ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

グルメ

【久米島グルメ】今日は亀吉で何食べる?

今回は先日の久米島6日間滞在の際

自由昼食&自由夕食の際に食べた料理をご紹介したいと思います

今回は最初から

“亀吉一択”

で攻める予定
20230514_132202_copy_1024x76820230517_132502_copy_1024x768






先日もお伝えしましたが

亀吉のメニューはこんな感じです

【久米島グルメ】今日はホテル周辺で何食べる?


Gallery_1682245915508_copy_1410x1057Gallery_1682245907098_copy_1410x1057






Gallery_1682245897333_copy_1410x1057Gallery_1682245885827_copy_1410x1057








===1日目・夕食===


先に久米島入りしていた

後輩“ヤナギー”と一緒に亀吉へ

名物の“ざるもずく(440円)”はシェア

ヤナギーはもずくが苦手だったようで

最初は「ひとくちだけ」ってことでしたが

これは美味しい!!

とパクパク食べてました(笑)
20230513_203827_copy_1024x768






わたしは初日ということで

定番の“寿司定食(1595円)”

ヤナギーは“あんかけチャーハン(770円)”
20230513_204513_copy_1024x76820230513_204506_copy_1024x768







===2日目・昼食===


“牛肉と青菜炒め定食(935円)”

これ、前から気になっていたんですよね

亀吉で肉料理ってなんか邪道な気もしますが

これ、めっちゃ美味しかった!!!

今回たべたメニューで1番美味しかったかも

薄味なんだけど、しっかりした味付け

なんなんだろ、この味は???
(バター醤油かな?)

けっこうにんにくがきつめですのでご注意ください
20230514_134631_copy_1024x76820230514_134634_copy_1024x768






===2日目・夕食===

“さくな御膳(1650円)”

メニューの最初のページに大きく載っているので気になっていた料理です

さくなの天ぷら

さくなとツナの和え物

さくなチャーハン

薬草の“さくな”をこれでもか!ってほど使用したメニュー

ちょっとボリュームが多すぎた・・・
20230514_203409_copy_1024x768Gallery_1684207625475_copy_1024x768






===3日目・昼食===

“フーチャンプルー定食(880円)”

亀吉さんのチャンプル定食は

ゴーヤ・豆腐・お麩(フー)

の3種類

個人的な感想ですが

ゴーヤの方が美味しかったかな・・・
20230515_114233_copy_1024x76820230515_114255_copy_1024x768







===3日目・夕食===

“アバサー汁定食(1760円)”

今回たべた料理で一番お高いメニューです
Gallery_1684207688240_copy_1024x76820230515_203545_copy_1024x768






アバサー

ってご存じですか?

これですコレ↓
chara_neytiri_5a6fdf37_copy_800x800








ってこれじゃない!(笑)

こっちこっち↓
20230515_202128_copy_1024x768






ハリセンボン!!

久米島の飲食店ではこの

“アバサー”ってメニューをよく見かけます

ただ希少な食材のため

入荷しているかはその日によって異なります

味は“フグ”みたいな上品なお味でした
(骨が多いので注意しましょう)
20230515_205013_copy_1024x768






===4日目・昼食===

亀吉さんが定休日なので

波路で“海鮮丼(1100円)”

ん〜見た目は鮮やかでいいんですが

なんかネタが刺身の切れ端みたいな感じ

筋だらけでめちゃ硬かった・・・

そしてエビがびっくりするくらい水っぽかった・・・
(解凍の仕方が悪いのか?)
Gallery_168420775385520230516_113925_copy_1024x768






だいたいこのような海鮮丼って

大葉やガリの下はネタがないことが多いですが

波路さんではこの下までネタがギッシリ

このあたりはサービス精神旺盛な久米島らいしです
20230516_114134_copy_1024x768






===4日目・夕食===

再び波路へ

“天丼(880円)”

“車エビの刺身(550円)”を追加

車エビの刺身は期間限定メニュー

もちろん美味しかったです
20230516_203030_copy_1024x76820230516_202320_copy_1024x768






天丼のインパクトがすごいね(笑)

天丼のタレがかかっている訳じゃなく

天つゆが別に付いているのがユニークです

この海老は車エビじゃないですが

ボリューム満点で美味しかった〜

※車エビ入りの天丼は1100円
20230516_203010_copy_1024x768






野菜の天ぷらは

玉ねぎ・にんじん・なす・ゴーヤ

魚の天ぷらは“カジキマグロ”でした(笑)

これは自信を持ってオススメできます!!


===5日目・昼食===

再び亀吉へ

よく考えたら亀吉で麺類頼んだことないなーと思って

“味噌そば(825円)”
20230517_132629_copy_1024x768






野菜たっぷりでヘルシーだけど
(にんにくも多め)

ソーキそばのダシがめちゃ美味しかったので

そばなら“ソーキそば(880円)”をおススメします

===5日目・夕食===

最後の夜となりました

“天丼(880円)”

“車エビの塩焼き(638円)”を追加
20230517_202144_copy_1024x76820230517_202227_copy_1024x768






別に天丼が好きなわけじゃないですが
(どちらかと言うとあまり好きじゃない)

波路と値段が同じだったので

どうしても食べ比べしたくなったのです(笑)

左が波路で右が亀吉

亀吉の天丼は見た目が浅草の天丼っぽいですね

いわゆる一般的な“天丼”って感じ

野菜の天ぷらは

エンドウ・エリンギ・ゴボウ・茄子・かぼちゃ

魚の天ぷらは“シイラ”でした

久米島は天丼のネタが面白い!!(笑)
20230516_203010_copy_1024x76820230517_202158_copy_1024x768






久米島の名産品でもある車エビ

刺身と塩焼き、どちらも美味しいけど

やっぱり塩焼きに軍配が上がるかな?

これだと丸ごと食べれるしね
20230516_202339_copy_1024x76820230517_202247_copy_1024x768






これにて久米島の外食生活ともお別れです

どれもボリューム満点で美味しかった〜

この6日間で絶対太ったやろな・・・
20230517_204155_copy_1024x768






あ、後で知りましたが

亀吉さんにはこんな裏メニューもあるみたい
(ほんとにメニューの裏に載ってた)
Gallery_1684303041975_copy_1024x768






次に行く時は食べてみたいと思います

【久米島グルメ】今日はホテル周辺で何食べる?

今回の久米島ツアーでは

2日目昼食/夕食
3日目昼食/夕食


と4回の食事が自由食でした


3泊お世話になったホテル

リゾートホテル久米アイランド周辺は

飲食店はけっこうあるんですが

ランチ営業しているお店が少ないのです
20230424_120058_copy_1024x76820230423_125450_copy_1024x768






だからってコンビニで済ますのも味気ない・・・
20230424_161406_copy_1024x768






ホテル内のレストラン「アカバナ」は

営業していない日もあるので要注意

そこで覚えておきたいのが、先日もご紹介した

ホテル周辺のおススメ飲食店御三家

・はなくめ(木曜休み)※ランチのみ
・亀吉(火曜休み)
・波路(日曜休み)


ホテル周辺の雰囲気はこんな感じ↓




さて、私が2日目の昼食に選んだのは

亀吉

20230423_131809_copy_1024x768






はじめて入るお店と思ってたんですが

メニューに載ってる“ざるもずく”を見て思い出した

ここ、前に来た事あるわ!

しかもしっかりブログにも書いてたし(笑)

久米島“亀吉”さんのざるもずくに感動っ!

(2011年1月19日)

感動も12年もするとすっかり忘れるようです・・・


メニューはこんな感じ
Gallery_1682245915508_copy_1410x1057Gallery_1682245885827_copy_1410x1057






Gallery_1682245897333_copy_1410x1057Gallery_1682245907098_copy_1410x1057






今回はベタに“ゴーヤチャンプルー定食”

分厚く切られたまぐろの刺身が付いて

880円って安すぎません?
20230423_132603_copy_1024x76820230423_132609_copy_1024x768






チャンプルーも刺身も大満足のランチでした♪


さて、それじゃー夜は“はなくめ”に行ってみようかと思ったんですが

ここ、ランチのみやった・・・

波路は定休日だし・・・

ホテルの目の前の“南島食楽園”は前に行ったしなー
(ここで食べたのは覚えてた)
20230423_202059_copy_1024x768






てことで

亀吉アゲイン(笑)
20230423_201329_copy_1024x768






今度は“寿司定食”

握り寿司とミニ久米そば付きです
(そばのダシがめちゃ美味しかった)
Gallery_1682250887698_copy_1024x76820230423_195352_copy_1024x768






定食って軽いネーミングの割に

お寿司は味も見た目も本格的

ネタも大きくてボリューム満点な定食でした
20230423_200641_copy_1024x768






これで1595円ってこれまた安すぎでしょ!



3日目

もうこのあとは全部亀吉でええやん

ってほど亀吉が気に入ってしまったのですが

それではレポートにならないので

3日目昼食に選んだのは

はなくめ

この日はご主人のワンオペにつきこんな張り紙が(笑)

時間に余裕がないときは気を付けましょう
20230424_122426_copy_1024x76820230424_122417_copy_1024x768






メニューはこんな感じ
20230424_120438_copy_2000x150020230424_120619_copy_2000x1500






魚フライ定食にしようと思ったけど

本日のおススメが気になったので

“鯖の唐揚げ定食”を頼みました

お値段は950円

今回もデフォルトでミニ久米そば付き

鯖は全然臭みがないし

唐揚げと言っても全然脂っこくない

ソースを掛けなくても味がしっかりしているので

何もつけずにそのまま美味しく頂きました
Gallery_1682332276534_copy_1024x76820230424_121236_copy_1024x768






麦茶・アイスコーヒーは無料で飲み放題でした♪
20230424_120449_copy_1024x768






さて、最後の自由食は迷う必要がないですね

3日目夕食はもちろん

波路
20230424_194927_copy_1024x768






メニューはこんな感じ
20230424_195227_copy_2000x150020230424_195312_copy_2000x1500






店構えからしてお高いイメージでしたが

けっこうリーズナブルですね

しかも1人でも気軽に利用できるカウンターもありました

久米島は車エビの養殖でも有名ですので

ここはやっぱり“車エビフライ定食”でしょ
20230424_200101_copy_1024x768






自家製のタルタルソースはめちゃクルーミー

頭からぶち込んで頂きましょう♪
20230424_200107_copy_1024x76820230424_200857_copy_1024x768






定食には全てお刺身付きなんですが

みそ汁は

これ豚汁定食ですか?

ってほど具が多いし

お刺身も

これ刺身定食ですか?

ってほどのボリューム
20230424_200150_copy_1024x76820230424_200118_copy_1024x768






おまけの刺身でこれだけ厚みのある刺身出す必要ある?

前に京都の魚問屋で食べたお刺身定食なんて

これだけで935円だったのに・・・
d5353b7f







久米島の人は

観光客からぼったくったろ

みたいなことを考える人はいないんですかね?(笑)

海老フライ定食・豚汁定食・お刺身定食

をミックスしたような内容で

1650円とか良心的すぎます・・・




今回は自由食ばかりのツアーでしたが

どれもハズレがなくて美味しかったです♪

ぜひ、久米島へお越しの際は利用してみてくださいね

※観光シーズンは事前予約をおススメします
FotoGrid_20230425_153341803_copy_1024x768








話は変わりますが

ファミマに売ってたこの

“名護ひがし食堂ぜんざいバー”もおススメ

これ沖縄限定なのかな?

滞在中、2回食べてしまった(笑)
20230423_135829_copy_1024x768






はなくめも亀吉も波路も

帰り道にファミマがあるので

食後はぜんざいバーを買って食べながら帰る

これが最高です♪

【姫路駅グルメ】飛龍のバチヌードルって知ってる?

100名城ツアーの帰り

JR姫路駅で夕食を食べて帰りました

姫路駅ってめったにこないので

全然お店は知らないんですよね・・・

ウロウロ歩いていると東口に

“飛龍”ってお店を発見

昔ながらの中華屋って雰囲気です
20230418_182359_copy_1024x768






メニューはどれも激安!

この立地でこのお値段

ほんと大丈夫なのか・・・
Gallery_1681814215793_copy_1410x105720230418_181940_copy_2000x1500






初めてのお店でどれを頼んでいいか分からなかったので

“当店自慢”って書かれた

“バチヌードル”なるメニューをオーダー

なんでバチかは知らんけど

ま、なんでもいいわ


出てきたバチヌードルがコチラ
20230418_180726_copy_1024x768






揖保乃糸って書いてあったので

ラーメンの麺が素麺になっただけかと思いきや

そもそもラーメンって感じではないですね

味はあっさり塩味のスープ

具はエビ・イカ・アサリに

竹の子・白菜・人参などなど

麺は素麺なんだけど、ちょっと何か違う

何はともあれ

これ、美味しい!!

中華料理というより

雑炊を食べている感じです


なんかお腹にも優しい味だし

お財布にも優しい

だってこれ

530円ですよ!

食べたあとに知りましたが

バチヌードルのバチ

素麺を作るときにでる端っこの太い部分

これを“バチ”と呼ぶそうで

このバチを使っているからバチラーメンだそうです


ぜひ、皆さんも姫路駅をご利用の際は

飛龍のバチラーメンを食べてみてくださいね!

【倉敷グルメ】みそかつの名店・梅の木って知ってる?

京都の桜シーズンも一瞬にして過ぎ去り

アウトプットがちょっと落ち着いたので

先日行った倉敷ツアーの振り返りです

新幹線日帰りツアーでは

昼食は美観地区で自由昼食

倉敷川沿いはどこも混んでいるので

えびす通商店街のお店が比較的利用しやすいですが

やっぱりデミカツで人気の“かっぱ”は行列ができていました
20230331_115354_copy_1024x768






以前、プライベートで行ったときも

入店するのに50分かかったんだっけ・・・

島旅部・冬のひとり合宿3日目【倉敷・美観地区◆

(2019年1月19日)

岡山ではご当地グルメとして“デミカツ”が人気ですが

倉敷には“みそかつ”の名店があります

その名は“梅の木”

以前にこのブログでもご紹介したのを覚えていますか?

倉敷の名店“みそかつの梅の木”

(2006年12月15日)

結構前の話しでしたね・・・(笑)

タイミングよく2組待ちだったので

16年ぶりに食べてきました!
20230331_115634_copy_1024x768






メニューはこんな感じ

ハンバーグやカニクリームコロッケも気になるけど

やっぱり梅の木と言ったら

みそかつが食べたいですよね
20230331_115722_copy_2000x1500






こちらがみそかつ定食(1100円)
Gallery_1680250988069_copy_1024x768






油で揚げず、フライパンで焦げ目をつけ

オーブンで焼くの軽い口当たり

なんとも上品なヒレカツです
20230331_121325_copy_1024x768






キャベツやご飯の盛り方も美しい・・・
20230331_121331_copy_1024x768






梅の木さんでは味噌ダレはカツに直接かけず

つけて食べるスタイルです
20230331_121746_copy_1024x768






16年前の私も書いていましたが

卓上に置かれたからしを付けると味変を楽しめます
(自分で書いておきながら途中まで忘れてた)

梅の木さんは倉敷駅から美観地区へ行く途中

倉敷中央通り沿いにあります

倉敷へお越しの際はぜひ

みそかつの名店、梅の木で

罪悪感のないサクサクの味噌カツを食べてみてくださいね

この動画の途中でお店を紹介しています↓
(3:30くらい)



【金木グルメ】丸一食堂の“エビラーメン”♪

今回の津軽鉄道ストーブ列車ツアー

2日目は金木で自由昼食でした

お店はポツポツあるんですが

どこも不定休だし

どこも提供に時間がかかるし

団体で自由昼食にするにはちょっと厳しい・・・

一番無難なのは三味線会館と斜陽館の間にある

“産直メロス”かな

食券制で席数は25席くらい


斜陽館近くで比較的キャパが大きいお店は

こちらの“ぽっぽ家”

しじみラーメンが人気のようです
20230217_125700_copy_1024x768






ただ添乗員的にはお客様に迷惑がかからないよう

お客様がいかないようなお店で食べたいですよね

てことでぽっぽ家の向かいにある

こちらの“丸一食堂”で食べることにしました

見た目がちょっとアレですが
20230217_125740_copy_1024x768






店内も予想通りの展開でした(笑)

昭和で時が止まったかのようです
20230217_130434_copy_1024x768






お店というか

ほぼ家(笑)
20230217_125957_copy_1024x768






メニューはどれも激安です
20230217_130117_copy_1024x768






今回は丸一食堂で一番人気の

エビラーメン(600円)をオーダー
20230217_130659_copy_1024x768






やさしい塩味のスープに細目のストレート麺

具はキャベツ・玉ねぎ・豚肉・小エビ

小エビの量がちょっと尋常じゃないです(笑)

何かの間違いかと思うほど入っています

このエビラーメン

めっちゃ美味しかったです!!

これで600円て

採算とれてるのか???
20230217_131023_copy_1024x768







あ、懐かしの黒電話発見!

ただの置物かと思いきや

普通にリンリン鳴ってました(笑)

黒電話、現役なんかーい!!
20230217_132206_copy_1024x768







めっちゃ素朴な老夫婦で切り盛りしているので

サーブは遅めなのでお客様にはちょっとおススメできませんが

金木へお越しの際は是非食べてみてください!




出雲市駅近くの本格出雲そば「羽根屋」♪

先日の3大美術館めぐりツアー

2日目は出雲市のセンチュリオン出雲に泊まったんですが

夕食が自由夕食でした

出雲と言えば出雲そば!

他は?って考えても

思い当たらない・・・(笑)

やっぱりここは出雲そばか!


出雲市駅周辺のお店とか全然知らないしな・・・

あまり時間もなかったのでGoogleマップで周辺のお店を調べたら

それ程遠くない場所に1軒のお蕎麦屋さんがありました

それがコチラ

“献上そば・羽根屋”
20230206_185713_copy_1024x768






クチコミの評価も良さげなのでここに決定!

さっそく行ってきました

20230206_185543_copy_1024x76820230206_185559_copy_1024x768






※閉店直前に撮影したので人がいませんがかなり人気のお店のようです


メニューはこんな感じ

シンプルでリーズナブルなメニューから

定食まで豊富に揃っています
20230206_182331_copy_2000x1500_120230206_182341_copy_2000x1500






出雲そばでまず迷うのが

“割子”“釜揚げ”

割子は割子(わりご)と呼ばれる丸い容器に小分けされているお蕎麦(基本は3段)

釜揚げはそばを茹でたあと、そのまま蕎麦湯ごと容器に移したお蕎麦

どちらもつゆに漬けて食べるのではなく

つゆも薬味も直接容器にかけて食べるのが出雲流です

そう言えば、釜揚げの出雲そばって食べたことないかも

てことで今回は

“天ぷら釜揚げ(1700円)”をオーダー
20230206_184142_copy_1024x768






とろみのある蕎麦湯に蕎麦が浸っているので

とっても優しいお味です
(蕎麦湯が苦手な方はオススメしません)
20230206_184153_copy_1024x768






クチコミでも「天ぷらが美味しい」

と書かれていましたが

確かにめっちゃ美味しい!!

天ぷらだけ食べに来てもいいくらい美味でした

野菜の天ぷらが入ってないのが好感持てます(笑)

内容は

・さつま揚げのような揚げ物
・何かのすり身(聞くの忘れた)
・イカ
・エビ


でした
20230206_184202_copy_1024x768






出雲地方のご当地スパイス

“万国(よろずくに)七味唐辛子”にも相性バツグン
20230206_183808_copy_1024x768






風情のあるお庭もいいですね
20230206_183551_copy_1024x768






献上そばって名前ですが

かつて大正天皇に献上したことがあるので“献上そば”だそうです

今回食べたのは本店でしたが

他にも“出雲文化伝承館店”“大津店”があるそうです

営業時間が短いので行かれる際は営業時間に注意しましょうね

島根の地域クーポン

“しまねっこペイ”でも支払いもOKでした


さて、食後は出雲市駅周辺をブラブラ
20230206_192011_copy_1024x76820230206_191952_copy_1024x768






駅構内のお店でも“しまねっこペイ”が使えますが

やっぱりアプリのみってお店が多いですね
20230206_191313_copy_1024x76820230206_191239_copy_1024x768






セブンイレブン内にもお土産が買えます
20230206_191912_copy_1024x768







そういえば以前

個人で出雲に行った際も出雲そばを食べまくったな

「荒木屋」は出雲大社のそば

「ふなつ」は松江城のそば

行列のできる蕎麦屋【荒木屋&ふなつ】

(2017年5月8日)


てか添乗中の自由食でもYouTubeのお散歩動画でも

蕎麦ばっかり食べてるな・・・

【鎌倉ランチ】謎のごり押しメニュー・鎌倉源平そばを食べてみました。

さて、今回の年越しツアー

3日目の鎌倉は自由昼食でした

鶴岡八幡宮へ行く途中

“手打ちそば なかむら庵”

って美味しそうなお蕎麦屋を発見

参拝が終わったらここで食べよ♪

と再び戻ってみると・・・

人気店だったようで、ご覧の通り行列ができていました
20230102_121740_copy_1024x768






その数軒お隣にも

如庵ってお蕎麦屋を発見

ここは全然並んでない

というか店頭でおばちゃんが必死に呼び込み中

お店の中は3人しか入っておらずガラガラ

この状況

どう考えても味は期待できんやろ・・・
20230102_121716_copy_1024x76820230102_121708_copy_1024x768






でもお店を選んでいる余裕はないので

とにかく入ってみました

お店の外でもセールスが強めでしたが

お店の中でもやたらおススメメニューをごり押ししてくる(笑)

天邪鬼なのでおススメされると別のメニューを頼みたくなるんですが

先に入店していた2組もおススメメニューを頼んでいたので

釣られてお店のごり押しに付き合うことにしました

そのごり押しメニューがコチラ

鎌倉源平そば
(1650円)

20230102_115848_copy_1024x768






会社の支給金額の倍以上ですが

まぁお正月なので気前よくいきましょう!


金額より気になるお味ですが・・・

めっちゃ美味しかった!!

1650円払った価値はありましたね

この源平そばと呼ばれる紅白のお蕎麦

1本の麺に赤い部分と白い部分がある面白いお蕎麦

お店の方が言うには

日本でもここでしか食べれないそうです
(ほんまかは知りません)

赤い部分は中国で発見されたレアな麹

紅麹(べにこうじ)の色です

薬味はジンジャーと柚子の2種
(生姜とは呼ばずあくまで“ジンジャー”)

それぞれの味が混ざらないよう

つけダシも2つ用意されています
20230102_115854_copy_1024x76820230102_115915_copy_1024x768






・薬味はよくかき混ぜる!
・食べる際はダシをたっぷる付ける!
・2種類のダシは先に柚子から食べて!
・ワサビは柚子の方しか入れないで!
・天ぷらにつける塩は8種のうち4種しか使わないで!

って色々とこだわりがあるのがウケる(笑)

実際の映像がコチラ↓


期待していなかったのもあるんでしょうけど

蕎麦も天ぷらもほんまに美味しかった!!

おっきな海老天はプリっプリ♪

天ぷらだけでも価値があります

源平そばも細いのにコシが強くて美味しかった〜♪
(更科蕎麦みたいな食感です)


こんなに美味しいのになんでガラガラだったんだろ?

後から混んできたのでタイミングが良かったのか?

皆さんも鎌倉へお越しの際は

ぜひ、如庵で鎌倉源平そばを食べてみて下さいね

でも店内はめちゃ狭くてカウンター席しかなく

源平そばは数量限定ですのでご注意下さい!!


【京都グルメ】グリル小宝の名物・オムライス♪

前回は平安神宮の近所にあるウサギの神社

岡崎神社をご紹介しましたが

今回は平安神宮から岡崎神社へ行く途中にある

人気の洋食店をご紹介

それがコチラ

グリル小宝
20221222_142232_copy_1024x768






いつ通ってもお店の前には行列ができていて

前から気になっていたんですよね

この日も岡崎神社へ行く際に通ったときは列ができていたんですが

帰りに寄ったら前に2組しかいなかったので

小雨が降る中、珍しく並んで待ちました
(実は予定していたお店がことごとく休みだったのです)

お店の雰囲気は純喫茶のようですが

お値段はそこそこしますね(笑)

カニクリームコロッケ

2個で2350円か・・・

しかもライスは別料金・・・
20221222_140717_copy_1600x120020221222_140822_copy_1600x1200






お店は純喫茶のようなのに

しっかり全席禁煙なのは嬉しい♪

IMG_20221222_152116_copy_1024x76820221222_141216_copy_1024x768






はじめてなので何を頼むか迷いましたが

クチコミを見ているとダントツ人気なのが

オムライス

何故かオムライスだけ庶民的なお値段で

小720円・並1100円・大1650円

写真は中サイズです
(大はSNS映えするほどデカいです)
20221222_140324_copy_1024x76820221222_140333_copy_1024x768






流行りのふわとろオムライスではなく

昔ながらの薄皮

正統派オムライスです

中のケチャップライスに使われているのは

鶏肉でもひき肉でもなく

牛肉と豚肉のブレンド

しっかりした食べ応えがあります

※ライスはリゾットみたいに柔らかめなので好き嫌いが分かれるかも


そしてこちらのお店の人気のヒミツである

ドビソース(デミグラスソース)が濃厚で美味しい

ソース2倍の場合はプラス170円
20221222_140508_copy_1024x76820221222_141318_copy_1024x768






中サイズでもかなりのボリューム・・・

女性は小でいいんじゃないでしょうか
(常連さんはシェアして食べているようです)
20221222_141148_copy_1024x768






“グリル小宝”ってお店の名前も縁起が良くていいですね

2023年の初詣は

子宝のご利益のある岡崎神社とグリル小宝

子宝&小宝詣

なんてどうですか?

位置関係はこんな感じです

スクリーンショット (300)






あ、ちなみに

年始の営業は5日からなのでご注意ください(笑)
20221222_142221_copy_1024x768







私がこの日行こうとしていた岡崎エリアの人気店

“山元麺蔵”は3日から

“おかきた”は5日からの営業です

【京都グルメ】平安神宮の帰りは“山元麺蔵”♪


【空港グルメ】徳島空港と言えば〇吸い!!

昨日の東海道新幹線のトラブルは大変でしたね

17時に運行再開されたそうですが

19時すぎでもこんな様子・・・
IMG_20221219_094408_copy_1024x76820221218_192439_copy_1024x768






こんなカオスな状況の中

添乗員さんも何名か見かけました

無事に目的地まで帰れたのでしょうか?

私もJR絡みのトラブルは何度も経験していますが

ここまで酷いのはないな・・・


新大阪駅の様子はこんな感じ↓



さて、今回の飛鳥ツアーで利用した

徳島阿波おどり空港

徳島空港を利用するのは恐らくこのツアーぶり

四国周遊ツアー2日目♪
(2010年10月10日)

幼なじみのガーくんファミリーは元気にしてるのかな?


1階にはANAとJALのカウンター
20221217_141903_copy_1024x76820221217_142152_copy_1024x768






到着ロビーの横にはセブンイレブン

そして充電コンセント付きのフリースペース

このフリースペースめちゃ快適!!

リムジンバスを2時間待つ添乗員にとってはオアシスでした♪
20221217_141833_copy_1024x76820221217_141817_copy_1024x768






徳島空港は珍しく、売店や出発口は3階です
(2階は空港会社の事務所)

エスカレーターも3階まで直通
20221217_142811_copy_1024x76820221217_142727_copy_1024x768






3階には売店、出発口の他

飲食店と展望ホールがあります
(ほとんどのお店でクーポンOK)
20221217_142555_copy_1024x76820221217_142509_copy_1024x768







徳島空港はこんな感じ↓


大塚国際美術館でお昼を食べ損ねたので

添乗員さんは空港内で遅めのランチを食べました

飲食店はフードコート内に3店舗

あとカフェが1店舗あるようです
20221217_142616_copy_1600x120020221217_144808_copy_1024x768






徳島ラーメンも食べられるようですが

今回は“空港名物・肉吸い専門店”

肉吸いセット(880円)をオーダー
20221217_143622_copy_1024x768






見本写真のように豆腐は入っていませんでしたが・・・

味はめちゃ美味しかったです!

美術館で1100円でカレーを食べりより

こっちで食べて正解でした♪


なんでもこのお店はは

徳島空港と言えば肉吸い!

と呼ばれるように頑張っているそうです


ちょっとムリがあるかないかは別として

味はほんと美味しかったので

徳島空港をご利用の際はぜひ食べてみて下さいね♪


大阪いらっしゃいキャンペーンのクーポンで何たべる?

10月11日から始まった

全国旅行試練

じゃなかった

全国旅行支援

皆さんはどこか利用して出かけましたか?

大阪では10日まで行われていた

“大阪いらっしゃいキャンペーン2022”

が新たに

“日本中から大阪いらっしゃいキャンペーン2022”

にバージョンアップ

全国からお客様のお越しをお待ちしているわけですが

今回は大阪いらっしゃいキャンペーンのクーポンが使えるお店のご紹介

第2弾です

以前、ホテルに2泊した際にもらった3500Pの使い道はコチラ

【検証】大阪いらっしゃいキャンペーンのクーポンは本当に使い道がないのか?


この記事のあと、さらに2泊して

再び3500Pゲット♪



まずは会社の帰りに晩ご飯で寄った

“大阪王将梅田太融寺店”

ここで中華丼定食

950P
IMG_20221004_194916_copy_1024x768






大阪王将は他の店舗でも使えるお店が多いです


残りは全てJR新大阪駅構内のお店で使いました

在来線の改札前にあるエキマルシェ新大阪Sotoe

ここにあるお店はほとんどのお店で使えるんじゃないかな?

例えば・・・

“ビフテキ重・肉飯 ロマン亭”

定番メニューの“ロマン亭錦重”

1150P
IMG_20221002_190659_copy_1024x768







同じフードコート内にある

関西では珍しい氷見うどんの“麺つるり”

“かき揚げ天ぶっかけうどん”

新大阪駅構内ではかなりリーズナブルなメニューでした
(炭水化物まみれやけど・・・)

870P
IMG_20221009_181333_copy_1024x768






お次は以前ブログでも紹介した

新大阪駅構内の飲食店で一番好きなお店

“焼肉の松屋”

もちろん食べたのは“漢のランチ”

1030P

あ、ここは200円ほどオーバー(笑)
IMG_20221010_112808_copy_1024x768






個人的に、松屋でクーポンが使えるのはかなり嬉しかったです♪

【新大阪駅グルメ】松屋の“漢のランチ”♪


こんな感じで新大阪駅の構内ではほとんどの飲食店で

大阪いらっしゃいキャンペーンのクーポンが使えます♪

てことで・・・

キャンペーンが全国拡大になる直前の10月10日

再度、新大阪駅近くのホテルに宿泊してきました(笑)

これでまた1500Pゲット♪
IMG_20221020_165445_copy_1024x768






今回利用したのもエキマルシェ新大阪Sotoeのフードコート

前から気になっていたお寿司屋さん

“魚がし日本一”

1480P

今回は20円余った(笑)
IMG_20221010_194248_copy_1024x768






いくつかある握りのセットで真ん中くらいのメニューですが

駅の構内とは思えないクオリティ

なかなか美味しかったです♪
IMG_20221010_194306_copy_1024x768







さて、新大阪駅構内だけでも色々使える

大阪いらっしゃいキャンペーンのクーポンですが

多くの旅行会社で予算の上限に達しているようですね・・・
(ウチの会社でも宿泊は11月16日出発まで)
スクリーンショット (32)




でもこれは“旅行会社”の予算枠の話し

ホテルでは“ホテル独自”の予算枠もあるので

ホテルの公式サイトを調べると

まだ全国旅行支援が使えるプランも残っています

正直、県民割の時より宿泊料は若干(?)上がっているので

平日でクーポン3000円の日じゃないと魅力がないかな?

ちなみに・・・

11月3日11月23日の祝日は

日帰りツアーだと祝日扱いで1000円ですが

宿泊の場合はチェックアウト日が平日なので

平日扱いでクーポンは3000円もらえますよ♪


【長浜グルメ】“ぶぶあん”の焼き鯖そうめん♪

先日、またまた“ビワイチ”へ行ってきました

と言っても今回は自転車ではなく自動車

運転は自分ではなく友人

と、至れり尽くせりなビワイチです
IMG_20221023_123918_copy_1024x768IMG_20221025_163913_copy_1024x768






土曜日だけあってめっちゃサイクリストが多かったな〜
IMG_20221023_113515_copy_1024x768IMG_20221023_145421_copy_1024x768






ランチは長浜へ
IMG_20221023_122011_copy_1024x768






前から気になっていたお店があるのですよ

それがこの“ぶぶあん”

先日のビワイチで後泊したホテルのすぐそばにある

うどんや定食など、和食がメインのお店です
IMG_20221023_121251_copy_1024x768IMG_20221023_121327_copy_1824x1368






1回目の時は閉まってて

2回目は竹生島行くのに時間がなくて

3回目も閉まっていたんですよね
IMG_20221023_121234_copy_1024x768IMG_20221025_164200_copy_1024x768






念願かなってやっと入店できました

もちろんお目当ては“焼き鯖そうめん(980円)”

今回は“ごはんセット(1130円)”でオーダー
IMG_20221023_115022_copy_1024x768






写真じゃ伝わらないんですけど

めっちゃつゆだくで衝撃でした(笑)
IMG_20221023_115026_copy_1024x768






“鯖そうめん”というか

“鯖入りにゅうめん”って感じかな?

今まで食べたことのある鯖そうめんは

木ノ本の“すし慶”(写真左)

黒壁スクエアの“翼菓楼”(写真右)

b71dd0fe7d830932






どっちも汁なしで出てきたので

鯖そうめん=汁なし

ってイメージだったんですが

こんなつゆだく系の鯖そうめんもあるんだと勉強になりました

汁はあっさりめですが

焼き鯖の味付けがしっかりしていてご飯がすすみます

お店を切り盛りしているご夫婦もめちゃ親切で

なんともアットホームなお店でした♪
IMG_20221023_114716_copy_1024x768






この日は自転車では回れなかった菅浦へも行けたし

サイズは小さめだけど

しっかりバスも釣れたし

友人はでっかいギルも釣れたし

かなり充実した1日でした
IMG_20221023_163707_copy_768x1024IMG_20221023_162923_copy_768x1024








やっぱり車は便利だわ♪


あ、先日のビワイチの行程を

37分でまとめてみました


37分て長いわ!!

って突っ込まれそうですが

2泊3日で207キロの行程ですよ

もともとの動画の尺は3時間20分
IMG_20221025_171204_copy_1409x1059






これでもかなり頑張ったのです

37分と聞くと見る気が失せますが

見始めるとあっという間です

ぜひ、秋の夜長は動画でビワイチをお楽しみください♪

【検証】大阪いらっしゃいキャンペーンのクーポンは本当に使い道がないのか?

全国旅行割が10月11日からスタートする絡みで

県民割もほとんど延長対応

大阪いらっしゃいキャンペーンも

9月30日から10月10日まで延長になりました

大阪いらっしゃいキャンペーンって

クーポン貰っても使う場所が少ない!

ってイメージがありますよね

自分もそう思っていたんですが

実際に利用してみると

けっこう使えました♪

参考までに今回のキャンペーンでもらった

3500Pで利用したお店を紹介しますね



まずは新大阪駅の近くにあるインド料理店

“パリワール新大阪店”で日替わりランチ

700P
IMG_20220920_121102_copy_1024x768






お次は難波のなんばウォークにある和食屋

“さらしな廣田屋”でカキフライ定食

930P
IMG_20220925_105437_copy_1024x768






このブログでも何度も紹介している

梅田の阪急三番街にあるうどん屋

“兎麦”でカレーうどん

800P
IMG_20220926_200630_copy_1024x768






最後はコチラ

同じく三番街の北館

UMEDA FOOD HOOLの

“矢場とん”でヒレカツ丼

1070P

あ、これはちょっと足がでて300円ほど払った(笑)
IMG_20220927_201004_copy_1024x768






どうです?

意外と使えるでしょ

これでスッキリ3500Pを使いきりました
Screenshot_20220927_200902_copy_768x1438








大阪いらっしゃいキャンペーンで利用できたお店は

恐らくそのまま全国旅行割のクーポンも対応してくれると思います

特に別途申請とかしなくていいからラク♪

って兎麦の店員さんが言っていました


大阪いらっしゃいキャンペーン

終了まであと1週間ほどあるよね・・・


どうにかあと2泊くらいできんかな(笑)


【京都グルメ】京都で食べたいスパイスカレー“ダウチカレー”

しばらく滋賀県の記事が続いたので

今日は京都ネタです

ここ数年、スパイスカレーって人気ですよね

大阪はもはやご当地グルメみたいになってるし


この夏、祇園祭の宵山へ行った際

丸太町に美味しいスパイスカレーのお店があると聞いて

さっそくランチに行ってきました

お店の名前は

Da.uchi Curry(ダウチカレー)

京阪・神宮丸太町駅から徒歩10分弱

駅から中途半端に距離があるので

知る人ぞ知るって感じのお店です
IMG_20220721_124332_copy_1024x768IMG_20220721_121517_copy_1024x768






カレー屋とは思えぬ洋風でスタイリッシュな手書きメニュー

それもそのはず

このお店は元フレンチのシェフが作るスパイスカレーなのです
IMG_20220721_120913_copy_1094x1459








実はスパイスカレーを食べるのはこれが初めて

スパイスカレーって単品でも頼めますが

基本的には2種類とか3種類とか

違カレーをあいがけにしてオーダーするのがメジャーみたいです

こちらはタコのカレーとエビのカレーの2種あいがけ

見た目もめっちゃ写真映えしますよね
IMG_20220721_122650_copy_1024x768






ぷりっぷりのタコに

これでもかってほどゴロゴロ入った海老

まずは具の多さにびっくりです

カレーは辛すぎないので、カレーが苦手な方でも食べやすいと思います
IMG_20220721_123045_copy_1024x768IMG_20220721_122946_copy_1024x768






付け合わせの野菜も1つ1つ丁寧に調理されているのが伝わってきます
IMG_20220721_122934_copy_1024x768






この動画の冒頭にちょこっと登場します




で、今回のビワイチ&長浜観光のあと

京都で再度ダウチカレーに行ってきました

今回は3人でディナータイムに利用

オードブルから頂いたんですが

さすがフレンチのシェフって感じでどれも美味しかったです
IMG_20220916_182735_copy_1024x768IMG_20220916_185853_copy_1024x768






今回もタコが食べたかったけど

メニューになかった・・・
(メニューはその日の食材の仕入れによって変わるのです)

てことでこちらはエビカレーとサーモンカレーの2種あいがけ

もちろん今回も絶品でした♪
IMG_20220916_190000_copy_768x576







てか2回続けて魚介類を頼んでしまった・・・

今度は肉系のカレーを食べなあかんな・・・

デイナータイムはデザートも注文できるので

コース料理としても楽しめますよ♪
IMG_20220916_195752_copy_1024x768








さてさて、それにしても気になる

“ダウチカレー”の“ダウチ”

ヒンドゥー語で〇〇

とかそんな意味かと思ったんですが

オーナーさんの名前

“ウチダ”が由来だそうです(笑)
IMG_20220721_124401_copy_1024x768






近くに京都御苑くらいしか観光地がないので

観光客がフラッと入るような立地ではないですが

わざわざ食べに行っても損はない

そんなお店でした♪



【大阪グルメ】“焼賣太樓”って知ってる?

帝国ホテルと白浜アドベンチャーワールドツアーの続きです


帝国ホテル大阪で業務が終了したあと

せっかくなのでホテルのお隣

OAPタワーで夕食を食べて帰りました

飲食店が数店舗入っているのですが

今回利用したのが

焼賣太樓(しゅうまいたろう)

大阪・桜橋で60年以上愛されている大衆中華

焼賣太樓のOAPタワー店です
IMG_20220830_195809_copy_1024x768






すいません

大阪で20年以上仕事をしていますが

初めて知りました・・・


看板メニューは

“桜橋しゅうまい”
(520円)

そのほかに

胡麻たっぷりのあんかけラーメン

“胡麻そば”
(750円)

ほうれん草と玉子、塩だけで味付けした焼き飯

“グリーン炒飯”
(650円)

が3大名物だそうす

今回は胡麻そばと桜橋焼売をオーダー
IMG_20220830_201432_copy_1024x768IMG_20220830_201659_copy_1024x768






あんかけ系のラーメンはあまり好きではないのですが

めちゃ美味しいやん!!!

個人的にも胡麻は大好きなので

これはかなりヒットです!

具がもやしと豚肉ってシンプルさもいい!


焼売は驚くほどではないですが

普通に美味しかったです(笑)

2個からオーダーできるのもいいですね

胡麻そばはハーフサイズもあったので

・胡麻そばハーフ(450円)
・焼売2個(260円)
・グリーン炒飯(650円)


って3大名物づくしもいいかも!

リーズナブルな料金設定も嬉しいです


そういえば大阪名物のグルメって

自由軒のカレーくらいしか知らんな・・・

【新大阪駅グルメ】松屋の“漢のランチ”♪

夏休みの旅行で新大阪駅へお越しの方も多いと思うので

個人的に新大阪駅でよく利用するお店をご紹介

それがコチラ

新大阪駅構内の商業エリア“アルデ新大阪”にある

大阪焼肉 松屋(新大阪店)
IMG_20220731_142355_copy_1024x768IMG_20220731_142158_copy_1459x1094






ここでいつもオーダーするのが

漢のランチ(1199円)

あ、ちなみに“カンのランチ”ではなく

“おとこのランチ”と読みます(笑)


石焼鍋の中に、松屋の代名詞である“ハラミ”と玉ねぎが入っています

ハラミって名称は松屋が考案したんだとか

お肉の量は“元祖ハラミランチ”の1.5倍ってことですが

なんか以前より少なくなっているような・・・
IMG_20220731_121447_copy_1024x768IMG_20220731_121430_copy_1024x768






これは2020年撮影の同メニュー

うん、明らかに減ってる!(笑)

しかもこの時は1099円だったはず
IMG_20201024_140929_copy_1024x768






100円値上がりでボリュームダウン

まぁこのご時世では仕方がないですね(泣)

それでもコスパも味も良いです

ご飯もおかわり自由だし

野菜が玉ねぎだけってシンプルなのもいい

そして付け合わせのバターコーンが美味しい!!

コーンがめちゃ甘いので

いつも口直しとして最後に食べます♪
IMG_20220731_121505_copy_1024x768IMG_20220731_122159_copy_1024x768






付け合わせの料理まで美味しいお店って信頼できますよね

個人的に

定食の味噌汁が美味しいお店は信頼できる証

と思ってる(笑)

皆さんも新大阪駅へお越しの際はぜひ

松屋で焼肉食べてスタミナ付けて

暑い夏を乗り切りましょう!!

ランチメニューは17時までやっているので

早めの夕食にもおススメです♪








【奄美グルメ】“ひっきゃげ”って知ってる?

奄美大島で名瀬市内に泊まる際

いつもお客様に案内するのが

“グリーンストア入舟店”

奄美のお土産も扱っている

観光客にも人気のスーパーです

宿泊先のウエストコート奄美からも近いし便利だったんですが・・・

現在改装工事中

オープンは7月1日の予定だそうです
IMG_20220421_175055_copy_1024x768






ホテルからの近さ重視だと“123MART”

ってコンビニでもお土産は買えます

ちなみに2階はファミレスの“ジョイフル”
(ほんま九州はジョフル多いな・・・)

IMG_20220421_174745_copy_1024x768






バスガイドさんに

グリーンストアならアーケード内にもあるよ!

って教えてもらったので

ティダモール中央通りへ行ってみました
IMG_20220421_175417_copy_1024x768






こちらが“グリーンストア末広店”

2階建てでお土産コーナーもちゃんとあります
IMG_20220421_175637_copy_1024x768IMG_20220421_190144_copy_1024x768







そんな店内で気になるものが・・・

ひっきゃげ???
IMG_20220421_190401_copy_1094x1459









奄美の変わった食べものといえば

“ミキ”が有名ですが

“ひっきゃげ”は初めて聞いたな・・・

気になるので買ってホテルで食べてみました

IMG_20220421_192331_copy_1024x768






材料:いも・もち・砂糖

以上!!

お味の方は・・・

材料そのまんま

サツマイモ味のお餅でした(笑)
IMG_20220421_192504_copy_1024x768






これ1パックが1人前なのかな?

適量がわからん・・・
(美味しいけど途中で飽きます)

そもそもこれはどういう時に食べるんやろ?

おかずなのかおやつなのか?

これが完成形なのか?

それともケーキでいうところのスポンジケーキみたいな存在なのか?

もちもち感的には団子にしてもよさげ

茶団子みたいに串に刺したものもあるのか?

謎が謎を呼ぶ不思議な食べ物

“ひっきゃげ”

皆さんも奄美へ行かれた際は是非

“ミキ”と一緒に味わってみては?



“所変われば品変わる”とよく言いますが

郷土色のある食べ物って面白いですよね


郷土色があると言えば・・・

高校野球のポスターにも郷土色を感じました

IMG_20220421_182516_copy_1024x1365









モデルさんがめっちゃ南国顔!!(笑)


【京都グルメ】神泉苑の帰りは“更科”♪

皆さん、二条城のちょっと南にある

“神泉苑(しんせんえん)”って行ったことあります?

二条城から歩いてすぐなのに

意外と足を運ぶ観光客は少ないんですよね

ここは桓武天皇が平安京を造営して以来

歴代天皇の遊宴が行われた場所

京都検定のテキストには7ケ所も出てくるほど

京都を語るうえで欠かせないスポットなのです

特に空海が雨乞い対決を行った場所として有名
IMG_20210317_114147_copy_1024x768IMG_20210317_114343_copy_1024x768






さて、そんな神泉苑から大宮通りを南へ下ると

住宅街の中にポツンとベンガラ色のお店が現れます

こちらが手打ちそばのお店

更科

前から気になっていたので入ってみました
IMG_20210317_115919_copy_1024x768IMG_20210317_120158_copy_1459x1094






地元の人にも人気らしく

常連さんがひっきりなしに来店していました

“天ぷらそば定食(1150円)”が人気のようですが

無性にカキが食べたかったので


“牡蠣そば(1100円)”をオーダー

大粒でぷりっぷりの広島県産牡蠣がゴロゴロ

これで1100円はお値打ちやわ〜

ダシも蕎麦も優しい口当たりで美味しかったです

お店の方もとってもアットホームでほっこりしました♪

IMG_20210317_120611_copy_1024x768IMG_20210502_113514_copy_1024x769







メニューにある

めん類の部・四季の味部・丼物の部・定食の部

ってネーミングがほんわかしてていいですよね(笑)


それにしても極端に部員の少ない

“中華の部”が気になる・・・・・・・

IMG_20210317_120219_copy_1024x768







ちなみに更科と言えば

新京極商店街にある“更科”

ってきしめん屋さんもお勧めですよ♪


京都散歩・コース37【妙心寺・退蔵院・法金剛院】
(2019年7月21日)

【京都カフェ】二条城の帰りは“二条小屋”♪

前回、二条城近くの駄菓子屋さんをご紹介したので

今回は同じく二条城の近くにある

隠れ家的なカフェをご紹介♪

(というかたまたま知ったカフェなんですけどね・・・)
IMG_20210318_120005_copy_1024x768IMG_20210317_111521_copy_1024x768






前回の格子家さんがある大宮通りの2本東側

猪熊通りを北へ下ル
(こんな通り初めて聞いたわ!)
スクリーンショット (61)





立地は住宅街の中にポツんって感じ

お店の名前は

二条小屋

その名の通り小屋みたいに小さい・・・

普通に歩いていたら素通りしてしまうと思います

いや実際、私は通り過ぎたんですが

たまたまお店から出てきた人がいて発見しました(笑)

1620018154002_copy_1024x768






え、こんなところにカフェあるんや!

ってグーグルマップを見たら

けっこう有名なカフェみたい


玄人向けな店構えなので入るのに躊躇しましたが

勇気を出して、いざ入店!
(コーヒー飲むのに勇気はいらんやろ)
1620018263890_copy_1024x7681620018170302_copy_1024x768






店内は、そこだけ時間がゆっくり流れているような不思議な空間

京都にいることを忘れてしまいそう

食器や照明にもこだわりを感じます

客席はカウンターのみ

スタッフはマスター1人

黙々とコーヒーを淹れておりました

1620018245643_copy_1024x7681620018230915_copy_1024x768






メニューは

ホットかアイスかカフェオレか

って感じでシンプルですが

豆の種類が豊富

聞いたことのない品種がズラリならんでいましたが

特徴がざっくり書いてあるので助かりました


なんて豆だったか忘れたけど

とにかく一番コクがありそうな豆をオーダー

注文するとその分だけ豆をミルで挽き

客の目の前で淹れてくれます

なんとも贅沢♪

マスターが紙フィルターにお湯を注ぐと

挽きたての豆が中でムックリ動き出します

なんか生き物みたいでビックリした(笑)

もちろんお味は申し分なく美味しかったです

1620018135017_copy_1024x768






ブログじゃ伝わらないのがもどかしいですが

雰囲気もめっちゃいいんですよ

店内には心地のいいジャズが流れています

途中でそのBGMが止まったんですね

するとマスターが奥の方へ行ってゴソゴソ・・・

何してるのかな〜?って見ていると

レコードを交換していました

このBGM

レコードやったんかい!!


二条城って敷地が広いので見学だけでもかなり疲れますよね

そんな時は帰りに二条小屋で美味しい珈琲で一休み♪

なんて如何ですか?



あ、ただし

長居は無用

ですのでご注意を・・・

IMG_20210503_140504_copy_1024x769







【京都グルメ】平安神宮の帰りは“山元麺蔵”♪

先日、東寺の帰りに寄りたいトンカツの名店を紹介しましたが

【京都グルメ】東寺の帰りは“とんかつ一番”

今日は“平安神宮”のついでに行きたいうどん屋さんをご紹介します

IMG_20210502_185734_copy_1024x768IMG_20210502_185805_copy_1024x768






平安神宮のそばには

京つけものの“大安”があって、日帰りバスツアーなどでよく利用します

その際、いつも並んでいるお店が近くにあったので

前々から気になっていたんですよ

お店の名前は

山元麺蔵

山元麺蔵(公式サイト)


平日、オープンの11時とほぼ同時に行ったんですが
(撮影日は3月中旬)

既に列ができていました・・・
(これでもかなりマシな方)

行ってから気づいたんですが、山元麺蔵のお隣も

これまた行列ができるお店だったんですね

こちらは京うどん・生蕎麦の“岡北”

ってお店だそうです

行列のできる店が2軒ならんでいるので、余計に目立っていたわけだ!!

最初

「今からだと13時半になります・・・」

って言われたんですが、なんとか都合をつけてくれ

「12時15分に戻ってきてここに並んでください」

って運びになりました

なので先に平安神宮の参拝へ

IMG_20210315_114507_copy_1024x768IMG_20210315_121541_copy_1024x768






山元麺蔵さんは“土ごぼうの天ぷら”が有名だそうなので

“土ゴボウ天ざるうどん(1100円)”をオーダー
IMG_20210315_121830_copy_1459x1094IMG_20210315_122824_copy_1024x768






あ、このハサミ何かわかります?
IMG_20210315_123217_copy_1024x768






これ、うどん切り用のハサミなんです

わざわざこんなんいる?

って最初は思ったけど

山元麺蔵さんのうどんは、コシがかなり強くて

1本が長いので、けっこう役立ちました
(無理して食べるとムセます・・・)


土ゴボウの天ぷらは後からアツアツを提供

横に添えてあるカレー塩との相性がバツグン

サクッと軽い口当たりの衣の中で

ほんのり土の薫りがする肉厚の土ゴボウがホクホクでめっちゃ美味しかったです♪
IMG_20210315_123017_copy_1024x768






あとサプライズで食後に小さい杏仁豆腐が出てきました

これもめっちゃ美味しかった♪
IMG_20210315_124201_copy_1024x768






行列ができる人気店の割に、接客もきめ細かくフレンドリー

皆さんも平安神宮へご参拝の際は訪れてみては?
(隣の岡北も気になるけど・・・)

※事前に予約を入れることをおススメします!

IMG_20210315_124411_copy_1094x1459









話しは変わりますが

先日、京都力検定の第16問をアップしました

今回はちょっと趣向を変えた出題です♪






【京都グルメ】東寺の帰りは“とんかつ一番”♪

東寺でカモとツツジと新緑を満喫した続きです

IMG_20210422_110856_copy_1024x768IMG_20210422_111845_copy_1024x768






IMG_20210422_115325_copy_1024x768IMG_20210422_115504_copy_1024x768






共通券を購入して観智院や宝物館までじっくり見ていたら

すっかりお昼を過ぎてしまった・・・

でも東寺の周辺って飲食店が少ないんですよね

少し北へ上がると梅小路公園がありますが

この周辺もそんなにお店ないんです


以前も同じような状況でトコトコ京都駅へ戻ろうとしたとき

美味しいトンカツ屋を発見しました

梅小路公園から木津屋橋通を東へ進むと

“すぐそこ”って怪しい矢印が
IMG_20210422_133210_copy_1024x768IMG_20210422_133220_copy_1024x768






看板通り細い路地に入ると

住宅街のど真ん中にお店があるではないですか!

こりゃ看板がなかったら素通りするわ・・・

お店の名前は

“とんかつ一番”

創業は昭和35年で、かなり有名なお店のようです
IMG_20210422_133138_copy_1024x768






昨年、はじめてこのお店を知った際は定休日・・・
定休日:火曜日

8月に再度足を運んでようやく食べることができました♪

こらは看板メニューの“名代とんかつ定食(1500円)”

IMG_20201213_113858_copy_1024x768IMG_20201213_113904_copy_1024x768






薄めの衣は2種類のパン粉をブレンドして使用

トンカツの下に敷かれているデミグラスソースは

1週間〜10日ほどじっくり煮込んだ自家製だそうです

油にもこだわっているそうで

トンカツを食べた後の

あの罪悪感(胃もたれともいう)がなかった♪


で、今回は“ソースかつ丼(780円)”をオーダー

とんかつ定食に比べ一気にリーズナブルになるので嬉しいですね♪

ちなみに普通のかつ丼はメニューにありませんでした
IMG_20210422_131606_copy_1024x768IMG_20210422_131609_copy_1024x768






カツライス(700円)も気になるな〜

数量限定ですが日替わり定食(700円)ってのもあります

ただ、いつも並んでいるので

待つのは覚悟で行かれたほうがいいかと思います


今回は遅めの13時半頃に行ったのですんなり入れましたが
(昼営業は14時までに入店)

この時間に来たらすんなり入れます?

って聞いたら

いえ、今日はたまたま空いてました

って言われた・・・



京都水族館や鉄道博物館からは歩いてすぐ

東寺からは京都駅へ戻る際に

ぜひ、立ち寄ってみて下さいね

お弁当やカツサンドを予約して

梅小路公園で食べるのもいいかも♪

もちろんコロナの状況が落ち着いてからですが・・・

とんかつ一番(公式サイト)



≪各施設の営業状況≫

京都水族館→当面の間休館
京都鉄道博物館→5月11日まで休館
東寺→通常通り拝観可能(夜間拝観は中止)


話しは変わりますが

昨日、京都力検定の第15問目をアップしました

ぜひチャレンジしてみてくださいね♪




あ、そうそう

とんかつ一番でこんな張り紙が貼ってあった

fotor_1619572209421_copy_1024x768






「入荷待ち」てナニ?

食材が届き次第提供

ってことなのかな?(笑)

絶景の宝庫・和歌の浦へ行ってきました♪

先月のお話しですが

和歌山県の絶景の宝庫

和歌の浦へ行ってきました

IMG_20201007_205456_copy_1024x770







シルバーウィークの日帰りツアーでも行きましたが

和歌山シャインマスカット狩りツアー♪
(2020年9月22日)

その1週間前に下見を兼ねてプライベートで行っていたのです

IMG_20200915_090148_copy_1024x768Fotor_16002228610902_copy_1024x768






ツアーでは1時間ほどの自由散策なので

紀州東照宮と和歌浦天満宮くらいしか行けませんでしたが

和歌の浦にはまだまだ見どころが沢山

ここでサクっと紹介しますね



“玉津島(たまつしま)神社”

アマテラスの妹(?)、“ワカヒルメ”

和歌の神様、“ソトオリヒメ”を祀る神社です
IMG_20200915_104951_copy_1024x768IMG_20200915_105309_copy_1024x768






裏手に“てんぐ山”って小高い山があって

頂上は展望台になっています

東大寺の大仏を作ったことで知られる

あの聖武天皇もここに登ったそうですよ

その聖武天皇の和歌浦行幸に同行した

万葉歌人・山部赤人(やまべのあかひと)によって

和歌の浦の名が世に広まったそうです
IMG_20200915_110254_copy_1024x768IMG_20200915_110345_copy_1024x768






“鹽竈(しおがま)神社”

シオガマときたらご祭神は

“シオツチノオキナ”ですよね

山幸彦を竜宮城へ連れていった、おじいちゃんです

鵜戸神宮みたいに洞窟の中に祀られていました
IMG_20200915_111618_copy_1024x768IMG_20200915_111813_copy_1024x768






鹽竈神社の向かいにある石橋が

和歌の浦のシンボル“不老橋”

欄干に彫られた雲の彫刻が見事です
IMG_20200915_124958_copy_1024x768IMG_20200915_125227_copy_1024x768






“片男波(かたおなみ)海水浴場”

総延長1.2キロの人工海岸
(夏に来てみたいな〜♪)
IMG_20200915_123201_copy_1024x768IMG_20200915_123520_copy_1024x768






お昼を食べたのは

“わかうら食堂”

なんだかジブリ映画にでも出てきそうな雰囲気
IMG_20200915_132813_copy_1024x768IMG_20200915_132719_copy_1024x768






まだオープンして1年ほどらしいですが

週末は予約しないとかなり待たされるほど人気のお店だそうです
IMG_20200915_133215_copy_1024x768IMG_20200915_135908_copy_1024x768






1番人気の天丼が見栄えもあって美味しそうでしたが

灰干しさんま定食(980円)を頼みました
(プラス200円で白ご飯をしらす丼に変更)

これめっちゃ美味しかったです!!!!!

骨まで綺麗に食べちゃいましたからね

ドリンク付きでこのお値段は980円はお得すぎます!!!
IMG_20200915_133815_copy_1024x768IMG_20200915_133902_copy_1024x768






午後は“蓬莱岩”って奇岩を見に行きました

和歌の浦の隠れ人気スポットだそうです
IMG_20200915_142308_copy_1024x768IMG_20200915_143732_copy_1024x768






Fotor_160171906122075_copy_768x1024










その後は先日のツアーでもご紹介した通り

“紀州東照宮”

IMG_20200915_152903_copy_1024x768IMG_20200915_152714_copy_1024x768






IMG_20200915_152323_copy_1024x768IMG_20200915_152341_copy_1024x768






そして

“和歌浦天満宮”
IMG_20200915_155225_copy_1024x768IMG_20200915_155051_copy_1024x768






IMG_20200915_160003_copy_1024x768IMG_20200915_155641_copy_1024x768






和歌浦天満宮からは

“高津子山(たかつしやま)”に登るルートがあって

そこから展望台へ向かいたかったんですが

全然時間が足りなかった!!!

この日は10時半くらいに紀三井寺駅に着いたんですが

あっという間に夕日が沈む時間に・・・

IMG_20200915_174454_copy_1024x768







今度はゆっくり泊まりで散策したいですね

仕事以外で和歌山に行くのは

恐らくテレビのロケで行った友が島以来だと思いますが

友ケ島に行ってきました♪
(2017年9月19日)

和歌山にこんな素敵な場所があったなんて全然知りませんでした

シルバーウィークの日帰りツアーがなければ

恐らく今でも存在すら知らなかったであろう和歌の浦

この出会いに感謝♪


ってことでYouTubeでもその様子をお伝えしています

是非、動画でも和歌の浦の魅力に触れてみてください!

旅のイメトレチャンネル タビトレ!

まだ前編までしかアップしていませんので

今のうちにチャンネル登録をお忘れなく!



ちなみに明日からは北海道3日間

10日の夜に関空に帰着の予定ですが

台風の進路を見ていると

帰ってこれる気がしない・・・(涙)

Screenshot_20201007_222546_copy_1024x759







“大将丼”と包み生八つ橋“去来花”

今回歩いたコース47

勧修寺から随心院に向かう途中

再び小野駅のそばを通るんですが

ちょうどお昼時だったので

小野駅近辺でランチタイムにしました


ゆーても駅の周囲にはあんまりお店ないんですよね・・・

交差点の角に“大将”ってお店があったので入ってみました

“若狭天然活魚料理”ってのがそそれれるやん♪
Fotor_15965414890481_copy_1024x768Fotor_159654135940486_copy_1024x768






日替わり定食(924円)も美味しそうでしたが

ここは店名が入った“大将丼(1210円)”をオーダー
Fotor_159654137720983_copy_1024x768Fotor_15965414003286_copy_1024x768






たたき風に炙ったマグロを魔法のタレで味付け

たまごの黄身をからめて食べるどんぶりなんですが

これ、めっちゃ美味しかった!!!
Fotor_159654142305048_copy_1024x768






こーゆー丼ぶりって

錦糸卵とかシイタケで具の量をごまかしてたりする事が多いじゃないですか

でも、この丼ぶりには

薬味の黄身・ネギ・紅ショウガが乗っているだけで

あとは厚切りのレアな炙りマグロがゴロゴロ

これはお値段以上の満足感!

店員さんも気さくで気持ちのいい接客でした♪



この交差点には和菓子の“京栄堂”があります

ここで京都散歩にも載っていた

つつみ生八つ橋“去来花(きょらいか)”を買って

次の随心院の休憩所でおやつとして食べました♪
(1個140円)
Fotor_159654144049978_copy_1024x768






三笠(どらやき)の生地の中に

粒あん入り生八つ橋が入った触感も楽しいお菓子です
Fotor_159654147518234_copy_1024x768Fotor_159654146087350_copy_1024x768






三笠+生八つ橋ってめちゃ甘そうですが

これは甘さ控えめで美味しかったですよ

勧修寺や随心院、醍醐寺へお残しの際は是非♪

八幡名物・朝日屋の鯖寿司と走井餅♪

今回は石清水八幡宮の参拝に来たら

絶対に外せない名物を2品をご紹介します

1586602110113_copy_1024x1024









まずは石清水八幡宮の門前名物

“走井餅(はしりいもち)”

一ノ鳥居目の前にある

“やわた走井餅老舗”で購入できます

(境内にも小さい販売所がありますが、いつも閉まってる・・・)


走井餅は京都検定でもよく出題される有名なお餅

創業は1764年

大津で走井の名水を用いて作ったのが始まり

明治4年にここ、八幡にのれん分けしたんですが

その後、大津の本家が廃業

八幡の走井餅は、直系唯一の走井餅として本家の味を継承しています

※井筒八ツ橋本舗(追分店)で売っている走井餅とは別物

ちなみにこの笹かまぼこみたいな形は“刀”を表現しているそうですよ
(刀匠・三條小鍛冶宗近が走井の名水で刀を鍛えて故事に由来)

お土産用は5個からでしたが

こちらの店舗だと1個(130円)からOK
Fotor_158622242451896_copy_1024x768IMG_20200407_131925_copy_1024x768







お次は京阪・石清水八幡宮駅から男山ケーブルに向かう途中にある

和食処“朝日屋”

昔ながらの落ち着いた店内ですね

実はここの“鯖寿司”が絶品なんです!!

雑誌「ブルータス」の全国のおススメお取り寄せで金賞受賞

雑誌「dancyu」の京都のおススメお取り寄せさば寿司3選

などにも選ばれているそうです

以前、バラエティー番組の「ごぶごぶ」でも以前紹介されたそうですよ
(地元の友人談)
Fotor_158656719951880_copy_1024x768Fotor_158656721236777_copy_1024x768






前に店内で鯖寿司付きの定食を食べて感激したんですよね
(鯖寿司3カンとうどんで1430円)

こんな美味しいものが八幡にあったんだ!って(笑)

1本は多いので今回はハーフを持ち帰りで購入

竹の皮に包まれているのがいいですね

てか

切れてないんかーい!!!
Fotor_158656727055410_copy_1024x768






先日、新しい包丁買ったばかりで良かったわ(笑)

この鯖寿司、脂ののりが半端ないんですよね

トロっっっっとろ♪

でも全体的にはあっさりした味付けなのでしつこくない

こってりだけど後味さっぱり

こっさり系の鯖寿司なのでした♪
Fotor_158656730164431_copy_1024x768Fotor_158656830661833_copy_1024x768






でもお値段がね

1本3240円
(特上は4800円

このハーフでも2160円です

てことは

1切れ350円くらいか・・・・・・・
Fotor_158656735010043_copy_1024x768






美味しいものを食べるには

やっぱりお金を出さないといけませんね

あ、これ

パッケージツアーも同じですね



↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


天橋立に行ってきました♪【観光船・あさり丼編】

天橋立の北側エリア

籠神社・真名井神社・笠松公園

を満喫したあとは

急いで天橋立を自転車で突き抜けます

頑張ったら10分で帰ってこれた(笑)

なんとか15時30分発の観光船に間に合った〜♪
(これを逃すと次は16時00分)
Fotor_15772688759127-1024x768IMG_20191225_151846-1824x1368






さすが平日、船内ガラガラなんですけど・・・
IMG_20191225_152808-1024x768Fotor_157726890690368-1024x768






船内放送の名所案内を聞くなら船内

景色を見るなら後方にあるデッキがおススメです

100円で餌を買って餌やりもいいですね
(カモメさんごめん、餌をやる人間おらんわ)
IMG_20191225_153304-1024x768IMG_20191225_153907-1024x768






約12分で北側の“一の宮桟橋”に到着

ってことはさっきは船より早く帰ってこれたのか(笑)
Fotor_157726892821053-1024x768






折り返すならそのまま乗っていてもOK
(チケットの半券は桟橋のスタッフへ)

一の宮桟橋からはそれなりに乗客が乗ってきたので

カモメさんのお腹もそれなりに潤っていました(笑)
Fotor_157726894415451-1024x768IMG_20191225_154219-1024x768






さて、帰りのバスの出発まで中途半端に時間あるね

しかもランチが少なめだったので小腹が減った・・・

この時間になるとほとんどのお店が閉まっているんですが

駅前にある“松和物産”さんが開いていたので

ここで早めの夕食を食べました
IMG_20191225_162815-1024x768IMG_20191225_162541-1024x768






頼んだメニューは

あさり丼!アゲイン♪

やっぱり1つのお店のあさり丼を食べただけで

あさり丼は語れませんからね〜

しかもここのあさり丼

卵とじなんです!!

蕎麦は付いていませんが

あさりのお味噌汁付きで930円
Fotor_157726904010183-1024x768Fotor_157726900595125-1024x768






親子丼やかつ丼のあさり版みたいな味をイメージしていましたが

やっぱりここもあっさりした味付け

美味しいけどやっぱり何か物足りない

あさりだけにあっさりなのか・・・
(なわけないやろ!!)

佐久島の大あさり丼の偉大さを痛感・・・

あれはほんと美味しかった♪

佐久島・アートと魚介づくし旅【1日目】
(2011年6月14日)

天橋立の飲食店では季節柄

“セコガニのほぐし”を提供するお店が多かったです

お値段は時価(笑)
IMG_20191225_162729-1024x768






セコガニといえば

鳥取県の老舗

あんべの“親がに丼”でしょ

“味暦 あんべ”で親がに丼を食べてきました♪
(2015年1月28日)

あれも伝説級に美味しかったな♪

さて、お店で時間調整をしてバスに乗り込みますか

帰りは駅の向かい側

天橋立ホテル横がのりばです

復路のバスは

天橋立駅(16:45)➡梅田(19:25)
IMG_20191225_163721-1024x768IMG_20191225_163520-1024x768






滞在時間4時間でも意外と楽しめますね

現地に宿泊してゆっくり温泉に入って

成相寺や伊根方面に行くプランもいいかも

入社以来、天橋立にはあまりいいイメージがありませんでしが

今回の弾丸日帰り旅でかなりイメージが変わりました

ちなみに今回利用した阪急バスさんでは

高速バスの往復乗車券と

観光船(往復)・ケーブルカー(リフト)がセットになった

“天橋立観光周遊きっぷ”を販売中

梅田からだと7000円➡6460円でお得です♪

※ただし渋滞等で滞在時間が短くなる場合があるので注意が必要

観光船でも船(片道)+レンタサイクルみたいなお得なセット料金がありましたよ

Fotor_157732448151341-1024x768Fotor_157734673493534-1024x768






朝はゆったり10時前に梅田を出て

夜の19時半には帰ってこれます

てことはそのあとジムに行ったり映画を見たりできるわけです♪

天橋立、フラッとプチ旅行をするのにおススメですよ〜

天橋立に行ってきました♪【あさり丼・天橋立神社編】

日帰りで天橋立へ行ってきました♪

Fotor_157728827107674-1094x1459









天橋立というと関西では日帰りバスツアーの定番スポットですが

今回はまったくのプライベート

下見というわけでもありません(笑)


天橋立ってこれまで数えきれないほど行ったことはありますが

プライベートでは一度も行ったことがなかったんですよね

↓こんな感じで仕事であんまりいいイメージないし・・・
天橋立15大味覚食べ放題ツアー♪【改善提案編】
(2015年2月15日)


今さらですが、天橋立は日本三景のひとつで

阿蘇海(あそかい)と宮津湾とを分けている全長3.6キロの砂州

観光スポットは

いつも日帰りバスツアーでお世話になる

橋立大丸(ドライブイン)や智恩寺(文殊堂)がある南側エリアと

笠松公園や籠神社、成相寺がある北側エリアに分かれます
Fotor_157732466542885








今回は大阪から高速バスを利用

梅田(9:50)➡天橋立駅前(12:30)
六人部PAで休憩が入ります
Fotor_157726798439726-1024x768IMG_20191225_124450-1024x768






最初に渡る橋は小天橋(しょうてんきょう)

船が通るたびに90度回転する廻旋橋(かいせんきょう)です

その先にある青い欄干の橋は大天橋(だいてんきょう)

よく考えたら大天橋を渡るのは初めてかも!
IMG_20191225_124818-1024x768IMG_20191225_124812-1024x768






このまま歩いて天橋立を渡りたいところですが

今回はレンタサイクルを利用しました
(2時間400円)

歩くと約50分、自転車だと15〜20分で対岸へ渡れます
IMG_20191225_130958-1024x768IMG_20191225_132633-1024x768






まずは天橋立内にある“天橋立茶屋”さんで腹ごしらえ

今回はお店も食べるメニューも事前に決めていたのです
Fotor_157726905661980-1024x768IMG_20191225_130625-1024x768






その決めていたメニューというのが

あさり丼

今回はこのあさり丼を食べるのも目的のひとつだったんです!

丼ぶりと言っても容器は小さめですね・・・

でもかなりの量のあさりが使われていました

ひと口サイズのお蕎麦が付いて1000円

味付けはあっさりめでつゆだく

いや、つゆだくだく

さながらあさり雑炊って感じで美味しかったです♪
(あさり雑炊ってメニューもあるんですけどね)
IMG_20191225_125406-1024x768IMG_20191225_125413-1024x768






天橋立には“○○の歌碑”

“○○の松”みたいな地味なスポットが点在していますが

マップにも紹介されている主要な見どころは2つ

1つめが“磯清水(いそしみず)”

海に囲まれているのに何故か真水が湧き出ている井戸です
(今でも飲用できます)

和泉式部の歌にも謳われていて、名水百選に選ばれています
IMG_20191225_124848-1024x768IMG_20191225_131604-1024x768






2つめは“天橋立神社”

かつては豊受大神(トヨウケノオオカミ)を祀っていたそうですが

現在はイザナギっぽいです
(由緒書きでもその辺アバウト)

天橋立神社・籠神社・真名井神社

“天橋立三社巡り”として参拝する人も多いみたいです
(天橋立神社は御朱印とかはないです)

小さいお社ですが、彫刻は精工に彫られていて立派でした
IMG_20191225_131818-1024x768IMG_20191225_131732-1024x768






月と太陽が対照的にデザインされている燈籠が多いですね
IMG_20191225_131938-1024x768IMG_20191225_132001-1024x768






燈籠といえば、玉垣の外にポツンと1つだけ立っていたこの燈籠

なんだか変わったデザインですよね(笑)

Fotor_157726946285872






誰が奉納したんやろ?って裏側を見てみたら

都踊記念・祇園新なんちゃら
(傷んでいて読めない)

と書いてありました

Fotor_15772678664159-1024x768






ってことは

かんざしをイメージしたデザインだったのかな?

そうやって見るとかんざしに見える・・・(笑)



この2つのスポットは比較的南側に位置しています

あとは天橋立海水浴場を右手に見ながらのんびりサイクリング♪
IMG_20191225_133113-1024x768IMG_20191225_133248-1024x768






なんて余裕はないね

なんせ帰りのバスを考えたら

滞在時間は

4時間1本勝負!!

本当は片道サイクリング

帰りは観光船

ってパターンが理想だったんですが

レンタサイクルのお店に

この日は往復のみで!

って言われたのです・・・(涙)
(反対側に乗り捨てできるお店が多いです)

北側に到着したらY字路になっているので

ここは左へ進みましょう
Fotor_157726796687227-1024x768IMG_20191225_133512-1024x768






いよいよ山の中腹に笠松公園が見えてきました♪

坂本東照宮とラーメン一徹♪

日吉大社を満喫したあと

“日吉東照宮”って看板が目に入ったので行ってみました

こんなところに東照宮があったんや!!

日吉大社からケーブルのりばと比叡山高校の前を通り過ぎ

約15分ほどで到着
Fotor_157467237996775-1024x768Fotor_157467243956288-1024x768






門は閉まっていましたが

土日祝の9時〜16時半までは中に入れるみたいです
(有料で200円)

規模は小さいですが、日光東照宮に先立って

あの天海僧正によって建てられた由緒あるお社なのです!

(日光東照宮のプロトタイプってところでしょうか)
Fotor_157467239611550-1024x768Fotor_157467242155995-1024x768






ここから見る景色もなかなかいいですね♪
Fotor_157467246041347-1024x768




 

帰りはJRの比叡山坂本駅から帰ることにしました

駅前にあった“ラーメン一徹”ってお店で

味噌ラーメン(730円)を食べたんですが

けっこう美味しかったです

麺が細めのちぢれ麺なのと

細かく切ってあるチャーシューが個人的に気に入りました
Fotor_15745191429669-1024x768Fotor_157451915580595-1024x768






日本全国ご当地麺ランキングで

札幌ラーメン部門で1位になったそうですよ

日吉大社の参拝の帰りにオススメです♪

アークを探しに徳島へ♪【ホテル・グルメ編】

今回の旅で利用したホテルとグルメなお話しです

ホテルは高速バスの脇町バス停からも

JRの穴吹駅からも徒歩圏内にある

ビジネスホテルマツカを利用
(徳島県美馬市)

リニューアルシングルの早割7ってプランで

5100円でした
(素泊まり)

お部屋も綺麗で快適でしたよ♪
Fotor_157343669852598-1024x768Fotor_157343672218965-1024x768






1日目昼食

めん処かねか

ホテルの近くにあったセルフのうどん屋です

本当はうだつの町並みにある

“元”ってうどん屋に行きたかったけど

休業日だったのです・・・(涙)
Fotor_157343658762658-1024x768Fotor_15734366750067-1024x768






こちらのお店

薬味は各2杯まで!

ねぎはスプーン1杯まで!

おまけに会計も自主精算で!

ってやたら上から目線(笑)
Fotor_157343665969314-1024x768Fotor_157343662205920-1024x768






Fotor_15734366054213-1024x768Fotor_157343664038532-1024x768






お店のおやじさんが

これまた超絶愛想が悪い

うどんを食べながらグーグルの口コミを見てるみと

みんな同じような感想を書いてた(笑)

二度と行くことはないでしょう・・・


1日目夕食

マハラジャスパイス

ホテルから自転車で5分もかからない場所にあるカレー屋さん

こちらは逆に口コミで絶賛されていたお店です
Fotor_157343647355465-1024x768Fotor_157343651252091-1024x768






カレーを選ぶともれなくサラダ・ナンなどの食べ放題が付いてきます
Fotor_157343656772131-1024x768Fotor_157343653265162-1024x768






ナンの種類がめちゃ豊富!!

どれも美味しかった〜♪

お店の方もとってもフレンドリー♪

ここは是非リピートしたいお店でした♪
Fotor_157343649499643-1024x768Fotor_157343655272315-1024x768






2日目昼食

民宿・平家の宿

見の越にある民宿です

観光リフトに乗る前に食べました

店主が平家の落人なのかは不明(笑)
Fotor_157343673903781-1024x768Fotor_157343675113992-1024x768






月見手打ちそば(700円)

そば粉100%でぼそぼそです

このぼそぼそ感が“祖谷そば”なのです

おかみさんがめちゃくちゃ愛想のいい方でほっこりしました♪
Fotor_157343682939298-1024x768Fotor_15734368407473-1024x768







今回の旅でお土産は特に何も買いませんでしたが

気になるものはありましたね

“ラグビー饅頭”

ラグビーワールドカップに便乗しているとしか思えない饅頭ですが

脇町名物だそうです・・・

Fotor_157343644485899-1024x768






あとすごいネーミングのお菓子が売っていましたね

その名も

脇美人!!
Fotor_157343645731642-1024x768






たまにいるよね脇フェチ(笑)

これは脇町の名物なので

あって当然と言えば当然か

いや、ナシやろ!(笑)

お店が閉まっていたのが残念ですが


次回のアーク探しの旅では

是非食べたみたいと思います(笑)

正倉院展と奈良・京都の特別公開ツアー♪

東日本のお客様をお連れして

再び奈良へ行ってきました(笑)

京都駅を出発し、最初に向かったのは?

そう、興福寺&正倉院展!!

今シーズン5度目(笑)

というか先週行ったコースと同じツアーです

正倉院展と奈良・京都の特別公開ツアー1日目♪

10月26日から開催された正倉院展も14日で終了

ってことは今年の正倉院絡みのツアーはこれで最後です!!

この2週間で奈良もすっかり秋めいてきましたね

Fotor_157373897272771-1024x768Fotor_157373889244623-1024x768






Fotor_15737389234440-1024x768Fotor_157373895112752-1024x768






Fotor_157373886604040-1024x768Fotor_157373883882730-1024x768







2日間特に大きなトラブルもなく・・・

と言いたいところですが

とんでもなく大きなトラブルがありました

そもそもツアーの設定自体に問題があったんですが

その問題に気づかなかった自分にも問題があったと思います

ほんと情けない・・・(涙)

慣れって怖いなと改めて感じました

初心を忘れず残りの紅葉シーズンも頑張りたいと思います

確認・確認・また確認!!



さて、コース内容は前回と同じなので

今回は食べ物ネタでも書いておきますね

これまで書いていそうで書いていなかった

京都駅集合の際にランチで利用するレストラン

実は京都駅で集合するツアーの際には

ほぼ100%と言っていいほど利用するレストランがあります

それが“パスタモーレ”ってパスタ屋さん
Fotor_157373901584026-1024x768Fotor_157373899032094-1024x768






なぜいつもここを利用するかと言うと

―弦臂貊蠅糧条口に近い
▲ウンター席だと充電用コンセントがある
サイズがM(200g)L(300g)LL(400g)同料金♪


こんな感じ(笑)

さらにリピーター割引も頻繁に行っているので

ほんと毎回お世話になっています

店員さんに

「お前どんだけパスタ好きやねん」

って顔をされるので

ちょっと恥ずかしいのが難点です・・・

しかも注文するメニューが

ヤリイカと明太子のパスタか

トマトとベーコンのパスタのどっちかだし
(偏食家なもんで・・・)

今月、あと3回はお世話になるかな?(笑)



夕食は奈良ホテル近くのうどん屋“ふく徳”

前から気になっていたカレーうどん

これまた気になっていたおぼろ豆腐をオーダー

カレーうどんは普通に美味しかったですが

おぼろ豆腐はめちゃくちゃ美味しかったです!!!

ちくわの磯部揚げといい

ふく徳はサイドメニューが熱いですね♪

ちなみにご主人に

「ごはんがちょっとだけ余ったから良かったら食べて」

ってミニおいぎりを頂いたんですが

このおにぎりもめっちゃ美味しかった!!!
Fotor_157373877627873-1024x768Fotor_157373879020049-1024x768







さて、先月の後半から奈良づくしのお仕事でしたが

これからは京都&滋賀に行くツアーが続きます

17日からは3連添だし(汗)

いきなり冬みたいな寒さですが

体調に気をつけて元気に乗り切りましょう!!
IMG_20191114_211845_210-1024x1280








↑金戒光明寺にて

高野山に行ってきました♪【お土産・グルメ編】

今回は高野山で食べたものやお土産のお話しです

高野山のメインストリートは小田原通り(写真左下)

特に千手院橋交差点(写真右下)から奥ノ院に向かう途中にお店が集中しています

P9190086-1024x768P9190093-1024x768






高野山のお土産で一番定番なのはやっぱり

“ごま豆腐”ですが

焼き餅も有名だそうです

こちらは持ち帰りというより食べ歩きが向いていますね

奥ノ院にある名所の石にちなんだ“みろく石”も銘菓みたいです
(宿坊でも出されてた)
P9190001-1024x768P9190046-1024x768






山内でやたら目にする看板が“かるかや餅”

前回ご紹介した“刈萱堂”の昔話にちなんだお菓子です

パッケージがいい味出してます♪

1個単位で店内で食べることもできますよ
P9190003-1024x768P9190004-1024x768






あと気になるのが山内のコンビニ事情

小田原通り沿いにはデイリーヤマザキとファミマ

2軒のコンビニがあるんですが

デイリーヤマザキは外観が寺院風で素通りしてしまいそうです(笑)
P9190090-1024x768P9190089-1024x768






ファミマはどこから見てもファミマでした
P9190153-1024x768






小田原通りからひとつ奥まった場所に

もう1軒、デイリーヤマザキがあるんですが

こっちも外観に配慮したデザインでした
(こちらは地元の人向けって感じ)
P9190167-1024x768






このデイリーヤマザキの近くにお惣菜屋さんがあって

コロッケなどが販売されていました

高野山ではこういった食べ歩きフードって珍しいんですよね

気になって食べてみたんですが

あんまり美味しくなかった・・・(泣)
Fotor_156896788158535-1024x768IMG_20190920_130238-1024x768







さて、最後は今回の旅行で食べたランチをご紹介

1日目は“中央食堂 さんぼう”

千手院橋交差点近くにある食堂です

大抵のガイドブックには紹介されているほどの有名店
P9190096-1024x768






オーダーしたのは“盛り豆腐精進あんかけ”(1300円)

田中ひろみさんのマンガ

「高野山へ行こう!」でも紹介されていたメニューです

あんかけがかかった揚げ出し豆腐に豆腐田楽

もちろん胡麻豆腐付き

ご飯はオリジナルの麦大豆ご飯

どれもヘルシーで美味しかったです
IMG_20190919_133828-1024x768P9190095-1024x768







2日目は“角濱(かどはま)ごまとうふ総本舗”

ごま豆腐で有名なお店の奥にあるレストランで頂きました

壇上伽藍と大門の間にあるのでちょっとアクセスしにくいかな?
IMG_20190920_141637-1024x768






IMG_20190920_141610-1024x768IMG_20190920_134006-1024x768






自慢のごま豆腐を使った看板メニューが2種類あるんですが

密教の聖地、高野山らしく

マンダラをイメージしたメニューなんです

しっかり胎蔵界と金剛界、2種類ご用意(笑)

迷った挙句、今回は退蔵界をオーダー

こちらがその食べる曼荼羅です

見た目も華やかでいいですね
IMG_20190920_134332-1024x768IMG_20190920_134439-1024x768






様々な仏の変わりに様々なごま豆腐が盛られています

色んな味が少しづつ楽しめるのがいいですね
IMG_20190920_134500-1024x768IMG_20190920_134503-1024x768






中央の大日如来のポジションがメインデッシュ

ちょっと大きめの豆腐料理が乗っています

こちらの胎蔵界はあんかけがメイン
IMG_20190920_134508-1024x768IMG_20190920_134514-1024x768






ちなみに金剛界はこんな感じ

まんま曼荼羅ですね(笑)

こちらのメインは天ぷらでした
IMG_20190920_134120-1024x768






ぜひ次回は金剛界にチャレンジしてみたいです
(数量限定のピーナッツごま豆腐も気になる)


あ、角濱さんにこんなのぼりが立てられていました

NHK大河ドラマに弘法大師空海を!
IMG_20190920_133336-1024x768






それ、めっちゃ観たい!!!!!

青森空港がリニューアルオープン♪

今回の2大半島ツアーで1年ぶりに青森空港を利用しましたが

今年の7月29日にリニューアルオープンしていたようで

随分と雰囲気が変わっていました

1階の搭乗手続きは左側から

FDA・ANA・JALと並んでいます
IMG_20190911_164223-1024x768






チェックインの間、お客様にお待ち頂く場所ですが

ANAの前にはあおもり漁連の売店があるので

JALの前のスペースがいいと思います
(てかここしかスペースがないです)
IMG_20190911_172251-1024x768IMG_20190911_164247-1024x768






さらに進むとファミマ→到着ロビーへと続きます

空港にファミマが入っているのが嬉しいですね
IMG_20190911_164417-1024x768IMG_20190911_163211-1024x768






2階へ上がってみましょう
IMG_20190911_165019-1024x768






売店も充実していますね

せんべいの実演コーナーまでありました
IMG_20190911_165252-1024x768IMG_20190911_165130-1024x768






売店の反対側にはフードコートとレストラン

タリーズも入っていました♪
IMG_20190911_164657-1024x768IMG_20190911_164723-1024x768






IMG_20190911_164733-1024x768IMG_20190911_164750-1024x768






カードラウンジも2階にあります

広々していてオシャレなラウンジでした
IMG_20190911_174348-1024x768IMG_20190911_174407-1024x768






搭乗待合室も綺麗になっていますね

売店は1ヶ所

自販機に菓子パンなどはありましたが

軽食コーナーや空弁の取り扱いはありませでした

IMG_20190911_180822-1024x768IMG_20190911_180853-1024x768






今回のツアーでは

伊丹の到着が20時近いので

お客様は空港内で夕食を済ませていたんですが

空弁は空港内のどこにも置いてなかったので

お客様はファミマかフードコートを利用していたようです

添乗員さんはフードコート内の“かわら”ってラーメン屋へ

オーダーしたのは

青森みそカレー牛乳ラーメン
(972円)


IMG_20190911_170048-1024x768






この“みそカレー牛乳ラーメン”って

青森のB級グルメなんだそうです
(そんなの初めて知ったわ!)

お味の方は?

味噌ラーメンにカレーと牛乳を入れたような味でした
(そのまんまか!)

チャーシューの味がちょっと濃いのと

カレーにわかめは

個人的にナシかな・・・

翼果楼で鯖そうめんを食べてきました♪

米原でビワイチをゴールしたあとJRで長浜へ向かいました
IMG_20190814_102029-1024x768






長浜に前から気になっていた親子丼のお店があるんですよね

駅から徒歩圏内にある“鳥喜多”ってお店です

11時半オープンなので30分くらい並ぶつもりで11時に向かったんですが

なんと今日からお盆休みやないかーい!!
IMG_20190814_105441-1024x768IMG_20190814_105433-1024x768






長浜といえば鯖を使った“鯖そうめん”が有名

じゃ、どこでもいいので鯖そうめんを食べよう!

とたまたま入ったお店がこちら

翼果楼
(よかろう)


IMG_20190814_114010-1024x768






お盆休みシーズンなのでさすがにちょっと並んでいましたが

前には3組くらい

10分くらいで入店することができました

古民家っぽくって素敵なお店ですね

Fotor_156642308158396-1024x768Fotor_156642309690048-1024x768






2階に通してくれました

忙しいお昼時に1人で4名テーブルを使わせて頂き恐縮です・・・
Fotor_156642312097468-1024x768Fotor_156642315298246-1024x768






鯖そうめん単品(900円)もあったけど

せっかくなので焼き鯖寿司がセットになった

鯖街道(1770円)ってメニューをオーダー

お吸い物のかまぼこが鮎のカタチなのが可愛いですね
IMG_20190814_111518-1024x768IMG_20190814_112442-1024x768






もうね

食べる前から美味しいって伝わってくるでしょ(笑)

この見た目からして美味しくないわけがないよね

鯖そうめんとは鯖の煮汁でそうめんをゆでる湖北地方の郷土料理

シンプルだけど、それだけにごまかしのきかない絶品グルメです

あくまでごはんのおかずとというポジションらしく

味付けは少し濃いめ

でも、ご飯ものがいらないほど

鯖そうめんだけでも結構なボリュームでした(笑)
IMG_20190814_111541-1024x768IMG_20190814_111546-1024x768






いや〜鯖そうめんも焼き鯖寿司も絶品だったな〜

たまたま入ったとはいえ

いいお店に出会えました♪

自分がお店を出るころにはかなりの行列ができていました

実は長浜で一番有名な鯖そうめんのお店だったみたいです(笑)
Fotor_156642320453549-1024x768






散策を終えて帰る頃にはさらに列が延びていました

この行列だったら絶対食べていなかっただろーな・・・
IMG_20190814_122339-1024x768






皆さんも是非、長浜へお越しの際は

鯖そうめんを食べてみてくださいね♪

翼果楼(公式サイト)



後日談ですが

ビワイチから1週間後

今度は友人の車でバス釣りに長浜まで来たんですが

せっかくなので鳥喜多にリベンジ!

と思って行ってみました

営業はしていたものの

道路の反対側まで並んでるし!!

IMG_20190817_112630-1024x768






もちろん諦めました・・・

夏休みってどこのお店も混んでて大変ですね(涙)

日帰りで名古屋に行ってきました♪

休日を利用して後輩と日帰りツアーに参加してきました

日帰りツアーと言っても名古屋フリープランなんですけどね

往復、近鉄の団体専用貸切列車「楽」を利用して

ツアー代金は

3990円!!

めちゃお得でしょ♪

P8110006-1024x768IMG_20190811_082012-1024x768






フリープランなので名古屋に着いたら帰りの列車まで自由行動

まず我々は地下鉄に乗って“伝馬町”

向かった先は、ひつまぶし発祥のお店として知られる

あつた蓬莱軒・本店

行列覚悟で向かってはみたものの

想像以上の混雑っぷりに早くも暗雲が立ち込める・・・
P8110011-1024x768P8110010-1024x768






受付で待ち時間を聞くと

なんと

3時間半待ち!!!
P8110016-1024x768P8110017-1024x768






とりあえず名前だけ記入して

近くにあるもう1つの店舗

あつた蓬莱軒・神宮店

に向かってみるも

こちらも3時間待ち・・・
P8110020-1024x768P8110019-1024x768






おとなしく蓬莱軒は諦め

地下鉄で「栄」へ移動

名古屋では蓬莱軒の次くらいに有名な

ひつまぶし・しら河


の栄ガスビル店でひつまぶしを頂くことにしました
(実はここも90分待ちでした)
Fotor_156556594671250-1024x768IMG_20190811_134024-1024x768






写真左下が一番人気の

“しら河のひつまぶし(2750円)”

写真右下はうな肝のタレ&塩2種盛り
IMG_20190811_133554-1024x768IMG_20190811_133159-1024x768






上ひつまぶし(3400円)になると

おひつにびっしり鰻が敷き詰められます♪
IMG_20190811_133558-1024x768IMG_20190811_133625-1024x768






海苔の袋の裏に食べ方が載っているのがいいですね

待った甲斐があってめっちゃ美味しかった〜♪

本場名古屋のひつまぶしに大満足です♪
IMG_20190811_134458-1024x768IMG_20190811_134833-1024x768






よく考えたたら3990円のツアーで名古屋に来て

3400円のランチって豪快ですよね(汗)

食後はたまたま出くわしたアイドルグループ

アイドル教室の無料ライブでヲタと一緒に汗をかき
(お寿司屋さんを拠点に活動しているらしい・・・)
Fotor_156556591733420-1024x768IMG_20190811_142411-1024x768






何かと話題のあいちトリエンナーレの無料会場をブラブラ

IMG_20190819_155352-1024x768IMG_20190811_152201-1024x768






IMG_20190811_152411-1024x768IMG_20190811_152937-1024x768






IMG_20190811_152230-1024x768IMG_20190811_152318-1024x768






IMG_20190811_152101-1024x768IMG_20190811_152051-1024x768






IMG_20190811_151141-1024x768IMG_20190811_151124-1024x768






あっと言う間に6時間のフリータイムは終了〜

再集合場所は名古屋駅構内にある金の時計

夏休みシーズンにこんな場所で再集合とか

自分だったら泣くわ!(笑)

一発で集合させた添乗員さんはスゴイね
IMG_20190811_165250-1024x768Fotor_156556548376541-1024x768






遅刻する参加者も迷子もなく

予定通り貸切列車は大阪へ向けて出発

近鉄って普段あまり乗らないけど

車窓からの景色がのどかで癒されます♪
Fotor_156552516027384-1024x768IMG_20190811_174057-1024x768






今回利用した“楽”はミニサロンもあるし

展望席からの眺めも迫力があって移動中も楽しめました♪
IMG_20190811_083430-1024x768IMG_20190811_082638-1024x768






IMG_20190811_082843-1024x768IMG_20190811_082803-1024x768






よくわからん補助席まで付いてるしね(笑)
IMG_20190811_083517-1024x768IMG_20190811_204221-1024x768






今回はフリープランというかノープラン名古屋な1日でしたが

たまにはこんな休日もいいですね♪
Fotor_156556604098615Fotor_156552506111113-1024x768






暑い中、1日中一緒に行動してくれた

あいちゃん&モミに感謝ですm(__)m

六甲・まや散歩♪【摩耶山掬星台編】

意外なご縁で天上寺で舞い上がってしまったあと

バスには乗らず、歩いてバス停2つ分進みました

スカイシャトルの終点は“摩耶ロープウェイ山上駅”

ここには“掬星台(きくせいだい)”と呼ばれる展望台があります
IMG_20190809_154844-1024x768






あの日本三大夜景のひとつ

“神戸の夜景”はここからの眺めなんです

確かにめっちゃ綺麗!!

山→街→海→空

ってグラデーションがこんなにハッキリ見える場所はそうはないですよね
IMG_20190809_160122-1024x768IMG_20190809_160221-1024x768






神戸空港のさらに奥の関西空港

の、さらに奥の紀州の山並みまで見えますね!

この日みたどの眺望スポットよりはるかに迫力がありました!

六甲・まやレジャーきっぷを利用する際は

六甲山エリア→摩耶山エリア

の順番でまわることをおススメします(笑)
IMG_20190809_160215-1024x768IMG_20190809_155139-1024x768






こちらはロープウェイのりば“星の駅”

2階には雑貨屋兼カフェがありました

ここからの景色もサイコーですね!
IMG_20190809_160326-1024x768IMG_20190809_161202-1024x768






IMG_20190809_160750-1024x768IMG_20190809_161117-1024x768






ロープウェイは“虹の駅”まで

ここから六甲ケーブルに乗り換えて

摩耶ケーブル駅へ降ります
IMG_20190809_161955-1024x768IMG_20190809_163208-1024x768






山を下りたあとは市バスで六甲駅か三宮駅へ

もちろんこの市バスの料金もレジャーきっぷに含まれています♪

帰りはせっかくなので久々に三ノ宮をブラブラ歩いてみました

三ノ宮、懐かしいな〜♪

お腹が空いたので昔によく食べた焼きそば屋さんに行ってみました

三宮センタープラザ東館1階にある“長田本庄軒”

ここの焼きそば好きなんですよね〜♪

写真は“牛ホルモン焼きそば”(850円)
Fotor_15654133597524-1024x768IMG_20190809_175013-1024x768






これにて“六甲・まやレジャーきっぷ”を使ったプチトリップも終了

1日遊べて2050円はお得だわ

皆さんも是非、六甲山、摩耶山方面にお越しの際は

お得なレジャーきっぷを活用してみてくださいね♪


ちなみに六甲エリアと有馬エリアがセットになった

“有馬・六甲周遊1dayパス”って周遊券もあります
(※摩耶エリアは行けません)

こちらは紅葉のシーズンにピッタリですね

IMG_20190809_155249-1368x1824









“ふじたや”であなごめしを食べてきました♪

今回の宮島島内1泊ツアーで楽しみだったのが

普段、待ち時間が長くて行けないお店に行けること♪

これまで食べた宮島のあなごめしの有名店といえば

“うえの”
島旅部・夏のひとり合宿〜広島・呉のグルメ編〜

“和田”
宮島の名店「和田」であなごめしを食べてきました♪

などを食べましたね


今回向かったのは

“ふじたや”

厳島神社宝物館の横を真っすぐ進んだ先にあります

IMG_20190531_145908-1024x768IMG_20190531_124839-1024x768






行った時間がかなり遅かったので行列はできていませんでしたが

お店の横に設けられた休憩スペースからして

かなり待ち時間を覚悟したほうが良さそうすね(笑)
IMG_20190531_135801-1024x768IMG_20190531_135834-1024x768






今回は前に2組だけだったので比較的スムーズに入店できましたが

ふじたやさんでは注文ごとに穴子を焼くので

注文をしてから30分は時間がかかります

今回もスムーズとはいえ

入店まで30分

料理が出てくるまで40分

って感じでした

ちなみにメニューは本日の小鉢をのぞき

あなごめしのみ!

お値段は

2500円!

あなごめし単品としては島内で一番高い設定です(汗)
IMG_20190531_125927-1024x768IMG_20190531_125852-1024x768






こちらが待ちにまった名物あなごめし

容器もアツアツなので食べる際は注意しましょう
IMG_20190531_133943-1024x768IMG_20190531_134018-1024x768






タレはややあっさりめで上品はお味

もちろん美味しくないわけないんですが

お店の方の接客もあなごのように柔らかく好感が持てました(笑)

宮島で唯一、ミシュランガイドの一つ星を獲得しただけありますね

かなり時間に余裕がないと足を運びにくいですが

宮島観光の際は是非♪

IMG_20190531_134126-1024x768






島旅部・春のひとり合宿・食べたものまとめ♪

さてさて、島旅部始まって以来の長編レポートも

いよいよこの記事で最終回です(笑)

今回はひとり合宿で食べたものを一気にご紹介したいと思います

2日目・昼食

宇佐神宮参拝のあと宇佐で頂きました

本当はガン汁(モクズガニを使った郷土料理)が食べたかったんですけど

宇佐神宮周辺で唯一食べられる仲見世商店街の“文福”さんは定休日・・・

仲見世商店街以外でランチが食べられるお店を観光案内所で聞いたので行ってみました

それがこちらの“宇佐の家”

IMG_20190418_113321-1024x768IMG_20190418_122330-1024x768






なんだかちょっと高そうな雰囲気ですが

とり天定食(800円)と意外とリーズナブル♪

このとり天、信じられないほどプリップリでめちゃウマでした♪
IMG_20190418_122258-1024x768IMG_20190418_120215-1024x768







2日目・夕食

博多駅構内の“能古うどん”で頂きました

ツアーで博多駅を利用する際は

ほぼ100%の確率で利用しているお店です(笑)

1枚の割引券でみんながハッピーになった話し♪

プライベートで博多へ行ったら絶対ここでひとりモツ鍋を食べようと

前々から楽しみにしていたんですよね♪
IMG_20190418_202931-1024x768-1024x768IMG_20190418_195243-1024x768-1024x768






なんてったってあの能古うどんが

食べ放題!!

これで1280円は絶対お得です♪
IMG_20190418_195228-1024x768-1024x768IMG_20190418_201918-1024x768-1024x768







3日目・昼食

志賀島のサイクリングのあと

“海鮮レストラン遊”ってお店で頂きました

志賀島名産のサザエを玉子でとじた

“生サザエ丼(1200円)”が食べたかったけど

売り切れだったので無難に“海鮮丼(1300円)”をオーダー

プラス100円でお味噌汁をアラ汁に変更
IMG_20190419_121458-1024x768IMG_20190419_122939-1024x768






ごくごく一般的な海鮮丼ですが

特製の胡麻ダレと愛称バッチリで美味でした♪

IMG_20190419_122947-1024x768IMG_20190419_123445-1024x768







3日目・おやつ

能古島に行って能古うどんを食べないわけにはいかんでしょ!

ってことでのこのしまアイランドパーク内にある

“耕ちゃんうどん”で冷やし能古うどん(780円)を頂きました
IMG_20190419_162136-1024x768IMG_20190419_162330-1024x768






2日連続食べても食べ飽きない!

やっぱり能古うどんサイコー♪
IMG_20190419_163609-1024x768IMG_20190419_163702-1024x768






3日目・夕食

朝からウォーキングやらサイクリングやらでヘトヘトだったので

散歩がてらにゲストハウスから向かった中州の屋台で

ベタに博多ラーメン(700円)を頂きました
(他に探す気力がなかった・・・)

屋台って基本、お酒を飲む場所なので

ラーメン単品でもいいですか?

って断りを入れてから席に着いたんですが

他の店員さんに露骨に嫌な顔をされました(涙)

水すら出してもらえないし(泣)

ラーメン単品で食べるなら

やっぱりラーメン屋さんで食べましょう!(笑)
IMG_20190419_210241-1024x768IMG_20190419_211623-1024x768







4日目・昼食

大島でサイクリングのあとに“ことぶきや三郎”ってお店で頂きました

お店の前でキャッチセールス(人懐っこいおっちゃん)に捕まったんです(笑)

お昼のメニューは4つのみ

ここは赤線が引いてある“特選海鮮丼(2000円)”でしょ!
IMG_20190420_131445-1024x768IMG_20190420_124745-1024x768






こちらが特選海鮮丼

めっちゃボリューム満点なんですけど!!

これで2000円って安すぎじゃない???

プラス100円払わなくてもアラ汁付き!
IMG_20190420_125603-1024x768






表から見てもすごいボリュームですが

裏側もかなりヤバかった

いやいや、丼ぶりからはみ出してますやん!!
IMG_20190420_125619-1024x768IMG_20190420_125630-1024x768






ご飯の上に刺身を乗せただけじゃなく

かなり凝った海鮮丼です

なにこれ〜海の宝石箱や〜♪

というか

ここまでくると

なにこれ〜海の総合芸術や〜♪

って域ですね(笑)

これまでの海鮮丼のイメージを覆す

そんな味も見た目も衝撃的な海鮮丼なのでした♪

ちなみに呼び込みをしていたおっちゃんは

お店の大将の師匠だそうです

2人ともめっちゃフレンドリー♪
IMG_20190420_132218-1024x768






4日目・夕食

福岡空港内のフードコートにある“井出カツ丼”で

看板メニューのカツ丼(950円)頂きました
IMG_20190420_192605-1024x768IMG_20190420_200825-1024x768






佐賀県武雄が発祥の名店

“井出ちゃんぽん”が展開するかつ丼屋さんです
IMG_20190420_200140-1024x768IMG_20190420_200151-1024x768






ボリュームは少なめですがこだわりのダシが効いていて美味しかったです♪

まぁ今回の旅では屋台のラーメン以外どこも当たりだったけど

やっぱり大島の特選海鮮丼が一番美味しかったな

今回の4日間の旅で一番記憶に残っているもんね

記憶に残る味とはこーゆー事なんだと思いました♪



はい、これにて島旅部・春のひとり合宿のレポートは終了です

長かったな〜

全部書くのにいったい何時間費やしたやろ?(笑)

今後はもうちょっと手短にお伝えできるよう工夫したいと思いますので

これに懲りずにこれからもブログな添乗員を

そして島旅部をよろしくお願いします!!

島旅部・冬のひとり合宿3日目【倉敷・美観地区◆

さて、チヨコさんによる観光ガイドのあとはランチタイム!

11時に終わる予定が

もう、12時まわってるし(笑)

さっそく向かったのは美観地区からJR倉敷駅へ続く

“えびす通り商店街って”アーケード街

ここに行きたいお店があるんです!
P1120112~01






すれ違う人が手にもってる“えびす饅頭”が気になりますが

お昼前なので我慢我慢・・・
P1120119~01






ここがお目当てのお店“かっぱ”

昨日、ゲストハウスで話題に上がっていた人気のとんかつ屋です

連休初日だけあって、めっちゃ並んでる!!

お店に入るまで50分かかりました・・・(涙)
P1120117~0120190112_125856~01






オーダーしたのは1番人気の

“名代(なだい)とんてい(1600円)”

岡山ってデミグラスソースのトンカツ

通称“デミカツ”がメジャーなんだそうです

20190112_131855~0120190112_131841~01






並んだだけあって美味しかったけど

けっこうなボリュームでちょっと胸やけしたわ・・・

個人的にはずいぶん前に食べたみそカツの老舗

“梅の木”ってお店の方が口に合ったかも

記憶が曖昧なのでブログで検索してみたら

ちゃんと記事も書いていたようです

さすがオレ♪(笑)

倉敷の名店“みそかつの梅の木”
(2006年12月15日)


ちょっとお腹が重たいので

食後に再度、美観地区を歩いてみました

まずは昨日から気になっていた“阿智(あち)神社”

美観地区を見下ろす鶴形山(つるがたやま)の山頂にある神社です

御祭神は“宗像三女神”
P1120120~01P1120137~01






境内には“磐座(いわくら)” “磐境(いわさか)”など

古代の祭祀場や古代庭園の遺構が残っていたり

珍しく“オモイカネ”が祀られているお社があったりと

神社好きだとけっこう楽しめます(笑)

阿智神社の“阿智”はかつてこのあたりに住み着いた

阿智氏って渡来系の氏族からからきているそうです
P1120129~01P1120122~01






境内から見下ろす美観地区の町並みも綺麗でした♪
P1120140~01P1120139~01







気になるとえば

これも気になるんだよな〜

倉敷銘菓“むらすゞめ”の手づくり体験コーナー
P1120152~01P1120153~01






でも40過ぎのおっさんが一人でむらすゞめ作りって

あまりにもキモいので止めておきました(笑)

なので店内で出来立てのむらすゞめを単品で購入♪

実はむらすゞめってはじめて食べました

Fotor_154728690424956~01Fotor_154728692102895~01






むらすゞめは色んなお菓子メーカーから販売されていますが

元祖はこちらの“橘香堂(きっこうどう)”

元祖とそれ以外の見分け方は、商品名をよく見ればわかります

橘香堂は“むらすめ”

それ以外は“むらすめ”なんですって

これは気がつかんかったわ!!(笑)


あと倉敷で有名なものと言えば

mt

美観地区にはmtを扱うお店がたくさん

mt専門店なんてお店もありました
P1120144~01P1120145~01






私も最近はバスの座席表を張るのに

mtをよく使わせてもらっています

え、mtってなんじゃいって?

mt=マスキングテープのことです

実はマスキングテープは倉敷が発祥地なんですよ
(ってことを今回はじめて知りました)
20190112_082424~01







最後は“林源十郎商店”に行ってみました

雑貨やカフェが入るオシャレな3階建ての商業施設です
(実はお昼前にもチヨコさんと来ていました)

P1120163~01~01P1120162~01~01






ここでチヨコさんが買っていた“ローマン”こと

“労研(ろうけん)饅頭”が気になってしゃーなかったんです

1920年代に倉敷紡績で働く女性従業員の栄養を考えて考案された食べ物だそうです

食後でお腹がいっぱいだけど

別腹ということで食べてみました

ローマンはと餡入りと餡なしの2種類あって

ドリンクセットで500円でした
(饅頭単品の販売はなし)

饅頭は蒸しとトーストから選べます

今回は餡なしをトーストで頂きました

めっちゃ素朴な味ですが美味しかったです♪

20190112_150729~01~0120190112_150902~01~01






カフェの奥にはテラスもありました

なんだか台湾の林百貨店を思い出すな〜

こだわり台湾2日目・前半♪
(2016年1月30日)

P1120160~01~01P1120161~01~01






さて、再び本町通りに戻ってきましたよ

有鄰菴もカフェ利用の観光客でごった返していました

昨晩とは雰囲気が全然違っていたのでビックリです
P1120166~01P1120101~01






預けていた荷物をピックアップして

いよいよ美観地区ともお別れです

お忙しい中、有鄰菴のコンシェルジュ的存在

ふじこさんがお見送りをしてくれました

ほんとふじこさんには昨晩から色々と貴重なお話しを聞かせて頂いて感謝です
(観光ガイドを紹介してくれたのもふじこさん)

まったく土地勘も知り合いもいなかった倉敷ですが

こうやって見送ってくれる人がいると

すごく親しみを感じますよね
59~01







今回の島旅部・冬のひとり合宿も

ほぼ行き当たりばったりでしたが

気になるモノがあったらそれを食べてみて

気になる景色があったらそれを見に出かけ

ゲストハウスで旅人の輪を広げ

風の向くままというか

欲望のままというか

なんとも贅沢な3日間でした



あ、そうそう

お昼に入ったかっぱのトイレで

こんなカレンダーが目に入りました

21~01






自分の魂が喜ぶことをしよう


まさにこんな3日間でした♪


やっぱり休日だって仕事だって

自分の魂が喜ぶことをしたいですよね(笑)

笠岡で絶品・笠岡ラーメンを食べてきました♪

今回の島旅では笠岡市が

カブトガニシャコが有名ということを知りましたが

他にも養鶏製麺も盛んだそうです

で、その特色を生かした

“笠岡ラーメン”

なるものもあるんだとか


めっちゃ気になるので白石島から戻ってきたあと

ちょっと早めの夕食に食べてきました

“山ちゃん”ってお店が有名みたいですが

営業時間が朝5時から15時まで

という一風変わったお店なので

今回は“いではら”ってお店に行ってみました

駅から徒歩5分ほどの好立地だし

こちらも笠岡ラーメンの中では有名店みたいです
P1110298~01






メニューは

中華そば(並)
中華そば(大)
めし


以上!(笑)


そしてここのおやじさんも

どちらかというと塩対応でした・・・(涙)

笠岡んちゅは人見知りが多いのか・・・
P1110299~01P1110301~01






こちらがお待ちかねの“笠岡らーめん”
20190111_172041~0120190111_172119~01






養鶏が盛んなだけに

スープは鶏ガラベースのしょうゆ味

チャーシューは煮鶏をスライスした鶏チャーシュー

それに大きめにぶつ切りにしたネギが添えています

写真で見ると、だいたいどこのお店もこんな感じ


個人的にお肉の中では鶏肉が一番好きなんですよね

これ、鶏好きにはたまらない一杯です

味は

鶏南蛮そば風ラーメン

って感じかな?

あっさりしていてラーメンを食べ終わったあとの

あの罪悪感がまったくありません(笑)

あ〜昼にたべたしゃこ丼といい

ほんと今回は美味しいものに恵まれてるわ♪



今回初めて笠岡という町に訪れましたが

シャコ好き・鶏好き・巨岩好き

にはパラダイスみたいな町なのでした・・・

中華そば・いではら(食べログ)

笠岡で絶品・しゃこ丼を食べてきました♪

島旅レポートもようやく2日目が終了したところで

本日は島旅2日目に出会ったグルメネタをお送りしたいと思います♪

まずJR笠岡駅に着いて白石島に渡る前に向かったお店がこちら

“しゃこ丼の店”

カブトガニのまち笠岡は

シャコも有名だそうです

そのシャコを使った“しゃこ丼”なる料理があることを

島旅出発の前日に知りました(笑)

「るるぶ岡山」に載っていたんです


個人的にしゃこは大好物なので

るるぶを見た時から絶対に行きたい!!

ってと思っていたんですよね

ここでしゃこ丼を食べる時間を軸に

2日目の行程を組んだくらい楽しみにしていたお店です(笑)

JR笠岡駅からは徒歩15分ほど

住宅街の中にポツンって感じのお店です

外観も、いたってフツーの個人宅(笑)

看板がいい味出してます
P1110095~01P1110105~01






いらっしゃ〜い!

お客さん

そんな重そうなリュック背負ってどっから来たの?


みたいなお店を想像していましたが

まったくそんな会話はなかったです・・・(涙)

どちらかというと塩対応でした(泣)

ま、そーゆーお店の方が美味しかったりするんですよね(笑)
P1110104~01P1110097~01






メニューを見ると色々書いてありましたが

もちろんここは“しゃこ丼”でしょ

なんてったってお店の名前も

“しゃこ丼の店”ですからね(笑)
20190111_113730~01






最初、しゃこ丼大盛り!!

ってオーダーしたんですが

メニューをよく見ると

“しゃこ丼定食”ってのもあるじゃないですか!

値段がしゃこ丼(並)の倍ですが

ここは思い切って“しゃこ丼定食”に変更してもらいました


出てきた料理がコチラ

名物・しゃこ丼(ミニ)

しゃこの天ぷら

しゃこの酢の物


まさに

しゃこのテーマパークや〜♪

20190111_113903~01P1110101~01






しゃこ丼はシャコをかつ丼風に仕上げた料理です

味はカキフライ丼に近いかな?
20190111_114049~0120190111_114239~01






前に三河の黒真珠こと“佐久島”で食べた

“大アサリ丼”も絶品でしたが

こちらのシャコ丼はそれに匹敵する美味しさ!!

いやそれ以上か?

佐久島・アートと魚介づくし旅【1日目】
(2011年6月14日)


しゃこ丼以外も

酢の物はしゃこ本来の美味しさがストレートに楽しめるし

ぷりっぷりのしゃこの天ぷらは

しゃこってこんなに甘いの?

ってビックリ!!

今まで食べてきたしゃこは何だったの?

って思うほど、しゃこのイメージを覆す美味しさでした

こんな身の厚いしゃこなんて食べたことないもんな〜

ほんとこのしゃこ丼定食は歴代の島旅史上

間違いなくナンバーワンの美味しさでした♪

しゃこ丼を食べに行くだけでも笠岡に行く価値ありますよ

ぜひ、皆さんも笠岡で絶品しゃこ丼を味わってみてくださいね♪

しゃこ丼の店(食べログ)

中学生以下お断りの親子丼を食べてきました♪

今日は京都の絶品親子丼をご紹介

以前に雑誌で見つけて一度行ってみたかったお店です

Fotor_154189720752088~01






それがコチラの“とり安”

場所は烏丸御池

京都国際マンガミュージアムの斜め前です

平日だったんですが、すでに3組くらい前に並んでいました
20181102_123308~0120181102_123205~01






こちらのお店

昼時は中学生以下の子どもは入店できないことでも有名

20181102_130658~01






こんなん書いてあるので

お店の人もピリピリしてるのかな〜

と心配していたんですが

めっちゃ親切!!

しかも腰が低い!!

恐らく、場所がビジネス街にあるので

お昼は回転の速さを重視するためだと思います


メニューは名物の親子丼(880円)のほか

たまご丼、から揚げ丼、から揚げ定食

の4くらいだったと思います
(曖昧でゴメンナサイ)

写真左が親子丼、右がから揚げ丼です
20181102_125211~0120181102_125152~01






ここの親子丼の特徴が

ふわっふわのたまご!

そのふわふわ感と

自慢の鶏肉を味わってもらうため

あえて鶏肉と卵は別に調理されています

かなりゴロっとしたもも肉なんですが

めちゃ柔らかかった〜♪
20181102_125258~01






親子丼もから揚げ丼も評判通り美味しかったんですが

見た目以上にボリューム満点で

食べた後かなりお腹に残った・・・(笑)

場所が場所だけにお昼時は並ぶのは覚悟しないといけませんが

並んでもでも食べる価値のある絶品親子丼なのでした♪

ちなみにランチタイムは
11:30〜13:45

ディナータイムは
17:00〜19:30(LO)

定休日が木・土・日・祝なのでご注意を!!

“たまごや”と‘’中村屋‘’と、それから‘’松葉‘’

さて、先日の京都散歩で食べたグルメネタが残っていたのでご紹介しますね

まずお昼ごはん

この日は1日3コース歩く予定で忙しかったので

コンビニのおにぎり程度でいいかな〜

って思っていたんですが

めっちゃスピーディーにランチが食べられそうなお店があったので入ってみました

それがコチラ

こだわりの卵専門店“たまごや”

ほとんど屋台ですが、通年営業しているそうです(笑)
(定休日:水曜日)
PC070016~01PC070015~01






メニューは
■赤にぬき:100円
■たまごかけごはん:350円
■ぷりん:350円


ちなみに“にぬき”はゆで卵のことです
PC070018~01PC070008~01






今回は赤にぬきとたまごかけごはん(並)をオーダー

感動するほど美味しい!!

って訳ではないですが

早い!まぁまぁ安い!普通に旨い!

って感じでしょうか(笑)

時間がない人にはお勧めです♪

ちなみにお米は美山町産キヌヒカリを使用しております
Fotor_154418417469693PC070012~01






たまごや(公式サイト)



でもこれだけだと何か物足りないな〜

そうだ アレ、食べよう

前にJRトロッコ嵯峨駅からレストラン嵐山にお客様を誘導した際に

気になっていたお店に行ってみました

それがコチラの“中村屋”ってお肉屋さん

ここのコロッケが人気みたいなんですよね〜

PC070019~01






コロッケが旨いの店のメンチカツは超絶旨い

というのは有馬温泉の“竹中肉店”で学んでいるので

ここはもちろん両方いっとくべきでしょ!

コロッケ(100円)は評判通り美味しく

メンチカツ(150円)は予想通り超絶美味しかったです♪
PC070020~01PC070022~01






中村屋総本店(公式サイト)



さて、3つのコースを終えたあと

四条河原町まで戻ってきました

南座に掲げられた顔見世興行のまねきは京の師走の風物詩ですね

※まねき・・・役者さんの名前がかかれた看板

PB020097~01PB020086~01






そんな南座と言えば

“松葉のにしんそば”

京都の名物料理ともなっている“にしんそば”

そのニシンそばの元祖と呼ばれているのが

この“松葉”さんです

今まで一度も入ったことがなかったので

いい機会なので入ってみました
Fotor_15441964817002Fotor_154419646348456






にしんそば単品だと1400円ですが

せっかくなので鮭ごはん付き(1620円)をオーダー


あれ、せっかくのニシンがお蕎麦で隠れていますね・・・
20181207_180234~01






盛り付け方が全然写真映えしませんが

これはわざとニシンを蕎麦の下に置いて

ダシにニシンの味を染み込ませているんだとか

写真を撮る際は自分でニシンを移動させ

別盛りのネギを添えましょう(笑)
20181207_180409~01






お味のほうは・・・

ん〜いたってフツー

てかもともとニシンが好きじゃないんですよね・・・

お蕎麦1杯で1400円はコスパが悪そうですが

他のお店でもニシンそばって大抵は1000円以上するんですよね

プラス数百円は“元祖ニシンそば”というブランド力と

“南座の隣”という立地を考えると納得できます(笑)

ちなみに京都駅の新幹線コンコース内にも店舗があるそうですよ

松葉(公式サイト)

並んででも食べたい“おめん”のつけうどん♪

今回の京都散歩では銀閣寺のすぐそばのお店でランチを食べました

お目当てのお店があったので

お腹が鳴のをずっと我慢してここまで歩いてきたんです

それがこちら

“名代おめん・銀閣寺本店”

行列のできる人気のつけうどんとして

京都散歩(ガイドブック)にも掲載されていたお店です

PB290084~01






今回はお昼時からズレていたので

なんとか1組待ちですんなり入れました♪

もちろんオーダーしたのは名物のつけうどん

“おめん”

単品だと1150円です

それだけじゃ寂しいので鯖寿司セット(1900円)

さらにうどん大盛り(+100円)をオーダー♪


しばらくして野菜が綺麗に盛られたお皿が運ばれてきた

え、こんなの頼んでないんだけど・・・
20181129_135656~01






実はこれ

おめんの薬味だそうです!(笑)


こちらがおめん・鯖寿司セットの完成形

20181129_135817~01






まず最初にダシに胡麻ときんぴらを入れ

お好みに応じて薬味の野菜と一緒にうどんをいただきます

よく見るとうどんに黄色いツブが付いていたんですが

これ、柚子を細かく刻んだものをあえているそうです
(よく見ないと気づかないほど細かいです)

表面はツルツルですがコシが強くて食べ応えバツグン♪

ダシはちょっと薄味なので

オリジナルの七味や一味を入れるのもいいですね

もちろん鯖寿司も絶品でした♪

20181129_135839~0120181129_135825~01






ここ、ツアーとかでも使えないのかな〜と思って

2階って何席くらいあるんですか?

って聞いたら

ご親切にわざわざ2階を案内してくださいました

2階だけで40席ほどあるので

一般的な募集ツアーや学生グループの予約などにも対応しているそうです
PB290080~01PB290081~01






うどんもお店の方の対応も大満足ですが

なんてったって立地が銀閣寺バス駐車場のすぐ隣!

ってのがいいですね(笑)

銀閣寺に行かずとも是非、食べて頂きたい

そんな絶品つけうどんなのでした♪

あ、四条先斗町や高台寺、ニューヨークなどにもお店があるようですよ♪

ゲゲゲとたぬきうどん♪

秋の紅葉シーズン真っただ中の貴重なお休みを利用して

またまた京都検定のフィールドワークに出かけてきました♪

この日は前日まで西日本オーシャンルートの添乗だったので

ゆったり昼食を食べてからスタート

京都駅の近くに前から気になっていたお店があったんですね〜

それがこちら

“うどん 丼物 殿田(とのだ)”

前に雑誌“Discover Japan”

柴咲コウさんが美味しそうに食べていたお店です

Fotor_154306065939382~01Fotor_154289785183891~01






京都駅八条口から徒歩5分もかからないのが嬉しいですが

観光客がふらっと入るような立地ではないです(笑)

20181122_120659~01






柴咲コウさんが着物で来店していたので

ちょっと敷居が高いのかと思いきや

雰囲気も値段も思いっきり大衆食堂感覚でした(笑)

店内のほどんどが地元の常連さん

で、ほとんどの人が頼むのがコチラ

殿田名物“たぬきうどん”(600円)

お揚げと九条ねぎのうどんです
20181122_115723~01






個人的に苦手な“あんかけ系うどん”

だったのでちょっとテンション下がりましたが

お出汁が上品で美味しかった〜♪

これで600円はかなりお得です!

人気店にも関わらずお店の方もとっても気さく

この雑誌の紹介ページのコピーが誇らしげに貼ってあるのも可愛いですよね(笑)

20181122_115224~01






京都駅付近でランチの際は是非♪

MKのビルの横をまっすぐ進むと左手にあります



さて、ランチのあとは京都散歩へスタート!!

する前に・・・

西本願寺前にある大谷ミュージアムへ行ってきました

大谷ミュージアムでは現在

「水木しげる魂の漫画展」が開催中

ずいぶん前に前売り券を買ったんですが

気づけば今月の25日までやないかーっ!!

PB220010~01PB220009~01






実はわたくし

小さい頃はゲゲゲの鬼太郎の漫画にかなり影響されて

めっちゃ妖怪好きな子どもだったんです

髪の毛も長くて

よく鬼太郎みたいって言われてました(笑)


この展覧会ではゲゲゲの鬼太郎というより

人間・水木しげるをフューチャーした展覧会

水木しげるの壮絶な人生や

漫画にそそぐ情熱がひしひしと伝わってきました

みなさんも是非!

って言いたいけどもう期間が終わってしまいますね(泣)


でも大丈夫

今度は12月1日から島根県立美術館で

「ゲゲゲの人生展」がはじまるから(笑)

20181124_170417~01






島根にご旅行の際は是非お立ち寄りくださいませー♪

たわらや名物・一本うどん♪

今日は先日の京都散歩の際に食べたランチのお話しです

北野白梅町駅から北野天満宮に向かうルートに

一条通を歩きました

この一条通には“大将軍商店街”というのがあって

百鬼夜行の伝説にちなんで

妖怪ストリートとも呼ばれています

PA130183~01






PA130175~01PA130176~01






お店をよーく見ると・・・

味のあるおばけのオブジェが飾られていますね(笑)
PA130177~01PA130182~01






そんな商店街で汚いけど美味しいかも!

的なラーメン屋さんがあったので入ったんですが

かなり忙しそうだったのでしぶしぶ出てきたんです(泣)


他にどこかお店ないかな〜って歩いていると

北野天満宮のすぐ近くにうどんやを発見

ま、ここでいっか♪

ってたまたま入ったお店なんですが

PA130184~01






ここ、前に読んだ「京都珍百景」ってガイドブックに載っていて

一度行ってみたいな〜って思ってたお店やん!!

めっちゃラッキー!!

お店の名前は「たわらや」

“たわらやうどん”と呼ばれるずぶとい1本のうどんが名物なんです
(実際は2本)

20181013_231455~01






普通のうどんもありますが

もちろんここは名物のたわらやうどんでしょ!

お好きなハーフ丼とセットにできる“名物セット”をオーダー

丼はもちろん京都らしく“衣笠丼”でしょ!(笑)

衣笠丼・・・油揚げを玉子でとじた丼
20181013_135417~01






うどんがぶっとい事より

うどんの容器が小さくてビックリした(笑)

単品で頼まなくて良かった〜

食べてみた感想は

うどんは正直、美味しさを求めるなら普通のほうがいいかも・・・

でも、とにかくダシがめっちゃ美味しかった!!

ダシが美味しいから衣笠丼も必然的に美味しい!!

今度は普通のうどんでリピートしてみたいな♪

20181013_135421~0120181013_135425~01






お店は北野天満宮の正面にある

“御前通”に面しています

この通りの名前も前に京都検定に出題されてた

北野天満宮や北野をどりにお越しの際はぜひお立ち寄りくださね

花屋町通の“みやこ食堂”で激安ランチ♪

京都散歩のコース8で食べたランチのお話しです

またコース8かよ!

って突っ込まれそうですが

意外とこのコース

ネタが多かったのです・・・(笑)



島原から西本願寺へ向かう花屋町通

下町っぽい情緒があって歩いているだけでも楽しい通りです
P5230028~01P5230029~01






P5230030~01P5230040~01






そんな花屋町通でめっちゃ素朴なお店を発見

お店の名前は“みやこ食堂”

ちょうどお昼時だったので入ってみました

P5230038~01P5230039~01






壁に貼られたメニューを見てビックリ

どれもめちゃ安いんですけど!!

P5230035~01P5230036~01






あれこれ迷ったあげく

“かしわ鍋定食(650円)”をオーダー

この内容で650円ってかなりリーズナブルですが

これでもお店では最高ランクのメニューです(笑)
P5230033~0120180523_110505~01






味は普通に美味しかった♪

接客もいたって普通♪

居心地もこれと言って良くもなく悪くもなく

なんともニュートラルで気どらないお店でした(笑)



みやこ食堂さんでランチを食べたあと

近くに“想夫恋(そうふれん)”を発見!

あの久留米の焼きそば専門店

想夫恋がこんなところにあったとは!!

想夫恋の焼きそば
(2007年3月25日)

P5230044~01






あと西本願寺の近くでこんな自販機を発見

歯ブラシの自販機!(笑)

こんなの需要あるのかな・・・
(まぁ歯ブラシメーカーの前に設置されているんですけどね)
P5230042~01P5230041~01






あとこんな植物に覆われた不思議な建物もありましたね

何の建物かは不明・・・

P5230109~01P5230111~01






気になる・・・
P5230110~01






食べ物ついでにこの日の夜に食べたものも紹介しておきますね

京都駅の地下街“ポルタ”で入った

京のカレーうどん“味味香(みみこう)”

「カレーうどん文化」の京都で生まれた出汁にこだわるカレーうどん

ってことですが

あんまり口には合わなかったな・・・

そもそも京都にカレーうどん文化なんてあったんや

京都検定のテキストにも載っているのかな?(笑)

20180523_173248~0120180523_171731~01






やっぱりカレーうどんを食べるなら

阪急三番街の“兎麦(うむぎ)”ですね♪

阪急三番街「兎麦」のカレーうどん♪
(2010年11月4日)

吉野山で柿の葉寿司御三家食べ比べ♪

さて、今回は柿の葉寿司のお話し

今シーズン3回目の吉野は後輩の“ひょうた”と台数口だったので

お弁当は食べずに

柿の葉寿司御三家のひとつ

“やっこ”の店内で自腹でランチを食べてきました

ちなみに御三家はこちらの記事をチェック

吉野山に行こう!【柿の葉寿司編】
(2015年3月30日)

P4100243~01Fotor_15233543734887~01






桜エキスを麺に練り込んだ桜色のにゅうめんと柿の葉寿司3個

さらに葛餅が付いた“桜めんセット(1400円)”
P4100248~01Fotor_152335602584833






正直、柿の葉寿司はどこも大して差は感じませんが

葛餅はめっちゃ美味しかったです♪

景色もいいし、この立地でこの内容なら1400円はお値打ちかも♪

前にプライベートで来たときは“ひょうたろう”の柿の葉寿司を食べたんですよね
(ちなみにひょうたろうはお持ち帰り専用)

残る御三家は“醍予(だいよ)”だけやな・・・




ということで

今シーズン4回目の吉野もお弁当は食べずに

す羲屬里繊爾舛磴鵑“醍予”に行ってきました

Fotor_152344167791547~01P4110352~01~01






今回オーダーしたのは“吉野三昧(1250円)”

柿の葉寿司3個・ゴマ豆腐・葛きり

吉野の名物がセットになった欲張りなメニューです

P4110353~01P4110357~01






1日限定20食だけど食べれて良かった〜♪
(実は前日から目をつけていたんです)

これにて吉野の柿の葉寿司御三家は制覇!!


正直、柿の葉寿司はどこも大して差は感じませんが

葛きりはめっちゃ美味しかったです♪(笑)

吉野山・お弁当はどこで食べる?

今回の日帰りツアーではお客様はお弁当の昼食付き

で、お客様に必ず聞かれるのが

「お弁当ってどこで食べんの?」

Fotor_152335510596568~01







ということで

下千本周辺でお弁当が食べられそうな場所を見ていきましょう


まず下千本の駐車場から散策をスタートしたと想定して・・・

駐車場内にある休憩所が一番手っ取り早いですよね

屋根・売店・トイレ

三拍子が揃っています♪(笑)

ただ立地がいいから激戦区!

景色があんまりよろしくないのも気になります
(バス好きにはいいですが・・・)

景色優先だったら駐車場からちょっと歩いた先にベンチがあります

数は少ないけど休憩所より景色はいいですね

Fotor_152335601240228Fotor_152335596171059






さらに進んだ場所にある

“下千本展望所(お野立ち跡)”はもっと景色が良くなります

大橋手前の無料休憩所は規模も大きいし屋根もあるので人気

景色もいいです
Fotor_152335580090083Fotor_152335541667485






ちょっと意外な場所が“銅(かね)の鳥居”(笑)

鳥居の周辺にもベンチがあるんですね

鳥居の基礎部分に座っている人もいましたが

それはちょっと失礼かも・・・

参道に並ぶ飲食店には

天野屋さんのようにお弁当持ち込みOKなお店もあります

Fotor_152344441217997Fotor_152344445913698






蔵王堂の境内や周辺でも食べる場所がありました
Fotor_152335544344755Fotor_152335549177728







こちらはケーブルの山上駅の向かいにある“山ノ駅休憩所”

一見、何か頼まないと入れないような雰囲気ですが

ここはありがたいことにお弁当の持ち込みOK♪

意外と空いているので穴場です

2019年4月追記
“当店でお買い物をされた方は”
という条件が付いてしまいました・・・
Fotor_152335368445876~01Fotor_152335593319782






この先はあまりお弁当スポットがありませんが

勝手神社の境内は芝生の広場になっていて気持ちよさそうでした
Fotor_152335587440777






まぁいずれもお天気しだいかな

雨の日や寒い日だと外でお弁当はちょっと大変だと思います

お天気が優れないようであれば吉野に到着前にお腹に入れてしまう

っていうのもアリですよね

その分、身軽で散策できますし♪

散策中は基本的にゴミを捨てる場所がありせん

お弁当の空き箱を持って散策するのは結構邪魔・・・

その辺をよく考えて吉野山でのお弁当タイムをお楽しみくださいね



2020年4月10日追記

今回ご紹介した内容を含めた動画をYouTubeにアップしました!








椎尾八幡宮に行ってきました♪

山口県岩国市にある“椎尾八幡宮”に行ってきました

行ってきましたゆーてもプライベートではなく

先日の幕末維新ツアーで岩国に行った際

お客様を錦帯橋にご案内したあとに歩いて行ってきました

観光バスで錦帯橋を観光したら、帰りに必ずこの前を通るので

前々から気になっていたんですよね

錦帯橋に行ったことのある添乗員さんなら絶対見たことあるでしょ(笑)

で、お客様に聞かれたでしょ

「この神社なに?」って

で、なんて読むかわからなくて焦ったでしょ(笑)

椎尾八幡宮で“しいのおはちまんぐう”って読むそうです
(意外とそのまんま)

P1200022~01P1200021~01






バスで前を通ると急な階段と途中にある赤いお社しか見えません

赤いお社はご想像通り“お稲荷さん”です

そして奥まった先は、さらに階段が続いておりました・・・

P1200020~01P1200019~01






こちらの神社は岩国地区の氏神で、創建は1626年

岩国藩主の吉川広正(きっかわひろまさ)によるものらしいです
P1200016~01P1200010~01






なんか“子宝安産いぬ”って可愛い犬の像がある(笑)

戌年なので縁起がいいんじゃないですか♪

P1200011~01P1200012~01






狛犬もはちまきを巻いていてユニーク(笑)

足を撫でると足が軽くなるそうです

首には首輪じゃなく首しめ縄!!

ここの神社は犬好きなんですかね?
P1200014~01P1200003~01






御祭神は八幡宮ですから定番の八幡神トリオ

〕静鎚面拭淵曠鵐瀬錺院泡猶神天皇
足仲彦命(タラシナカツヒコ)⇒仲哀天皇
B長帯比売命(オキナガタラシヒメ)⇒神功皇后


おや?拝殿の脇に天狗の像を発見!

ってことは“サルタヒコ”も祀られているってことですね

サルタヒコは方角や道開きの神様

旅行の安全をお祈りするのにはピッタリの神様です♪

P1200004~01P1200002~01






境内には他にもいくつか摂社・末社が並んでいました

春日社のタケミカヅチ

恵比須社のえびすさん

金毘羅社のオオモノヌシ

天神社の菅原道真

なかなかの豪華メンバーです
P1200013~01P1200006~01






P1200007~01P1200008~01







錦帯橋は前にも来たから渡らない!

ってお客様におススメするのもいいかもしれませんね

てかこの日も実際に神社でお客様にバッタリお会いしました(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


参拝のあとは、お腹が空いたので神社のすぐ手前にあるうどん屋さんへ

あ、あのツアーに付いていたお弁当はさすがにスルーしました


お店の名前は“がんだら”

シンプルな鶏肉うどん(610円)をオーダー

あんまり期待していなかったんですが・・・

これがめちゃくちゃ美味しかった!!

麺もお店で打っている自家製麺だそうです

P1200024~0120180120_142615~01







もしこのツアーにご参加のお客様でお弁当をスルーしたお客様がいたら

こちらのお店をおススメするのもいいかもしれませんね


ただし営業時間にご注意を

11:00〜14:30までしか営業してませんから!!(笑)

定休日:火曜日

有馬温泉に行ってきました♪【グルメ編】

今月にプライベートと仕事で計3回訪れた有馬温泉

このブログではこれまで

【温泉編】【名所編】に分けてご紹介してきましたが

今日は第3弾の【グルメ編】です
PC080102~01PC080103~01






PC080105~01PC080106~01






PC080113~01PC080126~01






最初にプライベートで行ったときは温泉街でランチを食べました

カレーうどん専門店や明石焼きのお店も魅力的でしたが

ここはちょっとヘルシーに「土山人(どさんじん)」ってそば屋をチョイス

インパクト大の“すだちそば”の見本写真に思わず吸い寄せられてしまった・・・

たまたま入ったお店ですが、有馬では結構有名なお店みたいです

オシャレな店内で店員さんも可愛くていい感じ(笑)

細目のお蕎麦におダシはあっさりめ

上にはすだちがこれでもか!ってほど乗っかっています

PC080111~0120171208_141548~01






綺麗に盛られたすだちですが

おダシが苦くなってしまうため、すぐに取り出すようお店の方に言われました

インスタ映えする写真を撮るなら、出てきてすぐ撮りましょう(笑)

ちなみに具は一切ありません(笑)

具がない割に値段がちょっと高いのが難点ですが

今度は冷で食べてみたいですね


さてさて、有馬温泉といえば炭酸煎餅

温泉街では色んなお店で売られているので迷ってしまいますよね

正直、どこで食べても同じ味に感じてしまいます(笑)
PC100077~01PC190020~01






でも迷ったら炭酸せんべいの元祖と言われる“三津森本舗”が無難かな?

店構えも歴史を感じますし、お店の人もとっても気さくです
PC100071~01PC100073~01






若者や子ども向けだと

太閤通には出来立ての炭酸せいんべいを出してくれるお店が2店舗ほどあります

受け取った瞬間はふにゃふにゃで、5秒もしないうちに硬くなります

ふにゃふにゃの食感を味うのは一瞬が勝負!(笑)
PC080116~01PC100076~01






PC080115~01PC190021~01






あとこんな食べ歩きスイーツもありました

“炭酸和ッフル”
PC100069~01PC100070~01






スイーツじゃないけど、食べ歩きと言ったらここが一番おススメかな

“竹中肉店”
PC080118~0120171210_142222~01






ここのメンチカツ(写真左)とコロッケ(写真右)はめちゃウマです!!

特にメンチカツは思わずもう1枚食べたくなったほど美味しかった♪
PC080121~01PC190018~01







そして忘れちゃいけないのが“ありまサイダーてっぽう水”

これを飲まずして有馬温泉は語れないでしょう

風呂上がりのマストアイテムです
(写真は金の湯にて)

有馬はサイダー発祥の地と言われているくらいですからね

てっぽう水のキャラメルやドロップなども売っていましたよ

Fotor_151277596023087~01PC080135~01






あーブログ書いてたら、またメンチカツ食べたくなってきた・・・

行列はできないけど大阪で美味しい蕎麦屋【寄り屋】♪

先日、ブログで出雲そばの行列ができる名店をご紹介したので

今日は大阪で個人的にお気に入りの蕎麦屋をご紹介したいと思います

お店の名前は「寄り屋」

難波の地下街“なんなんタウン(B1F)”にあります

ちょうど地下鉄御堂筋線から南海へ向かう途中の地下街なので

関空に早目に帰着した帰りなどによく利用するお店です

20170130_201226~01外観はパッと見、赤ちょうちんの居酒屋風

実際、お酒や焼き鳥なども扱っています




ここの名物は赤鶏&赤玉子を使用した親子丼と

自家製麺の更科そば

なのでいつも親子丼とざるそばの

親子丼セット(830円)をオーダーします

20170130_195450~0120170130_195725~01






親子丼も美味しいですが、ほんと蕎麦が絶品なんですよね

殻ごと製粉する黒い出雲そばと違い

更科そばは蕎麦の実の中心部分の粉を使用するので白いのが特徴

松江で「ふなつ」の蕎麦を食べ慣れている人にとったら

こんなの蕎麦じゃない!って言われそうです(笑)

20170130_195810~0120170130_195819~01






プラス料金で九割り蕎麦にランクアップできる“特上セット”

そば、丼、どちらかをミニにできる“ミニセット”

など気分に合わせてオーダーできるのも嬉しいですよね


調べたら杵屋グループ(そじ坊とか杵屋とか)のチェーン店だそうで

北堀江にも店舗があるそうです

てかそじ坊と杵屋って同じグループだってことがビックリ(笑)

関空には杵屋もそじ坊がありますが

難波まで帰ってくるんでしたら、ぜひ大阪で2店舗しかない“寄り屋”で

真っ白い更科そばと親子丼を食べてみてくださいね♪

寄り屋(グルメ杵屋・公式HP)

行列のできる蕎麦屋【荒木屋&ふなつ】

ここ数日、古事記ゆかりの神社ばかりを紹介してきたので

本日は今回の島旅のグルメレポートをお送りします♪


島根のグルメと言えば?

出雲そば!ですよね♪
(逆にこれ以外思いつかない・・・)

初日のランチは出雲大社の近くで出雲そばを食べました

どこで食べたかと言うと、創業200年以上という老舗の

“荒木屋”

ちょっと場所が分かりにくいかもしれませんが

電柱に案内の看板が出ているので安心

前にプライベートで来たときは食べれなかったのでリベンジです!

この日も結構な混雑で、予約表に名前を書いてしばらく待ちました

P4220094~01P4220088~01






お店の外にはご親切に待ち時間の目安が書かれています

「15組目でしたら20分〜30分でお呼びいたします」

行ってすぐには食べれないと思っていた方が良さそうですね(笑)

P4220093~01P4220092~01






出雲そばには大きく分けて“割子(わりご)そば”と“釜揚げそば”の2種類があります

我々がイメージする出雲そばと言ったら丸い朱塗りの器に盛られた割子そばですよね
(出雲地方ではあの器を“割子”と呼ぶのだとか)

一般的に割子そばと言えば3段がスタンダードですが

せっかくなので今回は4段の“割子四代そば(1420円)”をオーダーしました

20170422_123733~0120170422_124413~01






出雲そばというと殻のまま製粉するので黒くて太い麺ってイメージを持っていましたが

荒木屋は細めのお蕎麦なのでツルツルとした喉ごしで、何皿でも食べれそうでした♪

こりゃ人気があるのもうなずける

お店の方も親切でお腹も心も満たされたお店でした♪



ちなみにこの日の夕食は松江駅構内にある“たたらや”で出雲そば(笑)

蕎麦と一緒に食べた味噌玉半牛丼がかなり美味でした♪
(味噌玉牛丼は松江の人気駅弁だそうです)

20170422_200301~0120170422_194423~01







2日目のランチは松江城の近くにある人気店

“中国山地蕎麦工房ふなつ”

「松江 そば」で検索したら必ずヒットするほど有名なお店です

“ふなつ”ってお店の名前が素敵ですよね(笑)

早目に行ったのでタイミング良く入れましたが、すぐにお店の外には行列が
P4230128~0120170423_130446~01






Fotor_149295436940743~0120170423_123425~01






通常の3段の割子そばに山芋とうずらが入った“割子とろろ(980円)”をオーダー

ふなつのお蕎麦はツルツルな荒木屋の蕎麦とは全くちがい

ザラザラついた舌触りでめっちゃワイルド!!

荒挽き感がハンパないです(笑)

出雲そば初心者だと何かの間違いかと思ってクレームつけそうなくらいインパクトがあります(笑)

これだけ野性味あふれるお蕎麦は今まで経験ないな〜

そばアレルギーじゃなくても唇がかゆくなりそう(笑)

お蕎麦の味は個性的なので好き嫌いがハッキリ分かれそうですが

そばがきを使ったぜんざいと揚げもちは美味でした
(割子そばにセットで付いて来ます)

ちなみに“そばがき”なる料理をこのとき初めて知りました(笑)

そばがき・・・そば粉を熱湯でこねて餅状にしたもの

玉子焼きも人気のメニューのようで、常連さんは必ず頼まれていました

20170423_124231~0120170423_124302~01







近くに居酒屋ふなつもあるのでお店の方に

「この付近ってふなつって苗字が多いんですか?」って聞いたら

「この辺ではうちとあそこの2軒だけ!」って言ってた(笑)

ちなみに松江城のお濠に繋がる川にも“船津橋”って橋があるんですよね

ふなつワールド万歳!!(笑)
20170423_131454~0120170423_122613~01






20170423_124159~01ひとくちに出雲そばと言ってもお店によっていろいろありますね

アナタならツルツルの荒木屋か?

ザラザラのふなつか?



是非、どちらも食べ比べてみてくださいね♪
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
tabitore888@gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・