ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

トラブル

ゲートに行ったら飛行機が欠航になっていた件

久しぶりに屋久島・種子島3日間ツアーの添乗です

屋久島だけのツアーは年に1回くらいのペースで行っていますが

種子島に行くのは何年ぶりだろ?

今日は伊丹から鹿児島空港まで飛んで

鹿児島港から高速船トッピーに乗って屋久島へ

ってコースです

ANAもたいがい工事現場やったけど

JALの方がすざまじいね

簡易カウンターだし!!
IMG_20200127_071836-1024x768IMG_20200127_071913-1024x768






IMG_20200127_071929-1024x768IMG_20200127_082532-1024x768






IMG_20200127_082858-1024x768IMG_20200127_083446-1024x768







無事、37名のお客様の受付を済ませ

手荷物検査を通過し

ゲートに向かう途中のテーブルでバスの座席表を書いていたら

携帯が鳴りました

添乗員さん、飛行機欠航やけどどこ行ったらいいの?

え・・・欠航・・・?

手荷物検査を通過したあとに急遽

搭乗予定の飛行機が欠航になったようです

急いでゲートへ向かい

お客様にはそのままゲート付近で待機してもうよう指示

カウンターで事情を聴き、会社へ連絡

即、ツアーの中止が決まったので

お客様にツアー中止を告げ、その場で解散!!
 
すでに荷物を預けている方は

ターンテーブルではなく受付カウンターから引き渡しらしく

団体は団体用のカウンター(伊丹のJALなら4番)なので

荷物を預けているお客様はそこまで誘導

約1名、お酒が入っていたようでちょっと絡まれましたが

特に大きな混乱もなく、お客様は空港を後にしたのでした・・・
(切なすぎる・・・)

IMG_20200127_094508-1024x768IMG_20200127_110858-1024x768







いや〜焦ったわ!!

帰りのフライトが欠航とかは何度も経験があるけど

行きのフライトが欠航になってツアーが中止になったのって

これが初めてじゃないかな?
(JRコースならあるけど)

Screenshot_20200128_232720-768x1023Screenshot_20200128_232745-768x1024









昨日から天気予報で“暴風雨”って予報が出ていたから

嫌な予感はしていたんですよね・・・

でもね、もし飛行機が飛んで鹿児島空港に降り立っても

結局、予定していた13時20分のトッピー

欠航したんですよね・・・

Screenshot_20200128_232918-1024x765







まぁ今回は結果オーライな事例ですね

っていやいや

全然オーライじゃない!

添乗日数が2日減ったってことは

私の給料も減るってことですから!!!

今月、いつも以上に出費が多かったのに・・・(涙)

富山駅に着いたら駐車場が消えていた件

今回の草津1泊ツアーではかなり久しぶりに富山駅を利用しました

バスガイドさんがいないので駐車場へは添乗員だけで誘導

バス会社への配車確認の際、相手の方が

「バスが止まっている場所ご存知ですか?」

って聞いてきたんですね

もちろん

「分かりますよ!」

って自信満々に答えました

だってこれまでこのブログでは

富山駅のバスの駐車場の記事を2回も書いているのです!

JR富山駅〜南口から北口への移動方法〜※現在バス駐車場は南口側
(2015日5月24日)

地下道利用で北口への行き方が分かりにくかったよな〜

そして月日は流れ

JR富山駅〜南口からバス駐車場へ〜
(2017年4月29日)

バス駐車場が地下道経由の北口から南口へ変わった際の記事です

今回も何の疑いもなく南口へ出てみると・・・


駐車場がない!!!


てか駐車場だけじゃなく角にあった

撰撰(飲食店)までないんですけど!!

めっちゃ焦って急いでバス会社に連絡を入れてみると

バスは北口に待機しているとのこと

Fotor_157993955823343-1024x768Fotor_157993954387482-1024x768






え、じゃーまた地下道使って移動するの!?

と思ったら

いつの間にか駅が南北で貫通してた(笑)
Fotor_15799395698043-1024x768Fotor_157993958196523-1024x768







バス駐車場までの行き方ですが

まず新幹線の改札を出たら右側の北口から出て

左方向へ進みます
(新幹線開通当初の北口の駐車場とは別です)
Fotor_157993964476911-1024x768Fotor_157993967684724-1024x768






まだ工事中なので足場が悪いですね・・・

そのまま真っすぐ進むと左手に駐輪場があって

その前が観光バスの乗降場所になっているそうです
Fotor_157993969203796-1024x768Fotor_157993970711145-1024x768






知らんかったわ〜!!

めっちゃ恥かいたわ〜!!

初っ端からイケてない添乗員と思われたやん!!(涙)
Fotor_157993971784886-1024x768






ここまで来て「添乗員さんトイレ!」って言われたらどうするか?

駐輪場のおっちゃんに聞いてみると

乗降場所の隣にある自家用車の立体駐車場

この1階にトイレがあるそうです
Fotor_15799398686798-1024x768Fotor_157993979887779-1024x768






入口がちょっと分かりにくいですが、確かにありました

駅構内に戻るより、こちらの方がはるかに近いですね


新幹線の中で「お手洗いは到着までに!」

って添乗員が何度言っても

必ず1組か2組はバスの乗車前に

「添乗員さんトイレ行く間ないんか?」

ってなりますもんね・・・

「・・・・・・・・・・・」
Fotor_157993973499383-1024x768






3月21日には路面電車が南北で繋がるそうです

今後、観光バスの駐車場もまた南側へ戻るような話しも

配車確認の際は自分の経験を過信せず

しっかり確認しないといけませんね・・・
Fotor_15799398795743-1024x768







※この写真は2日目、帰る際に撮影しています

初日は雨はザーザー降るわ

駐車場の場所は分からんわで半泣きでした・・・

まるごと山形大周遊3日間ツアー♪【後半】

ツアー3日目は鳥海山5合目にある

“鉾立(ほこだて)展望台”
IMG_20190629_093304-1024x768IMG_20190629_093144-1024x768






IMG_20190629_092400-1024x768IMG_20190629_092350-1024x768






“まるごと山形大周遊”ってツアータイトルですが

ここだけ秋田県の観光地なんですよね

お客様に

「秋田県のお土産を買うなら今がチャンスですよ!」

って案内したんですが

お客様が買ってきたお土産がコチラ
IMG_20190629_093554_1-1024x768






秋田犬のふん・・・

そこは稲庭うどんいぶりがっこでしょ!!(笑)


このあと酒田市の“山居倉庫”を見学して

今回のツアー最後の観光地“湯殿山神社・本宮”

ここははじめて行く観光地です

バスは湯殿山レストハウスの駐車場を利用

IMG_20190629_122447-1024x768IMG_20190629_135411-1824x1368






オプショナル昼食の方は少し坂を上がった

“参籠所(さんろうじょ)”と呼ばれる建物へ

場所柄、仕方がないのでしょうが

この内容(精進料理)で1620円はちょっと売りにくかった・・・(涙)
IMG_20190629_124736-1024x768IMG_20190629_122254-1024x768






自由食の方はレストハウス内の食堂を利用
IMG_20190629_122513-1024x768IMG_20190629_122813-1024x768






なんだか学食みたいな雰囲気ですね(笑)

こりゃ一般客が多かったり他のツアーと重なると大変そう・・・
IMG_20190629_135650-1024x768IMG_20190629_124922-1024x768






お客様が昼食を食べている間に添乗員は路線バスのチケットを購入
(レストハウスに入って左側に窓口あり)

ここからレストハウスから湯殿山本宮へは路線バスで移動なのです
(所要時間は5分ほど)

添乗員はダイヤを見て再集合の時間を決めます
(混雑時は臨時便を出すそうです)
IMG_20190629_122703-1024x768Screenshot_20190629_150935-1024x768






乗車券(往復券)は添乗員がまとめて持っていてもいいそうですが

配った方が安心だと思います

路線バスは一般客も乗るので座席は早い者勝ち!
(まぁ移動時間は5分ですが)

湯殿山本宮のバス停に着いたら

ごちゃごちゃするので一般客に先に進んでもらいましょう

全員揃ったら階段を上って受付まで進みます

トイレはこの先ないので注意!

※時間がもったいないのでトイレはバスに乗る前に済ませておいてもらいましょう

IMG_20190629_133911-1024x768IMG_20190629_130508-1024x768






この先は御神域なので撮影NG

「聞くな・語るな」の世界ですが

次の添乗員さん用にちょっと語っておきますね(笑)

ヽ段を進んだ先にある受付で支払いをする
その間にお客様は靴と靴下を脱ぎます
靴はそのまま置いておいてOK
傘は各自で持って行って!とのことでした
(この先は狭くて傘をさすのも大変ですが)
⊃声劼諒から全員揃ってお祓いを受ける
神社の方から人型の紙(依代)を受け取る
依代は自分の体の頭から足までこすりつけて最後に息を吹きかけ、最後は足元に流れている川に流します
てり口と書かれたゲートから参拝道(大きな岩の上)を進む
足元に温泉が流れているのでこの先は裸足です!
なので参拝の際はストッキングやスキニーパンツは避けましょう
ゴ笋琉貳崟茲里賽銭コーナーまで行って折り返し
途中にお守りや御朱印を受けられる小屋がありました

参拝が終わった人から同じ道を引き返します

帰りは湯殿山本宮バス停で再集合にしてもいいですが

今回は湯殿山レストハウス出発の時間を予め伝えておいて

〇時か〇時のバスで帰ってきてね!

って流れにしました
(到着時にバス車内でも運転士さんがアナウンスしてくれます)

天気が悪いと早く帰りたい人もいるだろうし

天気がいいと境内にある足湯にゆっくり浸かりたい人もいるだろうし

とにかく道が狭いしアップダウンもあるので参拝には個人差が出てしまいます

でも14時台は15分おきなので便利♪

今回は

行き13時00分のバスを利用

帰りは

13時45分か14時00分で帰ってきてね〜

ってことにしましたが

全員13時45分のバスで帰ってこれました
(現地での所要時間は30分ほど)

IMG_20190629_133708-1024x768IMG_20190629_133743-1024x768






路線バスは行きも帰りもこんな感じで満員でした・・・
IMG_20190629_133919-1024x768IMG_20190629_134058-1024x768






帰りはレストハウス前ではなく大鳥居横の

“仙人沢駐車場”ってバス停に着きます

大鳥居をくぐって駐車場へ戻りましょう
IMG_20190629_135222-1024x768IMG_20190629_135301-1024x768






これにて3日間の行程は全て終了〜♪

一番雨に降って欲しくない場所で一番雨がキツかったですが

なんとかケガもなく余裕をもって新潟空港に到着できました♪

帰りのフライトが19時10分だったので

空港内で早めの夕食

久々に新潟名物“へぎそば”を食べました♪

IMG_20190629_174146-1024x768IMG_20190629_180330-1024x768






ここまでは順調だったんですが・・・

このあと我々の乗る飛行機が遅延するとのアナウンスが・・・


実はこの日の夕方

トランプ大統領のエアフォース1が伊丹から飛び立っていきました

その影響で伊丹からの使用機がなかなか飛んでこなかったんですよね

結局、我々の乗るJAL便は

1時間以上遅れての出発となりました・・・
IMG_20190629_194131-1024x768IMG_20190629_213837-1024x768






遠方のお客様がその日の内に帰れるか帰れないかの瀬戸際でしたが

なんとか無事、皆さま帰れたようで安心しました
(ANA便だったらヤバかった)


話しは変わりますが

台風など天候が理由で延泊になった場合

宿泊代はお客様負担

↓この時みたいに
東北秘境ツアー4日目♪
(2008年5月24日)

機材の故障などの場合は

航空会社負担になるんですが

↓この時みたいに
みちのく二大半島ツアー♪その後、、、
(2018年9月17日)


今回みたいにエアフォース1の離陸が理由

って場合はどうなるんだろ?

やっぱりここはトランプさん持ちですかね?(笑)

東北三大桜ツアー・1日目♪

さぁ10連休

ということで昨日から世間はゴールデンウィークに突入ですね
IMG_20190427_194005-1024x768






わたくし、11連勤5日目は

JR利用で東北のお花見ツアーへ

新大阪から東京までは優雅にグリーン車利用♪

次の東北新幹線も1時間ほど乗り継ぎ時間があるので

余裕で構えていたんですが・・・

東京駅の中央乗り換え口に向かうと

なんと

閉鎖中

そして改札口周辺がとんでもない混雑になっていました

ニュースでご存知かもしれませんが

午前中に発生した停電による上越新幹線の運転見合わせの影響で

他の東北新幹線や北陸新幹線のダイヤも乱れていたんです
Fotor_155645244643796-1024x768IMG_20190428_124958-1024x768






殺気立つ人込みの中を36名のお客様を引き連れ

いったん東海道新幹線の改札を出て

再度、東北新幹線のコンコースに入り直しました

途中で何人かはぐれるだろうと覚悟していたけど

みんなちゃんとついてきてくれたね〜

本当に感謝ですm(__)m

予定していた我々の新幹線も

10分遅れ程度で出発してくれました

本当に感謝ですm(__)m

このあと

こまち号の車内でなだ万のお弁当をたべ

角館駅で下車

IMG_20190428_131813-1024x768






今日の観光は角館のみです

ちょっと葉が出始めていましたが

綺麗な枝垂れ桜を見ることができました
IMG_20190428_171114-1024x768IMG_20190428_171129-1024x768






IMG_20190428_171248-1024x768IMG_20190428_171859_1-1024x768






どちらかと言うと、桧木内川沿いの桜の方が状態は良かったですね

例年、角館の桜は個人的にハズレが多いのでラッキーでした

今年は2月の河津桜を筆頭に

桜のツアーはやたらツイてる♪
IMG_20190428_165501-1024x768IMG_20190428_172013-1024x768






IMG_20190428_172106-1024x768IMG_20190428_165527-1024x768






このあと今夜の宿泊先

駒ヶ岳グランドホテルへ

A館からD館まであるので館内がちょっとややこしい・・・
IMG_20190428_184310-1024x768IMG_20190429_005355-1600x1200






ほとんどの旅行社の添乗員が他館に飛ばされる中

我々のツアーは添乗員も乗務員も同宿させて頂きました♪

本当に感謝ですm(__)m



話しは変わりますが

昨日梅田のセンダーをしていたら知り合いの添乗員さんがいたので

明日から3連添なんですよー・・・ってグチったら

ぼく今日から4連添です!

って言ってた(笑)


ゴールデンウィークもお仕事の皆さん

お互い頑張りましょう!

みちのく二大半島ツアー♪その後、、、

今回の二大半島めぐり

本当は平和的に終わるはずだったんです

天気も良かったし

大きなトラブルもなかったし

先日みたいな台風や地震の影響もない

バス車内の挨拶では

ほんと怖いくらいスムーズな2日間でしたね〜♪

って話しで締めくくりました

IMG_20180913_223147_535~01






青森空港にも予定より早めに到着

復路便はANAとJALに分かれていました

ANA利用の18名は17時00分発

JAL利用の22名は18時20分発

添乗員はもちろん遅い方のJAL便

チェックインを済ませ

お客様に搭乗券を配布

あとは飛行機に乗って帰るだけ♪

何の心配要素もありません♪

この時点では・・・・・・・・



お客様に搭乗券を配った後、しばらくして

いきなりJALの係員さんに

利用便が欠航になったと告げられました

え???

欠航???

こんなに天気もいいのに???
Fotor_153685312794885~01






理由は伊丹から飛んで来る予定の機材に

整備が必要になったからとのこと

まったくの想定外の展開・・・

この時点で17時ちょい前くらいだったかな?

もちろんANA便は満席で利用できないし

JALの伊丹行きは我々の利用便が最終です

じゃ今夜は延泊して明日の便に振り替え?

ってパターンかと思いきや

明日の伊丹便もすべて満席

明後日まで席がないとのこと・・・

じゃ新青森駅まで出てそこから東京駅経由で新幹線?

って手段も時間の関係でかなり難しい・・・

じゃどーすんのよ!!


ってところに

FDA(フジドリームエアラインズ)

という救世主が現る!!

なんとFDAさんの名古屋(小牧)空港行きならば

23名分の席を確保できるとのこと

じゃそれで!

ということで

その日の内に帰れるルートが確保できたのでした♪


今後、同じような境遇に遭う添乗員さんが

ひょっとしたらいるかーもしれないので

参考までに少し細かいお話しをしておきますね
(まぁ20年に1度あるかないかだと思いますけど・・・)


JAL側の対応は

■FDAへの振替え
■名古屋空港からの交通費の支給
■青森空港内で使えるお食事券の発行


こんな感じ

FDAの搭乗券、交通費、お食事券は添乗員がまとめて受取ります

交通費は1人一律で8000円


注意をしたいのは

この交通費というのは自宅までの交通費ではなく

本来の目的地

伊丹空港までの交通費

って名目です

JALさんが提示した8000円はおそらく

●名古屋空港から名古屋駅までのリムジンバス:700円
●名古屋駅から新大阪までの新幹線代:6560円
●新大阪から伊丹空港までのメトロ&モノレール代:650円

合計:7910円

から出されたものだと思います

JALさんへの領収書は添乗員が23名分まとめてサイン

交通費が入った封筒は人数分、小分けにしてもらいました


JALさんとしては名古屋空港までの振替え便はこちらで用意したから

あとはこの8000円を使って自由に帰ってね

って感じです

もちろんほとんどのお客様は伊丹空港ではなく

そのまま家に帰るわけですから

8000円で余る人もいれば足が出る人もいます

別に余ってもJALさんに返す必要はありません(笑)

Fotor_153685314419228~01Fotor_153685306472064~01






名古屋空港へ向かう機内で個別に事情聴取をすると

名古屋空港に直接ご家族が迎えにくる人

空港からはタクシーで名古屋駅に向かう人

伊丹空港の駐車場に車を置いているので伊丹空港まで向かう人

色々いました

今回、添乗員としては名古屋駅でお客様が新幹線のチケットを購入するまでフォロー


ちなみにセントレアは何度か行ったことがあるけれど

名古屋空港って今まで使ったことがないんですよね・・・

名古屋空港から名古屋駅までのアクセスは

タクシーかリムジンバスを利用

タクシーだと約4000円

所要時間は30分ほどです

リムジンバスは

名鉄バスあおい交通の2社が運行

運賃はどちらも700円
(運賃は乗車時に運賃箱に入れるシステム)

20時〜21時台の本数は

名鉄バスが1時間に1本程度と少なく

あおい交通は1時間に3本出ていました


名古屋空港の到着口を出るとすぐバス乗り場です

名鉄バスはと屬里蠅

あおい交通は番のりば

Fotor_153685329493753~01






名鉄バスは名古屋駅の駅ビルの4階にある

“名鉄バスセンター”に到着

あおい交通は名古屋駅の向かい側にある

“ミッドランドスクエア”に到着

駅へは横断歩道を利用しますがアップダウンはありません

どっちを利用したらいいんやろ???

名古屋空港の案内所で聞くと

名鉄バスだと4階に着くので団体で移動するにはちょっと不便

とアドバイスしてくれたのであおい交通を利用しました


さて、お次は名古屋で新幹線のチケットを購入しましょう

どちらのリムジンバスを利用しても

バス停は名古屋駅の桜通口側

新幹線は反対の太閤通口側ですのでちょっと歩きます

太閤口に出る手前に新幹線の改札が左右2ヶ所あります

南口側には“いますぐ、新幹線”という自動券売機

その横にクレジットカード専用の券売機がありました

Fotor_153685292585956~01P9130012~01






北口側には安心のみどりの窓口があります♪

みどりの窓口の前にもクレジットカード専用の券売機がありました
(カードを持っている方は機械の方がスムーズです)
Fotor_153685299917522~01P9130003~01






こんな感じで皆さま無事

新幹線のチケットを購入できました♪


名古屋空港到着後の流れを時系列でまとめると


20時30分
FDA368便が名古屋空港に到着

20時40分
あおい交通で名古屋駅へ
20時50分のバスを予定していたけど
皆さん荷物を機内持ち込みにしてくれたので1本早いバスに乗車♪

21時10分頃
JR名古屋駅に到着

21時33分
新幹線に乗車

22時23分
新大阪駅に到着



ほとんどのお客様は

21時33分か43分の新幹線に乗車されました

1組だけ駅でけ名古屋土産を買って

あとでゆっくり帰るってお客様もいましたけど(笑)


結果的に後泊になることもなく

東北新幹線を利用するよりはるかに早く

大阪へ帰ってくることができました


整備不良とはいえ素早く対応してくれたJALさん

それを受け入れてくれたFDAさん

団結力のあるお客様に感謝ですm(__)m



↓ついでに同様のトラブル事例もご紹介しておきます
十和田・奥入瀬・八甲田ツアー3日目♪
(2009年6月30日)
利尻・礼文ツアー3,5日目…
(2009年6月11日)
東北秘境ツアー4日目♪
(2008年5月24日)


しかし旅行ってほんと最後の最後まで何があるかわかりませんね

家に帰って「ただいま!」を言うまでが旅行ですよ

とはよく言ったもんだ・・・

グランブルー北海道4日間♪

「グランブルー北海道・夏彩絶景めぐり4日間」

という社内で最近やたら話題のコースに行ってきました

3泊4日、6食付きで49980円

と格安なツアー代金と

普段あまり行かない積丹(しゃこたん)半島がコースに入っているとあって

連日大盛況!

でも帰ってきた添乗員から聞くには

移動がめちゃくちゃ長いそうで

ホテル到着は毎晩遅く

その上、翌朝の出発は早い

と、リュックベッソンもびっくりなほど

ハードなコースだそうです・・・

1日目

新千歳空港からは定山渓温泉のホテルへ直行

直行ゆーても

ホテル到着は19時05分


2日目

7時40分出発

個人的にもはじめて行く積丹半島へ

“島武意(しまむい)海岸”
P9030001~01






駐車場からトンネルを越えると展望台があります
P9030002~01P9030003~01






P9030009~01P9030012~01






“神威(かむい)岬”
P9030015~01








駐車場から坂を上がったところに“女人禁制の門”があります

そこから岬の先端までは約770m

片道約20分かかるそうですが

時間がないので門の先あたりで折り返し
P9030034~01P9030033~01






P9030020~01P9030027~01






P9030031~01P9030016~01






どちらも海の色が綺麗ですね!

グランブルーっていうより
(↑色の見え方を表現する名称じゃないですが)

ターコイズブルーかエメラルドグリーンって感じかな?
(一応、わたくし色彩検定3級持っているんです)

観光地的には“シャコタンブルー”とも呼ぶそうです

このあと小樽・富良野を経由して層雲峡温泉へ

ホテル到着はこの日も19時05分

ホテルの人が

「今日はずいぶん早い到着ですね!」

ってビックリしてた(笑)

遅いときは20時まわる時もあるとか・・・

集りのいいお客様とドライバーさんに感謝m(__)m

3日目

8時出発

網走でお花畑“はなてんと”の見学と昼食
P9040001~01P9040009~01






P9040008~01P9040010~01






午後は知床半島の観光へ

ちょうどこの頃、関西では

台風21号が猛威を振るっていた時間です

知床はこんなに快晴だったんですけどね

ネットで淀川や関西空港の画像を見てゾッとしました・・・

P9040014~01P9040022~01






本来は知床遊覧船のオプションがあったんですが

この日は欠航

欠航になった分、早めに進んだので摩周湖も明るいうちに到着できました

霧の真っ白湖だったけど・・・
P9040026~01






宿泊先の阿寒湖畔温泉へは18時15分に到着

遊覧船が欠航になった分

予定よりかなり早く到着できました


4日目

7時30分出発

台風の影響で阿寒湖の湖面も朝から荒れていますね

Screenshot_20180905-063147~0120180905_061514~01






最終日は釧路空港へ向かうのみ

羽田経由で伊丹へ向かいます

案の定、羽田便は条件便でしたが

なんとか無事に出発してくれました♪

20180905_090643~01







実は今回のツアーは関空へ帰るお客様もいたんですが

関空が台風の影響で閉鎖されているため

急遽、伊丹便に振り替え

本体とは別のフライトでしたが

その日の内に帰れる便が席が確保できてほんと良かったです
(他のツアーでは延泊したお客様もたくさんいたそうです)

羽田に着くと伊丹便も台風の影響を受けていましたが

結局30分遅れ程度で帰ってこれました

20180905_130001~01






今回のツアーは行く前から延泊は覚悟!

下着も1泊分多めに用意していたんですが

ほんと帰ってこれて良かった!!

降り立った伊丹空港は

昨日の台風が嘘のように穏やかな青空が広がっていました

20180905_172947~01







で、帰って来た翌日

今度は北海道で大規模な地震が発生

1536171120_point






今年の災害の多さは本当に異常ですね・・・

被害がこれ以上大きくならないことを祈るばかりです

壱岐大感謝祭ツアー♪

前回壱岐に行ったのは2015年

壱岐大感謝祭ツアー1日目♪
(2015年6月29日)

今回、3年ぶりに壱岐に行くことになっていましたが

現在も猛威を振るっている記録的豪雨の影響で

ツアキャン(ツアーの催行中止)となりました(泣)

中止が決まったのがツアー当日

集合時間の1時間前を切ってから

誰がお客様に連絡するの?

添乗員でしょ!!

「・・・・・・・」


さすがにこの時間だと皆さん家を出たあと

携帯電話をお持ちのお客様に急いで連絡をとり

電話越しに平謝り・・・

すでに集合場所の新大阪駅までお越しのお客様には

直接、深々と平謝り・・・

まぁ会社としてもギリギリまで粘っての苦肉の判断だと思いますが

今回のケースは前日に判断できたんじゃないかな・・・

と個人的には思いますね

あれだけ前日からJRが在来線の運転見合わせを発表していたわけですし

新幹線が動いてもお客様が来れなかったら意味がありませんからね

Fotor_153093996173093~01Fotor_153093991472411~01






Fotor_153093998839384~01Fotor_153093982748567~01







あとから気づいたけど今回のツアータイトル

「島内宿泊で海鮮三昧!壱岐の島大感謝祭2日間」

今回も大感謝祭ではなく

大陳謝祭なツアーとなったのでした・・・(涙)


ツアキャンと言えば

今年の2月にもこんなことがあったな・・・

金太郎温泉2日間ツアー♪
(2018年2月12日)

金太郎温泉2日間ツアー♪

今シーズン2度目の金太郎温泉に行ってきました!

と言いたいところですが

行けませんでした!!

1月27日出発の宇奈月温泉ツアー
宇奈月温泉と五箇山ツアー1日目♪

2月4日出発の金太郎温泉ツアー
金太郎温泉2日間ツアー♪

と連続で寒波の影響を受けながらもなんとか帰ってきましたが

今回もまたまたまた寒波到来

添乗準備時からサンダーバードは動くのか?

行っても帰ってこれるのか?

不安要素満載だったんですが

前日からサンダーバードが翌日の運転を「終日運休」としたため

ツアキャン(ツアーが中止)となってしまいました・・・


この事態が発覚したのがツアー前日の17時すぎ
(会社からの連絡じゃなくこちらがJRのサイトを見て発覚)

この日、私はお休みだったんですが会社に電話をしても誰もおらず

緊急携帯に電話をしても会社は何も対応できないとの事だったので

休日にも関わらずお客様(18組40名様)に中止連絡をし

休日にも関わらずJRのみどりの窓口に行って団券の取り消し
(窓口で1時間以上待たされた・・・)

たまたまこちらが自由に動けたので良かったんですが

これが映画館で映画を見ている最中だったら?

もしランニングのイベントで走っている最中だったら?

爆睡中で電話に出なかったら?

会社は添乗員に連絡が取れない場合にちゃんと対応できるのかな?

とちょっと不安になりました

かといってツアー前日に添乗員がいつでも対応できる態勢を強制するのであれば

その時間は勤務時間扱いとなるべきだし・・・

じゃ添乗員の休日ってナニ?ってなるし・・・



休日にお客様のキャンセル連絡が入ってくるケースが最近続いていたので

前々からこの件に関しては腑に落ちないところがあったんですよね

なかなか連絡がつかない添乗員に何度も連絡してくる時間があれば

せめてホテルくらいは会社から連絡しておけよと

ホテルもキャンセルが出た場合は一刻でも早く知りたいだろうし

Fotor_151867103523380~01Fotor_151867101054647~01






今回、ツアー前日がたまたま振替休日ってのもタイミングが悪かったんですが


会社が“平日なら対応するけど休日は対応できません”じゃ話しになりませんよね

なんだか色々と考えさせられるツアーキャンセルなのでした

ずバリ!バリ島ツアー4・5日目♪

【4日目】

↓前回はこんな感じ
ずバリ!バリ島ツアー4日目♪
ずバリ!バリ島ツアー5日目♪


午前中はフリータイム

お客様は18名中9名がホテル内プログラムのヨガに参加でした

しかし今日は朝から雨季とは思えんほどの陽気

びしょ濡れだった靴もおかげさまですっかり乾きました♪
PB250126~01Fotor_151165536567521~01






前回、唯一雨にあたってトラウマな“タマン・アユン寺院”

今回は傘いらずで観光♪

PB250137~01PB250144~01






あとは“タナロット寺院”の夕日が見れたら言うことなし!


雨季に夕日鑑賞なんて無謀だと思っていましたが

奇跡的に綺麗な夕日を見ることができました♪

実は移動中はこの日も雨が降っていたので

ほんとこれはラッキーでした♪
20171125_181246~0120171125_181326~01






調子にのってタナロット寺院名物?の焼きトウモロコシを購入

タナロット寺院の参道にはやたらトウモロコシを焼く屋台が多いんですよね

前からめっちゃ気になっていたんです!!

1本15000Rp(約150円)

どこのお店も“スパイシー・バター・ソルト”って味から選べます

お味のほうは・・・

日本のトウモロコシと比べて粒がめっちゃ小さいんですよね

まずくはないんだけど、なんだかトウモロコシの皮ばっかり食べている感じでした
PB250160~01PB250161~01






最後は高級感のある人気のレストラン

“ヌーサ”でカジュアルフレンチを食べて空港へ向かうのみ♪
PB250166~0120171125_203704~01






だったんですが・・・

空港に到着すると、何やら様子がおかしい

ターミナル内から白人の大群がゾロゾロ・・・

何かのイベントにしては皆さんご機嫌があまりよろしくない・・・

バリの空港でこの嫌なムード

10年前のあのツアーの記憶が甦ります
バリ島4日目♪
(2007年7月14日)

20171125_213231~0120171125_213750~01






実は21日に噴火したばかりのアグン山がまた噴火したんです!

この影響でオーストラリア方面のフライトは欠航便が続いていました

さっきの白人の大群はオーストラリアに帰る予定の人だったようです

20171125_223233~0120171125_223249~01






我々のフライトは0時50分とかなり遅い出発

なかなか状況がつかめず不安な時間が続きましたが

なんとか予定通り出発してくれました♪

深夜にも関わらず空港に駆けつけてくれた現地旅行会社のS氏

さらに1時間深夜にも関わらず対応してくれた

日本の担当者F氏に感謝ですm(__)m


同じ成田行きでも22:50発のエアアジア航空は翌朝の7:00へ

00:45発のガルーダインドネシア航空は予定通りの出発でした

やっぱりトラブル時のLCCは苦労するんだな〜

と赤い毛布に包まって床で寝ている若者を横目に

ほっこりとデンパサール空港をあとにしたのでした♪


しかし日本のメディアもいい加減やね

現地で飛行機に乗る直前にこんな記事を目にしました



Screenshot_20171126-003517~01~0120171125_232130~01







“バリ国際空港の発着便に影響は出ていない”

っていやいや

影響めっちゃ出てるし

飛行機飛ばずに空港で寝てる日本人ゴロゴロいましたから!

北海道大感謝祭3日間♪

北海道大感謝祭!

花の富良野・美瑛と旭山動物園・小樽3日間

という北海道ツアーに行ってきました


前日は関西地方を台風19号が上陸

JRは京阪神エリアの在来線全てが14時で運行終了

大阪駅周辺の飲食店は次々とシャッターが下ろされ、物々しい雰囲気でした

お客様も添乗員もかなり心配しながらツアー当日を迎えたのですが…

IMG_20141015_174246~01IMG_20141015_174005~01








IMG_20141015_174138~01IMG_20141015_174045~01









北海道めっちゃ晴れてる!!(笑)

しかも日差しがきつくて日中は上着がいらないほどの陽気でした
(もちろん朝晩は冷えますよ)

紅葉ツアーではなかったんですが、紅葉もまさに見頃♪

IMG_20141016_230357~01IMG_20141015_173623~01








IMG_20141016_230550~01IMG_20141016_230255~01









富良野からは雪化粧をした十勝岳連峰がハッキリ眺められました

これだけでもツアー代金のもとは取れたね(笑)


なんてったってこの北海道3日間ツアー

3食(朝2・夜1)付きで29980円ですよ!
(ちなみに札幌ー大阪の片道運賃は46300円)

1泊目は3大がにも含まれたバイキングの夕食付き

2泊目は札幌市内でも温泉施設がある札幌プリンスホテル利用

ほぼ中1日の内容ですが、めちゃくちゃお得なツアーでした

IMG_20141016_230911~01IMG_20141016_230835~01








IMG_20141016_230713~01IMG_20141016_230748~01








IMG_20141016_080439~01IMG_20141015_185005~01








IMG_20141015_235026~01IMG_20141016_123524~01









話は変わりますが

今回の利用した飛行機は往復共に羽田経由でした

いつも当日に航空会社に電話を入れてシートアサイン(席割り)を聞くんですが

今回は経由だし、お客様も38名・19組と多いので前日の夜に確認しました

札幌→羽田は空席があるものの、羽田→大阪がほぼ満席

しかも窓側は埋まっていて通路側ばっかり

お席はどうしても通路挟みや縦並びができてしまいます…

2つの便のお席のバランスを考えて、何度も練り直して席割りをしたのに…

空港に着いたら羽田→大阪の機材が変わって、一から席割りをし直すハメに(涙)

出発の時間は迫ってくるし、席は飛び飛びのバラバラだし

ほんと久々に涙目になりました

やっぱり飛行機の席割りは当日にやろう!

と心に決めた北海道ツアーなのでした…

大寒波と扁桃炎

昨日から猛威をふるっている寒波の影響で交通機関は大混乱ですね

昨日は大阪駅のセンダーでしたが、高速バスはほとんど運休

新幹線は遅延が相次いでいましたが、大阪発の列車にはあまり影響なく出発してくれました

ただ、北海道から帰ってくるツアーは延泊がかなり出ていたようです

翌日の便も確保できなくて2延泊が決定したツアーもあったほど・・・

IMG_20140208_222444~02IMG_20140208_222255~01











で、今日は伊丹空港センダー

昨日からの影響で機材繰り、乗務員繰りが間に合わず


欠航や大幅な遅延が相次いでいました

カウンターをフルにオープンしても列は増えるばかり

IMG_20140209_071158~01IMG_20140209_071300~01









北ターミナルの行列なんて、4回くらい折り返してもまだ入りきれないほど

伊丹でこんな行列を見たのは初めてです

自分が見送った中では、三沢行きが欠航によりツアーキャンセル

チケットを配ったあとに欠航が決まったのでかなり気の毒でした…

IMG_20140209_094748~01IMG_20140209_072245~01












話は変わりますが

ここ1週間くらい風邪でもないのに喉がすごく痛いんです

その痛みも、ただ単に痛いなんてもんじゃなく

めーーーーーーーーーーっちゃ痛いんです

唾を飲み込むだけでも涙が出そうになるほど

今度の休みに病院でも

って言っても、ただいま10連勤の真っ只中

行く暇がないので、昨日勤務中に会社近くの病院に行ってきました

診察結果は“扁桃炎(へんとうえん)”

疲労からきているんじゃないかとのことでした

IMG_20140208_220202~01「抗生物質じゃないと治らないよ」

とのことなのでお薬をどっさり







出してもらったのはいいんですが

1日飲んでみたけど、全然効かないんですけど!!

扁桃腺の奥にできた膿も広がってるし…



明日からまた北海道なんだけどな〜

しかも5日間なんだよな〜

早く治って欲しいものです(涙)

スカイツリーが添乗員の胃に悪いワケ

〜今日は東京スカイツリーに関するちょっと業務的なお話し〜

スカイツリー絡みのコースには何度か行かせてもらいましたが

出発前からいつもヒヤヒヤさせられます

その理由は

スカイツリーの予約に合わせて前後の行程を調整しないといけない

とか

天気が悪くて景色がやスカイツリー自体が見れないんじゃないか?

って心配ごとが多いから


でも先日はそれ以外の要因に振り回された2日間でした

それは

強風によるエレベーターの運転中止

今まで他人事のように聞いていたけど、まさか自分のツアーで起こるとは…


前日から東京スカイツリーの事務所より止まるかも?

みたいなFAXは受け取っていました

なので朝からHPで運行状況をチェックしまくり

IMG_20131213_230301~01朝の時点で止まっていたんですが、14時に再開予定

これなら昼食のあとギリギリ昇れるやん♪

って期待していたんですが…






IMG_20131213_230239~01昼食を食べている間に14時の表示が消えてる…


再開は19時頃の見込みとか出てるし!








これはダメだと判断して急遽明日の行程を初日に入れ込むことに

その間、会社で翌日のスカイツリーの予約をとってもらいました

数時間後、なんとか翌日の朝に変更できることが決定

スカイツリーの確認書とバスの駐車票はホテルにFAXを送って受取りました

これでひと安心♪

と思ったら

IMG_20131213_230503~01HPには翌日も強風で運行に影響が出るかもってアナウンスが

さすがにこれはお客様には伝えられんわ…







結局、スカイツリーのチケットを受け取って展望デッキに上がるまで

いつ止まるんじゃないか?ってヒヤヒヤしっぱなしでした


今回は予約の変更もできたし、駐車場も場内のまま変更できましたが

スカイツリーだってすべての団体の予約を変更できるとは限りませんよね

実は前回の同じコースも同様にエレベーターが止まって翌日に変更したんですが

駐車場の予約は取れなくて、浅草でバスを乗降して東武鉄道で移動したそうです


スカイツリー絡みのツアーでスカイツリーに昇れずに帰ってくるとか

想像したくないけど、いつ起こってもおかしくないですよね

これからスカイツリーに行かれるみなさん

天気図の雲行きだけじゃなく、強風にも用心していきましょう

お客様を救ったランチパック

実は今回の甑島ツアー

またしても往路の新幹線でトラブル発生でした

 

利用した新幹線は

先月の「南九州指宿・霧島ツアー」の際

大雨の影響で熊本駅でいきなり降ろされたときと同じ

【のぞみ1号⇒さくら411号】のパターン

 

今回は天気も大丈夫そうだし、順調だろと思いきや

岡山駅で合流する予定の4組のお客様のうち

1組1名様は1本前の新幹線に乗ってしまい…
(次の広島駅で無事合流)

1組2名様は我々が乗っている新幹線に乗り遅れてしまった…
(とにかく後続の新幹線で川内に向かってもらい、タクシーで港へ)


 

この対応で新幹線車内ではバッタバタ

使い慣れてないスマホは電池がどんどんなくなるし

002

さくらの足元に充電用のコンセントがあった助かりました

ありがとうJR九州さん♪

 

 

 

結局この2名のお客様が港に現れたのは

シーホークの出航時間13時30分の2分後

はい、2分前じゃなく

2分

本来ならギリギリアウトなわけですが

甑島商船さんのご配慮でなんとか待ってもらい、無事合流することができました

次に島へ渡れるのは16時50分発のフェリーだったので助かった〜

 

船内で話を聞くと、朝からパニックで何も食べずに来たそうな
(岡山から川内までかなり時間があったと思うんですが…)

何か食べて欲しいけど、シーホークにもこれから先の観光地にも売店はない

ん〜なんかないかな〜って考えてたら…

あ、かばんの中におやつのランチパックが入ってる!

 

とても昼食と呼べる量でなないですが、何も食べないよりマシでしょ

そのランチパックを差し上げて1個づつ食べてもらいました
(ランチパックが2個入りでよかった)

ランチパックがこれほどまでに光って見えた瞬間はないね

ありがとうランチパック

 

てか、たまには新幹線でゆっくりお仕事させてくださいっ(涙)

寒波トラブルストーリー【第2話】

さてさて2人目のストーリーは、お客様が乗ったバスの中で大雪の影響をまともに受けた後輩の登場です

新年は無事迎えられたものの、その後に待っていた苦悩の30時間

添乗員ってほんと大変な仕事だな…今更ながら痛感したお話です

このブログにも「トラブル」ってカテゴリーがあるけど、そこに書いてあるトラブルなんて比にならない内容です

P1030489

観光を追え、大阪に帰ろうとした一行に何が起こったのでしょうか?

後輩のレポートは[続きを読む]

 

 

 

続きを読む

寒波トラブルストーリー【第1話】

週末は今シーズン最大の寒波到来!

いつまで寒波に怯える日々が続くのでしょうか…

寒波と言えば、年末年始の山陰地方の記録的豪雪が記憶に新しいですよね

国道9号線で1000台以上が立ち往生したニュースは衝撃的でした

その1000台以上の車両の中には様々な人が乗っていた訳で、あの状況の中で大変な思いをされたと思います

そして観光バスもあの1000台の中にいました

次回の社内報ではあの山陰地方の大雪で過酷な経験をした2人の後輩のレポートを特集

でも、社内報だけではもったいない!!!

という事でブログで先行公開しちゃいます(笑)

 

まず1人目は、まさにあの1000台数珠繋ぎの真っ只中にいた後輩

P1030247

高速を使えば40分で移動できる【松江-米子間】の間で何が起こったのでしょうか?

後輩のレポートは[続きを読む]へ

 

 

続きを読む

御在所RWと赤目四十八滝ツアー♪

いい加減、南へ行きたいところですが…

151109 004

早起きして梅田・茶屋町へ

今日はセンダーではなく日帰りツアーの添乗です

 

 

行き先は“御在所ロープウェイと赤目四十八滝”

関西では紅葉ツアーのベタな観光地

でも御在所岳は初めて

赤目も10年以上前に行ったってことだけ覚えてる程度(笑)

最近ほんと初めて行く観光地が多い…

関西の添乗員であれば【御在所=混む】って頭に浮かぶほど混雑するイメージの御在所岳

そのイメージ通りロープウェイ(以下RW)のりばに向かう道路は気が遠くなるほどの大渋滞

四日市ICを降りてから12キロと距離はそれほど離れていないのに、1時間たっても到着しそうにない…

渋滞渋滞

 

 

 

 

我慢できずに添乗員だけ先に下りて現状調査開始!

頑張ってRWのりばまで辿り着き先にチケットとパンフレットを受け取ってバスに戻りました

御在所チケット

 

 

 

 

駐車場

大型の駐車場はそんなに混んでないのに、自家用車の量がハンパじゃないんですよね

大型優先で上げてくれればいいのに…

 

 

急勾配&細い山道を車に気をつけながらお客様をRW乗り場まで誘導

もちろん乗り場も大混雑

90分待ちとのことなので並びながらトイレに行ったり軽食を買ってもらったりしました

お客様が全員RWに乗車できたのは13時頃

ちなみに今日の昼食はここから50分ほど離れた場所にあるドライブインです…

御在所

軽食

 

 

 

 

御在所

御在所岳は滋賀県と三重県の境にある鈴鹿山脈の主峰(標高1212m)

ひときわ目立つ61mの6号鉄塔は日本一の鉄塔として有名です

ゴンドラは10名乗りで、山頂までの所要時間は12分

けっこう規模の大きなRWです

 

 

気温

晴れているのに標高の気温は5度!

山頂の紅葉は終わっているので中腹や山麓の紅葉がメインです

 

 

ゴンドラ御在所

 

 

 

 

昼食の時間もあるので、登って写真をとってすぐに帰ってきてもらったんですが

それでも駐車場を出発できたのが14時20分

そこからまた四日市ICまで渋滞

151109 023

結局、昼食会場の関ドライブインに到着したのは15時30分

すでに日が傾いている状況で昼食って…

 

 

もちろん歴代最遅記録達成です
( ̄◆ ̄;)!!

お客様が昼食を食べている間に会社と相談して、赤目の観光は無理と判断(17時までなので)

お客様に赤目の入場料金を返金して、代わりに関宿(昔の宿場町)を散策することになりました

44名×300円の返金…

小銭

関ドライブインさんに無理言って1万3千円分の100円硬貨と関宿の地

図をお客様全員分用意してもらいました

めっちゃ感謝です!

 

関宿ってはじめて行ったけど、なかなかいい場所ですね

夕方で観光客もほとんどいなかったので昔の宿場町らしい雰囲気が出ていました

なんだか江戸時代にタイムスリップしたみたい!

(に、ピカサで編集してみました)

休みの日にでもトイカメラ持って、個人でゆっくり散策したいな〜

関関

 

 


 

関関

 

 


 

関

関

 

 


 

関

関

 

 


 

関

関

 

 

 

 

関宿のあとは名阪国道の針で休憩をとって、ビミョーな空気の中

大阪へと帰るのでした…

これほどお客様の顔を見づらい最後の挨拶はなかったな

ドライバーさん

←今回お世話になった近鉄バスのドライバーさん

見た目も性格も大阪のドライバーっぽくない(笑)

 

 

年も近いので意気投合

ツアーの内容はドタバタだったけど、楽しくお仕事させて頂きましたm(__)m

またご一緒しましょうね〜!!!

十和田・奥入瀬・八甲田ツアー3日目♪

いよいよ迎えた最終日〜

さすがにここにきて雲行きが怪しくなってきました

だけど今日の観光は“十和田湖遊覧”のみ

十和田

どんよ〜りした天気の中、休屋から子ノ口まで約50分の湖上遊覧です



 

十和田

十和田

 

 

 

 

下船後は奥入瀬渓流を通って“おいらせ渓流観光センター”さんへ

今日の昼食は青森の郷土料理“せんべい鍋”

観光センターせんべい

 

 

 

 

ちょっと早めに昼食を済ませ、あとは一気に三沢空港へ向かうのみ!

 

だったんですが…

昼食時にJALさんに電話を入れると

「三沢空港上空が霧のため、使用機が下りてこない場合は欠航の場合もあります」

だって

濃霧

確かに空港に近づくにつれて霧が濃くなってきた…

 

 

 

三沢

不安を胸に三沢空港に到着

なんか“あの日の仙台空港”を思い出すな…

 

 

JAL

使用機が三沢空港上空に来ないと今後の判断のしようがないので、バスを確保したままお客様にはターミナル内で待機

 

 


◆チケットをお客様に配らなかったこと

◆早めに代替フライトの席を確保していたこと

◆欠航のアナウンスが流れる前からカウンターの前に陣取っていたこと

◆たまたま代替のフライトが空いていたこと

◆たまたま使用していた観光バスが引き続き使えたこと

◆お客様の行動が機敏だったこと

◆添乗員がこの手のトラブルに慣れていたこと

 

これらの要因が重なったおかげで欠航が決まった数分後には、バスはお客様を乗せ代替空港である青森空港に向かっていました

隣のバスは、同じく大阪まで帰る他社さんのツアー

まだ添乗員さんが会社と電話でやりとりしてて、バスの中も空でした

こちらは42名(あの日の仙台空港も同じく42名だったな…)

やっぱトラブルは経験するほど強くなるね

青森

無事出発の1時間半前には青森空港に到着

こちらは悪天候による影響はなさそうです


 

青森

青森空港から帰るなんて何年振りだろ

 


 

羽田

青森空港から伊丹空港まで直行便があったけど、満席だったので羽田経由で帰ってきました(経由の方が20分早く伊丹に着くんですけどね)

 

 

最終的に予定より4時間近く遅い帰着となりましたが、延泊にならなかったのが幸いです

JRで帰るって手段もあるいけど、三沢駅から新大阪駅まで陸路で帰ろうとしたら

所要時間は約6時間半

費用は約2万5千円くらいかかりますからね

青森空港に向かう途中で全員のお席にまわって帰宅方法の個別相談

今月の利尻礼文ツアーでも同じようなことしてたな・・・)

ほとんど大阪近辺のお客様でしたが、1名だけ富山にお住まいのお客様がいたので、その方のみ羽田で離班

ANA便しかないので携帯で予約を取ってお客様と羽田でお別れしました

 

ほんとツアーは最後の最後まで何が起こるかわからないね

今読んでる茂木健一郎さんの本に

喜びの大きさは成功に至るまでの負荷の大きさに比例する」

って話が出てきたけど、ほんと負荷が大きくなったおかげで「仕事した〜って充実感を得る事ができました

だって何もなかったら今日は遊覧船に乗ってご飯食べて夕方には伊丹空港に着いてたわけですから

ブログな添乗員がこんなラクしちゃいけませんよね

これくらいトラブル起きないと仕事した感じがしませんよ(笑)

 

 

伊丹に着いたら外は大雨

欠航で帰着が遅くなったとは言え、九州や中国地方が大雨だった中で傘も使わずに観光できたのはほんとツイてますよね

急な変更にもイヤな顔ひとつせずについて来てくれたお客様と乗務員さん

スムーズに手続きをしてくれたJAL三沢空港・青森空港のスタッフの皆さんに感謝

本当にありがとうございました!!!

浜坂港かに大奉仕市ツアー♪

久しぶりに日帰り添乗

朝4時起きで、底冷えするJR天王寺駅へ

このコースは松葉がに水揚げ日本一として有名な“浜坂港”“焼きがに、茹でがに、かに雑炊”など食べ放題の昼食を食べに行くツアーです

大阪を7時に出発して、兵庫県でもかなり鳥取県寄りの浜坂へ向かいます

日曜とあって、昼食会場の海産物店がかなり混雑している模様

事前に「今回は別館での対応となりますので到着後こちらで誘導いたします」って話を聞いていたんですが

かに

案内されたのは保養所のような施設

どう見ても海産物店の別館じゃないでしょ

 

 

1階の広間では老人会みたいな人たちがカラオケで盛り上がってる・・・

靴を下駄箱に入れて2階へあがると部屋には「研修室 大 」って書かれてるし

かにかに

 

 

 

 

かにかに

 

 

 

 

こりゃ完全に別館じゃない

キャパオーバーでお店に入らないから近所のクアハウスの研修室を借りたんでしょうね

ただでさえ、このコースは昼食後に浜坂駅から香住駅までローカル線に乗るから時間がない

企画段階で買物&昼食で1時間(この時点でムリがあるけど)

この通称“別館”と海産物店の間はバス移動

買物の時間をとらない訳にはいかないし、でも列車の時間もあるし・・・

とにかくギリギリいっぱい時間を使って、なるべく早くお客様に食事を済ませてもらわないと

ジャケットを脱ぎ捨て、お客様の席をまわって

「かにの殻捨てましょうかぁ〜」

「焼きがにの追加お持ちしましょ〜かぁ〜」

「甘エビいりますかぁ〜」

「固形燃料いりますかぁ〜」

って・・・

かに

かにの足1本すら食べてないのに

めっちゃ手がかに臭くなってしまった・・・

 

 

 

これでけ頑張ってもお客様は

「はさみがなくてどーゆーこと!

「切れ目入れてくれなど〜やって食べるねん!

って怒り爆発

食べ物の恨みはホント怖いね・・・

 

自分の昼食は5分でお弁当を済ませ、急いで海産物店で15分だけ時間をとって浜坂駅へ

もぉ〜バタバタで駅に到着

今は架け替え工事中の餘部鉄橋を通り、24分間の列車の旅

この24分間が束の間のひと時でした・・・

あまるべあまるべ

 

 

 

 

このあと、豊岡、和田山と休憩して大阪へ

 

無口なドライバーさんが天王寺に着く前に一言

「ほんま忙しいコースやったな、常に運転してたからな」

確かに列車の時間もドライバーさんはバス回送で運転してましたからね

そしてもう一言

「ま、はよ帰れてえーけどな」

確かにバスコースで19時すぎの帰着はかなり早い

でも、よく考えたら今朝スタンバイした時間からちょうど13時間が経過してる・・・

ドライバーさんはもっと早く車庫を出てるからさらに長く働いてるよね

 

ほんと日帰りツアーは色んな意味で過酷

肉体的にも精神的にもヘトヘト

 

社旗

あ、天王寺でお客様を集めようと社旗を伸ばしたら折れました

先日の高千穂で雨の中使ったのが悪かったみたいです

 

 

社旗と同じく心も折れ曲がって帰着した日帰りツアーなのでした・・・

東北秘境ツアー5日目♪

夢であってほしかったけど、起きたらやっぱり秋保温泉のベッドの中でした・・・

 

皆さん覚えてます?

2月に起きた“爆弾低気圧ツアー”の最終日

あの時、想以上に発券に時間がかかって、JRの切符をまとめて買うことの難しさを痛感

仙台市内はどれだけ渋滞するかわからないし、予定している新幹線がどれだけ混むかもわからない・・・

 

で、これまた苦肉の策

実は仙台には姉夫婦が住んでるんです

そう、かなり申し訳ないんですが、昨晩、義兄に連絡して仙台駅でバスが到着する前に切符を用意してもらえるよう依頼したんです

JR

おかげで、駅に着く前に席割りも完了

お兄様、本当にありがとうございましたm(__)m


 

障害者手帳をお持ちの方を除いた人数が添乗員入れて36名

ちょうど6枚綴りの回数券を6セット購入してもらっていたので、料金に端数が出ずに済みました

やっぱツイてる

JR

東京駅まで2時間ちょっと時間があったので、車内で切符代の集金と今回のトラブルレポートをノートPCで作成

 


 

一番の問題は東京駅での乗換えとモノレールの乗車券の購入

乗り換えは鮮やかに新幹線の到着時刻の5分後に出発する在来線に乗り込むことができました

 

モノレールの乗車券は、前日に東京モノレールのホームページを調べたら、団体割引があるとの情報を入手

中央改札で駅員さんに頼んで発券

申請用紙を記入して・・・って手続きに時間がかかりましたが、1割引で購入することができました

団体

これが、二度と利用することはないであろう東京モノレールの団券


 

 

浜松町

浜松町で社旗あげることも二度とないだろーな・・・

貴重な経験でした

 

 

よく考えたら、3月の“東京めでたいツアー”の帰りに同じルートを使って羽田空港に向かったんですよね

あれは予行練習を兼ねてたってことか?

「人生にムダなことは何ひとつない」とはよく言ったもんだ

 

心配していた迷子も出ず、無事に羽田空港到着

予定の出発地から、予定の目的地へ行けるのって、普段は当たり前に思ってたけど

予定通りに飛行機に乗れるって、なんて幸せなコトなんだ!

ってしみじみ感じました

羽田羽田

 

 

 

 

領収書

機内ではJR代とモノレール代の領収書を作成

正式な領収書じゃないけど“これだけ経費がかかって集金しましたよ”って確認を兼ねて

 

お金のことは、あとあとモメやすいですからね

添乗員の皆さん、市販の領収書をカバンに潜ませておくと、トラブルがあったときに便利ですよ〜

伊丹

予定より18時間遅れて懐かしの伊丹空港に到着

なんだかずいぶん長い間、遠くへ行ってたような感じだな

 

 

あ、よく考えたらホテルで朝食を食べてから何も食べてない!
( ̄◇ ̄)!!

まくど

ようやく昼食を口にできたのは夕方の17時でした

ってもう夕食か

 

 

はぁ・・・なんか疲れたって感覚が全然ない

感覚がないほど疲れたのか、トラブルに慣れたのかわからないけど

 

疲れたというより、なんか空しい

 

出勤前の義兄を朝早くから仙台駅に向かわせて・・・

おまけにカードまで使わせて・・・

ATMで引き出した自分のお金(10万円)を持ち合わせのないお客様にお貸しして・・・

そこまで個人的な犠牲を払ったのに・・・

 

ん〜・・・

 

色んな意味で今回のトラブルで得たモノは大きかったです

 

5日間、一人も欠けることなく付いてきて頂いたお客さま

急遽、18ルームもお部屋を提供して頂いたホテルの皆さま

仙台・羽田で対応してくれたANA地上係員の皆さま

朝早くから仙台駅で待っててくれたお兄さま

途中、伊丹空港から激励の連絡をくれた先輩添乗員“86さん”

それに、このブログに書けないトラブルにも対応してくれた心優しい乗務員さん

その他大勢の方の協力に感謝

 

本当にありがとうございました!!!m(__)m

今日からわくわく信州3日間♪

とか言ってみたい・・・

 

 

今朝もマクド経由会社行きの通勤ルートを通って元気に出社

今日の大阪はドシャ降りの雨でございます

 

昨日、このブログをご愛読頂いている添乗員さん(どこの人かは知らない)からメールを頂きました

メールの内容は「最近は添乗レポートが読めず残念なので、過去の話でもいいから添乗のネタを書いてほしい」

 

ん〜困った

確かに最近は内勤続きだから、ブログの内容も

“朝マックがどーとか”

“トイカメラがどーとか”

“タンブラーがどーとか”

 

添乗員のブログじゃないよね(笑)

なので今日だけ限定で過去の添乗レポートのサイドストーリーをお送りします

繰り返しますけど、今日だけ

 

時は2007年8月に遡ります

ツアータイトルは『わくわく信州3日間』

どんなツアーだったかまず先にコチラをお読みください

わくわく信州1日目
わくわく信州2日目
わくわく信州3日目

 

読みました?

じゃ続きへ・・・

続きを読む

爆弾低気圧ツアー3日目♪

爆弾低気圧による悪天候やら準備金不足やら、トラブル続きのツアーもいよいよ最終日

今日の観光は“旭山動物園”のみ

動物園を見学した後は高速上で休憩をとりながら新千歳空港へ

夕方18時10分には関西空港に到着予定です

雪まつりは終わったとは言え、動物園は開園前から今日も行列ができていました

動物園動物園

 

 

 

 

実は朝から携帯サイトで道路情報とにらめっこしてたんですよね

通常通りでも空港に着くのは便出発の1時間前

高速道路が速度規制通行止めになったらアウトなので心配で心配で・・・

 

 

ケース5

急遽JR利用で空港へ

恐れていたことが現実に起こってしまいました

空港までの高速道路は速度規制に加え一部通行止め

お客様には動物園見学後にバス車内で事情を説明し、旭川駅から新千歳空港までJRを利用して向かう旨を説明しました

旭山動物園から旭川駅までバスで30分

旭川駅から札幌駅まで“特急・スーパーカムイ”1時間20分

札幌駅から新千歳空港駅まで“快速エアポート”36分

天候によるトラブルなのでJR代5040円はお客様負担

旭川駅のみどりの窓口で“Sきっぷフォーという枚綴りの回数券の存在を知りました

これで5040円→3320円と大幅割引に

切符お客様&添乗員を足すとの倍数になったのも幸いでした

なんて都合のいい切符なんだ(笑)

 

 

お客様から切符代を集金するヒマなんてないのでフナッシュのクレジットカードで支払い

時間がないので発券できた切符から号車の後輩カズヲに渡してお客様に配布

スーパーカムイ出発まであと3分

ケース6

カードがきれない!

あとはカードをきってサインをするのみってところでカードがきれない

バス2台分で239,040円に対し・・・
カードの支払い上限額が20万だったんです!( ̄◇ ̄)!!

迫りくる出発時間きれないカード・・・

駅員さんのアイデアで支払いを2度に分けてみるとカードがきれました

ようやく控えにサインをして改札へ猛ダッシュ

ケース7

さらば荷物よ!

あ、お客様を集めてた場所に荷物(衣類が入ったピギーケース)を置いたままだ

でもカバンを取りに帰って飛行機のチケットを持ってる添乗員が遅れたら、お客様が帰れない

ホームに出発の警告音が鳴り響く・・・

泣く泣くカバンを置き去りにしてスーパーカムイへ飛び乗りました

今は自分のカバンより無事に空港に到着して予定の飛行機に乗らなければ

捨てる神あれば拾う神ありとはよく言ったもので
この“スーパーカムイ28号”は札幌から快速エアポートとして運行
新千歳空港まで乗り換えなしの直通なのでした!

飛行機には間に合うのか?
不安を抱えながら、悪天候の中を列車は新千歳空港へと進みます

車内

車内

 

 

 

 

ケース8

JR徐行運転開始!

札幌周辺は想像以上の猛吹雪
その影響で列車は徐行運転をはじめてしまいました
せっかく空港直通で出発まで1時間の余裕があったのに
、どんどん出発時間が迫ってきます

雪雪

 

 

 

 

 

ケース9

ANA欠航が決定!

スーパーカムイの中でANAに確認したところ最悪の情報が飛び込んできました

使用するANA1716便欠航が決定( ̄◇ ̄)!!

まぁ結局、列車が空港に着いたのが出発予定時刻の30分前だったからどっちにしても乗れなかったかも・・・

新千歳空港は早朝から降り続いた大雪により欠航便が続出

出発便、到着便とも大幅に乱れまくりで空港内はパニックになっていました

CTS

CTS

 

 


 

欠航

到着

 

 

 

 

時刻表

欠航の場合、添乗員が現場で後続の便に振り替え交渉をするんですが後続の2便はすでに満席

 

 


カズヲもフナッシュも今日は帰れないかも・・・と諦めかけていたとき

ANA

ANAが臨時便を出すとの発表をしました

これで無事72名分の座席を確保

 

 

が、しかし

臨時便は19時出発の1720便よりあとの出発

臨時便である1302便の新千歳空港出発時刻は20時10分なんです

チケットを配ったあと、関空に着いてからどうやって帰る?ってお客様と相談会

なんとか落ち着いて各自出発時間まで長い長い時間を空港内で過ごしました

これだけダイヤに乱れが出ているのに臨時便が予定通り出発するはずもなく・・・

結局、離陸したのが21時40分

ケース10

交通機関すべて終了!

1302便が関西空港に到着したのは23時35分

リムジンバス・南海電車・JRともに公共交通機関を使って帰る道はすべて絶たれてしまいました

到着

KIX

 

 


 

KIXKIX

 

 

 

 

今夜は空港のイスで寝るしかない
誰もが絶望的に飛行機を降りようとしたとき機内アナウンスが

ANAが4つの方面にチャーターバスを出すとのこと

かなりありがたい対応ですけど、なんで飛行中に連絡してくれなかったんやろ・・・

チャーターバスって言っても満席になりしだい出発

バスバス

 

 

 

 

お客様をフォローしたあとの添乗員にチャーターバスの席があるはずもなく、帰る術をなくした添乗員2名

カズヲは翌日から沖縄添乗が控えていたのでタクシーで大阪市内の自宅へ

フナッシュは京都の自宅までタクシーで帰るより関空のホテルに泊まったほうが安いのでホテルへ

ツアータイトル通り、なんともスペシャルな3日間は静かに幕を閉じたのでした・・・

 

それにしても陽気で楽しいお客様
ベテランで癒し系の乗務員さん
いつも元気で気が利く後輩カズヲ

爆弾低気圧には抵抗できなかったけど、なんだか不思議とツイてたなぁ〜って思える3日間でした

だってなかなかこんな波乱万丈な3日間ってないですよ

もちろん氷爆まつりや流氷が見れなかったのは残念だったとは思いますが、きっと今回のお客様ならこの3日間を楽しい思い出として残してくれると思います

かずお

タクシーに12時すぎに乗ったカズヲ

次の日4時起きって言ってたけど大丈夫かいな

 

 

沖縄で倒れないよー頑張ってね!

爆弾低気圧ツアー2日目♪

それにしてもどんだけ降るねん・・・

ホテルの玄関前にも一晩でどっさり雪が積もったので朝から除雪作業が急ピッチで行われていました

層雲峡層雲峡

 

 

 

 

滝

2日目の朝は地吹雪が舞い上がる“流星・銀河の滝”からスタート

何度もこの場所で吹雪きを体験したけど、この日ほど風の強い日はなかったな

さすが爆弾低気圧

 

 

 

温根湯の北キツネ牧場と北見のペパーミントハウスに立ち寄りながらバスは一路網走へと向かいます

キツネカズヲ

 

 

 

北きつね牧場では急に天気が良くなってきた

後輩のカズヲもご機嫌です(笑)

ミント

ペパーミントハウスは入社したての頃、よく行ってたお店なので愛着あるんですよね〜


 

 

チョコここのオリジナルペパーミントチョコ、おいしいんですよね〜

思わずお土産に買ってしまった(笑)

 

 

今回のツアーの昼食場所は網走刑務所の近くのドライブイン“オホーツクバザール”さん

昼

今回のお客様はかなり陽気なお客様ばかりでやたらノリがいい

このテーブル、違うグループ3組なのにまるで家族みたい(笑)

 

 

昼食後、流氷クルーズ乗船のためにオホーツク海へ向かうはずが、バスは反対側の天都山の方向へ

ケース3

おーろら号欠航!

欠航雪祭り開催期間はあんなに天気も安定していて流氷もビッシリだったのに、爆弾低気圧に押されてか、流氷は2日前からはるか沖合いに流されてしまったのです

 

 

 

流氷館指示通り代替観光として“オホーツク流氷館”

実物の流氷やオホーツク海にすむ生き物などが展示されている資料館です

 

 

湖

流氷館のあとはオホーツク海を横目に白鳥で有名な“トーフツ湖”

 

 

 

トーフツ湖のかえり
せっかく流氷を見に来たんだからと、いつもお世話になってる網走海鮮市場さんの駐車場にバス
を止めて流氷のかけらが打ち寄せられている海岸を見学しました

流氷

駐車場の看板前には大きな流氷のカケラがモデルとして残してあったんですよね

ここ絶好の記念写真スポットです(笑)

 

 

オホーツク海でしばし流氷気分を味わってもらって、今夜のお宿“温根湯温泉”

ホテル到着前、バスの乗務員さんに『今夜の宿代もらえる?』って言われて気が付いた

ケース4

準備金が足りない!

おーろら号が欠航になった場合、お客様に乗船代2700円を返金するんですね

2700円×36名・・・

そう、準備金がよゆーで足りません( ̄◇ ̄)!!

 

運よくホテルの近くにコンビニがあったのでATMでお金をおろせたので良かった

明日はこれ以上トラブルがありませんよーに・・・

トーフツ

あ、バスの中に本日結婚記念日を迎えられたお客様がいたんですよ

記念日にご一緒できて光栄です

 

 

また来年もお待ちしておりま〜す(笑)

爆弾低気圧ツアー1日目♪

今回のツアーのタイトル

『スペシャル北海道・流氷クルーズと旭山動物園』

コースはいたってシンプル

1日目:氷爆祭り
2日目:流氷クルーズ
3日目:旭山動物園

関空

関空出発時はこの陽気
このあと、とんでもなく波乱万丈な3日間になろうとは誰が予想していたであろう・・・

 

 

関空出発前、携帯サイトで道路情報を調べたら、道央道が千歳から旭川まで通行止め

地図

下道で層雲峡なんて行ったことない!

まぁ向こうに着く頃には解除されてるだろーけど、念のため地図で道の駅に印をつけながらイメトレ・・・


 

千歳

予定通り16時50分に新千歳空港に到着

なんや、天気いいやん

って安心したのもつかの間

 

ケース1

道央道が通行止め!

そう、高速道路は依然通行止め

新千歳空港から下道をバスは進みます

空港では天気がよかったのに、いつの間にかバスの外は強風&大雪に

いきなり突き事故の現場に遭遇したり、関西では考えられない吹雪に添乗員もお客様もかなりヒヤヒヤ

それでも一部解除になってくれたおかげで最初の休憩を高速上の“岩見沢SA”でとることができました

短時間にかなりの積雪があったようで、トイレまでの道のりには深雪がテンコ盛り

岩見沢雪

 

 

 

 

岩見沢ICから高速に乗れて少し安心したのもつかの間、滝川ICで再度通行止めのため下道へ

旭川市内を通り再度通行止めが解除になった旭川高鷲ICから高速へ上ります

比布

“比布大雪PA”で2回目の休憩

時刻はすでに21時

 

 

結局、層雲峡のホテルに着いたのが22時ちょうど

ケース2

氷爆祭り見学できず!

氷爆祭りは22時までなのでギリギリアウト( ̄◇ ̄)!!

お客様にはホテル到着後すぐロビーに荷物を置き遅い夕食を召し上がって頂きました

雪

ホテルの外は依然猛吹雪

この吹雪は夜通し続いたのでした・・・

 

 

 

乗車券は切らないでくださいっ!

杖立温泉からの帰り

“のそみ54号”車内でのこと・・・

新幹線からJRの在来線に乗り換えがある方は、車内で車掌さんから乗り継ぎの乗車券を購入できますが、各自で注文すると手間がかかるので、添乗員が代わりにお客様に乗り継ぎの有無を聞いて、車掌さんに一括して注文・支払いをしています

その乗車券ってのが、自動改札に通らないペラペラの紙なんですね

いつものようにお客様から乗り継ぎの依頼を聞いて、車掌さんより乗車券を購入

お客様に『こちらが乗車券ですのでなくさないようにしてくださいね』って手渡しました

お客様が『2名なんやけど』って声を掛けてきたから

『この紙1枚で2名分ですよ』って説明したんです

そしたら

『あ、そっかありがと』 

ビリビリ

 

 

えっ?

 

乗車券

『そーとりましたか・・・

( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

バリ島4日目♪

4日目はデンパサール空港を深夜に出発する飛行機で帰国するので、夕方まで自由行動
フナッシュはOPツアーの【ゴアラワ寺院・ブサキ寺院ツアー】に同行してきました

バスを1時間半走らせて、海辺に建つ11世紀のお寺【ゴア・ラワ寺院】に到着

【ゴア=洞窟  ラワ=コウモリ】


その名の通り、コウモリがびっしり生息する洞窟があるお寺ですが、この日はお祭りがあるため観光客の入場できず・・・

ゴアラワ寺院ゴアラワ寺院







ゴアラワ寺院しかたないので、門の前でせめてもの記念写真
入場はできませんでしたが、お祭り独特の飾り付けを見ることができました






ゴアラワ寺院の前はクサンバという海岸線の町
ここでは塩田があって、バリ塩を製塩しています
結晶が大きく、カリウム・鉄分・ヨードなど、ミネラル豊富なお塩です

塩田海



 

お次はバリ・ヒンドゥー教の総本山【ブサキ寺院】

バイクバスPから緩やかな坂道を進みます
この間、左手では売店の呼び込み、右手にはバイクの勧誘が・・・
バイクタクシーは特にしつこいので注意しましょう!





ブサキ寺院ブサキ寺院







ブサキ寺院ブサキ寺院







ブサキ寺院

ブサキ寺院







ブサキ寺院ブサキ寺院はバリ最高峰のアグン山の中腹(標高約1000m)に建つ約30あまりの寺院の総称です

観光客は割門の前までしか入れないので周囲を歩いて見学します
階段を上り下りしますが、緩やかなのでそれほどど疲れません


天気が崩れやすいそうですので、雲行きが怪しい時は傘は持ってバスを降りましょう





ランチはバリの穀倉地帯“ブキッ・ジャンブル”の丘に建つ展望レストランでバイキング

ランチランチ







ランチバイキング







ランチのあとは、ゴアラワ寺院に入れなかった代替として【クルタ・ゴサ】

スマラプラ王朝時代からオランダ侵攻後の1942年まで裁判所として使われていた建物です
建物自体も見事ですが、天井に描かれたカマサン・スタイルの地獄絵図は見ごたえ十分

ケルタゴサケルタゴサ







ケルタゴサケルタゴサ







お祭りクルタ・ゴサからホテルに帰る途中、バスを遮る群集が!
デモかと思ったら、コレ、お祭りの行列です
たまたま遭遇したお祭りを特等席から見学できてラッキーでした





お祭りお祭り







このあホテルに戻って夕方に再度全員集合
免税店のDFSで夕食&ショッピング→空港という流れ

DFSDFS







だったんですが・・・

関西空港に到着す時間と台風4号の進路が重なるため、台風が過ぎてから着陸するよう約7時間の遅延の決定が出てしまいました( ̄□ ̄)!!

予定のフライト
■デンパサール0:50発→■関西空港8:35着

変更後のフライト
■デンパサール8:00発→■関西空港15:45着

空港空港に着くと台風の影響か人・
中に入るのにもかなり時間がかかりました






さすがに『明日の朝まで空港でお待ち下さい』というわけにはいかないので、今晩は空港に近いホテルにチェックイン
通常、天候が理由の場合は経費はお客様負担になります

でも今回は

■ホテルの部屋
■ひと部屋3分までの国際電話 
■ホテル〜空港までの送迎

すべてJALさんが負担してくれました

こういう時に『日本の航空会社で良かった〜』って思います

このホテル、個人で泊まったら1泊200ドルですから

ホテル深夜に急遽チェックインとなったにも関わらず、ウエルカムドリンクまでしっかり出してくれるところにバリの人たちの温かさが伝わってきますよね





スジャ空港でお別れしたはずのスジャさんも駆けつけてくれました

この時点で深夜1時半・・・





スジャさん最後の最後までありがとうございました!

全日空システムダウン…

台湾から帰宅したのが23時すぎ

帰宅してブログを更新して寝たのが3時前

今朝は5時に起きて疲れたカラダをひきずりながら伊丹空港へ着いてみたら・・・

混雑なにやら1階のチェックインがやたら混んでるんですけどー

いくら日曜でも多すぎでしょ

 

 

ベテランのセンダー“サカッシュ”から伝えられたのは

 

全日空システムダウン

団体なので、かろうじて搭乗券は出たものの、添乗員のシートチェンジもできない状態

1階2階から見下ろしたら、カウンター前はすごい人だった〜

( ̄□ ̄)!!

 

 

2階

ふだんはほとんど人がいない2階のカウンターも長蛇の列

 

 

 

セキュリティーその頃出発口はガラガラ

チェックインのシステムがダウンしていたので、ここにたどり着けない人がロビー内に溢れかえってたんですよね

 

 

ゲート付近では各社の添乗員が、今後の対応に追われていました

地図を広げてたり、手配先に電話を入れたり

そんな中・・・

師匠

←あ、師匠

フナッシュの師匠(某営業所所長)がたまたま、VIP旅行の添乗で伊丹にいたんですよね

 

テキパキ手配先に電話を入れ、お客様を安心させる対応はさすが

師匠にはトラブルがよく似合います(笑)

 

おかげさまでフナッシュは約90分遅れで仙台空港に向けて出発

今回3台口だったんですけど、昼出発のあとの2台はフライトキャンセルになって、急遽神戸空港出発のJAL便に振り替えて仙台入りしてました

 

いや〜早起きした甲斐あってツイてました

 

落雷の次はシステムダウン

 

最近エアー添乗はトラブル続きだな・・・

最後まで気を抜くべからず

過酷な行程の4日間にも関わらず、乗務員さんにもお客様にも恵まれて、和やかに終わろうとしていた今回の道東ツアー

無事に新千歳空港でのチェックインも終わり、あとは羽田で乗り継いで関空に帰るのみ

 

2階でブラブラしてたらANAさんから1本の電話が

『使用機が新千歳に向かう途中、落雷を受けたので1時間以上遅延する』との内容

急いで1階の団体カウンターへ

1時間以上遅延すると羽田で乗り継ぎができない

選択肢は2つ

 ̄田で空席がある後続便に乗って関空へ帰る

→予定通り関空に帰れるけど、関空到着が23時05分の最終便

 

∈、空席がある伊丹直行便に振り替える

→19時35分に着けるけど、予定の関空ではなく伊丹着

 

どちらもリスクがあるけど、会社と連絡を取った末、後者を選択

 

で、ここからが大変

解散してしまった44名のお客様を召集してチケットを回収しないといけません

走りまわりましたよ

新千歳空港を

何度も何度も

すでに手荷物検査場に入っているお客様も含め、40分かけて全員のチケットを無事回収

添乗員がチケットを回収している間にANAさんはお客様の荷物を機内から回収

手荷物検査場を通過してるお客様、していないお客様、2班にわかれて事情を説明

荷物を既に預けているお客様は再度1階に降りてもらい荷物の預け直し

もぉ〜汗ダラダラ

 

今回のお客様は関空に近い和歌山などのお客様がほとんどだったので、機内でリムジンバスの時刻や料金を調べたりと帰り方の個別相談

一息ついた頃に、お客様が『添乗員さん大変やね、これ食べ』ってお菓子をくれました

お菓子食べかけの“えびせんべい”とホテルの部屋にあった“桜餅”

『・・・

ありがたく頂きました(笑)

 

ほとんどのお客様が【伊丹空港→関西空港→和歌山駅】ってリムジンバスを乗り継いで帰ったんですが・・・

関西の皆さん、リムジンバスの“乗り継ぎ割り引き”って知ってました?

リムジン

一部の路線を乗り継ぐ場合、割引料金が適応される路線があるんですね

知りませんでした

 

 

全員のお客様を到着ロビーで見送って、ひと段落したので全てのリムジンバス乗り場にお見送りに行ったんです

そしたらこの【伊丹空港→関西空港→和歌山駅】で帰るお客様に『添乗員さんがわざわざ1700円と1000円って紙に書いてくれたから別々で買ったけど、こんな割引(2000円)あったんやん、最後にヘマしたな』って嫌味言われました

 

 

あんなに空港中走り回って汗水流したのに・・・

この“乗り継ぎ割り引き”のおかげで面目丸つぶれです

確かに時刻表にも小さく記載してありました

 

 

そー言えばサービス業のバイブル『ディズニー7つの法則』にも書いてあったね

『悪魔は細部に宿る』

 

確かに悪魔は細部に潜んでました( ̄□ ̄)!!

皆さんも、気をつけてください

ほらそこの消しゴムの下!

マウスの裏!

ひょっとしたら悪魔が潜んでいるかもしれませよー(笑)

お弁当配るのはいいけど…

鹿児島港での話

4月12日からジェットフォイル“トッピー”の乗船が、今までの北埠頭から南埠頭に変更

それによって、待合所のスペースが以前に比べ3分の1くらいに狭くなったんですよね…

で、さらにこの待合所

 “ゴミ箱ないんです!”

缶やペットボトルのゴミ箱はあるけど燃えるゴミは捨てる場所がないんですね

そんなこととは知らずにオプショナルのお弁当を配るフナッシュ

トッピーの席割りを黙々としていたら、なんだかフナッシュのまわりが騒がしい

顔をあげると『添乗員さんゴミ捨てるとこないんやけどーーーってイライラしてるお客様数名に囲まれてた

よく見たら他社さんが使ってるお弁当屋さんは、お客様の食べおわった空箱を回収するためにちゃんと待機してる

フナッシュのお弁当屋さんは???

 

 

いない( ̄□ ̄;)!!

 

逃げられてしまいました…

 

『トッピーの中にはゴミ箱があるので、それまで各自持っていてもらえますか〜って謝って、トッピー乗船後すぐにゴミ袋もらってお客様の席へ

そしたら『もう、自分で捨てました!フン!って感じの冷たい空気が漂ってた…

結局ペットボトル1本だけゴミ袋に入れて撤収するイケてない添乗員…

トッピー乗り場に関わらず、お弁当は配るのはいいけど食べおわった後の処理が大変なんですよね〜

油断してました…

そんなフナッシュに高松の添乗員さんがこんなアドバイス

『これからはお弁当屋さんの車の鍵を抜いて逃げないようにしないと!』って

ナイスアドバイス!(笑)

皆さんもトッピー乗り場でお弁当の際は気を付けてくださいね〜

一難去ってまた一難

添乗員をしていたら“一難去ってまた一難”どころか“一難去ってまた一難去ってまた一難”って感じることがよくあります…

通行止めで2日目、目的地まで行けなかった今回のツアーも、理解あるお客様&ベテランの乗務員さんに恵まれ、無事に女満別空港へ

 

で、チェックインしよーと思ったらフナッシュたちの利用する器材(飛行機)が到着してこない可能性があるのでチェックインができないじゃないですかっ!

 

もしホントに到着してこなかったら???

 

 

 『アウトです』

 

明日に便を振り替えて、どこか今晩のお宿を探さないといけません…

まずは急いでさっき『またよろしく“お願い”しまーす』って別れたバスを止めに走って『飛ばないかもしれないからもうちょっと待って〜』って早速また“お願い”しちゃいました…(汗)

同じ“条件便”の中でもチェックインができないってなると見込み薄いですよね〜…

しかも航空会社のフライト状況みたら“ほとんど欠航”!!

欠航?

 

 

 

 

( ̄□ ̄;)!!

 

朝、空港に連絡入れたときに『何かあったら連絡入れます』って携帯の番号まで聞いてきたくせに〜っ

ま、フナッシュが甘かっただけですが…(反省)

昨日は目的地に泊まれなかった上、今日は家に帰れないなんてさすがにヤバいでしょ…

1時間、祈るような気持ちで使用する器材が降りてくることを祈りましたよ

 

7割り諦めながら・・・

 

で、結局なんとか降りてきてくれたので36名無事、関空に帰ってくることができました!!

いま帰宅途中の電車の中です

今夜も帰宅が23時をまわります…

今日の昼まで“明日は休み”と思い込んでいたんですが、シフトを見なおしたら明日は年末・年始の添乗準備でした…(現在9連勤中の7日目

珍しく自腹きってまで特急ラピート利用で家路を急ぐフナッシュでした

 

ツ カ レ タ …

吹雪に立ち向かう添乗員の図

cc0f1d66.jpg←号車担当の後輩

吹雪にも負けず頑張りました!

お疲れさま! m(__)m

 

 

でも号車の帰りのフライトはフナッシュより4時間も早いし明日の方が修羅場になるかもね…

 

妹尾

陸の孤島です…

昨日の天気予報ではかなり荒れ模様との予報でしたが、晴天で迎えた道東ツアー2日目

『いゃ〜いい天気に恵まれましたねぇ〜♪』なんて朝のあいさつでスタートしました!

“国際ツルセンター” “釧路湿原・北斗展望台”までは順調だったんですが…

 

昼前から一気に天気は荒れ模様に

摩周湖へ行く道路も通行止めで、少し早めに昼食会場の川湯温泉のホテルに到着しました

そしてごはんを食べている間に川湯周辺の道路は“全線通行止め”に…

そう、今晩宿泊予定の知床ウトロ温泉どころか、どこにも行けなくなってしまいましたっ

通行止め

 

 

 

 

( ̄□ ̄;)!!

たまたま昼食会場のホテルに部屋があったので急遽、今夜は川湯温泉泊りに

まともにごはんを食べる暇もなく会社と連絡を取り合ったり、急いで部屋割りをしたり、部屋のセットを仲居さんにまじって手伝ったり

もぉ〜バタバタしましたよっ

これが昨日だったらホテルは満館だったし、今日が帰りなら飛行機は欠航だったし、これでもまだ運がよかったほうです

 

さて、明日はどうなるんでしょう…

まぁ“明日は明日の雪が降る”ということで(←昨日ものんきに、こんなこと言ってたような…)今夜は早めに寝ま〜す

知床五湖は大渋滞!

3b855ff3.jpg連休最終日という事もありマイカーが多いのか知床五湖の駐車場手前から渋滞…
なかなか動かないので途中でバスを降りて歩いて展望台まで向かいました
所要30分とったんですがバスが駐車場に入ってきたのは出発時間ギリギリでした
その前に寄ったオシン・コシンの滝もすんごい人でしたね〜、トイレも混むし滝の看板の前は撮影の順番待ちで殺気立ってたし…

もちろん五湖の駐車場のトイレも桜の時期の吉野山状態でしたよ

あっそこのお客様、こけももソフト食べてないで先にトイレ済ませて下さいよ〜っ!

危うく大失敗!?

978e5ae3.jpg朝、新大阪に向かう電車の中で手の甲に新幹線の名前と出発時間・到着時間、あと途中でお弁当を積む広島駅の到着時間を書いていたんです
で、そのあと添乗指示書を読みなおしてたら“お弁当はPA(パーキングエリア)で積み込み”って書いてあるのに気が付きました!
いま書いた手の甲のメモには
8:01→9:36(弁)→9:10福山
って書いてある…
ありえなぁぁぁぁ〜いっ!9時10分に広島の1つ手前の福山駅で降りるのにお弁当の受け取りが9時36分広島駅のホームになってる!
最悪!フナッシュ、お弁当の積み込み場所の指定を間違って手配してました…
急いでお弁当屋さんに電話して変更してもらいましたが、朝からヒヤヒヤしましたよ(×_×;)
添乗指示書は穴があくほど読まないといけませんね(反省)

アンニョンハセヨ!

fffcdc70.jpg草津のホテルのロビーで10分100円のインターネットコーナーを発見!

わぁ〜いブログの編集しよ〜っとって勢いよく100円入れた瞬間、このステッカーが…

チョンマリムニカ!?(マジで!?)って嘆いていたら、ホテルのお兄さんが『あっ間違っちゃいました?いいですよ〜』って隣の日本語対応のパソコンを解放してくれました

お兄さんカムサハムニダ〜!

物忘れだけじゃなく、かなりおっちょこちょいのフナッシュでした…

ガーーーーン・・・

つくずく自分がイヤになります・・・

何がって?

また忘れたんです

そうジャケット

ハワイからの帰りの機内に忘れたあのジャケット

さっそく翌日、関空でセンダーしてた後輩に頼んで持って帰ってきてもらったのに、今日、帰宅途中の電車の中にまた忘れてしまいました

むぉぉぉぉぉぉぉぉっ

自分のアホさにはつくずくあきれます・・・

えっ?ハネムーナーなのに!?

ハネムーナー行きのフライトの搭乗口に、他社の添乗員さんがいました。

今回、使用している器材がDC‐10という比較的小さい飛行機(配列が2‐5‐2というめずらしいタイプ)で、ハネムーナーのお客様が真ん中の席になってしまった…と残念そうに話していました

JALは個人チェックインなので受け付けに来られた方から添乗員がチケットを渡し、個人で荷物を預けたり、席を決めるシステム

団体は“フレームアサイン”と言ってあらかじめ席をまとめて確保していて基本的にお客様はその“枠内”しか席が決められないシステム、要するに“早いモノ勝ち”な訳です

添乗員は、仕事で座席を離れる機会が多く、目的地に着けば、お客様よりも早く降りなければいけないので“前方通路”に席をとります

フナッシュが機内に入り席に荷物を置いた瞬間、隣の男性が涙目で「すいません…」と声をかけてきます、話を聞くとハネムーナーなのに座席がAとK(見事に端と端に離ればなれになってしまったのでAに座っている奥んと変わってくれないか?という事でしたもちろんすぐに席を変わってあげましたよ

フナッシュが移動すると隣の席はまだ空いていました「誰が来るんやろ〜?通路側に変わってほしいなぁ・・・」と思っていたら、来たのはさっきの添乗員さんでした(笑)と言う訳で、通路側は断念

でも同じようなタイミングで席を離れるので気をつかわずにすみました

で、フナッシュの2組のハネムーナーは???と言いますと・・・

お客様集合のだいぶ前からフナッシュはカウンターに行って「今回のツアーに2組ハネムーナーがいるので窓側から2席並びでブロックをかけて下さいっ!」と頼んでおいたので問題なし!(いつもいつもOKとは限りませんよ)

お2組さま、いつまでもお幸せに〜っ

着いてそうそう…

3f909c9e.jpgツアー初日、滞在中の説明やオプショナルの申し込みも終わり、やっと部屋に入れたのでシャワーでも浴びたいなぁ〜と思っていたら電話が…

お客様がスーツケースのダイヤルロックの暗証番号がわからないまま鍵がかかってしまったらしく開けられないらしい

こうなると鍵は壊すしかありません

お客様の部屋へスーツケースを取りにいってホテルのレセプションへ

30分後、スーツケースが開いたと電話があり引き取りに行くときれ〜に鍵がカットされていましたお見事

普通、業者を呼んで開けてもらうと50ドルほど取られるらしいですが、今回は「ノーチャージ★」チップだけですみました

お客様、ダイヤルロックは使う使わない関係なしに暗証番号はちゃんと覚えておきましょ〜ね!!

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・