ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

国内添乗◆近畿

インターンシップ生を連れて日帰りバスツアーに行ってきました♪

今年も大学生の企業研修

インターンシップ生を連れて日帰りバスツアーに行ってきました

Fotor_156618765366241-1024x768Fotor_156618757683555-1024x768






最初に“めんたいパーク神戸三田”へ行ったあと

丹波篠山市にある“ささやま玉水”で昼食
IMG_20190818_105422-1024x768IMG_20190818_105916-1024x768






Fotor_156618734499574-1024x768IMG_20190818_105627-1024x768






添乗員にとって玉水と言えば

お土産の積み込みが大変!

ってイメージですが

今回は食事会場の椅子に予めセットされていたのでラクちん

傷みやすいキウイとぶどうはバス乗車時に手渡しでしたが

インターンシップ生がいたので助けてもらいました♪
IMG_20190819_125742-1024x769Fotor_156618771640917-1024x768






午後は京都府南丹市日吉町にある“日吉ダム”&“スプリングスひよし(道の駅)”

日吉ダムって今回初めて知りましたが

堤体内部を見学できる日本でも珍しいダムだそうです

Fotor_156620324789720






Fotor_156618692612395-1024x768Fotor_156618718838219-1024x768






眼下に見える円形橋がカッコいいですよね
IMG_20190818_130324-1024x768IMG_20190818_130336-1024x768






見学者用エレベーターでダム堤頂(3階)から下へ降りてみましょう

※エレベーターは24名乗りで1基のみ
IMG_20190818_125853-1024x768IMG_20190819_130016-1024x768






こちらは展望テラス(2階)

ほとんど3階と同じ眺めなので行かなくてもいいかも・・・
(途中の階なのでEVもなかなか来ないし)
IMG_20190818_130518-1024x768IMG_20190818_130547-1024x768






コチラがメインのインフォメーションギャラリー(1階)

無料なのであまり期待していませんでしたが、思っていた以上に立派でビックリしました
IMG_20190818_130853-1024x768IMG_20190818_130826-1024x768






IMG_20190818_131006-1024x768IMG_20190818_131022-1024x768






インフォメーションギャラリーから外に出てみましょう

下から見上げると要塞みたいで迫力満点!!
IMG_20190818_131720-1024x768IMG_20190818_131847-1024x768






円形橋をぐるっと1周してみましたが

暑すぎてお客様もインターンシップ生も誰も来なかった

もったいない・・・(涙)
IMG_20190818_132237-1024x768IMG_20190818_132101-1024x768






IMG_20190818_132037-1024x768IMG_20190818_131818-1024x768






道の駅“スプリングスひよし”へは歩いてでも行けますが

暑い中、15分くらい歩かないといけないのでバスで移動
Fotor_156618688358681-1024x768Fotor_156618686979749-1024x768






ここのレストランでは日本で唯一?と言われている

“スフポ(420円)”ってスイーツが味わえます

ソフトクリームとポップオーバーを組み合わせたので

“ソフポ”(笑)

※ポップオーバー・・・シュークリームのシュー皮とフランスパンを合わせたような食べ物

IMG_20190818_135356-1024x768Fotor_15661876856453-1024x768






お次は“丹波ワインハウス”
Fotor_156618681247355-1024x768Fotor_156618683702746-1024x768






ちゃんとワイングラスで試飲をさせてくれる太っ腹なワイナリーでした
Fotor_156618685068795-1024x768Fotor_156618678818821-1024x768






最後は“六甲山ガーデンテラス”

そう、先日の“六甲・まや散歩”

今回のツアーの下見だったのです!!

六甲・まや散歩♪【六甲ガーデンテラス編】

日吉ダム・スプリングスひよし・丹波ワインハウス

と行ったことがない場所が続いたので

最後くらいは自信をもって案内したいですからね(笑)

IMG_20190818_164703-1024x768Fotor_156618750192811-1024x768






天気が良すぎて景色はちょっとモヤっとしていましたが

雨にも渋滞にもあわず

無事にツアーが終了してやれやれです
Fotor_156618808259343-1024x768IMG_20190818_170226-1024x768






この日はバス3台でインターンシップ生は4名

今回の経験を今後の就職活動に生かしてもらえれば幸いです



てかここ数年、毎年インターンシップ生を連れていっているような・・・

もはやこれも夏の風物詩みたいになってきた(笑)

わくわく7大体験ツアー♪
(2018年8月12日)
新緑のびわ湖満喫紀行ツアー♪【後半】
(2018年8月10日)
六甲山とわくわく工場見学ツアー♪【後半】
(2017年8月12日)

京都・五山送り火ツアー♪

日帰りツアーで京都の夏の風物詩

五山・送り火を見に行ってきました

IMG_20190726_195240-1280x960






集合場所は南禅寺の参道にある

“菊水”さんに直接集合!
IMG_20190816_130159-1024x768Fotor_156596509702512-1024x768






受付をしていきなりランチ!!

そして宴会場の司会者席からマイクで行程説明!

ってぎこちない流れからスタートです(笑)
IMG_20190816_135147-1024x768IMG_20190816_142435-1024x768






食後は徒歩で“無鄰菴”へ移動して庭園の鑑賞
IMG_20190816_153649-1024x768IMG_20190816_153229-1024x768






そのあと徒歩で京都国際交流会館

こちらで“らくたび”の山村先生による送り火講座を聞いて

ひさご寿司の巻寿司で小腹を見たし

いよいよ五山送り火の鑑賞スポット

青龍殿に大型バスで向かいます

青龍殿については先日の下見レポートをご覧ください

京都で夏空に一番近い場所に行ってきました♪
IMG_20190816_162559-1024x768IMG_20190816_175414-1024x768






受付でチケットを見せ入場
IMG_20190816_184216-1024x768IMG_20190816_184253-1024x768






18時40分くらいに大舞台に到着しましたが

前方は既にいっぱいの状況でした

大舞台は立ち見なので、いい場所は早い者勝ち!

って感じです
Fotor_156596487840246-1024x768Fotor_156596485397220-1024x768






西展望台は指定席エリアとなっていました

チケットにもちゃんと番号が記載されています

ちなみに拝観券の料金は

大舞台は2000円

西展望台は5000円
IMG_20190816_190051-1024x768Fotor_156596514599738-1024x768






IMG_20190816_190034-1024x768IMG_20190816_190040-1024x768






青龍殿の中では法要が行われたあとお琴の演奏会

指定席だと場所取りの必要がないのでゆっくりできますね
IMG_20190816_192000-1024x768IMG_20190816_192020-1024x768






でも我々は自由席なのであまりゆっくりとはできません(涙)

特に背の低い方や年配者は

大舞台からの鑑賞はちょっとキツいかもしれません・・・
IMG_20190816_201902-1024x768IMG_20190816_195615-1024x768






20時

いよいよ大文字に火がつきました

真横すぎて「大」には見えません・・・
IMG_20190816_200446-1024x768IMG_20190816_200500-1024x768






20時05分→妙・法

20時10分→舟形

と5分間隔で点火していきます
IMG_20190816_200656-1024x768IMG_20190816_201244-1024x768






20時15分→左大文字

ハッキリと「大」の字は見えますが

けっこう遠いね・・・

20時20分→鳥居形でフィニッシュ

さらに遠いですね・・・

視力1.5をもってしてもよくわからん状況でした・・・
IMG_20190816_202041-1024x768IMG_20190816_202236-1024x768






お客様が満足してくれたのかどうかは正直ビミョーな空気でしたが

夜景と送り火が楽しめるという点では贅沢な光景だったと思います♪
IMG_20190816_202303-1024x768






一番心配していた帰りの混雑も

機転の利くドライバーさんのお陰でスムーズだったし♪
Fotor_15659650218909-1024x768IMG_20190816_204305-1024x768






来年もツアーを出すのであればぜひ

■大舞台は立ち見で椅子などがない
■観覧席では雨の場合に傘が使えない
■大文字は近すぎて「大」には見えない
■照明が少ないので懐中電灯などあった方が良い

これくらいは行程表に記載しておいて欲しいな〜

明治の邸宅めぐりツアー2日目♪

ツアー2日目

最初に向かったのは

“岩倉具視幽棲旧宅”
(いわくらともみゆうせいきゅうたく)

前に京都検定のフィールドワークで行ったことはあるけど

仕事で行くのは初めてです

京都散歩・コース28【実相院・岩座神社】
(2018年11月30日)
IMG_20190808_095729-1024x768Fotor_156526545068773-1024x768






お次は“旧三井家・下鴨別邸”

こちらの別邸自体は大正14年に完成したものですが

母屋は明治13年に建てられたものを移築したそうです
IMG_20190808_105927-1024x768IMG_20190808_105426-1024x768






お昼は西陣にある

“西陣くらしの美術館・冨田屋(とんだや)”

かつて呉服商として栄えた京町家です

IMG_20190808_124933-1024x768IMG_20190808_125624-1024x768






昼食内容はお茶会の際に出される“西陣伝統弁当”

お茶会で出すお弁当なので

お箸の割り方から作法がありまして

そんなマナーなどのレクチャーを受けながら頂きます

雰囲気的にもボリューム的にも

食べた気がしない・・・(笑)
Fotor_156526540600816-1024x768IMG_20190808_114747-1024x768






食後は町家見学

かなりお気に召したようで

お客様は興味深々でした
IMG_20190808_123209-1024x768IMG_20190808_123522-1024x768






午後は南禅寺の近くにある山縣有朋の別荘

“無鄰菴”
(むりんあん)

ツアー的には山縣有朋の別荘というより

七代目小川治兵衛作庭の庭園

と言ったほうがいいのかな?

今回は庭園コンシェルジュの解説付きでした
IMG_20190808_132859-1024x768IMG_20190808_134438-1024x768






ちなみに個人的に無鄰菴の庭園入門ガイドに参加したときの記事はコチラ

日本庭園入門ガイドに参加してきました♪
(2018年5月4日)


最後は“錦市場”を散策してツアーは無事終了♪

京都駅はびわ湖花火大会に行く人たちでごった返していました

ここ2年くらいびわ湖の花火大会行ってないな〜・・・(涙)
Fotor_156526537150693-1024x768Fotor_156526533553726-1024x768






さて、今回は明治時代に活躍した人物の

別荘・別邸・旧宅

を巡りましたが

現在、京都市では

●無鄰菴
●旧三井家下鴨別邸
●岩倉具視幽棲旧宅

を3つまわると、3つ目タダ!!

というキャンペーンを実施しています

IMG_20190808_210413-1824x1368






京都は連日猛暑日が続いているので屋外の観光は命がけ!

夏の京都は適度に邸宅などの屋内見学を取り入れましょうね♪

明治の邸宅めぐりツアー1日目♪

東日本のお客様をお連れして

ちょっと珍しいコースに行ってきました

ツアータイトルは

明治期の名庭師“七代目小川治兵衛”作庭の傑作
「無鄰菴」をガイドと尋ねて

京都駅を出発し、向かったのは

“仁和寺”“北野天満宮”

現在京都市内では5つのエリアで

“京の七夕”というイベントが開催中

北野天満宮もそのひとつなので七夕飾りで賑やかでした
IMG_20190807_141917-1024x768IMG_20190807_143355-1024x768






10日からは境内で“足つけ神事”もはじまるようです

足付け神事って下鴨神社以外でもやっているんですね
IMG_20190807_143329-1024x768IMG_20190807_143309-1024x768






IMG_20190807_143159-1024x768IMG_20190807_143211-1024x768






今回、バスガイドさんに教えてもらったんですが

三光門の手前にひとつだけ大黒さんが彫られた燈籠があって

その口の中に上手に石が乗せられたら金運がアップするそうですよ

お客様、そんなに必死にチャレンジせんでも・・・
IMG_20190807_142848-1024x768IMG_20190807_142821-1024x768






お次は“二条城”

珍しく展示収蔵館もツアーに含まれていました

二の丸御殿とは別途チケットが必要なので

添乗員はお客様が二の丸御殿に入る前にダッシュで購入(汗)
IMG_20190807_153810-1024x768IMG_20190807_153908-1024x768






本日最後は“先斗町歌舞練場”

鴨川をどりの期間じゃないのになぜ歌舞練場へ行くかというと

8月3日〜9日まで限定で

“京の七夕 舞妓茶屋”

というイベントが開催されているから!

“茶屋”といっても歌舞練場のロビーに

テーブルとイスをセットしただけの簡易会場なんですけどね

なんだか昭和のビアガーデンみたいでしょ(笑)

このチープさがなんとも情緒があって

「こんな会場、今どきないわね」

ってお客様に結構ウケていました
(いい意味で)
Fotor_156517633176934-1024x768Fotor_156517629050168-1024x768






着席すると、まず浴衣のスタッフから

Aセット:生ビール+おつまみ
Bセット:グリーンティー+あんみつ


がサーブされます

どちらか1セットは料金に含まれています

それ以外のフードやドリンクも別途注文することも可能です
(すべて500円均一)
IMG_20190807_165852-1824x1368IMG_20190807_165901-1824x1368






落ち着いたころに2名の舞妓さん登場

各テーブルに挨拶にまわってくれるので

その際に会話をしたり写真を撮ることができます

思った以上に気さくに

そしてべったり間近で写真が撮れるのでビックリです(笑)

※でも着物などに触るのはNGなのでご注意を!
Fotor_15651762483886-1024x768Fotor_156517622279094-1024x768






ひと通り挨拶まわりが終わると(簡易)舞台に舞妓さんが上がります

司会者が舞妓にまつわるお話しをしてくれたあと

踊りを2曲踊ってくれます

所要時間は約1時間ですが

踊っている時間は10分もないです

踊りよりコミュニケーション重視のイベントなのでした(笑)
Fotor_156517616364770-1024x768Fotor_156517619332940-1024x768






いや〜こんな間近で舞妓さんと触れ合えるイベントがあったなんて!!

これで2000円ってお得ですよね♪

席は自由席なので来年行かれる際は早めに♪



さて、ホテルへ向かいますか

今夜の宿泊は宝が池の“グランドプリンスホテル京都”

ここに宿泊の際は添乗員の夕食は付いていないので

添乗員の夕食は

コンビニ・餃子の王将・ガスト

の3択となります

昨晩が友人と餃子の王将だったので

今回はガストをチョイス
IMG_20190807_210856-1024x768IMG_20190807_195001-1024x768






夏休みシーズンのファミレスは要注意やね

子どもだらけでスゴイことになってた・・・(涙)

祇園祭「後祭」ツアー2日目♪

ツアー2日目はホテルを9時に出発し

観覧席のある御池通へ

観覧席は昨年同様に“屮屮蹈奪でした

祇園祭「後祭」ツアー2日目♪
(2019年7月24日)

IMG_20190724_095939-1024x768IMG_20190724_100415_1-1024x768






IMG_20190724_101317-1024x768IMG_20190724_102931-1024x768






今年の注目はやっぱり約200年ぶりの山鉾巡行となる

“鷹山(たかやま)”ですよね

まだ“唐櫃(からびつ)”と呼ばれる箱とお囃子だけですが

長い歴史と伝統

そして町内の人たちの期待をを背負っての唐櫃巡行

見ているこっちまでグッとくるものがありました(涙)

2022年に正式参加予定だそうなので

是非、その雄姿を実際に見てみたいですね
IMG_20190724_103555-1024x768IMG_20190724_103909-1024x768






ちなみ最後を飾る大船鉾も鷹山と同様に長期間休んでいた休み山で、2014年に復活

さっき鷹山が担いでいた唐櫃も

2012年に大船鉾が唐櫃巡行で使用した唐櫃だそうです
(大船鉾は142年ぶりの巡行でした)

このような他の山鉾町との友情も胸アツですね(涙)
IMG_20190724_104332-1024x768IMG_20190724_104628-1024x768






昨年は猛暑で中止になった“花笠巡行”ですが

今年は予定通り行われました

子ども神輿や花笠を被った女性だけでなく

各花街の芸子さんや八坂神社に奉納する鷺舞いなど

なかなか見応えがありました
IMG_20190724_110333-1024x768IMG_20190724_110405-1024x768






IMG_20190724_112156-1024x768IMG_20190724_111051-1024x768






“峇冤席の前を全ての巡行が通過したのが11時半頃

12時前には御池通の通行止めも解除になったので

12時まで御池通付近を散策(本能寺や地下街など)をしてもらい昼食会場へ

お昼は今年も烏丸通の“美濃吉”でした
IMG_20190724_125617-1024x768IMG_20190724_121942-1024x768






午後は京都の町家でも大規模な“杉本家住宅”

こちらも“京の夏の旅”で特別公開されているスポットです

先祭りでは有料の屏風飾りとして公開されていたので

てっきり屏風飾りもあると思っていたんですが

屏風は既に撤収されていて

あくまで町家建築の見学だけでした(涙)
(このあたりが京都らしいね・・・)
IMG_20190724_140119-1024x768IMG_20190724_140210-1024x768






杉本家住宅の見学はちょっと規制が多く

まず

ストッキング不可!

ストッキングの方は50円で靴下を購入しなければいけません

あと写真撮影は

指定された3ヶ所のみ!

これもスマホのカメラはOKですが

カメラとしてのカメラはNG!

という意味不明な規制です・・・

あと小さいポーチ程度はいいですが

基本的にカバン類は入り口で預けます

色々と制約は多いですが

文化財保護のためにご協力お願いしますm(__)m
IMG_20190724_133354-1024x768IMG_20190724_133018-1024x768






こちらは(よく見ると)カニのいる“仏間庭”
IMG_20190724_135204-1024x768IMG_20190724_135215-1024x768







こちらは(よく見ると)ウサギのいる“露地庭”
IMG_20190724_134752-1024x768IMG_20190724_134831-1024x768






正直、建築とかはまだ興味が沸かないんですよね〜・・・

それより杉本家住宅前にあった

“鶏コロール”ってお店が気になりました

鶏天ランチが美味しそうやん♪

しかも、とり天食べ放題!(笑)
IMG_20190724_140400-1024x768






さて、これにてツアーも無事終了

予定より1時間以上も早く京都駅へ到着となりました
(もう1ヶ所くらい観光地を増やしてもいいような・・・)

京都の夏のイベントといえば

来月は五山の送り火ですね

はい、今のところこちらも仕事で行く予定です(笑)

祇園祭「後祭」ツアー1日目♪

予定通り祇園祭の後祭(あとまつり)に行ってきました

ちなみに昨年はこんな感じ

祇園祭「後祭」ツアー1日目♪
(2019年7月23日)

初日は“仁和寺(にんなじ)”

元号の名前が付く寺院として改元ブームで注目を浴び
(仁和2年創建)

現在、“京の夏の旅”では3ヶ所の建物が特別公開中

京都の観光地でも一番ホットな寺院です(笑)

昨年、東京国立博物館で

「仁和寺と御室派のみほとけ」が開催されましたが

全国の国立博物館で一番来場者数が多かったそうですよ

東門から入った場所に臨時の窓口があります

窓口はここ以外に

■御殿前
■観音堂前
■金堂前


の3ヶ所

IMG_20190723_142655-1024x768IMG_20190723_142722-1024x768






今回のツアーでは御殿の拝観はナシ

ヾ儔仔沖金堂7仟

の3ヶ所を拝観しました

ちなみに3ヶ所の共通券はなく

観音堂は観音堂のみ

金堂は経蔵は同じチケットです
(ややこしい・・・)
IMG_20190723_142921-1024x768IMG_20190723_134654-1024x768






一応、今回の特別公開のメインは観音堂

約6年の解体修理を終えた立派なお堂です
IMG_20190723_133619-1024x768IMG_20190723_133539-1024x768






観音堂で説明を聞いたあと金堂&経蔵へ

こちらでも説明があるので経蔵までは団体行動となります
IMG_20190723_134940-1024x768IMG_20190723_141427-1024x768






経蔵の拝観が終わったらフリータイム♪

興味のある方は御殿などにも行かれていたようです

あ、五重塔の前にある“令和”の看板

これ、空海(弘法大師)筆だそうです!!

さすが空海

1000年以上前から新元号を予言していたのか!!

と思いきや

空海が書き残した書物の中から

“令”と“和”の2文字を拾い上げて作成したそうです(笑)
IMG_20190723_142039-1024x768IMG_20190723_142048-1024x768






このあと下鴨神社

下鴨神社も“京の夏の旅”の特別公開に入っていますからね

バスを降りた時は雨は降っていなかったのに

境内の三井神社で説明を受けている間に天気が急変

体験したことのないほどの大雨&雷で身動きが取れなくなってしまいました

このとき京都府には大雨・洪水警報が発令中

でもまぁ屋根のある場所だったのが救いです
IMG_20190723_153906-1024x768Screenshot_20190724_153206-1024x770






30分ほど待機したでしょうか・・・

なんとか雨も弱まったので下鴨神社を脱出

早めの夕食へ向かいました

お世話になるのは今年も“梅むら”さん

IMG_20190723_181709-1024x768IMG_20190723_181732-1024x768






本来は“川床(かわゆか)”の予定でしたが

さっきの雨の影響で室内に変更・・・(涙)
IMG_20190723_173019-1024x768IMG_20190723_173442-1024x768






でもお店の方がお客様が夕食を食べている間に

別の床を拭いてくれたおかげで

なんとかデザートだけ川床で頂くことができました

お客様も大喜び♪

梅むらさんに感謝ですm(__)m
IMG_20190723_185601-1024x768IMG_20190723_185520-1024x768






添乗員の夕食は付いていなかったので新京極にある

“田毎(たごと)”ってそば屋さんで

名物“田毎そば(1290円)”を食べてみました

ここも前から存在は知っていたけど入ったことのないお店

先日のきしめんに続き

ここもめちゃ美味しかった♪

(でもなんで名物そばの具がホタテとエビなんやろ・・・)
IMG_20190723_174407-1024x768IMG_20190723_175050-1024x768






夕食後は宵山へ

IMG_20190723_194139-1024x768IMG_20190723_194223-1024x768






IMG_20190723_200208-1024x768IMG_20190723_200734-1024x768






後祭は新町通と室町通に山鉾が集中していますが

特に新町通はお土産屋さんが多くて山鉾見学意外でも楽しめますね
IMG_20190723_195617-1024x768IMG_20190723_195704-1024x768






昨年同様、大船鉾までお客様をご案内したあと解散

今夜のホテルは

都ホテル 京都八条

あれ?去年は新・都ホテルだったのに

別のホテルがオープンしたのかな?と思ったら

この春に“新・都ホテル”から名前が変わっただけでした(笑)

IMG_20190723_211147-1024x768Screenshot_20190725_114617






てか

都ホテル 京都八条
(旧:新・都ホテル)


てややこしいわ!!!(笑)

祇園祭と川床料理ツアー・2日目♪

ツアー2日目はホテルを9時に出発し

観覧席がある御池通へ直行

例年は番ブロックでしたが

今年はかなり東側のH屮屮蹈奪でした
IMG_20190717_102411-1024x768IMG_20190716_160640-1200x900






IMG_20190717_113523-1024x768IMG_20190717_113406-1024x768






IMG_20190719_154335-1024x768IMG_20190717_121012-1024x768






心配していた雨にもあわず

去年のような猛烈な日差しもなく

無事に山鉾巡行を鑑賞

去年も書きましたが

宵山の時点でお気に入りの“推し山鉾”を見つけておくと

山鉾巡行がより一層楽しくなりますよ(笑)

ちなみに今年の私の推し山鉾は

“霰(あられ)天神山”

理由はご神体の社殿の狛犬がかっこよかったから!

でも観覧席からは見えなかった!!(涙)


さて、お昼は昨年同様に高雄の“錦水亭”

川床(かわどこ)料理ってことですが

川のすぐ上!ってロケーションではないので

(ちょっと思ってたんとちがう・・・)

って空気が漂っておりました・・・
Fotor_156351833846091-1024x768IMG_20190717_133347-1024x768






IMG_20190717_133534-1024x768IMG_20190717_134003-1024x768






午後は青もみじが眩しい

“栂尾山・高山寺(のがのおさん・こうだいじ)”
IMG_20190717_143202-1824x1368IMG_20190717_143633-1024x768






IMG_20190717_141942-1024x768IMG_20190717_142429-1024x768






久々に行きましたが

こちらも去年の台風の被害が甚大だったようで

表参道や本堂への参道が通行止めとなっていました

駐車場に直結している裏参道は通行可

茶畑と石水院はこれまで通り拝観可能です
IMG_20190717_143109-1024x768IMG_20190717_143024-1024x768






最後は蓮で有名な“法金剛院(ほうこんごういん)”

蓮のお寺なので去年まではあさイチだったんですが

今年は最後にまわされていました・・・
(花よりホテルの出発時間を取ったのかな?)

法金剛院は蓮であまりにも有名なので蓮を見て帰ってしまう人がいるのか

左下の写真のような大きな看板が置かれていました

蓮だけ鑑賞して仏像を見ないなんてもったいない!!

光背が見事な定朝様の阿弥陀如来や
※定朝様(じょうちょうよう)=定朝って仏師が造った平等院鳳凰堂の阿弥陀如来みたいな作風

でっかい地蔵菩薩は必見です!!
IMG_20190717_151409-1024x768IMG_20190717_151456-1024x768






拝観受付が15時半と早めなので、行かれる方は注意しましょう


さて、これにてツアーは無事終了

今回、はじめて利用する観覧席だったので

事前にグーグルのストリートビューで御池通をチェック

普通の御池通はこんな感じなんですが・・・
Screenshot_20190720_135302








観覧席の場所を指定してみると

なんと山鉾巡行の画像が使われているではないですか!!!

ちゃんとH屮屮蹈奪の看板まで確認できました(笑)
Screenshot_20190719_233209Screenshot_20190720_135526








いつも仕事ではグーグルマップにお世話になっていますが

こんな気の利くサービスまでしてくれるとは!!


この画像って去年の山鉾巡行なのかな?

てかこれ祇園祭りの期間限定??

そもそもこれってどうやって撮影してんの???(笑)

山鉾巡行の行列の中に三脚のような棒の上に黒い球体を持った男性を見かけたけど

あれがそうなのかな・・・???


ちなみに同じ御池通でも

入り方次第で祭りの画像は見れないんですよね〜

祇園祭の楽しみ方も奥が深いけど

グーグルのサービスも奥が深いわ・・・(笑)

祇園祭と川床料理ツアー・1日目♪

今年も東日本のお客様をお連れして

祇園祭の前祭(さきまつり)に行ってきました♪

コースはほぼ去年と同じ

祇園祭と川床料理ツアー・1日目♪
(2018年7月16日)

まず最初は紫式部の邸宅跡と伝わる桔梗の名所

“盧山寺(ろざんじ)”
IMG_20190716_132048-1024x768IMG_20190716_132111-1024x768






桔梗の花が去年よりだいぶ綺麗に咲いていますね♪
IMG_20190716_124653-1024x768IMG_20190716_124850-1024x768






お次は“八坂神社”
IMG_20190716_135931-1024x768






今回、お客様に教えてもらって初めて知ったんですが

八坂神社の境内に伊勢神宮の外宮・内宮を一度に参拝できる場所があるそうです

それがこちらの“大神宮社”

最近テレビで紹介されて気になっていたんだとか

八坂神社って境内にたくさん摂社・末社があるので全然知らなかったです・・・
IMG_20190716_140042-1024x768IMG_20190716_140033-1824x1368






京都でお伊勢さんと言えば

以前にこんな場所にも行きましたね

京のお伊勢さん“日向大神宮”に行ってきました♪【前編】
京のお伊勢さん“日向大神宮”に行ってきました♪【後編】
(2018年9月27日)


ちなみに大神宮社の横には

平清盛のお父さん、平忠盛ゆかりの

“忠盛燈籠(ただもりとうろう)”って有名な燈籠があります

一見、何てことない燈籠ですが

平家が出世していくいっかけになった大事なエピソードに登場する燈籠なのです!
IMG_20190716_140148-1824x1368IMG_20190716_140108-1024x768







このあとホテルへ早めのチェックイン&早めの夕食

今年も宝が池の

“グランドプリンスホテル京都”にお世話になりました

そして今年もありがたいことに添乗員も同宿♪
IMG_20190716_164755-1024x768IMG_20190716_230548-1024x768






お客様の夕食が16時45分〜と早めの予約だったので

宵山会場にも早めに到着できました

左下の写真は19時頃の烏丸四条の交差点

暗くなったら一気に人で溢れかえるのでギリギリセーフといったところでしょうか

長刀鉾までご一緒して解散

このあとは各自、宵山をお楽しみ頂きました
Fotor_156351811629331-1024x768Fotor_156351817369114-1024x768






ところで

宵山をお楽しみ頂く

って言いましたが

皆さんなら何をどう楽みますか?(笑)

若い人ならあの雰囲気の中でダラダラ歩いているだけでも楽しいと思いますが

ご年配のお客様にとっては暑いし疲れるだけですよね

しかも山鉾町に置かれた山鉾を見ても

どこも同じような提灯飾りだし・・・
IMG_20190716_203556-1024x768IMG_20190716_215410-1024x768






実は宵山は別名“屏風祭り”とも呼ばれていて

個人宅や老舗のお店などで屏風をはじめ

普段は蔵で眠っているような美術品を公開してくれています
(最近はめっきり減ってきているようです)

さらに“会所飾り”と言って、各山鉾の近くに山鉾のパーツである

ご神体や前懸・胴懸などの装飾品を飾ってある展示スペースがあるのです
(この装飾品を見て歩くのが“会所巡り”
IMG_20190716_211451-1024x768IMG_20190716_204614-1024x768






山鉾がどれも同じように見えるのは

このパーツ類が取り外されている状態だったからなんですね

宵山はこの装飾品をじっくり見られる貴重な時間なんです!

山鉾巡行当日は観覧席から見たとしても

装飾品は間近では見れませんからね
(特にご神体はかなり高い位置にあるし)

IMG_20190716_213058-1024x768IMG_20190716_205149-1024x768






IMG_20190716_214829-1024x768IMG_20190716_211224-1024x768






そう、大人の宵山の楽しみ方は

山鉾町で飾られている屏風や美術品

さらに会所で飾られている山鉾の装飾品

を鑑賞するところがお楽しみポイントなのです♪

各山鉾町の会所に置かれた御朱印(スタンプ)を巡る

“祇園祭山鉾御朱印帳”も最近人気のようです(笑)


自分は御朱印とか全く興味はないんですが

全部制覇してきましたよ

23基の山鉾!!(笑)

去年はひとつ離れた場所にある

保昌山だけ行き忘れて悔しい思いをしましたからね・・・
IMG_20190718_131432-1200x900






19時半頃からスタートして

消灯時間の22時ギリギリでした(汗)
Screenshot_20190716_230907








なんかどこも同じような写真だけど

並べてみるとそれなりに壮観ですね♪

嵐山鵜飼と待庵ツアー・2日目

ツアー2日目は嵐山から一気に南下して大山崎へ

JR大山崎の駅前にある普段は非公開のお寺

“妙喜庵(みょうきあん)”の中にある茶室

“待庵(たいあん)”を特別に見学させて頂きました
IMG_20190709_110047-1024x768






見学後は無料の送迎バスを使って

アサヒビール大山崎山荘美術館

下見の時はガラガラだったので安心しきっていたんですが

何故かこの日は混んでいて、定員ギリギリでした(汗)
IMG_20190709_110802-1024x768IMG_20190709_112907-1024x768






美術館のあとは京都府八幡市へ移動

昼食は吉兆・松花堂店で松花堂弁当

先日の4400円のカレーライスもすごかったけど

5000円のお弁当もスゴイよね・・・
IMG_20190709_131837-1024x768IMG_20190709_125402-1024x768






あ、ちなみに添乗員と乗務員は松花堂弁当ではなく

親子丼(笑)

吉兆で親子丼て、ある意味贅沢です・・・
IMG_20190709_125755-1024x768






午後は男山ケーブルを使って“石清水八幡宮”
IMG_20190709_134800-1024x768IMG_20190709_135059-1024x768






25名以上だと京阪八幡市駅で団体券を発券してくれるんですが

少人数だと券売機で地道に切符を購入しなければいけません(涙)

桜のシーズンに知り合いに助けてもらったのを思い出すね・・・

京都の隠れ桜ツアー・2日目♪
(2019年4月6日)

IMG_20190709_135216-1600x1200IMG_20190712_162341-1024x768






券売機でひたすら回数券と往復券のボタンを連打(涙)

往復券には「ゆき・かえり」の表記がありますが

まったく関係ないのでひとまず人数分配って

帰りの切符は添乗員がまとめて持っておきましょう
(帰りの切符は降りる際に配った方が安心)

男山ケーブルは今年の6月にリニューアルしたばかり

写真左下が“あかね”

写真右下が“こがね”

八幡に住む友人に写メを送ったら

「男山ケーブルってまだあったんや」

って返ってきた

コラコラ、勝手に廃線にすな!!(笑)
IMG_20190709_135437-1024x768IMG_20190712_143714-1024x768






IMG_20190709_135633-1024x768IMG_20190709_141846-1024x768






石清水八幡宮では神職の方の説明を聞きながら

じっくり本殿や境内の見どころをまわることができました

石清水八幡宮の神職の方々は皆さんお話しが上手いので関心します


これにて2日間の行程は全て終了

8日出発と11出発

2本を担当しましたが

どちらもトラブルなく無事にツアーを終えることができました


さて、京都は7月1日から祇園祭りの神事が始まっています

今年も前祭り、後祭りのツアーに同行する予定

どうか山鉾巡行の際は雨が降りませんように!!


雨の中の山鉾巡行はほんと悲惨ですから・・・

祇園祭と長良川鵜飼いツアー2日目♪
(2015年7月17日)

嵐山鵜飼と待庵ツアー・1日目

雅な舟遊び「嵐山鵜飼」と千利休ゆかりの国宝「待庵」

という2日間コースに行ってきました

お客様は東日本のお客様がメインなので

いつものように京都駅でお出迎え


初日は下鴨神社&上賀茂神社へ

京都では第44回「京の夏の旅」

文化財特別公開が開催中

両社でも普段見れない場所から拝観することができました
(去年も公開していたのであんまり特別感がないですが・・・)
IMG_20190708_131111-1024x768IMG_20190708_141808-1024x768






このあと早めにホテルへチェックイン

宿泊先は

京都・嵐山 ご清遊の宿らんざん

実は嵐山に泊まるのは今回のコースが初めて♪
IMG_20190708_161729-1024x768IMG_20190708_183732-1024x768






ホテル内で早めの夕食を食べ

夜は京都の夏の風物詩

鵜飼をお楽しみ頂きます

夕食時にめっちゃ雨が降ってきたので心配しましたが

なんとか出航後は雨も止んでくれました
IMG_20190708_184606-1024x768IMG_20190708_185637-1024x768






嵐山の鵜飼は女性の鵜匠さんがいることで有名

しかも外国の方なんですよ♪(写真右下)
IMG_20190708_191824-1024x768IMG_20190709_002544-1024x769






IMG_20190708_193847-1024x768IMG_20190708_193854-1024x768









さて、ここで先日の下見の際の写真を使って

嵐山鵜飼の流れをご説明します



まず乗船前に受付で手続きを済ませます

乗り場は北側と南側にあります
(写真は北側)

個人の場合、予約は不可で当日受付のみ
(宮廷鵜飼船のみ当日予約可能)

今の季節は19時出航と20時出航があって

所要時間は約1時間

ビールやお菓子は持ち込み自由

貸切船の場合は希望すればテーブルも入れてくれます
IMG_20190707_180513-1024x768IMG_20190707_180549-1024x768






今回のツアーでは19時出航なので

同じ時間帯で下見をしたんですが

19時だとまだ明るいですね・・・

そして意外と岸から近い(笑)
IMG_20190707_190059-1024x768IMG_20190707_190539-1024x768






北と南の乗り場から出航した屋形船はゆっくり上流へ進み

川の真ん中で船同士をロープを繋ぎ1列に整列

下見の日は日曜日だったので11艘が並びました
(8日は8艘、11日は3艘でした)
IMG_20190707_191214-1024x768IMG_20190707_191223-1024x768






上流から鵜匠さんを乗せた鵜匠船がやってきました
IMG_20190707_191453-1024x768IMG_20190707_191514-1024x768






鵜匠船は屋形船の北側を往復してくれます

自分たちの船の前でタイミングよく鵜が魚を捕まえられるかは・・・

運しだい!(笑)

鵜匠さんや船頭さんが鵜を励ますために声を掛けるんですが

その掛け声がなんとも微笑ましいです(笑)
IMG_20190707_192119-1024x768IMG_20190707_191558-1024x768






前半戦はこれにて終了

あれ、これじゃー船の南側に座った人はよく見えないですよね・・・


このあとロープをほどき

屋形船と鵜匠船は下流へ向かいます
IMG_20190707_192824-1024x768IMG_20190707_192723-1024x768






そして再び下流で1列に整列!!

今度はさっきの逆

屋形船の南側を往復してくれます
IMG_20190707_193836-1024x768IMG_20190707_193817-1024x768






なので船のどちら側に座っても間近で2回見れるってことですが

明るい内にハッキリ見たい人は北側(ホテル街側)

暗くなって雰囲気重視で見たい人は南側(山側)

に座るのがおススメです


あ、下見の際に面白い光景に遭遇

川の真ん中で急にトイレに行きたくなった人がでたんです

恐らく会社の御一行さんっぽいグループ

どうするのかな〜って観察していたら

乗船場から救助船(モーターボート)が出動

トイレを我慢できない2人を乗せて乗り場に戻っていきました・・・

11艘ズラッと並んでいる中でのトイレ救出劇

めっちゃ恥ずかしかったと思います(笑)

IMG_20190707_193636-1024x768






鵜飼を見学する際は

必ずお手洗いを済ませておきましょうね♪


あ、さっきの2人ですが

あの後しっかり元の屋形船に戻ってきました

乗船料にはトイレ救出代も込みのようです(笑)

丹波さくらんぼ食べ放題ツアー♪

丹波さくらんぼ「佐藤錦」食べ放題と
初夏のフラワーフェスティバル


という日帰りバスツアーに行ってきました♪

最近やたらさくらんぼに縁がありますが

今回はさくらんぼ“狩り”ではなく

さくらんぼは“食べ放題”のみです(笑)


始発の枚方から最終の梅田まで

集合場所は5ヶ所を経由

お客様の乗車だけで2時間20分て・・・


最初に向かったのは丹波篠山のドライブン

“ささやま玉水”

こちらで佐藤錦食べ放題付きの昼食

IMG_20190706_110526-1024x768IMG_20190706_110546-1024x768






さらに

さくらんぼ1キロのお土産付き!

この1キロってのがね

1キロ×1箱とかじゃなく

200g×5パックなんですよね・・・

てことは5パック×40名で

200パック!

これをお客様が昼食を食べている間に配布しなければいけません

傷んでいないかチェックしてもらうため

予め座席にセットするんですが

配りながら

1人1キロもさくらんぼいる???

って思った(笑)

だってご夫婦だったら1家に2キロですよ!
(近所に配るほど上等なさくらんぼでもないだろうし・・・)
IMG_20190706_113341-1024x768IMG_20190706_114157-1024x768






ま、そんな余計な心配はさておき

午後は同じく玉水さんが経営する“玉水ゆり園”

遅咲きのゆりとあじさいが見頃でした♪
IMG_20190706_123218-1024x768IMG_20190706_123425-1024x768






このあと三田のめんたいパークに行って

“神戸市立森林植物園”

初めて行くのでどこが入り口か全然わからんかった・・・(汗)
IMG_20190706_154859-1024x768IMG_20190706_154837-1024x768






なんせ敷地は甲子園37個分ですからね!!

ひとまず広場の先の黄色いトンネルを越え

“森林展示館”って場所を目指します
IMG_20190706_154504-1024x768IMG_20190706_152927-1824x1368






森林展示館の前までくると

スタッフが見どころを説明してくれます

この先が目的の“あじさい坂”

約5万株のあじさいが植えられているそうです
IMG_20190706_153355-1024x768IMG_20190706_153634-1024x768






IMG_20190706_153433-1368x1824








こちらも見頃で良かったです♪
IMG_20190706_152858-1024x768IMG_20190706_152722-1024x768






帰りは迷子に注意!!

正門入口(写真左下)ではなく

行きに通った黄色いトンネル(写真右下)を戻ってもらいましょう
IMG_20190706_154134-1024x768IMG_20190706_154225-1024x768






最後は“神戸養蜂場”

聞いたことないな〜と思ったら

昨年の秋にオープンした新しい施設みたいです

駐車場から急な坂道を下るので足元注意

そして道路を渡る際

信号がめっちゃ長いのでこちらも注意・・・
IMG_20190706_163633-1024x768IMG_20190706_162244-1024x768






オシャレなお店ですね

このツアーは女性のお客様が多かったので喜ばれていました

はちみつ製品の他にパンなどの販売もあり
IMG_20190706_162302-1024x768IMG_20190706_162445-1024x768






これにて全ての行程が終了

日帰りツアーにしては乗車地も観光地もけっこうなボリュームの1日でした



話しは変わりますが

今回、久々に京阪枚方市駅を利用したんですが

駅の構内がめっちゃ綺麗になっていてビックリ!

IMG_20190706_065145-1024x768IMG_20190706_065028-1024x768






駅というよりファッションビルみたいですね♪

両足院と清浄華院・盧山寺ツアー♪【後半】

午後は建仁寺(けんにんじ)の塔頭

“両足院(りょうそくいん)”

以前、京の冬の旅でよく行ったお寺です

この時期は“半夏生(はんげしょう)”のお寺として有名
(前日にテレビでも放送されていた影響で賑わっていました)
IMG_20190623_141219-1024x768IMG_20190623_142835-1024x768






別途有料ですが庭園内にあるお茶室で

呈茶(ていちゃ)を受けることができます
※呈茶・・・正式な茶会ではなくカジュアルにお茶を頂くこと

今回のツアーでは呈茶もコースに入っていたんですよね

庭に入れるのは呈茶の料金を払った人のみ

高台から庭園が見られるのでちょっと優越感がありました♪
IMG_20190623_141233-1024x768IMG_20190623_142642-1024x768






ちなみに建仁寺の境内ですが

方丈と法堂の間が通り抜けできなくなっていました
(不正に法堂内に進入できなくするためです)

微妙に不便・・・
IMG_20190623_153822-1024x768






さて、これにて無事ツアーは終了

今回も美味しいランチに山村先生の詳しい解説

大満足の1日となりました♪


あ、大満足と言えば

今回利用したバスも好評だったな〜
(滋賀中央観光バス)

9列トイレ付きで座席の間隔もゆったり♪
IMG_20190623_154931-1024x768IMG_20190623_114206-1024x768






バス出発前には飛行機みたいに安全のための映像が流れるんですよね

これにはビックリしました(笑)
Fotor_156133171617892-1024x768IMG_20190623_093516-1024x768






運転士さんもめっちゃ紳士でほんと快適だったんですが

バスに乗っていた時間

恐らく1時間もなかったと思います・・・
(もったいない!!!)

ぜひ、今度は泊りのツアーでご一緒したいバスなのでした

両足院と清浄華院・盧山寺ツアー♪【前半】

らくたびの山村純也先生同行で

日帰りバスツアーに行ってきました♪

前回のテーマは【世界遺産】でしたが

臨川寺&龍安寺・特別拝観ツアー♪

今回のテーマは【庭園】

京都駅を出発し、最初に向かったのが

“清浄華院”

せいじょういん」かと思ったら

しょうじょういん」って読むんですね・・・

京都検定の勉強で名前は見たことありましたが

何の疑いもなく

“せいじょうかいん”かと思っていました・・・

IMG_20190623_104956-1024x768






普段は一般公開はされていない庭園を特別に拝観させて頂きました
↑山村先生のコネ(笑)

平成に入ってから作庭された枯山水庭園です

お寺の方が熱心にお話しをしてくれたんですが

あまり時間がとれなくて申し訳なかったです・・・

こちらのお寺は京都検定だと

“泣き不動”と呼ばれる不動明王の掛け軸を所蔵していることで有名です

IMG_20190623_101610-1024x768IMG_20190623_102409-1024x768







お次は“盧山寺(ろざんじ)”

紫式部寺としてこちらも京都検定では常連のお寺

この時期は桔梗のお寺としても有名です

ちなみに清浄華院は盧山寺のすぐご近所

どちらも駐車場がないので

河原町通の府立医大前辺りでバスを乗降
IMG_20190623_105736-1024x768IMG_20190623_105913-1024x768







お昼は“祇園おくむら”で京懐石風フレンチ♪

カウンターがメインなのでご年配の方にはちょっと違和感がありそうですが

味はバツグンに良かったですね

お客様にもかなり好評でした♪

スタッフがもうちょっと愛想が良いとさらに満足度が上がると思うのですが・・・

IMG_20190623_120911-1024x768IMG_20190623_121047-1024x768






PhotoGrid_1561331635464-1024x1024PhotoGrid_1561331533778-1024x1024








あ、玄関に京都らしく“人気おおよせ”が!!

↓前に行った百足屋さんでも飾られていましたね
連泊で楽しむ葵祭ツアー1日目♪

こちらは中の人形が金ぴかで派手バージョンでした(笑)
IMG_20190623_120529-1024x768IMG_20190623_120542-1024x768






唐招提寺と秋篠寺ツアー♪

今年も唐招提寺の

鑑真和上(がんじんわじょう)坐像

秋篠寺の

大元帥明王(だいげんすいみょうおう)立像など

奈良の秘仏めぐりツアーに行ってきました

唐招提寺「開山忌」と秋篠寺ツアー1日目
(2016年6月6日)
唐招提寺「開山忌」と秋篠寺ツアー♪【1日目】
(2018年6月5日)

毎年ちょっとづつ内容は違うものの

今年で3回目

今回のツアーで大きく違う点は

史跡や仏像などの文化財に精通している

“京都感動案内社”の代表

小嶋一郎先生が同行していること

この小嶋先生といくツアーって人気なんですよね

前々から先生の存在は知っていてものの

ご一緒するのは初めてです


京都駅を出発し、最初に向かったのは

奈良県生駒市にある

“長弓寺(ちょうきゅうじ)”

創建には聖武天皇や開基が関わっていると伝わっています

路上でバスを降車し住宅街の中を歩くこと約10〜15分

檜皮葺の立派な本堂【国宝】が見えてきました

本堂内では住職の説明があったんですが

これがまた落語家みたいで面白ろかったです(笑)

境内には伊弉諾(いざなぎ)神社も鎮座していました

IMG_20190605_142029-1024x768IMG_20190605_142158-1024x768






お次は奈良県奈良市にある黄檗宗の古刹

“王龍寺(おうりゅうじ)”

こちらも不便な場所にあるんですよね・・・

ゴルフ場の中みたいな場所でバスを降り

昔ながらの面影を残す参道を進みます

バスでお寺の駐車場まで行けるんですが

この参道を歩くことに価値のあるお寺なので

階段が続きますが、歩いて行くのがオススメ

本尊は珍しい磨崖仏の十一面観音

(本堂の中を拝観する際は事前に連絡必要)

IMG_20190605_145548-1024x768IMG_20190605_152143-1024x768






これまでマニアックなお寺は色々行きましたが

この2ヶ寺は今回が初めて

さすが先生同行ですね、レベルが高いわ・・・


本日最後は奈良市にある

“法華寺(ほっけじ)”

ようやくメジャーなお寺が出てきてホッとした(笑)

IMG_20190605_163735-1024x768IMG_20190605_163513-1024x768






この日の宿泊はホテル日航奈良さんでした
IMG_20190605_173304-1024x768






【2日目】

奈良市にある

“常光寺(じょうこうじ)”からスタート

じょ、じょうこうじ???

コースは再びマニアック路線に戻った模様です・・・(涙)

バス駐車場はないので今日も路上でバスを降車し

畑や住宅街の中を進みます
IMG_20190606_085835-1024x768






常光寺のご本尊は不動明王

ほかにも貴重な仏像をいくつも収蔵されているんですが

毎年6月6日だけ見ることができる

“歓喜天(かんぎてん)”を目当てに参拝客が集まります

IMG_20190606_094244-1024x768IMG_20190606_092204-1024x768






歓喜天とは頭が像で首から下が人間の姿の2人(2頭?)が

抱き合っているという奇抜なお姿をしております
(1人の場合もあり)

あまりに奇抜すぎてほとんどのお寺では絶対秘仏!

って場合が多い仏像なんですよね

ここも初めてだったので心配でしたが

なんとか一般客とのトラブルもなくスムーズに拝観できました♪


お次は“唐招提寺(とうしょうだいじ)”

ここは何度も来ているので安心♪

もちろん毎年鑑真和上の命日

6月6日の前後3日間だけ拝観ことができる

鑑真和上の坐像が目的です

南大門で通常の拝観券を購入し境内へ

IMG_20190606_115937-1024x768Fotor_155989587005359-1024x768






鑑真和上の坐像を拝観するには

収蔵されている新宝蔵(しんぽうぞう)の手前で再びチケットを購入します

※記念品(ポストカードが)が入った封筒がチケット代わりです
受付が混むので添乗員は早めに購入して広い場所で事前に配布しておいて欲しいそうです


毎年思うんですけど

南大門でセット券を販売してくれたらいいのに・・・

IMG_20190606_111420-1024x768IMG_20190606_111618-1024x768






御朱印は売店で扱っています

団体の場合は添乗員がまとめるのが暗黙のルールのようです・・・
IMG_20190606_114916-1024x768






このあと奈良パークホテルで昼食
IMG_20190606_122509-1024x768






午後はいよいよ

“秋篠寺(あきしのでら)”

去年は朝から雨の中、1時間以上並んだんですよね・・・

でも今年は午後からの行程だったので

なんとか受付まで30分

境内に入ってからお目当ての大元帥明王まで30分

って感じでした

あさイチに行ったツアーはやっぱり90分ほど並んだそうなので

やっぱり秋篠寺は午後が正解みたいですね
IMG_20190606_135301-1024x768IMG_20190606_135327-1024x768






今年も相変わらず御朱印も拝観受付も同じ受付・・・

まったく混雑緩和の対策をとる気はないようです・・・

※御朱印は受付からさらに60分〜90分待ちだったので諦めてもらいました
Fotor_15598961025660-1024x768Fotor_155989601524943-1024x768






IMG_20190606_145909-1024x768






これにて2日間のコースは無事終了

今回は小嶋先生が同行だったので

待ち時間もお話しを聞きながらだったので楽しく過ごせました♪


しかし奈良にもまだまだ知らないお寺が多いな〜
(当たり前ですが)

そろそろ奈良まほろばソムリエ検定の勉強でも始めますか・・・(笑)

清宗根付館と仁和寺・貸切拝観ツアー♪

日帰りバスツアーで京都に行ってきました♪

今回は山村先生もバスガイドもいないので心細い・・・(涙)

しかも最初に向かった先がこれまたマニアックだったんですよね

“京都清宗(せいしゅう)根付館”

世界で唯一、根付を展示する美術館です
IMG_20190518_103014-1024x768IMG_20190518_110331-1024x768






壬生寺のすぐ前にあるんですが

去年の京都検定のフィールドワークで前は通っているはずですが

思いっきりスルーしてた(笑)

てか京都の人でもこんな美術館があることを知っている人は少ないですよ!

でもここはお客様の反応が良かったですね

根付も見ごたえがありますが、洛中で唯一残ると言われている武家屋敷の建物を利用しているので

建築好きや歴史好きにもたまらないスポットなのでした♪

このあと早くもランチタイム(笑)

昼食会場は嵯峨鳥居本にある茅葺屋根で有名な

“鮎の宿つたや”
(宿泊施設ではありません)

江戸時代から続く老舗料亭です

ここ、前から気になっていたんですよね

まさかこんな素敵な場所でランチが食べられるとは♪

IMG_20190518_120544-1024x768IMG_20190518_121020-1024x768






IMG_20190518_120842-1024x768Fotor_155816985921143-1024x768






嬉しいことに添乗員も同じメニューを頂いたんですが

時間がなくて最後まで食べられなかった・・・(涙)

なんせこのあとの行程が迫っていてバタバタしていたんですよね
PhotoGrid_1558169747685-1024x1024








午後はどこに行ったかというと

“仁和寺”

仁和寺では約6年にわたる観音堂の修理が終わったばかりで

現在、幻の障壁画などが特別公開中

今回のツアーでは特別に

僧侶の解説付きでこの障壁画を見たり

第51世門跡から法話を聞いたり

普段は非公開の金堂&経蔵を拝観できたり

特別プログラム目白押しだったのです
IMG_20190518_153742-1024x768IMG_20190518_161511-1024x768






IMG_20190518_155456-1024x768IMG_20190518_160000-1024x768






これに合わせての行程だったので

せっかく1万円近いランチも

バタバタと1時間ほどで食べてもらうというハードなスケジュールなのでした(泣)

てかなんで壬生の美術館を見学して午後は仁和寺なのに

ランチが嵯峨野だったのかな・・・・・・・・

連泊で楽しむ葵祭ツアー3日目♪

ツアー3日目は“上賀茂神社”の駐車場にバスを止め

徒歩にて“大田神社”へ

大田神社のカキツバタは毎年咲いていないことが多いんですが

今年はなんとか咲いていました(汗)

前に京都検定のフィールドワークで来たときは社殿が工事中でしたが

工事も無事に終わり綺麗な社殿に生まれ変わっていました

京都散歩・コース29【大田神社・上賀茂神社】
(2018年5月9日)
IMG_20190516_095104-1024x768IMG_20190516_094824-1024x768






IMG_20190516_094419-1024x768IMG_20190516_094522-1024x768






大田神社参拝のあとは“上賀茂神社”
IMG_20190516_103103-1024x768IMG_20190516_103142-1024x768






上賀茂神社といえば4月10日に新スポットがオープン

その名も“神山湧水珈琲・煎”

上賀茂神社の神体山である神山(こうやま)からの湧水を使ったコーヒーショップです

IMG_20190516_104455-1024x768IMG_20190516_103808-1024x768






ドリンクメニューはアイスかホットのみ(笑)
IMG_20190516_103823-1024x768IMG_20190516_104421-1024x768






場所は社務所と客殿の間の小さなスペースでテイクアウトだけなんですが

道路を渡った場所に“憩いの広場”という休憩スペースができているのでこちらで飲むことができます

こちらのスペースは一般の人も利用可能です
(※飲食は神山珈琲で購入したドリンクのみ)
IMG_20190516_104223-1024x768IMG_20190516_104229-1024x768






本日のランチは川端通沿いにある“北山モノリス”

結婚式場を利用したレストランです
IMG_20190516_123915-1024x768IMG_20190516_123815-1024x768






京都でもブライダル激戦区として有名な北山だけあって素敵なレストランでした

スタッフもいい感じ♪
IMG_20190516_130231-1024x768IMG_20190516_114303-1024x768






お客様はこちらでフレンチのコース
IMG_20190516_112820-1024x768IMG_20190516_112334-1024x768






添乗員は乗務員食として別メニューを出してくれたんですが

会場の雰囲気に反して意外に和食が出てきた(笑)

でもそこは結婚式場

和食も洋食に劣らずレベル高っ!!

美味しく完食させて頂きましたm(__)m
IMG_20190516_114345-1024x768






午後はいつものように“鴨川をどり”の鑑賞

添乗員は入れないので

いつものように三条大橋のスタバで添乗精算(笑)
IMG_20190516_134024-1024x768IMG_20190516_134827-1024x768






鴨川をどりの後は京都駅で解散

お疲れまでしたm(__)m


今回のように東日本のお客様を京都駅でお迎えするお仕事

2015年の葵祭のツアーから始まったんですよね

今年で4年目か〜

月日が経つのは早いですね

葵祭りと鴨川をどりツアー1日目♪
(2015年5月14日)

連泊で楽しむ葵祭ツアー2日目♪

ツアー2日目は葵祭の“路頭の儀”を有料桟敷席より見学

IMG_20190515_102551-1024x768IMG_20190515_104540-1024x768






Fotor_155807769742015-1024x767Fotor_155807768621927-1024x768






観光バスは御所の北側にズラッと並びますが

12時前にはガラガラ

出発が遅い団体ほど迷子のリスクが減りますね(笑)

IMG_20190515_112956-1024x768IMG_20190515_115032-1024x768






お昼は毎年お世話になる“近又”さん
IMG_20190515_141924-1024x768IMG_20190515_125242-1024x768






添乗員は毎年その辺で自由昼食(笑)

今回は寺町通にある“市場小路”ってお店でチキン南蛮定食を食べたんですが

ここなかなかヘルシーで美味しかったです

しかもこだわりの豆腐が食べ放題♪

3回もおかわりしてしまった(笑)
IMG_20190515_133541-1024x768IMG_20190515_131025-1024x768






午後は“詩仙堂”でまったりして17時前にはホテルへ
IMG_20190515_155556-1024x768IMG_20190515_160159-1024x768






今年もお客様の宿泊は“リーガロイヤル京都”に連泊

そして添乗員も昨年同様

アパホテルに連泊です・・・(涙)

連泊で楽しむ葵祭ツアー1日目♪

東日本のお客様をお連れして

京都の春の風物詩“葵祭(あおいまつり)”に行ってきました♪

去年まではこのツアーは奈良の當麻寺で行われる“練供養”とセットでしたが

今年から猛暑の影響で練供養の開催が1ヶ月早くなったので

ちょっとコース内容が変わっていました

當麻寺と葵祭ツアー2018♪【1日目】


初日は“本満寺(ほんまんじ)”へ

ん〜・・・

ここは観光ツアーで来る場所じゃなかったね・・・
IMG_20190514_132058-1024x768IMG_20190514_132358-1024x768






そのあと徒歩にて“下鴨神社”へ
IMG_20190514_135043-1024x768IMG_20190514_141401-1024x768






最後は“平安神宮”参拝と神苑の散策をお楽しみ頂きました
IMG_20190514_160233-1024x768IMG_20190514_151024-1024x768






夕食は例年通り“百足屋”

今回でここに来るのは3回目になるのかな?

今までは気づかなかったんですが

京都検定の勉強のあとに改めて店内を見てみると

京都らしい特色がたくさん散りばめられていました
IMG_20190514_190821-1024x768-1024x768IMG_20190514_185922-1024x768-1024x768






昔の台所がレイアウトの一部として残されているんですが

まず注目したいのは

竈(京都では“おくどさん)”の上に置かれた7体の置物

これは伏見人形の布袋さん

小さいものから買っていって

1年無事に過ごせると次はひと回り大きな布袋さんを購入していきます

よく京都検定で出てくる習慣です(笑)

なにげに張られたお札もよく見てみると・・・

火の用心ではなく“火迺要慎”って書かれています

火伏の神さま、愛宕神社のお札ですね

これも京都検定によく出てくるんだな〜
IMG_20190514_180943-1024x768-1024x768IMG_20190514_181007-1024x768-1024x768






頭上の大きな傘は“恵比須(ゑびす)神社”の

“人氣(人気)大よせ”と呼ばれる縁起物
IMG_20190514_190701-1024x768-1024x768IMG_20190514_190707-1024x768-1024x768






中に吊るされている人を模った紙がたくさんぶら下がっています

この紙が落ちれば縁起がいいんだとか


そもそもこの傘はお店の玄関に飾るもの

人の出入りが激しいほど中の紙が揺れて落ちやすくなりますよね

ってことはこの紙がたくさん落ちているお店は繁盛している証!

という事になります(笑)

でも百足屋さんは場所の関係で店内に飾られているので

全然揺れないからまったく落ちてこないって嘆いていました・・・(涙)



■京都では竈を何と呼ぶか?⇒“おくどさん”

■台所に7体飾る縁起物の伏見人形は何か?⇒布袋さん

■台所に飾る“火迺要慎”のお札はどこのお札か?⇒愛宕神社

■商売繁盛の“人氣大よせ”はどこの縁起ものか?⇒恵比須神社


食事をするだけで京都検定の勉強もできる百足屋さんなのでした(笑)

臨川寺&龍安寺・特別拝観ツアー♪

日帰りバスツアーで京都に行ってきました♪

京都案内のスペシャリスト

らくたびの山村純也先生と行く新シリーズの第1弾です

今回のシリーズは世界遺産がテーマになっているそうで

最初に向かったのも世界遺産“天龍寺”

でも天龍寺だけだと誰でも行けますよね

実は今回は普段一般公開されていない天龍寺の塔頭

“臨川寺(りんせんじ)”の拝観がコースに入っていました♪

ここがお目当てのお客様も多かったですね

天龍寺を開山した夢窓疎石のお墓もこのお寺にあります

場所は天龍寺の境内ではなくレストラン嵐山の隣

歴史を感じるひっそりとしたお寺なんですが

隣からJポップがガンガン流れてくるので雰囲気ぶち怖しでした・・・
IMG_20190512_104341-1024x768IMG_20190512_105805-1024x768






お昼は嵐山の亀山公園内にある“松籟庵(しょうらいあん)”

かつて近衛文麿公の別邸だった建物を利用した

書と癒しの空間をコンセプトにした料亭です
IMG_20190512_114640-1024x768Fotor_155782402927123-1024x768






山村先生と行くツアーは添乗員も同じ料理が食べられるのが嬉しいですね

豆腐がめっちゃ美味でした♪
IMG_20190512_115944-1024x768IMG_20190512_115956-1024x768






こちらのポストカードは書画家である女将の作品

そしてその作品をイメージした料理が出てくるあたりが粋ですよね
IMG_20190512_121108-1024x768






まさに目と舌で味わう贅沢な昼食内容でした♪

午後は“龍安寺”へ

もちろんこいちらも世界遺産ですね

ここでも普段は入れないエリアで拝観することができました♪

IMG_20190512_145554-1024x768Fotor_155782396991622-1024x768






普段はレプリカしか見れない有名な蹲(つくばい)
(水戸黄門がプレゼントしたやつ)

今回は本物を見ることができました(写真左下)
IMG_20190512_144134-1024x768IMG_20190512_145324-1024x768






石庭の後ろにちょっと見慣れない襖絵が飾られていましたが

これは明治の廃仏毀釈の際に売りに出されたものを

最近になってオークションによって買い戻した襖絵だそうです
(1月10日から6月10日まで一般公開中)

実に123年ぶりの帰還!!

てかもともとお寺のものだったのに高いお金を払って買い戻すって・・・

IMG_20190512_145738-1024x768IMG_20190512_145814-1024x768






これにてツアーは終了!

天龍寺・臨川寺・龍安寺

と観光地は3つのお寺だけだったんですが

なんとも特別感のある充実した1日となりました♪

京都ってやっぱり奥が深いね

伊根の舟屋クルーズと30品目食べ尽くし膳ツアー♪

日帰りバスツアーで天橋立に行ってきました

昨年も同じコースに同じような時期に行っていますが・・・

伊根の舟屋クルーズと30品食べ尽くし膳ツアー♪
(2018年5月10日)

IMG_20190502_110823-1024x768IMG_20190502_162811-1024x768






IMG_20190502_114940-1024x768IMG_20190502_144458-1024x768






IMG_20190502_152302-1024x768IMG_20190502_152344-1024x768






今回は昼食会場から伊根港までめっちゃ混んだ〜(泣)

通常40分もあれば行けるところ

2時間以上かかった!!

Screenshot_20190502_173251








途中に籠神社や笠松公園があるから仕方ないか・・・

昼食後に2時間以上ノンストップはキツかったな

トイレを我慢してくれたお客様にはほんと感謝♪

最終的に帰着も約2時間遅れ


帰る途中で玉突き事故を起こしたばかりの車の横を通ったんですが

無事こうやって事故やケガもなく帰ってこれただけでも感謝♪



根がかりも含めてバスフィッシング

失恋も含めて恋愛

理不尽な謝罪も含め添乗業務

と同様

渋滞も含めてゴールデンウィーク!

ですよね

さぁ11連勤も残り2日!

明日からのツアーも全力投球で頑張れオレ!(笑)

桜がすみの吉野ツアー・2日目♪

ツアー2日目は前回同様タクシーを使って自由散策

前回はこんな感じ↓
桜がすみの吉野ツアー2日目♪

まずは全員で奥千本の金峯(きんぷ)神社

参道の桜が綺麗でした
IMG_20190416_092231-1024x768IMG_20190416_091749-1024x768






でも西行庵周辺はまだつぼみ硬し

って感じでした

そりゃ2週間前まで雪景色でしたもんね(汗)
IMG_20190416_085239-1024x768IMG_20190416_090025-1024x768






少し下って水分(みくまり)神社

境内の枝垂れ桜が綺麗でした
(吉野山にこの1本しかない珍しい桜だそうです)
IMG_20190416_093347-1024x768IMG_20190416_093323-1024x768






水分神社のすぐ近くにある花矢倉展望台

ここから徒歩で散策するお客様が多かったので一緒に歩いてみました
IMG_20190416_094112-1024x768IMG_20190416_094207-1024x768






展望台よりちょっと下ったあたりがめっちゃ綺麗だった〜

カーブをひとつ降りるだけでも随分景色が変わりますね

桜を下から見上げるのもタクシーじゃできないし

やっぱり吉野は歩いてなんぼです
IMG_20190416_095124-1024x768IMG_20190416_095324-1024x768






上千本はまさに今が見頃ですね
IMG_20190416_095937-1024x768IMG_20190416_095607-1024x768






特に“桜展示園”

“大塔宮仰徳碑”周辺が特に綺麗でした
(地図にはあまり載っていないのですが)
IMG_20190416_100133-1024x768IMG_20190416_101301-1024x768






IMG_20190416_101548-1024x768IMG_20190416_101627-1024x768






IMG_20190416_101843-1024x768IMG_20190416_102123-1024x768






こちらは吉水神社境内の通称“一目千本”

見頃の時期だけ現れる入山料回収BOXは撤去されていましたが

まだまだ綺麗な桜を楽しむことができました
IMG_20190416_122739-1024x768IMG_20190416_123358-1024x768






だいぶ下まで降りてきて大橋周辺の桜

葉が目立ってきましたが、まだ綺麗ですよね
IMG_20190416_125634-1024x768IMG_20190416_130310-1024x768






こんな感じで奥千本の西行庵周辺以外は

どこも桜が咲いていて吉野山の桜をたっぷり満喫して頂けました

今年は開花してから寒い日が多かったので

例年より桜は長く楽しめそうです



今年は芳雲館の愛犬ワカともよく遊んだな〜
IMG_20190415_172424-1024x768IMG_20190416_103904-800x600






また来年も遊ぼね♪

桜がすみの吉野ツアー・1日目♪

今回も東日本のお客様をお連れしてお花見ツアーに行ってきました

これで今月5本連続(笑)

コースは今月の3日に行ったコース

ちなみに前回はこんな感じ↓
桜がすみの吉野ツアー1日目♪

弘川寺の桜は終わっていましたが

弘川寺では桜が終わると見頃を迎える花があります
IMG_20190415_135321-1024x768






それがこちらの“海棠(かいどう)”と呼ばれるバラ科の植物

樹齢300年以上で天然記念物にも指定されているんですよね

今がまさに見頃でした♪
IMG_20190415_134431-1024x768IMG_20190415_134546-1024x768






如意輪寺の桜はまだ残っていました♪
IMG_20190415_160249-1024x768IMG_20190415_160426-1024x768






宿泊は前回同様

景勝の宿・芳雲館(ほううんかん)”

前回はこんなお部屋でしたが
IMG_20190403_170713-1024x768






今回はこちら
IMG_20190415_171938-1024x768






めちゃ広〜〜〜い♪



てかここ

宴会場です・・・(笑)
IMG_20190415_172120-1024x768






この日は満館だったので仕方ないね

部屋の鍵もテレビもクローゼットもありませんが

窓が大きいので桜をかぶりつき!!

なんとも贅沢なお部屋宴会場なのでした♪

IMG_20190415_181915-1024x768IMG_20190415_181527-1024x768






でもこのお部屋宴会場

電気を消しても非常灯の緑の灯りが消えないんですよね・・・
IMG_20190415_213201-1024x768






いつもアイマスク持参の習慣が役立ちました(笑)

吉野山と京の遅咲き桜ツアー・2日目♪

ツアー2日目は吉野山の“如意輪寺”からスタート

ちなみに昨年はこんな感じ↓
吉野山と原谷苑・仁和寺ツアー・2日目♪
(2018年4月7日)

今日は朝からほんと雲ひとつない快晴!!

桜って空が曇っていると同化して写真映えしませんが

こうやって空が青いと桜の華やかさが映えますよね!

なんか合成写真か?ってくらい綺麗な空でした
IMG_20190413_094826-1024x768IMG_20190413_095004-1024x768






あ、参道に先日はなかった

「楠公さん大河ドラマ誘致協議会」

ってのぼりが立っていました

楠公さん(楠正成)も大河ドラマに名乗りを上げているのか!!

柳川の立花宗茂も見たいけど

個人的には楠正成がめっちゃ気になる!!(笑)
IMG_20190413_100311-1024x768IMG_20190413_100656-1024x768






竹林院で昼食を食べたあとは“一目千本”で有名な

吉水神社

昨年はこんな感じでしたが・・・
7c62ea02






今年はまさに一目千本の名に恥じない絶景が広がっていました♪

もちろん見ごろになると現れる入山料回収BOXも設置されていました(笑)
(任意ですが勝手神社再建のためにも協力しましょう!)
IMG_20190413_122137-1024x768IMG_20190413_122200-1024x768






中千本〜下千本はもう見ごろが過ぎているかな〜

ってあまり期待していなかったんですが

どこも見ごろでお客様も大満足で駐車場に帰ってこられました♪
IMG_20190413_123853-1024x768IMG_20190413_095509-1024x768






IMG_20190413_122824-1024x768IMG_20190413_125532-1024x768






IMG_20190413_125337-1024x768IMG_20190413_125804-1024x768






IMG_20190413_134347-1024x768IMG_20190413_134043-1024x768






去年はこんな感じだった大橋からの桜も・・・

131b04a3






今年はこんな感じ!
IMG_20190413_134007-1024x768Fotor_155514417216679-1024x768






青い空

ピンクの桜

赤い欄干が映える〜♪


個人的にお勧めは“山ノ駅休憩所”かな?

今年からお店で何か購入した方限定の休憩所となったので

入り口でじゃこてん(200円)を購入して中でまったり桜を鑑賞♪

風が吹くたびに桜吹雪が待っていて

それはそれは贅沢な光景でした
IMG_20190413_183838_632








桜吹雪が舞うってことは見ごろも終盤のサイン

吉野の桜も次の雨でかなり散ってしまうかもしれせんね

吉野山と京の遅咲き桜ツアー・1日目♪

またまた東日本のお客様をお連れしてお花見ツアーに行ってきました♪

4月に入って吉野山と京都の桜ばっかりですが

今回のツアーは吉野と京都の桜を見るよくばりコースです

ちなみに去年はこんな感じ↓
吉野山と原谷苑・仁和寺ツアー・1日目♪
(2018年4月6日)

1日目は二条駅でタクシーに乗り換えて“原谷苑”

見ごろで入苑料が変わる原谷苑ですが

この日はマックスの1500円!

入苑口は東口と西口がありますが

今回も東口を利用しました
(来年から駐車場のシステムが変わるかも?ってウワサも)

再入場が出来ないのでトイレは苑内で済ませてもらいましょう
(東口に仮設のトイレならあります)
IMG_20190412_130211-1024x768IMG_20190412_130631-1024x768






原谷苑は桜以外にも色んな花の競演が楽しめるのがいいですね
IMG_20190412_132303-1024x768IMG_20190412_132455-1024x768






IMG_20190412_131153-1024x768IMG_20190412_130906-1024x768







お次は“仁和寺”

御室桜の時期は伽藍も“観桜”と呼ばれる有料区域となります

なので有料エリアは

ヾ兀御殿N酳間の3ヶ所

今年は共通券ができて便利になりました(写真右下)

上が´△龍δ魅船吋奪

下が,里澆離船吋奪箸任
IMG_20190412_150928-1024x771IMG_20190412_145858-1024x768






IMG_20190412_142153-1024x768Fotor_155514790036566






御室(おむろ)桜は5分咲きってことでしたが

けっこう綺麗に咲いていました

ちなみに去年は今年より6日早く来ましたが

その時は“散りぞめ”

桜ってほんとその年によって開花状況が変わりますね(汗)
IMG_20190412_151124-1024x768






このあと京都を離れ奈良県へ

夕食は奈良県生駒郡にある

“うぶすなの郷 TOMIMOTO”

こちらは人間国宝の陶芸家、富本憲吉(とみもとけんきち)氏の生家だった建物です

富本氏没後は記念館として利用していたんですが

閉館にともない新たに1日2組限定の宿泊施設としてリニューアル

現在は予約制でレストランとしても営業しているそうです
IMG_20190412_183407-1024x768IMG_20190412_183339-1024x768






住宅街にポツンって建つ隠れ家的なレストラン

ハードもソフトも落ち着いた雰囲気でゆったり食事が楽しめました♪
IMG_20190412_174546-1024x768IMG_20190412_173752-1024x768






もちろん団体ですので今夜はこちらではなく

今夜のお宿は天理市にある

グランヴィリオホテル奈良−和蔵(わくら)−

ルートイングループのリゾートホテルです

昨年10月にオープンしたばかりなので綺麗なホテルですが

いきなり靴を脱いで下足箱へ

って流れがなんか健康ランドっぽい・・・
IMG_20190412_201757-1024x768IMG_20190412_201925-1024x768






昨年利用した登大路ホテルとはかなり差がありますが

添乗員にとっては広すぎず狭すぎずで快適に過ごせました♪
IMG_20190412_202239-1024x768






↓去年の登大路ホテルは1人で泊まるには広すぎたしね・・・(笑)
c58a8828

平等院ライトアップと京の桜名所ツアー2日目♪

ツアー2日目は“二条城”

めっちゃベタな観光地ですが

恥ずかしながら仕事で行くのは初めて(笑)

このブログでも2回しか登場していませんしね・・・

元離宮二条城の夜桜を見よう!
京都散歩・コース1【二条城】

桜の園も満開でしたが清流園の横の桜が一番綺麗でした
IMG_20190409_103355-1024x768IMG_20190409_103629-1024x768






IMG_20190409_103906-1024x768IMG_20190409_103852-1024x768






お次は“南禅寺”
IMG_20190409_121536-1024x768IMG_20190409_121425






境内も見頃でしたが、インクラインあたりが特に綺麗
IMG_20190409_123417-1024x768IMG_20190409_123612-1024x768






お昼は湯豆腐で有名な“順正”

豆腐って好きなんですけど

さすがに豆腐ばっかりだと途中で飽きてくるね・・・
IMG_20190409_131458-1024x768IMG_20190409_133242-1024x768






このツアー最後は妙心寺の塔頭

“退蔵院(たいぞういん)”

妙心寺の塔頭はほとんどが通常非公開ですが

こちらの退蔵院は通年拝観OKの塔頭です

狩野元信作と言われる“元信の庭”

日本最古の水墨画“瓢鮎図(ひょうねんず)”が有名で

京都検定でもよく出題されるスポットです
IMG_20190409_153543-1024x768IMG_20190409_154322-1024x768






境内の枝垂れ桜が大きな傘を開いたみたいで綺麗だったな〜

2013年の「そうだ、京都行こう」でも起用されたそうです
IMG_20190409_153911-1024x768IMG_20190409_154037-1024x768






IMG_20190409_153941-1024x768IMG_20190409_154406-1024x768






さてさて、これにて無事ツアーも終了

今回も関東のお客様に京都の綺麗な桜を見て頂けて良かったです♪


話しは変わりますが

南禅寺でお昼まで時間があったので

参道にある人気のコーヒーショップ

“ブルーボトルコーヒー”に行ってみました
(関西初出店として昨年3月にオープン)
IMG_20190409_131042-1024x768IMG_20190409_130223-1024x768






古民家をリノベーションした面白いお店です
(一瞬まだ工事中?って感じ)
IMG_20190409_125015-1024x768IMG_20190409_124333-1024x768






ドリンクがワンサイズなのも面白い(笑)
IMG_20190409_124700-1024x768IMG_20190409_125822-1024x768






ドリップコーヒーは注文を受けてからドリップするそうで

この光景を見ているだけでも面白い(笑)
IMG_20190409_125041-1024x768IMG_20190409_125623-1024x768






南禅寺に行かれた際は是非♪

平等院ライトアップと京の桜名所ツアー1日目♪

吉野→京の隠れ桜ツアーに引き続き

今回も東日本のお客様とお花見ツアーに行ってきました♪

前回は京の隠れ桜めぐりでしたが

今回は超定番名所めぐり!といった感じ(笑)

最初に向かったのは“醍醐寺”

駐車場から三宝院(さんぼういん)に向かう参道

ここが桜のトンネルになっていて一番綺麗でした
IMG_20190408_144835IMG_20190408_144637






昨年の台風の被害を受けた三宝院の枝垂れ桜ですが

見頃は過ぎたものの、なんとか咲いてくれていました
(写真右下)
IMG_20190408_144151IMG_20190408_142554






弁天池では散った花びらが湖面に浮かんで綺麗でした
IMG_20190408_142820IMG_20190408_143635






お次は宇治川遊覧船

実は宇治川遊覧って初めてだったんですが

これまで乗った遊覧船史上

一番しょぼい遊覧船でした・・・

天気が悪かったってのと

上流の工事で水が恐ろしく濁っていたせいもありますが

せっかく船頭さんが乗っているのに挨拶すらなく

案内は全て録音された音声・・・
(しかもエンジンの音がうるさくてほとんど聞こえない)

景色がとりわけいいわけでもなく

宇治川の支流(というか水路?)を往復すること15分

え、これだけ???って感じ

正直“乗る意味あるんですか?”って印象でした・・・
IMG_20190408_160623IMG_20190408_161812






船内でおやつが付いていましたが、このあとすぐ17時前から早めの夕食

表参道に“竹林”って立派なお店がありますが

我々はここじゃなく、その竹林の“南門別邸”を利用

別邸ってネーミングはいいですが

お土産屋さんの2階のとって付けたかのような会場でした・・・
IMG_20190408_160851IMG_20190408_164235






食後は平等院のライトアップ

これは好評でしたね

なんてったって平等院では春の夜間拝観は通常行われておらず

今年は各旅行会社が主催する5日間のみ!

各設定日は完全貸し切り制なのです
IMG_20190408_184221IMG_20190408_184453






18時から入場したので暗くなるまで鳳翔館(ほうしょうかん)などを見学

御朱印は閉まっていましたが、ミュージアムショップは営業していました
IMG_20190408_184645IMG_20190408_184800






IMG_20190408_184624IMG_20190408_184715






桜が満開な平等院を夜間貸し切り♪

なんとも贅沢な空間でした


このあとホテルへ

今回お世話になったのはホテル京阪

駅前の立地のいい場所にホテル京阪グランデがありますが

我々はここじゃなく、“ホテル京阪八条口”を利用

八条口ゆーても立地的には限りなく九条通(笑)

駅からビミョーに離れています・・・
IMG_20190408_101020IMG_20190408_195123






でも昨年12月オープンなので館内は綺麗だし

露天風呂付きの大浴場があるのは嬉しいですね

大浴場のドライヤーはダイソン

部屋のケトルはデロンギと、いちいちオシャレ(笑)

部屋の照明やエアコン、目覚ましなどは

全てタブレットで管理と、いちいちスタイリッシュ(笑)
IMG_20190408_195318IMG_20190408_195339






そしてカードキーは純白の無地!!

こ、これはスタイリッシュなのか・・・(笑)

なんか味気ないような・・・

京都の隠れ桜ツアー・2日目♪

ツアー2日目は京都でも限りなく大阪より

京都府八幡市にある“淀川河川公園背割地区”

通称“背割堤(せわりてい)”

2年前に個人で行ったことはありましたが

仕事で行くのは初めてです

“さくらであい館”の展望台で背割堤の桜を満喫♪

IMG_20190406_092755-1024x768IMG_20190406_093035-1024x768






バスの駐車場は事前予約制なので安心♪

桜も文句なしに見ごろを迎えていました♪
IMG_20190406_093514-1024x768IMG_20190406_095004-1024x768






でも昨年の台風の影響で20本ほど伐採されてしまったんですよね

約9割の桜の木が被害にあったのだとか・・・

確かによく見ると切り株が痛々しい・・・
IMG_20190406_093203-1024x768IMG_20190406_093248-1024x768






時間があれば、さくらであい館の展望台に登ってみましょう
(300円)

1.4キロの桜並木が一望できます!
IMG_20190406_100457-1024x768IMG_20190406_100425-1024x768






背割堤周辺の混雑っぷりも一望できます(笑)

いや、笑えない!!
IMG_20190406_100607-1024x768IMG_20190406_100615-1024x768






展望台のガラス越しが気になる方は

下りの階段からがおススメ

ここだとガラスがないので写真が撮りやすいです
(周囲の人に注意しましょう)
IMG_20190406_100714-1024x768IMG_20190406_100803-1024x768







お次は“石清水八幡宮”

男山ケーブルは京阪八幡市駅の先なので間違えないように!

今回は券売機でチケットを買わないといけなかったんですが

先に到着していた知り合いの添乗員さんが並んでくれていたのでスムーズに購入できました

ほんと助かった〜♪
IMG_20190406_183403-1024x768Fotor_15545434572088-1024x768






山上駅へは約3分で到着
IMG_20190406_122018-1600x1200






本殿には展望台経由でも行けますが

階段が急なので右手ルートを使ったほうが無難です
IMG_20190406_183828-1024x768IMG_20190406_183806-1024x768






今回は本殿で特別拝観だったので本殿の彫刻をじっくり鑑賞できました

外に出てみると、本殿の前にもご朱印の受付にも

長蛇の列ができていました・・・
IMG_20190406_120354-1024x768IMG_20190406_120458-1024x768







最後は同じく八幡市内にある“松花堂庭園・美術館”
IMG_20190406_141531-1600x1200






まさかこんなローカルな観光地に仕事でくるとは!(笑)

お昼は同施設内にある吉兆で松花堂弁当

IMG_20190406_140721-1024x768IMG_20190406_135113-1024x768






添乗員&バス乗務員はまかないの親子丼

見た目もボリュームも

お上品な親子丼でした・・・
(どんぶりというかお椀?)
IMG_20190406_135442-1024x768IMG_20190406_135446-1024x768






食後は案内人さんと一緒に庭園を見学

現在はつばき展も開催されていました
IMG_20190406_143748-1024x768IMG_20190406_145016-1024x768






これにてツアーは終了!

2日間、京都の桜と言っても

高台寺以外はすべて京都市外

ローカルな観光地ばかりでしたが

実はさらにローカルな桜の名所があるんですよね

松花堂からすぐ近くにある八幡市民の憩いの公園

その名も“さくら公園”(笑)

公園の横にある小学校は八幡市さくら小学校

この辺りの地名は

京都府八幡市男山美桜(みざくら)

まさに桜づくしの場所なんです!

Fotor_155462633218371








Fotor_155454437189957IMG_20190406_151518-1024x768






IMG_20190406_151235-1024x768Fotor_155454455807029






さすがにここにはツアー客は誰もおらんかった

でも数年後には“京都の・隠れ桜”

として注目を浴びるかも?

しれませんね(笑)

京都の隠れ桜ツアー・1日目♪

東日本のお客様をお連れして

今度は京都へ行ってきました

ツアータイトルは

「京都の隠れ桜と国宝・石清水八幡宮/高台寺ライトアップ」

初日は京都でも限りなく奈良より

京都府木津川市にある

“神童寺(じんどうじ)”

バス駐車場はなく路上で乗降です
(墓地の下にある腰折地蔵のあたり)

のどかな風景の中、ひたすらまっすぐ10分弱
IMG_20190405_132111-1024x768IMG_20190405_132322-1024x768






境内に入ってすぐ右が受付(朱印もここ)

本堂に向かって左の坂をあがると宝物館(収蔵庫)があります
IMG_20190405_132854-1024x768Fotor_155447344841557-1024x768






こじんまりしたお寺ですが

創建は聖徳太子と言われており

役行者にもゆかりがある由緒正しいお寺なのです

奈良の吉野山に対して

北吉野とも呼ばれているそうです

桜とミツバツツジのコントラストが綺麗ですね
IMG_20190405_135819-1024x768IMG_20190405_134342-1024x768






お花も見ごたえがありましたが仏像がすごい!

本堂の蔵王権現も迫力がありますが
(初代は役行者作ですが、現在のものは江戸時代作)

宝物館がすごかった!!
IMG_20190405_134254-1024x768






これぞ平安仏!って感じの定朝様の阿弥陀如来
(平等院の仏像をイメージ!)

珍しい螺髪(らほつ)スタイルの不動明王
(どんぐりみたい!)

弓を頭上に構えている愛染明王
(これはかなりレア!)

自然の木の根っこに収められた役行者

などなど

仏像好きにはたまらないお寺でした♪



お次は京都府綴喜郡井手町にある

“地蔵禅院(地蔵院)”

こちらもお寺の駐車場がありません

上井出区公民館にバスを止め

住宅街を中を通って境内へ

所要時間はこちらも10分弱ですが、道がちょっとややこしかった・・・

Fotor_155462608663844









IMG_20190405_151421-1024x768IMG_20190405_154407-1024x768






IMG_20190405_154308-1024x768IMG_20190405_154537-1024x768






こちらの小野小町のお墓まで出ると参道らしくなってきます
(途中に看板等はありませんでした)
IMG_20190405_151138-1024x768IMG_20190405_151125-1024x768






仮設トイレを通過し、階段を上ると
IMG_20190405_150858-1024x768






左手にようやくお寺の看板が見えてきました

ちなみにそのまま階段を上がると玉津岡神社です
(珍しくシタテルヒメを祀ってた!!)
IMG_20190405_155100-1024x768IMG_20190405_144729-1024x768






IMG_20190405_145953-1024x768IMG_20190405_144905-1024x768






写真左の枝垂れ桜は丸山公園の枝垂れ桜と兄弟桜だそうです

地元のおっちゃんがやたらアピールしていました(笑)
IMG_20190405_145942-1024x768IMG_20190405_145417-1280x960






さて、2ヶ寺の桜めぐりのあとは京都市内に戻ります

本日最後は“高台寺”

チケットは圓徳院(えんとくいん)・掌(しょう)美術館の共通権を利用

まだライトアップには早いので最後に入ってもらうよう案内しました
(高台寺は再入場できないので注意)


IMG_20190405_164859-1024x768IMG_20190405_164501-1024x768






2時間あったので丸山公園に行かれたお客様もいましたね

さっきの枝垂れの兄弟桜も綺麗に咲いていました
IMG_20190405_174323-1024x768IMG_20190405_174548-1024x768






しかしこの日は終日ポカポカ陽気で文句なしのお花見日和
IMG_20190405_180416-1024x768IMG_20190405_180910-1024x768






天気が良すぎたのか、なかなか暗くならず

18時30分でも写真左のような明るさ

ライトアップというより“トワイライト”ですね・・・

気合いを入れてバスの目印ももってきたのに

2台しか止まっていませんでした・・・

なんか色々と肩透かしをくらった高台寺なのでした・・・
IMG_20190405_182505-1024x768IMG_20190405_181451-1024x768






さてこのあとお客様の宿泊先、京都センチュリーホテルへ

京都駅のすぐ横で好立地ですが

添乗員さんはアパホテル利用・・・

しかも堀川通のアパだから、地味に離れてるし

そして富山のアパ同様

めちゃ狭かった・・・

IMG_20190405_193557-1024x768IMG_20190405_193624-1024x768






あ、夕食ですか?

珍しく自由夕食だったんですよね

なので添乗員さんは高台寺の自由時間の間に先に食べちゃいました

久々に勝牛で牛カツ
(祇園八坂店)

IMG_20190405_171449-1024x768IMG_20190405_171640-1024x768






はじめて先斗町の勝牛に行ったのが2015年

牛カツ専門店 京都・勝牛♪

ここ数年、勝牛めっちゃ増えましたよね〜
(てか増やしすぎ!!)

桜がすみの吉野ツアー2日目♪

ツアー2日目はタクシーを使ってお昼まで自由行動♪

自由行動ゆーても相乗りだからちょっと大変

グループによって希望は様々でしょ

なので夕食の際に翌日の希望を聞いて

同じようなプランのお客様同士を同じタクシーに乗ってもらいました

IMG_20190404_090533-1024x768






まずは全員一緒に奥千本口まで上がって金峯神社を参拝

雪もだいぶ解けていましたね

写真左:2日前/写真右:今日
IMG_20190402_102744-1024x768IMG_20190404_084043-1024x768






このあとは西行庵まで歩く人

水分神社までタクシーで降りる人

お昼までずっとタクシーを使う人

あ、朝からまったくタクシーを利用しないお客様もいました(笑)
↑もったいない!!!

お昼は毎度おなじみの“竹林院”

おかずに

アユの甘露煮・卵焼き・厚揚げと昆布の煮物・ひじき

が出ていたんですが

これ全部、朝食と被ってた!(涙)

写真左:昼食/写真右:朝食
(見方によったら朝食の方が豪華やな・・・)
IMG_20190404_112630-1024x768IMG_20190416_070309-1024x768






竹林院の庭園、群芳園(ぐんぽうえん)は枝垂れ桜が満開!

有料ですが、いま吉野で一番綺麗なお花見スポットじゃないかな?
IMG_20190404_094107-1024x768IMG_20190404_094455-1024x768






IMG_20190404_094546-1024x768IMG_20190404_094832-1024x768






枝垂れといえば吉水神社の近くにある“東南院”

ここの枝垂れ桜は多宝塔と一緒に写真が撮れるのでおススメです
(こちらは境内無料)
IMG_20190404_123340-1024x768






蔵王堂こと“金峯山寺(きんぷせんじ)”では今年も蔵王権現の御開帳が開催中

お昼時でも待ち時間なく入ることができました

ちなみに御朱印は本堂に向かって右側の建物内で受けることができます

通常の御朱印(300円)と

期間限定の御朱印(500円)の2種類から選べます
IMG_20190404_124003-1024x768IMG_20190404_124035-1024x768






まだピークではないので、どこもそれほど混雑はしていませんでしたが

吉野山の柿の葉寿司御三家のひとつ

ひょうたろうの柿の葉寿司は売り切れていました

やっぱりここが一番人気みたいですね
IMG_20190404_124540-1024x768






吉野山に行こう!【柿の葉寿司編】
吉野山で柿の葉寿司御三家食べ比べ♪


このあと心配していた迷子もなく無事予定通りに京都駅に到着

午前中はバスガイドさんもいない中、自由行動だったのでかなり心配しましたが

タクシーのドライバーさんも皆さん親切で助かりました

でも前日に下見に行っておいてよかった〜

てか下見に行っていなかったらと思うとゾッとするわ・・・

桜がすみの吉野ツアー1日目♪

東日本のお客様をお連れして奈良県の吉野山へ行ってきました

最初に向かった先は限りなく奈良に近い大阪

大阪府河南群にある

“弘川(ひろかわ)寺”

役行者が開祖で西行法師終焉の地として知られるお寺です

知られるゆーても

自分は今回のツアーまで全く知りませんでしたけどね・・・(笑)

そもそも受付がどこにあるのかもわからんかった!!(笑)

IMG_20190403_140912-1024x768IMG_20190403_133232-1024x768






受付がある本坊が本堂の敷地の外にあるのでちょっとややこしい・・・

そして住職が説明をしてくれるのですが

受付の前にお客様を集めて

自分は座ったままという斬新なスタイルでした(笑)
(普通は逆だと思うんですが・・・)

本坊で靴を脱ぎ庭園を抜けると西行記念館があります

庭園の桜が綺麗でした
IMG_20190403_131631-1024x768IMG_20190403_140614-1024x768






写真右下が本堂

写真右下はトイレ&マイカー駐車場
IMG_20190403_135819-1024x768IMG_20190403_133712-1024x768






本堂の横の坂道を上がると西行堂

さらに上ると西行墳があります
IMG_20190403_135552-1024x768IMG_20190403_135229-1024x768






近くに桜山って山があって遊歩道も整備されていました
(1周500m)

所要時間は1時間ほどで丁度良かったです

IMG_20190403_135350-1024x768






このあとバスは吉野山の“如意輪寺”へ

後醍醐天皇の勅願寺で

楠正行(くすのきまさつら)ゆかりのお寺

「太平記」好きにはたまらないスポットです(笑)

水仙と枝垂れ桜が見頃でした
IMG_20190403_155819-1024x768IMG_20190403_160400-1024x768






このあと今夜のお宿

中千本にある“景勝の宿・芳雲館(ほううんかん)”へ

看板犬の柴犬“ワカ”がいるお宿ですが

なんか元気ない・・・

1日中、観光客を相手にしてお疲れだったようです
IMG_20190403_170208-1024x768






↓昨日はめちゃくちゃテンション高かったのにね(笑)
IMG_20190402_122620-1024x768






こちらのお宿は“景勝の宿”って名前の通り

景色がすごくいいんですよね

ロビーの奥にあるサロンからは中千本の桜がかぶりつき!
IMG_20190403_170328-1024x768IMG_20190403_165450-1024x768






夜のライトアップ(写真右下)も幻想的♪
IMG_20190403_165852-1024x768IMG_20190403_191952-1024x768






夕食も凝った料理が多くて美味しかったですよ♪

よくしゃべる女将さんもかなり印象的でした(笑)
IMG_20190403_192855-1024x768IMG_20190403_195629-1024x768






部屋からも桜が楽しめるのがいいですね
IMG_20190403_170713-1024x768IMG_20190403_201600-1024x768






なんとも贅沢な夜を過ごさせてもらいました♪

若狭お水送りツアー・2日目♪

びわ湖の湖畔で朝を迎えました

目の前は琵琶湖!!

今年に入ってまだ一度も琵琶湖で釣りをしていない自分にとっては目に毒です(笑)
IMG_20190303_083811-1024x768IMG_20190303_083828-1024x768






あ、ホテルでこんなお土産が売っていました

メタセコイヤチョコレート(笑)
IMG_20190303_084727-1024x768






去年、日帰りバスツアーでマキノのメタセコイヤ並木に行きましたが

あまりいい思い出はないです・・・(涙)

例年通り“己高閣・世代閣”“向源寺”

湖北の仏像めぐりをしたあと

木ノ本の“すし慶”で昼食をたべ

食後につるやパンでサラダサンドを購入

ここまではいつも通りでしたが

(ちなみに映画『カメラを止めるな!』の上田監督は木ノ本出身だそうです)
IMG_20190303_124631-1024x768IMG_20190303_124636-1024x768






このあとの流れがいつもと違いました


そもそもこれまではお水送りツアーは2泊3日

このあと奈良へ移動ですが

今回は1泊2日で奈良のお水取りは見ないんです(笑)


今年は午後に“彦根城”を見学して米原駅へ

って流れでした
IMG_20190303_140140-1024x768IMG_20190303_140310-1024x768






IMG_20190303_140108-1024x768IMG_20190303_140623-1024x768






IMG_20190303_140639-1024x768IMG_20190303_140825-1024x768






IMG_20190303_142733-1024x768IMG_20190303_151154-1024x768






帰り際にタイミング良くひこにゃんに遭遇できたので

和やかなムードでツアーを終了できました♪
(ひこにゃんって根強い人気ですね!)


さてさて、米原駅で解散の場合

京都と違って新幹線の止まる本数が少ないので

到着するタイミングに気をつけなければいけません

あと気をつけなければいけないのが

飲食店の少なさ!!

実は初日に米原駅で早めのランチを食べたんです

駅の東口にある“スタンダール”って昔ながらの喫茶店で

口コミで“カレーは湯せんで温めただけ”て書かれていたので

海老のトマトクリームソース(850円)をオーダーしたんですが

これもソースを湯せんで温めただけやった・・・

IMG_20190302_102652-1024x768






てかさー

ミートソースじゃあるまいし

ソースを絡めてから出してよ!!(笑)


そんなに米原駅って利用者が少ないんですかね・・・

若狭お水送りツアー・1日目♪

毎年若狭で行われるちょっとマニアックな神事

“お水送り”のツアーに行ってきました

去年は行っていませんが、今年で3回目(笑)

頑張って書いた3年前の記事はコチラ↓

「お水送り」と「お水取り」ツアー1日目・前半♪
「お水送り」と「お水取り」ツアー1日目・後半♪
「お水送り」と「お水取り」ツアー2日目♪
「お水送り」と「お水取り」ツアー3日目♪

集合は例年通りJR米原駅

昨年9月のビワイチぶりの米原やね

ラストサマービワイチ 敲童供狙樟井】

IMG_20190302_104210-1024x768






今年は舞鶴若狭自動車道の“三方五湖PA”で休憩を挟みました

はじめて利用しましたが

景色もいいしコンビニもあるし便利なPAです♪
(お客様は夜食などを購入していました)
IMG_20190302_122301-1024x768IMG_20190302_121754-1024x768






コースも例年通り“明通寺(みょうつうじ)”からスタートして

若狭姫神社若狭彦神社って流れ

いつも雪景色って印象だけど、今年は雪がないね♪
IMG_20190302_130644-1024x768IMG_20190302_133025-1024x768






IMG_20190302_140433-1024x768IMG_20190302_143706-1024x768






こちらは神宮寺の仁王さん
IMG_20190302_153311-1024x768IMG_20190302_153345-1024x768






若狭の寺社はどこも派手さはないんですが

その分、素朴で歴史の重さを感じられます

毎年お世話になる“雅(みやび)”さんで早めの夕食(16時!)を食べ
IMG_20190302_160336-1024x768






道の駅若狭おばまでガイドさんと合流
(今年はお水送り神事にガイド同行なのです)

このコースはお買い物タイムがほとんどないので

ここでお土産を購入されているお客様も多かったですね

今人気の鯖缶もズラリ

値段はスーパーの3倍くらいするけど・・

のどぐろの缶詰はちょっと気になる!
IMG_20190302_171105-1024x768IMG_20190302_171116-1024x768






こんな鯖寿司もありました

ひとくち230円か・・・

IMG_20190302_171017-1024x768IMG_20190302_171025-1024x768






このあと神宮寺で“お水送り”の松明行列に参加

前はなかったけど松明と一緒に飴ちゃんが付いていました

仏手柑(ぶっしゅかん)って珍しい果実を使った仏手飴

販売は神宮寺境内のみですので

美味しかったらその場で購入しましょう(笑)
IMG_20190302_180406-1024x768IMG_20190302_174544-1024x768






神宮寺には17時40分頃到着したんですが

ちょうど良かったと思います


来年以降、お水送りに行く添乗員さん用におさらいしておきますと

〜あったら便利なもの〜

防寒グッズ・・・お水送りの当日は冷え込みが厳しい日が多いので

火の粉除けグッズ・・・火の粉が飛び散って毎年服に穴をあけるお客様がいます
100均のレインコートが基本(雨対策にもなるので)
他にバスタオルを肩からかけるのもいいですね
目を守るために花粉対策用のゴーグルとかもいいかも
今年のお客様はバスタオルを貫通してダウンジャケットに穴が開いてしまいました・・・
ナイロン製のダウンジャケットなどは特に注意しましょう!

手袋か軍手・・・松明を持つのに便利

マスク・・・護摩や松明の炎で会場はどこも煙たいので

消臭スプレー・・・当日は衣類がめっちゃスモーキーになります!

保温タンブラー・・・神宮寺〜鵜の瀬間には自販機がなかったと思います
鵜の瀬まで行けば暖かいコーヒーが売っています


〜当日の流れ〜

●神宮寺境内で松明を受け取る
(ツアー毎にまとめられています)

●奥のテントで松明に願い事を書く(任意)

●本堂前の広場へ移動

●18時より本堂内で“薬師悔過法(やくしけかほう)”と呼ばれる行法がスタート
内部は非公開でスピーカーから音声だけが流されます
広場でこれが終わるのをひたすら待つのが一番つらい時間です・・・
内部では僧侶たちが世界平和を願って頑張っているんです
我々も修行だと思ってじっと待ちましょう(笑)

●“達陀(だったん)”と呼ばれる行法に移ります
本堂から達陀松明と呼ばれる松明が出てくるので参拝客のテンションが上がります
(奈良のお水取りで行われるお松明みたいな感じ)
今回、この達陀松明が出てきたのが18時45分くらいでした

IMG_20190302_192155-1024x768IMG_20190302_192219-1024x768






IMG_20190302_191936-1024x768IMG_20190302_192254-1024x768






●広場に設置された結界内の大護摩に炎が上がります
神宮寺で行われる行法のハイライトで参拝客のテンションも最高潮に達します!
が、ここからも長い・・・
結界内で修験者が四方を清めるんですが
斧(4回)→弓(4回)→剣(4回)
って流れなのでなかなか終わらない・・・
まだやんの!?みたいに周囲からブーブー文句が聞こえてきますが
松明だけやりたいんだったら公園でキャンプファイヤーでもしとけよ!
って思いますよね(笑)
あくまでこれは神事ですから、じっと見守りましょう・・・

●大護摩の炎が落ち着いたらそこから松明に火をつけるんですが
大松明→中松明→手松明
って順なので一般参拝者の我々は一番最後です
混雑防止のため結界内は一方通行です(入場規制あり)

神宮寺に早めに着いた際、どこに陣取るかですが
|B望礁世鬚いぞ貊蠅埜たいなら本堂の正面
護摩壇で行われる神事を近くで見たい場合は結界の柵のそば
A瓩手松明に火をつけて出発したければ結界の入り口付近
と目的に応じて陣取りましょう
Fotor_155167149218235







●境内を出て鵜の瀬に向かいます(徒歩約2キロ)
自分の松明だけでなく周囲の人の松明にも注意をして歩きましょう

●途中で火を消したい場合は道路脇にあるドラム缶の水で消します
(この缶が少なすぎるのですが・・・)

IMG_20190302_200152_1-1024x768IMG_20190302_200203-1024x768






IMG_20190302_200657-1024x768IMG_20190302_200853-1024x768






IMG_20190302_201129-1024x768IMG_20190302_201457-1024x768






●鵜の瀬に降りる前に手松明の火は必ず消しておきます

●鵜の瀬に到着しても大松明・中松明の奉納が終わるまで入れません
ちなみに松明を持っていないと鵜の瀬に降りられないので
松明は途中で捨てないように!

●鵜の瀬に降りたら手松明を回収する場所があるのでそこに納めます

●鵜の瀬はところてん方式なので、降りて松明を納めたらすぐに出なければいけません

IMG_20190302_204016-1024x768IMG_20190302_204005-1024x768






●あとはその辺で各自、お水送りのクライマックスである
“送水神事”(奈良の二月堂に香水を送る神事)を見るんですが
川の対岸だし、煙がすごいので何をやっているのか全くわかりません(笑)
IMG_20190302_204126-1024x768IMG_20190302_210606-1024x768






IMG_20190302_205636-1024x768IMG_20190302_205851-1024x768






●どこが終わりなのかよくわかならいグダグダしたムードの中
みんな帰りはじめたし帰りましょか
って流れになる・・・
テントで粕汁の振る舞いがあるのでそれを食べてお腹を温めたらバスへ

こんな感じ(笑)

道路は21時半にならないと規制が解除にならないので、急いでバスに戻る必要はないかと思います

駐車場には仮設のトイレしかないので

再び道の駅でトイレ休憩をとってホテルへ

宿泊先は今年も“奥びわこマキノグランドパークホテル”

ホテルに着いたのは22時40分

IMG_20190302_224328-1024x768






毎年荒れるのが当たり前の“お水送り”ですが

今年は珍しく好天のもとで神事が無事終わりやれやれです

京の冬の旅と伊藤若冲ツアー・2日目♪

今回はあさイチから伊藤家の菩提寺

“宝蔵寺(ほうぞうじ)”

この日から寺宝展が開催されるので

一般入場が始まる前に特別に拝観させて頂きました

しかもこの日はちょうど伊藤若冲の誕生日だったんですよね

“若冲生誕会”と書かれた特別仕様のご朱印を頂くことができました♪
(個人的に朱印とか興味ないですが・・・)
IMG_20190208_124655-800x600







お次は相国寺(しょうこくじ)

相国寺の境内には“宗旦(そうたん)稲荷”って神社があるのをご存知ですか?

これまで鐘楼の手前にあるお社が宗旦稲荷だと思い込んでいたんですが

これは弁財天を祀る“弁天社”

宗旦稲荷は鐘楼の奥に隠れていました
IMG_20190208_111707-800x600IMG_20190208_111721-800x600






地図で見るとこんな感じ↓
IMG_20190208_111938-1280x960






弁天社よりちっこいやん・・・

でもここが京都検定にはよく出てくるんですよね〜
IMG_20190208_111206-800x600IMG_20190208_111229-800x600






その昔、相国寺の境内に1匹の古狐がおりまして

千利休の孫にあたる千宗旦(せんのそうたん)に化け

見事なお点前を見せたり周囲の人々を助けたという

“宗旦狐(そうたんぎつね)”って伝説があるのです

京都検定の勉強をされている方は要チェック!

IMG_20190208_111423-800x600IMG_20190208_111518-800x600






お昼は前回同様、錦市場にある“斗米庵(とべいあん)”

錦市場に行くと必ずと言っていいほど買ってしまうのがコチラ

京とうふ藤野さんの“豆腐ドーナツ”

藤野さんのスイーツコーナー

「こんなもんじゃ」ってお店で販売しています

名前はなんだか安っぽいですが

アツアツの揚げたてでめっちゃ美味しいんですよね

一口サイズなのでついつい手が出てしまいます♪

お値段は10個で300円♪

物価がべらぼーに高い錦市場でこの価格はかなり良心的♪

しかもその場でSNSにアップしたら4個サービス♪

夕方に行くと機械が止まっていて作り置きになるので

15個300円になるのでさらにお得です♪
(数量限定ですが)

でもねー

かなり甘さを抑えたドーナツなので

冷めると豆腐感が増して

味がドーナツじゃなくなりますのでご注意を(笑)
IMG_20190208_134318-800x600IMG_20190208_130921-800x600






さてさて、これにて4本続いた“京の冬の旅”絡みのお仕事も終了
(実は最初のツアーは2本同じコースに行っていたのです)

関西人のノリを押し殺してのお仕事だったので

次のツアーでは思いっきり関西人キャラを出していこうと思います(笑)



あ、どこかのお寺の納経所でこんな張り紙が張ってありました

“平成最後の御朱印受付”

IMG_20190204_103328-800x600






そこ“平成最後”って使うとこか!!

さすが関西人って感じ(笑)

京の冬の旅と伊藤若冲ツアー・1日目♪

東日本のお客様と京都駅でお迎えして

京都市観光協会が主催する非公開文化財の特別公開

“京の冬の旅”がメインのツアーに行ってきました


前回行ったツアーと同じなので

今回はスピンオフ的に前回見落としていたスポットや

紹介しきれていなかったネタをお伝えしたいと思います

※若干マニアックで一般向けではないかも・・・



まず初日に行った“大徳寺”

この冬だけで4回目の大徳寺だったんですが

山門のそばにこんな石碑を発見

IMG_20190207_130826-800x600






“平康頼之塔”

平康頼(たいらのやすより)ってダレやろ?

平ってことは「平家物語」にも出てくる人物かな〜?

って調べてみたら

「平家物語」でも有名なエピソード

鹿ケ谷事件で俊寛(しゅんかん)と一緒に喜界ヶ島に流された人物でした

喜界ヶ島でも熊野権現を熱心に信仰して京都に戻ってこれた2人のうちの1人やね

キャラは覚えていたけど、名前までは覚えてなかったな〜

ここ最近、平家物語がマイブームなのでちょっとテンション上がりました(笑)
IMG_20190207_130840-800x600IMG_20190207_130854-800x600







こちらもこの冬4度目となる妙心寺の“龍泉菴(りょうせんあん)”

水飲んでるのか何か食べてんのか

ビミョーな虎の絵が気になっていましたが

こんなユニークな杉戸絵を見落としていました
IMG_20190207_155920-1024x768IMG_20190207_155911-1024x768






ハリネズミ???

江戸時代に日本にハリネズミっていたんかな〜?

それとも想像で描いたのでしょうか?

そもそもハリネズミじゃないのか?



さて、今回もホテルには早めにチェックインできたので

ホテル周辺をブラブラしてみました

ホテルの横というか裏にあったのが

“阿刀(あと)神社”

阿刀氏(あとうじ)ゆーたら秦氏同様に渡来系の氏族

空海のお母さんの祖先だそうです
IMG_20190207_171051-800x600IMG_20190207_171109-800x600






めっちゃ細い道の先に小さい祠みたいな神社がありました
IMG_20190207_171146-800x600






お社の前には石の神明鳥居

平成15年ってことはけっこう新しいですね
IMG_20190207_171539-800x600IMG_20190207_171423-800x600






境内には御神木らしき立派な杉が1本

すぐ横の建物は我々が宿泊しているホテルです(笑)
IMG_20190207_171325-800x600IMG_20190207_171507-800x600






お賽銭は横に設置された箱に入れてね

ってスタイル
IMG_20190207_171349-800x600






かなり規模は小さいですが

一応、式内社ですから由緒ある神社なんですよね

空海ファンの方は是非!(笑)


あとホテル横のホームセンターの裏にあるのは

“安堵の塔”

日蓮のお弟子さん

“日像(にちぞう)”が近くの車折(くるまざき)神社の社頭で布教活動をしていた際

他宗派の襲撃を受けたんですが

近くの甲塚(かぶとづか)古墳に隠れて難を逃れたそうです

なのでこの塔は災難除けのご利益があるのだとか

ちなみに奥に見える森みたいなのが甲塚古墳

行ってみたんですが、個人の所有地にあるので見れませんでした・・・

近所の方が言うには山下造園(写真右下)さんに許可をもらったら見れるみたいです
IMG_20190207_170101-800x600IMG_20190207_171940-800x600






ホテルがあるこの太秦・嵯峨周辺は京都でも古墳がたくさんあるエリアなんですよね

近日中に太秦の古墳めぐりや車折神社の記事もアップする予定なのでお楽しみに♪
(興味ある人少ないと思いますが・・・)

京の冬の旅と伊藤若冲ゆかりの地2日間♪

東日本のお客様と京都駅でお迎えして

京都市観光協会が主催する非公開文化財の特別公開

“京の冬の旅”がメインのツアーに行ってきました


あ、前日まで行っていたツアーとはまた別のツアーです(笑)

ゆーてもこのツアーの1日目は

昨日までのツアーの2日目とほぼ同じ(笑)

大徳寺の本坊と

妙心寺の3つの塔頭を拝観

ホテルは宝が池ではなく

“サンメンバーズ京都嵯峨”

エクシブ (XIV)などを展開するリゾートトラストが運営するホテルです

外観はマンションみたいですね・・・

IMG_20190203_162350-800x600IMG_20190203_162435-800x600






スタッフは丁寧だし料理も美味しかったんですが

夕食のテーブルセッティングは長テーブル1つに押し込まれ・・・

お客様の着席と同時にお味噌汁とご飯をサーブ・・・

お客様は14名だけなのにドリンクのオーダーで大混乱・・・


団体には不向きな感じでした(泣)

IMG_20190203_174555-800x600IMG_20190203_183400-800x600






朝食はちょっと豪華に“湯葉雑炊”付きの和定食

これはお客様にも好評でしたね
IMG_20190204_072249-800x600IMG_20190204_072535-800x600






2日目最初に向かったのは

信行寺(しんぎょうじ)

江戸中期の絵師

伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)が晩年に描いた

「花卉図(かきず)」って天井画があります

花卉図はおろか

こんなお寺があることすら
知らんかったな〜
(京都検定のテキストにも未掲載)

ここは京の冬の旅とは別で

このツアーに合わせた特別公開
(普段は非公開)

今回のツアーは伊藤若冲ゆかりのスポットが多いのです

IMG_20190204_091706-800x600IMG_20190204_094846-800x600






お次は相国寺(しょうこくじ)
IMG_20190204_113143-1459x1094IMG_20190204_113616-800x600






バスは烏丸通でお客様を降ろしたあと

相国寺の総門横にある駐車場へ(要予約)

相国寺では1ヶ所の塔頭が冬の京の旅として特別公開されています

慈照院(じしょういん)
足利義政と桂宮の菩提所
朝鮮通信使ゆかりの寺


慈照院は相国寺の北門から少し北に上がった場所にある境外塔頭
IMG_20190204_103517-800x600






こちらを拝観後、歩いて相国寺の境内にある

“承天閣(じょうてんかく)美術館”

こちらの美術館では珍しく靴を脱いで入館

スリッパとかもなく靴下のまま鑑賞するスタイルです(笑)

もちろん伊藤若冲の作品も展示されていました
IMG_20190202_164617-800x600IMG_20190202_164228-800x600






このあとランチタイム

昼食会場は“錦市場”の中にあります

錦市場といえば伊藤若冲の生家があったことでも有名ですよね
(青物問屋の息子として生まれました)

IMG_20190202_175049-800x600






14名とはいえ、お昼時の錦市場を団体で移動するのは本当に大変・・・

お店もめっちゃわかりにくい場所だし・・・
IMG_20190204_121056-800x600IMG_20190204_164105






この細い路地の奥にあるのが“斗米庵(とべいあん)”

お店の名前は伊藤若冲の別号、斗米庵からとったそうです
(どんだけ若冲づくしのコースやねん!!)
IMG_20190204_123832-800x600IMG_20190204_123211-800x600






ありがたいことに添乗員もお客様と同じ料理を頂きました

お昼から贅沢させてもらってすいません・・・
IMG_20190204_124501-800x600IMG_20190204_124638-800x600






午後はバスの駐車場がないお寺が続くのでひたすら徒歩移動

まさか新京極のアーケードを団体で歩く日が来るとは・・・
IMG_20190204_133016-800x600






向かった先はこちら

宝蔵寺(ほうぞうじ)

新京極と河原町通の間にある小さいお寺です
(ラウンドワンの裏あたり)

周辺にある通称、和泉式部寺の“誠心院”

“蛸薬師堂”は行ったことあるけど

宝蔵寺は知らんかったな〜
(京都検定のテキストにも未掲載)

伊藤家の菩提寺だそうです

ちなみに若冲が建てた家族のお墓はありますが

若冲自身のお墓はここにはありません
(若冲のお墓は深草の石峰寺(せいほうじ)です)

IMG_20190204_133424-800x600IMG_20190208_093317-800x600






こちらの宝蔵寺で2月8日から伊藤若冲の弟

伊藤白歳生誕300年記念の特別展があるそで

それに先駆けてこのツアーの特別企画として展示物を見ることができました

IMG_20190205_140640-1024x1365IMG_20190205_140711-1024x1365









お寺自体は月曜日以外は参拝できるので

若冲のドクロがデザインされた朱印やグッズが販売されているので

伊藤若冲ファンには聖地みたいな存在みたいです
(個人的にはあんまり興味ないので知らなかった・・・)

IMG_20190208_093007-800x600IMG_20190208_093021-800x600






お寺の住職さんがとっても人間味があって、お話しも面白かったです(笑)

宝蔵寺のあとは

坂本龍馬が暗殺された近江屋跡→南座→花見小路などのスポットを巡りながら

建仁寺(けんにんじ)の塔頭

“両足院(りょうそくいん)”

もちろん若冲のニワトリさんを見にです(笑)

今回のコースはここが最後だったので

ちょっと長めに時間をとって自由時間を作りました

お客様におススメしたのは境内にある

“禅居庵(ぜんきょあん)”って塔頭

ここにも本法寺と同様に亥歳の守り本尊

“摩利支天(まりしてん)”が祀られているので

今年注目を集めているスポットなんです
(境内無料)
IMG_20190204_151057-800x600IMG_20190204_151113-800x600






本法寺の摩利支天堂よりたくさん狛猪があるので

猪感アップって感じ(笑)
IMG_20190204_151214-800x600P1250013~01






皆さんも建仁寺へお越しの際は是非

禅居庵にもお立ち寄りくださいね!

京の冬の旅ツアー・2日目♪

ツアー2日目も京の冬の旅をめぐります

本法寺(ほんぽうじ)
長谷川等伯生誕480年記念
芸術家たちの美の競演

IMG_20190128_102608-1280x960IMG_20190128_100603-800x600






バス駐車場はないので堀川通で乗降

拝観時間より早く到着してしまったので

急遽、境内にある狛猪の“摩利支天堂(まりしてんどう)”

お寺の裏側に並ぶ表千家の茶室“不審庵(ふしんあん)”

裏千家の“今日庵(こんにちあん)”をご案内しました
※不審庵・今日庵は中には入れません
IMG_20190202_102622-800x600IMG_20190202_102503-800x600






去年行った京都検定のフィールドワークが役立ったわ♪

京都散歩・コース11【本法寺・宝鏡寺】
(2018年11月18日)

ちなみに本法寺の目玉のひとつでもある

長谷川等伯の「唐獅子図屏風」は2月10日までなのでご注意ください!

IMG_20190202_102108-800x600-1024x768








大徳寺(だいとくじ)
洛北の禅刹
国宝方丈を飾る探幽の代表作

大きなバス駐車場があるので便利

非公開の塔頭がひしめく大徳寺ですが

今回の特別公開は大徳寺の心臓部ともいえる

本坊(ほんぼう)が公開されています

本坊の建物自体も国宝

その本坊から見る唐門も国宝

という贅沢な空間

なのでスタッフもちょっとピリピリしております・・・

本坊内は庭園を含むすべてが撮影NG

カバンも玄関で預けてからの拝観となります

小さいショルダー程度はOKですが、あまりいい顔はされません・・・
IMG_20190128_121328-1600x1200IMG_20190128_105922-1280x960







この日の昼食は大徳寺の境内にある精進料理の老舗

“泉仙(いずせん)”
IMG_20190128_121745-800x600IMG_20190128_114015-800x600






僧侶がかつて食事で使っていたという鉄鉢(てっぱち)

この鉄鉢を模した漆塗りのお椀を使用しているので

“鉄鉢料理”とも呼ばれているそうです

食べ終わった器を重ねると写真右下のように1つにまとまります(笑)

精進料理とは思えないほど食べ応えがあって美味しかった〜♪

お店の方も親切で心もお腹も大満足な昼食でした♪
IMG_20190128_114033-800x600IMG_20190128_120359-800x600






最後は3年間通っていた高校の隣にある妙心寺(みょうしんじ)

バス駐車場は南門側、花園会館の隣にあります
IMG_20190128_140637-800x600






こちらも大徳寺と同様に非公開の塔頭が密集する臨済宗の巨大寺院

今回の京の冬の旅では3つの塔頭が公開されています
IMG_20190128_141137-1024x1365








天球院(てんきゅういん)
狩野山楽生誕460年記念
京狩野 山楽・山雪の絢爛豪華な障壁画


麟祥院(りんしょういん)
海北友雪の龍図が残る春日局の菩提寺

龍泉菴(りょうせんあん)
長谷川等伯生誕480年記念
雄大な自然美が描かれた四季の障壁画


IMG_20190128_125307-1280x960IMG_20190202_133044-800x600






天球院は本法寺と同じサークルの大学生ボランティアガイドが担当しているんですが

お客様が言うには

「大学生の方が声が大きくて話しのポイントがまとまっているので分かりやすい♪」

とのことでした

「年配のボランティアガイドは声が小さく独りよがりで自分の世界に浸っているだけ!」

みたいな厳しいご意見が多かったです(笑)


龍泉菴は一部、障壁画も撮影OKだったんですが
IMG_20190128_134558-1280x960IMG_20190202_141723-800x600






気になったのがこちらの虎の絵

ガイドさんいわく「水を飲む虎」ってことですが

どーみても何か食べているようにしか見えないんですけど・・・(笑)
IMG_20190202_141835-800x600IMG_20190202_141851-800x600







これにて行程は無事終了

京の冬の旅は担当するボランティアガイドによって

滞在時間が長くなったり短くなったりするので

時間配分が読みにくい上

受付やガイドさんが不慣れで手際が悪かったり

添乗員的には非常に仕事がしずらいです・・・

あと、3ヶ所のスタンプを集めると記念品がもらえるスタンプラリーですが

団体料金適応の団体はスタンプがもらえませんが

少人数の一般料金の団体の場合あスタンプがもらえます

ご朱印はほとんどの場所が書置き(紙のみ)で

特別公開に合わせて種類も多いのでお客様各自で購入することをお勧めします

京の冬の旅は3月18日まで

是非この機会に冬の京都にお越しくださいね!


あ、お寺は全て靴を脱いでの拝観です

お寺の床は冷えっ冷えです!!

基本的にスリッパなどは置いていないので

厚手の靴下や靴下用カイロ

マイスリッパがあるとかなり役立ちますよ!
(↑慣れている人はけっこう持参していました)

京の冬の旅ツアー・1日目♪

東日本のお客様を京都駅でお迎えして

京都市観光協会が主催する非公開文化財の特別公開

“京の冬の旅”がメインのツアーに行ってきました

IMG_20190203_131540-1368x1824








この京都市観光協会主催の特別公開は

観光客が減少する夏と冬に行われているキャンペーン

今年で第53回目

ってことは53年も前から実施しているんですね!

今回のツアーは15所の対象施設のうち7ヶ所をめぐります

まず最初に向かったのは

智積院(ちしゃくいん)
長谷川等伯生誕480年記念
桃山時代の絵師と京都画壇の巨匠 華麗なる障壁画


バスはお寺の境内で乗降できますが回送

乗降場所の横にある受付はご朱印専用

拝観受付とは離れているのでご朱印のある方は先に預けておきましょう
IMG_20190127_124714-800x600IMG_20190127_124652-1280x960






智積院は境内は無料

収蔵庫と庭園がセットで有料エリアです

団体の場合、先にどちらを拝観するかスタッフから指示があります

収蔵庫はもちろん撮影NGですが、庭園はOK

京の冬の旅の対象施設では基本的にボランティアガイドが案内をしてくれます
(このボランティアガイドが当たり外れがあるので結構厄介なんですが・・・)

IMG_20190127_124501-800x600IMG_20190201_122735-800x600






現在、庭園の池の水が工事で抜かれていますが

智積院の庭園は名石を集めた築山が自慢のひとつ

これは豊臣秀吉が財力を示すために造ったそうです

普段より石が多く見えるので、これはこれで貴重な景観が楽しめます
IMG_20190201_123756-800x600IMG_20190201_123803-800x600






お次は建仁寺の境内にある塔頭へ

建仁寺は駐車場がないので川端通と団栗通の交差点あたりで乗降
IMG_20190127_144714-800x600IMG_20190127_144701-800x600






建仁寺では3ヶ所の施設で特別公開を行っていますが

今回はそのうち2ヶ所を拝観

霊源院(れいげんいん)
今川義元生誕500年記念
一休禅師や今川義元も修行した五山文学の寺


両足院(りょうそくいん)
長谷川等伯生誕480年記念
道釈画家の方丈障壁画と若冲&等伯


IMG_20190127_143117-800x600IMG_20190127_143231-1600x1200






IMG_20190127_142122-1280x960IMG_20190127_141815-800x600






霊源院は部屋がひとつだけなのでとても狭いです

両足院は部屋をいくつかめぐるので

案内人も3ヶ所くらいで待機して説明してくれました

ちなみに両足院の目玉のひとつとなっている

伊藤若冲の「雪梅雄鶏図(せつばいゆうけいず)」
(パンフレットの表紙にも起用されているニワトリ)

こちらの展示は2月25日までなのでご注意を!!
IMG_20190205_141039-1024x1433










最後はこちら

知恩院(ちおんいん)

ここは京の冬の旅ではなく

今回のコースのために設定された特別拝観です

IMG_20190127_164506-1600x1200IMG_20190127_152704-800x600






普段は一般公開されていない

■大方丈(おおほうじょう)
■小方丈(こほうじょう)
■経蔵(きょうぞう)


を拝観

これはなかなかレア感があって好評でした
IMG_20190127_154342-800x600IMG_20190127_164255-800x600






宿泊は祇園祭りツアーでよくお世話になる宝が池の

“グランドプリンスホテル京都”
IMG_20190128_091127-800x600IMG_20190127_175202-800x600






お客様は和食・中華料理の選べる夕食でした

添乗員さんは中華をチョイス

あ、中華ゆーても近所にある“餃子の王将”ね(笑)

添乗員さんは夕食付いてませんので・・・

IMG_20190127_183910-800x600IMG_20190127_181918-800x600






あ、京都に住んでいて今まで知らなかったんですが

宝が池店って餃子の王将の中で一番メニューが多いそうですよ(笑)
IMG_20190205_102555-800x601







京都絶景紅葉絵巻ツアー♪【後半】


“八つ橋庵とししゅうやかた”
PB270053~01PB270051~01






“北野天満宮・もみじ苑”
PB270074~01






Fotor_154332180553112~01Fotor_154332175975922~01






Fotor_15433217340076~01Fotor_154332168286661~01






PB270070~01Fotor_154332636289347






PB270076~01PB270077~01






“永観堂”
PB270108~01PB270089~01






PB270117~01







京都絶景紅葉絵巻ツアー♪【前半】



PB270002~01







“光明寺”

Fotor_154332322558377






PB270040~01PB270042~01






PB270005~0120181127_100013~01






Fotor_154332145683743~01Fotor_154332150642187~01






Fotor_154332124469443~01Fotor_154332130914923~01






PB270020~01PB270025~01






Fotor_15433215771402~01Fotor_154332154382923~01






Fotor_15433215610390~01Fotor_154332159489637~01






“嵐山”

PB270048~01PB270046~01







醍醐寺・平等院と宇治ツアー・2日目♪


“東寺”
PB260010~0120181126_091625~01






PB260003~01PB260005~01






“勧智院(かんちいん)”
PB260011~01PB260014~01






“醍醐寺”
PB260033~0120181126_105321~01






PB260031~01PB260032~01






PB260034~01






PB260029~01PB260020~01






PB260023~01PB260024~01






PB260025~01PB260027~01






“三宝院(さんぼういん)”
PB260043~01PB260040~01






PB260056~01PB260062~01






PB260065~01PB260063~01






“平等院”
PB260084~01






PB260072~0120181126_134035~01






PB260076~01PB260077~01






PB260081~01PB260083~01






“対鳳庵(たいほうあん)”
Fotor_15432188073404~0120181126_141658~01






PB260089~01PB260091~01






PB260092~01








PB260070~01






醍醐寺・平等院と宇治ツアー・1日目♪


“金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)”
PB250002~01






Fotor_154315829204443Fotor_154315832932973







“永観堂(えいかんどう)”
Fotor_154315735182454~01Fotor_15431572388608~01






PB250083~01






Fotor_154315813793499PB250013~01






PB250015~01PB250066~01






PB250042~01PB250068~01






PB250043~01PB250056~01






PB250072~01PB250074~01







“京都センチュリーホテル”
PB250092~01PB250090~01






“アパホテル京都駅前”
Fotor_154315877058188~0120181125_165140~01













びわ湖紅葉満喫ものがたりツアー♪

世間は今日から楽しい楽しい3連休ですね♪

そんな中、日帰りバスツアーでびわ湖へ行ってきました

関ケ原で昼食を食べたあと

長浜市の“鶏足寺(けいそくじ)”

20181124_102925~01PB230087~01






Fotor_154305258797295~01Fotor_154305250262543~01






Fotor_154305268177020~01PB230082~01






PB230001~01






PB230078~01PB230003~01






PB230004~01PB230010~01






PB230011~01PB230012~01






PB230015~01PB230016~01






PB230018~01PB230020~01






PB230021~01Fotor_154323412187119






PB230022~01PB230023~01






PB230024~01PB230026~01






PB230031~01PB230034~01






PB230060~01PB230065~01






PB230038~01PB230043~01






Fotor_154323425163041~01






Fotor_154305283470756~01Fotor_154305255084818~01








マキノ町のメタセコイヤ並木

PB230092~01PB230097~01~01






PB230102~01PB230104~01






PB230101~01~01PB230106~01






高島市のもみじ池
PB230119~01PB230118~01






PB230117~01PB230116~01






PB230109~01PB230112~01






びわ湖の湖東から湖西までぐるっと回ってきましたが

身も心もブーツの中も外も

泥だらけ&ずぶ濡れになって帰ってきました・・・

やっぱり日帰りツアーは怖いです・・・(涙)

途中、マキノの山岳部ではうっすら雪が積もっていました

寒い寒い連休初日となりましたね

どうぞ暖かくしてお出かけくださいm(__)m

正倉院展と薬師寺ツアー・2日目♪

1本目も2本目もこんな感じでめっちゃ気持ちのいい朝を迎えました

20181101_085539~01






天気はいいけどちょっと寒い・・・
(11月1日は今季1番の冷え込みでした)


あさイチは“春日大社”

PA300025~01PA300021~01






本殿の特別拝観は各自ってことになっていたんですが

2本目は“旬祭(しゅんさい)”ってお祭が開催されていたので

午前中は拝観不可でした

毎月1日11日21日に行われるお祭りだそうです
(奈良のガイドさんも知らなかったみたい)
PA300016~01PA300018~01






お次は“西大寺”

現在、特別拝観を含め有料施設は

本堂⇒みんな大好き清凉寺式の釈迦如来がメインですが
個人的には左側の文殊菩薩の獅子が寄り目でブサ可愛いのが見どころ(笑)
善財童子の振り向き加減と表情も安定の可愛さです
あと右側の弥勒菩薩も存在感があります
釈迦三尊のフォーメーションは基本的に【文殊+釈迦+普賢】ですが
こちらの本堂は普賢菩薩の代わりに弥勒菩薩です

四王堂(しおうどう)⇒長谷寺式のでっかい十一面観音と四天王がおります
四天王はあまり迫力がありませんが珍しい青銅製なので勘弁してあげてください(笑)
でも多聞天だけ一木造りなので、その差を見るのも面白いですし
増長天に踏みつけられている邪鬼の踏まれ方がすごい格好なので
個人的にはそこが見どころ(笑)

愛染堂(あいぜんどう)⇒特別拝観の愛染明王がおりますが
めっちゃ小さいしですし暗いです
よっぽどの愛染マニアじゃないとあまりお勧めできません・・・

聚宝館(しゅうほうかん)⇒貴重な奈良時代や平安時代の仏像などを集めた宝物館
仏像好きの方にはおススメです!

ちなみに今回のツアーは本堂と四王堂のみのチケットでした
(これが妥当だと思います)
20181030_104110~0120181030_103718~01






PA300028~01PA300029~01






お次はちょっと早めのランチタイム

今回は柿の葉寿司の“倭膳・たまゆら”

お店の方も親切だし

食事も美味しくて好評だったんですが
PA300032~0120181030_113714~01






お客様のテーブルに最初からお土産の注文用紙を置くのはどうかな〜

その辺のドライブンでも割引券くらいでしょ・・・

密室でいきなり封筒配って

「名前と住所書いて金入れろ」

の某・善光寺じゃあるまいし・・・

食事の最中もお土産のセールストーク炸裂

狭い店内で効率良く買い物をしてもらおうとの事でしょうが

この点はちょっとガッカリかな
20181101_114232~01






最後の観光は“薬師寺”

通常公開の“白鳳伽藍(はくほうがらん)”に加え

現在は“玄奘三蔵院伽藍(げんじょうさんぞういんがらん)”も公開中
(てか公開中じゃないとツアーで行かんか・・・)

PA300033~0120181030_123745~01






さらに現在は西塔(さいとう)の初塔にある彫刻が公開中
(写真左下)

ちなみに向かい側の東塔(とうとう)は絶賛解体修理中
(写真右下)

PA300034~01PA300038~01






スタート地点の白鳳伽藍の受付で共通チケットが購入できるので

途中でチケットを紛失しないよう気をつけてもらいましょう!
PA300036~01PA300041~01






このあと一路、京都駅へ

1本目も2本目も

16時前には無事に解散することができました♪

正倉院展と薬師寺ツアー・1日目♪

29日出発と31日出発と2本連続で

久々に関東のお客様をお連れして奈良へ行ってきました


京都駅を出発し、最初に向かったのは“興福寺”

今年の元旦にリニューアルを終えた

国宝館東金堂(とうこんどう)を拝観

そのあとは徒歩にて国立博物館で開催中の

“第70回・正倉院展”

PA290010~01






1本目はお客様が21名だったので

博物館正面の団体用の入り口から入館

引換券の場合は添乗員がまとめてスタッフに渡して本券と交換

本券は添乗員がお客様へ配布します

ツアー毎に整列してから入館するので現地スタッフの指示に従いましょう

PA290008~01PA290005~01






ちなみに2本目は16名様だったので一般の入り口を利用

引換券は予めお客様に配布しておいて

そのまま一般客と一緒の列へ

入館の際お客様自身が引換券と本券を引き換えます

これだと入館の際にお客様も博物館のスタッフも面倒なので

事前に添乗員がまとめて引き換えようと思ったんですが

却下されました・・・(涙)
PA310042~01PA310043~01






正倉院展の見学のあとは奈良公園フリータイム

自由時間をフルに使って正倉院展を見学していたお客様もいましたが

ほとんどのお客様が10月20日に一般公開されたばかりの

興福寺・“中金堂(ちゅうこんどう)”を見に行ったようです

公開されて間もないのでさぞ混雑しているかと思いきや

それほど混んでいませんでした・・・(笑)

14時頃(写真左下)はちょこっと窓口に列はできていたものの

16時頃(写真右下)にはガラガラでしたね

17時まで(受付は16時45分)なので遅い時間がおススメです♪
PA290004~01PA290011~01






このあと今夜の宿泊先“ホテルフジタ奈良”

興福寺からは歩いてでもいける距離ですが

もちろんバスで移動

ホテルが面している三条通りは大型車両は通行できないので

A:率川(いさがわ)神社の前か

B:ナラニクル(観光センター)の前

あたりで乗降

Fotor_154107743365761






たいした距離じゃないけど雨だと傘は必要かな

今回は2本ともお天気に恵まれてラッキーでした♪

秋のびわ湖満喫紀行ツアー♪

日帰りバスツアーでびわ湖へ行ってきました

8月に行ったツアーとはちょっと違った内容です

新緑のびわ湖満喫紀行ツアー♪【前半】
新緑のびわ湖満喫紀行ツアー♪【後半】


まず最初に向かったのは近江八幡市にある“ラ コリーナ”
(ラ コリーナ=イタリア語で「丘」の意味)

バームクーヘンで有名なクラブハリエ(たねや)が経営する商業施設です
(ちなみにクラブハリエは“たねや”の洋菓子部門)

釣りに行った際に何度か前を通ったことはあるけど

ツアーで行くのは初めて

敷地内にいくつかの建物が点在していています

大型バス駐車場からは小さなゲートがある小路へ進みます

お客様から絶対に「あれなに?」

って聞かれるであろう大きな建物は

たねやの本社(立ち入り禁止)
Fotor_153968294708783~01PA160019~01






こちらがメインショップ
PA160004~01






写真右下の扉が入り口です
PA160006~01Fotor_153968301564935~01






このメインショップには

1階にクラブハリエとたねや

2階にカフェが入っています
PA160008~01PA160007~01






試しにたねやの生どら(216円)を食べてみましたが

めっちゃ美味しかったです♪
(生なので持ち帰り不可)
Fotor_153968332601949~01






メインショップを抜けるとさらに敷地が広がっていて

そこはまさにメルヘンの世界!(笑)

写真左下の回廊を進むとフードコートやフードガレージ

写真右下の建物はカステラ専門のカステラショップです
PA160013~01PA160015~01






この独特のデザインのショップ群を設計したのは

長野県出身の建築家、藤森照信(ふじもりてるのぶ)氏

この建築を見にわざわざ来る人も少なくないんだとか

いつもめっちゃ混んでてレジに長蛇の列ができているイメージでしたが

この日は平日の午前中だったのでスムーズに買い物ができました♪

このあとちょっと早めのランチタイム

今回お世話になったのは“モクモク 風の葡萄”ってレストラン

場所はJR草津駅前の近鉄百貨店5階

なんでツアーでこんな場所選ぶかな・・・(泣)

三重県伊賀市のモクモク手づくりファームが展開するバイキングレストランです

大阪だとルクアにも入っているみたいですね
Fotor_153968317359925~01






Fotor_15396831463104~01Fotor_153968316108097~01






食後は琵琶湖大橋西詰めの道の駅“米プラザ”へ
Fotor_153968309449576~01






8月のビワイチではこのバスの後ろあたりにテント張ってたな〜(笑)
0dc1a2a5






そんなビワイチの思い出を胸に

次に向かったのはお約束の“びわ湖テラス”

レストランが冬のシーズンに向けて改修工事中でした
(営業はしています)

ちなみに山頂の気温は15度ほどで

紅葉はまだ早かったです
PA160034~01PA160041~01






このあとミシガンのショートクルーズに乗って

井筒八ツ橋で買い物をして終了!
PA160046~01






今回は最後がミシガンだったので

出航時間に間に合うかずーっと気になってしゃーない1日でしたが

無事に終わってほんと良かったです♪

わくわく7大体験ツアー♪

子供も大人も大興奮!わくわく7大体験
〜大自然で過ごす夏休み〜

という日帰りバスツアーに行ってきました

先日の六甲山同様、お子様向けのコースですね

タイトルだけでとどこに行くか全くわかりませんが

まず最初に向かったのは兵庫県神崎郡神河町にある農業公園

“ヨーデルの森”

園内に入る前にスタッフさんが説明をしてくれるので

私のような初めて行く添乗員でも安心です♪
(ほんとここのスタッフの皆さんは親切!)
P8120007~01P8120008~01






園内のお楽しみとしては

まず最初に“アマゴのつかみ取り体験”

さすがにお子様は素手で掴むのは大変なので

網を使って追いかけまわしていまいした(笑)

網とバケツは無料貸し出しがありますが

数に限りがあるので譲り合って使いましょう
Fotor_153406371312031~01Fotor_153406367245876~01






掴んだ魚は串に刺して塩焼きにして食べます

さっきまで泳いでいた魚をすぐに焼いて食べるなんて

なかなか体験できませんよね

子どもだけじゃなく大人も大喜びでした
(団体が重なってかなり焼くのに時間がかかりましたが・・・)
Fotor_153406379949393~01Fotor_153406376133952~01






このあとは11時半から行われる“バードショー”を見学

ハヤブサがルアー(疑似餌)を狩るショーはかなり迫力がありました

司会のお姉さんのMCも上手かったな
P8120055~01P8120047~01






あとはランチタイムまで園内で遊んでもらいます

有料の遊具で遊ぶもよし
P8120049~01P8120030~01






小動物と触れ合うもよし
P8120031~01P8120052~01






水辺にも有料アトラクションがありますが

じゃぶじゃぶ広場って水辺は無料でじゃぶじゃぶ遊べます♪
P8120034~01P8120035~01






ランチは園内のレストラン“エーデルワイス”で農村バイキング

自家製のパンやヨーグルトが美味しかったです♪
P8120057~01P8120060~01






このあとバスで移動して

“リフレッシュパーク市川”

ここも初めて行く場所です・・・

駐車場にバスを止め

歩いて山の中にある“かぶとむしど〜む”へ向かいます

現地にトイレがないので心配な方は先に済ませましょう

Fotor_153406347902274~01Fotor_153406357689140~01






誘導してくれるスタッフとかはいませんが看板通りに進めばOK

ただ坂道がけっこうキツいので大変です・・・
P8120094~01P8120093~01







坂を上りきったら

正面のカウンターで受付をして、左側の入園口へ

チケットが発券されますが、先に入園してもらってもOKです
(その辺けっこうアバウト)

P8120092~01Fotor_153406343172712~01






“かぶとむしど〜む”という名称ですが

森の中にあるでっかい蚊帳って感じですね(笑)

行程表には

“数百匹のカブトムシと触れ合える大人気のスポット”

って書かれていたんですが・・・
P8120088~01P8120089~01






この暑さのせいか

ど〜むの中はカブトムシの死骸だらけ・・・

5分くらいですぐ出てきたお客様に

「え?もう出てきたんですか?」って声をかけたら

大人のお客様のコメント

“可愛そうで見ていられない・・・死んだやつは捨てればいいのに・・・”

お子さまのコメント

“だってかぶとむし3ぶんの2.5くらいしんでたー!”

ど〜む内に足を踏み入れると

想像以上に負のオーラが・・・

P8120083~01Fotor_153406383960259~01






カブトムシの死骸の中から生存しているカブトムシを探そう!

いつの間にかそんなムードになっていたのでした(泣)

↓生命力のある個体を頑張って集めてこんな感じ
P8120085~01






カブトムシ販売所では珍しい虫が販売されていましたね
P8120090~01P8120073~01






カブトムシの王様、ヘラクレス

コガネムシみたいなキラキラしたニジイロクワガタ

などなど

ちなみにヘラクレスは1匹1万4千円からでした
P8120067~01P8120080~01






これにてツアーは無事終了

お盆休み渋滞でかなりの渋滞が予想されましたが

行きに宝塚近辺が混んだ程度で

他はスイスイと渋滞なく進むことができました


実はこのコースにもインターンシップ生が同乗していたんですよね

ヨーデルの森は園内が広いしイベントも多かったので

助っ人がたくさんいて助かりました♪
Fotor_153412792300129~01






翌日は全員揃って会社で総括があるそうです

世間はお盆休みなのにご苦労さまですm(__)m

今回の経験を生かして就活頑張ってくださいね!

新緑のびわ湖満喫紀行ツアー♪【後半】

午後は滋賀県屈指のインスタ映えスポット“びわ湖テラス”
Fotor_153390541108556~01




びわ湖バレイの駐車場に着いたら係員さんがお客様を誘導してくれます

添乗員は先ず一般受付の横にある団体専用受付で手続きをします
(今回はパンフレットの配布のみで乗車はツアーバッチ対応でした)

びわ湖テラスは8月4日にノースデッキと呼ばれるエリアがオープン

かなりの混雑を予想していましたが、比較的空いていました
Fotor_15339033141476~01Fotor_153390336843713~01






ゴンドラは121名乗りで所要時間は約5分
※日本最速のゴンドラですが観光シーズは速度を落とします

最初は琵琶湖の景色も綺麗だったんですが

途中から雲の中に突入・・・

びわ湖テラスからはご覧の通り真っ白で何も見えない状況でした(泣)
※左下の写真がノースデッキ
P8100039~01P8100042~01






こりゃお客様は時間を持て余してしまうな〜

出発時間を早めれば良かったな〜

ってブツブツ言っている間に、なんと雲が流れてきたじゃないですか!

気が付けばテラスから綺麗に琵琶湖が見えてきました

最初が真っ白だっただけに感動も倍増です♪

P8100054~01Fotor_153390478683390~01






時間に余裕があったので気になるスポット

CAFE360(サンロクゼロ)まで行ってみました

びわ湖テラスがある標高1108mの打見山(うちみやま)からいったん山を下ります

徒歩だと約10分ですが、今回は打見リフトを利用しました
Fotor_15339046823074~01Fotor_153390473720955~01






途中、琵琶湖側に見えるのはスカイウォーカーって人気のアスレチックです

P8100068~01






打見山を下ったら、今度はCAFE360がある蓬莱山(ほうらいさん)を登らなければいけません

標高は1174mで徒歩だと約20分ですが

ここもホーライリフトを利用してラクチン移動♪
P8100070~01






お、CAFE360が見えてきた♪
P8100072~01






CAFEと言ってもリフトを降りた前にある売店でドリンクを購入して

各自でデッキへ持ち込むスタイルです
(手ぶらでもOK)
P8100075~01P8100076~01






始めてここまで来ましたが、びわ湖テラスより解放的で気持ちいい!!

カップルだと有料ソファーを借りるのもいいですね
P8100083~01Fotor_153390707705688~01~01






ちなみにリフト代は1区間400円

往復4回乗ると1600円ですが

1日パス券だと1200円で乗り放題です


びわ湖テラスを満喫したあとは米プラザ(道の駅)

井筒八つ橋・追分店に立ち寄って大阪へ帰ってきました



さてさて、昨年のこの時期は企業研修の大学生を連れて六甲山へ行きましたが

六甲山とわくわく工場見学ツアー♪【後半】
(2017年8月12日)

今回も2名のインターンシップ生が同行していました

いきなり最初の観光地から渋滞でバタバタさせてしまいましたが

41名のお客様を前に終始笑顔で頑張っていましたね

暑い中1日お疲れ様でした
Fotor_153390496257384~01~01






新緑のびわ湖満喫紀行ツアー♪【前半】

日帰りバスツアーで琵琶湖に行ってきました

2016年の秋に行った恐ろしく忙しいツアーの改良版みたいなコースです(笑)

秋限定!琵琶湖今昔物語♪
(2016年11月20日)

まず大阪を出発し“大津館”“イングリッシュガーデン”

前に下見に行ったトコです↓
びわ湖大津館に行ってきました♪


前回同様、大津館の裏からミシガンのミニクルーズが入っていましたが

11時出航なのに大津館に着いたのが10時半・・・

バタバタとイングリッシュガーデンを見て頂くのが精一杯で

大津館を見る時間はほとんど取れませんでした・・・

Fotor_153390312119858~01Fotor_153390314387612~01






ミシガンは20分のショートクルーズとはいえ

船内ではイベントが行われていたのでなかなか楽しめました
(このイベントのお姉さんとお兄さんの歌がめちゃ上手い!)

ミシガンのあとはランチタイム

前回のランチはびわ湖バレイでしたが

今回のコースは琵琶湖ホテルでしだ♪


左側の建物が琵琶湖ホテル

右側の建物はアーカスです
(映画館やボーリング場が入っている商業施設)
Fotor_153390220498822~01






大津港で下船したあとはレストランまで徒歩移動

流れはこんな感じ

‖臘店疏阿瞭始を横断して駐車場の間の道を左へ
Fotor_153390225890497~01






大きな階段を上がり、まっすぐ直進

Fotor_153390231634332~01






アーカスとホテルの切れ目を右方向へ
Fotor_153390235023493~01






づ喘罅入り口(黄色い○印)がありますがスルーして正面玄関へ
(レストランには近いですが狭いし扉が手動なので団体には不向き)
Fotor_153390240081957~01






ダ橘霧軸悗砲蘯蠧阿糧發ありますが、自動から入った方がスムーズです
(観光バスは出発の5分前になったら送迎バスのレーンに配車されます)
Fotor_153390254206123~01






Ε蹈咫爾留にレストランのカウンターがあります
左側が今回利用した「ザ・ガーデン」

スタッフの皆さんも親切で、料理も美味しかったです
Fotor_153390264295476~01Fotor_153390308711216~01







後半へ・・・

ひんやり六甲山・真夏の雪まつりツアー♪

日帰りツアーで六甲山に行ってきました!

昨年、お盆休みの真っただ中に

インターンシップ生を連れていった日帰りコースです

六甲山とわくわく工場見学ツアー♪【前半】 
六甲山とわくわく工場見学ツアー♪【後半】


毎年人気のコースだけあって

今回もお客様は47名と大盛況
(まぁ昨年の51名よりマシか・・・)

半数以上は小学生という賑やかなムードの中

最初の目的地“カップヌードルミュージアム大阪池田”へ向かいます

いきなり渋滞に巻き込まれて50分遅れの到着

平日だからと油断していましたが

やっぱり月初めの1日は道路が混むのでしょうか・・・

でも運よく館内はガラガラ♪

2階の特設会場も、先に1団体が入っていただけだったので

マイカップヌードルも待ち時間ゼロでご案内できました♪

P8010020~01






余裕があったので久々に自分もマイカップヌードルを作ってみました

4種類のスープの中からカレー味をチョイス

12種類ある具材から4種類を選べますが

チョイスしたのは

エビ・エビ・エビ・エビ(笑)
P8010022~01P8010027~01~01






先に到着していた奈良営業所の添乗員さんも誘って一緒に作ったんですが

彼女の絵のクオリティがハンパなかった(笑)
P8010024~01






到着後、再集合まで50分ほど時間を取りましたが全然余裕でしたね

ここで遅れていた時間をかなり挽回♪

このあと“神戸ホテルフルーツフラワー”でランチバイキング

去年は六甲道のボーリング場の上だったので道路もレストランも混み合いましたが

今年はその点を改善したみたいで助かりました♪

予定より30分近く遅い到着でしたが

臨機応変に対応してくれたスタッフの皆さんに感謝です♪

P8010030~01






このあと“ヤクルト本社 兵庫三木工場”

朝の時点ではカットは免れないと思っていましたが

予定通りにこれて良かった〜♪

と言ってもこのあとの行程があるので急ぎ足でのご案内
P8010033~01






何といってもこのコースは

最後に行く“六甲山カンツリーハウス”で行われている“真夏の雪祭り”の人気イベント

宝さがしゲームの時間に間に合わすことに添乗員は全神経を集中している訳です!
(ちょっと大げさ?)

8月10日までは15時の回が最終

なので15時までに到着できるように時間をやりくりしないといけません

最初の50分遅れの時点では絶望的でしたが

なんとか14時50分に到着

したのはいいんですが・・・

雪まつり会場に近い西入口が閉まっているやないかーい!!

初めて中央入口から入場したんですが

夏祭り会場へは西入口より倍以上時間がかかりました・・・
P8010045~01P8010044~01






でもここでもラッキーなことが♪

いつもは大混雑の会場が

めちゃ空いてる♪(笑)
P8010036~01P8010037~01






参加者もけっこうあっさりしたお子様が多かったのか

30分ほどでみんな飽きてきて

雪だるまとか作り初めてた(笑)
P8010039~01






17時の出発までかなり時間があったので

お子様は施設内のアクティビティを満喫できたみたいです

去年は宝さがしゲームの時間しか取れなかったので

この点も改善されていて良かったです♪
(親御さんは出費がかさみますが・・・)
P8010042~01P8010041~01






ちなみに六甲山の雪まつりは今年で40回目ということで

例年100トンの雪に40トン追加の約140トンの雪を使用しているそうですよ

人気の宝さがしゲームは7月14日〜9月2日の毎日と

9月8・9日にも開催

9月は秋の味覚特集として

神戸牛や松茸が埋まったスペシャル宝さがしゲームも開催♪

今年の秋はマイスコップ持参して六甲山へ松茸狩りですね(笑)

↓詳しくはコチラ
第40回!真夏の雪まつり 開催!
(Rokkousan.comより)

祇園祭「後祭」ツアー2日目♪

ツアー2日目はホテルを出発してそのまま御池通の有料観覧席へ

前祭に比べて規模が小さいので観覧席も4ブロックと超シンプル

我々は御池通の南側、“屮屮蹈奪でした
20180724_172029~01P7240097~01






P7240064~01P7240095~01






後祭は初体験なのでかなり新鮮です♪
P7240081~01P7240071~01






前祭だと御池通では見れない“くじ改め”が見れるのがいいですね

※くじ改め・・・山鉾がくじの結果通りに巡行しているかチェックする儀式

Fotor_153242098871827~01Fotor_153242101278998~01






河原町御池の交差点では前祭同様に“辻回し”が行われます
P7240110~01P7240111~01






こちらは平家物語ゆかりの“浄妙山(じゅうみょうやま)”

下が三井寺の僧兵、筒井浄妙(つついじょうみょう)

上が一来法師(いちらいほうし)

一説には浄妙の着ている鎧は楠木正成の鎧だという話しも・・・

日本史ファンには胸アツな山です(笑)
P7240115~01P7240116~01






お、来た来た鯉山♪

アイドルの推しメンみたいに

自分の推し山とか推し鉾を決めておくと

山鉾巡行が10倍楽しくなると思います(笑)
P7240090~01P7240092~01






最後はラスボス、大船鉾です

先頭に飾られた龍の彫り物は今年から新登場

龍もいかついですが、その後ろに立つスキンヘッドのおっちゃん

こちらの方が迫力があったのは気のせいでしょうか・・・(笑)
P7240120~01P7240121~01






大船鉾のように毎年順番が決まっている山鉾は

前祭で5基(長刀鉾・函谷鉾・放下鉾・岩戸山・船鉾)

後祭で4基(橋弁慶山・北観音山・南観音山・大船鉾)

合計9基あって

“くじ取らず”と呼ばれていて、くじ改めも省略
(どの鉾がくじ取らずかは京都検定でも出題されるネタ)


通常だと大船鉾のあとに“花傘巡行”というパレードがあるんですが

今年はこの猛暑を懸念して異例の中止となってしまいました・・・
P7240123~0120180723_132416~01






花傘巡行がない分、早く終わったので予定より早めに昼食会場へ

柔軟に対応してくれた“美濃吉・烏丸四条店”さんに感謝
(こちらのお店はいつも対応が親切です♪)
P7240129~01P7240128~01






美濃吉さんのすぐ横には“御手洗井”って井戸があって

祇園祭の期間中(7月15日〜24日)だけ扉が開いて

井戸の水を頂くことができます
P7240131~01P7240132~01






さて、このツアー最後の観光は“大雲院(だいうんいん)”

織田信長の子、織田信忠の菩提を弔うために創建されたお寺です

普段は公開されていませんが、ここも夏の特別拝観の1つ

本堂でお話しを聞いたあと

境内にある祇園閣
P7240141~01P7240142~01






祇園閣は祇園祭の鉾をモチーフにした塔

この場所はもともと大倉財閥の創始者の別邸

一年中、祇園祭を味わいたい!

ってことで敷地内にこんな立派な塔を建てたんだとか

外観が撮影OKですが、内部や展望台から外の景色を撮影するのはNGです
P7240134~01P7240136~01






入り口にあった狛犬ならぬ狛ライオンがめちゃカッコ良かった♪
P7240137~01P7240139~01






これにてツアーは無事終了

今回はお客様が16名と少人数だったし

ドライバーさんもガイドさんも前にご一緒している方だったので

はじめての後祭でしたが、かなりリラックスしてお仕事ができました♪


しかしいつもは観光客で賑わう“ねねの道”

めっちゃ空いてたな〜
P7240152~01






先日、らくたびの山村先生も言ってたけど

夏の京都ってほんと観光客が少ないそうです・・・
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・