ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

===タビトレ!おすすめ動画===

YouTubeで発信している

旅のイメトレチャンネル

タビトレ!のおすすめ動画です



YouTubeのチャンネルページはコチラ
        ↓
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


初夏の福井ひとり旅♪2日目【後編】

一乗谷の復元町並から約17分で

永平寺門前バス停に到着

参拝の前にちょっと遅めのランチタイム

今回利用したのはバス停の目の前にある

“永平寺そば亭・一休”
20240612_141545_copy_1024x76820240612_141154_copy_1024x768






メニューはこんな感じ
20240612_134945_copy_1200x160020240612_134957_copy_1200x1600








ソースカツ丼のセットにしようと思ったけど

アップルパイも気になるので

越前おろしそば単品(880円)にしました

薬味とダシを直接ぶっかけるのが越前スタイル

こちらのお店は平打ちのお蕎麦でした
20240612_135531_copy_1024x76820240612_135605_copy_1024x768






一緒に頼んだのは同じ建物内にある

アトリエ菓修のアップルパイ(600円)

幻のアップルパイとして人気だそうです

「そのまま手でかぶりついてください」

ってスタンスがいいですね

蕎麦もパイも接客も大満足のお店でした♪
20240612_140425_copy_1024x76820240612_140542_copy_1024x768






ただし持ち帰り用のパイは5月まで

店内だと6月いっぱいまで食べれるようですが

ランチタイムは混むから提供していないそうです

そりゃ幻と言われるわけだ・・・(笑)



永平寺ってこのブログでは1度しか登場していないレアな観光地

永平寺と平泉寺ツアー・1日目♪


ツアーだとほっきょ荘で食べるんですよね

昔(20年くらい前)はよく来ていた印象ですが

ほんとここ数年は来なくなった観光地です
20240612_152347_copy_1024x76820240612_152254_copy_1024x768






 バス停からのアクセスはこんな感じ↓


通用門で拝観料を支払ったら

吉祥閣(きちじょうかく)と呼ばれる大きな建物で靴を脱ぎ

このあとは靴をずっと持っての参拝です
20240612_142635_copy_1024x76820240612_151950_copy_1024x768






解説用動画を視聴したら、あとは順路に沿って進みます
20240612_152012_copy_2000x150020240612_151442_copy_1024x768






永平寺は珍しく堂内も撮影OKですが

雲水(修行僧)さんへはカメラを向けないよう注意しましょう
20240612_144224_copy_1024x76820240612_144331_copy_1024x768






吉祥閣に入ってしまえば、あとは全て屋根があるのがいいですね

雨でも安心だ♪
20240612_144542_copy_1024x76820240612_151323_copy_1024x768






でも階段が多いので足の弱い方は注意しましょう
20240612_145004_copy_1024x76820240612_150551_copy_1024x768






個人的にオススメの撮影スポットは

仏殿から見た中雀門(ちゅうじゃくもん)&山門
20240612_144851_copy_1024x76820240612_145140_copy_1024x768






そして大庫院(だいくいん)から見た仏殿
20240612_150956_copy_1024x768






堂内撮影OKといっても

開山である道元さんの御廟

承陽殿(じょうようでん)は撮影NGなのでご注意ください


永平寺の参拝後は15時30分発

特急・永平寺ライナーに乗って福井駅へ

所要時間は約30分
20240612_152835_copy_1024x768






この2日間、めっちゃバスを利用したな

京福バスと福井バスにはかなりお世話になりました



あ、東口のトリケラトプスが完成してる!
20240612_160424_copy_1024x768






昨日まではこんなだったのに(笑)
Gallery_1718326212297






福井駅、どんだけ恐竜造るんだ!!


帰りは16時44分発のつるぎ33と

サンダーバード34号に乗車

これだと新大阪に18時33分着くので

19時20分からのジムのレッスンに間に合います♪


駅のコンビニでビーバーを買って
20240612_164426_copy_1024x76820240612_161945_copy_1024x768






車内でちょっと早めのお弁当の夕食

やっぱり福井と言えば番匠本店のかにめしですよね♪

めっちゃ久々に食べました
20240612_171300_copy_1024x768






もちろんホームの自販機で購入(笑)
20240612_171055_copy_1024x768






これにて2日間の福井ひとり旅は無事終了

これまで福井県って

地味であんまり面白みのない県ってイメージだったんですが

この2日間で福井のイメージがかなり変わりました

福井、めっちゃおもろいやん!!


皆さんも、この夏のご旅行は福井へでかけてみては?

恐竜博物館か一乗谷かあわら温泉へ行くなら

WOWRIDE運行期間がいいと思いますよ♪

あと、関西からJRを使って福井へ行くのであれば

JR西日本の会員サービス

WESTERに入会(無料)することをお勧めします

窓口や券売機に並ばなくても予約&購入ができるし

お手持ちのICOCAをタッチするだけで

サンダーバード&北陸新幹線に乗れちゃいます

tabiwa by WESTERのアプリを利用すると

同じアプリ内でJRのチケットの予約&購入

WOWRIDEや恐竜博物館のチケットも予約&購入が可能

こちらはスマホがチケット代わりになるのです

Gallery_1718344863290_copy_1024x1382Screenshot_20240614_150235_tabiwa_copy_768x1320








交通機関も観光地のチケットも

スマホで購入、スマホがチケット代わり

ちなみにホテルはアゴダのアプリで予約

てことで交通・観光地・ホテルすべて

ペーパーレス&現金レス♪

ほんと便利な世の中だな〜♪

とつくづく感じた2日間でもあり

これ、旅行会社いらなくなるよね?

って不安も覚えた2日間なのでした・・・

初夏の福井ひとり旅♪2日目【前編】

ふくい旅2日目の朝を迎えました

今朝は6時に起きてタビトレ!用に福井駅の撮影

東口の3階にはこんな綺麗な展望デッキがあるんですね
20240612_094011_copy_1024x76820240612_094317_copy_1024x768






ホテルの部屋から見えていた恐竜はこれか
20240612_094157_copy_1024x76820240612_094122_copy_1024x768






この広場はえちぜん鉄道のホームと同じ高さなので

恐竜ファンだけでなく鉄道ファンも楽しめますね

朝食は西口にある“今庄そば”できつねそば(450円)

蕎麦はスーパーで売ってる30円レベルの味ですが

ダシとお揚げは美味しかったです♪
20240612_091840_copy_1024x76820240612_092052_copy_1024x768






さて2日目の観光は“一乗谷朝倉氏遺跡”へ!

えちぜん鉄道のチケットセンターで

“朝倉・永平寺1日フリーきっぷ(1800円)”を購入

この切符で利用区間内の路線バスのほか

福井駅と永平寺を結ぶ永平寺ライナーや

朝倉・永平寺ダイレクトバスに乗車できます

まずは10時発のダイレクトバスに乗車
20240612_095122_copy_1024x76820240612_095137_copy_1024x768






このダイレクトバスは

福井駅〜永平寺〜一乗谷を結ぶ観光客向けのマイクロバス

この日は私以外に3組8名くらいしか乗っていませんでしたが

土日やシーズン中は満席もありえるので注意しましょう
20240612_095351_copy_1024x768






約16分で“一乗谷朝倉氏遺跡博物館”に到着

一乗谷にある

朝倉氏遺跡博物館なので

一乗谷朝倉氏遺跡博物館ですが

ちょっとくどい名称ですよね・・・

「あさみゅー」って愛称が付けられているそうですが

恐らく定着しなさそう・・・
20240612_101706_copy_1024x768






チケットはこちらの券売機で購入

博物館の入場料は大人700円

このあと“復元町並(330円)”へ行くなら

セット券(820円)がお得です
20240612_102626_copy_1024x76820240612_102257_copy_1024x768






まずは一乗谷や朝倉氏について学べる7分間の映像を見ましょう
20240612_103227_copy_1024x76820240612_104353_copy_1024x768






1階の奥には発掘された遺構がそのまま見れる

“遺構展示室”があります
20240612_111040_copy_1024x76820240612_111119_copy_1024x768






メインは4つのコーナーに分かれた2階の展示室
20240612_104446_copy_1024x76820240612_105702_copy_1024x768






第2コーナーにある巨大ジオラマは必見
20240612_105722_copy_1024x768






2階の一番の見どころは

“朝倉舘原寸再現”

一乗谷にある当主の住まい

朝倉舘の一部を原寸大で再現しているコーナーです
20240612_105548_copy_1024x76820240612_105613_copy_1024x768






20240612_110155_copy_1024x76820240612_110207_copy_1024x768






・遺構展示室(1階)
・巨大ジオラマ(2階)
・朝倉舘原寸再現(2階)


はあさみゅーの3大みどころだそうです


さてこのあと“復元町並”

路線バスやダイレクトバスでも移動できますが

2キロなので今回は歩きたいと思います
20240612_112514_copy_1024x768






こちらの石垣は“下城戸跡(しもきどあと)”

ここをどうしても歩きたかったんですよね

土日に運行している無料の周遊バスだと止まるみたいですが

ダイレクトバスや路線バスは通過してしまうのです・・・
20240612_114229_copy_1024x76820240612_114306_copy_1024x768






それに歩いた方が一乗谷の地の利を体感できますからね

天気が良ければ歩くことをお勧めします
20240612_114742_copy_1024x768






こちらは無料エリアの“平面復元地区”
20240612_115258_copy_1024x76820240612_115550_copy_1024x768






思ったよりあっさり“復元町並”に到着

復元町並は南北に出入り口があり

こちらは北の出入り口です
20240612_120519_copy_1024x768






北の出入り口から車道を横断すると

さっきあさみゅーで見た、朝倉舘の遺構があります
20240612_120821_copy_1024x76820240612_120950_copy_1024x768






こちらの唐門は一乗谷のシンボル

一乗谷でよく見かける朝倉氏の家紋は

“三つ盛り木瓜(みつもりもっこう)”と呼ぶそうです
20240612_120932_copy_1024x76820240612_121006_copy_1024x768






でもこの唐門は朝倉舘の門ではなく

江戸時代に建てられた朝倉義景の菩提を弔う

松雲院ってお寺の山門だそうです
20240612_121042_copy_1024x76820240612_121021_copy_1024x768






敷地内には義景の墓所もあるので忘れずにお参りしましょう
20240612_122053_copy_1024x768






この遺構で有名なのは花壇

戦国の世にあっても花を愛でる心の余裕があった義景の人柄がうかがえますね
20240612_122222_copy_1024x76820240612_122215_copy_1024x768






階段を上って上から見る遺構もいいですね

一乗谷には

・朝倉舘跡庭園
・南陽寺跡庭園
・湯殿跡庭園
・諏訪舘跡庭園


って4つの庭園が特別名勝に指定されています
20240612_123322_copy_1024x76820240612_122811_copy_1024x768






それでは有料エリアの復元町並を歩いてみましょう

今回は北から南へ抜けました
20240612_125927_copy_1024x76820240612_125720_copy_1024x768






思ったよりこじんまりした印象

敷地としては有料エリアより無料エリアの方が広いので

無料エリアの方が見るのに時間がかかりそうです
20240612_130311_copy_1024x76820240612_125454_copy_1024x768






こちらが南の出入り口

こっちがメインのようで

大きな売店もあるし、観光バスの駐車場もこちら側だそうです
20240612_130821_copy_1024x76820240612_130834_copy_1024x768






イラストで見るとこんな感じ
20240612_132109_copy_1600x1200






路線バスやダイレクトバスの停留所も南側にあります

このあと予定通り13:23発のバスで永平寺へ向かいます
20240612_132357_copy_1024x768







初夏の福井ひとり旅♪1日目【後編】

えちぜん鉄道・永平寺口駅に到着

永平寺口ゆーても永平寺までは8キロほど離れているそうです
(京都の“鞍馬口駅”みたいなもんか)
20240611_153010_copy_1024x76820240611_151914_copy_1024x768






動画でみるとこんな感じ↓

ここから路線バスに乗車して“丸岡城”へ向かいます

所要時間は約25分
20240611_153036_copy_1024x768






乗客は私を含め2人しか乗っていなかったのに

ドライバーさんがめっちゃ観光案内をしてくれました
20240611_154441_copy_1024x76820240611_153420_copy_1024x768






今渡っている川が九頭竜川だということ

右手に見える集落には熊が出たらサイレンが鳴ること

左手に見える高速道路で5年前に1500台が立ち往生したこと

色んな話をしてくれた上

丸岡城到着前には車窓から綺麗に見える場所で撮影タイムまでとってくれました

めっちゃサービス精神旺盛なドライバーさんでした(笑)


路線バスは一筆啓上茶屋のそばにバス停があります

観光バスの駐車場は“日本一短い手紙の舘”の裏

仕事でもプライベートでも初めてくる丸岡城

こじんまりしていますが現存12天守のひとつです
20240611_162008_copy_1024x76820240611_163551_copy_2000x1500






天守閣は3層

階段の傾斜が60度とめっちゃ急なので注意です

階段というかほぼ梯子やね・・・
20240611_160801_copy_1024x76820240611_160853_copy_1024x768






こちらが3階です
20240611_161450_copy_1024x76820240611_161512_copy_1024x768






下りも注意をしておりましょう
20240611_161532_copy_1024x768






丸岡城は現存12天守の中でも最古級の石垣が有名

天守から降りたら野面積みの石垣をじっくり堪能しましょう
20240611_161848_copy_1024x76820240611_161750_copy_1024x768






20240611_162915_copy_1024x76820240611_162033_copy_1024x768






天守の周辺には“お静の供養塔”があります

柴田勝豊(柴田勝家の甥)が城主の時代

人柱となったお静の怨念を鎮めるための塔です

お城と女性が化けて出るお話しはセットなのか?
20240611_162727_copy_1024x76820240611_162722_copy_2000x1500






こちらは“雲の井竜神”を祀るお社
20240611_162831_copy_1024x768






かつて一向一揆にお城が攻められた際

井戸から大蛇が現れて口から霞を吹き、お城を隠して難を逃れたんだとか

丸岡城が別名、“霞ヶ城”と呼ばれる所以です

社殿の後方にその井戸が残っています
20240611_162806_copy_1024x76820240611_162800_copy_1024x768






時間があれば“歴史民俗資料館”にも入ってみましょう

天守閣のチケットに含まれています

展示室が1つあるだけなので時間はかかりません
20240611_163209_copy_1024x76820240611_163244_copy_1024x768






“日本一短い手紙の舘”もチケットに込みですが

ここは手紙を読み始めると時間を忘れてしまうので注意です
20240611_164200_copy_1024x768






なんでここに日本一短い手紙の舘があるかというと

初代・丸岡藩主の本多成重の父

本多作左衛門重次(ほんださくざえもんしげつぐ)が陣中から妻に宛てた

「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」

という短い手紙がもとになって

“一筆啓上賞”という賞が誕生したそうで

その受賞作品が展示されているのです
(手紙に出てくる“お仙”がのちの本多成重)

動画で見るとこんな感じ↓


このあと福井駅まで再び路線バスの乗車

乗車時間は約40分

さすがにこの路線は人がけっこう乗ってた
20240611_171413_copy_1024x768






福井駅へ戻ってきました
20240611_181225_copy_1024x768






福井駅はWOWRIDEやダイレクトバスなど

観光用のバスの発着は東口

路線バスの発着は西口です

巨大恐竜のモニュメントは西口に集中しております

ほんま福井は恐竜王国やね(笑)

テーマパーク並みのクオリティです
20240611_181326_copy_1024x76820240611_181349_copy_1024x768






今夜のお宿は“ホテル京福福井駅前”

その名の通り東口から徒歩1分とめちゃ便利な立地です

ただ館内はかなり昭和な雰囲気でした・・・
20240611_181947_copy_1024x76820240611_183433_copy_1024x768






駅周辺をちょっと歩いてみましょう

東口側はずいぶん様変わりしました
20240611_192257_copy_1024x76820240611_191315_copy_1024x768






このアーケード街は昔のままっぽいですね
20240611_191309_copy_1024x768






グーグルマップで美味しそうなお蕎麦屋さんを見つけたんですが

店員さんの愛想が悪い上

後ろで居酒屋みたいに騒いでるグループがいたので

席に着いたと同時に

「あ、うるさいからいいです」

って出てきた
20240611_191620_copy_1024x768






愛想の悪い店員が出す蕎麦を

騒がしいグループの横で食べるなんて

ただの罰ゲームやろ・・・


でも強がって出てきたはいいけど

もう時間も遅いしお腹ペコペコ・・・

駅ナカの商業施設

“くるふ福井駅”でお弁当や総菜がタイムセール中だったので

“菜香樓”って中華料理店で半額の惣菜を買ってホテルで食べました
20240611_192758_copy_1500x2000









デザートの杏仁プリン込みで870円

ちょっと味が濃かったけどどれも美味しかったです♪

おとこの一人旅なんてこーゆーのでいいんですよ
20240611_195231_copy_1024x768






ちょっと食べすぎたので

食後に再び駅周辺をブラブラ
20240611_211635_copy_1024x76820240611_211445_copy_1024x768






ほんと福井って恐竜王国なのは伝わってくるけど

駅の恐竜にちょっとお金かけすぎじゃない?(笑)
Gallery_1718329707940







初夏の福井ひとり旅♪1日目【前編】

連休を利用してプライベートで福井へ行ってきました

新大阪7時44分発のサンダーバードを利用

ほんとは7時04分発に乗る予定でしたが

前日までの東北絆まつりで疲れていたので

1本遅らせたわ(笑)
Gallery_1718325787942_copy_768x797









敦賀駅からは北陸新幹線つるぎ6号へ

乗換え時間は8分!!

速度変更なしのリアルタイムな乗換えの様子はこんな感じ↓


3分で移動できたわ♪

まぁお客様を連れていない&

エスカレーターで歩いてますけどね

北陸新幹線が延伸開業してから敦賀駅へ来るのは2度目ですが

まだ仕事で敦賀駅乗換えデビューをしていないのはここだけの話し(笑)



さて、久々に福井駅へ降り立ちました

このツアーぶりなので

7年ぶりやね・・・

山代・山中温泉ツアー2日目【平泉寺白山神社編】♪


20240611_100331_copy_1024x768






改札を出る前にサクッと新幹線のホームをタビトレ!
20240611_093842_copy_1024x76820240611_093828_copy_1024x768






改札口はAとBに分かれているようです


このあとホテルへ荷物を預け

今回の旅の一番の目的

“WOWRIDEいこっさ!福井号”

に乗車します

WOWRIDEとはゴーグルの装着なしで仮想空間を体感できるXRバス

USJなどのアトラクションでお馴染みのXR(クロスリアリティ)

観光バスの乗ったまま楽しめるって凄くないですか?

去年、東京で運行されていた時から気になっていたんですよね

福井では6月1日からスタートしたばかり

予約を取るの大変かなと思いきや

めっちゃあっさり取れた(笑)

このWOWRIDEは3路線6コースで運行中

・福井駅〜恐竜博物館(往復)
・福井駅〜一乗谷朝倉氏遺跡(往復)
・福井駅〜あわら温泉(片道)
・あわら温泉(周遊)


こんな感じ

今回は10時30分発の恐竜博物館行きに乗車します

WOWRIDEの料金は3300円
(土日や繁忙期は3900円)

恐竜博物館(常設展示1000円)とセットで

4100円で購入できました(200円お得)

現時点ではチケット購入はネット販売のみ
(はぴバスかtabiwa by WESTER)

はぴバスは手数料が200円かかるので

WESTER会員ならtabiwaから購入することをお勧めします
20240611_102102_copy_1024x768






乗客は自分含めて3名!

まさかのほぼ貸切状態でした♪

バスの配列は10列シートで全席自由席

アテンダントさんが言うには

4・7・10列目が見やすいようです

てことで10列目に乗ってみました
20240611_102621_copy_1024x76820240611_102631_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


窓枠がモニターになっていて、窓は空きません

たまに実際の外の風景が映りますが

これはあくまでデジタルな映像

ドラレコみたいな感じです

このモードの時に外の景色を見ていると

ちょっと酔うかもしれないのでご注意ください
Gallery_1718326860092_copy_1024x755Gallery_1718326689278_copy_1024x755






恐竜博物館までの所要時間は約60分

タイムスリップで江戸時代に行ったり

空を飛んだり海の中に潜ったり

恐竜に襲われかけたりと大興奮の60分でした!

移動時間がアトラクションになるだけでも楽しいですが

アトラクションを楽しみながら現地の予習(タビトレ)もできて

さらに福井の観光名所や名産品なども知ることができる

これは画期的なサービスだなと感心しました

天候にも左右されないのがいいですよね
Gallery_1718326756992_copy_1024x755Gallery_1718326638700_copy_1024x755






福井のWOWRIDEは9月30日までだそうですが

今後、色んな観光地で実施してほしいですよね


さて、勝山市にある福井県立恐竜博物館に到着しました

いまや福井県を代表する観光地となっていますが

恥ずかしながら初めて来ました
20240611_113021_copy_1024x76820240611_113000_copy_1024x768






チケットはWOWRIDEとセットで購入
(200円お得)
20240611_114955_copy_1024x76820240611_115117_copy_1024x768






博物館は本館と新館に分かれていて

入口は本館の3階

まずは一気に地下1階へ降ります
20240611_133313_copy_1500x2000








地下1階は来館者のテンションを上げるためのプロローグ

メイン展示は1階と2階です

1階は“恐竜の世界ゾーン”

上がると目の前に博物館のシンボル

動くTレックスがお出迎え
20240611_115344_copy_1024x76820240611_115356_copy_1024x768






顔がめちゃ怖いんですけど・・・
20240611_115624_copy_1024x768






このTレックスの周囲に巨大な恐竜の骨格標本が展示されています
20240611_115916_copy_1024x76820240611_115756_copy_1024x768






こちらは県名が付けられた恐竜、フクイラプトル

福井のアイドル的存在の恐竜です

動くフクイラプトルもめちゃリアルで必見!
20240611_120106_copy_1024x76820240611_120544_copy_1024x768






1階から2階へはスロープを使って上がります

恐竜の骨格を上から見るのも面白いですね
20240611_120849_copy_1024x76820240611_121940_copy_1024x768






2階は“生命の歴史ゾーン”

生命の誕生から人類の進化を学ぶことができます
20240611_123007_copy_1024x76820240611_123411_copy_1024x768






2階は新館と繋がっているので

ここで新館へ行ってみましょう
20240611_124256_copy_1024x76820240611_124204_copy_1024x768






新館の中央には“恐竜の塔”という巨大な塔があります

なんか太陽の塔の生命の樹みたいやね・・・
20240611_124115_copy_768x102420240611_124127_copy_768x1024








新館と本館は2階と3階で繋がっています

本館3階にはミュージアムショップとレストランが入っています
20240611_124511_copy_1024x768






時間があれば博物館の上にも上がってみましょう

なかなか眺めがいいし恐竜博士とツーショットも撮れますよ♪
20240611_135950_copy_1024x76820240611_140112_copy_1024x768






さて、このあと勝山駅行きの路線バスに乗車
20240611_141205_copy_1024x768






乗車時間は13分

あっという間に“えちぜん鉄道・勝山駅”に到着
20240611_142732_copy_1024x76820240611_143130_copy_1024x768






着いたらすぐにえちぜん鉄道に乗換えです

何気にえちぜん鉄道に乗るのもはじめてかも!

ICカードが使えないのでちょっと焦った
20240611_143321_copy_1024x768






永平寺口駅まで約30分

しばし車窓からの景色を楽しみます

しかし福井はのどかやね〜
20240611_145859_copy_1024x76820240611_151330_copy_1024x768






てかアテンダントさんが乗車していたのには驚いたわ(笑)

東北絆まつりと山形さくらんぼ狩りツアー2日目♪

ツアー2日目

仙台大観音ってほんまデカいな

台座を含めると100mあるそうです
fotor_1717976031728_copy_1024x768






右手に持ってるピンポン玉みたいな宝珠は直径3m

左手の水瓶は長さ8mあって

67トンの水は入るほど大きいんだとか
20240610_075439_copy_768x1024









2日目は寒河江でさくらんぼ狩り食べ放題!
20240610_103526_copy_1024x76820240610_103018_copy_1024x768






品種の指定はなかったのですが

今回はラッキーなことに佐藤錦でした♪
20240610_103634_copy_1024x76820240610_103115_copy_1024x768






農園の隣では販売用さくらんぼのパック詰めの真っ最中

これ、全部手作業でやってるんですね
20240610_103311_copy_1024x76820240610_103303_copy_1024x768






お昼は“ぐっと山形”で自由昼食

添乗員さんはフードコートで

米沢牛コロッケと山形県産鶏の塩麹から揚げ定食(1050円)
20240610_113844_copy_1024x76820240610_115005_copy_1024x768






観光バス4台分のお客様がこちらで自由昼食でしたが

心配していたほどの混雑はありませんでした
20240610_114253_copy_800x600







午後は山形県南陽市にある“熊野大社”

初めて訪れる神社です

日本3熊野のひとつで

“東北のお伊勢さん”と飛ばれている神社だそうです

でもご祭神はイザナギ&イザナミってことなので

本来なら“東北のお多賀さん”と呼ぶべきでは・・・

バスの駐車場はこんな感じ↓
20240610_140426_copy_1024x768






華手水が綺麗ですね

この神社は写真映えを狙ったスポットが多いようです
20240610_140356_copy_1024x768






こちらは入口にある大イチョウ

源義家が鎌倉景政に命じた植えた銀杏と伝わっているそうです

ちなみに境内には義家と影政を祀る境内社も鎮座していました
20240610_140528_copy_1024x768






参道の両脇には今にも飛びついてきそうな狛犬

めちゃ大きいです

そして階段がちょっと大変・・・
20240610_140504_copy_1024x768






けっこう広い境内ですね

檜皮葺の拝殿がめちゃくちゃ立派

出羽三山神社の三神合祭殿によく似た感じやね
20240610_134943_copy_1024x76820240610_134728_copy_1024x768






この屋根の重厚感みて!

彫刻も素晴らしいです!!
20240610_134736_copy_1024x76820240610_134756_copy_1024x768






三神合祭殿と同じ作者かな?

越後のミケランジェロ、石川雲蝶ならぬ

出羽のミケランジェロも存在したのか?
20240610_134810_copy_1024x76820240610_134826_copy_1024x768






熊野大社は参拝者の願いを風鈴に託す

“かなで”という祈願祭を行っているそうです
(6月〜9月末まで)
20240610_134447_copy_1024x76820240610_134528_copy_1024x768






あと本殿の裏に隠れている

3羽の兎の彫刻探しも人気
20240610_133851_copy_1024x76820240610_133807_copy_1024x768






2匹は比較的すぐに見つけられるのですが

残りの1匹はかなり難易度が高いようです

この中のどこかにいるはずなんだけど・・・
20240610_134202_copy_1024x768






こんな手引書までありました(笑)
20240610_140724_copy_1024x768






皆さんもぜひ3羽の兎を探してみてください


これにて2日目の観光は全て終了

お祭りがメインのコースなので

なんともシンプルな2日間なのでした
20240610_171921_copy_1024x768







東北絆まつりと山形さくらんぼ狩りツアー1日目♪

東日本大震災以降に始まった東北6県合同のイベント

東北六魂祭(ろっこんさい)改め

“東北絆まつり”がメインのツアーで東北へ

お客様は18組36名様

初日は伊丹空港から仙台空港へ飛び

そこから仙台駅へ

移動時間は約30分

ろくに各祭りの概要を話す時間もなく到着・・・

駅周辺の渋滞とか全然なかった・・・
20240609_102640_copy_1024x76820240609_102844_copy_1024x768






駅構内の特設案内所でパンフレットをもらったら

あとは各自でパレードを見学してもらいます
20240609_102708_copy_1024x76820240609_102726_copy_1024x768






パレードは13:30〜16:00

まずは腹ごしらえやね

今回は元祖仙台ひと口餃子のお店“あずま”

前から気になってたお店なんですよね

仙台市内でも何店舗かあります

今回利用したのは一番町四丁目の店舗
20240609_111913_copy_1024x76820240609_105632_copy_1600x1200






餃子は外せないけどニラレバの気になる・・・

ってことでどちらも楽しめる

“ニラレバ餃子定食(1208円)”にしました

餃子はニンニク不使用でちょっと物足りなさを感じましたが

甘めの餡で美味しかったです

それよりニラレバですよ

サイコロステーキみたいにコロコロしたレバーが

めっちゃ美味しいんですけど!!

これはめっちゃ大当たり!!

次に来たときはニラレバ定食やな♪
20240609_110505_copy_1024x76820240609_111140_copy_1024x768






さて、話がそれましたが

絆まつりのパレード会場へ向かいましょう

パレードは定禅寺通りからスタートし

東二番町通りを南へ下り

再びスタート地点へ戻る往復ルート

一部有料観覧席もありますが、基本的に

自由見学

公式HPにも見学は立ち見と書いてあるし
スクリーンショット (365)

スクリーンショット (366)

公式ガイドブックにもレジャーシートなどを使用した場所取りは

禁止

って書いてありましたが

既に前方はレジャーシートや椅子を置いて陣取られてた・・・
20240609_114246_copy_1024x76820240609_112504_copy_1024x768






勾当台公園の市民広場ではパブリックビューイングを設置ってことで行ってみましたが

画面ちっこ!!

なんか思ってたのと違う・・・
20240609_115513_copy_1024x76820240609_115456_copy_1024x768






どこで見るか迷った挙句

定禅寺通りのスタート地点付近の北側で見ることにしました

早めに見て早めに撤収する作戦です♪


パレードの先頭を飾るのは、開催都市の仙台市

仙台の七夕まつりは展示されている飾りを見るだけのお祭り

なのでパレードでは“仙台すずめ踊り”が披露されていました

はじめて見るお祭りですが

めっちゃすずめ感あったわ!

ちょっと阿波踊りっぽさもあって見ごたえがありました

伊達政宗武将隊とかも出陣していたので

総勢約350名の大所帯だったようです
Gallery_1717914672904_copy_1024x755Gallery_1717914762213_copy_1024x755






続いては“山形花笠まつり”

約160名が参加
Gallery_1717914822728_copy_1024x775Gallery_1718014618235_copy_1024x755






続いては約150名が参加の“福島わらじまつり”

初めて聞いたお祭りです・・・

12mの巨大わらじを担いでいるんですが

横からじゃよーわからんて!(笑)
Gallery_1717914881809_copy_1024x755Gallery_1717914906649_copy_1024x755






続いて“盛岡さんさ踊り”

去年、はじめて見て感動したお祭りです

約150名が参加
Gallery_1717914925693_copy_1024x755Gallery_1717914984505_copy_1024x755






パレードの最後を飾るのは“青森ねぶたまつり”

約180名が参加

ねぶたは最低2台くらいは出るやろと思ってたら

1台で終了
Gallery_1717915009728_copy_1024x755Gallery_1717915029096_copy_1024x755






え、これだけ?

って空気が定禅寺通りに漂っておりました・・・
Gallery_1717915043955_copy_1024x755






“秋田竿燈まつり”は130名が参加

パレードコースの3ヶ所で演技を披露

あとぷらんど〜む一番町(アーケード街)では

本番さながらの七夕飾りも行われていました
Gallery_1717915081836_copy_1024x755Gallery_1717915099802_copy_1024x755






以上の流れを動画で簡単にまとめてみました↓


正直、想像していたより規模は小さい印象を受けましたが

同じ場所にいながら東北6県の祭りが見れるのはいいですよね

個人的には仙台すずめ踊りが良かったな〜

本番は7月に行われるそうですよ


さて、東北夏まつりを言えば迷子が心配ですが

今回は仙台駅で解散して仙台駅に戻ってきてもらうだけなので

西口と東口の勘違いがあった程度で

みなさま無事に集まってくれました
20240609_155743_copy_1024x76820240609_155821_copy_1024x768






このあとはホテルへ向かいます

今夜のお宿は“仙台ヒルズホテル”

どこそれ?と思ったら

仙台大観音の真横やった(笑)
20240609_201313_copy_1024x76820240609_184437_copy_1024x768






裏がゴルフ場なのでゴルフ客かインバウンドが多く利用するホテルのようです

確かに日本人のツアーは1台も泊まってなかった・・・

部屋にはありがたいことにマッサージチェアがありましたね

隣の部屋に泊まっていたドライバーさんの部屋にはなかったようなので

全部の部屋に設置してある訳じゃないようです
(マッサージチェア付きの部屋として売ってるのかな?)
20240609_184104_copy_1024x76820240609_184128_copy_1024x768






仙台市内泊まりでは定番となった

自由夕食

ヒルズホテルは仙台駅から9キロほど離れた場所ですが

周囲にイオンモールやファミレスなど飲食店は多数あります

今回は“スシロー”をチョイス

15皿食べてで2040円
20240609_202016_copy_1024x76820240609_210156_copy_1024x768






改めて思ったけど

スシローってコスパいいな♪

【沖縄マニアック観光】琉球王国の歴代国王を祀る沖縄神社って知ってる?

皆さんは“日琉同祖論”って聞いたことありますか?

かつて独立したひとつの国だった琉球王国

琉球とひとくちに言っても

現在の奄美諸島から沖縄本島、さらに台湾まで含めて

“琉球”と呼んでいた時代もあったそうです

江戸時代に琉球王国は薩摩藩の侵略を受けるのですが

その際は明(いまの中国)に援軍を頼んだほど

どちらかと言えば日本より中国寄りの国だったのです
(王族の衣装とか見てるよく分かりますよね)

薩摩の侵略を受けたあとは琉球王国琉球藩となり

さらに廃藩置県で沖縄県へと時代に翻弄されるわけですが

琉球を日本の領土とする正統性を主張するため

琉球王国のかつての王

舜天(しゅんてん)王は清和源氏の流れを持つ

源為朝(みなもとのためとも)の子だ

って説まで出てきたそうです

源為朝は保元の乱で敗れたあと

伊豆に流され亡くなったとされるのが定説ですが

実は琉球に渡って現地の有力者の娘との間に子をもうけ

それがのちの舜天王になったとのお話しです

このようなやや無理やりな日本と琉球を結びつける説を

“日琉同祖論”とも呼ぶそうです

なんだか“日ユ同祖論”みたいでワクワクしますね(笑)

そんな琉球沼にハマって関連動画をみまくっていると

源為朝を祀る神社が沖縄にあるという情報を入手

その名も“沖縄神社”というらしい

さっそく先日の沖縄ツアーの合間に行ってみました

最寄り駅はゆいレールの首里駅
20240526_161047_copy_1024x768






グーグルマップによると首里城公園とは反対の方向へ進み

徒歩約12分で到着できるはず

何の看板もない住宅街を進むと

何やら樹木が生い茂るそれっぽい雰囲気の場所に出ました

鳥居の跡があるってことはこの先にあるのか???
20240526_163728_copy_1024x76820240526_163736_copy_1024x768






これがその“沖縄神社”

だと思います

グーグルマップではそう出ていた(笑)
20240526_163558_copy_1024x768






動画でも地元のタクシードライバーでも知らないほど小さい神社

って聞いていたけど

想像以上に小さい・・・

祠の中に5つの石が置かれていました
20240526_163603_copy_1024x76820240526_162833_copy_1024x768






扁額はなく、祠の中に5名の名前が記されていました

左から

尚圓王(しょうえんおう)
察度王(さっとおう)

舜天王(しゅんてんおう)

英祖王(えいそおう)
尚思紹王(しょうししょうおう)

20240526_162804_copy_1600x1200






両サイドが第一尚氏王統と第二尚氏王統の初代国王

中央が浦添三大王統と呼ばれる国王

めちゃくちゃ豪華メンバーですよね

かつて沖縄神社は首里城の城内に祀られていたそうです

でも源為朝を祀る神社って聞いてたのに

源為朝の名前がどこにもない・・・


隣にはさらに小さい祠がありました

こちらにはサンゴの塊みたいな石が2つ置かれているのみ

いった誰を祀っているんだろ???
(これが源為朝なのか?)
20240526_163614_copy_1024x76820240526_163622_copy_1024x768






道路の向かいに渡ってみると

何やら意味ありげな門がありました

なんでもこの辺りは“弁ヶ嶽(べんがだけ)”といって

一般的には“ビンヌウタキ”と呼ばれる御嶽(うたき)

沖縄本島中南部では最も高い峰のひとつで

峰全体がご神体だったようです

だから周囲の雰囲気がちょっと違ったのか!!

この石門は世界遺産の構成資産にも指定されている

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)と同時期に作られ

沖縄戦で焼失するまでは国宝だったそうですよ
20240526_163854_copy_1024x76820240526_163840_copy_2000x1500






石門の上にのる鯱もカッコいい!!
20240526_163917_copy_1024x76820240526_163907_copy_1024x768






中央のこれは何やろ?

宝珠?

それともホヤ貝?(笑)
20240526_163914_copy_1024x768






このあと園比屋武御嶽石門を見てわかった

蓮の花だ(笑)
Gallery_1716949600225_copy_1024x768Gallery_1716949567890_copy_1024x768







現在のビンヌウタキの石門はコンクリート製ですが

この石門をハワイの「うるま一心会」が寄与したって経緯も興味深いですね
20240526_163924_copy_1024x76820240526_164616_copy_1024x768






沖縄観光といえばリゾートか沖縄戦の戦跡めぐり

ってイメージですが

このようなスピリチュアルな御嶽めぐりや

琉球王国ゆかりの史跡めぐりも面白そうですよね

首里駅から徒歩で行ける場所なので

是非、興味がある方は訪れてみてください


実際の映像はコチラ↓


で、源為朝はどこで祀られているんや???

【沖縄グルメ】タイラ製麺と漢謝園♪

先日行った沖縄の休日ツアー

1本目と2本目の間に食べた食事をご紹介します

まずは国際通りにある

“タイラ製麺所・国際通り店”
20240526_140130_copy_1024x768






お店にはとくに何も書いていなかったんですが

テレビ番組、「月曜から夜更かし」にたまに出ている

嫁ニーこと平良司さんが経営しているお店だそうです
(沖縄迷菓「黒い濃い人」の人やね)

詳しく知りませんが沖縄では結構有名な人みたいです
(タレントではなくあくまで一般人みたい)

国際通り店ってことなので他にもあるのか調べてみたら

なんと

愛知県岡崎市やった(笑)

てか岡崎に先に出店して

好評だったので那覇に出店したそうです
(逆輸入か!)

メニューはこんな感じ
20240526_133848_copy_2000x1500






立地が立地なだけにお値段は高め

料金は先払い制です

今回食べたのは“タイラそば(950円)”

プラス50円でもずくそばにしました
20240526_134452_copy_1024x768






皮つきバラ肉も外がコリコリ、中はしっとりで美味しいし

ダシも麺も個人的にかなり好みの味でした♪

沖縄そばってあまり好きじゃなかったので

これまで沖縄に行っても好んで食べてこなかったんですが

前回のフクギ並木で食べたアーサーそばといい

沖縄そばも美味しいお店で食べたら美味しいんだなと見直しました(笑)

ゆいレールの牧志駅からすぐなので是非行ってみてください

ちなみに私が行ったときは外国人スタッフがワンオペでまわしていたので

提供にちょっと時間がかかりました

時間がない時は要注意です


お次は夕食に行った

“漢謝園安里店”

現地添乗員のKumiさんに

オリオンホテルに泊まるならココ!

って教えてもらったお店です

実はランチにここに行こうと思ったら

無慈悲にもランチ営業が終了していたのです・・・
20240526_132637_copy_1024x768






てことで夜に再度行ってみました

中国人の方が家族経営されているお店のようで

店内はまんま中国でした

昔はよく中国のこんなお店でご飯食べてたな〜・・・
20240526_200433_copy_1024x768






こちらのお店は刀削麺(トウショウメン)が有名だそうで

最近もテレビで紹介されていたそうです
20240526_200332_copy_768x1024








他はこんな感じ

めちゃメニュー多いな・・・
20240526_200341_copy_2000x150020240526_200401_copy_2000x1500






20240526_200412_copy_2000x150020240526_200422_copy_2000x1500






今回はこんなチョイスにしました

まず名物となっている刀削麺は外せないよね

ってことで

トマト玉子麺(850円)

中国に行くと玉子&トマトのスープとか麺が出てきますよね

あれ、めちゃ好きだったんですよ!

久々にあの味に出会えて感激♪
20240526_201245_copy_1024x768






麺もぷるぷるもちもちで美味しかった〜

これまで中国で食べた刀削麺は

だんご汁やほうとうみたいなぶっとい麺でしたが

ここの麺は愛知のきしめんみたいな薄さで食べやすかったです

これ、ほんまに刀で切ってんのかな?(笑)
20240526_201706_copy_1024x768







お次は定番の焼き餃子(770円)

こちらも人気メニューのようです

本場中国らしく厚めのもっちりした皮がGOOD
20240526_201406_copy_1024x768






そして最後は沖縄らしくミミガー中華風(400円)

400円の中華小皿シリーズはおひとり様にはありがたい

かなり豚の耳感のあるミミガーなので
(当たり前か)

慣れない方にはちょっと抵抗があるかもしれません(笑)
20240526_201555_copy_1024x768






これだけ食べて2020円
20240526_201546_copy_1024x768






なんか沖縄に来たのに

まるで中国に来たかのような満足感(笑)

ごちそうさまでした!


こちらのお店は国際通り沿いではないんですが

ここも最寄り駅はゆいレール牧志駅

オリオンホテル那覇の真裏なので分かりやすいです

ランチタイムはよく並んでいるそうなのでお気をつけくださいね

吉備氏ゆかりの地めぐりツアー2日目・【後半】

午後も引き続き吉備津彦VS温羅の伝承地をめぐります

“矢喰宮(やぐいのみや)”

ここには“矢喰神社”と“矢喰の岩”があります
20240602_125538_copy_1024x76820240602_125834_copy_1024x768






吉備津彦が放つ矢と

温羅が投げる岩がぶつかって落ちた場所
20240602_125844_copy_1024x76820240602_125644_copy_1024x768






境内には”矢喰神社”と書かれた鐘がありました

神仏習合の名残でしょうけど

神社名が彫られた鐘って珍しいですよね
20240602_130406_copy_1024x76820240602_130353_copy_1024x768






お次は“鯉喰(こいくい)神社”

駐車場はないので矢部公民館にバスを止めて歩きます
20240602_131921_copy_1024x76820240602_131933_copy_1024x768






実は去年の10月、プライベートでここを訪れた際

他社さんのツアーに遭遇したんですよね

古代史サイクリングinきびーろーど【後編】♪

(2023年10月3日)

そこで吉備の古代史ツアーが比較的需要があるって情報を入手

会社に提案して作ってもらったのが今回のコースなのです

しかもその時にお話ししたのが今回のガイドの板野さん

なんとも運命を感じますね(笑)
20240602_132351_copy_1024x76820240602_132554_copy_1024x768






ここの鐘にも神社名が刻まれていました

鯉喰神社と楯築神社のダブルネームだ
20240602_132854_copy_1024x76820240602_132905_copy_1024x768






鯉喰神社は鯉に化けた温羅を

鵜に変身した吉備津彦が捕まえた

って伝説が残る場所

屋根に鯉の彫刻を見ることができます
20240602_133036_copy_1024x76820240602_133218_copy_1024x768






この神社がある場所自体が弥生時代の墳丘墓

卑弥呼の墓では?なんて話もあるそうですよ
(邪馬台国吉備節)


お次は吉備津彦を祀る“吉備津神社”

本来は吉備国の総鎮守でしたが

備前・備中・備後に分かれたあとは備中一の宮

“吉備総鎮守”“三備一宮”とも呼ばれているそうです

映画「燃えよ剣」にも使われた廻廊や

鳴釜神事(なるかましんじ)で知られる

御釜殿(おかまでん)が有名

本殿は神社建築ではここだけと言われる

比翼入母屋造り(吉備津造り)で国宝
20240602_141827_copy_1024x768Gallery_1717314304070_copy_1024x768






御釜殿は祈祷中で入れなかったのですが

本殿(外観のみ)は巫女さんに案内してもらいました
20240602_140649_copy_800x600






ここでガイドの板野さんとはお別れ

最後は同じく吉備津彦を祀る“吉備津彦神社”

こちらは備前一の宮

境内社が多数鎮座しているのですが
20240602_144524_copy_1024x76820240602_150453_copy_2000x1500






そんな中に温羅を祀る“温羅神社”があります
20240602_144901_copy_1024x768






居城はあんなに大きいのに

祀られている神社はえらい小さいのですね・・・

横には桃の木が植えられていました

温羅が復活したらこの桃の木から大きな桃が落ちて

川に流れてどんぶらこどんぶらこ

その桃をお婆さんが拾って持って帰ると

中から桃太郎が生まれましたとさ
20240602_145913_copy_1024x768






これは吉備津彦神社の駐車場に鎮座する桃太郎像

足元にいる家来

めっちゃ弱そうやな・・・
(特に猿!!)
20240602_150031_copy_1024x768






これにて2日間の行程は全て終了

正直、お客様に喜んで頂けるか不安はありましたが

1日目の古墳めぐり、2日目の伝承地めぐり

どちらも興味深くガイドさんのお話に耳を傾けてもらえて

とても楽しそうに帰っていかれました

先日の仏像めぐりツアーといい

やっぱり好奇心旺盛なお客様は生き生きしていますね

ガイド・お客様・添乗員、みんな遺跡が好き

なんとも和やかムードの2日間なのでした


今回のツアーにあたり

桃太郎を極めようと3冊の本を読みました

かなり桃太郎に詳しくなったので

桃太郎について詳しく知りたい方はお声をおかけください(笑)
20240523_231640_copy_1024x76820240530_131200_copy_1024x768






てか個人的には遺跡や古墳より

伝説や伝承、歴史ミステリーの方が好きなんですよね

おとぎ話の伝承地めぐりのコースとかあればいいのにな〜


丹後半島に伝わる

浦嶋子(うらしまこ)の伝承も気になるんですよね
20240603_134804_copy_1024x768






浦嶋子伝説のウラ

温羅伝説のウラ

何やらウラで繋がりがありそうですね・・・

吉備氏ゆかりの地めぐりツアー2日目・【前半】

ツアー2日目を迎えました

今日もいい天気になりそうです
20240602_080355_copy_1024x768






三井ガーデンホテル岡山の朝食

岡山色があってなかなか美味しかったです
20240602_072251_copy_1024x76820240602_072140_copy_1024x768






ゆで卵の盛り付けが凄かった(笑)
20240602_072155_copy_1024x768








ホテルを出発し、まずは国民宿舎

“サンロード吉備路”でガイドさんと合流

今日お世話になるのは

吉備路ボランティアガイド協会の板野さんです

2日目は桃太郎伝説のモデル

吉備津彦VS温羅ゆかりのスポットめぐり

まずは鬼の温羅(うら)の居城と言われる

“鬼ノ城(きのじょう)”からスタート

標高400mの城山山頂にそびえる古代の山城

古代の山城と言っても朝鮮式山城とは違い

“神籠石系(じんごいしけい)山城”というそうです

城内は約30ヘクタールでめちゃくちゃ広いので

今回はその一部を2時間ほどかけて歩きます
20240602_093245_copy_1024x76820240602_114350_copy_2000x1500






鬼ノ城は日本百名城の69番

100名城のスタンプはビジターセンターにありますが

御城印はやっていませんでした
20240602_093024_copy_1024x76820240602_093331_copy_1024x768






4つある城門の中でも一番有名なのはこちらの“西門”
20240602_094255_copy_1024x76820240602_094525_copy_1024x768






よくポスターやガイドブックで見かけますよね

近くで見ると圧巻!!
20240602_095056_copy_1024x76820240602_095730_copy_1024x768






城内も見所満載

もはやお城巡りツアーみたいになってる・・・

アップダウンも多いのでさながらトレッキング
20240602_100221_copy_1024x76820240602_100840_copy_1024x768






石垣の中でも初期の石垣といわれる

野面積みよりさらに古い石垣

排水用の水門なども整備されていたことに驚きです
20240602_101927_copy_1024x76820240602_102036_copy_1024x768






頑張って歩いてきただけあって、景色がいいですね
20240602_104321_copy_1024x76820240602_104540_copy_1024x768






今回は岩切観音って摩崖仏まで行って折り返しました

最後はビジターセンターでおさらいです
20240602_114115_copy_1024x76820240602_114150_copy_1024x768






ここまで2時間以上かかりました

今回歩いたダイジェストはこんな感じ↓


散策が終わったタイミングでお弁当がやってきました

昨日お世話になった“和食たにもと”さん特製弁当
20240602_115407_copy_1024x76820240602_114632_copy_1024x768






こんな山の上まで届けて頂き感謝です

そして今日も美味しい食事をありがとうございました

吉備氏ゆかりの地めぐりツアー1日目・【後半】

1日目の午後は“作山(つくりやま)古墳”

駐車場はありますが

9m以上のバスはムリのようです

マイクロバスで良かった・・・
20240601_140730_copy_1024x768






午後からはガイドさんが代わります

今回お世話になったのは

“吉備路ボランティアガイド協会”根馬さん

すいすいと墳丘に登っていきますが

お歳はなんと86歳!!

年齢を聞いてお客様もビックリです
20240601_141234_copy_1024x76820240601_141653_copy_1024x768






ここの後円部も何もない草むらに見えますが

今年中に発掘調査が入るのだとか
20240601_142340_copy_1024x76820240601_142324_copy_1024x768






奈良の富雄丸山遺跡に刺激されたのか

岡山県は発掘調査にえらい意欲満々ですね

2024年は吉備の古代史に注目が集まるかも?
20240601_143008_copy_1024x768






お次は吉備路のシンボル、五重塔が建つ“国分寺”
20240601_145107_copy_1024x76820240601_150102_copy_1024x768






全国の国分寺で五重塔が残るのはここだけ

屋根の下に龍がいて、1匹だけ火を吹いています

ここをお祈りすると家が火事にならないんだとか
20240601_151758_copy_1024x76820240601_151633_copy_1024x768






お次はお隣の“こうもり塚古墳”

本来は石棺のある玄室には鍵がかかっていて入れませんが

今回はガイドさん付きの特権で中まで入ることができました
20240601_155008_copy_1024x76820240601_154045_copy_1024x768






これにはお客様も大興奮♪

あ、添乗員もですけど(笑)
20240601_154018_copy_1024x76820240601_154811_copy_1024x768






家形石棺にはちゃんと蓋も付いています

崩れた部分から中を覗くと・・・

なぜか松ぼっくりが散乱してた(笑)
20240601_154700_copy_1024x768








これにて1日目の行程は全て終了

ホテルに入って少し休憩をしたら

夕食を食べに出かけます

今夜の夕食は岡山市内にある

“あじ彩・真(シン)”

担当者が以前から利用しているこだわりのお店だそうです

こじんまりしたお店で1品1品丁寧に出してくれるので

終了まできっちり2時間かかった・・・

でもお客様からは大好評!

普通のツアーで食事に2時間だとクレームがきそうですが

今回は同じ趣味の参加者の集まりなので

お話が尽きなかったようです

食後も仲良くなった人同士でコーヒー飲みに行ってたほどでした(笑)
20240601_175656_copy_1024x768Gallery_1717249499156_copy_1024x768






今夜のお宿は“三井ガーデンホテル岡山”

駅チカでさらに大浴場付き!
20240601_171800_copy_1024x768






よく歩いて汗をかいた1日だったので

大浴場付きは本当にありがたかったです♪

吉備氏ゆかりの地めぐりツアー1日目・【前半】

秦氏から始まった古代豪族を追うシリーズ

実はまだ続いておりまして

今回は岡山県の吉備路に点在する

“吉備氏”ゆかりの地をめぐる1泊2日の行程です

元ネタはコチラ↓





お客様は17組・19名様

19名限定だったのでおかげ様で満席です
(キャンセル待ちもいたほど)

バスが正シート20席のマイクロバスなので

19名が限界なのです・・・
20240602_145814_copy_1024x768






参加者は関西以外に広島・鳥取・山口・愛媛・高知

さらに地元の岡山や大分からもお集まりいただきました

古代史ツアーなので男性が多いと思いきや

19名中、13名が女性です!

まずは岡山駅2階の“ももたろう観光センター”

ここで“吉備路周遊マップ”をゲット
(事前に連絡を入れて確保してもらっています)

これ、28ページのボリュームで

今回行く観光地がほぼ全て網羅されている優れものなのです
20240601_091443_copy_1024x768Gallery_1717249333678_copy_1024x768






まず最初に向かったのは“造山(つくりやま)古墳”

ビジターセンターでガイドさんと合流

造山古墳は全国でも4位の大きさを誇る巨大な前方後円墳

埋葬者は不明ですが、大和王権に匹敵する

吉備の権力者が眠っているはず
20240601_103823_copy_1024x76820240601_105724_copy_1024x768






天皇陵に治定された古墳は立ち入りできないので

上がれる古墳としては国内最大の古墳ということになります

今はただの草むらに見える後円部ですが

今年中に発掘調査が入るそうです

ひょっとしたらこの下からとんでもないお宝が発見されるかもしれませんね
20240601_104854_copy_1024x76820240601_104947_copy_1024x768






前方部には疫神を祀る神社があって

境内には近くの古墳から出土した石棺が置かれています

前回来た時は、この蓋の部分を見逃したんですよね
20240601_110616_copy_1024x76820240601_110837_copy_1600x1200






石棺の反対側に置いてありました

内側に塗られた朱がまだ残っているのが胸アツです
20240601_110847_copy_1024x76820240601_110908_copy_1024x768






コースには入っていませんでしたが

造山古墳の陪塚(ばいちょう)

千足(せんぞく)古墳にも寄りました

ガイドさん曰く、ここを見せないと話しにならんそうです(笑)
20240601_112156_copy_1024x76820240601_112631_copy_1024x768






お次は弥生時代の墳丘墓

“楯築(たてつき)遺跡”

バス駐車場はないので公園の入口に路駐です
20240601_120131_copy_1024x76820240601_122320_copy_1024x768






ストーンヘンジのように巨石がそそり立つ不思議な遺跡

卑弥呼の前に君臨した王

スイショウの墓では?と噂される双方中円墳
(古墳時代より前なので古墳ではなく墳丘墓)
20240601_121420_copy_1024x76820240601_122139_copy_1024x768






倉敷市もこれから楯築遺跡を売り出していきたいそうで

敷地内にある巨大な給水タンクを

令和7年までに撤去する予定だそうです
20240601_120409_copy_1024x768






ガイドさんとはここでお別れ

今回は“造山古墳蘇生会”の田中さんが担当してくれました

古代史だけじゃなく戦国時代なども詳しい方で

めちゃくちゃ説明熱心なガイドさんでした


このあと総社市内の“和食たにもと”でランチ

外観はちょっとアレですが、店内はオシャレ
20240601_130540_copy_1024x76820240601_131458_copy_800x600






揚げたての天ぷらが自慢なのでサーブに時間がかかりますが

お客様からは大好評のお昼でした♪
20240601_131621_copy_1024x76820240601_131633_copy_1024x768






ちなみに近所には総社市民の心のふるさと

ベーカリー・トングウがあります
20240601_130345_copy_1024x76820240601_130441_copy_1024x768






おやつ代わりに“バナナロール”を買ってみました

あっさりしたバナナクリームで美味しかったです♪

沖縄の休日ツアー3日目とその後♪

ツアー3日目

ヒヨリホテルは朝食がいいことでも有名のようです

確かにパンコーナーは充実してるし

めちゃ長いチュロスまである!

自分で作る勝手丼コーナーがあるのもいいですね

海ブドウ丼も作れます
20240528_074918_copy_1024x76820240528_074941_copy_1024x768






ってこの日も5団体が同じ会場で朝食でしょ

入店までかなり待ちました・・・

時間がないので勝手丼とジーマーミ豆腐だけバタバタと食べました

ここのジーマーミ豆腐

ぷるっぷるでめちゃウマです!
20240526_080808_copy_1024x76820240528_074949_copy_1024x768






ホテルから空港までは約1時間

今回は渋滞もなく空港の混雑もなく

スムーズに手続きができました

やっぱりANAのオンラインチェックインは便利ですね

行きに神戸・関空から来たお客様は

自動手荷物預けで苦戦するけど・・・
(これはJALも同じ)
20240526_094358_copy_1024x768






さて、お客様はそれぞれの空港へ飛び立ちましたが

添乗員は帰れません!!

明日からまた同じツアーに同行するのです(笑)

なので今回の沖縄は4泊5日

てことで再び国際通りへ戻ってきました

国際通りって日曜日にホコ天になるのご存知です?

「トランジットモール」って制度で

12〜18時まで歩行者天国になるそうです

観光客にはあまり周知されていないようで

せっかく歩行者天国になっているのですが

歩いたらダメなのかな?

何かデモとかあるの?


って遠慮して

みんな歩いてない・・・
20240526_142541_copy_1024x76820240526_142004_copy_1024x768






現在の国際通りの様子はコチラ↓


さて、今晩からまたオリオンホテルにお世話になります

今夜からまたオリオンビール三昧♪
20240526_133201_copy_1024x76820240526_133140_copy_1024x768






2度目の朝食はフレンチトーストにしてみました

このフレンチトースト

中がとろっとろでめちゃ美味しかった!!
20240527_083254_copy_1024x768






2本目のお客様は7組27名様

27名のうち社員旅行の13名グループがおります(笑)

今回は27名中、男性はたったの4名!

やっぱりホテル重視のツアーは女性のお客様が多いですね

今回もウミカジテラスでは奇跡的に晴れてくれました♪
20240527_112656_copy_1024x768






そしてこの日はアイドルグループ

ギャングパレードのメンバー

ウミカジテラスでバイトをする

というイベントが開催しておりまして

なんだか異様な雰囲気でした
Gallery_1716817142198_copy_1024x762Gallery_1716816228008_copy_1024x763






撮影NGだけど盗撮OK(笑)

ファンは写真をSNSで発信して推しメンをPRにしているようで

一眼レフのカメラをぶら下げているファンがたくさんいました

ファン1人1人が広報って訳です

なかなかWACK(所属事務所)らしい戦略だなと感心しました
Gallery_1716816281271_copy_1024x762Gallery_1716816341609_copy_1024x762






私はグループ名は知ってたけど

メンバーは誰一人わからない・・・

ひょうたがおったらめちゃテンション上がってたやろな(笑)


お昼は今回もステーキハウス88(北谷店)

前回は混み混みで2名様も相席でしたが

今回はゆったり席を使うことができました♪
20240527_133347_copy_1024x768






そして迎えたHIYORIオーシャンリゾート沖縄の夕食

今回、お客様の夕食は19時半から

サンセットライブが18時半〜19時15分なので

この時間がベストやね

はたして添乗員の夕食はちゃんと出てくるのか?
20240527_204018_copy_800x600






今回はちゃんと出てきました!(笑)

後から来た現地添乗員さんからサーブするという

軽い嫌がらせはありましたが

ちゃんと出てきただけマシですね

パスタは日替わりだそうですが

この日は島野菜のペペロンチーノでした

味覚障害になったのかと心配になるくらい

何の味もしない無味無臭なパスタでした・・・
(サラダは美味しかったです)
20240527_204204_copy_1024x76820240527_205509_copy_1024x768






ちなみに私がお店で絶対に頼まないパスタは

ペペロンチーノ!!


まぁペペロンチーノに罪はない

今夜はアイス1本で勘弁しとくわ


そんなこんなで部屋に戻ってまったりしていると

自分のスマホと会社のスマホからこんなアラームが
Gallery_1716865218696_copy_1024x959








北朝鮮からミサイル発射?

テレビをつけると

非難の対象となっているのは沖縄県です

って

いやいや、ここやないか!
20240527_225055_copy_1024x768






でも避難しろゆーても

どうしようもなくない?

外でもJアラートの不気味なサイレンと非難を呼びかける放送がかかっていました

建物の中に避難して窓から離れろってゆーてるのに

のんきにバルコニーで動画を撮ってる

平和ボケ観光客はコチラ↓

※ちなみにこの映像は翌日の「ニュース23」で流れました


そして今度は“避難解除”のアラームが

いやいや、テレビでは

北朝鮮からロケット打ち上げる連絡きてるって言ってたやん
Gallery_1716865262483_copy_1024x813







なんとも茶番臭い・・・
20240527_230520_copy_1024x768






機内で事故や災害が発生したら客室乗務員の指示に従いますよね

ホテルで災害が発生した場合はホテルスタッフの指示に従います

地震や津波だと避難場所へ移動って流れが想像できますが

ミサイルだと大前提として外はダメでしょ?

じゃーどこに避難するんやろ?

ミサイルが飛んできた場合の誘導マニュアルとかあるのかな?

なんともモヤモヤが残るJアラート騒動なのでした


そしてミサイルの被害もなく、平和に最終日がやってきました

今回も空港へはスムーズに到着

添乗員さんは神戸便のお客様と一緒に帰ります

ソラシドエアとかめっちゃ久々に乗りました

一瞬乗る飛行機間違えたのかと思ったわ(笑)

ソラシドエアってカラーリングやデザインがオシャレでいいですね
20240528_114430_copy_1024x768






さて、関西に戻ってきたら

警報級の大雨やん!!

Gallery_1716899773934_copy_600x816








梅雨入りの沖縄ではほとんど雨にあわなかったのに・・・
20240528_132356_copy_1024x768






でもまぁ沖縄では雨の影響もミサイルの影響もほとんどなく

添乗員の夕食が1回出てこない程度のトラブルくらいで済んで良かったです

今回のツアーは

・DMMかりゆし水族館
・ヨナーズ
・道の駅かでな
・オリオンホテル那覇
・HIYORIオーシャンリゾート沖縄


と初めて利用する施設・ホテルばかり

さらに今回もバスガイドの同行なしということで

色々と勉強になりました

事前に勉強した琉球王国の歴史を語る時間はあまりなかったですが

引き続き琉球王国の勉強は続けていこうと思います

てことでまた空港の本屋でこんな本を買ってしまった

沖縄・琉球の歴史
Gallery_1716554116615_copy_1024x768






マンガですけどね・・・


沖縄のマニアックな史跡めぐりツアーとか出ないかな〜

浦添三王統(舜天・英祖・察度)ゆかりの地めぐりとか


金丸こと尚円王(第二尚氏王統・初代)ゆかりの地めぐりとか

英祖王の父と伝わる源為朝の痕跡をめぐるツアーとか

琉球の創生神話、アマミキヨ伝承の巡礼ツアーとか


てかいっそのこと沖縄で現地添乗員やるか(笑)

沖縄の休日ツアー2日目・【後半】♪

お客様はがステーキランチを食べている間

外は土砂降りの雨に・・・

まぁここまで雨がもってくれただけも感謝♪
20240525_135726_copy_1024x768






お次は“道の駅かでな”

沖縄最大の米軍基地で

羽田空港の1.3倍もの敷地を誇る

“嘉手納基地”の横にある道の駅です
20240525_152950_copy_1024x768






4階に展望デッキがあります
20240525_154021_copy_1024x76820240525_154043_copy_1024x768






もちろん空港みたいにダイヤが公開されている訳ではないので

いつ飛行機が離発着するかは分かりません

ちなみに土日は基地がお休みなので基本的には離発着はないよです

あと気になるオスプレイですが

オスプレイが配置されているのは普天間基地だそうです


動画で見るとこんな感じ↓
(この映像は後日撮影)


さて、これにて本日の観光は全て終了

今夜のお宿は恩納村にある

“HIYORIオーシャンリゾート沖縄”

私は初めて泊まるホテルなのですが

今回のツアーはこのホテルに泊まるのが最大のウリ

ここに泊まるのが目的で参加されるお客様もいるほど人気のホテルなのです
20240525_181629_copy_1024x768






ちょっと天気がアレなので良さが伝わりにくいのですが

人気のひとつに屋外のインフィニティプールがあります

さらにインドアプールや大浴場も完備!
20240525_181157_copy_1024x76820240525_181258_copy_1024x768






部屋に向かう廊下は雨風の影響をもろに受けるので

悪天候時は大変みたい・・・
20240525_165557_copy_1024x76820240525_165505_copy_1024x768






部屋は全室オーシャンビューのスイートルーム

こんな広い部屋に1人って勿体ない・・・
20240525_165248_copy_1024x76820240525_165257_copy_1024x768






室内にはシステムキッチンや全自動洗濯機も完備

コーヒーはヒヨリオリジナルブレンド

緑茶は京都・辻利のティーバッグです
20240525_165311_copy_1024x76820240525_165334_copy_1024x768






さらに・・・

冷蔵庫の中にはさんぴん茶とオリオンビール!

冷蔵庫の中にはブルーシールのアイスまで入っているではないですか!!

このコースはオリオンビールが協賛なのか?(笑)
Gallery_1716816888590_copy_1024x75520240527_223215_copy_1024x768






高台に建つのですぐ裏がビーチって訳ではないですが

バルコニーも広々しています

さらにテレビはネットのコンテンツも視聴可能

YouTubeでタビトレ!見放題です♪
20240525_165437_copy_1024x76820240525_190957_copy_1024x768






夜の雰囲気もいいですね
20240525_202120_copy_1024x76820240525_202625_copy_1024x768






この日は団体ツアーが5団体宿泊しておりまして

我々の夕食は3回転目の20時スタート

16時半に着いて夕食20時て・・・
20240525_201827_copy_1024x76820240525_201704_copy_1024x768






いい時間は慣れてる現地添乗員さんが先に取ってしまうようで

アウェイの添乗員は後回しのようです・・・

20時スタートゆーても実際はさらに時間が押しまして

お客様が全員席に着いて落ち着いたのは

20時半まわってたんじゃないかな?

添乗員さんはバーカウンターでパスタだそうですが

席に着いても水も持ってこないし

「少々お待ちください」とか声かけも“一切”ないので

気分が悪いので何も食べずに部屋に戻りました

忙しいのは分かるけどさ

ひとこと何かあってもええんちゃう?

てことで添乗員さんの夕食はコチラ

冷蔵庫に入ってたオリオンビール&ヒヨリチップス
20240525_214452_copy_1024x768






このチップス

香辛料がめちゃ効いててクセがすごかった(涙)

なんか踏んだり蹴ったりの夜やったな・・・

食後はアイス2本やけ食いしました



HIYORIオーシャンリゾート沖縄

当社最高ランクのホテル!

って事で構えてたけど

レストランスタッフの接客態度のおかげで

なんだか親しみが持てるようになりました♪
(フロントはあれだけしっかりしてるのに・・・)

まぁ団体ツアーが5台も入っている時点でね・・・

沖縄の休日ツアー2日目・【前半】♪

ツアー2日目

オリオンホテルさんの朝食はハーフビュッフェ

この日は4種類の中からメインプレートから選べました
(選べる種類は日によって異なるみたい)
20240527_081843_copy_768x1024








今回オーダーしたのは豆乳パンケーキ

パンケーキゆーても甘くない方のパンケーキやった(笑)

見た目しょぼいですが味は美味しかったです
20240525_081757_copy_1024x768






ちょっとした惣菜やパンは食べ放題でした
20240525_081444_copy_1024x76820240525_081504_copy_1024x768






さて2日目最初に向かったのは

2020年開業の“DMMかりゆし水族館”

はじめて行く観光地です

イーアス沖縄というショッピングモールに併設していました

受付&入口は2階

あまり団体慣れしていない&チケットを1枚1枚

ガッチャンガッチャンって発券するので時間がかかります・・・

予め人数を伝えていても用意はしてくれない

あんまり融通きかない系の施設のようです・・・
(スタッフは皆さんいい方ばかりです)
20240525_103650_copy_1024x76820240525_094141_copy_1024x768






入館料は美ら海水族館より高い2400円

添乗員は顔パスでは入館できませんが

受付で名刺と引き換えにこんな大げさな招待券を頂けます

こんなデカくする必要ある?(笑)
20240525_094156_copy_1024x768






こちらの水族館のコンセントは

最新の映像表現と空間演出を櫛した新しいカタチのエンターテインメント
20240525_094253_copy_1024x76820240525_094352_copy_1024x768






アートアクアリウムと大阪のニフレルを融合させたような施設かな?
(ニフレル行ったことないけど)
20240525_095609_copy_1024x76820240525_094720_copy_1024x768






20240525_101412_copy_1024x76820240525_102017_copy_1024x768






万人ウケする施設ではないかもしれませんが

コンセプトをしっかり理解していれば十分楽しめると思います

私はめちゃくちゃ楽しめました
20240525_101808_copy_1024x76820240525_101650_copy_1024x768






20240527_100146_copy_1024x76820240525_102258_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


お次は“沖縄特産品市場 ヨナーズ”

シークワーサー製品がメインのお店です

IKKOさんが6年間愛飲しているという

“青切りシークワーサー100プレミアム”が看板商品
20240525_104522_copy_1024x76820240525_110321_copy_1024x768






あと蛇口からシークワーサージュースが出てきます(笑)
20240525_110350_copy_1024x76820240525_104530_copy_1024x768






お次は“瀬長島ウミカジテラス”

ここは前に1度だけ来たことある

青空が今にも雨雲に飲み込まれそうですが

なんとか傘いらずに過ごせました

梅雨入りした沖縄でこれだけ青空見れてらラッキーですよね
20240525_112700_copy_1024x76820240525_113233_copy_1024x768






ここで現地添乗員のKumiさんに教えてもらった

“たい焼きパフェ(680円)”を食べてみたら

めっちゃお腹がふくれた・・・
20240525_113520_copy_1024x76820240525_113945_copy_1024x768






お昼前にこれは完全に失敗でした(泣)

今日のお昼は“ステーキハウス88(北谷店)”

美浜アメリカンビレッジの中にある店舗です

駐車場からめっちゃ遠いので導線はこちらの動画でチェック


現在の観光バス駐車場は本来は自家用車レーン

今は期間限定で利用できているそうです

7月1日からは元も場所に戻るのでご注意ください
(今よりもさらに遠くなります・・・)
20240525_131505_copy_1024x76820240525_131418_copy_1024x768






お客様はステーキランチ(200g)

赤身のお肉で硬いので

小さく切って良くかんで食べてもらいましょう
(特にご年配のお客様)
20240527_130512_copy_1024x76820240527_130452_copy_1024x768






添乗員さんはステーキではなくハンバーグやった・・・
20240525_132400_copy_1024x768







沖縄の休日ツアー1日目♪

沖縄の現地添乗員さんがまた不足しているようなので沖縄へ

1月に沖縄に来た際に買った

「琉球・沖縄史」を必死に読み始めたんですが

琉球合併(琉球処分)までしか読めなかった・・・
(この本、ジュニア版なのにかなりの情報量!)
20240523_231523_copy_1024x768






今回のツアータイトルは

HIYORIオーシャンリゾート沖縄と
オリオンホテル那覇に泊まる!
沖縄の休日3日間


広告に観光地の写真が一切載っていないほど

ホテル重視の3日間コースです

お客様は18組41名様

関空・伊丹・神戸の各空港から那覇空港へ

添乗員さんは伊丹のお客様と一緒に現地へ向かいます

お昼はいつものように“海キッチン”へ向かったんですが

違うお店に変わってた・・・

店名もメニューも変わっていましたが

以前と同じく天津飯があったので頼んでみました

これで1300円なら551へ行くな・・・・
20240524_105552_copy_1024x76820240524_110330_copy_1024x768






伊丹空港は晴れていましたが
20240524_133418_copy_1024x768






那覇空港は雨模様

沖縄は既に梅雨入りしているので仕方ない・・・
20240524_165255_copy_1024x768






那覇空港からホテルまでは各自で向かいます

最近は初日や最終日にバスを使わないコースが増えましたね

今回お世話になるのは国際通りに面した便利なホテル

オリオンホテル那覇

あのオリオンビールが経営するホテルです

2021年にリニューアルしたばかりなのでめちゃ綺麗
20240524_185219_copy_1024x76820240524_184419_copy_1024x768






1階にはオリオンビールのオフィシャルショップも入っています
20240524_184449_copy_1024x76820240524_205349_copy_1024x768






部屋も立地の割に広々していて快適♪
20240524_183953_copy_1024x76820240524_184015_copy_1024x768






部屋の冷蔵庫には
・ミネラルウォーター
・オリオン缶チューハイ
・オリオンビール
が標準装備です!!
Gallery_1716803828259_copy_1024x754






夜は自由夕食ですが、周囲にお店はたくさんあるので安心
20240524_194938_copy_1024x76820240524_200040_copy_1024x768






ゆーても添乗員が一人で予算内に食べられるお店って

なかなか限られているんですよね・・・


前日にジムで筋トレ頑張ったので

どうしても肉を欲していたので

以前に利用したことのある“ゴリラパンチ”へ行ってみました
20240524_201918_copy_1024x76820240524_200848_copy_2000x1500






今回は“テンダーロイン&サーロイン200g”をオーダー

サラダ・ライス・ソフトドリンク飲み放題が付いて

2068円

なかなかコスパが良いです♪
20240524_201243_copy_1024x76820240524_201253_copy_1024x768






お味はいたって普通ですが

お店の方が前回同様めちゃくちゃ愛想がいいので

個人的には大満足の夕食でした♪

やっぱり飲食は無理やりでも愛想よくしてなんぼやと思います


さて、ホテルオリオンの続きですが

1階には工場直送のオリオンビールが楽しめるダイニングが併設しています

ここでウエルカムビールが1人1杯付いているんですよね
(6:30〜23:00まで)
20240524_193137_copy_1024x76820240524_193300_copy_1024x768






なんともオリオンビール満喫の夜なのでした♪

母の日ミステリーツアー♪

久しぶりに日帰りバスツアーへ

お客様は23組45名様!

前回の日帰りバスツアーは昨年の12月に行った

しいたけ狩りと太陽の塔内部見学ツアー

しいたけ狩りと太陽の塔内部見学ツアー♪

(2024年12月11日)

あれは社員旅行の御一行様だったので

募集ツアーの日帰りは

昨年10月のぶどう祭りツアー以来です

サンサンぶどう祭り岡山日帰りツアー♪

(2024年10月13日)


今回の集合場所はJR尼崎駅スタート

はじめての集合場所です

駅自体は昨年の9月に近松門左衛門ツアーの下見で来たので

なんか見覚えはある

近松門左衛門ゆかりの地めぐりツアー♪

(2023年9月18日)
20240516_062752_copy_1024x76820240516_062855_copy_1024x768






今回の乗車ルートは全部で4ヶ所

最初の2ケ所はなんとかなりましたが

残りの2ケ所は雨に降られてしまいました

雨の日のバスコースの受付はほんと過酷・・・


さて、お客様が無事に全員乗車して

最初に向かったのは

“とある景色のいい場所”

あ、今回のツアーはミステリーツアーなので

名称は控えさせて頂きます(笑)
Gallery_171593072819520240516_091626_copy_1024x768






お次は“とある道の駅”でお買い物

美味しそうなイチゴがたくさん売られていました
20240516_102255_copy_1024x76820240516_102112_copy_800x600






お次は“とある施設”ですき焼き御膳の昼食

けっこういいお肉使ってるやん♪
20240516_110731_copy_1024x768_120240516_110817_copy_1024x768






こちらの施設では季節のお花が楽しめたり
20240516_121130_copy_1024x76820240516_110446_copy_1024x768






動物たちとふれあえるのが魅力
20240516_121800_copy_1024x76820240516_122120_copy_1024x768






20240516_122033_copy_1024x76820240516_122019_copy_1024x768






アルパカって威嚇すると唾を吐くの知ってました?
20240516_121551_copy_1024x76820240516_121928_copy_1024x768






ほんまかいなと思ったら

こいつに2回かけられました!!

20240516_121432_copy_1024x768






しかも顔面に直撃ですよ!!

色が濃い方のアルパカ

コイツには要注意です!!


こちらの施設の駐車場で

ツアー特典のメロンとカーネーションを積み込みます
20240516_123052_copy_1024x768






お土産付きの日帰りツアーでは

お土産を積み込むのが最大の難関

カーネーションは水が落ちてこないよう

ビニールの小袋に入れないといけないのでめちゃ面倒・・・


メロンはお客様が帰ってくる前に

バス車内へと積み込みます

このメロン、箱だけやたら立派なんですよね

めちゃくちゃ配りにくい・・・・
20240516_123914_copy_1024x76820240516_123841_copy_1024x768






しかし可愛らしいメロンやな・・・

半分に切って真ん中の種の部分をくり抜き

アイスクリームを乗せて食べるのにはちょうどいいサイズ感です♪
20240516_123852_copy_1024x768






ちなみにカーネーションは持ち帰ったあと

茎を切って水につけると長持ちするそうで

メロンはお尻の部分を押して

柔らかくなった頃が食べ頃だそうです


バスはこのあと“とある城跡”

母の日のミステリーで城跡って・・・

母さん好きだよね、城跡

ってなるか?(笑)

城好きの母さんがおったら

それはそれで素敵だとは思う♪
20240516_135315_copy_1024x76820240516_134507_copy_1024x768






ここはボランティアガイドさんが付きなのですが

45名に対して1人だけ・・・

後ろの方は案内が全然聞こえんし・・・

ただお堀の周囲を引き回された

って感じでした・・・
20240516_134450_copy_1024x76820240516_134649_copy_1024x768






天気が良かったのが幸いでしたが

雨だったら悲惨やな・・・


最後は“とあるカフェ”

オシャレな雰囲気なのはいいんですけど

イス席・ソファー席、カウンター席と

団体で利用するにはちょっと席割りしにくいレイアウトでした
20240516_143755_copy_1024x76820240516_143736_copy_1024x768






カウンター席の窓枠は額縁のようね

めちゃ映えるじゃないですか!!
20240516_145227_copy_1024x76820240516_145749_copy_1024x768






でも今回のツアーはこの景色ではなく

自分で作るさつまいもモンブラン

が映えポイントなのです

まずはこのドライヤーのような絞り出し機(ハンドガン)の使い方をマスターしましょう

複雑ではないのですが

注意事項を聞かないと色々と厄介なことになりそう・・・

事前に添乗員が使い方を理解して

到着前にお客様へ案内しておく必要がありそうです


要約すると
・1つのカートリッジは2名分
・ボタンを長押しするとクリームが出てきて、もう一度ボタンを押すと止まる
・1名分の目安は2周


注意事項
・カートリッジを持たない(外れて落ちる可能性大)


カートリッジの中が見えないので

残量が確認できないのが難点・・・

最初の人がカートリッジの中身(さつまいもクリーム)を7割使ってしまうと

次の人は3割しか出てこないってことです


それでは実際に作ってもらいましょう!



2組目のお客様

量にバラつきがあったの気づきました?(笑)
Gallery_1715929751048_copy_1024x755Gallery_1715929722665_copy_1024x755






これ、お連れの方同士だったらいいけど

1名参加のお客様がシェアする場合は

ちょっと注意が必要ですね


さて、これにてツアーは無事終了

大きなトラブルもなくほぼ予定通りに尼崎へ帰ってこれました

JR尼崎って初めての集合場所でしたが

交通の便もいいのでなかなか便利やね♪

京都・奈良の国宝像めぐりツアー2日目♪

ツアー2日目は“興福寺”からスタート

ホテルから興福寺まではそんなに距離はないんですが

まさかの徒歩移動・・・・・・・

さすがに荷物を持っては厳しいので

ロビーに荷物を置いて向かいます

手ぶらとはいえ

外は本降りの雨・・・・
20240513_084017_copy_1024x768






さらに興福寺の境内は砂利

それもめっちゃ水はけの悪い砂利!!

国宝館に着く頃には

靴の中までびしょ濡れですわ!!
20240513_085436_copy_1024x76820240513_085705_copy_1024x768






バスで来たらアスファルトの上だったのにね・・・

バスの配車時間はお客様の拝観終了後なのです・・・
20240513_085800_copy_1024x768






国宝館では阿修羅像をはじめ

国宝物を間近で見られるのが魅力ですが

その分、注意事項がいくつかあるので

添乗員は事前にお客様へ案内しておきましょう
20240513_090246_copy_1024x768






興福寺のシンボル、五重塔は

昨年から保存改修工事が始まっています

これに伴い東金堂の拝観もできないのでご注意ください

っていうのを下見で行った際に知った(笑)

工事中の興福寺境内はこんな感じ↓


素屋根が完成したら完全に五重塔が見れなくなります

工事が終わるのは令和13年

クレーンと五重塔のコラボを見るには今がチャンスです!!
(これはこれでレアだと思う)

お次は“新薬師寺”

塑像(そぞう)の十二神将(国宝)が有名

実はここが行ったことないお寺だったので下見に行ったんですよね

住宅街の中にあるようなお寺なので

バスの駐車場がありません

バスは近くで乗降になるので

初めての添乗員&ドライバーさんだと大変かも
20240513_101417_copy_1024x76820240513_101945_copy_1024x768






拝観料の支払いは本堂の中

堂内の受付に人はいるんですが

拝観料は券売機で支払います

これ、団体もです!

34名だと30名以上のボタンを1回押して

そのあと団体料金1名ボタンを

4回押します・・・
(領収書は手書きで書いてくれました)
20240509_131811_copy_1024x768






朱印もこちらの券売機でチケットを購入し

受付でチケットと朱印帳を渡すシステム
20240509_132336_copy_768x1024








意地でも受付ではお金は触らないぜ!

ってスタンスのようです・・・

お寺の雰囲気はこんな感じ↓
 

このあと荷物を取りにホテルへ戻るという謎の行程・・・

ホテルの人が運ぶとかじゃないですよ

お客様が自分で取りに行くのです

またあの道のりを雨の中・・・

こんな行程、ありえんでしょ・・・

もちろん大ブーイングです(泣)
(そりゃそうだ)

ほんとツアーを企画・造成してる人って

つくづく現場がイメージできたいんだなと痛感しました
(いつも感じてるけど)


さて、今日のお昼は

ホテル日航奈良でランチバイキング
(泊りもここなら何も問題なかったのにね)
20240513_125840_copy_1024x76820240513_115232_copy_1024x768






多めに席を用意してくれたのは嬉しいですが
20240513_114647_copy_1024x768






日航奈良のバイキングってこんなしょぼかった?
20240513_120156_copy_1024x76820240513_120209_copy_1024x768






3000円払ってこれか・・・
20240513_120143_copy_1024x76820240513_120225_copy_1024x768






デザートもこんな感じ・・・
20240513_125321_copy_1024x76820240513_125250_copy_1024x768






しかもソフトドリンクのドリンクバー

別途有料(700円)かっ!!
20240513_125458_copy_1024x768






恐ろしくコスパの悪いランチバイキングなのでした・・・
(自腹で食べてたら発狂してるレベル)


午後は京都へ移動します

平安時代作の薬師如来(国宝)が素晴らしい“法界寺”

以前、山村先生同行ツアーや

京都検定のフィールドワークで来たことのあるお寺です

その時は境内に入ると撮影不可!!

ってピリピリムードのお寺でしたが

住職が変わったのか修行して丸くなったのか

いつの間にか境内は撮影OK

なんか雰囲気のいいお寺になっていました(笑)
20240513_143026_copy_1024x76820240513_141040_copy_1024x768






こちらは本堂にあたる阿弥陀堂

情緒のある檜皮葺の屋根がいいですね
20240513_144445_copy_1024x76820240513_144604_copy_1024x768






ここ、紅葉もいいんじゃない?

境内も撮影Okなら

紅葉シーズンにタビトレの撮影で来てもいいかも♪
20240513_144932_copy_1024x76820240513_144736_copy_1024x768






最後は“三十三間堂”こと“蓮華王院”

ここも法隆寺同様に学生が多いせいか

ピリピリムード満載

なんなんやろ

あの感じの悪さは・・・

お寺ってそんなに心が病む仕事なのでしょうか?

千体の観音様をもってしても

そこで働く人の心は癒せないのか・・・

それほど現代人は病んでいるということか・・・
20240513_153856_copy_1024x76820240513_164833_copy_1024x768






ここにきてようやく雨が上がってくれました

まぁメインは堂内の千体観音なので

三十三間堂に限っては天気はあんまり関係ないんですけどね
20240513_154228_copy_1024x76820240513_154700_copy_1024x768






有料エリアに入ったら飴・ガム含め飲食不可!

中に自販機もないのでご注意ください


さて、これにて2日間の仏像めぐりツアーは終了

天気にはあまり恵まれませんでしたが

お客様の満足度はめちゃ高かったと思います

どの仏像も国宝ばかりで見ごたえがあったし

末王先生のお話しも面白かったし

なにより同じ趣味の人が集まっているので

お客様同士、すぐに意気投合するのがいい!

先生・お客様・添乗員、みんな仏像が好き

なんとも和やかムードの2日間なのでした
20240513_174607_copy_1024x768







話は変わりますが

実は今回の仕事がアサインされてから

この本を読んでいました

「駒沢大学仏教学部教授が語る・仏像鑑賞入門」
20240513_203204_copy_1024x768






ツアーに合わせて買ったわけじゃなく

この本はずいぶん前に買っていて

読まずに本棚に眠っていた1冊です(笑)

今回の仕事を機に読み始めたんですが

今回のツアーと同様、時代の流れに沿って

造形の変化や背景にある権力者の思惑などを解説しているので

めちゃくちゃ勉強になりました

これから仏像めぐりを始める方におススメの1冊です♪

まだ途中の平安時代までしか読んでいないので

このあと鎌倉→室町→江戸と

最後まで読み切りたいと思います

京都・奈良の国宝像めぐりツアー1日目♪

時代の変遷とともに廻る
国宝の仏像めぐり【京都・奈良初級編】


という少々マニアックなツアーの添乗です

お客様は25組34名様

1名参加が16組・・・(笑)

7名のお客様は博多発の新幹線で

27名のお客様は東京発の新幹線で

それぞれ京都駅に集まってきます

添乗員さんはお客様が着く前に

京都駅の吉野家で早めのランチ

もちろん食べたのは鰻重(1207円)

はい、気に入ったら同じものばかり食べるタイプ(笑)
20240512_102017_copy_1024x76820240512_095415_copy_1024x768






ここの吉野家、比較的空いてるし

ちょっとした書き仕事もできるし

食べている間に充電もできるし

添乗員さんにおススメのお店なのです
20240512_101954_copy_1024x768






無事、東西のお客様が全員集合

まず最初に向かったのは“法隆寺”

教科書にも載っている飛鳥時代の代表作

止利仏師による釈迦三尊像(国宝)が有名ですね

細長い顔にアーモンドアイが特徴です


まずは西院伽藍の受付で

パンフレットと団体用チケットを受け取ります

法隆寺は【西院伽藍・大宝蔵院・東院伽藍】

3つの有料エリアに分かれていて

各エリアに入るごとに

添乗員が団体チケットを見せないといけません

毎日やんちゃな修学旅行生を相手にしてストレスが溜まったいるのか

ピリピリと塩対応のスタッフが多い・・・

帝産・明星・奈良交・奈良観など

慣れているバスガイドさんが多いのもあって

お寺のシステムを知ってて当たり前!

みたいな強気な態度で非常に感じが悪かったです
(まぁお寺は大抵どこも感じ悪いですけど・・・)

高圧的な態度には高圧的な態度で応戦!!

したい気持ちをグッと押さえ

心の中で合掌・・・
(↑ウソです)
20240512_131347_copy_1024x768
20240512_142152_copy_1024x768






我々のツアーにはバスガイドさんは同行しませんが

仏像解説の講師として山崎末王さんが同行!

はじめてご一緒する先生です

以前から末王先生同行ツアーに行ってみたかったんですよね
20240512_131728_copy_1024x76820240512_134854_copy_1024x768






しかし学生多いな・・・

どこを拝観するにも長蛇の列です・・・
20240512_134405_copy_1024x76820240512_141919_copy_1024x768






大宝蔵院は玉虫厨子、夢違観音、百済観音など有名な寺宝が収蔵されている宝物館みたいなエリア

東院伽藍の夢殿では

聖徳太子の怨霊が封印されているという

謎多き仏像、救世観音が期間限定で公開中

これは春秋2回しか公開しないレアな仏像
(この春は4月11日〜5月18日まで)

徳島の峯薬師から売り飛ばされた?

というウワサのあの仏像です


個人的に見に行こうと思っていたのでラッキーでした♪
20240512_151811_copy_1024x768






法隆寺はめちゃ伽藍が広いので

初めて行く方は十分ご注意ください


続いて“中宮寺(ちゅうぐうじ)”

東院伽藍のすぐ横にあるお寺なので

そのまま歩いて移動です
20240512_152854_copy_1024x76820240512_152835_copy_1024x768






中宮寺の本尊

半跏思惟像(国宝)もめちゃ有名

京都の広隆寺の半跏思惟像とよく混同されますが

広隆寺の半跏思惟像は弥勒菩薩

頭の上にお皿みたいな宝冠が乗っています

62ec9eac






それに対し

中宮寺の半跏思惟像は如意輪観音と伝わっています

頭の上は宝冠ではなく

丸い髻が2つです
(もともと宝冠が乗っていた説あり)

20240512_154727_copy_1024x768







あ、そうそう

法隆寺の町営駐車場にあるこちらの花壇

これ、古墳だそうですよ(笑)
(最近ニュースになっていましたね)
20240512_161645_copy_1024x76820240512_161653_copy_1024x768






さて、本日のコースはこれにて終了

今夜のお宿は奈良市内にある

奈良ワシントンホテルプラザ

三条通りに面しているので周辺が賑やかなのはいいんですが

バスの乗降場所から3分ほど歩かないといけないのがちょっと不便・・・

動画で見るとこんな感じ↓


この動画は数日前に下見で行った際に撮影

たまたま他社さんのツアーがワシントンホテルまで歩いてた(笑)

20240509_172809_copy_1024x76820240512_202831_copy_1024x768






このツアーはお値段がお高い割に夕食は完全フリー

添乗員さんは東向き商店街にある

“釜粋本店”

下見で来たときめちゃ並んでいたので気になっていたお店です
20240512_190943_copy_1024x76820240512_190611_copy_1024x768






手前の席はかなり狭いんですが

奥にゆったりめのスペースがありました
20240512_190735_copy_1024x76820240512_184320_copy_1024x768






今回オーダーしたのは

えび天ざる(1450円)

ちく天・とり天(各150円)をトッピング
20240512_184619_copy_1024x768






麺もダシもそれなりに美味しいけど

それなりに美味しい丸亀製麺と大して変わらんかな・・・

天ぷらは衣がしつこすぎてあんまりでした・・・
20240512_184625_copy_1024x76820240512_184647_copy_1024x768






この近辺でうどんを食べるなら

やっぱり“ふく徳”だなと思った

正倉院展と奈良・京都の秋の特別公開ツアー1日目♪

(2020年11月3日)


話は変わりますが

ホテルの向かいは“エバンズ・プラザ”ってライブハウスなんですね

外観だけみるとパッとしませんが

この日はスキャンダルがライブをやってたみたいです
20240512_192618_copy_1024x76820240512_192629_copy_1024x768






なんでこんなところで!?

 ホテルの人が

普段は有名な人とかめったに来ないんですけどね・・・

って苦笑いしてた(笑)
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
tabitore888@gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・