ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

日帰りバスツアー

北山川のイカダ下りツアー【準備編】

いよいよ今日が14連勤最後の添乗です

やって来たのは和歌山県の“北山村”

和歌山県なのに、三重県と奈良県にしか隣接しない日本で唯一の“飛び地”

そして、ここでしか獲れない幻の果“じゃばら”の生産地として知られる小さな村です

051

009

 

 

 

 

ここで今日は観光用として運行している“筏下り”を体験!

梅田を7時に出発して、道の駅で2回休憩

3つめの道の駅が北山村の【おくとろ公園】

筏下りの送迎バスも、筏下り後に入浴するおくとろ温泉も、この敷地内にあるので便利です

050002

 

 

 

 

受付で注意事項が書かれた紙と、筏に敷くシート

そして乗船券を受け取ります

乗船券は特に必要ないので後から配ってもOK

裏面に筏の号車番号がかかれています

イカダは 銑9翦気泙任△蝓△修譴召貭螳は20名

003012

 

 

 

 

お客様は送迎バス出発までに筏下りに適した服装に着替えます

トイレとは別に更衣室も完備

貴重品はロッカーに預けましょう

006005

 

 

 

 

筏下りの場所まで移動する送迎バスの出発は13時

それまでに各自お弁当を食べてもらいます

道の駅の施設内でも食べれますし、公園にBBQ用のイス&テーブルもあります

昔ここでYOCのメンバーでBBQしたな〜

004008

 

 

 

 

001

それにしても、今日のお弁当

ちょっと貧相じゃない?

配るのが恥ずかしかった…

 

 

010

はい、それでは送迎バス出発まで時間があるので

お客様の筏下りスタイルのファッションチェ〜ック!

 

 

ちなみに筏下りスタイルとは

■膝までまくり上げられるズボン(短パンや海パンがベスト)
■濡れてもいい靴(ビーチサンダルなどで素足は不可)

以上2点が基本になります

011015

 

 


 

014013

 

 

 

 

ん〜〜ちょっと勢いだけのお客様もいない訳ではないですが…

まぁ良しとしましょう(笑)

 

13時になったら送迎バスにて“オトノリ”と呼ばれる乗船所へ向かいます(一般のお客様と混載)

016017

 

 

 

 

018

川辺へ降りる際はサンダルで歩きにくいので、足元に十分注意しましょう!

 

 

 

筏師さんから注意事項の説明を聞いたあとは、あらかじめ振り分けてある番号( 銑)の筏ごとに乗船します

020

021

 

 

 

 

022

筏の上で救命胴衣を着たら準備はOK!

いよいよ筏下りのスタートです!

 

 

と、ここで

今夜はもう遅いので続きは明日に…

桃狩り食べ放題と高野山奥之院ツアー♪

今日は久々に日帰りツアーの添乗に行ってきました

030710 001

高野山・奥之院の参拝と桃狩り&桃食べ放題がメインのツアーです

 



 

雨の中、約1時間半ほど奥之院を参拝したあとは高野山らしく精進料理昼食

昼食後はエコファーム・名山観光農園さんで桃狩り(←1個もぎ取るだけですが)と桃食べ放題

030710 007030710 006



 

 

 

さらに約2キロのお土産付きです

030710 003030710 004

 

 

 

 

 

まぁ、いたってごくごく普通の日帰りツアー

030710 002

昼食もごくごく普通にパッとしない

精進料理ってコレか…

 

 

 

そんなフツーの日帰りツアーでしたが

バスの中でフツーじゃない光景が目に飛び込んできました

030710 008

なんと運転席にノートパソコンが!!!

カーナビは分かるけどパソコンが付いてるバスなんて初めてです

 

 

通信機器はdocomoのデータ通信を使用

狭いスペースでも操作しやすいよう、トラックボールのマウスまでセットされていました

030710 011

030710 010

 

 

 

 

030710 009

このパソコンはドライバーさんの私物

パソコンボードも自作なんですって

すごいですね〜

 

主に渋滞情報や地図の検索などに使っているのだとか

030710 012

いや〜久々に刺激的な乗務員さんとご一緒できました

これからは「ブログな添乗員」も暇つぶしに見てくださいね〜!

 

 

 

天橋立10大味覚食べ放題ツアー♪

今日は秋の紅葉シーズン以来の日帰りバスツアー

行き先は日帰りツアーのド定番コース

“あまはし”こと天橋立

関西からの定番日帰りコースと言えば冬はあまはし・浜坂・夕日ヶ浦】です(笑)

西紀

大阪を出発する際は朝日が眩しかったのに、最初の休憩場所“西紀SA”では雪がちらほら

 

 

寒波は去ったとは言え、やっぱり北に向かうと寒さが厳しいです

 

このコースのメインは昼食

天橋立のドライブインで冬の10大味覚食べ放題!なんです

10大味覚って何かと言うと

)椒織薀亅▲坤錺ぅニ車エビご泥┘哭サ蹈好董璽Δに飯Ь討ふぐ┐に鍋焼きガニかにそば

なんか年々食べ放題の種類が増えてるような…

お客様

食事

 

 

 

 

軍手

リピーターも多く、お客様も慣れているみたいで軍手持参の方までいました

これはグットアイデア!(笑)

 

 

かに

食べ放題ツアーでは添乗員も食材や固形燃料の追加のお手伝い

ここくらいしか出番ないですから

 

 

ウロチョロ動き回っていたら、他社の添乗員さんから「すいませーん、ビール3つ!」ってオーダーが

あのーこちらも添乗員なんですけど…

いいんです、ドライブインのスタッフに間違われる事には慣れてますから(笑)

 

お客様はカニやらエビやら豪勢なランチですが、添乗員が同じモノを食べれるはずもなく

ランチ←今日のランチはこんな感じでした

お客様に比べたら地味だけど、結構おいしかった♪

 

 

ケーブル

食後の観光は傘松公園へ

ご希望の方はケーブルで展望台へご案内

 

 

展望台からは天橋立が一望!

天橋立はやっぱり上から見ないとね〜

天橋立天橋立

 

 

 

 

天橋立

そして天橋立と言えば名物“股のぞき”

空に橋が架かったように見えたかな?

 

 

このあと立寄った“橋立ワイナリー”では面白い商品を発見

ミニボトルにプラスチックのワイングラス・チロルチョコがセットになった、その名も

“バレンワイン”(笑)

ワイナリーワイン

 

 

 

 

見た目も値段もかわいいのに、可愛げのないメッセージカードがいい味出してます(笑)

文殊堂

そして知恵の神様“文殊堂”にも行きました

そう言えば今日はセンター試験
受験生もたくさんお参りに来たんでしょうね

 

 

このコース最後は“出雲大社巌分詞(いずもたいしゃいわおぶんし)”

島根の出雲大社の分詞です

出雲出雲

 

 

 

 

ご神水(ごしんすい)と呼ばれるありがたいお水も頂き、一路大阪へ

赤松

最後の休憩場所“赤松PA”では雪が全くない!

ちょっと移動するだけで全然気候が違うな〜と実感しました

 

 

この人気の日帰りコース

昼食は10大味覚食べ放題で、1日遊んで旅行代金はたったの6980円〜

めっちゃお得ですよね

さらに新巻鮭ズワイガニの選べるお土産まで付いてるんですよ!!!

それにしても鮭デカすぎ!(左の保冷パックに入ってるのがズワイガニ)

お客様、持って帰っても冷蔵庫に入らないと思うんだけど…

お土産お土産

 

 

 

 

このお土産、昼食会場でバスに積み込んで、お客様の下車場所で配るんですけど

取り間違いとか渡し間違いが出そうですよね〜

かに

と言うことで、事前に“鮭・蟹チケット”を作りました

ちょっと色気のないチケットですが、こーゆーのはシンプルなのがいいんです!(笑)

 

 

日帰りツアーと言えばトラブルが多いけど、今回は気持ちわるいくらいスムーズだったな〜

お客様も協力的だったし、乗務員さんも若くて優しい方でした

それにしてもこのコースお得だな〜

今月も休み多いし、自分で参加しよっかな(笑)

京都三大紅葉めぐりツアー♪

今シーズン最後の紅葉ツアーは日帰り京都ツアー!

紅葉のピークは過ぎていると言っても、11月最後の土曜日

予想通り嵐山周辺は、朝イチからかなりの混雑でした

(写真左は渡月橋/写真右は天竜寺)

嵐山嵐山

 

 

 

 

まぁ嵐山はバスは駐車場に止め置きなのでそれほど心配していなかったんですが

問題はバスの駐車場がない“東福寺”と駐車場からチケット売り場までかなり距離がある“清水寺”

“東福寺”は連休最後の23日に行った時と同じくらいの混雑ぶり

でも紅葉は23日より赤味が増したような?

協力的なお客様が多かったので、なんとかこちらはクリア

東福寺東福寺

 

 

 

 

最後の清水寺が一番の難関

駐車場からチケット売り場まで続く清水坂にはズラ〜っとお土産屋さんが並んでいます

さらにシーズン中はこの人混み↓↓↓

清水

 

 

 

 

 

 

 

 

ここを50名近いお客様を1人でお連れしないといけないんです

もうここまで混んでたらヤケクソ(笑)

とにかくお客様を信じて前進あるのみ!!!

どーにかこーにか坂を上りきり、先日ライトアップでチケット売り場だった場所に着くと

 

 

あれ、誰もいない…

 

ライトアップと通常参観のチケット売り場って場所が違うんですね…

なんか嫌な予感がしたので仁王門(一番手前の門)付近でお客様にお待ち頂き添乗員一人でチケット売り場へ

で、目に飛び込んできたのがこの行列!!!

清水清水

 

 

 

 

まさか団体もこの列に並ぶ訳ないだろと係りの人に

「添乗員なんですけど〜」って声をかけたら

 

 

「はい、添乗員さんもここに並んで」ってあっさり…

 

 

ありえん…

 

久々にハワイのイミグレに並んだ気分です

とにかくひたすら並んでチケットをゲット

お客様が待つ仁王門まで戻ると、なかなか戻ってこない添乗員を皆様不安そうにお待ちでした

でもお客様をチケット売り場までお連れしなくてよかった〜

チケット売り場の周辺は狭いし、一般客と団体客でゴチャゴチャでしたから

ここで延々とお客様の名前を叫んでいる東京からの添乗員さんの姿が痛々しかった…

よく考えたらライトアップでしか清水寺に来たことがなかったけど、毎年こんな感じなんかな?

清水寺ほどの観光地が、一般と団体を同じ列に並ばすなんて考えられないんですけど…

こんな事なら“清水順正”で働く同級生に、チケット買っておいてもらえばよかった(笑)

夕日

まぁバタバタしたけど、お客様は京都の紅葉を満喫してくれたようで何よりです

いや〜混むのは嫌だけど、紅葉はやっぱり京都が一番だね!

 

 

また来年も綺麗な紅葉を楽しませおくれやす

ルーヴル美術館展と箱館山ゆり園ツアー♪

梅雨明けがいまだ実感できない関西地方

特に昨日の雨には完全に休日の予定を狂わされました

さて、そんな個人的な感情は押さえて、今日は日帰りツアーの添乗に専念しましょう!

梅田

さすがお盆休み真っ最中とあって集合場所の梅田にはツアー客が溢れ返っていました

 

 

 

ツアーのメインは今、関西で最も注目されているイベントのひとつ

京都私立美術館で開催されている

「ルーヴル美術館展」の鑑賞

嵐山

まずは嵐山で早めの昼食です

事故渋滞の影響もあり、この時点で50分遅れ…

 

 

実はこの「ルーヴル美術館展」

月曜は休館日なんです

このツアーは、その休館日をツアー参加者専用日として入館できるというイベントツアー

同じ大阪の営業所からは8台口でしたが、東は福井営業所から、西は岡山・呉・鳥取・松江・松山・高松など続々と各地の営業所のツアーが終結

その数なんと

95台!

もちろん添乗員も95人(笑)

 

これだけ集まったら、逆に混み合ってクレームになるんじゃないかと内心ヒヤヒヤしていましたが…

優秀な現地スタッフの働きのおかげか?お行儀のいいお客様が多かったのか?

意外にスムーズに鑑賞することができました!

ルーヴルルーヴル

 

 

 

 

添乗員も中に入らせてもらいましたが、思ったよりこじんまりした会場でちょっとビックリ

後輩のかかしが「45分もあったらお客様みんな出てくる」って言ってた意味がよく分かりました(笑)

でも何が一番ビックリってパンフレットの表紙も飾っている【ヨハネ・フェルメールの「レースを編む女」】のが、あれほど小さい絵画だったとは…

どこかのお客様が

「なんや、このパンフレットの方が大きいやんか!」って言ってた(←確かに

 

遠方の営業所はお弁当を車内で食べながら、ひたすらこの特別鑑賞会だけのためにバスを走らせていたけど、関西組みは営業所によって色んな観光地を組ませていました

我らが大阪の営業所8台は今年新しく滋賀県にOPENした観光地

びわこ箱館山ゆり園

滋賀県の“はこだてやま”は「函館山」ではなく「箱館山」です(笑)

バスPに向かう途中のゲートで係員がゴンドラ乗車&ゆり園入園の共通チケットを渡してくれます

往復チケットなのでなくさないようにしましょう!

ゆりゆり

 

 

 

 

ゆり

ここは冬は「箱館山スキー場」として営業している場所

ゆり園には8人乗りゴンドラに乗って上がります

 

 

観光用ではなくあくまでスキー場のゴンドラですが、眼下には琵琶湖を眺めることができますよ


ゆり

ゆり

 

 

 

 

ゆり

ちょっとモヤってるけど、雨もなんとか止んでくれたようです

 

 

 

ゆりゆり

 

 

 

 

レストハウスには売店や軽食コーナー

露店ではゆり根の天ぷらや、ゆりソフトクリームなんかが販売されていました

ゆりゆり

 

 


 

ゆりゆり

 

 


 

見頃のピークは少し過ぎていましたが、なかなかこんなに広いゆりの群落を見る機会はないのでお客様には好評でした

添乗員は時間がなかったので遠くまで行けませんでしたが、丘に登るとかなり綺麗に見えるみたいですよ

所要1時間半とりましたが、これくらいで丁度いい感じでした

ゆりゆり

 

 

 

 

さて、ルーブル美術館展は9月27日まで開催

これから行く予定の方も多いと思いますが、月曜は休館日(9月21日は開館)ですのでくれぐれもご注意ください!

今日も玄関まで来て休館だと知りショックを受けてる一般の方が多くいたので…

ルーヴル美術館展

びわこ箱館山ゆり園

長浜ロイヤルホテルと伊吹山散策ツアー♪

今日は滋賀県の伊吹山を散策して長浜ロイヤルホテルでフランス料理を食べる日帰りツアーの添乗でした

朝4時に起きて天王寺へ

ちょうど去年の今頃も同じツアーに行ったんですよね

あのときは遭難するかと思うくらいすごい霧でしたが…

今回もまったく同じように状況でした…

伊吹伊吹

 

 

 

 

伊吹

辛うじて遊歩道の入り口が見えてただけ前回よりマシか

 

 

 

伊吹

この道は傾斜がキツい中央遊歩道

なんか最近、公私共に歩いてばっかりなんですけど〜

 

 

伊吹

はい、頂上に到着〜

「・・・」

 

 

あ、別にピカサを使って修正したんじゃないですよ

霧の伊吹山はリアルにこんな感じです

 

まぁ女性のお客様が多かったし、無料の低温ミストサウナだと思って頂ければ…

きっと明日は化粧のノリが違うはず!(笑)

このあと、長浜ロイヤルホテル→キリンビール工場→ブルーメの丘を巡って大阪に帰ってきました

明日からの3連休の影響か、高速も既に渋滞が始まっていました

 

そうそう、ニュースで北海道で起こったツアー登山の遭難ニュースがやっていましたね

登山専門の会社であれだけの事故

まだまだ登山ツアーを観光ツアーと同様の扱いをしている旅行会社が多いのがこの業界の現状

登山経験もない素人添乗員が同行する登山ツアーで遭難にでもなったら社会的非難は避けられません

明日は我が身です

参加する側も主催する側も、そろそろ本気でツアー登山に対する認識を考えなおす時ではないでしょうか

亡くなられた方の死をムダにしてほしくないですね…

宝塚ホテルと神戸ベイクルーズ♪

今朝は4時半に起きて日帰りツアーの添乗

今日の日帰りツアーは今、一番人気なんじゃないかな?ってほどよく出てるツアー

特に女性のお客様に人気のツアーです

まず、アサヒビールへ工場見学(最近の日帰りツアーは何かにつけてビール工場が入っている・・・)

そして、宝塚ホテルへ

宝塚

ここでフランス料理のフルコースランチを食べるのがこのコースのメインなんです
(彦根プリンスの次は宝塚か?)

 


 

もちろん添乗員&乗務員の昼食にフランス料理が出るはずもなく・・・

カレー

昼食はこちら

 

カレーライス

 

でも宝塚ホテルのカレーって有名なの知ってました?

かなり濃い味付けで、個人的には好みではないでが・・・
(やっぱ多賀SAのカレーが最高♪)

 

お客様はフルコース

添乗員はカレー

もちろん昼食時間にかなりの差が出るので、ちょこっとホテルの周辺を探検してみました

宝塚

宝塚ホテルは阪急宝塚南口駅の目の前に建つホテル

駅周辺はお店がちょこちょこと・・・

 

 

そんな中、気になるお店を発見!

宝塚で1番人気なコーヒーが飲めるお店らしいです

宝塚で1番ってどれくらいすごいのかよくわからないけど、何か気になる(笑)

コーヒー

気になると言えば“ピーナッツ付”ってのがさらに気になる!

宝塚ではこれがスタンダードなのか?

 

 

三田

食後は三田のプレミアムアウトレット

添乗員が一番楽しみにしてたかも(笑)

 

 

1時間くらいじゃ女性のお客様には物足りなかったみたい

はい!添乗員も時間足りませんでした!

でも、時間を気にするのにはわけがあるんです

神戸

この後に行く神戸港のクルーズの時間を気にしてたんですよね〜

お客様が三田で15分遅れてきたのでギリギリでした

 

 

それにしても天気良すぎ!

まさに旅行にピッタリの秋晴れの中、約50分間のクルージング

酒

最後は“酒心館”という酒蔵に立ち寄って大阪へ

豆腐や湯葉もおいしそうだったけど、重いので諦めました

 

 

ここまで順調に来てたのに、最後の最後に湾岸線で工事渋滞

この影響で1時間半もロスしてしまいました・・・

 

86

あ、今回のツアーは大先輩の“86さん”2台口でした

かなりレアなコンビかも(笑)

 

 

86さんは終始、お馬さんの結果が気になっていたご様子で・・・

86さんは明日から北陸

フナッシュは北海道

 

お互い頑張りましょーねー

さくらんぼ狩りとホタルの夕べ鑑賞ツアー♪

前日に会社に添乗準備に行ったら伊勢方面の日帰りツアーから

ホタル鑑賞のツアーに変わってた

日程表を見たら添乗員の集合時間が11時20分集合

ラッキ〜と思った瞬間、日程表の帰着予定時間見たら

23時すぎてる
( ̄◇ ̄)!!

 

ま、ホタル鑑賞ツアーなんだから仕方ないか・・・

 

なんか昼から出発なんて変な感じ

44名様を乗せたバスは滋賀県竜王町にある“谷村農園”さんへ

なんと、滋賀県でもさくらんぼ狩りが楽しめるんです!

ほどよく色付いた天香錦(てんこうにしき)ナポレオンは思ってたより甘くてお客様も大喜び

さくらんぼ

さくらんぼ

 

 


 

さくらんぼ

お客様

 

 


 

さくらんぼ

持ち帰りも出来ますが、このカゴ満杯で5千円ほどするそうです
( ̄◇ ̄)!!

さすが果物の宝石だ

 

 

さくらんぼも美味しかったんですが、ここの案内のお兄さんがめっちゃコテコテの関西人でかなりウケました(笑)

 

お次は岐阜県の大垣ICまで足を伸ばして“曽根城公園”で花しょうぶの鑑賞

規模の割りに、観光バスはたくさん来ていました(みんなホタル鑑賞ツアー)

しょうぶsyoubu

 

 

 

 

他社はみんな関ヶ原で夕食なのに、なぜかウチのツアーだけ彦根まで戻ります

しゃぶしゃぶ

彦根のドライブンで“近江牛のしゃぶしゃぶ食べ放題”の夕食

添乗員も一皿だけ食べることができました

 

 

このあと、また米原ICまで戻ってホタル鑑賞のイベント会場である“グリーンパーク山東”

ホタル

真っ暗道の中、誘導されるがまま進むと、すでに何台かバスが入っていました

 

 

 

米原市では“第25回 天の川ほたるまつり”が開催中(6月9日〜15日)

バス駐車場前には露店や売店コーナーが設置されていました

売店売店

 

 

 

 

グリーンパーク山東という施設の中にある三島池周辺がホタル鑑賞スポット

その都度、綺麗に見えるポイントにボランティアガイドさんが誘導してくれます

鑑賞ポイントではフラッシュ撮影や大きなライトなどの使用が禁止

足元もほとんど見えない状況なので小さなライトくらいあると便利だったかも

写真では撮れませんでしたが、幻想的なホタルの舞いを鑑賞することができました

ホタル

これはお客様のうちわにくっついてきたホタル

けっこうホタルって人なつっこいんですよね(笑)

 

 

バス

多い日には20台以上バスが来るんですって

バスの受け入れは20日すぎまでやっているそうです

 

 

 

さくらんぼ狩りにホタル鑑賞

いや〜滋賀県もバス釣りだけじゃないんですね(笑)

お客様も比較的近場なのであんまり期待していなかった様子で、さくらんぼもホタルも喜んでもらえたご様子でした

 

お客様のご協力もあり、予定よりすこーし早く帰ってこれました

とは言え

天王寺には23時ジャストの到着

家に着いた時には余裕で日付が変わっておりました・・・

 

滋賀県でさくらんぼ狩り・谷村農園

米原市・ほたる情報掲示板

曽根城跡・曽根城公園(花しょうぶ園)

たんとうチューリップまつりツアー♪

爽やかに晴れた日曜日

今日は研修生2名を連れて“たんとうチューリップまつり”がメインの日帰りツアーに行ってきました

 

桜

最初の下車地は舞鶴市吉田にある“瑠璃寺(るりじ)”

簡易駐車場にバスを止めて民家の中を少し進むとお寺があります

 

 

樹齢300年と言われる古木の枝垂れ桜が有名な瑠璃寺ですが・・・

 

見事な葉桜になっておりました

でも、花がなくても見応えがあるほど立派な古木でしたよ

桜桜

 

 

 

 

昼食は天橋立のドライブイン“橋立大丸”さん

メニューは竹の子ご飯と甘えエビの食べ放題♪

天橋立

amaebi

 

 

 

 

添乗員

天橋立で後輩の“チヨ”にバッタリ遭遇

賑やかな先達さんと一緒に巡礼ツアーで来ていました

 

 

午後は、このツアーのメイン

兵庫県豊岡市但東町にあるチューリップ畑

“たんとうチューリップまつり”

バスは畑に沿った道に路駐

それにしてもすんごい混雑

橋立大丸さんで入場券を購入してたんですけど
バスを降りる前にバス車内で配って正解でした

たんとう

たんとう

 

 

 

 

18日から開催しているチューリップまつりは、ちょうど今が見頃

お天気も良かったせいか、とにかく園内は人だらけでした

たんとう

たんとう

 


 

 

たんとう

たんとう




 

たんとう

たんとう

 


 

 

毎年、チューリップで作ったフラワーアートが人気ですが
今年は何が描かれているのでしょうか?

園内の中心に建つ展望台に上ると、フラワーアートが綺麗にに眺められますが
それには長蛇の列に並ばなくてはいけません

もちろん添乗員も地道に並んできました

たんとうたんとう

 

 

 

 

ぱんだ

今年のフラワーアートはこちら

北京オリンピックにちなんで“パンダ”が描かれています

 

 

たんとう

ちなみに展望台から正反対の地上から見たらこんな感じ

何が描かれてるかわからん・・・

 

 

へび

春先だけあって、畑の脇にはヘビが2匹ウネウネしてました

足元もかなりぬかるんでいるので歩きやすい靴でお越しくださいね

 

ツアーの場合、見学の所要時間は1時間くらいかな〜?

園内はそれ程広くないのでこの混雑でも1時間あれば十分に満喫できました

 

チューリップ渋滞でかなり時間が押しながらも、最後の観光地“出石(いずし)”に到着

出石

出石では元添乗員でフナッシュと同期の“アサコ”が出迎えてくれました

アサコは嫁いだ先が出石なんですよね〜

 

 

 

そんなアサコが住む出石で、めちゃくちゃ美味しいスイーツを発見

“大門”というお店で売られていた

“みたらしとちもち”

串にささったお餅なんですけど

これ、絶対出石に来たら食べてもらいたいですね

この未体験級のやわらかさにきっと驚くと思います

口に入れた瞬間、幸せな気分になれますよ(笑)

とちもちとちもち

 

 

 

 

そして、このお店のご主人がとにかく熱い!

田舎の魅力を食べることを通して体験してもらおうと、とにかく語る

出石を愛し、田舎を愛する想いがヒシヒシと伝わってきます

出石

お店は出石のシンボル“辰鼓楼(しんころう)”のすぐ目の前

写真が上手く撮れるスポットも親切に指導してくれますよ

 

 

天候にも恵まれ、お客様にも乗務員さんにも恵まれた今回の同乗研修

2人とも積極的にテキパキ動いてくれて、こちらも助かりました

 

独り立ちデビューする前に同乗研修はもう1回

2回目の同乗研修も頑張ってね〜

添乗員添乗員

 

 

 

 

たんとうチューリップまつり(ホームページ)
シルクの郷(会場の毎日の様子がわかるブログ)

日岡山公園と須磨浦公園の桜

昨日の日帰りツアー

ホテル日航姫路でランチバイキングを食べたあと、2ヶ所のお花見に行ってきました

向かった先は“日岡山公園”“須磨浦公園”

“日岡山公園”ってはじめて聞いた公園なんですけど・・・

この公園は加古川市にある丘陵地帯の公園で、古墳なども多く点在
体育館、プール、グランドなどがある市民公園といった感じの公園です

日岡山日岡山

 

 


 

日岡山

桜は約1500本

小ぶりな桜の木が多かったですね

 

 

観光バスはほとんど来ない様で、警備員さんに
「観光バスが何しに来てん!」みたいな顔されました
( ̄◇ ̄)!!

駐車場はいくつかありますが、今回はJR加古川線を沿った道を少し上ったところにあるグランド横の駐車場を利用しました

めちゃくちゃ分かりずらいです

 

きっと仕事では二度と来ることないだろーな・・・

 

最後は“須磨浦公園”

もうすっかり陽も傾いてきました・・・

須磨

駐車場は18時までで要予約

予約いるなんて聞いてないし・・・

 

 

まぁ、18時10分出発だからどっちみち利用できなかったけど

もともと駐車場にはバス3台ほどしか止められないので、こちらの番号で駐車場の予約をしておくことをオススメします

078−734−1355
(電話は月〜金曜日)

須磨

今回は時間も遅かったので、ロータリー内で止めさせてもらいました

混雑時はここで下車だけして、バスは回送

 

 

須磨浦公園の桜は約3200本
海のすぐそばなので、とのコントラストが楽しめます

須磨須磨

 

 


 

海釣り

国道2号線を挟んで向こう側には“須磨海釣り公園”が見えますよ

ここ一度行ってみたい場所

 

 

須磨浦公園駅って面白いんですよ

山陽電車の改札の横にロープーウェイのりばがあるんです(笑)

須磨須磨

 

 


 

ここからロープーウェイに乗って八伏山上駅へ約3分で登ることができます

山上は“須磨浦山上遊園”

色々な乗り物や施設があるので子供連れにはいい場所ですよね

海釣り、お花見、山上遊園、水族館、海水浴

須磨はレジャーの宝庫ですな(笑)

 

でも、ここもツアーで花見に行く場所じゃない気が・・・

 

姫路城にいた添乗員に話を聞いても姫路城のほかに“日岡山公園”とか“須磨浦公園”とか行くツアーなんて1本もなかったし・・・

 

日岡山公園(るるぶ.com/桜情報)
須磨浦公園(ホームページ)

世界遺産・姫路城の桜を見よう!

日帰りツアーで姫路城の桜を見に行ってきました

今回はちゃんと自分の添乗で(笑)

お客様は48名様満員

実は姫路城って仕事でもプライベートでも行ったことないんですよね・・・

かなり不安を抱えながら行ってきました

姫路城

今日は土曜日、桜は満開天気は快晴

とあって大手門前から大混雑

 

 

予定よりだいぶ遅れて駐車場に到着

このままだと1時間半弱しか時間がとれないので
行程を入れ替えて2時間20分所要時間をとりました

大手門から天守閣の入場口までは満開の桜と観光客で目がくらみそう

バス駐車場から大手門まで全員で移動し解散

その後、天守閣に入場希望の方を入場口までご案内しました

姫路城姫路城

 


 



姫路城

姫路城

 

 

 

 

いや〜それにしてもすごい人

きっとあのまま1時間半だったら大ブーイングになってただろーな・・・

 

天守閣のチケットを買うだけでも一苦労

入り口

入場口ではお殿様が出迎えてくれました(笑)

ここから先は有料区域になります

 

 

 

おぉーーー

さすが有料区域だけあって景色サイコーです

姫路城って世界遺産だけあって、ほんと見事なお城ですね

お城とか全然興味なくてもうっとりしてしまいます

桜

桜

 

 

 


姫路城

桜

 

 

 


姫路城

姫路城

 

 

 

 

姫路城

この壁に空いた穴は“狭間(さま)”と呼ばれる鉄砲や弓を打つための穴
当時は3125あったと言われる狭間の内、997が残っています

 

 

姫路城

その狭間から下を覗いてみると・・・

こんな景色が広がっていました

 

 

姫路城

さらにズームにしてみると・・・

ちょうど三の丸広場でイベントが行われていました

 

 

いや〜天気は快晴だし

桜は超満開だし

添乗員は男前だし

これ以上の条件はないですね(笑)

 

翌日は4月6日で“シロ(城)の日”だから、さらに混みそうですけど〜
( ̄◇ ̄)!!

姫路城

姫路城

 

 

 

 

 

それでは、初めて姫路城へ行く添乗員さん向けにバスPから天守閣のチケット売り場までをまとめました

今後のシフトに"初めての姫路城”が入っている添乗員さんは続きへ・・・

続きを読む

今日は西国巡礼ツアー♪

日頃の運動不足を悟ってか

久々に西国三十三ヶ所巡礼ツアーの添乗がつきました

今回は訪れたのは

30番札所【宝厳寺・ほうごんじ】
31番札所【長命寺・ちょうめいじ】

どちらも滋賀県です

まず31番の長命寺

階段いきなり朝から難所

この階段、なんと808段もあるんです!!

希望者は途中までタクシーを手配
それでも残り約100段は登って頂きます



 

 

長命寺手すりのない場所が多いので下の売店で杖を無料で貸してくれます
心配な方は借りて登りましょう!




 

釣り←駐車場前の長命寺港
去年、幼なじみのガー君とよく釣りに来たポイントです



 

船

31番の宝厳寺は琵琶湖に浮かぶ周囲2舛“竹生島(ちくぶじま)”にあります
長浜港から琵琶湖汽船に乗って25分


 

階段ここは本堂まで“祈りの階段”とよばれるありがたい階段が続きます

段数は165段と長命寺に比べて少ないですが、勾配がすばらしく急でございます

ありがたや〜

 




 

宝厳寺竹生島にはお寺の方以外に住民はおらず、その代わりに川鵜が約3万羽ほど生息

今、この川鵜が深刻な問題になっているんですよね

 

 

糞で森林が枯れたり、魚を食い荒らしたり・・・

 

 

お軸

今日は久々に眩しいくらいの陽気で、まさに

お軸乾かし日和(笑)


 

英字新聞あ、2号車は後輩のカンナだったんですけど、白衣をまとめるための新聞が“英字新聞”だった
( ̄□ ̄)!!

 

 

さすが知的な添乗員は巡礼に使う新聞紙が違います(笑)

 

売店

竹生島は電気が通っていないので、島内は全て自家発電
よって自動販売機がひとつもありません
売店はあるんですが、もちろん物価が高いです

 

 

ちなみに500mペットボトルはいくらで販売してるか?
どこのお店もあえて表示してないので大きな声で言えませんが・・・

 

1本250円です!

 

今回はお客様44名で、預かった朱印物は

■朱印帳:32 ■白衣:23 ■お軸:11

暑くて重い1日でした・・・

スターバックス

予定より早く帰着できたので天王寺のスタバで一緒に行った後輩マイズミと反省会

土曜だから街は若者で溢れていました

 

 

あ〜遊びに行きたいなぁ〜

釣りに行きたいなぁ〜

ナガシマスパーランド行きたいなぁ〜(笑)

 

まだバンコクから帰ってきてから1日も休みないし・・・

美山かやぶきの里

おとついの日帰り添乗

京都府美山町地井北村にある“美山かやぶきの里”に行ってきました

バスP売店

 

 

 

 

集落集落

 

 

 

 

集落かやぶき

 

 

 

 

かやぶき建築といえば白川郷の合掌造り集落が有名ですが、ここには福島県下郷町大内宿に次いで全国3位のかやぶき集落です

現在50戸の集落のうち、38戸がかやぶき屋根

平成5年12月には国の重要伝統的建造物郡保存地区の選定を受けています

約70分自由散策を取ったんですけど、暑さで皆様すぐ帰ってきてましたね

こじんまりとした観光地ですが、のどか〜な田舎の風景を楽しめます

 

アユのぼり←かやぶきの里でこんなの発見!

鯉のぼりならぬ“アユのぼり”です!(笑)

 

 

 

ヒトリオオイデス

いま日帰りツアーの帰りです

ほんと疲れました

よく考えたら前の休みは四大祭りの前日だったんですけど、センダーあがりのカラダにムチ打って寝ずに日本海に車とばして泳ぎに行ってたんですよね

疲れが蓄積されて、いま限界かも・・・

 

最後の力を振り絞って電車の中からブログを更新

 

いま目の前には結婚式帰りであろう着飾ったカップルがいます

手には引き出物が入った白いチャペルの紙袋

 

そのカップルの前には“餃子の王将”帰りのニンニク臭い添乗員

手には“漬物の西利”でもらった漬物とトマトが入った薄紫色の紙袋…

 

 

 

 

 

 

 

しば漬け食べたい…

 

 

 

 

ちょっと話聞いてもらっていいですか?

 

さっきも王将でやってしまったんですけど、最近ひとりでごはん食べに行ってるのに店員さんに『何名さまですか?』って聞かれたら

 

『2名です』って答えてしまうんです…

 

で、たまに友達とかと二人でお店に入っても、店員さんに『2名です』って言いながら、指3本たててるんですよね…

 

 

いよいよ更年期障害か…?

 

今夜は帰ったら早く寝ます

西国三十三ヶ所巡礼ツアー♪

朝から関西は蒸し暑〜〜い空気でジメジメしたお天気・・・

そんな中、西国三十三ヶ所巡礼ツアーに行ってきました

まずは奈良の興福寺にある番札所“南円堂”

お次は京都の番札所の“三室戸寺”

今はアジサイが見頃で、マイカーのお客様で賑わっていました

寺寺

 

 

 

 

寺寺

 

 

 

 

ここまでは楽勝 問題は次ですよ次!

番札所の上醍醐寺!

西国巡礼1番の難所で有名なお寺です

バスを降りて山道を1時間も登らないといけないんですよ!!

足に自信のない方はタクシーを手配します

でもタクシーを降りてからもきっかり20分はアップダウンのある山道を進まないといけないんですけどね・・・

フナッシュは10年振りに訪れましたが、ここ余裕で先日の尾瀬ハイキングよりキツイですっ(涙)

10年前は雨の中、スーツで登ったんですよねー(入社当時は巡礼ツアーもスーツ着用でした

山山

 

 

 

 

 

 

巡礼ツアーは基本的に添乗員が2名同行します

ふじまい今回の相棒は添乗員になりたてホヤホヤの新人“ふじまい”

若いのに考えがしっかりしてて感心ですっ

 

 

というか『この年でこんな考え方してたらもっと色んなコトにチャレンジしたのにー』って自分の過去を責めたくなりましたね・・・

でも、フナッシュのバイブル『名言セラピー』のこの名言を思い出して、自分で自分を励まします

『この先の人生の中で、今日より若い日はない!』

 

そう、年齢なんて関係なぁーい!

行動あるのみ!

そして潜在意識と仲良くなって、ダメな自分とおさらば!

明日の自分に比べたら、今日の自分なんて若い若い(笑)

さー明日からの北海道も心機一転頑張りますっ!

神戸港クルーズ、ロイヤルプリンセス号

クルーズ本日最後の観光地は神戸港クルーズ!

16時25分発の最終便です

今年2月に造船されたばかりの西日本最大級の双胴船、“ロイヤルプリンセス”に乗って神戸港をクルーズしてきました

所要時間は約40分間ですが、来年2月に開港予定の“神戸空港”神戸の夜景も見れて楽しめました

 

今朝会った後輩たちは“香嵐渓”“寒霞渓”“箱根”など、大変そ〜なツアーの添乗に行っているのに、フナッシュは朝から犬と遊び、昼はステーキ食べアウトレットを散策し、最後はのんびり夜景をみながらクルージングしてたなんて口が裂けても言えませんよっ(笑)

おまけにドライバーさんもガイドさんも涙が出るほどやさしい方だったし・・・

車椅子のお客様が1名いたんですけど、毎回車椅子を出したり畳んだりして頂いてホント助かりました

最終、新大阪にも19時過ぎには帰ってこれました

 

が、しかし

フナッシュは明日からの北京ツアーの対客電話(ツアー出発前のご挨拶の電話)がつながっていないお客様が9組も残っていたんですっ!

携帯の電池がほとんどなかったので新大阪のコンビニで電池を購入

座る場所もないのでホームレスのおじさんに紛れて花壇に腰を掛けながら9組全員に連絡をといrましたよ

それにしても明日からのお客様も感じのいい方ばかりでよかった〜

明日からの添乗がワクワクしてきました

でも朝、4時起きってのはドキドキなんですけど…

タクシーちゃんと来るかな…

かやぶきの里に行ってきました★

b49e4a08.jpg今日は京都府北桑田郡美山町にある“かやぶきの里”に行ってきましたよ!

ここかやぶきの里・北村の集落は50戸中38戸かやぶき屋根建築

岐阜県白川村萩町・そして福島県下郷町大内宿についで全国第3位のかやぶき集落だそうです

バス“かやの里”というお土産屋さんの隣の駐車場に止めます(今日はマイカーでかなり賑わっていました) “かやの里”の隣が“きたむら”で、この集落唯一の食事処です

昼食をとれるのはここか“民宿またべ”のみ、ただ“民宿またべ”で昼食を食べるれるは“きたむら”定休の水曜と込みあう土・日・祝のみ、よって昼時はかなりこみあう覚悟が必要

白いそばの花とコスモスがきれいに咲いました

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・