ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

国内添乗◆関東・甲信越

上田城の見所と“まっぷる・真田幸村”♪

ドラマ館をサクっと見たあとは

上田城址公園の見どころを少しみてまわりました


P6180020~01こちらが公園のシンボル的名存在の“東虎口櫓門(ひがしこぐち やぐらもん)”

“虎口”とは城の出入り口の意味で

向かって左が“南櫓”、右が“北櫓”です



この2つの櫓は、遊郭に売却されたのですが

昭和初期に保存会の手によって買い戻された歴史があります


北櫓の石垣にはひときわ大きな石があって、“真田石”と呼ばれています

幸村の兄・信之(のぶゆき)が松代へ移る際に持っていこうとしたのに

ビクともしなかった石だそうです

P6180035~01P6180033~01






P6180031~01P6180021~01






P6180024~01東虎口櫓門をそのまま進むと“眞田神社”に突き当たります

上田城の歴代藩主(真田氏・仙石氏・松平氏)を祀っている神社です





P6180026~01神社の脇には“真田井戸”

本丸唯一の井戸で、抜け穴があったという伝説が残る井戸です




P6180029~01神社の奥にあるのが“西櫓”

江戸時代から現存している櫓

平成28年12月28日まで特別開放中



東虎口櫓門も西櫓も別途有料ですが中に入れるのでお時間があれば是非♪



ってここまでパンフレットをもとに、知ったかぶりして記事を書きましたが

今回のツアーに行くまで真田幸村の事ってほとんど知らなかったんですよね

上田城が真田家のお城ってのも知らなかったくらい(笑)

でも今回のコースは(も)、バスガイドの同行ナシ!

これはさすがにやばいと思って前日の会社帰りに購入したガイドブックがこちら

『まっぷる・真田幸村』

まっぷる初の人物がテーマのガイドブックです

これを開いたのが前日の23時頃(汗)

それまで真田幸村についてほとんど無知(涙)

20160616_232231~0120160616_233745~01







それにしてもこの本、めちゃ添乗員向きです!(笑)

今回はこのガイドブックにほんと助けられました

やたらゲームの宣伝が多いですが

イラストも多く、私のような歴史オンチな添乗員でもなんとかついていける内容♪

観光地も、長野・大阪・和歌山を中心に

全国の幸村ゆかりの地がざっくりですが網羅されています

『花燃ゆ』の時も出して欲しかったなー(笑)

これからまだまだ幸村ブームは続きそうですので

添乗員としては持っていて損はない一冊ですよ♪

草津温泉と「真田丸」大河ドラマ館2日間♪

JR利用で草津温泉に行ってきました

ツアータイトルにもあるように大河ドラマ「真田丸」関連のツアーです

というか真田丸関連の観光しかなかった・・・

1日目は富山駅からひたすら草津温泉に向かうのみ
(下車観光なし)

2日目の観光は

真田氏発祥の里“真田氏歴史館”

上田城址公園にある“真田丸・大河ドラマ館”

以上!


ほんまにこれでいいのか・・・

でもお客様はしっかり42名おりましたので

これでいいんでしょうね・・・(汗)


今回どちらもはじめての観光地だったので

これからはじめて行く添乗員さん用に業務的な記事をアップさせてもらいます


【真田氏歴史館】

バスを降りたら目の前が歴史館です

ここは真田氏が上田城に移るまえにお屋敷があった場所で

このあたり一帯が“御屋敷(おやしき)公園”と呼ばれています

歴史館はその一部分ということです

館内はそれほど大きくないですが

大河ドラマ「真田太平記」(1985年〜1986年)で使用された衣装なども展示されています

この頃からの真田ファンは必見ですね♪

ちなみに当時、真田幸村を演じていたのは

現在、幸村の父役で真田昌幸(まさゆき)を演じている草刈正雄さんです

そして当時の昌幸役は故・丹波哲郎さん!

時代の流れを感じます・・・

P6180005~01P6180004~01






P6180003~01P6180006~01






時間が余ったら公園内を散策してみましょう

ここはつつじの名所でもあるようですが

花の季節以外の見どころは真田氏館跡にある“皇太神社(こうたいじんじゃ)”くらいかな?

“皇太神社”って名前でお分かりの通り

ご祭神は、、、そう、お伊勢さん(アマテラスオオミカミ)です

真田氏が上田城に移る際

この地が荒れ果ててしまうことを恐れて伊勢から勧請してきたそうです

P6180007~01P6180010~01







あ、草津温泉から御屋敷公園へ向かう際に“長谷寺(ちょうこくじ)”の前を通ります

このお寺には真田氏の菩提寺で、幸村の祖父、幸隆(ゆきたか)夫妻と父・昌幸(まさゆき)のお墓

そして幸村の供養塔があります

あと“真田氏本城跡(さなだしほんじょうあと)”の前も通過しますが

ここは真田氏のお城があった場所です
(真田氏はもともとこの地方の豪族)



【真田丸・大河ドラマ館】

駐車場からドラマ館の入り口まで10分弱歩くので迷子に注意です!!


P6180056~01バスの駐車場はこれまでの上田城の駐車場とは別の場所で

“上田城跡南駐車場”と呼ばれるバス専用の駐車場に止めます
(収容台数:最大33台)




P6180058~01バスを降りたら“カメラのキタムラ”方面へ歩きます

ちなみに奥に見えているのは“西櫓”




P6180054~01横断歩道を渡ります

警備員さんがいるので安心です♪




P6180051~01自家用の駐車場を突き抜けます






P6180050~01こんな感じで思わず写真を撮りたくなる景色が広がりますが

写真はあとにしてもらって、とりあえず入口まで進んでもらいましょう!




P6180048~01のぼりに沿ってひたすら進みます

道が狭いので左側通行で誘導しましょう




Fotor_146624693960666~01“二の丸橋”が見えてきました

手前の階段は下り優先なので、橋の奥にある階段から上がりましょう




階段を上がって二の丸橋を渡ると、左手にドラマ館が見えてきます

向かって右側に待機場(A・B・C)があるので

お客様には“だいたい”この辺りでお待ち頂きます

P6180015~01Fotor_146624676170481~01






その間、添乗員は受付へ

一般窓口の横から事務所の中に入ると団体用の受付があります

チケットを配ったら各自見学

チケットは10枚の束になっているので配り間違いに注意しましょう

P6180037~01P6180038~01






P6180044~01P6180013~01






館内は基本撮影禁止ですが、一部撮影可能なエリアもあります

最後はお約束のグッズコーナー

レジがめちゃ混んでいました・・・

P6180043~01Fotor_146624690782272~01







ドラマ館の期間は来年の1月15日まで

今回はバタバタとあまり時間がなかったので

今度プライベートでゆっくり来ようかな〜♪

ようきなった越後2日目♪【松雲山荘】

今回のツアー最後の観光地というか最後の難関が

新潟県柏崎市にある“松雲山荘(しょううんさんそう)”

ここも初めていく観光地

ベテランのガイドさん&ドライバーさんですら初めてって言ってた…

なんせバス駐車場から入口まで10分〜15分ほど移動するので大変らしい

PB090163~01国道8号線の“ウエルシア”ってドラッグストアの前

ここにバスの駐車場がありました
(駐車場というか何というか…)



ここからひたすら国道の脇を歩きます

PB090161~01PB090127~01






PB090129~01“常盤台”って交差点が見えたら左へ

恐らく人の流れができているので迷うことはないと思います




途中、左手に赤坂山公園の看板と自家用車の駐車場があります

この駐車場内に仮設の売店が出店していました

松雲山荘内には売店はなかったと思うので

帰りに時間があったら寄ってみましょう


PB090131~01PB090160~01






PB090132~01まずは公園をそのままスルーしさらに進みます

歩道が狭いので車の通行にご注意を!





PB090159~01こちらが入口

“木村茶道美術館”もこの敷地の中にあります





2015年11月15日 231020 JST~01ここまでのルートをGoogleマップで示すとこんな感じ

けっこう歩くでしょ…







PB090147~01こちらの建物が“木村茶道美術館”

今回のツアーはこちらで抹茶を頂きました




全員一度にお茶を出すのは無理なので

半分のお客様は先に園内見学

ここもピークは過ぎていましたが、弥彦よりかは綺麗でした

PB090148~01PB090158~01






PB090150~01PB090139~01






PB090152~01PB090158~01







この松雲山荘は夜間のライトアップも行われています

夜だと迷子が心配ですよね

園内も規模は小さいですがアップダウンがるのでお怪我のないように!


さて、これにてヒヤヒヤな初体験観光地オンパレードの2日間の行程が終了

このあと富山駅に到着したのは新幹線出発時刻の20分前!!

結局一番ヒヤヒヤしたのは最後の富山駅というオチでした…(怒)

ようきなった越後2日目♪【弥彦神社&弥彦山ロープウェイ】

弥彦公園のあとは“弥彦神社”&“弥彦山ロープウェイ”

どちらも初体験…

この観光地はけっこう流れがややこしいらしく

流れを簡単に説明すると

.丱垢鮃澆蠅燭蘓声劼了嫁辧淵丱垢浪鸛)

拝殿の脇からロープウェイのりば行きのシャトルバスに乗車

ロープウェイで山頂に登ったあと展望レストランで食事

ぅ丱垢涼鷦崗譴泙任魯ライミングカーを利用して移動

なんとも添乗員泣かせな観光地です(涙)

20151114_233349-1~01事前にお客様にはマップを使って説明をしたほうが安心ですね

それでも迷子になる可能性大やな…




今回はバスガイドさんが付いてきてくれましたが

ガイドさんがもともと付いてないツアーもあるし

ガイドさんがいてもバスと一緒に回送してしまう人も多いようです
(添乗員1人で誘導する自信ないわ…)

まずバスを降りたらゆるやかな坂道を下って赤い鳥居がある交差点を左へ曲がります

PB090061~01PB090062~01






この赤い鳥居が一の鳥居

小川を越えてさらに進みます
(現在、境内では菊祭りが開催中)

PB090066~01PB090070~01






突き当たりを左に曲がると手水舎

石の鳥居をくぐり、さらに進むと拝殿&本殿です

PB090074~01PB090081~01






PB090082~01拝殿を向かって左側に出口があります

参拝が終わったらすみやかにこの出口へ進みましょう




出たところがロープウェイ山麓駅行きのバスのりばです(無料)

一般も団体も混載なので早い者勝ち

お客様が全員揃った団体から係員が誘導してくれます

それでも全員一緒には乗れませんでした

なんせ今回のお客様

20組47名様ですから・・・・・・・・・・

PB090084~01PB090085~01






添乗員が先に乗ってあとのお客様はガイドさんにお願いしました

ロープウェイ山麓駅1階でチケットを発券してもらいます

PB090087~01PB090089~01






PB090086~01一番上がチケット(往復)
二枚目がパノラマタワーの割引券
三枚目が売店の割引券





チケットを配ったら階段で2階へ

この日は30名定員で運行していました

PB090091~01PB090093~01






ロープウェイ山頂駅に着いたら案内人さんがパネルを使って施設の説明をしてくれます

PB090094~0120151114_233407~01






地図で見るとややこしそうでしたが

目の前にレストランもクライミングカーも見えているので安心でした

PB090098~01PB090099~01






PB090100~01山頂からは佐渡ヶ島を眺めることができます

けっこう近くに見えるんですね





PB090101~01レストハウスの2階が展望食堂

一般用のメニューもありましたが、この日は予約で満席でした




↓こちらが2階席とオプショナル昼食

PB090103~01PB090104~01






オプショナルを頼んでいない方は1階のスナックコーナーを利用
(うどん・そば・たこ焼きなど)

レストランの屋上は展望台になっているので

食事が終わったら是非そちらにも上がってみましょう

PB090110~01PB090107~01






帰りはロープウェイではなく“クライミングカー”と呼ばれる乗り物を利用して各自バス駐車場へ

売店の外にのりばがあるのですぐ分かります

降りたところがバス駐車場で脇にある塔が“パノラマタワー”
(右下の写真参照)

行きに配ったチケットが必要なのでなくさないように!

PB090111~01PB090112~01






バス駐車場側にも売店とスナックコーナーがありました

本当はパノラマタワーってアトラクションに乗ってみたかったけど

この日は強風の影響で運行中止でございました

PB090126~01PB090124~01






しかしこんなにややこしい観光地とは思わんかったね

ここ、ガイドさんいなかったらかなり大変やろな…

ようきなった越後2日目♪【弥彦公園】

ツアー2日目は“弥彦公園”

PB090025~01バス駐車場からトンネルを抜けると“もみじ谷”です

地図で見たらけっこ距離がありそうですが

所要30分でOKでした
(ピーク時はもう少しいるかも)

PB090023~01PB090027~01






PB090030~01PB090031~01






ぐるっと公園を1周することもできますが

時間がないときや迷子が心配な方は同じ道を戻ってもらったほうがいいと思います

PB090059~01トイレは駐車場にもちゃんとありました







さて、気になる紅葉ですが

もう色あせはじめていましたね

昨日の晩からの雨でさらに葉が落ちてしまったようです…

PB090037~01PB090038~01







でもご安心を

下の写真は同じ場所ですが

左がノーマルモード

右がビビットな色合いに撮影できるモードです
(この写真はオリンパスのポップアートモードを使用)

PB090042~01PB090041~01






PB090054~01PB090052~01






PB090048~01PB090046~01






PB090045~01PB090044~01






デジカメを上手く使えば色あせた紅葉も見頃に早変わりです(笑)

ポップアートのようなモードがなくても

ホワイトバランスを曇りモードに合わせて

露出を下げぎみに撮ると色が濃くとれると思いますよ

ようきなった越後1日目♪

ちょっとマニアックなJR1泊ツアーに行ってきました

ツアータイトルは

「ようきなった越後!魅せたい3つの秋巡りと森の中のおしゃれなホテル2日間」

やたら長いわりにどこに行くのか全くわからないんですけど…

まず初日は糸魚川市にある“能生(のう)漁港”で競りを見学

この漁港では珍しく昼にも競りが行われるんです

PB080002~01バスを降りて係りの方に説明を受けてから見学します

色々と注意事項があるのでしっかり聞きましょう




15時から競りがスタート

競りの間も係りの方が色々なお魚について熱く語ってくれました

PB080006~01PB080007~01






PB080010~01PB080008~01






このあと漁港のそばにある商業施設“マリンドーム能生”でお買い物タイムをとってホテルへ

今夜のホテルは“あてま高原ベルナティオ”

ツアータイトルにもある通り

森の中のおしゃれなホテル

でございました♪

PB080022~01PB080018~01






PB080016~01PB080017~01






黒部峡谷トロッコ列車と立山黒部アルペンルート2日間♪

先週に引き続き“中部山岳国立公園”に行ってきました

今回は毎度おなじみ

“黒部峡谷トロッコ列車”と“立山黒部アルペンルート”の2日間コースです

1日目は黒部峡谷鉄道

宇奈月温泉駅から鐘釣(かねつり)駅の往復コースです

鐘釣駅(標高443m)といえば万年雪が有名ですが

今年は異常気象の影響で9月で既に消滅してしまったようです(涙)

でも紅葉は思ったより進んでいて綺麗でした

寒さも耐えられないほどじゃなかったし…

PA190019~01PA190013~01






PA190014~01PA190015~01






2日目は扇沢から立山までアルペンルート越え

スタートが8時30分だったのでホテル出発は7時!!

朝が早い出発にも文句ひとつ言わず付いてきてくれたお客様に感謝です

そんな素敵なお客様の日頃の行いのおかげでしょうか

そんな素敵なお客様を引き寄せるほど素敵な添乗員のおかげでしょうか

お天気は朝から最高!!

宿泊が栂池高原だったので、扇沢駅に向かうまで北アルプスの紅葉を楽しむことができました

スタートが早いと人も少ないからいいですね♪

紅葉の状況は、標高の高い場所は落葉していましたが

立山連峰や劔岳が綺麗に見えていたのでラッキーでした

一番滞在時間の長い室堂の気温は8度ほど

気温だけ聞くと寒そうですが

日差しがあったので外でお弁当を食べれるくらい過ごしたすかったです


↓黒部ダム(標高1470m)
PA200028~01PA200027~01






PA200031~01PA200026~01






↓黒部平(標高1828m)
PA200066~01PA200090~01






PA200079~01PA200068~01






PA200103~01←大観峰駅から黒部平・黒部ダム方面を見下ろしたところ






↓室堂(標高2450m)
PA200118~01PA200135~01






PA200117~01PA200126~01






PA200139~01PA200134~01







PA200171~01←立山駅(標高475m)

立山駅まで降りてくるとまた紅葉が綺麗でしたね




やっぱり標高によって紅葉の進み具合って全然違うな〜と実感いたしました

ちなみに去年の秋のアルペンルートはコチラ↓
黒部峡谷トロッコ列車とアルペン・上高地3日間♪

北アルプス3つのハイキングツアー♪【栂池高原・後編】

リンゴを食べ終わったら展望台をあとに尾根を下っていきます

PA100387~01ほんと足場が悪いので注意しましょう






降り切ったところが“展望湿原”

さっきの景色を下からみたような感じ

上の展望台に比べかなりスペースが広いので、お弁当を食べるにはいいですね

PA100388~01PA100392~01






PA100397~01大雪渓のかぶりつき席(笑)

なんて贅沢なんだ!!




栂池自然園は、一番奥の“展望湿原”まで行って帰ると所要時間は3時間半から4時間と言われています

自分は上の展望台でリンゴを食べ、下の展望台でお客様の写真を撮ってあげたりしましたが

ちょうど2時間で戻ってくることができました

PA100414~01時間が余ったので栂池山荘で“白馬三山そば”を食べてみました

1000円とちょっと高めですが

食べ応え満点で美味しかったです♪


帰りも20分の空中遊覧

PA100427~01PA100438~01






PA100432~01往復40分

上空から紅葉と雪化粧した山々を眺められるなんて贅沢な時間です

ほんと絶景でした





ハイキングツアーと言えば春の尾瀬ハイキング
尾瀬ヶ原と湯沢高原ツアー2日目♪

あのときは容量の大きすぎる52リットルのリュックで行って失敗したので

今回はパタゴニアの“トロミロ・パック”というリュックを使用しました

これ、22リットルでサイズがちょうど良かったです

PA100419~01シューズはキーンの“ジャスパー”

これはちょっと滑りやすくて不向きだったかな

次行くならもう少ししっかりした靴で行こうと思います



PA100439~01栂池自然園は今回のように晴れていても

日中の気温は一桁です




これから紅葉狩りで白馬方面に行かれる方は、くれぐれも防寒対策をお忘れなく!

って言いながら、途中から半袖で歩いていましたが(笑)

ほんとこの時期は服装に悩まされます

こまめに脱ぎ着しやすい服装がベストってことですね

あと、防寒を兼ねて怪我も防止できるよう

軍手でもいいのでグローブはあった方がいいと思いますよ!

特に八方尾根では蛇紋岩で手を切らないよう必須アイテムです!

北アルプス3つのハイキングツアー♪【栂池高原・前編】

さてツアー3日目のハイキングは“栂池高原”

PA100289~01今回2泊に渡ってお世話になった“リゾートイン・マリオンシナノ”さんからは歩いてすぐ

今日も朝からいいお天気です♪




温泉施設の“栂の湯”やフードショップ・足湯の先にゴンドラ乗り場があります


栂池パノラマウェイのアプローチはこんな感じ

■栂池高原駅:標高839m
↓栂池ゴンドラリフト・イヴ(所要:20分/6名乗り)
■白樺駅(通過)

■栂の森駅:標高1582m
↓徒歩移動
■栂大門駅
↓栂池ロープウェイ(所要:5分/71名乗り)
■自然園駅:標高1820m

PA100293~012015年10月15日 204358 JST~01






PA100292~01こちらのチケットも往復券なのでなくさないように!

チケットの上部は“栂池自然園”の入園券です




PA100306~01最初のゴンドラが所要20分とやたら長いんですが

紅葉が最高だったのでなんとも贅沢な空中遊覧となりました




特に26号柱あたりの景色が絶景として有名だそうです

PA100310~01PA100309~01






PA100314~01ようやく栂の森駅が見えてきました

このあたりの景色も迫力あったな〜




PA100316~01ゴンドラを降りたらロープウェイ乗り場まで250mの徒歩移動

距離は短いですが、これまでの“降りて目の前”って感じではないです




PA100424~01こちらが“栂大門駅”

階段がしんどい方はエレベーターを利用しましょう




ロープウェイは00・20・40発と20分間隔で運行しています

自然園駅に到着後、400m坂道を上がると建物がいくつか見えてきます

手前から“栂池ヒュッテ”“栂池山荘”“ビジターセンター”

“栂池自然園”の入り口はビジターセンター内にあります

PA100322~01PA100319~01






PA100324~01入園後すぐ分岐点

これは“ミズバショウ湿原”をぐるっと囲む木道なのでどっちに進んでも大差はないです



この先もいくつか分かれ道がありますが、今回はとにかく左へ左へと進んでみました
(よーするに地図に対して時計まわり)

PA100330~01PA100329~01






PA100327~01
途中、日陰には霜が降りていましたね

アップダウンも多いので足元注意です



特に“ワタスゲ湿原”の先、“楠川(くすかわ)”を渡るとアップダウンがきつくなります

PA100332~01PA100339~01






このあと注意する場所は“浮島湿原”手前にある三叉路かな

PA100341~01一番右は直接“展望湿原”まで行くルート

左の2つは“ヤセ尾根”という急な階段経由で展望湿原に向かうルートです




体力や脚力に自信はないけど、とりあえず展望湿原までは行きたい

って方は一番右へ

いやいや行けるところは多少キツくても行きまっせ

って方は左へ
(左の2本の木道は浮島湿原の周遊コースなのでどっちに進んでも同じです)

PA100363~01こちらが“ヤセ尾根”

確かにこれは急だわ…

先に展望湿原に向かって、帰りにここを下るってこともできます


↓こちらが自然園内の最高地点で標高2020m

白馬岳の大雪渓など、大パノラマが広がっています

展望スペースは狭いですが、爽快感がハンパない♪

PA100375~01PA100376~01






PA100370~01PA100386~01






振り返るとビジターセンターまで見渡せます

PA100383~01PA100384~01






PA100379~01ちょっと小腹が減ってきたので

ここらでおやつタイム




大自然の中で食べるリンゴは最高♪

ちなみにこのリンゴは長野県産ではなく

近所のスーパーで買ってきた青森県産のリンゴです(笑)

北アルプス3つのハイキングツアー♪【八方尾根・後編】

30分ほど歩くと開けた場所に出ました

“石神井(しゃくじい)ケルン”と呼ばれる場所(標高1820m)

ちなみに“ケルン”というのは石を円錐状に積み上げた道しるべみたいなものです

PA090186~01PA090197~01






このあと“第二ケルン/息(やすむ)ケルン”、八方ケルンを通過しながらさらに先を目指します

PA090208~01PA090213~01






ようやく“八方池”が見えてきました

標高は2060mまで上がってきたことになります
PA090214~01PA090216~01






PA090230~01PA090231~01






PA090232~01ここでお待ちかねのお弁当タイム♪

風が強くてめちゃ寒かった…




さぁこのあとは折り返しルートになります

PA090241~01PA090234~01






八方池に向かう途中、唯一あったトイレの前が分岐点になっています

このままトイレのを越えていくと行きに使ったルートになるので

帰りは歩きやすい木道コースを選びました

PA090252~01PA090256~01






PA090262~01PA090270~01






PA090271~01←兎平にある“うさぎ平テラス”

ここが一番しっかりした施設なので、ゆっくりするならここがオススメ

無料のWi-Fiも飛んでた♪


このあたりの紅葉も綺麗だったなー
PA090275~01PA090276~01






PA090286~01八方ゴンドラからの紅葉もバッチリ!

やっぱり紅葉は上より下の方が綺麗でした♪




北アルプス3つのハイキングツアー♪【八方尾根・前編】

ツアー2日目は“八方尾根(はっぽうおね)”

アプローチはこんな感じ

■八方駅(標高:770m)
↓八方ゴンドラリフト・アダム(所要8分/6名乗り)
■兎平(標高:1400m)
↓アルペンクワッドリフト(所要7分/4名乗り)
■黒菱平・鎌池湿原(標高:1780m)
↓グラートクワッドリフト(所要:5分/4名乗り)
■八方池山荘(標高1830m)

2015年10月15日 85250 JST~01この日はハイキングというより登山に近いので

山岳ガイドさんの同行で八方池(はっぽういけ)を目指します




ここで翌日に行く“栂池パノラマウェイ”のチケットも受け取りました

本日は“八方アルペンライン”と呼ばれるルート

往復6回、ゴンドラやリフトに乗るのでチケットの紛失にはくれぐれも注意しましょう

PA090123~01PA090129~01






PA090139~01最初のゴンドラから見事な紅葉がお出迎え♪






PA090143~01兎平で次のリフトのりばへ徒歩移動

すぐそこです




PA090144~01お客様、ちょっと左に寄り過ぎているような…






PA090145~01黒菱平でも次のリフトのりばまで徒歩移動

ここもすぐそこです




PA090149~01お客様、今度はちょっと右に寄り過ぎているような…

よっぽど仲がいいんですね(笑)




PA090155~013つの乗り物に乗ってようやくスタート地点の“八方池山荘”に到着

ここはそもそも唐松岳という山に登るためのルートですが

我々はその途中にある“八方池”で折り返します


PA090156~01スタート直後からルートが分かれていますが、途中で合流できます

この日は山の稜線が見えていたので、少し足場は悪いですが、右側(地図でいうと上)のルートを選びました



確かに地図にあるように悪路ですが、右手に広がる白馬三山の景色に癒されます

ちなみに白馬三山(はくばさんざん)というのは

■白馬槍ヶ岳(はくばやりがたけ):標高2903m
■杓子岳(しゃくしだけ):標高2812m
■白馬岳(しろうまだけ):標高2932m

の総称です

PA090174~01PA090170~01






PA090182~01PA090183~01






しかしお天気サイコーですね♪

北アルプス3つのハイキングツアー♪【白馬岩岳編】

長野県の紅葉のスポットをハイキングをするJRコースに行ってきました

ツアータイトルは

「花の北アルプス3つの絶景ハイキング3日間」

出た!季節感をまったく無視したツアータイトル!(笑)

夏にも同じコースが出ていたのでツアータイトルもそのまんま…

もちろん北アルプスの花のシーズンはとっくに終わっているわけで

今は秋真っ盛り、“紅葉の北アルプス”でございます

3日間で白馬にある山岳ルートを1ヶ所づつ巡る今回のツアー

1日目は“白馬岩岳(はくばいわたけ)”です

アプローチはこんな感じ

■ゴンドラ山麓駅(標高:750m)
↓ゴンドラノア(所要8分/6名乗り)
■ゴンドラ山頂駅(標高:1280m)


2015年10月13日 211403 JST~01こちらがゴンドラ山麓駅

乗り場には売店のみでカフェなどはありませんでした





ゴンドラで山頂に向かう途中の紅葉は今がまさに見頃!って感じでした

PA080036~01PA080032~01







PA080037~01ゴンドラ山頂駅に着くとカフェレストラン“スカイアーク”があります

店内が気になりますが、まずは先にハイキングに向かうことに




山頂の散策エリアは大きく分けて2つ

“ブナ林散歩道(所要約:15分)”と“ねずこの森(所要約:90分)”

ブナ林散歩道を右手に見ながら真っすぐ進むと左に下る分岐点に出ます

ここを左に下ると“ねずこの森”方面

PA080041~01PA080042~01






そのまま進むと“北アルプス見晴らし台”に出ます
PA080043~01PA080046~01






PA080066~01ねずこの森は数字の8を横にしたような散策ルート
(クリックすると大きな写真で見れます)





一番最初の分かれ道に設置された看板はこんな感じ

左:ネズコの巨木、右:順路

ってどっち行けばいいねん!って感じですよね

一応、散策マップでは行きは右に進んで帰りにネズコの巨木を見るルートを示しているのでこんな案内になっているみたいです

PA080080~01PA080081~01






PA080053~01散策ルートは若干のアップダウンがあるものの

それほど大変ではありません

ハイキングというより森林浴って感じですね


PA080063~01PA080058~01






↓左が“ネズコの巨木”右があずま家の裏にある“ネズコの兄弟”

ネズコ(別名:クロベ)はヒノキの仲間で下駄の材料などに使われる植物

マングルーブみたいな根っこが特徴です

PA080048~01PA080075~01






サクサク歩けば90分もかからないので

時間があればゆっくり専門ガイドさんと一緒に歩くことをオススメします

早目に森を一周してしまったので、余った時間でブナ林とスカイアークに寄って帰りのゴンドラに乗車しました

PA080087~01PA080088~01






PA080091~01PA080095~01






PA080084~01この日は以上の行程で終了

17時前にはホテルにチェックインできました♪




駒ヶ岳千畳敷カールと赤沢森林トロッコ列車2日間♪

前日は高校時代の同窓会で寝不足の中

久しぶりに宿泊のバスコースに行ってきました

ツアータイトルにあるように駒ヶ岳の“千畳敷カール”と“赤沢森林トロッコ列車”がメインのコース

てか観光はその2ヶ所だけのシンプルコースです(笑)

【1日目】

“赤沢自然休養林”の中にある“赤沢森林鉄道”のトロッコ列車に乗車

詳細はコチラへ♪
わくわく信州3日目♪

変わった点は受付は直接乗り場で行うことくらいかな?

P8190039~01P8190041~01






P8190043~01P8190047~01






この日の宿泊は不動温泉・花菱(はなびし)さん

夕食は囲炉裏を囲んでの炉端料理でした

しし鍋、馬刺し、キジ肉のつくねってジビエ満載(笑)

P8190058~01P8190057~01








【2日目】

駒ヶ岳ロープウェイに乗って千畳敷カールへ

実は初めていく観光地でございます…

P8200060~01“菅の平バスセンター”という場所で観光バスからシャトルバスに乗り換えます

シャトルバスは路線バスなので一般の乗客が乗ってくる場合もあり
(上高地と同じような感じ)



==カーブが続く山岳道路を約30分進みます==

P8200123~01“しらび平駅”に到着
スタッフがお客様をまとめてくれるので添乗員は先に窓口で手続きを
(なのでシャトルバスは1番前の補助席がベスト)




P8200063~01この手続き、別紙に会社名や住所を書かされるのでちょっと面倒…

チケットは往復券なのでなくさないよう注意してもらいましょう





P8200122~01ロープウェイは60名乗りで乗車時間は7分30秒

標高1662mのしらび平駅から一気に標高2612mの千畳敷駅へ




P8200069~01
千畳敷駅に着いたら売店の中を通って外へ出ます

“ロープウェイ乗車口”の看板しかないのでちょっとわかりにくい…



P8200074~01←売店を抜けた場所

で、こっからどう行くの???

って感じ


左手に“駒ヶ岳神社”と呼ばれる社が見えます

そこから左右に道が分かれているので右に進むと遊歩道です
(霧がかかっているとちょっと分かりにくい…)

P8200071~01P8200072~01






さぁここから千畳敷カールの遊歩道がスタート!

パンフレットでは1周約45分となっていますが、スタスタ歩くと30分ほどで回ってしまいます

アップダウンもあって足場が悪いのでゆっくり歩いてもらいましょう

P8200079~01P8200080~01






山の稜線が綺麗に見えていても、次の瞬間もう霧の中

やっぱり山は天候が変わりやすいですね

写真は山が見えているうちに撮ってしまいましょう

P8200083~01P8200086~01






遊歩道を歩く上で気を付けてほしいのがこちら

“八丁坂分岐点”

P8200091~01ここを左へ進むと宝剣岳(ほうけんだけ)への登山ルートに入ってしまいます

遊歩道はあくまで右なので間違わないように!!
(これでもかってほど看板が出ています)



P8200092~01P8200094~01






P8200095~01ここからは下りが続きます

晴れていれば遠くにホテル千畳敷が見えているはず(笑)




途中、“剣ヶ池(けんがいけ)”という池がある広場に出ます

景色もいいし看板もあるので絶好の写真スポットです


P8200098~01P8200100~01






P8200102~01この先は短い区間ですがゴールまで急な階段が続きます

標高も高いのですぐ息切れしてしまいます

慌てずゆっくり進みましょう♪


P8200108~01早目に帰ってきた方は売店や喫茶店で時間を使っていました

他の山に比べてけっこうリーズナブル♪

1個80円のクロワッサンも美味しかったです


P8200109~01P8200110~01






今回は千畳敷駅に着いてから散策時間を1時間半とりましたが

ちょっと時間を持て余すくらいでした

このあとはビアンデさくら亭(駒ケ根)→お菓子の里・飯田城(飯田)→養老SA→桂川PAと経由して大阪へ

IMG_20150825_201337~01この日は台風15号が近づいていましたが

コースには支障はなく高速道路の渋滞もなく

最終の天王寺には19時に帰ってこれました





傘もタイミングよく使わずに済んだし

ほんと怖いくらいスムーズだったな♪

尾瀬ヶ原と湯沢高原ツアー3日目♪

3日目は“湯沢高原ロープウェイ”に乗って“高山植物園 アルプの里”

このロープウェイ、定員はなんと166名で世界最大だそうです

所要時間は7分間で、上りも下りも毎時00分・30分・45分発

P6060100~01P6060101~01 






山頂駅に着くと“レストラン エーデルワイス”へ行くバスと

“アルプの里”へ行く無料シャトルバスが出ているのですが

現在、雪の重みで道路が陥没しているそうで

アルプの里行きのバスは運休中

仕方がないので徒歩で向かいました

P6060149~01P6060148~01 






P6060103~01 
山頂駅からは徒歩15分前後

傾斜がけっこう急なので足元注意です



P6060104~01あ、ここが陥没してるとこですかね

想像以上に凹んでる…





P6060105~01アルプの里の手前には“やまびこリフト”の乗り場があります

帰りはこれを使うと楽&時間も短縮できるそうです
(別途300円)



園内は順路に沿って見学します
(それほど大きな規模ではありません)

P6060109~01P6060111~01






IMG_20150611_210313~01アルプの里は標高2000m級の山をイメージしたお花畑

けっこう色んな花が咲いていました







帰りは「添乗員さん無料で乗れますよ♪」とのお言葉に甘えてリフトに乗ってみました

リフトを降りたらあとはずっと下りなので確かにラクだわ(笑)

P6060142~01P6060147~01






P6060151~01このあと“魚野の里”さんでちょっと早めの昼食

内容は新潟名物“へぎそば”でした





午後の観光は新潟県十日町市松之山にある“美人林(びじんばやし)”

P6060175~01バスは大地の芸術祭の施設でもある“森の学校 キョロロ”に駐車

自販機の横の階段を上がり、マイカーの駐車場を越えた先が美人林です




P6060173~01P6060171~01

 




P6060162~01P6060160~01






まだ若いブナの林ですが、ほぼ垂直に伸びた木々の美しさにうっとりします

P6060163~01P6060165~01 






P6060166~01ゆーても5分くらい歩けば行き止まりなんですけどね

プチ森林浴でしばし気分をリフレッシュ♪




それでも時間があまったのでキョロロの中にも入ってみました

P6060176~01通常500円ですが、ツアーバッチを見せれば200円で入館できます
(添乗員はフリー)

こちらはアート色はあまりなく、ネイチャーセンターといった感じでした




P6060177~01P6060181~01 






P6060185~01P6060180~01






P6060183~01160段の階段を昇れば展望台に行けますが

アートな作品の一部で階段は真っ暗なのでご年配の方には不向きです
(しかも展望台ゆーほどの場所でもないです…)




話は変わりますが、前日に泊まったホテルでこんなの発見

P6050098~01温泉用のタオルセットに置かれたお願い

“客室係りが泣きますので”の一文に笑ってしまった(笑)




いやいや、ホテル側としては笑い事じゃないですよね

備品の持ち帰り被害って結構あるんだろーな

添乗員からもひと言声を掛けたほうがいいんでしょうか…

尾瀬ヶ原と湯沢高原ツアー2日目♪

さてさて、お待ちかねのハイキング当日を迎えました

いつものように戸倉の尾瀬高原ホテルでマイクロバスに乗り換えて鳩待峠へ

今回は35名のお客様だったので3班に分かれて歩きました

なんと珍しくスタートからゴールまでずっと快晴だったんですよね

梅雨時期の尾瀬でもこんな晴れる時あるんや(笑)

P6050046~01P6050047~01






P6050048~01P6050050~01






P6050052~01P6050055~01






P6050063~01P6050068~01






P6050081~01P6050085~01






気になる水芭蕉の状況ですが…

P6050060~01数日前に霜が降りた影響で茶色がかっている水芭蕉が多かったです
(どのみち見頃にはちょっと遅かったようですが)






P6050089~01今回、いつも愛用しているグレゴリーの“Z30”って容量30リットルのリュックではなく

ちょっと前に買ったグラナイトギアの“ヴァーガ”って超軽量リュックを持参しました





まだアウトドアで使ったことがなかったから試しに使ってみたんですが…

さすがに日帰りハイクで52リットルはデカすぎた(笑)

まぁ鳩待峠折り返しならレインウエアと弁当さえ入れば十分

なので20リットルもいらないんですけどね…

尾瀬ヶ原と湯沢高原ツアー1日目♪

今シーズン初の尾瀬ハイキングに行ってきました

3日間の尾瀬がアサインされたので、てっきり山小屋泊まりのコースかと思いきや

コースはこれまでの2日間ツアーと同じく鳩待峠の折り返し…

今シーズンから尾瀬のコースは大幅リニューアルしているみたいです

これまで尾瀬とセットで行く観光地といえば

諏訪峡、吹割の滝、谷川岳などでしたが

このツアーはちょっと趣向が違いまして新潟県でこの夏開催される

“越後妻有アートトリエンナーレ2015 大地の芸術祭”

の関連施設を見学

開催は7月26日ですから、まだプレ芸術祭って感じ



初日は新潟県十日町市にある“農舞台”というエリアへ

P6040001~01場所は北越急行ほくほく線の“まつだい駅”のすぐ横

建物自体が作品という“まつだい雪国農耕文化センター”への入館は別途500円が必要です




アートに興味がない方は線路を越えて道の駅に行かれていました


P6040008~01P6040021~01






ただ農舞台に入館しなくてもいくつかある屋外作品は鑑賞することができます

代表的な作品としては…

「花咲ける妻有」 草間彌生(日本)
「棚田」 イリヤ&エミリア・カバコフ(ロシア)

など大地の芸術祭でもシンボル的な作品が集まっています

P6040016~01P6040040~01






P6040012~01P6040037~01






本日の観光はここだけ

このあと六日町温泉まで走って初日を終えました


しかしまー自然が好きで現代アートも好きって方にはピッタリですが

そんな人はそう多くはいないような…

あ、ここにバッチリ当てはまる人が1名おりました(笑)

JR富山駅〜南口から北口への移動方法〜※現在バス駐車場は南口側

【2017年4月29日追記】
※現在、観光バスの駐車場は南口を利用していますのでご注意ください!!!
JR富山駅〜南口からバス駐車場へ〜


===以下は以前の情報を記した記事です===


今回、北陸新幹線開通後はじめて富山駅を利用しました

P5180172~01~01新幹線を降りたあと、北口にあるバスの駐車場までちょっとややこしいので

ここで簡単に流れをご紹介しておきます
(2016年5月23日時点の情報です)




※この記事はあくまで団体用の移動方法です※
個人の場合は“新幹線のりかえ改札口”から在来線・あいの風とやま鉄道
のホームを利用して北口に出る方法もあります(団体には不向き)

P5180147~01~01新幹線の改札口は南口にあります

改札を出たらまずは左(外)へ




P5180148~01~01お弁当屋や立山そばの横を通り、富山地鉄ホテル方面に歩きます

右側に地下へ降りる階段があるのでここを下ります
(すぐ横にEVあり)



P5180149~01~012015年5月23日 194002 JST~01~01






地下道へ降りると右と左に分かれています

右側の北口方面へ進みましょう!!

2015年5月23日 193719 JST~01~01P5180167~01~01






ひたすらこんな感じ…

P5180152~01~01P5180151~01~01






2015年5月23日 192651 JST~01途中、右手に地上へ上がる階段がありますが

ここはスルーしてさらに進みます




2015年5月23日 193545 JST~01~01すると広いスペースに出ます

階段の方が近いですが、スーツケースの人が多いと思うので添乗員はスロープで誘導しましょう



2015年5月23日 193402 JST~01~01←こんな感じ

4番出口を目指します




↓こちらが4番出口

写真には映っていませんが、手前にEVもあります

P5180156~01~01P5180157~01~01






↓ここが4番出口をあがったところ

北口は特に以前と変わった様子もなく、改札前にトイレもありました

バスの駐車場も以前と同じ
(右下の写真参照)

P5180161~01~01P5180160~01~01








とまぁこんな感じ

やっかいなのは下る時も上がる時もエスカレーターがないって事ですね

新幹線の改札を出てからバスの駐車場まで15分くらいみたほうが良さそうです

ちなみに帰りは以前と同様に南口の前(噴水の付近)でバスを降車しましたが

北口で降車しているツアーもあったので乗務員さんに要確認です

JR富山駅を利用する添乗員さん、お客様が迷子にならないよう

地下道を歩く際はゆっくり歩いて誘導しましょう♪


※※※5月30日追記※※※

さてさて、記事の最初の方で

『途中、右手に地上へ上がる階段がありますが、ここはスルーしてさらに進みます』

と書きましたが

ごめんなさい!調査不足でした!

スルーしなくてもいいです!!!

この記事を書いたあと、再度富山駅に行く機会があったので

あの階段を上ってみたんです

そしたら

こっちから出てもちゃんと北口に出れましたm(__)m


ちょっと振り返ってみましょう

南口から地下道に入ってまっすぐ進むと右手に見えてくる階段

2015年5月28日 200000 JST~01この階段をあがったところが5番出口(地下道には表示なし)

そのまま進むと以前もご紹介した4番出口です




2015年5月28日 200657 JST~01こちらが5番出口を上がった地点

奥に見えるのが4番出口(バス駐車場方面)





駅にある案内板を使って説明するとこんな感じ

2015年5月28日 182007 JSTスタート地点が赤○

5番出口が緑○

4番出口が青○


どぉーです?イメージできました?


確かにバスの駐車場には青○の4番出口が近いんですが

以前も書いたようにスロープをぐるっとまわるのでちょっと面倒…

もし前に団体が詰まっている時などは5番出口を利用したほうがスムーズかもしれませんね

ただEVがないのでご注意を!!

立山黒部アルペンルートと黒部峡谷3日間♪

今シーズン初のアルペンルートに行ってきました

珍しく、初日の黒部峡谷鉄道も

2日目の立山黒部アルペンルートもいい天気♪

室堂も最高気温は8度ほどまで上がったので過ごしやすい気候でした
(数日前は最高気温1度の日もあったらしい)

P5160006~01P5160008~01






P5170034~01P5170014~01






P5170017~01P5170019~01






P5170039~01P5170025~01






P5170065~01P5170073~01






P5170081~01P5170084~01






P5170093~01P5170108~01






P5170097~01P5170101~01






P5170110~01P5170115~01






P5170114~01P5170122~01






P5170117~01P5170121~01







天気がいいのは良かったんですが

3日目に行った善光寺の混雑っぷりが凄かった…

7年に1度の御開帳は今月末まで

この日は土曜で天気は最高

これで混まない訳がなく

駐車場手前で全然動かなくなって1時間ほど渋滞にはまってしまいました…

わたくし、恥ずかしながら善光寺の御開帳は初体験(笑)

善光寺の御本尊は“一光三尊阿弥陀如来(いっこうさんぞんあみだにょらい)”

この仏像は住職でも見ることがでない秘仏なんだとか

御開帳期間はこの御本尊の身代わりである“前立(まえだち)御本尊”が本堂に登場します

そして前立御本尊と“回向柱(えこうばしら)”と呼ばれる大きな柱が善の糸と呼ばれる糸で結ばれます

なのでこの回向柱に触れると前立御本尊に触れたことと同じ意味を持つそうで

皆さんこの回向柱をめがけて並ぶわけです

P5180131~01P5180143~01






P5180132~01もちろん混雑時はすぐには触れません






P5180139~01山門までビッシリ行列ができていますね

振り返ると山門よりはるか先

仲見世方面まで列が伸びていました…


P5180144~012015年5月23日 182623 JST~01






このツアーは所要時間1時間しかとっていないので

今回は回向柱には触れませんでした…

せめて御朱印くらい・・・

と言っても個人では1時間以上待ち時間ができています

そんな時の強い見方が“団体専用御朱印カウンター”♪

受付で申請書を記入して代金を払うと、申請書に記載した受け取り時間までに仕上げてくれるんですって

これは便利ですよね♪

で、さっそく利用してみたんでが

予定の時間にカウンターに引き取りに行ったら

「あ、忘れてたわ!」

って

おいおい・・・

この引き取り時間は余裕をもって書いたほうがよさそうです
(今回は軸1本、帳面1冊だけなので助かりました)

P5180126~01P5180128~01






このあと昼食を食べた信州中野フルーツランドさんに善光寺のライブ映像が流れてた
20150523_115539~01Ustreamで回向柱の混雑っぷりを視聴できるそうです

山門に設置してあるカメラなのでめちゃ分かりやすいですよ♪





ツアー最後の観光地は“戸隠(とがくし)神社”“中社(ちゅうしゃ)”

この戸隠神社も今月末まで7年に1度の式年大祭が開催中

善光寺とダブルで“両詣り”なんてキャンペーンもあるようで

こちらもかなり混雑しておりました…

P5180145~01P5180146~01







通常3日間のアルペンコースでは3日目の観光は上高地なんですが

今回は御開帳のタイミングもあってか善光寺に変わっておりました

アルペンのコースは自然を満喫しにくるお客様が多いので上高地のままで良かったんじゃないかな

善光寺の御開帳にも行きたい!ってお客様のニーズを取り込んだにしても

滞在1時間じゃ混んでる善光寺を見て終わりで余計にマイナスイメージ

行きゃーいいってもんじゃないと思いますけど…

どこの会社もこんな感じなんですかね???

高速カーフェリーあかねに乗ってきました♪

先日の佐渡ツアーでは4月21日に就航したばかりの新造船

高速カーフェリー“あかね”に乗船しました

P4290009~01先月の佐渡ツアーではギリギリこがね丸利用だったので

あかねに乗るのは今回が初めてです♪





添乗員の受付の流れは以前と同じで名簿は不要

てだあかねは全席指定なのでチケットに座席番号が記載されています

そう、添乗員は事前に座席割りをしないといけないのです…

直江津港発では添乗員の席はお客様と少し離してありましたが

復路、小木港発では添乗員もお客様と続き番号でした

ただ飛行機みたいに空席があればシートチェンジが可能
(あまり快くって感じではない)

船内の案内所で聞いたら

「空いてる席はご自由にお使いください」

ってことなので、空席が多いような時は

とりあえずチケットに記載された席に座ってもらい

後から空いている席に移動してもらいのが良さそうです

今回も往路はガラガラだったんですね

こちらがせっかく苦労して座席を組んだのに

お客様は好き好きに窓際の席に移っていかれたのでした…(涙)

ちなみに飛行機みたいに事前に電話をしてシートアサインを確認

みたいなことはできず

座席は当日窓口で確認してくださいとのことでした

P4290003~01P4290005~01








さて船内に進みましょう

乗船開始は出航の約15分前

席番号が決まっているので以前のように早くから並ぶ必要がありません

2階の乗船口から入ると

手前が階段、奥がエレベーターのりばです

客室はすべて3階なので荷物が重い方はちょっと大変
(客室に荷物置き場というスペースはなく荷物は各自保管)

P4290012~01P4290014~01






左下の写真に写っているのが案内所
(こじんまりしているので分かりにくい)

シートは前方&中央あたりはオレンジや黄色でカラフル

後方は紺色や水色で落ち着いた色合いです

P4290027~01P4290024~01






P4290039~01P4290047~01






P4290020~01座席番号は肘掛の下と天井に表示があります

ただ小さいので分かりにくいかも

(そしてこの肘掛、位置が低くて使い心地が悪い…)


P4290021~01P4290017~01






P4290028~012等の座席番号は9列目から50列目

アルファベットはAからZまであるので探すのが大変




待合所や船内にも座席一覧が貼られているので早目に確認してもらいましょう
(今回私は座席一覧のコピーを往路のチケットと一緒に配りました)


P4290034~01こちらは2等料金にプラス1180円で利用できる“ときクラス”

シートも大きくピッチも広々

1列目から5列目、70席しかないので変更希望の場合は要確認です


P4290029~01P4290031~01






P4290043~01航行中はシートベルトを着用!

する訳でもなくまったくのフリーダム(笑)

3階の座席後方から外へ出ることもできます



そして出航時はいったん着席!

する訳でもないので空いている席が分かりにくいのが難点です…


船内の設備はというと

P4290025~01軽食コーナーはありませんが売店はあります

オリジナルグッズやパン・お弁当類も扱っていました
(数はかなり少ないです)



P4290041~01P4290042~01






P5010135~01こちらトイレのイラスト

めちゃ陽気(笑)





P4290045~01こちらキッズルーム

他にペットルームもありました





やたらイラストが陽気で座席や船内のデザインがカラフルなのは

この船、国産じゃなくてオーストラリアのタスマニア産なんです(笑)

確かに船内はただ新しいってだけでなくやたら日本ぽくない

ちょっと海外旅行気分が味わえるかも?です♪



最後にあかねの概要です
(この船は“あかね丸”ではなく“あかね”が正式名称)

■直江津ー小木間の所要時間:約1時間40分
■就航日:2015年4月21日
■旅客定員:672名
■全長:89.70m
■全幅:26.14m
■総トン数:5.702トン
■航海出力:約30ノット

詳しくはこちら↓
佐渡汽船(公式HP)

佐渡ヶ島みどころ周遊3日間♪

先月に引き続き、JR利用の佐渡ヶ島へ行ってきました

前回同様、特急サンダーバードと北陸新幹線を利用して直江津港へ向かうわけですが

大きく変わったのが直江津港〜小木港間のフェリー

先月の21日に就航した高速カーフェリー“あかね”に乗船です

これまでよりフェリーの乗船時間が1時間短縮されたと言っても

島の滞在時間が大幅に長くなったわけではなく

2日目はこれまで通り10ヶ所観光のハードスケジュールでございます…

前回満開だった桜はすっかり終わっておりましたが

その代り大佐渡スカイラインが開通

新緑の清々しい自然を満喫することができました

P4290001~01P4290050~01






P4300053~01P4300057~01






P4300059~01P4300061~01






P4300069~01P4300065~01






P4300079~01P4300071~01






P4300082~01P4300083~01






P4300102~01P4300110~01~01






P5010133~01P5010132~01






P5010124~01P5010134~01






2015年5月6日 174829 JST~01P5010147~01







それにしてもゴールデンウィークとは思えないほどまったりした3日間だったな

ホテルも2泊とも団体は我々だけ

往復のフェリーも2団体しか乗船していませんでした

やっぱりゴールデンウィークの旅行は離島がオススメです♪

上越妙高駅を利用してきました♪

今回はじめて北陸新幹線の“上越妙高駅”を利用しました

これまで直江津駅利用のコースが多かったんですが

これからはこの上越妙高駅の利用が多くなりそうです

P4110188~01P4110190~01






駅の構造はいたってシンプル

P4110155~01ホームを降りると改札

一番左側が団体用でした
(駅員さんが開けてくれます)



P4110156~01
改札を出てまっすぐ進むと

西口と東口に分かれています



P4110159~01観光バスは西口側に配車

左へ進みます




P4110173~01西口と東口の自由通路は見通しがいいので迷子の心配も少なそうです






P4110166~01途中、“ETR(えちごトキめき鉄道)”の改札の前を通過します

やたらチャーミングな名前の鉄道ですね…




P4110167~01西口は全面ガラス貼りになっていてとにかく景色がいいんです

その名も“光のテラス”




P4110193~01なんだか巨大な絵画を見ているようですよね

妙高山・火打山・焼山など妙高連山が一望できます




P4110179~01光のテラスから右手のエスカレーターを降りたらロータリー

観光バスはここに配車されています




トイレもこのロータリーにありました

P4110174~01さて、その他の施設ですが







新幹線の改札を出てすぐの場所にコンビニ

新潟のお土産なども取り扱っていました

コンビニの脇にはコインロッカー

P4110157~01P4110154~01






自由通路の中央には“SAKURAプラザ”

中には観光案内所(椅子あり)や売店、お弁当屋などが入っていました

2015年4月17日 85601 JST~012015年4月17日 85521 JST~01






P4110163~01P4110161~01






こちらは東口、通称“もてなしドーム”

P4110178~01P4110177~01






駅周辺の施設としては

駅の西側にある“窯蓋遺跡”を紹介するガイダンス施設が4月16日にオープン

Skitch~01西口のロータリーからすぐ

スーツケースをコロコロ引きながらでも大丈夫な距離です




P4110182~01P4110187~01






それほど大きな施設ではないですが、入館無料なので興味のある方は是非♪
(この先有料になるかも・・・とのことです)



P4110195~01この上越妙高駅

ホームもいたってシンプルで号車の表示も分かりやすいので添乗員的には安心です




P4110196~01P4110197~01







ただこれまでの直江津駅同様

あまり早く到着すると時間を持て余しそうです

P4110180~01これから開発が進んで

スタバくらいできてくれたら嬉しいですね♪




佐渡ヶ島みどころ周遊3日間♪

久々にJR利用の佐渡ヶ島のツアーに行ってきました

これまでは大阪から特急サンダーバード&特急はくたか利用でしたが


P4090004~01北陸新幹線がデビューしたので

金沢駅から上越妙高駅まで北陸新幹線のはくたか号に乗車しました




初・北陸新幹線♪

普通席にも電源コンセントがあるのが嬉しいですね

枕が可動式なんですが、気づかないお客様が多いので

こちらからお声をかけたほうが良さそうです

P4090001~01P4090002~01






北陸新幹線の“上越妙高駅”から“直江津港”までは

バスで30分ほど

“直江津港”から“小木港”までは佐渡汽船の“こがね丸”に乗船

直江津港も久々に来たけど

乗船券と改札が新しくバーコード式になっていました
(下船の際の回収なし)

P4090006~01P4090007~01






P4090026~01P4100034~01






P4100036~01P4100041~01







佐渡では桜がちょうど満開!!!

特に真野公園や佐渡金山周辺は見事でした

でも想像以上に寒くて

念のために持っていったダウンが大活躍な3日間でした

P4100065~01P4100067~01






P4100085~01P4100070~01






P4100104~01P4100106~01






今回のツアーは桜祭りと題して旅行会社主催のイベント付きのツアーでした

東北が1台、関東が2台、我々関西が1台の計4台でちょっとこじんまりしたイベントでしたが

R指定がかかりそうな珍しい神事あり

迫力の鬼太鼓や佐渡おけさの講習会ありとなかなか楽しいイベントでした

2015年4月17日 84011 JST~012015年4月17日 84108 JST~01






P4100130~012015年4月17日 84258 JST~01







さて、今回のツアーで往復利用した佐渡汽船の“おけさ丸”

今月の20日で引退してしまうんですよね

21日からは新造船の“あかね”という高速カーフェリーがデビュー

乗船時間はこれまでの2時間40分から1時間40分に

1時間も短縮ってスゴイですよね

でも寝るには短いし

起きてるには長いし

なんとも中途半端な時間であります(笑)

P4110152~01P4090014~01






P4090015~01P4090013~01






P4090011~01P4090016~01






P4090018~01P4090019~01






P4090010~01P4090022~01







この昭和なムードがプンプン漂ってくるフェリーともこれが最後か〜

いつも添乗員&乗務員用の部屋を確保してくださりありがとうございました

次のあかねは全席イス席らしいけど

添乗員の居場所はあるのかな・・・

伊豆大島と河津桜ツアー3日目♪

ツアー3日目はお花見三昧な行程です

まず1ヶ所目は南伊豆町の下賀茂温泉で開催されている

「第17回みなみの桜と菜の花まつり」

バスは“道の駅「下賀茂温泉 湯の花」”

駐車場には5台ほどしか止められないので、満車の場合は回送です

青野川沿いに桜と菜の花が咲いています

ここも品種は河津桜ですが、こっちの方がゆっくり花見が楽しめます
(河津はやたら人やお店が多いので)

所要時間40分ほどでも十分楽しめました

P2190120~01P2190121~01






P2190118~01P2190108~01






P2190111~01P2190103~01










2ヶ所目は皆さまお待ちかねの河津へ

河津川沿いに桜並木が続いています
(原木は少し離れた場所です)

P2190123~01昼食は河津でお弁当でしたが

ほとんどのお客様はバス出発後に召し上がっておりました
(時間もあんまりないしね…)




バスは“河津桜観光交流館”の駐車場へ

いくつかブロックが分かれているので迷子に注意です

P2190125~01P2190124~01






P2190128~01駐車場から河津川沿いへ続く路上には

だいたい屋台が出ていました




お弁当を食べるとしたら

足湯やトイレの設備もある“笹原公園”

あとは河川敷に降りる階段とかですかね

自由に食べれる場所はあまりない印象でした

P2190129~012015年2月24日 180612 JST~01






P2190140~012015年2月24日 180704 JST~01






肝心の桜は、みなみの桜の方が綺麗に咲いていました

同じ品種でもやっぱり場所によって開花状況が違うようです

P2190135~01あ、川沿いのお店でこんな看板発見

次行ったら絶対食べよ♪




3ヶ所目は修善寺の梅林
(温泉街とは違う場所です)

P2190156~01バスの駐車場は結構広いので安心♪






ただし

梅林までが徒歩15分ほどかかるんですよね…

P2190157~01まず道路を横断

蕎麦屋の横にある階段を上がります




P2190158~01P2190160~01






P2190161~01この階段で引き返すお客様も少なくありません…

そして登りきってからもなかなか着かない…







P2190165~01梅林には西梅林と東梅林があります
(くらいのことは指示書に記載して欲しいものです)

←クリックすると大きくみれますよ




桜ほどの華やかさはありませんが、今がまさに見頃といった感じでした

くれぐれも東梅林から先の温泉街へ進まないように注意しましょう!
(くらいのことは指示書に記載して欲しいものです)


この日も2件、間違って温泉街へ抜けてしまったツアー客がいたそうですので…

P2190173~01P2190175~01







これにて3日目の観光は終了

帰りは珍しく三島駅から新幹線に乗りました

2015年2月24日 180749 JST~01待合室は改札の中にしかないんでよね

おまけに駅弁もその待合室内かホームの売店にしかありません




早目に着いた場合でも、先に中に入ってしまったほうが良さそうです

P2190182~01P2190185~01






しかし今回は3日目が平日だったから良かったけど

週末だったら渋滞とか大変だろーな…

見頃的にも次の土日あたりがピークなのかな?

行かれる方は気を付けてくださいね!!!

伊豆大島と河津桜ツアー2日目♪

ツアー2日目

伊東港から伊豆大島までは東海汽船さんのジェットフォイルで35分

P2180007~01P2180009~01






P2180078~01添乗員は窓口で乗船券と一緒にシートマップを受け取ります
(乗船名簿は不要)

乗船券は降りるときにも必要なのでなくさないように



船内に自販機はあるけど、航行中は基本的にシートベルトを着用

P2180018~01P2180019~01






ジェットフォイルは12時05分に伊豆大島の岡田港に到着

利用港は基本的に元町港ですが、波が高いと岡田港を利用します
(この日は条件便がでるほど波が高かったんです)

港に到着後、まずは大島温泉ホテルさんでランチタイム

どこの旅行会社もみーんな仲良く同じ昼食内容です
(沖縄の由布島みたい…)

P2180021~01P2180020~01






P2180029~01食後は三原山の展望台へ

お客様は山が半分しか見れへん!

って言ってたけど


こーゆーカタチの山なんです(笑)

ツアーではここまでですが、ぜひ登山してみたい!

ってお方はコチラのブログ参照↓

「三原山に登ろう〜上陸編〜」
「三原山に登ろう〜登山・前編〜」
「三原山に登ろう〜登山・後編〜」


P2180032~01島内は“大島バス”さんの大型バスで移動

みんな黄色かピンクのバスなので乗り間違え注意(笑)




このあと“椿まつり”の会場である“都立大島公園”

P2180043~01園内はめっちゃ広いです

メインは“椿園”“椿資料館”

この2つは入口が別々になっています



(観光バスの駐車場は椿園側)

P2180034~01P2180035~01






階段を降りたところにステージがあって踊りなどの民謡ショーが開催されていました(約10分)

P2180074~01P2180073~01






P2180071~01こんなコーナーもありましたよ

記念撮影にいいですね




椿園の中にはさらに温室があって、椿の写真を撮るならここがオススメです

P2180070~01P2180068~01






P2180044~01椿資料館の横の坂道を上がると動物園もあります

入園は無料ですが、無数のワオキツネザルやゾウガメは必見です




あ、園内ではワオキツネザルなどに餌付けができるんですけど

エサは椿資料館横の売店でしか買えません

入園料だと思って購入してから入園したほうが楽しめます♪

P2180062~01P2180065~01







P2180042~01あと椿まつりではスタンプラリーも開催

10ヶ所のうち3ヶ所のスタンプがあれば港で抽選会に挑戦できます




今回の行程だけでも4ヶ所は押せるので是非チャレンジしましょう
(A:三原山頂口/B:三原山温泉/D:椿プラザ/E:椿資料館)

P2180077~01←帰りの岡田港

ツアーが重なって抽選会に並ぶ列が物凄かった




残念賞は塩飴1個なんですけど…


P2180080~01これにて伊豆大島観光は終了

午後だけの観光だってので

あっという間のツアー2日目なのでした


伊豆大島と河津桜ツアー1日目♪

JR利用で伊豆へ行ってきました

なかなかタイミングが合わず“泣かせの桜”なんて呼ばれたりもする

「河津桜まつり」と伊豆大島の「椿まつり」がメインの3日間コースです


初日は新幹線で熱海駅へ

そこからJR伊東線で伊東駅まで乗車

伊東駅からはホテルの送迎バスを利用

はい、今日の行程はこれにて終了(笑)

新幹線は各駅停車のこだま利用だったはといえ

15時すぎにはホテルにチェックインできました

P2170002~01P2180016~01






今回2泊にわたってお世話になったのは伊東温泉「暖香園(だんこうえん)」さん

初日の夕食にでた名物のジャンボ茶碗蒸しの大きさにはビックリしたな〜
(これだけでお腹いっぱい)

2泊ともボリューム満点でお客様も大喜びのお料理でした

P2180017~01P2170003~01






今回のコースは3日目まではかなりゆったりとした行程

なのでホテル周辺をウロウロする時間もたっぷりありました

伊東駅までは松川を渡って徒歩15分ほどで行くことができます

松川沿いの“松川遊歩道”も温泉情緒があってオススメ

駅に向かう途中、左手に“キネマ通り”というアーケードもありました

駅まででてそこからシャトルバス(有料)に乗って“マリンタウン”に行かれた方もいましたね

P2180013~01P2180015~01






P2180010~01こちらは伊東温泉のシンボル的存在の“東海館”

昭和初期に建てられた温泉旅館です
(市の文化財)




この東海館、現在は宿泊することはできないんですが

日帰り入浴や館内の見学(有料)は可能
(入浴500円/見学のみ200円)

2日目の夜にフラっと行ってみたんですけど

“2月23日は富士山の日”ということで無料で入れました(笑)

P2180086~01P2180096~01






P2180088~01P2180087~01






P2180089~01P2180094~01






P2180098~01P2180092~01






20時半までなので20時までに入ってもらえればOKとのことです

館内はただ昔の部屋が見れるだけでなく

歴史の部屋やアートの部屋なんかもあるのでかなり見応えあります

大広間に飾られていた雛飾りも圧巻でした
(圧巻を通り越して若干怖かったので写真は控えてます…)

正直、夜に一人でいくのはちょっと怖いかも知れませんね(笑)

お友達をお誘い合わせの上、ご来館頂くことをオススメいたしますm(__)m

ホテル暖香園(公式サイト)

東海館(伊東観光協会)

伊豆半島と光の時之栖ツアー3日目♪

早いもので新年を迎えて3日が経ちました

PC290187窓の外には朝焼けに照らされる富士山が!

今日もいいことありそうです♪






がしかし

今日はこのコースで一番心配している“久能山東照宮”が待っています

久能山東照宮といったら、あの徳川家康公が眠る場所

久能山東照宮といったら、あの日光東照宮の原型になった神社

もちろん初詣の超人気スポットです


日本平からのロープウェイがどれだけ混むか

それが心配で心配でならなかったんですが…

今日も一番のりで駐車場に着けました♪

清水市内泊まり最強!!!

PC290281PC290282






PC290259建物の左端がロープウェイのりば

ここまで列が伸びると何分待ちか?

って印が付けられているのが親切ですよね


PC290283PC290261






建物の外までくると約60分待ちだそーです…
(10時すぎると急に混むらしい)

PC290193我々は待ち時間なしでラクラク乗車♪

ほんとこんなスムーズでいいのか…




日本平から久能山へはロープウェイで約5分(定員は40名ほど)

チケットは往復券なのでなくさないように注意!

上ったり下ったりってロープウェイではなく、隣の山への平行移動みたいな感じです
(日本平からだと若干下り)

PC290194久能山駅に着いたら階段が続くので足元に注意しましょう






PC290248降りきったら左側に社務所があるのでここで精算

チケット代わりのパンフレットを受け取ります




PC290238この先はこんな感じ

家康のお墓は本殿の先にある“神廟(しんびょう)”です

拝殿&本殿で満足して引き返さないように!



PC290196PC290198






PC290202思ったほど階段は少なかったです

本殿の前にちょっと長いのがある程度でした




PC290204~01









↓こちら本殿&拝殿
PC290237~01PC290214~01






この左に神廟へ向かう道があります

PC290212PC290208






PC290216この階段を上がれば神廟

え、ここで終わり?って感じです




PC290223PC290224






時間が余れば社務所の向かいにある博物館に行くのもいいですね

山の麓に点在するビニールハウス群はイチゴ農園です

PC290249PC290250






PC290264さて、ロープウェイのりばから駐車場を挟んで向かいにアンテナが立つ丘があります

この丘の上に富士山が眺められる展望台があります
(というかここまでこないと富士山が見えない)



PC290272060






この日は富士山が本当に綺麗でした

まさに日本晴れとはこのことですね!




この丘を越えた場所にも駐車場があるのでバスを回送する場合もあるそうです

この日は予約車しか止められなかったので、そのままロープウェイ乗り場の駐車場に止め置きしました



日本平を下って次の観光地へ向かいましょう

日本三大松原のひとつ“三保松原(みほのまつばら)”です

PC290293PC290290






今までここから富士山が見れたことが一度もなかったんですが

今回はバッチリ富士山を眺めることができました♪

PC290296PC290327






PC290317しかしほんといい天気だな〜






PC2903203日目はどこからも富士山かぶりつきの1日だったな♪


このあと焼津でお昼を食べて大阪へ






浜名湖を過ぎたあたりで帰省ラッシュに見込まれたとはいえ

19時半には最終の天王寺まで帰ってくることができました

080
←こちら帰りに寄った草津PA

路肩も屋根も雪が…





1420521968480~01←こちら3日の朝に知り合いが送ってきた祇園(京都)の様子

八坂の塔も真っ白…







この3日間、静岡県はこんなにいい天気だったのに

京都や滋賀では大荒れだったみたいですよね

我々は関西の天候が崩れる前に出発して

天候が回復してから帰ってきたので雪の影響なく帰ってこれました

お客様もほんと協力的な方ばかりだったし

ほんと感謝感謝ですm(__)m

年末にプライベートで出雲大社の参拝をしたのが効いたのかな?

2015年もできるだけトラブルを避けながら仕事がしたいものです

伊豆半島と光の時之栖ツアー2日目♪

2日目は伊豆国の一之宮“三嶋大社”からスタート

PC280083~01大混雑を予想してたのに、朝が早かったのでガラガラ

一番のりで駐車場に入ることができました♪




ご祭神は山の神様でコノハナサクヤヒメやイワナガヒメのお父さん“オオヤマツミ”

あと、オオクニヌシの息子でえびすさんとも呼ばれる“コトシロヌシ”も祀っています

※神様の名前は長いので敬称略

PC280103~01PC280100~01






PC280090~01PC280095~01






PC280088~01PC280087~01






60分とったけど、境内はそれほど広くないので40分くらいでちょうど良かったかも

PC280104~01出発する頃、駐車場はご覧のとおり

今日もツイてます♪





このあとはバスは伊豆半島へ

まずは小説「伊豆の踊子」や歌謡曲「天城越え」で有名な“浄蓮の滝”

落差は25m、滝幅は7mで滝の主は“女郎蜘蛛”だという伝説が残っています

PC280106~01PC280107~01






PC280108~01PC280115~01






PC280109~01かなり足元が急なので注意しましょう

名物のわさびソフトは上より下のお店の方が美味しいそうです(後輩のお客様談)





お昼は“みんなのハワイアンズ”って陽気な名前の施設でバイキングの昼食

食後は“伊豆の国パノラマパーク”で希望者をかつらぎ山ロープウェイへご案内


で、このあとトラブル発生で泣きそうになりましたが

心優しいお客様のおかげで、なんとか御殿場高原“時之栖(ときのすみか)”までやってきました

ここでバイキングの夕食とイルミネーションの見学です

PC280133~01なばなの里みたいに、光のトンネルが見事なイルミネーション

かなり見応えありました




PC280129~01PC280147~01








PC280162~01PC280173~01








PC280151~01PC280159~01








別途有料ですが、噴水を使ったイルミネーションがかなり評判がいいみたいです

“時之栖(ときのすみか)”なんて施設、今回ではじめて知りました

関東方面の方にはメジャーなんですかね?

前日はここでもうっすら雪が積もったらしいのでほんとラッキーでした♪

伊豆半島と光の時之栖ツアー1日目♪

改めまして明けましておめでとうございます

20150101_070858~012015年最初のツアーは伊豆半島をめぐる3日間のバスコース

元旦からバスコースとか初めてかも…

てか3日間のバスコースなんて恐らく10年以上ぶり(笑)





1日目は土山SA、浜名湖SAと休憩をはさみながら最初の観光地へ向かいます

PC270002~01この日最初にして最後の観光地は“白糸の滝”

なんとかここまで目立った混雑もなく進めることができました






駐車場から商店街を抜けて緩やかな坂道を下って滝まで進みます
PC270001~01PC270047~01






途中、“音止めの滝”の横を通ります

この滝を真上から眺められる場所に小さい神社があったので寄ってみました

嚴磐叢(ゆついわむら)神社って名前だけで詳しいことは何も書いてありませんでした

“祭神磐長媛尊”って書いてあるのでコノハナサクヤヒメのお姉さん

“イワナガヒメ”を祀っているんでしょうね

境内には“天照大神”とダブルネームの石碑も

小さい割になかなか興味をそそられる神社です♪

PC270044~01PC270041~01






音止めの滝は落差25m、滝幅5m

落差は白糸の滝より高いので迫力があります

PC270039~01PC270035~01









PC270004~01音止めの滝の先も商店街になっています






PC270005~01さらに進むとメインの“白糸の滝”が見えてきました

横に富士山の雪解け水が岩盤から湧き出ていた無数の滝があるのが面白いですよね




なので落差は20mですが滝幅は200mと横長の滝になっています

PC270016~01PC270021~01






駐車場に戻ると、到着した時は見えなかった富士山も姿を現しはじめました

これはさっき参拝したイワナガヒメのご利益か!(笑)
(ちなみに妹のコノハナサクヤヒメは富士山の神様です)

PC270049~01PC270074~01









このあと清水市にある“エスパルスドリームプラザ”

ここで夕食をたべて清水市内のホテルへ

PC270076~01PC270078~01






PC270080~01元旦から連泊なのは嬉しいけど

ビジネスホテルか・・・




越後上州パノラマ紀行3日間♪

保津川下りの日帰りバスツアーと連添で

「秋の越後上州パノラマ紀行と奥只見秘境遊覧船3日間」

というJR3日間コースに行ってきました

初日、サンダーバードの遅延で予定のはくたかに乗り継げず

後続のはくたかの自由席を使って直江津まで向かったんですが

10団体くらいが同じはくかたに突っ込んだので

金沢駅のホームはパンク寸前

2つある自由席の車両は通路を使ってでも入りきれず

指定席車両の通路を利用して、ようやく収まったほどの混雑っぷりでした…

1時間45分立ちっぱなしのお客様も多数出てしまい、ドタバタなスタートとなりました

このコースはバスガイドさんが付いていないコースだったので心配だったんですが

ドライバーさんがめちゃくちゃ気の利く方だったのでかなり助かりました♪


コースは“星峠の棚田”“龍ヶ窪”“奥只見湖遊覧船”“西福寺・開山堂”“清津峡”

って普段あまり行かないような観光地がズラリ

しかし、こんなマニアックな観光地をめぐるのにガイドの同行なしって…

添乗指示書にはネットからそのままプリントアウトされた資料がどっさり

資料付けといたるからこれ読んで案内してこい

ってことですね(涙)

ご、ご親切にありがとうございますm(__)m


PA290006~01







IMG_20141102_150518~01IMG_20141104_201158~01








IMG_20141104_201406~01IMG_20141104_201328~01








IMG_20141104_201254~01IMG_20141104_201647~01








IMG_20141104_201507~01IMG_20141104_201605~01








IMG_20141104_201735~01IMG_20141104_201710~01








IMG_20141104_201814~01IMG_20141104_201904~01








IMG_20141104_202324~01IMG_20141104_201941~01








IMG_20141104_202704~01IMG_20141104_202913~01








IMG_20141104_202639~01IMG_20141104_202605~01








IMG_20141104_202522~01IMG_20141104_202441~01








IMG_20141105_183610~01IMG_20141105_183635~01








IMG_20141105_183411~01IMG_20141105_183855~01








IMG_20141105_183209~01IMG_20141105_183327~01








IMG_20141105_183345~01IMG_20141105_183750~01









話は変わりますが

帰りのサンダーバードでお客様から

色々お世話になりました

って新潟県の定番土産“柿の種”を頂いたんですが

IMG_20141105_235406~01サイズでかっ!!!

そして重っ!!!

これ缶入りの柿の種ですよね…





ご、ご親切にありがとうございますm(__)m

箱根ゴールデンルート3日間♪

「箱根ゴールデンルートと富士鎌倉14景色めぐり3日間」

というJR利用の3日間コースに行ってきました

3日間で新幹線と観光バス以外に

パノラマパークロープウェイ
伊豆急行
箱根遊覧船(海賊船)
箱根ロープウェイ×2回
箱根ケーブルカー
箱根登山鉄道
江ノ電

って乗り物乗りまくり!

しかもお客様は44名!

正直、ちょっとやり過ぎやわ…

夏休みのお子様ツアーならいいけど

それなりにご年配のお客様ばかりなのに…

江ノ電の長谷駅から大仏まで雨の中の徒歩移動もめっちゃ申し訳なかったです



そして何よりコース自体に問題が…

企画書では最終日

鎌倉を13時40分に出発すると、浜松駅に新幹線出発の1時間前到着

ってなってるのに

鎌倉を13時10分に出発しても、駅に着いたのは新幹線出発の40分前

頑張って3日目の朝に行く予定の登山鉄道を2日目に済ませもこれだもんね

もし、企画書通り登山鉄道を3日目にやってたら

鎌倉はトイレ休憩くらいしか滞在できなかったんじゃないかな?

もし、企画書通り13時40分に鎌倉を出ていたら

ワゴンサービスのないこだま号に乗るのに

売店にも寄れずホームへ直行になってたんじゃないかな?

今回も協力的なお客様と乗務員さんに恵まれて

何とか無事にツアーは終了できましたが

ほんと東向きのツアーとは相性が悪いです・・・・・・・

IMG_20141020_200702~01IMG_20141020_200613~01








IMG_20141020_200950~01IMG_20141020_200923~01








IMG_20141020_200846~01IMG_20141020_200001~01








IMG_20141020_200507~01IMG_20141020_200434~01








IMG_20141020_200110~01IMG_20141020_200240~01








IMG_20141020_200405~01IMG_20141020_200159~01








IMG_20141021_141928~01IMG_20141021_141759~01









話は変わりますが

団体ツアーで長谷駅から徒歩で大仏まで移動するってパターンがたまにあるんですが

あれはできるだけ控えたほうがいいと思うのです

1本道だから迷う心配はあまりないとはいえ

歩道が狭いから危なくてしゃーない…

特にこの時期

小学生の修学旅行生とかわちゃわちゃしてるから

よけーに歩きづらいです(涙)

黒部峡谷トロッコ列車とアルペン・上高地3日間♪

今シーズン初の立山黒部アルペンルートの添乗に行ってきました

今回はトロッコ・アルペンに上高地が加わった3日間コース

アルペンや尾瀬のツアーって毎回天気が悪いんですが…

今回も初日に行った黒部峡谷の帰りあたりから雨が降り始め

翌日のアルペンルート越えのメイン、室堂では真っ白

今回もダメか・・・

と肩を落としそうになりましたが

黒部平まで進むと、雨もなんとか止んで

さらに見事な紅葉がお出迎えをしてくれました♪

何度もアルペン越えはしてるけど、こんなに紅葉が綺麗な時期に来るのは初めて

室堂で時間を短縮した代わりに、黒部ダム周辺でゆっくり散策の時間を取りました

よく考えたらダムの展望台に登ったのも初めてだ…

IMG_20141004_143205~01IMG_20141004_143126~01








PhotoGrid_1412324714320~01IMG_20141003_165826~01








IMG_20141003_170143~01IMG_20141003_170057~01








IMG_20141003_170234~01IMG_20141003_170313~01








IMG_20141003_170622~01IMG_20141003_170652~01








IMG_20141003_151014~01IMG_20141003_170745~01








IMG_20141003_170826~01IMG_20141003_171019~01








IMG_20141003_171128~01IMG_20141003_171231~01








IMG_20141003_171313~01IMG_20141003_171506~01








IMG_20141003_171639~01IMG_20141003_171806~01








IMG_20141004_143537~01IMG_20141004_143911~01








IMG_20141004_144123~01IMG_20141004_144153~01








IMG_20141004_144240~01IMG_20141004_143816~01








IMG_20141004_144426~01IMG_20141004_144323~01








IMG_20141004_144502~01IMG_20141004_144619~01








IMG_20141004_154209~01IMG_20141004_145045~01









最終日は上高地の散策

この日は規制日だったのでシャトルバスに乗り換えての観光

それほど混雑もなく、スムーズに接続できました

紅葉もなかなか見応えありました♪

飛行機で行く!秋の佐渡ヶ島2日間♪

久しぶりに佐渡ヶ島に行ってきました

通常、大阪からの佐渡ヶ島ツアーは

大阪駅から特急サンダーバード/特急はくたかと乗り換えて直江津へ駅

次は直江津港から小木港までカーフェリー

って行くだけで1日目の行程がほとんど終わってしまうんですが

今回は新潟空港まで飛行機利用

そのあと新潟港から両津港までカーフェリーを利用しました

伊丹空港の集合時間が早いのが難点ですが

朝、大阪を出てお昼ごはんを佐渡ヶ島で食べれるなんてすごいですよね

JRコースより1日短い1泊2日でしたが、なかなか充実した2日間でした

IMG_20140927_105101~01IMG_20140927_105034~01








IMG_20140927_104940~01IMG_20140927_104916~01








IMG_20140927_104856~01IMG_20140927_104830~01








IMG_20140927_104813~01IMG_20140927_104749~01








IMG_20140927_104723~01IMG_20140927_104649~01








IMG_20140927_104612~01IMG_20140927_104529~01








IMG_20140927_104420~01IMG_20140926_181532~01








IMG_20140927_104115~01IMG_20140927_104214~01








IMG_20140927_103903~01IMG_20140927_103834~01








IMG_20140927_103653~01IMG_20140927_103932~01








IMG_20140927_103627~01IMG_20140927_174506~01








IMG_20140927_174732~01IMG_20140927_174648~01








IMG_20140927_174949~01IMG_20140927_175032~01








IMG_20140927_174906~01IMG_20140927_174801~01








IMG_20140927_174619~01IMG_20140927_200203~01









今回、新潟−両津航路で利用したカーフェリーは佐渡汽船さんの新造船“ときわ丸”でした

この船は今年の4月8日にデビューしたばかり

船内は船というよりホテルといった感じで快適でした♪

あ、あと初めて訪れた佐渡金山の“北沢浮遊選鉱場(きたざわふゆうせんこうば)”

ここは廃墟好きや遺跡好きにはたまらないスポットでしたよ♪

東京スカイツリーと高尾山・鎌倉2日間♪

先日の北海道・自然の猛威体験ツアーから休みなしに

今度は飛行機利用で東京に行ってきました

なんてったって世間は3連休だもんね


このコースは、この日が1本目の新コース

新コースの1本目が連休初日って嫌な予感しかしませんが…

予感は的中

2日目は吉祥寺のホテルから高尾山に直行の予定

企画書ではホテル9時出発で高尾山10時着

になっていたんですが

高速も一般道も大・大・大渋滞!!!!

2時間たっても到着しそうもない

2時間半走ってお客様のトイレも限界です

これじゃダメだと思い、京王電鉄・高尾山駅でバスを降りて

そこから高尾山口駅まで電車で移動しました

そのあともケーブルの待ち時間やらなんやらで予定はどんどん押していく一方

本来は12時に高尾山を出て鎌倉へ向かう予定でしたが

高尾山を出発したのは14時すぎ

泣く泣く鎌倉の観光はカットして羽田空港へと向かいました

急な電車移動や観光地カットにも素直にご理解頂いたお客様に感謝です♪

乗務員にもほんと気を遣わせてしまって申し訳なかったな…
(ドライバーさんは4時間近くトイレに行けなかったと思うし)

それにしても高尾山の人気ぶりはすごいですね

一度プライベートで山頂まで登ってみたいです

IMG_20140913_205331~01IMG_20140913_204530~01








IMG_20140913_205425~01IMG_20140913_205238~01








IMG_20140914_092121~01IMG_20140914_092227~01








IMG_20140913_205213~01IMG_20140913_205759~01








IMG_20140913_205846~01IMG_20140913_205613~01








IMG_20140913_205136~01IMG_20140913_204718~01








IMG_20140913_204807~01IMG_20140913_204939~01








IMG_20140913_210027~01IMG_20140913_210121~01








IMG_20140914_092347~01IMG_20140914_164949~01








IMG_20140914_165134~01IMG_20140914_165407~01









話は変わりますが

伊丹空港に着いたあと、ムショーに中之島カレーが食べたくなったんですね
(中之島カレーは2011年の3月11日に食べたっきり食べたことがない)

で、北ターミナルから南ターミナルにあるお店に移動したら

なんと手荷物カウンター前に大好きなcreamのお二人がいるではないか!
(そーいや14日は若草山でライブあるって802で流れてたな)

しかも食べ終わってお店を出ようとした頃

スタさんがひとりで中之島カレーを食べに戻ってきたし(笑)

ちょっとだけお話させて頂きました

こりゃ東京で頑張ったご褒美だな

お疲れのところありがとうございましたm(__)m

6つの涼景めぐりと越後湯沢温泉3日目♪


西福寺・開山堂

20140723_093821~01






IMG_20140723_211415~01








奥只見湖遊覧船

20140723_104426~01






IMG_20140723_211453~01IMG_20140723_211602~01








IMG_20140723_211527~01IMG_20140723_211623~01








IMG_20140723_211703~01IMG_20140723_211748









アルプの里(湯沢高原スキー場)ロープウェイ
166名乗り/所要約7分

IMG_20140723_211931~01








20140723_144948~01






IMG_20140723_212108~01IMG_20140723_211954~01








IMG_20140723_212023~01IMG_20140723_212042~01









越後湯沢駅

IMG_20140723_212549~01IMG_20140723_212214~01








IMG_20140723_212520~01IMG_20140723_212448~01










IMG_20140724_001550~01IMG_20140724_001708~01








6つの涼景めぐりと越後湯沢温泉1日目♪


IMG_20140723_212747~01IMG_20140723_212409~01









谷川岳ロープウェイ
22名乗り/所要約10分

IMG_20140723_205812~01IMG_20140723_205708~01








IMG_20140723_235211~01IMG_20140723_235142~01









NASPAニューオオタニ

20140721_191340~01






尾瀬ハイキングと老神温泉3日間♪

JRで尾瀬縦走コースに行ってきました

尾瀬は今シーズン3度目…

今回も鳩待峠から大清水まで約24キロを2日かけて縦走します

朝っぱらから防災ヘリ・救急車・消防車が総動員され物々しい雰囲気の中でのスタート

あとから聞いたんですけど

山小屋の宿泊者が階段から落ちて自力で下山できなくなったそうです

コース上じゃなく山小屋で怪我って…

どこで怪我をするかわかりませんね


さて、尾瀬の花ですが

まだ早いかなと思われていたニッコウキスゲが咲き始めていました

でも一番印象に残ったのはワタスゲ!

今年は10年に1度の当たり年と言われているそうです

お天気のほうは

珍しく今回は1度も雨具を使うことなく縦走してしまいました♪
(せっかく先日雨対策にロングスパッツを買ったのに…)

IMG_20140714_191702~01IMG_20140714_191622~01








IMG_20140714_191803~01IMG_20140714_191918~01








IMG_20140714_191315~01IMG_20140714_191009~01








IMG_20140714_191222~01IMG_20140714_191147~01








IMG_20140714_190826~01IMG_20140714_190917~01








IMG_20140715_203026~01IMG_20140714_193358~01








IMG_20140714_185821~01IMG_20140715_144032~01








IMG_20140714_193304~01IMG_20140715_202713~01








IMG_20140715_202803~01IMG_20140715_202616~01









話は変わりますが

先日、5千円近く出して靴のインソールを購入しました

たかがインソールに5千円?って最初は思ったけど

いいソールはやっぱり疲れ具合が全然違う!

ビジネスシューズでもランニングシューズでもトレッキングシューズでも

同じソールで対応できるので結果的にお得でした♪

“疲れは足から”とはよく言ったもんだ


足が疲れやすくてお困りのアナタ!

ちょっとソールを変えてみるだけでお悩みが解消されるかもしれませんよ♪

初夏の感謝の集い・白樺湖2日間♪

バスコースで白樺湖の池の平温泉へ

IMG_20140701_015631~01IMG_20140701_015527~01








IMG_20140701_015842~01IMG_20140701_015912~01








IMG_20140701_020137~01IMG_20140701_015223~01








IMG_20140630_213408~01IMG_20140630_180714~01








IMG_20140630_213558~01IMG_20140701_015313~01









この春からバスコースに行く機会が急に増えたけど

大阪のバスコースは独特の文化があるね

18年やっててもバスコースの苦手意識はやっぱり払拭できんわ…

専門ガイドと歩く!尾瀬ハイキング2日間♪

今シーズン2度目の尾瀬ハイキング!

今回は歩く距離が約10キロ

鳩待峠往復の初心者コースです

IMG_20140622_144915~01IMG_20140622_144941~01








IMG_20140622_144837~01IMG_20140622_143658~01








IMG_20140622_144408~01IMG_20140622_144310~01








IMG_20140622_144700~01IMG_20140622_144513~01








IMG_20140622_144750~01IMG_20140622_145021~01








IMG_20140622_210240~01IMG_20140622_205846~01









ご覧の通り見事に雨

でも個人的には尾瀬は雨が似合う場所だと思ってますよ

あ、強がりじゃないですから!(笑)

今回もお客様から別れ際にお土産をもらったんですが

帰ってから中をのぞくと可愛らしいハート型のおせんべいでした

でも真ん中から真っ二つなんですけどー

IMG_20140622_233320~01これって途中で割れたんかな


それとも…





尾瀬はこんなところです2014

あまりに尾瀬に対する認識不足のお客様が多いので

「尾瀬はこんなところです」ってブログに記事を書いたのは2006年のこと

あれから8年

その間、インターネットの普及で個人でいくらでも情報は入手できるはずなのに

お客様の尾瀬に対する認識度はまったくと言っていいほど変わっておらず

やっぱり

尾瀬=どこまでも続く木道

尾瀬=かわいらしい高山植物に小鳥のさえずり

このイメージしかないんですよね

“尾瀬は山である”

なんて意識で参加しているお客様は今年もほとんどおりませんでした…


特に今回の縦走ツアーは鳩待峠・白砂峠・三平峠って3つの峠を越えます

この行程でお客様がイメージしている尾瀬ヶ原の平坦な木道は

全長約24キロのうち約6キロ

わずか4分の1程度なんです

あとは山道を登ったり下ったり

滑りやすい木の根や岩や残雪の上を歩いたりしなければいけません


これから募集型のツアーで尾瀬に行かれる方は

もう一度、ご自身の体力と装備を考えた上でコースを選んで欲しいと思います

尾瀬ハイキングと言っても色々なコースがあると思います
(どのコースを選んでも峠のないコースはありませんが)

ご自身の体力や装備以上のコースを選んでしまうと

せっかくの素晴らしい尾瀬の自然も、ただ辛いだけの思い出になってしまうかもしれません

ご自身にあったコース選びで、尾瀬の思い出が楽しいものになりますように♪


IMG_20140614_194243~01IMG_20140614_194216~01








IMG_20140614_194133~01IMG_20140614_194057~01








IMG_20140614_194033~01IMG_20140614_194009~01









以下にこれまでの尾瀬縦走ツアーの記事のリンクを貼っておきます

これから尾瀬ハイキングに行かれる方の参考になれば幸いです

※ちなみに尾瀬は日光国立公園から独立して、現在は尾瀬国立公園となっております

2011年6月6日
尾瀬縦走ツアー2日目【前半】
尾瀬縦走ツアー2日目【後半】

2009年7月16日
尾瀬縦走ツアーダイジェスト

2006年7月5日
尾瀬縦走[鳩待峠〜長蔵小屋]
尾瀬縦走[長蔵小屋〜大清水]


〜その他関連記事〜
2006年7月6日
尾瀬はこんなところです

2006年7月5日
長蔵小屋はこんなところです

尾瀬ハイキングと老神温泉3日間♪

今年も尾瀬ハイキングに行ってきました

今回は久々の尾瀬ヶ原から尾瀬沼を抜ける縦走コースです

初日は東洋のナイアガラこと“吹割(ふきわれ)の滝”を見学して老神温泉泊まり

2日目はホテルを7時15分

戸倉の尾瀬高原ホテルでマイクロバスに乗り換えてスタート地点の“鳩待峠”へ

この日は尾瀬沼の長蔵小屋まで約18キロのハイキングです

3日目は山小屋を6時40分に出発して約6キロの行程

昨年より復路の列車が1時間遅くなったお陰で時間に追われることなく大清水まで抜ける事ができました

装備的に“ちょっと大丈夫かな…”ってお客様も正直おりましたが

終わってみれば誰ひとり遅れもとらず、元気に歩ききって頂けました

雨も2日目の昼に1時間ほど降っただけ

あとはほんと天候に恵まれましたね

尾瀬沼から見た夕日&夕日に照らされた水芭蕉はめっちゃ綺麗でした♪

IMG_20140614_195208~01IMG_20140614_195005~01








IMG_20140614_194938~01IMG_20140614_194854~01








IMG_20140614_203002~01IMG_20140614_194658~01








IMG_20140614_194607~01IMG_20140614_194332~01








IMG_20140614_194458~01IMG_20140614_193722~01








IMG_20140614_193925~01IMG_20140614_193834~01








IMG_20140614_203452~01IMG_20140614_193617~01








IMG_20140614_193125~01IMG_20140614_193246~01








IMG_20140614_195551~01IMG_20140614_193518~01








IMG_20140614_185331~01IMG_20140614_193419~01








IMG_20140614_190622~01IMG_20140614_184746~01









気になる水芭蕉ですが…

尾瀬ヶ原はほぼ終わっていましたが

尾瀬沼はまだ十分残っていたので良かったです♪

てか、尾瀬の夜がこんなにも寒いとは…

完全にナメてました

山小屋の方によると、7月でもマイナスになることもあるんだとか

山小屋に宿泊される方は防寒対策もしっかりお忘れなく!

日光・草津・鬼怒川ゴールデンルート3日間♪

久々に定番JRコース“くさきぬ”こと草津・鬼怒川温泉3日間に行ってきました

秋のシーズン以来

お客様は19組48名さま

よって添乗員は補助席利用

今月2回目の補助席

ほんまないわ…

上司や会社には何度も改善を求めてるんですけどね

検討中・検討中って

かれこれ10年近く検討中・・・

やっぱり従業員の安全より会社の利益優先の体質は

誰かの命が犠牲になるまでは改善されないようです

ちなみに前回のくさきぬも補助席だったし…

関東地方のコースとは、ほんと色んな意味で相性が悪いね




さて、今回の春バージョンは初日に長野県の“上田城”が入っていました

ただいま上田城千本桜まつりの真っ最中♪

やっぱり場所が変われば桜の開花状況も全然違う!

見事な千本桜を鑑賞することができました

でも所要40分じゃかなり急ぎ足でした

バスを降りて城内までの近道は急な階段だし

階段を避けて二の丸橋ルートにう回路すると距離が長いし

やっぱり1時間くらい取ってあげたかったな


上田城の桜も綺麗だったけど、最終日に行った水沢観音の桜が予想外に見事でビックリしました

今年の春はなんだか桜に縁があるな〜

IMG_20140414_195007~01IMG_20140414_200336~01








IMG_20140413_185356~01IMG_20140413_185520~01








IMG_20140414_194740~01IMG_20140413_183055~01







 IMG_20140414_194943~01IMG_20140414_194922~01









IMG_20140414_194902~01IMG_20140414_194840~01








IMG_20140414_195427~01IMG_20140414_195517~01








IMG_20140414_195705~01IMG_20140414_195731~01








IMG_20140415_103540~01IMG_20140415_130845~01








IMG_20140415_131027~01IMG_20140415_131119~01








IMG_20140415_131157~01IMG_20140415_131323~01








IMG_20140415_131259~01IMG_20140415_131358~01








IMG_20140415_131528~01IMG_20140414_195456~01








IMG_20140414_195147~01IMG_20140415_193628~01









話は変わりますが

いつも北陸線利用の際は予算をオーバーしてでも食べてる番匠のかにめし
(写真左下)

4月より価格が950円から1000円に上がったんですね…

消費税増税の影響を、はじめて実感した瞬間なのでした(涙)


ちなみに帰りに富山駅の魚吉で買ったかにちらし
(写真右下)

こちら500円がタイムサービースで300円なり

コスパ最強♪

房総・伊豆2大半島めぐり3日間♪

珍しく房総半島や伊豆半島に行ってきました


初日は新幹線で三島駅へ

そこからアクアラインを通って房総半島へ入りました


この日は関東地方が春の嵐で台風並みの暴風雨だったんですよね

アクアラインも風速16mの強風が吹き荒れていました
(風速20mで止まるそうなので危なかった〜)

房総半島は観光どころではなく、早めに館山のホテルにチェックイン

翌日は房総半島の館山港から東海汽船のジェット船で伊豆大島へ渡り

観光が終わったら伊豆半島の伊東港へ渡って下田温泉泊り

の予定でしたが

朝からジェット船は欠航…

結局またアクアラインを通って伊豆半島へ

なんとか調整して3日目の行程を先に済ませました

3日目は伊東港からのジェット船の予約が取れたのでここから大島へ

椿まつりで賑わう伊豆大島をほぼ予定通り観光して熱海港に戻ってきました

このジェット船が熱海港に着くのが14時55分

静岡駅から乗る新幹線は17時29分

ちょっとでも道路が混んだらアウトな状況…

でしたが

なんとか新幹線出発時刻の19分前に静岡駅に到着

春の嵐に行程の入れ替えなどなどバタバタな3日間でしたが

結局メインの伊豆大島も晴天の中で観光できたので

結果的にはツイていたのかもしれませんね♪

IMG_20140313_202924~01IMG_20140315_095512~01








IMG_20140315_095425~01IMG_20140315_095544~01








IMG_20140315_095055~01IMG_20140315_095016~01








IMG_20140314_154302~01IMG_20140315_094915~01








IMG_20140315_071707~01IMG_20140315_094822~01








IMG_20140315_101618~01IMG_20140315_114829~01








IMG_20140315_141610~01IMG_20140315_141628~01








IMG_20140315_141648~01IMG_20140315_141721~01








IMG_20140315_141753~01IMG_20140315_141904~01








IMG_20140315_141936~01IMG_20140315_141959~01








IMG_20140315_141507~01IMG_20140315_141540~01








IMG_20140315_141417~01IMG_20140315_141327~01








IMG_20140315_233225~01IMG_20140315_233317~01








IMG_20140315_141134~01IMG_20140315_194034~01










話しは変わりますが

3月15日でJRのダイヤ改正が行われました

それに伴って新幹線(こだま・ひかり)内の自動販売機の営業が終了

てことは

今回みたいにもともとワゴンサービスのない“こだま”だと

災害などのトラブルで新幹線に長時間閉じ込められたら大変だな…


最近、お得なチケットなどでこだまを利用する方も増えていますが

飲み物や食べ物は少し多めに持参した方がいいかもしれませんね

草津・白骨 雪見露天風呂3日間♪

JR利用で草津温泉・白骨温泉の3日間ツアーに行ってきました

3日目に白骨温泉を出発して飛騨高山と白川郷に行ったんですが

雪がハンパなかったです・・・

IMG_20140310_081251~01IMG_20140310_080207~01








IMG_20140310_122914~01IMG_20140310_122954~01








IMG_20140310_124934~01IMG_20140310_125004~01








IMG_20140310_125026~01IMG_20140310_183002~01








IMG_20140310_145651~01IMG_20140310_145727~01








IMG_20140310_145753~01IMG_20140310_145830~01










話は変わりますが

先月、3本目の北海道ツアーに行く前にスノーブーツを買ったんですよね

IMG_20140310_133422~01シーズンも半ば過ぎてるし

ちょっともったいなかったかな〜と思ってたけど

今回のコースでもとがとれました♪




東京スカイツリーと伊香保温泉ツアー3日目♪

3日目は朝からいい天気♪

この空のように最終日くらいは穏やかに過ごしたいね

と思ったけど、そんなに甘くはなかった…

幕張のホテルを出発し、午前中は“東京タワー”“皇居前広場”そして“浅草”へ

IMG_20140103_133027~01IMG_20140103_133133~01









IMG_20140103_133228~01IMG_20140103_133100~01









IMG_20140103_133311~01IMG_20140103_132432~01









浅草がかなり混雑していると聞いていたので昼食込みで3時間半ほど時間をとったんですが

雷門前は想像以上の激混み!!!

なんですかこれは?

ルミナリエならぬ“カミナリエ”ですか?

この混雑を見てあきらめた人、それでも並んで参拝した人

それぞれ正月ムード満点の浅草を過ごされたうよです

IMG_20140103_132309~01IMG_20140103_124540~01









IMG_20140103_132108~01IMG_20140103_124106~01









今回のツアー最後の観光は“東京スカイツリー”

もうここに来るまでにお客様はグッタリです…
(最終日で15時半〜17時半の予約はさすがにキツい)

IMG_20140103_235435~01IMG_20140103_235556~01









IMG_20140103_235524~01IMG_20140103_235643~01










スカイツリーのあとは東京駅に向かって大阪へ帰るのみ♪

だったんですが…

ここからが今回の修羅場ツアーの締めくくり

皆さんもニュースでご存知だと思いますが

1月3日の朝に有楽町で起きた火災

我々の団体もモロに影響を受けました

駅には18時前に到着したんですが、まだ16時台の新幹線が出発していない状態

1時間半〜2時間ほど遅れているわけです

もともとの新幹線は19時03分発で新大阪に22時07分着の“ひかり529号”

このまま指定席に執着して予定の新幹線を待つと今日中に帰れそうにない

自由席ならどの新幹線に乗ってもいいことになったので、前倒しの新幹線に乗って帰ることにしました

どの新幹線でもいいと言っても…

迷うよね

“こだま”はないとして、“のぞみ”にするか“ひかり”にするか?

のぞみの方が早いけど、自由席がひかりより2両少ないしな〜

博多行きより新大阪止まりや岡山止まりの方が空いてそうだよな〜

確実に座れるように1本くらい見送ったほうがいいのかな〜

でもどの新幹線が何時にホームに入ってくるとかJRの職員でも把握してないし

東京駅大きいから新幹線のホームいっぱいあるし

結局、どの新幹線がベストだなんて新大阪に着いてみないとわからない!!

お客様にお弁当を確保してもらっている間に目を付けたのは

もともとの新幹線よりちょうど2時間早い15時03分発予定の“ひかり481号”

これなら自由席が5両あるし、岡山行きだから博多行きより空いてそう

腹をくくってホームに上がると、ちょうどタイミングよく新幹線が入線してきたじゃないですか!

お客様は見事に5両バラバラとなりましたが、全員座席を確保することができました
(こーゆー時にお客様の名前を覚えてると役立ちます♪)

京都や新大阪手前で立ち往生はありましが、結局は新大阪帰着は予定より7分遅れで済みました

昼前には最大5時間以上の遅れもあったと聞いていたので、ほんとツイてたと思います

お客様には色々とご協力とご理解を頂き感謝感謝♪

IMG_20140104_102523IMG_20140104_102205~01









IMG_20140103_230135~01IMG_20140103_235354~01










新大阪に着くと改札前は、手続きや精算を待つ利用客で長蛇の列

ホームには人が入りきれず、エスカレーターの下まで列ができてました

ほんとJRの駅員さんは正月そうそう大変だったと思います





===そして翌日===

私はお休みでございましたが

新大阪では修羅場がまだ続いていたようです(涙)

IMG_20140104_123507~01IMG_20140104_123607~01









お正月のUターンラッシュを襲ったまさかの沿線火災

利用客にとってもJRの方々にとっても、忘れられない年明けとなったのでした

東京スカイツリーと伊香保温泉ツアー2日目♪

実は初日の伊香保温泉はランクアッププランがあったのですが

2日目の朝、ランクアップのお客様を迎えに行ったら

そっちのホテルもかなり不満が溜まっていたようで

「ウチはこんなにヒドかったけど、そっちは良かったんでしょ」

「ウチなんて1万円も余計に払ったのにこんなにヒドかったの!」

席になかなかついてくれないほどお客様同志でクレームの言い合い合戦が勃発

かなり雰囲気の悪い朝を迎えたのでした…



観光は“水沢観音”やこの時期行く意味があまりわからない“長瀞ライン下り”

蔵のまち“川越”など

どこもはじめて行く観光地でした

川越っていい町ですね

所要時間を2時間弱とったんですが、それでも足りなかったかな〜

今度ゆっくり散策してみたいです

IMG_20140102_101054~01IMG_20140102_134105~01









IMG_20140103_132906~01IMG_20140103_133402~01









IMG_20140103_132837~01IMG_20140103_132709~01









IMG_20140103_132632~01IMG_20140103_132556~01









下の写真はガイドさんオススメの“芋太郎”

さつまいもの焼きおにぎりです

これ美味しかった〜

IMG_20140103_133004~01IMG_20140103_132933~01









まぁカタチが三角なだけで、味は焼きいもなんですが…(笑)

今日から東京スカイツリーと伊香保温泉3日間♪

2014年仕事はじめは東京スカイツリーと伊香保温泉3日間

2013年の大晦日はというと…

IMG_20131231_214746~01九州から帰ってきて家でインスタントの年越しそばを食べ

昨年同様、FM802を聞きながら新年を迎え

翌日のツアーに備えて早めに寝たのでした






元旦は比較的気温も高く、新年らしい気持ちのいい朝を迎えました

前日の九州同様、後輩のゆかちんと同じ新幹線で東京へ

初日の観光は“高尾山”のみ

東京駅からは渋滞もなく予定通り1時間ほどで到着

清滝駅からはケーブルに乗って高尾山駅まで6分間

通常は15分間隔ですが、この日は7分間隔で運行していました

大混雑!!を予想していましたが、そんなに混んでなかった…

IMG_20140101_175106~01IMG_20140101_175218~01









IMG_20140101_175240~01IMG_20140101_175145~01









IMG_20140101_175327~01IMG_20140101_175301~01









IMG_20140101_175414~01IMG_20140101_175459~01









所要時間は2時間弱だったので“薬王院(やくおういん)”までの折り返しといった感じ

ここまで徒歩15分〜20分ほど

IMG_20140101_175542~01IMG_20140101_175901~01









IMG_20140101_175610~01途中、男坂(階段)と女坂(スロープ)に分かれています

体力に合わせて進みましょう







薬王院の手前に来てようやく元旦を感じたね

参拝をする人で大行列!

境内にはしれっと入れたので、お客様の頼まれた開運てんぐうちわをゲットし

十種類の具が入った十具(テング)もちを食べ、さっさと薬王院を後にしました

IMG_20140101_175704~01IMG_20140101_175748~01









IMG_20140101_175810~01IMG_20140104_193804~01









で、ケーブルのりばに戻ったらえらい混んでた

あと1本乗り遅れたら出発時間に間に合わないところでした…

IMG_20140101_175931~01IMG_20140101_180015~01









高尾山のあとは一路、伊香保温泉へ

高尾山まではなかなかいい感じに行程が進んでいたんですが

ここからが元旦そうそう修羅場を迎えるツアーの幕開けとなるのでした



コースがややイケてないのは前もってわかっていたんですが

初日のホテルが想像以上にヤバかった

館内はネットで想像していた通り老朽化がひどく

畳はギシギシへこみまくり

夕食は元旦なのに正月らしさが感じられず
(祝い箸すらないし)

冷たい天ぷらは衣にあられがまぶしてあるので硬さ倍増

蒸し物まで冷えてる始末

お客様が仲居さんに蒸し物を渡していたので

「どうしたんですか?」って仲居さんに尋ねると

「チンしてって頼まれました」

だと…(涙)


IMG_20140101_230011~01IMG_20140101_230202~01









IMG_20140101_225849~01IMG_20140101_225931~01










さぁ今日から新しい1年のスタート!

といきたいところなのに

IMG_20140101_230049~01お客様からのクレーム対応に心が折れ

いい加減な企画に対する怒りで

なかなか寝付けない夜なのでした…





スカイツリーが添乗員の胃に悪いワケ

〜今日は東京スカイツリーに関するちょっと業務的なお話し〜

スカイツリー絡みのコースには何度か行かせてもらいましたが

出発前からいつもヒヤヒヤさせられます

その理由は

スカイツリーの予約に合わせて前後の行程を調整しないといけない

とか

天気が悪くて景色がやスカイツリー自体が見れないんじゃないか?

って心配ごとが多いから


でも先日はそれ以外の要因に振り回された2日間でした

それは

強風によるエレベーターの運転中止

今まで他人事のように聞いていたけど、まさか自分のツアーで起こるとは…


前日から東京スカイツリーの事務所より止まるかも?

みたいなFAXは受け取っていました

なので朝からHPで運行状況をチェックしまくり

IMG_20131213_230301~01朝の時点で止まっていたんですが、14時に再開予定

これなら昼食のあとギリギリ昇れるやん♪

って期待していたんですが…






IMG_20131213_230239~01昼食を食べている間に14時の表示が消えてる…


再開は19時頃の見込みとか出てるし!








これはダメだと判断して急遽明日の行程を初日に入れ込むことに

その間、会社で翌日のスカイツリーの予約をとってもらいました

数時間後、なんとか翌日の朝に変更できることが決定

スカイツリーの確認書とバスの駐車票はホテルにFAXを送って受取りました

これでひと安心♪

と思ったら

IMG_20131213_230503~01HPには翌日も強風で運行に影響が出るかもってアナウンスが

さすがにこれはお客様には伝えられんわ…







結局、スカイツリーのチケットを受け取って展望デッキに上がるまで

いつ止まるんじゃないか?ってヒヤヒヤしっぱなしでした


今回は予約の変更もできたし、駐車場も場内のまま変更できましたが

スカイツリーだってすべての団体の予約を変更できるとは限りませんよね

実は前回の同じコースも同様にエレベーターが止まって翌日に変更したんですが

駐車場の予約は取れなくて、浅草でバスを乗降して東武鉄道で移動したそうです


スカイツリー絡みのツアーでスカイツリーに昇れずに帰ってくるとか

想像したくないけど、いつ起こってもおかしくないですよね

これからスカイツリーに行かれるみなさん

天気図の雲行きだけじゃなく、強風にも用心していきましょう

東京スカイツリー・25日までの限定特典って知ってる?

先日行った東京スカイツリー

まだ開業して1年半くらいしか経っていないのに

IMG_20131212_234347~01パンフレットよく変わるよな〜

知ってるだけでも3回変わってる

旭山動物園なみにコロコロ変わるな…(笑)






IMG_20131214_111452~01さて、スカイツリーではクリスマスのイベントの一環でステッカーを配布しています

このステッカー、誰でももらえるという訳ではありません








その入手方法は館内放送でも案内しているそうですが

効果があまりなく、なかなか実行してくれる人がいないとのこと

スタッフさんが言うにはステッカーが余って困っているそうです…


では、どうやったらステッカーが貰えるのか?

それはいたってカンタン♪

スカイツリーのスタッフに

「メリークリスマス♪」

って声をかけるだけ(笑)

IMG_20131214_111538~01でも、どのスタッフでもよいという訳ではありません

サンタの帽子と靴下型のポーチを掛けているスタッフ限定です
(写真参照)







この特典は25日までの限定

この期間にスカイツリーに行った際は是非、サンタのスタッフを見つけて

「メリークリスマス!」って声をかけてみましょうね!

東京スカイツリーとイルミネーション大江戸名所巡り2日間♪

10連勤最後は飛行機利用のコースで東京に行ってきました

初っ端からトラブル発生で行程が2転3転

いや4転5転くらいしたかな?(笑)

もう原型を留めないほどグッチャグチャ

久々にストレスで左目のまぶたがピクピク痙攣した2日間でした

天気が良かったのが何よりの救いかな

スカイツリーからも羽田空港からも富士山が見れたしね


IMG_20131213_223130~01IMG_20131213_222946~01









IMG_20131213_223024~01IMG_20131213_223058~01









IMG_20131213_222926~01IMG_20131213_222725~01









IMG_20131213_222633~01IMG_20131213_222657~01









IMG_20131213_222610~01IMG_20131213_222544~01









IMG_20131213_222446~01IMG_20131213_222340~01









IMG_20131213_223245~01IMG_20131213_223207~01









IMG_20131213_222207~01IMG_20131213_222116~01









IMG_20131214_111754~01IMG_20131214_111819~01









IMG_20131214_111623~01IMG_20131214_111703~01









IMG_20131214_111407~01IMG_20131214_111117~01









IMG_20131214_111315~01IMG_20131214_193133~01









IMG_20131214_115635~01IMG_20131214_171518~01









IMG_20131213_222633~01IMG_20131213_222657~01










話しは変わりますが

東京タワー

今までは団体も個人も同じチケットブース(建物の外)で手続をきしていましたが

今月の3日に団体専用のカウンターが設置されていました

団体カウンターは建物の中に新設されたインフォメーションカウンター奥にあります
(旧ファミマ跡)

これは助かりますよね♪



ちなみに今回のお仕事、あとで分かったんですが

添乗員を始めて1111本目のツアーでした(笑)

東京スカイツリーと富士箱根横浜鎌倉3日間♪

秋のシーズン真っただ中の3連休は関東へ行ってきました

新幹線利用で

富士箱根・スカイツリー・浅草・横浜・鎌倉

と盛りだくさんな内容

3日間通して天気は文句なしの快晴♪

スカイツリーからは初めて富士山を眺めることもできました

ちなみにスカイツリーの駐車場の延長をしたのも初めてです
(今回訳あって90分延長させて頂きました)

内容的には心配ごとが絶えないコースでしたが

GWにも助けられたベテランガイドさんや

協力的なお客様のおかげで大きなトラブルもなくツアーを終えることができました

IMG_20131122_114004~01IMG_20131122_114148~01







IMG_20131122_195043~01IMG_20131122_195111~01







IMG_20131123_110624~01IMG_20131123_110545~01







IMG_20131123_110505~01IMG_20131123_110235~01







IMG_20131123_110409~01IMG_20131123_110430~01







IMG_20131123_132803~01IMG_20131123_142614~01







IMG_20131124_003524~01IMG_20131124_003554~01







IMG_20131123_163556~01IMG_20131123_163928~01







IMG_20131123_163340~01IMG_20131123_163214~01







IMG_20131123_175531~01IMG_20131123_175610~01







IMG_20131123_215947~01IMG_20131123_222257~01







IMG_20131123_233125~01IMG_20131123_233357~01







IMG_20131123_233433~01IMG_20131124_102346~01







IMG_20131124_003903~01IMG_20131124_151842~01







IMG_20131124_152001~01IMG_20131124_153448~01







なんか最近、連休とか混む日はいつも鎌倉にいるような気がする…

最終日、鎌倉を観光して小田原から帰るのは心臓に悪いです(涙)
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・