ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

===タビトレ!おすすめ動画===

YouTubeで発信している

旅のイメトレチャンネル

タビトレ!のおすすめ動画です


YouTubeのチャンネルページはコチラ
        ↓
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


名旅館で過ごす霧島・指宿ツアー・3日目♪

ツアー3日目は“長崎鼻”からスタート

今日も青空が映える快晴ですが

ちょっと尋常じゃないくらい暑い・・・

そんな日はにしき屋さんで社長の愛犬溺愛っぷりを見ながら涼みましょう
20240720_093638_copy_1024x76820240720_094355_copy_1024x768






知覧では特攻平和会館と武家屋敷に分かれて観光
20240720_110637_copy_1024x768






今回、バスガイドさんから言われるまで気が付かなかったけど

2022年8月に平和公園に噴水ができたんですね

これ、プライベートで知覧を訪れた長嶋一茂さんが

「何か水を使ったものを寄付したい」

って思い立ってクラウドファンディングでお金を集めて設立したそうです

寄付したいゆーてもクラファン使うんかい!!

って思ったけど

噴水の工事費は4669万円

噴水ってけっこう高いんですね・・・・
(水道代とか維持費は誰が払ってるんやろ?)
20240720_110812_copy_1024x768






添乗員さんのお昼は桜見亭で選べる昼食

ハンバーグ定食が美味でした♪
Gallery_1721447790152_copy_1024x768






午後は鹿児島市内へ

途中、桜島が大噴火

鹿児島の人からしたら日常なんでしょうけど

県外の我々がみたら異様な光景ですよね(笑)
20240720_140212_copy_1024x76820240720_140129_copy_1024x768






仙厳園に着く頃にはさっきの噴煙は横に大きく流れていました
20240720_142822_copy_1024x768






この噴煙の下は灰が雨のように降ってるんやろな・・・

自然の偉大さを痛感いたしました
20240720_142830_copy_1024x768






これにて3日間の観光は全て終了

鹿児島市内は7月20日・21日と疫病退散の夏祭り

鹿児島の祇園祭こと“おぎおんさぁ”が開催されるそうで

駅前に立派な神輿が置かれていました
20240720_154017_copy_1024x76820240720_153955_copy_1024x768






かなり余裕を持って到着したのでアミュ地下のマクドで報告書でも書こうと思ったのに

例の世界規模のシステム障害の影響で休業してた・・・

マクドナルドも夏休み初日でこれは痛いですね

うちの会社は大丈夫だったのか???
20240720_154307_copy_1024x768






夕食はアミュ地下の“鶏むら”って焼き鳥屋さんの

“焼き鳥弁当”を購入
Gallery_1721471113996_copy_1024x768






これ、値段の割にめちゃ美味しかったです!!

今回のツアーは行きも帰りもお弁当はアタリやったね

どっちも焼き鳥弁当やけど・・・

名旅館で過ごす霧島・指宿ツアー・2日目♪

ツアー2日目の最初の観光は“鹿屋航空基地資料館”

映画「永遠の0」で一躍有名になった資料館です
20240719_113904_copy_1024x76820240719_112939_copy_1024x768






20240719_112154_copy_1024x76820240719_113717_copy_1024x768






館内は基本的に撮影OKですが

2階の遺書や遺品コーナーは撮影NGなのでご注意ください
20240719_112255_copy_1024x76820240719_112436_copy_1024x768






お次は“霧島ヶ丘公園”

季節の花々鑑賞(滞在50分)って事でしたが

枯れたヒマワリがあるだけで

10分もしない内にお客様はバスに戻ってきました・・・
20240719_121131_copy_1024x76820240719_121141_copy_1024x768






お次は“道の駅たるみず”

日本最大級の足湯に浸かりながら桜島が眺められる絶景スポット

ここ、はじめて来たけどめちゃいいやん!!
20240719_131525_copy_1024x76820240719_131558_copy_1024x768






お昼はこちらで自由昼食

道の駅にはレストランが1ヶ所のみ

メニューも少ないのでほとんどのお客様は向かいの蕎麦屋に行ってた・・・
20240719_131944_copy_1024x76820240719_131914_copy_1600x1200






添乗員さんは道の駅の売店で買った

玄米ごはん弁当(680円)とピーナッツ豆腐(160円)

こんなところで大好物のジーマーミ豆腐ことピーナッツ豆腐が買えるとは!

しかもこの量で160円とか激安やん♪
Gallery_1721370276508_copy_1024x768






ここでバスを交代

なんか今朝からバスの異音が気になったので

バス会社に連絡したんですね

そしたらすぐに代わりのバスを手配して持ってきてくれました

こういう時に大きなバス会社さんは対応が早いですね

でも中型が出払っているということで

やって来たのは大型バスでした・・・
20240719_135524_copy_1024x768






午後は桜島フェリーに乗って桜島港から鹿児島港へ渡ります
20240719_150535_copy_1024x768






めっちゃ天気良さそうに見えますが

さっき道の駅でゲリラ豪雨みたいな雨が降ったんですよ

ほんと最近の天気は変わりやすくて油断禁物です
20240719_151243_copy_1024x76820240719_151220_copy_1024x768






今夜のお宿は指宿温泉の名旅館

“指宿白水館”

ここも泊まったことがあるようなないような・・・
20240719_190726_copy_1024x76820240719_190601_copy_1024x768






20240719_185832_copy_1024x76820240719_185658_copy_1024x768






20240719_192938_copy_1024x76820240719_190309_copy_1024x768






そして今夜も館内が広くてめちゃややこしい

お部屋は離宮・磯客殿・花の棟・薩摩客殿に分かれています

館内には移動の仕方をイメトレできる動画のQRコードが貼られていました

YouTubeを活用しようとするアイデアは好感が持てますが

わざわざホテル内でYouTube見ながら歩く人はおらんやろ!!(笑)
20240719_203128_copy_1600x120020240719_203115_copy_1024x768






ちなみにお客様は薩摩本陣

添乗員さんのお部屋は花の棟でした
20240719_172357_copy_1024x768






今夜も広々したツインのお部屋でありがたい

料理もお客様と同じ内容を頂きました
20240719_181836_copy_1024x76820240719_195226_copy_1024x768






さて、指宿温泉と言えば

砂蒸し風呂!!

ホテルの方から入浴券を頂いていたので楽しみに向かったんですが

既に営業時間が終わってた・・・
20240720_222616_copy_1024x768






白水館さんの砂蒸しは22時まで

受付は21時半終了なのでご注意下さい・・・

名旅館で過ごす霧島・指宿ツアー・1日目♪

JR利用で南九州3日間ツアーへ

お客様は5組12名様

まさかの2連続少人数ツアー

もちろんバスは今回も中型利用です

行きは鹿児島中央駅まで九州新幹線

昼食は新大阪駅の新幹線コンコース内で買った

博多名物・焼き鳥弁当

追いタレ&七味付きで税込み950円

これはコスパいいんじゃない?

味も美味しかったです♪
Gallery_1721274792589_copy_1024x768Gallery_1721274822430_copy_1024x768






鹿児島中央駅に着いたあとは

本日唯一の観光地、“霧島神宮”へ
20240718_153304_copy_1024x768






鉾餅ってネーミング見るとソワソワしてしまう

なんせ前日は祇園祭(前祭)の山鉾巡行だったもんで・・・(笑)
20240718_153621_copy_1024x768






急いで編集して翌日からこのツアーだったので全然ニュースとか見てなかったんですけど

鶏鉾の車輪が破損して引き返すハプニングがあったみたいですね

そんなことも知らずに撮った月鉾と鶏鉾の写真がコチラ
20240717_102613_copy_1024x76820240717_103041_copy_1024x768






このとき既に鶏鉾は止まっていたようです・・・
(よく見たら確かになんかトラブってる)

巡行前の蟷螂山も見に行ったけど

まさかこのあとカマキリの腕が折れたとは・・・
20240717_082409_copy_1024x76820240717_082416_copy_1024x768







さて、話がそれましたが

今夜のお宿は霧島の硫黄谷温泉

霧島ホテル

以前に1度くらい来た事があるようなないような・・・
20240718_171350_copy_1024x76820240718_171226_copy_1024x768






20240718_165717_copy_1024x76820240718_173017_copy_1024x768






本館にあたる東館の他に

高千穂館と西館があって館内がややこしい・・・
20240718_181449_copy_1200x1600








添乗員さんはEVのない西館利用でした
20240718_164629_copy_1024x76820240718_163810_copy_1024x768






ちょっと不便だけど

前回泊まった御岳のホテルよりずいぶん快適です♪
20240714_172512_copy_1024x768






夕食もボリュームたっぷりで美味しかったです
Gallery_1721343499214_copy_1024x768






霧島ホテルはでっかい混浴の庭園大浴場が名物なんですが

20:00〜21:30まではレディースタイム

男性は内風呂しか使えません
lockgallery_copy_1024x576




こんなゴールデンタイムに90分も女性限定とかどうなんですかね?

男女とも同じ料金払ってんのに!!

それなら最初から男女別の露天風呂にしたほうが公平だと思うんですが・・・

御岳ロープウェイと赤沢森林鉄道ツアー・2日目♪

ツアー2日目を迎えました
Gallery_1721112367407_copy_1024x768






本来は2日目は駒ヶ岳ロープウェイですが

ロープウェイ運休につき代替として

赤沢森林鉄道へ

めっちゃ久しぶりにきました
20240715_094626_copy_1024x768






森林鉄道に乗車するまで時間があったので

改札前にある森林鉄道記念館を見学(無料)
20240715_093921_copy_1024x76820240715_093736_copy_1024x768






鉄道好きには興味深い記念館だと思います
20240715_093731_copy_1024x76820240715_093858_copy_1024x768






森林鉄道は片道10分

終点の丸山渡(まるやまど)で5分停車して

また10分かけて戻ってきます
20240715_100220_copy_1024x76820240715_100633_copy_1024x768






丸山渡では列車の方向が変わります

先頭の牽引車と記念撮影をして引き返します
(歩いて帰る場合は所要約30分)
20240715_101213_copy_1024x768






お昼は駒ヶ根にある“ビアンデさくら”
20240715_124620_copy_1024x768Gallery_1721112206138_copy_1024x768






添乗員さんは乗務員メニューのしゃぶしゃぶ

ボリュームがあっていいんですが

昨晩からしゃぶしゃぶ続きやな・・・
Gallery_1721112193646_copy_1024x768






午後は“恵那峡遊覧船”へ

はじめて乗る遊覧船です

駐車場から5分ほど歩くのでこちらの動画を参考にして下さい


20240715_153026_copy_1600x120020240715_143738_copy_1024x768






実は午前中は悪天候で欠航になっていたんですよね

午後からは運行再開でやれやれと思っていたんですが・・・

出航前に霧が立ち込めてきました・・・
20240715_144353_copy_1024x76820240715_144345_copy_1024x768






これ以上霧が濃いと欠航します

って脅されていたんですが

なんとか霧も収まり出航!
20240715_145457_copy_1024x76820240715_145726_copy_1024x768






でも出航後に再び霧が濃くなってきて

途中で引き返したのでした・・・
20240715_151015_copy_1024x768






まぁ安全第一ですからね

さて、このあと名古屋駅まで無事にたどり着けるのか?

もちろん高速は渋滞していましたが

ドライバーさんが上手に渋滞を回避してくれたおかげで

予定より30分遅れくらいで名古屋駅に到着できました

添乗員さんはこのあとがめちゃ忙しかった

来月に予定しているツアーの下見で

JRセントラルタワーズの12階に上がり
20240715_175238_copy_1024x76820240715_174852_copy_1600x1200






そのあと地下鉄に乗って栄駅へ

来月のツアー

セントラルタワーズのレストランでランチを食べたあと

バスを使わずに地下鉄移動で名古屋港へ移動する行程なのです・・・
20240715_181142_copy_1024x76820240715_181330_copy_1024x768






さすがに名古屋港までは行く時間がなかったけど

なんとかややこしいことだけは理解できました(泣)

さて、GWの三河湾ツアー同様

帰りは特急ひのとりで帰ります
20240715_185117_copy_1024x768






私がバタバタと上に上がったり地下に下がったりしている間

ぴよりん購入のために並んでいた添乗員さんがおりまして

我々の分まで買ってきてくれました
Gallery_1721038255764_copy_1024x768






今更ながら初めてのぴよりん

これ、持ち帰りにくいことでも有名ですが

愛着が沸くと食べにくいスイーツでもありますね

そ、そんな目で見つめられると食べれへんやん・・・
20240715_191435_copy_1024x768







御岳ロープウェイと赤沢森林鉄道ツアー・1日目♪

海の日絡みの3連休は珍しく長野県へ

お客様は5組9名様

本来は30名様近く集まっていたんですが

2日目に行く予定の駒ヶ岳ロープウェイが土砂崩れにより運休になりまして

それでお客様が一気に減ってしまったのです・・・

まさか9名まで減るとは・・・

往路は名古屋まで近鉄電車の団体専用貸切列車「楽」
20240714_073405_copy_1024x76820240714_073416_copy_1024x768






前回の楽は4団体が乗っていましたが

今回は3団体のうえ、我々は9名でしょ

車内はガラガラでした
(勿体ない・・・)
20240714_085656_copy_1024x76820240714_081339_copy_1024x768






今回のツアーは時間に余裕がないので

お昼はコンビニで購入

おにぎり1個で315円か・・・
20240714_102739_copy_1024x768






名古屋に着いたら急いでバスに乗り込んで

本日唯一の観光地

御岳ロープウェイを目指します

恵那峡SA→道の駅・木曽福島でトイレ休憩

(木曽路ってめちゃ道の駅多いな)
20240714_141548_copy_1024x76820240714_141308_copy_1024x768






行程表通りに進めると

恵那峡SAから2時間休憩なしで直行しても

山麓駅に15:50着予定だったんですよね

御岳ロープウェイの下りの最終が16:30

16:00に上がったとして

ロープウェイの所要時間は15分

てことは上で15分しか滞在時間がないやないか!!

しかも中央道は工事してる上に連休ですよ

ほぼ間に合わない覚悟で臨んだんですが

予定より50分早く着いた(笑)


9名という少人数のおかげで名古屋駅をスムーズに出発できたのと

高速道路がまさかの渋滞ナシだったんですよね
20240714_162059_copy_1024x768Gallery_1720954547244_copy_1024x768






御岳ロープウェイ自体も天気の影響でガラガラでした
20240714_160354_copy_1024x76820240714_150658_copy_1024x768






この天気じゃ山に登る人もおらんか・・・
20240714_151132_copy_1024x76820240714_151412_copy_1024x768






山頂駅に着いたら、ミラーデッキから景色をみたり
(何も見えんけど)
20240714_154130_copy_1024x76820240714_154121_copy_1024x768






御岳社周辺を散策って感じですかね
20240714_153144_copy_1600x1200






一応、コマクサは咲いていました
20240714_153002_copy_1024x76820240714_153222_copy_1024x768






山頂駅周辺はこんな感じ↓


このあと今夜のお宿へ

今回お世話になるのは御岳高原にある

御岳ゴルフ&リゾートホテル

初めて泊まるホテルです
20240714_172744_copy_1024x768






ロビー周辺はめちゃ立派なんですが・・・
20240714_174908_copy_1024x76820240714_175034_copy_1024x768






なんか館内設備が昭和・・・
20240714_173446_copy_1024x76820240714_193959_copy_1024x768






部屋もツッコミどころ満載
20240714_172512_copy_1024x76820240714_172524_copy_1024x768






久々にアウトバス・トイレの部屋に泊まりました
(お客様の部屋は付いています)

いまどきこのテレビはあかんやろ!!
20240714_175905_copy_1024x76820240714_175835_copy_1024x768






試しにスイッチ入れてみたら一応映ったけど

なんか映像が歪んでた(笑)

まぁテレビは見ないからいいんですけどね
20240714_174527_copy_1024x768






夕食はしゃぶしゃぶご膳

なかなかボリュームがあって美味しかったです
20240714_182955_copy_1024x768






一応、お蕎麦や天ぷらは食べ放題♪
20240714_184935_copy_1024x76820240714_185028_copy_1024x768






ちなみに今回泊まったお部屋

乗務員部屋かと思いきや

ちゃんと正規で販売してるお部屋でした

うちの会社では利用しないようですが

他社さんはこのタイプの部屋もツアーで使っているそうです

うちの担当者は心ある担当者で良かったわ・・・
20240714_172524_copy_1024x768







【知ってた?】映えスポットだけじゃない亀山八幡宮♪

先日のはぎつわツアー2日目

自由昼食で時間があったので

“亀山八幡宮”へ行ってみました

カモンワーフの目の前にある

大きな鳥居と階段が印象的な神社です
20240704_112025_copy_1024x768_1






以前に参拝に来た事はあるんですが

あのときは夜だったのであまり境内をじっくり見れなかったのです

ウエストエクスプレス銀河と下関フリータイムツアー・1日目【後半】


以前も風鈴飾りが綺麗でしたが

今回は七夕飾りまでされていてる!

最近はほんと映えを狙った神社仏閣が増えましたね
20240704_111058_copy_1024x76820240704_111114_copy_1024x768






御朱印もここぞとばかりにバリエーションを増やしているようで

下関のふくにあやかって

29日と2月9日限定の御朱印まであるようです(笑)
20240704_111154_copy_1024x76820240704_111200_copy_1024x768






なんか流行りに乗ったチャラい神社の印象を受けますが

八幡神を宇佐八幡宮から石清水八幡宮へ勧請するさい

ここで休憩したい!

って八幡神のお告げがあったのが創建由来で

名前の由来は地元のお亀さんという徳の高い方が

自ら人柱となってこの地の開拓に尽力した

って経緯があるそうです

この神社の境内はかつて島だったようですね
(だから階段が急なのか)
20240704_111732_copy_768x102420240704_111710_copy_768x1024








20240704_111739_copy_1600x1200






馬関戦争(下関戦争)の際には境内に砲台も置かれたそうです

そして何より驚いたのは

あの伊東博文と奥さんの梅子さんが出会った場所が

この亀山八幡宮だそうですよ!

なりそめは由緒書きを参照↓
20240704_111606_copy_1024x768_120240704_111533_copy_2000x1500






下関観光ではいつも前を通過する亀山八幡宮

世界一大きなふぐの銅像しかないと思っていましたが

こんな歴史ネタの詰まった神社だったんですね

皆さんもぜひ、下関へお越しの際はお詣り下さい

境内から見る関門海峡も絶景ですよ♪
20240704_111036_copy_1024x768







萩・津和野ツアー3日目♪

ツアー最終日です

ホテルには4団体が宿泊していたんですが

珍しく4台すべて日本の募集ツアーでした
20240705_071057_copy_1024x768






千春楽さんは今でもコロナ禍の感染症対策をひきずっておられ

食事の際は2名でも横並び・・・

まぁホテルにより色々とお考えはあるとは思いますが

やるなら4名だろうが10名だろうが

一貫して横並びにしたらいいのにね

ちょっとこの光景は異常やろ・・・・
(学校の給食じゃあるまいし)
20240705_073002_copy_1024x76820240705_073212_copy_1024x768






いまだにこんなダブスタ感染症対策の席割りをするのは

私の知ってる限りでは

ここと不老ふ死温泉くらいやな・・・



3日目は村田蒲鉾に立ち寄ったあと“明倫学舎”へ

松下村塾はレプリカで勘弁してください
20240705_092257_copy_1024x76820240705_092209_copy_1024x768






このあと萩城下町の散策
20240705_110427_copy_1024x768






暑すぎてお客様はバテバテ

ガイドさんを追い抜いて先に戻ってきたお客様もいました(笑)

早く帰ってきたお客様は売店でお買い物

昔ながらの缶入りマーマレードがお勧め
20240705_110316_copy_1024x76820240705_110340_copy_1024x768






今回のツアーは4月に来たときと全く同じ内容なんですが

暑いシーズンは城下町をやめて松下村塾でもいいんじゃないかな?

このコースはオールシーズン売れるコースだとは思いますが

少しくらい季節に合わせたアレンジをしてもいいんじゃない?

まぁエアコンの効いた社内で商品を作っていたら

汗ダラダラ流しながら歩くお客様とか想像できんか・・・・・

萩のあとは津和野でも外を歩くしね・・・
20240705_122725_copy_1024x76820240705_123118_copy_1024x768






お客様は名物・うずめ飯の昼食
20240705_125202_copy_1024x768






添乗員さんは津和野そばと稲荷寿司
Gallery_1720155382331_copy_1024x768






このあと吉和SAと八幡PAで休憩を挟み福山駅へ帰ってきました

前回はお花見もできて人気だった駅裏のフリースペース

さすがに暑くて今回はガラガラでした
20240705_172559_copy_1024x768






ほんとお客様がいつ倒れてもおかしくない陽気が続いています

コース内容は外気温とかお構いなしで作られているので

お弁当の扱い同様

お客様の熱中症予防にも細心の注意を払いたいですね

萩・津和野ツアー2日目♪

ツアー2日目は安徳天皇を祀る“赤間神宮”へ

赤間神宮には境内社に

“大連神社”って神社があるのをご存知ですか?

ずっと「おおむらじ神社」かと思ってたんですが

これ「だいれん神社」だったんですね(笑)
20240704_082529_copy_1024x768






日清戦争後、日本の租借地だった中国の大連

この時代に大連にあった神社を日本に移して来たそうです

屋根にはちゃんと千木も鰹木も乗った立派なお社
20240704_082232_copy_1024x76820240704_082350_copy_1024x768






扁額の揮毫は元首相の近衛文麿
20240704_082248_copy_1024x76820240704_082302_copy_1024x768






神紋は16弁菊花紋と花菱を重ねたようなレアな神紋でした
20240704_082411_copy_1024x76820240704_082408_copy_1024x768
 





このあと関門汽船に乗って門司へ
20240704_084135_copy_1024x768






門司といえばロバートの秋山さんの出身地

お父さんが焼きカレーのお店をやっていることでも知られていますが

以前の海賊船みたいな海上に浮かぶお店から

地上に移転したんですね
20240704_100527_copy_1024x76820240704_100535_copy_1024x768






めちゃ派手なお店です(笑)
20240704_100542_copy_1024x76820240704_100559_copy_1024x768







このコースは唐戸桟橋に戻ってから自由昼食

前回は週末の馬関街でコスパ最強のまぐろ丼を食べましたが

今回は水曜日

馬関街はおろか、唐戸市場に入っているお店は

4店舗中2店舗が閉まってました・・・
(ほんとは“よし”って定食屋に行きたかった)
20240704_112837_copy_1024x76820240704_112927_copy_2000x1500






てことでカモンワーフの中華料理店“敦煌”へ

今回で2度目の利用
20240704_113654_copy_768x102420240704_113703_copy_768x1024








広々した店内でゆったりできる上に

エアコンはガンガンに効いています

店員さんの接客もレベルも高いし

味もそこそこ美味しいです♪

今回は海鮮あんかけ皿うどん(1089円)
Gallery_1720065228820_copy_1024x768






さて、午後は日本海側をドライブしながら角島へ
20240704_140151_copy_1024x76820240704_140346_copy_1024x768






そして元乃隅神社
20240704_152924_copy_1024x768






元乃隅神社の鳥居って

横からみたら全然映えないですね(笑)

アングルってやっぱり大事だわ
20240704_153026_copy_1024x768






2泊目は前回同様

萩温泉郷の“萩焼の宿・千春楽”
20240704_171835_copy_1024x768








夕食まで時間があったので

自転車を借りてサイクリングへ
20240704_183247_copy_1024x768






あ、昔よくお世話になっていた萩グランドホテル天空!

閉業したって聞いてたけどやってるやん

と思ったら
20240704_174044_copy_1024x768






温泉付き老人ホームとして営業してた・・・
20240704_174015_copy_1024x768






さて、やってきたのは松陰神社

このコースは松陰神社が入ってないんですよね
20240704_175151_copy_1024x768






しばらくこない内にSNSとか始めたようです
20240704_175217_copy_1024x768






コロナ禍前から来てないから4年以上ぶりかな?

あの昔ながらのレトロな歴史館が新しくなっていました
20240704_175244_copy_1024x76820240704_181145_copy_1600x1200






そして境内に“学びの道”なる散策道ができてた
20240704_175420_copy_1024x76820240704_175425_copy_1024x768






松陰先生のありがたいお言葉が書かれた句碑が

25基並べられた道だそうです
20240704_175447_copy_1024x76820240704_175505_copy_1024x768






神社と松下村塾はそんなに変わってないかな?
20240704_175711_copy_1024x76820240704_175810_copy_1024x768






門下生のパネル

玉木退蔵さんの肖像画が変わったような・・・
20240704_175844_copy_2000x1500






そんな新しくなった松陰神社の境内はこんな感じ↓



20240704_183501_copy_1024x768






夕食後は部屋でブログでも書こうかと思ってたのに

ここのホテルのWi−Fiはロビー周辺のみやったんや・・・

しかも23時までの時間制限付きて・・・・・・・・・・
Gallery_1720127994046_copy_1024x768







萩・津和野ツアー1日目♪

関西からの定番JRツアー

はぎつわ3日間コースへ

今年の4月とまったく同じコースです

萩・津和野ツアー1日目♪


お客様は11組37名様

珍しく男性5名グループがいると思いきや

男性8名グループまでいた(笑)

やっぱり幕末ゆかりの地は男性に人気なのか?


行きは前回同様、新幹線の中で自由昼食

新大阪駅では“おかめ弁当一択”って思ってるんですが

おかめ弁当って改札の外にしか売ってないんですよね
(たぶん)

これからの季節、あんまり早く購入すると傷みそうなので

今回は新幹線の改札内で購入しました

“貝づくし弁当”
Gallery_1719973961172_copy_1024x768






これ、おかめ弁当同様にコスパいいんですよね

宮島SAで休憩を挟んだあとは岩国の錦帯橋へ

前日まで2日間ほど大雨が降り続いた影響で

河原の駐車場は使用禁止

1本手前の“錦城橋”を渡った先のバス停で乗降でした
20240703_152700_copy_1024x76820240703_152637_copy_1024x768






こんなパターンもあるんやね

毎年何日かはこんなケースがあるそうですよ


20240703_145406_copy_1024x768






20240703_150313_copy_1024x76820240703_150430_copy_1024x768






今まで数えきれないほど錦帯橋には来てるけど

駐車場が使えなかったのは今回がはじめてでした


しかし前日までの雨はどこへやら

めっちゃ暑いんですけど!!

お客様はみんなソフトクリームを食べてましたね

この日は佐々木屋小次郎商店がお休みだったので

むさしの一人勝ち
20240703_151652_copy_1024x76820240703_151655_copy_1024x768






こんなん食べたら余計にのど乾くわ!

って思いながらも

気が付いたら手に何か持ってた・・・
20240703_150757_copy_1024x768






このあと美東SAで休憩を挟み長府で晩ごはん
20240703_180217_copy_1024x768






そして泊りはいつもの“スマイルホテル下関”
20240703_200054_copy_1024x76820240703_194302_copy_1024x768








いつも禁煙室を頼むんですが

この日は満室でムリだった・・・

ただでさえ狭いシングルルームに

窓が開かないとか

絶望の中の絶望や・・・・
20240703_194310_copy_1024x76820240703_194234_copy_1024x768






自腹で他のホテルに泊まろうかと検索しかけましたが

今月は京都のスマイルホテルに個人的に予約を入れているんですよね

節約節約・・・

1泊くらい死ぬ気で我慢しよ・・・

日本一の獅子頭が築地を見守る、波除稲荷神社♪

先日行った築地で時間があったので

前から気になっていた神社へ行ってみました

波除(なみよけ)稲荷神社

築地のメインストリート

波除通りの突き当りにポツンと建つ神社です
20240625_112243_copy_1024x76820240625_112225_copy_1024x768






ご由緒はこんな感じ↓
20240625_112133_copy_2000x150020240625_112125_copy_2000x1500






ご神木の枝垂れ銀杏が見事ですね

築地にこんな立派な銀杏があったとは!!
20240625_111331_copy_768x1024








社殿も鰹木・千木がしっかり乗っていて立派です
20240625_111729_copy_1024x768Gallery_1719622945597_copy_1024x768






神紋が5円硬貨みたい(笑)
20240625_111531_copy_1024x768






本殿前の水天秤は尾張徳川家が奉納したそうです
(中央区民文化財)

カラーリングがおしゃれ
20240625_111713_copy_1024x76820240625_111521_copy_1024x768






手水舎の裏にはしれっと大御所の神様が祀られていました

忌部氏の祖神

アメノヒワシとかなかなか渋い人選

いや神選ですね
20240625_111627_copy_1024x76820240625_111642_copy_1024x768






コンパクトな境内には築地らしい石碑がびっしり置かれていました
20240625_111308_copy_1024x768






活魚塚・すし塚・海老塚
20240625_111218_copy_1024x76820240625_111154_copy_1024x768






昆布塚・玉子塚
20240625_111238_copy_1024x76820240625_111230_copy_1024x768






築地で創業した吉野家が奉納した石碑もありました
20240625_111347_copy_1024x768






そして波除神社といえば日本一の獅子頭が有名

6月に行われる「つきじ獅子祭」では大きな獅子頭が巡行するそうです
20240625_111420_copy_1024x76820240625_111429_copy_1024x768






1つ1つ手彫りで造られた獅子のお守りも人気みたい
20240625_111922_copy_1024x768






皆さんもぜひ

築地に行かれた際はお参りに行ってみてください!


あれ?この神社は波除“稲荷”神社でしたよね

獅子頭や色んな塚はあったけど

稲荷のシンボル

お稲荷さんがいないんじゃない?

と思ったら・・・
20240625_112200_copy_1024x768






境内に隅にちょこっと置かれていました

日光・横浜・東京ツアー3日目♪

ツアー最終日はホテルを8時出発ですが

朝食は7時オープン

しかも会場は70階!!

そしてこちらのホテルの朝食はいつも激混みすることで有名らしく

7時に向かうのでは遅いそうです

じゃー早めに並べば?ってことになりますが

6時40分にならないと70階のボタンが押せないようになっておりまして

とりあえずお客様には1階の荷物置き場に荷物を置いてもらったあと

6時40分と同時にEVに乗って70階へ

あまりに多いと別会場もオープンするそうですが

この日はメイン会場の“シリウス”のみだったので

オープンしてからもずっと行列ができていました
20240626_073213_copy_1024x76820240626_065558_copy_1024x768






もう何が食べたいとかじゃなく

取れるものを取って食べる!って感じ

もはやバーゲンセールの会場みたいな朝食でした(笑)

添乗員さんの戦利品は

まぐろ漬け丼とまぐろ漬け丼とフルーツ少々
(まぐろ漬け丼のコーナーがたまたま空いていたのです)
20240626_070455_copy_1024x76820240626_071340_copy_1024x768






4400円の朝食がこれか・・・

なんとかお客様は朝食を食べることができましたが

乗務員さんが食べる時間がなくて気の毒でした・・・


横浜を出発し、最初に向かったのは“浅草”

外は暑いので浅草文化観光センターへ避難したんですが

長居させないためか

館内はエアコンがほとんど効いていなかった・・・(泣)
20240626_093043_copy_1024x76820240626_093055_copy_1024x768






いつものように謎の東武鉄道1駅利用で東京スカイツリーへ

眺望はいまいちって感じだったので

展望回廊まで上がるお客様はいませんでしたが


展望回廊では“ポケモンと青空スカイツリー”

ってイベントが開催中でした
20240626_103901_copy_1024x76820240626_104054_copy_1024x768






あ、ソラカラちゃんがやってきました
20240626_104445_copy_1024x768






中の人がおっさんかもしれないのに

見た目のソラカラちゃんとして喜んでしまうのは何なんでしょうね

人は見た目に惑わされやすい生き物なのか・・・


5階のスカイツリーショップがリニューアルしてから初めて行きましたが

あんまり変わっていない印象
20240626_105438_copy_1024x768






スカイツリーはここが一番迷子になりやすいポイントなので注意です


ちなみに1階のスカイツリーショップは

ポケモンのイベント用の売店になっていました・・・
20240626_113902_copy_1024x768






スカイツリーの見学のあとは自由昼食

添乗員さんは吉野家・押上店でうな重(1210円)
20240626_112833_copy_1024x76820240626_111651_copy_1024x768






暑い夏はやっぱり鰻やね

さて、これにて3日間のツアーも終了

東京駅でこんなポスターを発見

期間限定で東京駅でもビーバーが買えるそうです
20240626_161308_copy_1024x768






福井や敦賀だけじゃなく

東京駅でもビーバー!!(笑)

最近の異様なビーバー推しはなんなんだ・・・


帰りの新幹線からは綺麗な夕日が見れました
20240626_191910_copy_1024x768






梅雨時期に3日間傘いらずに観光できたことに感謝です

日光・横浜・東京ツアー2日目♪

ツアー2日目は再び東京へ戻ります

蓮田SAで休憩を挟んだあとは

築地で早めの自由昼食

自由昼食ゆーても築地は平日でもこんな状況
20240625_110706_copy_1024x76820240625_110732_copy_1024x768






今までまともにお昼をたべた記憶がない・・・

で、今回の添乗員さんの昼食は?

まず、蓮田SAのアンデルセンで

ミルクフランスを仕込んでおきます

次に築地の玉子焼きの有名店

・丸武(まるたけ)
・松露(しょうろ)
・大定(だいさだ)
・山長(やまちょう)


あたりからお好きなお店で

食べ歩きサイズの厚焼き玉子を2本購入

今回は並ばずに買えた

松露(写真上)と丸武(写真下)
Gallery_1719303979550_copy_1024x768






この厚焼き玉子をミルクフランスに挟めば

はい、厚焼き玉子サンドのできあがり♪
Gallery_1719303996880_copy_1024x768






名付けて“築地ドッグ”

これ、めっちゃ美味しかった!!

我ながらナイスアイデアだと思ったわ

ちなみに松露さんは冷たいですが、丸武さんは熱々です

ミルクフランスのクリームが溶け出してくるのでご注意下さい

私は思いっきりズボンに落としてしまい

おもらしみたいなシミが付いてしまいました・・・(泣)

次にやるなら何も入ってないコッペパンを用意だな



午後は国会議事堂の内部見学

今は学生団体がめちゃ多いシーズンのようで

今回は本会議場の着席説明をカットした

ショートカットバージョンでの見学

こんなバージョンがあるのはじめて知りました・・・
20240625_130509_copy_1024x76820240625_131146_copy_1024x768






見学が早めに終わったので休憩所でお買い物タイムがとれました

ここの売店、けっこうお客様喜ぶんですよね
20240625_133946_copy_1024x76820240625_134016_copy_1024x768






お次は東京タワー
20240625_150229_copy_768x1024








3階のギャラリーでは読めば読むほど怖い絵本で有名な

イシズマサシさんの「あっちがわ展2」が開催中でした
20240625_142407_copy_1024x76820240625_142238_copy_1024x768






このあと横浜中華街
20240625_160914_copy_1024x76820240625_162410_copy_1024x768






お客様はガイドさんに言われるがまま

本ならなんでも揃う宮脇書店ならぬ

土産ならなんでも揃う“横浜博覧会”
20240625_162547_copy_1024x76820240625_162612_copy_1024x768






このコースは中華街で早めの夕食

今回お世話になるのは“中華街大飯店”

玄武門付近でバスを止めてお店へ

導線はこんな感じ↓


20240625_162000_copy_1024x76820240625_165444_copy_1024x768






中華料理なので円卓の相席ですが

グループ毎に別皿でサーブしてくれるのが嬉しいですね
20240625_170824_copy_1024x768






添乗員さんのメニューはこちらからチョイス
20240625_171143_copy_600x800








海鮮チャーハンを頼んだんですが
20240625_171532_copy_1024x768






まったく海鮮感のない炒飯やった・・・(泣)
(量はやたら多かったけどね)
20240625_171536_copy_1024x768






今夜のお宿は横浜ランドマークタワーに入っている

“横浜ロイヤルパークホテル”

はじめて泊まるホテルです
20240625_191416_copy_1024x76820240625_191850_copy_1024x768






お部屋は52階以上を確約!

ってホテルフロアは52階からなんですけどね(笑)

てことで添乗員さんのお部屋も52階
20240625_183626_copy_1024x76820240625_183637_copy_1024x768






でも最下層フロアとはいえ夜景はめちゃ綺麗でした
20240625_200204_copy_1024x76820240625_200128_copy_1024x768






一人で泊まるにはもったいない・・・
20240625_200144_copy_1024x768






 


日光・横浜・東京ツアー1日目♪

JR利用で関東へ

お客様は12組26名様

ちょうどいい人数やね♪


前日までは警報級の雨が降っていた関西地方ですが

行きの新幹線からは富士山もなんとか眺めることができました

まさかこのとき火口で4人が倒れていたとは・・・

やっぱり富士山は遠くから見るのが一番です
(合掌)
Gallery_1719395203692_copy_1024x762






東京駅では北陸新幹線でお越しのお客様と合流

お客様とは八重洲南口で集合にしたんですが

北陸新幹線や東北新幹線って

改札の外で合流する場合

のりかえ改札→在来線の改札

って2度改札を出る必要があるのでちょっと厄介です

八重洲南口ので合流の場合は

・添乗員は新大阪側(号車付近)のエスカレーターで降りる

・北陸新幹線のお客様は南のりかえ改札を利用してもらう


とスムーズです


無事、北陸新幹線のお客様と合流し

最初に向かったのは日光

磐梯ドライブインでの昼食のあとは

輪王寺&東照宮へ

前回の日光はゴールデンウイークでこんな感じでしたが・・・


今回はこんな感じでガラガラでした(笑)
20240624_150203_copy_1024x76820240624_145720_copy_1024x768






20240624_154435_copy_1024x76820240624_154241_copy_1024x768






20240624_153840_copy_1024x76820240624_154207_copy_1024x768






日光の観光のあとはいつものろいばた漬けのお店に寄り

今夜のお宿、鬼怒川温泉の

“きぬ川 三日月”
20240624_173540_copy_1024x76820240624_173458_copy_1024x768






鬼怒川には頻繁に来ていますが

三日月に泊まるのは久しぶりです
20240624_181732_copy_1024x76820240624_181755_copy_1024x768






部屋も広いし、今回はお客様もバイキングだし

穏やかに過ごせそう
20240624_173036_copy_1024x76820240624_173022_copy_1024x768






三日月のバイキングにはドリンク飲み放題が標準装備されているんですが

なんとアルコールも飲み放題なんですよね
(別途で有料メニューあり)

社長がお酒好きなのでこんなシステムなんだとか(笑)

添乗員さんは仕事中で飲めないのですが

大きな海老のお寿司だけで大満足や〜♪





丹波フルーツフラワーフェスティバルツアー♪

日帰りバスツアーで丹波へ

お客様は18組35名様

久々に天王寺に来ました

前日は新幹線が止まるほど雨がひどかったのですが

今日は朝から日差しが眩しいっ!
20240619_063611_copy_1024x768






まず最初に向かったのは

“丹州観音寺(たんしゅうかんのんじ)”

京都府福知山市にある真言宗のお寺で

関西花の寺めぐりの第1番札所だそうです

あじさいの寺として知られているそうですが

はじめて来たわ

てかはじめて知ったわ!!

駐車場からかなりのボリューム

めちゃ綺麗やん!!
20240619_105558_copy_1024x76820240619_105617_copy_1024x768






境内には伊藤若冲の作品でも知られる

小国鶏(しょうこくけい)って鶏が放し飼いにされているので

ペットは持ち込めないので注意しましょう
20240619_112455_copy_1024x76820240619_112611_copy_1024x768






メインのあじさいスポットの向かいに建物があり

ここの窓ガラスに映りこむアジサイが人気のようです

最近はリフレクション効果を狙った映えスポットが人気ですね
20240619_112904_copy_1024x76820240619_112838_copy_1024x768






メインのあじさいポイントでは七観音めぐりをしながらアジサイを楽しむことができます

お参りしたら鐘を鳴らして次へ進みましょう
20240619_110546_copy_1024x76820240619_110837_copy_1024x768






進んだ先に本堂があります

本堂の前の階段を降りたら花手水
20240619_111119_copy_1024x76820240619_112000_copy_1024x768






って感じでちょっと参拝順路が独特なので

事前に説明しないと途中で引き返してしまいそうなお寺です

先に行った添乗員さんに

このサイトが分かりやすいよ

って教えてもらったのがコチラ↓

丹州観音寺‐紫陽花の撮影スポット

ん?なんか見覚えのあるアイコン・・・

と思ったら

これ、かわいい京都のみやこさんのブログやん(笑)

もっと早くしっておけば事前に色々と聞けたのに・・・

気づいたのが前日の夜中でした・・・

境内の紫陽花は見ごろでどこも綺麗でしたが

結局、駐車場の前が一番綺麗でした
20240619_112243_copy_1024x768






そんなみやこさんのブログをもとに撮影した動画がコチラ↓




お昼は丹波篠山市の“ささやま玉水”

メニューは“神戸牛すき焼き御膳”
20240619_122353_copy_1024x768_1






食後は佐藤錦&メロン2種の食べ放題付き
20240619_125706_copy_1024x76820240619_122813_copy_1024x768






20240619_122804_copy_1024x76820240619_122754_copy_1024x768






お土産はメロン1玉(600g)とさくらんぼ(100g)1パック
20240619_132033_copy_1024x768






昔はお土産のさくらんぼが1人1キロ

200パック積み込みとかいう時代があったようです・・・

丹波さくらんぼ食べ放題ツアー♪


午後は“玉水ゆり園”
20240619_141313_copy_1024x76820240619_134407_copy_1280x960






早咲きのゆりが満開でした!

めっちゃ綺麗ですよね
20240619_134319_copy_1024x76820240619_134257_copy_1024x768






20240619_134851_copy_1024x76820240619_134915_copy_1024x768






別のエリアに遅咲きのユリもあるので

しばらく綺麗なユリが楽しめそうです


最後は“道の駅・神戸フルーツフラワーパーク大沢(おおぞう)”
20240619_154632_copy_1024x76820240619_154251_copy_1024x768






あじさいの小径の先にある多目的広場では

アナベル(白あじさい)がめちゃくちゃ綺麗に咲いていました
20240619_151912_copy_1024x76820240619_152056_copy_1024x768






これ、もっと売り出したらいいのに

これがメインで商品作れるんちゃう?

ってほど綺麗でした
20240619_152332_copy_1024x76820240619_151942_copy_1024x768






バス駐車場から多目的広場まではこんな感じ↓


これにて本日の行程はすべて終了

最終の天王寺には17時半すぎに帰ってこれました

天気→快晴
お花→満開
お土産→苦情なし

日帰りバスツアーでは珍しく穏やかな1日なのでした♪

福井県再発見ツアー2日目♪

ツアー2日目は“丸岡城”からスタート

ここもプライベートで来ているので安心♪
20240617_092527_copy_1024x768






お次は“平泉寺白山神社(へいせんじはくさんじんじゃ)”

ここはプライベートでは来れなかったんですよねー
(公共交通機関ではアクセスが悪いのです)

でも過去に2度だけ来たことがある

永平寺と平泉寺ツアー・2日目♪

山代・山中温泉ツアー2日目【平泉寺白山神社編】♪


参道に泰澄さんの御廟があったようです

今まで全然気づかなかった・・・

白山を開山した偉いお坊さんなのに

なんでこんな小さいお墓なんだろ・・・
(他に立派な御廟があるのかな?)
20240617_105255_copy_1024x76820240617_105221_copy_1024x768






こちらは東尋坊という坊さん屋敷にあったの井戸

福井の景勝地、東尋坊はこのお坊さんの名前が由来なんです
20240617_105525_copy_1024x76820240617_105537_copy_1024x768






東尋坊の井戸、泰澄の御廟の先にある精進坂を上がると

一面苔の世界が広がっています
20240617_105338_copy_1024x76820240617_111706_copy_1024x768






本社にイザナミ
越南知社(おおあむちしゃ)にオオナムチ
別山社(べっしゃんしゃ)にアメノオシホミミが祀られています
20240617_111335_copy_1024x768






バス駐車場からの参拝順路はこんな感じ↓


朝から丸岡城→平泉寺白山神社となかなか濃い内容です

ちょっと遅めのお昼は

永平寺の参道のドライブイン“ほっきょ荘”
20240617_133322_copy_1024x76820240617_133236_copy_1024x768






昔から雰囲気が全く変わらんね・・・

バスは結構入っていました
20240617_133317_copy_1024x768






お客様はこちらでオプション昼食
Gallery_1718614616287_copy_1024x768






なんか添乗員の食事のほうが美味しそうやな・・・
20240617_125657_copy_1024x768






お客様が食事中に拝観手続きを済ませ

食事が済んだ方から参拝へ

チケット代わりのパンフレットは

通用門で必ず提示してもらいましょう

拝観受付がある門が山門っぽいですが

これが通用門です
(ここから先が有料エリア)
20240617_140507_copy_1024x76820240617_140210_copy_2000x1500






20240617_141245_copy_1024x76820240617_141048_copy_1024x768






20240617_135551_copy_1024x76820240617_135750_copy_1024x768






これにて2日目の観光は全て終了

福井駅では東口のロータリーがバスの乗降場所だそうです

東口のトリケラトプス

足場も取れて頭や口が動くようになっていました
20240617_152135_copy_1024x76820240617_152034_copy_1024x768






先日の福井旅でも思ったんですが

福井駅も敦賀駅もやたら揚げおかきの

“ビーバー”を推していますよね

え、買わずに帰るんですか?

って旅行者に圧力をかけるような陳列(笑)
20240617_162717_copy_1024x768






そもそもビーバーって石川県のメーカーなんですけど

今や北陸土産の定番みたいになっていますよね

なので福井土産にビーバーでもいいんですけど

瀬戸内レモン味

これ、フレーバーが“瀬戸内”だし

大阪駅や新大阪駅でも駅構内で売っているんですよね

せめてお土産には能登のふぐを使用した

“ふぐビーバー”をお選びください(笑)
20240620_142817_copy_800x600







福井県再発見ツアー1日目♪

JR利用で福井県再発見ツアーへ

お客様は18組41名様

今回はプライベートではなくお仕事です

行ったことのない観光地のオンパレードだったので

かなり前から情報収集を開始

本町にある福井県事務所にも久々に足を運びました

福井の観光パンフレットってめっちゃ充実しているんですよね

行程に入っている観光地は全て網羅されてた♪
20240529_153851_copy_1024x76820240529_153856_copy_1024x768






で、資料を色々と取り揃えてたら

実際に自分でも行きたくなったので

仕事で行く前にプライベートで行ってきたのが

先日の福井ひとり旅なのです(笑)

久々の大阪駅集合
20240616_082501_copy_1024x768






そして仕事でサンダーバードに乗るのも久々

恥ずかしながら、敦賀駅が延伸開業してから

敦賀駅を利用するのもはじめてです・・・

でも今回は乗換えではなく

敦賀駅から観光バスに乗り換え

観光バスは西口って思いこんでいたんですが

実際は東口でした
20240616_110718_copy_1024x76820240616_110735_copy_1024x768






バスレーンの横のトイレがあるので便利です
20240616_110906_copy_1024x76820240616_110912_copy_1024x768






地図で見るとこんな感じ↓
20240616_110835_copy_1200x1600








まずは“越前そばの里”でオプション昼食
20240616_124635_copy_1024x76820240616_115305_copy_1024x768






自由食も対応できるんですが

ここって地元の人にも人気のお店らしく

日曜ということもあり、大行列ができていました

自由食の方は40分くらい並びました・・・
20240616_123953_copy_1600x120020240616_120446_copy_1024x768






テイクアウトもなくはないので

最悪な場合はおにぎりや鯖寿司を買ってバス車内かな・・・
20240616_123949_copy_1024x76820240616_123945_copy_1024x768






添乗員さんの食事はこんな感じ
20240616_120542_copy_1024x768






まず最初の観光は

“大瀧神社・岡太(おかもと)神社”

扁額もダブルネーム仕様の神社です
20240616_131313_copy_1024x76820240616_131304_copy_1024x768






大瀧神社は白山を開山した“泰澄(たいちょう)”

クニノトコタチ&イザナギを主祭神として

十一面観音を祀る神仏習合の社を創建したことに始まるそうです

岡太神社は和紙の作り方を教えたと伝わる

川上御前(かわかみごぜん)を祀る神社

福井と言えば越前和紙が有名ですもんね

日本初のお札は越前和紙を使用したいたそうで

お札の祖神としても信仰されているんだとか
20240616_132526_copy_1024x76820240616_134338_copy_1024x768






あとこちらの社殿は

“日本一複雑な屋根を持つ神社”

としても有名だそうです

確かにめっちゃカッコいい!!
20240616_133431_copy_1024x76820240616_133450_copy_1024x768






彫物も見事
20240616_133800_copy_1024x76820240616_134026_copy_1024x768






神社好き、建築物好きにはたまらん神社だと思います
20240616_133527_copy_1024x76820240616_133549_copy_1024x768






こんな神社、今回のお仕事まで全然知りませんでしたわ

さすが福井再発見ツアー!


さて、お次は“一乗谷朝倉氏遺跡博物館”

ここはプライベートで下見もバッチリ♪

この日は「家庭の日」につき入館無料でした

「家庭の日」なんてありました?って受付で聞いてみたら

福井県で制定した記念日なんだとか(笑)
20240616_142611_copy_1024x768






混雑が心配でしたが、最初の映像コーナーが混み合うくらいで

あとはスムーズに見学できました
20240616_142646_copy_1024x76820240616_143743_copy_1024x768






駐車場でWOWRIDEいこっさ!福井号に遭遇

福井駅と博物館とは往復で運行しています
20240616_150410_copy_1024x768






このあとはもちろん“一乗谷朝倉氏遺・復原町並”

南側の第2駐車場にバスを止めて散策です

南入場口周辺は売店や休憩所があるので便利
20240616_152848_copy_1024x768






20240616_152921_copy_1024x76820240616_153021_copy_1024x768






20240616_153825_copy_1024x76820240616_153855_copy_1024x768






北入場口から出て道路と川を渡り

シンボルの朝倉館を見学したら

アップダウンが大丈夫であれば

湯殿跡庭園→諏訪舘庭園をみて戻ってくるのがいいと思います
(この2つの間はほぼ平坦)


南陽寺跡庭園はかなり上なのでツアー客はオススメできません・・・

第2駐車場で土日祝限定の周遊バスを発見

このバスに乗ると下城戸(しもきど)跡も見学できるようです
20240616_155918_copy_1024x76820240616_155844_copy_1024x768







これにて本日の観光は終了

今夜のお宿は“大江戸温泉物語あわら”
20240616_192520_copy_1024x76820240616_220354_copy_1024x768






客室は本館と別館に分かれています
20240616_220410_copy_1600x120020240616_194636_copy_1024x768






夕食はバイキングでした
20240616_171844_copy_1024x76820240616_171232_copy_1024x768






こちらのホテル

大江戸温泉物語なのに

ネット環境が整っておらず

Wi-Fiはロビー周辺のみ

それどころか部屋にいても自分のスマホする電話が虫の息・・・

てことで食後に散歩にでかけました

こちらはえちぜん鉄道のあわら湯のまち駅

なんともノスタルジックな駅ですね
(ホテルから徒歩15分ほど)
20240616_211401_copy_1024x76820240616_211515_copy_1024x768






駅前には“湯のまち広場”って公園があり

屋台村や恐竜博士のオブジェ
20240616_212005_copy_1024x76820240616_212044_copy_1024x768






知られざる日本の偉人、藤野厳九郎の記念館

足湯が楽しめる「芦湯」って施設がありました
20240616_214611_copy_1024x76820240616_212116_copy_1024x768






この「芦湯」が幻想的でめちゃいい感じだったんですよね

なんだかベトナムのダナンみたいですよね
(かなり意識してると思う)
20240616_212429_copy_1024x76820240616_212357_copy_1024x768






入館無料で23時までやっています

300円でタオルの販売もあるので

手ぶらで楽しめるのもいいですね
20240616_212312_copy_1024x76820240616_212241_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


芦原温泉にご宿泊の際は

ぜひ利用してみてくださいね♪

初夏の福井ひとり旅♪2日目【後編】

一乗谷の復元町並から約17分で

永平寺門前バス停に到着

参拝の前にちょっと遅めのランチタイム

今回利用したのはバス停の目の前にある

“永平寺そば亭・一休”
20240612_141545_copy_1024x76820240612_141154_copy_1024x768






メニューはこんな感じ
20240612_134945_copy_1200x160020240612_134957_copy_1200x1600








ソースカツ丼のセットにしようと思ったけど

アップルパイも気になるので

越前おろしそば単品(880円)にしました

薬味とダシを直接ぶっかけるのが越前スタイル

こちらのお店は平打ちのお蕎麦でした
20240612_135531_copy_1024x76820240612_135605_copy_1024x768






一緒に頼んだのは同じ建物内にある

アトリエ菓修のアップルパイ(600円)

幻のアップルパイとして人気だそうです

「そのまま手でかぶりついてください」

ってスタンスがいいですね

蕎麦もパイも接客も大満足のお店でした♪
20240612_140425_copy_1024x76820240612_140542_copy_1024x768






ただし持ち帰り用のパイは5月まで

店内だと6月いっぱいまで食べれるようですが

ランチタイムは混むから提供していないそうです

そりゃ幻と言われるわけだ・・・(笑)



永平寺ってこのブログでは1度しか登場していないレアな観光地

永平寺と平泉寺ツアー・1日目♪


ツアーだとほっきょ荘で食べるんですよね

昔(20年くらい前)はよく来ていた印象ですが

ほんとここ数年は来なくなった観光地です
20240612_152347_copy_1024x76820240612_152254_copy_1024x768






 バス停からのアクセスはこんな感じ↓


通用門で拝観料を支払ったら

吉祥閣(きちじょうかく)と呼ばれる大きな建物で靴を脱ぎ

このあとは靴をずっと持っての参拝です
20240612_142635_copy_1024x76820240612_151950_copy_1024x768






解説用動画を視聴したら、あとは順路に沿って進みます
20240612_152012_copy_2000x150020240612_151442_copy_1024x768






永平寺は珍しく堂内も撮影OKですが

雲水(修行僧)さんへはカメラを向けないよう注意しましょう
20240612_144224_copy_1024x76820240612_144331_copy_1024x768






吉祥閣に入ってしまえば、あとは全て屋根があるのがいいですね

雨でも安心だ♪
20240612_144542_copy_1024x76820240612_151323_copy_1024x768






でも階段が多いので足の弱い方は注意しましょう
20240612_145004_copy_1024x76820240612_150551_copy_1024x768






個人的にオススメの撮影スポットは

仏殿から見た中雀門(ちゅうじゃくもん)&山門
20240612_144851_copy_1024x76820240612_145140_copy_1024x768






そして大庫院(だいくいん)から見た仏殿
20240612_150956_copy_1024x768






堂内撮影OKといっても

開山である道元さんの御廟

承陽殿(じょうようでん)は撮影NGなのでご注意ください


永平寺の参拝後は15時30分発

特急・永平寺ライナーに乗って福井駅へ

所要時間は約30分
20240612_152835_copy_1024x768






この2日間、めっちゃバスを利用したな

京福バスと福井バスにはかなりお世話になりました



あ、東口のトリケラトプスが完成してる!
20240612_160424_copy_1024x768






昨日まではこんなだったのに(笑)
Gallery_1718326212297






福井駅、どんだけ恐竜造るんだ!!


帰りは16時44分発のつるぎ33と

サンダーバード34号に乗車

これだと新大阪に18時33分着くので

19時20分からのジムのレッスンに間に合います♪


駅のコンビニでビーバーを買って
20240612_164426_copy_1024x76820240612_161945_copy_1024x768






車内でちょっと早めのお弁当の夕食

やっぱり福井と言えば番匠本店のかにめしですよね♪

めっちゃ久々に食べました
20240612_171300_copy_1024x768






もちろんホームの自販機で購入(笑)
20240612_171055_copy_1024x768






これにて2日間の福井ひとり旅は無事終了

これまで福井県って

地味であんまり面白みのない県ってイメージだったんですが

この2日間で福井のイメージがかなり変わりました

福井、めっちゃおもろいやん!!


皆さんも、この夏のご旅行は福井へでかけてみては?

恐竜博物館か一乗谷かあわら温泉へ行くなら

WOWRIDE運行期間がいいと思いますよ♪

あと、関西からJRを使って福井へ行くのであれば

JR西日本の会員サービス

WESTERに入会(無料)することをお勧めします

窓口や券売機に並ばなくても予約&購入ができるし

お手持ちのICOCAをタッチするだけで

サンダーバード&北陸新幹線に乗れちゃいます

tabiwa by WESTERのアプリを利用すると

同じアプリ内でJRのチケットの予約&購入

WOWRIDEや恐竜博物館のチケットも予約&購入が可能

こちらはスマホがチケット代わりになるのです

Gallery_1718344863290_copy_1024x1382Screenshot_20240614_150235_tabiwa_copy_768x1320








交通機関も観光地のチケットも

スマホで購入、スマホがチケット代わり

ちなみにホテルはアゴダのアプリで予約

てことで交通・観光地・ホテルすべて

ペーパーレス&現金レス♪

ほんと便利な世の中だな〜♪

とつくづく感じた2日間でもあり

これ、旅行会社いらなくなるよね?

って不安も覚えた2日間なのでした・・・

初夏の福井ひとり旅♪2日目【前編】

ふくい旅2日目の朝を迎えました

今朝は6時に起きてタビトレ!用に福井駅の撮影

東口の3階にはこんな綺麗な展望デッキがあるんですね
20240612_094011_copy_1024x76820240612_094317_copy_1024x768






ホテルの部屋から見えていた恐竜はこれか
20240612_094157_copy_1024x76820240612_094122_copy_1024x768






この広場はえちぜん鉄道のホームと同じ高さなので

恐竜ファンだけでなく鉄道ファンも楽しめますね

朝食は西口にある“今庄そば”できつねそば(450円)

蕎麦はスーパーで売ってる30円レベルの味ですが

ダシとお揚げは美味しかったです♪
20240612_091840_copy_1024x76820240612_092052_copy_1024x768






さて2日目の観光は“一乗谷朝倉氏遺跡”へ!

えちぜん鉄道のチケットセンターで

“朝倉・永平寺1日フリーきっぷ(1800円)”を購入

この切符で利用区間内の路線バスのほか

福井駅と永平寺を結ぶ永平寺ライナーや

朝倉・永平寺ダイレクトバスに乗車できます

まずは10時発のダイレクトバスに乗車
20240612_095122_copy_1024x76820240612_095137_copy_1024x768






このダイレクトバスは

福井駅〜永平寺〜一乗谷を結ぶ観光客向けのマイクロバス

この日は私以外に3組8名くらいしか乗っていませんでしたが

土日やシーズン中は満席もありえるので注意しましょう
20240612_095351_copy_1024x768






約16分で“一乗谷朝倉氏遺跡博物館”に到着

一乗谷にある

朝倉氏遺跡博物館なので

一乗谷朝倉氏遺跡博物館ですが

ちょっとくどい名称ですよね・・・

「あさみゅー」って愛称が付けられているそうですが

恐らく定着しなさそう・・・
20240612_101706_copy_1024x768






チケットはこちらの券売機で購入

博物館の入場料は大人700円

このあと“復元町並(330円)”へ行くなら

セット券(820円)がお得です
20240612_102626_copy_1024x76820240612_102257_copy_1024x768






まずは一乗谷や朝倉氏について学べる7分間の映像を見ましょう
20240612_103227_copy_1024x76820240612_104353_copy_1024x768






1階の奥には発掘された遺構がそのまま見れる

“遺構展示室”があります
20240612_111040_copy_1024x76820240612_111119_copy_1024x768






メインは4つのコーナーに分かれた2階の展示室
20240612_104446_copy_1024x76820240612_105702_copy_1024x768






第2コーナーにある巨大ジオラマは必見
20240612_105722_copy_1024x768






2階の一番の見どころは

“朝倉舘原寸再現”

一乗谷にある当主の住まい

朝倉舘の一部を原寸大で再現しているコーナーです
20240612_105548_copy_1024x76820240612_105613_copy_1024x768






20240612_110155_copy_1024x76820240612_110207_copy_1024x768






・遺構展示室(1階)
・巨大ジオラマ(2階)
・朝倉舘原寸再現(2階)


はあさみゅーの3大みどころだそうです


さてこのあと“復元町並”

路線バスやダイレクトバスでも移動できますが

2キロなので今回は歩きたいと思います
20240612_112514_copy_1024x768






こちらの石垣は“下城戸跡(しもきどあと)”

ここをどうしても歩きたかったんですよね

土日に運行している無料の周遊バスだと止まるみたいですが

ダイレクトバスや路線バスは通過してしまうのです・・・
20240612_114229_copy_1024x76820240612_114306_copy_1024x768






それに歩いた方が一乗谷の地の利を体感できますからね

天気が良ければ歩くことをお勧めします
20240612_114742_copy_1024x768






こちらは無料エリアの“平面復元地区”
20240612_115258_copy_1024x76820240612_115550_copy_1024x768






思ったよりあっさり“復元町並”に到着

復元町並は南北に出入り口があり

こちらは北の出入り口です
20240612_120519_copy_1024x768






北の出入り口から車道を横断すると

さっきあさみゅーで見た、朝倉舘の遺構があります
20240612_120821_copy_1024x76820240612_120950_copy_1024x768






こちらの唐門は一乗谷のシンボル

一乗谷でよく見かける朝倉氏の家紋は

“三つ盛り木瓜(みつもりもっこう)”と呼ぶそうです
20240612_120932_copy_1024x76820240612_121006_copy_1024x768






でもこの唐門は朝倉舘の門ではなく

江戸時代に建てられた朝倉義景の菩提を弔う

松雲院ってお寺の山門だそうです
20240612_121042_copy_1024x76820240612_121021_copy_1024x768






敷地内には義景の墓所もあるので忘れずにお参りしましょう
20240612_122053_copy_1024x768






この遺構で有名なのは花壇

戦国の世にあっても花を愛でる心の余裕があった義景の人柄がうかがえますね
20240612_122222_copy_1024x76820240612_122215_copy_1024x768






階段を上って上から見る遺構もいいですね

一乗谷には

・朝倉舘跡庭園
・南陽寺跡庭園
・湯殿跡庭園
・諏訪舘跡庭園


って4つの庭園が特別名勝に指定されています
20240612_123322_copy_1024x76820240612_122811_copy_1024x768






それでは有料エリアの復元町並を歩いてみましょう

今回は北から南へ抜けました
20240612_125927_copy_1024x76820240612_125720_copy_1024x768






思ったよりこじんまりした印象

敷地としては有料エリアより無料エリアの方が広いので

無料エリアの方が見るのに時間がかかりそうです
20240612_130311_copy_1024x76820240612_125454_copy_1024x768






こちらが南の出入り口

こっちがメインのようで

大きな売店もあるし、観光バスの駐車場もこちら側だそうです
20240612_130821_copy_1024x76820240612_130834_copy_1024x768






イラストで見るとこんな感じ
20240612_132109_copy_1600x1200






路線バスやダイレクトバスの停留所も南側にあります

このあと予定通り13:23発のバスで永平寺へ向かいます
20240612_132357_copy_1024x768







初夏の福井ひとり旅♪1日目【後編】

えちぜん鉄道・永平寺口駅に到着

永平寺口ゆーても永平寺までは8キロほど離れているそうです
(京都の“鞍馬口駅”みたいなもんか)
20240611_153010_copy_1024x76820240611_151914_copy_1024x768






動画でみるとこんな感じ↓

ここから路線バスに乗車して“丸岡城”へ向かいます

所要時間は約25分
20240611_153036_copy_1024x768






乗客は私を含め2人しか乗っていなかったのに

ドライバーさんがめっちゃ観光案内をしてくれました
20240611_154441_copy_1024x76820240611_153420_copy_1024x768






今渡っている川が九頭竜川だということ

右手に見える集落には熊が出たらサイレンが鳴ること

左手に見える高速道路で5年前に1500台が立ち往生したこと

色んな話をしてくれた上

丸岡城到着前には車窓から綺麗に見える場所で撮影タイムまでとってくれました

めっちゃサービス精神旺盛なドライバーさんでした(笑)


路線バスは一筆啓上茶屋のそばにバス停があります

観光バスの駐車場は“日本一短い手紙の舘”の裏

仕事でもプライベートでも初めてくる丸岡城

こじんまりしていますが現存12天守のひとつです
20240611_162008_copy_1024x76820240611_163551_copy_2000x1500






天守閣は3層

階段の傾斜が60度とめっちゃ急なので注意です

階段というかほぼ梯子やね・・・
20240611_160801_copy_1024x76820240611_160853_copy_1024x768






こちらが3階です
20240611_161450_copy_1024x76820240611_161512_copy_1024x768






下りも注意をしておりましょう
20240611_161532_copy_1024x768






丸岡城は現存12天守の中でも最古級の石垣が有名

天守から降りたら野面積みの石垣をじっくり堪能しましょう
20240611_161848_copy_1024x76820240611_161750_copy_1024x768






20240611_162915_copy_1024x76820240611_162033_copy_1024x768






天守の周辺には“お静の供養塔”があります

柴田勝豊(柴田勝家の甥)が城主の時代

人柱となったお静の怨念を鎮めるための塔です

お城と女性が化けて出るお話しはセットなのか?
20240611_162727_copy_1024x76820240611_162722_copy_2000x1500






こちらは“雲の井竜神”を祀るお社
20240611_162831_copy_1024x768






かつて一向一揆にお城が攻められた際

井戸から大蛇が現れて口から霞を吹き、お城を隠して難を逃れたんだとか

丸岡城が別名、“霞ヶ城”と呼ばれる所以です

社殿の後方にその井戸が残っています
20240611_162806_copy_1024x76820240611_162800_copy_1024x768






時間があれば“歴史民俗資料館”にも入ってみましょう

天守閣のチケットに含まれています

展示室が1つあるだけなので時間はかかりません
20240611_163209_copy_1024x76820240611_163244_copy_1024x768






“日本一短い手紙の舘”もチケットに込みですが

ここは手紙を読み始めると時間を忘れてしまうので注意です
20240611_164200_copy_1024x768






なんでここに日本一短い手紙の舘があるかというと

初代・丸岡藩主の本多成重の父

本多作左衛門重次(ほんださくざえもんしげつぐ)が陣中から妻に宛てた

「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」

という短い手紙がもとになって

“一筆啓上賞”という賞が誕生したそうで

その受賞作品が展示されているのです
(手紙に出てくる“お仙”がのちの本多成重)

動画で見るとこんな感じ↓


このあと福井駅まで再び路線バスの乗車

乗車時間は約40分

さすがにこの路線は人がけっこう乗ってた
20240611_171413_copy_1024x768






福井駅へ戻ってきました
20240611_181225_copy_1024x768






福井駅はWOWRIDEやダイレクトバスなど

観光用のバスの発着は東口

路線バスの発着は西口です

巨大恐竜のモニュメントは西口に集中しております

ほんま福井は恐竜王国やね(笑)

テーマパーク並みのクオリティです
20240611_181326_copy_1024x76820240611_181349_copy_1024x768






今夜のお宿は“ホテル京福福井駅前”

その名の通り東口から徒歩1分とめちゃ便利な立地です

ただ館内はかなり昭和な雰囲気でした・・・
20240611_181947_copy_1024x76820240611_183433_copy_1024x768






駅周辺をちょっと歩いてみましょう

東口側はずいぶん様変わりしました
20240611_192257_copy_1024x76820240611_191315_copy_1024x768






このアーケード街は昔のままっぽいですね
20240611_191309_copy_1024x768






グーグルマップで美味しそうなお蕎麦屋さんを見つけたんですが

店員さんの愛想が悪い上

後ろで居酒屋みたいに騒いでるグループがいたので

席に着いたと同時に

「あ、うるさいからいいです」

って出てきた
20240611_191620_copy_1024x768






愛想の悪い店員が出す蕎麦を

騒がしいグループの横で食べるなんて

ただの罰ゲームやろ・・・


でも強がって出てきたはいいけど

もう時間も遅いしお腹ペコペコ・・・

駅ナカの商業施設

“くるふ福井駅”でお弁当や総菜がタイムセール中だったので

“菜香樓”って中華料理店で半額の惣菜を買ってホテルで食べました
20240611_192758_copy_1500x2000









デザートの杏仁プリン込みで870円

ちょっと味が濃かったけどどれも美味しかったです♪

おとこの一人旅なんてこーゆーのでいいんですよ
20240611_195231_copy_1024x768






ちょっと食べすぎたので

食後に再び駅周辺をブラブラ
20240611_211635_copy_1024x76820240611_211445_copy_1024x768






ほんと福井って恐竜王国なのは伝わってくるけど

駅の恐竜にちょっとお金かけすぎじゃない?(笑)
Gallery_1718329707940







旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
tabitore888@gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・