ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2023年12月

不老ふ死温泉と男鹿温泉郷3日間ツアー・1日目♪

2023年の年越しツアーは

飛行機で行く東北3日間

お客様は11組24名様

年越しツアーらしくまったりした人数です


しかし東北で年越しって珍しいですよね

ひょっとしたら入社以来初めてかも

行きはJAL便で秋田空港へ

伊丹空港6時20分スタンバイ・・・

まだ夜も明ける前の6時すぎに空港に着いたんですが

すでにターミナル内は混み合っていました
Gallery_1704026547705_copy_1024x76020231231_061330_copy_1024x768






新千歳便や山形便は悪天候で条件便が出ていましたが

秋田便は予定通り到着

本日最初の観光地は“男鹿水族館GAO”

男鹿半島に来るのは今年は3度目ですが

ここは初めて来るスポットです
20231231_125202_copy_1024x76820231231_115506_copy_1024x768






旭山動物園みたいなもぐもぐタイムもあるみたい
20231231_115532_copy_1024x768






男鹿周辺の海だけでなく
20231231_115614_copy_1024x76820231231_115701_copy_1024x768






オーストラリアやアマゾンの海など

規模は小さいながらなかなか充実した展示内容です
20231231_121054_copy_1024x76820231231_121551_copy_1024x768






ガオはホッキョクグマがいる水族館としても有名だそうです
20231231_122440_copy_1024x76820231231_122607_copy_1024x768






ユキってホッキョクグマは妊娠してるかも?

ってことで展示を中止していました

次に来たときはホッキョクグマの赤ちゃんが見れるかもしれませんね
20231231_122115_copy_1024x76820231231_122017_copy_1024x768






今日のお昼はガオで自由昼食

レストランは1店舗のみなので混雑が心配でしたが

先に見学・先に食事

と半分くらいに分かれてくれたので

特に混雑もなく皆さま食べることができました
20231231_110131_copy_1024x76820231231_110112_copy_1600x1200






添乗員さんは“味噌ラーメン(1000円)”

なんか見た目は愛知県のソウルフード

スガキヤみたいですが

味はなかなか美味しかったです
(スガキヤも美味しいですよ)
20231231_112857_copy_1024x768






このあとはお約束の“なまはげ館&伝承館”

なまはげ館の展示室

一見普段と変わりはなく見えますが
20231231_142525_copy_1024x76820231231_135046_copy_1024x768






よく見るとお面の代わりに

「集落で使用中」って写真パネルが・・・
20231231_135018_copy_1024x76820231231_134955_copy_1024x768






まぁなまはげは大晦日の行事ですもんね・・・

てか、ここのお面

ほんまに現役で使ってたんかーい!!
20231231_135144_copy_1024x76820231231_134925_copy_1024x768






いつもはバタバタと見学をすることが多いのですが

今回はたっぷり時間があっったので

ちょっと先にある

“真山(しんざん)神社”まで行ってみました

ご祭神はニニギとタケミカヅチという珍しいコンビ
20231231_145724_copy_2000x1500






神社ですが境内には仁王さんが守護する仁王門や

薬師堂がありました

神仏習合の名残が色濃く残っているんですね
20231231_145717_copy_1024x76820231231_145702_copy_1024x768






階段の下に鎮座する狛犬が独特のデザインでかっこよかったです
(中国製かな?)
20231231_145654_copy_1024x76820231231_145647_copy_1024x768






こちらが拝殿・本殿

なかなか立派な神社ですね
20231231_144839_copy_1024x76820231231_144858_copy_1024x768






この裏手に薬師堂があるんですが

その途中に鎮座する狛犬も

今までに見たことがないデザインで味がある
20231231_144918_copy_1024x76820231231_144912_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


これにて本日の観光は全て終了

今夜のホテルは今年2度目の

“男鹿観光ホテル”

しかも2連泊です!
20231231_154337_copy_1024x76820231231_154352_copy_1024x768






前回泊まった時に撮影した動画はコチラ↓


去年の年越しツアーは毎日がハラハラドキドキの地雷コースやったのに

今年は今のところ心配事が見つからない♪

お正月は毎年これくらいまったりいきたいものです

でも夕食がなんか

なんかね・・・
20231231_175022_copy_1024x768






大晦日感がないのですよ・・・

年越しそばは別途有料だし・・・

まぁ連泊だし、明日に期待しますか!
20231231_175025_copy_1024x76820231231_175037_copy_1024x768






もちろん名物の石焼料理はちゃんと出ました
20231231_181140_copy_1024x76820231231_181348_copy_1024x768






今日の魚はアイナメでした
20231231_183627_copy_1024x768






さて、男鹿半島の大晦日といえば

“なまはげ”

ホテルがある集落にも、もちろんなまはげはやってきます

なまはげが近づいたら館内放送でアナウンス(笑)

20時40分頃

3人(3匹?3柱?)のナマハゲが到着
20231231_205236_copy_1024x76820231231_205742_copy_1024x768






子どもがギャーギャー泣きわめく中

来訪神であるナマハゲ達は愛嬌たっぷりに宿泊者と触れ合い

そして山へ帰っていったでした

車で・・・・・・(笑)
Gallery_1704026374179_copy_1024x755Gallery_1704026461015_copy_1024x755








それでは皆様

今年1年ありがとうございました

昨晩は釣り帰りで3時間くらいしか寝ていないので

今夜はさっさと寝ますわ・・・

2023年を振り返ろう♪【7月〜12月】

2023年の振り返り後半です

【7月】

いよいよ秦氏ゆかりの地めぐり

第1回目のツアーが催行されました

マニアックな場所ばかりでドライバーさんにはめっちゃ嫌な顔をされましたが

なんとか事故もなく無事に終わってやれやれです

この日のために何度寝屋川へ足を運んだことか・・・
f08296b023ae73c2






月末は女性ハンター・山本暁子さんといくジビエツアー

これもマニアックでしたが貴重なツアーでした
48cb91669a3c8464








23日からの広島1泊ツアー

ホテルはリーガロイヤルだし

観光もコンパクトにまとまってたし

これはなかなかいいツアーでしたね

約4年ぶりの宮島

色々と変わっていて浦島太郎状態でした・・・
b8211e2fbfb91881








このツアーの前日

7月22日に急遽

添乗員のマスク着用義務が解禁!

休日にこの知らせがメールに入ってきて

めちゃくちゃ喜んだのを覚えています
(芦屋花火の現地スタッフを考慮してなのか?)

さっそくこのツアーからノーマスクで添乗に出ました

マスクなしでお客様の前に出るのはいつぶりだろ?

カフェ・トレインで行く島原天草ツアー1日目♪


このツアーでは確実にマスクを付けていたので
(2020年2月2日)

3年半ぶりとかになるのかな?

ちょっと抵抗あるかな?と思ったけど

まったく違和感なかった(笑)

自分も他人もマスクを付けていようが外していようが大して気にならない

それくらいマスクが身近な存在になってしまったということか・・・

でも乗務員さんもお客様も

この頃はほとんどマスクしてたな・・・
(お客様のマスク着用義務は3月13日で終了済)


プライベートで泊まった次世代カプセルホテル

ミレニアルズ京都はなかなか刺激的でしたね


この日の夜

散歩がてらに祇園囃子の練習を見にいったんですが

思いのほかこの時の動画が好評でした


祇園祭は前祭の山鉾巡行へ

念願叶って献血ルームからの山鉾巡行も見れて大満足の1日でした

とけそうなほど暑かったけど・・・


後祭の山鉾巡行は仕事だったので宵山のみ

ご神体めぐりを楽しみました


振り返ってみるとなんか色々と楽しそうに見えますが

7月の添乗VS内勤の割合は

9対12

もはや内勤スタッフのようやった・・・
(ツアーの本数も4本だったし)

【8月】


2日から5日間で東北5大まつりツアー

初めて見た盛岡さんさ踊りが特に素晴らしかったです


月末はWEST EXPRESS銀河アゲイン

今回は山陽ルートで復路利用でした

銀河は同じルートでも

上りと下りでおもてなしに差があると

後輩のひょうたが不満を漏らしておりました・・・


15日はマニアックな京都の火祭り

“松上げ”を見る予定でわざわざ休みをとり

京阪バスとホテルを予約していたんですが

台風のため中止・・・

新大阪駅も京都駅も大混乱でした・・・
20230816_163126_copy_1024x76820230816_173038_copy_1024x768







16日の五山送り火も開催を危ぶまれましたが

なんとか実施

行くつもりはなかったけど

昼頃に誘われ急遽出かけることに
20230816_201251_copy_1024x76820230816_203436_copy_1024x768






夜は作家・原田マハさんのワインイベントへ

以前、このブログでも紹介した

「旅屋おかえり」を書いた作家さんです

【読書部】読んで旅する「旅屋おかえり」♪

20230816_215916_copy_1024x768






月末は第2回・秦氏ツアーの下見を兼ねて太秦へ
20230829_165703_copy_1024x76820230829_164357_copy_1024x768






YouTube用に動画も撮影したのに

こちらも未だ編集が手つかず・・・

2023年の夏はしまなみにも行かずビワイチにも行かず

なんとも地味な夏なのでした

8月の添乗VS内勤の割合は

10対8
(なんとか添乗員の面目が保てた・・・)

【9月】


仕事では尼崎の近松門左衛門ゆかりの地めぐり
20230917_100759_copy_1024x76820230917_113823_copy_1024x768






太秦の秦氏ゆかりの地めぐりなど

マニアックな日帰りツアー
20230909_094144_copy_1024x76820230909_150152_copy_1024x768






宿泊コースは

日光→青森→日光→青森って感じ

ほんと今年はやたら日光に行く機会が多い
(大河ドラマが「どうする家康」ですからね・・・)


プライベートでは中旬に吉備路自転車道へ古代史サイクリング


後半には久々の島たびで香川県の

塩飽(しわく)諸島




8月にひきこもっていた分

9月で夏を取り戻した(笑)

塩飽諸島の本島・広島への島旅

善通寺の古墳めぐり

丸亀の骨付鶏食べ比べなど
fotor_1695888230345_copy_1024x768FotoGrid_20231227_220711056_copy_1024x768






色々とブログに書きそびれてしまった・・・

やっぱりブログとYouTubeの両立は時間的にキツいわ・・・

9月の添乗VS内勤の割合は

14対5
(毎月こんなペースがいいよね)

【10月】


前半はズームイン佐賀

後半はズームイン大分

これまでよりコアな内容の九州ツアーが多かったですね

どちらもバスガイドさんがいないので事前の下調べが大変でしたが・・・

一番頭を悩ましたのは“吉野ケ里遺跡”

ここ、はじめて行ったんですが

1時間じゃ酷だったわ・・・


中旬は新幹線ふれあいデーで鉄ちゃんたちの熱量に触れ
f4b8e911ae2c3903






後半は3泊4日でJR北陸線利用の東北ベストハイライト

国内で3泊4日のツアーって減りましたよね

2023年で4日間以上のツアーは

東北5大まつり5日間とこのツアーの2本だけでした


プライベートでは福岡の装飾古墳

“王塚古墳”“五郎山古墳”
20231009_131059_copy_1024x76820231009_163611_copy_1024x768






そして佐賀の“吉野ケ里遺跡公園”
20231010_140956_copy_1024x76820231010_114745_copy_1024x768






そう、仕事で全然時間がなかったので

プライベートで吉野ケ里を見に行ってきました(笑)

その動画も未編集だしブログも書けなかった・・・

王塚古墳だけなんとかYouTubeにアップ

これはほんと、レプリカでもいいから

是非とも見に行ってほしい古墳です
(いつか実物も見てみたい・・・)


月末は京都検定20周年記念式典
20231027_134304_copy_1024x76820231027_132713_copy_1024x768






式典後のトークイベントでは

いつもお世話になっている蠅蕕らびの山村先生と

作家の原田マハさんとの対談を聞くことができました♪

まさか1年に2度もマハさん関係のイベントに参加するとは・・・

10月の添乗VS内勤の割合は

12対10
(また内勤が多くなってきた・・・)


【11月】

11月1本目は3日からの草津・鬼怒川ツアー

3連休のど真ん中

思いっきりいろは坂の渋滞にハマりました
7c21af34b3409ef5






1度の移動時間が3時間20分

国内では自己最高記録かも・・・
(インドでは4時間越えがあったはず)

そのあと行った道南ツアー

2泊目に泊まった函館湯の川温泉・海と灯

ここのバイキングはほんと最高やったな

オニエビの美味しさは

米子のモサエビ以来の衝撃でした
ae8b3943119e888a






このあとの仕事はこんな感じ

12日(日)〜別府・阿蘇
19日(日)〜九年庵
26日(日)〜八幡浜・別府

毎週、九州!

ってダジャレのようなシフトやった(笑)

13年ぶりの九年庵では添乗員・ドライバー・ガイド

奇跡のような組み合わせでしたね
b44b9530









昨年に引き続き八幡浜ツアーは手ごわかったですが

終わってみればいい思い出です

プライベートでは京都の紅葉にすべてを捧げた(笑)
(11月だけで5回足を運びました)

京都のベタな紅葉スポットを3週にわたってレポートしたり


はじめて東寺の夜間拝観を見に行ったり


山科の穴場の紅葉を訪れたり


月末は他社さんで学生添乗員のフォローアップ研修にゲスト出演
(あくまでいち個人としてです)←ノーギャラ
IMG_20231229_115834_copy_800x600IMG_20231229_115626_copy_800x600






ウチの会社は若い添乗員がいないので

学生の添乗員さんとお話しするのはめちゃくちゃ新鮮

自分が新人だった頃に比べ

みんな意識高すぎで感心しました


11月の添乗VS内勤の割合は

15対6
(いい感じ♪)


【12月】

12月の添乗は南九州の定番コース

指宿・霧島3日間からスタートし

企業様の社員旅行で

しいたけ狩りや太陽の塔の内部見学
20231208_135348_copy_768x1024








早朝の福島便を利用して

2日間で日光・松島・中尊寺をめぐる

2大世界遺産早回りツアー

なんてのもありましたね
20231210_065649_copy_1024x76820231210_074012_copy_1024x768






年内帰着は19日帰着の

伊豆ゴールデンルートで添乗納めでした

左は今年の元旦の富士山

右は今年最後のツアーの富士山
20230101_103422_copy_1024x76820231217_114616_copy_1024x768






よく考えたら2023年は綺麗な富士山で始まり

切れな富士山で終わった年でした


プライベートでは12月1日に京都紅葉3度目のレポート

まだこの頃は日中は上着もいらないくらい

暖かい日が続いていましたね


中旬はYouTube用に関空と伊丹へ




後半は邪馬台国・畿内説の舞台

纏向遺跡(桜井市)
20231224_140102_copy_1024x76820231224_133134_copy_1024x768








唐古・鍵遺跡(磯城郡田原本町)
20231224_161049_copy_1024x76820231224_170424_copy_1024x768








あと今さらですが

はじめて滋賀県の多賀大社へ行きました
20231225_144551_copy_1024x76820231225_135651_copy_1024x768






その時の動画はコチラ↓


12月最後の休日もびわ湖へ
20231230_115352_copy_1024x76820231230_113043_copy_1024x768






20231230_105300_copy_1024x76820231230_114514_copy_1024x768






バスは釣れんかったけど

ポカポカ陽気で穏やかな休日でした


12月の添乗VS内勤の割合は

10対9

やっぱり年末はツアーの本数が減りますよね

まぁ年末らしくまったりしてていいんですが・・・


さて、これにて2023年も終了


1年間の添乗日数と本数は

133日(57本)

でした

ちなみに昨年は98日(46本)

コロナ前の2019年は179日(80本)

平常に戻ったようで

コロナ前に比べたら全然なんですね・・・


入社してからの添乗実績は

国内:3697日(1534本)
海外: 656日( 137本)

総合計は
4353日(1671本)


2023年を振り返ろう♪【1月〜6月】

今年も残すところあと2日!

ということで

毎年恒例の振り返りをお送りしたいと思います!

【1月】


3年ぶりの年越しツアーは

不安だらけの石和・東京3日間ツアー

元旦の初詣は浅草寺でしたね
(詣でてないけど・・・)
20230101_140616_copy_1024x76820230101_141053_copy_1024x768






かなり大変なツアーではありましたが

河口湖からもスカイツリーからも綺麗な富士山が見れて

縁起のいいスタートが切れました
20230101_103630_copy_1024x76820230101_104606_copy_1024x768






20230101_163310_copy_1024x76820230101_163233_copy_1024x768






年越しツアーのあと

1月出発のツアーは

賛否両論で再開した全国旅行支援を使った

指宿1泊ツアーの1本のみ・・・
Gallery_1673693963742_copy_1024x74875c0c6f2







プライベートで行った場所は
・寝屋川史跡めぐり
・百舌鳥古墳群
・大阪歴史博物館


読んだ本は
・「謎の渡来人・秦氏」
・「ひとり古墳部」
・「丹後王国物語」

20230119_153011_copy_1024x76820230117_160739_copy_1024x768






fotor_1674395182773_copy_1024x768fotor_1674394701877_copy_1024x768






どっぷり古代史まみれの1月なのでした・・・


1月の添乗VS内勤の割合は

4対13
(もはや添乗員と言えるのか・・・)

【2月】


2月のあたまに会社の防災研修で“あべのタスカル”

これはかなり有意義な研修でしたね
20230202_135108_copy_1024x76820230202_141535_copy_1024x768






この研修のあと

やたら消火栓が気になるようになりました(笑)



ツアーは東日本のお客様とご一緒した

3泊4日の3大美術館めぐり

1泊2日の昼神温泉

とバスガイドが同行しないバスコースが続きました

昼神温泉では古事記で活躍したオモイカネのその後や

ヤマトタケル
が昼神温泉の名前の由来になっていた

なんて新しい発見があって楽しかったです
20230222_161440_copy_1024x76820230223_131954_copy_1024x768






20230222_165237_copy_1024x76820230222_164742_copy_1024x768








月末は蠅蕕たびの山村純也先生と佐々木蔵之介さんの実家

佐々木酒造見学ツアーへ行きました
20230226_133115_copy_1024x76820230226_140037_copy_1024x768






プライベートでは埴輪の聖地

高槻市にある“いましろ大王の杜”

2度目でしたが

ここの資料館はほんとクオリティが高いです
20230209_144846_copy_1024x76820230209_154057_copy_1024x768






びわ湖へは2度バス釣りに行っていますが

毎回途中で諦めて滋賀県の古墳めぐりをしてた(笑)
20230211_124604_copy_1024x76820230211_124120_copy_1024x768






20230225_151507_copy_1024x76820230225_151303_copy_2000x1500






滋賀県もけっこう古墳があるんですよね
fotor_1677633797489_copy_1280x96020230225_160707_copy_1024x768






依智秦氏の石室に入ったあと体調が悪くなり

熱にうなされたのは苦い思い出です・・・・・
20230211_123309_copy_1024x768








2月の添乗VS内勤の割合は

9対8
(1月に続き添乗日数が1ケタ・・・)

【3月】


仕事はやたら忙しい日々が続きました

ツアー本数7本・14日

+大相撲のセンディング2日

春の道頓堀は卒業旅行の若者でえらい混雑でしたね

10円パンには今でも行列ができているのでしょうか?
20230316_113551_copy_1024x76820230324_120414_copy_1024x768






20230316_113725_copy_1024x76820230324_120517_copy_1024x768






ツアー7本の内、3本は同じツアー

早朝の福島便を利用した日光&会津2日間
20230312_052147_copy_1024x76820230312_052138_copy_1024x768






伊丹空港乗り遅れ問題でピリピリしていたのもこの頃でした
20230315_170456_copy_1024x76820230314_080538_copy_1024x768






ちなみに2023年の3月13日

厚生労働省からマスク着用に関する発表がありました

あの頃はまだみんな普通にマスクしてたんや・・・

【3.13】あの日を境に機内のマスク事情は変わったのか?


こうやって振り返れるのはブログの強みですね(笑)

この発表を受けてお客様のツアー中のマスク着用は任意となりましたが

添乗員のマスク着用はこの先も続くのでした・・・


3月の添乗VS内勤の割合は

14対8
(ようやく添乗日数が2ケタに)

【4月】


今年の桜は1週間ほど早かったようで

4月1日に京都へお花見に行った際は既にこんな感じでした


仕事では日本百名城めぐりという柄にもないツアーに行きました

新たな趣味の扉が開くことはありませんでしたが

なかなかいい経験になりました

おも城ガイドの関本さんは元気にしているのでしょうか?
20230416_121044_copy_1024x76820230418_092340_copy_1024x768






月末は12年ぶりに久米島へ
20230423_103400_copy_1024x76820230423_101245_copy_1024x768






プライベートでは寝台列車のサンライズに乗って東京へ

これ、ブログでも書いてなかったですね・・・

添乗先の久米島でネット予約をして

久米島から帰ってきた日の夜に乗車という弾丸旅行(笑)
20230426_003616_copy_1024x76820230425_191308_copy_1024x768






20230426_004853_copy_1024x76820230426_071450_copy_1024x768






もちろんYouTube用の動画も撮影したし

サムネ用にこんな写真も撮ったんですが
20230426_014731_copy_1024x768






結局、編集もせずにお蔵入り・・・

ちなみにこの時に撮影した羽田空港の動画は

おかげさまでご好評を頂いておりますm(__)m


帰りに乗った近鉄バスさんの夜行バスがめちゃ快適やった〜♪

この記事も書きたかったけど書けずじまい・・・
20230426_223229_copy_1024x76820230427_062629_copy_1024x768






この弾丸東京(ロケ)旅行で作成した動画は5本

・羽田空港第1ターミナル
・羽田空港第2ターミナル
・羽田空港第3ターミナル
・東京駅から羽田空港
・東京駅のりかえ


やっぱりプライベートで現地に足を運ぶと色々と勉強になります

なかなか有意義な0泊3日でした


4月の添乗VS内勤の割合は

11対8
(もうちょっと添乗出たいよね・・・)

【5月】


ゴールデンウィークは団体臨時列車の新幹線で東北へ

いきなり初日から蔵王エコーラインの渋滞に巻き込まれ
5f42435332c1d82d






翌日の松島もすごい人でした・・・
9e055fa5a730ff1d








5月8日には新型コロナウイルス感染症の位置づけが

2類相当から「5類感染症」へ引き下げ

これにより5月8日出発のツアーから

長年、お客様と旅行会社を苦しめていた

・ワクチン接種の確認
・健康チケットシートの回収
・バス乗車前に毎日行っていた検温

が廃止されました!!!

これはもう添乗員にとったら

祝日に指定してもいいくらいの記念日ですよ

ほんと長い間、コロナ対策の参加条件には苦しめられました・・・

でも添乗員のマスク着用は引き続き継続・・・・・

このチャンスを逃したらいつ外すねん!!

と絶望したのを覚えています(涙)


中旬は久米島駐在で5泊6日

暑い久米島でもマスク着用か・・・・・

滞在中、ほぼ亀吉でごはんを食べてました
FotoGrid_20230518_161730842_copy_1638x1228







月末は北海道2本と新幹線日帰りツアーで倉敷へ

プライベートではゴールデンウィークの京都の撮影

映画並みに尺の長い動画をリリース

時間がないので撮影も編集もスマホで済ませてみたんですが

今までのGoProで撮影→PCで編集

ってスタイルと視聴率に大差がないことが判明

今ではすっかり後者が基本スタイルになりました(笑)


この日の夜

京都市内で高校時代の担任の還暦祝いを兼ねた同窓会

先生、ラガーマンだけあって若いですよね

やっぱり老化防止には運動だな
20230503_214647_copy_1024x768Gallery_1703657352544_copy_1024x766






ちなみにお店の前で同級生と先生と再会したとき

マスクをしてないのは自分だけだった・・・


5月の第2週はプライベートで葛城高原ツツジ園

大阪府池田市にある秦氏ゆかりのスポットめぐり


資料館が休みだったので

池田へは2回足を運んだのでした・・・


5月の添乗VS内勤の割合は

15対5
(なかなか添乗員らしいシフトになってきた)


【6月】


3年ぶりの沖縄本島ツアーや北海道ツアーなど

6月も現地添乗員さん不足の影響で北へ南へ

中旬は後輩よねちゃんと

WEST EXPRESS銀河に乗って山陰へ行きました
22a4772aa2a459ce






夜行の列車に乗るなんて何年ぶりだろ

以前はよくトワイライトで北海道へ行ったものです


プライベートでは

大阪府柏原市の高井田横穴公園

秦氏ツアーの下見で寝屋川の香里園など

まだまだ古代史熱冷めやらぬって感じでした


月末に映画館で「ザ・フラッシュ」を見たんですが

これ、めちゃ面白かったな〜


マイケルキートンのバットマンが

再び映画館で見れる日が来るとは!!

マイケルキートン&ティムバートンのバットマンをリアルで映画館で見たのは

中学生の頃でしたからね・・・


6月の添乗VS内勤の割合は

13対6

添乗日数は4ヶ月連続2ケタをキープしていたのですが・・・

【邪馬台国・畿内説】唐古・鍵遺跡へ行ってきました♪

邪馬台国・畿内説ゆかりの地めぐりの続きです

纏向遺跡に点在する古墳たちはなんとか徒歩でも歩けるんですが

次に向かう“唐古・鍵(からこ・かぎ)遺跡”

5キロ離れてるのです!

歩くと1時間以上・・・

ミュージアムの受付終了は16時半


後日出直すくらいなら!

って事で黒塚古墳展示館にタクシーを呼びました

古墳めぐりでタクシーを使ったのは今回が初めてです
20231224_154616_copy_1024x768






移動する車内で運転手さんから

黒塚古墳の発掘当時の熱狂ぶりを聞けて楽しかったですが

2900円かかったよ・・・


こちらは“唐古・鍵考古ミュージアム”

田原本町青垣生涯学習センター

って立派な建物の2階にありました
20231224_163949_copy_1024x76820231224_163409_copy_1024x768






入館料:大人200円

桜井市の埋蔵センターと同じ値段とは思えんほど立派(笑)
20231224_163334_copy_1024x76820231224_162209_copy_1024x768






20231224_161040_copy_1024x76820231224_161049_copy_1024x768






時間がなくてじっくり見れなかったんですが

この土器に描かれている楼閣

くるんとした屋根の装飾が特徴的で有名なのです
20231224_161108_copy_1024x76820231224_161102_copy_1024x768






帰ってから知りましたが

土器に容器に入った勾玉が目玉だったようですが
20231229_122413_copy_1024x768






見たけど何か分からず写真も撮らなかった・・・


私は勾玉より装飾系の土器に夢中でしたね

弥生時代の土器って模様がないのが特徴だと思ってましたが

こんな模様がついた土器もあるんですね
20231224_161414_copy_1024x76820231224_161346_copy_1024x768






20231224_161227_copy_1024x76820231224_161359_copy_1024x768






これは人物を描いた線刻画のようですが

これ、絶対宇宙人やろ!(笑)
20231224_162054_copy_1024x76820231224_162001_copy_1024x768






奥の埴輪コーナーも見たことないデザインのものばかり
20231224_162322_copy_1024x76820231224_162333_copy_1024x768






弥生人もまだ顔に入れ墨してたんかな?

それともメイクか?
20231224_162410_copy_1024x76820231224_162346_copy_1024x768






はに丸くんみたいな埴輪もありました(笑)
20231224_162436_copy_1024x76820231224_162505_copy_1024x768






やっぱり奈良は出土品のクオリティが高いわ
20231224_162625_copy_1024x76820231224_162704_copy_1024x768







これからの出土品が出たのが

“唐古・鍵遺跡”

弥生時代の遺跡としては近畿地方最大

全国でも吉野ケ里遺跡に次ぐ大きさだそうです

現在は“唐古・鍵遺跡史跡公園”として整備されています

ここがミュージアムの横って訳ではなく

2キロ離れているのです!!
20231224_170615_copy_1024x76820231224_170648_copy_1024x768






吉野ケ里遺跡みたいに建物がたくさん再現されている訳ではなく

だだっ広い公園って感じ

入館料も無料で24時間開放されています

メインはさっきの土器に描かれた特徴的な楼閣
20231224_170255_copy_1024x76820231224_170342_copy_1024x768






ちょっと違和感があるので賛否両論ありますが

夕暮れに佇む楼閣はなんとも幻想的でした
20231224_170424_copy_1024x768






ちなみにツアーでは新大阪駅で各地から集合したお客様が合流して

観光バスに乗って最初に訪れるスポットです


この公園の最寄りの駅は“近鉄・石見駅”なんですが

1.5キロ離れているのです!!

ほんと奈良は交通の便が悪いわ・・・・・


ツアーでは畿内説の史跡めぐりのあと

神戸港から阪九フェリーに乗って新門司港へ

そのあと北九州に点在する邪馬台国・九州説ゆかりの地をめぐるそうです

めちゃくちゃ楽しそうなツアーですよね

しかも古代史に精通した先生同行ですよ!!

また来年もやるみたいなので

ご興味のある方は是非
↓↓↓
澤明香里先生が同行!
邪馬台国「畿内説」「九州説」2つの候補地を追う2日間


※このページは新大阪駅・新神戸駅出発ですが、他にも関東や山陰地方からも参加OK


来年は九州説ゆかりの地も行ってみよかな♪

【邪馬台国・畿内説】纏向遺跡へ行ってきました♪

休日を利用して奈良県の古代史ひとり旅へ

今年も色んな古代史スポットへ足を運びましたが

奈良は避けていたんですよね

奈良って史跡が多すぎて

どこをどう見ていいかよく分からない・・・

なので今回は以前、ウチの会社でやっている

邪馬台国の畿内説・九州説を1つのツアーでめぐる行程を参考に

畿内説ゆかりの地を歩いてみたいと思います


スタート地点は“JR三輪駅”
20231224_120822_copy_1024x768






三輪駅と言えば“大神(おおみわ)神社”の最寄り駅ですが

今回は大神神社とは逆方向へ向かいます

大神神社の大鳥居は高さ約32m

日本で二番目に大きな鳥居だそうです
(1位は和歌山の熊野本宮大社)
20231224_121743_copy_1024x76820231224_121808_copy_1024x768






この大鳥居のそばにあるのが

“桜井市立埋蔵文化財センター”
(入館料:大人200円)
20231224_122519_copy_1024x768






規模はかなり小さめですが

さすが奈良

展示品のレベルが高い(笑)
20231224_125733_copy_1024x76820231224_125945_copy_1024x768






20231224_130420_copy_1024x76820231224_130433_copy_1024x768






20231224_130856_copy_1024x768_copy_1024x76820231224_130244_copy_1024x768






見たことない人型埴輪や
20231224_130028_copy_1024x76820231224_130136_copy_1024x768






見たことない形象埴輪が陳列されていました
20231224_130149_copy_1024x76820231224_130209_copy_1024x768






注目したいのはこちらのコーナー
20231224_130516_copy_1024x768






古代の装飾図文として最初に描かれたと言われる

“直弧文(ちょっこもん)”

この不思議な模様は岡山の楯築遺跡のご神体と同じ模様

吉備と大和との繋がりを示す貴重な遺品です
20231224_130510_copy_1024x76820231224_130454_copy_1024x768






お次は“纏向(まきむく)遺跡”の古墳の中でも代表的な

“箸墓(はしはか)古墳”

ここは国道沿いにあるので

仕事でも何度か前を通っています

ガイドさんがどや顔で埋葬者の名前を披露するとこやね
20231224_133134_copy_1024x76820231224_132843_copy_1024x768






埋葬者は“ヤマトトトヒモモソヒメ”

第7代・孝霊天皇の皇女で

桃太郎のモデルとされる吉備津彦のお姉さん

後楽園(岡山県)のそばにある

岡山神社のご祭神でもありますね
(ここでも吉備との繋がりが!)

モモソヒメは卑弥呼なのでは?とも言われていて

桜井市は卑弥呼の里!

みたいなノリが漂っています
20231224_132940_copy_1024x76820231224_132920_copy_1024x768






宮内庁の管轄なので近くには行けません・・・


お次は纏向遺跡の中心部にある3つの古墳へ
20231224_140102_copy_1024x768






こちらは“石塚古墳”
20231224_140706_copy_1024x76820231224_140642_copy_1024x768






こちらは“勝山古墳”
20231224_140930_copy_1024x76820231224_141152_copy_1024x768






こちらは“矢塚古墳”
20231224_141812_copy_1024x76820231224_141801_copy_1024x768






ん〜・・・・・

で?


って感じ(笑)

やっぱり詳しい人と一緒じゃないとよく分からんね

古墳時代初期か弥生時代後期か意見が分かれる墳墓だそうで

それ故、案内板には

“〇〇古墳(墳丘墓)”と書かれています

・弥生時代の墳墓→墳丘墓
・古墳時代の墳墓→古墳


てかバスをどこに止めたのかめちゃ気になったわ
(指示書を見てから行けば良かった)

この3つは最寄り駅でいえば“JR纏向駅”

次の古墳は隣駅の“JR柳本駅”

この間はちょっと離れています


途中、神社の鳥居が見えてきました
20231224_145121_copy_1024x768






その名も“伊射奈岐神社”
20231224_145145_copy_1024x76820231224_145154_copy_1024x768






こんなところにイザナギを名乗る神社があったとは
20231224_145545_copy_1024x76820231224_145651_copy_1024x768






ちなみにイザナギを名乗る神社は全国に数か所ありますが

奥さんのイザナミの名の付く神社は

徳島県(美馬市)の“伊射奈美神社”だけだそうです


伊射奈岐神社の向かいにあったのは

第10第・崇神天皇を祀る

“行燈山(あんどんやま)古墳”
20231224_150315_copy_1024x76820231224_150232_copy_1024x768






この近くに景行天皇の陵墓もあったけど

時間がなくてカット・・・
20231224_150208_copy_1024x76820231224_150149_copy_1024x768






ほんと奈良は

犬も歩けば古墳に当たる

やな・・・・


あ、ツアーでは天皇陵や神社は行きませんよ

あくまで邪馬台国のゆかりの地めぐりなので・・・


纏向遺跡最後の古墳は

“黒塚古墳”

まったく無知なまま訪れましたが

ここが邪馬台国畿内説の発祥の地だったようです(笑)

帰ってから知りましたわ・・・
20231224_150902_copy_1024x76820231224_151355_copy_1024x768






石室の中から33枚の三角縁神獣鏡が

埋葬時に置かれたままの状態で出土され

これが卑弥呼の墓では?と注目を集めたんだとか

平成10年に行われた見学会では

2日間で2万7千人が駆けつけたほど賑わったそうです

そんな鏡や石室のレプリカは

隣の“天理市立黒塚古墳展示館”で見ることができます
(入館無料)
20231224_150823_copy_1024x768






20231224_151613_copy_1024x76820231224_151644_copy_1024x768






そんな重要な古墳とも知らず

時間もなかったので

めっちゃテキトーに見てしまった・・・
20231224_151848_copy_1024x76820231224_151856_copy_1024x768






まったく無知なまま訪れたことがよく分かる動画がコチラ(笑)


このあとまだ2ヶ所のスポットが残っています

ここから先が問題なのだ・・・

【いま滋賀県が熱い!】多賀大社に行く前に動画でイメトレ!

皆さん、映画「翔んで埼玉」の続編

「翔んで埼玉〜琵琶湖より愛を込めて〜」観ました?


あ、私はまだ観てないんですけどね

めっちゃ見たいとは思ってるんですけど

「ゲ謎」の誘惑に負けてしまった・・・


さて、「翔んで埼玉」の続編公開で

いま、滋賀県が熱い!!

ってことで滋賀県犬上群(いぬかみぐん)多賀町にある

“多賀大社”へ行ってきました

関西でもかなり有名な神社ではありますが

仕事でもプライベートでも行ったことがない神社です


JR彦根駅から近江鉄道・多賀線に乗って

“多賀大社前駅”


さぞ、賑わっているのかと思いきや

「・・・・・・・・」
20231225_125045_copy_1024x76820231225_130154_copy_1024x768






こんなんだから映画でネタにされるんだよ!!

しかも近江鉄道

交通系ICカード使えんし!!
20231225_130801_copy_1024x768






こちらが多賀大社前駅

無人駅でした・・・・・・
20231225_131412_copy_1024x768






駅から大社までの表参道は“絵馬通り”と呼ばれていて

家やお店の軒先には「笑門」

と書かれた絵馬が飾られていました
20231225_153036_copy_1024x76820231225_153105_copy_1024x768






駅から10分ほど歩いてようやく到着
(駅前にあるのかと思ってた・・・)

ちなみに国道沿いの参拝者専用駐車場からのアクセスはこちら↓


多賀大社のご祭神はイザナギ・イザナミご夫妻

記紀神話で国生み・神生みをした生命の神様なので

延命長寿や縁結びのご利益で知られています

伊勢神宮のアマテラスは

イザナギ・イザナミの子どもにあたるので

江戸時代にバズったお伊勢詣りに対抗して

「お伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢お多賀の子でござる」

って俗謡が流行った(流行らした?)そうです

多賀大社側が流したプロパガンタでしょうね

さすが近江商人!(笑)


境内にはたくさんの境内社がありました
20231225_151700_copy_1024x76820231225_151736_copy_2000x1500






神門をくぐると最初に見えてくるのがこちらのそり橋

豊臣秀吉が寄進した、通称“太閤橋”
20231225_150148_copy_1024x76820231225_150129_copy_1024x768






こちらが拝殿&本殿

茅葺屋根でめっちゃ重厚感があります
20231225_144532_copy_1024x76820231225_135651_copy_1024x768






こちらは数ある境内社の中でもひときわ目を引く

“金咲(かねさき)稲荷神社”

金が咲くとはなんとも縁起のいいお稲荷さんですね

お正月にピッタリじゃないですか?
20231225_152021_copy_1024x76820231225_152004_copy_1024x768






朱塗りの鳥居が綺麗に並んでいて

さながらプチ千本鳥居って感じ(笑)
20231225_152029_copy_1024x76820231225_152043_copy_1024x768






社殿自体は祠のように小さいですが・・・
20231225_152052_copy_1024x768






動画でみるとこんな感じ↓


この金咲稲荷あたりから多賀大社の社殿を横から見ると

迫力ある本殿の屋根が見れるのでお見逃しなく
20231225_140054_copy_1024x768






金咲稲荷の手前にあるのは“寿命石”

俊乗坊・重源(しゅんじょうぼう・ちょうげん)ゆかりの石です

重源上人は奈良の東大寺を再建した

平安時代の偉いお坊さんです

奈良のおん祭の期間に公開される重源上人坐像が有名

春日若宮「おん祭」ツアー1日目♪


20231225_135638_copy_1024x76820231225_135627_copy_1024x768






他に多賀大社で有名なものと言えば

“お多賀じゃくし”と呼ばれるしゃもじ型のお守りと

琴の弦で切るお餅、“糸切り餅”

この糸切り餅をめっちゃ楽しみにしてたのに

夕方なので売り切れてた・・・(涙)
20231225_151710_copy_1024x76820231225_150233_copy_1024x768






ちなみに近江鉄道・多賀大社線は

1時間に1本とか2本のレベルなので

帰りのダイヤにはくれぐれもご注意ください・・・
20231225_153635_copy_1024x768






こちらは急いで作った多賀大社のタビトレ動画

初めて行かれる方はぜひご活用ください↓



話しをちょっと戻しますが

「ゲ謎」こと

映画「鬼太郎誕生〜ゲゲゲの謎〜」

これ、まだやってる映画館がお近くにあるなら

ぜったい観に行ったほうがいいですよ

めちゃくちゃいい映画です


本編では泣かなかったけど

エンドロールが切なすぎて涙がこぼれたわ・・・

※内容は子ども向けではないのでご注意ください

そして鬼太郎はほとんど出てきません(笑)

2023年・買って良かった添乗便利グッズ3選♪

年末らしく2023年に買って良かった添乗便利グッズを

3つご紹介したいと思います


まず1つ目は

チープカシオ(並行輸入品)

仕事で欠かせないものと言ったら時計

ゆーても腕時計を付けるのは好きじゃないんですよね

金属アレルギーではないのですが

時計を付けていると手首がかゆくなる・・・

なのでプライベートでは時計は付けないんです

でも仕事ではやっぱり必要でしょ

ここ数年は添乗員仲間でも評判のいい

チープカシオを愛用

常に3つくらいストックがあるほどだったんですが

物価高の影響か

以前は1000円以下で買えたチープカシオも

今は1500円くらいするんですね・・・
(定価は2200円らしい)

そんなチープカシオに並行輸入品があることをネットで発見

価格は2200円と普通のチプカシよりちょっと高いんですが

文字盤がグリーンでサイズがちょっと大きめ

ミリタリーっぽくってなかなかええやん♪
20230615_223912_copy_1024x76820230615_223951_copy_1024x768






比べて見ると今までのチプカシがめっちゃ小さく見える(笑)

オリジナル同様に視認性が高いのがいいですよね

チプカシに変わってスペアとして添乗用のカバンに忍ばせているのは

ダイソーの“ミリウォッチ”
(500円)
20231229_141224_copy_1024x768






チプカシならぬ“シチカシ”も

ポストチプカシとして使えそうです
(2200円→801円)
20231229_140956_copy_1024x768









つづいて2つ目

携帯用ルーペ

今年の健康診断でも視力1.5はキープしているのですが

昨年あたりから急に目にきましてね

小さい字が見えんのですよ!!

事務所で添乗準備をする際は

リーディンググラスを使ったりするんですが
(老眼鏡じゃないです、リーディンググラスです!)

添乗中に着用するまでは困まってない

でも添乗中にお客様の携帯に電話をしようとしても

番号が読めないことが多々あるのです!!

施設の事務所で精算をしようと指示書を見ても

金額が読めないことが多々あるのです!!


メガネをかけるほどじゃないんです

その数字さえ見えたらいい

一部分だけ大きく見えればそれでいいのです

そんな目が衰えはじめた自分にピッタリなアイテムを

ヨドバシカメラで見つけました

カードタイプの薄型ルーペです
20230616_163641_copy_1024x76820230616_163659_copy_1024x768






スペックはこんな感じ

値段は500円くらいだったかな?
20230616_163808_copy_1404x1998








倍率3.5倍ってことですが

これ、かなり使えます!!
20230616_163735_copy_1024x768






なんてったって使い勝手のいい名刺サイズ

自分が使っている手帳型のスマホケースに入るので

さっと取り出せるのがいい!!

先日、同い年の友人がはじめてメガネ屋で遠近両用メガネを購入したそうです

やっぱりメガネ屋でちゃんと作ってもらったら全然違うで!!

って感激しておりましたが

自分はもうちょっと意地を張りたいと思っております・・・
(お客様に迷惑がかかるようなら考えます)


最後はコチラ

携帯用ハンディファン

今や夏の必需品ですよね

2019年にもほぼ同じ見た目のハンディファンを買ったんですが
20231228_184900_copy_1024x768






会社のデスクで使う内勤用と添乗用とを分けたかったので

新たに添乗用に新しいものを購入しました
20230615_230035_copy_1024x76820230615_230711_copy_1024x768






ちなみに新旧の差はこんな感じ

風量:3段階→6段階
価格:2799円→1980円
充電:→マイクロUSB→タイプC
バッテリー:5200mAh→5200mAh

バッテリーの容量は一緒やった(笑)
20230615_230732_copy_1024x76820230615_230637_copy_1024x768






前回同様、スマホの充電池としても使えるよう

ファンとバッテリーが分離できるタイプを購入
(これは地味に便利)

今回、何が良かったって

180度の角度調整!

ってところ

分離しなくてもコンパクトに折りたためます

そして180度の角度が調整できることによって

こんな感じで受付中にキャリーケースに挿して使えるのですよ
(前のタイプは90度が限界でした)

真夏の新大阪駅

コイツに何度救われたか・・・
20230802_084048_copy_1024x76820230820_084031_copy_1024x768






今年の夏ってめっちゃ暑かったじゃないですか

調子に乗って霜が降りるほど急激に冷えるハンディファンを購入
(3200mAhで2879円)
Gallery_1703647723028_copy_1024x76820231227_122800_copy_1024x768






ほてった顔とか首を冷却プレートで冷やせるタイプなんですが

これはあんまり活躍せんかった・・・
(電池がすぐなくなるのです)



あ、最後に季節外れのアイテムを紹介しちゃいましたね

おまけにこれから活躍しそうな添乗便利グッズをご紹介します


充電式カイロ

充電式カイロも以前のものは2019年に購入したんですが

あんまり使い勝手がよくなかったんですよね
(こちらも内勤用で会社に置きっぱなし)
20231227_105220_copy_1024x76820231227_105119_copy_1024x768






今回は寒くなる前にタイムセールで購入
(5680円→3975円)

ついさっきまで開封すらしていなかったんですが

今回のタイプはなかなか期待できそう♪


これから使ってみてオススメできそうなら

このブログでも紹介させて頂きますね

炭火焼鳥どん呑の地味に嬉しい〇〇が素敵っ!!

会社の後輩とランチでよく行くお店があります

それがこちらの

炭火焼鳥どん呑(南森町店)
20230818_121944_copy_1024x768






夜は居酒屋

昼はチキンカツをメインとしたランチ営業をされています

めっちゃ色んなチキンカツがあるんですが
20231226_122311_copy_2000x1500






ダントツ人気なのが特製の自家製タルタルソース

遅い時間に行くと売り切れてしまうほど人気の逸品です
20230818_114905_copy_1024x76820231226_122858_copy_1024x768






だいたいみんなタルタルを頼むんですが

ある時、店員さんがサーブする際に

「こちらは女性のお客様」

みたいな感じで持ってきたんですね

いやいや、みんなタルタルなんだから一緒じゃないの?

って不思議に思って聞いてみたんですが

なんと同じメニューでも

男性と女性ではちょっと違うとのことでした

こちらは男性用
20230818_114918_copy_1024x768






こちらは女性用です
20230818_120121_copy_1024x768






違いが分かりましたか?

実は男性用はカットは縦だけなんですが

女性用は小さい口でも食べやすいように

さらに横にもカットが入っていたんです!

これ、地味に嬉しいサービスですよね

まぁすべての女性の口が小さいというわけではないですが・・・


このお店は店員さんの接客も感じがいいので

思わず足を運んでしまいます

会社の周辺には美味しいお店は他にもたくさんあるんですが

接客態度が悪いお店は

どうしても行く気になれない・・・


やっぱり飲食店は

味も接客もウマいお店がいいですね♪


あ、サムネのこの画像見てたら

最近よくみるYouTubeチャンネルを思い出した
1703299942017_copy_800x800









このチャンネル

ズボラ飯好きにはかなり助かるチャンネルです♪

特に虚無料理シリーズが最高(笑)



先日、このチャンネルの話しを

家でも全然料理をしない後輩にしたら

よくズボラ飯とかいいますけど

料理してる時点で全然ズボラじゃないですからね


って言われた

確かに!!(笑)

アートホテル大分の地味に嬉しい〇〇が素敵っ!!

今回もホテルネタです

10月に行ったズームイン大分でお世話になった

ズームイン大分みどころ大周遊ツアー1日目♪


アートホテル大分でのお話しです

ホテルはこんな感じ↓


この動画ではあえて触れていませんが

こちらのホテルのキーケースが素敵だったんです
20231223_122636_copy_1024x768






一見普通のキーケースですが・・・

ってブログを書こうと思ったら

文字で書くより動画でしゃべった方が伝わるやろ

ってことで緊急で動画を撮ってみました(笑)



どうです?

伝わりました?

20231223_122644_copy_1024x76820231223_122654_copy_1024x768






キーケースってカードキーを取り出したら役目は終わりと思っていましたが

活用できるところは全て活用するぜ!

って貪欲な姿勢が素晴らしい!


お客様が見る見ないは別として

これだけの情報を予め印字しておくと

フロントスタッフの業務軽減にも繋がると思うんですね

ビジネスホテルって基本的に1泊朝食付きか素泊まりでしょ

フロントスタッフはチェックイン業務だけでも忙しいのに

宿泊者から

「どこか近くにオススメのお店ある?」


とか

「ホテル周辺の地図ある?」


って声を掛けられるわけですよ

おススメのお店→キーケース参照

周辺マップ→キーケース参照



キーケース1つで解決(笑)

それでもフロントに声を掛けてくるお客様はいると思いますが

かなり業務は軽減されるのではないでしょうか


事前にひとこと書いておけば業務が軽減される

これっての募集ツアーの日程表にも言えますよね

初日の昼食をどこで食べるか記載がない日程表が多いのですが

添乗員はお客様に電話をするたびに聞かれるんです

毎回毎回、同じ質問に時間を割かれ

毎回毎回、同じ回答をしないといけません

たまに受付電話にも

「このツアーって昼食どこで食べるの?」

って電話がかかってきます

「何も書いてないなんて不親切だ!」

と怒られることもあります
(おっしゃる通りです)


たったひとこと

たった一行書いておけば

お客様もイライラせずに済むし

受付スタッフや添乗員の業務も軽減されるのに

お客様と直接接しない部署の人間には

それがわからないのです・・・

それはなぜかというと

お客様と接しているのではなく

パソコンの画面と接しているからです

その向こう側にいるお客様は見えていないのです


それに比べ、アートホテルのキーケースは

現場で働くスタッフの問題点や

お客様の要望をうまく掴んでいるなーと感心しました


キーケースをカードキーを入れるだけで終わらせない

日程表も行程を記載するだけで終わらせない

まだまだやれることはありそうです

天成園の地味に嬉しい〇〇が素敵っ!!

今年も残すところあとわずか

年末年始の年越しツアーまでは仕事もまったりモードなので

これまで書きそびれていた

このサービス素敵っ!!

な小話を書いていきたいと思います



まずは最近行った

箱根湯本温泉の天成園で見つけた

コンセントのお話し

部屋にこんな感じのコンセントがあったんですね

20231217_192113_copy_1024x76820231217_192120_copy_1024x768







一見、普通のコンセントに見えますが

上に「充電器用」と書いてありました

なんでわざわざそんな用途を書いてるのかな?と思ったら

下にこんな一文が

「こちらのコンセントは常時ご利用頂けます」


この意味わかります?

こちらのホテルは室内の電源が

カードキー差し込み電源なんですね

てことは部屋を出ている間に充電をしたくても

部屋を出る際はカードキーを抜く=電源が切れるので

普通のコンセントだと外出中に充電ができないんです

でも、この「充電器用」と書かれたコンセントは

電力が常時供給されているので

カードキーを抜いて外出している間も充電できるんです!

これって地味に嬉しくないですか?

まさに今風のサービスですよね(笑)


まぁカードキー差し込み電源ゆーても

何かしらのカードを差し込んでおけば電源はつくので

不要になったカードなどを常時差し込んでいる人も多いと思いますが・・・

え、オマエもだろって?

いやいや、それはご想像にお任せします・・・

20231223_111832_copy_1024x768






ちなみにほとんどのホテルは光センサーで感知しているので

不要なカードがなくても

室内にあるメモ用紙を折ったものでも代用できます

富士・箱根・鎌倉・伊豆半島ゴールデンルート・3日目♪

ツアー最終日は“浄蓮の滝”からスタート

火曜日は売店がほとんど休みのようです・・・
20231219_092420_copy_1024x76820231219_091905_copy_1024x768






以前に撮影した浄蓮の滝の動画はコチラ↓


このあとバスは“修善寺”

鎌倉殿ブームは去ったのか

観光客も少なく落ち着いて観光できました
20231219_101356_copy_1024x76820231219_102140_copy_1024x768






観光バスも我々のバス1台しか止まってなかった・・・
20231219_103139_copy_1024x768






今回は御幸橋駐車場を利用しました

以前に撮影したとっこの湯までの導線はコチラ↓


お昼は“沼津港”で完全自由昼食
20231219_130554_copy_1024x76820231219_120154_copy_1024x768






東海地方はめっちゃいい天気ですが

同じ頃、熊本県の阿蘇にいる添乗員さんから送られてきた画像がコチラ
Gallery_1703072822250_copy_1024x752






九州で雪とか恐ろしすぎる・・・・・


沼津港の駐車場は事前予約制

駐車料金はコチラで支払います↓


さて、お昼は何を食べましょうか

あじフライが有名な“にし与”に行ってみましたが

行列できてますやん・・・
20231219_120329_copy_1024x768






じゃあ海鮮丼が有名な“五鉄”は?

こっちも混んでる・・・
20231219_121008_copy_1024x768






中心部から少し離れた場所に

“せきの”ってお店を発見

野良猫が入口を塞いでいますが

猫がいるってことは美味しいのでは?

と思って入ってみました
20231219_122909_copy_1024x76820231219_122915_copy_1024x768






こじんまりした店内では

ご主人がワンオペでお店をまわしていました
20231219_122549_copy_1024x76820231219_122928_copy_1024x768






王道の“あじフライ定食(1200円)”をオーダー

お皿は社食の定食みたいですが

これ、めっちゃ美味しかったです!!!
20231219_121557_copy_1024x76820231219_121614_copy_1024x768






箸で持ち上げると崩れそうなほど身がやわらかくてびっくり

こんな美味しいあじフライは

ずいぶん前に名古屋の“ざうお”で食べて以来やな

“釣船茶屋ざうお”って知ってる?

(2012年12月12日)

パリパリの骨せんべいも美味でした♪


このあと“沼津ぐるめ街道”“牧之原SA”経由で浜松駅へ
20231219_133734_copy_1024x768






今回はお客様の集まりもよく道路も空いていたので

浜松駅ではたっぷり時間が取れました
20231219_162421_copy_1500x2000








浜松駅ってバスの乗降場所がけっこう離れているんですよね

新幹線の改札は南側だけど

バスが止まっているのは駅の北側・・・
20231219_163053_copy_1024x768






はじめて行かれる方はこの動画を参考にして下さい↓


話しは変わりますが

沼津ぐるめ街道にファミリーレストランの“ココス”

カレー屋の“ココ壱番屋”が並んでいたんですが

この2つのお店、名前も似てるけど

看板もめちゃ似てるやん!

ココイチのココって

ココスのココやったん?

ひょっとして母体は同じ会社なのか?
20231219_133649_copy_1024x768






って調べてみたんですが

両社にはまったく関係がありませんでした(笑)

富士・箱根・鎌倉・伊豆半島ゴールデンルート・2日目♪

昨晩に天ぷらを食べすぎて

胸焼け全開で迎えた2日目・・・

朝食を食べる気分ではなかったんですが

天成園は朝食バイキングのイクラ盛り放題!が有名らしい

てことでイクラ盛り放題の勝手丼だけ食べてみました

ゆーてもたいしたことないとないやろ

って期待はしていませんでしたが

小粒ながらもめっちゃ美味しかったです(笑)
20231218_074617_copy_1024x76820231218_075135_copy_1024x768






あ、そうそう

天成園はホテル前までバスで入れないので

駐車場から徒歩で350mほど歩かないといけません
(荷物のみマイクロバス送迎)
20231218_080928_copy_1024x768






坂道なので夜は足元に注意して歩きましょう

翌朝に導線を撮影してきました↓


2日目は色んな乗り物に乗って箱根越え

恐らくこのツアー以来かな?

わくわく横浜・東京・箱根ツアー3日目・後半♪

(2010年8月3日)

13年ぶりやん!!

まずは強羅駅から箱根ケーブル

251名乗りでキャパが大きい上に

他に団体もいなかったのでスムーズに乗車できました

お客様に配る乗車券はなく

業務用のクーポンを降りる駅

早雲山駅の改札で渡します
20231218_090842_copy_1024x76820231218_091825_copy_1024x768






添乗員は右上の扉から出るのがスムーズ
(13年前は左だったみたいですが)
20231218_091849_copy_1024x768






早雲山駅で箱根ロープウェイの手続

こちらもお客様に配るチケットはなく

団体乗車券が1枚あるだけです

この乗車券は大涌谷駅で乗り換えする際も必要
(最後の桃源台駅でも回収なし)
Gallery_1702868835359_copy_1024x768






箱根ロープウェイは18名乗り

今回は添乗員含め36名なので

12名×3台で移動しました

ロープウェイのゴンドラは1分間隔で運行

添乗員は先頭のゴンドラに乗りましょう
20231218_093950_copy_1024x76820231218_094000_copy_1024x768






本来なら右前方に富士山が綺麗に見えるはずですが

この日は山頂は雲に隠れていました
(位置が分かるだけでもいい方ですね)
20231218_094751_copy_1024x76820231218_094807_copy_1024x768






大涌谷駅では再集合時間を決めて自由散策

今回は他に団体がいなかったので建物内で再集合にしましたが

混雑時は外の方がいいのかもしれません
(寒い季節はオススメできませんが)
20231218_102246_copy_1280x96020231218_101829_copy_1024x768






自由散策ゆーても現在は噴煙が上がっているところまでは降りれません

展望所で写真を撮って

名物の黒たまごを食べるくらいかな?
20231218_100432_copy_1024x76820231218_103116_copy_1024x768






そんな大涌谷はこんな感じ↓


このあと再び箱根ロープウェイに乗車して桃源台駅

途中、姥子(うばこ)駅でゴンドラが開きますが

ここでは降りずに通過します

桃源台駅のゴンドラのりばは2階

1階が広くなっているのでここで再集合にしました

このあと箱根海賊船に乗換え

船の受付・改札は地下2階です

階段が長いので足の弱い方はEVを利用しましょう

海賊船もお客様に配るチケットはありません

こんな感じの団体乗船券のみ
(最後まで回収なし)
Gallery_1702868795623_copy_1024x768






箱根越えの際はツアーバッチは見える場所に付けておいてもらいましょう

桃源台駅でロープウェイから海賊船に乗り換える導線はコチラ↓


この時期は11時台の船がないので

12時の船は結構混み合いました
(1本前は10時45分発)
20231218_113617_copy_1024x76820231218_115436_copy_1024x768







この日の船はクイーン芦ノ湖

デザインは水戸岡 鋭治氏です

普通席はイラストの赤いエリア

プラス800円で特別室に変更できます
(希望の場合はのりばでお客様自身で支払い)
20231218_115819_copy_1280x96020231218_120128_copy_1024x768






普通席もけっこう席数はあるので

今回は特別室へ変更したお客様はいませんでした

船内は自販機などはありませんが

ビールやコーヒーを販売する売店がありました
(生ビール770円/コーヒー540円)
20231218_120253_copy_1024x76820231218_120332_copy_1024x768






箱根町(はこねまち)港へ到着しました

船はこのあと“元箱根港”まで行くので

降り忘れのないよう注意しましょう

以前は港の前に

“ノア”ってドライブインがありましたが

80fd54e6






知らないうちになくなってた・・・


代わりに現在は“畔屋(ほとりや)”ってお店ができていました
20231218_122845_copy_1024x76820231218_123024_copy_1024x768






ノアのなくなった箱根町港付近はこんな感じ↓


13年ぶりで心配しましたが

無事に箱根越えが終わってやれやれです

慣れてないからアルペンより緊張したわ・・・・・・


このあと“伊豆フルーツパーク”でお昼ご飯
20231218_134335_copy_1024x76820231218_131638_copy_1024x768






お客様はうなぎの釜めし御膳
20231218_130329_copy_1024x768Gallery_1702898923251_copy_1024x768






2杯目はダシをかけて

ひつまぶしみたいにして食べるようです
Gallery_1702898910866_copy_1024x768






添乗員さんは

ザ・乗務員食!

って感じのバイキング

なんか磐ドラ(磐梯ドライブイン)みたいやな・・・

ってテンションが下がりましたが

意外とカツもカレーも美味しかった(笑)
20231218_131922_copy_1024x768Gallery_1702898892570_copy_1024x768






午後は“だるま山高原”

レストハウスの前に展望デッキがあり

駿河湾越しの富士山が綺麗に見れます

手前に海が入ると印象がガラッと変わりますね
20231218_151059_copy_1024x76820231218_151012_copy_1024x768






隣にだるま山高原キャンプ場があり

ゆるキャン△にも登場するキャンプ場ということで

ゆるキャン△の聖地にもなっているようです


このあと道の駅“伊東マリンタウン”
20231218_163252_copy_1280x960






「人気の道の駅でお買い物」ってことですが

それは若者や家族連れに人気なわけであって

ウチのお客様層にはちょっとね・・・・・
20231218_163750_copy_1024x76820231218_164006_copy_1024x768






添乗員さんは事務所の場所が分かりにくいのでご注意下さい


ようやくホテルまでやってきました

今夜のお宿は伊東温泉にある昭和レトロなお宿

“ホテル暖香園”

8年前に河津桜のツアーで来ているようですが

まったく記憶にないわ・・・

伊豆大島と河津桜ツアー1日目♪

(2015年2月22日)


20231218_205835_copy_1024x76820231218_190149_copy_1024x768






8年前はジャンボ茶わん蒸しが好評って書いてたけど

今回の茶わん蒸しは普通サイズになってた
(これも時代の流れか・・・)
Gallery_1702898869924_copy_1024x768






添乗員&乗務員は別メニュー
20231218_192256_copy_1024x768






メインディッシュは冷え冷えのコロッケ&唐揚げ
(これも時代の流れか・・・)
20231218_192303_copy_1024x768









富士・箱根・鎌倉・伊豆半島ゴールデンルート・1日目♪

久々にJR利用で富士・箱根ツアーへ

お客様は14組35名様

前日まで続いた暖かい日々を終わりをつげ

一気に真冬モードに突入・・・
Gallery_1702989812343





浜松駅で大鉄バスさんに乗換え

最初の休憩、“富士川SA”で自由昼食です

いきなりめっちゃ綺麗な富士山見えてるやん!!

あんまり最初から綺麗に見えると

ありがたみがないんですよね・・・・・・
20231217_114850_copy_1024x76820231217_114616_copy_1024x768






SA内にもフードコートがありますが

富士川楽座のフードコートの方がお店は多いです
20231217_120918_copy_2000x1500






楽座側は富士山を見ながら食事ができるのもポイント高し
20231217_115318_copy_1024x76820231217_120808_copy_1024x768






添乗員さんはうなぎ専門店大漁市場で

“富士川丼(1000円)”をオーダー

シラスと桜エビは王道ですが

うなぎも一緒に食べれるのが嬉しいですよね

このお値段なら良心的なのではないでしょうか
20231217_115619_copy_1024x76820231217_115654_copy_1024x768






富士川楽座は入った場所が既に3階

4階には無料の展望ラウンジがあって

ここからも綺麗に富士山が眺められます
20231217_121441_copy_1024x76820231217_121425_copy_1024x768






こんなフレーム付きの窓もありました
20231217_121417_copy_1024x768






そんな富士川SAは動画で見るとこんな感じ↓


このあと中井PAで休憩を挟み鎌倉へ向かいます

ひさびさに“そうびえん駐車場”にお世話になりました
20231217_154853_copy_1024x768






「古都鎌倉を自由散策」ってことですが

まぁ所要1時間じゃ鶴岡八幡宮に行って

小町通りをちょこっと歩く程度で終わりです
20231217_152253_copy_1024x76820231217_152032_copy_1024x768






鎌倉と言えば鳩サブレーが買いたいですよね

豊島屋(としまや)本店まで行けなくもないですが

豊島屋まで行かずとも、サブレは境内の休憩所でも買えます
20231217_152757_copy_1024x76820231217_152734_copy_1024x768






そうびえん駐車場から八幡宮境内への導線はコチラ↓


日曜日なのでこのあと湘南辺りが渋滞にハマりましたが

なんとか30分遅れでホテルに到着

今夜のお宿は箱根湯本温泉“天成園”

はじめて泊まるホテルです
20231217_221725_copy_1024x76820231217_205813_copy_1024x768






ちょっと普通のホテルとは趣の異なるホテルでして

まぁ雰囲気的にはスーパー銭湯に近いかな?

館内は全て素足か靴下で移動

行く際は靴下に穴が開いていないか

しっかり確認しましょう(笑)

5本指ソックスでも結構恥ずかしかったです・・・
20231217_185317_copy_1024x768






部屋はこんな感じ

館内移動用のポーチとか、なかなか気が利きます
20231217_191535_copy_1024x76820231217_191558_copy_1024x768






ちなみに温泉は23時間営業で

売店は24時間営業です

食事はバイキング

寿司・天ぷら・鉄板焼きなどのライブキッチンが人気
20231217_184825_copy_1024x76820231217_183529_copy_1024x768






中でも天ぷらがめちゃ美味しかった!!

普段、バイキングで天ぷらとか絶対取らないんですけど

この日は1年分くらいの天ぷらを食べました
20231217_192847_copy_1024x76820231217_192857_copy_1024x768






鉄板焼きコーナーで焼かれていたのは

厚切り牛タン

って最高やないか!
20231217_193949_copy_1024x768






でもなんか下味がないから味が物足りなかった・・・

次に行くことがあれば味噌南蛮を持参やな




新しい関空の顔はやっぱりアレでした。

久々にYouTubeの撮影で関空へ行ってきました

前回の撮影が2022年11月なので

1年以上が経ってしまいました

最新レポート!とかサムネ詐欺やな・・・


あれから1年後の関空はこんな感じ

ターミナルに入ったらいきなり

551の蓬莱!

いったん閉店したかのように見せかけ

一番目立つ場所に帰ってくるとはさすがです(笑)
20231213_143001_copy_1024x768






ほぼ工事中だった北側の元ANAエリアはこんな感じ
20231213_123144_copy_1024x768






スタバが久しぶりに2階に帰ってきてくれました

おかえり!
20231213_123200_copy_1024x768






そして神戸のラ・スイートのパン屋さん

ル・パンもオープン

ル・パンは伊丹空港にも入っていますね
20231213_123432_copy_1024x768






あとは“そじ坊”とか“すき家”とか

お馴染みのお店がリニューアルオープン

目新しいのはこちらの

“コロッセオ”ってレストランくらいかな?
20231213_123208_copy_1024x768






マクドローソンは場所も規模も変わらず営業中

なんかホッとします(笑)
20231213_110330_copy_1024x768






ツアーの受付場所はやっぱりこの屋台なんやね・・・
20231213_130931_copy_1024x768






ちなみにANAのカウンターはこんな感じ


JALのカウンターはこんな感じとなっております



以前、食べ終わった食器が散乱していたフードコート

テイスティーストリートですが

【関西空港】Tasty StreetがDirty Streetになっていると話題に

(2022年12月22日)

ようやくこんな対策が取られたようです

やればできるやん(笑)
20231213_124335_copy_1024x768






フードコートには“すし処西屋”と

“元気商店”ってお店が新しくオープン

せっかくなので元気商店で塩たん定食を食べてみましたが

全然美味しくなかった・・・(涙)

ハラミがウリみたいなので

今度はハラミ定食に挑戦してみたいと思います
Gallery_1702476530705_copy_1024x768Gallery_1702476541204_copy_1024x768






4階に上がってみましょう
20231213_115443_copy_1024x76820231213_113442_copy_1024x768






出発口は相変わらず1番と3番のみオープン

2番は工事中でした

今後は保安検査場を中央1ヶ所にまとめる予定なんだとか
20231213_115857_copy_1024x76820231213_120024_copy_1024x768






現在は1と3、どちらに並んでもOKなので

人を探すときに大変みたいです(笑)
20231213_115841_copy_1024x76820231213_115849_copy_1024x768






現在の関空の様子は

こちらの動画でチェックしてみて下さい↓



もちろん第2ターミナルにも行ってきましたよ

去年はホラー映画のように人が歩いなかった国際線も

かなり旅行者が帰ってきました
20231213_141130_copy_1024x76820231213_141355_copy_1024x768






国内線は相変わらずやね

変わった点といえば

Cocosがオープンしてたくらいかな?
20231213_141003_copy_1024x76820231213_141022_copy_1024x768






第2ターミナルの様子はこちらで紹介しています↓




YouTubeで最初に関空を撮影したのは

緊急事態宣言解除後の2021年3月3日


こんな時代もあったよね

4階の惨状は今見ても泣きそうになる・・・


なんか遠い昔のように感じるのは

私だけでしょうか・・・


せっかく関空まで来たので

帰りはりんくうのアウトレットに行って

なんなんタウンの“寄り屋”で

更科そばを食べて帰りました
20231213_163950_copy_1024x76820231213_175728_copy_1024x768






赤鶏の親子丼セット(890円)

行列はできないけど大阪で美味しい蕎麦屋【寄り屋】♪


やっぱりここの蕎麦が一番好きだわ♪

海なし県で食べる!絶品おさかなランチ♪

先週、びわ湖へバス釣りに行ってきました

ニュースでも報道されているように

びわ湖の水位

めっちゃ減ってますわ・・・

普段は矢印のあたりが水面なんですよ
20231209_102150_copy_1024x7681702158350738_copy_1024x768






まぁ普段見えないポイントの地形が知れるのは

今後の役にはたちそうですが

ほんと今の時期は釣れませんわ・・・
1702158282545_copy_1024x76820231209_155934_copy_1024x768






魚が釣れないなら食べに行くか!

ってことで

今年の10月にオープンした

びわ湖で美味しいお魚ランチが食べれるお店へ行ってみました

その名も

一魚一会
(いちぎょいちえ)

場所はピエリ守山の向かいです
(ピエリの駐車場を利用するのはNGです)
20231209_131042_copy_1024x76820231209_133754_copy_1024x768






あ、びわ湖でお魚ゆーても

ブラックバスじゃないですよ(笑)

海のお魚が刺身や煮魚で食べられるお店です
20231209_130940_copy_1024x768 Gallery_1702157768743_copy_2115x1586






初めてなので王道の海鮮丼

海鮮ギョン(並)をオーダー

税込み1485円

ちなみに(上)は1980円

(特上)は2750円
Gallery_1702157847395_copy_1024x768Gallery_1702157890773_copy_1024x768






運ばれてきた料理を見てびっくり

え、どんぶり2つ乗ってますけど

何かの間違いですか?と思ったら

赤い器はセットのあら汁でした(笑)

食べ応えのある大きな赤えびが入ってた
Gallery_1702157861684_copy_1024x76820231209_133120_copy_1024x768






海鮮丼はネタが1つ1つ大きくて

見た目よりボリューム満点でした
20231209_133322_copy_1024x768







連れが頼んだのは“煮魚定食(1500円)”

この日はカレイの煮つけ
Gallery_1702157796597_copy_1024x768Gallery_1702157808408_copy_1024x768






こちらもあら汁には大きな赤えび

さらにお刺身まで付いてボリューム満点
Gallery_1702157824761_copy_1024x768Gallery_1702157837335_copy_1024x768






こっちの方が良かったな・・・・・・

飲食エリアのお隣では

鮮魚や煮魚、お寿司などが売られていました

まさかびわ湖でこんな山もりのカニが見れるとは(笑)
20231209_132514_copy_1024x76820231209_132520_copy_1024x768






煮魚や握り寿司もリーズナブル

家族へのお土産にもいいですよね
20231209_132428_copy_1024x76820231209_132440_copy_1024x768






皆さんもお近くへお越しの際は

ぜひ、一魚一会で美味しいお魚ランチを食べてみてくださいね
20231209_132444_copy_1024x768







日光東照宮と中尊寺・松島ツアー2日目♪

ツアー2日目

ホテルの周辺はこんな感じで雪が積もっております

でも昨日に引き続きあんまり寒くない
20231211_075230_copy_1024x768






まずは福島県と宮城県の境にある“国見SA”

SAの売店には見えないほどオシャレですね
20231211_093300_copy_1024x76820231211_093308_copy_1024x768






こんなユニークなコーナーもありました
(松山空港でもこんなのあったな・・・)
20231211_093121_copy_1024x76820231211_093131_copy_1024x768






国見SAは売店も凄いけどトイレも凄い!

入口のモニターで使用状況が分かるようです
20231211_093727_copy_1024x768






さらに扉の上のライトでもお知らせしてくれます

てか扉が閉まってたら使用中じゃないのか?(笑)
20231211_093647_copy_1024x76820231211_093643_copy_1024x768






松島では2時間ほどフリータイム

お昼は完全自由昼食です
20231211_113637_copy_1600x120020231211_113725_copy_1024x768






添乗員さんは本格的な窯焼きピッツァが味わえる

“Pizzeria Pino Isola VESTA(ピッツェリア ピノ イゾラ ウエスタ)”

あ、ほんとはこの向かいの中華屋さんに行くつもりが

定休日だったのです(涙)
20231211_121041_copy_1024x76820231211_115306_copy_1024x768






Googleマップのクチコミ情報を見て

この価格でドリンク&サラダ付ならええやん♪

って入ったのですが

10月1日から別料金になってた・・・・・・(涙)
Gallery_1702264934852_copy_1024x76820231211_114551_copy_2000x1500






もちろんマルゲリータを頼んだのですが

これ、めちゃ美味しかった!!!

サイズ的にはそれほど大きくないんですが

ピザの耳が見たことないくらい分厚くてビックリ!

見た目以上に食べ応えのある1枚でした
20231211_115600_copy_1024x768






でも単品だと絵的にちょっと寂しい・・・
20231211_115537_copy_1024x768






人が隣で食べているにも関わらず

アルコールスプレーを直接テーブルに吹きかけて拭くのはちょっと止めて欲しいですが

間違いなく今年1番美味しいマルゲリータでした♪

(小さいお店だから接客とか教える人がいないんだろな・・・)


午後は中尊寺

時間も遅かったので境内にいる団体は

我々とインバウンドの2団体だけでした

平泉はすっかりオフシーズンのようです
20231211_145505_copy_1024x76820231211_151212_copy_1024x768_1






本堂では雪吊りの準備に追われていました
20231211_151600_copy_1024x76820231211_152018_copy_1024x768






これにて2日間の観光は全て終了

2日間を通しての観光は

日光・松島・中尊寺の3ヶ所のみ!

というシンプルながらも欲張りなコースなのでした

帰りは仙台空港から帰ります

空港も機内もガラガラやった
20231211_172934_copy_1024x76820231211_184656_copy_1024x768






今回は2日間なのでANAのオンラインチェックインの説明がバタバタでしたが

なんとか全員オンラインで手続きしてくれました

でもオンラインチェックインを済ませてから空港に行くと

添乗員に付いていかなくても飛行機に乗れるので

めっちゃグダグダになるんですよね・・・

大まかに分けるとこんな感じでお客様の動きが分かれます

.ンラインチェックイン済みで荷物を預けない人→好きにしてよし
▲ンラインチェックインが済んでない人→自動チェックイン機へ
オンラインチェックインは済んでるけど荷物を預ける人→手荷物カウンターへ
ぅンラインチェックインは済んでるけど紙の搭乗券も欲しい人→自動チェックイン機へ

仙台空港でいうとこんな感じです↓


お客様にめっちゃオンラインチェックインを勧めているのに

添乗員の搭乗券は昔ながらの紙仕様(笑)
20231211_172909_copy_1024x768






恥ずかしくて見せれんわ!!!


※添乗員のチケットはオンラインチェックインできないチケットの場合が多いのです・・・

日光東照宮と中尊寺・松島ツアー1日目♪

日本が誇る東日本の世界遺産

日光東照宮中尊寺金色堂

さらに日本三景の松島までを

1泊2日で巡ってしまう

弾丸ツアーのお仕事です

お客様は12組28名様


伊丹空港には6時20分スタンバイ

夜が明ける前に空港に着き

朝日を浴びながらプロペラ機で福島空港へ向かいます
20231210_055046_copy_1024x76820231210_074012_copy_1024x768






福島空港に着いたらまずは日光へ

ほんま気が付けばいつも日光・・・
20231210_113058_copy_1024x768






このツアーは比較的時間に余裕があるので

今回は徳川家康のお墓がある奥宮まで行ってみました

入社以来、数えきれないほど東照宮には来ていますが

ここまで登ってきたのは初めてかも

眠り猫からは往復15〜20分ほど
20231210_122532_copy_1024x76820231210_122630_copy_1024x768






お墓は幾重にも重なった八角形の台座の上に

宝塔が乗っているスタイル

宝塔は久能山東照宮のお墓と同じようなデザインでした
20231210_122836_copy_1024x76820231210_122930_copy_1024x768






個人的には奥宮拝殿と宝塔の間に立っていた

唐門の左右の狛犬にグッときました

この狛犬、めっちゃカッコいい!!
20231210_123104_copy_1024x76820231210_123058_copy_1024x768






拝観後は磐梯ドライブインで昼食

このけんちん汁とカレーも今年何度目だろ・・・
20231210_131832_copy_1024x768






お宿は“裏磐梯レイクリゾート”

前に泊まった時はこんな感じで和室でしたが


今回はツインルームをいただきました
(きっと空いてたからだと思う)
20231210_193853_copy_1024x76820231210_171111_copy_1024x768






夕食はお寿司にネタ乗せ放題のバイキング
20231210_194100_copy_1024x76820231210_194149_copy_1024x768






今回、3枚重ねをやってみようと挑戦しましたが

やっぱり2枚が限界みたいでした(笑)


今朝は早かったのでお風呂に入ったらは早めに就寝

お風呂上りのレモン牛乳は最高やね♪
20231210_220427_copy_1024x768






これ、バスガイドさんに貰ったのです

前回ご一緒した時は

鶴ヶ城であわまんじゅうを貰ったんですよね

早春の会津・大内宿と喜多方・日光ツアー2日目♪

(2023年3月15日)

いつもありがとうございますm(__)m

しいたけ狩りと太陽の塔内部見学ツアー♪

今回は普段のパッケージツアーとは異なり

一般企業様の社員旅行の添乗です

お客様は29名

まず最初に向かったのは“高槻森林観光センター”

の中にある

“高槻しいたけセンター”
20231208_122703_copy_1024x76820231208_121435_copy_1024x768






こちらでしいたけ狩り体験!

スーパーなどで売られているシイタケは

菌床(きんしょう)栽培と呼ばれる栽培方法ですが

こちらでは原木栽培のシイタケを狩ることができます
20231208_110407_copy_1024x76820231208_110402_copy_1024x768






狩ったシイタケは隣のバーベキューハウスに持っていき

コチラで焼いて食べることができます
20231208_111107_copy_1024x76820231208_110917_copy_1024x768






お客様はカルビセットと一緒に

自分で狩ったシイタケを焼いて食べて頂きます
20231208_111803_copy_1024x76820231208_114019_copy_1024x768






添乗員さんはやきそば・・・・

あ、でもこれ意外と美味しかったです(笑)
20231208_114439_copy_1024x768






お客様がBBQを楽しんでいる間、時間があったので

自分でも狩ってみました
20231208_121212_copy_1024x768_120231208_200145_copy_1024x768






普通のサイズなら100gだと3個〜4個だそうですが

欲張って大きなシイタケをチョイスしたので

3個で198g(627円)となりました・・・


お次は“万博記念公園”

まさか仕事で万博記念公園に来るとは!!

左がこの先手にすることはないであろう

添乗員用の入場券(見た目はほぼ一緒)
20231208_131656_copy_1024x76820231208_133016_copy_1024x768






今回は入園だけでなく

太陽の塔の内部見学付き!

チケットは別で発券されます
(デザインは2種類)
20231208_134412_copy_1024x76820231208_133945_copy_1024x768






予約の時間の20分前集合が基本で

受付付近は狭いので、広場で待機して

代表者のみ受付に進んでチケットをP/Uします

動画でみるとこんな感じ↓


太陽の塔の内部見学はプライベートで1度だけ来たことがあります
20231208_134716_copy_1024x76820231208_134906_copy_1024x768






撮影は1階のみOK

専用のスマホケースをレンタルすれば

この先も撮影可能だそうです
(レンタル料:1回500円)
20231208_135446_copy_1024x76820231208_135414_copy_1024x768






所要時間は30分ってことですが

そんなに時間はかかりません

このあとエキスポパビリオンの入館もツアーに入っていました

個人だと特にチケットとかはないのですが

今回は団体用にチケットを出したもらいました
(添乗員はチケット不要)
20231208_143635_copy_1024x76820231208_141639_copy_1024x768






エキスポパビリオンは何度もプライベートで来ていますが

10月に別館がオープンしてからは初めてきます
20231208_150737_copy_1024x768






本館からタイムトンネルみたいな通路を歩いて別館へ
20231208_144708_copy_1024x76820231208_144717_copy_1024x768






こちらが別館

なんとこちらに初代・黄金の顔が常設展示されることなったのです

今までの特別展でしか見れなかった黄金の顔ですが

今後はいつでも見れるってことです
20231208_150158_copy_1024x76820231208_150138_copy_1024x768






20231208_150002_copy_1024x76820231208_145939_copy_1024x768






20231208_145810_copy_1024x76820231208_145337_copy_1024x768






2階に上がると黄金の顔と同じ目線で見学することができます

この柵の向こう側で撮影するには

さっきのスマホケースが必要となります
(レンタルは2つのエリア共通)
20231208_145327_copy_1024x76820231208_145316_copy_1024x768






今まで特別展だとお皿みたいに寝そべっていたので

縦向きでこの至近距離から黄金の顔を見学できるのは嬉しいですね

太陽の塔ファンならかなり胸アツなのではないでしょうか
20231208_145124_copy_1024x768_120231208_145137_copy_1024x768






このあとヒルトンプラザイースト7階にある

中華料理の老舗

大阪・聘珍樓(へいちんろう)
20231208_184116_copy_1024x76820231208_171919_copy_1024x768






皆さまはこちらで懇親会
20231208_171902_copy_1024x76820231208_165348_copy_1024x768






もちろん添乗員は別なので

どこかへ食べにいかなあかんよね

聘珍樓で食べるにしても

予算内には食べれそうにない・・・(泣)
20231208_171932_copy_1024x768






1人でも気軽に入れて予算内に食べられそうなお店・・・

ってことで第三ビルの“ぶどう亭”

ハンバーグで定評のある老舗の洋食屋さんです

ステーキとハンバーグのぶどう亭ってことなので

ステーキ&ハンバーグ定食をオーダー

ハンバーグ50g増量+チーズトッピング

これで1960円♪
20231208_180027_copy_1024x76820231208_180036_copy_1024x768






けっこういいお値段しましたが

味は大したことなかった・・・
(特にステーキ・・・)

お店の接客はめちゃ良かったんですけどね・・・

お客様が食べた聘珍樓のディナーはもちろん大好評でした

私も一度食べてみたいものです・・・


コロナ前は頻繁に足を運んでいた太陽の塔

よく考えたらめっちゃ久々に来たな
20231208_151723_copy_1024x768






いつ見ても何度見ても

あの塔を間近で見上げると

毎回テンション上がってしまうね

12月の週末はイルミナイト万博が開催中

そう言えばこれもしばらく行ってないな〜

イルミナイト万博Xmasに行ってきました♪

(2014年12月12日)

秋彩の指宿・霧島3日間ツアー♪

JR利用で南九州へ

お客様は15組34名様

北九州ループを抜けたと思ったら

今度は南九州だ(笑)

【1日目】

九州新幹線利用で一気に鹿児島中央へ

お昼は完全自由昼食

添乗員さんの今日のランチは

炭火焼肉たむらの

特製牛カルビ弁当(1150円)

これ、前から気になってたんですよねー

お肉はパッサパサなんですが

味付けは意外とあっさり目

車内で食べることを考慮してか

匂いもそんなにキツないのがいい

「ちゃ〜」と刻印された玉子焼きもフワフワで美味しかったです

改札内のベルマートキヨスクで買ったんですが

レジで温めてくれるのも嬉しい♪
20231203_094043_copy_1024x76820231203_114142_copy_1024x768






今度は隣にあった特製トンテキ弁当やな
20231203_094050_copy_1024x768






本日の観光は

アリヨシ(屋久杉工芸店)→池田湖→西大山駅
20231203_154504_copy_1024x76820231203_162537_copy_1024x768






ホテルは毎度おなじみの

指宿フェニックスホテル

初日は8月に行ったこのコースと全く同じでした

まるごと鹿児島ぐるり大周遊ツアー1日目♪

(2023年8月21日)

今回の添乗員さんの部屋はコチラ

フェニックスホテルにこんな部屋あったんやね
20231203_171037_copy_1024x76820231203_171054_copy_1024x768






前回はこんな部屋でした↓



【2日目】

まずはお約束の“長崎鼻”
20231204_090727_copy_1024x768






お次は“枕崎おさかなセンター”

2月20日まで外観工事中のようです
20231204_102554_copy_1024x76820231204_102459_copy_1024x768






このあと知覧で観光&オプション昼食
20231204_124423_copy_1024x76820231204_124441_copy_1024x768






添乗員・乗務員メニューは日替わりなんですが

今回は天丼でした
Gallery_1701680874703_copy_1024x768







午後は“曾木の滝”

はじめて来る場所ですが

鹿児島では紅葉の名所として知られているようです

12月1日から1月31日までは

イルミネーションのイベントも開催
20231204_155239_copy_1024x76820231204_153512_copy_1024x768






なかなか立派な観光地ですやん

なんで今までコースに入ってなかったんだろ
20231204_153427_copy_1024x76820231204_153452_copy_1024x768






2泊目のお宿は

こちらも8月と同様

ホテル霧島キャッスルホテル

今回もひたすらポン酢で和牛を暴れ食いしたのでした・・・
20231204_171607_copy_1024x76820231204_194910_copy_1024x768






2泊とも前に泊まったホテルだから

自分のチャンネルでタビトレできるのが嬉しい♪



【3日目】

冷たい雨の降る中“霧島神宮”

久々にがっつり本降りの雨です・・・
20231205_080927_copy_1024x76820231205_081603_copy_1024x768






境内ではお正月の準備が始まっていました
20231205_082711_copy_1024x76820231205_082654_copy_1024x768






お次は“霧島アートの森”

なかなかレアな観光地が入ってますね
(私は2度目)
20231205_100414_copy_1024x76820231205_094754_copy_1024x768






ここは紅葉と現代アートが楽しめる美術館

紅葉はまだなんとか残ってくれていたんですが

とにかく雨が酷かった・・・
20231205_094439_copy_1024x76820231205_094632_copy_1024x768






しかもこの日は屋内展示が入替作業のため見学できず

30分ほどあれば十分って感じでした


このあと福山酢の“桷志田(かくいだ)”でお買い物

そのあと桜島の“有村溶岩展望所”で桜島を眺望し

桜島物産館で昼食です

お客様の昼食はいつもの“さつまご膳”

すぐ食べ終わります・・・
20231205_121612_copy_1024x76820231205_124147_copy_1024x768






添乗員さんもいつもの“マグマカレー”

これ、地味に美味しくて好きです(笑)
20231205_125103_copy_1024x768






このあと桜島フェリーで鹿児島港へ渡り

最後の観光地は“仙厳園”

この頃には雨も止んでくれました
20231205_142402_copy_1024x76820231205_144028_copy_1024x768






てか仙厳園って意外と紅葉綺麗やん

秋彩のってツアータイトルだったので

最後に綺麗な紅葉が見れて良かったです
20231205_143142_copy_1024x76820231205_143339_copy_1024x768






20231205_143321_copy_1024x76820231205_143551_copy_1024x768






20231205_143957_copy_1024x76820231205_143714_copy_1024x768






あ、仙厳園の入場ゲート

10月から新しいシステムに変わったそうです

QRコード付きのチケットに変わったんですが

これがレシートみたいにペラペラなんですよね・・・

お客様に配布の際はご注意ください
20231205_140017_copy_1024x768








これにて3日間の観光はすべて終了

鹿児島中央駅から新幹線で帰ります

鹿児島中央駅ではクリスマスマーケットの準備が行われていました
20231205_154206_copy_1024x76820231205_154415_copy_1024x768






帰りの新幹線はみずほ608号

17時04分発で

新大阪には20時50分到着なので

夕食は駅構内で購入してもらいました

鹿児島中央駅でお弁当を買うならアミュ地下がおすすめ

今回は私が買ったのは

吉祥庵の“甘酢弁当(788円)”
20231205_155851_copy_1024x76820231205_184018_copy_1024x768






疲れたカラダにお酢の酸味が染み渡ります

てかなんで冷えてもこんなにお肉が柔らかいんだろ

このお弁当、めっちゃ美味しかったです!!


買ってから思い出したけど

前回もここでチキン南蛮(単品)買ったんだったわ!

ちなみにチキン南蛮のお味は普通でした・・・

【京都紅葉】醍醐寺の紅葉ってどんな感じ?

朝から山科の毘沙門堂&山科聖天の紅葉を満喫したあと

午後は“醍醐寺”へ向かいました

撮影日は11月30日(木)


京都駅から山科駅へは

JRで1駅5分

山科駅から醍醐駅へは

地下鉄で4駅8分

このあたりはセットで訪れるのがおススメです

紅葉シーズンの醍醐寺の有料エリアは

三宝院と伽藍

セット券で1000円
Gallery_1701574980230_copy_1280x944






桜のシーズンはここに

“霊宝館”が入って1500円でしたね

しかも1500円で霊宝館の館内にも入れると見せかけ

1500円に含まれているのは

霊宝館の“敷地”に入るための料金

霊宝館の館内へ入ろうと自動扉が開くと

これより先は500円以上の寄付をお願いします

って張り紙が貼ってあるという

ぼったくりバーみたいな商売をしていてドン引きしたのを覚えております・・・

そんな桜のシーズンはコチラ↓


秋のシーズンは1000円で霊宝館の敷地には入れますが

やっぱり建物内は別途500円(以上の寄付)

そして三宝院もセット券の内容では

敷地に入れるだけでして

建物の中から庭園を見たければ

別途500円が徴収されます・・・

醍醐寺の有料エリア

全部みたければ2000円よこせ

ってことです(泣)
20231130_122720_copy_1024x76820231130_122837_copy_1024x768






ゆーても三宝院の敷地には

紅葉はそれほど多くありません
20231130_122733_copy_1024x76820231130_122857_copy_1024x768






メインは仁王門から先の伽藍エリアです

だからと言って伽藍だけは見せてくれません

セット券しか販売してませんからね

人気商品と売れ残った商品

抱き合わせにして販売しているお店ってあるでしょ

あれと一緒ですわ

ほんと最近のお寺はどこもお金に対して煩悩まみれ

そこに紙きれ1枚500円とかで売ってるんでしょ

こりゃ笑いが止まらんやろな

“坊主丸儲け”とはよく言ったもんだ
20231130_123842_copy_1024x76820231130_123836_copy_1024x768






おっと話しが反れてしまいましたね


こちらは観音堂と鐘楼周辺

苔の上に広がったイチョウの落ち葉が綺麗でした
20231130_125545_copy_1024x76820231130_125652_copy_1024x768






伽藍エリアのメインは

やっぱり“林泉(りんせん)”

池に反射する紅葉が見事です
20231130_131341_copy_1024x76820231130_131503_copy_1024x768






観音堂の裏にある大きな銀杏の木が綺麗!
20231130_131252_copy_1024x76820231130_131624_copy_1024x768






林泉の奥に見えていた赤いお堂は弁天堂

この周辺も紅葉が綺麗
20231130_132835_copy_1024x76820231130_132841_copy_1024x768






さらに奥は“無量寿院”って庭園

突き当りに小さな滝があって

小川を通じて林泉へ水が流れています
20231130_132559_copy_1024x76820231130_132230_copy_1024x768






ちょっと青っぽいけど、グラデーションが綺麗です
20231130_132800_copy_1024x76820231130_132459_copy_1024x768






こちらは観音堂から見た林泉

観音堂に上がったら銀杏が間近で見れると思ったけど

銀杏側へは出れなかった・・・
20231130_134122_copy_1024x768






さて、秋の醍醐寺のタビトレ動画も撮影しています

醍醐寺はスケールが大きいので

ぜひ、動画でしっかりタビトレしてから向かいましょう


これにて2023年の京都の紅葉レポートは終了です

今年は
・嵐山(千光寺・法輪寺)
・清水寺
・東福寺
・東寺(夜間拝観)
・毘沙門堂
・山科聖天
・醍醐寺
の紅葉をお届けしました

20231130_142038_copy_1024x76820231130_141711_copy_1024x768






↑帰りに仁王門へ戻る際の紅葉が圧巻でした

【京都紅葉】山科の敷きモミジ2大共演♪

今年の京都紅葉は

嵐山・清水寺・東福寺と同じ場所ばかりだったので

気分転換に山科へ行ってみました

山科の紅葉と言えば“毘沙門堂”

周辺の道路が狭く観光バスでは行けないので

旅行会社ではタクシーを利用してお客様をご案内している

京都でも穴場的な紅葉スポットなのです

桜のシーズンも綺麗ですが

紅葉シーズンの敷きモミジが特に有名
20231130_104907_copy_1024x76820231130_090406_copy_1024x768






勅使門の下の坂道が敷きもみじの定番スポット
20231130_085935_copy_1024x76820231130_085910_copy_1024x768






ちょっとまだ早い気もしますが

今年はこんなもんなのかな・・・
20231130_090132_copy_768x1024








唐門から先は有料エリア
20231130_093934_copy_1024x768






本殿→霊殿→宸殿、宸殿

って感じで進んでいきます

建物内は撮影NGですが外はOK

紅葉スポットで綺麗なのは

宸殿裏の晩翠園(ばんすいえん)ってお庭
20231130_092346_copy_1024x76820231130_092413_copy_1024x768






あと本堂裏の弁天堂付近
20231130_093129_copy_1024x76820231130_093215_copy_1024x768






特に霊殿から見る天堂周辺の紅葉がめちゃくちゃ綺麗
20231130_093618_copy_1024x76820231130_093715_copy_1024x768






有料エリアを出たら、ぜひ弁天堂へも行ってみましょう

こちらから霊殿側を見るのもおススメです
20231130_094125_copy_1024x76820231130_094218_copy_1024x768






20231130_094529_copy_1024x76820231130_094107_copy_1024x768






毘沙門堂周辺の紅葉は

グラデーションになっている紅葉が多かったです

個人的には真っ赤よりこれくらいの色づきが好きだな
20231130_095720_copy_1024x76820231130_095307_copy_1024x768






お次は毘沙門堂から徒歩3分ほどの場所にある

“山科聖天”こと“双林院”へ

入山料を取っていない小さなお寺なんですが

ここは知る人ぞ知る紅葉の穴場

こちらも敷きモミジが綺麗なんですよね
20231130_100558_copy_1024x76820231130_100416_copy_1024x768






山門周辺の紅葉も見事
20231130_100901_copy_1024x76820231130_100819_copy_1024x768






境内には歓喜天を祀る聖天堂と

不動明王を祀る不動堂があります

こちらは不動堂

奥には不動の滝がありますので

ぜひ奥までお参りください
20231130_100917_copy_1024x76820231130_101028_copy_1024x768






20231130_101114_copy_1024x76820231130_101908_copy_1024x768






京都の紅葉と言うと

東山エリアや嵯峨・嵐山エリアばかりが注目されますが

山科の紅葉もかなり綺麗なのでおススメです

この日に撮影した動画はコチラ↓


なんてったって観光バスや修学旅行生がいないので

東山や嵐山に比べのんびり紅葉が楽しめます

そして今回ご紹介した紅葉スポットは

散ってからが本番!!

京都の紅葉、ちょっと遅かったかな?

って時がチャンスですので是非覚えておいてください

12月上旬の東福寺の紅葉ってどんな感じ?

今シーズン3度目の東福寺

この秋、東福寺だけで3000円が飛んでった・・・
20231201_142739_copy_1024x768






9日前は入口付近は全然色づいていませんでしたが

まさかこんなに色づいたとは!!!
20231201_143023_copy_1024x76820231201_143137_copy_1024x768






20231201_142944_copy_1024x76820231201_143207_copy_1024x768






20231201_143556_copy_1024x76820231201_144344_copy_1024x768






20231201_143235_copy_1024x76820231201_145508_copy_1024x768






20231201_143303_copy_1024x76820231201_143341_copy_1024x768






愛染堂や開山堂への回廊手前もしっかり色づいてくれました
20231201_145406_copy_1024x76820231201_145329_copy_1024x768






20231201_145502_copy_1024x76820231201_145523_copy_1024x768






通天橋からはこんな感じ

時刻は15時頃なのですが

この時間は正直逆光で写真を撮るのは大変・・・
20231201_145814_copy_1024x76820231201_145943_copy_1024x768






それでも綺麗な紅葉を楽しむことができました
20231201_150111_copy_1024x76820231201_150329_copy_1024x768






名残惜しく通天橋を後にして

偃月橋の方へ行ってみましょう
20231201_150952_copy_1024x768






ここも前回はまったく色づいていませんでしたが

この9日間で既に見頃は去ったようです
20231201_152205_copy_1024x76820231201_152137_copy_1024x768







あ、東福寺の境内に

“最勝金剛院”って塔頭があるのご存じですか?

私は知りませんでした(笑)

ここの参道がちょっとユニークで

明治14年の火災で消失した東福寺の法堂の瓦を使っているんだとか
20231201_153031_copy_1024x76820231201_153025_copy_3000x2250






20231201_152953_copy_1024x76820231201_153003_copy_1024x768






観光寺院ではなく

永代供養や墓地がメインのお寺のようですが

奥にはひっそりと八角屋根のお堂が佇んでいました
20231201_152923_copy_1024x76820231201_152823_copy_1024x768






こんな塔頭があるなんて、全然気づかんかったな・・・

東福寺、奥が深いわ
20231201_162012_copy_1024x768






閉門ギリギリの16時半まで境内にいたんですが

警備員さんに追い出されるように境内を後にしました

動画のエンディングまだ撮ってないのに・・・

どこかないかな〜と彷徨っていたら

勅使門の近くに綺麗な紅葉があるではないですか!

ちょうど夕日が当たってめちゃ綺麗でした
20231201_162314_copy_1024x76820231201_163239_copy_1024x768






ここでエンディングを撮影した動画がコチラ↓

風の音がうるさくて申し訳ない・・・


こちらはいつも綺麗なカーブと臥雲橋

陽が落ちてちょっと暗いですが

真っ赤な紅葉が綺麗ですよね
20231201_163921_copy_1024x76820231201_163624_copy_1024x768






さて、このまま駅へ行ったら混むので

東福寺駅の前にある“大黒ラーメン”で早めの夕食

実は先週もここで食べて帰ったんですよね
20231201_165531_copy_1024x768






時間を空けて駅に向かったのに

京都駅行きのホームはこんな状況・・・
20231201_171213_copy_1024x768






このあと京都タワー下のスタバにこもって動画の編集

家に帰ったのは23時すぎだったのでした・・・

12月上旬の清水寺の紅葉ってどんな感じ?

JR嵯峨嵐山駅から二条駅で地下鉄に乗換えて清水寺へ向かいます

これまで2回は地下鉄・東山駅を利用していましたが

今回は気分転換に三条京阪駅で降りました

京都ゑびす神社や祇園白川を通り

六波羅蜜寺の近くにある人気のパン屋

新田ベーカリーでパンを購入

今回は時短のため

ランチは歩きながらパンを食べました
20231201_115813_copy_1024x76820231201_115847_copy_1024x768






このカレーパン、めっちゃ美味しかったです!!
20231201_120302_copy_1024x768






清水寺の駐車場はもちろん混んでいましたが

五条坂はそれほど混んでなかったかな?
20231201_122806_copy_1024x768






そうそう、今日12月1日から

きょうと魅力再発見旅プロジェクトが復活

いやいや、旅行支援とかせんでも

嫌っちゅーほど人来てますがな・・・

やるなら京都市内を除く旅行のみ

って条件にしたらどうでしょう

魅力再発見ゆーても

もともと魅力的な場所にしか旅行者は行かんでしょうに・・・
20231201_123059_copy_1024x768






清水寺の拝観入口

轟門の近くに弁天堂があるのをご存じですか?
(トイレの前あたり)

この弁天堂の周辺がめちゃ綺麗でした
20231201_123719_copy_1024x76820231201_123947_copy_1024x768






轟門入ってすぐの石垣下もいい感じ

この下はアテルイ・モレの碑です
20231201_124520_copy_1024x768






清水寺って奥之院の舞台から本堂の舞台を見るのが定番ですが

よく見たら本堂の舞台から奥之院の舞台も綺麗ですよね
20231201_125442_copy_1024x76820231201_125208_copy_1024x768






こちら側の方が山の緑が入るので

紅葉の赤が映えて綺麗です
20231201_125155_copy_1024x76820231201_125114_copy_1024x768






これまで数えきれないほど訪れている清水寺でも

見る角度によって全然印象が違いますね
20231201_125458_copy_1024x76820231201_130356_copy_1024x768






もちろん定番の場所からもパチリ

ちょっとピークは過ぎていますが

それでもまだまだ楽しめそうです
20231201_130908_copy_1024x76820231201_130730_copy_1024x768






子安の塔周辺の紅葉はずっと綺麗な色を保っていますね
20231201_131521_copy_1024x76820231201_131620_copy_1024x768






前回はまだ早かったアテルイ・モレの碑周辺の紅葉

ついに色づきました!!
20231201_133215_copy_1024x76820231201_133222_copy_1024x768






やっぱりここの紅葉が好きなだな

毎年綺麗に色づく場所は

やっぱり綺麗に色づくもんですね
20231201_132513_copy_1024x76820231201_132610_copy_1024x768






放生池周辺はかなり色あせていました・・・
20231201_133803_copy_1024x768






この日の様子はこんな感じ↓


このあと京阪で東福寺へ向かいます

12月上旬の嵐山の紅葉ってどんな感じ?

3週に渡って京都の紅葉をお届けする企画も

早いもので最終回を迎えました

前回から9日経過した12月1日

吐く息も白い寒い朝を迎えました

今日の最低気温は3度だそうです

今回も嵐山→清水寺→東福寺

の順にまわりたいと思います


まずは法輪寺

裏参道や表参道の紅葉はこの9日間に見頃を過ぎたようですが

まだまだ綺麗な紅葉が楽しめました
20231201_084525_copy_1024x76820231201_084032_copy_1024x768






多宝塔の周辺もまだ綺麗
20231201_084129_copy_1024x76820231201_084043_copy_1024x768






舞台のイチョウは2枚くらいの葉を残して

見事に散っていました・・・

保津川沿いを歩いて千光寺へ
20231201_085714_copy_1024x76820231201_090018_copy_1024x768






鐘楼の上の紅葉はほぼ全滅
20231201_094605_copy_1024x76820231201_094419_copy_1024x768






客殿から見る紅葉も

わかりやすいくらい見頃は過ぎていました
20231201_092145_copy_1024x76820231201_091854_copy_1024x768






客殿西側の紅葉はまだ綺麗やね
20231201_093453_copy_1024x76820231201_092126_copy_1024x768






滞在中は誰も上がってこなかったので

この絶景の客殿を貸切状態で堪能しました♪
20231201_093951_copy_1024x76820231201_094041_copy_1024x768






朝の嵐山はほんと気持ちいいわ

やっぱり京都の朝は嵐山だな
20231201_095407_copy_1024x76820231201_095654_copy_1024x768






20231201_095830_copy_1024x76820231201_100337_copy_1024x768






渡月橋もまだそんなに混んでいませんね

前回は横断禁止の柵が置かれていましたが

今回は柵は撤去されていました
20231201_101806_copy_1024x76820231201_103536_copy_1024x768






こちらは市営駐車場

10時の時点で奥までビッシリ埋まってた・・・
20231201_103120_copy_1024x768






こちらはトロッコ嵯峨駅

前回は建物の外まで行列だったので

今回はまだマシかな?
20231201_104951_copy_1024x768






こちらはJR嵯峨嵐山駅

京都駅方面からの電車が到着すると

改札前はかなり混み合うのでご注意ください
(これは東福寺もやね)
20231201_105354_copy_1024x768







この日の様子はこんな感じ↓


このあとJRで二条駅まで移動して

清水寺へ向かいます
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
tabitore888@gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・