ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

宣伝会議賞

第55回・宣伝会議賞の一次審査が発表♪

1年で一番そわそわして迎える日

それは2月1日

毎年、宣伝会議賞の一次審査が紙面で発表される日です

毎回、応募したあとは「今年はイケるやろ!」って意気込むけど

毎回、1月31日には「全滅ってこともあるかも・・・」ってビビり始める

みんな同じ気持ちですかね?(笑)


北海道や九州は発売日が数日遅れるので

2月1日を添乗先で迎えてモヤモヤした年も何度も経験しましたが

今年はお休み♪

さっそく朝から雨の中、近所の書店に行ってきました♪

雑誌を開いてみてビックリ!

今回の応募総数は45万8944点で

一次審査通過率はたったの

1.1%だったようです

いつもにまして厳しいやん!!


Fotor_151744743046420~01
自分のエントリー数は

8課題で134本でしたが


結果は・・・






BROOKS:23本⇒1本
キャノン:30本⇒1本
サントリー:4本⇒全滅
ソーエキサイト:23本⇒1本
ディーエムソリューションズ:13本⇒全滅
ニチバン:18本⇒全滅
三井不動産リアルティ:3本⇒全滅
ロッテ:20本⇒全滅

結局、複数通過はなしで3本でした

本命のキャノンが1本か〜

複数いけると思ったのに・・・

しかもさすが激戦区キャノンだけあって

鬼のように通過者の名前が並んでた(笑)

他の課題もサントリー以外は結構自信があったんだけどな〜

やっぱり宣伝会議賞はそんなに甘くなかったです・・・



去年は81本の応募で1次通過は4本

通過率としては大幅ダウン・・・(涙)


でも数は少なくても前回の4本は

2次審査:2本、3次審査:1本

まで残ってくれましたからね

今年も可愛いい我が子(コピー)たちが

少しでも先に生き残ってくれることを祈るばかりです♪

第55回・宣伝会議賞のエントリーが終了♪

第53回のエントリー終了からご無沙汰の宣伝会議賞ネタです(笑)

今年で第55回を迎えた宣伝会議賞

IMG_20171112_141819_603~01~01先日の正倉院展ツアーで書いたように

11月6日にエントリーが終了しました




第53回のエントリーが終了した記事を読んでみると

第53回・宣伝会議賞のエントリーが終了♪
(2015年12月5日)

20課題で177本エントリーしたようですね

思いっきり自身満々に書いておりましたが

結果は惨・敗

一次すらゼロという結果でした

あまりに惨敗すぎて

システムエラーで作品が応募されていなかったんじゃないの?

って今でも思っているほどです(笑)

この第53回では

紙もペンも持たず

頭の中で考えたアイデアをそのままスマホなりパソコンなりに入力する

って手抜き戦法を初めて試したみたんですが

結果は惨敗でしょ

第54回では初心に戻って紙とペンでアイデアを膨らませていきました

エントリー数は81本

結果は4本が1次審査を通過し

そのうち2本が2次審査へ

そのうち1本が3次審査に残りました

かなり男前な展開です(笑)

残った課題も「キャノン」ってのが男前!

(毎年エントリー数が多く倍率が高いため)

この3次審査がどれほど狭き門だったかというと

応募作品全体の0・018%ですよ!!

紙とペンで考えることの大切さを学んだ宣伝会議賞でした

3次審査まで残ったのは第50回の「エディオン」以来でしたが

結局、初の授賞式には手が届きませんでした(泣)


そして迎えた今回の第55回宣伝会議賞

もちろん今回もしっかり紙とペンからスタート

エントリー数は8課題で134本

内訳は

BROOKS:23本
キャノン:30本
サントリー:4本
ソーエキサイト:23本
ディーエムソリューションズ:13本
ニチバン:18本
三井不動産リアルティ:3本
ロッテ:20本

でした

言い訳がましいですが、今年は9月がかなり多忙だったため

課題に目を通したのが課題発表の1ヶ月後になってしまったんですよね・・・

それでも自分なりに精一杯アイデアを出したつもりです

専門学校の生徒にも授業の中で宣伝会議賞を勧めたんですよ

みんなで応募して受賞したら賞金で打ち上げしようぜ!って(笑)

さてさてめでたく打ち上げ資金は稼げるのか?

気になる一次審査の発表は2月1日です


※宣伝会議賞って何?って方はコチラへ↓
■宣伝会議賞とは?
(公式サイトより)

※なんでお前が宣伝会議賞やねん?って方はコチラへ↓
宣伝会議賞って知ってる?
(2009年9月24日)

第53回・宣伝会議賞のエントリーが終了♪

今年中にこの記事書かないと年越せない!

ってネタがいくつか残っているのですが

宣伝会議賞ネタもそのひとつ(笑)


先月の4日に第53回宣伝会議賞のエントリーが終了しました

応募総数は定番の過去最高!ではなく

46万7936件だったそうです
(その辺あんまり興味なし)


第52回同様、添乗先で締め切りを迎えた訳ですが

今回はちゃんと寝過ごさずに起きてました(笑)

PA300059~01宮崎のシェラトンホテルにて優雅に最終の追い込み♪

といきたかったんですが




実際は自分がエントリーした作品のコピペくらいでほとんど追加はできませんでした(涙)


今回のエントリー数は5課題/70本!


少なっ!!(笑)

昨年の20課題177本から大幅減でございますm(__)m

内訳は

■大塚製薬・・・4本
■牛乳石鹸・・・6本
■JTB・・・30本
■セメダイン・・・10本
■森永乳業・・・20本


はい、やりやすそうな課題ばかり選びました

で、自信のほどは・・・


はい、あります!!(笑)

自信を持つのは本人の勝手ですから♪

自分の中では2ヶ月間に出せるだけのアイデアを使って書いたつもりです

あ、ウソ!書いてなかった!

今回は初の試みで、一度も紙とペンを持たずにコピーを考えてみたんです(笑)

全ての作品は頭の中からダイレクトにコピーや切り口をアプリや公式サイトにアウトプット

ほとんどの作品はスマホからEvernoteにアイデアを入力&ストック、その後にエントリーフォームって流れ

それかスマホからエントリーフォームにいきなり入力してあとで修正があれば修正

というスタンスでやってみました

なんかよくカッコいいノートやペンを使ってコピーを考えている姿をネットなどでお見かけしますが

恐らくそれは普段デスクワークをされているクリエイティブ系の方々

自分はデスクワークが苦手だから添乗員をしている訳であって

じっと同じ場所で紙にアイデアをぶつけていくってスタンスは向いていない

ということを8回目にして気づいた訳です(笑)

紙に書こうがEvernoteに入力しようがアイデアはアイデア

どっちがいいアイデアが書けるか?ってよくネットで議論されていますが

本人がアイデアを出しやすい環境が一番いいって事だと思うんです

勉強するにも朝派・夜派がいるように

アウトドアでも山派・海派がいるように

ペットを飼うにも猫派・犬派がいるよに

魚にも淡水魚・海水魚がいるように・・・(笑)


自分はカラダを動かしている時が一番アイデアが浮かびます

それは筋肉が動く→脳内麻薬(快楽ホルモン)が分泌されるからだと思います

机に向かいながら脳内麻薬を出すなんて

それこそ思いっきり激しい貧乏ゆするをするか

集中リゲイン(今回の課題のひとつ)でも飲まなきゃやってられません(笑)


まぁ本当はただ単にいつもと違う取り組みをしたかっただけなんですけど

もちろん紙にマインドマップを書いたりマンダラートみたいなツールを使うのも好きです

さて、今回はこの作戦が吉と出るか凶と出るか

2月の発表が楽しみです♪

第53回 宣伝会議賞・推進状況♪

あっというまに10月も給料日の支給日まで来てしまい

宣伝会議賞の応募期間も残り僅かとなりました

IMG_20151022_223256~01昨日、ルクアイーレ9階の蔦屋書店に行ってみたら

宣伝会議賞絡みの書籍がどっさり山積みにされてて焦った(笑)

やっぱり都会にはライバルが多いのか…




昨年のこの時期は幕末男子真っ最中だったので

宣伝会議賞そっちのけで幕末絡みの本を読みあさり

結果、エントリー数177本で一次通過5本止まり

という不本意な成績で終わったんですよね

今年は幕末熱もすっかり冷め、宣伝会議賞に集中できるかと思いきや

IMG_20150930_221712~01あんなことしたり








IMG_20150930_221442~01こんなことしたり








IMG_20151022_094224~01あんなとこ行ったり








IMG_20150930_222148~01こんなとこ行ったり









朝から晩まで多忙な休日を送っていた結果

休日にカフェにこもってSKAT傍らにコピーを考えるというクリエイティブな時間を1日もとれず

今日まで来てしまいました…



IMG_20151022_094808~01←全部この釣りバカの悪友が悪いんですっ!!

って言い訳をグチっても

過ぎた時間は戻ってはきませんね(涙)





今年は課題にJTBを見つけた時点であぐらをかいてしまったもんなー

これならなんとかなるだろって…

(ゆーてもJTBのコピーを考え始めたのは10月入ってからなんですけど)



IMG_20151023_114910~01あと森永乳業のマウントレーニアも考えやすいかなーと思って

とりあえず機会があれば飲んでます(笑)








あー美味しかった♪

って飲み終える頃には宣伝会議賞のことは忘れてる…



あぁほんと2ヶ月ってあっという間ですよね

宣伝会議賞に応募するようになってから1年でこの9月10月が一番早く感じる(笑)


去年のこの時期に書いた記事をみてみました
第52回宣伝会議賞・進捗状況♪

去年は10月17日の時点で140本くらいエントリーしてたんや

今年はアイデアが浮かぶたびにスマホからEvernoteにメモしているだけで

まだ1本も宣伝会議賞のエントリーシートに入力できてない…

この記事を書き終えたらとりあえず

Evernoteに眠っているコピーをエントリーしたいと思います

締め切りは11月4日の13時

勝負はこれからやっ!!!(涙目)

第53回 宣伝会議賞が開幕♪

さてさて、いつの間にか別れ話も置手紙もなく夏は去っていき

気が付けばもう9月ですね

9月と言えば

9月7日はこのブログな添乗員の誕生日!

9月15日はわたくしフナッシュの誕生日!

とイベント続きですが、その前に

9月1日は宣伝会議賞の課題発表日!

なわけです

正直これまで9月1日を首をながーーーーくして待っておりましたが

今年は宣伝会議のLINEアカウントから送られてきたお知らせで気がつくほど無関心

やっぱり自分の中では宣伝会議賞熱はかなり冷めてしまったようです

IMG_20150902_102240~01でもなんやかんやゆーて

買っちゃうよね

毎回毎回、この表紙が罪です





今年で53回目を迎える宣伝会議賞

最近話題の東京五輪エンブレム問題もあり

今年はこーゆークリエイティブ系の公募に抵抗を感じる人は多いんじゃないかな

まぁ自分はクリエイティブ系の人間ではないのであまり気にしていませんが(笑)


今回で8回目の参加となりますが、最高成績は三次審査で未だ受賞ならず…

まぁ賞は逃しても自分で納得がいくコピーが出てきたときは嬉しいし

やっぱりコピーを考える過程は苦しくもあり楽しいものです

それに宣伝会議賞の課題によって新しいサービスや商品を知ることもできるし

何より色んな切り口を考えることによって自分の頭の中にある思考の枠が広がるというか

宣伝会議賞的に言うと“アイデアの果て”に一歩近づける感覚が得られるのが大きいですよね

他の人のコピーなんかを見ると

あぁこんなモノの見方もあるのか!こんな表現の仕方もあるのか!

って脳の中でシナプスがプチプチと新しいネットワークを繋いでいくのが分かります

あ、あくまでイメージね(笑)


さて、さっそく課題をチェックしてみましょう

今年の課題数は45

関西大学、道とん堀、阪急不動産、よしもとクリエイティブ・エージェンシー

って今年は関西に馴染みのある企業が目立つも

あんまりピンとこない

キャノン、牛乳石鹸、霧島酒造、クレディセゾン、サントリー、セメダイン

って毎回変わり映えのない顔ぶれを見て

さらにテンションが下がります…


が、そんな中にとんでもない企業名を発見!!

IMG_20150902_102740~01なんとあのJTBが協賛企業に名乗りをあげているではないですか!!

これは第48回のANAや

第47回の白い恋人&紅いもタルト以来の身近な課題!





さすが大手は違いますな

よっ!待ってましたJTB!!(笑)

課題は“大切なあのひとに「JTBの旅行券」を贈りたくなる広告表現”

ジャンルは自由

もう今年はこれ1本でグランプリ目指しますかね(笑)

てかこの課題で1次も通過しなかったらかなりショックやろな…

でも目新しい課題だし、誰もが身近な課題だし

競争率もかなり高いでしょうね


毎年このブログで呼びかけても、なかなか周囲に宣伝会議賞に挑戦してくれる仲間が出ませんが

今年はチャレンジしやすんじゃないですか?

応募の締め切りは11月4日

みんなでJTBの課題でグランプリ100万円を目指しましょう!!

第53回宣伝会議賞(公式HP)

映画「イニシエーション・ラブ」の試写会に行ってきました♪

今月の23日から公開される話題の映画「イニシエーション・ラブ」

いつものように部屋でFM802を聞いていたら

このイニシエーションラブの試写会の予告がやたら流れるワケです

よくある試写会の応募案内だと聞き流していたんですが

今回はいつもの試写会じゃない!

ってDJのたくてぃーが力説します

Screenshot_2015-05-20-22-24-34~01~01なんでもこの試写会は、映画を観たあとにキャッチコピーを考えるという企画

しかも優秀作品に選ばれたら映画の公式ホームページに掲載されるんだとか






大好物のキャッチコピーに大好物の映画って

こりゃ応募しないわけにはいかんでしょ!

試写会がある19日が休みか仕事かも知らないままとにかく応募してみました


そしたら5組10名の抽選に狭き枠に見事選ばれたではないですか!!

しかも19日は休みだし♪

さっそく原作の同名小説を会社帰りに購入

先日の葵祭りツアーで京都に滞在している間に読み切ってコピーを考え始めました


当日までに10本ほどコピーを用意していざ茶屋町にある東宝試写室へ

会場には他の媒体からの参加者も含め40名ほどがおりました

自分が当日までに考えたコピーの中に

「この作品が映画だと思っている時点で、既にアナタは騙されている。」

ってのがあったんですが

会場でもらったチラシの裏に

「これを読んでいるあなたは、すでに騙されています。」

ってコピーが・・・
(てことでさっきのはボツ)


映画が終わり、最終的に選んだのが

「映画は振り返っても、自分の恋愛は振り返るな!」

これは会場に向かう電車の中で浮かんだコピー

この映画って観終わった人の多くは、どこかで自分の恋愛と重ねると思うんですよね

でも重ねるのはちょっと怖い気もする…

知らないほうが幸せな真実ってのもあると思うんです

おっとこれ以上はネタバレになりそうなので止めておきます(笑)



この他にもまだ応募したいコピーがあるんだよな〜って会場に残って悩んでいたら

受付の方が応募は1個じゃなくてもOKと声をかけてくれました

でも上のコピーをデカデカと書いてしまったのでスペースがほとんどない

で、こんな短めのコピーを追加してみました

「もう1回より、続きが観たい。」

これ、観終わったあとに叫びたくなるほど感じた感想です

原作と違うラストだからこそ感じたコピー

「あなたは必ず2回観る。」

ってコピーがあまりにも有名なので

それのアンサーソングならぬアンサーコピーみたいな感じ(笑)


最後にこの2本に´△辰独峭罎鮨兇辰督鷭个靴茲Δ箸靴燭鵑任垢

せっかくなのでイニラブ的にsideA/sideBって書いて出してみました

“観る前に考えたのがsideA、観終わった後に考えたのがsideBです”

って説明を添えて

そして迎えた本日の結果発表


結果は

IMG_20150520_223817~01









見事どっちも優秀作品の中に選んで頂きました!!!

sideA /sideBってそのまま採用してくれる東宝さんの遊び心がまた嬉しいですよね

めちゃ感激です!!!


以前応募した、映画「レオン」のリバイバル上映のコピーは最終まで行って結果が残せなかっただけに

今回は結果が残せてよかったです♪

↓その時の記事
■「不器用で切ないのは…」


この調子で9月から応募がはじまる宣伝会議賞もいい結果が残せたらいーなー

ひとまず23日から公開される映画「イニシエーション・ラブ」の成功をお祈りしております♪


あ、小説を読んでネタバレしてる人も大丈夫ですよ!

最初の5分で「え?どゆこと???」ってなるから(笑)

で、最後の5分で「えー!!!ありえん!!」

「もう1回より続きが観たい!」ってなりますから(笑)


映画「イニシエーション・ラブ」(公式サイト)

ilovetakkun キャッチコピーヤンペーン結果発表

第52回 宣伝会議賞の一次審査通過者が発表♪

1月31日に発売された雑誌「宣伝会議」

この誌面で第52回宣伝会議賞の一次審査通過者発表が発表されました♪

昨日の夜までシンガポールに行っていたんですが

関西空港到着後、すぐさま2階のTSUTAYAに直行

数年前、北海道からの帰りに直行したときは取扱いがなかった雑誌「宣伝会議」
(北海道や沖縄は発売に時差があるのです)

今回はしっかり置いておりました!

関空のTSUTAYAさんに感謝感謝です!!!!
(結果発表号だから取り寄せたのかな?)

とは言っても1本も通過していなかったらお金がもったいないので

とりあえず1つだけ自分の名前が載っているのを確認してからレジへ(笑)

IMG_20150202_130701~01IMG_20150202_130825~01









17~01今回の一次審査の通過率は

1.25%

ほんと狭き門ですよね…





最初に自分の名前を見つけた課題がキャノンだったんですが

複数通過を意味する※マークが付いていたんです

最終日に寝過ごしてラストスパートができなかったとはいえ

今回の宣伝会議賞は自信だけは過去最高!(笑)

で、最初に見つけた名前に※マーク

これはキタッ!!!

と、テンションMAXで向かいのマクドに入ってゆっくり確認

結局、複数通過は他になく

177本エントリーした第52回宣伝会議賞の一次審査通過は

■旭化成(36本エントリー)
■※キャノン(18本エントリー)
■サントリー(19本エントリー)
■セメダイン(2本エントリー)

の4課題、5本(キャノンが2本として)

という結果となりました…

個人的な一次審査通過率は

前々回は7.31%

前回は3.38%

今回はキャノンが2本と計算すると2.28%


段々下がっとるがな!!!


キャノン、18本出したんですけど

10本くらい残ってないかなー(笑)



ちなみに

一番自信があったネクスコ西日本が全滅してショックを隠し切れません

不二家のルックも自信あったのになぁ…

2本しか出していないセメダイン

ここを通過した事に関しては自分を褒めてあげてもいいかな

セメダインは長年の接客業の経験を生かしたコピーなんですけど

句読点を入れて24文字とちょっとクドい…

キャノンも自信作があるんです

添乗員らしい視点だと思うし、誰でも共感できる実用性のあるコピー

でも、切り口が浅すぎるので同じような作品が残っている可能性大…


まぁエントリー数がどーとか通過率がどーとか言っててもはじまらない

過去最高に自信があると言った以上

過去最高の結果を残すのみ!!

この数日の間に受賞の連絡が来るのを楽しみに待ちたいと思います!


ところで…

まだ連絡っていってないよね?(汗)

第52回宣伝会議賞のエントリーが終了♪

若干今さら感がありますが

IMG_20141114_123529~01今月の4日に第52回宣伝会議賞のエントリーが終了しました

ほんと2ヶ月ってあっという間だと宣伝会議賞で毎年思い知らされます…






応募総数は、今年もお約束の過去最高を記録したしそうで

前回の48万8916点を大きく上回り

その数、なんと!

52万3392点


なんと!とか言いながら

全然、実感が沸きませんけど(笑)

やっぱり参加する側から見れば、応募総数より応募者数の方が気になるところです


さて、締め切りの11月4日はツアーの真っ最中だったので

最後の追い込みをするために、珍しく添乗先にパソコンを持っていったんです

でも連添で疲れていたので、夕食のあとにちょっとベッドに横になったんですね

で、起きたら翌日の朝でした…(涙)

結局1本も追加することなく締め切り当日を迎えました

ほんと情けないやらバカらしいやら…


そんな不完全燃焼満々で終了した今回の宣伝会議賞

自分はどれくらいエントリーしたかというと


20課題/177本

最初は全課題にエントリーする意気込みでしたが、結局半分に終わりました

でも、自分なりに手応えだけは過去最高!

前半に結構いいコピーが書けたので、それにうかれて後半なまけてしまったのが本音です



エントリー数のベスト5は
(1課題50作品までエントリー可能)

1位:旭化成…36本
2位:ネクスコ西日本…22本
3位:ECC …21本
4位:サントリー…19本
5位:キヤノン…18本

中でも仕事で一番身近な存在の課題、ネクスコ西日本はかなり自信があります

高速使うたびにこのコピーが頭に浮かんでニヤニヤしてしまいます(笑)

宣伝会議賞に漏れてもぜひともネクスコさんに使ってもらいたい!

そんなラブリーなコピーです♪


あとはキヤノンのプリンター、不二家のルック、牛乳石鹸あたりもお気に入りがあります

エステーの“米当番”は1本

セメダインは2本と少数エントリーの課題も、ちょっと結果が楽しみ♪

59本だった去年の約3倍をエントリーした訳だから、最低でも去年の3倍

6本は一次審査を通過してもらわないと!!
(もちろん本心は一次審査とかじゃなく受賞を狙ってます)


ツイッターによると、今日あたりから審査員の方々に作品が届き、審査が始まったようです

膨大なコピーの群れから次の審査に進むのって

作品の出来も大切ですけど、担当する審査員との相性もあるでしょうね

そう考えるとコピーの質と運、両方を味方にしないと先へは進めない気がします

どうか可愛いコピーたちが授賞式まで生き残れますよーに♪

第52回宣伝会議賞(公式ホームページ)

第52回宣伝会議賞・進捗状況♪

さてさて、9月1日に課題が発表された“第52回・宣伝会議賞”

早いもので締切までの折り返し地点が過ぎてしまいました


課題発表直後は気合をいれて取り組んでいたものの

最近、ツアーで萩に行ったことをきっかけに幕末や日本史に興味が湧いてきて

空いた時間は日本史絡みの本ばかり読んで過ごしていました

ほんとは休日にカフェにでこもってじっくりコピーを考えたりしたいんですが

結局、買い物とかして時間がなくなってしまうんですよね…



そんなぐうたら宣伝会議賞チャレンジャーのモチベーションを上げるものと言ったら

“SKAT”


各回ごとに一次審査通過作品からグランプリまでが収録された書籍です

IMG_20141009_224641~01自宅には初めて応募したSKAT8から13まで揃っているんですが

このSKATという本は

やたら分厚くて重い…





外に持ち歩くのは至難の業

でも、考えが行き詰った時は過去の作品から刺激が欲しい

そんな中、梅田・茶屋町にある“MARUZEN&ジュンク”でこんなコーナーを見つけてしまいました

IMG_20140926_060128~01なんと“SKAT”ってカテゴリーがちゃんとあるんです!

さすが売り場面積・国内最大級!!






これで梅田で宣伝会議賞に行き詰ったら自宅まで帰らなくて済みます(笑)



前置きがかなり長くなりましたが…

これまでの応募作品は140本ほど


まだ手つかずの課題が多いので

残された時間は、とりあえず広く浅くで全部の課題に目を通しつつ

自信のある作品の磨き上げをしていこうと思います!!


第52回 宣伝会議賞(公式HP)

第52回 宣伝会議賞が開幕♪

朝晩もめっきり涼しくなり、9月も後半に突入しましたね

例年通り、9月1日に日本最大の公募広告賞

伝会議賞の課題が発表されました

IMG_20140908_170737~01最近はネットでも課題が見れるようになっていますが、やっぱり課題発表号は買わないとエンジンかかりません

参加料だと思って今年も購入しました♪






今年の課題数は40+特別課題1の計41

仕事に関係の深いホテルや鉄道会社からの課題はありませんでしたが

常連の“西日本高速道路”や“ECC”などは今年も協賛企業に入っていました

身近といえば身近だし

どちらも1次通過の経験がある課題なので今年も頑張りたいと思います

去年、本数が少ないながらもなんとか一次を通過した

“牛乳石鹸”と“相模屋”の顔ぶれも嬉しいところ

IMG_20140915_224751~01ちなみに今さらですが…

SKAT13に掲載されている去年の一次通過作品を発表いたしますと







【牛乳石鹸】
みんなが懐かしむのは、みんなが使っていた証です。

【相模屋】
おかげさまで、たくさんの類似品に囲まれております。


でした

今気付いたけど、2本とも同じ字数だ(笑)

よし、今年は1作品25文字以内で考えますか!!


さてさて、今年の応募スタンスは

まず、書きやすそうな課題から手をつける

いくつか切り口を見つけてそこそこ書いたら、一度寝かすため違う課題に移る

数日後にまた同じ課題に戻ってさらに深い階層まで掘り下げる

こんな感じ

今年はできるだけ多くの課題にチャレンジしたいですね

チャレンジすればするほどSKATを買った時の楽しみが増えるから♪


昨年の審査員の講評で

アイデアは地層のように第一の層、第二の層、第三の層とあって、まだまだ先がある

みんながたどり着かなかった層まで辿り着いたコピーに○をつけた

みたいなコメントがありました

確かにこの地層というかアイデアの掘り下げっていつも大事だと思っていました

どこまでアイデアの地層を掘り下げるか?

どうやってみんなと違う違う切り口を発見するか?

どっちも難しいことだけど、ここを考えるのが宣伝会議賞の魅力なんだよな〜

第52回宣伝会議賞の締切は11月4日

皆さんも今年こそはチャレンジしてみませんか?

第52回 宣伝会議賞(公式HP)

第51回宣伝会議賞の一次審査通過者が発表♪

さぁ、ついに2月1日を迎えました

2月1日といえば?

そう、みんな大好き♪宣伝会議賞の一次審査発表日!

IMG_20140201_215114~01本日のアクセス解析の検索ワードトップ10も半分が宣伝会議賞絡みでございます


毎年だけど(笑)







なんか今年は今までみたいなワクワク感がなかったな〜

出した本数が少なかったからか?

昨日の送迎会ではしゃぎ過ぎて疲れていたからか?

ただ単に宣伝会議賞に対するモチベーションが下がっていたからか?


まぁどれも正解ではあるけど

やっぱり一次じゃ満足できなくなってるんだろな
(生意気かもしれないけど)


第47回の時みたいな、本屋で宣伝会議を手に取ったときのドキドキ

たくさんの名前の中から、はじめて自分の名前を見つけた瞬間のあの興奮

悲しいかなそんな気持は今年はなかった…

欲しいのは本屋で手に入る一次や二次の発表じゃない

事務局からかかってくる受賞の連絡なんですっ!!


これまでのブログを見れば宣伝会議賞に対する熱さが一目瞭然

第47回一次審査発表

第48回一次審査発表

第49回一次審査発表

第50回一次審査発表










はい、前置きが長くなりましたが今回の結果発表♪

IMG_20140201_194601~01今年は過去最高の48万8916点の応募があったそうです










応募作品増加にともない一次の通過率も昨年よりやや下がって1.44%


自分は59本出して2本通過でした

課題は“牛乳石鹸”“相模屋”

今回は課題をこの2本に絞って量より質作戦でした
(牛乳石鹸は3度目にしてやっと一次を通過)

確かに作戦通りこの2つの課題で通過できたんですが

正直、各1本はショックすぎる

かなり厳選した中でのエントリーだったのに…

もちろん複数通過だと思っていました…



通過率は3.38%だからそんなに悪くはないけど

去年は7.31%だったからね

半分くらいに落ちてるし(涙)


毎年、宣伝会議賞の3月1日号は本屋で確認してもちゃんと買って帰るんだけど

今回は買わずに置いて帰ろ

って思ったけど

表紙の吉本実憂さん(イメージガール)の写真がカワイかったので

気が付いたらレジに並んでいました(笑)

IMG_20140201_223647~01こんな目で見つめられたら置いていけんやろ!!










受賞式で会いたいなぁー

第51回 宣伝会議賞の応募が終了しました♪

今日で長かった13連勤が終了

自分の中では秋のシーズンを乗り切った感でいっぱいなんですが

よく考えたらこれから本番だよ…(涙)




さて、昨日で第51回宣伝会議賞の応募が終了

今年はこれまでと全く違う作戦で挑みました

昨年同様、10月末に大事な用事があったので

すべての課題とまともに向き合える期間は10日ほど

それでも去年は空いた時間を利用して色んな課題をつまみ食いしていましたが

今年は空いた時間とはいえ、締切前日まで2つの課題しか取り組みませんでした

徹底的にその2つの課題だけを掘り下げる作戦です

40ある課題の中、2ヶ月で2つの課題しかやらない人はそんなにいないはず

2ヶ月間という期間でみたら、他の人より取り組んだ時間は圧倒的に少なくても

この2つだけをみたら、他の人よりかなり時間を割いたことになるんじゃないかな?

ちなみにその課題とは

■牛乳石鹸「赤箱」 35本

■相模屋「焼いておいしい絹厚揚げ」 13本

1課題50本まで応募できるのにそれだけかよ!って感じですが

今年は“いかに少ない本数で先へ進めるか?”を重視

自分の中で応募する基準を高くして、書いたコピーを削りに削ったんです

去年までだったら余裕で応募していたようなコピーでも

下書きのままズバっと切り捨てました

最終的に締切前日から考えた11作品と足して、総応募数は59本


さて、この作戦が成功するのか裏目にでるのか?

去年は82本出して

一次審査3本/二次審査2本/三次審査1本

はたしてこの成績を越えられるか?

ひとまずは2月1日の1次審査通過者発表まで楽しみに待ちたいと思います

IMG_20131101_115641~01IMG_20131101_115532~01









締切前日は鬼怒川温泉のホテルで

最終日は浅草のスタバで

最後の最後まで粘ってみました…(笑)


第51回 宣伝会議賞(公式ホームページ)

第51回 宣伝会議賞が開幕♪

日が暮れるのも早くなって、すっかり秋めいてきましたね

秋と言えば…

読書の秋?

スポーツの秋?

いやいや“宣伝会議賞”の秋でしょ!(笑)

IMG_20130831_223352~01先日、第51回宣伝会議賞の課題が発表

ほんと1年って早いな〜








今年も10月の後半までは大事な用事があって宣伝会議賞に専念はできないけど

大事な用事に支障がない程度の隙間時間を利用して、今年も参戦する予定です

まぁ一番アイデアが思い浮かぶのはブラブラ歩いてるときなんですけどね



さて、今年で6回目のチャレンジとなる宣伝会議賞

これまでの成績を振り返ってみると


=第46回=
■応募:30本ほど  
■結果:一次通過なし

=第47回=
■応募:記憶になし 
■結果:2課題/3本が一次審査通過

=第48回=
■応募:記憶になし
■結果:9課題/9本が一次審査通過(内1本は二次へ)

=第49回=
■応募:290本 
■結果:7課題/9本が一次審査通過(内1本は二次へ)

=第50回=
■応募:82本  
■結果:4課題/6本が一次審査通過(内2本は二次へ、さらに1本は三次へ)

※何度も言いますが
一次ですら通過できるのは応募作品全体の2%ほどで、めちゃくちゃ狭き門なんです!
(ちなみに去年の三次の通過率は0・039%)



こう見ると、ものすごくゆっくりですが

着実に受賞に近づいてるんだよな〜

一次通過なし→一次→二次→三次ってきたら

あとは受賞しかないでしょ!


今年は旅行業界や観光業界に関係ありそうな課題は

“西日本高速道路”と“JR東日本”くらいかな〜


でも、今年一番狙いたいのは“牛乳石鹸”

これまで2年連続ボツなので、絶対リベンジしたい!!

すでに40本ほど案が出てるんですけど

結構手ごたえあるんですよね〜

毎年、原石の出しっ放し的なコピーで失敗するので

今年は見つけた原石は、丁寧に磨いて磨いて

締め切りの日までその原石と向き合って応募しようと思います

見た人の心が動くコトバなら、たとえ応募が1本でも受賞できるはず!



宣伝会議賞の締切は11月1日 13:00

みなさんも今年こそチャレンジしてみてはいかがですか?

第51回 宣伝会議賞(公式ホームページ)

宣伝会議賞の作品集「SKAT.12」が発売♪

本日、4月30日は第50回宣伝会議賞の一次選考からグランプリまでのコピーが収められた作品集

「SKAT.12」の発売日

受賞作品以外は、これを見ないと自分のどのコピーが審査を通過したのかわからないんです…

IMG_20130430_172357雑誌の宣伝会議は少し大きな書店に行けば買えるけど、このSKATはなかなか置いていないんですよね

なので近くの本屋で予約して取り寄せました








IMG_20130430_23054750回目を記念して今回からサイズがA5に拡大

したそうですが・・・

前の分厚い方が好きだな







そして協賛企業賞の作品がこれまでは1ページに1作品だったのに

今回から1ページに2作品

これでは受賞者の方がちょっと可愛そう…

今まで分けて記載していたCM部門とコピー部門がごっちゃなのも見にくいな…


IMG_20130430_231145今回から三次審査が設定されたんですが、一次・二次・三次とフォントのサイズを変えてくれている点は嬉しいです
(これまでは一次も二次も同じ大きさだったし)









今回は自己最高の三次審査までいったとはいえ

その作品は自信のあったコピーではなかったし

通過していた他の作品も

「え、こっち???」ってコピーばかり

自分と審査員のセンスがズレすぎてて、ちょっと自信をなくしました…



あ、ちなみに一次を複数通過していた近鉄電車

2個ではなく3個通過していました♪

1つの課題で3個通過したのは今回が初めてです♪

でも3つとも「・・・」な作品でございました(涙)



さぁSKATで他の人がどんなコピーを考えたのかじっくり読んで

自分の中にあるアイデアの果てを、しっかりと伸ばしていきたいと思います

第50回宣伝会議賞三次審査通過者が発表♪

3月1日発売の雑誌「宣伝会議」で

第50回宣伝会議賞の三次審査通過者が発表されました

IMG_20130303_125717IMG_20130303_130236









この三次審査通過者から4次審査通過者を選んで

その4次審査通過者の上位がファイナリストだそうです


今年から審査方法が変わったんですが

どこまで引っ張んねんって感じですね…(笑)


やはり今年も2次審査の発表あたりで連絡がない人は受賞の望みはなかったようで

この三次審査通過者に名前が載っているからと言って

この先はないという事です


でもやっぱり気になりますよね

3日にシンガポールから帰ってきて、真っ先に書店に向かいました
(ちなみに関空の書店では宣伝会議は扱っていません)

一次審査の時は15ページから自分の名前を探し

二次審査の時は4ページから自分の名前を探し

今回は1ページだけだから探しやすい

ページを開いた瞬間

自分の名前が飛び込んできました!

見事に初・三次審査通過です♪

受賞こそ逃しましたが、ここまでくるのもかなりの狭き門

全応募作品からの通過率は0.039%だったそうです

通過していた課題はやっぱり「大阪ステーションシティ」

ではなく・・・・

意外や意外

5本しか応募しなかった「エディオン」でした


いよいよこのあと3月14日にグランプリが選出されます

今年はネット上でファイナリストの作品に「いいね」ボタンを押すこともできます

気になるファイナリストの作品はコチラ↓

ファイナリスト発表(第50回宣伝会議賞)

第50回宣伝会議賞二次審査通過者が発表♪

今日は第50回宣伝会議賞の二次審査通過者の発表日

IMG_20130215_193954IMG_20130215_193848











今回、一次から二次に進んだ作品の通過率は10.7%

全応募作品からだと、わずか0.17%の狭き門だったそうです


2月1日にもお伝えしたように、今回1次に残った作品は4課題

複数通過を含め本数でいうと5本ほどでしたが

なんとか2次審査も通過していました!!!

しかも2本残ってた♪

通過していた課題は「エディオン」「大阪ステーションシティ」

これで3年連続の二次ですが、2本残ったのは初めてです

例年の4分の1以下しか応募しなかったのにね

一番自信があった課題、近鉄電車は1次止まりだったようです(涙)

唯一複数通過してたんだけどなぁ〜

やっぱり数じゃないんですよね


それと、今更なんですけど

そもそも発想の方向から問題があった気がします

“こう書いたら審査員にウケるかな〜”

“こーゆーの宣伝会議賞、好きそうやな〜”

って審査員や宣伝会議賞のことばかり考えて、広告をみる消費者の心理を無視していたんじゃないかと…

だから出来上がった作品を周囲に見せても

「それ、どーゆー意味?」みたいな反応ばっかりだったんだ…


でも「大阪ステーションシティ」はちょっと自信あるんですよね

受賞しなくてもポスターに使ってほしーな〜


で、ツアーでお客様をホームに案内する時に言うんです

「お客様ー、このポスターのコピー面白いでしょ」

「これ、ぼく考えたんです♪」って(笑)

第50回宣伝会議賞一次審査通過者が発表♪

いよいよ2月1日がやってきました

2月1日と言えば宣伝会議賞の一次審査通過者が雑誌「宣伝会議」の紙面で発表される日です


IMG_20130201_230522ブログのアクセス解析を見ると案の定、宣伝会議賞絡みがズラリ

毎度毎度すいません、広告業界人じゃなく旅行業界人のブログで…








今回から応募方法が紙からウェブエントリーに変わったり
無制限だったエントリー数に上限ができたりと変化の年でした

1課題30本までと上限ができたにも関わらず応募総数は過去最高の38万3500点

その中で一次審査を通過したのはわずか1.57%だったそうです

IMG_20130201_143052IMG_20130201_152120









今回はまともに課題に取り組む時間がほとんどなかった中

例年の4分の1ほどの82本をエントリー

確率的には2本通っているかいないかという数字ですが

なんとか4つの課題で一次審査を通過していました

その内、1課題が複数通過なので5本は通ったことになります


最近になって、ひょっとして今回は全滅しているのでは?

と不安だったのでひと安心

通過した課題は

■エディオン…これ、5本しか応募してなかったから意外!

■ECC…これ、2本しか応募してなかったからもっと意外!!

■近畿日本鉄道…これは通ってなかったら泣く!今回の本命だし!
一番多く22本エントリーしたのもこの課題

■西日本旅客鉄道(大阪ステーションシティ)…これも地元だしね
旭山動物園で考えた甲斐があったよ



このあと2月15日号で2次審査通過者

3月1日号で協賛企業賞とファイナリストが発表されます

例年でいくとこの時点で連絡がないから受賞はムリっぽい

けど、、、

今回からシステムが大幅に変わってるしな〜

まだ望みは捨てずにいたいな〜

授賞式の日、休日申請出した方がいいかな〜(笑)

第50回宣伝会議賞を終えて

いよいよ今年の宣伝会議賞も締切となりました

これまで応募作品は1作品ごとA4用紙にプリントして郵送してたけど

今年からwebから応募できるようになりました

各課題も最大30本(50課題で1500本)までの制限付き

自分みたいにプリンタのある環境にいない事が多い参加者にとっては嬉しい変更です

9月1日に課題が発表されたものの

10月に大事な用事があったので、課題にまともに取り組んだのは締切10日前でした

締切日の31まで北海道4日間ツアーだったんですが、web応募のため添乗先でも応募ができる♪

3泊目の札幌で考えたのは課題番号49、ロッテのクランキー

お題は「夢に向かって頑張っている男子中高生を応援する、クランキーのコピー」

セイコーマートでクランキーのアイスとチョコを購入

やっぱり商品を実際手にとってみないとね

IMG_20121030_205135IMG_20121030_210418

 

 

 

 

 

去年、実際買って考えた課題と言えば

食後に森下仁丹「JINTAN116」を噛み

風呂上りはサントリーの「オールフリー」を飲み

バスタイムは牛乳石鹸の「赤箱」でカラダを洗い

カレーはエバラの「横濱舶来亭カレーフレーク」を使用

で、1次審査を通過した9作品の中で

これらの商品は1つもなかった…(笑)

こればっかりは、やっぱりセンスの問題みたいです

 

さて、そんなこんなで今回の宣伝会議賞

11課題、82作品を応募しました

内訳は

IMAX:3本

ECC:2本

エコリカ:9本

エディオン:5本

資生堂「サラ」:9本

キッコーマン「調整豆乳」:5本

牛乳石鹸「赤箱」:1本

近鉄特急:22本

宝くじ:1本

大阪ステーションシティ:15本

ロッテ「クランキー」:10本

唯一、9月から考えていた近鉄特急以外はほぼひとケタ(涙)

大阪ステーションシティは旭山動物園の自由見学中になんとか頑張って考えた

1次審査の通過率が2%以下と言われているので82本だと約1.6本

どう考えても去年の9本は越えれそうもないな…

 

いや、本数の問題じゃない

狙うはこれまで以上の成果!

2年連続2次審査止まりだから、次こそはグランプリ!

とまでは言わなくても

せめて企業賞くらいは欲しいな〜

いまから授賞式の日に休日申請出しとくか!(笑)

SKAT.11がついに発売!

SENDENKAIGI AWARD TEXT

略して“SKAT”が3月15日に発売されました

 

ごくごく一部の人にしかわからないこの分厚い本は

このブログでも何度か登場している“宣伝会議賞”の

一次審査通過作品からグランプリまでの全作品が掲載されたコピー集なのです

001002

 

 

 

 

 

 

2月1日発売の雑誌「宣伝会議」で1次審査通過者

3月1日発売の「宣伝会議」で2次審査以降の通過者が発表

で、このSKATの発売でようやく実際に自分が応募したどの作品が選ばれたのかが分かるんです

今回の通過作品はこんな感じ

 

【エステー】 
課題:かおりムシューダのコピー

4本エントリーで1本通過

どっちやねん!

よくまーこんなくだらないコピーを応募したもんだ(笑)

まさかこのコピーが通過してたとはね

宣伝会議賞の通過基準ってほんとよくわからないです…


【NTTドコモ】 
課題:初めてケータイを持つ中高生が、思わずドコモのスマホを選んでしまうコピー

10本エントリーで1本通過

こないだおやじが教えてくれたあのアプリ あれ、便利じゃん。

今度はいきなり関東弁(笑)

やっぱり宣伝会議は家族ネタが好きなのか


【京阪電車】 
課題:京都と言えば京阪と思ってもらえるようなコピー

13本エントリーで1本通過

線路は続くよ、古都までも。

これ、個人的には気にいっているのだ!


【西日本高速道路】 
課題:NEXCO西日本のスローガンが広く共感してもらえるコピー

2本エントリーで2本通過

どこでもドアで旅行ができたら、楽しいですか。

向い合せじゃないから、できる話もある。

通過率平均2%の中で100%通過した奇跡の2本(笑)

どっちも好きなコピーです♪


【ピップ】 
課題:ピップエレキバンのコピー

6本エントリーで1本通過

凝っていたことも、貼っていたことも忘れていました。

これ、唯一、二次選考まで進んだ作品です♪


【ブラザー販売】 
課題:プリンターと言えばブラザーのコピー

3本エントリーで2本通過

主役は遅れてやってくる。

待たせた代わりにスゴイのできたよ。

うん、これも好き


【分子生理科学研究所】 
課題:レスベラトール(サプリメント)のコピー

私の長寿に、年金がついて来れるかが心配です。

別名:「嫁泣かせ」ではなかったか・・・(笑)

 

以上

9本が1次選考通過

その内、1本が2次選考までという結果でした

 

このSKATを持ってどっかブラっと旅に出たいな~

今まで行ったことも見たこともない場所に行って

今まで会ったことのない人たちと触れ合って

まったりSKATを読んで、他の人の切り口や表現を吸収したい

 

でも本当は、それより大事なことが山ほどあるのだ…

第49回宣伝会議賞の結果発表♪

3月1日に発売された雑誌「宣伝会議」に、第49回宣伝会議賞の二次選考通過者および協賛企業賞とファイナリストが発表されました

一次選考通過者発表の時点で受賞は逃しているのが分かるシステムなので

いまさら二次を通過したからといってそれより先はないんですが…

やっぱり気になりますよね(笑)

 

3月1日から沖縄のツアーだったので、なかなか本屋に行くチャンスがない

いつの間にか那覇にジュンク堂ができていたので、お客様が国際通りのサムズレストランで夕食を食べている間に買いに行こうと思ったんですが

前に北海道で、2月1日に札幌のジュンク堂に行ったら

「北海道は1日じゃなく3日発売です」って言われた経験がある

沖縄も怪しいので電話で確認をしたら

「宣伝会議は6日に11冊だけ入荷する予定です」って

ん〜沖縄では宣伝会議賞の発表を見るのも、手にするのも本州より難しいみたいです…

 

026結局、伊丹空港で解散したあと、大阪市内の本屋に行って「宣伝会議」をチェック

なんとか1つだけ二次審査を通過していました

 

 

ということで、4年目の今回は290本提出して

一次審査通過:7本+α

二次審査通過:1本

以上

ちなみに、二次を通過した課題はピップでした(笑)

 

次回の宣伝会議賞はちょっとお休みしようと思っていたんですが

受賞者の皆さんのコピーを見ていたら、コピーを考えたくてワクワクしてきた

まだ誰も表現しなかったコトバやコピーがあるはず!

それを見つけ出したい!って

3月15日に発売される「SKAT」(一次審査からグランプリまでの作品が収録されたコピー集)を見たら、余計に熱が入りそう…

 

あ〜きっと課題が発表される9月1日号の「宣伝会議」

買っちゃうんだろーなー(笑)

宣伝会議賞の一次通過作品を勝手に予想してみました

誰にも頼まれていないのに勝手に宣伝会議賞の一次審査通過作品を考える会の第2日目

 

複数通過していた西日本高速道路

NEXCO西日本の新しいスローガン

「みち、ひと…未来へ」が、広く共感して頂けるような広告アイデア

ってのが課題でした

確かに高速道路はいつも仕事でお世話になってはいますが

高速道路のコピーって毎年課題に出るけど、簡単そうで難しい

だって出し尽くされた感があるから(汗)

それでもなんとか添乗中、バスで高速を走っている際に考えました

どこでもドアで旅行ができたら、楽しいですか?

だって移動中の車内もお客様は楽しく過ごされていますからね
(添乗員は爆睡の可能性アリ)

高速移動だからこそ見れる景色や聞けるガイドさんの話もあるわけだし
(ノーガイドの可能性大)

SAってなんか“旅行してるー♪”ってテンション上がりません?

 

そしてマイカーを運転している自分を想像して考えました

向い合せじゃないから、できる話もある。

これって誰もが感じたことないですか?

先日、元上司の所長と2人で急遽、津山まで行った際にも感じました

どっちもいいコピーでしょ?(笑)

って事でこれは2本エントリーして複数通過だからどっちも通過♪


そして誰もが知っている、ご存じピップエレキバン

こーゆーもの簡単そうで難しい

認知度が高い課題はエントリーも多いだろうし

6本エントリーしましたが、このどっちかかな?

凝っていた事も、貼っていた事も忘れていました。

自力で治すな、磁力で治せ!

なんか下は既に使われていてそうですが…(笑)


ミシンのイメージが強いブラザーが、本気でプリンタを開発したそうです

その名も“マイミーオ”

でもプリンターってキャノンかエプソンの二者択一って感じですよね

そんな市場に殴り込みを入れるんだから、相当本気です

ヨドバシ梅田のエスカレーターの横にもでっかいポスターが貼ってあります
(モデルのお姉さんがめちゃかわいい)

この課題は3つエントリーしました
(というか3つしか出てこなかった…)

主役は遅れてやってくる。

コンパの話ではありません

 

待たせた代わりにスゴイのできたよ。

開発者が絶対言ってたと思う(笑)

 

ブラザーであり、パートナーでもある。

上手くないコレ?(笑)

どれも捨てがたいな〜

複数通過なので全部通過してるカモ!


最後は分子生理科学研究所

なんか難しい会社名ですけど

ようは

100歳まで元気に長生きしたい人はサプリメントの“レスベラトール”を飲みましょう

って話です

 

そこで時事問題を絡めまして一句

私の長寿に、年金がついて来れるかが心配です。

 

長生きして喜ぶ人ばっかりではないので

別名:嫁泣かせ。

ちなみに津山で“よめなかせ”と言ったら名物のホルモンです(笑)

 

 

今回はけっこう的を絞ってエントリーしたので予想通りなんじゃないかな〜

それもこれも、3月に発売される一次審査からグランプリまでの全作品を収録したコピー集

“SKAT”が出るまでのお楽しみ♪

宣伝会議賞の一次通過作品を勝手に予想してみました

さて、毎年のことですが

無題

ブログのアクセス解析がこんなことに

 

 

検索キーワードのトップ10の半数以上が見事に宣伝会議絡み(笑)

 

さて、昨年同様、どのコピーが一次審査を通過したか?

自分なりに考えたいと思います

ちなみに去年はことごとく予想と外れておりました

やっぱり審査員の目に止まるコピーを見抜くセンスは自分にはないようです…

 

 

 

 

まずエステー化学

新商品の“かおりムシューダ”が課題でした

エステーは毎年課題になっていて、とっつきにくいイメージだったんですよね

これは通過できてかなり嬉しかった♪

エントリーは4本なのでこの2本のうちどっちかでしょ

香り付きなのにムシューダとか、このネーミング、虫がすかない。

衣類*香*          虫。

下の方、意味わかりました?(笑)


はい次

課題にちょっとムリがあったNTTドコモ

だって「はじめて携帯を持つ中高生が思わずドコモのスマホを選んでしまうコピー」ですよ

中高生がスマホなんて早いわい!

って思うのはおやじになった証拠でしょうか???

これ、切り口を見つけるのにほんと苦労した課題だっただけに、一次通過が信じられん

10本エントリーした中だと、この2本のうちどっちかかな?

娘からフォローされた、なう。

流行の歌は知らないくせに、流行のアプリはお父さんの方が詳しい。

宣伝会議賞は家族ネタが多いので…

下が特に宣伝会議賞っぽい(笑)


京阪電車は「京都といえば、京阪」とムリなく思ってもらえるようなコピーが課題でした

京阪のツイッターか何かで流れてた

「けいはん乗る人お客さん」
(もちろん「けいはん乗る人おけいはん」のパロディ)

これでいいやんと思いつつ13本をエントリー

京都在住だけにこの課題は自信ありました

ちょっと長いけど

伏見稲荷・東福寺・清水五条・祇園四条 行きたい場所が、駅名でした。

 

やっぱり長い?

上のコピーを短くまとめたのがコチラ

駅名も、おもてなしの一部だと考えます。

ダジャレ系に走ったのが

ガタン古都ン、ガタン古都ン。

線路は続くよ、古都までも。

おけいHaaaaN!!!

実用性を訴えたのが

今度の嵐山、1時間の駐車代で、1dayチケットが買えました。

嵐山って紅葉のシーズン、めっちゃ駐車代高いし!(笑)

ん〜どれだろ???

 

ちょっと長くなったので残りは明日…

第49回宣伝会議賞の一次審査通過者が発表♪

いよいよこの日がやって来ました

本日、2月1日は待ちに待った

【第49回宣伝会議賞の一次選考通過者の発表日!


さっそく書店で今日発売の雑誌“宣伝会議”を購入

003

買って帰って1つも通過してなかったらショックなので、とりあえず自分の名前が確認されてからレジへ進みます(笑)

 

 





 

 

004

課題毎、都道府県別にズラッと一次選考通過者の名前が並びます

ん  。?どう考えても本名じゃない名前がチラホラ…

 

 




 

今回は過去最高の33万830点の作品がエントリー

一次選考を通過できたのは、相変わらず約2%と狭き門だったそうです

はじめて全課題(50企業)に挑戦した今

広く浅くで去年より少ない290本をエントリーしました

さて気になる今年の成績は・・・

7課題が一次選考通過

そのうち2つの課題で複数通過なので、最低でも9本ってところです

素人の挑戦にしては、まずまずの成績だとは思うんですが

製品の研究用に使ったらすっかり愛用者になってしまって、エントリー数も一番多くなった牛乳石鹸(26本)

めっちゃ自信あって、周囲に披露しまくってたセメダイン(8本)

提出日に“これめちゃいいやん!”ってコピーが浮かんで密かに受賞を狙っていたECC(3本)

これらが全滅してたのにはショックで泣きそうになりました…

 

通過した課題は(※が複数通過

■エステー(4本エントリー)

■ドコモ(10本エントリー)

■京阪電車(13本エントリー)

■ピップ(6本エントリー)

■※西日本高速道路(2本エントリー)

■※ブラザー(3本エントリー)

■分子生理科学研究所(3本エントリー)

 

ご覧のとおり、数を出せばいいってもんじゃないし

製品やサービスに愛着があるからといって通過できるほど甘くはないみたいです

自分のセンスと審査員のセンスの溝は果てしなく深いのでありました・・・・・・・・・・

てか、西日本高速道路!!!

2本書いて複数通過ってことは通過率100%やん!(笑)

 

ちなみにこれまでの成績ですが

第46回:全滅

第47回:2課題 3本

第48回:9課題 9本(うち1本が2次審査へ)

で、今年が7課題 (最低)9本

このまま1本も二次に進まなかったら、去年よりレベルが下がってってことか・・・

二次審査通過者と企業賞受賞者・ファイナリストは3月1日号の宣伝会議紙面にて発表

受賞者にはすでに連絡がいってるって話だけど、せめて企業賞くらい欲しいんですけど!!!
(贅沢?)

33万の作品からグランプリって考えると気が遠くなるけど

西日本高速道路の1次選考通過者は42名

ブラザーは46名です

42名や46名の中から1番だったら取れそうな気がしません?
(複数通過もあるので実際の作品数はもっと多いですが)

だっていつも乗っている観光バス1台に1人が受賞できるんですよ(笑)

 

001

早くSKAT(1次通過作品〜グランプリまでのコピー集)で自分の書いたどのコピーが通過したのかチェックしたいな〜

 

 

 

 

今年の宣伝会議賞

さて、今年も日本最大の公募広告賞

“宣伝会議賞”の季節がやってきました

1315727511906

9月1日発売の雑誌「宣伝会議」で課題が発表されたので

さっそく購入して課題をチェックしました

 

 

 

 

 

旅行業界関係の課題では1次選考を通過したいところ

去年はANAは逃がすものの

宿泊系の「旅籠屋」「スーパーホテル」の2課題では1次を通過できました

今年の課題提出企業は全部で50

その中で業界的に気になる課題は…

 

「京阪電気鉄道」…お、関西の鉄道会社がきたね!

「西日本高速道路」…高速道路のコピーは簡単そうで難しいのだ

「横浜市」…企業じゃなく市がコピーを募集?これはちょっと手ごわそう

「秘密のケンミンSHOW」…テレビ見んけど、これは添乗員として狙わない訳にはいかんね

 

さぁ皆さんも一緒に考えてみませんか?

ひょっとしたらアナタの考えたコピー1本が

100万円に化けるかもしれませんよ!

宣伝会議

宣伝会議賞・一次審査通過作品を勝手に予想してみました

今日、いつもよりアクセスが多いのでアクセス解析の検索ワードを調べてみました…

宣伝会議

そしたら

なんとトップ10のうち7つが「宣伝会議賞」絡みだった(笑)

 

こんな添乗員のブログが検索にひっかかって申し訳ないです

 

気になると言えば…

9つの課題で一次審査を通過していたのは嬉しいんだけど

いったい自分のどの作品が審査を通過したのかが、めっちゃ気になる

実は昨日の発表では「この課題で通過しています」って事しか分からないんですよね

実際にどの作品が通過したか分かるのは、3月に発売される「SKAT」って分厚い本

ここに一次審査からグランプリまでの全作品が収録されるんです

 

コピーに関しては全くの素人でしょ

どんなコピーが審査員に評価されるのかよく分からないんですよね

そこで

自分が提出した作品を振り返って、どの作品が通過したのか予想してみました

どれだけ自分のセンスとズレているのかも後で分かるし(笑)

 

ちょっとブログの趣向とはかけ離れた話題なので

興味のある方だけ[続きを読む]へどーぞ…

続きを読む

第48回宣伝会議賞の一次審査通過者が発表♪

昨年の9月に課題が発表され、10月31日に応募が締め切りになった

第48回 宣伝会議賞

宣伝会議賞はコピーライターの登竜門とされている日本最大級の公募広告賞

010211 003今日発売の雑誌「宣伝会議」で、その宣伝会議賞の一次審査通過者が発表されたんです!

 

 

 

昨年は“こんな感じ”

「石屋製菓/白い恋人」「お菓子のポルシェ/紅いもタルト」

2つの課題、3つのコピーが一次審査を通ることができました

 

さて、今回も一次審査を通過した課題はあったのでしょうか?

去年は全く自信がなかったから書店で立ち読みして確認したけど、今年はしっかり書店に予約して購入してからじっくり検索

このドキドキ感はたまらんね

ちなみに今年の応募総数は32万4424点

その中で一次選考を通過できるのは、わずか2%未満の作品です

010211 002010211 004

 

 

 

 

既にどの課題に応募したか覚えてないから、とにかく都道府県を目で追って自分の名前を探します

一番身近な課題
「ANA/ANAで行く冬の沖縄にパートナーを誘いたくなるコピー」

ない…

課題が課題だけに、男性としてちょっとショック(涙)

 

お昼に食べまくって考えた
「山崎製パン/ランチパック」

ない…

一番多く作品が浮かんだのに、ショック…

 

でも、何個か自分の名前を発見!!!

通過していた課題は

■エバラ食品工業/焼き肉のタレで食を楽しむシーン
⇒これは正直自信あったんですよね♪焼肉大好きだし(笑)

■キャノンマーケティングシステム/PawerShotSX210IS
⇒去年、防水デジカメで通過できなかったのでリベンジです

■ケルヒャージャパン/家庭用高圧洗浄機
⇒ヨドバシに現物を見に行って考えました

■スーパーホテル/スーパーホテル
⇒泊まったことはないけど、ホテルの課題で落ちるわけにはいきません!

■全国農業共同組合中央会/JA
⇒これ2本しか応募してないのに…めっちゃビックリです

■チャンスイット/チャンスイット
⇒これもまったく自信なかった…

■ネットプロテクションズ/NP後払いシステム
⇒認知度が低いだけに、考え甲斐のあった課題

■旅籠屋/ファミリーロッジ旅籠屋
⇒これも通過できててホッとしました

■パナソニック電工/パナソニックキッチンリビングステーション
⇒これは応募した事すら忘れてた!

 

以上、複数通過はなかったけど

 

9つの課題一次審査を通過していました

この時点で個人的に何も連絡がないのは、入選はしていないという事らしいですが…

それでもいいんです

課題に取り組むことに意義がありますから

 

先日、会社の添乗員募集をネットの求人サイトに掲載するため「何かいいコピー考えて」って頼まれたんです

与えられた時間は1時間

文字制限はタイトル45文字・本文120文字

書きたいことは沢山出てくるんだけど、この文字制限がネック

いコトバで伝えたいことを表現するのって難しいんですよね

添乗員がお客様に案内する注意事項なんかも短く・簡潔にが鉄則

トラブル時の報告や、報告書もそうです

宣伝会議賞も添乗員の仕事も、日頃からコトバを使った表現の仕方を磨かないといけないな〜と改めて感じました

 

よし、次回の課題発表まで7ヶ月ある

今からもっともっとモノの見方、表現の仕方を磨いていこう!

第48回「宣伝会議賞」の課題にあの企業が!

今年も広告業界の登竜門“宣伝会議賞”の季節がやってきました

宣伝会議 001

9月1日号の雑誌“宣伝会議”で今年の課題が発表

今年は去年より2週間くらい早くゲットです

 

 

去年は旅行業界でもお馴染みのお土産メーカー“石屋製菓(白い恋人)”“お菓子のポルシェ(紅いもタルト)”など70の企業から課題が出題

今年の課題は50

20も減っているだけに激戦になりそうです

さて、今年は旅行業界にも馴染みの企業が出ているでしょうか?

残念ながらお土産メーカーはありませんでしたが、いつもお世話になっているあの企業から課題が出ていました

それは…

ANA

宣伝会議 003

課内容は「ANAで行く冬の沖縄にパートナーを「誘」いたくなるコピー」

だそうです

 

 

皆さんなら冬の沖縄になんて誘われたら行きたくなりますか?

 

他にも泊まったことはありませんが“スーパーホテル”も身近と言えば身近な企業

添乗先のホテルで考えるか

あとアメリカのモーテルをお手本にした新しい形態の宿泊施設“ファミリーロッジを”提供する“旅籠屋”なんて企業からも課題が出ていました

宣伝会議賞は自分の知らなかったサービスや企業を知るきっかけにもなって面白いんですよね

あと、始発電車の中でよく食べる“山崎製パンのランチパック”も身近かな〜

ミクシィからも「mixiでつながることの価値」って課題があったけど、これはカンタンそうでかなり難しそう

 

これから10月31日の締め切りまで、どっぷりコピー漬けの日々になりそうです

宣伝会議 004

しっかり去年の優秀作品を読んで、勉強しないと!

この【SKAT.9】は、去年の1次選考通過作品からグランプリまでの全コピーを収録

 

 

そう、恥ずかしながら私、フナッシュが考えたコピーも3本だけですが収録されております(笑)

去年は150本くらい応募して3本が一次選考通過

通過率は約2%だから、これでもまずまずの成績です

ちなみに石屋製菓が2本、お菓子のポルシェが1本

狙い通りでしょ?(笑)

 

今年はグランプリ!

とまでは言わなくても、企業賞目指して頑張ります!

皆さんも一緒に素敵なコピー、考えませんか?

 

 

ん〜冬の沖縄 冬の沖縄・・・・・・・・

第47回宣伝会議賞の1次選考通過者が発表♪

去年の9月に

「宣伝会議賞って知ってる?」って記事を書いたの覚えていますか?

宣伝会議賞とは、日本最大規模の宣伝広告コンテスト

色んな企業から出された課題(商品やサービスのコピー)を考えるコンテストなんです

9月1日発売の雑誌【宣伝会議】で課題が発表され、10月31日に応募が締め切られました

その一次選考通過者が2月1日発売の宣伝会議で発表されたんです

 

今回の北海道ツアーでも結果が気になってソワソワ

2月1日、ホテルにチェックインした後にマルイ今井のジュンク堂へダッシュ

でも2月1日号の宣伝会議がない…

店員さんに「今日発売の宣伝会議ってもう売り切れですか?」って尋ねると

「宣伝会議は2月3日発売です」って

雑誌によって北海道と本州とでは発売日が違うそうです…

仕方がないので1日待って、関空に到着後にすぐさまTSUTAYAへ

店員さんに尋ねると「売り切れました」

お次は3階の書店!

ここでは「取り扱っておりません」

「・・・

宣伝会議

ようやく地元に帰ってきてから念願の宣伝会議2月1日号にお目にかかれまました

 

 

 

買って帰って名前がなかったらショック倍増なので、本屋でチェック!

宣伝会議

ズラッと都道府県と名前の大群が並ぶページから自分の名前を探します

ドキドキ…

 

 

 

あった〜!

 

見事、1次選考に通過していました!

2つの課題で入選していて、その内の1つは複数入選です

おもわず本屋で叫びたくなるくらいしかった(笑)

 

初めて応募した去年はナメてかかって全て落選だったので、今年は気合入れて考えたんですよね

添乗中でも遊びに行く時でも、いつもアイデアノートを持ち歩いていたもんな〜

温泉に入っている時にいいアイデアが思い浮んで、呪文のように唱えながら部屋に戻ってメモをした事もありました(笑)

でも、2つとも自分がまったく自信のなかった課題

自信のあった課題は通過していませんでした…

まぁそんなもんなのかな?

コピー部門では7042点の作品が1次選考を通過

この数を見ると誰でも選ばれそうですが

応募総数は32万点以上

1次選考を通過できる確率はなんと約2%

の狭き門なんです!

 

「宣伝会議賞の1次選考に通過したからと言って添乗員の仕事に何の影響もないやん

って言われそうですが、何かに挑戦して結果が得られるってどんな事でも自分の成長に繋がると思っています

それが自分の好きな事ならなおさら

これを励みにこれからも色んな事に挑戦しよう!

宣伝会議賞って知ってる?

 

宣伝会議賞

それはコピーライター・広告界の登竜門

日本最大規模の宣伝広告コンテスト

 

なんでいきなり添乗員が宣伝広告やねん!って感じですが…

昔からキャッチコピーとかに興味があるんですよね〜

ブログを書いたり社内情報誌の編集業務で“モノを書く”って機会が多いので余計なのかもしれません

でもキャチコピーって

例えばツアーでお客様にお配りするオプショナルの申込み用紙にひと言加えるのもコピーだし、履歴書で自己PRを書くのも立派なコピーでしょ

どんな仕事をしていても、社会人じゃなくてもコピーを書く機会って意外と多いんですよね

「コピーを考える力は色んな場面で活用できる!」

って思うわけです

せっかくコピーを書くチカラを磨くのであれば、そのチカラを試したいですよね

宣伝会議

で、昨日買った2冊の本がコチラ

■宣伝会議9/1号
■SKAT.8

 


宣伝会議9/1号で、今年の宣伝会議賞の課題が発表されているんです

実は去年も30本くらい考えて応募したんですけど、見事に1次審査すら通りませんでした(笑)

締め切り1週間くらい前からちょちょっと考えた程度では、やはりムリのようです(←当たり前)

 

で、せめて今年は1本くらいは1次審査を通過したい!

って早めに課題に取り組むことにしました(早めと言っても9月1日に既に発表でしたが

様々なジャンルの企業が自社の商品やサービスのコピーを募集

なぜ、今更このブログで宣伝会議賞の話をするかと言うと…

なんと、今年の課題の中に、添乗員や旅行好きの方にとっても身近な商品が含まれていたんです!!!

それは…

北海道と沖縄の大御所みやげ

石屋製菓の“白い恋人”

御菓子御殿の“紅いもタルト”

これはフナッシュにもチャンスが来たんじゃないですか?(笑)

宣伝会議宣伝会議

 

 

 

 

課題は全部で70

色んな課題を広く浅く攻めるか

得意な課題を深く攻めるか…

締め切りは10月31日

皆さんも是非、応募してみませんか???

お土産のキャッチコピー1本で100万円が手に入るかもしれませんよ(笑)

 

宣伝会議

ちなみに【SKAT】とは「センデンカイギアワードテキスト」の略

この分厚い本の中に、去年の1次審査からグランプリまでの優秀作品がギッシリ詰め込まれています

 

 

コレ見て去年、自分が考えた課題でどんなコピーが選ばれていたのか研究しないとっ

ちなみに今までのグランプリ作品をちょこっとご紹介すると

「家は路上に放置されている」←コレ去年
セコム・セコムホームセキュリティー

「父親の席は花嫁から一番遠くにある」
キャノン販売・キャノンPowerShotS1IS

「死ぬ回数と病気やケガの回数、どっちが多い?」
アメリカンファミリー生命保険会社

「精子だった頃の運をもう一度」
宝くじ・LOTO6

「有給とって家にいた」
積水化学工業・セキスイツーユーホーム

「歩いている佐川のお兄さんを、私は見たことがない」
佐川急便・企業広告

 

どぉです?

キャチコピーって奥が深いと思いませんか?

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・