ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

日帰りバスツアー

しまかぜ&ひのとりに乗る・伊勢神宮ツアー♪

2020年最後の日曜日

近鉄利用で日帰り伊勢神宮ツアーに行ってきました!

お客様は23名様

近鉄利用なので集合場所は

大阪難波駅
(吉野に行く時は阿部野橋)

大阪難波駅なんてプライベートでも仕事でも

数年に1度利用するかしないか程度なので毎回緊張・・・

で、毎回早く着いてしまうので

毎回同じパン屋でモーニングを食べます
(このパン屋、昔からあるよね)

IMG_20201227_091330_copy_1024x768IMG_20201227_083912_copy_1024x768






行きは近鉄特急“しまかぜ”に乗車

デビューは2013年3月ですが

大阪発・京都発ともに

1日1往復なので今でも人気があります

大阪発は火曜日/京都発は水曜日が運休日

IMG_20201227_103645_copy_1024x768IMG_20201227_103759_copy_1024x768






前日の夕方に5席返席したんですが

当日見たら全て埋まってました!!
IMG_20201227_111228_copy_1024x768







伊勢市で下車したあとは

徒歩にて“伊勢シティホテル”

IMG_20201227_130204_copy_1024x768IMG_20201227_123355_copy_1024x768






こちらで伊勢うどん御膳の昼食

添乗員さんには伊勢うどんは付いてませんでした・・・
(伊勢うどん好きなのでちょっとショック)
IMG_20201227_123904_copy_1024x768






食後は観光バスに乗って内宮

15分ほどで到着なので

もちろん神話とかお話しする時間はなく

内宮のまわり方をざっくり説明してたら

はい到着!


内宮のまわり方は自分のブログ参照(笑)

伊勢神宮・内宮をじっくり参拝してみよう!


観光バスは5台ほどしか見かけませんでしたが
IMG_20201227_152555_copy_1024x768






内宮もおはらい町もかなり賑わっていました!!
IMG_20201227_133400_copy_1024x768IMG_20201227_135353_copy_1024x768






これがGOTOトラベルキャンペーンのかけこみ需要効果か・・・
IMG_20201227_144021_copy_1024x768IMG_20201227_144206_copy_1024x768






ちなみに内宮では大晦日から1月5日まで

オールナイトで参拝できるそうですよ
IMG_20201227_155251_copy_1024x768






2時間半ほどのフリータイムのあとは名古屋駅へ

内宮のあと近鉄で帰るなら

五十鈴川や宇治山田、伊勢市でもいいわけですが

このツアーは“ひのとり”に乗るのがセールポイントですからね


内宮から名古屋は途中休憩を1度入れて約2時間

途中、渋滞もなくスムーズに到着できました♪

駅で中途半端に時間があったので

中央コンコースにある“驛釜きしめん”

シンプルに“きしめん(670円)”を食べたんですが

麺のコシもダシの濃さもかなり自分好みで美味しかった♪

中央コンコースに麺して

いや面しているので立地も◎
IMG_20201227_183000_copy_1024x768IMG_20201227_181751_copy_1024x768






それにしても名古屋駅の近鉄のりばの入り口って

なんでこんなに地味なんですかね・・・
(方向音痴添乗員には不安でしかない)
1609066919041_copy_1024x768IMG_20201227_183447_copy_1024x768_1






構内にはファミマが2ケ所

ファミマにも駅弁が充実しているのがいいですね
IMG_20201227_185036_copy_1024x768IMG_20201227_185003_copy_1024x768






こちらが今年の3月にデビューした

新型特急“ひのとり”
IMG_20201222_075513_copy_1024x768IMG_20201222_075936_copy_1024x768






レギュラーシートでも全席バックシェルを採用

リクライニングをフルで倒しても

後方座席との間隔は変わりません

これは嬉しいですね♪

2両ごとにベンチスペースもあるし
IMG_20201227_203925_copy_1024x768IMG_20201222_081631_copy_1024x768






挽きたてのコーヒーが飲めるカフェスポットや

無料のコインロッカーもあります!
(コインロッカーいる?)
IMG_20201222_075953_copy_1024x768IMG_20201222_081011_copy_1024x768






これだけ快適な車両なのに

普通の特急料金にプラス300円で乗れるんですよ♪

ほぼ1時間おきに出てるし♪

ちなみにプレミアム車両はプラス900円

これ、めっちゃいいです!

プレミアム車両の座席でリクライニングをフルに倒したら

そのまま寝台でもイケそうなほど寛げます(笑)
IMG_20201223_075019_copy_1024x768IMG_20201223_074949_copy_1024x768






もちろん今回のツアーではレギュラーシート利用だったんですが

実はわたくし

事前にこのツアーの下見に行っていたのです!
(お金はないけど時間はたっぷりありますから)

伊勢市からホテルの導線を確認して

ホテルで会場を下見させて頂き

ツアーではいかないけど外宮も参拝&

ついでに動画の撮影して

内宮も参拝&

ついでに動画の撮影したら

名古屋に行く時間ないやん!!

でも名古屋駅不安やん!!


てことで

翌日再度、ひのとりに乗って名古屋に行ったのです

なので事前に自腹でひのとりに3回乗りました(笑)

そのうち、1回プレミアム車両を利用したんですが

ほんと快適でした♪
IMG_20201223_082224_copy_1024x768IMG_20201223_082056_copy_1024x768






あ、でも4回乗って気づいたんですが

やたら足元が冷える!!!

なので乗車の際は靴下は厚手のものがオススメです



話は変わりますが

伊勢名物の赤福って

8個入り(760円)と12個入り(1100円)が定番ですが

IMG_20201227_194414_copy_768x1024







2個入り(240円)

ってあるのご存知ですか?

これ、本店でしか販売していない人気商品だそうです
(年末年始は岩戸屋横の臨時店舗でも販売)

車内販売のお礼に赤福さんから頂きました
(てかまだ車販やるんかい!!)
IMG_20201227_153301_copy_1024x768IMG_20201227_190655_copy_1024x768






パッケージも可愛いけど小袋も可愛いです(笑)

久々に赤福食べたけど

やっぱり美味しいですね♪

赤福さんありがとうございましたm(__)m


YouTubeも頑張って更新中

旅のイメトレチャンネル タビトレ!
 

丹波秋の大収穫祭ツアー♪

日帰りバスツアーに行ってきました

今月の頭に新入社員の最終チェックで同行したツアーと同じコースです

丹波秋の大収穫祭ツアー♪
(2020年10月2日)


お客様は37名

持参した地域共通クーポンは

74枚!

前回より800枚ほど少ないので

なんか物足りなささえ感じる・・・(笑)


自分の担当しているバスは37名だけど

実はこの日は

バス7台口!!

立ち寄り箇所が重ならないよう行程を入れ替えているので

前回とはずいぶんと違う進め方でした



まず最初に向かったのは

“神戸フルーツフラワーパーク大沢(おおぞう)”

すっかり秋めいてきましたね
IMG_20201028_100243_copy_1024x768IMG_20201028_100459_copy_1024x768






お次は“めんたいパーク神戸三田”

今日はお昼が遅めなので

ここで自腹でおにぎりチャージ

めっちゃ美味しいんだけど

おにぎり1個390円はけっこうなお値段です・・・

IMG_20201028_103906_copy_1024x768






このあと丹波篠山の城下町散策
IMG_20201028_123347_copy_1024x768IMG_20201028_121909_copy_1024x768






今回は前回気になっていたけど行けなかった場所に行ってみました

“大正ロマン館”

大正12年(1923年)に篠山村役場とし竣工した洋館
IMG_20201028_114700_copy_1024x768






現在は丹波篠山の観光拠点として

レストランと売店が入っていました
(道路の向かい側は観光案内所)
IMG_20201028_114825_copy_1024x768IMG_20201028_114809_copy_1024x768






“春日神社”

前回、時間がなくて泣く泣くスルーした神社です
IMG_20201028_121700_copy_1024x768






参道の途中に“篠山えびす神社”がありました

青い扁額なんて珍しいですね!!

御祭神はヒルコ系のエビスさんのようです
IMG_20201028_121719_copy_1024x768IMG_20201028_121725_copy_1024x768






こちらが春日神社の随身門(ずいしんもん)
IMG_20201028_121504_copy_1024x768






随身門にはその名の通り

“随身=平安時代の護衛官”

の木像が鎮座していることが多いんですが

ここの木像には個人名がしっかり明記してありました

その2人の名前を見てビックリ!!

菅原道真&藤原時平

藤原時平ゆーたら

菅原道真を大宰府に追いやった悪人として知られている人物

時平の死因も道真の怨霊と言われているほど因縁の2人

なんでこの2人が仲良く(?)並んでんの???

(よく見ると道真の目がちょっと血走っているのが怖い・・・)
IMG_20201028_121531_copy_1024x768IMG_20201028_121554_copy_1024x768






春日神社の御祭神は奈良の“春日大社”と同じく

タケミカヅチ・フツヌシ・アメノコヤネ・ヒメガミ

写真右下の能舞台は篠山藩5代藩主

“青山忠良(ただなが)”が寄進した能舞台で

国指定重要文化財だそうです
IMG_20201028_120830_copy_1024x768IMG_20201028_120859_copy_1024x768






個人的には能舞台より江戸時代の大きな絵馬が奉納された

“絵馬殿”がグッときました
(こちらは篠山市指定文化財)
IMG_20201028_121436_copy_1024x768IMG_20201028_121350_copy_1024x768






ちなみに境内からさらに階段を昇った上にあるのは

“愛宕(あたご)神社”

愛宕=一般的にカグツチ(火伏の神)が祀られています

階段が立派なわりに、社殿は小さめ・・・
IMG_20201028_121004_copy_1024x768IMG_20201028_121035_copy_1024x768






このあと“ささやま玉水”

ちょっと遅めのランチタイム

IMG_20201028_131225_copy_1024x768IMG_20201028_131257_copy_1024x768






そして最後が“大内農場”で黒豆狩り(摘み)体験
IMG_20201028_143859_copy_1024x768IMG_20201028_144407_copy_1024x768






この時期の黒豆は皮が黄色く

黒い斑点のようなシミが付いているものが多いですが

これは黒豆の色素が浮き出た状態で

美味しくなってきたサインだそうですよ
IMG_20201028_144509_copy_1024x768IMG_20201028_144552_copy_1024x768






これにてツアーも無事終了

7台口でしたが、立ち寄り先でほとんど重なることもなく

珍しく道路も混まなかったので

日帰りツアーでは珍しく予定より早く帰ってくることができました♪


さてさて、このツアーではツアー特典として

黒豆ご飯の軽夕食付き

ってことなんですが

コロナ禍でバス車内の飲食はNGとされている中で

お弁当の軽夕食付きて・・・
IMG_20201028_135801_copy_1024x768






(しかも消費期限が20時・・・)


旅行に行く前に動画でイメトレ!

旅のイメトレチャンネル タビトレ!

丹波秋の大収穫祭ツアー♪

日帰りバスツアーに行ってきました

と言っても自分が添乗に行くのではなく

今年の新入社員の一人立ち最終チェックとして

ミステリーショッパーみたいな感じで同行(笑)


まず最初に向かったのは

兵庫県丹波篠山市にある“大内農場”

こちらで黒豆狩り体験

ビニール袋と軍手を受けと取ったら畑へ向かいます
IMG_20201002_103510_copy_1024x768IMG_20201002_103434_copy_1024x768






畑の畦に座りこんで

1人2束の枝から黒豆を摘み取ります

どうみても強制労働にしかみえん・・・(笑)

雨の場合でもハウス内で行えるので安心です
IMG_20201002_103850_copy_1024x768IMG_20201002_105001_copy_1024x768






お昼は日帰りバスツアーでは毎度おなじみ

“ささやま玉水”
IMG_20201002_120315_copy_1024x768IMG_20201002_114852_copy_1024x768






松茸会席と松茸ご飯食べ放題の昼食
IMG_20201002_114721_copy_1024x768IMG_20201002_114907_copy_1024x768






午後は丹波篠山の城下町を

食べ歩きガイドマップを持って各自散策です
IMG_20201002_134232_copy_1024x768IMG_20201003_112204_copy_1024x1365






“森本屋”で焼き栗2個

“ほろ酔い城下蔵”で酒造見学をし

IMG_20201002_134354_copy_1024x768IMG_20201002_132014_copy_1024x768






“黒風堂”で黒豆パン

“大福堂”で黒豆大福(ミニサイズ)を頂きます
IMG_20201002_134612_copy_1024x768IMG_20201002_132338_copy_1024x768






時間と体力があれば“篠山城跡”もいいですね

書院は有料ですが、城跡をぐるっと回ることもできます

IMG_20201002_133732_copy_1024x768IMG_20201002_133528_copy_1024x768







お次はこちらもお馴染みの“めんたいパーク神戸三田”

現在、コロナの影響でスタッフによる案内はなし

めんたいランド(有料エリア)も休業していますが

代わりにめんたいシアターが無料開放されていました
(上映作品は3種類あります)

IMG_20201002_144931_copy_1024x768IMG_20201002_145015_copy_1024x768






最後は道の駅

“神戸フルーツフラワーパーク大沢(おおぞう)”

遊園地の横にるファームサーカスでお買い物タイム
IMG_20201002_154605_copy_1024x768IMG_20201002_154255_copy_1024x768






入園ゲートの手前ではサルビアが綺麗に咲いていました

園内はちょっと寂しい雰囲気・・・
IMG_20201002_155945_copy_1024x768IMG_20201002_155500_copy_1024x768






これにてツアーも無事終了

地域共通クーポンが始まって初のツアーでしたが

意外と使える所が多くて良かったです
(赤松SAや大内農園でも使えました)

公式サイトで使えるお店が調べられますが

行程に入っているお店で使えるかどうかは

添乗員が事前に調べたて案内した方が良さそうです

IMG_20201002_095044_copy_1024x7681601694034760






特に日帰りツアーのクーポンは当日消費ですからね

地域共通クーポンと生菓子はお早めに・・・


旅のイメトレチャンネル タビトレ!

和歌山シャインマスカット狩りツアー♪

シルバーウイーク4連休の最終日

和歌山へ日帰りバスツアーに行ってきました

連休に日帰りバスツアーは

ほんと恐怖でしかない

2日前の岡山ぶどう祭りツアーでは

“ぶどう祭り”というより

“渋滞まつり”でしたからね・・・

ちなみに前日に同じツアーへ行った後輩は

帰着が22時半になったそうです・・・


そんなこんなで今朝もかなりビビリながらスタートしたんですが

気持ち悪いくらいに道路はスムーズ

予定通り最初の観光地

“湯浅ワイナリー”に到着できました♪

IMG_20200922_102628_copy_1024x768IMG_20200922_103252_copy_1024x768






2019年にオープンしたワイナリーだそうですが

なんか想像してたワイナリーと違う・・・
(看板はないですが説明はやたら長い)
IMG_20200922_101249_copy_1024x768IMG_20200922_101327_copy_1024x768






お昼は道成寺

参道手前が“あんちん”

その奥が今回お世話になった“雲水”
(あんちん、えらい綺麗になっていました)
IMG_20200922_115128_copy_1024x768IMG_20200922_115208_copy_1024x768






Fotor_160086642450462IMG_20200922_111832_copy_1024x768






紀州名物づくし膳の昼食のあとは各自で道成寺を参拝
IMG_20200922_120909_copy_1024x768IMG_20200922_115854_copy_1024x768






午後は有田巨峰村にある“森園”
IMG_20200922_134611_copy_1024x768IMG_20200922_131546_copy_1024x768






5つのぶどう食べ放題のあと
Fotor_160086638949648IMG_20200922_131806_copy_1024x768






シャインマスカット狩り
IMG_20200922_134644_copy_1024x768IMG_20200922_135125_copy_1024x768






自分で刈り取ったシャインマスカットは

1房箱詰めにしてお持ち帰り♪
IMG_20200922_135005_copy_1024x768IMG_20200922_135408_copy_1024x768_1






フルーツ狩りのお約束ですが

農園のトイレは小さいので注意です
IMG_20200922_135446_copy_1024x768







最後は平成29年に日本遺産にも指定された

絶景の宝庫・和歌の浦

散策時間が1時間ほどしかないので

不老橋付近散策班と

東照宮付近散策班に分かれて観光

バスは東照宮の駐車場に止めることができます
IMG_20200922_152925_copy_1024x768






紀州徳川家の初代

徳川頼宜(家康の十男)と家康を祀る“紀州東照宮”
IMG_20200922_152618_copy_1024x768IMG_20200922_152110_copy_1024x768






そのそばにあるのは“和歌浦天満宮”
IMG_20200922_154424_copy_1024x768IMG_20200922_154127_copy_1024x768






どちらも階段が急で大変ですが

楼門から振り返った景色はまさに絶景です♪
IMG_20200922_154218_copy_1024x768






実は和歌の浦って仕事でもプライベートでも行ったことがなく

全く知識もなかたので、1週間前に下見に行ったんですよね

その際にしっかり動画も撮影したので

後日、Youtubeでアップしたいと思います!!



これにて本日の行程は全て終了

帰りもほとんど渋滞はなく

18時半には帰って来ることができました♪

昨日までのあの渋滞祭りは何だったの???

予想外に早く帰ってこれたので


鶴橋の人気店

“空”でホルモンを食べてきました

焼肉屋とかめっちゃ久しぶり!!!

IMG_20200922_192153_copy_1024x768IMG_20200922_192414_copy_1024x768






焼肉のあと近くの“オーブ”ってカフェでお茶して帰ったんですが

このお店、雰囲気も素敵でデザートもめっちゃ美味しかったです♪

鶴橋にこんなオシャレなお店があったとは!!(笑)
IMG_20200922_203751_copy_1024x768IMG_20200922_205550_copy_1024x768






あ、ちなみに先週の9月15日

また一つ大人の階段昇りました


誕生日プレゼントは欲しがりませんので

チャンネル登録よろしくお願いします!(笑)

旅のイメトレチャンネル タビトレ!

サンサン岡山ぶどう祭りツアー♪

日帰りで岡山に行ってきました!

お客様は39名!

前日19日から始まったシルバーウイーク4連休

GWに不要不急の外出ができなかったので

その反動&GoToトラベルの影響か

前日から高速道路や観光地は大混雑!

って話しは聞いていたけど

この日も予想通り

高速道路は大渋滞

あさイチから逆まわりでコースを進めることにしました

最初に向かったのは東洋のエーゲ海こと

牛窓にある“牛窓オリーブ園”
IMG_20200920_120432_copy_1024x768IMG_20200920_121614_copy_1024x768






山上にあるのでマイカーとすれ違うのに大変でしたが

大型バスは一番上まで上がれるので助かります
IMG_20200920_120511_copy_1024x768IMG_20200920_121644_copy_1024x768






売店の屋上が展望台になっていて

瀬戸内海の景色が一望できます
IMG_20200920_121327_copy_1024x768IMG_20200920_122308_copy_1024x768







お昼は菊花峠にある、ドライブイン西の屋

7月の“おかやま白桃祭り”ではお世話になりました

おかやま白桃祭りツアー♪【梅田発】
おかやま白桃祭りツアー♪【三宮発】
おかやま白桃祭りツアー♪【枚方発】

IMG_20200920_145426_copy_1024x768Fotor_160060183151494_copy_1024x768






前回は白桃食べ放題でしたが

今回は9種類のぶどう食べ放題
IMG_20200920_135141_copy_1024x768IMG_20200920_135535_copy_1024x768






お土産はぶどう3房(約1.2キロ)
IMG_20200920_145113_copy_1024x768






出発前に傷んでいるお土産が発覚し

添乗員がバスとお店を何往復もしないといけないのはお約束

(もはやお土産付きツアーの風物詩となっております・・・)


午後は“柵原(やなはら)ふれあい鉱山公園”

はじめて行く観光地です

バスは乗降場所でお客様を降ろしたあと、資料館裏へ回送
(空いていればそのまま駐車してもOKだそうです)
IMG_20200920_154610_copy_1280x960IMG_20200920_155244_copy_1024x768






柵原鉱山はかつて東洋一の規模を誇った

硫化鉄鉱の採掘鉱山
(硫化鉄鉱・・・硫黄52%・鉄45%の鉱石)

そこに走っていたのが片上(かたがみ)鉄道

当時の駅舎や電車が公園内に展示されていました
(採掘は1882年〜1991年)
IMG_20200920_154444_copy_1024x768IMG_20200920_154653_copy_1024x768






IMG_20200920_154351_copy_1024x768IMG_20200920_154827_copy_1024x768






有料(520円)ですが興味のある方は鉱山資料館へ
IMG_20200920_154902_copy_1024x768IMG_20200920_153249_copy_1024x768






昭和30年代の町並みや採掘現場が再現、展示されていました
IMG_20200920_153538_copy_1024x768IMG_20200920_153604_copy_1024x768






IMG_20200920_153425_copy_1024x768IMG_20200920_153346_copy_1024x768






※資料館のトイレは入館者のみ使用可


最後は道の駅“彩菜茶屋”

到着したのが16時半頃だったので

ほとんど商品が残ってなかった・・・(涙)

IMG_20200920_163005_copy_1024x768IMG_20200920_163029_copy_1024x768






(ゴーヤの立場って・・・)
IMG_20200920_163101_copy_1024x768








このコース、前日にも3台口で出ていたんですが

お昼が15時すぎになったり

行程を1部カットしたりで大変だったみたいです


今回はなんとかお昼も14時前に到着できたし
(ゆーても13時50分着)

行程も全て消化できたのですが

帰りに中国道で2回、渋滞に巻き込まれ

最終の枚方に到着したのは

21時05分でした
(予定は19時10分頃)

久々に日帰りツアーで21時まわったな・・・

ほんまフラフラになりました・・・


ってことで帰りに枚方市駅のそばにある

餃子の王将でニラレバ炒めを食べて帰りました

王将のニラレバ、めっちゃ好きなんですよね♪

もちろんこのあと餃子もオーダーしました

もちろん“よく焼き”で
IMG_20200920_212128_copy_1024x768






よし、これでスタミナ付けて

また明後日からの日帰りツアー頑張ろ!



旅のイメトレチャンネル タビトレ!

西国巡礼ツアー【圓教寺】

巡礼ツアー3ヶ寺目


27番:書写山・圓教寺(えんきょうじ)

バス駐車場は

“杵屋”ってお菓子屋さんの駐車場に止めるか

その横の普通の駐車場に止めるか選べるそうです
(どちらも駐車場代は無料)
IMG_20200905_155603_copy_1024x768IMG_20200905_153843_copy_1024x768






ここはロープウェイに乗って参拝
IMG_20200905_135903_copy_1368x1824








一般の方は券売機、団体は奥の窓口で精算
IMG_20200905_135124_copy_1024x768IMG_20200905_135145_copy_1024x768






ロープウェイのチケットは往復券なので無くさないようにしましょう
IMG_20200905_135234_copy_1024x768IMG_20200905_135356_copy_1024x768






乗ってる時間は約4分

現在はコロナの影響で半分くらいの定員で運行していました
IMG_20200905_140436_copy_1024x768IMG_20200905_153104_copy_1024x768






ロープウェイを降りて少し歩くと

志納所(入山受付)があります

ここから20分ほど山歩きになるので

希望者は山上バスを利用(往復500円)

IMG_20200905_141036_copy_1024x768IMG_20200905_152310_copy_1024x768






この参道が想像以上のキツかった・・・
IMG_20200905_141230_copy_1024x768IMG_20200905_141622_copy_1024x768






参道の脇には三十三観音のブロンズ像が置かれていたり

途中で姫路の町並みが眺望できるので

ちょっとは気が紛れます(笑)
IMG_20200905_141812_copy_1024x768IMG_20200905_141900_copy_1024x768






仁王門が見えても、なかなか着かない・・・

さらに納経所がある“摩尼殿”の手前には急な階段が・・・
IMG_20200905_142249_copy_1024x768IMG_20200905_143133_copy_1024x768






摩尼殿の出前には“弁慶のお手玉石”がありました

弁慶がこの大きな石をお手玉にしたそうです
(んなわけないやろ!!)
IMG_20200905_143321_copy_1024x768IMG_20200905_143104_copy_1024x768






納経のメインは摩尼殿ですが

圓教寺のメインはさらに奥

IMG_20200905_144955_copy_1024x768IMG_20200905_145152_copy_1024x768






食堂(じきどう)
大講堂(だいこうどう)
常行堂(じょうぎょうどう)

がコの字に配置された“三つの堂”と呼ばれるエリア
IMG_20200905_145627_copy_1024x768






この場所は大河ドラマ「軍師官兵衛」

映画「ラストサムライ」のロケでも使われたそうです
IMG_20200905_150619_copy_1024x768IMG_20200905_150605_copy_1024x768






食堂は無料の資料館になっていて

貴重な仏像や瓦などが展示されていました
IMG_20200905_150538_copy_1024x768IMG_20200905_145938_copy_1024x768






あ、帰りに気づいたんですが

志納所の裏手に岡本太郎のパブリックアートを発見!!

岡本太郎好きとしては、なんか得した気分♪
IMG_20200905_152348_copy_1024x768IMG_20200905_152357_copy_1024x768






ロープウェイは15分間隔なので

早めに戻ってきたら杵屋さんのお買い物もいいですね

このバームクーヘンは

トムクルーズが大人買いしたことで有名だそうです(笑)
IMG_20200905_154009_copy_1280x960







これにて無事、本日の行程は全て終了

今回は3ヶ寺共に普通に観光としても十分楽しめるお寺ばかりでした♪


でも巡礼ツアーはやっぱり慣れてないとキツいな・・・

ってのが正直な感想です


草創1300年記念の特別印てナニ?
IMG_20200905_144514_copy_1280x960IMG_20200905_144813_copy_1024x768






ご詠歌の朱印てナニ?
(300円)

カラーの御姿ってナニ?
(200円)
IMG_20200905_114104_copy_1024x768IMG_20200905_120021_copy_1024x768






扇子にまで御朱印とかあんの???
(50円)
IMG_20200905_113944_copy_1024x768IMG_20200905_094200_copy_1024x768






恐るべし巡礼ビジネス・・・


旅のイメトレチャンネル タビトレ!

西国巡礼ツアー【清水寺・一乗寺】

久々に西国三十三ヶ所巡礼ツアーに行ってきました

サブ(荷物持ち)で行ったんですが

巡礼ツアーは恐らくこのツアーぶり

今日からROAD“88”2日間♪
(2008年1月25日)

でもこれは四国八十八ヶ所だから

西国は軽く15年以上ぶりかも・・・


今朝の梅田のプラザモータープール

他社さんのバスが2台止まっていましたが

2台とも巡礼ツアーでした(笑)
IMG_20200905_075433_copy_1024x768







25番:播州清水寺(きよみずでら)

ここは仁王門の目の前がバス駐車場なのでラクちん

江戸時代の石垣が風情があります
IMG_20200905_101657_copy_1024x768IMG_20200905_093648_copy_1024x768






納経所は写真左下の大講堂ですが

このお寺で注目なのは写真右下の薬師堂
IMG_20200905_095328_copy_1024x768IMG_20200905_094924_copy_1024x768






ここには干支の動物をモチーフにした十二神将が安置

というか、飾られているんですよね
IMG_20200905_095040_copy_1024x768IMG_20200905_095012_copy_1024x768






これ、奈良せんとくんでお馴染みの

薮内佐斗司氏のデザインなんです!!

現代アート的な存在なので、写真撮影もOK♪

ちなみにこの薬師堂は

平清盛の義理母、“池の禅尼”により創建
IMG_20200905_095103_copy_1024x768IMG_20200905_095114_copy_1024x768






大講堂の裏手の階段を上がると根本中堂

さらに奥には昭和40年の台風で倒壊してしまった

多宝塔跡がありました

この多宝塔は平清盛の実の母かも?

って説もある

“祇園女御”により創建されたそうです
IMG_20200905_100209_copy_1024x768IMG_20200905_100345_copy_1024x768






なかなか見所の多い寺院なんですが

公共交通機関で来るのはちょっと大変なようです

↓路線バスの時刻表・・・
IMG_20200905_101440_copy_1024x768








26番:一乗寺(いちじょうじ)

ここは本堂までの階段がちょっと大変

途中に左手にある三重塔より上に上がりますからね
IMG_20200905_120620_copy_1024x768IMG_20200905_120417_copy_1024x768






度重なる火災により、現在の本堂は1628年の再建ですが

三重塔は平安時代創建で国宝だそうです
IMG_20200905_115721_copy_1024x768IMG_20200905_120314_copy_1024x768






本堂の天井には木のお札がビッシリ貼られていて圧巻でした!!
IMG_20200905_115309_copy_1024x768IMG_20200905_115324_copy_1280x960






このあと“夢乃そば”でちょっと遅めの昼食

IMG_20200905_133034_copy_1024x768







午後も見所が多いお寺なので

続きは後編へ・・・


旅のイメトレチャンネル タビトレ!

おかやま白桃祭りツアー♪【枚方発】

またまた日帰りバスツアーで岡山に行ってきました

これまでの2本とほぼ同じコースですが

一番違うのは・・・


梅雨は明けたこと!!!!!


今回の集合場所は枚方市

京阪・枚方市駅周辺は大規模な再整備が行われているようですね
IMG_20200801_065654_copy_1024x768Fotor_159627880850353_copy_1024x768






最初に休憩した赤松PA

他社さんがのバスが1台止まっていました
(大山ハイキングのツアー)
IMG_20200801_085233_copy_1024x768






今回のコースはちょっと変則的で

まず最初に向かったのは美作にある

道の駅“彩菜茶屋”
 Fotor_159628154145083_copy_1024x768Fotor_159628153179928_copy_1024x768






毎回このコースでは桃を

いやっちゅーほど見ていますが

ひとっクチも桃を口にすることはないので

道の駅で自分で桃を購入(笑)

この2個入りのプラ容器

真ん中に取っ手も付いていてなかなかいいですね
(箱だとかさばるしね)
IMG_20200801_203329_copy_1024x768






今回の昼食は早飯パターン

今日は他社さんが1台

うちの会社から2台って感じでした
IMG_20200801_113119_copy_1024x768IMG_20200801_113832_copy_1024x768






添乗員さんの昼食はビビンバ丼

毎回飽きないように違うメニューを出してくれて感謝♪
(毎回ごはんのボリュームが半端ない)
IMG_20200801_114523_copy_768x1024






午後は佐用町の“南光ひまわり畑”

この時間、バスは1台も来ていませんでしたが

マイカー利用の観光客がわんさか押しかけていました

みんな梅雨が明けるのを待っていたのかな?
Fotor_159627870261326_copy_1024x768Fotor_159627875887369_copy_1024x768






IMG_20200801_140241_copy_1024x768_1IMG_20200801_140325_copy_1024x768






梅雨が明けたのは嬉しいけど

とにかく暑すぎ!!

ひまわりもちょっと眩しそうにしていました
IMG_20200801_140920_copy_1024x768_1Fotor_159627888554311_copy_1024x768






最後は揖保乃糸・そうめんの里

24日に来た時より来場者の健康チェックが厳しくなっていて

入口で1人1人検温を実施していました
(添乗員が朝に検温をしていればOK)
IMG_20200801_151441_copy_1280x960






最近また感染者が増えいますもんね

これ以上、事態が悪化しなければいいのですが・・・


ちなみに私は月末まで添乗の予定はありません

おかやま白桃祭りツアー♪【三宮発】

再び日帰りバスツアーで岡山へ行ってきました

今回は三宮発

初めて行く集合場所なので、早めに現地に着いて

センタープラザで朝マック
IMG_20200726_072034_copy_1024x768IMG_20200726_080320_copy_1024x768






三宮発は前回とコースが少し違っていて

揖保乃糸の代わりに

“佐用町南光のひまわり畑”

がコースに入っていました

佐用町のひまわり畑なのか

南光のひまわり畑なのかどっち?

と思ったら

かつて存在した南光町が合併して佐用町になったので

こんな名称になっているようです

0000015874l









初めて行く観光地

期間によって

東徳久(ひがしとくさ)➡林崎(はやしざき)➡漆野(うるしの)

って地区が変わるそうで

ちょうどこの日から会場が林崎に変わったところでした

バスは我々のツアーを含め4本来ていましたね
Fotor_159580837243558Fotor_159580838025878






駐車場から会場までは大きな看板があるので安心♪
Fotor_159580836445373






林崎は会場入り口にトイレもありました
Fotor_159580832140740Fotor_159580834772536






入園料は200円
(小学6年生以下は無料)

団体の場合は左側のテントで入園料を支払います

個人は右側のテントに備え付けの箱に各自入れてね

ってスタイルです
※個人の方はおつりのないように用意しましょう
Fotor_15958083403238Fotor_159580831336547






めっちゃ綺麗に咲いてました!!

ひまわりが綺麗に咲くひまわり畑って初めてかも♪
Fotor_159580830504999Fotor_159580829636376






ギリギリ雨は止んでくれたのでラッキー♪
Fotor_159580823873391Fotor_159580825279375






ひまわりの本数は

東徳久(18万本)・林崎(27万本)・漆崎(18万本)

なのでここ、林崎が一番規模が大きいんですよね♪

8月上旬からは次の漆崎に移ります
Fotor_159580828163598Fotor_159580826205712






このあと“琴弾の滝”

やっぱりここは滝より神社が見応えあるわ〜

この本殿の様式もちょっと変わっていますよね

川が近いから床を高くしてるのかな?
IMG_20200726_124507_copy_1024x768IMG_20200726_124523_copy_1024x768






両サイドにもお社があります

向かって左側はコンクリート製で近代的なんですが

右側はめっちゃ古そう

由緒書きによると“八幡神社”だそうです
IMG_20200726_124535_copy_1024x768IMG_20200726_124445_copy_1024x768






ここに彫られている龍(麒麟?)の彫刻が愛嬌があって好きです(笑)
IMG_20200726_124455_copy_1024x768






最後は西の屋さんで昼食

今回のコースは先に観光で遅めの昼食なのです

天気予報が【曇り➡雨】だったのでこのパターンで良かった〜

今回もカロリーたっぷりカツカレーかと思ったら

今日のメニューは“お刺身定食”でした♪
(ありがとうごさいます)
IMG_20200726_140715_copy_1024x768Fotor_159576432807928






前回はお持ち帰り用の桃は5玉でしたが

今回は集合場所から近いこともあり

1人10玉!
(てか1人10玉もいる?)
Fotor_159576431573467Fotor_159576429302931






これにてツアーの行程は全て終了

今回も特に大きなトラブルもなくツアーを終えることができました

せっかく久々に三ノ宮に来たからウロウロ散策

駅前の待ち合わせ場所の定番だった公園

通称“パイ山”がなくなったのはちょっと寂しいですね
IMG_20200726_171737_copy_1024x768IMG_20200726_175537_copy_1024x768






元町あたりまで歩いたので中華でも♪

と思ったけど、どうしうてもお寿司

というか“えんがわ”が食べたかったので

“権太呂すし”

北野坂店がいつの間にかなくなっていたので

駅前店(ダイエーの横)へ

久々に食べたけど、やっぱりコスパいいわ〜
IMG_20200726_182541_copy_1024x768IMG_20200726_181700_copy_1024x768






まわらないお寿司ですが、まわる寿司なみのお値段
(1皿132円〜)

注文は備え付けの専用の用紙に記入するアナログ方式
IMG_20200726_182257_copy_1024x768IMG_20200726_182208_copy_1024x768






東京にも1店舗、西新宿にあるみたい

大阪には十三や天六にもあるようです

席数がどこも10席ちょっとなのでいつも混んでいるんですが

えんがわ、炙りうなぎ、炙りチーズサーモンがめっちゃ美味しいので

見かけた際はぜひ♪

ということで

ツアーとは関係ない話題で終わります(笑)

おかやま白桃祭りツアー♪【梅田発】

先日お伝えしたように

4ヶ月ぶりに添乗に出てきました

茶屋町のプラザモータープールに観光バスが止まってる!

もうそれだけで感無量!(涙)
Fotor_159559161993260_copy_1024x768Fotor_159559160952128_copy_1024x768






日帰りバスツアーは去年の11月ぶり・・・

不安すぎて5時に変な夢にうなされて起きた・・・


最初に休憩した加西SA

観光バスは1台だけでした・・・
Fotor_159559166347652_copy_1024x768Fotor_159559167390084_copy_1024x768






昼食は“西の屋(菊ヶ峠店)”

ここは他社さんも来ていましたね

お客様の座席は密を避け

2名でも斜めに着席
Fotor_159559374489192_copy_1024x768Fotor_159559175768463_copy_1024x768






フルーツバイキングは自分専用の取り皿とトングを使用
IMG_20200724_115544_copy_1024x768IMG_20200724_115357_copy_1024x768






添乗員さんはめっちゃカロリー高そうなカツカレーでした
IMG_20200724_123845_copy_1024x768IMG_20200724_121051_copy_1024x768






午後は“琴弾(ことびき)の滝”

初めていく観光地です

滝は“天石門別(あめのいわとわけ)神社”の奥

IMG_20200726_123006_copy_1024x768IMG_20200724_140655_copy_1600x1200






IMG_20200724_140646_copy_1024x768






バスは駐車場まで進めないので路駐

神社の境内までは車道を歩くので車に気をつけましょう
(1台もきませんでしたが・・・)
IMG_20200724_140604_copy_1024x768IMG_20200724_140303_copy_1024x768






IMG_20200724_140242_copy_1024x768IMG_20200724_140033_copy_1024x768






なかなか立派な狛犬ですね
IMG_20200724_134711_copy_1024x768IMG_20200724_134734_copy_1024x768






ポマードつけてオールバックにしてるみたい(笑)
IMG_20200724_134746_copy_1024x768






こちらが本殿

見なことない神紋ですね

中央はよく見る“鷹の羽”だけど

周囲は菊なのかな・・・?

パッと見、ヒマワリかと思った(笑)
IMG_20200724_134753_copy_1024x768Fotor_159559201108720_copy_1024x768






天石門別神社は2000年以上の歴史がる式内社
(無人だったので朱印は戴けませんでした)

御祭神は“タヂカラオノミコト”

天岩戸神話の際に扉をブン投げた力持ちの神さまですね

大阪の茨木にも同じく天石門別神社があるそうです

IMG_20200724_135944_copy_1024x768IMG_20200724_135603_copy_1024x768






本殿の裏側に滝への散策道が続いています
IMG_20200724_134835_copy_1024x768IMG_20200724_134850_copy_1024x768






この途中に見逃せないモノが
IMG_20200724_135033_copy_1024x768






これこれ、このクランチチョコみたいな磐座(いわくら)

磐座って普通は1個の石とか大きな岩なんですけど

ここの磐座は石をまんじゅう型に積んだ形状

同様の磐座は京都の貴船神社くらいしか見たことない

京都散歩・コース35【貴船神社(本宮・中宮・奥宮)】


中に平な石があるそうで

その石に腰を掛けてお弁当を食べた人がいて

神罰があったからその周囲を石で囲んだとか

国司のお墓があるとか

御祭神のタヂカラオがこの石に乗ってやってきたとか

色々とミステリアスな磐座だそうです

神社・ミステリースポット好きには

滝より全然こっちの方が見応えあるわ(笑)
IMG_20200724_135001_copy_1024x768IMG_20200724_135219_copy_1024x768






こちらが“琴弾の滝”

二段になっていて

上が雄滝(おんたき)、下が雌滝(めんたき)
IMG_20200724_135412_copy_1024x768IMG_20200724_135403_copy_1024x768






下まで降りれますが、足元が悪いのでムリをしないように・・・
IMG_20200724_135432_copy_1024x768IMG_20200724_135445_copy_1024x768






あ、あとトイレはこんな感じなので

事前に済ませておきましょう
IMG_20200726_123416_copy_1024x768






最後は“揖保乃糸そうめんの里”

揖保乃糸(いぼのいと)とえば

関西ではそうめんの代名詞みたいな存在ですよね
(関東でも有名なんかな?)
IMG_20200724_153518_copy_1024x768IMG_20200724_154201_copy_1024x768






たまたまタイミングよく素麺を伸ばす実演を見ることができました♪
IMG_20200724_153552_copy_1024x768IMG_20200724_153620_copy_1024x768






帰りは三木SAで休憩したんですが

売店に播州織のマスクが売られていました
Fotor_159559210699030_copy_1024x768






これからはお土産にご当地マスクを買うのがスタンダードになるかもしれませんね


これにて行程は全て終了

途中、山陽道で7キロほど渋滞がありましたが

梅田には18時頃に戻ってこれました




久々の添乗を終えての感想ですが

これまでの仕事のやり方とは異なる部分もあったんですが

思っていたより違和感を感じなかったのが本音です

アンケートにもこれといって不満も書かれていませんでした

ただ、添乗員としてはお客様の顔がマスクで半分見えない

ってところが大きかったですね

添乗員の仕事って

お客様の顔色を見たりバス車内の空気を読んで

こちら側の接し方(話す内容や声のトーン、キャラ設定等)を調整する

このさじ加減が腕の見せ所だと思うんです

それがマスクによって読めない!!

ここが一番困りました・・・

京都の隠れた紅葉めぐりツアー♪【後半】

さて、朝から4ヶ所も一気に巡ったのでお腹がペコペコ

今回のランチは440年の歴史を持つ老舗料亭

“山ばな平八茶屋”

なんと先週の大原日帰りツアーに引き続き

2週連続で平八茶屋の麦とろろ膳を頂きました♪

前回は3ランクの上でしたが

今回は中なので天ぷらはナシです(笑)
(それでも1人前4950円!)
Fotor_157459456858268-1024x768Fotor_157459459902376-1024x768






先週も気になった事なんですが

平八茶屋さんは料理の味は本当に美味しいと思いますが

仲居さんの接客がなんとも・・・

“歴史はあるけど笑顔はなし”

って感じで勿体なく感じました

すぐ横に建つ北山モノリスさんはあんなに笑顔で溢れてたのに・・・
連泊で楽しむ葵祭ツアー3日目♪
(2018年5月16日)


さて、午後は比較的知名度はあるけれど

交通の便が悪いので、あまり観光客が来ないスポットです

ここも去年のフィールドワークとかぶってる(笑)

京都散歩・コース28【妙満寺・圓通寺】
(2018年11月30日)

圓通寺(えんつうじ)

岩倉にある臨済宗の古刹で通称“幡枝御所”

大型バスの駐車場はあるのに1台も止まっていませんでした

こちらは比叡山を取り込んだ借景庭園で有名
Fotor_157459463471913-1024x768Fotor_157459450260036-1024x768






こんなに素晴らしい庭園なのに

一般客も少なくほぼ貸切状態でした♪
Fotor_157459453143796-1024x768Fotor_157459446962347-1024x768






普段はご住職の説明テープが流れているんですが

今回はタイミングよく生でご住職の説明が聞けてラッキーでした♪
(とても印象に残るご住職です)


妙満寺(みょうまんじ)

先ほどの圓通寺のそばにある顕本法華宗の大本山

ここも大型バスの駐車場があるのに1台もいない

そして“雪の庭”と呼ばれる有名な庭園があるのに

我々のツアー以外に誰もいない・・・
Fotor_157459493270776-1024x768Fotor_157459489227149-1024x768






紅葉シーズンの京都!

それも2連休の日曜日ですよ!

なんとも贅沢な空間でした♪
Fotor_157459478836034-1024x768Fotor_157459476330486-1024x768






あ、境内にこんな面白いポスターを発見
(顕本法華宗のポスター)

漢字の一部にカタカタを持ってくるこのセンスに脱帽

こんな豊かなアイデア脳が欲しいわ(笑)

Fotor_157459482521727-768x1024Fotor_157459484421888-768x1024









これにて全ての行程が終了〜♪

そして私の9連勤も終了〜♪

当初は雨の予報でしたが

結局、雨も降らなかったし

京都駅では綺麗な夕焼けも見ることができました♪

Fotor_157459491983642-1024x768






これまで4回にわたってきたテーマの旅も今回が最終回

ちょっと振り返ってみましょう

第1回:世界遺産
臨川寺&龍安寺・特別拝観ツアー♪
(2019年5月12日)

第2回:庭園
両足院と清浄華院・盧山寺ツアー♪【前半】
両足院と清浄華院・盧山寺ツアー♪【後半】
(2019年6月23日)

第3回:仏像
欣浄寺・恵福寺と平等院ツアー♪
(2019年9月22日)


この1年、蠅蕕たびの山村先生にはお世話になりました

今回のシリーズはいったん終わりますが

来年からは山村先生の得意な

“明智光秀”絡みの新シリーズがスタートするみたいですよ

山村先生ファン

そして光秀ファンの皆さんは要チェックです♪

京都の隠れた紅葉めぐりツアー♪【前半】

蠅蕕たびの代表

山村純也先生と京都日帰りツアーに行ってきました♪

これまで

第1回:世界遺産
第2回:庭園
第3回:仏像

とテーマに沿った内容のコースでしたが

第4回は“紅葉”

もちろん定番の東山界隈の紅葉ではなく

ちょっとマニアックな上高野周辺の名所を巡ります

ちなみに去年、プライベートで訪れた

京都検定のフィールドワークと若干かぶってます(笑)

京都散歩・コース32【蓮華寺・三宅八幡宮】
(2018年12月1日)


京都駅を出発し、最初に向かったのは

蓮華寺(れんげじ)

小中学生はお断り!な

池泉鑑賞式庭園が美しい天台宗のお寺です

大型バスは2台分だけ駐車可能

予約をしておいたので、ご住職自らバスを誘導してくれました♪
IMG_20191124_105320-1024x768Fotor_157459360262997-1024x768






こちらは最近、知名度も上がって人が多かったですね
Fotor_157459339560224-1024x768Fotor_157459356453343-1024x768






副住職が“拝観”についての心構えを熱弁されていました
(写真撮影はこの部屋まで)
Fotor_157459351729419-1024x768Fotor_157459349144021-1024x768






Fotor_15745934458998-1024x768Fotor_157459358409738-1024x768






このあとは周辺のスタッフを徒歩で移動

三明院(さんみょういん)

住宅街の少し高台に建つ真言宗のお寺

1906年に山形から移転したお寺だそうです

こんなお寺があることすら知らなかった・・・
Fotor_157459382676952-1024x768Fotor_157459398276880-1024x768







本堂のすぐ脇に香取神社が祀られているのも面白いですが

もっと面白いのが境内に建つ多宝塔

地面じゃなくて、コンクリートの土台の上に建っているんです(笑)

まさに空中多宝塔!
Fotor_157459386954837-1024x768Fotor_157459389220267-1024x768






入山料は無料ですが、多宝塔からの景色も紅葉も

なかなか見応えがあるお寺でした

まさに知る人ぞ知る紅葉の穴場ですね♪
Fotor_157459391358799-1024x768Fotor_157459394022633-1024x768






Fotor_157459379731940-1024x768Fotor_157459400339018-1024x768






このあとも徒歩で移動

個人だと素通りしてしまいそうなスポットも

山村先生が詳しく解説してくれるのでほんと勉強になります
Fotor_15745941903477-1024x768Fotor_157459416031427-1024x768






こちらは小野妹子が創建の三宅八幡宮
Fotor_157459425815926-1024x768IMG_20191124_112930-1024x768






前にプライベートで来た時は名物の鳩餅が売り切れていたので

今回こそ!と楽しみにしていたのに

まさかの休業日でした・・・(涙)


このあとバスでちょこっと移動

妙円寺(みょうえんじ)

日本最古の七福神めぐり

“都七福神めぐり”の大黒天が祀られているので

通称“松ヶ崎大黒天”

京都検定でもよく出題されるお寺ですが

実際に行くのは初めてです♪
Fotor_15745954690261-1024x768Fotor_157459544907765-1024x768






本堂の裏山は五山送り火の“法”なんです
(以前は登れたようですが、現在は登山不可)
Fotor_157459542156088-1024x768Fotor_157459537951240-1024x768






こちらの紅葉はイチョウの黄色が鮮やかでしたね

紅葉スポットとしてはPRしていないので

境内はガラガラ

ここもまさに隠れた紅葉スポットでした♪
Fotor_157459535750937-1024x768Fotor_157459533171172-1024x768






Fotor_157459549847143-1024x768Fotor_157459530685691-1024x768






それにしてもこの大黒さん

なんか浮いてるよな〜

五月女ケイ子さんが描くキャラっぽい(笑)
Fotor_157459528635091-1024x769






隣にいるのはエビスさんなんだろうけど

お客様は口々に

「いやっ、この大国さんオンナ連れてるで!」

って言ってた(笑)

確かにそう見える・・・

仁和寺と大原・三千院ツアー♪

日帰りバスツアーで京都へ行ってきました♪

まず最初に向かったのは“仁和寺”

観音堂の特別内拝は11月24日までの予定でしたが

12月8日まで延長になったそうです

さすが紅葉シーズンの日曜だけあって

9時半のオープンと同時にかなり行列ができていました
Fotor_157395177244210-1024x768Fotor_157395179999678-1024x768






このあと、洛北の老舗料亭

“山ばな平八茶屋”で早めのお昼ごはん
IMG_20191117_113848-1024x768Fotor_15739897056182-1024x768






名物の“麦飯とろろ膳”を頂きました

3ランクある内の一番上(6050円)♪

もちろんとろろ汁も美味しいですが

湯葉を細かく刻んで衣にした海老天が美味でした♪
Fotor_157399018031219-1024x768Fotor_157399016551999-1024x768






午後はいよいよ大原へ

先日の下見の成果が試される時がやってきました!(笑)

やっぱりバスはこの駐車場を利用
Fotor_15739894491534-1024x768Fotor_157398943777656-1024x768






駐車場スタッフによる

“しそせんべい”の売り込みがすごかった(笑)
(ちょっと大原のイメージと違う・・・)
Fotor_157398940824238-1024x768Fotor_157398942309989-1024x768






ここ数日で紅葉も一気に色づきましたね
Fotor_157398948367431-1024x768Fotor_157398953255336-1024x768






まず最初は“宝泉院(ほうせんいん)”

客殿が足の踏み場もないほど大混雑してた(笑)

額縁庭園とか楽しんでる余裕なし・・・
Fotor_157399012461779-1024x768Fotor_157399014999336-1024x768






お次は“勝林院(しょうりんいん)”

今回は予約をしていたので

住職が声明を聞かせてくれました

めちゃくちゃええ声でお客様も感激されていましたね
(やっぱりテープとは違うわ)
Fotor_157399002578176-1024x768Fotor_157399000969299-1024x768






最後は“三千院”

こんなベタな観光地なのに

仕事で来るのは初めてです(笑)

まずは靴袋に靴を入れて

中書院・客殿・宸殿を内部から見学

御朱印は3種類ありました
(シーズンによって授与される場所が違うそうです)
Fotor_157398995557618-1024x768IMG_20191117_144931-1024x768






Fotor_157398990398417-1024x768Fotor_157398965459816-1024x768






宸殿のあとは再び靴を履き

そのまま庭園内を巡ります

メインはやっぱり“往生極楽院”のご本尊

阿弥陀三尊坐像(国宝)ですかね

紅葉シーズンだからなのか

堂内ではお寺の方が説明を行っていました
(なのでめちゃ混んでた)
Fotor_157398988431126-1024x768Fotor_157398983557527-1024x768






Fotor_157398961576294-1024x768Fotor_157398963685422-1024x768






一番奥は観音堂ですが

ここはあんまりグッとこなかった・・・


三千院は出口付近の紅葉が一番綺麗でしたね

赤・黄・緑ってグラデーションが素晴らしい♪
Fotor_157398957175014-1024x768Fotor_157398959008120-1024x768






これにて行程は全て終了

大原は道も境内も狭いので

27組39名のお客様をまとめるのは大変でしたが

まとまりのいいお客様ばかりでほんと助かりました


京都はこれからどこに行っても人が凄いんだろーなー・・・

明日の夜は永観堂の夜間拝観

天気予報は思いっきり

です・・・(涙)
Fotor_157399004055192-1024x768






正倉院展と春日大社夜間拝観ツアー♪

連添で再び奈良へ・・・(笑)

最初に向かったのは“奈良ホテル”

こちらで操業110周年記念ランチを食べたあと
Fotor_157274363929230-1024x768Fotor_157274367554147-1024x768






Fotor_157274369237299-1024x768Fotor_157274371029736-1024x768






ホテルスタッフによる館内名画鑑賞
IMG_20191102_140747-1024x768Fotor_15727437295603-1024x768






そしてもちろん正倉院展

このあと春日大社の夜間拝観まで時間があったので

バスターミナルで時間を潰してもらいました

展示物は20時まで

ターミナル自体は22時までやっているので助かります

屋上からの夕日が綺麗だった〜♪
IMG_20191102_154035-1024x768IMG_20191102_172042-1024x768






さて、このあとはいよいよ春日大社へ

この日は旅行会社貸切の夜間拝観です
IMG_20191102_182336-1024x768IMG_20191102_184123-1024x768






燈籠にロウソクを灯す献灯体験付き
Fotor_157274490312999-1024x768Fotor_15727448838353-1024x768






Fotor_157274486899828-1024x768Fotor_157274484995421-1024x768






暗闇に浮かぶ吊り燈籠が幻想的ですね
IMG_20191102_184939-1024x768IMG_20191102_185201-1024x768






IMG_20191102_190252-1024x768IMG_20191102_185644-1024x768






約1時間ほどの特別拝観でしたが

なかなか貴重な体験をさせて頂きました

春日大社の夜間拝観は先日の橿原神宮と違い

結構頻繁に各旅行会社で企画されているみたいです

機会があれば是非参加してみてくださいね

欣浄寺・恵福寺と平等院ツアー♪

蠅蕕たびの山村純也先生同行ツアーに行ってきました♪

このコースはテーマに沿ったちょっとマニアックな京都の寺社めぐりで

これまで

テーマ:世界遺産
臨川寺&龍安寺・特別拝観ツアー♪
(2019年5月12日)

テーマ:庭園
両足院と清浄華院・盧山寺ツアー♪【前半】
(2019年6月23日)

とめぐってきましたが

第3回は

テーマ:仏像


最初に向かったのは京都市伏見区にある

“欣浄寺(ごんじょうじ)”

一見、お寺には見えない公民館みたいな建物です(笑)
IMG_20190922_092845-1024x768






中もやっぱり公民館みたいな感じ

奥に大きなご本尊の毘盧遮那仏がおられます
IMG_20190922_094738-1024x768IMG_20190922_094955-1024x768






あまりに大きいので階段を下がった場所に座っているんですね(笑)
IMG_20190922_094930-1024x768IMG_20190922_095259-1024x768






こちらの毘盧遮那仏

サイズが丈六(じょうろく)あるので

“伏見大仏”とも呼ばれているそうです

伏見に大仏があるなんて知らなかったな〜

※丈六=一丈六尺(約5.3m)サイズの仏像のこと

大仏の定義は一般的に丈六以上の如来をさすようです
IMG_20190922_094855-1094x1459








かなり老朽化が激しかったですが

そこがまた魅力的でした
IMG_20190922_095310-1024x768IMG_20190922_095305-1024x768






本尊の前に置かれた阿弥陀如来も必見
(見た目は釈迦如来ですが)

聖徳太子作?との寺伝も
(光背がカッコいい!)

他にも道元禅師の石像や

小野小町との悲恋で有名な深草少将像(写真右下)もありました

この像は小野小町の恋文の灰を固めて作られたんだとか
(ほんまかいな!)

実はこの場所は深草少将の邸宅跡とも伝わっているのです
IMG_20190922_095039-1024x768IMG_20190922_095224-1024x768






庭園には小野小町と深草少将の供養塔や姿見の井戸などがありました

ちなみにこちらの欣浄寺

いきなり行っても内部は拝観できないのでご注意ください!
(前にフラっと下見に行ったら閉まってた・・・)


このあと宇治の平等院

珍しくベタな観光地ですが

山村先生の話しを聞きながらだと

また違った角度から見ることができるので新鮮でした

※鳳凰堂は現在工事中なので内部拝観ができません
(2019年5月13日〜11月15日)
IMG_20190922_112526-1024x768IMG_20190922_112553-1024x768






昼食は宇治川のほとりにある老舗“辰巳屋”
IMG_20190922_133136-1024x768IMG_20190922_132621-1024x768






辰巳屋といえば宇治丸弁当がってお弁当が有名

この日は連休最終日ということで

一般客には宇治丸弁当しか提供していなかったんですが

我々は優雅に抹茶会席でした♪
PhotoGrid_1569137502424-1024x1024








午後は再び京都市伏見区へ

日野とよばれるエリアにある3つの寺院をめぐります

まず“法界寺(ほういかじ)”

国宝の阿弥陀堂には同じく国宝の阿弥陀如来が安置されているんですが

この阿弥陀さまが丈六

さらに定朝様(じょうちょうよう)でめっちゃ見事なんです!!

※定朝様=平安時代の仏師、定朝の作風の仏像のこと

IMG_20190922_150715-1024x768IMG_20190922_150733-1024x768






お次は“日野誕生院(ひのたんじょういん)”

浄土真宗の宗祖・親鸞聖人の誕生地にたつ寺院です

建物は昭和に入ってからのものなので綺麗です
IMG_20190922_143534-1024x768IMG_20190922_145422-1024x768






さっきの法界寺と誕生院は保育園の敷地を挟んで隣同士なんですが

保育園の敷地内には親鸞聖人ゆかりの

“うぶ湯の井戸”“えな塚”がありました
※えな=へその緒

IMG_20190922_150549-1024x768IMG_20190922_150534-1024x768






最後は“恵福寺(けいふくじ)”

ここも法界寺や誕生院の徒歩圏内にあるお寺

外観がお寺っぽくないので素通りしてしまいそうです
IMG_20190922_153827-1024x768IMG_20190922_152537-1024x768






建物はまだ10年ほどしか経っていないので綺麗ですが

安置されている仏像はかなりの年代物ばかり

特に有名なのがこちらの丈六の地蔵菩薩!

珍しく腹帯をしていることから

別名:腹帯地蔵と呼ばれています
(京都検定でもよく出題されます)

ちなみにサイズは丈六ですが

如来ではなく菩薩なので“大仏”とは呼びません
IMG_20190922_152634-1024x768IMG_20190922_152643-1024x768






他にも同じようなサイズで

同じようなポーズだけど

左側は一木造り、右側は乾漆造り

って阿弥陀如来も興味深かったですね


境内に1本だけ大きな枝垂れ桜があるんですが

最近は隠れ桜スポットとして人気があるようです
IMG_20190922_152934-1024x768IMG_20190922_153712-1024x768






こちらの恵福寺もいきなり行っても入れない可能性があるのでご注意ください


今回のツアーは平等院以外、比較的マニアックな寺院ばかり

一般公開をしていないお寺もあったのでツアーで行く価値がありましたね


あとお寺同士の確執みたいなものも感じることができたので

色んな意味でいい勉強になりましたm(__)m

インターンシップ生を連れて日帰りバスツアーに行ってきました♪

今年も大学生の企業研修

インターンシップ生を連れて日帰りバスツアーに行ってきました

Fotor_156618765366241-1024x768Fotor_156618757683555-1024x768






最初に“めんたいパーク神戸三田”へ行ったあと

丹波篠山市にある“ささやま玉水”で昼食
IMG_20190818_105422-1024x768IMG_20190818_105916-1024x768






Fotor_156618734499574-1024x768IMG_20190818_105627-1024x768






添乗員にとって玉水と言えば

お土産の積み込みが大変!

ってイメージですが

今回は食事会場の椅子に予めセットされていたのでラクちん

傷みやすいキウイとぶどうはバス乗車時に手渡しでしたが

インターンシップ生がいたので助けてもらいました♪
IMG_20190819_125742-1024x769Fotor_156618771640917-1024x768






午後は京都府南丹市日吉町にある“日吉ダム”&“スプリングスひよし(道の駅)”

日吉ダムって今回初めて知りましたが

堤体内部を見学できる日本でも珍しいダムだそうです

Fotor_156620324789720






Fotor_156618692612395-1024x768Fotor_156618718838219-1024x768






眼下に見える円形橋がカッコいいですよね
IMG_20190818_130324-1024x768IMG_20190818_130336-1024x768






見学者用エレベーターでダム堤頂(3階)から下へ降りてみましょう

※エレベーターは24名乗りで1基のみ
IMG_20190818_125853-1024x768IMG_20190819_130016-1024x768






こちらは展望テラス(2階)

ほとんど3階と同じ眺めなので行かなくてもいいかも・・・
(途中の階なのでEVもなかなか来ないし)
IMG_20190818_130518-1024x768IMG_20190818_130547-1024x768






コチラがメインのインフォメーションギャラリー(1階)

無料なのであまり期待していませんでしたが、思っていた以上に立派でビックリしました
IMG_20190818_130853-1024x768IMG_20190818_130826-1024x768






IMG_20190818_131006-1024x768IMG_20190818_131022-1024x768






インフォメーションギャラリーから外に出てみましょう

下から見上げると要塞みたいで迫力満点!!
IMG_20190818_131720-1024x768IMG_20190818_131847-1024x768






円形橋をぐるっと1周してみましたが

暑すぎてお客様もインターンシップ生も誰も来なかった

もったいない・・・(涙)
IMG_20190818_132237-1024x768IMG_20190818_132101-1024x768






IMG_20190818_132037-1024x768IMG_20190818_131818-1024x768






道の駅“スプリングスひよし”へは歩いてでも行けますが

暑い中、15分くらい歩かないといけないのでバスで移動
Fotor_156618688358681-1024x768Fotor_156618686979749-1024x768






ここのレストランでは日本で唯一?と言われている

“スフポ(420円)”ってスイーツが味わえます

ソフトクリームとポップオーバーを組み合わせたので

“ソフポ”(笑)

※ポップオーバー・・・シュークリームのシュー皮とフランスパンを合わせたような食べ物

IMG_20190818_135356-1024x768Fotor_15661876856453-1024x768






お次は“丹波ワインハウス”
Fotor_156618681247355-1024x768Fotor_156618683702746-1024x768






ちゃんとワイングラスで試飲をさせてくれる太っ腹なワイナリーでした
Fotor_156618685068795-1024x768Fotor_156618678818821-1024x768






最後は“六甲山ガーデンテラス”

そう、先日の“六甲・まや散歩”

今回のツアーの下見だったのです!!

六甲・まや散歩♪【六甲ガーデンテラス編】

日吉ダム・スプリングスひよし・丹波ワインハウス

と行ったことがない場所が続いたので

最後くらいは自信をもって案内したいですからね(笑)

IMG_20190818_164703-1024x768Fotor_156618750192811-1024x768






天気が良すぎて景色はちょっとモヤっとしていましたが

雨にも渋滞にもあわず

無事にツアーが終了してやれやれです
Fotor_156618808259343-1024x768IMG_20190818_170226-1024x768






この日はバス3台でインターンシップ生は4名

今回の経験を今後の就職活動に生かしてもらえれば幸いです



てかここ数年、毎年インターンシップ生を連れていっているような・・・

もはやこれも夏の風物詩みたいになってきた(笑)

わくわく7大体験ツアー♪
(2018年8月12日)
新緑のびわ湖満喫紀行ツアー♪【後半】
(2018年8月10日)
六甲山とわくわく工場見学ツアー♪【後半】
(2017年8月12日)

京都・五山送り火ツアー♪

日帰りツアーで京都の夏の風物詩

五山・送り火を見に行ってきました

IMG_20190726_195240-1280x960






集合場所は南禅寺の参道にある

“菊水”さんに直接集合!
IMG_20190816_130159-1024x768Fotor_156596509702512-1024x768






受付をしていきなりランチ!!

そして宴会場の司会者席からマイクで行程説明!

ってぎこちない流れからスタートです(笑)
IMG_20190816_135147-1024x768IMG_20190816_142435-1024x768






食後は徒歩で“無鄰菴”へ移動して庭園の鑑賞
IMG_20190816_153649-1024x768IMG_20190816_153229-1024x768






そのあと徒歩で京都国際交流会館

こちらで“らくたび”の山村先生による送り火講座を聞いて

ひさご寿司の巻寿司で小腹を見たし

いよいよ五山送り火の鑑賞スポット

青龍殿に大型バスで向かいます

青龍殿については先日の下見レポートをご覧ください

京都で夏空に一番近い場所に行ってきました♪
IMG_20190816_162559-1024x768IMG_20190816_175414-1024x768






受付でチケットを見せ入場
IMG_20190816_184216-1024x768IMG_20190816_184253-1024x768






18時40分くらいに大舞台に到着しましたが

前方は既にいっぱいの状況でした

大舞台は立ち見なので、いい場所は早い者勝ち!

って感じです
Fotor_156596487840246-1024x768Fotor_156596485397220-1024x768






西展望台は指定席エリアとなっていました

チケットにもちゃんと番号が記載されています

ちなみに拝観券の料金は

大舞台は2000円

西展望台は5000円
IMG_20190816_190051-1024x768Fotor_156596514599738-1024x768






IMG_20190816_190034-1024x768IMG_20190816_190040-1024x768






青龍殿の中では法要が行われたあとお琴の演奏会

指定席だと場所取りの必要がないのでゆっくりできますね
IMG_20190816_192000-1024x768IMG_20190816_192020-1024x768






でも我々は自由席なのであまりゆっくりとはできません(涙)

特に背の低い方や年配者は

大舞台からの鑑賞はちょっとキツいかもしれません・・・
IMG_20190816_201902-1024x768IMG_20190816_195615-1024x768






20時

いよいよ大文字に火がつきました

真横すぎて「大」には見えません・・・
IMG_20190816_200446-1024x768IMG_20190816_200500-1024x768






20時05分→妙・法

20時10分→舟形

と5分間隔で点火していきます
IMG_20190816_200656-1024x768IMG_20190816_201244-1024x768






20時15分→左大文字

ハッキリと「大」の字は見えますが

けっこう遠いね・・・

20時20分→鳥居形でフィニッシュ

さらに遠いですね・・・

視力1.5をもってしてもよくわからん状況でした・・・
IMG_20190816_202041-1024x768IMG_20190816_202236-1024x768






お客様が満足してくれたのかどうかは正直ビミョーな空気でしたが

夜景と送り火が楽しめるという点では贅沢な光景だったと思います♪
IMG_20190816_202303-1024x768






一番心配していた帰りの混雑も

機転の利くドライバーさんのお陰でスムーズだったし♪
Fotor_15659650218909-1024x768IMG_20190816_204305-1024x768






来年もツアーを出すのであればぜひ

■大舞台は立ち見で椅子などがない
■観覧席では雨の場合に傘が使えない
■大文字は近すぎて「大」には見えない
■照明が少ないので懐中電灯などあった方が良い

これくらいは行程表に記載しておいて欲しいな〜

丹波さくらんぼ食べ放題ツアー♪

丹波さくらんぼ「佐藤錦」食べ放題と
初夏のフラワーフェスティバル


という日帰りバスツアーに行ってきました♪

最近やたらさくらんぼに縁がありますが

今回はさくらんぼ“狩り”ではなく

さくらんぼは“食べ放題”のみです(笑)


始発の枚方から最終の梅田まで

集合場所は5ヶ所を経由

お客様の乗車だけで2時間20分て・・・


最初に向かったのは丹波篠山のドライブン

“ささやま玉水”

こちらで佐藤錦食べ放題付きの昼食

IMG_20190706_110526-1024x768IMG_20190706_110546-1024x768






さらに

さくらんぼ1キロのお土産付き!

この1キロってのがね

1キロ×1箱とかじゃなく

200g×5パックなんですよね・・・

てことは5パック×40名で

200パック!

これをお客様が昼食を食べている間に配布しなければいけません

傷んでいないかチェックしてもらうため

予め座席にセットするんですが

配りながら

1人1キロもさくらんぼいる???

って思った(笑)

だってご夫婦だったら1家に2キロですよ!
(近所に配るほど上等なさくらんぼでもないだろうし・・・)
IMG_20190706_113341-1024x768IMG_20190706_114157-1024x768






ま、そんな余計な心配はさておき

午後は同じく玉水さんが経営する“玉水ゆり園”

遅咲きのゆりとあじさいが見頃でした♪
IMG_20190706_123218-1024x768IMG_20190706_123425-1024x768






このあと三田のめんたいパークに行って

“神戸市立森林植物園”

初めて行くのでどこが入り口か全然わからんかった・・・(汗)
IMG_20190706_154859-1024x768IMG_20190706_154837-1024x768






なんせ敷地は甲子園37個分ですからね!!

ひとまず広場の先の黄色いトンネルを越え

“森林展示館”って場所を目指します
IMG_20190706_154504-1024x768IMG_20190706_152927-1824x1368






森林展示館の前までくると

スタッフが見どころを説明してくれます

この先が目的の“あじさい坂”

約5万株のあじさいが植えられているそうです
IMG_20190706_153355-1024x768IMG_20190706_153634-1024x768






IMG_20190706_153433-1368x1824








こちらも見頃で良かったです♪
IMG_20190706_152858-1024x768IMG_20190706_152722-1024x768






帰りは迷子に注意!!

正門入口(写真左下)ではなく

行きに通った黄色いトンネル(写真右下)を戻ってもらいましょう
IMG_20190706_154134-1024x768IMG_20190706_154225-1024x768






最後は“神戸養蜂場”

聞いたことないな〜と思ったら

昨年の秋にオープンした新しい施設みたいです

駐車場から急な坂道を下るので足元注意

そして道路を渡る際

信号がめっちゃ長いのでこちらも注意・・・
IMG_20190706_163633-1024x768IMG_20190706_162244-1024x768






オシャレなお店ですね

このツアーは女性のお客様が多かったので喜ばれていました

はちみつ製品の他にパンなどの販売もあり
IMG_20190706_162302-1024x768IMG_20190706_162445-1024x768






これにて全ての行程が終了

日帰りツアーにしては乗車地も観光地もけっこうなボリュームの1日でした



話しは変わりますが

今回、久々に京阪枚方市駅を利用したんですが

駅の構内がめっちゃ綺麗になっていてビックリ!

IMG_20190706_065145-1024x768IMG_20190706_065028-1024x768






駅というよりファッションビルみたいですね♪

両足院と清浄華院・盧山寺ツアー♪【後半】

午後は建仁寺(けんにんじ)の塔頭

“両足院(りょうそくいん)”

以前、京の冬の旅でよく行ったお寺です

この時期は“半夏生(はんげしょう)”のお寺として有名
(前日にテレビでも放送されていた影響で賑わっていました)
IMG_20190623_141219-1024x768IMG_20190623_142835-1024x768






別途有料ですが庭園内にあるお茶室で

呈茶(ていちゃ)を受けることができます
※呈茶・・・正式な茶会ではなくカジュアルにお茶を頂くこと

今回のツアーでは呈茶もコースに入っていたんですよね

庭に入れるのは呈茶の料金を払った人のみ

高台から庭園が見られるのでちょっと優越感がありました♪
IMG_20190623_141233-1024x768IMG_20190623_142642-1024x768






ちなみに建仁寺の境内ですが

方丈と法堂の間が通り抜けできなくなっていました
(不正に法堂内に進入できなくするためです)

微妙に不便・・・
IMG_20190623_153822-1024x768






さて、これにて無事ツアーは終了

今回も美味しいランチに山村先生の詳しい解説

大満足の1日となりました♪


あ、大満足と言えば

今回利用したバスも好評だったな〜
(滋賀中央観光バス)

9列トイレ付きで座席の間隔もゆったり♪
IMG_20190623_154931-1024x768IMG_20190623_114206-1024x768






バス出発前には飛行機みたいに安全のための映像が流れるんですよね

これにはビックリしました(笑)
Fotor_156133171617892-1024x768IMG_20190623_093516-1024x768






運転士さんもめっちゃ紳士でほんと快適だったんですが

バスに乗っていた時間

恐らく1時間もなかったと思います・・・
(もったいない!!!)

ぜひ、今度は泊りのツアーでご一緒したいバスなのでした

両足院と清浄華院・盧山寺ツアー♪【前半】

らくたびの山村純也先生同行で

日帰りバスツアーに行ってきました♪

前回のテーマは【世界遺産】でしたが

臨川寺&龍安寺・特別拝観ツアー♪

今回のテーマは【庭園】

京都駅を出発し、最初に向かったのが

“清浄華院”

せいじょういん」かと思ったら

しょうじょういん」って読むんですね・・・

京都検定の勉強で名前は見たことありましたが

何の疑いもなく

“せいじょうかいん”かと思っていました・・・

IMG_20190623_104956-1024x768






普段は一般公開はされていない庭園を特別に拝観させて頂きました
↑山村先生のコネ(笑)

平成に入ってから作庭された枯山水庭園です

お寺の方が熱心にお話しをしてくれたんですが

あまり時間がとれなくて申し訳なかったです・・・

こちらのお寺は京都検定だと

“泣き不動”と呼ばれる不動明王の掛け軸を所蔵していることで有名です

IMG_20190623_101610-1024x768IMG_20190623_102409-1024x768







お次は“盧山寺(ろざんじ)”

紫式部寺としてこちらも京都検定では常連のお寺

この時期は桔梗のお寺としても有名です

ちなみに清浄華院は盧山寺のすぐご近所

どちらも駐車場がないので

河原町通の府立医大前辺りでバスを乗降
IMG_20190623_105736-1024x768IMG_20190623_105913-1024x768







お昼は“祇園おくむら”で京懐石風フレンチ♪

カウンターがメインなのでご年配の方にはちょっと違和感がありそうですが

味はバツグンに良かったですね

お客様にもかなり好評でした♪

スタッフがもうちょっと愛想が良いとさらに満足度が上がると思うのですが・・・

IMG_20190623_120911-1024x768IMG_20190623_121047-1024x768






PhotoGrid_1561331635464-1024x1024PhotoGrid_1561331533778-1024x1024








あ、玄関に京都らしく“人気おおよせ”が!!

↓前に行った百足屋さんでも飾られていましたね
連泊で楽しむ葵祭ツアー1日目♪

こちらは中の人形が金ぴかで派手バージョンでした(笑)
IMG_20190623_120529-1024x768IMG_20190623_120542-1024x768






清宗根付館と仁和寺・貸切拝観ツアー♪

日帰りバスツアーで京都に行ってきました♪

今回は山村先生もバスガイドもいないので心細い・・・(涙)

しかも最初に向かった先がこれまたマニアックだったんですよね

“京都清宗(せいしゅう)根付館”

世界で唯一、根付を展示する美術館です
IMG_20190518_103014-1024x768IMG_20190518_110331-1024x768






壬生寺のすぐ前にあるんですが

去年の京都検定のフィールドワークで前は通っているはずですが

思いっきりスルーしてた(笑)

てか京都の人でもこんな美術館があることを知っている人は少ないですよ!

でもここはお客様の反応が良かったですね

根付も見ごたえがありますが、洛中で唯一残ると言われている武家屋敷の建物を利用しているので

建築好きや歴史好きにもたまらないスポットなのでした♪

このあと早くもランチタイム(笑)

昼食会場は嵯峨鳥居本にある茅葺屋根で有名な

“鮎の宿つたや”
(宿泊施設ではありません)

江戸時代から続く老舗料亭です

ここ、前から気になっていたんですよね

まさかこんな素敵な場所でランチが食べられるとは♪

IMG_20190518_120544-1024x768IMG_20190518_121020-1024x768






IMG_20190518_120842-1024x768Fotor_155816985921143-1024x768






嬉しいことに添乗員も同じメニューを頂いたんですが

時間がなくて最後まで食べられなかった・・・(涙)

なんせこのあとの行程が迫っていてバタバタしていたんですよね
PhotoGrid_1558169747685-1024x1024








午後はどこに行ったかというと

“仁和寺”

仁和寺では約6年にわたる観音堂の修理が終わったばかりで

現在、幻の障壁画などが特別公開中

今回のツアーでは特別に

僧侶の解説付きでこの障壁画を見たり

第51世門跡から法話を聞いたり

普段は非公開の金堂&経蔵を拝観できたり

特別プログラム目白押しだったのです
IMG_20190518_153742-1024x768IMG_20190518_161511-1024x768






IMG_20190518_155456-1024x768IMG_20190518_160000-1024x768






これに合わせての行程だったので

せっかく1万円近いランチも

バタバタと1時間ほどで食べてもらうというハードなスケジュールなのでした(泣)

てかなんで壬生の美術館を見学して午後は仁和寺なのに

ランチが嵯峨野だったのかな・・・・・・・・

臨川寺&龍安寺・特別拝観ツアー♪

日帰りバスツアーで京都に行ってきました♪

京都案内のスペシャリスト

らくたびの山村純也先生と行く新シリーズの第1弾です

今回のシリーズは世界遺産がテーマになっているそうで

最初に向かったのも世界遺産“天龍寺”

でも天龍寺だけだと誰でも行けますよね

実は今回は普段一般公開されていない天龍寺の塔頭

“臨川寺(りんせんじ)”の拝観がコースに入っていました♪

ここがお目当てのお客様も多かったですね

天龍寺を開山した夢窓疎石のお墓もこのお寺にあります

場所は天龍寺の境内ではなくレストラン嵐山の隣

歴史を感じるひっそりとしたお寺なんですが

隣からJポップがガンガン流れてくるので雰囲気ぶち怖しでした・・・
IMG_20190512_104341-1024x768IMG_20190512_105805-1024x768






お昼は嵐山の亀山公園内にある“松籟庵(しょうらいあん)”

かつて近衛文麿公の別邸だった建物を利用した

書と癒しの空間をコンセプトにした料亭です
IMG_20190512_114640-1024x768Fotor_155782402927123-1024x768






山村先生と行くツアーは添乗員も同じ料理が食べられるのが嬉しいですね

豆腐がめっちゃ美味でした♪
IMG_20190512_115944-1024x768IMG_20190512_115956-1024x768






こちらのポストカードは書画家である女将の作品

そしてその作品をイメージした料理が出てくるあたりが粋ですよね
IMG_20190512_121108-1024x768






まさに目と舌で味わう贅沢な昼食内容でした♪

午後は“龍安寺”へ

もちろんこいちらも世界遺産ですね

ここでも普段は入れないエリアで拝観することができました♪

IMG_20190512_145554-1024x768Fotor_155782396991622-1024x768






普段はレプリカしか見れない有名な蹲(つくばい)
(水戸黄門がプレゼントしたやつ)

今回は本物を見ることができました(写真左下)
IMG_20190512_144134-1024x768IMG_20190512_145324-1024x768






石庭の後ろにちょっと見慣れない襖絵が飾られていましたが

これは明治の廃仏毀釈の際に売りに出されたものを

最近になってオークションによって買い戻した襖絵だそうです
(1月10日から6月10日まで一般公開中)

実に123年ぶりの帰還!!

てかもともとお寺のものだったのに高いお金を払って買い戻すって・・・

IMG_20190512_145738-1024x768IMG_20190512_145814-1024x768






これにてツアーは終了!

天龍寺・臨川寺・龍安寺

と観光地は3つのお寺だけだったんですが

なんとも特別感のある充実した1日となりました♪

京都ってやっぱり奥が深いね

伊根の舟屋クルーズと30品目食べ尽くし膳ツアー♪

日帰りバスツアーで天橋立に行ってきました

昨年も同じコースに同じような時期に行っていますが・・・

伊根の舟屋クルーズと30品食べ尽くし膳ツアー♪
(2018年5月10日)

IMG_20190502_110823-1024x768IMG_20190502_162811-1024x768






IMG_20190502_114940-1024x768IMG_20190502_144458-1024x768






IMG_20190502_152302-1024x768IMG_20190502_152344-1024x768






今回は昼食会場から伊根港までめっちゃ混んだ〜(泣)

通常40分もあれば行けるところ

2時間以上かかった!!

Screenshot_20190502_173251








途中に籠神社や笠松公園があるから仕方ないか・・・

昼食後に2時間以上ノンストップはキツかったな

トイレを我慢してくれたお客様にはほんと感謝♪

最終的に帰着も約2時間遅れ


帰る途中で玉突き事故を起こしたばかりの車の横を通ったんですが

無事こうやって事故やケガもなく帰ってこれただけでも感謝♪



根がかりも含めてバスフィッシング

失恋も含めて恋愛

理不尽な謝罪も含め添乗業務

と同様

渋滞も含めてゴールデンウィーク!

ですよね

さぁ11連勤も残り2日!

明日からのツアーも全力投球で頑張れオレ!(笑)

京都絶景紅葉絵巻ツアー♪【後半】


“八つ橋庵とししゅうやかた”
PB270053~01PB270051~01






“北野天満宮・もみじ苑”
PB270074~01






Fotor_154332180553112~01Fotor_154332175975922~01






Fotor_15433217340076~01Fotor_154332168286661~01






PB270070~01Fotor_154332636289347






PB270076~01PB270077~01






“永観堂”
PB270108~01PB270089~01






PB270117~01







京都絶景紅葉絵巻ツアー♪【前半】



PB270002~01







“光明寺”

Fotor_154332322558377






PB270040~01PB270042~01






PB270005~0120181127_100013~01






Fotor_154332145683743~01Fotor_154332150642187~01






Fotor_154332124469443~01Fotor_154332130914923~01






PB270020~01PB270025~01






Fotor_15433215771402~01Fotor_154332154382923~01






Fotor_15433215610390~01Fotor_154332159489637~01






“嵐山”

PB270048~01PB270046~01







びわ湖紅葉満喫ものがたりツアー♪

世間は今日から楽しい楽しい3連休ですね♪

そんな中、日帰りバスツアーでびわ湖へ行ってきました

関ケ原で昼食を食べたあと

長浜市の“鶏足寺(けいそくじ)”

20181124_102925~01PB230087~01






Fotor_154305258797295~01Fotor_154305250262543~01






Fotor_154305268177020~01PB230082~01






PB230001~01






PB230078~01PB230003~01






PB230004~01PB230010~01






PB230011~01PB230012~01






PB230015~01PB230016~01






PB230018~01PB230020~01






PB230021~01Fotor_154323412187119






PB230022~01PB230023~01






PB230024~01PB230026~01






PB230031~01PB230034~01






PB230060~01PB230065~01






PB230038~01PB230043~01






Fotor_154323425163041~01






Fotor_154305283470756~01Fotor_154305255084818~01








マキノ町のメタセコイヤ並木

PB230092~01PB230097~01~01






PB230102~01PB230104~01






PB230101~01~01PB230106~01






高島市のもみじ池
PB230119~01PB230118~01






PB230117~01PB230116~01






PB230109~01PB230112~01






びわ湖の湖東から湖西までぐるっと回ってきましたが

身も心もブーツの中も外も

泥だらけ&ずぶ濡れになって帰ってきました・・・

やっぱり日帰りツアーは怖いです・・・(涙)

途中、マキノの山岳部ではうっすら雪が積もっていました

寒い寒い連休初日となりましたね

どうぞ暖かくしてお出かけくださいm(__)m

秋のびわ湖満喫紀行ツアー♪

日帰りバスツアーでびわ湖へ行ってきました

8月に行ったツアーとはちょっと違った内容です

新緑のびわ湖満喫紀行ツアー♪【前半】
新緑のびわ湖満喫紀行ツアー♪【後半】


まず最初に向かったのは近江八幡市にある“ラ コリーナ”
(ラ コリーナ=イタリア語で「丘」の意味)

バームクーヘンで有名なクラブハリエ(たねや)が経営する商業施設です
(ちなみにクラブハリエは“たねや”の洋菓子部門)

釣りに行った際に何度か前を通ったことはあるけど

ツアーで行くのは初めて

敷地内にいくつかの建物が点在していています

大型バス駐車場からは小さなゲートがある小路へ進みます

お客様から絶対に「あれなに?」

って聞かれるであろう大きな建物は

たねやの本社(立ち入り禁止)
Fotor_153968294708783~01PA160019~01






こちらがメインショップ
PA160004~01






写真右下の扉が入り口です
PA160006~01Fotor_153968301564935~01






このメインショップには

1階にクラブハリエとたねや

2階にカフェが入っています
PA160008~01PA160007~01






試しにたねやの生どら(216円)を食べてみましたが

めっちゃ美味しかったです♪
(生なので持ち帰り不可)
Fotor_153968332601949~01






メインショップを抜けるとさらに敷地が広がっていて

そこはまさにメルヘンの世界!(笑)

写真左下の回廊を進むとフードコートやフードガレージ

写真右下の建物はカステラ専門のカステラショップです
PA160013~01PA160015~01






この独特のデザインのショップ群を設計したのは

長野県出身の建築家、藤森照信(ふじもりてるのぶ)氏

この建築を見にわざわざ来る人も少なくないんだとか

いつもめっちゃ混んでてレジに長蛇の列ができているイメージでしたが

この日は平日の午前中だったのでスムーズに買い物ができました♪

このあとちょっと早めのランチタイム

今回お世話になったのは“モクモク 風の葡萄”ってレストラン

場所はJR草津駅前の近鉄百貨店5階

なんでツアーでこんな場所選ぶかな・・・(泣)

三重県伊賀市のモクモク手づくりファームが展開するバイキングレストランです

大阪だとルクアにも入っているみたいですね
Fotor_153968317359925~01






Fotor_15396831463104~01Fotor_153968316108097~01






食後は琵琶湖大橋西詰めの道の駅“米プラザ”へ
Fotor_153968309449576~01






8月のビワイチではこのバスの後ろあたりにテント張ってたな〜(笑)
0dc1a2a5






そんなビワイチの思い出を胸に

次に向かったのはお約束の“びわ湖テラス”

レストランが冬のシーズンに向けて改修工事中でした
(営業はしています)

ちなみに山頂の気温は15度ほどで

紅葉はまだ早かったです
PA160034~01PA160041~01






このあとミシガンのショートクルーズに乗って

井筒八ツ橋で買い物をして終了!
PA160046~01






今回は最後がミシガンだったので

出航時間に間に合うかずーっと気になってしゃーない1日でしたが

無事に終わってほんと良かったです♪

わくわく7大体験ツアー♪

子供も大人も大興奮!わくわく7大体験
〜大自然で過ごす夏休み〜

という日帰りバスツアーに行ってきました

先日の六甲山同様、お子様向けのコースですね

タイトルだけでとどこに行くか全くわかりませんが

まず最初に向かったのは兵庫県神崎郡神河町にある農業公園

“ヨーデルの森”

園内に入る前にスタッフさんが説明をしてくれるので

私のような初めて行く添乗員でも安心です♪
(ほんとここのスタッフの皆さんは親切!)
P8120007~01P8120008~01






園内のお楽しみとしては

まず最初に“アマゴのつかみ取り体験”

さすがにお子様は素手で掴むのは大変なので

網を使って追いかけまわしていまいした(笑)

網とバケツは無料貸し出しがありますが

数に限りがあるので譲り合って使いましょう
Fotor_153406371312031~01Fotor_153406367245876~01






掴んだ魚は串に刺して塩焼きにして食べます

さっきまで泳いでいた魚をすぐに焼いて食べるなんて

なかなか体験できませんよね

子どもだけじゃなく大人も大喜びでした
(団体が重なってかなり焼くのに時間がかかりましたが・・・)
Fotor_153406379949393~01Fotor_153406376133952~01






このあとは11時半から行われる“バードショー”を見学

ハヤブサがルアー(疑似餌)を狩るショーはかなり迫力がありました

司会のお姉さんのMCも上手かったな
P8120055~01P8120047~01






あとはランチタイムまで園内で遊んでもらいます

有料の遊具で遊ぶもよし
P8120049~01P8120030~01






小動物と触れ合うもよし
P8120031~01P8120052~01






水辺にも有料アトラクションがありますが

じゃぶじゃぶ広場って水辺は無料でじゃぶじゃぶ遊べます♪
P8120034~01P8120035~01






ランチは園内のレストラン“エーデルワイス”で農村バイキング

自家製のパンやヨーグルトが美味しかったです♪
P8120057~01P8120060~01






このあとバスで移動して

“リフレッシュパーク市川”

ここも初めて行く場所です・・・

駐車場にバスを止め

歩いて山の中にある“かぶとむしど〜む”へ向かいます

現地にトイレがないので心配な方は先に済ませましょう

Fotor_153406347902274~01Fotor_153406357689140~01






誘導してくれるスタッフとかはいませんが看板通りに進めばOK

ただ坂道がけっこうキツいので大変です・・・
P8120094~01P8120093~01







坂を上りきったら

正面のカウンターで受付をして、左側の入園口へ

チケットが発券されますが、先に入園してもらってもOKです
(その辺けっこうアバウト)

P8120092~01Fotor_153406343172712~01






“かぶとむしど〜む”という名称ですが

森の中にあるでっかい蚊帳って感じですね(笑)

行程表には

“数百匹のカブトムシと触れ合える大人気のスポット”

って書かれていたんですが・・・
P8120088~01P8120089~01






この暑さのせいか

ど〜むの中はカブトムシの死骸だらけ・・・

5分くらいですぐ出てきたお客様に

「え?もう出てきたんですか?」って声をかけたら

大人のお客様のコメント

“可愛そうで見ていられない・・・死んだやつは捨てればいいのに・・・”

お子さまのコメント

“だってかぶとむし3ぶんの2.5くらいしんでたー!”

ど〜む内に足を踏み入れると

想像以上に負のオーラが・・・

P8120083~01Fotor_153406383960259~01






カブトムシの死骸の中から生存しているカブトムシを探そう!

いつの間にかそんなムードになっていたのでした(泣)

↓生命力のある個体を頑張って集めてこんな感じ
P8120085~01






カブトムシ販売所では珍しい虫が販売されていましたね
P8120090~01P8120073~01






カブトムシの王様、ヘラクレス

コガネムシみたいなキラキラしたニジイロクワガタ

などなど

ちなみにヘラクレスは1匹1万4千円からでした
P8120067~01P8120080~01






これにてツアーは無事終了

お盆休み渋滞でかなりの渋滞が予想されましたが

行きに宝塚近辺が混んだ程度で

他はスイスイと渋滞なく進むことができました


実はこのコースにもインターンシップ生が同乗していたんですよね

ヨーデルの森は園内が広いしイベントも多かったので

助っ人がたくさんいて助かりました♪
Fotor_153412792300129~01






翌日は全員揃って会社で総括があるそうです

世間はお盆休みなのにご苦労さまですm(__)m

今回の経験を生かして就活頑張ってくださいね!

新緑のびわ湖満喫紀行ツアー♪【後半】

午後は滋賀県屈指のインスタ映えスポット“びわ湖テラス”
Fotor_153390541108556~01




びわ湖バレイの駐車場に着いたら係員さんがお客様を誘導してくれます

添乗員は先ず一般受付の横にある団体専用受付で手続きをします
(今回はパンフレットの配布のみで乗車はツアーバッチ対応でした)

びわ湖テラスは8月4日にノースデッキと呼ばれるエリアがオープン

かなりの混雑を予想していましたが、比較的空いていました
Fotor_15339033141476~01Fotor_153390336843713~01






ゴンドラは121名乗りで所要時間は約5分
※日本最速のゴンドラですが観光シーズは速度を落とします

最初は琵琶湖の景色も綺麗だったんですが

途中から雲の中に突入・・・

びわ湖テラスからはご覧の通り真っ白で何も見えない状況でした(泣)
※左下の写真がノースデッキ
P8100039~01P8100042~01






こりゃお客様は時間を持て余してしまうな〜

出発時間を早めれば良かったな〜

ってブツブツ言っている間に、なんと雲が流れてきたじゃないですか!

気が付けばテラスから綺麗に琵琶湖が見えてきました

最初が真っ白だっただけに感動も倍増です♪

P8100054~01Fotor_153390478683390~01






時間に余裕があったので気になるスポット

CAFE360(サンロクゼロ)まで行ってみました

びわ湖テラスがある標高1108mの打見山(うちみやま)からいったん山を下ります

徒歩だと約10分ですが、今回は打見リフトを利用しました
Fotor_15339046823074~01Fotor_153390473720955~01






途中、琵琶湖側に見えるのはスカイウォーカーって人気のアスレチックです

P8100068~01






打見山を下ったら、今度はCAFE360がある蓬莱山(ほうらいさん)を登らなければいけません

標高は1174mで徒歩だと約20分ですが

ここもホーライリフトを利用してラクチン移動♪
P8100070~01






お、CAFE360が見えてきた♪
P8100072~01






CAFEと言ってもリフトを降りた前にある売店でドリンクを購入して

各自でデッキへ持ち込むスタイルです
(手ぶらでもOK)
P8100075~01P8100076~01






始めてここまで来ましたが、びわ湖テラスより解放的で気持ちいい!!

カップルだと有料ソファーを借りるのもいいですね
P8100083~01Fotor_153390707705688~01~01






ちなみにリフト代は1区間400円

往復4回乗ると1600円ですが

1日パス券だと1200円で乗り放題です


びわ湖テラスを満喫したあとは米プラザ(道の駅)

井筒八つ橋・追分店に立ち寄って大阪へ帰ってきました



さてさて、昨年のこの時期は企業研修の大学生を連れて六甲山へ行きましたが

六甲山とわくわく工場見学ツアー♪【後半】
(2017年8月12日)

今回も2名のインターンシップ生が同行していました

いきなり最初の観光地から渋滞でバタバタさせてしまいましたが

41名のお客様を前に終始笑顔で頑張っていましたね

暑い中1日お疲れ様でした
Fotor_153390496257384~01~01






新緑のびわ湖満喫紀行ツアー♪【前半】

日帰りバスツアーで琵琶湖に行ってきました

2016年の秋に行った恐ろしく忙しいツアーの改良版みたいなコースです(笑)

秋限定!琵琶湖今昔物語♪
(2016年11月20日)

まず大阪を出発し“大津館”“イングリッシュガーデン”

前に下見に行ったトコです↓
びわ湖大津館に行ってきました♪


前回同様、大津館の裏からミシガンのミニクルーズが入っていましたが

11時出航なのに大津館に着いたのが10時半・・・

バタバタとイングリッシュガーデンを見て頂くのが精一杯で

大津館を見る時間はほとんど取れませんでした・・・

Fotor_153390312119858~01Fotor_153390314387612~01






ミシガンは20分のショートクルーズとはいえ

船内ではイベントが行われていたのでなかなか楽しめました
(このイベントのお姉さんとお兄さんの歌がめちゃ上手い!)

ミシガンのあとはランチタイム

前回のランチはびわ湖バレイでしたが

今回のコースは琵琶湖ホテルでしだ♪


左側の建物が琵琶湖ホテル

右側の建物はアーカスです
(映画館やボーリング場が入っている商業施設)
Fotor_153390220498822~01






大津港で下船したあとはレストランまで徒歩移動

流れはこんな感じ

‖臘店疏阿瞭始を横断して駐車場の間の道を左へ
Fotor_153390225890497~01






大きな階段を上がり、まっすぐ直進

Fotor_153390231634332~01






アーカスとホテルの切れ目を右方向へ
Fotor_153390235023493~01






づ喘罅入り口(黄色い○印)がありますがスルーして正面玄関へ
(レストランには近いですが狭いし扉が手動なので団体には不向き)
Fotor_153390240081957~01






ダ橘霧軸悗砲蘯蠧阿糧發ありますが、自動から入った方がスムーズです
(観光バスは出発の5分前になったら送迎バスのレーンに配車されます)
Fotor_153390254206123~01






Ε蹈咫爾留にレストランのカウンターがあります
左側が今回利用した「ザ・ガーデン」

スタッフの皆さんも親切で、料理も美味しかったです
Fotor_153390264295476~01Fotor_153390308711216~01







後半へ・・・

ひんやり六甲山・真夏の雪まつりツアー♪

日帰りツアーで六甲山に行ってきました!

昨年、お盆休みの真っただ中に

インターンシップ生を連れていった日帰りコースです

六甲山とわくわく工場見学ツアー♪【前半】 
六甲山とわくわく工場見学ツアー♪【後半】


毎年人気のコースだけあって

今回もお客様は47名と大盛況
(まぁ昨年の51名よりマシか・・・)

半数以上は小学生という賑やかなムードの中

最初の目的地“カップヌードルミュージアム大阪池田”へ向かいます

いきなり渋滞に巻き込まれて50分遅れの到着

平日だからと油断していましたが

やっぱり月初めの1日は道路が混むのでしょうか・・・

でも運よく館内はガラガラ♪

2階の特設会場も、先に1団体が入っていただけだったので

マイカップヌードルも待ち時間ゼロでご案内できました♪

P8010020~01






余裕があったので久々に自分もマイカップヌードルを作ってみました

4種類のスープの中からカレー味をチョイス

12種類ある具材から4種類を選べますが

チョイスしたのは

エビ・エビ・エビ・エビ(笑)
P8010022~01P8010027~01~01






先に到着していた奈良営業所の添乗員さんも誘って一緒に作ったんですが

彼女の絵のクオリティがハンパなかった(笑)
P8010024~01






到着後、再集合まで50分ほど時間を取りましたが全然余裕でしたね

ここで遅れていた時間をかなり挽回♪

このあと“神戸ホテルフルーツフラワー”でランチバイキング

去年は六甲道のボーリング場の上だったので道路もレストランも混み合いましたが

今年はその点を改善したみたいで助かりました♪

予定より30分近く遅い到着でしたが

臨機応変に対応してくれたスタッフの皆さんに感謝です♪

P8010030~01






このあと“ヤクルト本社 兵庫三木工場”

朝の時点ではカットは免れないと思っていましたが

予定通りにこれて良かった〜♪

と言ってもこのあとの行程があるので急ぎ足でのご案内
P8010033~01






何といってもこのコースは

最後に行く“六甲山カンツリーハウス”で行われている“真夏の雪祭り”の人気イベント

宝さがしゲームの時間に間に合わすことに添乗員は全神経を集中している訳です!
(ちょっと大げさ?)

8月10日までは15時の回が最終

なので15時までに到着できるように時間をやりくりしないといけません

最初の50分遅れの時点では絶望的でしたが

なんとか14時50分に到着

したのはいいんですが・・・

雪まつり会場に近い西入口が閉まっているやないかーい!!

初めて中央入口から入場したんですが

夏祭り会場へは西入口より倍以上時間がかかりました・・・
P8010045~01P8010044~01






でもここでもラッキーなことが♪

いつもは大混雑の会場が

めちゃ空いてる♪(笑)
P8010036~01P8010037~01






参加者もけっこうあっさりしたお子様が多かったのか

30分ほどでみんな飽きてきて

雪だるまとか作り初めてた(笑)
P8010039~01






17時の出発までかなり時間があったので

お子様は施設内のアクティビティを満喫できたみたいです

去年は宝さがしゲームの時間しか取れなかったので

この点も改善されていて良かったです♪
(親御さんは出費がかさみますが・・・)
P8010042~01P8010041~01






ちなみに六甲山の雪まつりは今年で40回目ということで

例年100トンの雪に40トン追加の約140トンの雪を使用しているそうですよ

人気の宝さがしゲームは7月14日〜9月2日の毎日と

9月8・9日にも開催

9月は秋の味覚特集として

神戸牛や松茸が埋まったスペシャル宝さがしゲームも開催♪

今年の秋はマイスコップ持参して六甲山へ松茸狩りですね(笑)

↓詳しくはコチラ
第40回!真夏の雪まつり 開催!
(Rokkousan.comより)

下鴨神社・御手洗祭ツアー♪

日帰りバスツアーで下鴨神社へ行ってきました!

はい、前日に下見に行ったあの

“御手洗祭(みたらしまつり)”がメインのコースです

最初に向かったのは京都市指定文化財にも指定されている京町家

“紫織庵(しおりあん)”

駐車場はないので烏丸通でバスを降りて向かいました

ちょうどこのあたりは祇園祭りの後祭(あとまつり)の山鉾が建つエリア
Fotor_153226520605594~01P7220011~01






紫織庵の目の前も“八幡山(はちまんやま)”です

祇園祭り期間ということで紫織庵の中でも見事な屏風が展示されていていました
(展示物は撮影NG)
P7220015~01P7220012~01






このあと寺町通にある

“御所雲月(うんげつ)”でランチなんですが

あまり大きなお店ではないので

今回は2班に分けての案内となりました・・・

食事が後半の方は先に下鴨神社のみたらし祭へ


みたらし祭開催中は観光バスは駐車場に入れないのでかなり不便(泣)

下鴨本通で乗降して西参道を利用します
(ちょうど西側にローソンがあるあたり)
Fotor_153226712305970








P7220075~01P7220039~01






P7220040~01P7220051~01






夕方の方が混むって聞いていたけど

昨日の夕方より混んでるような・・・
Fotor_153226498051876~01Fotor_153226496272896~01






これだけの猛暑ですから日中の方が気持ちいいのは確かですね(笑)

Fotor_153226489434110~01Fotor_153226492941596~01~01






協力な助っ人のおかげでなんとか2回転の食事とみたらし祭を済ませ

最後は全員で下鴨神社の夏の特別拝観へ

説明付きで拝観できる場所は3ヶ所

…名錣脇れない場所から間近に本殿を拝観
(撮影NG)

通常入れない場所から三井神社を拝観
(撮影NG)

D名錣脇れない神様の台所、大炊殿(おおいでん)を拝観
(撮影OK)

P7220093~01P7220094~01






これにてツアーは無事終了

なんかこれだとめっちゃ楽勝なツアーに見えますが

今回のツアー

めちゃくちゃ大変だったんです!!!!!

ほんと前日に下見に行ってて良かった・・・

当日助っ人で駆けつけてくれた上司

そして協力的なドライバーさん&お客様に感謝です

あと忘れちゃいけないのがコチラ

今回のツアーは京都をこよなく愛する先生が同行する特別なコースだったんですね

その先生というのが京都案内の講座や町歩きツアーでひっぱりダコの人気講師

株式会社らくたびの山村純也氏!!

Fotor_153226508487359~01Fotor_153226504308172~01






京都検定対策講座の講師や

京都検定の過去問の校閲も担当しているすごいお方なんです

毎日京都検定の勉強をしている身としては

まさにカリスマ的存在!!!(笑)

本当に今回ご一緒できたご縁に感謝ですm(__)m

是非次回はあまりバタバタしないツアーでご一緒したいものです・・・

Fotor_153226587685455~01






株式会社らくたび(公式サイト)

祇王寺と嵯峨野トロッコ列車ツアー♪

日帰りバスツアーに行ってきました

ツアータイトルは

京で味わう「ハモ」づくし料理」と苔庭の「祇王寺」・嵯峨野トロッコ列車

大阪を出発し、最初に向かったのはトロッコ亀岡駅

先日の豪雨の影響で大丈夫なん?

って感じですが

トロッコ列車の復旧は早かったようです

ただ保津川の川の色はかなり濁っていましたね・・・

嵐山の鵜飼いは22日まで

保津川下りは27日まで中止が決定しているようです
P7120004~01P7120005~01






トロッコ嵯峨駅からは徒歩でレストラン嵐山へ

出た!

今年の3月に休日に下見に来たルート!!(笑)

トロッコ嵯峨駅からレストラン嵐山へ
(2018年3月13日)

でも今回は食事の前に散策だったので

レストラン嵐山へは直行せず

天龍寺の総門前で解散にしました

ここだと天龍寺もすぐ目の前だし

竹林の小径や野宮神社へも近いですからね♪
Fotor_153140247434530~01Fotor_153140238215869~01






Fotor_153140234349436~01Fotor_153140236622849~01






豪雨の際、一時的に通行止めになっていた渡月橋

ギリギリ氾濫するまでには至らなかったので

5年前の豪雨ほどの被害はなかったそうです

P7120021~01P7120018~01






昼食はツアータイトルにもあるように「ハモづくし料理」

もちろん添乗員は別メニューですけどね・・・(涙)
20180712_130947~0120180712_130834~01






午後の観光は“祇王寺(ぎおうじ)”

名前は知っていたけど初めていくお寺です

祇王寺にはバスの駐車場がないので

“清凉寺”の駐車場を利用(黄色の○)

たまたま昼食会場で会った福知山営業所は

“今井駐車場”を利用していました(青色の○)
Fotor_153140379455033~01









清凉寺といえば仏像好きには超有名なお寺です

なんてったってここの釈迦如来像は日本三大如来のひとつですからね

“清凉寺式”って言葉もあるほど有名な仏像なんです

ただ今回はあくまで駐車場を利用するだけ・・・

祇王寺へは西門から向かいます
(仁王門から出ないように!)
Fotor_153140298461214~01Fotor_153140252579911~01






しっかり西門から出ればあとはほぼ道なり

途中、右手にある慈目堂(じげんどう)ってお堂には

藤原定家の念持仏と伝わる木造の千手観音が祀られていました

Fotor_153140254155857~0120180712_145423~01






大きな分岐に出ますが、ここはそのまま道なりに右へ進みます
(左は二尊院やトロッコ嵐山駅方面)
Fotor_15314028674855~01P7120046~01






さらに先にまた分岐がありますが

ここも道なりにまっすぐ進みます

ちなみにこの分岐は今井駐車場方面と交差する場所

帰りに間違わないように注意してもらいましょう
(福知山営業所のお客様が迷ってた)

Fotor_153140271457512~01P7120042~01






ようやく祇王寺に到着

ここまで約15分・・・

40名のお客様を誘導するのは結構大変でした・・・
P7120041~01P7120040~01






祇王寺と言えば「平家物語」ゆかりのお寺で境内の苔が有名

とっても小さいお寺なのでゆっくり鑑賞しましょう♪

境内の草庵には「平家物語」の登場人物

祇王・祇女(2人は姉妹)

姉妹の母親、刀首(とうじ)

仏御前、平清盛と

大日如来の木造が安置されていました
P7120032~01P7120034~01






今回の所要時間は約60分

お客様はちょうど良かったって言っていましたが

足の弱いお客様がいればバタバタするかも・・・

本当はもうちょっと時間をとって清凉寺も拝観できればいいんですけどね

仁王門には真っ赤な仁王さまがおりました

P7120048~01






シャア専用?(笑)
P7120055~01P7120056~01








最後は国道十条の近くにある“おたべ本店”

試食が惜しげもなく出されていたので思わず食べまくってしまった・・・

夏限定のわらび餅仕立てのおたべがプルプル食感で美味しかったです

「おたべ」って社名も「おたべ」だと思っていたんですが

2017年に社名を「株式会社おたべ」から

「株式会社美十(びじゅう)」に変更したそうです

最近は京都のお土産としてかなり定着した

“京ばあむ”を販売しているメーカーです

Fotor_153140301456524~01Fotor_153140302774795~01






京都には色んな八ツ橋がありますが

中にあんの入った生八つ橋は各メーカーそれぞれネーミングがあって

美十=おたべ

井筒八ツ橋本舗=夕子

聖護院八ツ橋=聖(ひじり)

本家西尾八ツ橋=あんなま

ちなみに生八ツ橋の中にあんを入れて販売したのは「おたべ」が最初だそうです

確かに生八ツ橋のことを総称して

「おたべ」って呼ぶ人って多いですもんね(笑)

唐招提寺と岡寺・壺阪寺ツアー♪

唐招提寺&秋篠寺ツアーと連添で日帰りバスツアーに行ってきました

行先は唐招提寺!!(笑)

まさか1年で3日間しか公開されない鑑真和上に

2日連続でお会いできるとは・・・


今回のツアーは文化財や歴史に詳しい講師が同行する

知的好奇心を満足させる“学びの旅シリーズ”

お客様の雰囲気も、普段のバスコースとはちょっと違います(笑)


さらに今回のツアーは普段は公開されていない

“礼堂(らいどう)”に入れる特別企画♪

和上の坐像の公開最終日でしたが特に混雑もなく

礼堂、新宝蔵ともにスムーズに拝観できました♪
Fotor_152843692512031~01P6070005~01






今日のランチは“奈良ホテル”

昨日まで泊まっていたホテルです(笑)
P6070007~01P6070010~01






今回は添乗員もお客様と同じ料理を頂きました♪

とっても美味しかったんですが

お上品すぎてちょっとボリュームが・・・
20180607_120937~0120180607_122004~01






午後は奈良市内を離れ明日香村へ

まずは“壺阪寺”

西国三十三ヶ所霊場巡りの6番札所です

恥ずかしながらはじめて来ましたが

めっちゃ広くて色々とツッコミどころが多いお寺です!

P6070011~01P6070012~01






ご本尊はアイラインがはっきりした、ちょっと顔の濃い千手観音

さすが眼病封じのお寺だけあって目ヂカラがすごいです

写真右は人形浄瑠璃『壺坂霊験記』に登場する夫婦

お里&沢市の像

お寺に行く前に話しのあらすじは知っておきましょう

Fotor_15284372182199~01P6070020~01






あと壺阪寺は石像ワンダーランドなんですよね

その異様な雰囲気を知るにはコチラのサイトを参照(笑)

■超カオス! インド石像いっぱいの混沌境内「壺阪寺」
(「日本珍スポット100景」より)

P6070032~01P6070026~01






P6070023~01P6070024~01







お次は同じく明日香村にある“岡寺”

西国三十三ヶ所霊場巡りの7番札所です

ここも恥ずかしながら初めて行くお寺です・・・

駐車場からいきなり急な坂道が続くので足元注意です
Fotor_152843705175017~01Fotor_152843748070120~01






P6070034~01Fotor_152843735725047~01






岡寺は日本で最初の厄除け霊場と呼ばれていて

正式名称はと書いて

龍蓋寺(りゅうがいじ)

その昔、悪事をはたらく龍を境内の池に封じ込めて蓋をしたそうで

お寺の名前もそこに由来するんだとか

その龍を封じ込めた池は現在工事中

池の水を全部抜いて、めっちゃ掘り返してるんですけど・・・

封じ込めた龍が出てこないかちょっと心配です・・・

P6070037~01P6070038~01






岡寺のご本尊は如意輪観音っぽくない如意輪観音

日本最大の塑像で高さは4.85m

※塑像・・・粘土でできた仏像

参拝後は帰り道を間違えないように注意しましょう
(昔は左の道を利用していたそうです)
Fotor_152843745142567~01Fotor_152843746556763~01






さて、これにて本日の行程はすべて終了!

お寺三昧な連添も終了です

お寺が苦手だった去年までの自分だったら苦痛だったと思いますが

今の自分は仏像に目覚めてしまったので

毎日色んな仏像に出会えて毎日がパラダイスでした♪

添乗員の仕事をするのなら

仏像は早めに好きになっておきましょう(笑)


P6070014~01P6070027~01






そろそろアジサイが綺麗な季節ですね

今度の京都散歩はアジサイが見られるコースに行こうかな♪

葛城高原とあすかルビー食べ放題ツアー♪【前半】

いよいよこの日がやってきました

葛城山のツツジを見にいくバスツアー

先週、ビビりまくって下見に行ってきましたが

さてうまくいくのでしょうか???

葛城山に行ってきました♪【前半】




葛城山の駐車場へはなんとかスムーズに到着

この時点で9時45分

駐車場からロープウェイのりばまで、ほとんど車道を歩きます

しかも坂道・・・

マイカーや路線バスの通行もあるので広がらないように注意しましょう
P5120044~01P5120048~01






なんとかロープウェイのりばに到着

やっぱりすごい人やね

添乗員はまずここでお客様の人数分の整理券を受け取ります

少しでも早い整理券をゲットできるように頑張りましょう!
(混雑していない場合は整理券なし)
Fotor_152612299841894~01Fotor_152612303934066~01






今回、同じツアーのバスが3台口だったんですが

先に到着していた号車の添乗員さんが

なんと我々の分の整理券を確保していてくれたんですよね

これはめっちゃ助かった〜♪

我々の整理券番号は白色番

呼び出し放送がかかるまでいったん声の聞こえる範囲でお待ち頂きます

だいたいの目安がホワイトボードに記入されていますが

早くなる場合もあるので注意!

ひとつ前の整理券番号が呼ばれてからお客様を集めて整理券を配りました

行きはこの整理券が乗車券代わりになります

帰りはツアーバッチ対応となるので

必ずツアーバッチを身につけておいてもらいましょう
P5120003~01P5120004~01






今回は番号が呼ばれるまで約30分

そこからロープウェイ乗車まで約10分って感じでした

2時間くらい待つことも覚悟していたのでホッとした♪
P5120007~01P5120019~01






さて、ニュースや新聞では今が見頃!

と報じられていた葛城高原のツツジですが

5月12日時点はこんな感じ↓
Fotor_152612311178390~01Fotor_152612315150197~01






人は多いけど、あきらかに見頃は過ぎてるよね・・・

あの満開報道は客寄せのための情報操作やろ!(笑)

一般客が「テレビ見て来たのに騙された!」ってプンプンしてた・・・
P5120030~01P5120024~01






ちなみに先週はこんな感じでした

1週間でずいぶん変わるね・・・
P5050075~01P5050093~01







さて、そろそろお昼の時間です

お客様はお弁当の昼食

天気が良かったので食べる場所には困りませんでした
(レジャーシートも付いてたし)

でも雨が降ったら悲惨やな・・・


添乗員もお弁当が付いていましたがスルーして

先週、混み過ぎのため断念した

葛城高原ロッジの“かも丼(1080円)”をリベンジしてきました!


焼き鳥丼みたいな味を想像していたんですが

どちらかというと

“甘辛くて硬い牛丼”って感じでしたね

ちょっと濃いめの味付けですが、山芋との相性はバッチリ

なんか想像していた味じゃなかったけど美味しかったです

ちなみに右の杏仁豆腐みたいなお椀はメレンゲのお吸い物(笑)

Fotor_152612317180756~0120180512_115419~01






お昼を食べたら下りのロープウェイが混まないうちに山を降りましょう

行きは整理券を配布していましたが帰りは早い者勝ちです


お昼を過ぎると山頂の公共トイレも混みあってくるので注意しましょう

下りのロープウェイのりばには12時10分頃到着

待ち時間は30分くらいだったかな?

意外とこちらもスムーズでした
(14時くらいから一気に混むそうです)

P5120035~01Fotor_152612319164748~01






P5120038~01







さて、葛城山のツアーで添乗員が一番頭を悩ますのが出発時間

色んな添乗員さんやロープウェイの方に話しを聞いて

こんな感じで出発時間を決めました

今回、ロープウェイが一度に乗り切れず2班に分かれたため

後半グループの山頂駅到着(予想)時間を起点にして以下の時間を追加

〇矯&お弁当タイム:90分

▲蹇璽廛ΕДい梁圓岨間(予想):60分

ロープウェイを降りてから駐車場までの移動&トイレ:30分


合計:180分(3時間)

なので11時に3時間を足して14時
(あくまで一例です)

お客様にはバスの駐車場を14時出発だから

遅くても12時半にはロープウェイのりばを目指しましょうね

って感じ


今回は思っていたほど混まなかったので

早めにバスに戻ってきたお客様が多かったです


まぁメインが葛城山ですから

ちょっと余るくらいがちょうどいいですよね♪

伊根の舟屋クルーズと30品食べ尽くし膳ツアー♪

日帰りバスツアーで丹後半島へ行ってきました

天王寺を出発し、最初に向かった先は昼食会場の天橋立

天橋立といえば“食べ放題”ってイメージですが

今回は珍しくメットメニュー

内容はツアータイトルにもなっている

“海鮮・フルーツ30品目食べ尽くし膳”

P5100003~01P5100005~01






お寿司が12カン付いていたんですが

みんな上のネタだけ食べてめっちゃ残してたね

ウチのお客様層にはボリュームが多すぎたようです

お米がもったいない・・・(涙)
PhotoGrid_1525954124628~01








添乗員さんはもちろん別メニュー

やたら山盛りの白ご飯にネギトロがチョロっ

めっちゃ伸ばして食べたけど、それでもご飯が余ったわ

お米がもったいない・・・(涙)
20180510_113045~01






このコースはちょっぴりお待ち帰りのお土産とバラ寿司弁当付き

「・・・・・・・」

この仕事をしていてこーゆーの配ってる時が一番切なくなる・・・

今回はパイナップルがなかっただけマシか・・・

P5100074~0120180510_173122~01






このあと丹後半島を伊根(いね)まで北上

まずは道の駅“舟屋の里公園”で舟屋の町並みを眺望

伊根町のマスコットキャラクターって“ふなやん”って言うんですね

なんか親しみを感じるネーミング(笑)
P5100012~01P5100013~01






P5100008~01P5100011~01






このあとクルーズ船に乗って伊根湾めぐりへ出航!

外国人観光客もけっこう乗船していました
P5100019~01P5100021~01






1階が舟のガレージ

2階が居住スペースって独特の建造物“舟屋(ふなや)”

伊根には230軒ほどの舟屋が建っているそうです
P5100041~01P5100043~01






って一部のお客様は舟屋よりトンビの餌付けに夢中・・・(笑)

※直接あげると危険なのでよいこはマネしないでね
Fotor_152595428794838~01Fotor_152595441475020~01






Fotor_152595438928345~01Fotor_152595443128198~01






このあと“獅子崎(しいざき)稲荷神社”
P5100079~01P5100077~01






観光マップにもあまり載っていないほど小さい神社です
P5100080~01P5100081~01






120段ほど階段を上がった先に小さいなお社がありました
P5100083~01P5100091~01






さらに70段ほど上がると

“雪舟観(せっしゅうかん)展望休憩所”があります

ここから見る風景が雪舟が描いた国宝の“天橋立図”に似ているんだとか
P5100086~01P5100087~01






なんでこんなマイナーな神社がコースに入っていたかというと

この神社は“ミツバツツジ”の群生地

本来ならこの時期は綺麗なツツジが見れるハズだったんですが・・・

↓ツツジはこんな状況でした(泣)

P5100095~01P5100094~01






まぁツツジがメインのコースじゃないけどさ

ツツジがないのにわざわざツアーで行くような神社じゃなかったね

それなら2度も前を通過した“元伊勢籠(この)神社”の方が喜ばれたような・・・


なんか最近

ん〜・・・(ため息)

ってなるようなツアーが多いのは気のせいでしょうか?

春のせい?(笑)

まさか22年目にして5月病?(笑)

ん〜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


P5100097~01






高見の郷と滝谷芝桜ツアー♪

どーもー

ブログな日帰り添乗員のフナッシュです

「・・・・・・・・」


今日も元気に46名のお客様をお連れして

日帰りバスツアーに行ってきました♪


向かった先は奈良県吉野郡にある“高見の郷”

“天空のしだれ桜”として最近人気のお花見スポットです

7年前に行ったときはまだ絶賛造園中って感じでしたが・・・(笑)

大和さくらの隠れ里ツアー
(2011年4月16日)

公式マップはこんな感じ↓

ちょっとざっくりし過ぎて分かりにくい・・・

Fotor_15242357613396






A地点にある小屋が受付です

ここからB地点の“天空の庭”を目指しますが

移動手段は徒歩か送迎バスが選べます

前に来たときは入場料金は相場制で送迎バスは有料でしたが

現在は入場料は一律1000円で送迎バス代は無料

なので、まずは現地に到着したら

送迎バスの乗り場に並んでもらいましょう
(バスはピストン運行しています)

徒歩で登る場合は受付の裏の階段を利用

急な斜面の階段なのであまりオススメはできません・・・

P4200050~01P4200049~01






送迎バスでも悲鳴が上がるくらい急こう配を登っていきます(笑)
P4200002~01P4200004~01






こちらがB地点

この周辺一帯を“天空の庭”と呼んでいます
(送迎バスはここまでです)
P4200006~01P4200008~01






さらに上に展望台があるようなので先にそちらへ行ってみました
P4200007~01P4200018~01






階段ばっかりで、めっちゃしんどいんですけど・・・
P4200019~01P4200020~01






ようやくC地点に到着

地図にはここにもバス停の記載があるんですが

現在はバス停は撤収されており椅子がある程度です
P4200021~01






ここからD地点の展望台へはさらに階段が続きます

ほんとキツかった〜
P4200022~01P4200023~01






展望台まで登ると花が特に綺麗!

と言うわけではないですが

さすがに眺望は良かったです♪

B〜Cまで徒歩15分くらいかな?

P4200024~01P4200025~01






P4200026~01P4200027~01






下りも気を付けて降りましょう・・・
P4200028~01







B地点まで戻ってきました

イベント用のステージや屋台が並んでいます

けっこう開放感があるのでシートなどを持っていくといいかもしれませんね
(現場でシートの販売などはありません)
P4200032~01P4200034~01






P4200035~01P4200036~01






さすがにメインのしだれ桜は見頃を過ぎていましたが

天気が良かったので気持ちのいい散策ができました♪
P4200039~01P4200040~01






帰りはB地点のバス停から再度送迎バスに乗車

もちろん歩くこともできます

試しに徒歩ルートで下ったんですが

階段の段差がいびつで歩きにくいし勾配も急なので

やっぱり下りも送迎バスを利用したほうがいいと思います
(ちなみに私の短い脚でスタスタ歩いて10分ほどでした)

P4200041~01P4200045~01







お次は奈良県宇陀市にある“花の郷 滝谷花しょうぶ園”

最近行った室生寺や大野寺、又兵衛桜が近くにあります

P4200060~01






こちらで遅めのランチタイム♪
P4200052~01P4200054~01






名前の通り花しょうぶが有名な施設ですが

現在は“しばざくら園”が開園中

食後はしばざくら園の散策をお楽しみ頂きました
P4200057~01P4200059~01







さて、今月5本目の日帰りバスツアーも無事終了♪


の予定でしたが

最初の下車場所まであと10分ちょっと

って所でトラブル発生(涙)

ツアーは最後の最後まで何が起こるかわからんね

花しょうぶ園では同じ会社の違う号車のトラブルのフォローでバタバタしたし

精神的にかなり疲れた1日になったのでした・・・

P4200064~01







みつばち農園とドイツの森ランチバイキングツアー♪

どーもー

ブログな日帰り添乗員のフナッシュです

「・・・・・・・・」


今日も元気に47名のお客様をお連れして

日帰りバスツアーに行ってきました♪


朝から雨の中での受付でしたが

先輩添乗員のあきおちゃんがいたので何とか乗り切れました(笑)

20180415_071136~01






さてさて最初に向かった先は岡山県赤磐市(あかいわし)にある

岡山農業公園“ドイツの森”

農業公園とは農林水産省が指導している施設

大阪近辺だと最近道の駅になった“神戸のフルーツフラワーパーク”とか

滋賀の“ブルーメの丘”

淡路島の“イングランドの丘”とかですね

P4150008~01P4150010~01






園内は門エリア・街エリア・村エリア・牧エリア・遊エリア・お花畑エリア

6つのゾーンに分かれています

今回は街エリアにあるレストラン“クローネ”でランチバイキング
P4150014~01P4150015~01






ソーセージ(4種類)が目玉メニューですが

ソーセージだったら自家製ベーコンの方がおススメです
P4150005~01P4150018~01






ちょうど園内ではチューリップが満開でした♪
P4150013~01P4150020~01







午後は岡山県奈義町(なぎちょう)にある菜の花畑へ

結構マニアックな場所だと思っていたんですが

観光バスが10台ほど重なって女性用トイレが大混雑でした・・・
P4150027~01P4150023~01






P4150033~01P4150035~01






最後は山田養蜂場のグループ会社“みつばち農園”

こちらで“いちご狩り食べ放題”です♪

スタッフのお兄さんからミツバチの大切さ

国産のはちみつの貴重さ

など熱のこもったお話しを聞いたあと

ようやくヘタを入れるコップを配布

さぁこれから30分間の食べ放題スタート!

と思ったら、今度はイチゴの狩り方の説明が待っていました・・・
(隣のバスのおっちゃんグループが話が長すぎてキレてた)

こちらの農園ではハサミは使わず果実を持ち上げるようにして取るようです

P4150036~01P4150040~01






それにしてもめっちゃ広いですよね

色んな種類のイチゴが楽しめるのも嬉しい♪
P4150041~01P4150043~01






あすかルビーではこんな大きな粒はなかったもんな〜

今月はイチゴ食べ過ぎやな・・・
P4150049~01P4150050~01






イチゴ狩りのあとは“はちみつソフト”がおススメ

これほんと美味しいです♪

ドライバーさんが

このソフト持ちながらイチゴ狩りできたらええのに

って言ってた(笑)
P4150052~01P4150051~01






売店の奥にはヤギ・ヒツジ・ウサギなどがいます

あまり人気がないようで

愛と餌に餓えたウサギがテンションMAXでお出迎えしてくれました(笑)

P4150053~01P4150055~01






さて、今月4本目の日帰りバスツアーも無事終了

天王寺解散だったので

天王寺の餃子の王将で“モツ煮込みラーメン”を食べて帰りました

モツ・ニラ・キャベツが入ったこの店舗限定メニュー

モツ鍋の〆のラーメンみたいで美味しかったです♪

これで648円はお得やわ♪
P4150063~0120180415_204632~01






大塚国際美術館と阿波三昧ランチバイキングツアー♪

春の日帰りバスツアー3連添の3本目!

今日は徳島県鳴門市にある“大塚国際美術館”へ行ってきました

ようやく吉野スパイラルから脱出です(笑)


今年で開通20周年を迎えた明石海峡大橋を渡り

さらに大鳴門橋を渡って徳島県鳴門市へ
(厳密に言えば大毛島(おおげじま)って島)

まずは“ルネッサンスリゾートナルト”で阿波三昧のランチバイキング

渋滞で予定よりも遅れたにも関わらず

テキパキとスムーズに対応して頂いて助かりました♪

Fotor_152354044613438~01Fotor_152354046156366~01






ホテルから美術館へは5分もかからず到着

大塚国際美術館は大塚製薬グループ創立75周年を記念して設立

明石海峡大橋と同じく、今年で開業20周年を迎えた美術館です

世界25ヶ国の西洋名画、1000点以上の複製画をオリジナルと同じサイズで展示

“複製”と言ってもただの複製ではなく

“陶板(とうばん)”と呼ばれる陶器の板に作品を焼き付けています

この作品を作成しているのが

大塚グループの“大塚オーミ陶器業株式会社”

大阪だとフェスティバルホールの壁にあるモニュメントや

難波の南海ビルの外壁などを手掛けている会社です



美術館に到着したら、受付でチケットを受け取って

入り口の前でお客様に配布

そのあとエスカレーターでB3階へ

この美術館は山の斜面に建っていてB3階〜2階まで展示室があります
(B3階〜B1階は山の中)
P4120043~01P4120040~01






P4120005~01P4120006~01






B3階で専門ガイドさんと合流

今回は専門ガイドさんによる60分の解説付きでした
P4120007~01P4120008~01






近所のおばちゃんみたいな人が来るって聞いていたけど

今回はラッキーな事に若いガイドさんでした(笑)
P4120009~01P4120010~01






ベレー帽がインテリっぽくっていいですよね

説明もとても分かりやすくてお客様にも好評でした
P4120014~01P4120016~01






最近の目玉は設立20周年記念として新たに加わった

ゴッホによる“7つのひまわり”

世界にバラバラになっている作品が一堂に鑑賞できる贅沢な空間です

既に焼失している作品もあるので、まさ大塚国際美術館ならではの企画展示ですよね
P4120020~01P4120024~01






実は大塚国際美術館に行くのは今回が初めてだったんです

行く前は

いくら原寸大っていっても、しょせん複製でしょ

って期待していませんでしたが

想像以上の迫力とその表現力の高さに驚きました

展示されている作品も

ポンペイなど古代の遺跡の壁画やモザイク画から

ダリ、ピカソなど現代絵画や

アンディ・ウォーホルのポップアートなどバラエティに富んでいました

P4120026~01P4120030~01






P4120033~01P4120034~01






あ、空海の仏像やキトラ古墳の壁画なんかもありました(笑)
(これも陶器や陶板製)

P4120038~01P4120036~01






システィーナ礼拝堂を2階から鑑賞

なんて本場ではありえない角度から作品が鑑賞できるのも面白いですよね

まだ行かれたことがない方は是非おススメですよ♪

鑑賞コースは約4キロもあるようなので

体力と時間に余裕を持ってお越しください(笑)

ちなみに今回のコースは滞在4時間!

がウリのツアーでした



さて、これにてバスコース3連添のファイナルも無事終了

よく歩き、よくブログを書いた3日間だったな・・・


日帰りツアーを3本続けて行くなら

2泊3日のツアーに1本行くほうがはるかにラクだと痛感した3日間でした


だって毎日朝が早い上に

添乗精算書も3倍

添乗報告書も3倍

ブログの執筆も3倍ですから・・・

12~01

吉野桜とイチゴ狩りツアー♪

春の日帰りバスツアー3連添の2本目!

昨日と同じツアーで吉野山へ行ってきました♪

今シーズン4度目の吉野ですので

今日は桜以外の情報を書いておきますね・・・


桜はなくても相変わらず花見客だけは多い吉野山

我々のツアーも4台口で出発

駐車場です羲屬里繊爾舛磴鵑塙舂できたので

前から気になっていた場所に行ってみました

それがコチラ

CG合成写真スタジオ(笑)

P4110343~01P4110344~01






満開の桜をバックにした合成写真を撮ってくれるんです

撮影してもらった写真はポストカードサイズにプリント

まぁでっかいご当地プリクラみたいなもんですね

気になるお値段は・・・

なんと1枚50円!!
(最初500円かと思った)

でもポストカードサイズといっても

自分たちが写っている部分はめっちゃ小さいです(笑)

こんな小さかったら物足りないですよね

そこががポイント

引き取り口ではこの50円とポストカードと一緒に

大きなサイズの写真がプリントされて出てきます

強制的に(笑)

大きな写真は1100円

もちろん買う買わないは自由

なかなかうまい商売です(笑)

P4110348~01P4110351~01







吉野山といえば食べ歩きフードがやたら充実していることでも有名

お値段も100円〜とお手頃です

しいたけ串やコンニャク串

焼きタケノコにタケノコの天ぷら

名物の草餅や吉野葛を使った葛まんじゅうや葛餅も捨てがたい

Fotor_15234417249975~01P4110366~01






こちらの“舟形家”さんみたいに老舗の和菓子屋さんも多いんですよね

「花より団子」って吉野山が発祥か?

と思うほど美味しそうなものが満載です

Fotor_152344174805041~01P4110369~01







あと個人的にオススメはこの2匹の柴犬かな(笑)

別々のお店にいる看板犬です

赤いバンダナでちょっとお疲れ気味なのがチロ

P4110360~01P4100254~01






緑のバンダナで好奇心旺盛なのがワカ
P4100290~01~01P4100270~01






桜の見頃は過ぎてもガッカリせずに

さわやかな新緑を見て気分をリフレッシュ♪

美味しいお団子と可愛い柴犬に癒されましょう♪

吉野山にはたくさんの神社仏閣が点在しているので

寺宝めぐりをするのもオススメです♪


吉野山のあとは前回同様、明日香村でイチゴ狩り

今回は幸田農園さんにお世話になりました

昨日の奥田農園さんよりハウスのサイズが大きいですね

P4110373~01P4110379~01






イチゴのつぶも大きくて甘い♪

あ、イチゴってヘタの方から食べるほうが甘く感じるんですね
P4110377~01P4110380~01






お客様に美味しいイチゴの見分け方を教えてもらったんですが

イチゴのヘタが逆立っているほうが鮮度が高くて

ヘタと果実の間が盛り上がっているほうが糖度が高いそうです

イチゴ狩りに行かれる際はヘタに注目ですね♪

P4110383~01







これにてバスコース3連添の2本目も無事終了

あと1本・・・

吉野桜とイチゴ狩りツアー♪

さてさて、今日から日帰りバスツアー3連添!!
(新入社員かよ!!)

1本目は今シーズン3度目の吉野へ行ってきました♪
(添乗でワンシーズンに3回は初めてやな・・・)


下千本エリアはこんな感じですが

天気がいいのが何よりの救いです♪

服装は長袖シャツ+カーディガンだけでOKな陽気でした

P4100224~01P4100238~01






P4100256~01P4100258~01






桜をバックに写真を撮るなら

七曲りの最初のカーブに枝垂れ桜が2本ほど・・・

って感じ


上千本や奥千本まで行かなくても

どこか桜が綺麗な場所はないかな〜って探していたら

ありました!

前回は竹林院から吉水神社までお客様を誘導していたので未開拓だった場所

その名は“桜本坊(さくらもとぼう)”

竹林院の斜め前にあるお寺です

なんてったって仁王門の金剛力士から桜色やもんね(笑)

境内の八重桜がちょうど満開を迎えていました♪

Fotor_152335424875560~01P4100288~01






このお寺は天武天皇が建立した神仏習合の修験道場だそうです

P4100278~01P4100279~01






P4100281~01P4100286~01






勝手神社の分岐からここまで歩くのはちょっと大変ですが
(坂が急こう配なので)

足に自信のある方はぜひ行ってみてください♪


このあと柿の葉寿司のお店を経由して

いちご(あすかルビー)狩りをしに明日香村へ

“あすかいちご狩りパーク”には15の農園があるんですが

今回は“奥田農園”さんにお世話になりました

聖徳太子誕生の地として知られる“橘寺”のすぐ近くにある農園です

山の中腹に見える三重塔は西国霊場の7番札所でもある“岡寺”
Fotor_152335480882697~01Fotor_152335488239434~01






農園に着くとヘタを切るはさみ

食べ終わったヘタを入れるビニール袋を受け取ります

P4100311~01P4100307~01






30分間食べ放題!

ということですが

30分も食べている人はいませんでしたね・・・(笑)
P4100305~01P4100306~01






最後は橿原市にある“藤原宮跡(ふじわらきゅうせき)”

“藤原京”はかつて持統・文武・元明天皇と3代にわたって都が置かれた場所です

現在は四季折々の花が植えられているそうで

春は菜の花

“藤原京資料室”の駐車場にバスを止めて菜の花畑までは5分ほど歩きます

横断歩道を2回渡った先に入り口の看板がありました

Fotor_152335469286720~01Fotor_152335470637994~01






途中で道が二手に分かれます

上から眺めたい方は右、畑に行きたい方は左へ
(どちらに進んでも向こう側で合流できます)
Fotor_152335459332725~01Fotor_152335490055377~01






ちょうど見頃で綺麗ですね

桜が咲いていたらさらに綺麗だっただろーなー
Fotor_15233549157221~01Fotor_152335495969880~01






奥に見えるこんもりした山は大和三山のひとつ、“耳成山(みみなしやま)”です
Fotor_152335493881862~01Fotor_152335497948984~01






トイレは“藤原京資料室(2F)”にありますが

かなり小さいので女性はかなり混みあっていました
Fotor_152335476817157~01Fotor_152335499883398~01






Fotor_152335475310565~01






この日は同じコースのバスが4台口だったんですよね

我々は一番乗りできたので比較的スムーズに見学できました♪

これにてバスコース3連添の1本目は無事終了

あと2本・・・

奈良の隠れ桜ツアー♪【又兵衛桜編】

室生寺のあとは名張市にある“三太夫(さんだゆう)”で炭火焼料理の昼食

P4050065~01P4050066~01






伊賀牛のモモ・バラ盛り合わせ

今回は珍しく添乗員も同じメニューを頂きました

めちゃ幸せ〜♪
P4050057~01P4050058~01






さて、午後は“又兵衛桜”こと“本郷の瀧桜”へ

三春の滝桜同様、1本桜だそうです

ここは初めて行く場所です

駐車場から徒歩10分強

想像以上に遠かったな・・・

Fotor_152297702891620









P4050098~01P4050069~01






Fotor_152294411872853~01P4050070~01






受付で協力金100円を支払ってチケットを受け取ります

ここまでお客様がちゃんとついてこれるかが問題ですね
P4050074~01P4050075~01






空模様がちょっと怪しいですが

桜の開花状況はなかなかいいんじゃないですか♪
P4050079~01P4050086~01






又兵衛桜は樹齢300年以上と言われる古木なので色も薄め

その代わりに裏手に植えられた桃の花が鮮やかでした
P4050084~01P4050088~01






帰り際の橋からのこのアングル

色んな桜の競演が見れておススメです
P4050089~01P4050090~01






P4050092~01P4050093~01






駐車場にはトイレがないので、必ず帰り道にあるトイレを利用しましょう
(小さいのでピーク時はかなり混みそう・・・)
P4050094~01Fotor_152297471604083






年々周囲が整備されて色んなお花が楽しめるようになっているようですが

それなら協力金のチケットは駐車場でも買えるようにしてほしいな・・・


受付では本来、添乗員が精算をしている間に

スタッフ(地元のおばちゃん)が直接お客様にチケットを配りたいそうです

でも団体が重なるとおばちゃん

いやスタッフはわけわかめ状態・・・

駐車場で先にチケットを配ることができたら混雑は多少は避けられると思うんだけどな〜・・・


Fotor_152294394799977~01







奈良の隠れ桜ツアー♪【大野寺・室生寺編】

吉野山のツアーと連添で日帰りバスツアーに行ってきました

行先はまたもや奈良!

奈良県でもかなり三重県より

“宇陀(うだ)市”にある桜の名所を3ヶ所めぐります

最初に向かったのは“大野寺(おおのでら/おおのじ)”

初めていく場所かと思ったら、ずいぶん昔に行ったことがあったようです・・・

大和さくらの隠れ里ツアー
(2011年4月16日)

Fotor_152297618148538








境内にある樹齢約300年の小糸シダレザクラと紅シダレザクラの競演が見事!
P4050001~01P4050018~01






P4050016~01P4050004~01






P4050006~01P4050008~01






あと対岸にある高さ13.8mの磨崖仏も有名ですよね

ちなみにこの磨崖仏の原型となったのは

先月行った笠置寺の磨崖仏です

東大寺「修二会」ツアー♪
(2018年3月3日)

P4050012~01P4050011~01







お次は“室生寺(むろうじ)”

室生寺といえば石楠花(しゃくなげ)が有名ですが

桜もなかなか見応えがあります

Fotor_152297650568828









太鼓橋から見る桜も素敵ですね
P4050052~01P4050049~01






現在、弥勒堂は工事中ですが

金堂では特別拝観としてスター級の仏像たちが間近で見られます
(別途有料)

Fotor_152294388494052~01P4050038~01






金堂にいたお坊さんが

「本堂の前にあるのは桜は薄墨桜と呼ばれる桜です

ふわふわと舞う雪のようでとても綺麗です」


って案内してくれました

意外とロマンチックですね(笑)
P4050039~01P4050044~01






P4050028~01P4050047~01






あ、個人的に嬉しいニュース♪

前回は工事中で見れなかった本堂のご本尊、如意輪観音が見られるようになっていました

ここの如意輪観音は日本三大如意輪のひとつに数えられているんですよ

ちなみに残りの2つは

観心寺(かんしんじ):河内長野市

神呪寺(かんのうじ):西宮市


話しが長くなったので後半へ・・・

東山花灯路と嵯峨野トロッコ日帰りツアー♪

日帰りバスツアーで京都へ行ってきました♪

コースは

トロッコ亀岡駅から嵯峨野トロッコ列車に乗ってトロッコ嵯峨駅

嵐山で自由昼食&自由散策の後、伏見稲荷大社

そのあと大安でお漬物のショッピング

最後は東山花灯路を見て帰るコースです

昼食は自由昼食ですが、トロッコ列車の観光込みで

ツアー代金は3990円!!

めちゃお得なコースなので、連日10台近いバスが出発

この日も9台口でした


々羲屬伐罅広号車は同じトロッコ列車に乗車

立ち席まで販売していたもんだから、かなり混みあっていました
(紅葉シーズンに比べたらまだマシなのかな?)

Fotor_152112042810479~01Fotor_152112047262993~01






トロッコ嵯峨駅で降りたあとは

バスが止まっているレストラン嵐山

そう、先日の記事はこのツアーの為の下見だったのです(笑)

無事、迷子もなくレストラン嵐山に到着♪

よく考えたらリニューアルしてからここを利用するのは初めて

かなり雰囲気変わりましたね〜

お鍋を温めるのも固形燃料じゃなくIHだし(笑)

Fotor_152112133121428~0120180315_122627~01






添乗員&乗務員の休憩室もかなり様変わりしていました♪
(昼食もバイキング形式)
Fotor_152112056315068~01Fotor_15211205397120~01






午後は伏見稲荷大社

そう、先日の記事はこのツアーの為の下見だったのです(笑)

無事、迷子もなく伏見稲荷大社に到着♪

まぁ途中で信号やら踏切があるので

やっぱり44名全員一緒って訳にはいきませんでしたね

道が分かる方は先に進んでもらいました
Fotor_152112066067648~01Fotor_152112063717699~01






しかし平日なのに混んでるな〜

所要時間は90分ほど

千本鳥居の途中にある“おもかる石”の辺りまで行って折り返しって感じかな

混雑していなければ本殿からおもかる石までは約10分でした
Fotor_152112067709091~01Fotor_152112075408854~01






お賽銭を入れ、お願い事をして灯籠の頭の石を持ち上げます

願い事が近々叶うのであれば軽く感じるそうですが・・・
Fotor_152112070629950~01Fotor_152112072590160~01







さて、このあと平安神宮の近くの大安本店でショッピングのあと

東山花灯路へ

バスの駐車場は高台寺だと思い込んでいたんですが

このツアーは“清水坂観光駐車場”利用でした

駐車場を少し上がったところに産寧坂(三年坂)との分岐点があるので

ここで解散にしました

産寧坂→二年坂→ねねの道

ってルートに進むお客様が多かったようです

ここも所要時間は90分ほどしかとれませんでしたが

皆様しっかり楽しんでこられたようです
Fotor_152112102524944~01Fotor_152112112267516~01






灯篭の点灯時間は18時〜21時30分

周囲が暗くなってきたのはこの日は18時20分頃でした

P3150035~01P3150041~01






帰りが遅くなるので駐車場から松原通りを下りきった場所にある

“食之源(しょくのげん)”って中華料理屋で夕食をたべました
P3150036~0120180315_184620~01






20180315_182755~0120180315_183305~01






スタッフ・料理人・利用客、全員中国人

メニューもお味も限りなく中国でした(笑)


ほんとは鐘園亭に行きたかったけど

外国人ツアー客で貸し切りだったのです・・・

鐘園亭の「ねぎそば」が旨いっ!
(2011年4月8日)
名物・鐘園亭はんの餃子どす!
(2005年11月16日)

選べるタグ付き・網野「活がに料理」ツアー♪

日帰りバスツアーに行ってきました

前にプライベートでかにを食べに行った記事をブログにアップしたことがあるんですが

覚えていますかね?↓
丹後半島でかに三昧♪
(2007年12月18日)

ほんの11年前ですけど(笑)

その時は“自分でかにを選んで、好きなように食べる”

って“ジブンスタイル・カニザンマイ”を満喫したんですよね


自分でかにを選んで自分が好きなように食べるなんて、プライベートならでは

ツアーで行ったらこんなわがままできないよねー

と当時は思っておりましたが

なんと、この“ジブンスタイル・カニザンマイ”がツアーでもできるようになっていたんです!

今回のツアーはこの“自分で選んで自由に食べる”ってのがウリの特別コース♪

事前にお客様に配布するパンフレットまで旅館の方が用意されていました
(カニのうんちくや美味しいカニの食べ方などが載っています)

Fotor_151947470710994~0120180223_121554~01






こんな気合いの入った企画をするのはどこの旅館やろ?

と思ったら“レイクサイド琴引”って書いてある

そう、10年前に自分がお世話になったあの旅館です(笑)

ギャル度高し?レイクサイド琴引さん
※現在はHPもリニューアルして落ち着いていました


当日の流れはこんな感じ

まずバスを降りたら指定の水槽からカニを選んでもらいます
(今回お客様は47名様だったので3班に分けました)

Fotor_151947460128058~01P2240008~01






カニに付いているタグは水揚げされた港で色が違います

今回は小ぶりですが、緑タグ(なんとあの幻の“間人ガニ”)もありました

ちなみに紅白のタグは鳥取県内で獲れたカニです

運命のカニが決まったら事前に名前を書いておいた名札をスタッフに渡してカニのお腹に挟んでもらいます

P2240010~01Fotor_151947480205271~01






待っている間は売店などでお買い物♪
P2240017~01P2240019~01






選び終わったら食事会場へ

選んだカニがさばかれるまで既に茹でてあるカニを食べて待ちます

しかしこんな大量のカニを一気にさばくなんて凄いですよね

この日はお昼だけで160人分くらいのカニをさばいたそうです

まさに職人の技!
Fotor_151947496262534~01Fotor_151947493082570~01






ちなみに写真右下はグループで別々のカニを選ばれた例

右が鳥取県で左が間人

写真ではわかりにくいですが、間人の方がやっぱり小さめです

質を取るか?量を取るか?迷うところですね(笑)

甲羅にあるカニみそは絶対に火を通して食べますが

残りの部位は焼いてもいいし刺身でもいいし

お好きにどーぞって感じです

P2240024~01Fotor_15194748765680~01






お客様がカニ料理を満喫している間・・・

添乗員は隣のラーメン屋でラーメン&焼きめしを満喫したのでした
(ここのラーメンと焼きめし、めっちゃ美味しかった♪)
Fotor_151947465707694~01P2240022~01






食事のあとは西日本最大級の道の駅、丹後王国「食のみやこ」へ

甲子園8個分という広大な施設なんですが

ほとんど雪に埋もれてるし・・・

結局入場口にある2つの売店くらいしか行く所がありませんでした・・・
P2240025~01P2240026~01






P2240031~01P2240032~01






小動物と触れ合える施設もあるんですが

ウサギと羊くらいしかおりませんでした・・・

“有馬炭酸力”って知ってる?

先週と同じ日帰りバスツアーで有馬温泉に行ってきました!

お客様も先週と同じく42名さま

ほんとこのコースは人気ありますね

この日は銀の湯が休館日だったので金の湯の混雑が心配でしたが

全体的に観光客が少なかったのでまったく問題ありませんでした♪

Fotor_151373823839273~01Fotor_151373826114731~01






前回とコースも同じだし

プライベートも含めて今月3回目の有馬温泉

ブログの更新はしなくていいかな〜

なんて温泉街をブラブラ歩いていたら・・・

金の湯のすぐ前で面白そうなお店を発見♪

「有馬炭酸力(ありまたんさんりき)

何やら“世界初の炭酸専門店”だそうです

お店の下で外国人観光客が群がっているのは

一風変わったラインナップの自動販売機

韓国で一番まずい炭酸やら、懐かしのドクターペッパー

沖縄に行ったら必ず買ってしまうルートビアーなんかが置いてある♪
PC190017~01PC190007~01






お店は2階にあるんですが

正直1人ではちょっと上がりにくい雰囲気・・・

勇気を振り絞って恐る恐る階段を駆け上がると・・・

どこからともなく陽気な音が聞こえてきて思わず笑ってしまった(笑)

実は階段に“ある仕掛け”が仕組んであるんですよね
(行ってみてのお楽しみ♪)


店内には約70種類の炭酸飲料がズラリ!

ボトルを見ているだけでも楽しいですよね
PC190016~01PC190012~01






お店の人気ナンバー1は

なんと“神戸ステーキサイダー”(笑)

北海道のジンギスカンキャラメルみたいなもんかな・・・

さすがにちょっとコレはレベルが高いので

人気ナンバー2の“ドリアンサイダー”を飲んでみました

飲んでいるときは意外と美味しかったんですが

後からの自分が出したゲップの匂いで倒れそうになった(笑)
PC190011~01PC190010~01






他にもどろソース味の黒ビールや

最近話題のご当地温泉アイドル(二次元です)

“温泉むすめ”のサイダーなど面白い炭酸飲料が目白押し♪
PC190014~01PC190013~01






他にも炭酸ミストを使ったボディメンテナンスや
(クイックコース(15分):1480円〜)

忍者体験ができる“有馬温泉忍者道場”なんてコーナーもありました

これまでお店の前を何回も素通りしてきましたが

こんなに面白いお店だったとは!!!

PC190019~01PC190008~01








PC190015~01「炭酸のメッカである有馬温泉をもっとシュワシュワしたい!」


という谷川さんの熱い思いが伝わってきます




お店の代表取締役でもある谷川さんは

なんと、あの(関西では)名誉ある

“となりの人間国宝さん”にも認定されたそうですよ

ほんと有馬って奥が深いな〜

皆さんも有馬温泉にお越しの際は是非お立ち寄りくださいね

有馬温泉と「三田ホテル」でランチバイキングツアー♪

日帰りバスツアーで有馬温泉に行ってきました


そう、2日前にプライベートで行った有馬温泉は

このツアーの下見を兼ねてだったのです(笑)
(日帰りツアー恐怖症なもんで・・・)


バスが最初に向かったのは“神戸フルーツ・フラワーパーク”

ここ、いつの間にか“道の駅”になっていたんですね

さらに“ファームサーカス”って新しいゾーンができていました

マーケット・カフェ・レストラン

って3つの建物があります

PC100003~01PC100004~01






↓真ん中にあるカフェ(9:30オープン)

焼きたてのパンやコーヒーが楽しめます

PC100019~01PC100011~01






↓一番手前にあるマーケット(10:00オープン)

道の駅らしく地元の野菜などが豊富でした
PC100014~01Fotor_151290588513165~01







このあと“めんたいパーク・神戸三田”に立ち寄ったあと

“三田ホテル”でランチバイキング♪
PC100023~01PC100028~01






午後はいよいよ有馬温泉へ向かいます

ここまで移動時間がどこも30分未満なのでせわしない・・・

特にトラブルもなかったので予定通り13時半に到着できたんですが

滞在時間が90分だったので、こちらもかなりせわしなかったです・・・

さすが日曜のお昼すぎだけあって、金の湯も銀の湯もめちゃ混んでました
(写真左:金の湯/写真右:銀の湯)

Fotor_151290334911286~01Fotor_151290407695347~01






本当は有馬温泉でゆっくりしたあとは

そのままのんびり大阪へ帰りたいところですが

そこはパッケージツアーですからタダでは返しません(笑)

温泉のあとは“誠味屋本店(佃煮屋)”

“酒心館(酒蔵)”に立ち寄ってから帰ってきました

今日は天気が良くてほんと行楽日和だったな〜

お客様も44名と大所帯でしたが、皆さん協力的で助かりました♪

可愛いお子さんも2名参加していたし(笑)

PC100098~01PC100099~01







20171209_103817~01さてさて、最後にはじめて有馬温泉に行く添乗員さん用に

バス駐車場から金の湯→銀の湯の誘導ルートをご案内したいと思います





※テキストがズレて表示される場合はPCモードでご覧頂くことをお勧めします



先日のブログにも書いたように、観光バスは太閤橋の前の駐車場を利用

Fotor_151290450581645~01|鷦崗貘Δ諒眛擦鬚泙淨遒惴かうと道が狭いので

いったん太閤橋の交差点を渡り、有馬川沿いの歩道を通るように指示されました
(信号あり)




Fotor_151290461290378~01太閤通りをさらに南へ(信号なし)

7イレブンの前を曲がり、観光案内所(白いビル)の前を通過します
(温泉街のコンビニは他にローソンもあります)




Fotor_151290418235614~01阪急バスの乗り場と“若狭屋(お土産)”の間の坂を上がると

すぐに金の湯です♪




今回のツアーは金か銀、選べる入浴付きだったんですよね

金の湯で団体用の引換券をスタッフから渡されるのでお客様に配ります

お客様はこの引換券をスタッフに渡してロッカーの鍵を受け取ります

ちょっと面倒なシステムです・・・
Fotor_151290412623635~01PC100045~01






続いて銀の湯へ

こちらも前のブログで書きましたが

湯本坂経由はお店がたくさんあって誘惑も人も多いので

不動坂&ねがい坂を経由して向かった方がいいと思います
(道が狭く階段もあるので足の弱い方は注意)
Fotor_151290346137095~01PC100057~01






Fotor_151290355400050~01ざ發療鬚梁湯を過ぎて右へ曲がると階段がY字に分かれています

どちらに進んでも同じですが、左の方が若干近いかな?





Fotor_151290360831098~01イ修里泙泙泙辰垢或覆漾突き当りを左へ







Fotor_151290380594553~01“有馬の工房”“温泉寺”の間をそのまま進みます







Fotor_151290393837311~01Ч坿陲気鵑料を通過し

“念仏寺”“極楽寺”の間を進みます






Fotor_151290398703064~01┐呂ぁ△疲れさまでした!

銀の湯に到着〜♪

ここまでずっと上り坂〜♪


お客様にめっちゃ怒られた〜(涙)

次に行くときは足の弱い方は極力

金の湯をお勧めしたいと思います・・・


ちなみに44名中

金の湯は17名
銀の湯は16名でした
(11名は入浴せず)



【追記】

観光バスの駐車場にトイレもありますが、あまり綺麗ではありません

PC100087~01特に女性のお客様は他のトイレをお勧めします

太閤橋を越えた先のおもてなしトイレは綺麗ですよ♪

平成29年(肉)祭り!ツアー・後半♪

関西から日帰りツアーで近江八幡というと

“水郷めぐり”ってイメージですが

今回は船は乗りません

日程表には“3種類の食べ歩きと町並み散策”とあります

食べ歩きゆーても全部試食なんですけどね

当社基準だと“試食”“食べ歩き”は同じなのか・・・
(試食なんですけど立派にチケット付き)


観光バスの駐車場ですが

日牟禮(ひむれ)八幡宮は七五三シーズンにつき駐車できないので

今回は“木幡(こわた)観光駐車場”を利用しました

Fotor_15083622616392~01Fotor_150844781172449~01






駐車場から木幡町通りを直進すると“和た与(わたよ)”

ここで“でっち羊羹”の試食
PA180038~0120171018_151952~01






そこからちょっと細い路地に入った先にあるのが“麩の吉井”

近江八幡名物の“丁字麩(ちょうじふ)のからしあえ”の試食
PA180039~0120171018_152231~01






日牟禮八幡宮の鳥居の手前にあるのは“あゆの店きむら”

ここで“小鮎の佃煮”を試食

PA180041~0120171018_154052~01







近江八幡って実は仕事ではあんまり行ったことがなかったんですよね

前にプライベートで“琵琶湖ビエンナーレ”で来たことはあるけど

琵琶湖ビエンナーレに行ってきました♪
(2014年11月6日)

PA180044~01PA180049~01






個人的に近江八幡といえば

バス釣りのポイントとして最近お気に入りの場所♪

八幡堀にはけっこういいサイズのブラックバスが潜んでいるのです
(右下の写真はこの夏に八幡堀で釣ったバス)
PA180046~01P8150006~01







3ケ所の食べ歩き(試食)をご案内したあと

あゆの店きむらの奥においしそうなソフトクリームがあったので食べてみました

“逢茶(ほうさ)・あまな”ってお店の“あまなソフト(450円)”

さっきの“和た与”さんの系列店だけあって、

でっち羊羹やういろうがのった面白いソフトクリーム♪
PA180057~01Fotor_150836321898324






私基準だと、こーゆーのを食べながら散策するのが

“食べ歩き”なんですけど(笑)

しかしこのソフトクリーム、めっちゃボリューム満点でおいしかったな

PA180054~01近江牛を使った牛串やコロッケも食べ歩きにいいですよね

近江八幡へお越しの際はぜひ、自腹で食べ歩きをお楽しみくださいませ♪




ちなみに

一緒にあまなソフトを食べているのは号車担当の後輩“池ちゃん”

20171020_133633~01ちなみに

いつも一緒にバス釣りに行っている相棒も“池ちゃん”です(笑)
(このツアーの2日後、近江八幡にて)



平成29年(肉)祭り!ツアー・前半♪

10連勤8日目は日帰りバスツアーに行ってきました

ツアータイトルは

「平成29年(肉)祭り!
牛ぎゅう5大食べ放題&牛ステーキ詰め放題」

「なんかもう・・・」って感じ・・・


最初に向かった先は岐阜県大垣市にある

“太良峡(たらきょう)森林公園”

揖斐川(いびがわ)の支流、牧田川にある峡谷です

バス駐車場はないので市道から公園入口へ降りるカーブの所で下車

坂を下って河原の広場に降ります

マイカーは広場まで降りれるので車に注意しましょう


Fotor_150844779586159~01PA180001~01







PA180003~01PA180004~01






広場に降りるとトイレがあります(男女各3つ)

お客様が多い場合は先に吊り橋に向かう人と

お手洗いの人と分かれた方がいいかも

PA180015~01PA180006~01






PA180007~01PA180009~01






吊り橋を渡ると左側から河原へ降りることができます

“きっちり整備された”道ではないので足元に注意しましょう
PA180010~01PA180011~01






ゆーても添乗員以外に誰も降りなかったけどね・・・

所要時間は30分取りましたが

紅葉がまだ早いこともあって時間を持て余していたようです・・・



このあと関ヶ原でランチタイム

“牛ぎゅう5大食べ放題”の内容は

ゝ蹐垢やき
牛寿司
5蹈疋螢
さ蹈レー
ゥ蹇璽好肇咫璽佞里辰永題丼

PA180024~01PA180021~01






PA180020~01PA180023~01






写真右下が関ヶ原名物(?)のっけ放題丼
(別名:天下丼)

もちろんこんな真似するお客様はおりませんでした・・・
PA180022~01PA180025~01






食後は“牛ステーキ”詰め放題♪

「ノーコメント・・・」
PA180031~01PA180028~01






PA180029~01PA180030~01






お土産としてお客様にお配りする芋たち(約1キロ)

「ノーコメント・・・」
PA180034~01PA180036~01







さぁ食後は滋賀県の近江八幡へ♪

語り部とめぐる!「友ケ島」ツアー♪

10連勤折り返しの5日目は日帰りバスツアー

行き先は和歌山県の無人島“友ケ島”

そう、先日テレビのロケで訪れた、あの友ケ島です(笑)

友ケ島に行ってきました♪
(2017年9月19日)

行程は、まず加太(かだ)の淡島(あわしま)神社の参拝から

先日お世話になった満幸商店さんの宣伝もしっかり車内でアナウンス(笑)

まぁこのツアーでお土産が買えるのは、ここか帰りの岸和田SAくらいですからね

Fotor_150812424466173~01Fotor_150812422842047~01






参拝のあとは地元の活魚料理店“いなさ”で海鮮丼のランチタイム

お客様と同じ海鮮丼が食べられると思い込んでいましたが

そんなに甘くなかった・・・(涙)
Fotor_150812426427164~0120171014_114451~01






食後は歩いて友ケ島汽船の船のりばへ

お店からはすぐそこだし、桟橋も見えているんですが

ちょっと道順がややこしい・・・

赤い橋(加太大橋)が見えてきたら右側の階段を降ります

左手に桟橋が見えるので左から降りれそうですが、左からは行けないので注意

Fotor_150812394507387~01Fotor_15081248275401~01






階段を降りて橋の下をくぐると売店の先に友ケ島汽船の窓口があります

Fotor_150812495869976~01Fotor_15081250225288~01






団体の場合は団体用の乗船券が1人1枚(添乗員&語り部分も)

今回は行きはツアーバッチ対応で、帰りに使用して下さいとの指示でしたので

こちらの団体乗船券は帰りまで添乗員が保管
Fotor_150812504519554~01PA140014~01






Fotor_150812506678383~01窓口にパンフレットがありますが

最近品薄なので家族に1部でお願いしているようです

ツアーの際は予めネットからダウンロードして配布しておきましょう!



コチラのサイトからダウンロードできます

■友ケ島パンフレット(和歌山市公式HP)


ちなみに船のりば横の売店はこんな感じ

島ではお菓子類は買えないのでご注意を!
PA140019~01PA140018~01






しかし土曜日だけあってすごい人!!

特に若者のグループやカップルが目立ちました
(羨ましい・・・・・・)
Fotor_150812523624851~01Fotor_150812400180387~01






今回は13時出航の船に乗って

15時半の船で戻ってくるので滞在時間は2時間弱

あまり時間がないので第3砲台跡とタカノス山展望台のみを巡るコースです

野奈浦(のなうら)桟橋に着いたら東側のルートから第3砲台跡を目指します
PA140031~01PA140036~01






このルートからスタートするのは初めてだったんですが

やっぱりこっちから行ってもいきなり上りなんや・・・
(当たり前か)
PA140037~01PA140038~01






足場の悪い山道を

登って登ってまた登る

ひたすら登るのみ
PA140042~01PA140043~01






着いていきなりだし、景色も見えないので精神的にキツいものがあります・・・
PA140045~01PA140047~01






でもね、今回の日程表にはこう書いてありました

★島内はきっちり整備されており、島内散策も気軽に行えます。


「は????」

当社基準ではこの道は“きっちり整備”されていて

“気軽”と呼ぶそうです・・・
(しかしよくまー“きっちり”まできっちり書くわ・・・)




さてさて、ようやくそれっぽい建造物が現れてきました

このトンネルの先にあるのは・・・

PA140048~01PA140050~01






ザ・友ケ島!な世界♪

お客様のテンションも一気に上がります♪
PA140051~01PA140055~01






よく見るこの場所は第3砲台跡でも“弾薬支庫”と呼ばれる弾薬庫跡

中は真っ暗なので懐中電灯がないとかなり不便です
(日程表に持参するよう記載してもらいたい・・・)

丸い池みたいなのは、大砲が置かれていた“砲座”
PA140057~01PA140066~01






第3砲台跡周辺を見学したら、もうちょっと頑張って“タカノス山展望台”を目指しましょう
PA140067~01PA140069~01






眼下に見えるには友ケ島灯台

奥に見えるのは淡路島です
PA140071~01PA140073~01






展望台のあとはひたすら下るのみ

帰りは一般客とツアー客を分けて乗船しました

団体が定員割れしないよう、優先的に乗船させてくれるためです

だから窓口にこんな貼り紙(写真右下)が貼ってあったのか!

個人で行かれる際はツアー客の有無に十分にご注意下さい(笑)
Fotor_150812411451527~01Fotor_150812415554956~01






さてさて、日帰りツアーとは言えよく歩いた1日でした

お客様の感想は

「こんなに歩くとは思ってもみなかった!!」


島に着いたらすぐに砲台跡があると思っていたみたいです

イメージ先行の観光地、尾瀬と一緒やね

「尾瀬は山である」って言葉があるけど

「友ケ島は山である」って意識が必要ですね

PA140077~01島内散策をされる方は歩きやすい服装と

それなりの体力を持って行かれることをお勧めいたします




あ、そうそう

先月のロケの際も今回も、まったく動物を見なかったんですよね

2011年にはじめて行った時は鹿・リス・クジャクがその辺にいたのに

友ヶ島に行ってきました♪その
(2011年11月4日)

PA140074~01語り部さんが言うには

最近は観光客が増えすぎて、動物はめったに出てこないんだとか
(夕方、観光客が減ってくると出てくるそうです)



まぁ人間ですら観光客の多さにビックリするくらいですからね

なんだか“無人島”であることや

“廃墟感”がウリの友ケ島の魅力が薄れていくような・・・
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・