ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

新型コロナウイルス

【モデルナワクチン】2回目のワクチンを接種した結果・・・

日中の最高気温が39度だった8月5日

モデルナワクチンの2回目接種に行ってきました

IMG_20210805_132612_copy_1024x7681628594986234_copy_1024x768






IMG_20210805_152831_copy_1024x768IMG_20210805_165209_copy_1024x768






先日もお伝えしたように、1回目の接種は7月8日

【モデルナワクチン】1回目のワクチンを接種した結果・・・


あの時は発熱や倦怠感もなく

接種翌日は仕事

2日目は釣りに行くほど元気だったんですよね


で、2回目はどうだったか?

結論から言うと

思いっきり副反応が出ました!

めっちゃしんどかったです!!


IMG_20210806_020400_copy_1024x768






このツラさをお伝えしたかったので

動画撮りました(笑)

fotor_1629034735021_copy_800x800









接種した日の夜から撮影をはじめ

接種後2日目の夜までの60時間

10回にわたって動画を撮影し

体温や体調の変化をお伝えしています



事前に購入したものや、接種後に役立ったものなど

色々と紹介しているので、ぜひこれからワクチンを打つ方は

事前のイメトレ動画としてご活用ください!!

そう

旅行もワクチンもイメトレが大事なのです!!

1628595007808_copy_1024x7681628595089801_copy_1024x768







詳しくは動画内でお話ししていますが

とりあえず冷却シートと解熱剤は用意しておきましょうね

1628595046218_copy_1024x768







今回の副反応でひとつ収穫がありました

それは

非接触の体温計も

ちゃんと高熱に反応することが証明されたこと!

1628595120191_copy_1024x768







このとき、口の中に向けて計ったら

39度越えてたわ・・・・・・・




【在籍型出向】葬儀業界に出向した添乗員の感想〜メリット編〜

昨日は葬儀業界へ出向してからのデメリットを6つ挙げましたが

今回はメリット編です

さてさて、いくつのメリットが挙がってくるかな?

1627969706244_copy_800x800








)萋同じルーティン


デメリットでも挙げていましたが

これは逆にメリットでもあるんですよね(笑)

添乗員時代は毎日自分のいる環境が違ったので

ルーティンなるものとは縁がなかったのですが

今は決まった時間に自分が何をしているか把握できるので

圧倒的に予定が立てやすい!!!

圧倒的にカラダがラク!!!

ルーティン最高!!!
(どないやねん)



天気に左右されない


添乗員という仕事はかなり天気に左右されるお仕事

台風シーズンや冬の北海道なんて

ツアーに出る前からヒヤヒヤしていました

今は雨が降ろうが槍が降ろうが

業務には全く関係ありません

一度会社に出社してしまえば

外が晴れているのか、雨が降っているのか

知ったこっちゃないのです

内勤サイコー!!!


(現場では災害でお坊さんが遅れたとか、雷で葬儀場が停電したとかあるんですけどね)


A甬きしなくていい


前回も書きましたが、現在のシフトが

10時➡19時/11時➡20時

なので、朝がめちゃラク!!

添乗員時代は5時起きなんてざらでしょ

帰着だって20時前に帰ってくるほうが稀でした

出勤時間が通常の会社より遅いので

通勤ラッシュに巻き込まれないのも助かってます♪


っ膣岼媼韻高まる


実は同じ会社から同じ条件で

数名の添乗員が出向しています

長年、同じ会社で添乗員として働いていても

台数口やイベントで仕事が合わない限り、

一緒に働く事って今までなかったんですね

でも、今は朝から晩まで同じ会社で同じ業務をしている訳です

毎日お昼も一緒、帰る時間も一緒

なんだか学生時代に戻ったかのような気分♪(笑)


ザ般海離ラウド化&ペーパーレス


この1ヶ月、コピーをとったことがありません

てかコピー機がどこにあるのかも知りません

最初の方に、紙の資料を数枚もらいましたが

あとは全てペーパーレス

研修もパソコン上で先輩の音声のログを聞いたり

Googleミートで指導してもらったり

YouTubeで研修用動画を見たりって感じ

仕事中も、他の社員とのやり取りは全て社内チャット


「このお客様、1名減ったから減員よろしく」

とかプリントアウトしたものを歩いて他部署に持っていく

なんて光景を今の会社の人が見たら

「いつの時代やねん!!」

ってツッコまれそう(笑)

いや絶対見せられない!!


Ε妊献織襯妊肇奪ス


添乗中はスマホというかネットが手放せませんでしたが

今はフロアにスマホは持ち込めないので

ロッカーに預けてから仕事をしています

スマホ依存の人にはストレスかもしれませんが

個人的にはスマホと距離を置きたいと考えているので

この環境はめっちゃありがたいです

おかげで7月のデータ使用料もめちゃ少なかった♪


Ы亢个身軽


添乗員ってお客様に配るモノも多ければ

宿泊とかになると着替えも持っていきますよね

とにかく荷物が多かった

そしてカバンが重たかった・・・

しかも忘れ物とかしたら一大事です

でも今は・・・

自分の体さえあればいい!!

別に手ぶらでも仕事に行けるんです!!

今の会社はお客様が来社することはないので

服装・髪型・ネイル・アクセサリーも自由という環境

最悪、寝坊してパジャマのまま出社しても

電話さえかけれる状態であればいいのです
(さすがにそんな人はいませんが)

この点は添乗員と一番大きな違いかも♪


ONとOFFのメリハリがある


添乗員の仕事は家に帰っても

翌日のツアーのために資料を揃えたり、持ち物を準備したり

忙しい時は家でバスや列車の座席表を書いたり

精算書や報告書を書いたりします


ツアーに出れば夜中でも

部屋のトイレが壊れた

お客様が風呂場でコケて怪我をした

って容赦なく電話がかかってきたりします


休日でも連絡がつかなかったお客様や業者に電話をかけたり

翌日のツアーで減員が出た

って会社から電話がかかってきたり

〇月〇日のルーミングの件なんですけど

って次のツアーのホテルから早々と電話がかかってきたり

とにかく四六時中

完全に仕事から解放される時間

ってなかったんですが

今は会社にいる10時➡19時/11時➡20時

以外で仕事に関わることは

一切ありません

これは精神的にめっちゃラク♪
(てか添乗員の仕事が異常)


葬儀に関する知識がつく


やっぱりこれが一番のメリットやね

この1ヶ月だけでも、かなり葬儀の知識が身につきました

今後、自分が喪主をすることになったら

恐らくウン十万は出費を抑えられると思います

それくらい葬儀って

事前に知っておくと知らないのでは

雲泥の差が出てくるのです


葬儀も旅行と同じで

やっぱり事前のイメトレは大事ってことですよ

タビトレ!の代わりに

葬トレ!ってチャンネルでも始めるかな♪




あれ、デメリットが6つに対して

メリットが9つも出てもーた

メリットの方が多いやん!

てことは・・・

このまま出向先にいた方がいいって事なのか?(笑)


【在籍型出向】葬儀業界に出向した添乗員の感想〜デメリット編〜

7月1日から始まった葬儀業界での出向業務も

早いもので1ヶ月が経ちました

最初は自分なんかに内勤業務が務まるか心配でしたが

なんとか毎日元気に出勤しております

住めば都とはよく言ったもんやね♪


今回はこの1ヶ月を振り返り

実際に葬儀業界のコールセンターに出向してみての感想を

メリット・デメリット両面からみていきたいと思います


まずはデメリットから

1627969628902_copy_800x800








)萋同じルーティン


添乗員時代は毎回、集合場所も違えば行先も違う

一緒に仕事をするパートナー(観光バスの乗務員や現地ガイドなど)も違っていた訳ですが

今は毎日、同じ時間に同じ場所に向かい

同じデスクで同じ仲間に囲まれ

同じ業務を行っています

まぁ当たり前っちゃー当たり前なんですけど

20年以上添乗員をしていた身としては

この変化のない生活は物足りない

添乗員に出戻りが多いのはここやね
(自分も含め)

一度、添乗員の刺激的な生活に慣れてしまうと

なかなか他の仕事では満たされないのです・・・


業務内容が重い

心づもりはしていましたが

想像通りに重たいです

添乗員の仕事は

お客様の心をつかんでなんぼのお仕事ですが

今の仕事は、お客様の心をつかみすぎると

感傷的になって仕事になりません

かと言って業務的には接したくない

このバランスが難しい・・・


視力が落ちた


添乗員の仕事って基本的に自然の中にいることが多いので

比較的遠くにあるものに焦点をあてる時間が長いんですが

今は朝から晩まで自分が焦点を合わすのは

ほぼ目の前にあるディスプレイのみ

添乗員時代は1日の間に

海を越え、山を越え、時には国境をまたぎ

目まぐるしく目の前の環境が変わっていたのに

今は画面の中だけで仕事が完結してしまいます

画面は変わりますが景色は変わりません(笑)

これじゃモチベーションだけじゃなく視力も落ちますわ・・・

なので仕事のあとは、遠くの景色が見えるよう

1駅分、外を歩いて帰っています


た事代がかさむ


添乗員はツアーに出れば朝昼晩

3食の食事代は会社の経費

今は当たり前ですが自腹です

さらに3食すべて自分で作っているので

時間的にも体力的にも負担がかかります

上げ膳据え膳だった日々のありがたみが身に染みる・・・


ツ校間同じ体勢


1日8時間、ヘッドセットを付けてるでしょ

こめかみがめっちゃ痛くなるんですよ・・・

そしてセット(髪型)が乱れる!!(笑)
(髪、伸ばそかな)

長時間同じ姿勢なので

お尻、首、肩が痛くなるのも厄介


自分の色が出せない


添乗員の仕事って、予め決まった行程の中でも

自分で工夫したアイデアを取り入れて、お客様に喜んでもらう

ってところにやりがいがありました

個々のキャラクターを生かしやすい環境だったと思うんですね

でも今のコールセンターでの業務は

個々のキャラクターはあまり発揮できないというか

求められていないというか・・・

予め決まったセリフを、できるだけ同じように繰り返し

データを正確かつ素早く処理する

ってことが重要になるお仕事です

臨機応変にその場に応じて個性を発揮してきた添乗員にとっては

やっぱり物足りなさはありますね・・・

これから葬儀の知識を学んで業務経験を積めば

少しは個性を発揮できるのかな?


いやいやフナッシュくん

ウチはそんな個性は求めてないから

早く次のお客様に電話して



とか言われそう(笑)

【在籍型出向】仕事がなくなった添乗員の出向先は?

前回、7月から出向社員として働いてるよ

ってお話しをしましたが

今回はその続きです


周囲に「7月から出向することになった」って言うと

たいがい「ワクチン関係?」って聞かれるけど

今回、私が出向しているのは

ワクチンとはまったく関係のない

一般企業です

しかも

コールセンター!!

この落ち着きのない私が

内勤業務ですよ!!

1日中椅子に座って

パソコンと向かいあっているんですよ!!

こんな姿、想像できます?

IMG_20210718_134515








ありえんでしょ(笑)

(でも実際こんなヘッドセット付けて仕事してます)


それも1人2画面の

“デュアルディスプレイ”仕様!!

IMG_20210718_141319






自慢じゃないけど、わたくし

タッチタイピングとかできないんです

今までずっと自己流でタイピングをしているので

変なクセがついているのです

6月7日にいきなり宣告された出向命令

それもまさかの内勤業務!

急いでタイピングソフトを買いました

キーボードに右手エリアと左手エリアの境界線を引きました

それでもTとGをどうしても右手で打ってしまいます(涙)
fotor_1625271059079_copy_1024x768fotor_1625270963086_copy_1024x768






まぁ今のところ

そんなにタイピング力は求められていないんですけどね


問題は出向先が扱っている商品ですよ

どんな業界の企業で働いているかいうと

葬儀業界!!

これまで20年以上

ずっと陽気に添乗員をやってきたこんな人間が

IMG_20210718_224937_copy_800x599







いきなり葬儀関係の仕事ですよ!!

小さなお葬式

はあっても

陽気なお葬式

はいらんでしょ!



自慢じゃないけど、わたくし

社会人になってから葬儀に出席したこともないし

喪服すら持っていない!!

(ちなみに喪服は着なくていい仕事です)


7月1日から始まった新人研修は

中途採用で入社した社員と一緒に

人が亡くなってから葬儀までの流れ

葬儀後の法要はもちろん

遺体の安置場所

仏教の宗派や位牌の種類

戒名のランクや

納骨・散骨方法など

葬儀に関係する用語の勉強から始まりました


式中初七日?

湯灌(ゆかん)?

エンバーミング?

なんやそれ???

正直、最初は抵抗がありましたが

自分が知らない世界のことを学ぶのはとても新鮮

現在は葬儀関係の本を買ったり

葬儀関係のYouTubeを見たりして

葬儀についての日々勉強中
fotor_1626565969852_copy_1024x768






こうなったら

日本一葬儀に詳しい添乗員

になってやろうやないかい!!


てことで

ブログやYouTubeの更新がままならない状況ですが

仕事に慣れるまで暖かく見守って頂けると幸いです

【新型コロナウイルス】仕事がなくなった添乗員はいま?


【新型コロナウイルス】そして仕事がなくなりました

とブログに書いたのは2020年の3月


3月16日から休業期間に入り

夏に試験的にツアーが復活

秋に怒涛のGoToトラベルキャンペーン

冬にまた緊急事態宣言でツアーがストップし

2021年に入ってからは休業期間はそのままに

添乗の仕事は4月に宿泊ツアーが1本

6月に日帰りツアーが1本という状況

これでも自分は一番添乗に出ている方で

ほとんどのスタッフは昨年の12月から添乗には出ていません


会社との接点は5月末から始まった定例zoomミーティングと

毎月送られてくる休業延長のお知らせメールくらい

休業補償は頂けるので生活するには不自由はないんですが

副業ができないので、やることと言ったら


ブログを書くか

撮影に行くか

動画の編集するか

本を読むか

買い物行くか

料理作るか

筋トレするか

ランニングするか



こんな日々がダラダラ続いていました

fotor_1626315644534_copy_1024x769







副業可能な会社に所属している添乗員さんたちは

ワクチン接種会場でアルバイトをしている人が多いようです
(このバイト、時給や待遇がとてもいいのです)


そして迎えた7月

大きく事態が変わりました

それは

出向

です

正確には“産業雇用安定助成金”を利用した

“在籍型出向”

いわゆる“雇用シェア”


政府はこれまで“雇用調整助成金”を使って

企業の休業補償を補助してきましたが

この助成金は従業員を休ませてお金を支給する制度

働く意思のある元気な従業員を休ませるのは

企業にとっても日本の産業にとっても、もったいないですよね

そこで今年の2月から始まったのが

“産業雇用安定助成金”

この助成金は従業員に出向先で働いてもらって

その出向元と出向先の企業に助成金を支払う制度


旅行業界や航空業界など

コロナの影響で仕事が激減した企業もあれば

今もなお人手が足りない企業もあるわけです

そんな双方の悩みを“産業雇用安定センター”という組織がマッチングさせて

雇用をシェアしましょう!

というのがこの制度の大まかな概要です

000787146





このNHKの記事がとてもわかりやすいです

「在籍型出向」支援制度 約2ヶ月で1700人余が利用


てことで

私もこの制度を使って7月1日から

出向社員として働いております

ここ最近、ブログの更新頻度が落ちていたのはそのせいです

まったく余裕がないのです

毎日ヘトヘトです

その理由は・・・

長くなるのでまた次の機会に!!




【モデルナワクチン】1回目のワクチンを接種した結果・・・

新型コロナウイルスのワクチンを

職域接種枠で打ってきました
fotor_1626093167594_copy_1024x768






接種日はたまたま休日だったんですけど

接種会場は会社が入っているビルでして

会場の受付は会社の後輩

検温するのも会社の後輩

接種後の書類をくれるのも会社の後輩

ちなみに接種のお知らせメールを配信しているのも会社の後輩

みんな旅行の仕事がないので

ワクチン関連の仕事を請け負っているのです!!

(大阪の大規模接種会場でも添乗員が沢山働いております)

そんな身内だらけの会場で受けてきたワクチンですが

副反応に関する情報が錯乱しているので

やっぱり不安な気持ちはありますよね・・・

今までインフルエンザのワクチンすら打ったことがないのにな〜・・・



今回はそんなワクチン初体験の私の経過をご報告します

まず、ワクチンの接種自体は全然痛くありませんでした

筋肉注射っていうので、かなりビビッていたんですが

え?ほんとの針刺してる?

ってほど刺した感覚がなかった!
(先生が上手かったのか?)

でも打った直後から注射した場所に違和感が・・・

軽くピクピク痙攣しているような変な感覚

接種後は会場で15分にセットされたキッチンタイマーを渡され

椅子に座ってジッと待機

何もなければ退場となります


【接種当日】


fotor_1626093116538_copy_1024x768






午後にワクチンを接種したあと

グランフロントのカフェで知り合いとお茶

打った場所に少し痛みはあるけど

特に不自由なく過ごしました



【接種後2日目】


fotor_1626093425065_copy_800x601






終日内勤業務
(仕事の話しは後日書きます)

先に2回目のワクチンを終えた人が

1回目は何ともなかったけど、2回目は熱が出たそうで

いつでも薬を飲めるように手元に置いておいたほうがいいよ

ってアドバイスをくれたので

この日は手元に鎮痛剤を忍ばせて過ごしました

打った場所は相変わらず少し痛むけど

特に倦怠感も熱もなく

通常通りの1日でした


【接種後3日目】


ワクチン打ったら3日は要注意

ってよく言われますよね

油断はできないとは思いつつ・・・

休日で天気も良かったので

バス釣りに行っちゃいました♪

fotor_1626093351008_copy_768x1024








もうね、元気すぎて

ワクチン打ったことすら完全に忘れてたわ!




接種した際にもらった資料によると

注射部位症状は9割の確率で現れるそうです

打った部分が痛かったのはこれやね
(腫れなどは出ませんでした)

これは3日ほどで完全に違和感はなくなりました
fotor_1626093223728_copy_1024x768







何らかの全身症状は

1回目の接種では5割

2回目の接種では8割

多くの場合は接種後1〜2日以内に現れるけど、

稀に1週間くらい経ってから出る場合もあるそうです
(まだ油断できひんのか!!)

ちなみに接種後に熱が出て

2日間会社を休んだ後輩もいました
(若い方が副反応出るっていうしね・・・)


1回目の5割の確率は回避できたけど

2回目の8割は心配やな〜


2回目の接種は8月5日以降になりますが

また接種したらこのブログで報告しますね

HELPOのPCR検査を受けました

5日から京都・大阪・兵庫の3府県で始まった

PCR検査のモニタリング

これは無症状の感染者数を把握するのが目的

感染の疑いのある人が検査目的で来られたら意味がないので

場所は非公開となっています
(大阪府内では3ヶ所だそうです)

で、先日

大阪の某所を歩いていたら

たまたまこのモニタリング検査の会場にばったり遭遇

時間もあったので受けてみました

fotor_1615285388043_copy_1024x768






受けたと言っても会場では検査キットをもらうだけ
(もちろん料金などは発生しません)

検査(唾液の採取)は自宅で行います


会場では特に身分証などの提示はなく

スマホに“HELPO”というアプリをインストールして

スタッフの指示で簡単な設定入力をします
(名前・生年月日・電話番号・メルアド・パスワード・ニックネーム等)

大阪府以外に住んでいてもOK

所要時間は15分ほどでした

実際に受け取った検査キットの中身はこんな感じ
(けっこう箱が大きいです・・・)
fotor_1615207167417_copy_1024x768






マニュアルや注意事項が書かれた用紙がゴチャゴチャありますが

実際に検査に使用するキットはこちら
IMG_20210310_001019_copy_1603x950





検査キットって今では色んな場所で売られていますよね

メーカーによって形状や同梱物の内容は異なります

今回貰った検査キットはソフトバンクグループの医療検査会社

ヘルスケアテクノロジーズ株式会社が提供する

HELPOというオンライン医療相談サービスを使った検査です

メインとなる器具は3つのパーツが合体しています


‖単佞鬚燭瓩詬憧錙頁鬚ぅ椒肇襦
唾液を入れるファネル(ストローが付いた青い漏斗)
ボトルを密閉するキャップ(底に付いています)



【重要】
唾液を不活化させる保存液が最初からボトルに入っていて
ファネルの青いパーツで仕切られています
ひねると唾液をためるボトルに流入する仕組み


IMG_20210309_235740_copy_1024x769






初めてのPCR検査なのでドキドキ

イメトレしたいですよね

でも、マニュアルにはなぜか肝心の

“唾液採取の流れ”が載っていないのです

容器に取説が付いていましたが

なぜか英語・・・
IMG_20210309_235804_copy_1600x1202






この英語の取説、どんな内容が書かれているかというと

〜(唾液を)採取する前にお読みください〜
1:ファネルは使用するまで回転しない
2:口をすすいで清潔にし、検査の30分前まで飲食・タバコはNG
3:(何書いてるか分からんかった)
4:採取した唾液が指示された位置まで溜まったいるか確認
5:保存液は飲まないで
6:このキットは再利用しないで

=検査方法=
.侫.優襪妨をつけマークの位置まで唾を吐く
(もし唾液が粘々して硬かったら優しくチューブを振る)

▲船紂璽屬鯆称にしたままファネルのネジをゆるめる

チューブの下に付いているキャップを上に付ける

ぅ船紂璽屬魏鹽召掘⊂絏治飢鵑曚豹兇辰涜単佞畔歛険佞鮑ぜる
使い終わったファネルは破棄する


だいたいこんな内容だと思います

なんか英語でややこしそうですが

実際に唾液を採集する際はアプリと連動して行うのですが

ちゃんとアプリ上では日本語で説明してくれるので

それに従えば誰でもできるようになっているのでご安心ください♪

※英語の取説では飲食NGは30前って書いてあったけど、マニュアルでは1時間前になっていました

※口の中をすすいで清潔にするとありますが、採取前の1時間は歯磨きやマウスウォッシュは使用NGです

IMG_20210309_235826_copy_1024x769IMG_20210309_235847_copy_1024x769






あ、ここけっこう大事なんですが

検査する日は予めアプリ上で

予約が必要となります!
(1日の検査数の上限を設定しているため)

しかも採取した日の16時までに

郵便局へ持ち込まないといけないので

16時までに郵便局へ行ける日程で予約しましょう


それではQRコードシールをアプリで読み込み

さっそく検査スタート!
IMG_20210310_000450_copy_1024x769






まずキャプを取れと指示されました
(英語の取説はH嵬椶世辰燭韻匹福ΑΑΑ
IMG_20210309_235949_copy_1024x769






実際に唾液を入れていきます
IMG_20210310_000005_copy_1024x769






唾液って出そうと思ってもなかなか出ないんですよね

そんな時はコレ!!

梅干しやレモンなどをそばに置くか

イメージすると出しやすいです♪
IMG_20210309_235931_copy_1024x769






無事、唾液の採取が終了!!

採取に関しての注意事項は

■しっかり指示された位置まで唾をためる
■泡はなるべく入れないようにする

こんな感じかな

ボトルから取り外したファネルは破棄します

IMG_20210309_130105_copy_1024x768






ボトルのキャップをしっかり閉め

逆さにして5回ほど振ります
(保存液と唾液を混ぜる)

指示にはないですが

除菌シートでボトルを拭いた方が良いと思います
(メーカーによっては最初から付いています)

IMG_20210310_000428_copy_1024x769






ボトルにQRコードシールを貼ります
(採取前に貼らないように!)
IMG_20210310_000025_copy_1024x769






青パウチに入れ検査終了
IMG_20210310_000044_copy_1024x769






梱包作業に入ります
(ここからはマニュアルにも記載)

バリアボックスを組み立てて中に保冷剤を敷きます
※保冷剤は予め冷蔵庫や冷凍庫で冷やしておきます

IMG_20210310_000113_copy_1024x769






バイオハザードマークが書かれたバリアパウチに入れ

中の空気を抜きます
IMG_20210310_000408_copy_1024x769_1






バリアパウチを三つ折りにします
IMG_20210310_000132_copy_1024x769






保冷剤の上に置きます
IMG_20210310_000157_copy_1024x769






返送時チェックシートを記入します
IMG_20210310_000214_copy_1024x769






四つ折りにしてバリアパウチの上に置きます
IMG_20210310_000237_copy_1024x769






バリアボックスの周囲3ヶ所をシールで止めます
IMG_20210310_000254_copy_1024x769






バリアボックスのに伝票を貼り

白黒の用紙を持って郵便局へ

※モニタリング検査の場合、着払いなので送料はかかりません
IMG_20210310_000314_copy_1024x769






この白黒の用紙には郵便局員が確認する質問事項が記載されていますが

私の行った郵便局では

「なんですかコレ?」みたいな感じでスルーされた・・・



はい、これにてHELPOを使ったPCR検査の流れは終了です

結果はアプリで通知が来ます

このキットはコチラで購入が可能

https://store.helpo.jp/


1人6050円もするんですよね!

しかも返送時の送料は各自払い

でもこのHELPのPCR検査パッケージ

色々とサービスが充実しておりまして

6月末までチャット機能で24時間いつでも健康相談

病院検索やお薬の相談などもでき

そのままヘルスモールで購入も可能



実は私、検査前に早まってファネルをひねってしまい

保存液がボトルに流入しちゃったんですね

こういったトラブルでもアプリで相談できるので安心でした

Screenshot_20210310_102323









ってことで今回は無料で頂いたので

HELPOの宣伝をして終わろうと思います




あ、検査の結果が気になりますよね

無事、「陰性」

Screenshot_20210311_194428_copy_540x294





9日の13時頃、京都の郵便局に持ち込んで

11日の夜には結果が通知されました♪

添乗員に安心・安全はないのか?

今回行った壱岐対馬のお話しです

お客様は37名

1名参加のお客様が9組

3名参加のお客様が2組

コロナ禍での当社ルールでは

奇数のお客様は相席にできない事になっているので

この11組・15名のお客様だけでも

26席使用するわけです

(逆に言えば偶数が多いと40名以上の場合も・・・)


このため添乗員の席が確保できず

補助席利用

でした


このご時世に

添乗員補助席???

ちょっとありえないんですけど・・・


コロナとか関係なしに

観光バスの交通事故などを踏まえ

数年前から添乗員を補助席に座らす会社なんてほとんどないはずなのに

このコロナ禍で添乗員補助席て・・・

添乗員の安全を全く無視した行為だし

その隣に座るお客様の事は何も考えないのでしょうか・・・

今回はたまたまのチェック漏れ

イレギュラーということですが

イレギュラーだったら添乗員やお客様の安全をないがしろにしても良いと?


それでも

担当者OK

ということで

今後も添乗員補助席で出発するそうです・・・


添乗員の補助席利用については本当に危険なので

ずいぶん昔に労基署に相談に行ったこともありますが

結局何も変わらなかった・・・


Screenshot_20201017_080902









ちなみに先月行った佐渡ヶ島のツアーでも

お客様の直前のキャンセルがなければ

添乗員は補助席利用になるところでした

イレギュラーってそんなに頻繁に起こるもんですかね?



安全・安心にご旅行をお楽しみいただくために

なんて言っていますが

感染症対策や

添乗員に対する担当者の認識は

この程度だということです・・・



旅行に行く前に動画でイメトレ!

旅のイメトレチャンネル タビトレ!

【新型コロナウイルス】そして休業生活200日目

6月23日に

【新型コロナウイルス】そして休業生活100日目

って記事を書いてから

さらに100日が経過し

今日で休業生活200日目となりました

現在も一応

“休業”という身分ですが

ブログを見ても分かる通り

実際はめっちゃ忙しい毎日です・・・

(ヘタしたら去年の今頃より忙しいんちゃうか?)




さて、いよいよ今日から

GoToトラベルキャンペーンの最終形態

地域共通クーポンの運営が始まりましたね

01_copy_1024x767






添乗員にとっては不安要素満載

受け取りの際の確認作業にも時間がかかるし

大量の金券を持ち歩くことになるので

精神的にも金銭的にもリスクが大きいクーポンなのです・・・



でも、もっと大変なのは

それを管理&セットするスタッフ


クーポンには1枚1枚管理番号が付いていて

どのお客様に何番のクーポンが配布されたのか管理しています

そして、1枚1枚手作業で

有効期限のスタンプを押し

使用できるエリアのシールを貼らなければいけません

これ、全部、旅行会社やホテルが手作業でやっているんです!!!

このデジタルな時代になんとアナログな!!
IMG_20201001_162414_copy_800x600IMG_20201001_162430_copy_800x600






さらに旅行会社やホテルにシール貼りの業務を押し付けておいて

切れてない不良品のシールを送りつけてくるとか

嫌がらせかよ!!!!

IMG_20201001_175107_copy_800x600








このGoToトラベルキャンペーン

いきなりの前倒しから始まり

いきなりのクーポン配布延期と

最初っから旅行会社は振り回されっぱなし

観光業界を支援したいのか

それとも足を引っ張りたいのか・・・



でも会社がバタバタしている割には

観光地では観光バスをあまり見かけません

そう、個人で旅行されている方が多いからなんです


知り合いの自動車ディーラーの店長も

コロナの影響で中古車を買いにくる人が増えたって言っていました

以前まで通っていたスポーツクラブも退会者が多いようです

街にはウーバーイーツの配達員が目立ちますよね


これからますます

トレーニングはジムより自宅トレ

移動は公共交通機関よりマイカー

旅行は団体旅行より個人旅行

コンサートはライブハウスより配信ライブ

食事は外食より宅配サービス

って傾向が強まるのでしょうか?



先日比叡山ツアーでご一緒したバスガイドさんも

218日ぶりの仕事だと言っていたのが印象的でした

忙しくとも仕事があることに感謝しないといけませんね



そんなこんなでYouTubeの編集がかなり遅れております・・・

不定期配信なので

今のうちにチャンネル登録しておいてくださいね♪

旅のイメトレチャンネル タビトレ!


4ヶ月ぶりに会社に出社しました

今日、久々に朝から会社に出社しました

前回会社に行ったときはコートを着ていたのに

今日は半袖にノーネクタイ


会社に行く途中に新しいお店ができていたり

ビルの受付嬢が見慣れないメンバーだったり

パソコンを立ち上げようとしたらパスワードが期限切れになっていたり


この4ヶ月のブランクに最初はちょっと戸惑いましたが

久々に顔を合わす仲間が増えるたびに

いつの間にか昔の感覚に戻っていました



で、何しに会社に行ったかと言うと

タイトルにもあるように添乗準備です

今月の24日と26日に日帰りバスツアーに行きます

添乗なんて3月4日に帰着したツアー以来行っていないので

添乗準備をしたのは

実に147日ぶり!

現在募集している日帰りバスツアーは1人2席を確保するため

最大で24名定員

ツアー代金もその分割高なんですが

24日は23名

26日も23名


バスの座席表を書いたら、ほぼ満席やった・・・


久々の添乗準備を終えての感想は

■バスの席割りが混乱する

■持って帰るものが多い

■お客様がいつも以上にご高齢

■目がかすむ
(これは歳のせいですね)

Fotor_15954212463268_copy_1024x768Fotor_159542122443062_copy_1024x768







本日、大阪では新型コロナの感染者数が過去最多

本日開始のGoToトラベルは未だに迷走中


不安要素は数々ありますが

これからの新しい旅のステージにつながる第一歩

元気に行ってきます!!


旅のイメトレチャンネル タビトレ!

【新型コロナウイルス】そして休業生活100日目

なんだか“新型コロナウイルス”ってコトバ自体が

死語のような感覚で生活を送っていますが

今日で休業生活が100日目を迎えました

正式に休業期間に入る前から会社には出社していないので

既に100日以上会社に行っていない

そして仕事をしていない状況です


6月までは社会全体が自粛ムードだったでしょ

閉まっているお店も多かったし

街を歩いている人も少なかったので

“家にいることが世のため人のため”

って感じでしたが

今は街を歩いていてもお店は普通に開いているし

歩いている人を見ていても

自粛ムードはほとんど感じませんよね

みんな普通に生活している(ように見える)


それなのに自分は仕事をしていない・・・

家にいる大義名分がなくなった

そんな風に思ってしまって

家にいることに罪悪感すら感じます



“家にいるとき”は・・・



でも6月に入ってから

家にほとんどいないんですよ!

6月に入ってから雨の日以外は

ほぼ京都の観光地に足を運んでいます

雨の日は動画の編集

これがまためちゃくちゃ時間がかかるんです

朝9時くらいから編集をはじめて

夜中までかかることも珍しくありません

雨が続いた先週なんか編集に没頭しすぎて

2日お風呂に入ってなかったくらい(笑)
(これホントの話し)


今日もブログ&YouTubeの撮影用に

京都の観光地に出かけていたんですが

時間がなくてお昼ご飯を食べそこねました
(お寺は拝観時間の制限があるしね)

連日寝不足でフラフラ

足はパンパンです・・・



昨日でYouTubeデビューからちょうど2ヶ月が経ちましたが

おかげさまで今月からアップしている

【京都観光のいま】シリーズの動画が好評で

再生回数も1000を超える動画も出てきました

最初、平等院の動画を出した頃は

動画の内容より早く投稿することが大事!

って思い込んでいて

ほとんどテロップを入れずに編集していたんですが

途中から

せっかく作るなら、早さより内容を重視!

って制作方針を変えました

最近では1つの動画に

100以上のテロップ(字幕)を入れることも
(このテロップが時間がかかるんです・・・)



これから京都の観光地を訪れる人

そしてツアーが再開すれば

京都に慣れていないバスガイドさんや添乗員さん

現場になかなか行けない旅行会社の中で働く方々

そしてインバウンドの観光客も戻ってきたら

外国人のツアーガイドさんにも活用してもらえる

そんな動画作りをしていきたいと思っています


これまでの汗と涙の結晶がコチラ

旅のイメトレチャンネル タビトレ!

PhotoGrid_1592485876310_copy_1600x160030









ちなみに

こんなにYouTubeに時間をかけて

いくらかお金になってんの?

って思われている方もいるかもしれませんが

現段階でYouTubeからの収益はゼロ

無収入です!!

当たり前ですが

交通費や拝観料は

自腹です!!

この先、登録者数が増えれば

収益化もできなくはないですが

そんなのいつになることやら・・・(笑)


今はチャンネル登録をして頂くことと

高評価やコメントを頂くことが唯一の励みになっています

けな気でしょ・・・

そう

同情するならチャンネル登録!

なのです(笑)


でもYouTubeのために改めて観光地に行くと

新しい発見があるので自分としても勉強になります
(今日もかなり刺激的な1日でした)


近況報告のはずが

なんだかYouTubeの宣伝みたいになってきましたが

こんな感じで仕事をしている時より

忙しい日々を送っております


肝心の添乗員の仕事ですが

7月末まで休業期間が伸びました


もう少し動画編集と格闘する日々が続きそうです

【緊急事態宣言解除!】新大阪駅と大阪駅の現在の様子

緊急事態宣言解除後

初の週末となった5月23日(土曜日)

32_copy_1024x767






新大阪駅と大阪駅の様子を撮影した動画を

YouTubeにアップしました

旅のイメトレチャンネル タビトレ!

※いい加減チャンネル登録まだの方は登録してね♪

IMG_20200523_124530_copy_1024x768Fotor_159029586513838_copy_1824x1368






新大阪駅はかなりのお店が営業を再開していましたが

やっぱり旅行者がいないので人は少なかったですね

新大阪駅ってやっぱり旅行者やビジネス利用がメインじゃないですか

いつもは真っ赤なサイン(利用不可)のコインロッカーも

緑色(利用可能)で埋め尽くされていました・・・


IMG_20200523_154315_copy_1024x768Fotor_159029592184551_copy_1024x768






大阪駅は一見、賑やかに見えますが

コロナ以前に比べたら人は全然少ないです

ルクア・阪急・阪神百貨店が閉まっているのを現場で知って

ガッカリされていた買い物客を多く見ました

写真左下:阪急百貨店
写真右下:阪神百貨店

(どちらも土日は休業しているみたい)
Fotor_159029582813891_copy_1024x768Fotor_159029584574732_copy_1024x768






ヨドバシカメラやリンクス梅田

グランフロントは営業していたので

駅の北側は結構賑やかでした



この日の大阪の気温は28度!

Fotor_159029590412394_copy_1024x768







携帯扇風機を持ちながら歩いている人もいて

あ〜いつの間にか季節が進んでいるんだ〜と感じました

なんか周囲のお店で営業が再開し

スタッフの皆さんが一生懸命働いている姿を見ると

働いていない自分がもどかしい・・・(涙)


こうやって街を歩いていると

コロナなんて本当にあったのか?

って浮かれた雰囲気に包まれてしまいますが

緊急事態宣言が解除されたからって

コロナが終息したわけではないですもんね

この先も気を緩めずに生活していきたいものです
(正直、めちゃくちゃ緩んでる・・・)


よく仕事で油断するなって意味を込めて

悪魔は細部に宿る

なんてフレーズをよく使いますが

コロナは細部に宿る

と肝に銘じないといけませんね!!
(はい、自分に言っています)


休業生活70日目

想像力と記憶♪

どこにも行けないゴールデンウイークなのに

外は嫌味なほど旅行日和ですね・・・

こんな陽気の日には私も

琵琶湖にバス釣りが行きたーーーい!!

って発狂しそうになりますが

今はステイホームで家で大人しくしています(涙)


皆さんも家にいる時間が増えたので

YouTubeやDVDを観たり

読書をされている方が多いのではないでしょうか?


そんな皆さんにお勧めの作品をご紹介します

タイトルは

「潜水服は蝶の夢を見る」

1年ほど前、たまたまラジオで紹介されていたんですよね

私は映画版をDVDで観たんですが

原作が同名の書籍として存在しています

1588328462323_copy_1280x960






映画はフランスとアメリカの合作で2008年に公開

主人公は3人の子どもの父親であり

雑誌ELLEの編集長でもる

ジャン=ドミニック・ボービー

車を運転中に突然

脳梗塞で倒れてしまいます

気がついたらベッドの上

意識は戻りましたが、体がまったく動きません

その時、彼は自分が自分の意思で動かせるのは

左目のまぶただけという事を知ります

自分だったらどうですか?

起きたらいきなり左目のまぶたしか動かない状態を

先日の無人島どころじゃないですよね

森に入ることも海に出ることも

SOSの石を並べることも

ぼーっと海を眺めることもできないんです


しかも彼はファッション雑誌の編集長

イケイケで華やかな生活から一気にこの閉ざされた状態です

絶望しかないですよね


でも彼は言語療法士の指導のもと、行動に出ます

行動って何ができるの?

って思いますよね

彼が唯一動かせるのは左目のまぶた

そう、瞬きは自分の意思でできるのです

その瞬きで言語を伝える術を学び

瞬きだけで自伝を語り始めます

その瞬きの数、なんと20万回

そして完成した自伝のタイルが

「潜水服は蝶の夢を見る」



作品の中で印象的だったのは

自分には自由な想像力と記憶がある

という言葉でした

体は水中で潜水服を着ているように自由はきかないけど

頭の中では想像力を使って蝶のように自由に飛び回れる


この主人公に比べたら

自分はなんて恵まれているのか!

って思いません?


今の自粛生活が息苦しく感じる時がきたら

この作品を思い出してみてください

有料だけどアマゾンプライムでも観れますよ♪


※ちなみに、この作品は実話です


4月22日からYouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!

無人島でどう過ごしますか?

昨日で休業生活も45日目を迎えました

このブログを見ている方の中でも

私と同じように休業中

普段通りに出社

自宅でテレワーク

色々いると思います

※もちろん生活のためにバイトに明け暮れているという方もいらっしゃると思います


でも以前より自由な時間が増えた

家で過ごす時間が増えた

という人が圧倒的に多いのではないでしょうか?

定年退職以前にこんなにまとまった時間なんて

この先恐らくありませんよね
(あったら困る・・・)

1588221649851_copy_1024x768






自分のまわりでもこの時間を有効に使おうと

色んなことにチャレンジしている人がいます

例えば・・・

日本で外国人のツアーガイドをしている友人は

投資(お金)の勉強

沖縄の現地添乗員している友人は

三線の練習

他社さんですが、同じ大阪で添乗員をしている友人は

改めて英語を勉強したり、世界の歴史

を学んでいるそうです

1588219940317_copy_1279x720





あと、元添乗員で現在はまったく観光とは違う仕事をしている

YOCのさんぺーは

世界遺産検定の勉強を始めました

子どもが最近、国旗に興味を持ち始めたから

世界の観光地を教えてあげるためだそうです

Fotor_15882198740469_copy_810x458






添乗員は国内・海外問わず

いくらでも勉強することはありますよね

資格系なら

TOEIC・観光英検・世界遺産検定・旅行地理検定

京都検定・奈良まほろば検定などのご当地検定


ワインソムリエ・温泉ソムリエなんかも面白そう

いや、資格とか堅苦しいものじゃなくても

全国の駅弁を調べまくる!とか

全国のゆるキャラを覚える!

人前でマジックを披露できるようになる!

手相や姓名判断が出来るようになる!

手話で挨拶ができるようになる!

とかでもいいと思います

スケッチ画川柳を始めたら

今後、旅行に行ったときに楽しみが増えますよね

大河ドラマを一気に観る!

ってのは個人的にオススメ

その人物に関連した観光地に行ったときに役に立ちます♪
(ドラマ「坂の上の雲」もええよ)


観光業界とはまったく違う分野の勉強をして

コロナ後の転職に備えるのもアリだと思います




いきなりですが

無人島に漂流したと想像してください

浜辺にSOSって石を並べ

じっと海を眺めて過ごしますか?

それとも

危険かもしれないけど、森の中に食料を探しに行ったり

ダメ元でもイカダを造って海に漕ぎ出しますか?


無人島に比べたら家の中は安全だし

何かやることがありそうですよね♪


4月22日からYouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!

【新型コロナウイルス】緊急事態宣言をうけ・・・

先月から突入した休業生活

早いもので明日で25日目となります

月に2日は出社することになっていて

私の出社日は8日と9日でした

1ヶ月ぶりに会社に行くことを楽しみにしていたんですが

昨日発令された緊急事態宣言をうけ

出社が取り消しとの連絡がありました

さらに4月15日までだった休業期間が

5月31日まで延長になることが決定

みんな元気にしてるのかなー?


休業期間に入り

収入は確実に減りましたが

自由な時間は確実に増えました

大変な面も多いですが

添乗員をしていたら絶対にできない生活ができるようになりました

それは

“規則正しい生活”

添乗員って毎日起きる時間も違うし

食事のタイミングもバラバラ

新卒で添乗員の会社に入社して

20年以上ずーっとこんな生活でしょ

こんなルーティンな毎日を過ごすのは

鎖骨を折って入院した時以来です(笑)

正直、3月は気分も沈んでいて

あまり生産性のいい生活を送れていなかったんですが

これじゃいかん!と思って作りました

時間割表!

もちろんきっちり時間割通り行動できてはいないんですけど

生活にメリハリができてなかなかいい感じです

ゆーても内容は

勉強・読書・料理・ブログ・筋トレ

くらいですが・・・

ちなみに時間割ではブログの執筆は

22時〜ってことになっているんですが

現時点で1時間以上押しています・・・(涙)


今月から新たに日課として始めたことは

去年の6月に1ヶ月継続した

のがちゃんの腹筋を再スタート

【毎日2分】30日で腹筋を割るトレーニング  

これ、ほんとお勧めです

あと今年の1月2月に継続していたHIITも再スタート

HIITは20秒の高負荷運動と10秒の休憩を8セット繰り返す運動です

4分で終了しますが死ぬほどしんどいです・・・
(HIIT1分の運動は通常の有酸素運動45分に相当するとか)

20秒の運動は高付加ならなんでもいいんですが

自分はバーピーをやっています

短時間で脂肪燃焼できるHIITって結局何なの?

これ、両方やっても6分で終了です♪


時間割では筋トレは21時から

ちなみに20時からはナイトランニングが入っております

体力維持の運動は必要ですからね

夜桜を見ながら走るのもなかなかいいもんです♪

Fotor_158638739015926_copy_1024x768







勉強や読書の合間には

1時間おきに懸垂マシンと腹筋ローラーでリフレッシュを兼ねてプチトレ

休業期間が終了する頃にはムキムキになってるかも?(笑)


あと、お勧めなのが

手帳やカレンダーに

“休業何日目”って記載すること

あまりに休みが長いので

自分がどれくらい休んでいるのか感覚がなくなってくるんですよね・・・

そしてカレンダーには1日が終わったら大きく×印をつけます

×の数だけ成長できればいいですよね♪


話しは変わりますが

今日、ナイトランをしながら久々にTMネットワークを聞いていました

アルバム「CAROL」の7曲目に

“Seven Days War”って曲が入っています

映画「ぼくらの七日間戦争」の主題歌だった曲
(若い世代は知らんか・・・)

久々に聞いたけどやっぱりいい曲だな〜

あの頃の宮沢りえ、可愛かったな〜

TM NETWORK / SEVEN DAYS WAR


我々の戦いは七日間では終わりませんが

うつむかず生きるために

ただ素直に生きるために


とりあえず今はできる限り家にいましょう!



↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


【新型コロナウイルス】そして仕事がなくなりました

これまで新型コロナウイルス関連の記事をいくつ書いてきましたが

自分の身は自分で守ろう
(2020年2月15日)
感染リスクの高いツアーとは?
(2020年2月26日)
今すぐできる免疫力アップ法とは?
(2020年3月6日)
ツアー参加者の意識の移り変わり
(2020年3月10日)


ついに仕事がなくなりました


と言っても解雇されたワケじゃないですよ

ブログを見れば分かる思うんですが

添乗のお仕事は3月4日に帰着した

お水送りと修二会ツアー以来行っていなくて

昨日までずっと公休と有給扱いでお休みでした

休みと言ってもこんな状況でしょ

呑気に旅行に出かける訳にもいかず

かと行ってジムに行くわけにもいかず

ほぼ引きこもり生活

たまに運動を兼ねて神社巡りをしたりして過ごしていました



そんな中、先日会社から呼び出しがあり

今後の仕事について説明がありました

その結果

本日、3月16日より4月15日までの1ヶ月

休業

となるそうです

わずかに休業手当は出るみたいですが

正直、生活していくには

ギリギリ以下だと思います

じゃ短期でアルバイトでも!

って気もしますが就業規則では

副業禁止

これまでの蓄えでなんとか食いつないでいかないといけない状況です・・・

まずは抑えられる出費は抑えないといけないので

かれこれ10年以上続けているジムは

その日の晩に退会届けを提出してきました

ほんと悲しい・・・(涙)

IMG_20200316_221710_981_copy_1024x768






この1ヶ月だけの話しなら、さほど不安もないんですが

休業期間が明けた4月16日

これまでのようにツアーが出ているか?

って想像してみると

誰が考えてもムリなのは目に見えています


その時、休業期間がさらに延長されるのか?

それともいったん解雇というかたちをとって

失業保険を適用してもらい

世の中が落ち着いてから再雇用

みたいな事になるのか
(どこかのバス会社でやっていましたね)

先が読めないのが心配です


先日の安倍首相の会見で

“非常事態宣言”こそ免れたものの

今の状況から考えて、しばらくは団体旅行を控える傾向が続くのは避けられないと思います

今日からの休業期間は

この1ヶ月をどう過ごすか?というより

添乗員という仕事を続けるべきなのかを含め

色々と考え直さないといけない時間になりそうです



新型コロナウイルスの流行によって

ほんのわずかな期間で世界が変わってしまいましたが

自分が変われるチャンスでもあるのかもしれません


先日、どこかの添乗員さんのインタビューがニュースで流れていました

新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなってどうしていいか・・・

って内容です

そこでその添乗員さんは

仕事がなくなっても会社や国は

何もしてくれない

みたいなことを言って嘆いていましたが

いやいや

じゃアナタは今回みたいな不測の事態に備えて

何をしてきたんですか?

って突っ込みたくなりました

しかもそんな不安定な収入である添乗員の仕事を選んだのは

どこの誰でもなく

自分自身なはずです

今置かれている状況がこの先も永遠に続くとでも思っていたのでしょうか?

その添乗員さんを見ていて

ずいぶん前に読んだベストセラー

「チーズはどこへ消えた?」を思い出しました

こちらの書評が分かりやすいです

『チーズはどこへ消えた?』のあらすじ!


と言ってもわたし自身も同じようなことが言えます

当たり前のようにツアーに出て

当たり前のように温泉に入り

当たり前にように給料が振り込まれ

お金や仕事、これからのライフプランに無頓着

まさにゆでガエル状態・・・

あの添乗員さんは自分自身の鏡だったのかもしれません


新型コロナウイルスの影響はこれから落ち着くのか?

それともさらに悪化するのか?

いったん感染が落ち着いたとしても

この先、巨大地震などの天変地異や

戦争だって起こる可能性があるわけです

9年前の3月11日

一瞬にして住み慣れた家や勤めていた会社

大切な人の命を失った人がたくさんいたことを考えると

今の自分の状況は恵まれている方だと思います


今は仕事がないと言っても

家もあるし会社もある

自分の体も健康で動ける状態です

そのことに感謝しながら

1日1日を大切にしていこうと思います!



↓ということでYouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


【新型コロナウイルス】ツアー参加者の意識の移り変わり

新型コロナウイルスに関する情報は日ごとに

というか数分ごとに続々と更新されていき

企業も個人もどう対応していいのか?

考えれば考えるほど気が滅入ってしまいますよね・・・


今日は新型コロナウイルスの感染状況と

これまで自分が行ったツアー(募集型企画旅行)で感じた

お客様の新型コロナウイルスに対する意識を

時系列に振り返ってみたいと思います



1月15日:国内初の感染者を確認

1月18日〜 ■きらめきの沖縄ツアー1日目♪

この時は全くと言っていいほど新型コロナウイルスに対しての意識はなかったと思います

国内で感染者が出たと言っても武漢に滞在履歴がある方だったので

「まだ対岸の火事」といった感じ

なんせツアー2日目の晩に国立劇場おきなわで

800名ほど集めたイベントも開催していましたから・・・


1月23日〜 ■草津温泉と6000体の雛祭り2日間♪

この時も新型コロナがどうこうって感じではなかったです



1月27日:中国が海外への団体旅行を禁止

1月28日:奈良の観光バスドライバーが感染

1月29日:武漢からチャーター便が到着

1月30日:京都で初の感染者を確認

2月2日〜 ■カフェ・トレインで行く島原天草ツアー1日目♪

ここ数日で新型コロナウイルス関連のニュースが溢れてきました

この辺りからお客様のツアー参加に対する意識が変わります

新型コロナウイルスを理由にキャンセルされる方もチラホラ出始めました

マスクを2枚重ねにして参加をしていたお客様もいましたね
(そこまで心配ならキャンセルしたら良かったのに・・・)


2月3日:Dプリンセス号が横浜に到着

2月5日:ミクロネシアが感染国からの入国制限


2月7日〜 ■京の冬の旅と大根焚きツアー1日目♪
2月9日〜 ■京の冬の旅と皇室ゆかりの寺院ツアー1日目♪

2本続けて京都1泊のツアーに行きました

参加者は1本目が9名、2本目が20名

中国からの団体旅行客禁止を受けて京都はどこもガラガラ

お客様のキャンセルもいよいよ本格的に目立ち始めました


2月13日:国内初の感染者死亡

2月15日:ハワイ帰りの男性が感染

2月20日:バスツアー参加の女性が感染

2月21日:国内初の10歳未満の子どもが感染


2月16日〜 ■ハワイ2島めぐりツアー1日目♪

もともと新型コロナウイルスの影響でツアー参加者は18名だったんですが

出発直前で2組のキャンセル

結局、12名での催行となりました

お客様も他の旅行者も空港や機内ではピリピリムード
(機内はほぼ満席状態)

でもハワイ滞在中は皆さんほとんど意識なしって感じでした

ハワイ滞在中、旅行業界にダメージを与えるニュースが続く



2月26日:大規模なイベント等の自粛要請

2月27日:公立・小中学校の臨時休校要請

2月27日〜 ■種子島・屋久島ツアー1日目♪

ツアー参加者は25名

お客様から「添乗員さん大丈夫?」

みたいな質問は全くと言っていいほどなくなりました

ここまで来ると、お客様の中で

旅行に行く行かないの意識がハッキリしてきたような感じ

バスに消毒液を置いてもほとんど使わない・・・

お客様は皆さん意識薄い系・・・(笑)

IMG_20200229_122410_copy_1024x768






でも1日目の晩に政府から発表された臨時休校のニュース

この辺りからいよいよ他人事ではないムードがお客様の中でも広がってきました

伊丹〜鹿児島間はJAL便を利用しましたが

往路はCAさんが手袋を着用し(通常の)ドリンクサービスをしていましたが

復路は2種類のパック(麦茶・アップルジュース)を提供するのみ

航空会社の対応も日に日に変わっていくのを実感


2月28日:北海道で緊急事態宣言

3月1日〜 岡山日帰りバスツアー

実はブログには書かなかったんですが

この日に予定していた岡山への日帰りバスツアー

出発の2日前に会社の判断で中止になりました

お客様は30名も集まっていたんですよね・・・

(会社には申し訳ないですが、正直ほっとしました)


3月2日〜 ■お水送りと修二会ツアー1日目♪

新型コロナウイルスの影響をもろにうけ

お客様は8名

添乗員としては

「それでも出すのか〜・・・」というのが本心

屋外とはいえ、お水送りも修二会も大人数が集まるイベントだし・・・

お客様の意識は?

もちろん気にしていたら参加をしていないわけで

マスクもしていない方が多かったです

バスに設置の消毒液もお客様自らはしないので

バスガイドさんが車内で席にまわって吹きかけていました(笑)

周囲の観光客を見ていても意識は薄いように感じましたね
(当然といえば当然)

2泊目に泊まったホテル日航奈良

朝食のバイキング会場ではビニール手袋を設置していましたが

ほとんど利用している人はいませんでした・・・

(置き方もわかりにくいし、これはホテルスタッフから声をかけるべきだと思いましたが)
IMG_20200304_081618_copy_1024x768IMG_20200304_081625_copy_1024x768








3月3日:インドが日本人に発行したビザを無効化

3月4日:京都のマクドナルド店員が感染


3月5日:中・韓・イランからの入国を制限


3月9日:JAL国際線の客室乗務員が感染

3月10日:政府が自粛期間を10日間延長



現在のツアーの催行状況ですが

旅行会社の判断でツアーを中止にする

お客様が少なくなってもツアーは出発させる

旅行会社によって、そしてコースによっても判断は違うようです



2月15日の記事

【新型コロナウイルス】自分の身は自分で守ろう

「行く行かないは自己責任」って書きましたが

今はそんな呑気な状況でなくなってきているのも事実


会社もお客様も

どう判断するのがベストなのか?

前例がないだけに難しいですよね・・・

とにかく今日、こうやって健康でいられることに感謝です


↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


【新型コロナウイルス】今すぐできる免疫力アップ法とは?

先日、ツアーで奈良の大安寺に行ったあと

バスガイドさんが面白い話しを紹介していました

※あくまで伝説です


大安寺というのはかつて空海も学んだ官寺
(これは本当の話し)

そこで空海は漢字を考案していたそうですが
(この時代は空海じゃなく佐伯真魚)

どうしても“わらう”という言葉を表現する漢字が思いつかなかったそうです

空海が悩みながら歩いていると

道端でキャンキャン吠える犬が目に入りました

周囲の人がうるさいと犬を叱ると

その犬は怯えて竹かごの中に隠れてしまったそうです

その犬の様子を笑いながら見ていた空海が

これだ!と閃き

竹の下に犬と書いて



になったんだとか(笑)


これ、ネットで調べたけど、どこにも載ってなかったんだよな〜

昨日のガイドさんはどこでこのネタを仕入れたんでしょうか?(笑)

“笑”の語源を調べると

の部分は人間(巫女・シャーマン)で

の部分は巫女の“髪”とか“手”

という説が一般的みたいです



前置きが長くなりましたが

新型コロナウイルスに限らずインフルエンザなどのウイルス対策に

“免疫力”は欠かせませんよね

免疫力を高めるには?

食事でしっかり栄養を摂り

しっかり睡眠をとる


これって言うのは簡単だけど

忙しい現代人にとっては意外と難しいですよね・・・
(実際にこれ書いてるのも夜中だし)

それよりもっと簡単に免疫力を上げる方法がズバリ

笑う

だそうです

笑うと体内のNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化され

ウイルスやがん細胞を攻撃してくれるんだとか

NK細胞の活性化は

笑うという感情の変化ではなく

広角を上げることによる筋肉運動と関係しているので

面白いことがなくても

作り笑いでも構わないそうです(笑)


周囲では暗くなるニュースばかりが溢れていますが

表情も暗く心も沈んでしまっては

NK細胞の活性がどんどん下がって

免疫力まで低下してしまいます

こんな時こそ笑顔全開!

細胞からウイルスを撃退しましょう!

私が過去にインフルエンザにかかったことがないのは

よく笑うからかもしれません・・・(笑)


あと余談ですが

緑茶などに含まれるカテキン

カテキンには抗ウイルス作用があるので
(新型コロナウイルスに有効かは謎ですが)

私みたいなコーヒー中毒の方も

積極的に緑茶や紅茶を飲むのもいいかもしれませんね


東大寺のように自分の体にも金剛力士像を置いて

ウイルスをシャットアウト!

でも怖い顔はNG

あくまで笑顔で♪

1583509131096_copy_1035x13801583508904848_copy_1035x1380










↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


【新型コロナウイルス】感染リスクの高いツアーとは?

※はじめに※
この記事でいう“ツアー”とは
アーティストなどの全国ツアーの“ツアー”ではなく
団体旅行(パッケージツアー)の“ツアー”を意味します



2月16日〜21日までハワイ添乗に行っていました

出発前日に名古屋のハワイ帰りのご夫婦が新型コロナウイルスに感染

このニュースはショッキングでしたが

ハワイに行っている間に今度は

千葉の姉妹が団体旅行に参加をしたあと感染が発覚

旅行会社にとっては傷口に塩を塗られるようなニュースだったと思います

このツアー参加者に関してネットでは

熱があるのにツアーに参加するなんてありえない

体調が悪い中、ツアーに参加するなんて非常識だ

という批判が多く見受けられましたが

現役添乗員からすると

まったくありえる話しに感じました

それはなぜかと言うと

ツアーの参加者全員が良識ある人だとは限らない

ということを日々感じているからです

あのツアー参加者感染のニュースを聞いて

団体旅行に行くのは怖い

と思った方も多いと思います

添乗員も同じです

行くか行かないかの話しはハワイに行く前に

自分の身は自分で守ろう
(2020年2月15日)

でお話ししたので省略します


今回は

感染リスクの高いツアーとは?

という話しです


個人的な見解で言わせてもらうと

どこも一緒!!

だと思います

政府が本日

「全国的なスポーツ、文化イベント等については、今後2週間は中止・延期または規模縮小等の対応を要請する」

と発表をしましたが

旅行会社からは現在も普段通りツアーが出発しています

今日、13日ぶりに会社に出勤しましたが

表向きは怖いくらいに社内は通常モードでした・・・


そんな中、こんなツアーは感染のリスクが高い!

というツアーをあげるとすれば

格安ツアー


もうちょっと具体的にあげるとすれば

日帰りのバスツアーで

昼食はバイキングで

バスの乗車ルートが複数設定されている
(同じ内容のコースが現地で集結する)



何故かというと、理由は2つあります

その О造ぅ張◆爾曚瓢臆端圓多く食事会場も混雑している(可能性が高い)

その◆О造ぅ張◆爾曚評鐚韻里覆せ臆端圓多い(可能性が高い)


まずその,任垢

値段が安いツアーほどバス1台あたりの乗車人員を上げなければ利益になりません

例の感染者が出たツアーもツアー参加者は約40名

って報道されていましたよね

この時期の富山や白川郷で40名ですから

よほどツアー代金が魅力的だったか

あるいはミステリーツアーだったのかな?

と想像しています


ツアーに参加することで一番(心理的に)心配な場所というと

バスの車内だと思います

密室だし他の参加者との距離も近いですから

じゃあ誰から感染するか?

各旅行会社はバス乗務員、添乗員の健康管理の徹底

さらにマスク着用でお客様を安心させているわけですが

観光バスの中って基本的に添乗員とドライバー、バスガイド

合計で3人しかいませんよね
(バスガイド乗務なしの場合は2人)

お客様の方が圧倒的に多いわけです

ツアー参加者が一番恐れているのは

添乗員でもバス乗務員でもなく

ツアーに参加している他の参加者

なのではないでしょうか?

ただ、残念ながら旅行会社はお客様を選べません

どんなお客様が参加するかは当日までわからないのです

熱があったり体調が悪くても参加されるかもしれません

添乗員としてはお申込み済みのお客様に

「37度以上熱がある場合、または体調が優れない場合はご参加をお控えください」

みたいな通達を事前に発信して欲しいものですが・・・


その△肋ー蠅癖亳かもしれませんが

私の過去二十数年にわたる添乗経験からくるものです


ちょっと例えるなら

ある人が美味しい蟹が食べたいと思って魚屋さんに行ったとします

同じ大きさで

3千円・5千円・1万円

の蟹があったとします

3千円の蟹を買っておいて1万円の蟹のレベルを求める人はいないと思いますが

ツアーでは普通にいるんです

そしてそんな人に限って言うんです

「あの蟹、美味しくなかった!」


団体旅行は添乗員の指示のもと団体行動ができる

そして他の参加者・一般客に迷惑をかけない

ということが前提だと思いますが

実際はそれができない人も多いのです



話がちょっと反れてしまいましたが

もう一度言わせてもらうと

旅行に行くから危険

ということはなく、どこにいても感染のリスクはあると思います

近所のコンビニに行こうが旅行に行こうが

そこに感染のリスクが存在することに違いはありません

でもね、その旅行って

“この1、2週間が大幅に感染が拡大するかの瀬戸際”

と専門家から危険視されているこの時期に

どうしても行く必要がある旅行でしょうか?



いま、各個人でできることは

これ以上感染を広めない

そして、既に自分は感染しているかもしれない

という自覚のもとで行動しないといけない段階に来ているのだと思います


感染した本人に罪はないとはいえ

もし自分が感染していたら

自分だけでなく周囲の人たちに風評被害を含め迷惑をかけてしまいますから
(感染よりこっちの方が怖い気もします・・・)


だから生活の中で生じる様々な選択肢の中で

少しでも感染のリスクが低い方を選びたいですよね!


Screenshot_20200222_161510




※この記事に限らずブログで記載している内容はあくまで個人の意見です
所属する会社とは一切関係ございません



↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!



【新型コロナウイルス】自分の身は自分で守ろう

朝起きるたびにニュースでは

“新たに・新たに”

で気が滅入りますね・・・

日に日に状況が悪化する新型コロナウイルス関連のニュースを受け

旅行会社もキャンセル連絡の対応に追われているのはご想像通りです

国内・海外、そしてどの方面かに限らず

既にツアーに申し込まれているお客様は

ツアーは出発するのか?

出発しても行くべきなのか?


不安な気持ちで旅行当日を待っていることだと思います

それは添乗員も同じ気持ちです


今回の新型コロナウイルス流行に限らず

台風などの自然災害でも同様に

お客様は

ツアーは出発するのか?

出発しても行くべきなのか?

という不安な気持ちを抱くと思います

添乗員はツアーの出発前

お客様へご参加の確認の電話を入れる場合があります

その際によく言われるのが

「添乗員さん大丈夫なん?」

正直、返答に困ってしまいます
(そもそも何をもって大丈夫というのか・・・)

ツアーが出発するのかしないのか等

現状をお伝えする以外に術はありません

飛行機や列車の場合

その交通機関が欠航や運休が事前に決まっていれば

事前に判断を下すことができます

それが当日になれば、先日の屋久島・種子島ツアーのように

空港のゲートまで行って中止になる場合もあります

一般的な募集ツアーだと往路の交通機関が動けばGO

って判断が下る場合が多いです

「こんな天候悪いの分かってるのにツアー出るんか」

ともよく言われますが

現地に行ってツアー本来の楽しさを感じて頂けない可能性が高くても

人情的にツアーの催行判断をすることはまず少ないと思います

あくまで会社は

自然災害であれば気象庁

海外情勢であれば外務省

交通機関の運行状況

などの発表をもとに判断しています

添乗員はそうやって会社が下した判断に従うのみ

会社がGOと判断すれば

自分の意思とは関係なしに行きます

そのツアーに同行することが“仕事“ですから

でもお客様は違います

行く行かないは自分の意思で判断できます

なぜならお客様は“遊び”で参加しているからです

そのツアーを募集したのは旅行会社ですが

そのツアーに申し込んだのはお客様

旅行会社が勝手に申し込んだわけではないのです


自然災害や国際情勢

今回のようなウイルス感染

申し込んだツアーがGOと判断しても

GO=安全

を保障するという訳ではありません

新型コロナウイルスに関して言えば

“国内流行は不可避”と厚労省が発表しています

どこにいようが安全を保障する場所などない状況なのは

誰もが感じていることだと思います


帰りの電車の中で隣に座っていた人が感染者だったかもしれないし

さっき買い物をしたコンビニの店員さんが感染者だったかもしれない

ネットで注文した商品にウイルスが付着していたかもしれない

そして自分自身もすでに感染しているかもしれない


テレビや新聞の報道は甘い

日本政府は真実を隠蔽している

とネットで叩かれていますよね

確かにTwitterやYouTubeではテレビや新聞では報道しない

中国で起きている目を覆うような動画や画像が溢れています
(どこまで真実かは分かりませんが)

でも日本という国で法人として活動をしている旅行会社は

政府の発表やテレビ・新聞の報道に基づいて判断するしかありません

でもお客様は違います

お客様はTwitterやYouTubeを含め、色々な情報を収集し

個人の判断で行く行かないを決めることができます


京都では16日に京都マラソンが開催されます

感染拡大を懸念して中止すべきだという意見も多くあります

これも

ランナーは出走するか辞退するか?

観戦者は応援に行くか止めるべきか?

個人で判断ができますよね

無理やり走ったり応援に行く義務はないのです

主催者が京都マラソンの開催にGOの判断を下したから安全

という訳ではないのは誰もがわかっているはずです

京都マラソンに参加したせいでウイルスに感染した!

とあとから主催者に言いがかりをつけても

その人が感染したという事実は何も変わりません


京都の嵐山で“スイてます嵐山”

というキャンペーンで観光客を誘致していますが

“安全です嵐山”ではないのです


自分の身は自分で守る

行く行かないは自己責任



ツアーも同じことが言えると思います

今回の新型コロナウイルスに限らず

ツアーに参加するお客様は是非とも

自分の申し込んだツアーに参加するか否かは

お客様自身で納得のいく判断

を下して欲しいと思っています


あ、その際にキャンセル料と天秤にかけるのはダメですよ

なぜなら

人の命より高いキャンセル料

なんてこの世にないのですから


Screenshot_20200215_235329





※この記事に限らずブログで記載している内容はあくまで個人の意見です
所属する会社とは一切関係ございません


↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!



旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・