ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2024年01月

新玉川温泉連泊ツアー 3日目♪

ツアー最終日

路線バスの出発が9時35分なので

観光バスの我々も遅れないように注意しましょう

帰りも玉川ダム停留所までは路線バスのうしろについて移動です
20240128_091559_copy_1024x76820240128_093324_copy_1024x768






これお客様が遅刻とかしたらどうするんやろ・・・
20240128_094957_copy_1024x76820240128_101053_copy_1024x768






3日目は観光がございまして

まずは田沢湖でたつこ像とご対面
20240128_110712_copy_1024x76820240128_110835_copy_1024x768






金色の像が雪景色に映えますね

足元が滑るのでくれぐれもご注意ください
20240128_111338_copy_1024x768






ちなみに近くのトイレは冬季閉鎖中です


お次は角館

今月の2日に来た時はほとんど雪はなかったんですが・・・
20240102_120801_copy_1024x768






今回はさすがに積もってた

武家丸くんも寒そうに丸まってましたわ
20240128_115324_copy_1024x76820240128_115852_copy_1024x768






青龍神社も除雪が入ってないのでお詣り不可でしたね
(案内しなくて良かった)
20240128_120804_copy_1024x76820240128_120813_copy_1024x768






今回も角館で自由昼食

前回、ガイドさんがゴリ押ししていたお店

“ふきや”へ行ってみました
20240128_124407_copy_1024x76820240128_121801_copy_1024x768






タイミングよくすんなり入れたけど

そのあとすぐ韓国のツアー客が一気に入ってきました
20240128_121239_copy_1600x120020240128_124419_copy_1024x768






あんまりお腹は空いていなかったので

“稲庭冷やしうどん(ごまだれ)”をオーダー
Gallery_1706416100504_copy_1024x76820240128_122034_copy_1024x768






この品のある盛り付け方がいいですよね

稲庭うどんの誇りを感じます

寒い冬でも稲庭うどんはやっぱり冷たいほうが

味も見た目も美味しいです

午後は横手市にある“秋田ふるさと村”でお買い物タイム

というか復路のフライトまでの時間調整
20240128_144823_copy_1024x76820240128_145141_copy_1024x768






このあと秋田空港から

18:10発のANA1656便で帰ります


あ、今回ご参加頂いていた

(かなり)ご高齢のおじいちゃんに

ジップロックに入ったお菓子を頂きました

お客様ってよくお菓子の詰め合わせみたいなのをくれるんですが

食べかけのガルボを貰ったのは初めてです・・・・・・・
Gallery_1706436413869_copy_1024x768







新玉川温泉連泊ツアー 1・2日目♪

飛行機利用で秋田県の新玉川温泉へ

お客様は5組10名様

先日の沖縄の45名とはえらい違いやね

催行決定した際は17名ほどおったんですが

相次いでキャンセルが続いてこの人数に・・・
(これも地震の影響なのか?)


今朝も6時前には伊丹空港へ

まだ夜も明ける前にスタンバイし

ボンバルディア機で秋田空港へ向かいます
20240126_055150_copy_1024x76820240126_075804_copy_1024x768






前日の同じ秋田便は悪天候のため欠航
Gallery_1706447730795





この日も秋田空港の天候が悪い場合は仙台空港に降りるかも

って条件便でしたが

なんとか秋田空港に着陸
Gallery_1706447704747







30分ほど遅延はしましたが

よくこんな状況で着陸できたな!!

ってほど吹雪いてた(笑)

ANAさんに感謝です!!
20240126_100355_copy_1024x76820240126_100418_copy_1024x768






時間がないので急いでバスに乗り込みます
20240126_100633_copy_1024x76820240126_101836_copy_1024x768






最初に向かったのは角館市にある“安藤醸造”

本日はこちらで自由昼食です
20240126_113411_copy_1024x76820240126_111426_copy_1024x768






時間がないので滞在時間は30分1本勝負!
20240126_111323_copy_1024x76820240126_111442_copy_2000x1500






添乗員さんは名物の

“土鍋ラーメン+半ライスセット(1012円)”

味噌ラーメンも美味しかったけど

白ごはんが絶品でした♪
20240126_111730_copy_1024x768






なんでこんなに急いでいるかというと

新玉川温泉までの道路は

途中の玉川ダムより先は冬季通行止めなんですね

通行許可をもらった業者の車や観光バスは

路線バスが運行する時だけ一緒に通行できるシステム

なので新玉川温泉行きの最終便である

13:05の路線バスに間に合わないと

ホテルまで行けなくなってしまうのです!!
20240126_123448_copy_1024x76820240126_122935_copy_1024x768






なんとも添乗員&乗務員泣かせのシステム・・・

ドライバーさんも添乗員さんも初めて行く冬の新玉川温泉ですが

なんとか余裕を持って玉川ダム停留所にやってこれました♪

停留所周辺はこんな感じです↓

ここまで来たらあとは安心

JR田沢湖駅からやってくる路線バスの後ろについてホテルへ向かいます
20240126_130603_copy_1024x76820240126_132258_copy_1024x768






新玉川温泉自体は何度か利用したことがありますが

冬に来るのは初めて
20240126_144147_copy_1024x76820240127_195328_copy_1024x768






客室はA〜D館に分かれておりまして

今回はB館の1階なので比較的便利でした
20240126_144304_copy_2000x150020240128_092021_copy_1024x768









今日の行程はこれにて終了

夕食はバイキング

ホテルは2連泊で

明日は終日フリータイム

なんか添乗員の出番

全然ないんですけど・・・
20240126_141532_copy_1024x76820240126_191045_copy_1024x768







2日目


2日目の朝を迎えました

今日は雪も止んでいい天気です
20240127_151527_copy_1024x768






しかしめっちゃ雪深いですね

これでも例年の半分くらいの量なんだとか
20240127_111239_copy_1024x76820240127_111530_copy_1024x768






2日目は観光バスを使わず

お客様は引き続き新玉川温泉でお過ごし頂きます

冬なので玉川温泉へ行く遊歩道は通れません

てかホテル周辺を出歩くことすらできないので

終日、館内でお楽しみいただくことになります
20240127_141336_copy_1024x76820240127_141421_copy_1600x1200






ご希望のお客様は別途3000円で

ホテル主催の“雪上車体験ツアー”に参加
20240126_140325_copy_1249x1787








雪上車が1台6名乗り×2台なので

1回12名限定のツアー

長靴・手袋・防寒着などは無料でレンタルできるので

手ぶらで参加できるのがいいですね
20240127_142033_copy_1024x76820240127_142012_copy_1024x768






14時15分ロビー集合

我々のお客様は10名中5名が参加されました

12名以上希望者がいる場合は

2回転とかにするそうです
(1回の所要時間は1時間ちょっと)

昼食は館内のレストランで食べることができます

てかここしか食べる場所がありません
20240126_165452_copy_1200x1600








ラストオーダーが13時45分なんですが

気が付いたら13時45分!!

ダッシュでレストランへ向ったんですが


時すでにお寿司・・・

仕方ないので売店で昼ごはんになりそうなものを買って食べました

どん兵衛+煮卵+お茶で900円オーバー・・・
20240127_135645_copy_1024x768






新玉川温泉で連泊をされる皆さん

ランチの営業時間にはくれぐれもご注意下さい

GO!GO!沖縄ツアー3日目♪

ツアー3日目

ホテルリゾネックス名護さんは東館は全室オーシャンビュー

本館は“ほぼ”オーシャンビュー

海が見えにくい部屋も一部あるようですが

一番端の添乗員の部屋(6階)でもこんな感じでした
20240122_070548_copy_1024x768






本日の観光は万座毛のみ!

出発は無慈悲な7時30分!!

沖縄まで来て7時半出発て・・・(涙)
20240122_082801_copy_1024x768






万座毛は2020年10月に

“万座毛周辺活性化施設”

という全く親しみを感じないお堅い名称の施設ができて

お金を払わないと象岩を見に行けなくなりました

この施設ができてから行くのは初めてです
Gallery_1705914700012_copy_1024x75520240122_082050_copy_1024x768






1階に売店、2階にフードコート

1階の売店は8時から開いているのですが

2階は9時か10時にならないと開かないようです
20240122_082154_copy_1024x76820240122_082117_copy_1024x768






この施設の先は以前と同じルートで歩きます

帰りはこの施設の2階へ戻ってくる導線です

動画で見るとこんな感じ↓


1階に1000円のお土産自販機があったんですが

1000円払ってしょぼい箸置きが出てきた!

ってお客様が激怒していたので

購入の際はくれぐれもご注意下さい

その箸置きがあまりに酷かったようで

お店の人が同情して、色々とお土産をくれたそうです・・・
(どんな箸置きだったのか気になる)
20240122_083607_copy_768x1024









これにて今回のツアーの行程は全て終了

一番早い便は11:00発の関空便

45名全員、オンラインチェックイン済みなので安心していましたが

修学旅行生が手荷物預けのカウンターを1/3くらい占拠していたので

一般レーンに長蛇の列ができていました
20240122_100445_copy_1024x76820240122_094221_copy_1024x768






那覇空港ご利用の際は

できるだけオンラインチェックインを済ませておきましょう


添乗員さんは一番遅い伊丹便で帰ります

A&Wで後輩のひょうたとランチを兼ねて反省会
20240122_105404_copy_1024x768






那覇空港はほんと利用客が多いなーと感心していると
20240122_135651_copy_1024x768






伊丹便から降りてきた人混みの中に

後輩のよねちゃんがお子ちゃま連れで歩いてきたのではないですか!

昨日まで和歌山の古代史ツアーに行ってたはずなのに!

ほんとアクティブなママでございます
fotor_1705914464932_copy_1024x768







今回、はじめてのガイドなし沖縄本島ツアーを通じて

これだけ来てるのに沖縄のこと

全然知らないなと痛感しました・・・

と同時に

按司(あじ)という古代豪族からはじまり

琉球王国をはじめて統一した尚巴志(しょうはし)

その尚氏をクーデターで倒した伊是名島の金丸

第一尚氏王統と第二尚氏王統?

三山時代???

なんか琉球王国を少しかじってみたら

段々興味が湧いてきた!!

ってことで帰りに空港の本屋で

「琉球・沖縄史」(1650円)

を買って帰りました
20240122_140308_copy_1024x768






ジュニア版ということでひらがな多めなのが助かります

値段の割に写真多めで内容充実

そしてやたら重量がある・・・


今はちょっと時間がないので

次に沖縄に行く機会があれば読んで勉強しようと思います

GO!GO!沖縄ツアー2日目♪

激安沖縄本島ツアー2日目

実はですね

今回3日間を通してバスガイドさんの同行がないのですよ!

他社の添乗員さんからしてみれば

だからなんやねん

って言われそうですが

沖縄本島で3日間バスガイドさんが同行しないのは

今回はじめてなんです!!!


昨日の晩も今朝も

YouTubeの関連動画をみまくっていました

2日目の観光は“首里城公園”からスタート

首里城なんて数えきれないほど来てるのにね

ガイドさんがいない首里城なんて今まで考えてこともなかったので

めっちゃ緊張した・・・
20240121_091312_copy_1024x768






今回、駆け込みで勉強したんですが
(ほんまバス出発ギリギリまで動画みてた)

阿波根あずささんのチャンネルがめちゃ役立ちました

話しがめちゃ上手いと思ったら

元宮古テレビのアナウンサーだそうです(笑)


てか守礼門が世界遺産じゃないってことすら知らんかった(笑)

世界遺産の構成資産に含まれている首里城って

この先にある“園比屋武御嶽石門”と正殿の遺構なんですね

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)とか

そんな門があることすら知らんかったわ・・・
20240121_091239_copy_1024x768






20240121_091214_copy_1024x76820240121_091227_copy_1024x768






園比屋武御嶽石門で参考にした動画はコチラ↓

正殿は現在も工事中ですが

別途300円で工事の様子が見学できます

行かない方は“西(いり)のアザナ”

って展望台経由でバス駐車場へ戻るのがオススメ
(アザナは物見台の意味だそうです)
20240121_084529_copy_1024x76820240121_085759_copy_1024x768






今回の3日間でここが一番神経使ったわ

ほんま嫌な汗がめっちゃ出た(汗)


お次は“古宇利ビーチ”

ここは何度か来たことある
20240121_105313_copy_1024x768






古宇利島の駅ソラハシ

って新しい売店ができていました
20240121_110137_copy_1024x76820240121_105823_copy_1024x768






古宇利島で獲れたサトウキビで作った黒糖や

紅芋チップスが人気のようです

海ぶどうを買うならここが安いみたい
20240121_105909_copy_1024x76820240121_105906_copy_1024x768_1






タコライスやじゅーしー

ポークたまごやサーターアンダギーなども売っていました
20240121_105940_copy_1024x76820240121_110048_copy_1024x768






インバウンドの団体が重なるとすぐ売り切れになるそうなので

ビーチに行く前に確保しておいたほうがいいかも

動画で見るとこんな感じ


このあと“沖縄海洋博公園”

ちょうど前日から“美ら海浜まつり”が開催
20240121_133925_copy_1024x76820240121_134300_copy_1024x768






今回は激安ツアーなのに

美ら海水族館の入館料まで込み!

ほんと大丈夫なのか?(笑)

バスガイドさんなしで美ら海水族館へ行くのも初めてです

チケットはエスカレーターを降りる前に配らないといけないそうなので

この動画を参考にしてください


このあと初めていく観光地

“備瀬のフクギ並木”
20240121_131229_copy_1024x76820240121_132538_copy_1024x768






備瀬(びせ)という海沿いの小さな集落に

約2万本のフクギが防風林として植えられているようです
20240121_125838_copy_1024x76820240121_125852_copy_1024x768






確かに雰囲気のいい場所ですが

団体でゾロゾロ歩く観光地ではないような・・・

集落には小さい道がたくさんあるので

どこをどう歩くかは添乗員さんによるみたいです

今回は県道114号線沿いでバスを乗降

“夫婦福木”の先の交差点を左へ曲がって海へ出て
20240121_131804_copy_768x1024








海沿いを歩いてぐるっとまわってみました
(伊江島も綺麗に見えます)
20240121_132055_copy_1024x768






トイレの先に知る人ぞ知る人気のスポットがあるようです
20240121_125011_copy_1024x76820240121_125543_copy_1024x768






ここはフクギのトンネルの先に伊江島が見える映えスポット
20240121_125558_copy_768x1024








この風景がNHKの朝の連ドラ

「ちむどんどん」のメインビジュアルの背景のモデルでは?

と言われているそうです
58924









備瀬の集落には飲食店も数店舗あるんですが

人気のポークたまごのお店

福助の玉子焼き(備瀬のフクギ並木店)もありました
20240121_130041_copy_1024x76820240121_130016_copy_1024x768






今回のお昼はフリーだったので

“アーサー厚焼きポーク玉子おにぎり(450円)”を食べてみました

空港にあるポーたまに比べ

玉子が厚焼きなのがウリのようですが

めっちゃ食べにくい・・・

個人的にはポーたまの方がいいかな・・・
20240121_130049_copy_1024x76820240121_130227_copy_1024x768






バス乗降場所からの観光ルートの一例はこんな感じ

はじめて行ったのでよく分かっていないまま歩いてます(笑)


ホテルオリオンモトブの辺りで乗降する場合もあるようですが

県道沿いで乗降するほうが近いように感じました

どちらも他の車や周辺住民に迷惑がかかるので

現地添乗員さんやドライバーさんからは不評の観光地のようです


最後は紅芋タルトで有名な“御菓子御殿”の名護店へ
20240121_161159_copy_1024x76820240121_161514_copy_1024x768






“DINO恐竜PARKやんばる亜熱帯の森”

って恐竜のテーマパークみたいな施設が併設されていて

添乗員の受付は恐竜の口を抜けた先です
(ちょっと恥ずかしい・・・)
20240121_161214_copy_1024x76820240121_161128_copy_1024x768






無造作に恐竜の化石(オブジェ)が置かれた休憩室で

昼に買っていた福助の

“厚焼きポーク玉子サンド(500円)”を食べたんですが

これはちょっと・・・・・・

食パンにオーロラソースて・・・・

普通に厚焼き玉子とパンだけなら美味しかったのにな・・・
(これは完食できんかった)
20240121_161723_copy_1024x76820240121_162002_copy_1024x768






これで500円でしょ

沖縄のポークたまごバブルはちょっと異常やと思います・・・

さて、今晩のお宿は名護市内にある

“ホテルリゾネックス名護”

はじめて泊まるホテルです
20240121_181027_copy_1024x768








激安ツアーということで心配していたんですが

目の前ビーチでめっちゃロケーションいいやん!
20240121_174111_copy_1024x76820240121_174118_copy_1024x768






激安ツアーということで心配していたんですが

部屋も広くて快適やん!!
20240121_183248_copy_1024x76820240121_183257_copy_1024x768






コーヒーはドリップ式だし

入浴剤まで付いてる!!
Gallery_1706153797980_copy_800x59020240121_183308_copy_1024x768






激安ツアーということで心配していたんですが

夕食バイキングもアグー豚のしゃぶしゃぶなど

なかなか美味しかったです♪
20240121_205506_copy_1024x76820240121_200500_copy_1024x768






ブルーシールのアイスも食べ放題だし!!
20240121_203203_copy_1024x768






これにてビビりまくりの2日目もなんとか終了

ほんと色々と疲れました・・・・・・・・・・
20240121_174049_copy_1024x768







GO!GO!沖縄ツアー1日目♪

現地添乗員さんが足りないようで

昨年の6月ぶりに沖縄本島へ

ツアー代金はお一人様

29990円

2泊3日

2朝1夕付きでこの価格ですよ

ありえないほど破格なツアーでございます・・・

お客様は19組45名様
(当日1名キャンセルまでは46名)

選べる空港ということで

伊丹・関空・神戸からお客様は飛んでくるのですが

別途料金でフライト変更も可能となっておりまして

今回は関空から2組4名のお客様が一足先に那覇へ

ってことで添乗員さんもこの便に合わせて那覇へ

4時起きで関空へ向かったのでした・・・
20240120_063656_copy_1024x768






4名のお客様をタクシーにご案内したら

次の到着便まで空港で待機

現在、空港の中央エリア周辺が改修工事中

見通しが悪くごちゃごちゃしていました
20240120_110814_copy_1024x768






ランチはいまだ人気が衰えない

ポーたま(国際線フードコート店)

国内線到着ロビー店よりは空いているので買いやすいです
20240120_113501_copy_1024x76820240120_113009_copy_1280x960






オーダーしたのは

島豆腐の厚揚げ(700円)ともずくスープ(300円)

死んだ魚のような目の店員さんが作ってくれました
(よほど仕事が面白くないようです)
20240120_114020_copy_1024x76820240120_114123_copy_1024x768






おにぎりとスープで1000円か・・・

めちゃくちゃ儲かってるやろな(笑)

ちなみに東京のミッドタウン八重洲にも出店しているそうです
(東京でこれ食べたいか???)


このあと伊丹便のお客様を一度お迎えしてホテルへ送り

また空港へ引き返し・・・

午後になって到着ロビーも現地添乗員さんで賑わってきましたね
20240120_162234_copy_1024x768






久々に再会した比嘉さんや
(どの比嘉さん?)

長年ブログやYouTubeを応援してくれているKumiさん

専門学校の非常勤講師時代の元教え子のひろや

現役添乗員兼

現役ミュージシャンのA-Z(エイジ)さんなど

アウェイな状況ながらもリラックスしてお客様をお迎えできました(笑)
20240120_160423_copy_1024x76820240120_160709_copy_1024x768






今夜のお宿は国際通りから中途半端な立地にある

パシフィックホテル沖縄

もはや沖縄ツアーの定番ホテルですね
20240120_173654_copy_1024x768







ちょっと小腹減ったな〜と思ったら

石垣島帰りのKumiさんからお土産もらってたんやった

このイカ墨かまぼこの中にカレー風味のじゅーしーが入っている

ブラックジューシー

めちゃ美味しかったです
20240120_173855_copy_1024x76820240120_174018_copy_1024x768






今回のツアーは夕食はフリーですが

ご希望のお客様をサムズレストランへご案内

今回はセーラーイン国際通り店でした

サムズさんはどの店舗も内装がアメリカっぽくていいですよね
(相席で席の間隔が狭いのが難点ですが・・・)
20240120_194352_copy_1024x76820240120_184503_copy_1024x768






お客様が夕食を食べている間

国際通りをちょっと散策

なんか見慣れない商業ビルができてる・・・
20240120_185747_copy_1024x76820240120_185757_copy_1024x768






国際通りのれん街

なんかススキノにありそうなビルでした(笑)


夕食どこで食べようかな

お客様を待っている間に食べ損ねたので

ホテル周辺で探してみたんですが

人気のステーキ店

ジャッキーステーキハウスは23組待ち・・・
20240120_202818_copy_1024x768






ホテルでオススメしてもらった居酒屋は

なんか怖いこと言われたので出てきた(笑)
20240120_220637_copy_1024x768






まさに夕食難民になりながら彷徨っていると

“かばす亭”って居酒屋を発見

空いていたのでここで食べることにしました
(てかお客さんは誰もいなかった)

時刻は既に21時前・・・
20240120_220429_copy_1024x76820240120_220400_copy_1024x768






あ、遅くなりましたが

今回は2台口でして

号車は歩くミス発見器こと

困った後輩の“ひょうた”です(笑)
20240120_210134_copy_1024x76820240120_210748_copy_1024x768






ひょうたのお客様も45名様

てことで明日から2台口90名で沖縄本島観光へ

ちなみにかばす亭の料理

どれも美味しかったです♪



今日の沖縄の最高気温は25度
20240120_223419_copy_1024x768






半袖でも暑かった・・・

【大阪再発見】茨木神社と天石門別神社

大阪府茨木市にちょっと気になる神社を見つけたので行ってきました

茨木って阪急とJRに駅がありますが

阪急は“茨木市駅”でJRだと“茨木駅”

両駅はちょっと離れているようです

てことで行きはJR茨木駅からスタート

イオンモール茨木へは西口ですが

市役所やJR茨木市方面は東口から出ます
20240107_134258_copy_1024x768






茨木市は大江山の酒吞童子の仲間である

“茨木童子”の出身地とも言われているらしく

観光大使も鬼のキャラクターだそうです

その名も“いばらき童子”

そのまんまかーーい!!

でも寝屋川のはちかづきちゃんよりは可愛いです(笑)
20240107_135003_copy_1024x76820240107_150742_copy_1024x768






市役所の横にえらい立派な建物があったので寄り道してみました
20240107_135122_copy_1024x768






その名も“おにクル”

茨木市がこんなに鬼を推しているとは知りませんでした・・・

てか

おにクルってナニ???

20240107_135203_copy_1024x76820240107_135233_copy_1024x768






HPによると

茨木市文化・子育て複合施設だそうです

うん、よく分からん(笑)
20240107_135315_copy_1024x76820240107_135937_copy_1024x768






とりあえず遊び盛りのお子さまや

子育て世代のお父さん・お母さんが喜びそうな施設でした

屋上にはテラスもありましたよ
20240107_140233_copy_1024x76820240107_140118_copy_1024x768






眼下に見える森が目的地の神社のようです
20240107_140108_copy_1024x768






今回の目的地はコチラ

“茨木神社”

の中にある

“天石門別神社”
20240107_150855_copy_1024x76820240107_150908_copy_1024x768






神社としては茨木神社という大きな神社の中に色んな境内社があって

今回の目的地

天石門別神社も境内社のひとつです

こちらは境内社の恵比須神社
20240107_150957_copy_1024x76820240107_151035_copy_1024x768






十日えびすに向けて準備に追われていました
20240107_151050_copy_1024x76820240107_151046_copy_1024x768






こちらは2つの神社が祀られている社殿なんですが

背中合わせの狛犬がユニーク(笑)
20240107_154049_copy_1024x76820240107_152250_copy_1024x768






茨木神社の拝殿前に鎮座する狛犬はこんな感じ
20240107_151404_copy_1024x76820240107_151340_copy_1024x768






茨木神社の創建は807年とかなり歴史があるのですが

社殿は2022年に再建されたばかりでピカピカです

ご祭神はスサノオ
20240107_151208_copy_1024x76820240107_151326_copy_1024x768






拝殿はピカピカですが、本殿は歴史を感じますね


20240107_152107_copy_1024x768_1






そんな本殿の間裏に鎮座するのが

“天石門別(あめのいわとわけ)神社”

ちょっと変わった名前の神社ですが
20240107_151715_copy_1024x76820240107_151726_copy_1024x768






実は以前に日帰りバスツアーで行った岡山県美作市でも

同じ名前の神社に行っているんですよね

コロナ禍真っただ中で行った思い出深い日帰りツアー

おかやま白桃祭りツアー♪【梅田発】

(2020年7月24日)

ブログにもちゃんと茨木にもあるって書いてわ(笑)
20240107_151734_copy_1024x76820240107_151551_copy_1024x768






なんだか高床式倉庫みたいな社殿ですね

ご祭神は美作の天石門別神社と同じく

“タヂカラオノミコト”

20240107_151813_copy_1024x76820240107_151820_copy_1024x768






神紋は美作とは違う神紋でした
20240107_151750_copy_1024x76820240107_151620_copy_1024x768






現在は茨木神社の奥の宮という扱いですが

そもそもはこちらの天石門別神社が元宮だそうです


帰りは東門から出ます

この門は楠木正成が築いたとされる

“茨木城”の搦手門を移築したと伝わっているそうです
20240107_155508_copy_1024x768






この東門の先には“阪急本通り商店街”がありました
20240107_160024_copy_1024x76820240107_160127_copy_1024x768






豊後高田に負けないほど昭和な商店街です(笑)
20240107_160145_copy_1024x76820240107_160209_copy_1024x768






トイカメラで撮影したらいい写真が撮れそう♪
20240107_160231_copy_1024x76820240107_160624_copy_1024x768






てかラーメン1杯320円は安すぎるやろ!!
20240107_160349_copy_1024x768






近々チョコザップもオープンするようです
20240107_160306_copy_1024x768






そんな商店街を抜けた先には

阪急・茨木市駅がありました

JRよりこちらの方が栄えている感じやね
20240107_161052_copy_1024x768






茨木市駅ってバスツアーの集合場所で何度か来たことがありますが

プライベートで利用するのは初めて

てか茨木市を歩いたのも初めて!

やっぱり自分の足で歩て初めて見えてくるものがありますね

大阪もまだまだ深堀しがいがありそうです

【鹿児島グルメ】とんかつの名店 “とんかつ川久”って知ってる?

今回の南九州ツアーの最終日

昼食は新幹線に乗る前に鹿児島中央駅で完全自由昼食でした

鹿児島中央駅ってそんなに利用する頻度は少ないので

お店とかあんまり知らないのですが

前に日本縦断ツアーから帰る際

行列ができていたとんかつ屋があったんですよね

お店の名前は

とんかつ川久

グルメ系添乗員、後輩のよねちゃんによると

とんかつの名店100選にも選ばれているらしい
(後から教えてもらいました)

日本縦断ツアー5日目♪

(2022年3月13日)

前回はこんな感じでめっちゃ並んでた
4d703e85






ダメ元で向かったんですが

連休初日の土曜日にしては空いてるやん♪
20240106_122209_copy_1024x768






待ち時間も10分ほどと言われたので待ってみました

店内の発券機で整理券を出すんですが

QRコードで順番が分かるのがいいですね
20240106_122504_copy_1024x768






待っている間に何食べるか考えよ

実はあんまりお腹は空いてないんですよね・・・
(ホテル翔月のご飯が美味しくて食べすぎた)
20240106_122655_copy_1024x76820240106_123627_copy_2000x1500






豚骨・生姜焼き・とんかつ(ロース)が一度で楽しめる

特製川久丼(1200円)
と迷いましたが

豚骨があまり好きではないので

“ヒレカツ定食(1200円)”をオーダー

ちなみに同じ120gでも

“黒豚ヒレカツ定食”は2300円

“上黒豚ヒレカツ”は200gで3000円です


オーダーを聞く際にお店の方が

「黒豚じゃないですけどいいですか?」

「レアな状態で出すのでお肉の中心がピンク色ですけど気になりませんか?」

って確認してくれます

レアなお肉が気になる方は注文の際にその旨を伝えましょう


こちらが並のひれかつ定食

ひと口サイズのカットがいいですね

味は普通に美味しかったです
(中は思ったほどレアじゃなかった)

キャベツの量が多すぎて

食べきるのに時間がかかりました(笑)
Gallery_1704515608265_copy_1024x76820240106_125756_copy_1024x768






3種類のソースが卓上に置かれているんですが

しょうゆダレがめちゃ美味しかった!!
(売って欲しいレベル)
20240106_125917_copy_1024x76820240106_125907_copy_1024x768






行ってすんなり入れるお店ではないと思いますが

皆さんも鹿児島中央駅でランチの際に利用してみては?

新春!南九州ハイライト3日間ツアー♪

2024年1本目のツアーはコチラ

1月4日出発の

新春!あったか霧島・指宿温泉に泊まる
南九州ハイライト3日間


JR利用の南九州3日間です

お客様は20組41名様

24名だった男鹿とはえらい違いだな・・・


混雑を予想して早めに新大阪駅に着いたんですが

他社さんは1本も出てなかった・・・
(みんなもっと早くに出発したのか?)
20240104_084634_copy_1024x768






ちなみにコチラは前日の新大阪駅の様子

20240103_102923_copy_1024x76820240103_102454_copy_1024x768






りくろーおじさんの行列がえらいとこまで伸びてた・・・
20240103_102420_copy_1024x768







さて、我々の新幹線は

新大阪駅9:54発のみずほ607号

鹿児島中央駅には13:43着なので

昼食は新幹線車内で自由昼食

今回も日程表には何も記載されてなかったね

2024年も日程表の不親切さは変わらないようです・・・


さて、新大阪駅では昨年の12月13日

新幹線南改札横に“駅弁にぎわい”がオープン
(新幹線中央改札側にも同じお店あり)

姫路の駅弁屋、まねきの人気駅弁

“おかめ弁当”も取り扱っています
20231214_105453_copy_1024x76820240104_084218_copy_1024x768






添乗員さんは同じくまねきさんの

“あなごあいのせ重(1380円)”を買ってみました

ちょっと小ぶりのお弁当ですが味は良かったです
20240104_121444_copy_1024x768






鹿児島中央駅から最初に向かったのは“仙厳園”

大きな門松が飾られていました

仙厳園は年中無休なんだそうです

滞在中、団体は我々だけでした・・・
20240104_145125_copy_1024x76820240104_152655_copy_1024x768






それにしてもめちゃいい天気

上着もいらないほどの陽気でした
20240104_145807_copy_1024x76820240104_145910_copy_1024x768






本日の観光は以上で終了(笑)

はい、このあと霧島温泉へ向かいます

お宿は毎度お馴染み“ホテル霧島キャッスル”

なんか最近、同じようなコースが多いな・・・
20240104_171724_copy_1024x76820240104_195123_copy_1024x768






そして毎回、バイキングで同じもの食べてる・・・


===2日目===


さすがに霧島の朝は寒い!

持ってきたダウンがここだけ大活躍でした
20240105_071750_copy_1024x768






最初に向かったのはニニギを祀る“霧島神宮”

お正月は参拝ルートが指定されているようですが

我々が行った1月5日は特に規制もなく

通常通りの参拝ができました
20240105_081720_copy_1500x2000








ホテルからは20分ほどで到着ですが

元旦に行ったツアーは1時間かかったみたい

「横7列でお並び下さい」

ってくらいですから

かなり混んだんでしょうね・・・
20240105_082034_copy_1024x76820240105_082357_copy_1024x768






20240105_082730_copy_1024x76820240105_083504_copy_1024x768






復路のルート沿いには屋台がたくさん出ていました

屋台が出ている期間は参拝ルートを規制してもらわないと

商売になりまへんな・・・
20240105_084231_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


お次は桜島へ

“有村溶岩展望所”

今日も快晴で気持ちのいい陽気ですが

灰が舞って目はゴロゴロ

口の中はジャリジャリ・・・
20240105_102343_copy_1024x76820240105_104057_copy_1024x768






お昼は“桜島物産館”

お客様のメニューはお鍋が増えていましたね

添乗員さんは今回もマグマカレー(笑)
20240105_110536_copy_1024x76820240105_112019_copy_1024x768






本日最後の観光は“長崎鼻”

にしきやの看板犬“オレオ”

いつ行っても社長にベッタリやな
(全然懐いてくれない・・・)
20240105_154727_copy_1024x76820240105_155157_copy_1024x768






今夜のお宿は“指宿フェニックスホテル”

ではなく“ホテル翔月”
(旧コーラルビーチホテル)

ちょうど1年前にもお世話になっているホテルです

パノラマ南九州ツアー・1日目♪

(2023年1月16日)
20240105_170029_copy_1024x76820240105_174304_copy_1024x768_1






20240105_172237_copy_1024x768






前回も夕食が美味しかったと書いていましたが

今回もやっぱり美味しかった〜

なんでもホテルの歴史は大正時代創業の割烹旅館から始まったらしく

料理にはかなり拘りを持っているんだとか

有田焼に盛られた料理はどれも美味でした
20240105_194153_copy_1024x76820240105_194210_copy_1024x768






きゅうりの漬物にちょこっと細切り昆布を乗せるあたりも粋ですよね

ご飯はセイロで蒸された赤飯

ツアーでここまでやってくれるホテルはなかなかないです
20240105_194418_copy_1024x76820240105_194924_copy_1024x768






夕食時には会長の挨拶までありましたね

最近ではこんな光景はめったに見れなくなりました
IMG_20240105_185634_copy_1024x768






ここまで料理に拘っているのに

なんでお品書きがないんやろ・・・


===3日目===


ホテル翔月の朝食はセットメニュー
20240106_072141_copy_1024x768






卓上での鉄板で焼き直す焼き魚

卓上の窯で炊く白米
20240106_072227_copy_1024x76820240106_074055_copy_1024x768






昨晩に引き続き、朝食もめちゃ美味しかったです♪

出発前に局地的に大雨が降りましたが

出発前にはタイミング良く止んでくれました
Gallery_1704526586631_copy_800x584






3日目は“池田湖”からスタート

湖畔の菜の花が見頃を迎えていました
20240106_090912_copy_1024x76820240106_090831_copy_1024x768






このあと鹿児島市内へ戻り

今回のツアー最後の観光地“城山展望台”

市内も場所によっては雨が降っていそうな不安定な天気でしたが

結局3日間、傘を使わずに過ごせました
20240106_112807_copy_1024x76820240106_112924_copy_1024x768






今日は3連休初日の土曜日

鹿児島中央駅もさすがにすごい人です
20240106_133941_copy_1024x768






今回のツアーは珍しく駅で自由昼食

改札口から近い所だと

同じフロアにある“ぐるめ横丁”が便利
20240104_142353_copy_2000x1500






あとはアミュプラザの5階の“アミュダイニング”

地下1階(アミュチカ)の“味の小径”

・ざぼんラーメン
・こむらさき
・むじゃき


など鹿児島でも人気のお店が集まっています
20240104_140844_copy_1500x2000








あとは“Li-Ka(ライカ)1920”の1階にある

“Li-Kaフードテラス”も飲食店が多いですね
(ちょっと若者向き)
20240106_131907_copy_1024x76820240106_131858_copy_2000x1500






20240106_131929_copy_1024x76820240106_131948_copy_1024x768






この中に入っているパン屋のベーグルが美味しかったです♪
20240106_132254_copy_1024x768






さてさて、これにて2024年のお正月コースは無事終了

年末年始の男鹿連泊に続き

今回も何の不安要素のない穏やかな3日間なのでした

〇〇の中で稲庭うどんが味わえる“古泉洞”って知ってる?

今回の年越し男鹿温泉ツアー

3日目は角館で自由昼食でした

普段は行列ができるお店も、お正月でガラガラ

お店は選び放題♪

武家屋敷通りに面した人気店

“桜の里”もすんなり入れたんですが

ここは以前に利用したことがあるので

今回はその横にあるお店に入ってみました

お店の名前は“古泉洞”

前から気になっていたお店です

外観から歴史を感じるお店ですが

この建物はかつての寺小屋だったそうです
20240102_120727_copy_1024x76820240102_120532_copy_1024x768






うわ、店内はこんな感じになってたんや!!

なんかめっちゃ雰囲気いいですね
20240102_114811_copy_1024x76820240102_120517_copy_1024x768






てか、ここはほんとに飲食店なのか?

やたら歴史を感じる調度品や骨董品が置かれてますけど・・・
20240102_120041_copy_1024x76820240102_120047_copy_1024x768






20240102_120637_copy_1024x76820240102_120707_copy_1024x768






お店の奥の方にも展示物が並べられています
20240102_114920_copy_1024x76820240102_114953_copy_1024x768






こちらは角館ゆかりの武家

佐竹氏(佐竹北家)ゆかりの品々

真山神社で見た神紋、丸に扇の家紋は

佐竹家の家紋でもあったんですね
20240102_114930_copy_1024x76820240102_114940_copy_1024x768






なんでこんな品々が稲庭うどんのお店に飾られているのか

気になって聞いてみると

社長が以前、古美術商を営んでいたそうです

有料施設に展示してあってもおかしくない品々は必見!

思わずうどんを食べに来たことを忘れるほど見応えがありました


そんな古泉洞さんのメニューはコチラ

カレーうどんやセットで頼めるちょい飯など

かなりバラエティー豊かです
20240102_115321_copy_2000x150020240102_115312_copy_2000x1500






私はシンプルに

“大判きつね稲庭うどん(1150円)”を頼んだんですが

今まで見たことないほど大判でビックリ(笑)

下の麺が全然見えませんが

麺の量も多くてボリューム満点でした
Gallery_1704190527266_copy_1024x768Gallery_1704190577726_copy_1024x768






稲庭うどんのお店ってダシに比内地鶏を使うお店が多いんですが

こちらは“あごダシ”であっさりしたお味

鶏が苦手な方でも食べれるのがいいですね

お店の方も品があり好感が持てたんですが

一番感心したのが

割りばし

割りばしの先が和柄の紙で包まれていました
20240102_115400_copy_1024x76820240102_115527_copy_1024x768






オシャレでやっているのかと思いきや

これ、以前は裸のままケースに入っていたんですが

コロナで気になる人もいるのでってことで

1つ1つ紙で包むようにしたそうです

めっちゃ手間がかかるだろうに・・・

でも見た目も周囲の古美術とマッチしていいですよね

新年早々、いいお店に出会えて良かったです
(前日の不老ふ死温泉ではイライラしながら食べたので)


皆さんも角館に行った際はぜひ

古泉洞さんで古美術と美味しい稲庭うどんを味わってみてくださいね

不老ふ死温泉と男鹿温泉郷3日間ツアー・3日目♪

ツアー3日目は“入道崎”からスタート

行くか行かないか正直迷いましたが

男鹿市のハザードマップを調べてみると

入道崎の駐車場は津波や地震の際の避難所にもなっているようです
20240102_085752_copy_1024x76820240102_090146_copy_1024x768






このあと角館に向かいますが

直行だとちょっと長いので

途中の秋田県大仙市にある

“道の駅・協和「四季の森」”で休憩

ここは売店も営業してた!!

お客様はここぞとばかりにお土産を爆買いしてたね(笑)

おはぎも人気のようです
20240102_104541_copy_1024x76820240102_104638_copy_1024x768






角館の駐車場

料金所も閉鎖されてるし

武家屋敷通りもガラガラ・・・
20240102_113356_copy_1024x76820240102_113924_copy_1024x768






閉まっているお店もありましたが

君ちゃんや生もろこしの唐土庵はやってました
20240102_113456_copy_1024x76820240102_114103_copy_1024x768






武家屋敷は有料の青柳家・石黒家は営業中

無料の松本家は閉まっていました
20240102_113950_copy_1024x76820240102_121641_copy_1024x768






角館のアイドル犬

武家まるくんもちゃんといました
20240102_114505_copy_1024x768






今回のツアーも角館で自由昼食

お客様はバスガイドさんおススメの

“ふきや”に行かれていた方が多かったようです
20240102_121556_copy_1024x768






私はまだ利用したことがないですが

なかなかリーズナブルでいいですね♪
20240102_121541_copy_1024x76820240102_121548_copy_1280x960






このふきやさんの近くに神社があるのをご存知でしょうか?

祠みたいな小さな神社なんですけどね
20240102_121323_copy_1024x76820240102_121158_copy_1024x768






今回のコースはお正月コースには珍しく神社が行程に入っていなかったので

お客様にはこちらの神社をご案内しました

実は前から気になっていたんですけど

これまでお詣りしたことがなかったのです
(後ろに貼ってある張り紙だけ気になってた)

こちらの神社

名前を“青龍神社”といいます

社務所もお賽銭箱もない小さい神社ですが

辰年にピッタリでしょ♪
20240102_121207_copy_1024x76820240102_121129_copy_1280x960






これにて3日目の観光は終了

帰りは珍しく

“いわて花巻空港”から帰ります

乗り入れているのはFDAとJALのみ
20240102_145800_copy_1024x76820240102_145813_copy_1024x768






保安検査場をすぎると売店はないのでご注意下さい
20240102_145655_copy_1024x76820240102_152708_copy_1024x768_1






1階にお土産屋さん兼コンビニ

2階にレストランが1軒、売店が2軒って感じ



あ、岩手のご当地パン

“力あんぱん”ってご存知ですか?

これ前から気になってたんですよね
20240102_145454_copy_1024x1365








機内で食べるおやつとして買ってみました

パンの中にお餅が入っているあんぱんだそうです

新潟の笹団子パンみたいなもんか?

ノーマル150円/塩バター180円

パッケージのイラストがなんともレトロでいいですね

サイズも小ぶりで機内で食べるにピッタリ

甘さも控えめで美味しかったです♪
20240102_152253_copy_1024x768_120240102_160523_copy_1024x768






2024年初フライトからは

綺麗な夕日も見ることができました
20240102_165840_copy_1024x768






ほんと雪も少なく温暖で穏やかな3日間でしたね

2年前は京都でも元旦から雪が積もってたのに・・・



今回は能登地震の影響なく帰ってこれましたが

4日から行く南九州のツアーに

北陸からサンダーバードで来られるお客様が数組いるんですよね

次のツアーの方が影響ありそうでちょっと心配・・・


って伊丹空港のラウンジでブログを書いていたんですが
(伊丹には17時半頃に到着)

モニターの出発状況を見てみると

東京行きのフライトが軒並み欠航

え?なんかあった???
20240102_192334_copy_1024x768_120240102_193709_copy_1024x768






スマホをチェックしてみたら

羽田空港でJAL機が衝突炎上!?
Gallery_1704191181267_copy_809x1147









外の様子を見に行ったら

カウンター前は大行列
20240102_193752_copy_1024x76820240102_193623_copy_1024x768







今年の正月は元旦からどうなってるんや・・・

不老ふ死温泉と男鹿温泉郷3日間ツアー・2日目♪

新年明けましておめでとうございます!

男鹿温泉で2024年がスタートしました
20240101_084015_copy_1024x768






去年は新年一発目の観光地が宝石屋でしたが

2024年最初の観光はJR五能線です

途中、秋田県山本群八峰町にある

“道の駅みねはま”で休憩

元旦なので売店は閉まっていたのでトイレのみ
20240101_102510_copy_1024x768






列車の時間まで余裕があったので

この先の“八森いさりび温泉・ハタハタ館”で時間調整

こちらも産直コーナーは休みでしたが

入浴施設の売店は営業していました

さるなしソフトは2回連続お預けやね・・・
20240101_104632_copy_1024x76820240101_104616_copy_1024x768






最近、メジャーな観光となったJR五能線

今回は“岩舘(いわだて)駅”から乗車します

ここも住所は秋田県山本群八峰町

無人駅で周辺は住宅しかないです・・・
20240101_112317_copy_1024x76820240101_111758_copy_1024x768






JR五能線というと“リゾートしらかみ”

ってイメージですが

今回は2両編成の普通列車
20240101_111902_copy_1024x76820240101_114148_copy_1024x768






もちろん自由席ですが

車内はガラガラでしたわ
20240101_114329_copy_1024x76820240101_114619_copy_1024x768






降りる駅は“ウエスパ椿山駅”

住所は青森県西津軽郡深浦町

ここも無人駅
20240101_122557_copy_1024x768






このあと同じく深浦町にある

“黄金崎不老ふ死温泉”で昼食&入浴

ランチはもちろん深浦町のご当地グルメ

“まぐステ丼”こと“まぐろステーキ丼”です
20240101_130316_copy_1024x76820240101_130322_copy_1024x768






食後は不老ふ死温泉で初湯をお楽しみいただくのですが・・・
20240101_141510_copy_3000x225020240101_124901_copy_1024x768






不老ふ死温泉の代名詞

2つある海辺の露天風呂のうち

混浴の露天風呂が波の影響で使用中止・・・

女性専用の露天風呂を混浴として利用となっていました
(女性は湯あみ着を着用)
20240101_124847_copy_1024x768






さらに本館・新館と2つある内風呂のうち

新館の温泉がポンプの故障で使用中止・・・
20240101_124740_copy_1024x768






ってダメダメですやん!!

不老ふ死温泉は今回のツアータイトルのメインにもなってたのに・・・

まぁ海が荒れていたら海辺の露天風呂は2つとも閉鎖になることもあるので

1つでも入れただけ良しとしましょう

これにて2日目の観光は全て終了(笑)

あとはホテルへ戻ります
(なんか物足りんな・・・)

帰りは秋田県南秋田郡大潟村にある

“道の駅おおがた”で休憩

ここも売店は閉まっていましたが

近くにセブンイレブンがあるので良かった
(めっちゃレジが混んでたけど)
20240101_160742_copy_1024x768






ホテルは男鹿観光ホテルに連泊ですが

夕食はさすがに元旦だけあって気合い入ってますね
(昨日も同じ料金払ってたんですけど・・・)
20240101_185946_copy_1024x76820240101_185955_copy_1024x768






夕食時には昨晩に引き続きナマハゲが襲来

いや来訪

昨晩のなまはげは地域を回っている伝統的なリアルなまはげですが

今晩はホテルスタッフが演じている

イベント用のなまはげです(笑)

お忙しい中、ご苦労様でした
IMG_20240101_204108_copy_1024x768IMG_20240101_204148_copy_1024x768






さて、夕方に発生した能登地震ですよ

こんな広範囲に揺れた地震って珍しいですよね

男鹿は震度3だったようです
Gallery_1704100299972_copy_1024x750






男鹿も日本海側なので

沿岸部は津波注意報が発令されていました
Gallery_1704100115491_copy_539x897








地震発生時は道の駅おおがたにいたんですが

誰ひとり揺れに気づかず

バスの車内でスマホのニュースで地震を知りました


昨日の大晦日でもテレビは一度もつけなかったんですが

さすがにホテルに入ってからはテレビにくぎ付け
20240101_170118_copy_1024x768






今日こそ早く寝ようと思ったのに

なかなか眠れない夜なのでした・・・
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
tabitore888@gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・