ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

国内添乗◆関東・甲信越

今日から高遠桜と雪の大谷ウォーク2日間

今日から信州随一の桜の名所“高遠城址公園”

いよいよ全線開通した立山黒部アルペンルートの添乗です

 

今日は新幹線に乗って岐阜羽島駅下車

ここから観光バスで一路長野県に向かいます

途中、“レストハウス駒ヶ根”さんで高遠城址公園の入場券と地図

そしてオプショナルのお弁当をピックアップ

001

002

 

 

 

 

 

高遠城跡公園の桜というと、駐車場がどこかで明暗を分けます

詳しくはコチラ

歩いてゲートまで行ける駐車場か?

シャトルバス利用の遠い駐車場か?

時間も決して早くないし、シャトルバス利用を覚悟していたんですが

今年は観光バスの減少を見越して、土日などの混雑時以外は極力シャトルバスは利用しないそうです

今日も何の問題もなく“公園グランド駐車場”に入ることができました

007

006

 

 

 

 

駐車場の時点でこの満開の桜!

テンション上がるな〜

高遠桜の見所は、場内に植えられた約1500本の“コヒガンザクラ”

小ぶりで色が濃いのが特徴です

008003

 

 

 

 

010

公園グランド駐車場にバスを止めれたので【グランドゲート】から入場

チケットを持っていると出入り自由です


 

011014

 

 

 

 

二の丸広場には屋台が並び美味しそうな匂いが漂っていました

天気予報では下り坂だったけど、青空も見えて爽やか♪

017019

 


 

 

020013

 

 


 

024028

 

 


 

026037

 

 

 

 

下の写真は“桜雲橋(おううんきょう)”と呼ばれる小さな橋

城内でも一番人気の撮影スポットです

039031

 

 

 

 

034

あ〜青空が広がっていたのも束の間

いつの間にか雨雲に覆われて降りだしてきました…

 

 

 

さて、お帰りですが、ゲートは他にも

南ゲート(写真左)、北ゲート(写真右)

があるので間違えないように注意しましょう

029033

 

 

 

 

040

公園グランドだけでも観光バスが80台ほど入ります

お客様への案内はしっかりと!

 

 

高遠を無事予定通り出発したあとは梓川SAで休憩をとって、大町温泉郷へ

お世話になるのは“黒部ビューホテル”さんです

041042

 

 

 

 

夕食にはリンゴの天ぷらが出ていました

041a042a

 

 

 

 

今日は4時前に起きて寝不足だから、今夜は早く寝よっと

 

ところで

043

館内は落ち着いた雰囲気なんですが…

なんでベッドが子ども部屋みたいなんやろ(涙)

 

 

 

日光・湯西川ゆとりツアー3日目♪

ツアー最終日は文句なしの快晴に恵まれました!

朝からホテル前の道路は、第二いろは坂を上ってきた車ですでに渋滞

そんな渋滞を横目に、我々は第一いろは坂を下ります

001006

 

 

 

 

今日はほんと、文句なしの快走です

反対車線は日光宇都宮道までずーーーーーっと渋滞

ほんとありえないくらいの渋滞でした

こちらは何のトラブルもなく快適に最初の下車地“隅田公園”

ここからスカイツリーを眺望

011012

 

 

 

 

添乗指示書には“今戸駐車場”に止めて見る事になってたけど、隅田公園で見る場合は“台東リバーサイドスポーツセンター”って施設の前に路駐するのが一般的なんだとか

確かに今戸駐車場に止めて見るより、こっちの方が断然いい
(8月に今戸駐車場に止めたときはこんな感じでした

隅田公園のあとは浅草へ

二天門の前のバス乗降場所で下車

仲見世を通りお昼ごはん会場へ向かう予定でしたが…

なにやらすごい人だかり!

実は、浅草では時代祭りなるイベントが開催されていたんです!

ちょうど仲見世を祭りの行列が進行していたので、裏を通ってお店に向かいました

022

023

 

 

 

 

なんとか迷子もなくお店に到着

今日のランチは浅草の老舗“三定”さんで天ぷら定食

お店の前には開店前からすでに行列が

024027

 

 

 

 

予定より1時間早くホテルを出発したおかげで浅草でゆっくり時間がとれました

浅草から見るスカイツリーも綺麗なんですよね
(わざわざ浅草の前に隅田公園で見る必要ないような…

067065

 

 

 

 

 

 

 

で、お客様が浅草を散策している間に事態が急変

069

時代祭りの交通規制で、馬道通りが通行止めに

こんな大通りが閉鎖になるとは・・・

 

 

068

よってバス乗降場所場所の二天門前の通りももちろん車両通行禁止アリアに

どっからバス乗るんだよ!!!

 

 

072

そしてそして、再集合場所に指定していた二天門にまでロープで規制がかかる始末

どこで集まるんだよ!!!


 

なんでこんなに厳戒態勢かと言うと・・・

078

再集合の時間のちょっと前に、ちょうど金龍と呼ばれる行列の先頭が二天門を通過するところだったんです

そりゃ混むわ


 

077075

 

 

 

 

お客様の集まりが良かったので、なんとかこの人ごみの中でもお客様全員と合流できました

079

ここからは迎えに来たガイドさんに、バスが止まっている場所まで誘導してもらいます

なんか東北の夏祭り気分


 

東京市内は祝日で空いていたのでスイスイと東京駅に到着

日本橋口も工事が終わってスッキリしましたね

080081

 

 

 

 

083

初日はバスの駐車場(鍛冶橋駐車場)に一番近い【八重洲南口】を利用

帰りはバスの降車場所になっている【日本橋口】を利用

東京駅では最後の最後にお客様が駅で迷子にならないように気が抜けません

 

 

 

いや〜今回のツアー、お客様が16名でほんと良かった

これで40名とかだったら悲惨だったな…

ガイドさんもベテランさんだったので助かりました

風邪をこじらせながらだったけど、これで無事10連勤も終了

明日1日休んで、あさってからは9連勤です

早く風邪を完治させて秋のシーズンを乗り切らないと!

日光・湯西川ゆとりツアー2日目♪

ふかふかの布団で目覚めた2日目〜

今日は天気も期待できそう

昨日は暗くてよく分からなかったけど、湯西川温泉の紅葉、かなり見頃です!

030027

 

 

 

 

2日目の観光は日光東照宮と華厳の滝

以上!

さすがゆとり旅(笑)

輪王寺の改修工事、9月に来たときよりもだいぶ進んでてビックリ

032033

 

 

 

 

ここは紅葉の名所ではないけど、輪王寺の出口あたりは綺麗な紅葉が見られました(と言うかここくらいか)

035034

 

 

 

 

037

しかし今日も観光客多いな〜

ちょっと日陰に入ると、めっちゃ寒い日光東照宮でした

 

 

038

今日のランチは磐梯ドライブインさんで「日光湯葉定食」

ヘルシーすぎて、今日も男性陣には物足りないか…

 

 

午後はいよいよ“いろは坂”を上ります

039

既に下りの第一いろは坂方面から来る道路は渋滞

逆でよかった〜

 

 

上りコースの第二いろは坂は、すいすい進むことができました!

 

明智平の手前までは…

ここからピタっと止まってしまって、結局上りきるまでに1時間近くかかってしまった

期待していた紅葉は

「ん〜所々は良かったよ」って感じでした

042041

 

 

 

 

045

華厳の滝はやっぱり秋が綺麗ですよね

昨日までの雨のおかげで、迫力のある滝を見ることができました

 

 

046

ホテルで飲もうと売店にレモン牛乳を買いに行ったんですが

すでに売り切れ!

ん〜恐るべしローカルフード人気

 

今夜のお宿は中禅寺湖畔温泉

創業明治27年の老舗“日光レークサイドホテル”さんです

047049

 

 

 

 

048

部屋の窓から見えた玄関前の紅葉が、日光で一番綺麗な紅葉だったかも(笑)

 

 

 

051

今夜の夕食、いやディナーはフランス料理のフルコース!

さすがゆとり旅(笑)

 

 

でも一人で食べるフルコースってさすがに味気ないな

052053

 

 

 

 

しかも添乗員さん、ちょっと風邪気味

さらに虫歯と親知らずがうずいて大きな口が開けられないんですよね

おかゆとかで全然良かったんですが…

精神的にも肉体的にもちょっとキツいディナーなのでした

今日から日光・湯西川ゆとり旅3日間♪

社内報の編集業務も無事終わり、今日からJR利用の3日間コースの添乗です

ツアータイトルは

「紅葉の日光・那須塩原・湯西川温泉ゆとり旅3日間」

ゆとり旅ってあるくらいなので、いつものツアーに比べてゆったり優雅な内容

フルムーンパスを使わないフルムーンツアーみたいな感じです

新大阪から東京までの新幹線もグリーン車利用

001

途中、名古屋で弁積み

松浦商店さんの“コーチンわっぱめし弁当”

男性にはちょっとボリュームが少なかったかな・・・

 

めったにない東京駅下車でバスに乗り込み、今日最初で最後の観光地“もみじ谷大吊橋”へ向かいます

008

高速降りるまで天気良かったのに、吊橋に到着する直前になって霧雨が

 

 

 

もみじ谷大吊橋の全長は320m

無補剛桁歩道吊橋としては本州一長い吊橋です

006007

 

 

 

 

その名も“もみじ谷ってくらいなので、かなり期待していましたが

ん〜モヤがかかってるのもあってか、お客様の反応はイマイチでした

005004

 

 

 

 

このあとは今夜のお宿、湯西川温泉へ行くだけです

いや〜さすがゆとり旅、非常にシンプルな行程です

でも、この湯西川温泉

平家の落人の里だけあって、めっちゃ山の奥にある温泉地なんです

細い山道なのでカーブが続く続く

ようやく2時間かけてホテルに到着した頃には、お客様はフラフラになっていました
(あれ、ゆとり・・・のはずが…

でも、今夜のお宿、湯西川温泉の“花と華”さんはとっても素敵なホテルなんですよ〜

012

玄関まで続く灯籠は、センサーで人が通るたびに点灯する仕掛けになっていて、なんだかワクワク

 


 

014

突き当りまで歩くと…あれ玄関がない!

と思ったら、左側の扉がオープン!

 

 

019

外側からは想像できないほど、中はきらびやかで広々

このロビーまでの演出が、あたかも別世界にきたような雰囲気にさせてくれます

 

 

平家の落人ゆかりの地だけあって、館内はちょっとした歴史博物館のよう

スタッフの対応も、めちゃくちゃ良いです

018017

 

 


 

015016

 

 

 

 

そして花と華さんの名物“お狩り場焼き”と呼ばれる夕食がユニーク

囲炉裏を囲んでの夕食なんですが、昔ながらの家屋を移築して食事会場として使っているんです

今回利用した五番館と呼ばれる家屋(写真右)は、3棟ある家屋の中で一番古く、昔は味噌屋だったそうです

築300年以上経つだけあって、雰囲気ありますよね〜

026

021

 


 

 

020024

 

 

 

 

まさかこんな場所でご飯を食べると思っていなかったらしく、急いでお部屋にカメラを取りに帰ったお客様もいました(笑)

 

さて、最近、テンションの下がる添乗員部屋が多いブログな添乗員ですが

今夜はちゃんとしたお部屋を頂きました

009

022

 

 

 

 

布団がふかふかって

いいですよね♪

草津・鬼怒川ツアー3日目♪

くさきぬツアー3日目!

001

今朝も窓の外は雨模様

ま、今日は広い範囲で雨って予報が出ていたので仕方ないか

 

 

鬼怒川温泉からドライバーさん泣かせの“日光いろは坂”を上り“華厳の滝”

有料のエレベーターを使って下から見上げることもできますが、小学生の団体でかなり混み合っていたので、無料の展望台へ

さすがに標高が高い場所にあるのでモヤで真っ白

かろうじて滝の流れが確認できるくらい…

003004

 

 

 

 

でも出発10分ほど前になってちょっと周囲が明るくなってきた

「もう一度リベンジしましょー!」と近くにいたお客様と再度展望台へ行ってみると…

010

おぉーさっき景色が嘘のように、ハッキリ滝が現れていました

最後まで諦めちゃいけませんね

 

 

日光の売店では“関東・栃木レモン”人気にあやかったお土産がズラリ

009008

 

 

 

 

007

キャラメルやクッキー、アイスクリームまでありました

でも、どの商品も“関東・栃木レモン”ではなく“レモン入り牛乳”って書いてある

マークも似ているようで違う…

両者は関係ないのでしょうか???

華厳の滝のあとは“中禅寺湖”

引き続き雨も止まないので、お客様はドライブインの中でお買い物

添乗員オススメの日光名物を買いあさっていました

012014

 

 

 

 

015

それがコチラ

“日光甚五郎煎餅”

サラダ煎餅みたいな感じの塩バター味のお煎餅です

 

添乗員が初日からプッシュしてたので売れる売れる(笑)

試食を出したらもっと売れるのになぁ〜

016

ドライブインの乗務員休憩室ではストーブがたかれていました

ほんと一気に涼しくなって体崩しそうです

 

 

このあとバスは栃木レモンの栃木県を離れ、群馬県へ向かいます

今日の昼食は沼田ICのそばにある“原田農園”さん

ここの乗務員食はちょっと変わってるんですよね

昼間っからガッツリ、なんと

焼き肉なんです(笑)

乗務員食がジンギスカンってお店はあるけど、焼き肉を出してくれるのは原田農園さん以外知りません

ビールもあれば最高ですね

017018

 

 

 

 

019

おっと

お客様にバレないように、食後のファブリーズは忘れずに(笑)

 

 

午後はサービスエリアで2度休憩をとってひたすら富山駅へ

1日目はJRの大幅な遅れでバタバタしたけど、あとはトラブルなくツアーを終えることができました

 

あ、日光の食堂でこんな変わったサンプルを発見

「なめこうどん」らしいですが…

006

うどんのサンプルの上にサランラップに包まれた“なめこ”が!

このなめこ、本物が干からびた物なのか、何なのか未確認です(笑)

 

 

華厳の滝のエレベーターの横にある売店にありました

正体をご存知の方はブログな添乗員までご一報ください(笑)

草津・鬼怒川ツアー2日目♪

くさきぬツアー2日目!

001

朝、カーテンを開けると外は雨模様

天気予報は雨じゃなかったと思うんだけどな〜

 

 

出発時は、息が白いほど冷え込んでいました

今日は“浅間酒造”さんと高速道路のPAで休憩をはさんで“草木ドライブイン”さんで昼食

草木ドライブインのすぐそばには不慮の事故で手足の自由を失い、口に筆を挟んで絵を描き続けている星野富弘さんの“富弘美術館”があります

そんな富弘美術館でこんなサービスを発見

国内初となるiPadを使った“MuseumPad”

カフェを利用したお客様に無料で貸し出しているそうです

iPadって色んな業種で活用されていますね

003

002

 


 

 

 

004

午後はこのツアーのハイライト、日光東照宮

現在、輪王寺の本堂は修復工事の真っ最中

 

 

もう少ししたら完全に覆われてしまって(写真左がイメージ)、10年ほどは今の姿を見れなくなるそうです

005006

 

 

 

 

010

それにしても小学生の修旅が多いな〜

少しヒンヤリしたけど、なんとか雨にも遭わずに参拝を終えました

 

 

最後は今市の“日光ろばたづけ・鬼怒川店”さんへ

お店の方が「これ食べてみて〜」と持ってきてくれたのは“たまり漬けの握り寿司”

見た目はちょっと地味だけど、これ美味しいですよ!

お漬物にも色んな食べ方があるんですね〜

日光へ起こしの際は是非お土産に買って帰って、自宅でお試しください!

012011

 

 

 

 

今夜は鬼怒川温泉の“ホテルサンシャイン鬼怒川”さんに初めてお世話になります

鬼怒川で利用するホテルは頻繁に変わるんですよね

014

夕食には日光名物“ゆば”が出ていました

でも昨日がバイキングだけに、ちょっと物足りないかも…

 

 

さて、9月7日は「ブログな添乗員」の誕生日でしたが

今日、9月15日は私、「フナッシュ」の誕生日!

013

お客様にカステラ、ガイドさんに栃木にちなんだ“栃木焼き餃子チップス”“関東・栃木レモン”を頂きました

 


 

これ関東・栃木レモンなんですね

栃木レモンだと思ってました

すっぱい味をイメージしてたけど、全然すっぱさはなく甘い!

それもそのはず、無果汁だ…(笑)

でも、まったりした味でめっちゃ美味しかった!

ガイドさんありがと〜

前から気になってたので嬉しかったです

 

008

今日は久々の富弘美術館で人によって日常の風景がこれほどまで違って見えるのか」とホント考えさせられました

 

ワガママや贅沢ばっかり言ってちゃいけませんね

 

当たり前の事やささいな事、周囲の人たちに感謝する心を忘れずに、新しい1年を過ごしたいと思います

今日から草津・鬼怒川3日間♪

今日から草津温泉と鬼怒川温泉に宿泊して、日光などを観光するJR利用3日間コースの添乗です

通称“クサキヌ”

超定番コースだけど、何年振りだろ?

かなり久々です

今日は朝からJRの人身事故の影響でてんてこまい

福井あたりまでシートに腰をかける暇もないくらいバッタバタでした

結局は富山駅に50分遅れで到着

トイレ休憩を2度とり、今日最初で最後の観光地“白根山の湯釜”に向かいます

010

昔使っていた湯釜への遊歩道って閉鎖になったんですね

もともと結構歩かないと見れない湯釜でしたが、さらに距離が長くなったようです

 

 

到着した時間が遅いのもあって、外の気温は13度

函館山より余裕で寒い

上着持ってきてて良かった〜

002004

 

 

 

 

003

それにしても遠いね

先に歩き出したお客様が小さく見える…

 

 

005

途中、こんな張り紙が

 

気持ちはよく分かります

 

009

振り返るとバスは遥か彼方

トイレも前の遊歩道寄りにあるので不便です

 

 

片道15分〜20分ほどで湯釜が見える展望台に到着

ここまで頑張って見れなかったらガッカリだけど、見事綺麗に見ることができました!

007006

 

 

 

 

白根山から草津温泉までは約30分

今夜のお宿は、昔からクサキヌツアーでお世話になっている“草津ナウリゾート”さん

「なう」なんて、今風ですね←関係ない

 

レストランが綺麗にリニューアルされていてビックリです

スタッフの皆さんも感じが良い

011012

 

 

 

 

バイキング会場では、今が旬の嬬恋高原キャベツが山盛り!

美味しそ〜

味噌汁の具もバラエティー豊かで楽しいですね

013014

 

 

 

 

と、言うことで今夜のメニューはこんな感じになりました

015

思った通りキャベツも味噌汁も美味しくて大満足
(ドレッシングが口に合わなかったけど)

 

 

 

今夜は湯畑に行きたかったけど、今朝のトラブルの影響でまだ未解決な問題が残っているので断念しました

 

明日、目が覚めればひとつ歳をとります

 

眠たいけど

なんか寝たくない…

天空のエスカレーターと志賀高原ツアー2日目♪

爽やかな志賀高原で目覚めた2日目

001

今朝のバイキングにこんなヒンヤリメニューを発見!

キューリがシャキシャキでめちゃ美味しかったです(トマトは歯にしみそうなので却下)

 

 

2日目の観光は志賀高原で最も標高の高い“横手山”

最高峰と言っても、全然歩かなくていいんですよ(笑)

“のぞき”と呼ばれる場所から“スカイレーター”“スカイリフト”、2つの乗り物に乗って山頂を目指します

チケットはスカイレーター&スカイリフト共通の往復券なのでなくさないように注意!

004003

 

 

 

 

ところで“スカイレーター”ってご存知です?

005

山の斜面に続くエスカレーターのような乗り物なんです

高低差は35mで長さは200m

ナニコレ珍百景でも紹介されたことがあるみたいですよ

 

 

 

 

スカイレーターを上りきると、今度はスカイリフトに乗り換えです

006

007

 

 

 

 

008

ここから一気に山頂へ

高低差は170mで長さは410m

2人乗りですが、乗り降りが心配な方は1人で乗ったほうがいいそうです

 

 

 

このリフト、スキー用なので夏季は高さを低めにして運行しています

冬の時期にこんなに地面に近かったらスキーがひっかかりますもんね(笑)

010009

 

 

 

 

あっという間に横手山の山頂に到着

左に見える山小屋には日本で一番標高の高い場所にあるパン屋さんがあります

右奥には“渋峠ロマンスリフト”があるので間違ってそちらに降りないように!

014

011

 

 

 

 

リフト乗り場の2階は展望台になっています

今日はちょっと雲が多かったな…

013012

 

 

 

 

015

帰りも同じ道のり

リフトって降りる時の方が迫力ありますね

 

 

リフトは上下同時に動いてるから問題ないんですが…

016

実はスカイレーターは1本しかないので、昇りと下りで交互運転をしているんです!!

 

 

 

我々が下っているという事は…

019

そう、下ではまだかまだかとシビレをきらしている観光客が!

時間には余裕を持って利用したほうがよさそうです

 

 

この横手山を出発したのは午前10時

はい、今回のツアーの観光はこれにて終了ですm(__)m

このあと中野のフルーツランドさんで休憩

駒ヶ根のレストハウス駒ヶ根さんで昼食を食べて名古屋駅に戻ってきました

高速もスイスイ進んで、列車出発の2時間前に着いてしまった…

昨日と同じように太閤通口から桜通口まで人ごみの中をゾロソロ誘導

022021

 

 

 

 

020

桜通口に“金の時計”ってスペースがるので、そこで再集合にしました(この後人が増えすぎて、ちょっと失敗したかもと反省

 

 

 

025

帰りの列車は4両編成の貸切列車“楽”

はじめて乗る列車です

 

 

普通席でも窓が広々

サロンスペースも2ヶ所ありました

でも“楽”ってネーミングのわりに、リクライニングがきかないんだな…

027026

 

 

 

 

ウチのツアーは一番うしろの車両を利用

先頭と最後尾の車両は4列が階段状の展望席になっています(写真右下)

景色はいいけど回転しないので逆方向になってしまった…

029028

 

 

 

 

030

あ、こんな補助席まで付いてました

これにはちょっとビックリ

 

 

今回のツアーは楽が利用できた事と、名古屋駅がちょっと分かるようになったのが大きな収穫でした

 

さぁ、明日からは九州へ

これまた初めて行く熊本の“山鹿灯籠まつり”の添乗です!

明日も朝早いけど頑張ろう!!!

今日から天空のエスカレーターと志賀高原2日間♪

いつの間にやら夏休みも大詰め!

ついにお盆の渋滞シーズンに突入しましたね

ブログな添乗員も昨日から14連勤に突入です…

今日から行くのは珍しく近鉄特急を利用したツアー

001

朝は4時に起きて近鉄の“大阪難波駅”

こんな場所に集合するのは初めてです

 

 

002

近鉄特急アーバンライナーで名古屋まで約2時間半

近鉄で名古屋に行くのも初めてなので車窓からの景色が新鮮でした

 

 

はじめてづくしの今回のツアー

名古屋から観光バスに乗るのも初めて(笑)

近鉄名古屋駅は桜通口側だけど、バスが止まっている“バスバース”って乗降場所は、正反対の太閤通口

帰省客で賑わう名古屋駅を突っ切ってお客様を誘導しないといけません

今回のツアーで一番心配なスポットがここでした

お客様が全員バスに乗ってくれた時点で、今回のツアーは8割終わった気分(笑)

004005

 

 

 

 

今日の昼食は“恵那峡SA”で自由昼食

かなり混み合っていたけど、ファミマもあったので助かりました

006008

 

 

 

 

思ったほど高速も混んでいなかったので、予定通り[恵那峡SA→みどり湖SA]と2回休憩で今日唯一の観光地“善光寺”に到着

 

010

善光寺に来るの久々だな〜

境内は明日から2日間行われる盆踊りの準備の真っ最中でした

 

 

009

善光寺って案内人さんを付けると、いつもお札の押し売りみたいになって気が重くなる

どこのツアーもこんな感じなのかなぁ〜…

 

 

善光寺からはスムーズに志賀高原へ

結局、予定より50分ほど早くホテルに到着できました

 

今夜のお宿は“志賀高原プリンスホテル”さん

夕食はバイキングでしたが…

ビックリするほど種類が少なくて、味もイマイチでした

あ、でもトマトは美味しかったので満足ですけど(笑)

013014

 

 

 

 

この志賀高原プリンスホテルさん、実は室内にクーラーの設備がないんです!

それほど涼しい場所ってことですね

窓を開けているだけでヒンヤリさわやか♪

 

さぁ14連勤は始まったばかり!

今夜は早く寝てあと12日頑張ろう

わくわく横浜・東京・箱根ツアー3日目・後半♪

はい、後半戦はいりまーす

 

時間がタイトなのでお弁当はバス車内

025

ほんとは海老名で休憩をとる予定でしたが、事故渋滞に遭遇して箱根まで2時間以上ノンストップでぶっ飛ばしてもらいました


 

 

【強羅(ごうら)駅】を13時15分発の箱根ケーブルに乗りたかったんですが…

 

ギリギリアウト

仕方なく次の13時30分に乗ることにしました

ここは特にお客様に配る乗車券などはありません

251名乗りなので全員一緒に乗れたんですが、車内は通勤ラッシュ並みの大混雑

添乗員は左上に乗車するとスムーズ

026027

 

 

 

 

約10分で【早雲山(そううんざん)駅】に到着です

ここからは箱根ロープウェイに乗り換え

029

ロープウェイは1人1枚乗車券を発行

大人と小人を間違わないようにお客様に配ります

 

 

ロープウェイは18名乗りのゴンドラに分乗

ここから先はまとまって移動するのが困難なので、お客様に【桃源台(とうげんだい)駅】までひたすら進んでもらうよう案内

このあと乗船する海賊船の時間がかなりシビアだったので、添乗員は一番先頭のゴンドラで桃源台を目指します

028030

 

 

 

 

早雲山から先はゴンドラの中から富士山が見えるエリア

途中、山を越え景色が開けてきたら、そこが大涌谷(おおわくだに)

箱根ロープウェイのメインスポットです

031032

 

 

 

 

ロープウェイはこの【大涌谷駅】で強制乗り換え

でも、桃源台に行く事さえわかっていれば迷子の心配はありません

階段の上り下りもないのですぐ分かります


(なんか流れがアルペンルートみたいやな…

033034

 

 

 

 

035

大涌谷から桃源台までは芦ノ湖を眼下に見ながら下ります

途中に【姥子(うばこ)駅】がありますが、そのまま降りずに終点の桃源台まで乗車

 


桃源台駅は箱根ロープウェイの西の起点だけあって、結構大きな駅です

海賊船乗り場は地下2階

階段の降り口でお客様を集めて乗船手続きをしようと思ったんですが…

036037

 

 

 

 

038

14時20分の船に乗りたいのに

すでに14時18だよ!

 

 

船会社に連絡したんですけど、定時出発なので待ってもらえず…

040

無情にも予定の船は遠く彼方に消えていったのでした…

「チーーンって感じ…

 

 

まぁ出航してしまったものは仕方が無い

気を取り直して乗船手続き

039

ここでは団体で1枚のチケットを発行

お客様はツアーバッチが乗船券代わりです

 

 

次の船は40分後の15時00分出港

ここでようやく添乗員さん、トイレに行く時間がとれました

よく考えたら博物館を出発してから、この4時間

トイレに行く暇もなかったもんな

043

気が付いたら乗船口はフロアに収まりきれないほどの混雑

早めに並んでおいてよかった〜

 

 

041

お客様は列に並んだまま退屈そうだったので、暇つぶしにとフリーペーパーを配布

「こどもとドライブ」なんて冊子もあったので助かりました

 

 

桃源台からの海賊船は

【箱根町(はこねまち)港】経由【元箱根(もとはこね)港】行き

今回のコースは箱根町港で降ります

044045

 

 

 

 

048

乗船が始まると、どこにこんなに人がおってん!

ってほど続々と観光客が乗ってくる

 

 

042

やたら人が多いと思ったら、箱根では31日から5日間限定で湖上花火大会が開催

その影響で混んでいたのか!

 

 

なんか今回のツアーは花火大会の混雑に巻き込まれまくりやな…

 

約30分の芦ノ湖遊覧

箱根町港で降りると“ノア”というドライブインがあります

このお店の横がバス駐車場です

時間があれば買い物の時間を取ったり、湖畔を散策してもいいですね

049

050

 

 

 

 

我々は予定のケーブルにも予定の海賊船にも乗れなかったので、そんな余裕はありません

とにかく急いでバスに乗り込んでもらって、三島駅に向かいました

箱根から三島駅まではひたすら一般道

国道1号線もそれほど混んでおらず、無事新幹線にも間に合うことができました

ほんと今日は午後からヒヤヒヤしっぱなしでした…

 

三島駅からはこだまに乗車

各駅なので新大阪まで3時間近くかかります

三島の次は【新富士駅】そして【静岡駅】と止まります

静岡と言えば…

そう、去年お台場に登場した18mの等身大ガンダム!!

静岡駅と勘違いされやすいですが、実際には静岡駅の隣の駅【東静岡駅】の北側の広場に立っております

東海道新幹線からは、ほんの数秒しか見えないので見たい人はまばたき注意!

ガンダム車窓 (2)

下り線だと静岡駅到着のアナウンスがかかったら右側の窓を注目

左がドコモのビル、右がアルソックのビルでこれが目印

 

 

このビルのすぐ目の前がガンダムの立っている広場なんです

ガンダム車窓 (1)

ほんの一瞬ですが、ガンダムが見送ってくれましたよ

お子様もガンダムが見れてちょっとテンション上がってくれたし、良かった良かった

 

 

いや〜それにしても精神的に疲れた1日だったな〜

例年になく、渋滞&混雑に悩まされた今年のわくわくツアーなのでした・・・

 

これから行く後輩諸君

健闘を祈ります!

わくわく横浜・東京・箱根ツアー3日目・前半♪

昨日の晩はホテルの部屋に入ったのが23時すぎ

それでも頑張ってブログを更新して、夜中の1時すぎに寝たんですが…

001

今朝は5時33分に携帯のメールに着信が!!!

カーテンを開けっ放しで日差しが入ってたから、バイブだけでも目が覚めちゃったんですよね

 

 

なんでこんな時間にメールやねん!って嫌々目を覚ましたんですけど

めっちゃ綺麗な景色が窓の外に広がっていました

それがコチラ↓

朝もやに浮かぶ東京スカイツリーです!

004s

 

 

 

 

 

 

 

昨日の晩は暗かったからスカイツリーが部屋から見えてる事すら知らなかった

なんだかスカイツリーが「この姿を見てくれ」と言わんばかりの早朝メール

もちろん二度寝なんかせずに、しばしこの風景に酔いしれていました

003s

 

 

 

 

 

 

 

大きな声では言えませんが

添乗員の部屋、38階だったんですよね

めっちゃ景色良かったです(笑)

007008

 

 

 

 

最終日は“隅田公園”から東京スカイツリーを眺望

“今戸駐車場”というマニアックな駐車場にバスを止め隅田川沿いを歩きます

009010

 

 

 

 

011

景色が広がっている辺りで写真タイム

お客様は「わざわざ下車するか?」って感じの反応(笑)

駐車場にトイレもないしね…

 

それにしても、てっぺんで作業している人ってどんな感じで仕事してるのか、めっちゃ気になりません?

簡易トイレとかどこにあるんやろ?

何時間交代かな?

急にお腹が痛くなったらどーするんやろ?

強風とか吹いたら揺れるやろな〜

って色々考えてしまいます(←大きなお世話?)

019023

 

 

 

 

お次は“江戸東京博物館”

現在、特別展示されている“大昆虫博”の見学です

024

常設展示と共通券だったので6階までエスカレーターで上がったんですけど、目的の昆虫博は1階でした…

でも大人は常設展示の方が見応えがあったようです


 

博物館でお弁当を積み込んだあとは東京を離れ、一路箱根へ向かいます

 

おっと、この先は後半へ

なんせこのあと何本か同じコースが出発

可愛い(?)後輩たちが行く予定ですので、ちょっと業務的な内容で長々なってしまいました…

わくわく横浜・東京・箱根ツアー2日目♪

わくわくツアー2日目

今日はホテルを8時に出発

泊まっていたスターホテル横浜さんは、すぐ目の前に山下公園氷川丸

ゆっくり時間があれば朝のお散歩とかにいいですね〜

001002

 

 

 

 

横浜でゆっくりする暇もなく向かった先はディズニーリゾート!

めっちゃ久々に来ました

朝からすんごい人ですね

どこにどうやって並んでいいのやら

004006

 

 

 

 

ゲートに向かってなるべく右の方の列にお客様に並んでもらって、添乗員は団体専用の窓口でクーポンをチケット(パスポート)に引き換えます

005

それがこの団体専用ブース

ゲートに向かって一番右側の建物です

 

 

003

ここでチケットと明細と園内パンフレットをピックアップ

大人・中人・小人と間違わないように配りましょう!

 

 

お客様にチケットを配って、全員の入場を確認

そのあとは閉園まで自由行動です

乗務員さんは近くのサウナへ仮眠をとりに行きました

 

添乗員さんは?

デイズニーって他のテーマパークと違って添乗員用のフリーチケットはないんですよね

よって、中には入れません…

会社から「乗務員さんと一緒にサウナに行っていいよ」って言われてたけど、朝からサウナってのもな〜

自腹でディズニー入ろうかと本気で悩んだけど、余計に淋しくなるのでやめときました

 

 

お客様には閉園いっぱい遊んでもらって、ディズニーを出たのが22時20分

途中、ライトアップされたレインボーブリッジ東京タワーを車窓より見学

約30分で、今夜の宿泊先“グランドプリンスホテル赤坂”に到着しました

時計を見れば、もうすぐ23時!

大人も子どもも疲れきって放心状態でした…

122

ホテルの部屋からは夜景が綺麗

なんだか寝るのがもったいないな

 

 

今日は2万4千歩以上歩いて足がパンパン

よく歩いた1日でした

最終日の明日は箱根の観光

初めて箱根のケーブルやロープウェイに乗ります!

今日からわくわく横浜・東京・箱根3日間♪

早いもので今日から8月ですね!

いよいよ夏本番!という事で今年も出ました

“わくわく体験ツアー!”

毎年夏休みになると期間限定で出発する家族向けのツアーです

行き先は北海道・九州・信州と色々ありますが、今年は珍しく“関東”

今日がこのコース1本目の出発日です

お客様は大人19名&子ども11名の8家族、30名様

まずは新大阪駅から新幹線に乗って掛川駅へ

そこから観光バスに乗り換えて“新金谷(しんかなや)駅へ向かいます

ここから大井川鉄道のSL列車に乗車

添乗員は先にバスを降りて、駅舎の前にある“PLAZA LOCO”という建物の中で手続き

記念乗車券を受け取ります
(乗車券はなく添乗員がクーポンを見せて改札を通る)

006

004

 

 

 

 

005

カウンターの横に大井川鉄道のパンフレットもあるので、お客様に配ってあげましょう


 

 

駅構内は小さいのでかなり混みあっていました

ホームにも溢れんばかりの人・人・人

003

007

 

 

 

 

022

SL列車は指定席なので、事前に大井川鉄道さんにFAXを取り寄せ席割りをします

幼児はひざの上なので、かなり窮屈です…

 

 

しかしほんとレトロな車両だな〜

トイレも一応ありますが、きたなすぎてみんな使いません(笑)

008009

 

 

 

 

車内ではSLおじさんかSLおばさんと呼ばれる名物車掌が面白おかしく案内をしてくれます

010

今日はハーモニカが得意なSLおじさん

めっちゃ親切でユニークな方でした

 

 

ほとんどの団体が同じ“家山(いえやま)駅”で下車

約30分ほどのSL列車の旅でした

家山駅に着いたらしばし写真タイム

011このあとトイレが混むので、できるだけ線路を渡ってから写真を撮るようにしましょう(列車が発車すると渡れないので)

 

 

 

このあとバスは清水港の“エスパルス・ドリームプラザ”という建物の3階にある“ちびまる子ちゃんランド”

017012

 

 

 

 

この施設は大人も楽しめる(?)体験型のテーマパーク

まるこの部屋のセットもあるんですが…

013014

 

 

 

 

この散らかし具合といい、壁に貼られた昭和のムード漂うペナントといい

リアルすぎます(笑)

016015

 

 

 

 

ちびまる子ちゃんランドのあとは歩いて“清水港ベイクルーズ”の乗り場へ向かいました

先に乗船手続きをしておいたので、直接と峪袈兇

018019

 

 

 

 

特に乗船券もなく、船内はすべて自由席

添乗員にとってはストレスフリーなクルーズです(笑)

天気がいいと駿河湾の向こうに富士山が見えるんですけど、今日はかすんで見れませんでした…

020021

 

 

 

 

このあと、横浜へ向かったんですが…

東名高速で2つの事故

そんでもって35キロの渋滞が発生!!!

いったん横浜のホテルに入って、歩いて中華街のレストランに向かう予定でしたが

予定より横浜着が2時間ほど遅れてしまったので、中華街の東門でバスを降りて直接レストランに向かいました

029

はじめて行くレストランなのでドキドキしながらお客様を誘導

なんせ方向音痴の添乗員ですから…

 

 

あったあった

善隣門(ぜんりんもん)のすぐ手前にある“大珍樓・新館”さんが今夜の食事会場です

次行く添乗員さん

この看板、よく覚えときよ〜

028030

 

 

 

 

ようやく夕食を食べ初めたのは20時

お子様もよく頑張ってくれました

夕食はオーダーバイキングだからお腹いっぱい食べてね〜
(スタート時の前菜や春巻き・点心だけでもボリュームありますが…)

025026

 

 

 

 

027

添乗員は一人寂しくラーメン&シュウマイ

なんか久々に中国かシンガポール行きたくなってきた

 

 

今夜はちょうど横浜の花火大会なんですよね

夕食のあとは花火帰りで混み合う中華街をかきわけ、はじめて泊まる“スターホテル横浜”さんまでお客様をご案内しました

今日はほとんど初めての場所ばっかりだったけど、迷子にならなくて良かった〜(←添乗員が)

 

明日は10年以上振りにねずみーランドに行ってきます!

佐渡ヶ島ツアー3日目♪

佐渡ツアー最終日も朝から快晴!

ホテルを出発してすぐアルコール共和国の“尾畑酒造”さんに到着

他のツアーもだいたい同じ行程なので、到着時はお店に入りきれないほど混みあっていました

002001

 

 

 

 

お次はこのコース最後の観光“たらい舟体験”です

ここも大混雑を予想していましたが…

意外に空いてる(笑)

チケットを配り、2名〜3名に分かれて、たらい舟に乗船します

003015

 

 

 

 

もちろん漕ぎ手が同乗しているんですが、途中でお客様にもバトンタッチ

上手く漕げた人には合格証が授与されます

004006

 

 

 

 

天気もよくて皆さん気持ち良さそうですね〜

007008

 

 

 

 

014

今日なら転覆しても気持ちいいかも(笑)

見ているだけで涼しげです

 

 

016

フェリーは行きと同じく6団体ほどなので、2等でもゆったり寛げました

今日のお昼はフェリーの中で“イカ釜飯”

イカづくしな3日間でした…

 

直江津港から直江津駅へは9名乗りのハイヤーと4名乗りのタクシーに分乗

なんせ港に着いてから特急はくたかの出発まで30分しか乗り継ぎ時間がないのでバタバタでした

まぁ前回は直江津駅で時間を持て余したから、こっちの方が金沢でゆっくりできていいのかも♪

金沢から特急サンダーバードに乗り換えて大阪へ

北陸線利用のツアーでは珍しく19時08分と早めの帰着です

あぁ〜それにしてもこの3日間、海ばっかり見てたから海に行きたい気分が収まらない!

今年は若狭高浜に遊びに行けるのかな〜…

佐渡ヶ島ツアー2日目♪

佐渡ツアー2日目も朝から申し分のない快晴!

まずは七浦海岸の景勝地“夫婦岩”

001

それにしても水が綺麗だな〜

磯遊びをしてる子供がいたりして、すっかり夏です

 

 

4月に来た時(写真左)は暴風雨で荒れまくっていた海が、今日は波ひとつない(写真右)

同じ場所とは思えませんよね(笑)

b400a19a

002

 

 

 

 

このあと尖閣湾の遊覧船を楽しんだあとは、佐渡ツアーのハイライト“佐渡金山”

佐渡金山には江戸時代の坑道“宗太夫坑コース”と明治時代の坑道“道遊坑コース”があります

ツアーではいつも“宗太夫坑コース”を案内すしています

なので、今回はお勉強を兼ねて“道遊坑コース”にチャレンジ!

今まで何回か行く機会はあったんですけど、入ったのは初めてです

005

さすが平成元年まで使われていただけあって、宗太夫坑コースとは全く違う雰囲気

 


 

途中、佐渡金山のシンボル“道遊の割戸”の直下に行ける道もありました

50mほど暗い道を進むので、懐中電灯を使って進みます

なんだかスリリングですね〜

003004

 

 

 

 

坑道自体は短いんですが、工場や機械類の見学

さらには道遊の割戸の間近まで行くことができるので、宗太夫坑とは一味違った見ごたえがありました

006

同じ料金なので、ツアー客の中に道遊坑コース希望の方がいれば変更もできるそうです(同じクーポンで支払いOK)

個人旅行でお越しの皆さんは時間があれば是非、両方の坑道を見学してみてくださいね!

 

 

 

 

金山の後は“大佐渡スカイライン”をドライブ

途中、白雲台(はくうんだい)と呼ばれる場所で休憩

008009

 

 

 

 

ここからは、ちょうど佐渡のくびれた部分が眺望できます

天気も良くて眺めもサイコー!!!

ちなみにソフトクリームも美味です

010011

 

 

 

 

012

大佐渡スカイラインのドライブのあとは“ときの森公園”

そして“かもこ観光センター”で昼食

 

 

午後は内海府(うちかいふ)海岸を眺めながら一気に佐渡のてっぺんまで移動です

“願(ねがい)”の集落でバスを降りて“賽の河原”

海のすぐそばを歩くので足元注意です

013

014

 

 

 

 

015

この大きな岩の向こうが賽の河原霊場

今月の最初に行った東北秘境ツアーに続き、今月2回目の賽の河原です(笑)

 

 

c278a2e9

ちなみに前に来たときは海が荒れすぎていたので、途中で引き返したんですよね…


 

 

 

017

このあと“弾埼(はじきざき)灯台”“妙宣寺”“佐渡歴史伝説館”とまわって、無事本日の行程は終了です(写真は妙宣寺)

 

 

 

それにしても日差しの強い1日だったな〜

019

今夜のお宿は“ホテル八幡館”さん

夕食には今が旬という“飛び魚”が出ていました

 

 

 

それでは最後に、今日の天気がどれくらいテンションの上がる陽気だったかがよく分かるスナップ写真をご紹介して2日目を締めくくりたいと思います

 

016

←はい、こちら(笑)

 

ってテンション上げ過ぎでしょ!!!

 

このあと、夕食会場でもテンションな4人組なのでした…

今日から佐渡ヶ島3日間♪

世間は今日から3連休!

そんな中、今朝は4時半に起きてJR大阪駅へ

今日からJR利用の佐渡ヶ島ツアーの添乗です

あれ?いつの間にか「みどりの窓口」がこんな場所に…

大阪駅は工事の関係で来るたびに変形しているので戸惑います

001003

 

 

 

 

004

梅雨明けしたのかしてないのかよく分からないけど、ほんといい天気だな〜

なんだか車窓からの景色を見ているだけでワクワクします

 


朝から遮断機の棒が折れた影響で列車が遅れたものの、なんとか無事に直江津港から佐渡汽船に乗船

ツアーは6団体ほどなので、船内もゆったり利用できました

005006

 

 

 

 

008

直江津港から佐渡の小木(おぎ)港までは約2時間40分

今日は【サンダーバード→はくたか→タクシー→フェリー】って乗り物づくし

でも天気がいいのでフェリーも揺れずに快適に佐渡に渡る事ができました

 

 

 

009

港に到着後、今日の最初で最後の観光地【西三川ゴールドパーク】へ向かいます

ご希望の方は“砂金採り体験”にご案内


 

採った砂金はペンダントやカードにパウチしたりできるんです

010011

 

 

 

 

あっという間に本日の佐渡観光は終了

今夜のお宿は“ホテル大佐渡”さん

012

19時頃に夕日が沈むということで、宿泊客の皆さんは窓の外に釘づけになっていました

 

 

 

綺麗な夕日ですね〜

明日もいい天気になりそうです

013015

 

 

 

 

今夜の夕食にはちょっと見慣れない茶碗蒸しが出てました

これ、佐渡の食事でよく出される海草の“ナガモ”をトッピングした茶碗蒸し!

味はまぁいいとして、見た目ちょっとね〜…

016017

 

 

 

 

さぁお腹も満たされたし、あとはブログを書いてお風呂に入って早めに寝よう!

019

と、テーブルの足に目を向けると

なにやら文字が書かれてた

 

 

なになに?

018

↑↑コチラです

「・・・」

って、どちらですか???

 

なんなんだ、このメッセージは?

意味がわからん!!!

 

ん〜早く寝たいのに、気になって寝れんかも!!!

尾瀬ハイキングツアー2日目♪

いよいよ今日は尾瀬ハイキング本番!

ハイキングに不要な荷物をホテルに預け、ホテルが用意した送迎バスで尾瀬の群馬県側の玄関口“鳩待峠”まで向かいます

今回はお客様が43名だったので2台に分乗

140610 001140610 003

 

 

 

 

140610 005

ってホテルを出発して30分もしない内にトラブル発生!!

添乗員が乗るバスがエンジントラブルのため止まってしまった…


 

 

他に走っていた送迎バスに便乗するも22名は乗りきれず、ホテルを遅くに出た送迎車を待つことに

携帯も繋がらない山の中でエンジントラブルなんて…

ようやく全員鳩待峠に到着した後はお弁当をピックアップ

尾瀬ガイドさんと合流し、準備体操を終えたらいざ出発!

お客様はA斑・B斑・C斑と3つのグループに分かれて歩きます

バス故障の影響で25分ロスしてしまった…

140610 009140610 010

 

 

 

 

はい、写真を見てお分かりのように朝から雨です、雨

140610 012140610 011

 

 

 

 

鳩待峠を下ること約1時間

“山の鼻”に到着です

140610 034140610 032

 

 

 

 

ここから尾瀬ヶ原が始まるんですが、なんせもともと時間のないコース

ここからは山の鼻にある“尾瀬見本園”でゆっくりガイドさんの話を聞いて歩く人

お弁当の時間なんてなくいいので、行けるところでま尾瀬ヶ原を歩きたい人

この2パターンに分かれました

140610 035

尾瀬見本園ではミズバショウがちょうど見頃

霜が降りた影響で茶色がかっていましたが、小ぶりの可愛らしい水芭蕉が楽しめました


 

140610 040s

 

 

 

 

 

 

 

140610 037140610 036

 

 

 

 

ちょうど雨も止んできていい感じ

黄色いリュウキンカも綺麗に咲いていました

140610 038140610 041

 

 

 

 

12時半には鳩待峠に戻りたいので11時過ぎには山の鼻を出発しないといけません

ここでちょっと早めのランチタイム

140610 044

140610 042

 

 

 

 

リュックの中で傾いたおにぎり弁当をムシャムシャ

これで雨が降ってたら悲惨だったな…

140610 046

140610 045

 

 

 

 

140610 043

尾瀬ヶ原はお弁当を食べたあとにちょこっと見に行ったけど、すぐ戻ってきました

なんか物足りない…




帰りは登りだから1時間20ほどかかる事をみこんで山の鼻を出発

なんとか怪我人も迷子もなく戻ってくる事ができました

140610 048140610 049

 

 

 

 

この後は再び高原ホテルに戻って荷物をピックアップ

SAで1度休憩を入れて急いで直江津駅へ向かいました

 

それにしてもせわしないコースだったな〜

今年の1泊の尾瀬コース、綺麗なホテルに泊まって夜も朝もバイキングってことで客層の裾野は広がったと思うけど、それだけに尾瀬を甘くみているお客様が多かった気がします

だいたいハイキングコースに来て“ホテル出発が7時”って聞いて

「え〜早いわ〜」なんて言ってるようではね…

逆に「え〜遅いわ〜、朝食をお弁当にしてでも早く出よーさー」ってくらいの意気込みじゃないと

 

[綺麗なホテルでゆっくりできる⇒普段ハイキングに行かない客層が集まる⇒ホテルでゆっくりしてるからハイキングの時間がハード⇒普段歩きなれていないお客様がペースについて行けない⇒ハードなコースが余計にハードに感じる]

帰りのSAでお客様が「もうこんなせわしない思いをするんだったらツアーなんかに参加しないわ!」って話しをしているのが聞こえました

そのお客様は汗ダラダラで鳩待峠に最後に戻ってきたお客様

 

このブログでも毎年言っていますが

尾瀬です」

旅行を申し込む側も旅行を受け付ける側も、そして旅行を作る側も

この「尾瀬は山である」という認識は忘れないで欲しいですね

※詳しくは「尾瀬はこんなところです(2006年7月5日)」の記事を参照

お互いがきちんと理解すれば、もっと楽しく尾瀬をハイキングができると思います

 

さて、今年は2回目の尾瀬はあるのかな?

ゴアテックスのレインウエアがダメになってきたんだよな〜

新しいウエアを買うか、ニクワックスでごまかすか思案中…

今日から尾瀬ハイキング2日間♪

いよいよハイキングシーズン本番!

ということで尾瀬ハイキングツアーの添乗です

毎年、行かない年はないと言っていいほど必ず行くコースです

初日は特急サンダーバードに乗って金沢駅へ

そこからいたすら北陸道・関越道を水上(みなかみ)まで進みます

去年と違って今年はバスガイドさんの同行なし

アルペンルート同様、尾瀬のツアーも距離に関係なくガイドなしの時代がきたか…

今日の観光は“諏訪峡”の散策のみ

【道の駅・みなかみ】にバスを止め30分ほどの散策コースを歩きます

140610 013140610

 

 

 

 

歩きたくない方(ハイキングツアーにそんな人いたら嫌だな)は売店や足湯でゆっくりしましょう

140610 024140610 004

 

 

 

 

散策ルートは利根川沿いにかかる“紅葉橋(写真左)”を渡って向こう側に渡り、“笹笛橋(写真右)”を渡って帰ってきます

140610 008

140610 007

 

 


 

140610 014

140610 015

 

 

 

 

お散歩コースって感じですが、川の向こうは結構歩きにくい足場があるので雨の日は注意です

140610 017140610 018

 

 

 

 

140610 002

笹笛(ささぶえ)橋からは清涼感たっぷりの景色が楽しめます

あ〜川遊びとかしたいな〜

 

 

140610 020140610 019

 

 

 

 

って遠くに目を向けると、なんとバンジージャンプをしている人が!

川遊びって言っても、これはちょっと遠慮しておきます(笑)

140610 021140610 023

 

 

 

 

今夜の宿泊先は“水上高原ホテル200”(旧水上高原プリンスホテル)

200は「にーまるまる」でも「にひゃく」でもなく、「トゥーハンドレッド」と呼びます(笑)

なんでとぅーーーハンドレッドやねん!」って突っ込みたくなりますよね

フロントで聞いてみたら、首都圏から約200kmって事と、敷地が約200万坪だからだそうです(ビミョーな理由…

140610 025140610 027

 

 


 

140610 028140610 026

 

 


 

140610 029

ハイキングツアーで利用するにはもったいないほど綺麗なホテルでスタッフの皆さんも元気いっぱい

売店も充実していました

 

このコースはお土産を買う場所がないので助かります

 

今日は天気予報に反して雨が降らずに良かった〜

でも明日はちょっとヤバそう・・・

佐渡ヶ島ツアー3日目♪

強風&寒さとの闘いだった佐渡ツアーもいよいよ最終日!

昨日は途中、みぞれが降るほどの寒さでしたが、今日はそこまで寒くなく天気も良さそうです

最終日は銘酒“真野鶴”で有名な「尾畑酒造」さんの酒蔵見学と小木港での「たらい舟体験」のみ

いつもはツアー客が重なり大混雑する乗り場ですが、今日は1団体なのでゆったり楽しめました

001002

 

 

 

 

せっかくお天気も安定してきたところですが、10時20分出航のフェリーに乗船して佐渡とお別れ

帰りもツアーは3団体しか乗っていなかったので船室も広々使えました

004003

 

 

 

 

出航後、添乗員は軽食コーナーへ

実は今朝、朝ごはんを食べる余裕がなかったんですよね〜

ここで早めの昼食を食べて、もともとお昼としてフェリーターミナルで積み込んだ“イカ釜飯”はこれから先の列車内で早めの夕食にする計画!

なんせ帰りは金沢で4分しか乗り継ぎ時間がないので…

006007

 

 

 

 

佐渡汽船さんの軽食コーナーには各種麺類やカレー、どんぶりなど結構メニューは豊富です

その中でチョイスしたのがコチラ

008

岩海苔そば!

これでもか!と言わんばかりの岩のり!

 

まったくそばが見えないんですけど〜

これで550円は嬉しいですよね

初めて食べたけど、海草好きには絶対おススメですよ!

もちろんいつもお世話になっている小木家さんのイカ釜飯もおいしいです(笑)

009

軽食コーナーでおそばを食べていたらお客様が差し入れを持ってきてくれました!

めっちゃ感激!


 

イカ釜飯にパンにチクワ

これで大阪まで餓えに苦しむことはないでしょう…

011

乗船時間はたっぷり2時間40分あるので、添乗精算が終わったあと、ブログの更新までできちゃいます!

電波もバッチリ!

さすがドコモさん!

ちなみに写真に映っているロジクールのワイヤレスマウス

使い心地良くて、かなり重宝しています

 

今回は天候は荒れまくっていたけど、傘も使うことがなかったのでツイてました

お客様も18組43名さまでしたが、いい意味で個性的なお客様が多かったので1日目で全員のお名前を覚えることができたし(笑)

005

なんといっても乗務員さんに恵まれた

←とっても仲良しなお二人です(笑)

ガイドさんは今回で3度目の乗務になる新潟交通佐渡の“なつみ”さん

め〜〜っちゃお話と歌が上手なんですよね

佐渡で行われるイベントや結婚式の司会なんかもこなす人気者

来月は新潟で行われるカラオケ大会にも出場するそうです

是非、全国大会目指して頑張ってくださいね!

 

結婚式といえば、17日に行われる後輩の二次会で余興を頼まれたんですけど

まだ全然準備が追いついてない!!

一緒にやるメンバーとも1回も打ち合わせしてないし…

佐渡ヶ島ツアー2日目♪

夜中に2回も風の音で起こされた佐渡ツアー2日目!

最初に立ち寄った“夫婦岩”でも岩よりお客様は荒れ狂う海に釘づけ

目が開けていられないほどの強風でした

001002

 

 

 

 

お次は“尖閣湾遊覧”

の予定だったけど、もちろん欠航

尖閣湾を上から眺める“揚島遊園”に変更です

そして上から見下ろした尖閣湾がコチラ↓

007s

 

 

 

 

 

 

 

006

005

 

 


 

010

013

 

 


 

011

012

 

 


 

014008

 

 

 

 

も〜〜すごい風と波だったんですって!!!!

って事が言いたかったのでひたすら波の写真を並べてみました(笑)

ここまで荒れると芸術ですよ芸術!

午後の観光では“賽の川原”がコースに復活していたんですが

018

天気は良くなってくれたけど、この白波でしょ

ここって波打ち際を歩かないといけないんですよね…

 

 

すぐそこまでこんな波が来ているんですよ!

021024

 

 


 

019

022

 

 

 

 

このまま進むのは非常に危険だということで、途中で折り返すことにしました

何かあってからでは取り返しがつきませんからね

安全第一です!

今日最後の観光は“佐渡歴史伝説館”

横にある真野公園は佐渡でも桜の名所として有名

まだぢょっと早いですが、日のあたる場所は思ったより咲いていました

031030

 

 


 

028029

 

 

 

 

ホテルで夕食を食べたあとは佐渡の観光協会さんや業者さんがタイアップした“春の桜まつり”って当社オリジナルのイベントが開催されました

関東と関西から280名ほどのお客様がイベント会場に終結

032

今日の行程で見かけた業者さんもハッピに着替え、温かくお出迎えしてくれました

 

 

今年で5年目らしいけど、こんなイベントあったなんて知らなかったな〜

033034

 

 

 

 

イベントでは佐渡おけさ・能・鬼太鼓など、佐渡の郷土芸能が披露されました

290310 002

290310 001

 


 

 

290310 003

038

 

 

 

 

039

最後は豪華景品が当たる大抽選会!

ウチのお客様もカニや甘エビが当たりました♪

 

 

関東組の利用する予定だったジェットホイルが欠航でフェリーに変更した影響で1時間遅く始まったイベントでしたが、我々は先に夕食をとる時間ができたので快適にイベントを楽しむことができました

関東組は佐渡に到着後すぐにイベントだったから夕食は21時前になっただろーな…

ほんと今日の佐渡は大荒れに荒れた1日でした

そんな中、すばらしいイベントを実行して頂いた佐渡の皆さんに感謝です!

明日にはこの風と波がおさまっていますよーに…

今日から佐渡ヶ島3日間♪

今日から佐渡ヶ島ツアーの添乗です

大阪駅から特急サンダーバード&特急はくたかに乗り換え直江津駅

直江津駅からはジャンボタクシーに乗り換え直江津港

直江津港からはカーフェリーに乗り換え佐渡ヶ島を目指します

001003

 

 

 

 

今日のカーフェリーはガラガラ

夏に来たときは11団体とか乗ってたけど、今日は3団体くらいしか乗ってなかったみたい

004005

 

 

 

 

さすがにここまで空いてると1等に変更するお客様はいなかったな〜(笑)

007006

 

 

 

 

大阪を出発したのが8時12分

ようやく佐渡ヶ島の小木港に到着したのは16時20分でした

既に8時間が経過…

ほんと佐渡ヶ島は移動が大変です

今日の観光は“西三川ゴールドパーク”のみ

ここでは「砂金採り体験」ができるんです

円柱型のお皿に砂利をたっぷりすくい、円を描くようにフリフリ

遠心力で砂金をお皿の底に付いた段差に落とし込んでいきます

011009

 

 

 

 

そして、残った砂の中から黄金に輝く砂金を探し当てます!

これ、結構夢中になるんですよね〜

010008

 

 

 

 

012

早々と諦めて退席するお客様もいれば、時間いっぱいまで砂金を追い求めているお客様もいます(笑)

 

 


今日の佐渡ヶ島は荒れ模様

そして冬に戻ったかのように寒い…

実はフェリーも「午前中は欠航になるかも」って佐渡汽船さんから連絡を受けていたんです

無事に着けただけでも良かった♪

もし、欠航になったら【直江津港−小木港】よりも大きな船で、めったに欠航にならない【新潟港−両津港】に変更

直江津駅から新潟港までバスを手配して高速移動しなければならないとことでした
(このパターンは珍しくないらしい)

 

013

さぁ今朝は4時半起きだったので今夜は早めに寝ますか!

窓の外は、風でビュービューゴーゴーうるさいです

 

 

この部屋もちょっと寒い…

鎌倉で見かけた気になる光景♪

昨日まで行っていた東海道中桜八景ツアー

鎌倉でちょっと気になる光景に出会いました

 

まずは若宮大路沿いのローソン

な〜んか配色がさわやかじゃないですか?

032

たまに町並みの景観に配慮した色使いのコンビニって見かけますよね

 

 

 

続いて鶴岡八幡宮の狛犬

な〜んか迫力に欠けません?

019

トリミングされた後の犬みたい(笑)

この人の良さそうな狛犬だから、イチョウの木が守れなかったのか…?

 

 

最後は小学校に貼ってあった張り紙

夜間、校内に入るなって注意書きはよく見かけるけど

な〜んか見慣れない一文が入っていますよね?

024

「犬を放してありますので」って…

どんな犬が放されているのかめっちゃ気になる(笑)

 

 

 

 

さて、明日から4日間の添乗

行き先は沖縄の八重山諸島

今年はプライベートで花見に行けるのか…

まだ次の休みが決まってないんですけど〜!!!

東海道中桜八景ツアー3日目♪

桜八景ツアーもいよいよ最終日!

昨日は珍しく部屋の明かりを付けたまま寝ていました…

昨晩は東京都内のどこに泊まっていたかというと

こちら↓

067068

 

 

 

 

そう、日本三大ホテルにも数えられる

帝国ホテル!

ツアーでも帝国ホテルに泊まれるなんて

今年の新入社員はいい時代に入社してきたもんだ(笑)

食事は朝食のみのプランだったので、ホテル到着後にコンビニで春雨ラーメンとおにぎりを買って部屋で食べました

帝国ホテルでカップラーメン食べる客は、そーはいないと思いますよ(笑)

059

069

 

 

 

 

朝食は3会場からのチョイス

この日の朝は混み合うので17階のバイキング会場が、通常より30分早い6時半からOPENとのこと

普段は混み合うようならコンビニでパンでも買って食べるんですけど、なんてったって、帝国ホテルの朝のバイキングは通常料金3234円!

これは食べておかないと!って張り切って5時半に起きてOPEN前から並ぶの覚悟で17階に行ったんですが…

001

誰もいない

満館の帝国ホテルの宿泊客の中で、最も食い意地が張った宿泊客になってしまいました

 

この17階の「インペリアルバイキングサール」は日本のバイキングスタイル発祥のレストランなんだそうです

003

005

 


 

 

006

004

 

 


 

007

008

 

 

 

 

眼下に日比谷公園や皇居を眺めながらの朝食

優雅ですよね〜

009002

 

 

 

 

そんな優雅なひと時も長くは続きません

数時間後には花見客でごった返す鎌倉です

予定より30分早く出発したおかげで、なんとか鎌倉までは渋滞なく来れました

鶴岡八幡宮のそばで停滞したころを見計らってバスを脱出!

お客様もこのスタイルが慣れてきたようで動きが素早い(笑)

日曜とあって結婚式を挙げているカップルがたくさんいました
(次から次へと新郎新婦が現れてた…

014

015

 

 

 

 

今、八幡宮で一際注目を集めるのは、なんといっても先日の強風で倒れた大きなイチョウの木

現在はこんな感じになっています↓

016017

 

 

 

 

境内にある源平池では桜が水面に写って綺麗でした

026027

 

 


 

028

この池のほとりで野生のリスを発見!

境内でよく出没する人気者だそうです

 

 

鶴岡八幡宮の桜と言ったら段蔓(だんかずら)と呼ばれる参道の桜並木

ここの桜は、まだ早いのか空が曇っているからなのか

昨日の東京の桜ほどの感動はなかったな〜

それにしても風が寒い鎌倉でした

031030

 

 

 

 

あ、バスはどこで乗車したかと言うと

湘南京急バスの駐車場(有料)に止めさせてもらって、お客様は【下馬(げば)】の交差点にあるセブンイレブン前で再集合

お揃い次第バスを呼んで、若宮大路でバスが信号待ちしている間に飛び乗りました

 

鎌倉で昼食込みで約3時間ほど散策したあとは一路、鎌倉山経由で小田原駅へ

企画書では余裕をもって3時間みていましたが、それほど大きな渋滞もなく2時間かからずに小田原に着いてしまった…

昨日の晩は予定の新幹線に乗れるか乗れないかって不安だったのに

このままじゃ逆に時間があまり過ぎる…

乗務員さんのアドバイスで小田原名物かまぼこの老舗「鈴寛かまぼこ」さんに立ち寄ることにしました

034035

 

 

 

 

036

ここ、広くてかまごぼ以外にも色んなお土産が揃っているのでいいですね〜

“かまぼこバー”なんてコーナーまでありました(笑)

 

 

037

それでも新幹線出発の1時間以上前に小田原駅に到着

最近、慣れない駅をよく使うので毎回刺激的です

 

 

ここも静岡駅同様、待合所がないんですね〜

最近、改札を入らないと待合所がない駅が多いので困ります…

038042

 

 

 

 

いや〜それにしても、久々によく動きまわったツアーだったな〜

融通のきく乗務員さんと団結力のあるお客様

そしてなんと言っても機転のきく添乗員!(笑)

やっぱり桜やお祭りツアーはこの3本柱が重要だね

これで明日が休みならやれやれだけど

まだ次のお休み、決まってないんだよね〜…

東海道中桜八景ツアー2日目♪

桜八景ツアー2日目は山梨県から東京まで一気に移動!

今日最初の観光地は【新宿御苑】です

駐車場は既に満車で路上で下車…

ここは環境庁が管轄しているだけあって、手続きや入場方法はちょっと厳しい

添乗員も有料(笑)

お酒以外に、ボールやバドミントンなどの遊具も持ち込み禁止だっそうです

008

002

 

 

 

 

大きなビニールシートを敷いて花見の場所取りをしているグループが多かったな〜

ちょっと風が冷たかったですが、桜はこれでもか!ってほど満開でした

004006

 

 

 

 

007

005

 

 

 

 

さてさてお次は今日一番の難所【千鳥ヶ淵】

なんてったって指示書にまったく何も書いてなかったもんね

「どこにバスを止めて、どうやって見学するかは現場のお好きなように」って事です…

とにかく今日はその場その場で対応するしかないのでお客様にも団結して頂かないと!

東北四大祭りモードに突入です!

018

千鳥ヶ淵交差点のすぐ先に停車できるスペース(矢印)があったのでとにかくそこで下

幸い、降りた場所が公園になっていたので再集合もその場所にしました

 

 

千鳥ヶ淵は、皇居のお堀の一角

皇居マラソンをする人や花見客で大混雑でした

桜も満開だし天気も回復してきたのでそりゃ混むわな…

011

016

 

 


 

012015

 


 

 

お堀の緑が、桜の魅力を引き立たせますよね

一番端のエリア(交番の前)は、菜の花と桜、それに遠くに国会議事堂も見えるとあって、人気スポットでした

010

009

 

 

 

 

さてさて、今度はどこでお客様をお乗せするかが問題ですが…

020

どっかいい場所ないかな〜ってウロウロしていると、さっきの公園のすぐそばに、バス停みたいに少し車道が広がっている場所を発見!

靖国神社付近で待機していたドライバーさんに地図を見ながらその場所を伝えて、迎えにきてもらいました

 

ほんと行き当たりばったりです(笑)

このあとバスは浅草へと移動

今日のお昼は老舗の“葵丸進(あおいまるしん)”さんで天麩羅定食です

添乗員は時間がないので天丼

この海老、めっちゃ美味しかった!!!

021

070

 

 

 

 

お店も大混雑だったけど、雷門や仲見世も

「4月3日はいつから正月になったんや!」ってほどの大・大・大混雑!

031030

 

 

 

 

自由散策後、雷門から隅田川クルーズの乗船場(吾妻橋)まで歩いて誘導する予定

先に一人で下見に行ったけど、人が多すぎてかなり危険と判断

少し遠回りになるけど、雷門から横断歩道を渡っていくルートを選びました

032027

 

 

 

 

いやいや、それにしても混みすぎでしょ!

一般の人は吾妻橋の上まで行列ができていました

025023

 

 

 

 

034

こちらは自由散策中に先に手続きをしていたのでスムーズに乗船!

なんでも早め早めがいいね!

 

 

500名以上を乗せた船は、桜の時期ということでいったん上流の桜並木のそばを通って下流の東京湾へ向かいます

一際目立つ背の高い塔は、そう“東京スカイツリー”です!

036

037

 


 

 

046

039

 

 

 

 

しかし陸上も混んでたけど、水上もすごい船と人だな(笑)

035

041

 

 

 

 

なんとか無事に約1時間のクルーズを終え、日の出桟橋に到着

最後は【六本木ヒルズ】です

もうここまで来たら今日の行程は終了したも同然!

ってほど、朝からバタバタ&ヒヤヒヤの連続でした…

052

六本木ヒルズでは“さくら坂”“毛利庭園”を散策ってなってたけど、ほとんどのお客様は展望台に上がられたようでした

 


 

055054

 

 

 

 

056

この六本木駅から見たヒルズの光景は、あの日を思い出すな〜

2006年9月15日のことでした

 

 

今夜は東京都内泊まり

東京に来ると、色々と物思いにふけってしまう…

 

いかんいかん、とにかく明日を無事に乗り切ることが先決だ!

明日は鎌倉!

桜もピークで天気予報は午前中晴れな日曜日!

絶対迷子も出さずに予定通りの新幹線で帰ってやる!!!

明日は江ノ電乗って大仏に会いに行ってる場合じゃないよ!(笑)

今日から東海道中桜八景3日間♪

いよいよ4月に入りましたね〜

新年度、第1本目の添乗は

「東海道中桜八景と隅田川さくらクルーズ3日間」

先月に引き続き、めったに行かない方面が続きます…

下の写真は今朝の新大阪駅の集合場所

さすが春休みだけあって、めっちゃ混んでましたね
(これ全部他社さんのお客様ですが

001002

 

 

 

 

今日は新幹線こだま号に乗って静岡駅で下車

約30分ほどで最初の観光地【日本平】に到着です

007008

 

 

 

 

今日のお昼は日本平パークセンターさんで郷土色溢れるランチバイキング

005006

 

 

 

 

レストランのすぐ横はロープウェイ乗り場

ここから5分下った場所に久能山東照宮があります

食後にロープウェイに乗るかどうかお客様全員にご希望を聞いて、食事中にチケットを買ってしまおうと売り場に向かうと…

003

なんと強風で運転を見合わせていました!!!

せっかく一所懸命注文をとったのに…

 

 

気を取り直して、午後は桜の名所【身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)】へ向かいます

現在、マイカー規制がかかっていますが、大型バスは上の駐車場まで上がっていけます

昨日は超満車と聞いていた駐車場も、今日はかなりスムーズに入れました

034

017

 

 

 

 

駐車場からは去年から導入された“斜行エレベーター”と呼ばれる無料のリフトを使って本堂まで上がれます

この距離でよくこれだけ立派な乗り物を作ったもんだと感心(笑)

013018

 

 

 

 

もちろん歩いても上がれます(まぁ歩いても5分ほどです)

016

014

 

 

 

 

020

下の山門から歩こうと思えば800段以上の階段を上ることに

これはちょっと大変だな…

 

 

境内にはいろんな建物があって結構広々しています

019027

 

 

 

 

022

この本堂、なんかスタイリッシュでカッコいいですよね〜

黒色の本堂なんて初めて見ました

 

 

023

この一際大きい老木が樹齢400年以上といわれるシンボル的な枝垂れ桜

貫禄ありますよね


 

建物や桜以外にも、彫り物も立派だったな〜

彫り物

 

 

 

 

 

 


 

033

時間に余裕があれば、ロープウェイに乗って奥之院まで行くことができます

ロープウェイからの桜も綺麗でしょうね




身延山のあとは本栖湖の横を通って、ホテルへ向かいます

途中、富士山が数分だけですが顔を出してくれました!

038

今日は朝からず〜っとモヤっとした天気

きっと見れないだろうと思っていたので、お客様は大感激でした

 

 

今夜のお宿は河口湖畔の老舗ホテル“富士ビューホテル”さん

039040

 

 

 

 

夕食は一品づつ出来立てを運んでくれて、とっても美味しかったです

でも添乗員含め関西のお客様は

どんどん運んで〜」って感じの“一気出し”を好む人が多いですが(笑)

 

さぁ今朝も4時起きで、すでに意識がヤバイ

先月から、飛行機コースでもJRコースでも朝イチばっかり

そしてまだ行程が半熟状態の1本目か2本目の新しいコースばっかり
(ちなみにこのコースは1本目

精神的にも肉体的にもヘトヘトです

 

でも新入社員も入ってきたことだし、こんな事で負けてられないね!

よし、とりあえずお風呂行って早く寝ますか!

サンサン南房総ツアー2日目♪

久々に夜も朝も大浴場に入らないほどたっぷり睡眠をとって迎えた2日目
(あ、部屋のお風呂は入りましたよ)

朝一番は房総半島の最西端“洲崎(すのさき)灯台”からスタート

昨日に引き続き風と雨が激しい中、灯台まで歩きます

250310 003250310 004

 

 

 

 

さすがに岬だけあって風がすごいのなんのって…

カメラもまともに構えられないほどでした

でも、最南端の“野島崎”はいっても最西端はなかなか行く機会がないですからね

250310 005250310 006

 

 

 

 

お次は道の駅おおつの里“花倶楽部”さんへ

昨日、時間がなくて行けなかった観光地です

250310 007250310 009

 

 

 

 

250310 008

これ、すごい色じゃないですか?
造花かと思ったらホンモノ!

色水を吸い上げて色を付けているんですって

 

 

花倶楽部のあとは房総半島に別れを告げ、再びアクアラインを通って神奈川県へ戻ります

250310 010

今日のメインは鎌倉

鶴岡八幡宮の横にバスを止め、約2時間半のフリータイムです

 

 

本殿前の舞殿では結婚式が行われていました!

ウエディングプランナーさんも雨の中、大変そう…

250310 012250310 011

 

 

 

 

八幡宮正面には若宮大路という大きな参道があるんですが、この若宮大路と平行に“小町通り”という商店街があります

飲食店やお土産屋さんが並ぶ賑やかなエリアです

250310 014250310 025

 

 

 

 

250310 016

小町通りをひたすらすすむと“鎌倉駅”に到着

写真左がJRで右が江ノ電

 

 

なかなか鎌倉でフリータイムなんて機会はないので、思い切って江ノ電に乗ってみました

近代的な車両からレトロな車両まで、色んなデザインがあって面白いですね〜

250310 017250310 023

 

 

 

 

もちろん向かった先は“鎌倉大仏”

250310 022

“鎌倉大仏駅”とか“大仏前駅”って駅名かと思ったら「長谷駅」が最寄駅なんですね

鎌倉から所要時間5分、料金は190円でした

 

 

高徳院ってお寺の本尊を通称“鎌倉大仏”って呼ぶそうです

250310 018250310 020

 

 

 

 

250310 021

この売店の看板いいな!

外国人観光客の多さが伝わってきますね

 

 

駅から大仏までは徒歩10分弱かかるので、結局フリータイムをほぼ大仏に捧げ

ランチは鎌倉駅のマクドで済ませて終了となりました

でも鎌倉大仏って過去に添乗で来たのは2回あるかないかってほど来ない観光地

それに鎌倉が大渋滞する時は江ノ電利用!ってパターンもあるみたいなので、一度乗ってみたかったんですよね

いい勉強になりました

 

鎌倉のあとは高速で1度休憩をとって静岡駅へ

静岡駅も利用した記憶ないな〜

改札を入らないと待合室がないのがちょっと不便でした…

250310 001250310 002

 

 

 

 

 

今月はめったに添乗で行かない千葉県にずいぶんお世話になりました

千葉県って温泉地も観光地も少ないからツアーではなかなか縁がない県なんですよね

240310 017健作さんのおかげでアクアラインも安く利用できるようになったし

これからますます千葉県の観光が発展すればいいですね!

 

 

 

今日から南房総・横浜・鎌倉めぐり2日間♪

今日から「サンサン南房総と横浜・鎌倉めぐり2日間」というJR1泊ツアーの添乗です

房総半島なんて“5年に1回”ってくらい行かないエリアなのに、なぜか今月2回目(笑)

新大阪駅から新幹線こだま号(←これまた珍しい)に乗って浜松駅へ

バスも今回が2度目の乗務となる大井川鉄道観光バス、通称“大鉄バス”さんです

 

浜松駅を出発してひたすら高速移動

途中サービスエリアで2度のトイレ休憩をとって、ようやく横浜に到着

あと10キロってところで事故渋滞に遭って予定より1時間近く遅れてしまった…

240310 005バスを“人形の家”に止めたあとは自由行動

各自、山下公園や中華街を散策

 

 

山下公園はすぐ目の前ですが、中華街は徒歩10分ほど

一応、中華街希望の方はガイドさんに東門まで案内してもらいました

240310 014240310 006

 

 

 

 

天気は予報通り雨&強風

さらに気温が低いのなんのって…

ほんと雪が降るんじゃないかってほど寒かった

240310 013

バスに戻る途中、気になったことがひとつ…

このみなとみらい線のマークって?

モンスターズインク?(笑)

 

 

さて、横浜をあとにバスは東京湾を横断し千葉県へ

240310 002

前回は強風で通行止めになった東京湾アクアラインもしっかり通行してきました!

“海ほたる”でしばし休憩です


 

240310 004240310 001

 

 

 

 

さすがに海上だけあって風がすごかったな〜

最近、どこに行っても強風だな…

 

今夜お世話になるのは南房総・富浦ロイヤルホテルさん

夕食はハーフバイキングスタイルでした

240310 016240310 015

 

 

 

 

240310

今回はじめてドコモのデータ通信でブログを更新!

めちゃくちゃ速度が早い!ってわけじゃないけど、ウイルコムに比べたらかなり快適です


 

でも、本体がちょっとスリムとは言いがたいのと

電波はあるのに、なかなか接続してくれないのが気になる…

 

さぁ、明日は鎌倉の散策が控えています

雨止んでほし〜な〜

あんこうの吊るし切りって知ってる?

先日のちばらきツアーでお世話になった“大洗ホテル”さん

あんこう 003

夕方になるとロビーにお客様が続々と集まってきました?

何のイベントが始まるかというと…

 

 

あんこうの吊るし切り!

ここ大洗は美味しい海の幸が豊富な町

その中でも“あんこう”は観光客に大人気の食材なんです

あんこうってヌルヌルしていてカラダも大きいですよね

なので、まな板の上で調理するのは難しいことから、こうやって吊るしてさばくんだそうです

あんこう 001あんこう 002

 

 

 

 

あんこうさばきの名人が、面白いトークを交えながら【鮟鱇(あんこう)の七つ道具】と呼ばれる美味しい部位を順番に切り取っていきます

あんこう 004あんこう 006

 

 

 

 

そのトークの面白さと、手さばきはまさに名人芸!

この料理人さん、かなりステージ慣れしてると見た(笑)

あんこう 007

あんこう 009

 

 

 

 

あんこう 010

これが海のフォアグラ“あんきも”

結構大きいんですね〜

 

 

あんこう 011

え?あんこうに羽が!?

“ぬの”と呼ばれるこの部位は、いったいどこの部分なんでしょうね?

 

 

あんこう 013

あっという間に頭と骨だけになっちゃった

ほんとお見事です!

 

 

あんこう 014

切り終わった後は、あんこうの重量当てゲーム

ピッタリ当てると素敵な景品がもらえます♪

 

 

ゲームが終わったあとも、お客様は色々質問したり、間近であんこうの切り身を見たり興味津々

あんこう 015あんこう 016

 

 

 

 

120310 001

マグロの解体ショーとかは結構見かけるけど

あんこうの吊るし切りは始めて見たし、始めて聞いたな(笑)

ほんと見応えのある面白いショーでした!

 

 

 

 

是非、茨城県大洗海岸へお越しの際は大洗ホテルさんで、あんこうの不思議を体験してみてくださいね〜

ちなみに、あんこう料理は期間限定

シーズンは11月から3月いっぱいまで

大洗ホテル(ホームページ)

ちばらき周遊ツアー3日目♪

昨日から風が強いな〜って感じてたけど、朝になるとさらに風が強烈に

そんな強風というか暴風が吹き荒れる中、千倉の道の駅を経由して“マザー牧場”へ

130310 019

土曜&連日の晴天もあって、家族連れやカップルで園内はすごい人、駐車場もかなりの列ができていました

 

 

 

マザー牧場は関東最大級の菜の花畑が有名

今が一番いい季節なんですよね

 

130310 009s

 

 

 

 

 

 

 

130310 004130310 005

 

 

 

 

動物たちとのふれあいも忘れちゃいけませんよね〜

まずは11時からのシープショーを見学

本場で見るシープショーよりカタコトな日本語を話すオージーのおじさんが、なんとも言えない味を出してますね〜

大人でも聞き取りにくいのに遠足で来てた小学生が爆笑してた(笑)

130310 002130310 003

 

 

 

 

他にもプリプリしたお尻が可愛い子豚

130310 007130310 006

 

 

 

 

見ているだけで癒されるラマに夢見るヒツジ

130310 013130310 014

 

 

 

 

130310 015

ってコレはいじめやろ!

絶対ウケ狙いで刈られてる!

 

 

130310 017

最後に12時半からのアヒルの行進を見てマザー牧場をあとにしました

 

 

 

駐車場でお客様を待っている時、ガイドさんが「アクアライン通行止めとかなってたらいやだね〜」ってボソっと言ったので

ツイッターで【アクアライン】って検索してみたら

「アクアライン通行止めなう。」とかいっぱい流れているし!

東京湾を一気に海上ワープで行く予定が、グルっとTDLとかの横を通りながら行くはめに

もちろん他にも同じように迂回する車で高速道路が混んだけど、まだ通行止めになってそんなに時間が経っていなかったので、無事1時間以上前に羽田空港に到着できました

マザー牧場を早めに出といて良かった〜

ほんとツイてます

130310 024

130310 025

 

 

 

 

羽田空港のゲート前にはコンセントが付いているパソコンデスクがあるのでとっても便利

なんですが

130310 026

目の前に動く歩道があるからめっちゃ気が散るんですけど!

もうちょっと他に場所なかったんかな…

 

 

さぁ明日は朝イチから【関空⇒新大阪】と先週に引き続き添乗員の撮影に行ってきます

昨日シフトの確認したら10連勤が11連勤に増えてた…

先は長い、今日も早く寝よう!

ちばらき周遊ツアー2日目♪

ちばらきツアー2日目はホテルから一気に2時間移動して千葉県の端、銚子市へ!

銚子駅から犬吠(いぬぼう)駅までローカル列車の銚子電鉄に乗車します

120310 006120310 005

 

 

 

 

銚子と言えば、うちのオカンの実家が銚子なんです

小さい頃、夏休みの思い出といったらいつもここ銚子でした

近くに小さな神社があって、カブトムシがいて、スイカを食べて、魚釣りをして…

絵に書いたような“田舎の夏休み”がそこにはありました

皆さん、銚子って行ったことあります?

ない方がほとんどですよね

人口もどんどん減る一方

駅前の商店街もシャッターを下ろしているお店が目出っていました

120310 003120310 008

 

 

 

 

銚子に来ると必ず親戚に連れて行ってもらうのが“十字屋”というデパート

銚子の駅前の象徴みたいな場所でしたが

120310 011

数年前に倒産

今はごらんの通り跡形もなくなっていました…

 

 

ん〜なんか朝からテンションが下がってしまいました

今月の16日に郊外にイオンモールがOPENするそうで、客足はますます駅前から遠のきそうです

 

さてさて、気分を入れ替えてお客様を銚子電鉄にご案内しましょう!

銚子電鉄も赤字路線で一躍有名になった不名誉な鉄道会社

ネット上で「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」と銚子の名物“ぬれ煎餅”の購入を呼び掛けたことからクチコミで大ブーム!

になったのは何年前でしたっけ?

テレビゲーム「桃太郎電鉄ブーム」の相乗効果もあり、とにかく一時は精算が追いつかないほどの“ぬれ煎餅&銚子電鉄ブーム”があったんです

120310 026

そんな銚子電鉄のホームはJR銚子駅の奥のさらに端に申し訳なさそうに存在します

そして銚子電鉄なのに銚子駅には係員がいません(笑)

 


そんなローカル感がまたマニアの心をくすぐります

あ、今日は桃鉄バージョンの車両がきました

撮鉄になった気分でパチリ

撮影する際は、黄色い線の内側に立ってマナーを守りましょう!

内側というのは列車から見て内側ではありませんのでお間違えのないように!

120310 024120310 025

 

 

 

 

120310 027

特に列車が好きって訳でもないお客様が、特に景色が綺麗って訳でもないローカル列車に乗ること約20分

 

 

 

犬吠駅に到着です

120310 045

ちょっと異国情緒のある駅ですよね

銚子市とポルトガルの緯度が似ていることから駅舎もポルトガル風なんですって

 


駅構内では名物の“ぬれ煎餅”が実演形式で売られていました

他にもイワシやサンマの加工品が多く売られていました

120310 028120310 029

 

 

 

 

今日のランチは“犬吠崎”

シンボルの灯台は現在修復工事中でしたが、日差しがあって気持ちのいい陽気でした

120310 049120310 050

 

 

 

 

食事の後は九十九里浜を横目に見ながら房総半島を南下

途中、休憩して一宮PAでは30本1000円のマックスコーヒーのケースが山盛りに売られていました

さすが地元で愛され続ける“ちばらきコーヒー”(笑)

120310 055120310 054

 

 

 

 

午後の観光は童謡「月の砂漠」のモデルになった“御宿(おんじゅく)”

お寺とヤシの木のコラボがなんともお茶目な“誕生寺”を観光

120310 056120310 057

 

 

 

 

120310 064

今夜のお宿は天津小湊(あまつこみなと)温泉

丘の上に建つ、その名も鴨川ヒルズリゾートホテルさん

 

 

120310 058

昨日に引き続き、今日も天気が良かったな〜

でも一般道が多かったのでカラダがカチコチ

 

 

それにしても、千葉県って意外と読みにくい地名が多いな…

今日からちばらき周遊3日間♪

今日から珍しく関東方面へ添乗

「ちばらき」=千葉・茨城の観光地をめぐる3日間のツアーです

110310 007

久々に羽田空港に降り立ちました

最近は乗換えでしか利用する機会なかったもんな

それにしてもいい天気です

 

110310 010

羽田を出発して茨城へ向かう途中、建設中の東京スカイツリーが見えました

個人的に写真撮りに来たいな〜

 

 

今日の観光は日本三名園のひとつ“水戸の偕楽園”

ちょうど梅まつりが開催されていたので平日にも関わらず結構な賑わいでした

110310 012110310 013

 

 

 

 

110310 015110310 016

 

 

 

 

110310 017110310 019

 

 

 

 

今日の宿泊は茨城県・大洗海岸の海沿いに建つ“大洗ホテル”さん

あんこう 017夕食には名物の“あんこう鍋”が出てきました

食事の前には“あんこうの吊るし切り”なんて解体ショーまでありましたよ

 

 

昨日からまた10連勤がスタート

最近、休むんだったら2連休

仕事するんだったら10連勤ってパターンが多いな(笑)

仕事がない時代にありがたい事ですm(__)m

110310 020

今回の山場は15日、16日の連続4時起き

元気に乗りきれるように今夜は早めに就寝しまーす

 

 

それにしてもこないだの四国一人旅の続きみたいな部屋やな…(笑)

上越六日町高原ホテルの十人十色鍋♪

今回の越後の紅葉めぐりツアーでお世話になった“上越六日町高原ホテル”さん

ホテル

六日町スキー場まで徒歩0分の高原リゾートホテルです

 

 

 

ここの夕食で「十人十色鍋」と呼ばれる鍋バイキングがあったんですよ

鍋

食事はセットメニューなんですが、鍋だけがバイキング形式になっています

 

 

 

正直、そんなに期待してなかったんですが…

これ、すごく好評でした!!!

まず食材が豊富!

お肉にお野菜

大ぶりの甘エビや牡蠣にホタテ、鱈や鮭など海の幸も満載!

鍋鍋

 


 

 

鍋鍋

 

 

 

 

これを自分でお鍋に入れて、最後はお好みのスープをかけます

スープの種類は基本的な和風だしの他にチゲ・豆乳もありました

鍋鍋

 

 

 

 

十人十色鍋とはよく言ったもので

鍋

女性のお客様はこんな感じで見た目も重視でお鍋を作りますが…

 

 

 

鍋

男性のお客様だと自分の好きな食材だけ!って感じ(笑)

お客様、野菜もしっかり摂ってくださいよ〜

 

 

食べ放題と言ってもそれほど食べれるものではないですが、このお鍋バイキングはかなり好評でした

鍋

あと、個人的に感動したのがお米の美味しさ!

さすがコシヒカリの本場

 

 

テーブル上の小さい釜で炊くので余計においしく感じました

おかずなしでご飯が食べれるとは、これを言うんだなと感動しましたっ!

 

見てよし、食べてよし

いや〜新潟県サイコー!!!

 

上越六日町高原ホテル(ホームページ)

越後の紅葉めぐりツアー2日目♪

なかっちさんの助言を元に、朝から乗務員さんとしっかり打ち合わせをして迎えた2日目!

今日は塩沢の街歩きからスタート

塩沢

ここでは“NPO南魚沼もてなしの郷”さんが企画している街歩きイベントに参加します

 

 

 

ボランティアガイドさんからマップとイベントチケットを受け取り、牧之(ぼくし)通りをメインに散策します

牧之通りは第1回地域住宅計画奨励賞を受賞した街並み

雪国独特の“雁木(がんぎ)”造りが特徴です(雁木=現在で言うアーケードみたいな商店街の屋根)

塩沢塩沢

 

 



 

 

本屋さんや銀行もこんな感じ(笑)

規模は小さいながらも、通りを歩いているだけで塩沢の歴史と文化に触れることができます

塩沢塩沢

 

 



 

 

イベントチケットを利用して“はっか糖”と呼ばれるお菓子の食べ比べ(3店舗)をしたり、休憩処でコーヒーを頂いたり

塩沢塩沢

 

 

 



 

さらに新米のコシヒカリのつかみ取りなんかもできるんです!

これにはお客様も真剣そのもの(笑)

バタバタと急ぎ足の散策でしたが、お客様にはとっても好評のイベントでした

朝早くからイベント用に準備してくれた塩沢の皆さん、本当にありがとうございました!

塩沢塩沢

 

 



 

 

塩沢で10分くらい短縮できる予定が、5分オーバー…

頑張って次に行きましょう!

お次は“西福寺・開山堂”

越後のミケランジェロと呼ばれる石川雲蝶の天井画が有名なお寺です

透かし彫りで彫られた見事な天井画(写真撮影不可)

ポスターだとちょっと伝えにくいんですが、迫力満点でした!

越後越後

 

 

 



 

ここで5分短縮に成功

越後

お次は長岡もみじ園

他府県の観光バスは、まず行かないであろうマニアックな紅葉の名所でございます…

 



 

明治の大地主、高橋家の庭園だった場所です

越後越後

 

 




 

越後越後

 

 

 



 

こじんまりした敷地ですが、紅葉は見頃を迎えて綺麗でした!

ここでさらに10分短縮に成功!

行く先々でこまぎれに時間を稼いでも、スタートから27分のマイナスだもんな

さらに企画書の移動時間というのは、大抵短く書いてある

指示書通り昼食を40分で済ませてもらい、最後の観光地“弥彦”へ向かいます

ここが一番の難所

どれだけ混むかも予測不能だし、どこにバスが止められるかも不明

日程表にも指示書にも、“弥彦神社の菊まつり”と“弥彦公園もみじ谷”がセットになって書かれているけど、両者は徒歩移動が困難は立地

他のツアーは各々で時間をとっているんですけど、今回のコースは両者まとめて80分って予定

バスをどこに止めてどーやって両方見る?

昨日からこの問題で頭がいっぱい…

さらにお昼までは順調に進んでいたけど、弥彦付近はやっぱり土曜日&紅葉の見頃&交通規制の影響で大渋滞

直江津の駅に余裕をもって到着しようと思えば、両者で60分が限界

このままだと移動時間を考慮したら各観光地で20分ほどしか取れない

これじゃーどちらも不完全燃焼…

土壇場で出した決断は“チョイス制”

お客様に事情を説明し、どちらかお好きな観光地を選んでもらうことにしました

もみじ谷チームは添乗員と一緒に途中でバスを降り、神社チームはガイドさんにお任せしました

越後越後

 

 



 

 

越後

バスを降りたはいいけど…

ここ初めてなので全然地理がわからない…(笑)

 

 



看板の地図を見ながら、なんとかお客様を案内して解散

先に下りたので時間はたっぷり

もみじ谷の紅葉を満喫しました!

今年はこのブログに紅葉の写真があまりなかったので、ちょっと多めに写真をアップしておきます!

越後

越後

 

 





 

越後

越後

 

 




 

越後

071109 034

 

 





 

越後

越後

 

 




 

越後

越後

 

 



 

 

さすが“越後の隠れた紅葉名所”!(笑)

めっちゃ綺麗な紅葉でした!!!

ここ2年くらいで一気に人気が急上昇している紅葉の名所だそうです

このあと、もみじチームを国道の交差点まで歩いて誘導して、そこで神社チームのバスと合流

神社チームのお客様も、菊まつりを満喫できたとのことでひと安心

朝の塩沢からドタバタした1日だったので、お客様の顔にはお疲れのご様子が…

直江津へ向かう途中、なかっちさんから頂いた“お六饅頭”と温かいお茶をお配りしたんですが

お饅頭の糖分&新潟県人の親切は効果てきめん!!!

一気に車内のムードが和みました(笑)

 

高速も順調に進み、直江津駅には列車出発の30分前に到着

復路も金沢で乗り継いで、大阪に帰ってきました

越後

それにしても、精神的にこんなにヒヤヒヤした添乗は久々だったな

車内でお六饅頭を食べて添乗員も一服♪

 



 

今回はかなりマニアックな観光地ばかりだったけど、「日本にもまだまだ知らない場所がたくさんあるんだ!」と日本再発見!(笑)

はじめての観光地は負担も大きいけど、得るものも大きいですね

ちょっと初心に返らせてもらった2日間でした

なかっちさんはじめ、ご協力頂いた方々に感謝感謝です!

ありがとうございました!

新潟バンザイ!!!

今日から越後の紅葉めぐり2日間♪

今日から新潟県へ紅葉ツアーの添乗です

佐渡ヶ島以外で新潟県の観光ってほんとレア

ノーカットのツアータイトルは

「越後の隠れた紅葉名所と塩沢の街歩き・食べ歩き2日間」

まったくどこ行くかわからないんですけど…

昨日、添乗準備の際に日程表に目を通したんですが

見事に全ての観光地が初めて行く観光地!!!

久々に遅くまでインターネットと地図帳のにらめっこをしました

 

さてさて、今日もセンダーなしでひとり寂しく大阪駅を出発

金沢

金沢駅で特急・雷鳥から特急はくたかに乗り換えて直江津駅まで向かいます

ちなみに乗り継ぎ時間は2分

 

 

はくたか

大阪を9時10分に出て、直江津に着くのが13時52分

はくたかの自由席がガラガラだったので、ゆっくりできました

 

 

直江津と言うと佐渡ヶ島ツアーみたいに、頸木(くびき)ハイヤーさんのタクシーに乗って直江津港へ向かいそうですが、今日は頸木“観光バス”に乗って観光です!

お初に乗車させて頂きますm(__)m

今日の観光は樹齢80年ほどのブナが生い茂る“美人林(びじんばやし)”の観光のみ

駐車場には小さな喫茶店がある他はトイレと、甘酒の売店、無人の野菜売り場がある程度のこじんまりした観光地です

美人林美人林

 

 

 

 

美女林

白神山地に似た雰囲気ですが若いブナ林なので、みんなスリム!

美人林というか“美ブナ林”やね(笑)

 

 

陽も暮れかかっていたので、しっとりと落ち着いた気分になれる観光地でした

美女林061109 017

 


 

 

美女林美人林

 

 

 

 

今夜の宿泊は、六日町温泉の“上越六日町高原ホテル”さん

もちろん初めて泊まるホテルです

で、明日の行程なんですが

マニアックすぎて、乗務員さんもよく分からない

さらに企画書の予定より27分早い列車で帰らないといけないし、明日は最後の観光地“弥彦神社”で一部通行止めの交通規制が入る日

このコース

最初で最後の1本限りのコースなんですよね

めっちゃ不安…

 

誰か助けてくれる人いないかな〜

いつもツイてるんだらか、絶対誰か助けてくれるはず!(←人生ナメてます)

ん〜新潟・新潟…

 

 

 

 

あ、なかっちさんだ!

 

説明しよう
なかっちさんとは、新潟県魚沼市で旅行会社に勤務
この「ブログな添乗員」をかなり昔から愛読している
とてもいい人なのである

 

と、いうことでさっそくホテルに向かう途中で急いでメール(←頼むのが遅い)

なかっちさんとは一度、仕事の合間を利用して大阪で立ち話をしただけなんですけど、かろうじてメールアドレスは携帯に入ってたんですよね(笑)

「オマエ誰やねん!」って言われたらどーしよーと恐る恐る

「お久しぶりです、フナッシュでーす!○○って行ったことあります?」ってメールをしたら、なんと

「ホテルが会社から近い(と言っても車で30分ほど)ので資料持って行きますよ」

って思いもよらない返信が!!!

わざわざホテルまで来てもらうなんて、めっそうもないm(__)m

 

なんて言ってる余裕はないので、お言葉に甘えまくって来てもらいました(笑)

なかっちさん

めっちゃたくさんの資料を持って来てくれて、最近開通したETC専用出口の情報とかまで教えてもらいました

 

 

 

さらに…

おいしいお饅頭があるのでって、お土産まで!

六日町名物“お六饅頭”と言って、大河ドラマ「天地人」にも登場したそうです

それも一個や二個じゃないですよ

なんと

お客様全員分

お六饅頭

是非関西のお客様にも食べてもらいたいけど、ツアーで寄れないお店なのでって、わざわざ買ってきてくれたんですよ!

 

 

 

なんていい人なんだ!!

さすが直江兼続の新潟県、に溢れています(笑)

なかっちさん、本当にありがとうございました!!!

明日、しっかりバスの中でJRに負けないくらい新潟県をPRしてきますね〜!(笑)

 

ちなみに

おかげ様で、もうすぐ50万アクセスを迎えますが

2006年2月の2万アクセスキャンペーンの際、見事20000の画像を送ってくれたのは、なかっちさんでした(笑)

佐渡ヶ島ツアー3日目♪

奇跡的に昨日は傘いらずで過ごせましたが

今朝はバスが出発した時も雨が降ったまんま

まぁ最終日くらい仕方ない

と、傘を持って最初の観光地“妙宣寺”に降り立ちましたが…

降りた瞬間、これまたピタっと止んでしまいました

妙宣寺妙宣寺

 

 

 

 

今日は妙宣寺→尾畑酒造のみ

10時20分出航のカーフェリーで直江津港へ向かいます

かもめ

フェリーが出航するころには、すっかり天気も回復

カモメも気持ち良さそう

 

 

でも、海上は依然として荒れ放題

フェリーフェリー

 

 

 

 

それでも船酔いなんてしている余裕はありません

このあと直江津港に13時に到着して、13時30分直江津駅発の特急はくたかに乗車しないといけないんです

30分の間にフェリーから降りて→タクシーに分乗して→駅に向かいます

実は同じ特急はくたかには4団体が乗車

そのうち2団体はウチの会社の広島の後輩率いる2台口の団体です

合計140名以上が一気にタクシーで直江津港から直江津駅へ民族大移動!!!

 

なんとか列車には乗車できたんですが、広島の後輩たちにはさらなる試練が…

実は富山駅まで利用する特急はくたかだけが、指定席ではなく自由席利用だったんです

この特急はくたかの自由席は2両のみ

そこに2団体、80名ほどの団体が乗り込みます

お連れ様同士で席が離れてしまっても座れないよりマシ

二人で必死で席を確保しますが、数名分の席がどうしても足りません

次の停車駅は糸魚川

ここで空いた席を確保しようとフナッシュも参戦して3人でデッキに張り込んだんですが…

糸魚川で降りたのはたったの二人…

それでもなんとか通路挟みでも座れる席を確保して、どうにか全員座ることができたようです

ご年配のお客様や車椅子利用のお客様がいる中での大移動&自由席争奪戦

ほんと大変だったと思います

添乗員

でも二人の誠意はお客様にしっかり伝わっていたんだろーなと傍で見て感じました

なかなか頼もしい後輩です(笑)

 

 

こちらは、そのあと金沢駅で特急雷鳥に乗り換えて19時08分に大阪駅へ帰ってきました

時間が早いので、先日修理に出していたノートPCを受け取りにヨドバシカメラに寄って帰りました

結局アダプターがダメになっていたようで、アダプターを買い換えて一件落着

これで前みたいに添乗先でブログが更新できます!!!

 

ま、パソコンの有無よりエアーエッヂの電波とモチベーション次第か…(笑)

広島の後輩に負けないよう、モチベーション上げて明日からは編集長業務を頑張りますっ!!!

佐渡ヶ島ツアー2日目♪

久々に雨音で目が覚めた…

それもちゅーとハンパな5時頃に

ほんと信じられないほどの豪雨&雷だったな〜

夫婦岩

今日1日どうなるんやろって心配したけど、最初の下車地“夫婦岩”に到着したらちょうど雨が止んでくれました

 

 

 

それでも海は大時化

次に行く予定の“尖閣湾遊覧船”は欠航

代替として“尖閣湾揚島遊園”へ

今まで遊覧船が欠航になったことがなかったので、ここに来るのは初めてです

いつもは船から見る尖閣湾を、上から見るって感じかな

尖閣湾尖閣湾

 

 

 

 

展望台からの景色は迫力満点

昭和29年にヒットした映画「君の名は」のロケ地でもあるので、ツアーのお客様世代には懐かしい場所なのかましれません

尖閣湾尖閣湾

 

 

 

 

園内には規模は小さいながらも水族館もあるんですよ

尖閣湾尖閣湾

 

 

 

 

近海に住む魚が中心のローカル水族館です(笑)

イカ魚

 

 

 

 

お昼はいつもの“かもこ観光センター”さん

午後はお客様の「ジェンキンスさんに会いたい」とのリクエストにより順序を入れ替えて早めにジェンキンスさんの働く“佐渡歴史伝説館”へ

このツアーの準備時に知ってビックリしたんですけど、ツアーの宣伝物に

「ジェンキンスさんに会えるかも」

なんて売り文句とジェンキンスさんの顔写真が載っているんですよね

ちなみにジェンキンスさん、毎週火曜日はお休みで、16時には帰っちゃいます

 

さて、10月より【賽の河原・大野亀・弾崎灯台】の観光がなくなって、新たに【沢崎灯台・宿根木集落】が加わりました

沢崎(さわざき)灯台は佐渡ヶ島の最西端にある新潟県で一番大きな灯台

トイレも駐車場もない穴場的な観光スポットです

沢崎沢崎

 

 

 

 

沢崎

それにしてもすごい波

今日がフェリー移動じゃなくてよかった〜

 

 

宿根木(しゅくねぎ)集落は、江戸時代に北前船で栄えた船大工の町並みで、伝統的建造物保存地区に指定されています

宿根木宿根木

 

 

 

 

タイムスリップしたような町並みで、なかなか見応えありましたよ

 

2日目はここが最後の観光地

このあと今夜の宿泊地、ホテル八幡館へ向かいました

奇跡的に傘いらずで観光できたことに感謝m(__)m

今日から佐渡ヶ島3日間♪

今日からJR利用で佐渡ヶ島をめぐる3日間ツアーの添乗です

今朝の大阪駅は同じ会社のツアーが外になかったので、センダーに見送られることもなく寂しく出発

でも特急サンダーバードの車内には他社のツアーがわんさか乗車していました

かげでお客様は4つの車両に分乗

車内でお弁当配らないといけないのに4つの車内って…

さらに金沢駅で、特急はくたかに乗り換えなんですが、乗り換え時間はたった9分

ホームで集まってる余裕なんてないのでお客様各自で次のホームになだれ込んでもらいました…

 

なんか朝から、やたらうちのツアーだけバタバタしてる気がするんですけど〜

他社の添乗員さんに「今日は何名ですか?」って聞いたら

返ってくる答えは「18名」とか「23名」

 

うちのツアー42名なんですけど…

 

特急はくたかを直江津駅で降り、今度はタクシーで直江津港へ向かいます

小型4台にジャンボ3台利用…

フェリーには11団体乗船していたようですが、40名以上の大所帯は他にいないので、思っていたほどの混雑はありませんでした

直江津港から佐渡の小木港までは約3時間40分

今日の観光は【たらい舟】の乗船のみで、今夜のお宿、ホテル大佐渡さんに向かいす

佐渡

同じフェリーに乗っている団体は、ほとんどが同じ動きをするので、いつもたらい舟乗り場が混むんですよね〜

 

 

 

佐渡フェリーに乗っている時は、めっちゃ天気良かったのに、たらい舟あたりからポツポツ降りはじめてきました…

 

 

 

夕食が終わった頃には嵐のような天候に

特に雷がひどい…

この3日間コース ほとんどの観光が2日目に集中してるんだけどなぁ〜

寝ている間に天気が回復しますよーに!

わくわく信州3日目♪

どんよりした霧雨で迎えたわくわく信州最終日

野生のサルに見送られ、バスは最終日のメイン観光“赤沢自然休養林”へ向かいます

白馬

サル

 

 

 

 

弁当

今日のランチはお弁当

天気も悪そうなので赤沢に着く前に、車内で済ませてもらいました

 

 

赤沢自然休養林に到着の頃には雨脚も強くなってたから車内で済ませて正解だったかも

到着後、森林鉄道乗車までの流れですが、このあと何本か同じコースが出ているのでちょっと詳しく書きますと…

,泙瑳付で予約時間が書かれた整理券を人数分受け取る(お客様に配る必要ナシ)

△客様を森林鉄道の乗車場所まで案内、しこで整理券と引き換えに“ボールドウインパス”と呼ばれる木でできたパスを受け取る

お客様に配って乗車(子供には【小】のスタンプが押してあります)

赤沢

←これがボールドウインパス

で、うしろが森林鉄道の乗車場所

 



特に座席指定もないので空いている席に着席(左側が1人掛け、右側が2人掛け)

終点の“丸山土(まるやまど)停車場”まで約10分、大自然の中を快走します

赤沢赤沢

 

 

 

 

途中で見える道は“ふれあいの道”と呼ばれる散策コース

赤沢赤沢

 

 

 

 

赤沢

停車場で5分停車して、折り返し運転

ここで降りてふれあいの道を歩くか、そのまま乗って帰ってきます

 

 

赤沢

結局降りたのは2家族だけ…

雨が降ってるから仕方ないか

 

 

ふれあいの道を歩いて帰ると所要時間は約25分

森林浴には絶好のロケーションです

赤沢赤沢

 

 

 

 

森林鉄道のあとは渓流広場で水遊びをしたり、トムソーヤ村と呼ばれる木工教室(緑のテント)で工作が楽しめます(材料費は有料)

赤沢赤沢

 

 

 

 

赤沢

天気が悪かったので、じゅんや君とあきひろ君はトムソーヤ村でお賽銭箱型の貯金箱にチャレンジ


 

 

赤沢

なおちゃんとかなちゃんはバスの中でガイドさんと昨日の折り紙教室の続きを楽しんでいました

 

 

 

寝覚の床

このあと木曽川の景勝地“寝覚ノ床”を眺望して、岐阜羽島駅へ

 

 

 

渋滞がかなり心配でしたが、無事に1時間前には駅に到着

ほんと良かった〜

ホーム

この待ち時間の間にまた兄弟が増えたようで、子供たちは大いに盛り上がっていました…(笑)


 

 

新幹線

最初、ちょっと大人しくて心配したけど、帰りの新幹線まで元気いっぱい楽しんでもらえたようです

 

 


今年のわくわく体験ツアーも無事終了

全員大阪のお客様だったし人数も少なかったので、ホントまとまりのいいツアーでした

車内でお子様が退屈しないよう、折り紙や楽しいクイズなどで車内を盛り上げてくれたガイドさんにも感謝

 

みんなまた一緒に旅行に行こうね〜〜!

 

=最後に今回参加してくれたお子様たちへ=

こうやって家族で旅行に行けるってことは、すごく幸せな事だと思います

今回、旅行に行かせてくれたお母さん・お父さん・おじちゃん・おばあちゃんにしっかり「ありがとう!」を伝えようね

そしたらまたフナッシュと旅行に行けるチャンスも増えるから(笑)

わくわく信州2日目♪

2日目は朝から熱気球体験がコースに入っていたので天気が心配でしたが…

これ以上夏の高原を実感できる陽気はないやろ!ってほどいい天気に恵まれました!

さっそく会場であるホテル裏のゲレンデへ

所要時間は約5分と短いものの、なかなか体験できない気球にお子様も大人も大興奮!

白馬

気球

 

 


 

気球気球

 

 


 

白馬

白馬

 

 


 

気球

白馬

 

 

 

 

ちなみに気球からの風景も昨日に引き続き、じゅんや君にお願いしました

添乗員は地上でお留守番だったもんで…

気球

天気が悪かったり風が強いとすぐ中止になる熱気球体験

無事に体験できて添乗員としてはホッとひと安心です

 

 

 


 

バス

ゆっくりホテルを9時半に出発し、今日のメイン“白馬自然体験村”へ向かいます

車窓からの風景も、のどかでい〜ですよね〜




ほんと昨日までのぐずついた天気が嘘のような快晴

ここで各自、アスレチックや魚釣り、クラフト教室など様々な体験をお楽しみ頂きます

日差し

白馬

 

 


 

白馬

白馬

 

 


 

一番人気があったのは“魚つり”

エサは練り餌だし、針に返しもないので釣り上げるには至難の業だったようです

白馬白馬

 

 

 

 

竹細工体験コーナーで立派な竹細工のカゴを作ったお客様もいましたね

白馬白馬

 

 

 

 

元気がとりえのゆりちゃんは念願のトランポリンバンジーに挑戦!

見てるこっちが目が回ります…(笑)

白馬白馬

 

 

 

 

白馬

色んな体験を通してお子様同士も仲良くなってきました

これが個人旅行と違ってツアーの醍醐味ですよね

 

 

BBQ

お昼のわいわいバーベキューの頃には2人兄弟のはずが3人兄弟になっていました(笑)

 

 

 

体験村のあとは安曇野の“大王わさび園”へ

ここで“クリアボート”と呼ばれるボートで清流をクルージングします

わさび

ボード

 

 

 

 

ラフティングで使われるのとほぼ同じタイプのボートを使用

ボート

ボート

 

 

 

 

足元が見えるので“クリアボート”って聞いていたんですが…

水は綺麗なものの、足元はまったくクリアではありませんでした
( ̄◇ ̄;)!!

ボートボート

 

 

 

 

それでも冷たい清流に足をつけたりできるので、のんびり安曇野の清流を満喫しました

ボードボート

 

 

 

 

ボート

ここの風車小屋は黒澤明監督の映画のセットとして建てられた小屋なんですって

 

 

 

クリアボート体験のあとは、一路ホテル

同じ道を通るので、ガイドさんがお子様が飽きないようにと車内で“折り紙教室”を開催してくれました

子供より大人のほうが頭の体操になって良かったかも(笑)

折り紙折り紙

 

 

 

 

折り紙

“羽が動く鶴”と“Yシャツ”にチャレンジ!!!

折り紙ってなかなか奥が深くて面白いですね〜

 

 

 

さて、早いもので明日は最終日

最後に岐阜羽島駅まで中央道を使うんですが…

昨日、静岡で発生した地震で東名高速の一部が通行止めになっていることに加え、明日から始まる平日ETC1000円キャンペーン

どれだけ混むかは関係者でも予測不可能

 

意外にスムーズに進むのか?大渋滞に巻き込まれるのか?

どうなることやら…

今日からわくわく信州3日間♪

いよいよこの夏、一番夏休みらしいツアーの出番がやってきました

その名も

夏の家族日記・わくわく信州3日間

毎年恒例のわくわく体験ツアー

お子様に色んな体験をしてもらう夏休み限定の家族向けツアーです

「夏の家族日記」ってタイトルい〜ね〜

珍しく気の利いたネーミングだ(笑)

添乗員も気合を入れてこんなの持ってきましたよ!

名前が分かったほうがお子様同士も仲良くなりやすいかなと思って

お子様専用のネームプレート!!

名札

もちろんカードホルダー代は自腹

(会社はこーゆーところにお金を出して欲しいよね…)

 

 

フナッシュ

添乗員のわくわく用ネームプレートは4年目に突入

まさかこんなに長持ちするとは(笑)

 

 

今年のわくわくツアーはお客様22名中、お子様7名プラス中高生3名

5組の家族にバスも中型利用なのでアットホームなツアーになりそうです

 

今日は大阪駅から金沢駅まで特急雷鳥に乗って、バスで糸魚川駅へ

体験その,六綉川駅から平岩駅まで乗車するローカル線“JR大糸線”の乗車

糸魚川

本数が少ないので糸魚川駅で約50分待ち

隣に物産センターがあるので、列車出発までそこで時間を使ってもらいました

 


JR大糸線は、旧国鉄時代の面影を色濃く残したノスタルジックな車両が魅力

鉄道好きのモッチー(←このコースの企画担当者)らしいチョイスです(笑)

大糸線大糸線

 

 

 

 

約40分ほどですが、のどかな風景の中を走るローカル線の旅を満喫しました

大糸線

大糸線

 


 

 

大糸線

大糸線

 

 

 

 

大糸線

←ちなみに列車の中からの風景はじゅんや君が担当

ご協力ありがとね!!!

 

 

今日はこの体験をもって行程は終了

今夜から白馬乗鞍温泉の“白馬アルプスホテル”に2連泊

スキー場の真ん前という大自然に囲まれたロケーションです

白馬

白馬

 

 

 

 

みょんみょん

あ、糸魚川駅の近くでこんな面白い名前の美容室を発見

「アピール みょんみょん」

 

 

みょんみょんって・・・(笑)

さらに「結婚している美容師さん募集」って…(笑)

 

明日の天気よりアピールみょんみょんが気になって仕方がない白馬乗鞍の夜なのでした…

佐渡ヶ島ツアー3日目♪

佐渡ヶ島ツアー3日目〜

今日もやっぱりアタマが痛くてテンション低め…

妙宣寺

今日の見学は“妙宣寺”と“尾畑酒造”さんの2ヶ所のみ

見学後は、小木港10時20分出航のフェリーに乗って直江津港へ

 

 

今日は2日前とは見違えるような穏やかな海

フェリーフェリー

 

 

 

 

2日前はこんな感じだったもんな…

フェリーフェリー

 

 

 

 

今日もごっちゃんと同じフェリー、同じ列車で大阪まで帰ります

ごっちゃん

このフェリーにもツアーは3団体と少な目だったので部屋は貸切状態♪

添乗精算しながらゴロゴロ過ごしました

 


佐渡汽船さんは添乗員&乗務員用の部屋を確保してくれているので、利尻・礼文みたいに新聞紙を持参しなくても大丈夫です(笑)

いか

船内で“イカ釜飯弁当”の昼食

この3日間、イカばっかり食べてたよな…

 

 

雨

帰りの特急に乗っている頃、雨がけっこう降ってきた

佐渡ではタイミングよく一度も傘を使わずに観光できたのでツイてたな〜

 

 

ニュースによると、中国地方では記録的な大雨が降っていたそうですね

JR北陸線は特に影響なかったけど、山陽新幹線は広島〜小倉が終日運転見合わせでしょ

新幹線が終日運転を見合わせるなんてめったにないことです

大きな被害がでないことをお祈りしています

九州・中国地方に行ってる皆さん、頑張ってくださいねー!!!

明日からはしばらく編集長業務

コチラも大荒れになる予報が出ております…

佐渡ヶ島ツアー2日目♪

佐渡ヶ島ツアー2日目〜

夫婦岩

今日は七浦海岸の“夫婦岩”の見学からスタート!

ここの“するめイカ”が美味しいんですよね♪

 

 

尖閣湾

お次は“尖閣湾(せんかくわん)”

遊覧船に乗船するんですが、今日も昨日に引き続き海は大しけ

 

後々の行程を考えて添乗員はパスさせて頂きました
m(__)m

フナッシュとか名乗っときならが“フネ”に弱いもんで…

金山

遊覧船の後はお馴染み“佐渡金山”へ

この写真、坑内の水を外に出すためのポンプ

江戸時代からこんな技術があったなんてすごいですよね(オランダから伝わったらしいです)

 

 

 

金山の後は“トキの森公園”、そしてかもこ観光センターさんで昼食を食べて“賽(さい)の河原”へ

大野亀

賽の河原にはトイレがないので“大野亀”でトイレ休憩

先月来たときはキバナカンゾウが綺麗にさいていた場所です

 



賽の河原は“願(ねがい)”という集落がある海岸沿いを歩きます

天気がいいから気持ちよかったけど、雨だと大変だね…

願願

 

 


 

海海

 

 


 

願

←こちらが賽の河原

霊場だけあって、どこか物悲しい雰囲気が漂っています

 



このあと“弾埼(はじきざき)灯台”を見学してホテルへ

今夜は大佐渡温泉“ホテル大佐渡”さんに宿泊

夕日

ホテルの前が海岸なので、綺麗な夕日を見ることができました

島に来た〜って感じがします

 

 

なんだかんだ言ってよく歩いた1日だったな〜

万歩計見たら1万6千歩越えてたもんね

歩き疲れたのか、精神的に疲れたのか

はたまた賽の河原で何か連れて帰ったのか???

なんだか頭が痛いしお風呂に入る気力もないので、今夜も早めに眠りについたのでした…

今日から佐渡ヶ島3日間♪

前日の【YOC暑気払い焼肉】でスタミナ付けて今朝は4時起き!

今日から佐渡ヶ島ツアーの添乗です

先月行った佐渡は飛行機利用の2日間でしたが、今回はJR利用の3日間コースです

大阪駅で受付をしていたらYOCのすみちん隊員と影のYOCメンバー、ユミッペ隊員の姿が

YOC

今から静岡で行われる夏フェスに行くんだって

世間は昨日から3連休ですからね…

 

 

JR北陸線の“特急雷鳥”と“特急はくたか”を乗り継いで直江津へ

直江津駅からはジャンボタクシーに乗り換えて直江津港へ移動します

直江津港から佐渡ヶ島の小木港まで約2時間40分の長い長い船旅です

佐渡は移動がとにかく長いっ

しかも今日は波が3mくらいあってめちゃくちゃ揺れた

船内では船酔いされている乗客多数

添乗員も気分悪くなってきた…

フェリーフェリー

 

 

 

 

でも、大丈夫!

フナッシュには気を紛らわせてくれる強い味方が!

今は他社で働いてる先輩添乗員の“ごっちゃん”が大阪駅からずっと一緒だったんですよね

ごっちゃん

同じフェリーに4団体しか入っていなかったので、添乗員用の船室でゆったり過ごせました♪

 

 


小木港に着いたらすぐ“たらい舟乗船体験”

船酔いされているお客様が乗れるか心配でしたが、なんとか全員乗船することができました

たらい舟は漁港の中をプカプカ浮かんでいるので波は影響ないんですよね

航海中ずっと降っていた雨も止んでくれてグッドタイミングでした

たらいたらい

 

 

 

 

今日の行程はたらい舟のみ

このあとは今夜のお宿、八幡温泉の“ホテル八幡館”さんに向かいました

甘えび

夕食時は甘えび食べ放題!

って言っても皆様遠慮して、なかなか手を出さないんですよね(一番食べたのは添乗員かも)

 

 

さ、今日は睡眠3時間だったから早く寝よ〜

尾瀬縦走ツアーダイジェスト♪

添乗レポートは省略しようと思ったいた今回の尾瀬ハイキングツアー

まだ今後も後輩の出発が控えているみたいなので、簡単に2日間の縦走コースを振り返ってみたいと思います(担当のモッチーも気になるだろーし)

 

2日間で約24キロを歩く今回のコース

スタート地点である【鳩待峠】には大型バスは入れないので戸倉の尾瀬高原ホテルでマイクロバスに乗り換えます

尾瀬

30分ほどカーブに揺られて鳩待峠に到着

ここで準備体操をしていよいよスタート!






 

尾瀬

最初の目的地【山の鼻】までは約3.3キロ

石の階段や木道の下りです






 

尾瀬

約1時間で山の鼻に到着

パンフレットで見慣れた“尾瀬ヶ原”の風景はここからです






 

尾瀬

遠くに見えるのは標高2346mの燧ケ岳(ひうちがたけ)

木陰がないので天気のいい日は紫外線に注意です






 

尾瀬

振り返ると見える山は標高2228mの“至仏山(しぶつさん)”

尾瀬ヶ原では、ちょうどニッコウキスゲが満開でした




 


尾瀬

山の鼻から2.2キロ地点の【牛首】で一度休憩し、さらに2キロ進んだ【龍宮】でランチタイム




 

尾瀬

今回のツアーでは靴のソールが剥がれてしまう人が続出

ガイドさんはお弁当も食べる暇なく修理に追われていました…






 

尾瀬

龍宮あたりまでが一番尾瀬らしい景色

ひたすら木道が続きます







 

尾瀬

小屋が見えてきましたね
あそこが龍宮から1.6キロ進んだ【見晴(みはらし)】

ここで尾瀬らしい景色とはお別れです





尾瀬

この先は一番の難所【白砂(しらすな)峠】

尾瀬ヶ原ではあんなに天気が良かったのに、急に雨が降りはじめてきました






 

尾瀬

ゴアテックスを着てても暑いので、普通の雨ガッパだと通気性が悪くてバテバテになります

 






 

尾瀬

尾瀬に参加するお客様の9割以上は、尾瀬にこんな景色があることを知りません

尾瀬は山なのです






 

尾瀬

ようやく尾瀬沼のほとりの【沼尻(ぬまじり)】に到着

見晴から4.5キロ、約2時間半トイレもない道のりでした






 

尾瀬

ここから尾瀬沼のほとりを上がったり下がったりしながら進みます

意外に足場の悪い区間です(木の根っこなど)






 

尾瀬

3.6キロ、約50分歩くと綺麗な湿原地帯に出てきました

ここが【大江湿原】

今夜の山小屋はすぐそこです






小屋

今回は長蔵小屋でも綺麗な別館利用
携帯の電波もテレビもなく21時消灯
ちなみに本館は“こんな感じ”でした)






尾瀬

2日目

朝5時半に朝食を済ませ6時20分に体操開始!






 

尾瀬

尾瀬沼のほとりを少し歩きながら【三平峠】へ向かいます




 


 

尾瀬

小屋から【三平下】と呼ばれる峠の下までは1.1キロの平坦な木道でしたが、ここから峠を登っていきます


 



 

尾瀬

ここが三平峠の頂上

尾瀬と書かれた看板の前で記念写真






 

尾瀬

今回のコースで、これ以上登るところはありません

峠を越えたら下りのみ






 

尾瀬

【一の瀬休憩所】と呼ばれる場所まで進むと車が通行できる開けた道になります

ここから代わり映えのない砂利道をひたすら進みます






 

尾瀬

ゲートが見えてきました

いよいよゴールの【大清水】に到着です!






 

尾瀬

しっかりクールダウンも忘れずに

このあと戸倉で温泉に入ってハイキングの疲れを癒したとさ




 

 

めでたしめでたし

 

尾瀬夏の尾瀬の風物詩、ニッコウキスゲは現地ガイドもびっくりするくらい急に咲きはじめたようです


当初見頃とされていた20日までもつか…と心配していました





 

関東・甲信越地方は梅雨明けをしましたよね

これから尾瀬に向かう皆さん、尾瀬は天気が変わりやすいので雨具は絶対に忘れずに!

紫外線や熱中症対策も万全に!

尾瀬あと、靴のコンデションも事前にちゃんとチェックしましょうね〜(笑)

 






 

 

片品村観光協会公式ブログ(←かなりマメなブログで役立ちますよ)

ときめき佐渡ヶ島2日目♪

どんよりした天気で迎えた2日目


2日目最初の観光は“佐渡金山”からスタート


中はヒンヤリしていて涼しいというか寒い…


足元が暗いので注意をして歩きましょう!


金山金山


 


 


 


 


このあと銘酒“真野鶴”で有名な尾畑酒造に立寄って“妙宣寺(みょうせんじ)”へ


新潟県唯一の五重塔も見事ですが、直江兼続が寄進した槍の穂先も必見です!


妙宣寺槍


 


 


 


 


あっと言う間にこのコース最後の観光地“トキの森公園”


有料の保護区域では20m離れてですが、トキの様子を観察することができます


ときとき


 


 


 


 


最後は“かもこ観光センター”で最初で最後のショッピングタイムとお弁当の積み込み


ここから両津港まではバスで5分ほどです


今日のランチは“海鮮丼弁当”


なんだか型崩れしやすそうだしサイズも小さめなので、お客様がお買い物を楽しまれている間に早弁しちゃいました(笑)


かもこ海鮮丼


 


 


 


 


これでけじゃお腹が空くなぁ〜ってターミナルをブラついてたら


「佐渡のおいしい 人気のナカガワパン おすすめです」ってポップが目に入ってきたので、さっそくメープルロールってパンを購入しました


船内で“佐渡乳業”のコーヒーを買って、佐渡ヶ島島民になったつもりで2回目のランチタイム


まぁフツーのコーヒーに、フツーのパンですわ…


ぱんぱん


 


 


 


 


弁当


こちらは船内で見せてもらった他社さんのお弁当


隣の芝が青く見える…


 


 


フェリーを降りた後は、行きと同じく新潟空港までバスで移動


空港


新潟空港利用ってほんと珍しいなぁ〜


空港内は天地人グッズで賑わっていました


 


 


国体


賑わっていると言えば、今年は新潟で国体が開催されるんですよ


ちょうど開催まであと111日です!


 


 


さて、帰りのフェリーの中でこんな出会いがありました


東京から来ていた他社の添乗員さんが「ブログな添乗員」を以前からご存知だったんですが…


なんとこのブログがきっかけで添乗員になったんですって!


「アンタのせいで職業選択ミスしたでしょ!」って怒られやしないかと一瞬ヒヤっとしましたが、楽しそうにお仕事されていたので安心しました(笑)


添乗員


先日のkiyoさんとの出会いといい、ブログの影響力ってすごいなぁ〜と改めて感じました


 


 


 


このブログをご覧の添乗員志願者の皆さん


添乗員になった後に「こんなハズじゃなかった!」ってことになっても当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください(笑)
m(__)m


前にもブログで「働く理由」って本の話をしたけど、仕事なんて実際にやってみなきゃわからないしね

今日からときめき佐渡ヶ島2日間♪

このツアータイトルの「ときめき佐渡ヶ島2日間」の“ときめき”は

朱鷺メキなのか???

疑問を抱いたまま伊丹空港へ

今日から飛行機利用の佐渡ヶ島ツアーの添乗です

いつもはJRで片道8時間かけて行くところですが、今回は飛行機利用なので少しラクチン

飛行機と言っても新潟空港までだから、そこから路線バスで新潟港

新潟港から佐渡汽船に乗って佐渡ヶ島へ渡ります

去年、JRの3日間コースで来たときは【直江津港−小木港】でしたが

今回の航路は【新潟港−両津港】

新潟

新潟港の3階で乗船手続きを済ませ12時30分出航のカーフェリーに乗りこみます

 

 


2等船室はじゅうたん部屋か外の椅子席

2等椅子

 

 

 

 

プラス1040円で1等(じゅうたん・椅子席)に変更も可能です

1等1等

 

 

 

 

弁当

今日のランチは日本海網元弁当

まぁチラシ寿司ですな

 

 

船内の売店には種類は少ないですがオニギリやパン

レストランではうどんや丼ものを扱っています

売店食堂

 

 

 

 

佐渡

新潟港−両津港は所要2時間半

新潟港を出るときはどんよりしていた空も、だんだん明るくなってきました

 


今日の観光は佐渡ヶ島の北の端、亀型の巨岩が海にそびえる景勝地“大野亀”へ

駐車場

花

 

 

 

 

この大野亀一体は“トビシマカンゾウ”の群落地としても有名で佐渡のポスターなんかにも採用されています

この時期の土日はマイカーの観光客で賑わう大野亀

ちょうど今が見ごろで緑の草原に咲き乱れる黄色い花がなんと鮮やかでした

花花

 

 


 

花花

 

 

 

 

今日の観光は大野亀1ヶ所のみ

今夜は椎崎温泉のホテルニュー桂さんに宿泊です

ハード面はしっかりしてるとは言えませんが、それもまた島らしくていいもんです

夕食

それに夕食が美味しかった〜

もちろんカニは冷凍ですが、北陸のカニツアーで食べるカニより全然美味しかった




蒸し牡蠣だけでも嬉しいのに、そこにウニまで乗っかってますよ!

デザートの柿シャーベットも美味

これを食べると“佐渡に来たな〜”って感じがします(どこのホテルでもよく出てくるので)

まさに海のカキと山のカキを満喫の夕食でした

牡蠣柿

 

 

 

 

佐渡は芸能の島としても有名ですよね

夕食後に“佐渡おけさ”などの民謡や踊りを披露してくれるホテルも多いです

今回のニュー桂さんもホテル内でショーがありましたが、たまたま今夜は近所のお寺で“薪能(たきぎのう)”と呼ばれる能のイベントが開催されていました

夜

屋内の舞台と違って、なんとも幻想的

お客様ラッキーですね

 

 

田

ホテルの周辺はのどかな田園地帯

今夜はカエルの合唱を聞きながら寝るとしますか

 

 

 

日本縦断ツアー3日目♪

寝過ごしやしないかと、心配で何度もうなされるように目が覚めるのを繰り返していると、どこかの駅に列車が停車しました

列車は函館駅に着いたようです

はまなす

3時30分の出発まで約30分停車

ここから向きが変わるので座席を回転してモゾモゾまた浅い眠りにつくのでした…


 

朝日

ここどこだろ?

目が覚めると朝日が田んぼにキラキラ反射していました

 

 

予定通り、青森駅に5時39分に到着

約8時間お世話になった急行はまなすとも、ここでお別れです

長い夜行列車の旅、お疲れ様でした

でも、これからがまた長い

日本縦断ご一行様は次なる列車、特急【いなほ】に乗り換えて新潟へ向かいます

所要時間はこのツアー最長区間(夜行除く)の6時間43分

いなほ

いなほ

 

 

 

 

いなほ

【いなほ】なんて特急があるの今回はじめて知りました

名前の通り列車は田園地帯を走り抜けます

 

 

岩木山

お客様がガヤガヤ騒いでいるかと思ったら、窓の向こうには“岩木山”が!

昨日の利尻富士に続き、ほんとツイてます


 

さてさて、昨晩は夜行列車だったので、今朝は朝食から駅弁です

とりめし

大館駅で積み込んだ“鶏めし”

この花善さんの鶏めし、好きなんですよね〜

まだ温かいうちに持ってきてくれるのも嬉しい

 

駅弁の朝食も済ませ、のんびりとした田園地帯を走っていると、また何やらお客様が騒いでる

鳥海山

おぉ、何だか見慣れない綺麗な山が見えてるやん

急いでカバンの中の全国版ライトマップルを広げてみる

 

 

「みなさまぁ〜左手に見えているお山は鳥海山(ちょうかいさん)ですよ〜」

「標高は2236m、いや〜それにしても綺麗ですよね〜」

って知ったかしてみる(笑)

次に何が見えてくるか?車窓からの景色にもヒヤヒヤ

バスガイドさんの存在は偉大ですm(__)m

 

このあと羽黒山や日本海の海岸沿いを見ながら列車は新潟駅に到着

7時間39分、ほんと長かった…

海岸海岸

 

 

 

 

乗り継ぎ時間が20分以上あったのでホームに上がる前にちょっぴり自由行動

乗り換え

列車ばかり乗ってるから、駅の売店をちょっと覗くだけでもお客様は喜んでいました

 

 

 

新潟から乗る上越新幹線【MAXとき】は2階建て新幹線

ときとき

 

 

 

 

とき

我々が乗るグリーン車は2階席

東京までは2時間10分です

 

 

弁当

新潟を出たらちょっと遅めの昼食を配りました

今日の駅弁は“焼きたらこトロ鮭弁当”

 

 

さてさて、何やらまた気になるお山が見えてきましたよ

駒ケ岳

「はい、皆さまー!右手前に見えるのが標高1778mの八海山で後ろ手に見えるのが越後駒ケ岳で標高が2003mですよ〜!」

 


 

お客様が「添乗員さん、よー覚えてるなぁー」って関心しておりました(笑)

 

いなほの7時間39分に比べたら、その後の列車はみんなあっという間に目的地に着く感じがする

東京駅で怒涛の13分乗り継ぎを無事クリアし、今日最後の東海道新幹線【ひかり】に乗車

“ひかり”って聞いただけで安心します

名古屋まで1時間48分

東京駅ではチラっとですが、東京タワーが28名のお客様にエールを送ってくれました

東京東京

 

 

 

 

富士山

そしてこのお山も

そう富士山も恥ずかしそうにお見送り

 

 

さすがにこの山くらい地図見なくても分かります(笑)

名古屋

今夜の宿泊は名古屋駅の目の前という“名鉄ニューグランドホテル”さん

 

 

 

名古屋駅に着いたとき、ホームから「そこが今夜のホテルですよ」って案内できるくらい駅近で便利なホテルです

名古屋

名古屋に宿泊するのは生まれて初めて

一度、じっくり散策してみたいな

名古屋に会いたい友達がいたけど、精神的にも肉体的にもキツいので諦めました

 

 

 

まだあと2日頑張らないと!!!

 

昨晩の札幌から【はまなす→いなほ→MAXとき→ひかり】と4つの列車を使って

乗車時間は

 

18時間20分

 

お疲れ様でしたm(__)m

奥飛騨・白骨ツアー3日目♪

新年を迎えて2日目の朝

今日の朝食も豪華ですね〜

朝

出世魚として縁起のいい“ブリ”に、長寿を意味する“海老”

さらにお神酒までサービスで出ていました

 

 

朝

一晩の内にさらに雪が積もったようです

ドライバー泣かせの積雪ですが・・・

 

 

朝

子供たちにとったら嬉しい積雪

朝から雪合戦ではしゃいでいました

 

 

今回お世話になった“白船グランドホテル”さん

スタッフの皆さんは親切で温泉同様あったかかった〜

バス

出発時には玄関からバスまでマットを敷いてくれたんです

ほんとーにありがとうございました!

 

 

板倉

3日目はドライブン“板倉らーめん”さんまで約2時間の移動

ここで高山らーめんの試食とショッピグタイム

 

 

3日目のメインは“飛騨高山の町並み散策”

お正月なので混んでるかなぁ〜と心配していましたが、駐車場にもスムーズに入ることができました

でも思ってたより雪が多くて寒かった・・・

高山高山

 

 


 

高山高山

 

 


 

高山高山

 

 

 

 

まつり

3日目の昼食は“高山まつりの森ミュージアム”

ここ初めて来たんですけど、結構見ごたえありますね!

 

 

1年を通して高山まつりを体験できる迫力満点の施設です

まつりまつり

 

 

 

 

このあと高山駅から【特急ひだ】に乗って大阪へと帰ります

なんと所要時間は4時間15分もかかるんです!!!

でも19時51分着なのでまだツイてるほうかな♪

 

乗務員さん

今回お世話になった“濃飛バス”の乗務員さん

お二人とも穏やかで癒されました(笑)

 

 

3日間ありがとーございました!!!

 

ってちょっと待った!

このツアーは、最後の最後にサプライズが待っていたんです!

見送り

高山駅出発後、車窓から外へ目をやると

なんと1時間近く前に別れたはずのガイドさんが手を振っているじゃないですか!!!

 

 

なんという感動的なラストシーン(涙)

山田洋次監督の映画でも見ているような感じでした(笑)

 

さらにガイドさんは明日が成人式

いや〜めでたいめでたい!

 

寒い中待っていてくれたので風邪でもひいていないといいのですが・・・

新年早々、お客様、乗務員さんに恵まれた3日間でした

 

この調子じゃ、2009年もツイてることがたくさん起こりそうだな

奥飛騨・白骨ツアー2日目♪

改めまして「明けましておめでとうございます!」

朝

2009年の朝をさわやかに迎えました!

(去年はかなり寝不足だったもんな…)

 

 

しっか朝食にお雑煮おせち料理を頂いて、ゆったり9時半にホテルを出発

朝

ホテル

 

 

 

 

元旦の観光は“新穂高ロープーウェイ”のみなんです

穂高

ホテルから10分もかからずに“新穂高温泉駅”に到着

これから第1ロープーウェイ、第2ロープーウェイと乗り継いで“西穂高口駅”の展望台へ向かいます

 

 

第1ロープーウェイは42名乗り

足元までガラス貼りなので迫力満点

所要時間、約4分で“鍋平高原駅”に到着

穂高穂高

 

 

 

 

“鍋平高原駅”から徒歩で第2ロープーウェイの乗り場である“しらかば平駅”へ移動します

穂高穂高

 

 

 

 

穂高

まぁ

徒歩移動って言ってもすぐそこなんですけどね(笑)

 

 

穂高

第2ロープーウェイは日本で唯一の2階建てロープーウェイ

定員は120名で、所要約7分で“西穂高口駅”に到着します

 

 

行きは2階に乗車

足元にも乗り場があるなんて、なんだか不思議な感じがしますよね〜

穂高穂高

 

 

 

 

穂高

期待していた景色はご覧の通り・・・

まぁ運休しなかっただけラッキーと思いましょう!(風が強いとすぐ止まるそうなので)

 

穂高穂高

 

 

 

 

穂高

西穂高口の展望台は標高2156m

気温はマイナス14度でめっちゃ寒かった〜

 

 

添乗員

この山の上で京都の添乗員“ドイちゃん”にバッタリ会いました

昨日は乗務員さんと一緒にカウントダウンしたんですって(い〜な〜

 

 

穂高

展望台ではこんな感じで記念写真を撮ることができますよ

 

 

 

展望台のあとは、しらかば平駅まで降りてしばし自由散策

ここにはビジターセンター足湯(無料)露天風呂(有料)などがあります

穂高穂高

 

 

 

 

のりばの1階ではお正月飾りの“花餅作り体験コーナー”が開催

他にも餅つきや豚汁のサービスなんかもありました

穂高穂高

 

 

 

 

ランチ

この日の昼食はしらかば平駅2階の“レストランあるぷす”

ロケーションはいいんですが・・・

 

 

メニューが“漬物ステーキ御膳”

“漬物ステーキ”って初めて食べたけど、ちょっとこれはツアーの昼食には厳しいでしょ

しかも今日は元旦ですよ

マイナス14度より冷たい空気がレストランに漂っていたのは言うまでもありません・・・

ランチランチ

 

 

 

 

パン

皆さん、食後にレストラン前にある“アルプスのパン屋さん”でパン買ってた

ここの“あんこクロワッサン”めちゃ美味しいです!

 

 

無事になんとか新穂高ロープーウェイの観光を終え、宿泊先の白骨温泉へ向かいます

チェーン

途中、乗鞍高原観光センターでチェーンを装着

ここから白骨温泉へは道も険しくなるのでホテルの先導車のあとに続きます

 

 

ホテル

ホテルには15時半に到着

朝の出発が9時半で、宿入りが15時半なんて、幸せすぎ!

 

 

北海道とか行ったら朝7時半出発で、宿入り20時半とか珍しくないもんな〜

 

こうして雪がしんしんと降る白骨温泉で元旦は静かに過ぎていくのでした

今日から奥飛騨・白骨3日間♪

前日の“片山津・宇奈月ツアー”は大阪駅着が20時37分と比較的早い帰着だったものの

ブログを書いて寝たのが2時

そして起きたのが5時

大阪駅

気が付けばまた大阪駅のホームに立ってる…

( ̄◇ ̄;)!!

 

 

今日からいよいよ年越しツアー

長野県の秘湯、奥飛騨温泉白骨温泉に宿泊する2泊3日のJRコースです

福井

大阪駅を8時42分に出発して金沢駅へ向かいます

3日前に通ったときは雪がなかった福井周辺もすっかり雪化粧

 

 

 

兼六園

でも、やっぱり金沢市内は雪がないんだな〜

お客様は雪の兼六園を期待していたみたいです

 

 

まりちゃん

兼六園ではまたしても“山中温泉ツアー”の添乗に来ていた後輩に遭遇

今回は後輩“マリちゃん”でした

 

 

いつも海外を飛び回ってるイメージのマリちゃんが兼六園って似合わんな〜

「そのツアー終わったらどこ行くの?」って聞いたら

「日帰り3連添です」だって

よ、よいお年を・・・( ̄◇ ̄;)!!

 

兼六園で見学&昼食をとったあとは“白川郷”

白川郷

3日前はカチコチに凍っていた“であい橋”は、ちゃんと除雪が入っていたので助かりました

 

 

でも3日前に比べて天気もどんよりしていて寒かった〜

雪も、この3日でさらに積もったようです

白川郷白川郷

 

 


 

白川郷

白川郷

 

 

 

 

ザウルス

白川郷では、1日遅れで“片山津・宇奈月ツアー”に添乗で来てた後輩“ちはる”が名物の“五平餅”を食べてた(笑)

 

 

 

“ちはる”は宇奈月温泉で年越し

「今年のカウントダウンは山の中やね」ってお互いを励ましあって白川郷をあとにしたのでした・・・

 

2008年を締めくくるホテルは、奥飛騨温泉郷の中でも一番奥にあたる“新穂高温泉”“山のホテル”

木の温もりが伝わる落ち着いたホテルです

ホテル

ホテル

 

 

 

 

館内に大きな暖炉や足湯まであるんですよ!

さらに館外露天風呂にはスロープカーと呼ばれる乗り物に乗って行くんです!

200名が一度に入れる混浴露天風呂や女性専用露天風呂など、温泉設備がかなり充実していました

ホテル

ホテル

 

 

 

 

夕食

乗務員さんは、車庫に帰ってしまったので、今年最後の晩餐は独りぼっち・・・

 

 

 

部屋のテレビでずっと流してたK−1に刺激されて、ちょっと筋トレやってみたり

思い切って混浴露天風呂行ったらオトコしかいなかったり

 

そんなこんなで23時すぎに友達と電話でしゃべったのを最後に2008年の記憶は途絶え

カウントダウンもせずに、年越しは夢の中なのでした

 

夢の中で年を越したのは1999年の指宿温泉以来かな?

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・