ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

墳活部

古代史サイクリングinきびーろーど【後編】♪

きびーろーど古代史サイクリングの後編です

ちょっと自転車道から外れてやってきたのは

“鯉喰(こいくい)神社”

すごい名前の神社でしょ(笑)

社務所も駐車場もない小さな神社です
20230914_140106_copy_1024x76820230914_135817_copy_1600x1200






ここは桃太郎の昔話の原型とも言われる

温羅吉備津彦の戦いゆかりのスポット

ちなみに昔話でいう鬼が温羅(うら)

百済から来た王子とか

吉備に製鉄技術を伝えた人物と言われています

桃太郎は吉備津彦という人物

第10代崇神天皇の時代

四道将軍として吉備に派遣された

第7代孝霊天皇の皇子

姉は岡山神社のご祭神で

箸墓古墳の埋葬者と言われている

倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめ)です
20230914_140145_copy_1024x76820230914_140158_copy_1024x768






そんな二人の戦いの終盤で

鯉に化けて川へ逃げた温羅を

鵜に変身した吉備津彦が捕まえた

ってエピソードがありまして

その舞台がこの神社なのです
20230914_141441_copy_1024x76820230914_141451_copy_1024x768






ご神体は包丁とまな板だそうで

屋根瓦には鯉が彫られていました
20230914_141509_copy_1024x76820230914_140435_copy_1024x768






こんなマニアックな神社に観光客なんておらんやろ

って思ってたんですが・・・

なんと団体ツアーが来ていました(笑)
20230914_140413_copy_1024x768






めちゃマニアックなツアーやな・・・

なんて眺めてたら

「ひょっとしてフナッシュさん?」

って声をかけられて振り返ったら

以前に屋久島と久米島でご一緒したお客様でした

こんな場所で会うとは・・・(笑)

ちなみにこの神社は古墳の上に建っているそうで

邪馬台国・吉備説を唱える人の中では

卑弥呼の墓かも?

とも言われているそうです

お次はさらに自転車を外れ

住宅街の奥にある小高い丘を登った先

王墓の丘史跡公園の中にある

“楯築(たてつき)遺跡”

5枚の岩がそそり立つ弥生時代の墳丘墓です
20230914_142826_copy_1600x120020230914_143855_copy_1024x768






伝説としては吉備津彦が温羅が放つ矢を避けるため

楯として置いた岩とも
20230914_143842_copy_1024x76820230914_143814_copy_1024x768






史跡としては双方中円墳と呼ばれるタイプの埋葬施設で

卑弥呼の前に倭国を治めていた

帥升(すいしょう)の墓では?

とも言われています
20230914_143831_copy_1024x76820230914_143914_copy_1024x768






江戸時代には楯築神社という神社もあったそうで

その神社のご神体が収蔵庫に収められています
20230914_143454_copy_1024x768






それがこちらの“旋帯文石(せんたいもんせき)”

不思議な模様が付いた石で

伝説では吉備津彦がこの石に乗って

空中を自由に移動したんだとか
20230914_150222_copy_1280x96020230914_144014_copy_1280x960






近年、この遺跡は注目を浴びているようで

景観を整えるため遺跡にある取水塔を撤去する!

って方針を倉敷市長が発表しています

今後、新しい発見があるかもしれませんね


さて最後は“吉備の中山”

と呼ばれる山の麓にある2つの神社を巡ります

“吉備津彦神社”

備中一宮です

狛犬が鬼っぽくていいですね
20230914_154301_copy_1024x76820230914_154257_copy_1024x768






ご祭神はもちろん大吉備津彦(吉備津彦)

境内の回廊がめちゃくちゃ立派で

映画「燃えよ剣」のロケ地にもなっています

本殿は比翼入母屋造りと呼ばれる独特な社殿で

吉備津造りとも呼ばれています

この時、ちょうど雨が降ってきたのと

時間がなくて急いでいたので

ちゃんと本殿を見なかったことが悔やまれます・・・
20230914_153140_copy_1024x76820230914_153513_copy_1024x768






吉備津神社で一番有名なのがこちら

“鳴釡神事”が行われる“御釡殿(おかまでん)”
20230914_153954_copy_1600x1200






温羅は最後は首を切られるのですが

その首が13年も唸り声をあげるので

御釡殿の下に首を埋めたそうです
20230914_153949_copy_1024x76820230914_154004_copy_1024x768






ちなみに温羅の首を切ったのは

吉備津彦の家来の猿女氏(桃太郎でいう猿)

猿女氏はもともと温羅とは仲間だったそうで

そんな温羅を騙して首を切ったことから

温羅を切る→裏切り

って言葉が生まれたなんて説もあるそうですよ
(添乗員のネタとして使えるでしょ)

最後は備前一宮

吉備津彦神社

境内社の数が凄いですね

温羅を祀る温羅神社もあったようですが

ゆっくり境内社を参拝する時間はなかった・・・
(タイムリミットが近づいていたのです)
20230914_161408_copy_1024x76820230914_160711_copy_1024x768






こちらの社殿は

拝殿→祭文殿→渡殿→本殿

って4つの社殿が一直線に並んでいる珍しい神社
20230914_160024_copy_1024x76820230914_160056_copy_1024x768






本殿の茅葺屋根が立派でした
20230914_160538_copy_1024x76820230914_160526_copy_1024x768






さて、これにてきびーろーど沿線の

古代史サイクリングは終了です

総社駅で借りた自転車は

JR備前一宮駅に隣接する

上土(うえど)さんで返却できます
20230914_161607_copy_1024x76820230914_162051_copy_1024x768






岡山って仕事では倉敷・岡山城・後楽園くらいしか観光で行きませんが

桃太郎伝説や古代史をテーマに巡るのも面白いですね

正直、こんなにも見どころがあるとは思ってませんでした
20230914_170349_copy_1024x768






是非、皆さんも古代ロマン溢れる吉備路を

自転車でのんびり巡ってみませんか?

後編の旅の様子はこちらの動画で振り返れます↓



このサイクリングから帰ったあと

もっと桃太郎伝説を深堀したくて

高田崇史先生の小説を買って読みました
20231001_211338_copy_1024x768






あかん、これはもっかい行かなあかんわ!!

古代史サイクリングinきびーろーど【前編】♪

休日を利用して日帰りで岡山へ行ってきました

総社市と岡山市を結ぶサイクリングロード

“吉備路自転車道”の総社〜備前一宮の区間

通称“きびーろーど”沿いに点在する

古墳や史跡をめぐるのが目的です

ルートはこんな感じ↓
map_2




まずはJR総社駅へ
20230914_100841_copy_1024x768_1






さっそく駅前の荒木さんで自転車を借りましょう
20230914_101241_copy_1024x76820230914_102036_copy_1024x768






スタートする前に駅前にある

“ベーカリー トングウ”で食料を確保

庶民派のアットホームなパン屋さんです

ちょっとめまいがするほど種類が豊富!!
20230914_102558_copy_1024x76820230914_102910_copy_1024x768






中でもコッペパンが人気みたいでした
20230914_102913_copy_1024x76820230914_102932_copy_1024x768






まず最初に向かったのは

岡山が誇る巨大前方後円墳の双璧のひとつ

“作山(つくりやま)古墳”

岡山県では2番目

全国的に見ても10番目に大きな前方後円墳です
20230914_122156_copy_1024x76820230914_121911_copy_1024x768






ちょっと大きすぎるのと

あまりに開発されていなさすぎて

墳活初心者の自分にはちょっと物足りない感じでした・・・


お次は“備中国分寺”

田園地帯にそびえる五重塔がいいですね

ポスターやガイドブックでもよく見かける

吉備路のシンボル的な風景です
20230914_110635_copy_1024x76820230914_110644_copy_1024x768






20230914_111026_copy_1024x76820230914_111247_copy_1024x768






20230914_111256_copy_1024x76820230914_111758_copy_1024x768






ちょうど国分寺周辺の田園では

古代米の赤い稲穂が綺麗に色づいていました
20230914_112021_copy_1024x76820230914_112036_copy_1024x768






そんな国分寺のそぐそばにある古墳は

“こうもり塚古墳”

仁徳天皇から愛された黒姫のお墓では?

と言われている古墳で

かつては“黒姫塚”とも呼ばれていたそうです
20230914_112526_copy_1600x120020230914_112818_copy_1024x768






こじんまりした古墳ですが

羨道まで入ることができます

石室内には家形石棺が置かれていました
20230914_112749_copy_1024x76820230914_112725_copy_1024x768






このあと総社市から岡山市へ入り

“造山古墳”へ向かったんですが

途中に造山古墳の立派な陪塚に出会いました

“千足(せんぞく)装飾古墳”

総社市の作山古墳より規模は小さいんですが

やたら近代的に整備された古墳です
20230914_114317_copy_1024x76820230914_115615_copy_1024x768






石室には入れないんですが

内部をモニターで常時放映しているハイテク古墳

古墳の展示方法もいろんなタイプがあって面白いですね
20230914_115623_copy_1024x76820230914_115635_copy_1024x768






こちらは造山古墳のビジターセンター
20230914_124958_copy_1024x76820230914_125447_copy_1024x768






駐車場にはさっきの千足古墳にあった

不思議なレリーフのレプリカも展示されていました
20230914_133939_copy_1024x76820230914_133948_copy_1024x768






ビジターセンターで吉備の古代史を勉強したあとは

いよいよ岡山県で最大

全国でも第4位の大きさを誇る

“造山(つくりやま)古墳”

同じ岡山県にふたつの“つくりやま古墳”が並んでいるので

作山古墳(総社市)はさくざん古墳

造山古墳(岡山市)はぞうざん古墳

と読んだりするそうです
20230914_132318_copy_1024x76820230914_130456_copy_1024x768






前方部分には荒神社と呼ばれる神社があって

拝殿の脇に石棺が無造作に置かれていました
(この古墳の石室かは不明)
20230914_130643_copy_1024x76820230914_130731_copy_1024x768






いったい誰が眠っていたのか???
20230914_130741_copy_1024x768






全国で4位といっても

ベスト3はすべて天皇陵で立ち入り禁止なので

墳丘に上がれる古墳としては

国内で最大の古墳ということです
20230914_131905_copy_1024x768






作山古墳より大きい古墳ですが

向こうより整備されているので

古墳に立っている実感はある(笑)
20230914_131914_copy_1024x76820230914_131941_copy_1024x768






眼下に広がる田園風景も絶景でした♪

ここまで1つの寺院と4つの古墳を巡りましたが

きびーろーどの見どころはまだまだ続きます

ひとまずこちらの動画で前半を振り返りましょう♪


後半は桃太郎伝説ゆかりの地めぐりへ・・・

キミは高井田横穴公園を知っているか?

先日、九州からローカルな古代史ネタを発信している

九州山地サバイバーさんのチャンネルで

気になる映像を目にしました

神社の境内らしき場所に

洞窟のような穴がいくつも空いています

これは“横穴墓”といって

古代の埋葬施設だそうです

調べてみると、横穴墓は全国に数か所あり

関西では大阪府柏原市に

“高井田横穴”という横穴があるらしい

しかも国内最大級の規模なんだとか!

さらに数日後

たまたま本屋で手に取った装飾古墳の本にも

“高井田横穴”の記載があったのです
20230607_192216_copy_1024x768






これは絶対呼ばれてるやん!

ってことで行ってきました

高井田横穴なんて史跡も初めてしりましたが

JR高井田駅なんて駅も初めてしりました(笑)
20230607_121900_copy_1024x76820230607_151739_copy_1024x768






史跡としての登録は“高井田”横穴”

公園名は“高井田横穴公園”です

駅から徒歩2分という好立地なのがいいですね
20230607_125549_copy_1024x76820230607_122757_copy_1024x768






公園に入ると、ワクワクする暇もなく

いきなり横穴がこんにちは

小さい洞窟のような穴がポコポコと点在していました
20230607_131040_copy_1024x76820230607_123052_copy_1024x768






でも横穴には入れないように扉が付いているんですよね・・・

5月と10月の第3土曜日には

この扉が開いて中に入れるそうで

全国から古代史ファンが押し掛けるそうです
(5名以上の事前予約で入れる横穴もあるみたい)


たまに柵越しに中がのぞける横穴もあるので

懐中電灯があると便利です
20230607_123134_copy_1024x76820230607_123155_copy_1024x768






高井田横穴に存在する横穴は約200基ほど

大きく4つのグループに分かれているようです

駅側から公園に入ると

そこは第3支群と呼ばれるエリア

一般公開しているのは第3と第2支群みたいです
20230607_123319_copy_1024x76820230607_123351_copy_1024x768






高井田横穴は線刻壁画と呼ばれる装飾が施された横穴があることでも有名だそうで

第3支群7号墳は柵越しに壁画が見れます

あ、一応これ古代人が描いた「花」だそうです・・・
20230607_123444_copy_1024x76820230607_123505_copy_1024x768






一番有名なのは第3支群5号墳

ここだけ扉がやたら重厚(笑)
20230607_124307_copy_1024x76820230607_124339_copy_1024x768






壁画のレプリカが下に展示されています
20230607_124153_copy_1024x76820230607_124245_copy_1024x768






この左下の壁画が「ゴンドラ舟に乗る人物」として

装飾古墳ファンには有名な壁画だそうです
20230607_124213_copy_1024x76820230607_124221_copy_1024x768







第3支群の横穴群がいったん終わると

その先に“柏原市歴史資料館”があります

嬉しいことに入館無料♪
20230607_134205_copy_1024x768






珍しいひれ付き楕円筒埴輪がお出迎え
20230607_134425_copy_1024x76820230607_134824_copy_1024x768






20230607_134540_copy_1024x76820230607_134600_copy_1024x768






現在は企画展で公園の一番上にある

“高井田山古墳”の出土品が展示されていました
20230607_140145_copy_1024x768






20230607_140817_copy_1024x76820230607_140838_copy_1024x768






右下の柄杓みたいなのは“火熨斗(ひのし)”

ここに火が付いた炭を入れて

衣類のシワを伸ばしていたそうです
(現代でいうアイロン)
20230607_140700_copy_1024x76820230607_140903_copy_1024x768






資料館を挟んで向こう側は第2支群

ここは第2支群より写真映える横穴が多い印象
20230607_143730_copy_1024x76820230607_133120_copy_1024x768






かなりショッキングな横穴もあったけど・・・
20230607_144549_copy_1024x76820230607_143823_copy_1024x768






最後は公園の一番上にある

“高井田山古墳”まで登ってゴール!
(写真撮るの忘れました)

なかなかディープな古代史ウォークとなりました


こんな場所撮影しても動画にならんのちゃうかな?

と思いながらも一応、スマホで撮影してみたんですが

終わってみれば30分越えてしまった・・・


サムネがちょっと廃墟・心霊スポット系のチャンネルみたいですが

内容もそんな感じです(笑)

ぜひ、大阪の知られざるミステリースポット

高井田横穴をご堪能くださいね♪

20230607_150450_copy_1024x768







【大阪再発見】池田市に伝わる織姫伝説ゆかりの地めぐり

皆さんは池田市に伝わる「織姫伝説」をご存知でしょうか?

織姫・彦星が出て来る「七夕伝説」みたいなファンタジーではなく

「日本書紀」に載っている正統なものがたりです

ざっくり言うと

むかしむかし

第15代・応神天皇から第16代・仁徳天皇の時代

中国(呉の国)から織物の技術を持った姉妹(織姫)が池田にやってきて

日本に織物の技術を広めましたとさ

おしまい


ってお話しで

池田市にはこの「2人の織姫」ゆかりのスポットが点在しています

※呉からは4姉妹が渡来しましたが池田に来たのは2人

まず覚えておきたい登場人物が

呼んだ人➡応神天皇
呼びに行った人➡阿知使主(あちのおみ)&都加使主(つかのおみ)
やってきた人➡穴織(アヤハトリ)・呉織(クレハトリ)


まず最初は

呉服(くれは)神社

織姫姉妹の姉

呉織(クレハトリ)を祀っています

呉(クレ)と機織り(ハタオリ)で

「クレ・ハタオリ」が「クレハトリ」に変化したそうです

ずっと「クレハ・トリ」かと思ってた・・・(笑)


場所は阪急池田駅のすぐそばにあります

この辺りの町名は室町

阪急電車の創業者・小林一三が沿線の宅地造成の際

最初に手掛けた住宅街だそうです
20230509_182719_copy_1024x76820230509_182958_copy_1024x768






古代史ウォークの最後に行ったのですっかり夕暮れ時でしたが

これがまた幻想的でいい雰囲気でした

朱色の鮮やかな社殿が美しい
20230509_183516_copy_1024x76820230509_183748_copy_1024x768






壁にはステンドグラスが埋め込まれていました

神社にステンドグラスとか

飛行神社(京都府八幡市)くらいでしか見たことないわ
20230509_184914_copy_1024x76820230509_184929_copy_1024x768






神紋は糸巻がモチーフでしょうか?
20230509_184730_copy_1024x76820230509_185010_copy_1024x768






ちなみに池田市の市章のデザインも

織姫伝説にちなみ

糸巻と井戸(染殿井)がモチーフだそうです
smartphone









境内にはいくつか境内社が存在しますが

その中でも人気なのが“えびす社”

“池田えびす”と呼ばれ

お正月には十日えびすも行われるそうですよ
(ここにエビスが祀られたのは明治に入ってから)
20230509_184806_copy_1024x76820230509_184456_copy_1024x768







お次のスポットは池田駅から徒歩20分ほどかな?

五月山の麓

こんもりとした森の中にあしました
20230511_160404_copy_1024x76820230511_160259_copy_1024x768







“伊居太(いけだ)神社”

正式名称は“穴織宮伊居太(あやはぐういけだ)神社”
20230511_153649_copy_2352x1278





織姫姉妹の妹

穴織(アヤハトリ)を祀っています

けっこう急な階段をのぼると石の鳥居
20230511_152630_copy_1024x76820230511_152814_copy_1024x768






さらにそこから大門までなだらかな階段が続きます
20230511_153000_copy_1024x768






こちらが大門ってことだけど

割拝殿みたいな建物です

扁額には「伊居太神社」と書かれていますね

これで「いけだ」と読むとは!!

ちなみに池田市の地名の由来のひとつにもなっています
20230511_153624_copy_1024x76820230511_153608_copy_1024x768






本殿は“千鳥唐破風三棟寄造”って珍しい造りだそうです

桃山時代に豊臣秀頼によって再建

中央にアヤハトリ

向かって左に仁徳天皇

向かって右に応神天皇

が祀られています
(両天皇を合祀したのは桓武天皇)
20230511_154235_copy_1024x76820230511_154112_copy_1024x768






狛犬もええ顔してますね
20230511_154014_copy_600x80020230511_154007_copy_600x800








ちょっと傷みが目立ちますが

これくらい朽ちているほうが

歴史を感じるので個人的には好きです
20230511_154318_copy_1024x76820230511_154300_copy_1024x768






こちらは神々しいご神木
20230511_155459_copy_768x1024








境内に「頼光松」って松の切り株がありました

後から調べると

これは源頼光が大江山の鬼退治の際

先勝祈願のためにお手植えした松だそうです
20230511_155619_copy_1024x76820230511_155516_copy_1024x768






大門から参道を振り返ったところ

この参道、ほんと気持ちのいい参道でした
20230511_155706_copy_1024x76820230511_154641_copy_1024x768








で、このアヤハ・クレハ姉妹を中国から連れてきた親子がおりまして

それが阿知使主(あちのおみ)

息子の都知使主(つちのおみ)

その2人を祀る神社がカップヌードルミュージアムのそばにあります

“猪名都彦(いなつひこ)神社”
20230511_164318_copy_2743x921



猪名津彦というのはその業績を讃えられ

第18代・反正天皇によって贈られた名前だそうです
20230511_165442_copy_1024x76820230511_165451_copy_1024x768






住宅街に中にポツンとある神社で

境内に遊具もあるので、神社というより公園といった感じ
20230511_165254_copy_1024x76820230511_165323_copy_1024x768






境内には大きな石がゴロゴロ転がっています
20230511_165308_copy_1024x76820230511_170654_copy_1024x768






中にはこんな注連縄や狛犬に守られた石も
20230511_165400_copy_1024x768






実はこの神社

もともとは古墳だったそうです

そういえば古墳に見えなくもない(笑)
20230511_170739_copy_1024x768






そもそも古墳のそばに神社って多いですが

ここは境内そのものが古墳という面白い神社なのでした


さて、織姫姉妹が機織りをしていた場所も神社になっておりまして

それがコチラ

“星の宮”
20230511_130039_copy_1711x1222






20230511_130053_copy_1024x76820230511_130211_copy_1024x768






神社というか祠というか

めっちゃ小さな神社です
20230511_130235_copy_1024x768






星の宮というロマンチックな名前の由来はこんな感じ

姉妹が昼夜問わず機織りに励むので

空から7つの星が降りて来て

機織り小屋を昼間のように照らしたそうです

空から7つの星ってことなので

北極星や北斗七星を神格化した

“妙見信仰”と繋がっているのでしょうか?

秦氏ゆかりの地には星がよく出てきます
(寝屋川にも細家(星屋)神社とか星田って地名があるし)

星の宮の前の通りは“能勢街道”

能勢街道:大阪市の中津から妙見山の能勢妙見堂に至る街道
20230511_130338_copy_2361x1872







この通りには“あわん堂”って薬師如来を祀るお堂もありました
20230511_130802_copy_1024x76820230511_130613_copy_1600x1200







古代史ウォークで訪れた“二子塚古墳”の近くには

厄除けのお寺として知られる

“尊鉢厄神(そんぱちやくじん)”こと

真言宗の寺院“釈迦院”などなど

池田市の史跡めぐり

1日では足りんわ・・・
20230511_144059_copy_1024x76820230511_144112_copy_1024x768






20230511_144424_copy_1024x76820230511_144453_copy_1024x768






まだまだ池田市には織姫伝説ゆかりのスポットや

歴史ある寺院もあるのですが

今回はこの辺で終わりにしたいと思います


話は変わりますが

阪急池田駅でふと思ったんですが

駅のホーム

やたら広くない?(笑)
20230511_124652_copy_1024x76820230511_124634_copy_1024x768







【会いに行ける秦氏】池田市古代史ウォーク

謎多き渡来系氏族・秦氏

その足跡を追って

1月に寝屋川市を歩いたのを覚えていますか?

【会いに行ける秦氏】ねやがわ古代史ウォーク・前半


実は大阪の秦氏ゆかりの地は寝屋川だけじゃなく

池田市も秦氏と関係があるらしいのです

現在の地名では気づきにくいのですが

かつては“秦野村”って地名があったようで

秦氏が埋葬されていたのでは?

と推測される古墳もあるんだとか
20230511_131925_copy_1554x2215Gallery_1684035140842_copy_1124x1586








池田市観光協会のサイトには

古墳めぐりコース

ってモデルコースもちゃんと紹介されています


これは墳活部の活動にピッタリやん!

ってことでさっそく行ってきました


阪急池田駅をスタートして

国道172号線を大阪市内方面へ進みます
20230509_143532_copy_1024x76820230509_145359_copy_1024x768






途中に“一条寺院”ってお寺がありました
20230509_150151_copy_1024x76820230509_145934_copy_1024x768






境内には“石田三成軍旗塚”と書かれた石碑があります

実はこのあたりは三成の遺児

千代丸が隠れ住んでいた伝説が残っているそうです
20230509_145926_copy_1024x76820230509_145920_copy_1024x768






なので周辺には石田性が多いのだとか

確かに・・・
20230511_125827_copy_1024x768






住宅街の中をグーグルマップを頼りに進みます

ほんまにこんな場所に古墳なんて・・・
20230509_152018_copy_1024x768






あったわ(笑)

“二子塚古墳”

ほんまに住宅街のど真ん中でした
(ちなみにすぐそばにも石田さん宅があった)
20230509_153340_copy_1024x76820230509_151906_copy_1600x1200






6世紀前半の古墳で

横穴式石室が2つあったことからこの名前が付いたそうです
(実際に見れる石室は1つ)

金網が貼ってあって中には入れませんでした・・・
20230509_152536_copy_1024x76820230509_152757_copy_1024x768






そばに稲荷社がるので

通称“稲荷山古墳”と呼ばれているそうです
20230509_152519_copy_1024x768






埋葬者は不明ですが、稲荷社があるってことは

秦氏っぽい感じがしますね・・・



お次は“五社神社(鉢塚古墳)”

五社とは
・クニノトコタチ
・スサノオ
・イソタケル
・住吉大神
・穴織大明神

20230509_155234_copy_1024x76820230509_155246_copy_1024x768






20230509_155258_copy_1024x76820230509_155321_copy_1024x768






本殿の裏に鉢塚古墳の入口があります

石室はなんと

長さ6.5m、高さ5.2m、幅3.2m

超巨大横穴式石室なんですが

ここも中には入れなくなってた・・・
(昔は入れたそうです)

めっちゃ楽しみにしてたのに・・・

ただ石室の途中までは進むことができます
(撮影はNG)
20230509_155349_copy_1024x76820230509_155410_copy_1024x768






20230509_155415_copy_1600x120020230509_155432_copy_1600x1200






20230509_155611_copy_768x1024








本殿の前には「福鈴」って鈴がありました

“東照宮”って彫られてたけど

徳川家となんか関係があるんですかね?
20230509_161357_copy_1024x76820230509_161426_copy_1024x768






本殿脇の磐座も気になる
20230509_160949_copy_1024x76820230509_160554_copy_1024x768






あ、ここにも石田さん(笑)
20230509_161516_copy_1024x768






お次は五月丘緑地って丘陵地帯へ向かいます

麓にある神社は“呉織(クレハ)神社”

池田駅のそばにある同名の神社からご祭神を勧請してきたようです

ご祭神は“クレハトリ(クレハトリヒメ)”
20230509_163517_copy_1024x76820230509_163539_copy_1024x768






神社を少し上がったところにある古墳は

“五月丘古墳”

7世紀の築造ですので比較的新しい古墳です

ここにはちょっと珍しい陶器の棺

“陶棺(とうかん)”が埋められていたようで

屋根付きの見学スポットに陶棺が展示されています
20230509_164452_copy_1024x76820230509_164340_copy_1024x768






ただこれはレプリカで

本物はすぐそばにある

“池田市立歴史民俗資料館”の館内にあります
20230509_164703_copy_1024x76820230511_131602_copy_1024x768






無料の施設ですが、なかなか見ごたえがあります
20230511_131618_copy_1024x76820230511_134249_copy_1024x768






こちらが本物の陶棺
20230511_134502_copy_1024x76820230511_134514_copy_1024x768






比較的当たらいいとはいえ

古墳時代の陶器の棺がこんなにしっかり残っていることに驚きです

これ、色も当時のままらしいですよ!
20230511_135055_copy_1024x76820230511_134508_copy_1024x768






実は最初に訪れた際は月曜日で休館日だったので

後日、改めて見にいってきました(笑)



さっきの“呉織神社”の近くには

“穴織(アヤハ)神社”という神社もあります

こちらは五月山の麓にある

伊居太(いけだ)神社からご祭神を勧請

ご祭神は“アヤハトリ(アヤハトリヒメ)”
20230509_165430_copy_1024x76820230509_165454_copy_1024x768






なんか神社ネタが多くなってきたので

そろそろ古墳もいっときましょか

茶臼山という丘陵地帯を上っていくと

整備された公園が広がっていて

その中心に古墳がそびえておりました

“茶臼山古墳”

見た目は新しいですが

池田市では最も古い古墳だそうです
20230509_171106_copy_1024x76820230509_171121_copy_1024x768






円墳っぽいけど全長62mの前方後円墳

階段を上ると池田市が一望!!

さらに伊丹空港から離陸する飛行機も眺めることができます

古墳好き、飛行機好きにはたまらんスポットですな(笑)
20230509_173810_copy_1024x76820230509_171224_copy_1024x768






気になる方はこちらのショート動画をどうぞ

飛行機の離陸が見れる古墳(YouTube)

さて、今回歩いたコースも動画でまとめました




池田市なんてカップヌードルミュージアムくらいしか見るとこないやん

って思っている方にこそ

ぜひ見て頂きたい動画です(笑)

【滋賀再発見】蒲生町あかね古墳公園に行ってきました♪

八幡社古墳群を早々と退散したのにはワケがありまして

実は本命の古墳が別にあったのです

先日、大阪からバスで昼神温泉ツアーに行った際

名神からカタチのいい古墳が見えていたんですよね

調べてみたら八幡社古墳群と同じく東近江市にある

“悠久の里 蒲生あけね古墳公園”ってスポットでした

このエリアには古墳が多数存在しているようですが

綺麗に復元されているのは2基
fotor_1677633686351_copy_1024x76820230225_155038_copy_2000x1500






まずは葺石が綺麗に敷かれた古墳

“久保田山古墳”
20230225_155043_copy_2000x150020230225_155852_copy_1024x768






一見、前方後円墳に見えますが

分類的には“二方向の造り出し付き古墳”

前方部分に見えたのは造り出しだったのか

県下最大の円墳だそうです
fotor_1677633717388_copy_1024x76820230225_160906_copy_1024x768






葺石が敷かれた古墳に上がるのは初めて

めちゃテンション上がる♪

葺石の古墳といえば

神戸の“五色塚古墳”が有名ですよね
(一度行ってみたい・・・)
fotor_1677633736940_copy_1024x768_1fotor_1677633760515_copy_1024x768






テラスには綺麗に円筒埴輪が並べられていました
20230225_155701_copy_1024x76820230225_155646_copy_1024x768






築造時期は5世紀前半と見られているようです


さて、久保田山古墳のすぐそばにはもう一つ

同時期に造られた綺麗な古墳があります
20230225_160939_copy_1024x768






これこれ

これが高速から見えていたんです!!

“天乞山(あまごいやま)古墳”
20230225_160707_copy_1024x76820230225_160738_copy_1024x768






めっちゃ綺麗な方墳ですよね

あの日はうっすら雪が積もってて白かった(笑)

ここも立派な造り出しが2つ付いていることから

“二方向の造り出し付き方墳”

“隅丸方墳”とも呼ぶそうです
20230225_160500_copy_1024x76820230225_160521_copy_1024x768






上に登ってみると復元された竪穴式石室がありました

さすがに横穴式と違って中には入れんわな・・・
20230225_160510_copy_1024x76820230225_160447_copy_1024x768






古墳の石室って大きく分けて2種類あって

初期の古墳に多くみられる上から棺を下ろすタイプの

“竪穴式石室”

横から入れた方がラクだし、追葬するのにも便利やん♪

ってことで後で現れたのが

“横穴式石室”

だそうです


ちなみに棺を入れる部屋が“石室”ですが

石室ほど大きな空間ではなく

棺の外箱みたいな小規模な施設を

“石槨(せっかく)”と呼ぶそうです

先日行った寝屋川の“石宝殿古墳”
dd7ecbf5






これは“横穴式石槨”にあたるようです


古墳にも色々あって奥が深い・・・

てか滋賀県

ほんま古墳多いな!!(笑)


そして滋賀県の古寺とか古墳って

だいたい湖東に集中してるよね

大阪からだと蒲生スマートICを過ぎてすぐ右手に見えてきますよ

ちなみに先日の依智秦氏の里古墳公園も名神から見えます♪

【滋賀再発見】八幡社古墳群に行ってきました♪

先日、琵琶湖へバス釣りに行ったんですが

天気はいいものの、空は大荒れ
20230225_141526_copy_1024x76820230225_141530_copy_1024x768






滋賀県全域で強風とか暴風雪の注意報

こりゃ釣りにならんわ・・・
Gallery_1677634899014_copy_808x1425









滋賀県で釣り以外の娯楽と言えば

古墳めぐりしかないでしょ!!

ってことでグーグルマップで近くの古墳を調べてみると

東近江市の“雪野山歴史公園”ってスポットを発見

近くに古墳もあるみたいなので行ってみました
20230225_145535_copy_1024x76820230225_152730_copy_1024x768






この周辺には“八幡社古墳群”

“雪野山古墳”があるようです
20230225_152704_copy_1024x76820230225_152710_copy_1600x1200






こちらが“八幡社古墳群”

団子みたいで可愛い古墳ですが

これ、小さいけど前方後円墳

そこに3つの横穴式石室がある珍しいタイプの古墳です
20230225_152525_copy_1024x76820230225_151507_copy_1024x768






一番右の石室は中に入れました
20230225_151532_copy_1024x76820230225_151607_copy_1024x768_1






ん〜2週間前もこんな感じで古墳に入って

体調悪くなったんだよな・・・・

ってビビりながらも入ってしまう(笑)
20230225_151636_copy_1024x768






真ん中も入れるみたいだけど

水が溜まっていたので断念
20230225_151734_copy_1024x76820230225_151809_copy_1024x768_1






一番左は扉があって鍵が閉まっていました

ここは石室がL字形に曲がっている珍しいものなんだとか
20230225_151847_copy_1024x76820230225_151918_copy_1024x768






墳丘にも上がれるようです

上に登ると

ここも前方後円墳なんだ!

って実感が湧きます
20230225_152212_copy_1024x76820230225_152233_copy_1024x768






敷地内には他にも円墳がいくつか点在

墳丘や石室の蓋がなくなって

羨道(せんどう)が露出している古墳もありました
20230225_151422_copy_1024x76820230225_153342_copy_1024x768






20230225_151303_copy_2000x1500






この古墳の隣には神社がありまして

“八幡社古墳群”ってことで

もちろん“八幡神社”

社務所に人もいないひっそりとした神社ですが

なかなか雰囲気の良い神社なのでした
20230225_151234_copy_1024x76820230225_151123_copy_1024x768






さっきの古墳は埋葬者はこの地方の豪族ってことですが

八幡社が横にあるってことは

秦氏ちゃうの?って考えちゃいますよね







この階段の先に展望台や愛野山古墳があるようですが

今回はパスさせてもらいました
20230225_153415_copy_1024x768






この石畳の続く階段

なんとも白洲正子さんが好きそうな雰囲気ですね

【会いに行ける秦氏】依智秦氏の里 古墳公園って知ってる?

比良山系に雪が残る琵琶湖

寒くてバスも釣れないよね〜
20230211_095930_copy_1024x76820230211_100107_copy_1024x768






ってことで琵琶湖へ釣りに行ったついでに

ちょっと古墳を見に行ってきました

向かった先は滋賀県愛知郡愛荘町(えちぐんあいしょうちょう)

紅葉で有名な湖東三山の近くです
20230211_120941_copy_1024x76820230211_121511_copy_1024x768






実は、先日行った寝屋川古代史ウォークの際

寝屋川埋蔵文化財資料館で

滋賀県にも秦氏ゆかりの地があることを教えてもらったのです


このあたりは2006年に愛知川町と合併して愛荘町になるまで

“秦荘町(はたしょうちょう)”と呼ばれていた町

まさに秦氏の町だったのです!!
20230211_125433_copy_800x608







そんな秦氏ゆかりの地に残る史跡がコチラ

依智秦氏の里 古墳公園

ちょっと分かりにくい場所ですが

ちゃんと道路に案内板もあるし

駐車場やトイレも完備!
20230211_121829_copy_1024x76820230211_124604_copy_1024x768






20230211_123539_copy_1024x76820230211_122119_copy_2000x1500






この周辺にはかつて300基ほどの古墳があったそうですが

現在は10基の古墳を公園内で保存しているそうです
20230211_122402_copy_1024x76820230211_124610_copy_1600x1200






一見、殺風景な芝生の広場ですが

よく見ると小さい円墳がポコポコと点在しています

かつてこの辺りに拠点を置いた渡来系氏族

依智(えち)秦氏ゆかりの古墳と考えられているそうです
20230211_122824_copy_1024x76820230211_122424_copy_1024x768






20230211_122838_copy_1024x76820230211_122856_copy_1024x768






10基の古墳に中には“こうもり塚”“たぬき塚”など

愛称が付いた古墳もあります
(コウモリやタヌキが棲みついてことに由来)
20230211_123555_copy_1024x768






コウモリ塚には入れないのですが

タヌキ塚は石室内部に入ることができるようです
20230211_123408_copy_1024x76820230211_123403_copy_1600x1200






20230211_123330_copy_1024x76820230211_123339_copy_1600x1200






石室内に生い茂るシダみたいな植物がなかなか雰囲気あるやん♪

ジャングルの中の遺跡を探検している気分になれます(笑)
20230211_123319_copy_1024x76820230211_123309_copy_1024x768







石室の中にはスパゲッティみたい細いミミズ(?)がおりました

古代ミミズですか?(笑)


古墳公園を改めて見渡すと

古墳のそばに植えてあるのは桜やん!
20230211_123429_copy_1024x76820230211_124644_copy_1024x768






これ、桜の季節に来たらめちゃ綺麗でしょうね
20230211_124455_copy_1024x76820230211_124120_copy_1024x768







さて、このあとは湖東三山のひとつ

“西明寺”のそばにある“千成亭ぎゅ〜じあむ”でランチにしました
20230211_132157_copy_1024x76820230211_130413_copy_1024x768






奥のレストランはしっかりした料理内容と

しっかりしたお値段がしますが

手前のフードコートだとカジュアルにランチができます

ゆーても近江牛なのでけっこうなお値段しますが(笑)
20230211_130408_copy_2000x150020230211_130355_copy_1024x768






近江牛丼(1100円)

吉野家の倍以上のお値段ですが

さすがに美味しかったです♪
20230211_130851_copy_1024x76820230211_130848_copy_1024x768






この日はバスは釣れなかったものの

秦氏ゆかりの古墳にも入れ

テンションMAXで琵琶湖をあとにしたのですが

このあと原因不明の熱にうなされることに・・・・・
(依智秦氏の祟りなのか)



“いましろ大王の杜”って知ってる?

先日、休日の午後だけ時間があったので

近場の古墳へ出かけてきました

向かった先は高槻市にある

“いましろ大王の杜”

実は以前にも1度、足を運んだことのある場所です

今城塚古墳に行ってきました♪


“いましろ大王の杜”

“今城塚古墳公園”“今城塚古代歴史博物館”

2つのエリアの総称

最寄り駅の“摂津富田駅”から

徒歩25分(約2キロ)とビミョーに遠いのが難点(笑)


最初に見えてきたのは甲子園2個分の広さを誇る“今城塚古墳公園”

第26代継体天皇の陵墓とされている立派な古墳です

宮内庁的には茨木市にある“太田茶臼山古墳”が継体天皇陵とされていますが

考古学的にはこの今城塚古墳が継体天皇陵と見ているそうです

古墳にはよく〇〇天皇陵って名前が付いていますが

実際の埋葬者がはっきりしている古墳は

奈良にある“野口王墓”くらいだそうです
(天武・持統天皇陵)

あの“仁徳天皇”も仁徳天皇のお墓とは断定できないのです

そんな埋葬者不明の天皇陵の中でも

ここは継体天皇の王墓としてほぼ間違いないと言われています
20230209_144108_copy_2000x1500






今城塚古墳はハニワの古墳としても有名

内堤の周囲には筒型埴輪がズラっと並べられています
20230209_144214_copy_1024x76820230209_144517_copy_1024x768






そして内提には埴輪祭祀場がリアルに再現されています

埴輪祭祀場が再現されているのは日本でここだけなんだとか
20230209_144717_copy_1024x76820230209_144728_copy_1024x768






人型・家型・器財型

まさに埴輪のテーマパークや〜♪
20230209_144804_copy_1024x76820230209_144835_copy_1024x768






20230209_144846_copy_1024x76820230209_144923_copy_1024x768






古代人もなかなかユーモアのセンスがありますね
(ほんまにこんな感じで並んでたんかな?)
20230209_145003_copy_1024x768








古墳の先には“今城塚古代歴史博物館”があります
20230209_145643_copy_1024x76820230209_163254_copy_1024x768






入館料は無料ですが、無料の施設とは思えないほど

展示内容は充実しています
20230209_152550_copy_1024x76820230209_152649_copy_1024x768






20230209_152703_copy_1024x76820230209_152623_copy_1024x768






20230209_152746_copy_1024x76820230209_152820_copy_1024x768






20230209_152948_copy_1024x76820230209_154023_copy_1024x768






20230209_154057_copy_1024x76820230209_155426_copy_1024x768






20230209_155519_copy_1024x76820230209_154745_copy_1024x768






これは今城塚古墳の復元模型

この横にある広場がさっきの埴輪祭祀場
20230209_154648_copy_1024x76820230209_154705_copy_1024x768







展示品の中でも、やっぱり埴輪の充実度がすごい!
20230209_154228_copy_1024x76820230209_154412_copy_1024x768






日本最大の家形埴輪もここから出土したそうです

神社建築が古代の家をモチーフにしているのがよく分かります
20230209_154144_copy_1024x76820230209_154214_copy_1024x768






20230209_155826_copy_1024x76820230209_155844_copy_1024x768






この3人の女性の埴輪は・・・

恐らく古代のパフュームだと思われます(笑)
20230209_154324_copy_1024x768








こちらは高槻市にある“阿武山古墳”コーナー
20230209_161044_copy_1600x120020230209_161116_copy_1024x768






昭和初期に棺の中からミイラ化したほぼ完全体の遺体が発見されたそうです

埋葬者はあの“藤原鎌足(中臣鎌足)”という説が有力

発掘調査は大学・大阪府・警察などが絡み

結局、調査不十分のまま埋め戻されたそうです・・・

日本では古墳からヤバそうなものが出てくると

だいたい埋め戻すみたいです(笑)


こちらは実際に今城塚古墳の石室に使われた阿蘇ピンク石
20230209_163624_copy_1024x768






昭和30年代まで用水路にかかる石橋として使われていたんだとか

継体天皇の祟りなのか、ケガをする人が多いということで

近くのお寺に運んで祀っていたそうです

日本では石棺の石って結構いろんな用途に転用されるようです
(先日行った姫路城の石垣とか)



さて、閉館時間がやってきたので

名残惜しく歴史博物館をあとにします


再び今城塚古墳へ

今度は環濠の中を歩いてみましょう

実は今城塚古墳は天皇のお墓で唯一

墳丘の上を歩ける古墳なのです
20230209_171527_copy_1024x76820230209_171237_copy_1024x768






ほぼ確実に天皇陵だけど

宮内庁から天皇陵と治定されていない特権です

この先、天皇陵に治定されたら入れなくなるのかな?
20230209_170624_copy_1024x76820230209_170448_copy_1024x768







先日、奈良の富雄丸山古墳で国宝級の大発見がありましたね

令和の古墳ブームが来るか?(笑)

これを機に古代史や古墳に興味を持ち始めたそこのアナタ

高槻市の“いましろ大王の杜”

オススメです♪
20230209_160248_copy_1024x768







 

【大阪再発見】大阪歴史博物館に行ってきました♪

ちょっと話は遡りますが

先日の寝屋川古代史ウォークの際

埋蔵文化資料館でスタッフさんと秦氏トークで盛り上げっていると

カワチコがどーたらこーたらって話題になりました

ワカチコ・ワカチコ

じゃなくて

カワチコ!?


なんでも古墳時代の大阪は

大阪湾のさらに奥に

河内湾という湾が広がっていて

その湾が塞がり河内湖という湖があったんだとか

これから墳活しよう!

と意気込んでいたのに

その当時の大阪の地形も知らなかったことにショックを受けました・・・

で、大阪の歴史を勉強するならここでしょ

ってことで“大阪歴史博物館”

この日は

1月24日

そう、あの大寒波の日ですよ

JRは朝から環状線を除いてほぼ運休

出社だった皆さま、ご苦労様でした・・・
20230125_103712_copy_1600x120020230125_103848_copy_1024x768






寒い日は外のお散歩や撮影はツラいので

博物館や美術館がええね

大阪歴史博物館は10年ほど前に

「幽霊・妖怪画大全集展」を見に来た以来です

茶色い方の建物が博物館で

灰色の建物はNHK

博物館のデザインを手がけたのは

あべのハルカスと同じシーザー・ペリ氏

マレーシアのペトロナスツインタワーも彼のデザインだそうです
20230125_111517_copy_1024x76820230125_164002_copy_1024x768






1階でチケットを購入したら

EVで一気に10階まで上がり

下りながら7階までの常設展示を見る順路です
20230125_140802_copy_1024x76820230125_112037_copy_1024x768






コート類は邪魔になるのでコインロッカーへ預けめしょう

コインロッカーは1階にしかないのでお気をつけください
(100円のリターン式)
20230125_141241_copy_1024x76820230125_112046_copy_1024x768






10階が目的の古代コーナー

日本ではじめて中国風の都が築かれた

“難波宮”が一部実物大で復元されています
20230125_112709_copy_1024x76820230125_112758_copy_1024x768






お目当ての古墳とかはちょっと少なかったな・・・

ほぼ難波宮のPR・・・
20230125_113131_copy_1024x76820230125_115916_copy_800x600






実はこの博物館が建っている場所が

かつての難波宮があった場所

眼下に大極殿のあとも見えます
(写真右下)
20230125_120313_copy_1024x76820230125_112859_copy_1024x768






博物館から大阪城が絶景です
20230125_120246_copy_1024x76820230125_120413_copy_1024x768






9階は中世・近代
20230125_120910_copy_1024x76820230125_123006_copy_1024x768






8階は“歴史を掘る”ってコーナーで

遺跡の発掘現場などが再現されてあり

なかなか面白かったです

河内湖のこともちょっとだけ説明がありました
20230125_124645_copy_1024x76820230125_123738_copy_2000x1500






てかこの辺の勉強をしにきたんだけど・・・
20230125_123801_copy_1500x2000









7階は“近代・現代”

昭和初期のレトロな町並みが再現されていました
20230125_125730_copy_1024x76820230125_125826_copy_1024x768






個人的には民間信仰のコーナーが興味深かったかな?

以前、痔の神様として紹介した

“廣田神社”の昔の絵馬なども展示されていました

痔の神さま?廣田神社に行ってきました♪
(2020年3月22日)
20230125_130707_copy_1024x76820230125_130606_copy_1024x768






正直、思ってたほどの収穫はなかったけど

なんやかんやで3時間くらい滞在していました

やっぱり古墳時代の勉強をするなら

古墳や遺跡の資料館の方が勉強になりそうやね

今度は南河内にある

“大阪府立近つ飛鳥博物館”に行ってみたいです



さてさて、夕方に再び新大阪へ戻ってきましたが

まだダイヤは大幅に乱れておりました

てことで行きも帰りも大阪メトロ利用

大阪歴史博物館はJRだと“森ノ宮”
(20分ほど歩きます)

大阪メトロだと“たによん”こと

“谷町四丁目”
が最寄り駅です
(番出口を出ると目の前)
20230125_175209_copy_1024x76820230125_175247_copy_1024x768






しかしほぼ建物の中だったとはいえ

寒い1日でしたね・・・
20230125_174550_copy_1024x768






 

【墳活初心者】百舌鳥古墳群を歩く・後編

百舌鳥古墳群めぐりの後半です

履中天皇陵と仁徳天皇陵の間にあるのが

堺市民のオアシス“大仙公園”
20230122_144114_copy_2112x2081








この公園の中だけでも小さい古墳が点在
20230122_141931_copy_1024x768






大きな古墳のそばには親族や家臣を葬る

小さな古墳が点在していたりするのですが

この小さな古墳を“陪塚(ばいちょう)”と呼ぶそうです

この“七観音古墳”は履中天皇陵の陪塚だそうです

綺麗な円墳でツツジが綺麗に咲くそうです
20230122_141903_copy_1600x120020230122_141936_copy_1024x768






大仙公園を抜けると、広い参道の先に拝所が現れました

こちらが日本で最大の古墳にして

世界最大のお墓

仁徳天皇陵古墳
20230122_143825_copy_1024x76820230122_143318_copy_1024x768






とにかくデカすぎ!!

さっきの履中天皇陵以上に

古墳のどこ見てるのかすらわからん(笑)

周濠も二重なので角から写真を撮るわけにもいかんしね
20230122_143327_copy_1024x76820230122_143857_copy_1600x1200






拝所には黄色いジャンパーのボランティアガイドのおちゃんがいて

声をかけると無料で説明をしてくれます

ガイドのおっちゃんが言うには

この仁徳天皇陵は特に綺麗に見れるビュースポットは存在せず

市役所の21階にある展望台から見てもあまり綺麗に見えないそうです

一番いいのは飛行機で九州方面から帰ってくる際

左側の窓側に座ったら綺麗に見えるんだとか
(天候によりますが)

なるほど

これまで飛行機から古墳を見ようと思ったことすらなかったわ(笑)


百舌鳥古墳群には

履中天皇陵・仁徳天皇陵・反正天皇陵

って拝所を持つ古墳が3基あります

なんだかエジプトの

クフ王・カフラー王・メンカウラー王

のギザの三大ピラミッドみたいですね

もちろん仁徳天皇陵にも陪塚がいくつか存在するのですが

博物館の目の前にある小さい丘のような

“孫太郎古墳”も陪塚のひとつと考えられています

親しみやすいフォルムの“帆立貝型古墳”

“孫太郎”って名前も親しみやすいですよね

江戸時代に“南孫太郎”って庄屋さんが所有していたそうです
20230122_151018_copy_1600x1200_120230122_142823_copy_1024x768






早く博物館へ行きたいのですが

まだお昼食べてなかったんですよね・・・

お腹ペコペコ・・・

時刻はもう15時前ですわ

公園内に“いころばカフェテラス”というお店があったので

入館前にこちらで遅めのランチにしました
20230122_150652_copy_1024x76820230122_150659_copy_1024x768






マルゲリータ(1300円)

本格的な窯焼きでなかなか美味しかったです♪
20230122_145322_copy_1024x76820230122_145352_copy_1024x768






外でBBQもできるそうですよ
20230122_145034_copy_1500x2000








さて、腹ごしらえもしたし

あとはゆっくり博物館で古墳について学ぼうではないですか

堺市博物館

入館料200円とリーズナブル♪

撮影もOKですが天皇陵からの出土品などは

一部撮影NGなので注意しましょう
(フラッシュ撮影もNGです)
20230122_144452_copy_1024x76820230122_151412_copy_1024x768






20230122_152417_copy_1024x76820230122_152647_copy_1024x768






20230122_152402_copy_1024x76820230122_160811_copy_1024x768






30分おきに上映されるミニシアターは必見

あと、大仙公園の向かい側(仁徳天皇陵側)には

“百舌鳥古墳群ビジターセンター”という施設があります
20230122_162408_copy_1024x768






嬉しいことに入館無料

ちょっとしたお土産コーナーもありました
20230122_165357_copy_1024x76820230122_165319_copy_1024x768






シアターでは8Kで空撮された

百舌鳥・古市古墳群の空撮映像を見ることができます

博物館とビジターセンターのシアターは絶対に見た方がいいですよ!!!
20230122_163653_copy_1600x120020230122_163837_copy_1600x1200






ビジターセンターではレンタサイクルもあるので

先に博物館とビジターセンターで勉強してから

自転車で古墳めぐりをするのもアリだと思います


さて、これにて本日の行程は全て終了

JRの百舌鳥駅が近いのでそちらへ向かって行く途中

駅前にも木々が生い茂っている丘が・・・

やっぱりここも古墳!(笑)

“収塚古墳”

仁徳天皇陵の陪塚と考えられている古墳だそうです
20230122_165849_copy_1600x120020230122_165900_copy_1024x768






こちらがJR阪和線の“百舌鳥駅”
20230122_170037_copy_1024x768






ここから帰っても天王寺で乗り換えなんだよな〜

だったらメトロまで戻るか!

ってことでこのあと再び百舌鳥八幡宮で無事古墳めぐりが終わったお礼をして

スタート地点の大阪メトロ・なかもず駅まで引き返したのでした
(始発だから座れるしね)
20230122_202522_copy_3000x2250






この日歩いた歩数は2万8千歩
20230122_185130_copy_1024x768






寝屋川といい百舌鳥といい

古墳・遺跡めぐりは

歩いてなんぼやね・・・


あと古墳の写真は

加工してなんぼやね(笑)
PICNIC_20230122_223917463_copy_1024x768PICNIC_20230122_224530587_copy_1024x768






PICNIC_20230122_224114039_copy_1024x768PICNIC_20230122_223749011_copy_1024x768






PICNIC_20230122_220903569_copy_1024x768PICNIC_20230122_224016042_copy_1024x768







話は変わりますが

堺市の市章ってなんだかナスカの地上絵か

スパイダーマンのマークみたいでカッコいいですよね
20230122_132242_copy_1024x76820230122_140052_copy_1024x768






これ、堺が昔の摂津・和泉・河内

の三国の境に発展したまちであることから

の字を3つ合わせたデザインだそうですよ


さて、次はどこのまちへ墳活しに行こうかな♪



歩いてるときずっと脳内でこれが流れてました(笑)


【墳活初心者】百舌鳥古墳群を歩く・前編

先日は秦氏の足跡を追って寝屋川の史跡を歩いてきたわけですが

秦氏→古代史ってマイブーム

実は2019年にもあったのです

今城塚古墳に行ってきました♪
(2019年9月3日)

あのときも秦氏の影響で古代史に興味が湧き

古墳ブームにのっかて

これからは墳活だ!!

と意気込んでみたものの

墳活は高槻の“今城塚古墳”に行ったっきり

買いそろえた古墳関係の本は1ページも読まれることもなく

本棚の奥でメルカリで売られる日を待っていたのでした・・・
20230123_202744_copy_1024x76820230125_201411_copy_800x600






それが寝屋川を歩いたおかげで

墳活ブームが復活!

本はある

近くに古墳もある

あとは行くだけでしょ!


ってことでさっそく墳活再始動!

向かった先は大阪府堺市百舌鳥

2019年7月に世界文化遺産に登録された

百舌鳥・古市古墳群


のあの百舌鳥(もず)です


ちなみに百舌鳥古墳群は堺市

古市古墳群は藤井寺市から羽曳野市に広がる古墳群です


今回、スタート地点に選んだのは御堂筋線の南の果て

大阪メトロ・なかもず駅

南海高野線“中百舌鳥駅”でも同じ場所です

今回歩くエリアはこんな感じ↓
20230122_202522_copy_3000x2250






まず最初に向かったのは

“ニサンザイ古墳”
20230122_113214_copy_1600x1200






御陵山公園って古代史キャラ満載な公園の横にありました
20230122_115052_copy_1024x76820230122_115103_copy_1024x768






正直、古墳を語るほど知識も感性もないですが

周濠(しゅうごう)に映るシルエットが

単純にバエる(笑)
20230122_112945_copy_1024x76820230122_113733_copy_1024x768






この古墳は全国でも7番目の大きさ

古墳のどこを見てるのかよーわからん・・・

案内板によると

前方部の角っこが見えてるだけみたい
20230122_113334_copy_768x1024








古墳のスケールの大きさに

ただただ驚くばかりです

まさに

古墳deコーフンだ!!


「・・・・・・・・」


世の中いろんな人がいますね・・・


さて、お次の古墳はコチラ

“御廟山古墳”
20230122_124142_copy_1600x1200






なんかさっきのニサンザイ古墳がサラサラヘアのお嬢様なら

こっちは無造作ヘアのにーちゃんって感じ(笑)
20230122_122955_copy_1024x76820230122_123826_copy_1024x768






こう見えても埴輪の中でも特に珍しい

囲いの中に家形埴輪が入った

「入れ子」構造の埴輪が見つかったんだとか

こんな埴輪↓
20230122_124134_copy_800x600






ここに着く前に

“百舌鳥八幡宮”って立派な神社に立ち寄ったんですが

こちらの古墳はかつて百舌鳥八幡宮の奥の宮として崇敬を集めていたそうです



このあと“堪輿(かんよ)神社”って不思議な神社のそばを通り

次の古墳へ向かいます

住宅街を歩いている途中

なんかこんもり木が生い茂っているなーと思ったら

ここも古墳やった(笑)
20230122_125347_copy_1600x120020230122_125414_copy_1024x768






この街は

犬もあるけば古墳に当たる

ってくらい古墳だらけ・・・


次の目的地に到着しました

“いたすけ古墳”
20230122_130248_copy_1600x120020230122_125753_copy_1024x768






木が伐採されているので、全体的に茶っぽい

さながら池に浮かぶ空き地ですね

橋げたの跡が残っているのが特徴
20230122_130049_copy_1024x76820230122_130041_copy_1024x768






実は昭和30年代

ここに住宅を建てる計画があり

この橋は資材を運ぶための橋だったそうです

でもその計画は地元住民や歴史家の抗議活動により頓挫

そのおかげでこの古墳からはその後

堺市の文化財保護のシンボルとなる

“兜型埴輪”が出土されることになるのです

見た目は薄っぺらいし

名前もうっかり八兵衛みたいでひょうきんなイメージですが

全国の古墳保存運動の先駆けとなった重要な古墳なのでした

一見、同じようにみえる古墳でも

色んなストーリーがあるんですね


お次は百舌鳥古墳群でも圧倒的な存在感を放つ

“履中天皇陵古墳”
20230122_134326_copy_1600x1200






古墳めぐり初心者としては

何をもってその古墳に行ったのかがよくわからんのですよね

お寺なら本堂

神社なら拝殿でお参りするじゃないですか

これまでの古墳はそんな拝所はなかった

でもこちらの古墳にはちゃんと拝所が存在
20230122_132756_copy_1024x76820230122_132745_copy_1024x768






でもね、ここはあくまで拝所であって

古墳を眺める場所ではないのですよ・・・
20230122_132659_copy_1024x768






履中天皇陵は上野芝って高級住宅街の中にあるので

周囲をグルっと歩くわけにはいかないのですが

住宅街の一角にひらけた場所があり

そこが写真撮影スポットになっていました
(地図でいうと右下の☆マーク)
20230122_134742_copy_768x1024








なるほど、古墳は前方部分の角が映えポイントのようです
20230122_140501_copy_1024x76820230122_140534_copy_1024x768






2017年には後円部にビュースポットが新設
(地図で現在地って書いてる場所)
20230122_134742_copy_768x1024








そこから見た後円部がこちら
20230122_134604_copy_1024x768






おぉ

なんとも神々しいお姿ではないか!!

さすが国内3位のスケールだけはあります


このビュースポットの後方は“大仙公園”

いよいよ百舌鳥古墳群めぐりもクライマックスです



【会いに行ける秦氏】ねやがわ古代史ウォーク・後半

ねやがわ古代史ウォーク後半です

“大杜御祖神社(おおもりみおやじんじゃ)”
20230117_131444_copy_768x1024








式内社でご祭神は

“天萬魂命(あめのよろずたまのみこと)”

神社の境内は白鳳時代に東西に塔をもつ

薬師寺式の大きな寺院があった場所

“高宮廃寺跡(たかみやはいじあと)”とも呼ばれているそうです
20230117_131434_copy_1024x76820230117_131606_copy_2000x1500






現在、社殿がある場所がかつての西塔跡

てことはこの礎石がある場所が東塔跡かな?
20230117_132323_copy_1024x76820230117_132305_copy_1024x768






20230117_132802_copy_2000x150020230117_132834_copy_2000x1500







このあと“高宮あさひ丘”って住宅街を抜け

“太秦高塚町”という町へやってきました

水道局の浄水場の横にあるのが

“太秦高塚(うずまさたかつか)古墳”

太秦古墳群で唯一残っているという貴重な古墳です

5世紀後半に築かれた円墳で直径37m

平成13年に調査結果をもとに復元されたそうですが
20230117_135228_copy_1024x76820230117_135111_copy_1024x768






バス停のすぐ後ろに古墳って・・・

なかなかシュールな光景です(笑)
20230117_135650_copy_1024x768






こちらも埋葬者は不明

古墳の規模からそれほど位の高い人物ではないけど

埋葬品が豪華だったのでかなり財力はあったようです

地位は高くないけどお金持ち

どこか秦氏を匂わせる古墳なのでした


太秦中町って住宅街を抜けた先に神社があります

“太秦・熱田神社”

名前の通り、ヤマトタケルを祀る神社です

大阪には意外とヤマトタケルを祀る神社は4つしかないそうです
20230117_140750_copy_1024x76820230117_140800_copy_1024x768






神社の屋根に鬼瓦って珍しいですよね
20230117_141647_copy_1024x76820230117_141950_copy_1024x768






隣に境内社が2つ並んでいたんですが

“天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)”

を単体で祀る神社って珍しいですね

オシホミミはアマテラスの長男

天孫降臨で有名なニニギのお父さんです
20230117_141448_copy_1024x76820230117_141521_copy_1024x768






この付近にはかつて古代寺院があったようで

別名“太秦廃寺跡(うずまさはいじあと)”とも呼ばれています

近くには熱田神社のお旅所もありました
20230117_142552_copy_1024x768






このあたりの地名は

“太秦元町(うずまさもとまち)”
20230117_143032_copy_1024x76820230117_143043_copy_1024x768







そんな“ザ・太秦”な太秦元町にある寺院が

“太秦寺”とかいて“たいしんじ”

観光寺院ではないので扉は閉まっていましたが

山号が“川勝山”

秦河勝リスペクトが伝わってきます
20230117_142900_copy_1024x76820230117_142911_copy_1024x768






そしてご住職の苗字が気になります
20230117_142919_copy_1024x768






これで“ウズラ”と読むそうです

“ウズマサ”“ウズ”と関係があるのか?


このあと“打上川治水緑地”という公園を越え

八幡台にやってきました

八幡台という名前から想像できますね

お次はこちら

“八幡神社”

社殿は現代風ですが

境内にある“細屋神社”は市内に3つしかないという式内社

古い記録に「星屋」という文字がみられることから

星を祀る神社とも考えられているそうです

なんともロマンチックじゃないですか!
(寝屋川公園の隣の駅は星田駅だしね)
SnapShot (2)_copy_1024x76820230117_145819_copy_1024x768






昭和15年に大雨で裏山が崩れて社殿が倒壊

平成24年に火災で焼失

現在の社殿は平成26年に再建されたものだそうです

この瓦や狛犬もその時に被害を受けた遺物なのかな?
20230117_145301_copy_1024x76820230117_145325_copy_1024x768






被災してもすぐ再建されるということは

それだけ氏子さんたちの信仰が篤いんでしょうね
20230117_145310_copy_1024x76820230117_145314_copy_1024x768






さて、いよいよ寝屋川古代史ウォークも最後のスポット

最後に残しておいたスポットは

“伝・秦河勝の墓”

場所は寝屋川市川勝町

そのまんまやないかーい!!

寝屋川の人は秦河勝大好きやな(笑)
20230117_151045_copy_1024x76820230117_151700_copy_1024x768






住宅街の一角にポツン

と小さい公園のような場所があって

そこにちょこん

と五輪塔が建っています

現在の五輪塔は1649年に再建されたもの

以前の石塔は豊臣秀吉が淀川左岸の文禄堤を築く際に持っていってしまったのだとか

なんとも秀吉らしいエピソードです(笑)
20230117_151632_copy_1024x76820230117_152038_copy_1024x768






秦河勝の墓と言えば

京都の太秦にある“蛇塚古墳”

赤穂の坂越にある“生島”が知られています

まぁ聖徳太子のブレーンとして活躍した有力者なので

お墓が複数あっても不思議じゃないですよね

それにしても蛇塚古墳と同様に

住宅街のど真ん中にあるのがなんとも秦河勝っぽいな


ちなみに“河勝(かわかつ)”という名前は

秦河勝が治水工事に長けていたので

川に勝つで“川勝”→“河勝”

って説もあるそうです


このあと170号線を横断して

京阪・寝屋川市へ向かったのですが

途中の町名もこれまた“秦町(はだちょう)”

どんだけ秦氏好きやねん!!
20230117_160739_copy_1024x768







ようやく京阪・寝屋川市駅にたどり着きました

JRより圧倒的にこちらが栄えていますね

JRと京阪の間は約6キロほど離れていて

京阪バスで移動する手段もあります
(かなり大回りですが)
20230117_162749_copy_1024x768






今回、JR側から京阪側へ歩いてみましたが

秦氏や古代史に興味のある人なら

かなりワクワクするスポット満載でした
スクリーンショット (1)





さて、この日歩いた歩数は2万6千歩
20230118_113247_copy_1024x768






距離はそれほど長くないですが

丘陵地帯が多いので結構しんどいです

実際に歩かれる際は動きやすい服装でお越しくださいね



【会いに行ける秦氏】ねやがわ古代史ウォーク・前半

皆さんは“秦氏(はたし/はたうじ)”

という人物をご存知でしょうか?

秦氏は古代に日本へ渡ってきた渡来系の氏続で

日本に養蚕・雅楽・能・治水(土木)・酒造り

など、高度な技術を伝えたという技能集団

日本の神社の大半を占める神社

稲荷神社・八幡神社も創建には秦氏が関わっています

とんでもないほど日本に影響を与えた氏族なのに

どこから来て、どこへ消えたのか議論が分かれる謎多き秦氏

秦氏が拠点とした場所は日本各地にありますが

一番よく知られているのは京都

秦氏で一番有名な“秦河勝(はたのかわかつ)”が建立した

“広隆寺”はあまりにも有名です

地名もそのまま“太秦(うずまさ)”ですからね


さて、前置きが長くなりましたが

そんな秦氏ゆかりの地名“太秦”

実は大阪にもあったのです!!

それも寝屋川に!!

以前から秦氏には興味があったのに

こんな近くに秦氏ゆかりの

しかも“太秦”って地名があるとは!!


気になるのでさっそく行ってきました

向かった先は“JR寝屋川公園駅”
(旧・東寝屋川駅)

個人的に寝屋川と言えば“京阪”ってイメージですが

JRの駅もあったんですね(笑)

さっそく駅の行先案内に

“太秦”って文字が書かれていて

めっちゃテンション上がるやん!

でも、まずは西出口ではなく

表玄関(?)の東出口へ進みます
20230117_114555_copy_1024x76820230117_114549_copy_1024x768






“ねや川文化と歴史のみち”と書かれた地図がありました
20230119_135929_copy_1024x76820230119_135906_copy_1024x768






ちなみにこのちょっと怖い女性の石像は

寝屋川・交野地方にゆかりの伝説が残る

“はちかづき姫”がモチーフ

イメージキャラクターにもなってるようです
(知らんけど・・・)
20230119_135911_copy_1024x76820230119_153011_copy_1024x768






こんなお話しです↓


表玄関ゆーてもこんな感じ

コンビニもないやん・・・
20230119_140022_copy_1024x768






駅前にコンビニはないですが

駅の目の前にあるセンタープラザ内には

“寝屋川市立埋蔵文化財資料館”があります

この周辺の遺跡で発掘された土器など

埋蔵品が時代毎に分かりやすく展示されています
20230119_140202_copy_1024x76820230119_144912_copy_1024x768






寝屋川って以外と遺跡が多いんですね
20230119_144924_copy_1024x76820230119_144930_copy_1024x768






入館無料ですが月曜と火曜が休館日なのでご注意ください
20230119_144938_copy_1024x76820230119_144946_copy_1024x768







資料館をあとにして、打上公園方面へ進みます

団地の間の細い道を進み、小高い丘を登ると

“打上神社展望台”がありました
20230117_121158_copy_1024x76820230117_121138_copy_1024x768






展望台のうしろが

“高良神社(打上神社)”

寝屋川で一番高台にある神社だそうです

創建の年代は不明で主祭神は“武内宿禰”
20230117_123441_copy_1024x76820230117_121906_copy_1024x768






この神社から山の中に少し入ると

石槨(せっかく)が露出した古墳が鎮座していました

“石宝殿古墳(いしのほうでんこふん)”

誰のお墓かは不明ですが

北河内唯一の古墳時代終末期に属する古墳だそうです
20230117_122904_copy_1024x76820230117_122935_copy_1024x768






前面に大きな石が平行に置かれた構造は

全国的に見てもかなりレアだそうです

石槨とは石棺を入れる外箱のようなものだそうですが

この石槨、棺を入れる空間が狭くない?

と思ったら

この時代には既に日本では火葬が行われていて

実際にこの古墳のそばで骨が入った金の壺が発見されたそうです

ひょっとしたら秦氏の誰かのお墓かもしれませんね
20230117_123124_copy_1024x76820230117_122806_copy_1024x768






入口部分には扉の跡が残っているのがハッキリわかります

このような石槨も珍しいそうですよ



さて、JR寝屋川公園駅より東側の散策はこの辺で終了し

今度は駅の西側(京阪方面)を歩きましょう
スクリーンショット (1)





途中、第二京阪の上を越えるんですが

ここにも“大尾遺跡(弥生時代の方墳)”
20230117_130123_copy_1024x76820230117_125810_copy_2000x1500






“高宮遺跡(古代の大型建物跡)”などの史跡が展示されていました
20230117_130736_copy_1024x76820230117_130756_copy_1024x768






なんなんだ寝屋川市

めっちゃ史跡あるやん!!

古代の歴史ロマン

そして秦氏の足跡をめぐる旅はまだまだ続くのでした・・・

今城塚古墳に行ってきました♪

香川照之さんがオフィシャルサポーターをつとめる特別展「昆虫」


昆活しようぜ!

のポスターを見た時は衝撃でした

IMG_20190825_170029-1094x1459








もうこれ以上短く

これ以上強いキャッチコピーないでしょ!(笑)

さらにこの香川さんの表情(笑)

文字がなくても「昆活しようぜ!」って聞こえてきそうです



さて、前置きが長くなりましたが

皆さんは昆活ならぬ“墳活”って聞いたことがありますか?

ここ数年、特に若い女性を中心に流行っている古墳めぐり

この古墳めぐりをすることを“墳活”と呼ぶそうです


京都検定のフィールドワークで京都を何度も訪れている間に

いつの間にか古代氏族の秦氏に興味が沸き

なんだかちょっと気になっていた古代遺跡

これを機会に墳活でも始めるかな〜と思っていたところ


会社の後輩から高槻にいい古墳があると聞いたので

さっそく休日に出かけてみました


はじめて降りるJR摂津富田駅

摂津富田って高槻市やったんや(笑)
IMG_20190825_163422-1024x768IMG_20190825_163502-1024x768






駅からはバスか徒歩で向かいます

そりゃもちろん歩けるんだったら歩きますよね♪

親切に道順を記した看板が設置されていました
IMG_20190825_125307-1024x768IMG_20190825_125555-1024x768






川に沿って進むと迷うことはないようです
IMG_20190825_125855-1024x768IMG_20190825_125955-1024x768






こちらが高槻を代表する古墳

今城塚古墳

26代・継体天皇の陵とされている前方後円墳です

古墳周辺は整備されていて

“いましろ 大王の杜(だいおうのもり)”

という公園になっていました
IMG_20190825_130910-1024x768IMG_20190825_131311-1824x1368






周濠(しゅうごう)と呼ばれる濠の周辺に

円筒埴輪がズラリと並んでいます
IMG_20190825_131236-1024x768IMG_20190825_131602-1024x768






ゴミを入れないで!って張り紙がありますけど

思わず入れてしまいたくなるデザインです(笑)
IMG_20190825_131535-1024x768IMG_20190825_131628-1024x768






埴輪祭祀場と呼ばれる広場には

色んなタイプの埴輪が並べられていました

実際に昔はこうやって埴輪を飾っていたそうです

埴輪って埋葬用だとばかり思っていたけど

こんな使い方もしていたんですね
IMG_20190825_132814-1024x768IMG_20190825_132709-1024x768






しかもこんなにも色んなデザインの埴輪があったなんて!!

古墳マニアの中では

この今城塚古墳は埴輪で有名な古墳だそうです
IMG_20190825_132750-1024x768IMG_20190825_132826-1024x768






公園のそばには“今城塚古代歴史館”という資料館があります

嬉しいことに入館無料♪
IMG_20190825_133837-1024x768IMG_20190825_154530-1024x768






無料とはいえ展示内容はかなり立派!!

めっちゃ見応えがありました
IMG_20190825_140339-1024x768IMG_20190825_141546-1024x768






IMG_20190825_142008-1024x768IMG_20190825_154931-1024x768






この今城塚古墳は日本最大の家形埴輪が出土したことでも有名(らしい)

一番手前のでっかいヤツです

ちゃんと鰹木や千木まで付いていてビックリです
IMG_20190825_154819-1024x768IMG_20190825_142120-1024x768






動物の埴輪もよく見ると味わいがありますね

ティムバートンの映画に出てきそう(笑)
IMG_20190825_143037-1024x768IMG_20190825_144317-1024x768






ミュージアムショップでは面白い古墳グッズも販売されていました
IMG_20190825_151106-1024x768IMG_20190825_151116-1024x768






体験教室では埴輪も作れるみたいですよ
IMG_20190825_150953-1024x768IMG_20190825_151009-1024x768






個人的にはこの書籍コーナーが良かったな〜

気になっていた古代史絡みの本がほとんど置いてあって

めちゃテンション上がった(笑)
IMG_20190825_153741-1024x768






こんな身近にこんな立派な古墳や無料の資料館があったは!

百舌鳥と古市古墳群が世界遺産になって注目を集めていますが

まずはこちらで古墳のいろはを学ぶのもいいんじゃないでしょうか?

墳活初心者にはピッタリの古墳だと思いますよ♪

今城塚古代歴史館(公式サイト)
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
tabitore888@gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・