ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2024年03月

【松島グルメ】丼松島のはらこ飯

今回の鳴子・仙台ツアー2日目

松島で自由昼食だったので

普段はあまり行かない松島海岸駅まで行ってみました

駅前にも飲食店は数店舗あるようです


そんな中、“丼松島”ってお店に入ってみました
20240322_135555_copy_1024x76820240322_140039_copy_1024x768






めっちゃ景色いいやん♪

以前から海鮮系のお店だったようですが

現在のお店になってからまだ1年も経っていないそうです
20240322_142620_copy_1024x76820240322_140637_copy_1024x768






メニューはこんな感じ
20240322_140441_copy_1600x120020240322_140407_copy_1600x1200






20240322_140424_copy_1600x120020240322_140431_copy_1600x1200






今回は看板メニューの“はらこ飯(2000円)”をオーダー

なにこれ、めっちゃ美味しそうやん!!
20240322_141251_copy_1024x76820240322_141335_copy_1024x768






お味のほうは・・・

見た目以上にめっちゃ美味しい!!

男性だとちょっと物足りないくらいのボリュームですが

そこがまたいいのかも(笑)
20240322_141437_copy_1024x768






そしてこちらのお店

スタッフさんの接客が素晴らしく良かった!

最近、飲食店でガッカリな対応をされる機会が多いのですが

久々にこんな気持ちのいい接客を受けました

価格は2000円と予算をかなりオーバーしてしまいましたが

接客・景色・お味を考えると

これで2000円はかなりの満足感!!

皆さんも松島へお越しの際はぜひ

丼松島で絶品はらこ飯を食べてみて下さいね

20240322_141239_copy_1024x768







鳴子温泉と仙台ツアー3日目♪

ツアー3日目

実は今回のツアー

3日目は終日自由行動

添乗員の同行は昨晩のホテルまで

後は各自で飛行機に乗ってお帰りください

ってコースなんです

でも添乗員もお客様と同じホテルに泊まるし

お客様と同じ便で帰るんですけどね(笑)


てことでお客様が全員チェックアウトするのを確認したあとは

大半のお客様が利用するであろう

“るーぷる仙台”って周遊バスの1日券を購入しました

1回乗車260円/1日乗車券630円
20240323_112047_copy_1024x768






ホテルのすぐそばに“晩翠草堂前”って停留所があります

「荒城の月」などで知られる詩人

土井晩翠が晩年を過ごした“晩翠草堂”が近くにあります
20240323_112316_copy_1024x76820240323_112322_copy_1024x768







まず最初に向かったのは“瑞鳳殿(ずいほうでん)”

仙台藩祖、伊達政宗の霊廟です

はじめて来たけど、めちゃ広いですね
20240323_114554_copy_2000x1500






そして受付までずっと坂道・・・

雰囲気はいいんですけど

こりゃ足の弱い方は大変だ・・・
20240323_121720_copy_1024x76820240323_114609_copy_1024x768






こちらは伊達政宗の眠る瑞宝殿
20240323_120020_copy_1024x76820240323_115740_copy_1024x768






20240323_115503_copy_1024x76820240323_115548_copy_1024x768






順路に沿って進むと同じような建物が2つ並んでいました

二代藩主、忠宗(ただむね)が眠る

“感仙殿(かんせんでん)”

三代藩主、綱宗(つなむね)が眠る

“善応殿(ぜんのうでん)”
20240323_120512_copy_1024x76820240323_120604_copy_1024x768






所要時間は1時間くらいみておいたほうが良さそうです


るーぷる仙台の中でも人気のスポットらしく

停留所は大行列!!

定員オーバーで1本見送りました・・・
20240323_122908_copy_1024x768






次に向かったのは一番人気の“仙台城跡”

ちょうどこのタイミングで雨が降ってきました・・・
20240323_131627_copy_1024x76820240323_131718_copy_1024x768






仙台城跡といえば伊達政宗公の銅像!

ですが

添乗員さんは下の狛犬の方が気になる

さすが政宗公

狛犬のデザインも伊達です
20240323_131645_copy_1024x76820240323_131702_copy_1024x768






ここでお昼でもいいですね

公園内にはフードコート
20240323_132635_copy_1024x76820240323_132656_copy_1600x1200






そして牛タン屋さんもありました
(ただしめちゃ混んでます)
20240323_132728_copy_1024x76820240323_132743_copy_1600x1200






帰りの停留所

寒い中、雨は降るは大行列だわ・・・
20240323_132922_copy_1024x768






結局、また定員オーバーで乗れず

次に来た仙台駅直行の臨時りーぷるで仙台駅まで戻り

次の仙台駅発のりーぷるでホテルへ戻ってきました

ホテルの最寄り駅

地下鉄・青葉通り一番町駅から仙台駅までは1駅

仙台駅からは仙台空港アクセス線で27分で到着
20240323_150149_copy_1024x76820240323_150508_copy_1024x768






使用機到着遅れで25分遅れましたが

今回はちゃんとANAさんで帰ってこれました♪
20240323_171532_copy_1024x76820240323_174903_copy_1024x768






それにしても伊丹空港のターンテーブル

今までみたことないほど混んでたな
20240323_192708_copy_1024x768






さすが春休み

皆さんも空港をご利用の際は時間に余裕をもってお越しください



話は変わりますが

今回、お客様の中で以前からブログを読まれているお客様が参加されていました

行きの受付で

「フナッシュさん?」って声をかけられてビックリしました(笑)

そのお客様は最終日が誕生日だったようで

いい誕生日になったと喜ばれていました

こちらこそいつもありがとうございます!

そして息子さんはこの4月から中学校入学ですね

楽しい中学校生活になることをお祈りしておりますm(__)m

鳴子温泉と仙台ツアー2日目♪

ツアー2日目

めちゃくちゃ快晴に恵まれました
20240322_082746_copy_1024x768






まず最初に訪れたのは“中尊寺”

実は今回のツアー

バスガイドさんの同行なしなんですね

入社以来、数えきれないほど中尊寺には行っていますが

バスガイドさんなしで行くのは初めてです・・・

ひらひらよく分からない奥州藤原4代

\狭奸覆よひら)
基衡(もとひら)
秀衡(ひでひら)
ぢ拗奸覆笋垢劼蕁


必死で覚えましたって!!
20240322_102331_copy_1024x76820240322_102343_copy_1024x768






現在、東京国立博物館では

「中尊寺金色堂」の特別展が開催中
(1月23日〜4月14日まで)

金色堂内の11体の諸仏が出張中でございます

詳しく説明すると

3つある須弥壇の真ん中の諸仏が出張中

なので向かって右側の須弥壇の諸仏が中央の須弥壇に移動

てことで向かって右側の須弥壇は空でした

(事前に日程表や指示書に記載してほしい案件ですよね・・・)
20240322_102737_copy_1024x768






このあと“松島”

いつものようにご希望のお客様は

トイレにも行けないほどバタバタと遊覧船に乗船
20240322_134124_copy_1024x76820240322_131024_copy_1024x768






このあと松島で自由昼食・自由行動です

時間があったので観瀾亭(かんらんてい)”に入ってみました

いつも前は通るけど入ったことないんですよね
20240322_150221_copy_1024x76820240322_144246_copy_1024x768






ちょっと高台に登るだけなのに

めっちゃ景色いいやん!!

いつも見慣れて松島の景色がまったく違うように見えました
20240322_144230_copy_1024x76820240322_144324_copy_1024x768






隣にある松島博物館も入館できるんですが

ここは大したことなかった・・・(笑)
20240322_144837_copy_1024x76820240322_145108_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じです


五大堂に架かる透かし橋は現在工事中

先日までは工事中ながらも渡れましたが

現在は通行止めになっており五大堂へは渡れなくなっていました
20240322_150445_copy_1024x76820240322_150454_copy_1024x768







このあとちょっとは早めですがホテルへ向かいます

今夜のお宿は仙台市内にある

“ホテルパールシティ仙台”

仙台市内って珍しいですよね

はじめて利用するホテルです
20240322_173552_copy_1024x76820240323_104300_copy_1024x768






鹿児島の霧島キャッスルや玉造温泉の保性館と同じHMIホテルグループ

部屋に入るなり

めっちゃタバコ臭い!!!

なんでこのグループは全室禁煙にしないんですかね?
20240322_165943_copy_1024x76820240322_165953_copy_1024x768







仙台駅からは900mほど離れていますが

手ぶらだと十分徒歩圏内で散策できます
20240322_175844_copy_1024x76820240322_212710_copy_1024x768






夜はあんまりお腹が空いていなかったので

ホテルの近くのラーメン店、一番五郎ってお店で

味噌ラーメン(ハーフ)と餃子

ジャスト1000円でした♪
20240322_211419_copy_1024x76820240322_210012_copy_1024x768






味もボリュームもお腹の好き具合とベストマッチでした♪

あ、仙台市内と言えば

焼肉ライクがあるじゃないか!と思ったけど


行ったら閉店してた・・・・

20240322_174735_copy_1024x768







鳴子温泉と仙台ツアー1日目♪

飛行機利用で東北3日間ツアーへ

お客様は18組36名様

朝、5時すぎに家を出たんですけど

めっちゃ寒かったんですね

雪でも降りそうなくらい寒いなと思ったら

蛍池あたりから周囲は雪景色・・・

昨晩降ったみたいですね
20240321_054503_copy_1024x76820240321_054900_copy_1024x768






伊丹空港で除雪作業とか初めてみました!!
20240321_073732_copy_1024x76820240321_073407_copy_1024x768






飛行機はなんとか予定通り飛んでくれ

予定通り仙台空港に着陸

まず最初に向かうのは“ぐっと山形”

観光物産館が運営する商業施設です

まずはこちらで自由昼食

フードコート内には6つのお店が入っています
(内3店舗はカフェ)
20240321_115220_copy_1024x76820240321_110628_copy_1024x768






添乗員さんはフードコートの混雑を避け

物販エリアにある“肉の中村”で

米沢牛スジ煮込みカレー丼(980円)をオーダー

美味しかったけど

めっちゃ小さかった・・・・・・・(泣)
20240321_110649_copy_1024x76820240321_110834_copy_1024x768






ぐっと山形の横に道の駅ができていましたね

昨年の12月にオープンしたようです
20240321_112724_copy_1024x76820240321_113034_copy_1024x768






店舗は少ないですが

後輩のひょうたおススメ“山形プリン”が入っています
20240321_113055_copy_1024x76820240321_113138_copy_1024x768






カレーを食べるなら道の駅でも良かったな・・・・(泣)
20240321_113120_copy_1024x768






このあと今や山形観光の定番でもあり

添乗員的には鬼門でもある“銀山温泉”

2月から大正ロマン館から先は観光バスの乗り入れを禁止しているようです

以前からあったシャトルバス(往復500円)を強制利用

定員は40名ほど乗れるそうです
(このへんアバウト)
20240321_140502_copy_1024x76820240321_140458_copy_1024x768






大正ロマン館のレジでシャトルバスを読んでもらい

シャトルバスのドライバーに現金支払い
(インボイス対応の領収書もくれます)

チケットは往復券

まとまって乗車する際はお客様に配布不要

団体利用の場合、“会社から”予約を入れているそうですが

もちろんそんな予約入ってなかった・・・(泣)

添乗員が電話した時は予約できないって言ってたけどな・・・

でも確かに他社さんは予約が入ってた
(このへんアバウト)
20240321_140320_copy_1024x76820240321_133100_copy_1024x768






伊丹でも雪だったので温泉街の積雪が心配でしたが

道路はこんな状況で歩きやすかったです
20240321_132648_copy_1024x76820240321_133121_copy_1024x768






さて、このシャトルバスは帰りが問題

まとまって帰るか?個別に帰るか?

システム的には路線バスのバス停がある場所に赤い端末があり

そこのボタンを押すとバスが迎えにくるシステムです

シャトルバスのドライバーさん的にはまとまって帰って欲しいとのことだったので

バス停で再集合にしたんですが

早く帰ってきた人が寒い&何もないで可哀そうだったので

ある程度集まったらチケットを配り

予定より早いバスに乗ってもらいました

てかそれでいいってドライバーさんい言われた
(このへんアバウト)

なんか現地でも運営方針がブレブレのようです・・・
(添乗員的にはこのような対応が一番困る)
20240321_134033_copy_1024x76820240321_133917_copy_1024x768






今回はうまいこと2班に分かれて帰ってこれました

個人客が多い時はまとまって帰ってきた方がいいかな?

その時の混雑状況によっても変わってきそうなので

添乗員としては非常にアテンドしにくい銀山温泉なのでした・・・


このあと今夜のお宿、鳴子温泉の“幸雲閣”

2016年から大江戸温泉物語として運営しているそうです
20240321_161606_copy_1024x76820240321_161916_copy_1024x768






20240321_155426_copy_1024x768






今回のツアーには“お寛ぎプラン(2000円)”というのがありまして

そのお客様は同じく大江戸温泉物語の“ますや”利用
20240321_165153_copy_1024x76820240321_170331_copy_1024x768






温泉街の中心部にあるので大型バスでは進入しにくいので

幸雲閣で送迎バスに乗り換え

お寛ぎプランなのに基本プランより遅めのお宿入り&

翌朝は早めの出発ってどうなんだ・・・・
20240321_164841_copy_1024x76820240321_165317_copy_1024x768






食事の内容は同じ大江戸温泉物語なので大差はないのにね

バイキングにかに足食べ放題が付いているには今月末まで

限定メニューなのでラッキーでした
20240321_185735_copy_1024x76820240321_185719_copy_1024x768






バイキングの中に“気仙沼ホルモン”があったので食べてみました

美味しかったけどめっちゃ臭かった(笑)
※豚のホルモンです
20240321_190859_copy_1024x768






ちなみに幸雲閣とますやは姉妹館なので

両館のお風呂は自由に入れます

そしてどちらのホテルも

“滝の湯(300円)”が無料で入れます
(フロントでチケットをもらう)


さて、今後も幸雲閣&ますや宿泊のツアーが多そうなので

利点&欠点を簡単にまとめておきます


【幸雲閣】
=利点=
・本館と別館があり施設自体が大きい
・アミューズメント施設が充実している
(コミック4000冊・卓球台3台など)
・黒湯・白湯2つの泉質の温泉が楽しめる
(本館は黒湯、別館が白湯)
・ちょっと歩けばコンビニがある

=欠点=
・設備の老朽化が目立つ
・温泉街や滝の湯から遠い(徒歩約15〜20分)
・ますやへの送迎バスなし

【ますや】
=利点=
・温泉街に近い
・滝の湯が目の前
・幸雲閣へ送迎バスあり

=欠点=
・施設がこじんまりしている
・アミューズメント施設が幸雲閣より小規模
(コミックや卓球台も幸雲閣より少ない)
・徒歩圏内にコンビニがない



これ“お寛ぎプラン”じゃなくて

“温泉街プラン”って名称にして欲しいよね・・・

平戸温泉と九十九島・生月島ツアー2日目・後半♪

ツアー2日目の後半です

お昼は“平戸瀬戸市場”で自由昼食

はい今日も元気に自由昼食!

当初の予定では50分しか時間をとっていませんでしたが

お客様とドライバーさんのご協力のおかげで

所要時間は65分とることができました
20240315_120836_copy_1024x76820240315_115549_copy_1024x768






市場の2階がレストランですが

37名が一気に席に着けるほど甘くはなく

すぐに満席になってしまいました
IMG_20240316_192728_copy_1024x76820240315_120144_copy_2000x1500






周囲にいくつかお店はありますが

どこも混んでる・・・

一番人気は“お食事の店・萬福”

おさしみおかわり自由が気になる!!

もちろん満席でした・・・(泣)
20240315_115224_copy_1024x76820240315_115239_copy_1024x768






瀬戸市場の向かいにある

平戸西端夢浪漫ってお店がギリギリ席があったので

添乗員さんはこちらで

大漁日限定の“夢浪漫刺身セット(1540円)”を食べてみました

めっちゃ時間がかかったけど

刺身がめっちゃ美味しかったです!!
20240315_120819_copy_1024x768Gallery_1710479923569_copy_1024x768






これ土日とか大丈夫かな・・・


このあと“たびら平戸口駅”から松浦鉄道に乗車
20240315_125927_copy_1024x76820240315_125945_copy_1024x768






駅構内には“小さい鉄道博物館”があるので

鉄道好きのお客様は喜ばれていました
20240315_125423_copy_1024x76820240315_125502_copy_1024x768






たびら平戸口駅はゆいレールができるまで

日本最西端の駅だったそうです
20240315_131136_copy_1024x76820240315_130034_copy_1024x768






乗車する列車は1両編成
20240315_125832_copy_1024x76820240315_131522_copy_1024x768






乗車時間は17分

御厨(みくりや)駅で下車
20240315_131615_copy_1024x768IMG_20240315_132829_copy_1024x768






こちらが御厨駅(調剤薬局?)
20240315_133317_copy_1024x76820240315_133324_copy_1024x768






このあと“道の駅松浦海のふるさと館”に立ち寄り

松浦市はアジフライの聖地だそうです
20240315_135309_copy_1024x76820240315_135212_copy_1024x768






平戸でお昼を食べ損ねたら

ここで遅めの昼食でもいいね
20240315_135933_copy_1024x76820240315_140103_copy_1024x768






揚げたてのアジフライも美味しそうだし

ブリ丼400円はお買い得すぎるやろ!!
20240315_140048_copy_1024x76820240315_140038_copy_1024x768






こちらの道の駅では“伊達のかんころ餅(490円)”がおススメ

かんころ餅は五島地方の郷土食

さつまいも味のお餅です

伊達のかんころ餅は半生タイプで価格もリーズナブル♪
Gallery_1710512870860_copy_1024x768Gallery_1710541846852_copy_1024x768






最後は“松浦一酒造”

店名に松浦って付いていますが

住所は佐賀県伊万里市です
20240315_143739_copy_1024x76820240315_143805_copy_1024x768






こちらのお店は河伯(カッパ)のミイラがあることで有名
20240315_143819_copy_1024x76820240315_143849_copy_1024x768






ツアー最後の観光地がカッパのミイラとか

なかなか尖がった企画ですよね

きらいじゃないです(笑)
20240315_145324_copy_1024x76820240315_145309_copy_1024x768






これ何のミイラなんでしょうね?

大きさといい目の離れ具合といい

チワワにしか見えん!!

これにて2日間の行程は全て終了

ほぼはじめて行く観光地だったので

かなり精神的に疲れましたが

無事に終わってやれやれです

あ、筑紫口にあるデイトスの工事が13日で終わったようです

これでまたリンガーハットで夕食をたべて帰れますね
20240315_164410_copy_1024x768






あ、お客様から新大阪駅に着く直前に

これお腹いっぱいで食べなかったから食べて

ってお弁当をもらいました

豊後牛博多めんたいこ弁当
Gallery_1710585182558_copy_1024x768






なんで食べるか食べないか分からないくらいの空腹状態で

こんなガッツリ系のお弁当買うかな・・・(笑)


個人的にはめっちゃ好みの弁当ですけどね

美味しいお弁当ありがとうございましたm(__)m

平戸温泉と九十九島・生月島ツアー2日目・前半♪

ツアー2日目は平戸島からさらに生月大橋を渡り

生月島(いきつきしま)の島内観光へ

まずは生月島の最北端“大バエ灯台”
20240315_085438_copy_1024x76820240315_090535_copy_1024x768






20240315_090518_copy_1024x76820240315_090507_copy_1024x768






以前の駐車場よりさらに上まで上がれるので便利ですが

上の駐車場にはトイレがないので注意です


お次は“塩俵の断崖”

ここはバスを降りたらすぐ展望スポット
20240315_093254_copy_1024x768 20240315_092718_copy_1024x768






柱状節理の断崖が大迫力ですね

なんか積丹半島に来た気分♪

積丹ブルーならぬ生月ブルーの海が綺麗
20240315_092728_copy_1024x76820240315_092802_copy_1024x768






ここもトイレがありません

てことで次の“道の駅生月大橋”までトイレがないんですよね

朝から約2時間

ご協力いただいたお客様に感謝♪
20240315_095306_copy_1024x76820240315_095522_copy_1024x768






こちらの道の駅では神戸屋の丸ボーロが人気

半生丸ボーロって感じで美味しかったです
20240315_095108_copy_1024x76820240315_095100_copy_1024x768






このあと平戸島へ戻り平戸島内観光

バスガイドさんなしで平戸へ来るのは初めて・・・

メインは“協会と寺院が見える風景”がある坂道
20240315_104349_copy_1024x76820240315_104540_copy_1024x768






坂を上がりきった先に平戸ザビエル記念教会があります
(中は入れません)
20240315_104745_copy_1024x768






今度は大ソテツ通りに降りてきて

大ソテツ・六角井戸をみて

松浦(まつら)資料博物館の前あたりまで

やんわり一緒に歩きました
20240315_110519_copy_1024x76820240315_110718_copy_1024x768






これ、はじめて来る添乗員さんはガイドなしだとキツいでしょ・・・

私はバスガイドさん付きで何度も来たことがありましたが

それでもめちゃ心配でした・・・

はじめて行かれる添乗員さんはこの動画見てなんとか頑張って下さい!!


ガイドさんがいるときにちゃんと案内を聞いておくべきやった・・・

こうやって今までガイドさんが付いていた観光地も

どんどん添乗員ひとりで案内しないといけないのですね

負担は大きく給料変わらず

そりゃどんどんこの業界から人が去っていくわけだ・・・

平戸温泉と九十九島・生月島ツアー1日目♪

JR利用で長崎県の平戸温泉1泊ツアーへ

お客様は18組37名様

最近はじまったばかりの新コースです


博多駅で祐徳バスに乗り換えたあとは

金立(きんりゅう)SAで自由昼食

同じSAで同時刻に3団体が自由昼食

同じ時間に到着した他社さんは1時間とってるのに

我々は30分しか猶予がありません・・・

いくらSAとはいえ

自由食で所要30分て・・・
IMG_20240316_191754_copy_1024x76820240314_113944_copy_1024x768






本日最初の観光地は“有田ポーセリンパーク”

いまいちつかみどころのない施設です

有田焼を国内外にPRするためにできたそうですが

酒造メーカーの立ち寄りって雰囲気

奥にあるムダに立派な宮殿風の建物は

ドイツのツヴィンガー宮殿を模した建物

以前は館内で有田焼の展示をしていたそうですが

現在は中には入れません
20240314_130511_copy_1024x76820240314_125250_copy_1024x768






現在はコスプレの聖地みたいになっているようで

HPには「商業用の撮影は事前に許可を取ってください!」

って注意書きが書いてありました

映画「黒執事」や「ルパンの娘」などでもロケが行われたようです


お次は“九十九島パールシーリゾート”

この遊覧船があるので今日は時間がなかったのですよ

金立SAの自由昼食を30分で切り上げ

ポーセリンパークは30分のところを25分に削ったのに

到着したのは出航の15分前でした・・・

こんなカツカツの行程なのに

水族館までオプションで売れという無慈悲な設定・・・
20240314_135841_copy_2000x150020240314_140004_copy_1024x768






バスガイドは付けないけど

オプションは多めに付けといたよ

ってことのようです・・・


九十九島パールシーリゾートのあとは

本土最西端の“神崎鼻(こうざきばな)”へ

はじめて行く観光地です
20240314_161615_copy_2000x1500






事前にYouTubeでタビトレしまくりました(笑)
20240314_160805_copy_1024x76820240314_160736_copy_1024x768






四極交流広場に最西端の碑

海中遊歩道の途中にはモニュメントがあります
20240314_160958_copy_1024x76820240314_161230_copy_1024x768






なだらかな坂道が続きますが

四極交流広場まで行って

帰りはモニュメント経由で海中遊歩道を帰ってくる

ってコースが良さそうです


平戸大橋を通り平戸島へ入りました

ホテルまではあと5分ってところですが

“平戸物産館”でショッピングタイム

ドライバーさんが

「え?ホテル直行じゃないの?この時間で立ち寄りって珍しいね」

ってビックリしてた

私もびっくりです
20240314_172303_copy_1024x768






今夜のお宿は長年お世話になっている

“国際観光ホテル旗松亭”
20240314_175651_copy_1024x76820240314_191842_copy_1024x768






なんか部屋の壁紙が綺麗になってた
(そこだけだけど)
20240314_173223_copy_1024x76820240314_181424_copy_1024x768






今回のツアータイトル

平戸温泉・ひらめ造り付き会席と九十九島・生月島・有田2日間

っていうんですね
Gallery_1710413370374_copy_1024x768






そんなにひらめ造りを強調せんでも・・・
20240314_192048_copy_1024x768







謎多き邪馬台国・阿波説ツアー2日目♪

綺麗な朝日に迎えられツアー2日目がスタート
20240310_062624_copy_1024x768






まず最初に向かったのは

“多祁御奈刀弥(たけみなとみ)神社”

ご祭神は大国主の息子で力持ちの

タケミナカタ

長野の諏訪大社の元宮?とも言われている謎多き神社です
20240310_082543_copy_1024x76820240310_082450_copy_1024x768






神紋の鎌は農耕の鎌か

武器としての鎌か?
20240310_083027_copy_1024x76820240310_083102_copy_1024x768






お次は“山崎忌部神社”

主祭神は忌部氏の祖神、アメノヒワシノミコト
20240310_092000_copy_1024x76820240310_092719_copy_1024x768






天皇陛下の代替わりの際に行われる大嘗祭では

阿波の三木氏から麁服(あらたえ)

と呼ばれる麻布が調進されるのですが

麻布はこの神社で織られるそうです

てことで神紋は丸に麻の葉
20240310_093347_copy_1024x76820240310_092044_copy_1024x768






トイレは一応ありますが

男女共有なので女性はちょっと利用しにくいです・・・
20240310_092533_copy_1024x768






お次は“天村雲(あめのむらくも)神社”

天村雲と言えば三種の神器の剣

天村雲剣(草薙剣)

スサノオがヤマタノオロチを退治した際に尾っぽから出てきた剣ですね

天村雲神社という名前の神社は全国でここだけだそうです
20240310_100948_copy_1024x76820240310_101544_copy_1024x768






ここまでの神社はタクシーを降りてすぐなのでサクサク巡れたのですが

このあとがちょっと大変

穴吹川に沿って山間を進んでいきます
20240310_104102_copy_1024x768






途中、あの懐かしの古代神殿跡(?)の前も通りました

アークを探しに徳島へ♪【磐境神明神社編】

(2019年11月12日)

既にこのときから見えない力で阿波に呼ばれていたのか・・・

美馬市の木屋平貢(こやだいらみつぎ)という場所までやってきました

このツアーでは一番標高が高い場所です

向かいの山には昨日の雪がまだ残っています
20240310_112313_copy_1024x76820240310_112211_copy_1024x768






わざわざ苦労してやってきたのは

“三木家住宅”

大嘗祭の際に使用する麁服(あらたえ)は

この三木家のご当主から運ばれるのです
20240310_115732_copy_1024x768






現在は冬季につき中には入れません
20240310_121347_copy_1024x76820240310_121333_copy_1024x768






隣に資料館があって、ここは入館無料で見学できました
20240310_114938_copy_1024x768






麁服はこの地で栽培され

山崎忌部神社で反物に織られ

三木家のご当主がその反物に神を降ろし

ようやく麁服となります

新しい天皇はその麁服とひと晩共に過ごして

ようやく新しい天皇として即位できるそうです
(この儀式を行わなかった天皇は半帝と呼ばれたそうな)
20240310_115123_copy_1024x76820240310_120211_copy_1024x768






天皇陛下の即位に一番大事なアイテムを

なぜ徳島の山の中からわざわざ持っていくのか?

なぜ三木家じゃないとダメなのか?

日本の始まりはやっぱり阿波なのか?

そんなことを考えながらこちらでお弁当タイム

三木家住宅の眺めのいい場所に公園があるのです

今日のお弁当はちょっとアレやった・・・(涙)

食べやすいお弁当でできるだけ油ものは少なく

ってリクエストだったのに

めっちゃかさばる箱におかずは油ものだらけやないかい!!
20240310_122722_copy_1024x76820240310_122827_copy_1024x768






昨晩、コンビニでパンを買っておいてよかったわ
(嫌な予感はしてた)

ここは大きめのトレイがありますが

男女各1個づつなのでご注意ください
20240310_113225_copy_1024x768






午後はさらに徳島県を西へ西へと進みます

“伊邪那美(いざなみ)神社”

ご祭神は国生み・神産みの神様

イザナギ・イザナミのあのイザナミです

式内社のイザナギ神社は全国に数か所ありますが

式内社のイザナミ神社はこの阿波にしか存在しないそうです

看板のイラストの趣味が悪い

とお客様からツッコミが入りました・・・

確かに子どもっぽい=嘘っぽい
20240310_135805_copy_2000x150020240310_140055_copy_1024x768






トイレもこんな感じ・・・・・
20240310_135423_copy_1024x768






さて、早いもので今回のツアー最後の神社になりました

最後は“倭大国魂(やまとおおくにたま)神社”

倭の大いなる土地の神を祀った神社!

なのに本殿がアルミサッシ・・・(涙)
20240310_141934_copy_1024x76820240310_144030_copy_1024x768






トイレはこんな感じの仮設トイレです
20240310_143215_copy_1024x768






ご神紋はエビス神社と同じ三つ柏

お客様の目にはもちろん

メノラーとして映っております(笑)
20240310_141957_copy_2000x150020240310_141945_copy_1024x768






この神社の鈴の奉納者にFM眉山の名前がかかれていました

タケルさんやミホミコさんがパーソナリティを務める

「邪馬台国は阿波だった!」はFM眉山の番組です

鈴よりも先に扉を奉納してあげたほうが良かったような・・・
20240310_144036_copy_1024x768







こちらでタケル&ミホミコ撮影会

ケーキカット後の新郎新婦かっ!(笑)
20240310_144148_copy_1024x76820240310_144135_copy_1024x768






境内には“大国魂古墳”という古墳があり

石室部分の開口部が開いたまま公開されていました
20240310_142116_copy_1024x76820240310_142154_copy_1024x768






穴があったら入りたくなるのは人間の性なのか

この石室に潜り込んでいったお客様もいましたね

ほんと今回のお客様は好奇心旺盛すぎる!!
20240310_142225_copy_1024x768






このあと道の駅美馬でトイレ休憩

ここはお土産も充実していました
20240310_145830_copy_1024x76820240310_150010_copy_1024x768






半田そうめんやそば米ぞうすい

阿波番茶などは如何でしょうか?
20240310_145930_copy_1024x76820240310_145935_copy_1024x768






この道の駅は剣山も見える絶好のロケーション
20240310_150345_copy_1024x76820240310_150554_copy_1024x768






そして日曜限定で出店している焼き鳥屋さんがめちゃウマでした

これ1本150円は破格です!!
20240310_150851_copy_1024x76820240310_150744_copy_1024x768






帰りの時間を心配していましたが

なんとか帰りの高速バスには余裕をもって徳島駅へ帰ってこれました

三村先生、タケル&ミホミホさんとはここでお別れ

お客様は最後の最後まで名残惜しくされていました
20240310_161300_copy_1024x768






三村先生は普段は有料で開催している古事記講座を無料で夜遅くまで開催してくれたし

タケルさん、ミホミコさんは常にお客様と積極的にコミュニケーションをとってくれたし

タケルさんは2日間通して車の運転だけでも相当大変だったと思います・・・

ほんと阿波の皆さんのおもてなしには感謝してもし足りません

これからますます阿波・徳島の観光ツーリズムが発展していくことを

陰ながら応援しております
20240309_194841_copy_1024x768






お客様も大満足で終わった今回のツアーですが

徳島観光ツーリズムはまだ始まったばかり

今後もツアーを開催予定です

まずは5月

阿波説がアンチが騒ぐほど世間に広まった原動力となったYouTubeチャンネル

ANYAチャンネルのANYAさんと行く阿波古代史ツアーを開催

詳細はコチラ
(リンク先は現地集合プラン)

そしてANYAさん同様

古代史チャンネルとして人気の

シン・きー歴史沼チャンネルのきーちゃんと行く

剣山アーク伝説ツアーが7月に開催されます

詳細はコチラ
(リンク先は現地集合プラン)

徳島以外の古代史ツアーとしては

6月に吉備王国ツアー

詳細はコチラ
(リンク先は現地集合プラン)

9月に丹後王国ツアーが開催されます

詳細はコチラ


ぜひ、ロマン溢れる古代史&都市伝説ツアーに出かけてみませんか?

謎多き邪馬台国・阿波説ツアー1日目♪

いよいよ待望の阿波・邪馬台国ツアーの開催日がやってきました

お客様は17組17名様


はい、全員1名参加(笑)

男女比率は女性9名・男性8名

婚活イベント以上にバランスのいい男女構成になりました

あ、ちなみに平均年齢は66.35歳です


関西勢は梅田から高速バスで徳島へ

集合場所は阪急三番街の高速バスターミナル

なんか落ち着かない・・・・・
20240309_073738_copy_1024x768






途中、渋滞にはまりヒヤヒヤしましたが

予定通り11時前に徳島駅に到着

現地では講師として

阿波古事記研究会副会長の

三村隆範氏

サポーターとして

阿波古代史伝道師兼とくしまクチコミ大使の

ヤマモトタケルノミコトさん

都市伝説×古事記研究会、会長の

アワテラスオオミホミコさん

が駆けつけてくれました
20240309_104857_copy_1024x768






めちゃわかりやすいお出迎えありがとうございます(笑)

知らない人には「誰やねん!」ってなりますが

お客様にとってはYouTubeで顔なじみのお二人です



東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・広島など

関西以外のお客様と合流したら

ジャンボタクシー2台に分かれて出発!!

荷物が心配でしたがお弁当を積んでも余裕でした♪
20240309_110316_copy_1024x768






まず最初に向かったのは眉山の中腹に建つ

“神武天皇ご尊像”

なぜ眉山に神武天皇こと

カムヤマトイワレビコノミコトの銅像があるのか?

なぜ、このツアーで最初に訪れたのか?

三村先生から熱く語って頂きました
20240309_112445_copy_1024x76820240309_112540_copy_1024x768






先月に来たときは工事中だったトイレが完成

異様にここだけ近代的(笑)


このあと移動が少し長いので

車内でお弁当タイム

担当者が見つけた穴場のカフェ

“朝昼ときどき晩ごはんDoor”の特製弁当

丁寧な味付けのお弁当で美味しかったです
Gallery_1709983411151_copy_1024x768






お次は徳島市多家良町立岩に鎮座する

“立岩神社”

ここは先日のNHKのロケでもタケルさんと訪れている神社です


男性のシンボルにも見える巨石は別名:マラ石

ご祭神は天津麻羅(アマツマラ)

男女を表す陰陽石としては日本最大の陽石とも呼ばれています
20240309_124223_copy_1024x76820240309_124543_copy_1024x768







お次は神山町鬼籠野字元山に鎮座する

立岩神社

さきほどの立岩神社が男性に対して

こちらの立岩神社は女性を表しているんだとか

ここは初めてくる神社です

途中、天気が急変して吹雪いていたんですが

到着時には止んでくれて神々しい日差しが迎えてくれました
20240309_135343_copy_1024x76820240309_140133_copy_1024x768






阿波古事記の舞台としてはシンボル的な神社のひとつ

ご祭神はアメノウズメ(たぶん)
20240309_140527_copy_1024x76820240309_140537_copy_1024x768






この山は“天の元山”と呼ばれ

阿波風土記にはこの山が欠けて大和(奈良)に降り注いだのが

天野香具山と書かれているそうです
20240309_140623_copy_1024x76820240309_140752_copy_1024x768






てことでこのツアーの2日前

奈良の天野香具山に行ってきました

山の麓に鎮座する天岩戸神社の磐座が

立岩神社の磐座のミニチュア版

という説があるので見てみたかったのです

その時のショート動画はコチラ

両方見た感想は

ん〜・・・

正直、両社に共通点があるとは思えない・・・
20240307_095023_copy_1024x76820240307_095252_copy_1024x768






両磐座の関係は置いておき

どちらも古代から信仰の対象とされていたんでしょうね

そこは納得できる神聖な雰囲気を感じました
20240309_142211_copy_768x102420240309_140742_copy_768x1024








奈良にもマラ石があればね・・・

と思ったら

明日香村にもあったわ!!(笑)
スクリーンショット (364)







このあと道の駅神山でトイレ休憩

このコースはほぼ無人の小さい神社ばかりなので

お手洗いの設備がほとんどないのですよ・・・

ここが今回のツアーの一番の不安要素でもあります
20240309_150133_copy_1024x76820240309_145417_copy_1024x768






お土産も買う場所がないので道の駅は大変助かります

徳島って梅も有名なんやね

梅干しに“神山ルビィ”とかなかなかいいネーミングやん♪
(奈良の“あすかルビィ”に対抗してるのか?)
20240309_145635_copy_1024x76820240309_145707_copy_1024x768






鹿の角も売っておりました(笑)
Gallery_1710059583539_copy_1024x768






お次は道の駅からすぐ近くにある

“上一宮大粟神社”

ご祭神は阿波を代表する神様

大宣都比売(オオゲツヒメ)

ウケモチノカミ、ウカノミタマ、トヨウケノオオカミ

とも同一視されている食物の神様

今回のツアーでは珍しく大きな社殿の神社です

天井画も見事でした
20240309_152121_copy_1024x76820240309_152214_copy_1024x768






古事記ではスサノオが食物を求めてオオゲツヒメに会いに来るシーンがあります

そのあとオオゲツヒメはスサノオに殺され

オオゲツヒメの体から様々な食物が生まれるってお話です

ここはトイレがちゃんとありました
20240309_152809_copy_1024x768







お次は徳島市国府町矢野に鎮座する

“天石門別八倉比売神社”

奥の院にアマテラス(=卑弥呼?)のお墓があると言われている神社です
20240309_163937_copy_1024x76820240207_101355_copy_1024x768






心配していた通り

いつの間にかテーマが邪馬台国から古事記にシフトしておりますが

もはや何を求めて徳島に来たのか分からなくなるほど

お客様は三村ワールドに洗脳・・・

いや熱心なお話しに聞き入っていました
20240309_162747_copy_1024x76820240309_162735_copy_1024x768







意外にも予定より早めに行程が進んだので

神社の参拝のあとは麓にある阿波史跡公園で時間をとりました

徳島では早咲きの桜

河津桜・蜂須賀桜が満開を迎えようとしています

道中でも車窓から綺麗な桜が楽しめました
20240309_170441_copy_1024x76820240309_170910_copy_1024x768






史跡公園のトイレは阿波の青石をふんだんに使った遺跡のようなデザイン

なかなかインパクトがありますね

男女のサインも阿波らしくていい感じ
20240309_170508_copy_1024x76820240309_170520_copy_1024x768






今夜のお宿は“センチュリープラザホテル”

駅から少し離れていますが大浴場付きで好評でした
20240309_181234_copy_1024x76820240310_070721_copy_1024x768






夜景も綺麗やん♪
20240309_190156_copy_1024x76820240309_190207_copy_1024x768






夕食後はサプライズイベントとして三村先生による

「大人の古事記講座」を開催!!

やっぱり邪馬台国じゃなく古事記なんや・・・
Gallery_1709984405509_copy_1024x76820240309_203354_copy_1024x768






通常、夕食会場って2時間制なんですね

18時40分から夕食だったので

通常は2時間で20時40分まで

21時まで使っていいですよってことだったんですが

気が付けばこんな状況・・・


終わったのは22時でした
(強制的に終わってもらった)

てか三村先生

昼からずっと喋ってて疲れんの?

てかお客様

こんな遅くまで眠くないの?

講座が終わっても個人的に質問に行かれるお客様もいました

講師もお客様も熱量が半端ない!!
20240309_215339_copy_1024x768






添乗員さんは眠くて死にそうですわ・・・


このあと部屋で今後のツアーの簡易チラシを作り

0時すぎにコンビニに出力しに行き

結局、寝たのは1時過ぎでした・・・

函館・青森 温泉グルメ三昧ツアー3日目♪

ツアー最終日

今日は金木の散策からスタート

ゆーても三味線会館は冬季閉館中なので

斜陽館に行くか物産館で買い物をするかって感じ
20240302_101950_copy_1024x768






物産館で和菓子屋さんが作る絶品タルト

“タルトノア(170円)”を買ってみました

タルトの中はカスタードではなく

くるみとアーモンド

そこにはちみつがコーティングされているお菓子です

ナッツ好きの方にはたまらんと思います

めっちゃ美味しいです!!
20240302_103622_copy_1024x76820240303_092918_copy_1024x768






さて金木駅から津軽鉄道・ストーブ列車に乗りましょう
20240302_110041_copy_1024x76820240302_104815_copy_1024x768






受付でA4パンフと記念乗車券をお客様人数分受け取ります

記念乗車券はあとで配ってもOKです
(団体用の乗車券は1枚のみ)
20240302_105628_copy_1024x768






車内ではほとんどのお客様がスルメ(800円)を買っていましたね

ここのスルメ、ほんと美味しいわ
20240302_111549_copy_1024x76820240302_112552_copy_1024x768






ちなみにストーブで焼けるのは車内で購入したするめのみです

家から持ってきたするめは焼けませんのでご注意ください(笑)


津軽五所川原駅に到着

団券は回収ボックスへ
20240302_114148_copy_1024x768






このあと弘前の津軽藩ねぷた村で自由昼食

今回のコース

グルメ三昧ってツアータイトルなのに

昼食1回も付いてないんですけど(笑)

しかもねぷた村って周囲に飲食店少ないんですよね・・・

自由食のキャパも少ないし・・・
20240302_125249_copy_1024x76820240302_125242_copy_2000x1500






ご希望のお客様は貝焼き味噌とけの汁定食

貝焼き味噌ってお店によってかなり味が違いますが

ここのはちょっと貧相やった・・・
(これまでのバイキングで目が肥えているのか?)
Gallery_1709370629321_copy_1024x768Gallery_1709370650506_copy_1024x768






けの汁もそもそもが病院食みたいだし・・・

なんかグルメ三昧ツアーなのに

最後の最後にこれかって感じ・・・
(しかもオプション)

添乗員さんは豚の生姜焼きでした

これはめちゃ美味しかった!!
20240302_130000_copy_1024x768






食後は有料施設内で津軽三味線ショーを鑑賞

この日はたまたま世界チャンピオン3連覇の

葛西さんの演奏でした
20240302_132439_copy_1024x76820240302_133533_copy_1024x768






20240302_134240_copy_1024x76820240302_134314_copy_1024x768






さて、このあとは青森空港から伊丹空港へ帰るのみ
20240302_160710_copy_1024x768






朝、ANAのサイトでチェックしたときは予定通りって出てたのに

お昼頃会社から連絡がありました

伊丹便の欠航が決まったと・・・

Screenshot_20240302_145821_Chrome_copy_540x513








なんでも新千歳からくる使用機が来れなくなったので

機材繰りで欠航になったそうです・・・

青森空港でしょ

なんか嫌な予感はしてたんですよ・・・

みちのく二大半島ツアー♪その後、、、

(2018年9月17日)

青森空港と言えばこのトラブルが頭から離れへん

ほんとあの時は大変でした

でも今回はFDAさんではなく

JALさんが救いの手を差し伸べてくれました

添乗員含め40名もいるのに

全員振り替えてくれたんです!!

まぁJAL便も天候調査入ってるんですけどね・・・

予定通り飛べば50分遅れくらいで伊丹に帰れます

Screenshot_20240302_160937_JapanAirlines_copy_540x412







でも青森空港上空は荒れ模様

15時の羽田便が2時間半遅れとか

19時15分の名古屋便が欠航とか

とにかく乱れに乱れまくっております
20240302_171846_copy_1024x768






まぁ心配してもどうにもならんし

ひとまず青森名物

味噌カレー牛乳ラーメン(980円)でも食べながら待ちますか
20240302_174633_copy_1024x76820240302_172900_copy_1024x768






結局、JALさんはしっかり飛んでくれたのですが

30分遅延で伊丹に到着

結局、予定より1時間半ほど遅い帰着となりました
20240302_174835_copy_1024x768






それでも延泊せずに帰ってこれて助かりました

青森空港のANAさん、JALさん

駐車場で待機をしてくれた弘南バスの乗務員さん

そして誰一人文句も言わず

予約の振り替え作業を待ってくれたお客様に感謝ですm(__)m

函館・青森 温泉グルメ三昧ツアー2日目♪

ツアー2日目

海と灯は朝食バイキングもレベルが高いのです

てか勝手丼のネタ、夜より充実してない???
20240301_080316_copy_1024x768






ヨーグルト用にフルーツが食べやすいようにカットされているのに感動しました
(オレンジがめちゃ美味しかった)
20240301_080511_copy_1024x76820240301_081304_copy_1024x768






そして謎にワインが飲み放題

お客様が朝から車内でテンション高めだったのはこれのせいか・・・
20240301_081602_copy_1024x768






2日目最初は五稜郭公園へ
20240301_093218_copy_1024x76820240301_093240_copy_1024x768






そして函館朝市

昨日は上着もいらないくらいの陽気だったのに

今日は朝から本降りの雨・・・

どうせ降るなら雪にしてよ・・・
20240301_103321_copy_1024x768






このあと新函館北斗駅から北海道新幹線で新青森へ

3日間のツアーで北海道から青森まで新幹線移動とか面白いですよね
20240301_122808_copy_1024x76820240301_122646_copy_1024x768






今日のお昼は自由昼食なので

北海道新幹線の車内で召し上がって頂きました

駅構内のキヨスクにみかどの駅弁も置いていますが

函館駅の方が圧倒的に品数が多いです
20240301_123612_copy_1024x76820240301_123633_copy_1024x768






よく考えたら新函館北斗駅から新幹線に乗るのは初めて

バス乗降所から改札までちょっと距離があるので

初めての方はこちらの動画を参考にしてください↓


新青森駅に到着

昨日は函館のベイエリアを散策しましたが

今日は青森のベイエリアを散策です

青森でもベイエリア散策とかあるんや(笑)
20240301_154544_copy_1024x76820240301_143532_copy_1024x768






バスはねぶたの家・ワラッセに駐車

約90分の滞在なので、有料施設は行けて2ヶ所くらいかな?

ワラッセ・アスパム・八甲田丸

この3施設は共通券も販売しています
20240301_143347_copy_1024x76820240301_143433_copy_1024x768






ワラッセの駐車場周辺はこんな感じ↓


添乗員さんは今日も遅めのランチ

朝がボリューム多かったのでお腹が空いていなかったのですよ・・・

青森駅周辺に行けばいろいろお店あるやと

と思ってましたが

青森駅は現在リニューアル工事中だし

駅周辺も14時でいったん閉めるお店が多く

全然お店が見つからない・・・
20240301_145159_copy_1024x76820240301_145217_copy_1024x768






仕方ないので大戸屋で“もろみチキンの炭火焼き(980円)”を食べました

これめちゃ美味しいやん!

てか大戸屋ってはじめて利用したわ(笑)
20240301_151818_copy_1024x768






本日の青森観光はベイエリアで終了

このあとまかど温泉へと向かいます

今夜のお宿は

亀の井ホテル青森まかど

聞きなれないホテル名ですが

旧まかど観光ホテルです


ホテル名が変わっただけで

設備はまったく同じやった(笑)
20240301_174834_copy_1024x76820240301_175204_copy_1024x768






ただ夕食がセットメニューからバイキングに変わったようです
20240301_182840_copy_1024x768






以前のセットメニューも美味しかったですが

バイキングもなかなかレベル高かったですよ♪


そりゃ海と灯に比べたら勝手丼っはさみしいけどや
20240301_182133_copy_1024x768






このぷりっぷりの帆立のお刺身や

あわびのXOソース炒めとかなかなか魅力的やん♪
20240301_182152_copy_1024x76820240301_182632_copy_1024x768






ひとり鍋の具材も豊富で美味しかったです
20240301_182700_copy_1024x76820240301_182822_copy_1024x768






このツアーではバイキングの他に刺身の盛り合わせ付き

大間のまぐろは嬉しいけど

帆立はもうちょっとなんとかならんかったんかな・・・
20240301_191217_copy_1024x768







函館・青森 温泉グルメ三昧ツアー1日目♪

飛行機利用で函館IN、青森OUT

というちょっと変わった新コースで北海道へ

お客様は16組・39名様

ほんとは41名様だったんですよ

1組2名様が集合時間を勘違いしましてね

ギッリギリ飛行機に乗れず当日キャンセル・・・

このお客様の対応をしていたので伊丹で昼食を買いそびれてしまった・・・

まぁカバンの中には非常食のランチパックが入ってたんですけどね

添乗員たるもの

カバンの中には常に非常食が入っているのが基本です
Gallery_1709248276260_copy_1024x768






予定通り函館空港に到着しました

全然雪やいやん!!
20240229_130018_copy_1024x768






最初に向かったのは“トラピスチヌ修道院”

最近めっきり来る機会が減った観光地です

ここも全然雪ないね・・・

上着いらんくらい暖かいんですけど(笑)
20240229_132043_copy_1024x76820240229_133450_copy_1024x768






この3日後、先輩添乗員のえりりんが同じコースに行ったんですが

前日に函館は大雪が降ったそうで

トラピスチヌ修道院も積雪で階段が進入禁止になっていたそうです・・・
Gallery_1709555486728_copy_1024x752









お次はベイエリア散策
20240229_141954_copy_1024x768






このお時間を利用して

添乗員さんは遅めの昼食

明治館の裏にある海鮮市場へ
20240229_150521_copy_1024x76820240229_145300_copy_1024x768






奥にフードコートあったんやね

2、3年前にできたそうです
20240229_145220_copy_1024x76820240229_145239_copy_1024x768






お弁当なども充実していますが

今回は“カニ海鮮ラーメン(1000円)”をオーダー

ボリューム満点でめちゃ美味しかった!!

これで1000円は絶対お得です!!
20240229_143338_copy_1024x76820240229_143349_copy_1024x768






本日の観光は2ヶ所のみ

今夜は湯の川温泉、海と灯に宿泊
20240229_160312_copy_1024x768






はい、あの絶品バイキングのホテルです♪


希望のお客様は函館山の夜景へご案内

暗くなってからだと混むので

早めに上がって上で暗くなるのを待ちます

山頂にも雪が少ない・・・
KIMG0005






徐々に街にあかりが灯る様子を見るのもいいですね
KIMG0007






KIMG0008






KIMG0012






夜景から帰ったあとはお待ちかねの夕食です♪
20240229_200554_copy_1024x76820240229_200600_copy_1024x768






帆立のバター醤油焼き

サーモンの塩麹焼きが絶品でした♪
20240229_204054_copy_1024x76820240229_204100_copy_1024x768






もちろん勝手丼も作りましたよ
Gallery_1709248173281_copy_1024x768






ちょっと面倒やけど、カニの身を乗せると映えますね♪
20240229_201739_copy_1024x768






ちなみにこちらは先月

長崎の中華街で食べた2500円の海鮮丼
20240216_200557_copy_1024x768






やっぱ海と灯のバイキングはレベル高いわ♪

阿波古代史ひとり旅ぁ〇哉幡神社・椎宮八幡神社

タタリ谷で聖徳太子のお墓(?)参りをしたあと

眉山の麓を徳島駅方面へ歩いていきます

途中に急な階段の参道が続く神社がありました

“産八幡神社”
20240207_154430_copy_1024x76820240207_155419_copy_1024x768






産八幡と書いて“うぶはちまん”と読むそうです
20240207_155423_copy_1024x768






阿波の青石で造った石灯籠が立派ですね

徳島の神社はこんな感じのワイルドな石灯籠が多いです
20240207_154440_copy_1024x76820240207_154627_copy_1024x768






こちらが本殿っぽい

なんか小さい神社ですね・・・
20240207_155028_copy_1024x768_1






脇に石の祠がありました

徳島はこんな感じの石の祠も多いよなー

中央のマークは何の意味なんやろ?
20240207_155049_copy_1024x76820240207_155056_copy_1024x768







こちらのご祭神は応神天皇&神功皇后

なんでもこの神社は応神天皇誕生の地との伝説があるんだとか

応神天皇にも阿波起源説があるのか!!

でも徳島には応神町って町もあるくらいなので

まったくない話ではないかもしれません・・・

そんな産八幡参拝のあとは

さらに駅方面へ歩いていきましょう

徳島はほんと阿波の青石が街のあちらこちらに使われていてますね

ちょっと異様なくらい石だらけ・・・
20240207_155503_copy_1024x76820240207_154303_copy_1024x768







ちょっと変わった名前の神社に差し掛かりました

“快神社”

これで“こころよし”神社と読むそうです

20240207_164539_copy_1024x768






めっちゃいい名前の神社ですね
20240207_160010_copy_1024x76820240207_164813_copy_1024x768






医薬の神様を祀っているそうですがご祭神の詳細は不明

そして創建の詳細も不明・・・

境内は「幼稚園ですか?」っていいたくなるような雰囲気

狙いすぎててちょっとイタイ・・・
20240207_160027_copy_1024x76820240207_164527_copy_1024x768






御朱印が豊富ということで若い女性に人気のようです

神社好きというか

御朱印好きの方は行かれてみては如何でしょうか?
20240207_164701_copy_1024x76820240207_164618_copy_1024x768






なんだか山口県の元乃隅神社や

京都の車折神社と同じで

この類の神社(?)はちょっと苦手・・・


快神社の向かいに立派な参道の神社がありました

“椎宮(しいのみや)八幡神社”

20240207_160113_copy_1024x76820240207_160044_copy_1024x768






でっかいご神紋のオブジェがインパクト大です

そしてここの石灯籠も阿波っぽさ満開でいい感じ
20240207_164247_copy_1024x76820240207_164236_copy_1024x768






ご祭神は応神天皇&コノハナサクヤヒメ

というちょっと変わった組み合わせ

拝殿にはおおきな天狗のお面が飾られていました

眉山周辺の神社って天狗のお面をよく見かけます

眉山に天狗が住んでいたのでしょうか?

天狗=渡来人なのか???
20240207_162112_copy_1024x76820240207_163429_copy_1024x768






拝殿の前に狛犬が3対並んでいました

3対ってのも珍しいですが
20240207_163555_copy_1024x76820240207_163600_copy_1024x768






この狛犬

なんでこの子だけ後ろを向いているのでしょうか???

めっちゃ気になる!!
20240207_163606_copy_1024x768






ここも階段が多くて大変なのですが

上からの眺めはなかなかのものです
20240207_163448_copy_1024x76820240207_164106_copy_1024x768






ここの神社には阿波狸合戦の狸が祀られているそうで

小さい祠に色んな狸の看板と祠がありました
20240207_162255_copy_1024x76820240207_162720_copy_1024x768






20240207_162645_copy_1024x76820240207_162650_copy_1024x768






阿波狸合戦の内容を全く知らずに訪れたんですが

なかなか興味深いストーリーですね



椎宮八幡神社の参拝のあとは

歩いて徳島駅の駅前にある

スマイルホテル徳島へ向かいました
20240206_193043_copy_1024x76820240206_180841_copy_1024x768







椎宮八幡神社から徳島駅までは約3キロ

ほんとよく歩いた1日でした

そんな1日を最初から振り返ってみましょう

まず午前中は気延山周辺の神社・史跡めぐり




このあと聖徳太子ゆかりのタタリ谷へ


そして最後は応神天皇ゆかりの八幡神社めぐりでした


ほんと徳島は掘れば掘るほど驚きの珍説

いや、新説の連続ですね

こりゃネタが尽きませんわ・・・
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
tabitore888@gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・