060003~01P5060005~01






富士川楽座の4階には展望室があるのでおススメです
Fotor_152568856380688~01P5060008~01






▲所目【山中湖】

ちょっと前の森が邪魔ですがコチラもクリア♪
Fotor_152568857749597~01Fotor_152568861544857~01






ヶ所目【忍野八海(おしのはっかい)】

初めていく観光地です

てっきり中国の九寨溝みたいな場所を想像していたんですが
P5060014~01P5060015~01






P5060016~01P5060017~01






ちょっと思ってたんと違う・・・

え、これが池?って感じ(笑)
P5060018~01P5060021~01






八海とか言いながら1つは離れた場所にあったり

個人所有だからって1つだけ有料だったり
P5060044~01P5060045~01






P5060047~01P5060048~01






一番綺麗で神秘的な“中池”は

八海に含まれていなかからって理由で

地図に・(点)くらいでしか扱われていないし

なんか地元同士で仲が悪そうな観光地でした・・・
P5060043~01P5060042~01






P5060040~01P5060041~01






ぅ所目はホテル!

今回お世話になるのは“プレミアムリゾート”

ホテルのレストランからも富士山がちゃんと見れました♪

結局、今日1日はずーっと見えてたね
P5060057~01Fotor_152568863803596~01






P5060059~01P5060060~01






今日はゴールデンウィーク最終日でしたが

渋滞にも合わず、予定より早めにホテルに入ることができました♪


でも部屋でブログを書いてて、結局寝たのは2時頃だったな

最近は休日も外に出かけている時間が多いので

なかなかブログを書く時間がないのです・・・(涙)

立山黒部アルペンルート2日間♪

今シーズン3本目のアルペンルートに行ってきました

立山黒部アルペンルート2日間♪
(2017年4月29日)
立山黒部アルペンルート2日間♪
(2017年5月14日)

3本目と言っても前回が5月なので、かなり久しぶりですね

前は雪の大谷シーズンでしたが

現在のアルペンは紅葉シーズンの真っ最中です


1日目

黒部峡谷トロッコ列車

ガラガラでした(笑)

お客様は19組46名と大所帯でしたが

行きは3両、帰りは4両使わせてもらったので

座席は1列2名で使っても余裕でした♪
(本来は1列4名定員)

PA110002~01PA110005~01






PA110006~01PA110007~01






鐘釣の万年雪は7月の大雨で流失してしまったそうです・・・

雪はないですが、SNSを意識した顔出しパネルは健在

ってゆーか新作まで登場してパワーアップ(笑)

恐らく鐘釣駅って日本一顔出しパネルが多い駅なんじゃないかな・・・

しかも駅員さんが撮れ撮れってやたら勧めてくるし(笑)
PA110009~01PA110010~01






PA110014~01PA110012~01






気温は宇奈月駅でまさかの28度!!

行きのトロッコは半袖でもギリギリいけました♪
(さすがに帰りは上着を着用)

【2日目】

天気予報通り朝から雨・・・

気温もグッとさがりましたね

もちろん長袖シャツ&ユニクロダウンの登場です

紅葉はいい感じなんだけどな〜・・・


天気が良くて紅葉が見頃じゃない

天気が悪くて紅葉が綺麗

だったらどっちの方がいいのかな?

個人的には後者の方が救われる気がするな

紅葉って雨に濡れると艶が出るし

霧も風が吹けば切れ間から景色が見えたりしますしね

今回も黒部ダムや室堂では雨も小降りだったので

散策にはそれほど影響なくお楽しみ頂けました♪

PA120017~01PA120022~01






PA120024~01PA120025~01






黒部平&大観峰は撃沈やったけど・・・
PA120029~01PA120034~01






あ、大観峰の奥にあった団体用のレストラン

無料休憩所として開放されていました♪
(駅が小さいのでありがたいです)
PA120035~01PA120036~01






みくりが池はもうちょっと見えて欲しかったかな・・・
PA120044~01PA120046~01







しかしアルペンルートも空いて良かった

いつもは激戦の9時スタートでしたが

かなりスムーズに進むことができました♪

PA120037~01PA120038~01







【扇 沢】0900
【黒部ダム】09:16/***
【黒部湖】***/10:10
【黒部平】10:15/10:55
【室 堂】11:02/13:40
【美女平】14:30/14:50
【立 山】14:57

こんな感じ

Fotor_150790029009621~01ここ数日、全国的に暑い日が続いていましたが

10月12日から天気が激変!

室堂も、お昼の気温が6.7度でした


まぁここ数日が異常なだけで

これで例年通りに戻ったって感じでしょうか

(前日はホテルで蚊に4ヶ所も刺されて夜中に起きたっていうのに・・・)


これからアルペンルートに行かれる皆さん

防寒対策はしっかりと行いましょう!


↓10月12日のアルペンルート各地の様子

Fotor_150790040804947~01










アルペンルートのツアーは添乗員の出番が多いから

終わった後の充実感がめっちゃあるんですよね

ここ最近はF1観戦ツアーや関西1泊ツアーと出番が少なかったので

疲れたけど充実した2日間でした♪

いや、充実した2日間だったけど

やっぱり疲れた(笑)

10連勤のうち、まだ3日しか終わっていないかと思うと

余計に疲れるわ・・・

尾瀬沼花紀行と湯沢高原ツアー3日目♪

ツアー最終日は湯沢高原のアルプの里へ

ホテルの裏がロープウェイ乗り場なので便利です

世界最大級166名乗りのロープウェイに乗って山頂駅まで約7分

P7050067~01P7050069~01






以前は山頂駅を出たら下り(アルプの里行き)と上り(エーデルワイス行き)の送迎バスで出ていましたが

現在は上りしか運行していないそうなので、徒歩にてアルプの里へ向かいました

P7050086~01P7050085~01






めっちゃ霧がすごい・・・(涙)
P7050071~01P7050072~01






アルプの里の入り口でスタッフさんから簡単に説明を受けたあと解散
P7050073~01P7050076~01






P7050078~01P7050080~01






帰りはやまびこリフトを利用すると便利です
(いつの間にか無料になってた)
P7050083~01P7050084~01






20170705_111306~01お昼は毎度お世話になっている“魚野の里”さんでへぎそば定食






午後は日本名水100選にも選ばれている名水が湧く“龍ケ窪”へ

駐車場に係員がいない場合は箱にお金を入れて領収書を各自で持ち帰るシステム

おつりが出ないので小銭を用意していきましょう
(大型バス:500円)
P7050017~01P7050018~01






遊歩道に向かう途中に水を汲む場所があります

空のペットボトルを持っていくのもいいですね
P7050014~01P7050015~01






少し進むと分岐点に出ます

遊歩道は右へ
P7050011~01P7050012~01






左へ進むと龍神様を祀っているお社があって

ここでも水を汲むことができます

ただペットボトルに入れるなら最初の場所が向いていますね
P7050009~01P7050010~01






こちらが遊歩道

チップ材が敷かれていて歩きやすくなっていました

でも何故か写真スポットへ降りる場所はロープで閉鎖されてた(涙)
P7050007~01P7050002~01






P7050006~01普段はここで写真を撮って折り返します

(そのまま奥に進むと弁天様を祀っている小さな祠あり)




このあと高速で一度休憩をとって富山駅へ

富山駅の構内には大きな七夕飾りが出ていましたね
P7050019~01P7050020~01







しかしこれまで尾瀬のツアーには何度も行ったけど

尾瀬に行けなかったのは初めてだな(汗)

急な行程変更にも臨機応変に対応してくれたドライバーさん

快くご理解頂いたお客様に感謝ですm(__)m

あと越後が生んだ巨匠

石川雲蝶と鈴木牧之にも感謝(笑)

尾瀬沼花紀行と湯沢高原ツアー2日目♪

夜中に新潟県からのエリアメールで起こされました

Screenshot_20170704-060400~01~01夜中の1時8分

めっちゃビックリしたー

って思いながらウトウト・・・





で、今度は魚沼市からのエリアメールが

Screenshot_20170704-060320~01~01夜中の2時19分

さすがに一晩で2回もエリアメールで起こされたのは初めて・・・





この日はホテルで尾瀬のガイドさんと合流

ホテル=(観光バス)=奥只見〜(遊覧船)〜尾瀬口=(乗合バス)=沼山峠・・・(ハイキング)・・・尾瀬沼

って行程だったんですが

遊覧船を降りてから沼山峠へ向かう国道が朝から通行止め

尾瀬に行く手段を絶たれてしまいました・・・

ひとまず船を尾瀬口行きから周遊コースに変更
P7040028~01P7040029~01






P7040030~01P7040031~01






P7040032~01P7040039~01






P7040035~01P7040036~01






P7040037~01P7040038~01






尾瀬口へ向かう船はトイレもないような小さな船ですが

周遊コースは琵琶湖のミシガンみたいな“ファンタジア号”です

しばしお客様には奥只見遊覧をお楽しみ頂き

その間に今後の行程を練り直します・・・

船を降りたあとは、奥只見ダムのバックヤードツアーの手配を会社がしてくれていたんですが

今度は奥只見シルバーラインが通行止めになることが決定

早く奥只見から出なさいとの指示だったので、下船後は急いでシルバーラインを脱出しました

ひとまず道の駅ゆのたに“深雪(みゆき)の里”でお弁当タイム

しばしお客様にはお弁当とお買い物タイムをお楽しみ頂き

その間に今後の行程を練り直します・・・
(これがほんとのミステリーツアーやな)


結局、午後も雨も強いままだったので

ハイキングは諦めて観光ツアーに変更

■越後のミケランジェロこと石川雲蝶の彫刻で名高い“西福寺・開山堂”

■八海山酒造が経営する“魚沼の里”

■塩沢宿の町並みを再現した牧之(ぼくし)通り

こんな感じで進めました

P7040041~01P7040043~01






P7040051~01P7040050~01






P7040061~01P7040059~01






牧之通りって今までお土産屋さんがなかったんですが

以前、書店があった場所に“利七屋(りしちや)”ってお土産屋さんができていました
P7040055~01P7040054~01






塩沢の銘菓、はっか糖の食べ比べもできていいですね
(NPOの食べ歩きチケットいらんやん)
P7040052~01P7040053~01






なんやかんやでこの日のお宿

湯沢温泉の湯沢東映ホテルには16時40分到着でした

けっこう盛りだくさんな代替ツアーやったな・・・

P7040063~01P7040064~01







ホテルの名前に“東映”ってありますが

そう、あの東映です(笑)

尾瀬沼花紀行と湯沢高原ツアー1日目♪

水芭蕉の時期はとっくに過ぎたのですが

今シーズン初の尾瀬ハイキングツアーに行ってきました

1日目は新潟県柏崎市にある“鴎ヶ鼻(かもめがはな)”へ

バスはキーウエストというお店の駐車場に駐車

車道(黄色の矢印)かお店の中(赤色の矢印)を通って散策スタートです
Fotor_14992175058015Fotor_149921737145830






いきなり急な坂道なので一般のツアーだったら引き返すお客様も出てきそうですね

今回はハイキングツアーなのでそんなお客様がいたら泣きます(涙)
P7030014~01P7030011~01






この看板が見えてきたら分岐点

そのまま車道を下ってもいいですが遊歩道を経由して行くこともできます
P7030009~01P7030003~01






くるっと振り返った先が遊歩道の入り口

めっちゃ分かりにくいです・・・
41P7030008~01






Fotor_149921717177688遊歩道に入ったら最初のY字路を左へ進みます

そのまま真っ直ぐ進むと国道沿いの駐車場へ出てしまうので注意しましょう




遊歩道は海沿いを歩くので気持ちがいいですね

ただ車道に比べ足元が悪ので雨の日はあまりオススメできません・・・

P7030004~01P7030006~01






こちらが恋人岬

グアムの恋人岬と姉妹都市を結んでいるそうですよ
P7030002~01P7030001~01






ここ柏崎市はB級グルメの“サバサンド”も有名

気になる・・・
P7030018~01P7030015~01






このあとは今夜のお宿へ

湯之谷温泉郷の折立(おりたて)温泉にある“ゆのたに荘”さん

外観はちょっと・・・重たいですが
P7030019~01P7030020~01






P7030021~01長靴のレンタル(500円)があるのはありがたいです

明日は天気も悪い予報だし

自分も借りていこっと♪






万座温泉と信州さくらんぼ狩り2日間♪

バスコースで万座温泉に行ってきました

大阪から群馬県ですから結構な長旅です

【1日目】

天王寺を7時半に出発

この日の観光は一切なく

草津⇒恵那峡⇒千曲川と3回休憩を挟み

ホテルに到着したのは17時40分でした・・・

【2日目】

まずはツアーのメインでもある“さくらんぼ狩り”へ

この日は雨だったんですが、ビニールハウスの中なので安心です♪

30分間食べ放題!

ということでしたが、30分も粘っているお客様は1組しかおらんかったね(笑)
P7010002~01P7010005~01






P7010008~01P7010009~01






さくらんぼ狩りのあとは栗と北斎のまち“小布施(おぶせ)”を散策

雨なので北斎館に入館されたお客様も多かったですね

他は栗菓子の老舗“竹風堂(ちくふうどう)”で買い物をしたり

P7010014~01P7010018~01






“小布施庵”で元祖栗ソフトを食べたりしてたかな

小布施庵と言えば

でっかい亀甲どんこや割れせんべいもお勧めです♪

どんこは自分でも買って帰った(笑)
P7010025~01P7010019~01






P7010021~01P7010023~01







お昼は道の駅おぶせで完全自由昼食

ちなみに昨日は恵那峡のSAで自由昼食

なんともお気楽で添乗員にとってはありがたい♪
P7010034~01P7010035~01






20170701_122110~0120170701_122143~01






20170701_120527~01こちら

信州福味鶏と地場野菜の特製タレ丼(750円)

野菜たっぷりで美味しかったです♪



このあと2回休憩を挟んで、最終の天王寺には20時すぎに到着


20170617_204607~01よかった


21時閉店の天王寺にある釣具屋に間に合った♪

立山黒部アルペンルート2日間♪

今シーズン2本目のアルペンルートツアーに行ってきました

GW前半に行った際は予想外のガラガラムードだった黒部峡谷鉄道も

この日は超満員!!!

鐘釣の駅もごった返していました(涙)

↓前回の同じコース
立山黒部アルペンルート2日間♪
(2017年4月29日)

20170513_130415~0120170513_143707~01






2日目のアルペンルートは珍しく快晴♪

いつもよりちょっと早い8時半スタートでしたが

手ごわい添乗員さんが多かったのでなかなか上手く進めなかったな・・・(涙)
P5140001~01P5140004~01






高原バスは時間変更一切不可!!

なほど混雑していましたが

どこの駅も極端に長い待ち時間はなかったので良かったです

【扇 沢】08:30
【黒部ダム】08:46/***
【黒部湖】***/10:35
【黒部平】09:40/10:35
【室 堂】11:25/13:00
【美女平】13:50/14:30分
【立 山】14:37

こんな感じでした

P5140005~01P5140006~01






この日の室堂は気温が9度まで上がっていましたね
P5140039~01P5140042~01






青い空に真っ白な雪の大谷が映えます♪
P5140037~01P5140023~01






ほんと雲一つない快晴♪

天気が良すぎて目も開けられないほど

サングラス持ってきたら良かった・・・(涙)
P5140033~01P5140034~01






これくらい気温があれば室堂高原でお弁当も可能ですね

P5140044~01P5140045~01






20170514_122553~01あ、今回のツアーは新入社員と台数口でした

初・宿泊ツアーがJR利用のアルペンルートなんて

オレやったら泣くわ(涙)


台数口ゆーても

列車もホテルも違ったしだったし

アルペンルートの出発時間も違ったし

添乗準備の日はこちらがジムに行くために

定時ダッシュで置いて帰ったし

こんな状況の中、ほんとよく頑張りましたm(__)m



話は変わりますが

20170514_141846~01アルペンルートで社旗にポテチの袋を付けている添乗員さんがいました

袋の膨張具合で標高が分かるので面白いですよね




この写真は美女平まで降りて来た時の写真ですが

標高2000mを超える室堂ではパンパンでした(笑)

これ今度やりたいなーって話しをしたら

カルビーは破裂するのでコイケヤがいいですよ!

ってアドバイスしてくれました(笑)

なるほど

次回アルペンのツアーがアサインされたらコイケヤのポテチ持参で参戦します!!

ようきなった絶品越後!3日目♪

ツアー3日目は塩沢の“牧之(ぼくし)通り”を散策

“食べ歩きクーポンを使って食べ歩き”って事でしたが

“試食めぐり”の間違いとしか思えない内容でした・・・

あれでお金取るとかビックリです・・・

P2230055~0120170223_103242~01






20170223_102936~0120170223_103411~01







20170223_110010~01このあとは“魚野の里”でちょっと早目のランチタイム

かに1杯付きでインパクトがあるけど

すぐお腹空きそうな内容(笑)



さぁいよいよ午後はこのコースのハイライト

渋温泉(長野県)の脇を流れる横湯川の上流にある“地獄谷野猿公苑”へ

公苑は山の中なので、お客様は志賀高原ロマン美術館の駐車場で乗降

そこから徒歩45分ほどかけて野生の猿に会いに行きます

途中、下の写真のように看板のあるT字路に出ます

ここを右に上がっていくんですが

帰り、ここをそのまま下ってしまいそうになるので要注意です!
(ここ以外は迷う心配はないと思います)

P2230149~01P2230151~01






公苑入り口までは車道を歩くので車に注意しましょう
(野沢温泉の送迎バスなども通ります)

途中、上林温泉の温泉街やカフェの前を通過

P2230063~01P2230148~01






温泉街を抜けると右手に公衆トイレがあります

公苑内まで途中にトイレはないので心配な方はこちらを利用
P2230064~01P2230065~01






いよいよ公苑入り口に到着

ここまできてようやくスタート地点です(笑)

ここから山の中の雪道を1.6キロも歩かなければいけません

足場が本当に悪いのでゲートの横の売店ではレンタルブーツなどもありました
(我々のツアーはレンタルを利用している時間の余裕はありません)
P2230066~01P2230144~01






ゲートを抜けると雪が解けていたのでラッキーと思ったんですが
P2230067~01P2230068~01






すぐさま雪道に変わってしまいました・・・

しかも表面の雪が解け始めているのでツルツル滑る・・・

左は谷底なので、あまり左には寄らないように!
P2230069~01P2230071~01






山道を抜けると左手奥に“地獄谷温泉・後楽館”が見えてきます

景色が開けて気分も少し明るくなりますが

右手に階段が見えてきて一気にテンションが下がります(涙)

ここが最後の難関です、頑張って登りましょう!

P2230072~01P2230074~01






階段を登り切った先が公苑の受付です

チケットを配って解散

一番足の速い方と遅い方では5分以上の差ができていました

P2230078~01P2230077~01






P2230081~01P2230082~01






しかし平日にも関わらずすごい人ですね!

しかもほとんどが外国人観光客
P2230084~01P2230099~01






横湯川沿いに降りると間近で猿を見れますが

やっぱり温泉に浸かる猿に人気が集中していました
P2230138~01P2230139~01






P2230113~01P2230105~01






帰りはちょっとした売店コーナーを抜けて出口へ

下りも滑りやすいので十分注意しましょう!

余裕をもってバス出発の50分前には公苑を出たいですね

P2230141~01P2230143~01







このあとバスは上越妙高駅へ直行

このコースは時間がないので

駅に着いたそのままホームへ!って事もあったようですが

今回は出発までなんとか10分間だけ自由時間が取れました♪

協力的なお客様&乗務員さんに感謝ですm(__)m


それでは最後に野猿公苑のお猿さんたちの写真をどうぞ♪

P2230102~01P2230134~01






P2230115~01P2230137~01







精神的にかなりピリピリした3日間だったけど

最後は猿のおかげで癒されました♪

猿たちにも感謝m(__)m

ようきなった絶品越後!2日目♪

ツアー2日目は“村上”の町歩き

鮭を逆さにぶら下げ乾燥させる“塩引き鮭”が有名な町です
(その鮭をお酒にひたして食べる料理が“鮭の酒びたし”

JRのポスターで吉永小百合さんが立っていたお店が、こちらの“喜っ川(きっかわ)”さんです

P2220013~01P2220016~01






P2220017~01P2220020~01






お次は白鳥の餌付けで有名な“瓢湖(ひょうこ)

白鳥よりカモばっかりでした・・・

P2220031~01P2220032~01






P2220026~01P2220029~01







20170222_122524~01お昼は“阿賀の里”

約30分の阿賀野川遊覧船のあと昼食です




P2220038~01P2220035~01






P2220036~01P2220040~01






午後は“魚沼の里”で銘酒・八海山の試飲やお買い物タイム
P2220046~01P2220045~01






P2220042~01P2220043~01






2泊目は“森の中のオシャレなホテル”として昨年好評だった

“あてま高原・ベルナティオ”でした

P2230054~01P2220049~01






20170223_083954~01雪国らしい“かまくらカフェ”がホテルの敷地内にオープンしていたんですが

ちょうどこの日のお昼で今シーズンの営業が終了していまいました・・・






ま、どっちみち営業時間内にチェックインできない行程なんですけど・・・

ようきなった絶品越後!1日目♪

JR利用で新潟県に行ってきました

ここ数年人気の“ようきなった越後”シリーズ(笑)

前日からダイヤが乱れていたJR湖西線


Screenshot_20170221-062013~01この日も朝からご機嫌斜めのご様子です・・・






サンダーバード7号は運転見合わせとなりましたが

我々のサンダーバード5号は約30分遅れで大坂を出発し

さらに米原経由に路線が変更となったので金沢には1時間以上遅れて到着

予定していた北陸新幹線に間に合わず

後続の新幹線を利用したんですが・・・


サンダーバードの中では
「後続の新幹線の指定席に座席が確保できたので、金沢駅の乗り換え口で座席をもらって下さい!」
と言われ

金沢駅の乗り換え口では
「え、そんなこと聞いていません・・・(さんざん待たされた挙句)・・・時間がないので取りあえず5〜8号車(指定席)の空いている席に座って、車内で車掌から座席をもらってください!」
と言われ

新幹線の車内では
「え、そんな団体がいるなんて聞いていません・・・」
と安定のたらいまわし対応(涙)

結局、新幹線の車内で車掌さんから指定席の座席番号を頂いたんですが

20170221_181609~01もらった座席がコチラ

ほとんど真ん中の席・・・
(ちなみに1名参加のお客様は2名しかいません)




ま、急なお願いなので仕方ないですよね
(これなら自由席の方が良かったんですが・・・)

車内で生き別れとなっていたお客様に声をかけて座席を移動して頂き

なんとか穏便に(?)上越妙高駅まで暴動や大きな混雑もなく持ちこたえました

こんな時に限って21組44名ですからね・・・

精神的にかなり参りました・・・(涙)


幸いこの日の観光は関川村にある重要文化財“渡辺邸”のみ

かなり見応えがあったんですが、とにかく足元が寒すぎ

渡辺邸のHPでも靴下2枚履きを推奨しているくらいですから(笑)

P2210005~01P2210003~01






P2210001~01P2210002~01






この日の宿泊は瀬波温泉にある“夕映えの宿・汐美荘(しおみそう)”

はじめて利用しましたが

料理がめちゃくちゃ美味しかった〜

仲居さんも親切で好感が持てます

20170221_191146~0120170221_190502~01






ロビーでは毎晩、窓ガラスをスクリーンにした“夕映えシアター”を上映

天気が悪い日や遅いチェックインで夕日が見れない場合でも

ホテルから見る夕日をバーチャルで体験できちゃいます

夕陽だけじゃなく、打ち上げ花火や水中映像なんかもあって

なかなか楽しませてもらいました♪

20170221_200502~0120170221_200553~01






20170221_201345~0120170221_200839~01






20170222_083132~01スタッフの皆さんも親切だし、朝食のパンも美味しかったし

久々に個人でも泊まりたい!って思えるお宿でした





夕映えの宿・汐美荘(公式HP)

ようきなった越後3日目♪

ツアー3日目は新潟県でも有数の紅葉スポット“弥彦公園”からスタート

駐車場に入るなりスタッフのおじさんに

「紅葉ほとんど終わってますけど、ほんとにいいんですか?」

「駐車料金はかかりますよ」

って念押しされた

PB230001~01PB230002~01






PB230003~01PB230004~01






PB230006~01PB230007~01






確かに

想像以上に終わってた

じゃ駐車料金まけてよ!!(笑)

お次は“弥彦神社”&“弥彦山ロープウェイ”

紅葉は終わっていましたが、今年は菊が長持ちしているそうで

菊まつりの菊は綺麗に見学できました

PB230008~01PB230012~01






PB230015~01PB230019~01






弥彦山から見た佐渡ヶ島

大佐渡山脈は雪が積もってた!

ちょうどこの日から寒波で一気に気温が下がったんですよね

サンダーバードも午前中は運休とか出てたくらい

PB230023~01PB230029~01






最後は糸魚川の“能生(のう)漁港”で昼セリを見学予定でしたが

波浪注意報で漁ができなかたのでセリは中止

道の駅“マリンドーム能生”で海産物のお買い物だけして、富山駅へ向かいました

PB230025~01PB230028~01






サンダーバードが予定通り動くか最後まで心配でしたが

予定通りに帰ってこれました♪

これで2016年の紅葉ツアーも無事終了!

お疲れ様でしたm(__)m


ほんとはプライベートで京都の紅葉とか見に行きたいけど

今年はそんな余裕ないやろなー・・・(涙)

ようきなった越後2日目♪

ツアー2日目は“美人林”“星峠の棚田”を見学して

魚野の里で昼食

魚沼の里で銘酒“八海山”の試飲などをお楽しみ頂いて

石川雲蝶の彫刻が見事な“西福寺(さいふくじ)”

PB220108~01PB220113~01






そして最後は“長岡もみじ園”へ

ここは見事に紅葉が終了・・・・・

ほんと気持ちがいいくらい葉っぱは残っていなかったね

PB220116~01PB220118~01






PB220120~01PB220121~01






ピークの時はお店とか出ていたであろうプレハブ小屋が空しく残っているだけでした

奥に見えるのは公衆トイレ

やたら綺麗です(笑)
PB220122~01PB220123~01






この日のお宿は初めて利用する岩室温泉“ゆもとや”

スタッフも親切で料理も美味しかった♪




↓ここからサービス1本勝負の

このサービス素敵っ!なお話

夕食のとき、ドリンクをサービスしてくれるということなので

ウーロン茶を頼んだんですね

自分はあんまり冷えた飲み物が苦手なので

“できれば常温がいいんですけど・・・”

ってお願いしたあと

調子に乗って

“欲を言えば人肌くらいがいいんですけどね〜♪”

ってノリで声をかけたら

IMG_20161123_080207~01ほんとに人肌程度のぬるい烏龍茶を持ってきてくれたんです


これにはめっちゃ感激!!





そして翌朝・・・・・


フロントの前でこんなものを発見

20161123_085309~01朝食会場で薬を飲み忘れたお客様用のお水です


なんて親切なんだ・・・(涙)



久々にいいお宿泊まったなーって感じがして心身共に癒されました♪


弥彦観光などで新潟へお越しの際は是非!

岩室温泉のゆもとや(公式サイト)

ようきなった越後1日目♪

JR利用で新潟県だけをめぐる3日間コースに行ってきました!

昨年行った“ようきなった越後2日間”のロングバージョンです

北陸新幹線を上越妙高駅で下車し、最初に向かった先は

上杉謙信ゆかりの春日山城の麓にある“春日山神社”

いきなり135段の階段が行く手を阻みます・・・

でも頑張った先には上も下も真っ赤な紅葉が待っていました

散り始めだけど、落ち葉にもまだ色が残っているので綺麗ですよね

PB210033~01PB210034~01






PB210035~01PB210043~01






PB210047~01PB210052~01






謙信公の銅像も勇ましかったです

PB210053~01PB210055~01






お次は“柿崎(かきざき)駅”からJR信越本線に乗車

PB210056~01PB210057~01






PB210058~01PB210059~01






途中、日本一海に近い駅“青海川(おうみがわ)駅”を通過

重量制限の関係で大型バスはこの駅まで入って来れないので

“鯨波(くじらなみ)駅”というちょっと可愛い名前の駅で下車しました

無人駅(笑)

バス横付け(笑)

PB210065~01PB210067~01






お次は“鴎が崎(かもめがさき)展望台”、通称“恋人岬”へ

ここもバスを降りたら坂道が続きます

ご年配のお客様にはけっこう大変・・・

PB210079~01PB210073~01






お客様の反応は

「こーゆーとこは若い人がくるとこやでなー」

確かに・・・

PB210075~01PB210078~01






最後は“松雲山荘(しょううんさんそう)”のライトアップ

Fotor_14800011323762昨年よりバスの乗降場所が近くなって歩く距離は半分くらいになってたかな?


コンビニの前を通るのも便利です♪






ちなみに去年はこんな感じでした

ようきなった越後2日目♪【松雲山荘】

PB210105~01PB210107~01






PB210084~01PB210100~01






PB210088~01PB210096~01






PB210090~01PB210093~01






16時頃に到着しましたが

既にライトアップされて幻想的でした

ここもまだ紅葉が残っていて良かったです♪

ソラテラスと信州高原横断ルート・3日目♪

最終日の観光は“上高地”のみ

お盆の真っ最中の日曜日!

もちろんバス規制日なので観光バスで上高地までは入れません

2年ぶりくらいに行きましたが、手続きの流れはそれほど変わっていませんでした

↓前回の記事はコチラ
黒部・アルペン・上高地ツアー3日目♪

変わった点と言えば、確認用紙と待合所がバージョンアップしてたくらいかな?(笑)

“さわんどバスターミナル”でバスを乗り換えて、一般の観光客と混載のエコバスで上高地へ

帰りは上高地のバスターミナルで集合して、“平湯”もしくは“さわんど”のバスターミナルへ


Fotor_147116855922753~0120160814_092411~01






エコバスは上高地のバスターミナルまで行きますが

大正池のバス停でほとんどのお客様が下車し、河童橋方面を目指します

それにしても最高のお天気ですね♪

P8140114~01P8140103~01






P8140127~01P8140131~01






お盆・日曜・快晴!

と三拍子揃った河童橋周辺は、さすがにかなりの賑わいをみせていました

P8140169~01P8140207~01






P8140205~01P8140202~01






P8140174~01P8140201~01







さて、規制日の上高地で心配なのは

お客様と一緒に再集合場所を確認できないこと

指示では上高地バスターミナルにあるトイレとインフォメーションセンターの前

このあたりで集合することになっています

確かに広いし見通しもいい場所です

ただ、屋根がないので日差しの強い日や雨の場合はちょっとキツい・・・

そんな時は屋根がある路線バスのりばのθ屬里蠅佗婉瓩お勧めだと駐車場の方が教えてくれました

このθ屬里蠅弌現在使われていないのでスペースに余裕があるそうですよ♪

Fotor_147116999418989~01Fotor_147116982938523~01







さて、心配していた渋滞もなく予定通り富山駅に着くことができました
(そりゃ8時出発予定をブーイング覚悟で7時に変更したからね・・・)

今回、夏休みらしくお子様も沢山いたので楽しかったですね

やっぱりお子様がいるとツアーの雰囲気が和みます♪

帰りに際には似顔絵までプレゼントしてくれました(笑)

20160814_192730~01Fotor_147117269139365~01






ありがとう!大切にするわ!

ってこれ会社に提出するアンケートの裏なんですけど!!


今年の夏は、このあと海外添乗で中国

そのあと月末に久々の九州ツアーが入っています

九州ツアーあたりまでは、まだお子様が参加してるかな?

ソラテラスと信州高原横断ルート・2日目♪

ツアー2日目はこのツアーのメインとも言える“ソラテラス”

“SORAterrace(ソラテラス)”は昨年8月に“竜王マウンテンパーク”にオープンした新しい観光スポット

ホテルから遠目に見えているのでバスで移動してすぐ到着です

通常運行は9時からですが、10分早い臨時便を出してくれました

P8130053~01P8130022~01






お客様にチケットを配り世界最大級166名乗りのロープウェイに乗車
P8130021~01P8130023~01






約8分で標高1770mの山頂駅に到着です

P8130025~01P8130026~01






P8130027~01P8130050~01






山頂駅の横に広がっているデッキが“ソラテラス”です
P8130041~01P8130043~01






P8130030~01P8130048~01






どんどん人が増えてくるのでテラスのいい席は早い者勝ち!(笑)

P8130039~01P8130029~01






奥には“山野草(さんやそう)ガーデン”というこじんまりしたお花畑があります

珍しい“ヒマラヤの青いケシ”が有名だそうですが

見頃は過ぎておりました・・・

P8130035~01P8130033~01






P8130040~01飲食店は“レストラン・シャルム”

“SORAcafe”の2ヶ所




ソラテラスの後ろ手にあるSORAcafe、見た目はこじんまりしていますが

けっこうオシャレなフードやドリンクを扱っていました

ホテルの朝ごはんを抜きにして、ここで朝食なんてものいいかも♪

P8130049~01P8130047~01






このあとは栗菓子と北斎で有名なまち“小布施(おぶせ)”

北斎館の駐車場にバスを止めて70分ほど散策しました

P8130054~01P8130057~01






P8130059~01P8130077~01






栗ソフトの元祖的存在の“おぶせ庵”で売っていた“亀甲どんこ”って大きなシイタケ

試食たべてみたけどめちゃ美味しかったなー

“ぬれかり餅”は故・水木しげる先生が好きだったおせんべいだそうです

ソラテラスで会った他社の添乗員さんは

栗菓子の老舗“竹風堂(ちくふうどう)”の栗おこわを毎回買って帰るって言っていましたね

色々と食べ歩きが楽しい場所なので、できれば食後に来たい場所でした

P8130079~01P8130081~01






P8130071~01P8130083~01






小布施のあとは、最近やたらよく行く“中野フルーツランド”で昼食をたべ

今夜の宿泊場所、白馬の栂池高原へ

途中、ご希望の方は“白馬五竜”の高山植物園へご案内しました

P8130088~01P8130086~01






P8130093~01ホテルは“マリオンシナノ”“サンプラザ栂池”の分宿

どちらもすぐ目の前なのでラッキーでした♪




ソラテラスと信州高原横断ルート・1日目♪

今年のお盆シーズンはJR利用で信州3日間コースへ行ってきました

ツアータイトルは

「北陸新幹線でゆく 絶景のソラテラスと信州高原横断ルート3日間」

初日は特急サンダーバードと北陸新幹線で上越妙高駅へ


最初に向かった先は「日本の滝百選」にも選ばれている“苗名滝(なえなたき)”

6月に来たときは観光客がほとんどいなくて

なんだかマニアックな観光地だなーって印象でしたが

さすがお盆休み

外国人観光客も含め、同じ観光地とは思えないほど賑わっていました(笑)

苗名滝は駐車場から片道20分ほど歩きます

詳しくはコチラ↓
信州さくらんぼ狩りと栂池高原ツアー1日目♪

P8120002~01P8120003~01







お次は長野県でジャムやワインを製造・販売している“サンクゼールの丘”

初めて行ったお店でしたが、なかなか雰囲気のあるお店でした

前にカナダで行ったファーマーズマーケットみたいな感じ

珍しいピスタチオのジェラートがめちゃ美味しかった♪

P8120005~01P8120009~01






P8120006~01P8120014~01






フランチャイズもしているので県外にも進出している“サンクゼール”ブランド

このお店の名前がなかなか覚えられなかったんですよね・・・

“サンクレール”だっけ?

いやいや“サンクレーゼ”か?

ちゃうちゃう“サンクゼーレ”か!

って・・・

ちなみに久世(クゼ)さんって方が始めたお店なので“サンクゼール”って名前だそうです


さて、今夜の宿泊は北志賀高原の“アルパインホテル”

P8130019~0120160812_191853~01






20160812_184616~01客室にエアコンがないそうです・・・

こんな猛暑にエアコンなしなんて絶対ムリ!!





と最初は思ったけど

めちゃぐっすり寝れました(笑)

標高850mでも夜はこんなに涼しいんだ

たまには天然クーラーもいいもんですね♪

長岡まつり・大花火大会ツアー2日目♪

ツアー2日目はゆっくり11時出発

出発までお客様はリフトに乗ってホテル裏手のゆり園やラベンダー畑を散策

20160803_093411~0120160803_094131~01






20160803_094320~0120160803_095256~01






ホテル出発後は長野県の中野市へ

おちゃめなおっちゃんの案内にもと、まずは農園で桃狩り♪

P8030105~01P8030106~01






フルーツランドさんで昼食を食べた後は桃食べ放題です♪

食べ放題ゆーてもそんなに食べれるもんじゃないですよね

3個食べれたらいいほうだと思います

P8030104~01P8030109~01






お店の方に美味しい桃の見分け方を聞いたんですが

皮の表面にポツポツ斑点が浮き上がっているのが食べ頃なんだとか
(確かに売り物の桃は斑点が多かったな)

P8030115~01P8030114~01







午後は“野尻湖(のじりこ)”で遊覧船に乗船

初めていく観光地です

“ラインプラザ”って売店の奥に受付があります

P8030138~01P8030117~01






チケットからして普段、利用者が少ないのが伝わってきます

船内の案内放送もめちゃ昭和やった(笑)

P8030116~01P8030120~01






1階席と3階デッキ部分が自由に使えるエリア
P8030121~01P8030123~01






P8030125~012階は有料席だそうですが

この日は開放していませんでした




遊覧船は40分コース

湖上をしばらく遊覧したあと、弁天島(別名:琵琶島)に上陸です

P8030122~01Fotor_147022415325689~01






弁天島には小さな売店(ここも昭和なムード)と“宇賀(うが)神社”があります

P8030127~01P8030128~01






小さい島のわりに神社の参道はけっこう歩き応えがありましたね

最初の階段を見て引き返す人も何名かおりました(笑)

P8030131~01P8030132~01






P8030133~01P8030136~01







野尻湖遊覧のあとは富山駅へ

往路同様、北陸新幹線とサンダーバードを利用して大阪へ帰ってきました

P8030139~0120160803_181519~01







それにしても今日もお天気に恵まれたなー

同じ県内でも災害注意方が出ている地域もあったというのに・・・

ほんとこの時期、局地的に大雨や落雷に襲われるので油断できません

しかも花火大会って雨で中止は珍しくないですからね

今シーズンも無事、祭り&花火シーズンが乗り切れますよーに♪

長岡まつり・大花火大会ツアー1日目・後半♪

今回我々の指定された席は“き列の9番”

白いテープで枠組みされた中央に大判のブルーシート2枚と厚手のゴミ袋2枚がセットされていました


前回は“会場が広いのでスタッフが席まで案内してくれました”

ってブログに書いてありましたが

今年は誰も誘導してくれなかった・・・(涙)

P8020048~01P8020039~01






ブルーシートはお客様も一緒になって広げます
(2枚のシートは前後に間隔を空けて敷く方が便利)

47名のお客様でもゆったり使えるほどスペースには余裕がありました

P8020042~01P8020057~01






今夜の夕食は会場内でお弁当

ハイブ長岡積み込みの団体もありますが

我々は会場ピックアップでした

会場入り口に設置されたデスク(トラック前)で手続き

そのあとスタッフが荷車で席まで運んでくれます

P8020040~01P8020041~01






お客様が全員ここまで辿り着いたか心配なので

点呼を兼ねてお弁当を配布

なんとか全員来ていたようで一安心です♪
P8020043~01P8020047~01






お弁当殻は仮設トイレの横に設置されたゴミ捨て場へ

20160802_184415~0120160802_184352~01







実はこの日は午前中、注意報が出ているほど天気が悪かったんですよね

富山駅から長岡に向かう途中も雷雨

お客様は“本当に花火大会が開催されるのか?”

バス車内ではずっとその話題ばかりでしたが

なんとか天気も回復

前方に虹、そして後方には夕日という贅沢なロケーションの中

19時20分の花火開始時間を待ちました

P8020053~01P8020050~01






IMG_20160802_191257~01夕暮れ時にはゲストの沢田知可子さんが生歌を2曲披露してくれたんですよね

もちろん代表曲「会いたい」も

めっちゃ懐かしかった〜


学生時代、カラオケ行ったら絶対女子の誰かはこの曲唄ってたな(笑)
(今の世代にはわからないでしょうが・・・)



さぁいよいよ開始時刻になりました

打ち上げ開始でございます!

長岡花火の代名詞、フェニックス花火は今年は20時15分から

P8020068~01P8020078~01






P8020087~01P8020090~01






20160802_192724~0120160802_192727~01






花火の素晴らしさはこのブログで語るまでもないですよね

やっぱり長岡の花火は日本一、いや世界一の花火大会だと今年も痛感しました

長岡の花火は横に長いのでかなり離れた場所じゃないと全景は見れないんですよね

毎年、長岡花火の全景を撮影してYouTubeにアップしている方がいるんですが

この人の動画は全景なのにその場の臨場感ある音声が入っているので素晴らしいです
(さっそく今年の花火もアップされていました)

2016 長岡花火 フェニックス Revival prayer fireworks【Phoenix】



21時すぎ、名残惜しく花火大会が終了

花火終了後はお客様各自で駐車場へ戻ってきてもらいます

お客様が全員揃って出発したのは22時10分

そのあとドライバーさんが長岡インターまで抜け道を使ってくれたので

斑尾高原のホテルには途中、1度休憩を挟んでも24時10分に到着

20160803_003333~01同じホテルに宿泊していた他の12団体のうち2番手にチェックインできました♪

しかもこのあとに来た10台は休憩なしで来たそうです

ほんと集まりのいいお客様と機転のきくドライバーさんに感謝



やっぱり祭りや花火のツアーは普段のツアー以上に

添乗員・お客様・乗務員のチームワークが大切だと感じた1日なのでした

長岡まつり・大花火大会ツアー1日目・前半♪

日本三大花火のひとつ“長岡まつり大花火大会”に行ってきました

前に行ったのが2011年

なかっちさんに御世話になった“おにぎり買い出し大作戦”から5年も経つのか・・・

長岡花火と佐渡ヶ島ツアー2日目【前半】♪


前回は佐渡ヶ島の観光のあとに花火大会だったので精神的にも体力的にもハードでしたが

今回は大阪から富山まで、特急サンダーバードと北陸新幹線を乗り継いで

ひたすら長岡を目指すのみのシンプルコース♪

駐車場は前回同様“ハイブ長岡”でした

P8020002~01P8020005~01






施設内では物産コーナーや休憩所などが充実

時間調整を兼ねて17時にバス集合にして一度解散しました
(他のツアーも、だいたい17時か17時半が多かったです)

P8020015~01P8020011~01






P8020030~01ハイブ長岡の向かいには“リバーサイド千秋”というショッピングモールがあります
(2011年にはこんなのあったかな?)

スーパーも入っているので夜食を買うのにいいかも






さてそれでは初めて長岡花火に行く添乗員さん用に

ハイブ長岡から左岸の団体席までの流れをご紹介したいと思います

20160801_140440~01あ、そうそう

駐車場を出る前に必ずお客様にチケット(首からぶら下げるタイプ)を配っておきましょう



前はこんなチケットなかったけど、これはいいアイデアですね♪




P8020017~01まずハイブ長岡から信濃川方面を目指して進みます

1本道なので私のような方向音痴添乗員でも迷いません♪




土手を上がって右方向へ

案内看板や警備員さんがいるのでこちらも安心

P8020018~01P8020019~01






あとはひたすら土手を進みます

右手に見えるのは長岡赤十字病院

ここのトイレは絶対に使用しないよう事前に!

P8020024~01P8020023~01






途中に何か所か河川敷に降りるスロープがありますが

団体は112番のスロープから河川敷に降りるよう指示されていました
(帰りは関係なし)

P8020027~01P8020028~01






P8020035~01河川敷を降り大手大橋をくぐった先が団体席の入り口です

途中、分岐点がありますがチケットの色で指示されているように我々(ブルーのチケット)は左手へ進みます



今回はお客様が個々にチケットを持っているので、もし途中ではぐれても会場内に入れます
(駐車場から会場まで離れているので添乗員としてとても助かります!!)


ハイブ長岡を出て会場までは30分くらいってことでしたが

他の団体と重なったりで、たっぷり40分近くかかりました

信州さくらんぼ狩りと栂池高原ツアー2日目♪

2日目は信州中野でさくらんぼ狩りをして

白馬栂池へ向かいます

P6200004~01P6200002~01






栂池高原の流れはコチラの記事参照↓
北アルプス3つのハイキングツアー♪【栂池高原・前編】

栂池高原と言っても今回は“ミズバショウ湿原”で折り返しです

P6200008~01P6200009~01






新緑が眩しいですね

P6200024~01P6200013~01






ゴンドラ&ロープウェイを乗り継いで栂池自然園に到着
P6200014~01P6200015~01






ここでミズバショウを見るのが目的だったんですが

今年は雪解けが早く、ミズバショウの見頃は既に終了

例年なら今が見頃だったのですが・・・(涙)

P6200017~01P6200020~01






所々にちょこっと咲いておりました
P6200018~01P6200019~01






このあとはおとついより1本遅い

サンダーバード44号で大阪に帰ってきました

北陸線&北陸新幹線の1泊2日の連添はちょっと体力的にこたえます(涙)

もちろん今回もバスガイドさんの同行はありませんでした(涙)


そろそろバスガイドさん同行のツアーで

九州とか行きたいなー・・・

IMG_20160620_221418~01









信州さくらんぼ狩りと栂池高原ツアー1日目♪

草津温泉と連添で信州へ行ってきました

ツアータイトルは

「信州さくらんぼ狩りと日本一の遅咲き白馬栂池の水芭蕉2日間」
(どっかでスペース入れて欲しいです・・・)

1日目は富山駅から一路“苗名滝(なえなたき)”へ

苗名滝は新潟県と長野県の県境、関川にかかる落差55mの滝です

バス駐車場から15〜20分ほど歩きます

P6190001~01P6190030~01






登り口には無料の貸し出しストックが置いてありました

それだけキツいってことですね・・・

P6190002~01P6190004~01






吊り橋を渡り砦のような階段を登ります

P6190005~01P6190008~01






この先は舗装されていない山道なので足元に注意しましょう

P6190013~01P6190016~01






お、ようやく滝が見えてきました♪

吊り橋との分岐に差し掛かります

そのまま直進できますが、道が険しいので吊り橋を渡りましょう
P6190017~01P6190025~01






吊り橋を渡ったところに東屋があるので、ここで写真を撮って折り返しました

所要時間は1時間とりましたが、ちょうど良かったです
P6190026~01P6190021~01






このあと斑尾(まだらお)高原の“斑尾東急リゾート・ホテルタングラム”へ

P6190033~01P6190031~01






P6190032~01けっこう売店が充実していてビックリ

ちょっとしたアウトドアショップといった感じですね





バートンの取り扱いも豊富

東急グループだけあって東急ハンズのコーナーも設置されていました

P6190034~01P6190035~01






連泊だし今夜は早めに寝よ♪

っと思っていたのに

YouTubeで「真田丸」を見ていたらハマってしまい

気が付いたら夜中の2時過ぎでした・・・(涙)

上田城の見所と“まっぷる・真田幸村”♪

ドラマ館をサクっと見たあとは

上田城址公園の見どころを少しみてまわりました


P6180020~01こちらが公園のシンボル的名存在の“東虎口櫓門(ひがしこぐち やぐらもん)”

“虎口”とは城の出入り口の意味で

向かって左が“南櫓”、右が“北櫓”です



この2つの櫓は、遊郭に売却されたのですが

昭和初期に保存会の手によって買い戻された歴史があります


北櫓の石垣にはひときわ大きな石があって、“真田石”と呼ばれています

幸村の兄・信之(のぶゆき)が松代へ移る際に持っていこうとしたのに

ビクともしなかった石だそうです

P6180035~01P6180033~01






P6180031~01P6180021~01






P6180024~01東虎口櫓門をそのまま進むと“眞田神社”に突き当たります

上田城の歴代藩主(真田氏・仙石氏・松平氏)を祀っている神社です





P6180026~01神社の脇には“真田井戸”

本丸唯一の井戸で、抜け穴があったという伝説が残る井戸です




P6180029~01神社の奥にあるのが“西櫓”

江戸時代から現存している櫓

平成28年12月28日まで特別開放中



東虎口櫓門も西櫓も別途有料ですが中に入れるのでお時間があれば是非♪



ってここまでパンフレットをもとに、知ったかぶりして記事を書きましたが

今回のツアーに行くまで真田幸村の事ってほとんど知らなかったんですよね

上田城が真田家のお城ってのも知らなかったくらい(笑)

でも今回のコースは(も)、バスガイドの同行ナシ!

これはさすがにやばいと思って前日の会社帰りに購入したガイドブックがこちら

『まっぷる・真田幸村』

まっぷる初の人物がテーマのガイドブックです

これを開いたのが前日の23時頃(汗)

それまで真田幸村についてほとんど無知(涙)

20160616_232231~0120160616_233745~01







それにしてもこの本、めちゃ添乗員向きです!(笑)

今回はこのガイドブックにほんと助けられました

やたらゲームの宣伝が多いですが

イラストも多く、私のような歴史オンチな添乗員でもなんとかついていける内容♪

観光地も、長野・大阪・和歌山を中心に

全国の幸村ゆかりの地がざっくりですが網羅されています

『花燃ゆ』の時も出して欲しかったなー(笑)

これからまだまだ幸村ブームは続きそうですので

添乗員としては持っていて損はない一冊ですよ♪

草津温泉と「真田丸」大河ドラマ館2日間♪

JR利用で草津温泉に行ってきました

ツアータイトルにもあるように大河ドラマ「真田丸」関連のツアーです

というか真田丸関連の観光しかなかった・・・

1日目は富山駅からひたすら草津温泉に向かうのみ
(下車観光なし)

2日目の観光は

真田氏発祥の里“真田氏歴史館”

上田城址公園にある“真田丸・大河ドラマ館”

以上!


ほんまにこれでいいのか・・・

でもお客様はしっかり42名おりましたので

これでいいんでしょうね・・・(汗)


今回どちらもはじめての観光地だったので

これからはじめて行く添乗員さん用に業務的な記事をアップさせてもらいます


【真田氏歴史館】

バスを降りたら目の前が歴史館です

ここは真田氏が上田城に移るまえにお屋敷があった場所で

このあたり一帯が“御屋敷(おやしき)公園”と呼ばれています

歴史館はその一部分ということです

館内はそれほど大きくないですが

大河ドラマ「真田太平記」(1985年〜1986年)で使用された衣装なども展示されています

この頃からの真田ファンは必見ですね♪

ちなみに当時、真田幸村を演じていたのは

現在、幸村の父役で真田昌幸(まさゆき)を演じている草刈正雄さんです

そして当時の昌幸役は故・丹波哲郎さん!

時代の流れを感じます・・・

P6180005~01P6180004~01






P6180003~01P6180006~01






時間が余ったら公園内を散策してみましょう

ここはつつじの名所でもあるようですが

花の季節以外の見どころは真田氏館跡にある“皇太神社(こうたいじんじゃ)”くらいかな?

“皇太神社”って名前でお分かりの通り

ご祭神は、、、そう、お伊勢さん(アマテラスオオミカミ)です

真田氏が上田城に移る際

この地が荒れ果ててしまうことを恐れて伊勢から勧請してきたそうです

P6180007~01P6180010~01







あ、草津温泉から御屋敷公園へ向かう際に“長谷寺(ちょうこくじ)”の前を通ります

このお寺には真田氏の菩提寺で、幸村の祖父、幸隆(ゆきたか)夫妻と父・昌幸(まさゆき)のお墓

そして幸村の供養塔があります

あと“真田氏本城跡(さなだしほんじょうあと)”の前も通過しますが

ここは真田氏のお城があった場所です
(真田氏はもともとこの地方の豪族)



【真田丸・大河ドラマ館】

駐車場からドラマ館の入り口まで10分弱歩くので迷子に注意です!!


P6180056~01バスの駐車場はこれまでの上田城の駐車場とは別の場所で

“上田城跡南駐車場”と呼ばれるバス専用の駐車場に止めます
(収容台数:最大33台)




P6180058~01バスを降りたら“カメラのキタムラ”方面へ歩きます

ちなみに奥に見えているのは“西櫓”




P6180054~01横断歩道を渡ります

警備員さんがいるので安心です♪




P6180051~01自家用の駐車場を突き抜けます






P6180050~01こんな感じで思わず写真を撮りたくなる景色が広がりますが

写真はあとにしてもらって、とりあえず入口まで進んでもらいましょう!




P6180048~01のぼりに沿ってひたすら進みます

道が狭いので左側通行で誘導しましょう




Fotor_146624693960666~01“二の丸橋”が見えてきました

手前の階段は下り優先なので、橋の奥にある階段から上がりましょう




階段を上がって二の丸橋を渡ると、左手にドラマ館が見えてきます

向かって右側に待機場(A・B・C)があるので

お客様には“だいたい”この辺りでお待ち頂きます

P6180015~01Fotor_146624676170481~01






その間、添乗員は受付へ

一般窓口の横から事務所の中に入ると団体用の受付があります

チケットを配ったら各自見学

チケットは10枚の束になっているので配り間違いに注意しましょう

P6180037~01P6180038~01






P6180044~01P6180013~01






館内は基本撮影禁止ですが、一部撮影可能なエリアもあります

最後はお約束のグッズコーナー

レジがめちゃ混んでいました・・・

P6180043~01Fotor_146624690782272~01







ドラマ館の期間は来年の1月15日まで

今回はバタバタとあまり時間がなかったので

今度プライベートでゆっくり来ようかな〜♪

ようきなった越後2日目♪【松雲山荘】

今回のツアー最後の観光地というか最後の難関が

新潟県柏崎市にある“松雲山荘(しょううんさんそう)”

ここも初めていく観光地

ベテランのガイドさん&ドライバーさんですら初めてって言ってた…

なんせバス駐車場から入口まで10分〜15分ほど移動するので大変らしい

PB090163~01国道8号線の“ウエルシア”ってドラッグストアの前

ここにバスの駐車場がありました
(駐車場というか何というか…)



ここからひたすら国道の脇を歩きます

PB090161~01PB090127~01






PB090129~01“常盤台”って交差点が見えたら左へ

恐らく人の流れができているので迷うことはないと思います




途中、左手に赤坂山公園の看板と自家用車の駐車場があります

この駐車場内に仮設の売店が出店していました

松雲山荘内には売店はなかったと思うので

帰りに時間があったら寄ってみましょう


PB090131~01PB090160~01






PB090132~01まずは公園をそのままスルーしさらに進みます

歩道が狭いので車の通行にご注意を!





PB090159~01こちらが入口

“木村茶道美術館”もこの敷地の中にあります





2015年11月15日 231020 JST~01ここまでのルートをGoogleマップで示すとこんな感じ

けっこう歩くでしょ…







PB090147~01こちらの建物が“木村茶道美術館”

今回のツアーはこちらで抹茶を頂きました




全員一度にお茶を出すのは無理なので

半分のお客様は先に園内見学

ここもピークは過ぎていましたが、弥彦よりかは綺麗でした

PB090148~01PB090158~01






PB090150~01PB090139~01






PB090152~01PB090158~01







この松雲山荘は夜間のライトアップも行われています

夜だと迷子が心配ですよね

園内も規模は小さいですがアップダウンがるのでお怪我のないように!


さて、これにてヒヤヒヤな初体験観光地オンパレードの2日間の行程が終了

このあと富山駅に到着したのは新幹線出発時刻の20分前!!

結局一番ヒヤヒヤしたのは最後の富山駅というオチでした…(怒)

ようきなった越後2日目♪【弥彦神社&弥彦山ロープウェイ】

弥彦公園のあとは“弥彦神社”&“弥彦山ロープウェイ”

どちらも初体験…

この観光地はけっこう流れがややこしいらしく

流れを簡単に説明すると

.丱垢鮃澆蠅燭蘓声劼了嫁辧淵丱垢浪鸛)

拝殿の脇からロープウェイのりば行きのシャトルバスに乗車

ロープウェイで山頂に登ったあと展望レストランで食事

ぅ丱垢涼鷦崗譴泙任魯ライミングカーを利用して移動

なんとも添乗員泣かせな観光地です(涙)

20151114_233349-1~01事前にお客様にはマップを使って説明をしたほうが安心ですね

それでも迷子になる可能性大やな…




今回はバスガイドさんが付いてきてくれましたが

ガイドさんがもともと付いてないツアーもあるし

ガイドさんがいてもバスと一緒に回送してしまう人も多いようです
(添乗員1人で誘導する自信ないわ…)

まずバスを降りたらゆるやかな坂道を下って赤い鳥居がある交差点を左へ曲がります

PB090061~01PB090062~01






この赤い鳥居が一の鳥居

小川を越えてさらに進みます
(現在、境内では菊祭りが開催中)

PB090066~01PB090070~01






突き当たりを左に曲がると手水舎

石の鳥居をくぐり、さらに進むと拝殿&本殿です

PB090074~01PB090081~01






PB090082~01拝殿を向かって左側に出口があります

参拝が終わったらすみやかにこの出口へ進みましょう




出たところがロープウェイ山麓駅行きのバスのりばです(無料)

一般も団体も混載なので早い者勝ち

お客様が全員揃った団体から係員が誘導してくれます

それでも全員一緒には乗れませんでした

なんせ今回のお客様

20組47名様ですから・・・・・・・・・・

PB090084~01PB090085~01






添乗員が先に乗ってあとのお客様はガイドさんにお願いしました

ロープウェイ山麓駅1階でチケットを発券してもらいます

PB090087~01PB090089~01






PB090086~01一番上がチケット(往復)
二枚目がパノラマタワーの割引券
三枚目が売店の割引券





チケットを配ったら階段で2階へ

この日は30名定員で運行していました

PB090091~01PB090093~01






ロープウェイ山頂駅に着いたら案内人さんがパネルを使って施設の説明をしてくれます

PB090094~0120151114_233407~01






地図で見るとややこしそうでしたが

目の前にレストランもクライミングカーも見えているので安心でした

PB090098~01PB090099~01






PB090100~01山頂からは佐渡ヶ島を眺めることができます

けっこう近くに見えるんですね





PB090101~01レストハウスの2階が展望食堂

一般用のメニューもありましたが、この日は予約で満席でした




↓こちらが2階席とオプショナル昼食

PB090103~01PB090104~01






オプショナルを頼んでいない方は1階のスナックコーナーを利用
(うどん・そば・たこ焼きなど)

レストランの屋上は展望台になっているので

食事が終わったら是非そちらにも上がってみましょう

PB090110~01PB090107~01






帰りはロープウェイではなく“クライミングカー”と呼ばれる乗り物を利用して各自バス駐車場へ

売店の外にのりばがあるのですぐ分かります

降りたところがバス駐車場で脇にある塔が“パノラマタワー”
(右下の写真参照)

行きに配ったチケットが必要なのでなくさないように!

PB090111~01PB090112~01






バス駐車場側にも売店とスナックコーナーがありました

本当はパノラマタワーってアトラクションに乗ってみたかったけど

この日は強風の影響で運行中止でございました

PB090126~01PB090124~01






しかしこんなにややこしい観光地とは思わんかったね

ここ、ガイドさんいなかったらかなり大変やろな…

ようきなった越後2日目♪【弥彦公園】

ツアー2日目は“弥彦公園”

PB090025~01バス駐車場からトンネルを抜けると“もみじ谷”です

地図で見たらけっこ距離がありそうですが

所要30分でOKでした
(ピーク時はもう少しいるかも)

PB090023~01PB090027~01






PB090030~01PB090031~01






ぐるっと公園を1周することもできますが

時間がないときや迷子が心配な方は同じ道を戻ってもらったほうがいいと思います

PB090059~01トイレは駐車場にもちゃんとありました







さて、気になる紅葉ですが

もう色あせはじめていましたね

昨日の晩からの雨でさらに葉が落ちてしまったようです…

PB090037~01PB090038~01







でもご安心を

下の写真は同じ場所ですが

左がノーマルモード

右がビビットな色合いに撮影できるモードです
(この写真はオリンパスのポップアートモードを使用)

PB090042~01PB090041~01






PB090054~01PB090052~01






PB090048~01PB090046~01






PB090045~01PB090044~01






デジカメを上手く使えば色あせた紅葉も見頃に早変わりです(笑)

ポップアートのようなモードがなくても

ホワイトバランスを曇りモードに合わせて

露出を下げぎみに撮ると色が濃くとれると思いますよ

ようきなった越後1日目♪

ちょっとマニアックなJR1泊ツアーに行ってきました

ツアータイトルは

「ようきなった越後!魅せたい3つの秋巡りと森の中のおしゃれなホテル2日間」

やたら長いわりにどこに行くのか全くわからないんですけど…

まず初日は糸魚川市にある“能生(のう)漁港”で競りを見学

この漁港では珍しく昼にも競りが行われるんです

PB080002~01バスを降りて係りの方に説明を受けてから見学します

色々と注意事項があるのでしっかり聞きましょう




15時から競りがスタート

競りの間も係りの方が色々なお魚について熱く語ってくれました

PB080006~01PB080007~01






PB080010~01PB080008~01






このあと漁港のそばにある商業施設“マリンドーム能生”でお買い物タイムをとってホテルへ

今夜のホテルは“あてま高原ベルナティオ”

ツアータイトルにもある通り

森の中のおしゃれなホテル

でございました♪

PB080022~01PB080018~01






PB080016~01PB080017~01






黒部峡谷トロッコ列車と立山黒部アルペンルート2日間♪

先週に引き続き“中部山岳国立公園”に行ってきました

今回は毎度おなじみ

“黒部峡谷トロッコ列車”と“立山黒部アルペンルート”の2日間コースです

1日目は黒部峡谷鉄道

宇奈月温泉駅から鐘釣(かねつり)駅の往復コースです

鐘釣駅(標高443m)といえば万年雪が有名ですが

今年は異常気象の影響で9月で既に消滅してしまったようです(涙)

でも紅葉は思ったより進んでいて綺麗でした

寒さも耐えられないほどじゃなかったし…

PA190019~01PA190013~01






PA190014~01PA190015~01






2日目は扇沢から立山までアルペンルート越え

スタートが8時30分だったのでホテル出発は7時!!

朝が早い出発にも文句ひとつ言わず付いてきてくれたお客様に感謝です

そんな素敵なお客様の日頃の行いのおかげでしょうか

そんな素敵なお客様を引き寄せるほど素敵な添乗員のおかげでしょうか

お天気は朝から最高!!

宿泊が栂池高原だったので、扇沢駅に向かうまで北アルプスの紅葉を楽しむことができました

スタートが早いと人も少ないからいいですね♪

紅葉の状況は、標高の高い場所は落葉していましたが

立山連峰や劔岳が綺麗に見えていたのでラッキーでした

一番滞在時間の長い室堂の気温は8度ほど

気温だけ聞くと寒そうですが

日差しがあったので外でお弁当を食べれるくらい過ごしたすかったです


↓黒部ダム(標高1470m)
PA200028~01PA200027~01






PA200031~01PA200026~01






↓黒部平(標高1828m)
PA200066~01PA200090~01






PA200079~01PA200068~01






PA200103~01←大観峰駅から黒部平・黒部ダム方面を見下ろしたところ






↓室堂(標高2450m)
PA200118~01PA200135~01






PA200117~01PA200126~01






PA200139~01PA200134~01







PA200171~01←立山駅(標高475m)

立山駅まで降りてくるとまた紅葉が綺麗でしたね




やっぱり標高によって紅葉の進み具合って全然違うな〜と実感いたしました

ちなみに去年の秋のアルペンルートはコチラ↓
黒部峡谷トロッコ列車とアルペン・上高地3日間♪

北アルプス3つのハイキングツアー♪【栂池高原・後編】

リンゴを食べ終わったら展望台をあとに尾根を下っていきます

PA100387~01ほんと足場が悪いので注意しましょう






降り切ったところが“展望湿原”

さっきの景色を下からみたような感じ

上の展望台に比べかなりスペースが広いので、お弁当を食べるにはいいですね

PA100388~01PA100392~01






PA100397~01大雪渓のかぶりつき席(笑)

なんて贅沢なんだ!!




栂池自然園は、一番奥の“展望湿原”まで行って帰ると所要時間は3時間半から4時間と言われています

自分は上の展望台でリンゴを食べ、下の展望台でお客様の写真を撮ってあげたりしましたが

ちょうど2時間で戻ってくることができました

PA100414~01時間が余ったので栂池山荘で“白馬三山そば”を食べてみました

1000円とちょっと高めですが

食べ応え満点で美味しかったです♪


帰りも20分の空中遊覧

PA100427~01PA100438~01






PA100432~01往復40分

上空から紅葉と雪化粧した山々を眺められるなんて贅沢な時間です

ほんと絶景でした





ハイキングツアーと言えば春の尾瀬ハイキング
尾瀬ヶ原と湯沢高原ツアー2日目♪

あのときは容量の大きすぎる52リットルのリュックで行って失敗したので

今回はパタゴニアの“トロミロ・パック”というリュックを使用しました

これ、22リットルでサイズがちょうど良かったです

PA100419~01シューズはキーンの“ジャスパー”

これはちょっと滑りやすくて不向きだったかな

次行くならもう少ししっかりした靴で行こうと思います



PA100439~01栂池自然園は今回のように晴れていても

日中の気温は一桁です




これから紅葉狩りで白馬方面に行かれる方は、くれぐれも防寒対策をお忘れなく!

って言いながら、途中から半袖で歩いていましたが(笑)

ほんとこの時期は服装に悩まされます

こまめに脱ぎ着しやすい服装がベストってことですね

あと、防寒を兼ねて怪我も防止できるよう

軍手でもいいのでグローブはあった方がいいと思いますよ!

特に八方尾根では蛇紋岩で手を切らないよう必須アイテムです!

北アルプス3つのハイキングツアー♪【栂池高原・前編】

さてツアー3日目のハイキングは“栂池高原”

PA100289~01今回2泊に渡ってお世話になった“リゾートイン・マリオンシナノ”さんからは歩いてすぐ

今日も朝からいいお天気です♪




温泉施設の“栂の湯”やフードショップ・足湯の先にゴンドラ乗り場があります


栂池パノラマウェイのアプローチはこんな感じ

■栂池高原駅:標高839m
↓栂池ゴンドラリフト・イヴ(所要:20分/6名乗り)
■白樺駅(通過)

■栂の森駅:標高1582m
↓徒歩移動
■栂大門駅
↓栂池ロープウェイ(所要:5分/71名乗り)
■自然園駅:標高1820m

PA100293~012015年10月15日 204358 JST~01






PA100292~01こちらのチケットも往復券なのでなくさないように!

チケットの上部は“栂池自然園”の入園券です




PA100306~01最初のゴンドラが所要20分とやたら長いんですが

紅葉が最高だったのでなんとも贅沢な空中遊覧となりました




特に26号柱あたりの景色が絶景として有名だそうです

PA100310~01PA100309~01






PA100314~01ようやく栂の森駅が見えてきました

このあたりの景色も迫力あったな〜




PA100316~01ゴンドラを降りたらロープウェイ乗り場まで250mの徒歩移動

距離は短いですが、これまでの“降りて目の前”って感じではないです




PA100424~01こちらが“栂大門駅”

階段がしんどい方はエレベーターを利用しましょう




ロープウェイは00・20・40発と20分間隔で運行しています

自然園駅に到着後、400m坂道を上がると建物がいくつか見えてきます

手前から“栂池ヒュッテ”“栂池山荘”“ビジターセンター”

“栂池自然園”の入り口はビジターセンター内にあります

PA100322~01PA100319~01






PA100324~01入園後すぐ分岐点

これは“ミズバショウ湿原”をぐるっと囲む木道なのでどっちに進んでも大差はないです



この先もいくつか分かれ道がありますが、今回はとにかく左へ左へと進んでみました
(よーするに地図に対して時計まわり)

PA100330~01PA100329~01






PA100327~01
途中、日陰には霜が降りていましたね

アップダウンも多いので足元注意です



特に“ワタスゲ湿原”の先、“楠川(くすかわ)”を渡るとアップダウンがきつくなります

PA100332~01PA100339~01






このあと注意する場所は“浮島湿原”手前にある三叉路かな

PA100341~01一番右は直接“展望湿原”まで行くルート

左の2つは“ヤセ尾根”という急な階段経由で展望湿原に向かうルートです




体力や脚力に自信はないけど、とりあえず展望湿原までは行きたい

って方は一番右へ

いやいや行けるところは多少キツくても行きまっせ

って方は左へ
(左の2本の木道は浮島湿原の周遊コースなのでどっちに進んでも同じです)

PA100363~01こちらが“ヤセ尾根”

確かにこれは急だわ…

先に展望湿原に向かって、帰りにここを下るってこともできます


↓こちらが自然園内の最高地点で標高2020m

白馬岳の大雪渓など、大パノラマが広がっています

展望スペースは狭いですが、爽快感がハンパない♪

PA100375~01PA100376~01






PA100370~01PA100386~01






振り返るとビジターセンターまで見渡せます

PA100383~01PA100384~01






PA100379~01ちょっと小腹が減ってきたので

ここらでおやつタイム




大自然の中で食べるリンゴは最高♪

ちなみにこのリンゴは長野県産ではなく

近所のスーパーで買ってきた青森県産のリンゴです(笑)

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・