ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

日帰りバスツアー

語り部とめぐる!「友ケ島」ツアー♪

10連勤折り返しの5日目は日帰りバスツアー

行き先は和歌山県の無人島“友ケ島”

そう、先日テレビのロケで訪れた、あの友ケ島です(笑)

友ケ島に行ってきました♪
(2017年9月19日)

行程は、まず加太(かだ)の淡島(あわしま)神社の参拝から

先日お世話になった満幸商店さんの宣伝もしっかり車内でアナウンス(笑)

まぁこのツアーでお土産が買えるのは、ここか帰りの岸和田SAくらいですからね

Fotor_150812424466173~01Fotor_150812422842047~01






参拝のあとは地元の活魚料理店“いなさ”で海鮮丼のランチタイム

お客様と同じ海鮮丼が食べられると思い込んでいましたが

そんなに甘くなかった・・・(涙)
Fotor_150812426427164~0120171014_114451~01






食後は歩いて友ケ島汽船の船のりばへ

お店からはすぐそこだし、桟橋も見えているんですが

ちょっと道順がややこしい・・・

赤い橋(加太大橋)が見えてきたら右側の階段を降ります

左手に桟橋が見えるので左から降りれそうですが、左からは行けないので注意

Fotor_150812394507387~01Fotor_15081248275401~01






階段を降りて橋の下をくぐると売店の先に友ケ島汽船の窓口があります

Fotor_150812495869976~01Fotor_15081250225288~01






団体の場合は団体用の乗船券が1人1枚(添乗員&語り部分も)

今回は行きはツアーバッチ対応で、帰りに使用して下さいとの指示でしたので

こちらの団体乗船券は帰りまで添乗員が保管
Fotor_150812504519554~01PA140014~01






Fotor_150812506678383~01窓口にパンフレットがありますが

最近品薄なので家族に1部でお願いしているようです

ツアーの際は予めネットからダウンロードして配布しておきましょう!



コチラのサイトからダウンロードできます

■友ケ島パンフレット(和歌山市公式HP)


ちなみに船のりば横の売店はこんな感じ

島ではお菓子類は買えないのでご注意を!
PA140019~01PA140018~01






しかし土曜日だけあってすごい人!!

特に若者のグループやカップルが目立ちました
(羨ましい・・・・・・)
Fotor_150812523624851~01Fotor_150812400180387~01






今回は13時出航の船に乗って

15時半の船で戻ってくるので滞在時間は2時間弱

あまり時間がないので第3砲台跡とタカノス山展望台のみを巡るコースです

野奈浦(のなうら)桟橋に着いたら東側のルートから第3砲台跡を目指します
PA140031~01PA140036~01






このルートからスタートするのは初めてだったんですが

やっぱりこっちから行ってもいきなり上りなんや・・・
(当たり前か)
PA140037~01PA140038~01






足場の悪い山道を

登って登ってまた登る

ひたすら登るのみ
PA140042~01PA140043~01






着いていきなりだし、景色も見えないので精神的にキツいものがあります・・・
PA140045~01PA140047~01






でもね、今回の日程表にはこう書いてありました

★島内はきっちり整備されており、島内散策も気軽に行えます。


「は????」

当社基準ではこの道は“きっちり整備”されていて

“気軽”と呼ぶそうです・・・
(しかしよくまー“きっちり”まできっちり書くわ・・・)




さてさて、ようやくそれっぽい建造物が現れてきました

このトンネルの先にあるのは・・・

PA140048~01PA140050~01






ザ・友ケ島!な世界♪

お客様のテンションも一気に上がります♪
PA140051~01PA140055~01






よく見るこの場所は第3砲台跡でも“弾薬支庫”と呼ばれる弾薬庫跡

中は真っ暗なので懐中電灯がないとかなり不便です
(日程表に持参するよう記載してもらいたい・・・)

丸い池みたいなのは、大砲が置かれていた“砲座”
PA140057~01PA140066~01






第3砲台跡周辺を見学したら、もうちょっと頑張って“タカノス山展望台”を目指しましょう
PA140067~01PA140069~01






眼下に見えるには友ケ島灯台

奥に見えるのは淡路島です
PA140071~01PA140073~01






展望台のあとはひたすら下るのみ

帰りは一般客とツアー客を分けて乗船しました

団体が定員割れしないよう、優先的に乗船させてくれるためです

だから窓口にこんな貼り紙(写真右下)が貼ってあったのか!

個人で行かれる際はツアー客の有無に十分にご注意下さい(笑)
Fotor_150812411451527~01Fotor_150812415554956~01






さてさて、日帰りツアーとは言えよく歩いた1日でした

お客様の感想は

「こんなに歩くとは思ってもみなかった!!」


島に着いたらすぐに砲台跡があると思っていたみたいです

イメージ先行の観光地、尾瀬と一緒やね

「尾瀬は山である」って言葉があるけど

「友ケ島は山である」って意識が必要ですね

PA140077~01島内散策をされる方は歩きやすい服装と

それなりの体力を持って行かれることをお勧めいたします




あ、そうそう

先月のロケの際も今回も、まったく動物を見なかったんですよね

2011年にはじめて行った時は鹿・リス・クジャクがその辺にいたのに

友ヶ島に行ってきました♪その
(2011年11月4日)

PA140074~01語り部さんが言うには

最近は観光客が増えすぎて、動物はめったに出てこないんだとか
(夕方、観光客が減ってくると出てくるそうです)



まぁ人間ですら観光客の多さにビックリするくらいですからね

なんだか“無人島”であることや

“廃墟感”がウリの友ケ島の魅力が薄れていくような・・・

貴船「べにや」で納涼・川床料理ツアー♪

日帰りバスツアーで京都へ行ってきました

7月に行ったのと同じ川床(かわどこ)料理がメインのコースです

貴船「べにや」で納涼・川床料理ツアー♪
(2017年7月14日)


“貴船神社(きふねじんじゃ)”では前回行かなかった

“結宮(ゆいのやしろ)”へ足をのばしてみました

一番手前の“本宮”と一番奥の“奥宮”の間にあるので

別名“中宮(なかみや)”とも呼ばれているお社です

ご祭神は“イワナガヒメ”

イワナガヒメゆーたら天孫“ニニギ”の奥さま“コノハナサクヤヒメ”のお姉さん

なかなかレアな神様を祀っていますね♪

P9040001~01P9040004~01






境内には“天乃磐船(あめのいわふね)”と呼ばれる舟型の岩が

名前もかっこいいし風貌もめっちゃ神秘的な雰囲気ですが

出土したのは平成8年だそうです・・・
P9040006~01P9040005~01






こちらは“和泉式部(いずみしきぶ)歌碑”

貴船神社は平安時代の歌人、和泉式部ゆかりの神社としても有名なんです

なんでも旦那様と離縁寸前の仲だったんですが

貴船神社で祈願したら復縁できたそうな

貴船神社が縁結びの神社と言われるのもこのエピソードが関係しているんですね
P9040007~01P9040008~01






ほんとはこのあと奥宮まで行きたかったけど時間がないので昼食会場の“べにや”さんへ

納涼・川床料理

ゆーても、もう9月でしょ

この日の貴船の気温は22度

寒い!ってほどでもないけど

納涼!ってほどでもなかったね・・・(笑)

P9040013~01P9040012~01






添乗員の昼食は前回と同じく天丼でした

この天丼、めっちゃ美味しいんですよね

そうめんも極細で繊細なお味♪

ほんのり柚子の香りがするだしも絶品なんですよね〜♪

いつもありがとうございますm(__)m
P9040014~01P9040015~01







午後の観光は“龍安寺(りょうあんじ)”

ここのたしなみポイントと言えば

石庭(せきてい)に配置された大小15の石

どこから見ても15全部は見えない仕組みになったいるんだとか

15は東洋の世界で“完全”を意味する数字なので、いつまでも完成しない

って意味も込められているそうです
(完成は破壊の始まりでもあるので)

15と言えば・・・

9月15日はわたくしフナッシュの誕生日ですのでお忘れなく!(笑)
P9040021~01P9040022~01






あと方丈の北側にある“龍安寺のつくばい”もたしなみポイン

※つくばい=手を洗って清めるために庭園に置かれた手水鉢(ちょうずばち)


水戸黄門で知られる水戸光圀が寄進したそうです(現物は非公開で、ここにあるのは複製)

中央の口の形の受け口も利用して4つの字を配置

これで“吾唯足知(われ ただたれを しる)”

と読むそうです

意味は

「金持ちでも満足できない人はできないし、

貧乏でも感謝の心を持てば満足できる」



なかなかいいこと言うな〜

江戸時代からブータン王国の存在を知っていたかのようなお言葉ですね(笑)
P9040016~01P9040020~01






P9040023~01P9040024~01






この日は前半は雲行きが怪しかったんですが

後半になるにつれて天気が回復

龍安寺を出る頃には日差しもきつくてセミも鳴いていました


よくセミの命は短いから可哀そうって言うけど

セミはセミで感謝の気持で過ごしているのかもしれませんね♪

六甲山とわくわく工場見学ツアー♪【後半】

ランチのあとに向かったのは

ヤクルト本社・兵庫三木工場

“つくはら湖”って呑吐(どんど)ダムのダム湖の脇を通りながら

のどかな風景を進んでいきます

Fotor_150257891770283~01工場がある場所は“ひょうご情報公園都市”ってエリア

他にもサーティーワンアイスクリームの工場などが近くにありました




ちなみに前回行ったのは2年前

わくわくヤクルト工場見学とめんたいパーク♪
(2015年4月4日)

ここの案内のお姉さんは皆さん陽気で面白い(笑)

そんなお姉さんには申し訳ないですが、ここであまりゆっくりはしていられません

最後のお楽しみイベント、“宝さがしゲーム”の時間が迫っているんですよね・・・



六甲山カンツリーハウス

こちらも2年前に引き続き2度目

六甲・真夏の雪まつりと神戸港クルーズツアー♪
(2015年8月15日)

20170813_130030~01入口が東入口・中央入口・西入口とありますが

真夏の雪まつり会場に近い西入口から入場





いきなり楽しそうな遊具が溢れていますが

時間がないので雪まつり会場に直行です!!
P8110045~01P8110044~01~01






Fotor_150257969289814~01今回のツアーは前回同様、バケツとスコップ付き

会場に着いたらお客様に配る訳ですが

前にブログに書いたように、一般の人も混ざって取りにきてしまいます・・・


お客様の顔を見ながら注意して配ったのでなんとか個数は合いましたが

やっぱり人が多いのでヒヤヒヤ・・・

翌日は予め手書きの引換券を作ってバス車内で配布

会場ではそれと引き換えってことにしたので比較的スムーズでした♪
(引き換え券に名前を書いておくと誰が引き取ってないかも分かるので安心)


さぁ、お客様お待ちかねの宝さがしゲームがスタート!

スタート前の説明がやたら長いのは例年通り(笑)

でも優先入場が、前は大人同伴OKでしたが

今回は

大人の同伴なしで入れる幼稚園児
大人の同伴なしで入れる小学生
残りの人全員

って順番に改善されていました♪

ゲームの流れは前回の記事を参照↓
六甲・真夏の雪まつりと神戸港クルーズツアー♪

Fotor_150257961470746~01Fotor_150257965661629~01






Fotor_150257963028012~01Fotor_150257967829439~01







1日に数回行われるこのイベント

8月11日からは16時30分の回が増えたので助かりました♪
(8月10日までは15時が最終回)

このあと裏六甲ドライブウェイをドライブして大阪へ

お盆休みシーズンで渋滞が心配されましたが

2日間ともにそれどほど大きなトラブルもなく帰着することができました

お客様は小さいお子さまを含め

11日出発が43名

12日出発が51名!!

添乗員1人で対応するにはちょっと多すぎやろ!って人数でしたが

2日間共に企業研修中のインターンシップ生が添乗員体験として乗務していたんです

このインターンシップ生にはほんと助かったわ〜

てか、彼女たちがいなかったらと思うとゾッとする(笑)

Fotor_150257895578885~01Fotor_150257878924775~01






こんな渋滞する日程にこんな大人数

そしてなんといってもこんなハードな行程・・・

ベテラン添乗員でもヘトヘトになる日帰りツアーでしたが

終始笑顔で頑張ってくれましたね

本当にお疲れ様でした!!


まぁ本当はもっと若い同性の添乗員が連れていくべきだった思うけど・・・

六甲山とわくわく工場見学ツアー♪【前半】

世間はお盆休みの真っただ中!!

そんな中、2日連続で同じ日帰りバスツアーに行ってきました

行程は

 肇ぅ鵐好織鵐肇蕁璽瓮麋明記念館”でマイカップヌードルを作って

⊃生佑妊薀鵐船丱ぅングを食べ

ヤクルトの工場見学をして

は珊短海凌寝討寮磴泙弔蟆饐譴琶探し!

というお子さま向けのコース内容です


【インスタントラーメン発明記念館】

個人では何度か行ってるけど、仕事で行くのは恐らく2回目かな?

関西空港裏側見学とインスタントラーメン発明記念館♪
(2013年3月31日)

バス駐車場はないので池田市役所でバスを乗降

10〜15分ほど街中を歩くので迷子&車や自転車に注意です
(周辺は歩道がかなり狭い)

分岐点に案内看板が出ているので方向音痴添乗員でもなんとかなります(笑)

P8120007~01P8120004~01






再集合は

外の安藤百福像前(広いけど天候に左右される)か

館内の安藤百福胸像前(混雑するけど天候に左右されない)

のどちらかがいいと思います

館内に入ったら添乗員は先に受付をしてカップの引き換え券をもらいます

その間にスタッフのお姉さんが館内の説明
Fotor_150246072910344~01Fotor_150257880889712~01






説明が終わったら2階の会場へ
(一般客は通常1階の奥)

カップの配布は添乗員が担当

席の誘導は記念館のスタッフが担当します

大まかな流れは

.ップにお絵かき
¬容れやスープ・具材選びを経てパッキング
エアバッグに空気を入れて最後に紐を付けて完成

Fotor_150257939431743~01~01Fotor_150257940950287~01






ちなみに1階の一般用の会場は完成まで70分待ちでした・・・
Fotor_150257944886958~01Fotor_150257942349568~01






我々は滞在時間50分ほどでパパっと作ってもらってランチ会場へ
(翌日はかなり混み合っていたのでプラス20分ほどかかりました・・・)

9時半の開館と同時に着いてもこんな感じ・・・

夏休みシーズンはかなりの待ち時間を覚悟したほうが良さそうですね

ツアーで行く際は予めバスの中で

パッケージに何を書くか?

具やスープは何を選ぶか?


イメージトレーニングをしておいてもらいましょう!


ちなみに“インスタントラーメン発明記念館”は9月15日から
“カップヌードルミュージアム 大阪池田”に名称が変わるそうです

ちなみに9月15日はわたくしフナッシュの誕生日ですm(__)m


神戸クックワールドビュッフェ

ランチ会場は“神戸クックワールドビュッフェ・グランド六甲店”

はじめて行くレストランです

駐車場がないのでドライバーさんには申し訳ないですが

バスは“その辺”に回送です

(安全運転のためにも昼食くらいゆっくり休憩してもらおうよ・・・)


レストランは“神戸六甲ボウル”ってボーリング場の2階

エスカレーターを上がって奥にありました

P8110018~01P8110016~01






このお店は団体用とかじゃなく一般の人も利用するレストランです

スタッフの皆さんは親切ですが、ドライブインのような団体慣れはしていません

席割りなども添乗員はスタッフから使えるテーブル番号を教えてもらうだけって感じなので

添乗員が先にお店に入ってお客様のテーブル番号を決めておきましょう!

今回はお名前を書いた紙を予め用意してテーブルに置きました

Fotor_150257889885645~01Fotor_150257887528416~01






が、それでも会場が広くて案内しにくかったので

翌日は入店前にお客様にテーブル番号を伝えておきました

これだとお客様自身でもテーブルを探しやすいのでスムーズです♪

このコースは時間がないので滞在時間はバスを降りてから1時間って感じ

本当は席に着いてから1時間くらいとってあげたいんですけどね・・・

【後半へ・・・】

なにわ淀川花火大会ツアー♪

なにわ淀川花火大会、通称“よどばな”に行ってきました

仕事で・・・


意外にも仕事で“よどばな”に行くのは初めてなんですよね〜

“よどばな”に限らず、花火大会といえば・・・

バスの駐車場から会場までの誘導が添乗員にとって一番の不安要素

今回のツアーだと、バスの乗降場所から会場までは約2キロ

所要時間で40分前後かかるらしい

しかも分岐点が6ヶ所もあって、道がけっこう複雑

ただでさえ方向音痴なのに、これはヤバいでしょ!!

心配なので前日に仕事が終わってから下見に行ってみました

Fotor_150215710212166~01Fotor_15021570854510~01






Fotor_150215711630425~01Fotor_150215706888798~01






Fotor_150215705291745~01Fotor_150215695038858~01






Fotor_15021568828831~01Fotor_150215683081821~01






Fotor_150215675711448~01Fotor_150215653607985~01






誰もいない会場に到着

さすがに会場内には入れないだろと思ったんですが

すんなり入れた(笑)

警備員も誰もいなかったんですけど・・・
20170804_232808~0120170804_234251~01






歩いてみた感想は

確かに遠かった〜

しかも2ヶ所くらい分岐点で迷った(笑)


【花火大会当日】

バス乗降場所から会場までのルートの分岐点にはスタッフが立っていてくれたいましたが

前日に下見に行っておいてほんと良かった♪

20170804_233740~01Fotor_150219929554586~01






なんとか全員無事に会場に到着

近すぎて首が痛くなるほど大迫力な観覧席にお客様も大満足でした♪

このコース、リピーターのお客様が多いのも納得です

20170805_201238~0120170805_195938~01






20170805_195459~01~0120170805_195127~01






20170805_195126~0120170805_195112~01~01






20170805_203755~0120170805_203740~01








20170805_205851~01帰りはさすがに全員まとまって移動は無理でしたが

それでも迷子のお客様を出すことなく帰ってくることができました♪

協力的なお客様に感謝です!!


ちなみに最終の降車場所

枚方に到着したのはジャスト0時でしたm(__)m



実は会場に向かう途中、いきなり大粒の雨が降ってきたんですよね

雨雲レーダーで見たら、ごくごく狭いエリアだけ雨雲がかかっていたようです

結局30分ほどで止んだので花火大会にも影響はなかったので良かった♪
Screenshot_20170805-155312~0120170805_151411~01






夏は天気が急変しやすいですよね

祭りや花火大会には雨具は必ず持参しましょう!

貴船「べにや」で納涼・川床料理ツアー♪

日帰りバスツアーで京都へ川床料理を食べに行ってきました

川床料理って

「かわどこ」なのか「かわゆか」なのか

ややこしいですよね・・・

一応、京都では

貴船・高雄エリアは「川床(かわどこ)」

鴨川エリアは「川床(かわゆか)」

若しくは「納涼川床(のうりょうかわゆか)」

と呼ぶそうです

ちなみに貴船も

「きぶね」なのか「きふね」なのか

ややこしいですよね・・・

前にもブログで書きましたが

地名は「きぶね」で神社は「きふね」と呼ぶそうです



さてさて、ツアーで貴船に行くのは今回で2度目

堺と京都の特別公開1日目♪
(2015年11月19日)

前は“鳥居屋”さんで夜ご飯でしたが

今回利用するのは“べにや”さん

駐車場は“一の谷駐車場”を利用

20170717_202959~01位置関係でいうとこんな感じ

べにやさんと貴船神社の間に駐車場があるってことですね

今回一番奥の駐車場で添乗員的には助かりましたが、ドライバーさんは大変だったようです・・・
(遠い駐車場の場合は送迎バスで移動)



駐車場から坂道を上ること約7分

P7140022~01P7140018~01






ようやく貴船(きふね)神社の鳥居が見えてきました
P7140001~01P7140002~01






灯篭が立ち並ぶ石階段は人気の撮影スポット

境内の七夕飾りが夏を感じさせてくれます♪

P7140004~01P7140006~01






貴船神社では“水占(みずうら)みくじ”っておみくじがあるんですね

P7140015~01P7140014~01






水に浮かべると文字が浮き出てくる仕組み

松江の八重垣神社みたいに用紙にお金は置かなくて大丈夫(笑)

QRコードを読み込むと外国語に翻訳された音声が聞けるそうです

外国人観光客が多い京都らしいサービスですね
P7140009~01P7140013~01






参拝後は「べにや」さんで川床(かわどこ)料理の昼食です

まだ梅雨があけていませんが、お天気が良くてほんと良かった

雨だったら店内なのでお客様はガッカリですよね・・・

P7140026~01P7140027~01






でも、ちょうど食べ終わった頃に急に雨が降ってきました

お店の方が慣れた手つきで撤収作業にはいります

ほんとあっという間に撤収完了(笑)
P7140029~01P7140032~01







ギリギリセーフで川床料理をお楽しみ頂いたあとは

京都市内の和菓子店“鶴屋吉信(つるやよしのぶ)”さんでお買い物タイム
20170714_132348~0120170714_132416~01






そのあと“龍安寺”

龍安寺って今までずっと「りゅうあんじ」と思っていましたが

「りょうあんじ」なんですね

漢字の読み方ってほんと難しいわ・・・


ここは仕事で来るのは初めて

数年前にプライベートでは来たことがありますが・・・

京都8大桜名所めぐり♪(上)
(2006年4月14日)


まず駐車場からお寺に向かうと、最初の受付が見えてきます

ここは“龍安寺”の拝観受付

ここで入山料を支払います

個人の場合はここでチケットを受け取りますが

団体の場合はチケットがないので、ここで受け取るのは領収書のみ

このあとメインの“石庭(せきてい)”までお客様を誘導

P7140048~01Fotor_150002146264893~01






境内を“石庭拝観”の案内表示に従って進みます

途中、左手に見えているのは“鏡容池(きょようち)”と呼ばれる池です
P7140046~01P7140045~01






階段を上がって先にある受付が“石庭”の拝観受付

ここで一般の人はチケットを渡します

団体はチケットがないので、ここでパンフレットを受け取ります
(龍安寺の受付の方が内線で連絡しています)

でもここから入っちゃダメなんです
P7140043~01Fotor_15000214018180~01






団体の入口は奥に別にあるんです

パンフレットは一般の入り口で受け取るけど

団体の入口は別ってことです

ややこしい・・・
P7140035~01P7140040~01







でも龍安寺で一番ややこしいのは帰り道なんですよね

行きは意識しませんでしたが、帰り道がY字に分かれているんです

左は「タクシー・駐車場」

右は「バス停」

と表示があります

一般の人は市バス利用が多いので右に流れていくんですね

お客様も観光“バス”で来ているので、思わず

“バス停”の“バス”って表示に従ってしまいます・・・

Fotor_150002044488697~01P7140050~01






龍安寺に行かれる添乗員さんは、行きにしっかり案内しておくか

帰りにここで立って誘導してあげたほうが良さそうですね



日帰りツアーってほんと毎回ドキドキで気が抜けんわ・・・

伊賀上野と亀山花菖蒲園ツアー♪

日帰りバスツアーに行ってきました

大阪を出発し、まず最初に向かったのは“上野公園”

上野公園ゆーてもパンダや西郷どんがいる

あの上野公園ではなく

三重県“伊賀上野市”の上野公園です

ツアーで上野公園とか、かなりマニアックですよね

今回ご一緒したベテランドライバーさんも初めてって言ってた(笑)

P6200017~01P6200016~01






観光案内所の横にバス駐車場がありますが、ここは乗降のみで

お客様が散策中はちょっ手前の市役所の駐車場へ回送します

ここでお客様は約1時間の自由散策

行き先としては

■忍者博物館
■芭蕉翁(ばしょうおう)記念館
■上野城
■だんじり会館
■組匠(くみ)の里


こんな感じでしょうか

とりあえず希望のお客様と一緒にお城まで行ってみました
P6200018~01P6200004~01






上野城は大阪城と並んで日本でも1、2を誇る立派な石垣が残っていることで有名

黒澤明監督の「影武者」のロケでも使用されたそうです
P6200003~01P6200001~01






お城の前に1軒ポツンとあった屋台でお客様がかき氷をご馳走してくれました♪

お好きなシロップかけ放題♪(笑)

P6200005~01P6200006~01






お城観光のあとは同じ道を引き返さなくても

ぐるっと公園を回ると

松尾芭蕉生誕300年を記念して建てられた
“俳聖殿(はいせいでん)”

忍者博物館

芭蕉翁記念館

と経由して駐車場まで帰ってこれます
P6200009~01P6200013~01






そう言えば、ずいぶん前にYOCのメンバーとここ来たな〜

伊賀で忍者体験♪
(2007年9月18日)


あと駐車場から大きな通りに出ると“だんじり会館”(写真左)

その斜め前には“組匠(くみ)の里”という施設(写真右)があります
P6200019~01P6200023~01






伊賀の工芸品でもある“くみひも”

最近では映画「君の名は」の劇中で登場して人気を集めているんだとか
(映画見てないので全然わかりません・・・)

20170620_121231~0120170620_121109~01






組ひも体験もやっているそうで

1階は1度に5〜6名しかできませんが

2階には団体用の教室もありました(50名ほど収容)

※団体の場合は要予約です
20170620_120733~0120170620_121013~01






さて、伊賀上野の散策のあとはお馴染みの“名阪上野ドライブイン”で昼食

P6200024~01P6200029~01






午後は亀山公園にある“菖蒲園”

10日頃がピークだったということで

花はしおれかけておりました・・・

お客様が「なんだか自分みてるみたいで悲しなるわ!」ってボヤいてた(汗)

まぁ満開だったとしても、ここはツアーで来る場所じゃないですね

バスの駐車場もないし

市民の憩いの公園って感じです

P6200032~01P6200042~01






P6200034~01P6200038~01






P6200030~01P6200037~01






アジサイが綺麗だったのがまだ救いだったかな

自販機や売店などはないのでご注意を!



さてさて、このツアーではフルーツの詰め合わせがお土産で付いていたんですが

積込先の草津PAで現物を見て、あまりの箱の大きさにビックリ!

梱包されてるから中身の確認ができないし

しかも持って帰るのに取っ手もない!!

これはアカンわ・・・

20170620_155039~01P6200043~01







今回のツアーを振り返ってみると

上野公園の有料施設⇒各自負担

亀山の花菖蒲園料⇒無料


これでツアー代金9980円・・・・・・・・・

佐藤錦食べ放題と嵯峨野トロッコ列車♪

睡眠2時間で寝不足の中、日帰りバスツアーに行ってきました

参加者は42名中、40名が女性のお客様!(笑)

婦人会の御一行みたいな雰囲気の中

最初に向かった先は兵庫県篠山市にある“篠山玉水ゆり園”

例年だと今ごろが見頃だそうですが、今年はちょっと遅いみたい

まだ全体的に“見頃!”と言った感じではないですが

品種によっては綺麗に開花しているゆりもありました♪

ここ、初めて行く観光地だと思ったら

↓6年前に1度行ってた(笑)
さくらんぼ祭りツアー♪
(2011年6月8日)

P6170005~01P6170002~01






P6170001~01P6170006~01







お昼はゆり園を経営している“ささやま玉水”さん

我々は11時前に到着できたので1番乗りでしたが

続々と観光バスが入ってきて、いつの間にやら駐車場はバスで溢れ返っていました
20170617_113623~01P6170008~01






このツアーの目玉のひとつは

昼食時に用意されている5大フルーツ食べ放題!

さくらんぼの王様“佐藤錦”が食べ放題なんて豪華ですよね♪
P6170013~01P6170011~01






食後は新光悦村の井筒八ッ橋さんに立ち寄って“美山かやぶきの里”

美山も来るの何年ぶりだろ?
↓これ以来???
美山かやぶきの里
(2006年8月10日)

P6170021~01P6170017~01






自分はあんまり詳しくないので周囲の添乗員さんにオススメスポットを聞いたら

みんな“美卵(みらん)”って言っていましたね

新選な卵や牛乳を使ったスイーツを提供している小さなカフェです

試しに牛乳ジェラートを食べてみましたが

確かに美味しかった♪
P6170019~0120170617_141740~01







この日、玉水さんにいたツアーのほとんどは

美山かやぶきの里のあとは帰るだけ!って行程でしたが

我々はこのあと亀岡へ向かって“嵯峨野トロッコ列車”(笑)

↓トロッコはさらに遡ってこの時以来???
嵯峨野トロッコ列車
(2006年4月3日)

P6170023~01P6170024~01






最近の日帰りツアーには珍しく、かなり盛りだくさんな内容でしたが

それでも20時前には最終の久宝寺駅まで帰ってこれました♪


翌日は神社検定の試験だったので最後の追い込みをしたかったんですが

さすがにフラフラで勉強もせずに翌朝まで死んだように寝てたのでした・・・

20170617_204607~01あ、そんなんゆーてて

帰りに天王寺の釣具屋に寄る気力はあったのはここだけの話しです

東洋一の藤棚「天王川公園」と日野ダリア園ツアー♪

ゴールデンウイークの真っ只中に日帰りバスツアーに行ってきました

コース内容は

愛知県の天王川公園で藤を見て

関ケ原で食べ放題のランチを食べ

ごまの郷で見学&ショッピングをして

滋賀県の日野ダリア園で牡丹や芍薬(しゃくやく)を見学

という行程

P5030106~01P5030109~01






P5030103~01P5030083~01






P5030102~01P5030101~01






P5030093~01P5030094~01






20170503_154435~01Fotor_149385593085146~01






Fotor_149381385234026~0120170503_154518~01






Fotor_149381388062883~0120170503_154500~01







Fotor_149381376350371~01朝から渋滞25km

そりゃゴールデンウイークだもんね・・・





結局、行程は大幅に遅れ

昼食会場に着いたのは15時40分!

ごまの郷も日野ダリア園もカットして大阪に帰ってきました・・・

そもそもゴールデンウイークなのに平日とまったく同じ行程って・・・


今回お客様は47名で久々に添乗員は補助席を利用

新入社員の季節だし、たまには初心に戻って補助席もアリか♪

と思ったけど

さすがにこの状況で補助席はキツかったわ・・・(涙)

ぽかぽか高知・早咲き桜と日曜市ツアー♪

久しぶりに高知県に行ってきました

日帰りバスツアーで・・・

最初、この仕事を頂いたとき

「日帰りで高知なんて、行く人おるんかいな!」

ってバカにしていたんですが

なんと2台口でした(笑)


コース内容はいたってシンプル

大阪を出発し、途中2回トイレ休憩を挟んで高知入り

高知城の早咲き桜や日曜市を自由散策

そのあと桂浜に行って大阪に帰ってくるコース


仕事で高知には何度か行ったことがあるけど

高知城や日曜市は初めてです


04~01バスは追手門(おうてもん)より少し北側にある駐車場を利用
(予約不可)

写真だとピンク色で示したL字型のエリア





駐車場から高知城までは赤のラインに沿って進みます

日曜市の会場は緑色で示したエリア(追手筋)

この道(追手筋)沿い1.3キロに約420店舗が並んでいるそうです

高知城側(駐車場側)が日曜市六丁目

反対の高知駅側が日曜市一丁目




駐車場の予約ができないので心配しましたが

ドライバーさんが言うには今までここに止めれなかったことはないそうです(笑)

駐車場の横に公園があって、そこにトイレもありました♪

P3260069~01P3260004~01






8時に梅田を出発し、駐車場に到着したのは12時半

お腹がペコペコだけど、まず高知城の桜をチェック!

高知城の桜は三の丸がメインだそうですが・・・
P3260008~01P3260014~01






全然咲いてないやん・・・・・・・・・・(涙)
P3260023~01P3260017~01






かろうじて2本くらいは咲いてたかな?

まぁ、まったく咲いていないよりマシか・・・
P3260022~01P3260021~01






はじめてなので天守閣にも登ってみました
(大人:420円)
P3260026~01P3260036~01






天守閣から見下ろした三の丸

上から見てもやっぱり咲いてないね・・・・・
(当たり前か)
P3260033~01P3260034~01







さて、いよいよお待ちかねのランチタイム!

とりあえず定番の屋台村“ひろめ市場”に向かったんですが

予想通りすごい人!!!

全然食事にありつける気がしない・・・
Fotor_149051712041175~01Fotor_149051716957835~01






餃子で有名な“安兵衛(やすべえ)”も40〜50分待ち・・・

P3260045~01P3260046~01






ちなみに以前、安兵衛に行った際の記事はコチラ↓
屋台餃子の安兵衛って知ってる?
(2010年3月4日)

時間もそんなにないし、ここは潔くひろめ市場は諦めよう

高知市内はアーケード街が多いので今日みたいな雨の日はありがたいです

P3260065~01P3260066~01






お、ひろめ市場で行列を作っていた「明神丸(みょうじんまる)」の看板を発見

ここは丼&宅配専用のお店みたいです

メニューには鰹のタタキを使った丼がズラリ!

お値段も全ての丼が680円(税別)とリーズナブル♪

しかも空いてる!!

でも問題点がひとつ

この丼、店内では食べれず持ち帰り専用だそうです・・・(涙)

P3260048~01P3260049~01






アーケード内に休憩用のベンチはあるけど

1人じゃちょっと食べにくい・・・

こんな時、台数口だといいよね

相棒がいるおかげでアーケード内で堂々と食べることができました(笑)
P3260050~01P3260052~01






このあと日曜市をブラブラ散策してタイムリミット

所要時間2時間半ではあっという間でした
P3260054~01P3260053~01






このあと桂浜で龍馬とご対面して大阪へ
P3260072~01P3260075~01






途中、2回ほど渋滞にハマりましたが

なんとか21時半に梅田に帰ってくることができました


桜はちょっと早かったですが

日帰りで南国土佐を感じられる面白いコースでした

ちなみに前日まで連休だったので

高速バスを使って松山に行っていたんですよね

2日連続、大阪と四国をバスで行ったり来たりでフラフラです・・・

海女小屋で食べる伊勢海老・あわび残酷焼きツアー♪

日帰りバスツアーで伊勢・鳥羽方面へ行ってきました

このツアーのメインはツアータイトルにもある通り“海女小屋”で食べる海鮮料理!

今回お世話になったのは旅館、“御宿 瀬乃崎(おんやど せのさき)”さんの敷地にある

“畔蛸(あだこ)かまど”という海女小屋

P2140020~01P2140019~01






小屋の中では現役の海女さんと楽しくおしゃべりしながら新鮮な海産物を味わえます

この海女さんがこれまためちゃくちゃ面白いんですよね

ちょっとSっ気のある毒舌キャラの“ひーちゃん”と

大阪のおばちゃん的なお笑いキャラの“しーちゃん”

こちらの海女小屋ではだいたいこの2人が担当してくれるそうです

お2人のマシンガントークには脱帽です(笑)
Fotor_148707450289761~01Fotor_148707444529237~01






P2140006~01P2140010~01






それにしてもすごいボリューム!!

もちろん添乗員は食べれませんけど・・・

お客様の食事がこれほど羨ましいと思った事はないね・・・

P2140008~01P2140012~01






海女小屋利用の注意事項としては

■小屋が狭いので余計な荷物は持っていかない

■靴を脱ぐのでトイレに行くなら先に済ます

■衣類に匂いがかなり付くのでコート類はなるべく持ち込まない


こんな感じかな

お腹いっぱい海の幸と海女ちゃんトークを楽しんだあとは

今年3回目の伊勢神宮へ♪(笑)

今回は内宮だけの片参りです

平日の午後だったのでガラガラでしたね

赤福も待ち時間なく購入できていました

P2140061~01P2140048~01






今回はお昼にさんざんアマ(海女)ちゃんとおしゃべりしたので

内宮のアマ(天照大神)ちゃんには会いにいかず

“猿田彦神社”へ行ってサルタヒコ&アメノウズメにご挨拶してきました

P2140029~01P2140041~01






古事記に縁の深いこのお2人(柱)

天孫降臨の際にニニギ御一行を誘導したツアコン的(?)なサルタヒコは

道開きや交通安全の神様

天の岩戸開きの際にストリップ(?)を踊ったアメノウズメは

芸能やお稽古事の神様です

猿田彦神社と佐瑠女神社♪
(2014年2月22日)


あ、今回行った“畔蛸かまど”さんの近くには

一時期パワースポットとして特に女性に大人気だった

“石神(いしがみ)”神社&“神明(しんめい)神社”があります

個人で海女小屋に行かれる際は是非そちらも足を運んでみて下さいね

伊勢旅1日目・後半〜石神神社&外宮参拝〜
(2014年2月18日)

丹生神社と鯛づくしご膳ツアー♪

日帰りバスツアーで和歌山に行ってきました

年末年始からやたら縁のある和歌山県です(笑)

集合場所の始発地は珍しく寝屋川

八坂町の歩道橋はいつ見ても廃墟感がハンパない・・・

耐震とか大丈夫なんやろか・・・

なんて余計な心配をしつつバスは和歌山を目指します

P1140002~01P1140003~01






最初に向かった先は“丹生(にゅう)神社”

かなりマニアックな神社ですが

毎年10月に行われる“笑い祭”は日本の奇祭と呼ばれていて

県の無形民俗文化財にも指定されているそうです

P1140026~01P1140004~01






ネットでもほとんど情報がない神社ですが

想像以上にちゃんとした神社でした♪

手水舎の水は予想通り止まっていましたが

後ろの蛇口をひねったら、ちゃんと水が出てきた(笑)
P1140005~01P1140007~01






P1140008~01P1140021~01






摂社・末社もしっかりありますね

オオクニヌシやスサノオ

イチキシマヒメやエビスなど結構な顔ぶれでした

P1140020~01P1140019~01






P1140023~01P1140017~01






お昼は道成寺のドライブインで“鯛づくしご膳”

そして嬉しい(?)特典付き♪

特典の内容はと言うと

那智黒1個、干し梅1個とか・・・

P1140027~01P1140030~01






午後は白崎海岸と湯浅醤油
P1140044~01P1140034~01






そして堺の“街のみなと”堺店へ

ここでも特典付き

発泡スチロールの箱の中には

鯛1匹、サザエ、ホタテと内容はそこそこなんですが

甘エビそのまんまかーい!!!

ワイルド過ぎるやろ!!!

パック詰めか、せめてビニール袋にでも入れて欲しかったです

お客様が自宅に着く頃には氷も解けてグチャグチャになってるやろな・・・

P1140052~01P1140050~01






この日は北日本を中心に今シーズン最大級の寒波が到来

かなり寒い1日でしたが、なんとかスムーズに寝屋川に帰ってこれました

P1140055~01P1140056~01






寝屋川に着くと雪が舞っていましたね

大阪で見る雪は今シーズン初めてです

明日の琵琶湖も寒そうだなー・・・



あ、仕事じゃなくてバス釣りですけど(笑)

歳末お買い物ツアーIN白浜♪

和歌山へ日帰りツアーに行ってきました

20161225_073556~01“門真団地”というかなりマニアックな配車場所を出発し向かった先は

白浜の大型ドライブイン“とれとれ市場”





久々に行ったら隣にダイコクドラッグができていました(笑)

ランチはこちらで海鮮丼を頂きます♪
20161225_122043~0120161225_121519~01






海鮮丼と言ってもただの海鮮丼ではなく

自分で具を選ぶ自分好みの海鮮丼です♪

14種類の具の中から好きなネタを10種類をチョイス!!

ただし高級なトロ&クエは1枚限りますが・・・
20161225_112852~0120161225_112822~01






20161225_113135~0120161225_113217~01






会場には30名30通りの海鮮丼

これ、なかなか面白い昼食ですよね

20161225_113305~0120161225_113313~01






20161225_113355~01←エビ&ホタテ好きなお客様の海鮮丼(笑)

自分が作ったらきっとこんな丼になるんだろーなー




20161225_114635~01←お店の方が出してくれた添乗員用の海鮮丼

さすがにトロもクエも入ってなかった・・・(涙)





このあと梅干し工場と産直市場に立ち寄って帰るのみ!

はい、観光は一切なし!

なんせツアータイトルがお買い物ツアーですから!

20161225_133444~0120161225_142028~01






特に大きなトラブルもなく

特に道が混んでいた訳でもなく

予定よりかなり早めに門真団地へ帰ってきました

こんなラクちんでいいのかなーと思っていたら

バスの棚の奥の方に忘れ物が!!

中身は巾着入りの梅干しが3袋・・・

座っていた場所から持ち主が判明!

着払いで送って欲しいとの事だったので

かしこまりましたー!って安請け合いしたはいいけど

巾着入りの梅干しをそのまま送るわけにはいかず

その後、ひとり駅周辺で段ボールを探すはめに・・・

これがなかなか見つからない

大きいサイズはあるけど、これだと送料が高くなるし

なにより隙間が空きすぎて商品が傷むし


結局、自分の最寄りの駅まで帰ってきて

ようやくジャストサイズの段ボールに巡り会えました!

さすがダイコクドラッグ♪(笑)

いい感じで隙間を埋めるパーツもあったし♪

めっちゃいい感じやん♪

20161225_192214~01Fotor_148266508931679







って

あークリスマスの夜に何やったんだろ・・・


ほんと悲しくなったわ(涙)



最後の最後でますます日帰りツアーの苦手意識が向上した

そんな2016年のクリスマス添乗なのでした・・・

秋限定!琵琶湖今昔物語♪

アサインが付いてからビビリまくっていた日帰りバスツアーに行ってきました

終日、琵琶湖の周辺だけで過ごすのですが

なんとも内容が盛りだくさん

ー長生の郷(すないのさと)で和菓子のお買い物
△咾鏝仟臘鉄曄イングリッシュガーデンの見学
ミシガンに乗船してニクルーズ
て擦留悄嵎謄廛薀供廚任買い物
イ咾鏝丱丱譽い離乾鵐疋蕕ら紅葉見物
今年の夏オープンの新名所「びわ湖テラス」
Г咾鏝丱丱譽い妊薀鵐船丱ぅング
┷篷椒院璽屮襪ら比叡山の紅葉見物
比叡山ドライブウェイを紅葉ドライブ
八つ橋屋さんでお買い物

個人的に大好きな琵琶湖を

これでもか!ってほどアピールしてくれるのは嬉しいけど

ちょっと欲張りすぎですわ・・・


終日、気が休まることがなく

精神的にかなり参りました・・・

PB200008~01PB200005~01






PB200013~01PB200016~01







PB200019~01PB200018~01






PB200020~01PB200023~01






PB200031~01PB200028~01







でも2回も下見に行った甲斐はあったね

あの下見がなかったら精神的にもっとダメージが大きかったと思います

ほんと自分を褒めてあげたい気分(笑)


やっぱり日帰りツアーは何度行っても怖いなーと

苦手意識がさらに高まった1日なのでした・・・・・・

秋の大収穫祭IN岡山播磨♪

いよいよ10月に入り、秋本番!

ということで秋の日帰り定番ツアー

“大収穫祭”に行ってきました

昨年は丹波で黒豆狩り&栗拾いでしたが

今回は岡山県で栗拾い・新米すくい・マスカット狩り

&兵庫県でサツマイモ掘りです

秋穫祭in丹波 日帰りツアー♪
(2015年10月10日)


まず最初は“小林芳香園(こばやしほうこうえん)”で栗拾い

場所が分かりにくいのでグーグルマップでは

岡山県美作市海田1691

で検索しましょう

売店で専用の籠と火ばさみを持っていざ農園へ

20161001_110450~0120161001_110707~01






こちらの農園(というか山)

斜面がかなり急なので足元には十分に気を付けましょう!

でも去年より栗拾い感があって雰囲気は良かったです

20161001_110933~0120161001_111324~01






栗はたくさん拾ってもお持ち帰りは1人500gまで

それに満たない場合はちゃんと足してくれます

お茶屋さんが経営している観光農園だけあって売店では色んなお茶が売られていました

20161001_113134~0120161001_113149~01






お次は吉井川のコスモス街道

20161001_120219~0120161001_121039~01






コスモスを見に行ったんですが

地元の方が作った人形たちがシュールで面白すぎてこっちがメインみたい

これ、コンテストになっていて優勝作品は賞金が出るそうです(笑)

20161001_121621~0120161001_120620~01






20161001_120817~0120161001_120952~01






20161001_120539~0120161001_120528~01






20161001_120417~0120161001_120514~01







20161001_123822~01お昼は西の屋・菊ヶ峠店

新米の掬い取りをしたあとちょっと遅めのランチタイム

そして食後は皿盛りのマスカット食べ放題


20161001_123950~0120161001_124347~01







午後は“原田農園”でマスカット狩り

1房プチっと切って、ハイ終了

10分で皆さまバスに戻ってきました・・・(笑)
20161001_135918~0120161001_135949~01







最後は神戸市西区にある“小束野農園(こそくののうえん)”でいも堀りです

20161001_162214~0120161001_160734~01






畑では1人づつのスペースが白線で区切られていて

イモは1人2株が割り当てられていました

ここはグラムじゃなくて1人2株分のサツマイモをお持ち帰り
(てことで当たりはずれあり・・・)

20161001_160810~0120161001_160932~01






20161001_162306~01農園にはペットに鹿やポニーもいましたね

首輪をしている鹿は初めてみました(笑)





今日は雨が心配だったけど、なんとか霧雨程度で済んでくれてよかったです

栗・マスカット・芋

のうち、雨がひどいとマスカット以外は手渡しになる場合があるそうです

わざわざ農園まで行って手渡しじゃガッカリですよね

この辺は事前にしっかりお客様に案内しておいてほしいものです
(個人的には雨天の場合はツアーは中止にしたほうがいいと思う)


だってお客様は栗や芋を持ち帰るのが目的じゃなく

自分で拾ったり自分で掘ったりっていう“体験”が目的で参加している訳ですから・・・

有田の巨峰狩りツアー♪

久しぶりに日帰りバスツアーに行ってきました

毎年人気の巨峰狩りツアーです

P9100028~01行き先は和歌山県有田(ありだ)

有田といえば“みかん”ってイメージですが

巨峰作りも盛んなんですね



巨峰村と呼ばれる園内にはたくさんの農園があるので

ちゃんと道路に色分けした矢印が道路に書かれているのが親切です

P9100027~01P9100026~01






今回お世話になったのは“森園”さん

到着後、まずは冷え冷えの巨峰を食べ放題♪

制限時間とかは特に決まっていませんが

まぁ10〜15分ほどで皆さま終了していました

P9100005~01P9100004~01






P9100009~01気が済んだ方から食べ放題用のお皿を返却

ハサミが入った買い物カゴを受け取り、農園へ移動





移動ゆーても斜め前の畑なんですけどね

傾斜があるので足元に注意しましょう

P9100010~01P9100012~01






ハサミで刈り取る前に、紙袋を開けて中身をチェック

黒々と色が濃い方が美味しいそうです
P9100022~01P9100021~01






P9100023~01刈り取ったらさっきの食べ放題会場に戻ります

お土産用に箱詰めしてもらって終了




ここまで所要時間は50分くらいでちょうど良かったです

ぶどう狩りと言ったら

YOCで行ったぶどう狩りを思い出すね

最近集まってないなー・・・(涙)

YOCでブドウ狩りに行ってきました♪
(2011年10月5日)



お昼は道成寺(どうじょうじ)で鱧鍋と太刀魚の刺身定食

P9100031~01P9100029~01






食後は湯浅醤油と黒潮市場に立ち寄って帰りました

黒潮市場と言えば、隣に“ポルトヨーロッパ”というテーマパークがありますが

今年の3月から大人1500円の入園料が無料になったんですね!

これは行かなきゃ損!

なはずですが・・・

P9100033~01P9100042~01






なぜかポルトヨーロッパじゃなく、黒潮市場の玄関前に人だかりが

何かイベントでも始まるんですかねー?

ってマイクでお客様に案内してたんですけど

降りてみたら、ただポケモンしてるだけだった(笑)

入園料を無料にしたポルトヨーロッパさんの立場が・・・


たくさんの人が集まってポケモンGOをやっている光景を初めて見たんですけど

この人だかりがそれだと聞いて、正直背筋がゾッとした・・・

Fotor_147369077302785~01Fotor_147369089964691~01






Fotor_147369082814036~01Fotor_14736909676746~01







黒潮市場の方に聞いたら

この日はまだマシなほうで、昼より夜の方が多いんですって

昼間は買い物や飲食をしてくれる人もいるのでいいんだけど

お店が閉まったあとはゴミだけ置いて行かれて困っているんだとか

夜間、ポケモンGOをプレイしている皆さん

ゴミはちゃんと持ち帰りましょうね

夕日ヶ浦温泉かにづくしツアー♪

日帰りのバスコースに行ってきました

20160225_115633~01行先は定番の“夕日ヶ浦温泉”

前回行ったのが1月25日だから

ちょうど1ヶ月ぶりになります





1ヶ月前は寒波到来の中でのツアーでしたね

20160125_091243~01最初に休憩をとった京都縦貫の“味夢の里”では

白銀の世界





あれから1ヶ月・・・

20160225_092545~01まったく雪ないし!










20160125_120619~01そして夕日ヶ浦温泉

もちろんこちらも白銀の世界でした





あれから1ヶ月・・・

20160225_141248~01こっちも雪ないし!!








1ヶ月でこんなにも変わるんですね

もうこのまま温かくなってくれたらいいのになー



でも油断は禁物!!

その昔

3月の上旬に関空で大雪が降りまして

ハワイ行きの飛行機が5時間遅延

飛んでない飛行機の中で機内食を食べた経験がありますから!(笑)

今年は何事もなく無事に春を迎えたいものです・・・

夕日ヶ浦温泉かにづくしツアー♪

若草山ツアーの翌日は日帰りカニツアー

引き続き寒波が西日本を中心猛威をふるっている中

行き先は日本海側の夕日ヶ浦温泉・・・

大阪はまったく雪は積もっていないものの

1時間ちょっと高速を進むと辺りは一面の雪景色

20160125_091243~01←最初に休憩をとった京都縦貫道の“京丹波 味夢(あじむ)の里”






無事ホテルまで辿り着けるんかいなって心配しましたが

途中、速度制限やタイヤチェックインがあったくらいで

大幅な遅れもなくホテル到着

20160125_105327~0120160125_120619~01






Fotor_14537206185037~0120160125_120129~01






お客様はかに2杯を使ったフルコースを堪能し

20160125_121551~01添乗員は塩辛い牛丼を堪能したのでした






帰りも特にトラブルもなく

19時には解散!

今回、始発が枚方だったんですど

Fotor_145372076543823~01駅前にある商業施設“ビオルネ”

あまりの廃れっぷりがショックだったなー




枚方営業所で内勤をしていた頃はよくお世話になったものです(涙)


話は変わりますが


ここ数日、ニュースでも会社でも寒波の話題で持ち切り

「あした、なに着ていきていく?」

って宮崎あおいじゃなくても心配しちゃいます

若草山も持ってる防寒着総動員って感じだったし

カイロもこれでもかってほど何種類も用意

そんな中

先日、USJで一緒に遊んだ北海道の阿寒に住む同期

akan子の子ども“あんり&あのん”の登校風景の写真を目にしました

1453726244093~011453726238136~01









これ見たら多少の寒さや雪で弱音吐けんね

あんり、あのん、ありがとう!

寒さに負けそうになったらこの写真見るわ!

ハルカス300とオープンデッキバスツアー・後半♪

食後に向かったのは上本町にある“近鉄高速バスセンター”

ここで観光バスから二階建てオープンデッキバス

“OSAKA SKY VISTA”
に乗り換えます

PC160091~01このスカイビスタは近鉄バスさんが運営

観光バスも近鉄バスさんだったのでほぼ横付けで乗り換え♪




座席の配置が複雑ですが、事前にFAXで教えてもらえました

団体用のチケットは特になく、座席にはフリースの毛布とカイロがセットされていました

車内にトイレがないので出発前に済ませておきましょう!
(※のりばのトイレはかなり小さいです)

PC160094~01PC160095~01






PC160096~01PC160101~01






この日は朝から雨だったんですよね

オープンデッキバスで雨ってかなり凹みます…

PC160099~01小雨程度ならレインコートが配布され

ひどい降りの場合は手動で屋根を付けるそうです





我々は15時半出発のバスでしたが

なんとか雨も上がってオープンデッキバスからの迫力ある景色を楽しめました

このバスは国内の2階建てバスでは一番車高が高いらしく

信号機や高速の下を通過するだけでもスリリング♪

身近な街もガイドさんの詳しい案内のおかげで新たな発見の連続

長年大阪に住んでいるご年配の方もかなり喜ばれていました

初めて乗った感想は

想像上に面白い!

想像以上に寒い!

想像以上に狭い!

上本町の受付スタッフが親切!

こんな感じでした(笑)

PC160114~01PC160120~01






PC160122~01PC160125~01






PC160132~01PC160134~01






スカイビスタはそのまま上本町バスセンターに戻るのですが

途中、ハルカス停留所(天王寺公園前)で下車することができます

我々はこのあとハルカス300に行くのでここで下車

ハルカス300への移動は前回と同じです

ニューハーフショーとふぐ会席ツアー【ハルカス300編】

展望台に上がった時間が17時前だったので昼と夜の景色が楽しめました

17時半にはすっかり夜景モードですね

PC160140~01PC160159~01






ハルカス300では現在、海遊館とコラボした3Dプロジェクションマッピングのイベントが開催中

60階のガラス窓や柱に映像が映し出されて幻想的な夜景が楽しめます

期間は11月25日〜来年の3月6日まで

これとは別に58階の空中庭園で光と音のショーもあります
(19:15〜21:15まで30分間隔)

PC160175~01PC160157~01






PC160174~01PC160164~01







しかし今まで無縁だったあべのハルカスに

月に2回も行くとは自分でもビックリやな・・・

ハルカス300とオープンデッキバスツアー・前半♪

連添で日帰りバスツアーに行ってきました

先日のベティマヨツアーと同じく、大阪人が大阪で遊ぶ

“地域住民生活等緊急支援のための助成金”を使ったツアーです

ニューハーフショーとふぐ会席ツアー【ハルカス300編】

今回は途中まで観光バスを利用できるのでちょっと安心♪

まず最初に向かったのは“海遊館”

仕事で行くのは初めてです(笑)

2015年12月21日 223315 JST~01バス駐車場は大観覧車の下

天保山マーケットプレイスに沿いながら海遊館へ向かいます
(途中、エスカレーターあり)



PC160078~01PC160069~01






PC160047~01右の白い建物が一般用のチケットブース

ここまで来ると海遊館のスタッフが声をかけにきてくれました




PC160053~01お客様はスタッフの誘導のもと、団体専用入口の手前に並んでもらいます






添乗員はチケットブースの奥にあるエントランスビル(黄色い建物)にて手続き

PC160048~01PC160049~01






建物の中に入って右奥が団体受付です
PC160050~01PC160051~01






PC160046~01ここで団体用のチケット(1枚)を受取り

先ほどの団体用入口にいるスタッフに渡します

もうちょっと要領のいいやり方おまへんか…



久々に海遊館に入ったけど、展示方法が工夫されていて面白かったです
(団体の受付方法も工夫してほしいものです)

アザラシがめちゃ可愛かった〜

PC160067~01PC160068~01







このあとバスは道頓堀へ

乗降は堺筋の日本橋(にっほんばし)付近

前に下見しといて良かった♪

ニューハーフショーとふぐ会席ツアー【づぼらや編】


今日のお昼は築地でお馴染みの“すしざんまい”

お店はくいだおれ太郎の奥にあります(1階)

PC160083~01PC160087~01






PC160079~01握り寿司と茶碗蒸しだけなので30分ほどでお店を出られるお客様が多かったですね






PC160081~01この日は添乗員のお昼もお寿司♪

お店の方も皆さんフレンドリーで快適なお店でした♪




食後は道頓堀をしばし散策

年末鳥取買い出しツアー♪

日帰りバスツアーで鳥取県に行ってきました♪

ツアーはいたってシンプル

まず賀露港(かろこう)で海産物のお買い物

PC150001~01PC150003~01






そのあと鳥取砂丘で“カニ鍋ご膳”の昼食

あ、はい

PC150006~01こちらが蟹の本場

鳥取県で食べる“カニ鍋ご膳”でございます

「・・・・・」



PC150010~01お楽しみ特典もこんなにたくさん♪

「・・・・・」




これ、わざわざ日程表に「お楽しみ特典!」ってお品書きまで書いてあるからね

〇どじょうすくい饅頭1個
〇梨スイートサンド1個
〇焼きあご1本
〇カニせんべい1枚

とかグダグダと10品も

もうね

“山陰のお菓子セット”でええんちゃいますか・・・




食後、ご希望の方は“砂の美術館”へ

今年のテーマは“ドイツ”だそうですよ

PC150011~01PC150012~01






PC150044~01PC150027~01






PC150033~01PC150037~01






PC150023~01PC150042~01






鳥取砂丘のあとは“とうふちくわの里ちむら”さんに立ち寄って帰るのみ

添乗員の出番は

帰りの“じゃんけん大会”と

“熱弁・因幡の白兎伝説”くらいでございました



話は変わりますが

PC150045~01鳥取砂丘のドライブインって

どこも昭和やなー




わくわくヤクルト工場見学とめんたいパーク♪

“春休み!わくわくヤクルト工場見学とめんたいパーク神戸”

という日帰りツアーに行ってきました


まず最初はヤクルトの兵庫三木工場へ

まだオープンして3年ということで、めっちゃ綺麗な工場です

工場が綺麗なだけじゃなく、とにかくいちいち芸が細かい(笑)

ただ生産ラインを見るだけって場所じゃなく

エンターテイメント要素が満載の工場見学でした

それにスタッフの皆さんが素晴らしい

ゲートの警備員さんの美しい敬礼から始まり

お手伝いをしてくれた男性スタッフも案内のお姉さんも素敵な方でした

やっぱり毎日ヤクルトを飲んでいる人はイキイキしているのか?(笑)

あと、トイレのピカピカ度には驚かされました…

菌を扱う会社だけに清掃や清潔感に関して意識が高いんでしょうね

P3300003~01P3300001~01






P3300006~01P3300005~01






P3300008~01P3300009~01






IMG_20150404_175903~01あ、ヤクルトって昔は瓶入りだったって知っていました?

なんかレトロで可愛いデザインですよね






この瓶を洗う仕事をしていた女性たちの手が艶々だったことから

ヤクルトの化粧品開発がはじまったそうです
(ヤクルトって化粧品も扱ってたんや)

この日一番驚いたのが

あの小さなヤクルト1本を作るのに

検査項目が160もあるという事実!!

小さい頃から身近な存在のヤクルトですが

知らないことが多くて色々と勉強になりましたm(__)m




お昼は“フルーツフラワーパーク”でバイキング

冬のイベント、“神戸イルミナージュ”が開催されるあの場所です

P3300012~01P3300014~01






午後は先月オープンしたばかりの新名所

“めんたいパーク神戸三田”

福岡の明太子メーカー“かねふく”さんが運営する明太子のテーマパークです(笑)

案内人さんと一緒に工場見学もできるんですが

規模はそれほど大きくありません
(売店の横にちょこっとあるって感じ)

ヤクルトさんの後だけに

“え、これで終わり?”って感じでした…

P3300041~01P3300021~01






P3300031~01P3300040~01






P3300022~01P3300035~01






P3300039~01P3300051~01






あと施設内に“めんたいランド”って有料エリアがあるんですが

ここを別途有料としている意味がよくわかりません…

公式サイトでは大人800円・小人600円となっていますが

今日行ったら大人500円・小人250円に値下げしていました
(いや、ここは無料でもいいと思うよ…)

ただマルチシアターのクオリティは高かったです(笑)

P3300023~01P3300050~01






IMG_20150404_175800~01このあと三田のアウトレットでショッピング

やっぱり行っちゃうよね

ナイキ





ちゃっかりジム用のTシャツを購入♪

シューズを買わなかっただけ自分を褒めてあげたいです(笑)



P3300063~01さて、今夜の晩ごはんは…

めんたいパークさんでもらった明太子を使ったパスタと

ヤクルトさんでもらったミルージュ(笑)



どちらも美味しく頂きましたm(__)m




あ、今回ビックリすることがあったんですよね

46名のお客様の中に

なんとこのブログをご愛読い頂いているお客様が乗っていたんです!

今まで他社の添乗員さんやホテルのスタッフ、バスの乗務員さんから

「ブログな添乗員のフナッシュさんですか?」って声をかけられたことはあるけど

自分のお客様に言われたのは初めてです

お褒めと励ましのお言葉まで頂きほんと感謝ですm(__)m


てか何処で誰に見られているかわかりませんね(笑)

“家から一歩出たらそこはステージ!”

と思って

なるべく外ではボケ〜っとアホそうな顔をしないよう気を付けたいと思います!

木下大サーカスといちご狩りツアー♪

日帰りツアーで奈良に行ってきました

日帰りで奈良ってことは吉野?

いやいや、さすがに花見にははまだ早いし…

と思ったら

“木下大サーカス”がメインのお子様向けツアーでした
(木下大サーカスとかめっちゃ懐かしい!)


現在工事中の天王寺公園を出発して奈良へ向かいます

P3230005~012015年3月28日 212217 JST~01







P3230010~01最初に向かったのが明日香村

ここで“あすかルビー”という品種のいちご狩り食べ放題♪




関西では最近、このあすかルビー絡みのツアーが人気ですよね

確かに甘くておいしいイチゴでした♪

ただ、農園が明日香村の中心部だったので

マイカーのお客様で周辺道路は大渋滞

大和郡山のイオンモール渋滞も重なって

昼食場所のホテル日航奈良さんには40分以上遅れての到着…

このあとサーカスの時間があるからゆっくり時間を取ることもできず…

実質40分弱でランチバイキングを召し上がって頂きました(涙)

P3230038~01お客様の協力もあって、なんとか無事に会場に到着

自由席利用ですが、団体を優先して入場させてもらえたので安心でした♪




ゲートの先(有料エリア)には

スナックコーナーやグッズ販売の売店、自販機なども完備

もちこみ飲食不可ですが、このエリア内で購入したものはOK

トイレもけっこうたくさんありました


ショーのプログラムは約2時間で

途中に15分の休憩があります

この時間はトイレや自販機に長蛇の列ができていましたね

ドリンクの購入はお早目に

ショー終了後は象さんと記念写真コーナーが設置されていました
(1枚800円)

P3230023~012015年3月28日 212112 JST~01






2015年3月28日 212358 JST~01P3230020~01






P3230026~01P3230029~01






今回はじめて木下大サーカスのツアーに行ったんですが

いちおーイベント系のツアーだし

奈良公演は30年ぶり!ってことでかなり賑わっているみたいだし

お客様には

バスがたくさん来ていると思いますのでくれぐれも迷子にならいように!

って念を押して説明したんです

で、現地に着いてみると…

観光バスは我々を含めて3台

P3230040~01しかもめっちゃ分かりやすいし!

テント横付け(笑)




やっぱり個人のお客様向けのイベントなのかな

奈良公演は4月13日まで開催されているそうです

お時間がありましたら是非足を運んでみてくださいね♪

木下大サーカス・奈良公演(公式HP)

天橋立15大味覚食べ放題ツアー♪【笠松公園編】

前半ちょっと熱くなってしまったので気を取り直して後半へ

お客様のバイキング会場もなんとか落ち着き添乗員のランチタイム

20150215_121151~01今回の添乗員のランチはコチラ

照り焼き丼とお吸い物にうどんが入った汁物





ちょうど向かいのお店に“セコガニ丼”の看板があったのを思い出し

照り焼き丼は軽めに食べて、自腹でセコガニ丼を食べてきました

以前、鳥取で食べた“親がに丼”と食べ比べてみたいし♪

鳥取のセコガニ丼は3000円でこちらの親がに丼は1800円

P2100090~01P2100092~01






やっぱりカニは価格に正直ってのを痛感いたしました

だいたいシーズン終わってるし

注文してすぐ出てくる時点で期待はしてなかったけど…


さていい加減に観光のお話に入りましょう


P2100120~01午後は

「あの神社、その神社、この神社」

で有名な“元伊勢͡籠(この)神社”



※籠神社のうんちくはコチラ


ご希望のお客様はケーブルカーで笠松公園にご案内しました

ずいぶん前にリフトでは上がったことがあるけど

ケーブルカーで案内するのは初めて

P2100118~01のりばへは

境内に入って本殿を左へ進みます




P2100117~01神社を出るとお店が並んでいます

誘惑に負けないように付いてきてもらいましょう





P2100115~01こちらがケーブル&リフトのりば

日曜だけあってかなり混み合っていまして




P2100113~01左側がリフトのりば

ちなみに現在は冬季休業中




P2100112~01ケーブルカーは所要時間約4分
(リフトは約6分)

最大定員75名ですが、実際の乗車は60名ほどだそうです




P2100099~01今の季節は雪景色の天橋立

なかなか情緒がありますよね

久々に上がりましたが、展望台もきれいに整備されていました





P2100108~01P2100103~01






ぜひ、あまはしツアーの際は笠松公園にも足をお運びくださいね!

あと、ケーブルカーは15分間隔(混雑時は臨時便あり)なので余裕をもってバスにお戻りください!(笑)

ジャズドリーム長島となばなの里ウインターイルミネーション【後半】

さて、ジャズドリームからなばなの里までは15分ほどで到着

駐車場はA・B・Cとありますが

観光バスはC駐車場内の観光バス専用エリアを利用します

駐車場内にも屋台がいくつか並んでいますが、この一番右に“団体チケットお渡し所”があります

土日など混雑時はここで手続きをしてチケットを受け取ります

P1200072~01P1200070~01






こちらがチケット

P1200056~01なばなの里の入口では見せるだけ

園内のベゴニアガーデンで再度チケットが必要になるのでなくさないように注意しましょう




チケットを配って園内の入り口へ(出口も同じ場所)

向かって右側が個人用窓口で左側が団体用窓口

平日などはここでチケットを受け取ります


P1200064~01P1200060~01






P1200074~01ちなみに添乗員&乗務員用の食事券は

この入口から入って右側の窓口で受け取ります




P1200084~01
園内はわかりやすいように案内表示が出ているので迷うことはないと思います
(はぐれることは大いにあると思いますが)




P1200086~01こちらがなばなの里の代名詞となっている“ベゴニアガーデン”

イルミネーション点灯までに見学を済ませておきましょう





あと点灯までの待ち時間に“アイランド富士”に乗るのもいいですね

詳しくはこちらの記事を参照♪

「アイランド富士に乗ろう!」

P1200085~01P1200087~01








ちょっと早いですが、そろそろイルミネーションのメイン会場へ向かってみましょう

この日の点灯時間は17時30分(公式サイトで要確認)

P1200089~01駐車場に15時40分に到着したので、まだまだ時間があります


が、もう並んでいる方もいますね



ちなみに、点灯するまでここから先は進めません

寒い日や雨の日は大変だと思いますが

早目にここに並ぶのがウインターイルミネーション攻略の一番の作戦だと思います

P1200093~01←ちょうど1時間前でこんな感じ

この日は日曜にしては空いてました





さぁいよいよ17時半を知らせる鐘が園内に鳴り響き、お待ちかねのカウントダウン開始♪

P1200097~01点灯ボタンは誰が押すかというと…

一番先頭の列の方と係員さんがじゃんけんをして決めていました




P1200102~01今まで何度か来てるけど、点灯の瞬間を見たのはこれがはじめて

めっちゃテンション上がりました♪




先頭集団と一緒に全長200mの光のトンネルを進みます

前に誰もいないって贅沢ですよね

P1200107~01P1200112~01






トンネルを抜けた先はメイン会場

P1200138~01今年のテーマは“ナイアガラの滝”

滝に虹が架かったり、花火が飛んだり

かなり凝った演出が楽しめました


P1200126~01P1200145~01






近くで見るのもいいですが、順路の途中にある展望台から見下ろすのも絶景です

P1200176~01階段で立ち止まって撮影すると

警備員さんにめちゃくちゃ怒られるので注意しましょう




P1200177~01展望台の上はこんな感じ

休憩用の椅子と甘酒コーナー(有料)がありました




展望台を降りると“お花畑”と呼ばれる100mの光のトンネルがあります

ここはさっきのトンネルより小規模ですが、色が変わったり小鳥のさえずりが聞こえてきたり

メインのトンネルとは一味違った雰囲気が楽しめます

P1200178~01P1200180~01






この他にも園内中央の池では珍しい“水上イルミネーション”

幻想的で吸い込まれそうな“鏡池”などあって見どころ満載

点灯時間の前はトンネル前がかなり混み合うかと思いますが

やっぱり早目に並んでもらって

残った時間で他の見どころを見てもらうのがいいと思います

P1200181~01P1200184~01






P1200187~01P1200190~01






今回は18時45分に駐車場を出発できました

園内は比較的空いてたし

お客様は協力的だったし

気温は高くて寒くなかったし

ドライバーさんはめっちゃ面白かったし

まったく問題なく今年初のウインターイルミネーションツアーを終えることができました


IMG_20150126_130210~01あ、27日から来月の5日まで西名阪の集中工事がはじまります

大阪からのバスコースは思いっきり夜間通行止めと重なると思うので

なばなの里に行かれる際はご注意くださいね





なばなの里(公式サイト)

西名阪集中工事(NEXCO西日本)

ジャズドリーム長島となばなの里ウインターイルミネーション【前半】

九州高原紀行と連添で冬の定番日帰りツアー

なばなの里ウインターイルミネーションに行ってきました

IMG_20150126_225624~01“上野ドライブイン”で昼食をとった後

三井アウトレットパーク

“ジャズドリーム長島”でお買いものタイムです






ジャズドリームには大きく分けて

サウスエリアパークサイドエリアに分かれています

P1200048~01観光バスの駐車場はパークサイドエリア側の駐車場
(よく変わるらしいの要確認)





かなり広い敷地なので迷子に注意!


お客様が戻ってくる際の目印としては…

この凱旋門みたいな門と

このつくしみたいな塔かな?(笑)

一番駐車場側にある店舗を覚えてもらうのもいいですね

1階はバーバリー、2階はGAPです

P1200050~01P1200054~01







駐車場とメインエントランスの間にはセブンイレブンがあります

この後のなばなの里用に食料を買い込んでおくのもいいかも
(昼食も軽めだったことだし)

P1200051~01セブンイレブンの横には臨時の売店がありました

なばなの里の売店はレジに長蛇の列ができことが多いので、先にこっちでお土産を買っておくのもオススメです




まぁ、買い物好きにとっては

アウトレットだけでも時間が足りないって意見が多いので

ここで先になばなのお土産を買う余裕はないかと思いますが…

夕日ヶ浦温泉かにづくしツアー♪

冬の日帰りかにコースの定番

夕日ヶ浦温泉に行ってきました

今回お世話になったのは“ホテル一望館”さん

P1120041~01玄関前が狭いのでバスの横付け不可

ほんの少しですが駐車場から徒歩にて移動します




P1120040~01海に向かって右側が北館

左側が南館です




ちなみに大浴場は北館、フロントは南館

脱衣所にはコインロッカーがないので貴重品はフロントへ

↓お客様はかに2.5杯を使ったフルコースをご堪能♪

P1120023~01P1120022~01






いっぽう、添乗員の昼食は…

牛丼!

それもかなりのつゆだく(笑)

P1120024~01あ、お味噌汁に申し訳なさげに蟹が…

お気遣いありがとうございます
m(__)m




P1120043~01昼食後は海産物のお店に寄って大阪へ帰るのみ







添乗員の出番ほとんどなし(涙)

無理やり宣伝物に掲載されていた萩のコースをプッシュして

無理やり“萩”・・・“大河ドラマ”・・・“花燃ゆ”って話題を広げて

一人でテンションあげて帰ってきたのでした

天橋立・元伊勢籠神社と二瀬川渓流♪

はぎつわの翌日は連添で、何がメインなのかよくわからない日帰りバスツアーに行ってきました

まず最初は天橋立のふもとにある“元伊勢籠(この)神社”の参拝から

伊勢と言ったら伊勢神宮

伊勢神宮と言ったら天照大神ですが

実は天照大神が伊勢神宮の今の場所に祀られる前に

この場所に4年間祀られていたことがあるのです

だから元伊勢(もといせ)

詳しい話をもっと書きたいけど

話が長くなるので止めとこ(笑)


あ、添乗員的なネタだけ書かせて!

籠神社の奥宮に日本最古のパワースポットと呼ばれる“真名井神社”があります

籠神社では正式参拝を受けるか

この真名井神社に参拝した人(自主申告制)だけに授けてもらえる特別なお守り(桃守)があります

ま、授けてもらえるゆーても有料(500円)ですが(笑)

片道15分ほどかかるので、時間に余裕がある時は行ってみたいですね

ちなみに天の真名井の御神水って水を汲むこともできますよ

IMG_20140830_170009~01IMG_20140830_165837~01








IMG_20140830_165913~01IMG_20140830_165401~01








IMG_20140830_165514~01IMG_20140830_165435~01








IMG_20140830_165302~01IMG_20140830_165225~01








IMG_20140830_165759~01IMG_20140830_165640~01









午後に行ったのは“二瀬川(ふたせがわ)渓流”

酒呑童子(しゅてんどうじ)の棲家があったといわれる大江山の麓にある渓流です

よくこんな場所見つけてきたなって感じの観光地(笑)

みどころは

テレビ撮影にも使われる立派な吊り橋“新童子橋(しんどうじばし)”

酒呑童子を退治した源頼光(よりみつ)が腰をかけたという“頼光の腰掛岩”

鬼が渓流を飛び越えた際に付いたといわれる“鬼の足跡”

など

散策道はアップダウンがありますが、30〜40分あれば戻ってこれます

個人だったら旧宮津街道の石畳を歩くのもいいですね

紅葉の季節とかいいかも

IMG_20140830_170544~01IMG_20140830_170041~01








IMG_20140830_170110~01IMG_20140830_170130~01








IMG_20140830_170205~01IMG_20140830_170233~01








IMG_20140830_170311~01IMG_20140830_170343~01








IMG_20140830_170618~01IMG_20140830_170432~01









話しは変わりますが

IMG_20140830_170508~01行きも帰りも“丹波の里 やまがた屋”で休憩をしました

道の駅みたいなお店です







ここ、学生時代によく利用したんですよね

利用したと言ってもいつも深夜

夏に福井の若狭高浜に海水浴に行くときは

毎回ここで焼きそばUFOを食べていたのを思い出します

あ〜あの頃はほんとバカばっかりしてたな〜


ま、今もたいして変わらんか(笑)

姫路セントラルパークわくわくナイトサファリと春の花火大会♪

日帰りツアーで姫路セントラルパークに行ってきました

IMG_20140405_224236~01ハルカスの展望台ができてから初めての天王寺集合

日曜日ということもあったんですが、天王寺駅周辺は前とはちょっと違った賑わいを見せていました






でもやっぱりこの天王寺駅周辺の独特の雰囲気は梅田や難波とは明らかに違うよね

だいたい路上タバコが多すぎ…

どれだけ話題のスポットを作っても絶対このエリアには住めんわ…



さて、コースは姫路セントラルパークに行くのみ

もちろんバスの中は半数近くがお子様で埋め尽くされていました(笑)

ウォーキングサファリで動物と間近に触れ合って

そのあと遊園地エリアでフリータイム&各自夕食

夜は春の花火大会(1200発)を鑑賞して

期間限定&バスツアー限定のナイトサファリをで夜の動物の生態を観察しました

雨がけっこ降ってたんですけど、ちゃんと花火が上がったのにはビックリ

姫セン、なかなかやりますな

IMG_20140405_182354~01IMG_20140405_182321~01








IMG_20140405_224355~01IMG_20140405_153946~01








IMG_20140405_182502~01IMG_20140405_155103~01








IMG_20140405_155012~01IMG_20140405_182603~01








IMG_20140405_182807~01IMG_20140405_182745~01








IMG_20140405_182832~01IMG_20140405_183129~01








IMG_20140405_210234~01IMG_20140405_205913~01








IMG_20140405_183202~01IMG_20140405_183432~01









フリータイムが多いからとsurface2を持参して行ったんですが

梅田で引き取った翌日の伊丹センダーの下ごしらえに思いのほか時間がかかり
(現地添乗員や添乗員なしのコースばかりだったので)

結局surfaceの電源を入れることなくフリータイムは終了したのでありました…

帰着が遅いツアーで翌日センダーはさすがにキツイ…

神戸花めぐりツアー♪



IMG_20130629_211138IMG_20130629_211037








IMG_20130629_211003IMG_20130629_210746








IMG_20130629_211356IMG_20130629_211242








IMG_20130629_210813IMG_20130629_210934








IMG_20130629_210723IMG_20130629_210700








IMG_20130629_210535IMG_20130629_210438








IMG_20130629_210142IMG_20130629_210212








IMG_20130627_143013IMG_20130627_222008








IMG_20130629_210358IMG_20130629_210314








無人島冒険・友ヶ島ウォーク♪

ガラガラの喉とダルい体をひきずって

今日も元気にお仕事です♪(涙)

こんなときに限って日帰り連添て…

しかもハイキングツアーだし…


でも行き先はなんと和歌山県の“友ヶ島”

そう、以前に島旅部でもご紹介したあの“友ヶ島”です

前回はほとんど観光客なんていなかったのに

今回は我々の団体以外に他社さんのツアー

それに家族連れの観光客とかなり賑わっていました

加太の桟橋では友ヶ島のイメージソングまで流れてたしね

いつの間にこんな人気の島になったんや(笑)

体調はあまり良くなかったものの

お天気に恵まれて楽しくハイキングをすることができました

それに島内ガイドをお願いした、和歌山語り部クラブの杉本さん

知識が豊富で上品で、話し方もアナウンサーかと思うほど流暢

本当に素敵なガイドさんで聞きほれてしまいました

普段は和歌山城の前にある観光協会の売店にいるそうです

和歌山県内はどこでも案内するそうなので、是非またどこかでご一緒したいものです

【参考までに】
友ヶ島に行ってきました その その その

IMG_20130401_070403IMG_20130402_102712










IMG_20130402_101740IMG_20130402_101709










IMG_20130402_101411IMG_20130402_101241










IMG_20130402_101525IMG_20130402_101022










IMG_20130402_100935IMG_20130402_101158










IMG_20130402_101316IMG_20130402_101113










IMG_20130402_100721IMG_20130402_100806










IMG_20130402_100610IMG_20130402_100151










IMG_20130402_102550IMG_20130402_100349










IMG_20130402_100513IMG_20130402_100309










IMG_20130402_100219IMG_20130402_102459










IMG_20130402_102258IMG_20130402_130126










IMG_20130402_102100IMG_20130402_102128










IMG_20130402_101953IMG_20130402_101859










IMG_20130402_100107IMG_20130330_094156










話しは変わりますが

先日、また買っちゃいました

古事記関連の本(笑)


ちなみに今回の行程にも入っていた“淡嶋神社”

この辺りは“スクナヒコナノミコト”にまつわる伝説が残る地だそうです

スクナヒコナって言ったらあの“オオクニヌシ”の右腕ですよ!

親は誰かって言ったら、造化三神のひと柱、“カムムスヒ”ですよ!


あ、ヤバい

完全に古事記にハマってる…

関西空港裏側見学とインスタントラーメン発明記念館♪

熱は下がったものの

まだダルい体にムチ打って

今日も元気にお仕事です♪(涙)

コースは池田にある“インスタントラーメン発明記念館”に行って

南港のWTCコスモタワー48階でバイキングを食べて

関西空港の裏側見学ツアーに参加

春休みのお子様向け日帰りツアーです


インスタントラーメン発明記念館

開館とほぼ同時に行ったのに、すでに長蛇の列ができていました

ほんとここはいつも賑わっていますね

マイカップラーメン体験は恐らく時間がないと事前に担当者から言われていたんですが

親切なスタッフの皆さんのおかげで、なんとかお客様には体験して頂くことができました

そのあとの関空の裏側見学がいまいちパッとしなかっただけに

ここで体験ができてて良かった♪

IMG_20130402_104005IMG_20130402_103935










IMG_20130402_103904IMG_20130402_103802










IMG_20130331_142119IMG_20130402_103703










IMG_20130402_103343IMG_20130402_103259










IMG_20130402_103512IMG_20130402_103602










IMG_20130331_141704IMG_20130331_141358










IMG_20130402_102915IMG_20130402_103055










IMG_20130402_103143IMG_20130402_102827










IMG_20130329_221855IMG_20130402_113051










話しは変わりますが

大阪の駅構内ではANAとJALの広告合戦が繰り広げられていますね


JALのコピー「ええやん、大阪!」に対して

ANAのコピーは「今日もぎょうざん 飛んでます。」



“ぎょうさん”て・・・・・・・・

神戸イルミナージュとランチバイキング♪

今日は日帰りツアーで神戸に行ってきました

神戸ポートタワーホテルでランチバイキングを食べて神戸港クルーズをして

北野エリアの散策のあとは“神戸イルミナージュ”が行われている“神戸市フルーツ・フラワーパーク”

なんともまったりな内容です♪

神戸でイルミネーションといえばルミナリエが有名ですが

実は“神戸イルミナージュ”は関西最大級のLEDイルミーションイベントなんです!

昨年の11月1日から開催していたイベントも今月の17日で終了

今日は絶好の行楽日和

寒さに凍えることなくイルミネーションを楽しめました

IMG_20130214_204540IMG_20130214_204559










IMG_20130214_204620IMG_20130214_204339










IMG_20130214_204248IMG_20130214_204319










IMG_20130214_204147IMG_20130214_204112










IMG_20130214_204222IMG_20130214_204427










IMG_20130214_204010IMG_20130214_204038










IMG_20130214_204950IMG_20130214_205032










IMG_20130214_204837IMG_20130214_203759










IMG_20130214_203843IMG_20130214_203715










IMG_20130214_203659IMG_20130214_203632










IMG_20130214_203555IMG_20130214_203459










IMG_20130214_203538IMG_20130214_203307










IMG_20130214_203246IMG_20130214_203403










IMG_20130214_203429IMG_20130214_205108











話は変わりますが

今日2月14日はバレンタインデーだったんですね

そんな事すっかり忘れてた

カップルだらけのモザイクでチョコバーガーを一人で食べてしまったよ…(涙)

金運アップの宇倍神社と多念ケ池弁天宮ツアー♪

2013年、1本目のツアーは日帰りバスコースで鳥取県へ

鳥取砂丘にある砂丘美術館ってまだ開催されていたんですね

1月6日まで開催されているそうです

はじめて行ったけど、めっちゃ見事でビックリ!

砂と水だけでこんな立派な作品ができるんですね

砂丘美術館の見学のあとは“多念ヶ池(たねがいけ)弁天宮”へ

砂丘のすぐそばなんですけど

地元の人でも行った事のないようなマイナースポット

なんでもヘビの化身だったと言われているお種さんの“お種伝説”があって

そのお種さんを祀っているのが多念ヶ池弁天宮

で、今年はヘビ年

なのでここぞとばかりに頑張っているわけです

普段、ほとんど観光客なんていないであろうスポットに長蛇の列が…

駐車場がないからどうやってお客様を誘導するか苦労しました

なんとかドライバーさんと連絡を取り合って砂丘美術館の売店付近でピックアップ
(他社さんは近くの梨園を手配していたそうです…)


この後は因幡の一宮“宇倍神社”へ

こちらは大臣の祖、長寿やお金の神様と呼ばれる“武内宿禰命”を祀っています

行きはけっこう急な階段、帰りはスロープを利用

バスは神社前で降りて回送でした

ここまで順調だったけど、帰りは中国道で30キロの渋滞!!!!

でも若いドライバーさんで機転がきいたので予定通り大阪に戻ってくることができました

おかげでなんばCITYの初売りにギリギリ間に合った〜♪

めっちゃ感謝です

IMG_20130103_092031IMG_20130103_092151











IMG_20130103_092208IMG_20130103_092222











IMG_20130103_092246IMG_20130103_092315











IMG_20130103_092346IMG_20130103_092450











IMG_20130103_092555IMG_20130102_133324











IMG_20130103_093627IMG_20130103_093716











IMG_20130103_092629IMG_20130103_092742











IMG_20130103_092800IMG_20130103_092903











IMG_20130103_093129IMG_20130103_093009











IMG_20130103_093049IMG_20130103_093525











IMG_20130103_093032IMG_20130103_093416











IMG_20130103_093545IMG_20130103_093155











IMG_20130103_093318IMG_20130103_093216











IMG_20130103_093350IMG_20130103_093443












話は変わりますが

最近、車にお正月飾りをする人って少なくなったと思いません?

この日は満席のため、添乗員は運転席の隣のガイド席に座っていたんですが

対向車でお正月飾りを付けた車を見たのは1台だけでした

みなさんは玄関や車にお正月飾り、してます?

琵琶湖バレイと近江八幡水郷めぐり♪

日帰りツアーで滋賀県に行ってきました

前日は台風の影響で全てのバスツアーがツアーキャンセルでしたが

今朝はなんとか雨も止んでくれました

台風の爪痕が残る天王寺を出発して井筒八つ橋さんで休憩

している間に天気が崩れだし・・・

メインの琵琶湖バレイに着くころには完全に雨模様で景色が見れず(涙)

近江八幡の水郷巡りでは雨が止んでくれたのが救いです

最後はお約束のブルーメの丘に行って帰ってきました

台風で荒れたコスモス畑が痛々しかったです…

IMG_20121001_063452

IMG_20121001_093658

 

 

 

 

 

IMG_20121001_131136

IMG_20121001_114119

 

 

 

 

 

IMG_20121001_114320

IMG_20121001_115919

 

 

 

 

 

IMG_20121001_131022IMG_20121001_160839

 

 

 

 

 

IMG_20121001_181436

IMG_20121001_161002

 

 

 

 

 

IMG_20121001_161738IMG_20121001_181720

 

 

 

 

 

IMG_20121001_155958IMG_20121001_160346

 

 

 

 

 

IMG_20121001_160058

IMG_20121001_162233

 

 

 

 

 

IMG_20121001_161436IMG_20121001_195839

 

 

 

 

 

 

話は変わりますが

天王寺でツアーが解散だと

ほぼ100%の確率で天王寺の王将で夕食を食べ
※王将⇒もちろん“餃子の王将”のこと

ほぼ100%の確率で中華丼&餃子をオーダーし

ほぼ100%の確率で虫けら同然の接客をうけます

態度の悪い接客を受けると気分が悪くなるのが普通ですが

不思議と王将ではなんとも感じない

最近オープンした新しい店舗はどこも綺麗で店員の接客もそれなりに良いお店が多いのですが

逆にしっくりこない

王将は

お店が汚くて店員の接客態度が悪くてこそ王将だ!

と思うのです

床が油でヌルヌルで不健康そうな店員さんが目も合わさずに黙々と働く

それでこそ王将!

 

餃子1人前と中華丼で630円

やっぱり王将が好き♪

夕日ヶ浦温泉・かにづくしツアー♪

今日は毎年恒例の日帰りバスツアー

“夕日ヶ浦かにづくしツアー”に行ってきました

大阪発のバスコースと言えば、一番の悩みがドライバーさん

“怖い人だったらイヤだな〜”

って何年添乗員やっててもドキドキする…

でも今日のドライバーさんは

地方にもこんなドライバーさんめったにおらんやろ

ってほど物腰のやわらかーいベテランドライバーでした

めっちゃ穏やかなおじいちゃんって感じ(笑)

朝一番、集合場所で会うなり

「よっしゃパンこーてきたるわ!」ってローソンへ

tmp_photo

「はい、コレたべ!」ってパンと牛乳とお茶を買ってきてくれました

コーヒーじゃなく牛乳ってチョイスがかわいすぎる…

 

 

パンをしっかり食べて向かった先は“丹後ちりめん歴史館”

丹後ちりめんの資料館兼売店って感じの施設です

来館記念に“まゆ玉”を2個持って帰れます

p20111203-13391331

 

 

 

 

さて、今回昼食でお世話になるのは夕日ヶ浦温泉の“ホテル一望館”さん

駐車場がちょっと離れた場所にあるので雨が心配でしたが、なんとか雨も止んでくれて助かりました

海に向かって左が南館、右が北館です

p20111203-133648p20111203-133624

 

 

 

 

p20111203-133831

お客様は北館で個室対応

宴会場の時もあるのでラッキーですよね

 

 

約2時間かけて、かにづくし料理と温泉をお楽しみ頂きました

p20111203-133759p20111203-133744

 

 

 

 

p20111203-133558

添乗員はもちろんカニではなくお弁当(涙)

でも、このお弁当、めっちゃ美味しかったです!

 

 

p20111203-133544

一望館さんは、すぐ裏手が砂浜

この寒空のもと、サーファーが結構目立っていました

 

 

お客様が蟹と格闘している間、添乗員はあるお店へ

前に宿泊コースで一望館さんに泊まった時にも利用した近所の海産物屋さんです

ここで好物のセコガニを購入♪

p20111203-133716p20111203-133731

 

 

 

 

食後は海産物店“かにはん”さんでショッピングタイム

店内はレジもトイレも大混雑

カニも飛ぶように売れていました

p20111203-150726p20111203-150845

 

 

 

 

p20111203-164430

そのあと天橋立が眺望できる“橋立大丸シーサイド店”さんでショッピングタイム

 

 

 

最後は5分も離れていない場所にある“橋立ワイナリー”でショッピングタイム

って立ち寄り多いし!(笑)

p20111203-150436

このコースは昼食だけでなく、夕食もセット

車内で“ばらずし”の夕食を食べながら大阪に帰ってきました

 

 

夕食ゆーても手のひらサイズですけど…

しかも【寿司・袋・割り箸】ってバラバラにダンボールに入ってるから、地味に配るの面倒だし…

 

さて、珍しく高速の渋滞もなく19時半前には解散

家に帰って昼間に買ったセコガニを満喫しました♪

セコガニは身は小さいので“内子”“外子”を食べるのがメイン

この内子がたまらなく好き!

350円・400円・500円ってランクがあったけど今回は500円を2匹購入

さすが最高ランク(?)だけあって、身もけっこう食べることができました

p20111203-222317p20111203-222332

 

 

 

 

p20111203-222356

これだけ隅々まで食べてもらったらセコガニも幸せでしょ♪

あー日帰りでもいいから、個人的にかに食べに行きたいな

 

 

先シーズンも「行きたい行きたい」って言うだけで、結局行けずじまいだったもんな

今シーズンは行けるかな〜

姫路セントラルパークナイトサファリと真夏の花火フェスタ♪

今回はお子様連れのお客様、44名と一緒に

“姫路セントラルパーク”へ行ってきました

マイカーを乗り入れできる“ドライブスルーサファリ”が人気のテーマパークです

仕事でもプライベートでも行くのは初めて

 

まずゲートで団体チケットとパンフレットを受け取ります

07

右端が遊園地のチケット

左端がナイトサファリのチケットです

 

 

姫路セントラルパークは、白浜アドベンチャーワールドと違って

動物がいるエリアと遊園地エリアが少し離れていて、車・バスでの移動なんです

 

到着後、まずは“ウォーキングサファリ”へ

58

姫センと言えば、ホワイトタイガーやホワイトライオンが有名

 

 

 

29

でも、いま一番人気なのは、今年6月に生まれた

3匹のホワイトライオンの赤ちゃん!

めっちゃ可愛い!!!

 

午後だったのでみんな寝てますけど…

59

ウォーキングサファリは下りコースなので、帰りは“スカイサファリ”と呼ばれるゴンドラに乗るのが定番コース
(無料なのでご希望の方は往復乗ってもOK)

 

 

このあと遊園地エリアで花火終了までフリータイム

ちょうど彦根から“T・K”さんが来ていたので、一緒に夕食を食べました

54

T・Kさん、最近お孫さんが生まれたそうです

めっちゃ若いおばあちゃんですよね(笑)

 

 

32

姫センのレストランは“高くてまずい”と評判なんですが…

やっぱり評判通りでした(涙)

 

 

夏休みシーズンの土日は花火が1200発あがります

32

時間は20時から約10分間

園内でも見れますし、駐車場からでも見れます
(ちょっと下が見えにくいですが)

 

 

ほとんでの他社さんは

先にナイトサファリに行った後に、再度入園して花火を鑑賞していました

確かにその方が時間にロスがないし、花火も近くで見れるね

 

 

我々はこのあとツアーのメイン“ナイトサファリ”へ出発

普段見られない夜の動物たちの姿を見に行きました

約30分ほどですが、飼育員さんがバスに乗り込んで説明をしてくれるので楽しいツアーでした

 

ちょうどこの日は“神戸花火大会”“淀川花火大会”と大きな花火大会が2つも開催

帰りに渋滞するか心配でしたが、予定通り23時半に最終の降車地へ戻ってこれました

さくらんぼ祭りツアー♪

今日は「さくらんぼ祭りってタイトルの日帰りツアーに行ってきました

“さくらんぼ祭り”って言っても

別にお祭りがあるわけでも、さくらんぼ狩りをする訳ではなく

ただ昼食にさくらんぼの食べ放題があるだけなんですけどね…

 

まず最初に訪れたのは

180611 004

“三ツ塚史跡公園”の花しょうぶ園

7世紀後半に建てられたお寺の跡地が公園になっていて、そこの池に花菖蒲が咲いています(ピンク色の部分)

 

 

 

どんな感じか

ひとことで言うと

「え、ここ?」って感じ(笑)

見頃のピークはちょっと過ぎていました

ドライバーさんが以前に来た事があって良かった…

バスは「ライフピアいちじま」ってホールの駐車場に止めるそうですが

公園の前で路駐したほうが断然近かったです

180611 005180611 001

 

 

 

 

お昼は“篠山玉水”さんで“牛陶板焼き御膳”

黒豆ご飯とさくらんぼ(佐藤錦+アメリカンチェリー)が食べ放題です

180611 010180611 008

 

 

 

 

お客様はアメリカンチェリーより佐藤錦がお目当て

すくい取りしていくお客様もいたもんな(汗)

糖分高いし、利尿作用もあるので食べに注意ですよ〜

180611 006180611 009

 

 

 

 

午後は玉水さんと同じ系列の“玉水ゆり園へ”

180611 016

売店がある建物が入口に見えますが…

 

 

 

180611 017

こっちの地味な方が入口です
(わかりづらいやろ!)

 

 

 

会場は手前から第1⇒第2⇒第3会場と続きます

第1はまだ青々としていますね

180611 011180611 012

 

 

 

 

第2でちょっと華やかさが出てきました

180611 013180611 014

 

 

 

 

一番奥の第3会場は、早咲きのゆりが多いので見応えありました

これ、全部見頃になったら圧巻だろーな

180611 015180611 003

 

 

 

 

 

最後は京都府南丹市にある

“美山かやぶきの里”

180611 018s

 

 

 

 

 

 

 

岐阜の“白川郷”、福島の“大内宿”に続いて国内で3番目に大きなかやぶきの集落です

180611 019180611 020

 

 

 

 

他の2ヶ所に比べると、ちょっと観光地っぽくないのが特徴

生活感のある集落を見学できます

 

このあと亀岡で高速を降りて、“摂丹街道”と呼ばれる京都と大阪を結ぶ街道を通って大阪に帰ってきました

日帰りツアーにしては早めの帰着でラッキー

 

でも、明日も今日と同じく4時半起きなんだよな〜

眠い…

写真同好会ツアー♪

今日は「写真同好会」シリーズの第3回目に行ってきました

この写真同好会は、プロの先生と一緒に写真を撮りに行く特殊なツアー

講師は現役のプロカメラマン・永野一晃先生です

今回のターゲットは

【勧修寺(京都府)】の花しょうぶ&睡蓮

【もりやま芦刈園(滋賀県)】のアジサイ

 

前回行った但東町のチューリップ畑

ものすごい雨でしたが…

今朝の関西地方は朝からバケツをひっくり返したような大雨

 

110611 017

なんとか勧修寺に着く頃には、小降りになっていましたが

やっぱり撮影がメインのツアーで雨はちとツライ…

 

 

でも、思っていたより花しょうぶも睡蓮も綺麗に咲いていたし

雨のおかげで花や新緑がツヤツヤで綺麗です

睡蓮と雨も相性がいいですよね

110611 018110611 009

 

 



 

110611 013

110611 020

 

 



 

 

110611 021

110611 028

 

 

 



 

110611 030110611 015

 

 

 



 

110611 014110611 026

 

 

 

 

でも、やっぱり撮りにくそうやね…


お昼は石山寺のすぐそばの“洗心寮”さんで、しじみがメインの和定食を頂きました

110611 001

お客様は店前の何気ないポイントでもカメラを手放しません

三度の飯より写真が好き!って感じですね(笑)

 

 


午後は“もりやま芦刈園”

ここは日本のアジサイ50種、西洋のアジサイ50種

合計1万本ものアジサイが咲き誇る、あじさいの殿堂

まさにアジサイの万国博覧会です(笑)

110611 003110611 057

 

 

 

 

ようやく雨も止んで空も明るくなってきました

お客様も身軽になったので撮影に集中できます

110611 032110611 043

 

 

 

 

でも、あまりにファインダーばかり覗いていると、すぐ先生を見失います

「先生どこ行った〜?」って聞かれても

こっちも分からない

先生、すぐトコトコ移動しちゃいますからね

 

110611 044

あ、いたいた

←あじさいに埋もれた永野先生

 

 

110611 042先生を見失わないように付いて行きつつ、自分の撮影にも集中

お客様も忙しいです(笑)

 

 

それにしても、あじさいって色んな種類があるんですね〜

110611 045

110611 022

 

 

 

 

 

110611 035

110611 040

 

 

 

 

 

110611 056

110611 041

 

 

 

 

 

110611 055110611 039

 

 

 

 

 

後半は駐車場の外にあった小麦畑をターゲットに

110611 051

なんだか傍から見ると、とんでもなく珍しいものを撮影しているように見えますが

 


 

撮っているのは小麦です(笑)

110611 060110611 062

 

 

 

 

 

帰りは時間に余裕があったので、琵琶湖大橋の西詰にある“お米プラザ”で30分ほど撮影&お買物の時間をとりました

110611 063

滋賀県まできて琵琶湖を撮らないのも、もったいないですもんね

 

 

 

このあと大阪までまったく渋滞なくスムーズだったので、17時には天王寺に帰ってこれました

日帰りツアーで帰着が17時って幸せすぎる(涙)

 

ikkoNaganoの写真日記 ■IkkoNagano/HomePage

三田花のじゅうたんとフランス料理ツアー♪

今日はおとつい行った同じツアーに再度行ってきました

でも今回はツアーまるごとひとつの団体で貸切です

060511 002

バスの配車場所も思いっきりローカル(笑)

JR高槻から市営バスを利用して指定された場所へ

 

 

060511 005

渡された地図を頼りに向かってみると…

思いっきり住宅地の中やし(笑)

 

 

このご一行様は、地域のボランティア活動をされているグループということで、幹事さんはじめ皆様めっちゃいい人ばかりです(涙)

コースは前回同様、まずは神戸港へ

060511 006

今回は勝手に船を決められないよう、かもめりあの中は通らずに、直接桟橋まで案内しました

 


 

神戸港のクルーズって3つの埠頭・桟橋から6種類の遊覧船が就航しているそうです

例えば・・・

060511 007

こちらは神戸シーバス【ファンタジー】

小ぶりな船ですが、呼び込みはいつも派手(笑)

 

 

060511 040

モザイク前から出航しているのは【コンチェルト】

ランチやディナーが人気のミュージックグルメ船

 

 

060511 029

そしてひときわ目立つ海賊船【ヴィラジオ・イタリア】

芦ノ湖遊覧船並みに派手派手です(笑)

 

 

で、我々が乗る遊覧船は?

060511 015

そう神戸ベイクルーズさんの【ロイヤル・プリンセス号】

なんですが・・・

 

 

今回は“かもめりあ”に早めに到着したので1本前の便に乗船

使用する遊覧船はロイヤルプリンセスの兄弟船(←この表現は演歌か)

【ロイヤル・プリンス号】

収容人員はロイヤルプリンセスより150名ほど減りますが、見た目はこっちの方がかっこいいです

060511 009

060511 012

 

 


 

060511 011

060511 014

 

 

 

 

今日はお客様と一緒に乗船しました

060511 033

見慣れた神戸の街並みも、海から見ると新鮮ですよね

 

 

 

遊覧船からは神戸空港や明石海峡大橋を遠望できます

今日も黄砂の影響か、明石海峡大橋はかすんでいました

060511 028060511 027

 

 

 

 

他にも川崎重工や三菱重工のドックも見もの

なかなかこんな間近で造船してる船を見る機会はありませんからね

060511 032

060511 034

 

 


 

060511 017

060511 022

 

 

 

 

060511 025

さらに面白いのがコチラ

神戸港では潜水艦の修理や造船も行われているんです

これはいつでも見れる訳ではないのでラッキーでした

「鉛の鯨」って言われるだけあって、ほんとクジラみたい

060511 019060511 021

 

 

 

 

神戸港クルーズのあとは、前回行けなかった“六甲山ガーデンテラス”へ

今日は平日なのでガラガラでした

バスは一番置くの駐車場へ

途中に見えてくるおっきな鳥かごのような建物は、有料(300円)の自然体験展望台【六甲枝垂れ】

060511 045060511 046

 

 

 

 

060511 047

我々はあまり時間がないので売店の奥の展望台から街並みを眺めました

 

 

 

海に浮かぶ街は六甲アイランド

黄砂はありましたが、なんとか景色はお楽しみ頂けたようです

060511 053060511 049

 

 

 

 

お昼は一般のツアー同様にフランス料理のフルコース

060511 050060511 056

 

 

 

 

060511 052

添乗員&乗務員はハンバーグでなく、今回はバイキングでした(正直、前のハンバーグは口に合わなかったからこっちで良かった…)

 


 

食後は“三田花のじゅうたん”

060511 044060511 038

 

 

 

 

時間に余裕があったので、永沢寺(ようたくじ)の花しょうぶ園&ぼたん園へ行ってみました

花しょうぶは6月上旬から7月上旬なので咲いていませんが、ぼたんは綺麗に咲いていました

060511 061

060511 057

 


 

 

060511 058060511 060

 

 

 

 

永沢寺では

3月上旬〜鉢植えつばき/3月下旬〜水芭蕉/4月下旬〜ぼたん/6月上旬〜花しょうぶ

と色んなお花が楽しめるそうですよ

 

本来だと、このあと三田のアウトレットですが

貸切なので幹事さんのアレンジOK

なるべく早く帰りたいとの事なので、アウトレットはカットして帰阪しました

 

今日は平日なのでおとついの混雑が嘘のような落ち着きでしたが…

明日、明後日はまたGW渋滞復活になるのかな〜

 

三田花のじゅうたんとフランス料理ツアー♪

予定では昨日まで北海道ツアーでしたが、出発2日前にシフトが変更

センダーやら会社出勤やらグダグダしておりまして…

今更ながら今年のGW初添乗に行ってきました

ツアータイトルは

三田花のじゅうたんと
六甲山ホテルで味わうフランス料理フルコース

なんとも女性向けなツアータイトルです

まず最初に向かった先は神戸

阪神高速の真下にある“かもめりあ”の駐車場(写真左下))にバスを止め

“中央突堤中央ターミナル(写真右下)”から出航する“神戸ベイクルーズ”に乗船です

040511 014040511 003

 

 

 

 

乗船場に出たとたん、こんな派手な遊覧船が目に飛び込んできてお客様のテンション上がる上がる

いやいやお客様、勝手に船を決めてもらっては困ります

神戸港のクルーズ船はいくつかの会社があるんですよ

040511 013s

 

 

 

 

 

 

 

我々が乗る船はこっち↓

ロイヤルプリンセス号でございます

040511 006

500名乗りで関西最大級の遊覧船なんですよ

見た目ちょっとさっぱりしてますけど…

 

 

1本前の船に元後輩が乗ってたらしく、桟橋前で感動の再会

一緒に富士登山の添乗に行ったり、一緒に電話受付をしていた後輩が

いつの間にか子供を3人も連れて現れました

月日が流れるのは早いです…

 

さてさて、神戸港で遊覧船を楽しんだ後は六甲山へ

予定では“六甲山ガーデンテラス”で神戸の街並みを眺望してからランチ

だったんですが・・・

ガーデンテラス手前2キロくらいのところで大渋滞!

こりゃこのまま突っ込んだらお昼が何時になるかわからない!

まずはお昼を食べて、その間に車の流れがどうなるか様子をみましょう!

と判断

道路に降り、後続の車を止めて無理やりUターンしました

今日のランチはタイトルにもあるように由緒正しい老舗の

“六甲山ホテル”

040511 017s

 

 

 

 

 

 

 

040511 016

の向かいにある

“サウスロード”ってレストランです

 

 

確かにレストランの玄関に「六甲山ホテル」とは書いてあるけど

お客様の反応はビミョー・・・

さらに会場が階下だから景色もほとんど見れないし・・・

040511 018040511 021

 

 

 

 

お客様がフランス料理のコースの場合、添乗員&乗務員はカレーが定番なんですが

040511 015

今日は和牛のハンバーグでした

これはちょっと嬉しかったかも

 

 

さて、車の流れですが

お客様がランチを食べている間、車の列は増える一方

ついには六甲山ホテルの下まで伸びてきました

確認すると1時間以上かかるとの事(通常は10分ほど)なので、今回はガーデンテラスの観光はカットさせて頂きました

040511 001040511 004

 

 


 

まぁ今日は黄砂がひどかったから、景色もほとんど見れなかったでしょうね

040511 019040511 020

 

 

 

 

午後の観光は“三田花のじゅうたん”

永沢寺(ようたくじ)の駐車場にバスを止め看板に従って進みます
(永沢寺やぼたん園と間違わないよう注意

040511 032040511 033

 

 

 

 

受付は一般と団体で分かれています

絵葉書仕様のチケットをお客様に配って解散です

040511 005

060511 010

 

 

 

 

一面の芝桜が見事ですね!

ここ、初めて来ました

040511 022s

 

 

 

 

 

 

 

芝桜ってどれも同じに見えるけど、たくさん種類があるのにビックリ

040511 024

040511 030

 

 

 

 

敷地はそれほど広くありませんが、見応え十分です

040511 026040511 027

 

 

 

 

040511 028

少しですが枝垂桜や花しょうぶも綺麗でしたよ

 

 

 

今日最後は“三田プレミアムアウトレット”

040511 023

ここ、隣にイオンモールもあるんですよね

アウトレット+イオンモール

最強の買物天国です(涙)

 

もちろんこのあと、周辺の道路は行楽帰り・買物帰りの時間帯なので大渋滞

それでもドライバーさんが遠回りでも渋滞していないルートを選んでくれたので

20時すぎには最終の天王寺に帰ってくることができました

 

昨日は梅田センダー、今日は日帰りツアー

で、明日は新大阪センダー

そして明後日はまた同じ日帰りツアー

大きな渋滞は避けられたけど

早起きだけは避けられそうもなさそうです…

写真同好会ツアー

今日は4時半起きて日帰りツアーに行ってきました

ツアーと言っても観光目的の一般的なツアーじゃなく

写真を撮ることを目的とした「写真同好会」って特殊なツアー

第一線で活躍するプロのカメラマンと一緒に写真を撮ろう!

という「琵琶湖1周ウォーク」同様のシリーズものです

関西は昨日の昼からずっと

雨の日のバスツアーは朝が大変…

あぁ〜天王寺で受付してたら、また国芳展に行きたくなってきた(笑)

230411 006230411 007

 

 

 

 

最初に向かった先は兵庫県豊岡市但東町の

【たんとうチューリップまつり】

230411 029

2008年に来たときはバスは路駐だったけど、ちゃんと駐車場ができたんですね
(ゆーても舗装もされてませんが)

 



白いテントでチケットを購入

混んでいる際はバスの中で配らないとゴチャゴチャになりそうです

230411 011

230411 008

 

 

 

 

仮設トイレも増えて、立派になったな〜

と感心したいところですが…

230411 024とにかく足場が悪い

畑のど真ん中にあるような会場ですからね

 

 

選挙ポスターの掲示板の上を歩くのも気がひける…(笑)

230411 012230411 013

 

 

 

 

さて、会場へ向かうと…

「まだチューリップは3分咲きほどなので、混雑していない」

って聞いていたのに、やたら人が多い

さすが土曜だし、混雑しているのかと思ったんですが

230411 014230411 015

 

 


 

230411 022

ちょうど会場で結婚式が行われている最中だったんです!

これはグッドタイミング♪
(天候的にはバッドタイミングですが)


 

でもお客様のターゲットは新郎新婦じゃありません!

幸せそうな2人を尻目に、黙々とチューリップにむけてシャッターを切ります

230411 019230411 021

 

 


 

230411 018

たんとうチューリップまつりは、毎年テーマに沿った花壇が注目を集めています

今年のお題目は「ペコちゃん」

なんでペコちゃんなんだろ???

 

チューリップまつりは4月26日まで

恐らく見頃は26日すぎかと思われます…


お次は皿そばが有名な小京都“出石”

昼食を食べたあと各自撮影へ向かいました!

ご飯を食べてる間に止むかな〜と期待していたんですが

まだ降り続いております…

230411 032230411 041

 

 

 

 

それでもお客様はシャッターを切り続けます

230411 039

230411 036

 

 

 

 

230411 040

先生が次の撮影ポイントに動けば

生徒も動く

 

 

230411 034

先生がカメラをかまえれば

生徒もかまえる

 

 

この流れがなんとも微笑ましい雨の午後です


今日最後の撮影スポットは京都府福知山市の桜の名所

【夜久野の枝垂桜】

バスは道の駅“農匠の郷やくの”に駐車

230411 004230411 005

 

 

 

 

駐車場を出て右に曲がり、そこからひたすら歩きます

途中、左手にトイレが見えてきたら右へ

230411 043230411 044

 

 

 

 

お、前方に桜が見えてきました

この左手にある“京都府緑化センター”へ続く道が、枝垂れ桜の桜並木として有名なんです

アップダウンはないものの、ここまで15分はかかるでしょうか…

230411 045230411 046

 

 

 

 

でも頑張って歩いただけあって、桜は綺麗ですね!

230411 047

230411 050

 

 

 

 

ちょっと雨で花びらは散っていますが、まだ十分楽しめます

230411 051

230411 059

 

 

 

 

先生も生徒もさっそく戦闘モード!

皆さんカメラを構えると雨なんて全然気にしないって感じです

230411 048230411 052

 

 


 

230411 058230411 054

 

 

 

 

230411 064

お、先生が桜以外に椿の綺麗な場所を発見したようです

さっそく撮り方のレクチャーが始まりました

 

 

230411 061

そして先生

カメラをかまえる

 

 

230411 062

撃ち方用意

と言わんばかりに生徒も後に続きます(笑)

 

 

230411 068

雨でツヤツヤになった椿も綺麗ですよね

ちなみに、資生堂TSUBAKIのヘッドスパも髪がツヤツヤになります(笑)

 

 

帰りのバス車内では、ケーブルをテレビにつないで反省会

先生が今日撮った作品の作成意図・解説を行ったり、お客様の作品を映して先生がアドバイス

プロの先生に直接アドバイスしてもらえるなんて贅沢ですよね

230411 070

230411 003

 

 

 

 

写真同好会ツアーは初めてでしたが、楽しい1日でした

今日お世話になったのは永野一晃先生

なんとライブドアでブログも書いているし

ツイッターもフェイスブックもこなすサイバーカメラマンなのでした(笑)

先生、またご一緒しましょうね!!!

IkkoNagano/HomePage  IkkoNaganoの写真日記

いちご狩り食べ放題と3つの花めぐりツアー

今日は

「あすかルビーイチゴ食べ放題と3つに花めぐり」

という日帰りツアーに行ってきました

ここ数年、吉野山のお花見ツアーによく入っている“あすかルビーいちご狩り”

“あすかルビー”は「奈良の赤い宝石」と呼ばれる人気の品種です

今回お世話になったのは奈良県生駒郡平群町の農園

180411 009

高設栽培を採用しているので、かがまずにイチゴ狩りができるのがいいですね


 

 

180411 012180411 010

 

 

 

 

ちなみに、イチゴは高血圧予防に効果があるようですが

利尿作用もあるので食べすぎには注意です!

 

お次は“枝垂れ桜”“芝桜”を見に奈良県宇陀市の“滝谷花しょうぶ園”

180411 011

先日行った大野寺の近くにあるしょうぶ園です

観光バスは1台だけで貸切状態でした

 

 

おぉ〜5分咲きって聞いてたけど、結構きれいに咲いてますね

前に花しょうぶを見に来たことはあるけど、こんなに桜の木があったとは

180411 018180411 014

 


 

 

180411 025180411 030

 

 


 

180411 021180411 022

 

 

 

 

180411 032

駐車場付近の桜も満開で綺麗!

なのに観光客が少ないなんて、もったいないですよね〜

 

 

お昼は名阪国道にある“名阪上野ドライブイン”

過去に上野市観光協会郷土料理グランプリに輝いた

「忍者隠れ御膳」の昼食らしいですが…

180411 002←え、これがグランプリですか?

まぁオプションじゃないので文句は言えんけどね

 

 

ん〜わざわざ宣伝物や日程表に期待さすような事書かんでも…

現場でお客様の反応見てる添乗員の身になってほしいよ(涙)

 

180411 008

午後は陶芸の里、信楽にある“信楽陶芸村”さんへ

事で信楽に行くのは初めてです!

って言ったらドライバーさんがひいてた(笑)

 

それほど関西からは定番の観光地

色んなタヌキがいて、見てるだけでも面白いですね〜

あ、今日のドライバーさんは動物占いが“タヌキ”の女性ドライバーさんでした(笑)

180411 003180411 005

 

 

 

 

最後は滋賀県の“ブルーメの丘”

180411 001

ここで“チューリップ”“菜の花”を見学

まだまだ見頃とは言えませんが、先週きた時よりかなり咲きましたね!

 

 

180411 040

180411 044

 

 

 

 

今日は大阪を出発し

奈良県でいちご狩りと枝垂れ桜&芝桜鑑賞

三重県でお昼ご飯

滋賀県で窯元見学とチューリップ&菜の花鑑賞

って盛りだくさんな内容でした

 

これで旅行代金4980円

って安っ!

1日遊んで5千円札1枚でお釣りがきますから!(笑)

大和さくらの隠れ里ツアー

今日は「大和さくらの隠れ里めぐり」というツアーに行ってきました

奈良の桜といえば、ひと目千本の“吉野山”が有名ですが…

今回は“隠れ里めぐり”です

まず最初に訪れたのは奈良県宇陀市にある枝垂れ桜の名所

【大野寺】

バス駐車場から受付までは平坦な道

受付で係員さんがパンフレットを配ってくれます

そのあとに添乗員は入って右側の窓口で精算をします

160411 026160411 025

 

 

 

 

巨大な枝垂桜は圧巻!

今がちょうど満開

160411 011

160411 002

 

 


 

160411 008160411 006

 

 

 

 

お寺の前を流れる宇陀川の対岸にある磨崖仏(まがいぶつ)も必見です

160411 001160411 003

 

 

 

 

160411 017

規模は小さいですが、お寺の庭も色んな花と桜のコラボが楽しめて綺麗でした



 

160411 016160411 019

 

 


 

160411 020

160411 018

 

 

 

 

所要時間:40分
(バスPが離れている場合は+α)

 


お次は三重県津市まで移動です

【三多気の桜】

バスPから“真福院(しんぷくいん)”までの参道が桜の名所

160411 051160411 028

 

 


 

160411 029

160411 033

 

 

 

 

途中に広場や屋台があるので、外でお弁当を食べることができます

160411 031160411 030

 

 

 

 

20分ほど歩くと真福院に到着

今日・明日とさくら祭り開催ということで餅つきが行われていました

明日、餅撒きをするそうです

160411 039160411 038

 

 


 

160411 044

この三多気の桜は古木が多いことで有名

古木と田園風景がなんともシブイ

“大人のお花見スポット”って感じかな(笑)

160411 041160411 047

 

 


 

160411 034160411 037

 

 

 

 

160411 049

駐車場の枝垂れ桜も満開で綺麗でした

 

 

 

所要時間:90分
(お弁当の時間込み)


最後は限りなく三重県に近い、奈良県東吉野村にできた新しい桜の名所

【高見の郷】

“天空の庭”と名付けられたお庭から山一面に植えられた枝垂れ桜を鑑賞します

7年前に観光目的で桜を植えたんですって

さながら「山上の原谷苑」といったところか?

 

まず受付で入山料を支払います

料金は桜の開花によって200円⇒300円⇒500円と変動

今日は300円でした(笑)

受付の前に並んだ車は天空の庭まで送ってくれる送迎車(ピストン運行)

運賃は上り300円・下り200円

160411 052160411 063

 

 

 

 

受付から天空の庭まではとんでもなく急な山道が続きます

お客様はこの斜面を見て唖然としてた…

坂道を上がる送迎車もなんだかマンガみたい…

160411 065160411 064

 

 

 

 

歩くと上り25分・下り15分ってことでしたが、そこまでかかりませんでした

張って上ったわりに、天空の庭は2分咲きといったところ

160411 055160411 053

 

 

 

 

でもそれなりに色づいている場所もありました

満開にはあと1週間はかかるでしょうか?
(今日も寒かったもんな〜)

160411 056160411 059

 

 

 

 

帰りも油断は禁物!

足元には十分注意しましょう!

160411 060160411 061

 

 


 

160411 062

手すりもロープだしね

雨の日はちょっと危険だな…

 

 

所要時間:60分
(満開時なら90分は欲しいかな)

 

今日は“隠れ里”らしく、しっとり落ち着きのあるムードの名所ばかりでした

桜も名所も色々あって面白いですね

皆さんはどんなお花見スポットがお好きですか?

綾小路きみまろ爆笑ライブツアー

今日は中高年のアイドル“綾小路きみまろ”の貸切公演ツアーに行ってきました

ここ数年、このきみまろと“米村でんじろう”の貸切公演ツアーが人気なんですよね

関西一円の営業所から営業所から27台のバス、1000名以上のお客様が集まりました

営業所やコースによってコースはさまざま

でも公演会場が“彦根市文化プラザ”なので観光は琵琶湖周辺になりまよね

我々も午前中は“彦根城”へ行ってきました
(なんか最近やたら滋賀県ばっかり行ってるな…)

110411 001s

 

 

 

 

 

 

 

2日前に来た時よりも綺麗になったような?

今日も絶好のお花見日和です

110411 007

110411 009

 

 


 

110411 008110411 005

 

 


 

110411 013110411 014

 

 

 

 

110411 017

ここ、よくお客様が見落とす駐車場への帰り道

「いろは松駐車場へ」とか看板出してくれたらいいのにな〜

 

 

ランチは“ビバシティ(平和堂)”の中にある“モビーディック彦根店”さん

ドライブインとかじゃなく、大型商業施設の中にあるお店です

ここで自然派料理のバイキング

店員さんも感じいいし、料理もまずまずだけど

掘りごたつ式の座敷なので料理を取りにいくのがちょっと不便…

110411 020110411 018

 


 

 

110411 021110411 022

 

 

 

 

さぁ食後はいよいよ“綾小路きみまろ爆笑ライブ”を鑑賞

110411 023

会場に続々とお客様が入場です

それにしても見事に女性ばっかり

しかも同じような年代(笑)

110411 026110411 024

 

 

 

 

約1時間のライブでしたが、お客様が大満足のご様子でした

110411 027

帰りは滋賀県日野町にある滋賀県農業公園“ブルーメの丘”

ウチのバスだけだよ、ここ行くの…

 

 

園内で桜・菜の花・チューリップを鑑賞!とのことでしたが

菜の花畑は入口から遠いし

桜はいまひとつ

チューリップにおいては、ほとんど緑の畑って感じでした…

せっかく彦根城で綺麗な桜を見て、きみまろで大笑いしたのに

なんか後味悪っ

110411 029110411 032

 

 

 

 

110411 030

まぁ可愛い羊を見れたので良しとしますか

でもチューリップが見頃になれば見事でしょうね

 

 

今日のツアーは“綾小路きみまろ”“彦根城”でしょ

前日から言い間違えないように気をつけようと思ってたのに

ポロっとマイクで言っちゃいました

綾小路ひこまろ

琵琶湖1周ウォークツアー

今日は日帰りウォークツアーに行ってきました

行き先は琵琶湖

月に1度、10キロ前後のコースを歩いて、琵琶湖を1周しよう!

というシリーズ物のコースです

添乗員は2名体制で、パートナーは後輩の“ユウキ”

110409_093450

なんか凧揚げの凧のような

ジュディ・オングのような

なんちゅー格好やねん!!!

 

 

 

 

090411

今朝の梅田は雨

あっという間に受付ポスターも参加者台帳もビショビショに…

雨の日は濡れた紙にも書けるボールペン持ってこなあかんね

 

でも琵琶湖へ向かっている間に雨も止んでくれました

090411 001

渋滞もなく順調にスタート地点である「新旭風車村」に到着

ウォーク前に軽く準備体操です

 

 

ウォーク中は滋賀県在住のウォークリーダーさん、そして添乗員2名体制でお客様をサポートします

まずは湖岸道路に沿って、「びわ湖こどもの国」を目指しましょう!

090411 004090411 005

 

 

 

 

090411 003

雨は止んだけど、風がめっちゃ冷たい!!!

山には雪が残ってるんだから仕方ないか

 

 

090411 007

約3.5キロ歩いて「びわ湖こどもの国」に到着

ここで号車担当のえりりんと一緒にお弁当タ〜イム

 

 

期待してなかったけど、結構おいしいお弁当でした

090411 008090411 009

 

 

 

 

090411 010

お弁当を食べている間に日差しも出てきた!

張り切って午後のコースを歩きましょう!

 

 

今回のコースは湖岸だけでなく、昔の面影を残す集落の中も歩きます

090411 016090411 013

 

 

 

 

090411 014

歩くだけじゃなく、ウォークリーダーさんが歴史や琵琶湖に住む動物の話をしてくれるので退屈しませんね


 

 

090411 015

去年の9月に会社のBBQでお世話になった“近江白浜”の横も通りました

 

 

 

近江白浜の横は“萩(はぎ)の浜”

どちらも夏になると湖水浴で賑わう砂浜です

 

近江高島では湖岸を離れて市街地へ

ここには織田信長の甥、織田信澄(のぶずみ)の“大溝城”の城跡があります
(明智光秀の設計とも言われているそうです)

かなり昔に解体されたので、現在は石垣がゴロっとしているだけです

090411 021090411 022

 

 

 

 

090411 027

その横には“乙女ヶ池”

個人的にバス釣りでかなり通いつめているお気に入りスポット(笑)

 

 

060810 002ss

去年の夏もここでいいサイズを釣ったしね

今日も釣りがしたくてめっちゃウズウズした…

 

 

乙女ヶ池のあと、ちょっと山を上がった場所に“鵜川(うかわ)四十八石仏”と呼ばれる石仏郡があります

前から石仏郡があるのは知ってたけど見るのは初めて

13体が別の場所に移され、現在ここにあるのは33体

2体は盗難にあって消息不明だそうです

ご近所の家のお庭にありませんか?

090411 030090411 032

 

 

 

 

山を降りて国道161号線に出ると、琵琶湖の湖面に厳島神社に似た鳥居が見えてきました

ここがゴール地点の“白髭神社”です

ちなみに次回はここがスタート地点

前に1度、この先のコースは歩いたな
「琵琶湖1周ウォークへ行こう」(2008年4月15日)

090411 033090411 034

 

 

 

 

今日歩いた距離は全部で14キロ

家に帰って万歩計を見たら3万歩越えていました

090411 025

大阪や京都に比べて、かなり桜が遅い印象を受けました

まだまだつぼみの木が多かったですね

 

 

って、明日から琵琶湖に

今度は花見ツアーとして行くんですが…(笑)

夕日ヶ浦温泉かにづくしツアー♪

添乗から帰ってきてめっちゃ眠たいけど、島根ワイナリーで貰った白ワイン飲みながらブログを更新!

途中で寝たらゴメンナサイm(__)m

 

今日は丹後半島の夕日ヶ温泉に行ってきました

そう、先週と同じ「日帰りかにづくしツアー」です

4時に起きて梅田に向かったんですが…

集合場所に着いてもまだ暗いし…

この時期のバスツアーの添乗は

暗い・寒い・眠い

と三拍子揃っております

041210 001041210 002

 

 

 

 

先週は12台口でしたが、今日は4台口

よって梅田だけではお客様が集まらず

【梅田⇒JR尼崎⇒阪神尼崎⇒阪急伊丹】

と4ヶ所まわって夕日ヶ浦温泉“ホテル佳松苑”さんへ向かいました

このコース、食事会場は大広間だったり個室だったり、当日にならないと添乗員もどんな会場か分からないんですよね

今回は別館【風香】の8階にあるホールを使用

041210 004

EVが1機なので面倒だけど、室内は明るく広々

窓からは日本海も眺めることができました

 

 

焼きがにが既に焼いてあるカニを後だしでサーブしていたので、見た目はちょっと寂しかったかな

041210 003041210 006

 

 

 

 

041210 005

このコースは甘エビが食べ放題なんですけど、みんなカニに夢中で甘エビの存在なんて忘れてる

同じ甲殻なのにね…(笑)

 

 

お客様がカニと格闘している間に添乗員もランチタイム

041210 007

もちろんカニなんて出やしません

でも、焼きサバが美味しかった♪

 

 

 

それにしても日帰りツアーって、なんかやる事多く感じるな~

041210 008

バス車内ではお土産物の車内販売のセールス&集金

そしてドライブインに着いたら商品の積み込みと配布

 

 

041210 009

夕食も積み込んで配らないといけないし、お土産付きツアーだと解散場所でホームレスに奪われないよう配らないといけない

 

 

 

最後の降車場所に着いたら、なぜかバス車内の掃除を半強制的に手伝わされるし…

 

そして最大の難点が「ドライバーさんのご機嫌とり」

なんてったって、これが一番疲れる

長いこと添乗員やってますけど、いまだに日帰りツアーのシフトが付いた瞬間から胃が痛くなる

 

なにが嫌って?

大阪のバスに乗るのが嫌

なんで嫌って?

「怖い」「愛想ない」「文句が多い」(笑)

 

もちろん色んな人がいるので一概には言えませんよ

でも、入社当時から大阪の乗務員さんにはこんなイメージを持っています
(他の地域に比べると、ほんと異常だと思う)

そんな人と乗務すると、いつも

「楽しく仕事しよーよ♪」って言いたくなる

でも悔しいかな、そんなこと言えるような勇気はない(笑)

毎回祈るような気持ちでツアー当日を迎えます(←新人添乗員か

 

でもひょっとしたら乗務員さんたちも、同じような事を思っているかもしれませんね

添乗員ってちょっと変わってる人多いし(笑)

 

募集ツアーは、ドライバーさん・ガイドさん・添乗員

この3人がひとつになってこそ、お客様に楽しい時間が提供できるものだと思っています
(最近はガイドさんの同行がないツアーも多いですが)

この大阪の地にも、御堂筋イルミネーションのような明るい未来が来ますように…

夕日ヶ浦温泉かにづくしツアー♪

今日は日帰りツアーで夕日ヶ浦温泉に行ってきました

毎年、かにのシーズンに毎日出発している超人気コースです

今朝の梅田の集合場所にもカニツアーのお客様で賑わっていました

そんな中、こんなバスが駐車場に止まっていました

いつもお世話になってるOSAKA BUS

かと思いきや

HOKKAIDO BUSやん!

041210 003

北海道がオフ期に、北海道の乗務員さんが応援に来るのは知ってたけど、バスまで持ってきてるんだ

 

 

 

さてさて、今日は同じツアーがなんと12台口!

おかげで乗車場所もバス毎に分散されたので、フナッシュ担当の①号車は梅田オンリーでした

ガイドさんがいないのでバスの中で「間人ガニはなぜ高い?」のネタをお話しながら、夕日ヶ浦温泉へ向かいます

041210 006

今回お世話になるのは“ホテル佳松苑”さん

各地から続々とバスが終結です

 

 


お客様はカニ2.5枚を使用してかにづくし料理

ここまで来る間、さすがにバスの中でおやつを食べている人は少なかったです(笑)

041210 005041210 004

 

 

 

 

041210 007

こちらが添乗員の昼食

せめてカニの足1本でも欲しかった…

 

 

日帰りのカニツアーって、ほんとお客様が羨ましい!!!

夕日ヶ浦に来るまで、ずっと頭の中で“カニ食べたい・カニ食べたい…”って呪文のように唱えてました

プライベートでカニ食べたのって後にも先にも、2007年の

「丹後半島でかに三昧」くらいだもんな~

今年こそ絶対行ってやる!!!

お客様が食事や温泉に入っている間、一緒に来ていた添乗員さんたちとアイスを食べていたんですが

先輩添乗員のアキオちゃんの食べたたピノに星型★のピノを発見!

041210 001

これ、たまーに入ってる「願いのピノ」って名前らしいですね

なんとも縁起がいい(笑)

 

 

食後は海産物の“かにはん”さん

豊岡のカバン工場“木和田”さん

ドライブインの“パオパオ”さん

道の駅の“まほろば”さん

と、観光は一切なく全て立ち寄り

■立ち寄り=お土産店やドライブインのこと

しかも[パオパオ~まほろば]って10分しか離れてないし…

なんか露骨に買物ツアーみたいで、お客様も添乗員も乗務員も引いていました…

 

あ~

かに食べたい

かに食べたい!!!

041210 002041210 008

 

 

 

 

夢に出てきそう…

黒あわび大漁祭ツアー♪

今日は4時起きで日帰りツアー

行き先は毎年、かにツアーで賑わう浜坂漁港!

今回はカニではなく、国産黒あわびを食すグルメツアーです

天王寺、茨木を経由して、和田山の“海鮮せんべい但馬”そして“餘部鉄橋”

今年の夏に橋の架け替え工事も終わった新生・餘部鉄橋です

002005

 

 

 

 

003

一見、昔の面影は全然なさそうですが、地元の方の要望で、旧鉄橋の橋げた部分を2本だけ残してあるそうです

 

 

 

渋滞の影響でちょっと時間が遅くなりましたが、いよいよメインの昼食です

今回は踊り食い用に2個、刺身用に1個、合計3個の国産黒あわびが付いた豪華版!

食べきれない方には、保冷剤付きの発砲ケースもご用意です!(笑)

008

006

 

 


 

007

010

 

 

 

 

009

添乗員&乗務員はというと

サバの味噌&アジフライ定食

ま、お弁当じゃないだけマシか

 

日帰りツアーは大きなお土産が付いていて、受け渡しが大変なことが多いんですが…

今回のコースはかなりコンパクト

添乗員にとっては助かりますm(__)m

このネットに入った生玉子

何に使うんでしょうね???

011

012

 

 

 

 

013

さて、食後は湯村温泉散策

ツアーには“リフレッシュパークゆむら”の入浴券がセットで付いていました

 

 

約90分の自由散策

リフレッシュパークでのんびり温泉に入るもよし

“荒湯”付近の散策や“ふれ愛の湯(足湯)”に入るのもいいですね

018

あ、リフレシュパークの横には足湯よりもお手軽な“手湯”なんてスポットもありましたよ

 

 

 

リフレッシュパークから坂を下ること約10分

ここが春来川のほとり、荒湯がある温泉街の中心部です

この荒湯では98度の温泉が毎分470リットルも自噴していて、野菜やカニを自由に茹でることができるんです

016017

 

 

 

 

そう、さっき受け取った生玉子は、この荒湯でゆで玉子にするためにもらったんです

茹で加減が結構難しかったようですけど、自分で作ったゆで玉子は美味しいでしょうね

 

復路は和田山のドライブインパオパオさんに立ち寄り

019020

 


 

 

店内で小ぶりな“黒豆冷うどん”

バス車内で“但馬牛もちもちビーフサンド”

の夕食を頂きながら一路、大阪へ

帰りも渋滞に巻き込まれ、天王寺に帰ってきたのは21時半でした

明日も4時起きなのに…

北山川のイカダ下りツアー【乗船編】

それではいよいよ筏下りがスタート!

024

出発してさっそく急流が現れるので、両サイドにある手すりをしっかり握ります

皆さん、心の準備はいいですか〜

 

ザワザワと膝まで水しぶきがかかってきてきます

筏が左右に揺られ、さながら遊園地の絶叫マシン気分

025026

 

 

 

 

027

急流を抜けたと思ったら一息つく間もなく次の急流が迫ります

右前方では業者のカメラマンが撮影のためにスタンバイ(道の駅にて販売)


 

白く泡だった急流の中を水しぶきを浴びながら進みます

これぞまさに筏下り!って感じで爽快!!

028029

 

 

 

 

034

でもこのあと川の流れは急に緩やかになります

流れてるの?ってくらい(笑)

 

 

038

ほとんど流れがないので、推進力は筏師さんの腕にかかっています

かなりの力仕事です

 

 

筏下り中は、急流を通過する際は立って手すりにつかまりふんばります

で、通過し終えたら足元にあるベンチのような場所にビニールシートを敷いて座るんです

036033

 

 

 

 

037

途中、流れの緩やかな場所でじゃばらジュースが配られました!

前はこんなサービスなかったな〜

大自然の中で飲む甘酸っぱいジュースは最高!

 

039

お、油断してるとまた急流が

左右に岩がゴツゴツしててワイルドなポイントです

 

 

040041

 

 

 

 

043

と思ったらまた緩やかな流れに…

そう、筏下りは立ったり座ったりの繰り返し

急流ポイントは全体で5ヶ所ほどです

 

急流以外の場所ではのんびり鳥のさえずりを聞いたり、さわやかな風を感じて自然を満喫

なんとものどかでいいですよね〜

044045

 

 

 

 

70分間の筏下りはあっという間に終了

筏師の皆さん、お疲れ様でした

048049

 

 

 

 

このあと“おくとろ温泉”に入浴して汗を流し

柿の葉寿司の“たなか”さんに立ち寄って大阪へと帰ったのでした

054053

 

 

 

 

047

北山川の筏下りは5月〜月まで運行

月によって運行日と料金が違いますが、9月は土・日・祝日が運航日

料金は大人6000円、小学生3000円です

 

 

 

ちなみに年齢制限がございまして…

対象者は満10歳以上、満70歳以下の“健康な”方

だそうです

 

皆さんも是非一度、北山川で筏下りを楽しんでみてくださいね!

もっとスリリングな体験がしたい!

という方はこの記事参照→「遅くなったけどラフティング報告」(2006年11月7日)

 

北山村観光筏下り(北山村公式ホームページより)

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・