ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

国内添乗◆九州

平戸温泉と九十九島・生月島ツアー2日目・後半♪

ツアー2日目の後半です

お昼は“平戸瀬戸市場”で自由昼食

はい今日も元気に自由昼食!

当初の予定では50分しか時間をとっていませんでしたが

お客様とドライバーさんのご協力のおかげで

所要時間は65分とることができました
20240315_120836_copy_1024x76820240315_115549_copy_1024x768






市場の2階がレストランですが

37名が一気に席に着けるほど甘くはなく

すぐに満席になってしまいました
IMG_20240316_192728_copy_1024x76820240315_120144_copy_2000x1500






周囲にいくつかお店はありますが

どこも混んでる・・・

一番人気は“お食事の店・萬福”

おさしみおかわり自由が気になる!!

もちろん満席でした・・・(泣)
20240315_115224_copy_1024x76820240315_115239_copy_1024x768






瀬戸市場の向かいにある

平戸西端夢浪漫ってお店がギリギリ席があったので

添乗員さんはこちらで

大漁日限定の“夢浪漫刺身セット(1540円)”を食べてみました

めっちゃ時間がかかったけど

刺身がめっちゃ美味しかったです!!
20240315_120819_copy_1024x768Gallery_1710479923569_copy_1024x768






これ土日とか大丈夫かな・・・


このあと“たびら平戸口駅”から松浦鉄道に乗車
20240315_125927_copy_1024x76820240315_125945_copy_1024x768






駅構内には“小さい鉄道博物館”があるので

鉄道好きのお客様は喜ばれていました
20240315_125423_copy_1024x76820240315_125502_copy_1024x768






たびら平戸口駅はゆいレールができるまで

日本最西端の駅だったそうです
20240315_131136_copy_1024x76820240315_130034_copy_1024x768






乗車する列車は1両編成
20240315_125832_copy_1024x76820240315_131522_copy_1024x768






乗車時間は17分

御厨(みくりや)駅で下車
20240315_131615_copy_1024x768IMG_20240315_132829_copy_1024x768






こちらが御厨駅(調剤薬局?)
20240315_133317_copy_1024x76820240315_133324_copy_1024x768






このあと“道の駅松浦海のふるさと館”に立ち寄り

松浦市はアジフライの聖地だそうです
20240315_135309_copy_1024x76820240315_135212_copy_1024x768






平戸でお昼を食べ損ねたら

ここで遅めの昼食でもいいね
20240315_135933_copy_1024x76820240315_140103_copy_1024x768






揚げたてのアジフライも美味しそうだし

ブリ丼400円はお買い得すぎるやろ!!
20240315_140048_copy_1024x76820240315_140038_copy_1024x768






こちらの道の駅では“伊達のかんころ餅(490円)”がおススメ

かんころ餅は五島地方の郷土食

さつまいも味のお餅です

伊達のかんころ餅は半生タイプで価格もリーズナブル♪
Gallery_1710512870860_copy_1024x768Gallery_1710541846852_copy_1024x768






最後は“松浦一酒造”

店名に松浦って付いていますが

住所は佐賀県伊万里市です
20240315_143739_copy_1024x76820240315_143805_copy_1024x768






こちらのお店は河伯(カッパ)のミイラがあることで有名
20240315_143819_copy_1024x76820240315_143849_copy_1024x768






ツアー最後の観光地がカッパのミイラとか

なかなか尖がった企画ですよね

きらいじゃないです(笑)
20240315_145324_copy_1024x76820240315_145309_copy_1024x768






これ何のミイラなんでしょうね?

大きさといい目の離れ具合といい

チワワにしか見えん!!

これにて2日間の行程は全て終了

ほぼはじめて行く観光地だったので

かなり精神的に疲れましたが

無事に終わってやれやれです

あ、筑紫口にあるデイトスの工事が13日で終わったようです

これでまたリンガーハットで夕食をたべて帰れますね
20240315_164410_copy_1024x768






あ、お客様から新大阪駅に着く直前に

これお腹いっぱいで食べなかったから食べて

ってお弁当をもらいました

豊後牛博多めんたいこ弁当
Gallery_1710585182558_copy_1024x768






なんで食べるか食べないか分からないくらいの空腹状態で

こんなガッツリ系のお弁当買うかな・・・(笑)


個人的にはめっちゃ好みの弁当ですけどね

美味しいお弁当ありがとうございましたm(__)m

平戸温泉と九十九島・生月島ツアー2日目・前半♪

ツアー2日目は平戸島からさらに生月大橋を渡り

生月島(いきつきしま)の島内観光へ

まずは生月島の最北端“大バエ灯台”
20240315_085438_copy_1024x76820240315_090535_copy_1024x768






20240315_090518_copy_1024x76820240315_090507_copy_1024x768






以前の駐車場よりさらに上まで上がれるので便利ですが

上の駐車場にはトイレがないので注意です


お次は“塩俵の断崖”

ここはバスを降りたらすぐ展望スポット
20240315_093254_copy_1024x768 20240315_092718_copy_1024x768






柱状節理の断崖が大迫力ですね

なんか積丹半島に来た気分♪

積丹ブルーならぬ生月ブルーの海が綺麗
20240315_092728_copy_1024x76820240315_092802_copy_1024x768






ここもトイレがありません

てことで次の“道の駅生月大橋”までトイレがないんですよね

朝から約2時間

ご協力いただいたお客様に感謝♪
20240315_095306_copy_1024x76820240315_095522_copy_1024x768






こちらの道の駅では神戸屋の丸ボーロが人気

半生丸ボーロって感じで美味しかったです
20240315_095108_copy_1024x76820240315_095100_copy_1024x768






このあと平戸島へ戻り平戸島内観光

バスガイドさんなしで平戸へ来るのは初めて・・・

メインは“協会と寺院が見える風景”がある坂道
20240315_104349_copy_1024x76820240315_104540_copy_1024x768






坂を上がりきった先に平戸ザビエル記念教会があります
(中は入れません)
20240315_104745_copy_1024x768






今度は大ソテツ通りに降りてきて

大ソテツ・六角井戸をみて

松浦(まつら)資料博物館の前あたりまで

やんわり一緒に歩きました
20240315_110519_copy_1024x76820240315_110718_copy_1024x768






これ、はじめて来る添乗員さんはガイドなしだとキツいでしょ・・・

私はバスガイドさん付きで何度も来たことがありましたが

それでもめちゃ心配でした・・・

はじめて行かれる添乗員さんはこの動画見てなんとか頑張って下さい!!


ガイドさんがいるときにちゃんと案内を聞いておくべきやった・・・

こうやって今までガイドさんが付いていた観光地も

どんどん添乗員ひとりで案内しないといけないのですね

負担は大きく給料変わらず

そりゃどんどんこの業界から人が去っていくわけだ・・・

平戸温泉と九十九島・生月島ツアー1日目♪

JR利用で長崎県の平戸温泉1泊ツアーへ

お客様は18組37名様

最近はじまったばかりの新コースです


博多駅で祐徳バスに乗り換えたあとは

金立(きんりゅう)SAで自由昼食

同じSAで同時刻に3団体が自由昼食

同じ時間に到着した他社さんは1時間とってるのに

我々は30分しか猶予がありません・・・

いくらSAとはいえ

自由食で所要30分て・・・
IMG_20240316_191754_copy_1024x76820240314_113944_copy_1024x768






本日最初の観光地は“有田ポーセリンパーク”

いまいちつかみどころのない施設です

有田焼を国内外にPRするためにできたそうですが

酒造メーカーの立ち寄りって雰囲気

奥にあるムダに立派な宮殿風の建物は

ドイツのツヴィンガー宮殿を模した建物

以前は館内で有田焼の展示をしていたそうですが

現在は中には入れません
20240314_130511_copy_1024x76820240314_125250_copy_1024x768






現在はコスプレの聖地みたいになっているようで

HPには「商業用の撮影は事前に許可を取ってください!」

って注意書きが書いてありました

映画「黒執事」や「ルパンの娘」などでもロケが行われたようです


お次は“九十九島パールシーリゾート”

この遊覧船があるので今日は時間がなかったのですよ

金立SAの自由昼食を30分で切り上げ

ポーセリンパークは30分のところを25分に削ったのに

到着したのは出航の15分前でした・・・

こんなカツカツの行程なのに

水族館までオプションで売れという無慈悲な設定・・・
20240314_135841_copy_2000x150020240314_140004_copy_1024x768






バスガイドは付けないけど

オプションは多めに付けといたよ

ってことのようです・・・


九十九島パールシーリゾートのあとは

本土最西端の“神崎鼻(こうざきばな)”へ

はじめて行く観光地です
20240314_161615_copy_2000x1500






事前にYouTubeでタビトレしまくりました(笑)
20240314_160805_copy_1024x76820240314_160736_copy_1024x768






四極交流広場に最西端の碑

海中遊歩道の途中にはモニュメントがあります
20240314_160958_copy_1024x76820240314_161230_copy_1024x768






なだらかな坂道が続きますが

四極交流広場まで行って

帰りはモニュメント経由で海中遊歩道を帰ってくる

ってコースが良さそうです


平戸大橋を通り平戸島へ入りました

ホテルまではあと5分ってところですが

“平戸物産館”でショッピングタイム

ドライバーさんが

「え?ホテル直行じゃないの?この時間で立ち寄りって珍しいね」

ってビックリしてた

私もびっくりです
20240314_172303_copy_1024x768






今夜のお宿は長年お世話になっている

“国際観光ホテル旗松亭”
20240314_175651_copy_1024x76820240314_191842_copy_1024x768






なんか部屋の壁紙が綺麗になってた
(そこだけだけど)
20240314_173223_copy_1024x76820240314_181424_copy_1024x768






今回のツアータイトル

平戸温泉・ひらめ造り付き会席と九十九島・生月島・有田2日間

っていうんですね
Gallery_1710413370374_copy_1024x768






そんなにひらめ造りを強調せんでも・・・
20240314_192048_copy_1024x768







長崎ランタンフェスティバルと九十九島ツアー2日目♪

ツアー2日目

あ、このコースはバスガイドさんの同行はありません・・・(涙)

まず最初に向かったのは“展海峰(てんかいほう)”

いつの間にかこの近くに

“九十九島公園”って新しい公園ができたようで

展海峰に来るバスはめっきり減ったそうです
20240217_093345_copy_1024x768






この日は快晴でビックリするほど綺麗な景色が広がってた
20240217_094024_copy_1024x76820240217_093728_copy_1024x768






ちなみに展望台の下には「美しき天然」の歌碑と

明治の作曲家・田中穂積の銅像があります

バスガイドさんがいれば「美しき天然を」を歌ってもらえるんですが

添乗員さんは歌えないので

この曲ですこれーーー!!

ってYouTubeで検索して大音量で流しました(笑)

聞けばみんな

「あーこの曲ね」ってなるやつです

てか改めてYouTubeって便利だなと思った(笑)

このあとはお約束の“九十九島パールシーリゾート”

あれ?ここって“西海パールシーリゾート”じゃなかった?

と思ったら

2014年に名称が変わったんですね

全然気づかんかった・・・


ご希望のお客様は九十九島遊覧船

“パールクイーン号”にご案内
20240217_102210_copy_1024x76820240217_115521_copy_1024x768






乗船口のそばにあったカフェ

コロナ禍で閉業してしまったようです・・・(涙)
20240217_101816_copy_1024x76820240217_101828_copy_1024x768







冬のパールシーリゾートと言えば牡蠣まつり!

期間中の土日祝のみ営業

11時からオープンしています

この日は土曜日だったので開催日でした
20240217_102410_copy_1024x76820240217_102424_copy_2000x1500






牡蠣(マガキ・イワガキ)は1000円ですが

軍手と木炭が必要なので

最低でも1人1350円が必要
20240217_102629_copy_1600x120020240217_102611_copy_1024x768






ドリンクの持ち込みはできないのでご注意ください
20240217_102956_copy_1600x1200






ここの牡蠣まつり、前から気になってたんですよねー
20240217_102540_copy_1024x76820240217_102553_copy_1024x768






ってことで今日のランチはひとり牡蠣まつり!

1人で20個くらい食べたんじゃないかな(笑)
20240217_113146_copy_1024x76820240217_113301_copy_1024x768






時間がないので余った牡蠣は隣のカップルにあげました

あ、ちなみにちゃんとインボイス対応の領収書くれましたよ

午後は“大川内山(おおかわちやま)”

春のようなポカポカ陽気でした
20240217_135959_copy_1024x76820240217_140037_copy_1024x768






散策道のちょっと外れに雰囲気のある鳥居を発見
20240217_140529_copy_1024x76820240217_140546_copy_1024x768






権現岳神社っていうらしい

のどの神様って珍しいですね

尻尾みたいなのが伸びてる注連縄も初めて見ました
20240217_140617_copy_1024x76820240217_142348_copy_1024x768






ちょっと上がってみるとこんもりした塚の上に小さい石仏が
20240217_140709_copy_1024x76820240217_141044_copy_1024x768






その下にも石仏が並んでますね

八幡大菩薩ってことは神仏習合時代の作かな?
20240217_141117_copy_1024x76820240217_141135_copy_1024x768






さらに上にも鳥居がありました

どこに神社があるんやろ・・・
20240217_141214_copy_1024x76820240217_141319_copy_1024x768






さらにさらに上にも鳥居が
20240217_141920_copy_1024x76820240217_141808_copy_1024x768






ここの注連縄も尻尾付きだ
20240217_141355_copy_1024x76820240217_141410_copy_1024x768






この鳥居の前の狛犬はかなり変わってますね

中国風の狛犬?
20240217_141417_copy_1024x76820240217_141424_copy_1024x768






まだ先に階段が続きます

途中まで行ってもゴールが見えないので諦めて引き返しました
20240217_141521_copy_1024x768






後で調べたら往復1時間くらいかかるようです
(引き返して良かった!!)
20240219_105606_copy_768x1024








でも岩の間に社殿のある

かなり神秘的な神社のようです

お時間がある方は是非行ってみてください


自分では行けない場所は

他人のチャンネルでタビトレだ!(笑)



長崎ランタンフェスティバルと九十九島ツアー1日目♪

JR利用で長崎ランタンフェスティバルへ

お客様は16組33名様

長崎ランタンフェスティバルはこのツアー以来

カフェ・トレインで行く島原天草ツアー1日目♪

(2020年2月2日)

日本のコロナ禍前夜って時代やね

まだコロナじゃなくて“新型肺炎”って呼んでいた頃です

博多駅で山陽新幹線から在来線の“リレーかもめ”に乗換えます

博多駅の乗り換え改札は2ヶ所

“中央のりかえ改札”“北のりかえ改札”

団体は恐らく15か16号車なので北のりかえ改札が近いのですが

ホームに上がる際にエスカレーターがないので

中央のりかえ改札を利用することをおススメします

武雄温泉駅で西九州新幹線かもめに乗換え

同じホーム上で在来線から新幹線へ移動できる

“対面乗り換え”をはじめて体験しました

体験ゆーても向かいで待機してる新幹線に乗り移るだけなんですけどね


はじめて乗る西九州新幹線

荷物置き場があるのが嬉しいですね
20240216_115823_copy_1024x76820240216_115920_copy_1024x768






長崎駅に着いたらホテルへ直行

今回お世話になるのは

ホテルの目の前が水辺の森公園で裏がオランダ坂

南山手地区へも中華街へも徒歩圏内の便利な立地にある

ホテルニュータンダ
20240216_130626_copy_1024x76820240216_153634_copy_1024x768






時間がまだ早いのでロビーに荷物を預けたら

明日の朝までフリータイム!!

添乗員の出番ないやつです・・・・・・・・

まずはランタンフェスティバルの会場を巡回
20240216_131400_copy_1024x76820240216_131825_copy_1024x768






20240216_131350_copy_1024x76820240216_132619_copy_1024x768






お昼は夢彩都の近くにある“三角亭”って中華料理店へ

お店の方が客席に座ってテレビみてる系の典型的な町中華(笑)
20240216_140549_copy_1024x76820240216_140506_copy_1024x768






ちゃんぽんと半チャーハンのセットは(900円)
Gallery_1708058901163_copy_1410x105720240216_135315_copy_1024x768






てか単品安すぎるやろ・・・・
20240216_134757_copy_1024x768






ちゃんぽんも炒飯もこれぞ町中華!

って感じで安定の旨さでした♪

駅まで戻ってきました

今後の添乗員さん用にバス乗車場所への導線撮影
20240216_142837_copy_1024x76820240216_142717_copy_1024x768






西口(いなさ口)から出たら出島メッセという建物があるので

横断歩道を渡ったら左手にバスが見えているはず

動画で見るとこんな感じ↓


もう少し行動範囲を広げた動画はこちら↓


さて、夜のランタンフェスティバルです

まずは“新地中華街会場”

中華街会場ゆーても中華街の通りはイベント会場ではなく

中華街の端にある“湊公園”がイベント会場です

ランタンの装飾はここが一番賑やか

屋台も出ています

ランタンフェスティバルのメイン会場
20240216_194946_copy_1024x76820240216_195047_copy_1024x768






20240216_195116_copy_1024x76820240216_212620_copy_1024x768






20240216_195123_copy_1024x76820240216_212648_copy_1024x768






中華街を歩きましょう

初めて来た方は驚くと思います

え、ここだけ?って(笑)

横浜や神戸の中華街はいったん頭から消去しましょう
20240216_195705_copy_1024x76820240216_195438_copy_1024x768






こちらは“浜んまち会場”

アーケード街です夕食を食べるお店はそれほど多くありません

そして早く閉まります・・・
20240216_202841_copy_1024x76820240216_202944_copy_1024x768






20240216_203044_copy_1024x768






中島川に架かるめがね橋が幻想的な

“中島川公園会場”
20240216_204048_copy_1024x76820240216_203647_copy_1024x768






こちらは“中央公園会場”

湊公園と同規模のイベントが行われる大きな会場です
(公園自体は港公園より大きいです)

こちらも屋台やイベントステージがあります

巨大なランタンが圧巻です
20240216_205426_copy_1024x76820240216_205323_copy_1024x768






湊公園より解放感があっていいですね
(湊公園は圧迫感がすごい)
20240216_205256_copy_1024x76820240216_205528_copy_1024x768






ちなみに湊公園にも中央公園にも公衆トイレがあります

他にも“興福寺・唐人屋敷・孔子廟”なども会場ですが

今回は割愛させて頂きますm(__)m

さて、今夜の晩御飯は?

どこも満席とか営業時間外のお店ばかりのなので

空いてたお店に入りました

それがこちら

海鮮市場・長崎港
20240216_202349_copy_1024x768






メニューはこんな感じ

定食はリーズナブルですが

どんぶりは結構いいお値段します
20240216_200226_copy_1500x2000








今回は海鮮丼(2475円)を頂きました

海鮮丼なのにあつあつの白ご飯

私としては冷ました酢飯をイメージしていたんですが・・・

せめてぬるい白ご飯ならマシですが

なんでアツアツなんかな・・・

早く食べないとネタが生臭くなるやん
(回転をよくするためか?)
20240216_200552_copy_1024x76820240216_200557_copy_1024x768






ネタも全然美味しくなかったし

恐らく観光客相手でリピーターとかいらんのでしょうね

かなりコスパの悪い夜ご飯となりました・・・(涙)

これなら箱根湯本の天成園の朝食バイキングの方が美味しいわ!!


あ、明日の皇帝パレードは

福山雅治さんと仲里依紗さんが来られるようです
(おかげで新幹線めちゃ混みでしたわ!)

福山雅治といえば思案橋ラーメン

やっぱりこの日も混んでた
20240216_211317_copy_1024x768








【鹿児島グルメ】とんかつの名店 “とんかつ川久”って知ってる?

今回の南九州ツアーの最終日

昼食は新幹線に乗る前に鹿児島中央駅で完全自由昼食でした

鹿児島中央駅ってそんなに利用する頻度は少ないので

お店とかあんまり知らないのですが

前に日本縦断ツアーから帰る際

行列ができていたとんかつ屋があったんですよね

お店の名前は

とんかつ川久

グルメ系添乗員、後輩のよねちゃんによると

とんかつの名店100選にも選ばれているらしい
(後から教えてもらいました)

日本縦断ツアー5日目♪

(2022年3月13日)

前回はこんな感じでめっちゃ並んでた
4d703e85






ダメ元で向かったんですが

連休初日の土曜日にしては空いてるやん♪
20240106_122209_copy_1024x768






待ち時間も10分ほどと言われたので待ってみました

店内の発券機で整理券を出すんですが

QRコードで順番が分かるのがいいですね
20240106_122504_copy_1024x768






待っている間に何食べるか考えよ

実はあんまりお腹は空いてないんですよね・・・
(ホテル翔月のご飯が美味しくて食べすぎた)
20240106_122655_copy_1024x76820240106_123627_copy_2000x1500






豚骨・生姜焼き・とんかつ(ロース)が一度で楽しめる

特製川久丼(1200円)
と迷いましたが

豚骨があまり好きではないので

“ヒレカツ定食(1200円)”をオーダー

ちなみに同じ120gでも

“黒豚ヒレカツ定食”は2300円

“上黒豚ヒレカツ”は200gで3000円です


オーダーを聞く際にお店の方が

「黒豚じゃないですけどいいですか?」

「レアな状態で出すのでお肉の中心がピンク色ですけど気になりませんか?」

って確認してくれます

レアなお肉が気になる方は注文の際にその旨を伝えましょう


こちらが並のひれかつ定食

ひと口サイズのカットがいいですね

味は普通に美味しかったです
(中は思ったほどレアじゃなかった)

キャベツの量が多すぎて

食べきるのに時間がかかりました(笑)
Gallery_1704515608265_copy_1024x76820240106_125756_copy_1024x768






3種類のソースが卓上に置かれているんですが

しょうゆダレがめちゃ美味しかった!!
(売って欲しいレベル)
20240106_125917_copy_1024x76820240106_125907_copy_1024x768






行ってすんなり入れるお店ではないと思いますが

皆さんも鹿児島中央駅でランチの際に利用してみては?

新春!南九州ハイライト3日間ツアー♪

2024年1本目のツアーはコチラ

1月4日出発の

新春!あったか霧島・指宿温泉に泊まる
南九州ハイライト3日間


JR利用の南九州3日間です

お客様は20組41名様

24名だった男鹿とはえらい違いだな・・・


混雑を予想して早めに新大阪駅に着いたんですが

他社さんは1本も出てなかった・・・
(みんなもっと早くに出発したのか?)
20240104_084634_copy_1024x768






ちなみにコチラは前日の新大阪駅の様子

20240103_102923_copy_1024x76820240103_102454_copy_1024x768






りくろーおじさんの行列がえらいとこまで伸びてた・・・
20240103_102420_copy_1024x768







さて、我々の新幹線は

新大阪駅9:54発のみずほ607号

鹿児島中央駅には13:43着なので

昼食は新幹線車内で自由昼食

今回も日程表には何も記載されてなかったね

2024年も日程表の不親切さは変わらないようです・・・


さて、新大阪駅では昨年の12月13日

新幹線南改札横に“駅弁にぎわい”がオープン
(新幹線中央改札側にも同じお店あり)

姫路の駅弁屋、まねきの人気駅弁

“おかめ弁当”も取り扱っています
20231214_105453_copy_1024x76820240104_084218_copy_1024x768






添乗員さんは同じくまねきさんの

“あなごあいのせ重(1380円)”を買ってみました

ちょっと小ぶりのお弁当ですが味は良かったです
20240104_121444_copy_1024x768






鹿児島中央駅から最初に向かったのは“仙厳園”

大きな門松が飾られていました

仙厳園は年中無休なんだそうです

滞在中、団体は我々だけでした・・・
20240104_145125_copy_1024x76820240104_152655_copy_1024x768






それにしてもめちゃいい天気

上着もいらないほどの陽気でした
20240104_145807_copy_1024x76820240104_145910_copy_1024x768






本日の観光は以上で終了(笑)

はい、このあと霧島温泉へ向かいます

お宿は毎度お馴染み“ホテル霧島キャッスル”

なんか最近、同じようなコースが多いな・・・
20240104_171724_copy_1024x76820240104_195123_copy_1024x768






そして毎回、バイキングで同じもの食べてる・・・


===2日目===


さすがに霧島の朝は寒い!

持ってきたダウンがここだけ大活躍でした
20240105_071750_copy_1024x768






最初に向かったのはニニギを祀る“霧島神宮”

お正月は参拝ルートが指定されているようですが

我々が行った1月5日は特に規制もなく

通常通りの参拝ができました
20240105_081720_copy_1500x2000








ホテルからは20分ほどで到着ですが

元旦に行ったツアーは1時間かかったみたい

「横7列でお並び下さい」

ってくらいですから

かなり混んだんでしょうね・・・
20240105_082034_copy_1024x76820240105_082357_copy_1024x768






20240105_082730_copy_1024x76820240105_083504_copy_1024x768






復路のルート沿いには屋台がたくさん出ていました

屋台が出ている期間は参拝ルートを規制してもらわないと

商売になりまへんな・・・
20240105_084231_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


お次は桜島へ

“有村溶岩展望所”

今日も快晴で気持ちのいい陽気ですが

灰が舞って目はゴロゴロ

口の中はジャリジャリ・・・
20240105_102343_copy_1024x76820240105_104057_copy_1024x768






お昼は“桜島物産館”

お客様のメニューはお鍋が増えていましたね

添乗員さんは今回もマグマカレー(笑)
20240105_110536_copy_1024x76820240105_112019_copy_1024x768






本日最後の観光は“長崎鼻”

にしきやの看板犬“オレオ”

いつ行っても社長にベッタリやな
(全然懐いてくれない・・・)
20240105_154727_copy_1024x76820240105_155157_copy_1024x768






今夜のお宿は“指宿フェニックスホテル”

ではなく“ホテル翔月”
(旧コーラルビーチホテル)

ちょうど1年前にもお世話になっているホテルです

パノラマ南九州ツアー・1日目♪

(2023年1月16日)
20240105_170029_copy_1024x76820240105_174304_copy_1024x768_1






20240105_172237_copy_1024x768






前回も夕食が美味しかったと書いていましたが

今回もやっぱり美味しかった〜

なんでもホテルの歴史は大正時代創業の割烹旅館から始まったらしく

料理にはかなり拘りを持っているんだとか

有田焼に盛られた料理はどれも美味でした
20240105_194153_copy_1024x76820240105_194210_copy_1024x768






きゅうりの漬物にちょこっと細切り昆布を乗せるあたりも粋ですよね

ご飯はセイロで蒸された赤飯

ツアーでここまでやってくれるホテルはなかなかないです
20240105_194418_copy_1024x76820240105_194924_copy_1024x768






夕食時には会長の挨拶までありましたね

最近ではこんな光景はめったに見れなくなりました
IMG_20240105_185634_copy_1024x768






ここまで料理に拘っているのに

なんでお品書きがないんやろ・・・


===3日目===


ホテル翔月の朝食はセットメニュー
20240106_072141_copy_1024x768






卓上での鉄板で焼き直す焼き魚

卓上の窯で炊く白米
20240106_072227_copy_1024x76820240106_074055_copy_1024x768






昨晩に引き続き、朝食もめちゃ美味しかったです♪

出発前に局地的に大雨が降りましたが

出発前にはタイミング良く止んでくれました
Gallery_1704526586631_copy_800x584






3日目は“池田湖”からスタート

湖畔の菜の花が見頃を迎えていました
20240106_090912_copy_1024x76820240106_090831_copy_1024x768






このあと鹿児島市内へ戻り

今回のツアー最後の観光地“城山展望台”

市内も場所によっては雨が降っていそうな不安定な天気でしたが

結局3日間、傘を使わずに過ごせました
20240106_112807_copy_1024x76820240106_112924_copy_1024x768






今日は3連休初日の土曜日

鹿児島中央駅もさすがにすごい人です
20240106_133941_copy_1024x768






今回のツアーは珍しく駅で自由昼食

改札口から近い所だと

同じフロアにある“ぐるめ横丁”が便利
20240104_142353_copy_2000x1500






あとはアミュプラザの5階の“アミュダイニング”

地下1階(アミュチカ)の“味の小径”

・ざぼんラーメン
・こむらさき
・むじゃき


など鹿児島でも人気のお店が集まっています
20240104_140844_copy_1500x2000








あとは“Li-Ka(ライカ)1920”の1階にある

“Li-Kaフードテラス”も飲食店が多いですね
(ちょっと若者向き)
20240106_131907_copy_1024x76820240106_131858_copy_2000x1500






20240106_131929_copy_1024x76820240106_131948_copy_1024x768






この中に入っているパン屋のベーグルが美味しかったです♪
20240106_132254_copy_1024x768






さてさて、これにて2024年のお正月コースは無事終了

年末年始の男鹿連泊に続き

今回も何の不安要素のない穏やかな3日間なのでした

秋彩の指宿・霧島3日間ツアー♪

JR利用で南九州へ

お客様は15組34名様

北九州ループを抜けたと思ったら

今度は南九州だ(笑)

【1日目】

九州新幹線利用で一気に鹿児島中央へ

お昼は完全自由昼食

添乗員さんの今日のランチは

炭火焼肉たむらの

特製牛カルビ弁当(1150円)

これ、前から気になってたんですよねー

お肉はパッサパサなんですが

味付けは意外とあっさり目

車内で食べることを考慮してか

匂いもそんなにキツないのがいい

「ちゃ〜」と刻印された玉子焼きもフワフワで美味しかったです

改札内のベルマートキヨスクで買ったんですが

レジで温めてくれるのも嬉しい♪
20231203_094043_copy_1024x76820231203_114142_copy_1024x768






今度は隣にあった特製トンテキ弁当やな
20231203_094050_copy_1024x768






本日の観光は

アリヨシ(屋久杉工芸店)→池田湖→西大山駅
20231203_154504_copy_1024x76820231203_162537_copy_1024x768






ホテルは毎度おなじみの

指宿フェニックスホテル

初日は8月に行ったこのコースと全く同じでした

まるごと鹿児島ぐるり大周遊ツアー1日目♪

(2023年8月21日)

今回の添乗員さんの部屋はコチラ

フェニックスホテルにこんな部屋あったんやね
20231203_171037_copy_1024x76820231203_171054_copy_1024x768






前回はこんな部屋でした↓



【2日目】

まずはお約束の“長崎鼻”
20231204_090727_copy_1024x768






お次は“枕崎おさかなセンター”

2月20日まで外観工事中のようです
20231204_102554_copy_1024x76820231204_102459_copy_1024x768






このあと知覧で観光&オプション昼食
20231204_124423_copy_1024x76820231204_124441_copy_1024x768






添乗員・乗務員メニューは日替わりなんですが

今回は天丼でした
Gallery_1701680874703_copy_1024x768







午後は“曾木の滝”

はじめて来る場所ですが

鹿児島では紅葉の名所として知られているようです

12月1日から1月31日までは

イルミネーションのイベントも開催
20231204_155239_copy_1024x76820231204_153512_copy_1024x768






なかなか立派な観光地ですやん

なんで今までコースに入ってなかったんだろ
20231204_153427_copy_1024x76820231204_153452_copy_1024x768






2泊目のお宿は

こちらも8月と同様

ホテル霧島キャッスルホテル

今回もひたすらポン酢で和牛を暴れ食いしたのでした・・・
20231204_171607_copy_1024x76820231204_194910_copy_1024x768






2泊とも前に泊まったホテルだから

自分のチャンネルでタビトレできるのが嬉しい♪



【3日目】

冷たい雨の降る中“霧島神宮”

久々にがっつり本降りの雨です・・・
20231205_080927_copy_1024x76820231205_081603_copy_1024x768






境内ではお正月の準備が始まっていました
20231205_082711_copy_1024x76820231205_082654_copy_1024x768






お次は“霧島アートの森”

なかなかレアな観光地が入ってますね
(私は2度目)
20231205_100414_copy_1024x76820231205_094754_copy_1024x768






ここは紅葉と現代アートが楽しめる美術館

紅葉はまだなんとか残ってくれていたんですが

とにかく雨が酷かった・・・
20231205_094439_copy_1024x76820231205_094632_copy_1024x768






しかもこの日は屋内展示が入替作業のため見学できず

30分ほどあれば十分って感じでした


このあと福山酢の“桷志田(かくいだ)”でお買い物

そのあと桜島の“有村溶岩展望所”で桜島を眺望し

桜島物産館で昼食です

お客様の昼食はいつもの“さつまご膳”

すぐ食べ終わります・・・
20231205_121612_copy_1024x76820231205_124147_copy_1024x768






添乗員さんもいつもの“マグマカレー”

これ、地味に美味しくて好きです(笑)
20231205_125103_copy_1024x768






このあと桜島フェリーで鹿児島港へ渡り

最後の観光地は“仙厳園”

この頃には雨も止んでくれました
20231205_142402_copy_1024x76820231205_144028_copy_1024x768






てか仙厳園って意外と紅葉綺麗やん

秋彩のってツアータイトルだったので

最後に綺麗な紅葉が見れて良かったです
20231205_143142_copy_1024x76820231205_143339_copy_1024x768






20231205_143321_copy_1024x76820231205_143551_copy_1024x768






20231205_143957_copy_1024x76820231205_143714_copy_1024x768






あ、仙厳園の入場ゲート

10月から新しいシステムに変わったそうです

QRコード付きのチケットに変わったんですが

これがレシートみたいにペラペラなんですよね・・・

お客様に配布の際はご注意ください
20231205_140017_copy_1024x768








これにて3日間の観光はすべて終了

鹿児島中央駅から新幹線で帰ります

鹿児島中央駅ではクリスマスマーケットの準備が行われていました
20231205_154206_copy_1024x76820231205_154415_copy_1024x768






帰りの新幹線はみずほ608号

17時04分発で

新大阪には20時50分到着なので

夕食は駅構内で購入してもらいました

鹿児島中央駅でお弁当を買うならアミュ地下がおすすめ

今回は私が買ったのは

吉祥庵の“甘酢弁当(788円)”
20231205_155851_copy_1024x76820231205_184018_copy_1024x768






疲れたカラダにお酢の酸味が染み渡ります

てかなんで冷えてもこんなにお肉が柔らかいんだろ

このお弁当、めっちゃ美味しかったです!!


買ってから思い出したけど

前回もここでチキン南蛮(単品)買ったんだったわ!

ちなみにチキン南蛮のお味は普通でした・・・

別府・臼杵・八幡浜周遊ツアー2日目♪

ツアー2日目は“臼杵石仏”からスタート

先月はじめて来たとこなのに

まさかこんなに早く再び訪れることになるとは!

動画作っといて良かった


臼杵石仏では紅葉が見頃を迎えていました
20231127_093900_copy_1024x76820231127_095104_copy_1024x768






臼杵石仏は紅葉スポットでもあるようですよ
20231127_093949_copy_1024x76820231127_094941_copy_1024x768






このあと“臼杵みなと市場”

先日のベテランガイド

ayaちゃんでも行ったことないくらいマニアックな施設です・・・
(今回の大分県のドライバーさんでも初めてって言ってた)

今回はここでお買い物と早めの自由昼食
20231127_110735_copy_1024x76820231127_103045_copy_1024x768






こちらがオプションのとり天定食(1600円)
Gallery_1701059038822_copy_1024x768






お店が団体慣れしておらず

この人数でもてんやわんや

添乗員の昼食を頼んでる余裕はなかったわ・・・


昨日からお世話になっている大分バスさんとは

このあとの港でお別れです

初日にマイクで“大分交通”って案内してゴメンナサイ

大分交通は別の会社でしたm(__)m
20231127_115554_copy_1024x76820231127_115521_copy_1024x768






午後は宇和島運輸フェリーに乗って

愛媛県の八幡浜へ

昨年の航路は八幡浜港→別府港でしたが

今年は臼杵港→八幡浜港

12:40出航で15:00到着です
20231127_120951_copy_1024x76820231127_120929_copy_1024x768






ターミナル内には売店と軽食コーナーがありました
20231127_120749_copy_1024x76820231127_120804_copy_1024x768






乗船券は添乗員が一括で一枚

2等客室に団体枠でスペースが確保されていますが

出航後は空いている席は使ってOKです
(特等・1等以外)
20231127_120736_copy_1024x76820231127_123149_copy_1024x768






今回の船は“あけぼの丸”

昨年の新造船“れいめい丸”とほぼ同じタイプの船

めちゃ綺麗で快適でした
20231127_123207_copy_1024x76820231127_123247_copy_1024x768






20231127_123503_copy_1024x76820231127_140103_copy_1024x768






船も出航し落ち着いたので

ようやくランチタイム

ちゃっかり乗船前に港でとり天弁当を買ったのです

このボリュームで650円はコスパ良すぎ!
(とり天、はみ出してるし・・・)
Gallery_1701057641084_copy_1024x768






臼杵港からあけぼぼ丸の船内までの動画はコチラ


さて、いよいよ八幡浜港に入港です

臼杵港は昇降機などがなく足の弱い方は大変でしたが

八幡浜港はスロープで降りれるので便利です
20231127_144652_copy_1024x76820231127_144931_copy_1024x768






イメージとしてはこれの逆↓


八幡浜港では地元の八幡浜高校商業科の高校生と

八幡浜市役所の方がお出迎えをしてくれました
20231127_145734_copy_1024x76820231127_145758_copy_1024x768






しかも我々のツアーのために

手作りのみどころマップまで作って来てくれたそうです

八幡浜高校商業科の皆さん、ありがとうございました!
20231129_143938_copy_1024x76820231129_143943_copy_1024x768






港に着いたらジャンボタクシーでみかん畑の丘へ
20231127_151144_copy_1024x76820231127_151306_copy_1024x768






観光バスでは絶対に見れない

担当者こだわりの絶景を満喫しました
20231127_152351_copy_1024x76820231127_152051_copy_1024x768






このあと市内のホテルへ

昨年同様に分宿です

こちらは“ハーバープラザホテル”
20231127_154338_copy_1024x768






こちらは“センチュリーホテルイトー”

添乗員さんはこちらに宿泊です
20231127_160946_copy_1024x76820231127_155232_copy_1024x768






夕食は地モノ海鮮御膳

骨なしの技あり鱧の天ぷらが特に美味でした
20231127_185735_copy_1024x768_120231127_190447_copy_1024x768






締めはもちろん南予風の鯛めしです
20231127_190248_copy_1024x768_1






食後の散歩に近くのアーケードを歩いてみましたが

相変わらず人が全然歩いてなかった・・・
20231127_194408_copy_1024x76820231127_194424_copy_1024x768






でも地方の商店街っていいですよね

無性に知らない町を旅してみたくなります

別府・臼杵・八幡浜周遊ツアー1日目♪

昨年ご好評を頂いた
(と聞いております)

1つのツアーで四国と九州をめぐる

伊予八幡浜ツアーがバージョンアップして帰ってきました!

お客様は11組20名様

コースは昨年と逆まわりで

九州から入って四国へ抜けます

てことで往路は大分便

伊丹空港に6時05分スタンバイですわ・・・

綺麗なうろこ雲が広がる伊丹空港を出発し大分へ
20231126_072331_copy_1024x76820231126_073626_copy_1024x768






本日最初の観光地は“湯布院”

なんか毎週来てるな・・・・・・
20231126_115030_copy_1024x76820231126_115212_copy_1024x768






日曜日&お昼時ということで

湯の坪街道もご覧の通りの混雑
20231126_114932_copy_1024x768






金鱗湖周辺の紅葉はまだ残っていました
20231126_120254_copy_1024x76820231126_120401_copy_1024x768






20231126_120504_copy_1024x76820231126_120811_copy_1024x768






今日は湯布院で自由昼食

添乗員さんは前にも利用したことがある

“こうき”地鶏そば(1450円)を食べました

味はいいんですがお値段がちょっとね・・・
20231126_113645_copy_1024x76820231126_112157_copy_1024x768






まぁかけそばで1200円だから仕方ないか

湯布院は物価が高いです・・・
20231126_113204_copy_1600x1200






このあと別府鉄輪温泉へ

ホテルは昨年同様“ホテル風月”

湯快リゾートPremiumとして生まれ変わった新生風月さんです
20231126_154457_copy_1024x76820231126_154542_copy_1024x768






20231126_151403_copy_1024x76820231126_161531_copy_1024x768






到着時刻がチェックイン前だったんですが

ホテル側に預かるスペースがないということで

添乗員さんが荷物番ですわ(泣)
20231126_134554_copy_1024x768






夕食はバイキング

野菜不足なチョイスですが

赤いかの天ぷらとコハダの握りがめちゃ美味しかったです
20231126_200035_copy_1024x768Gallery_1701059234585_copy_1024x768






こちらのホテルではお寿司は“赤シャリ”

これ、赤酢を使ったシャリだそうです
(初めてたべた)
20231126_195803_copy_1024x76820231126_195821_copy_1024x768






間隔を開けて並べると

なんだか高級感が増すのは気のせい?

なかなか上手い演出だな〜と感心してしまいました
20231126_201542_copy_1024x76820231126_201536_copy_1024x768






さすが湯快リゾートPremiumだ(笑)

九年庵と九州紅葉大周遊ツアー3日目♪

ツアー3日目

朝食のベーコンエッグまで

前泊地と被っとるやないかい!!(笑)
20231121_080926_copy_1024x768_120231121_075305_copy_1024x768






3日目最初の観光地は“九重夢大吊橋”

あさイチで行ったので空いていました

紅葉は入口付近が綺麗だったくらいかな?

左下の写真をクリックしたらショート動画が見れます

20231121_085408_copy_1024x76820231121_090423_copy_1024x768






お次は“湯布院”

なんか最近、やたら湯布院に来てるな・・・

お昼時なので駐車場の旬彩浪漫も満車でした
20231121_113042_copy_1024x768






本日はこちらで自由昼食

添乗員さんは乗務員さんと一緒にジョイフルに向かったんですが

手前の“田舎庵”に席が空いていたのでこちらに入店
20231121_113734_copy_1024x768






添乗員さんはごぼう天そば+鶏めしにぎり

ドライバーさんはごぼう天うどん+海老天トッピング
20231121_114829_copy_1024x76820231121_114840_copy_1024x768






午後は“深耶馬渓”

一目八景展望台からの景色が有名ですが

紅葉はいまひとつって感じ・・・

左下の写真をクリックするとショート動画が見れます

20231121_135050_copy_1024x76820231121_140157_copy_1024x768






展望台より駐車場付近の方が綺麗でした
20231121_141221_copy_1024x76820231121_141329_copy_1024x768






お次は“青の洞門”

入口横のイチョウがめちゃくちゃ綺麗!!
20231121_144912_copy_1024x76820231121_145450_copy_1024x768






団体が重なってバス駐車場はめっちゃ賑わっていました
20231121_150738_copy_1024x768






青の洞門は駐車場から往復する場合もあるようですが

降車場所で降りて駐車場まで歩くほうがスムーズだと思います

動画で見るとこんな感じ↓


これにて3日間の観光は全て終了

帰りは小倉駅から新幹線で帰ります

さて、最後になりましたが


実は今回、ドライバーさんもガイドさんも

めっちゃ懐かし顔ぶれでした

まさか生きている間に

再びこの3人で乗る日が来るとは!!

って感じ(笑)

普段は自由昼食で乗務員さんと一緒にご飯とか食べない人なんですが
(人見知りなので)

今回は3日間とも朝昼晩

毎食一緒に食べました(笑)

20231119_191222_copy_1024x768







バスガイドさんはめっちゃ昔に

すごい5年生!

(2006年4月1日)

って記事で紹介したあのayaちゃんです

あれから17年も経つというのに

地図に書く絵にまったく手抜きが感じられなかったです
20231119_113436_copy_1500x2000








このモチベーションはどこから来るんやろ?
20231119_113320_copy_1024x76820231119_113317_copy_1024x768






すごい22年生だ!!(笑)

九年庵と九州紅葉大周遊ツアー2日目♪

ツアー2日目

今日もいい天気に恵まれそうです

あ、亀山亭ホテルは三隅川沿いに建っているため

部屋からの眺望はめちゃくちゃいいのです
20231120_074817_copy_1024x76820231120_065836_copy_1024x768






2日目最初の観光地は“秋月城址”

はじめて行く観光地です

駐車場にバスを止め野鳥橋を渡り

杉の馬場と呼ばれる桜並木を歩きます
20231120_094938_copy_1024x76820231120_092009_copy_1024x768






途中、左手に“瓦坂”“長屋門”などの見どころがあります
20231120_092320_copy_1024x76820231120_092614_copy_1024x768






目指すは秋月の紅葉スポットでは一番人気の“黒門”

確かに紅葉はこのあたりが一番綺麗でした
20231120_094347_copy_1024x76820231120_093416_copy_1024x768






黒門は“垂裕(すいよう)神社”の参道に立っており

階段を上がると神社に行けます
(無人の神社です)
20231120_093620_copy_1024x76820231120_093836_copy_1024x768






ここまで行って折り返し

って感じで所要時間は50分ほどで丁度良かったです

駐車場から垂裕神社まではこんな感じ↓


このあと熊本城へ

所要時間は1時間半しか取ってないのに

本日はこちらで自由昼食

日程表通りに従うと

秋月城址は散策だけで1時間10分

熊本城は自由見学&自由昼食で1時間30分

気は確かなのか・・・・・・・・・


熊本城の駐車場横にある商業施設

桜の馬場・城彩苑(じょうさいえん)

そもそも飲食店が少ないし

どこも混んでるんですよね
20231120_121635_copy_2000x1500






てことで乗務員さんと一緒に“熊本医療センター”
20231120_131300_copy_1024x76820231120_130240_copy_1024x768






こちらの病院内にはローソン、ドトール

さらに7階にレストランが入っているのです

とドライバーさんに教えてもらいました(笑)
20231120_130725_copy_768x102420231120_123725_copy_1024x1365








せっかくなので一番高いメニューをオーダー

牛カルビ定食(860円)
20231120_124148_copy_1024x768






味はイマイチやった・・・
(病院のレストランなのに味濃すぎ!)

あ、病院内はレストランのみの利用でも

マスク着用なのでご注意ください!!



午後は“菊池渓谷”

熊本城も菊池渓谷も2週連続・・・
20231120_151323_copy_1024x76820231120_152022_copy_1024x768






このあと“大観峰”

あ、ここも先週来たな(笑)

先週はあさイチで雲海が見れましたが

この日は夕日に染まる黄金色の大観峰です
20231120_162713_copy_1024x76820231120_162700_copy_1024x768






さて、そろそろホテルへ向かいたいところですが

今回のコースはバスコース並みに盛りだくさんな内容でして

ホテルまであと30分って場所にある

“瀬の本レストハウス”で立ち寄り休憩が入っているのです

なんとか日が落ちる前に入店できて良かった

綺麗な夕日を眺めたらホテルへ向かいましょう
20231120_165908_copy_1024x76820231120_171008_copy_1024x768






今夜は珍しく筋湯温泉止まり

筋湯と言ってもエンジェル君のお宿ではなく

ホテルは初めて泊まるホテル

“名水の宿 宝珠屋”

なんとも昭和ムードの漂うお宿でございます
20231120_182323_copy_1024x76820231120_182259_copy_1024x768






20231120_182337_copy_1024x76820231120_194240_copy_1024x768






正直、建物は古いですが

お風呂は色々入れて良かったです

道路向かいの湯小屋には

4つの趣の異なるお風呂が並んでいます
(一番奥の立湯だけは女性専用)

21時までは有料の貸切風呂なんですが

21時以降は無料開放♪
20231120_190420_copy_1024x76820231120_190359_copy_1024x768






さらに館内の地下1階には混浴の露天風呂があり

さらに温泉街にある公共の“うたせ湯”にも無料で入れます

ホテルからは5分ほど歩くので

夜はあまりオススメできません・・・
(夜22時まで/翌朝6時から)

ホテルからのうたせ湯までの行き方はコチラ↓

夕食はこんな感じ

なんか昨日と代り映えせんな・・・
Gallery_1700481563310_copy_1024x768






お部屋はこんな感じ

後輩のひょうた曰く

唯一の洋室だそうです
20231120_174933_copy_1024x768






室内もなんとも昭和ですな

現役の有料放送とか今時ないやろ!!!
20231120_174940_copy_1024x76820231120_174945_copy_1024x768






そして部屋の角に不自然に飾られた絵画

めっちゃ違和感あるんですけど・・・
20231120_194836_copy_1024x768







九年庵と九州紅葉大周遊ツアー1日目♪

今回もJR利用で九州へ

ツアータイトルは

九年庵特別公開とたっぷり九州紅葉大周遊3日間

でたっ九年庵!!

一年で九日間だけ公開される

九州屈指の紅葉の名所です

仕事で行くのは2回目

このツアー以来・・・

「九年庵」と九州紅葉八景ツアー3日目【前半】

(2010年11月19日)

ちょうど13年前やね

日曜日でめちゃ不安ですが

お客様は11組23名様

お客様が少ないのが救いです

博多駅で新幹線を降りたら

基山PAで自由昼食

出発していきなり自由昼食って

なんか拍子抜けする・・・
20231119_120149_copy_1024x76820231119_114040_copy_1024x768






基山はフードコートが充実しているし

外にローソンやドトールがあるので安心

添乗員さんは“煮卵ラーメン炒飯セット(1030円)”を頂きました
20231119_114138_copy_1024x76820231119_114523_copy_1024x768






本日最初の観光地は“九年庵”

以前は支払いは九年庵の入口でしたが

今は本部で支払いになっていました

以前と同じく配らないのにお客様人数分の整理券をまとめてもらい
(クリアケースに入っています)

パンフレットのみ配布
20231119_132712_copy_1024x76820231119_124827_copy_1024x768






この日は待ち時間なしだったので

パンフレットを配ったら一緒に九年庵の入口まで移動します

途中、屋台などの誘惑に負けないように付いてきてもらいましょう

入口で整理券が入ったクリアケースをスタッフに渡します
20231119_125722_copy_1024x768






このあとは各自散策

ゆーてもところてん方式なのでどんどん奥へ追いやられる感じです
20231119_125840_copy_1024x76820231119_125934_copy_1024x768






同じ場所には戻ってこないので

いい場所があればその都度写真を撮りながら進みましょう
20231119_130652_copy_1024x76820231119_130757_copy_1024x768






九年庵を出た左側のモミジのトンネル

今年もここが一番綺麗でした
20231119_131127_copy_1024x76820231119_131200_copy_1024x768






時間があれば仁比山(にいやま)神社の境内を経由して帰りましょう

紅葉の色づきは九年庵よりこっちの方が綺麗だったかも
20231119_132136_copy_1024x76820231119_132207_copy_1024x768






帰りは観光バス待合所あたりで再集合

白いテントが目印です

九年庵は行きと帰りの人の流れが交差しないような導線になっています

テントの近くでは猿回しもやっていました
20231119_134924_copy_1024x76820231119_134912_copy_1024x768






全員揃ったらバスを呼びます

ここまでの流れはコチラ↓


お次は“環境芸術の森”

はじめて行く観光地です

京都でいうところの瑠璃光院みたいな感じかな
20231119_153237_copy_1024x76820231119_153002_copy_1024x768






漆のテーブルに反射する紅葉が映える!

と人気のスポットだそうです
(最近似たような観光地が多いですよね)

テーブルは“風遊(ふゆう)山荘”という建物の中

靴を脱いで上がります

団体が重なるとちょっと待ち時間が出ますが

瑠璃光院の比じゃないわ・・・(笑)
20231119_150119_copy_1024x768






混んでいる場合は先に散策コースを歩きましょう

15分のショートコース

30分のロングコースの2コースあります
20231119_151019_copy_1024x76820231119_150952_copy_1024x768






こちらが山荘内

漆のテーブルは2つあります
(思ってたより小さい・・・)

カメラに不慣れな人がもたもたしないよう

撮影を補助してくれるスタッフがいるのが親切です
(佐賀県の人はみんな親切!)
20231119_151659_copy_1024x76820231119_152150_copy_1024x768






こんな感じの写真が撮れます♪
20231119_152015_copy_1024x76820231119_152008_copy_1024x768






バスの乗降パターンはその時の状況により異なるので

この動画を参考にして下さい↓


このあと山田SAで休憩を挟み

今夜のお宿は初めて泊まる日田温泉

“亀山(きざん)亭ホテル”です
20231119_175521_copy_1024x76820231119_181135_copy_1024x768






建物はちょっと昭和テイスト強めですが

夕食はボリューム満点で美味しかったです
(でもお風呂は小さめ・・・)
20231119_191325_copy_1024x768






あ、今回もお世話になっているのは祐徳バスさんなんですが

秋のシーズンでバスが足りず

車椅子の乗降EV搭載のちょっと特殊な車両でした
(車椅子のお客様がいるわけではないです)
20231119_113132_copy_1024x76820231119_113139_copy_1024x768






荷物が置けていいんですが

9列目の入口側の視界はこんな感じになってしまうので

席割りの際はお気をつけください・・・
20231120_075949_copy_1024x768







別府・阿蘇 秋の九州雅旅ツアー 3日目♪

ツアー3日目

最初に向かったのは“大観峰”

霜が降りる冷えた朝でしたが
20231114_083242_copy_1024x76820231114_083239_copy_1024x768






雲海に浮かぶ涅槃像(阿蘇五岳)を見ることができました

めっちゃ幻想的ですよね!!
20231114_081802_copy_1024x76820231114_081829_copy_1024x768






みるみる内に霧が晴れていったので

ほんと雲海ってタイミングなんだと痛感しました
20231114_082738_copy_1024x76820231114_082748_copy_1024x768






大観峰に着く前は綺麗に雲海に浮かぶ涅槃雙だったんですけどね

先端の展望台に着く頃にはだいぶ下界が見えてきていました


お次は“菊池渓谷”

ここも10年ぶりとかちゃうかな?

ほとんど記憶にない・・・
20231114_100050_copy_1024x76820231114_091116_copy_1024x768






協力金と呼ばれる入場料を支払い

今回は1キロコース(30分)を歩きました
20231114_094626_copy_2766x1667





紅葉はちょっと遅かったみたい
20231114_093451_copy_1024x76820231114_092258_copy_1024x768






間違えて2キロコース(1時間)に進んでしまうお客様がいるみたいなので

こちらの動画でタビトレしてから行きましょう


お昼は草千里にある“ドゥース ヌッカ”

初めて利用するお店です
20231114_114659_copy_1024x768






これまでの草千里グリーンパークやニュー草千里と

えらい雰囲気が違いますね(笑)
20231114_110937_copy_1024x76820231114_111628_copy_1024x768






メニューは“あかうしハンバーグセット”

けっこういいお値段しましたけど

ライスじゃなくてパンだけなんや・・・
20231114_111639_copy_1024x76820231114_110929_copy_1024x768






添乗員さんは別メニューでカレーライスでした(涙)
Gallery_1699929570476_copy_1024x768






午後は“熊本城”

久々に来ましたが

駐車場の事前予約&QRコード持参は変わっていないので

忘れずに会社から持っていきましょう

南口のチケット売り場のグダグダ感も相変わらずなので

イライラせずに心穏やかに対応したいものです
(自分にいい聞かせてます)
IMG_20231114_104728_copy_1280x96020231114_135358_copy_1024x768






20231114_135940_copy_1024x76820231114_140057_copy_1024x768






天守閣手前の加藤清正ゆかりの大イチョウ

もう少しで見頃になりそうですね

真っ黄色に紅葉したら見事なんやろな〜
20231114_141240_copy_1024x76820231114_141337_copy_1024x768






このあと4日間コースのお客様をホテルをお送りするために

キャナルシティ博多へ向かいます

4日間コースのお客様の宿泊先は

“キャナルシティ博多ワシントンホテル”


観光バスの乗降所からホテルまでちょっと遠いので

心配な方はこちらの動画を参考にしてください


さて、無事に4日間ツアーのお客様をホテルへ送り届け

3日間ツアーのお客様と博多駅から新幹線で帰ります
20231114_190840_copy_1024x768






なんかここ最近

気が付けば博多か日光におるな・・・

別府・阿蘇 秋の九州雅旅ツアー 2日目♪

ツアー2日目

出発まで地獄めぐりなどを各自散策なので

ホテルはゆったり10時20分出発

連添の身としてはありがたいm(__)m

最初に向かったのは阿蘇五岳が綺麗に眺められる

“瀬の本レストハウス”

本日はこちらで自由昼食です
20231113_115430_copy_1024x76820231113_115424_copy_1024x768






2階のレストランがメイン(食券制)

お値段はちょっとお高め
20231113_115803_copy_1024x76820231113_115602_copy_2000x1500






1階にはカフェがありまして

ピザなどを食べることができます

こちらもちょっとお値段はお高め
20231113_114304_copy_1024x76820231113_114254_copy_1024x768






以前、コンビニがあったスペースにコンビニはなく

イートインコーナーになっていました

パンなどを買って食べることもできます
20231113_114238_copy_1024x76820231113_114330_copy_1024x768






添乗員さんはお腹があまり空いていなかったので

カフェでピザセットにしました

添乗員価格で半額だからいいけど

これで1500円・・・

遊園地価格やな・・・
20231113_120838_copy_1024x768






しかもコーヒーは紙コップ!!
20231113_120826_copy_1024x768






でも味は伊丹空港で食べるピザより美味しかったです♪

午後の観光はやたら参拝者で賑わう“天岩戸神社”
20231113_141708_copy_1024x76820231113_142612_copy_1024x768






お次は“高千穂峡”

散策道は引き続き修復工事中なので

一部車道を迂回しての見学です
20231113_152229_copy_1024x76820231113_152218_copy_3000x2250






あららぎ茶屋の横の階段から降りれますが

途中で車道へ上がります
20231113_152247_copy_1024x76820231113_152848_copy_1024x768






滝見台もおのころ池側からなら行くことが可能
20231113_153551_copy_1024x76820231113_153628_copy_1024x768






相変わらずボートが壇ノ浦合戦状態の高千穂峡なのでした
20231113_154113_copy_768x1024








さて、今夜の宿泊先は久々の阿蘇内牧温泉

ホテルは“阿蘇プラザホテル”でした

確実に初めてではないはずだけど

ほとんど記憶もないし

ブログの記事にも残ってなかった・・・
20231113_185346_copy_1024x76820231113_184437_copy_1024x768






先代の社長の弟さんのコレクションか何かで

館内は所狭しと美術品が展示されており

さながら泊まれる美術館って感じでしたね
20231113_185338_copy_1024x76820231113_185120_copy_1024x768






この図書コーナーがええ雰囲気やん

明治か大正期の建物を移築したのかな?

気になってフロントで聞いたら

「おそらくどこからか持ってきたんでしょうね・・・」

って・・・

それがどこか聞いとんじゃい!!
20231113_195134_copy_1024x76820231113_184722_copy_1024x768






自分が働いてるホテルやのに

誰も気にならんのかよ・・・


夕食には熊本らしく馬刺しも出ていました
Gallery_1699874514053_copy_1024x768Gallery_1699874498563_copy_1024x768






せっかく色んな料理を出してくれているのに

お品書きがないから何を食べているのか分からない・・・
(味はとても良かったです)

板場さんが手間暇かけて作ってくれた料理ですから

できればお品書きを見ながら味わいたいですよね


なんか今回のコースは2泊とも

色んな意味で懐かしさを感じるホテルなのでした・・・
20231113_180535_copy_1024x768






(あ、悪い意味でです)

別府・阿蘇 秋の九州雅旅ツアー 1日目♪

道南ツアーの翌日は

JR利用の九州3日間ツアーへ

お客様は15組34名様

まぁ人数的には多すぎず少なすぎずでいいんですが

今回のツアーは3日間ツアーと

4日間ツアーのお客様が同じバスに混載

というちょっと特殊なコースでして

お客様との合流方法も少し複雑なのです・・・

まずは新大阪から関西勢25名様と一緒に博多駅へ

博多には12時45分に着くので

お昼は各自車内で済ませて頂きます

新大阪を出てすぐにお客様からこんな差し入れが
20231112_103322_copy_1024x768






りくろーおじさんのチーズケーキ!!(笑)

実はお客様の中に女性の7名グループがおりまして

新大阪駅でチーズケーキを買い込んでいたのです
20231112_094252_copy_1024x768






7個に切り分けるより8個の方が切りやすいですもんね

ご馳走様でしたm(__)m

添乗員さんの昼食は

先日サンダーバードで食べたのと同じ

昔ながらの巻き寿司(538円)

焼きたらこと塩きんぴらのサラダ(214円)
20231112_115457_copy_1024x768






このサラダ、1パック53kcalとめちゃヘルシー!

値段もリーズナブルでおススメです♪
(ほとんど味はしないけど)

さて、新大阪・新神戸で関西勢が25名揃ったあと

3泊4日ツアーのお客様が広島駅から2名乗車

そのあと博多駅に着いたら

前泊していた旭川空港からのお客様1名と

観光バス駐車場で合流

このお客様だけ4泊5日なのです・・・

28名を乗せたバスは福岡空港へ向かいます

福岡空港では3泊4日ツアーのお客様6名と合流

秋田空港から羽田経由でJAL便で到着のお客様2名

羽田空港からANA便で到着のお客様4名

同じ羽田からでも便が違うので

集合場所は“くつろぎラウンジTME(ノース)”

ってことになっていました

到着口(北)の横にあるカードラウンジです
20231112_134020_copy_2000x150020231112_134044_copy_1024x768






福岡空港は到着口が北と南に分かれているので要注意
(どちらから出てくるかは電光掲示板かHPで確認)

動画で見るとこんな感じ↓


無事に全員揃ったら本日最初で最後の観光地

“湯布院”へ

16時前に到着したので空いているかと思ったけど

ご覧の通り・・・
20231112_162130_copy_1024x76820231112_161728_copy_1024x768






観光バスはそこまで多くなかったかな
20231112_155910_copy_1024x76820231112_155906_copy_1024x768






20231112_160224_copy_1024x76820231112_160218_copy_1024x768






今夜のお宿は別府鉄輪温泉

“おにやまホテル”

2週間前は大分市内のアートホテルと分宿でしたが

今回はおにやまホテルオンリーです♪
20231112_184255_copy_1024x76820231112_201158_copy_1024x768






久々に泊まるけど

昔と全然変わってないな〜
20231112_182133_copy_1024x76820231112_194043_copy_1024x768






今回のツアータイトル

別府最大級の露天風呂「5つ星の宿」おにやまホテルと
阿蘇の絶景露天風呂「老舗の宿」に泊まるに九州雅旅3日間

っていうんですね

添乗員一同の感想は

おにやまホテルって5つの星なんや・・・

私の見る目が悪いのか

どこをどう探しても

5つ星の要素が見当たらんのですけど・・・
20231112_180132_copy_1024x76820231112_180141_copy_1024x768






まぁ確かに夕食に出た蕎麦のダシは絶品だったし

レストランスタッフの前髪ぱっつんはキマッていたし

サービスの炭酸水をなみなみと注いでくれたのは嬉しかったけどや・・・
20231112_194917_copy_1024x76820231112_194116_copy_1024x768






世間一般の“5つ星”のイメージとは

あまりにかけ離れているような・・・


当社基準で5つ星とか認定しているのかと思いきや

こういうことらしいです
20231113_095711_copy_1024x768_1






なるほど、主催は

観光経済新聞か・・・・・・・・

モンドセレクション金賞と同じニオイがするな・・・・

ズームイン大分みどころ大周遊ツアー2日目♪

ツアー2日目は“臼杵石仏”からスタート

よく名前は耳にする観光地ですが

はじめて来ました・・・

今回は“臼杵観光センター”にお世話になるので

バスも観光センター前に駐車できました
(ちょっとだけ入口に近い)

石仏観覧券発売所と観覧券集札所(入口)は少し離れています
(沖縄の斎場御嶽みたいな感じ)

団体の場合はパンフレットが入場券代わり
20231030_092343_copy_1024x76820231030_092356_copy_1024x768






見学ヶ所は4つのエリアに分かれています

まず最初は“ホキ石仏第二群”

9体の小さな阿弥陀様が並ぶ“九品の阿弥陀”や

脇侍まで立派に残る阿弥陀三尊が見どころ
20231030_093112_copy_1024x76820231030_093058_copy_1024x768






お次は“ホキ石仏第一群”

3つの如来三尊と着色が残る地蔵十王像
20231030_093511_copy_1024x76820231030_093548_copy_1024x768






しっかり智拳印を結ぶ大日如来

台座に掛かる布のデザインが

どことなく飛鳥時代の仏像っぽくって素敵です
20231030_093811_copy_1024x76820231030_093727_copy_1024x768






ちなみに「ホキ」とは「崖」を意味する言葉だそうです

お次は“山王山(さんのうさん)石仏”

手前に急な階段があるので足元注意です
20231030_094527_copy_1024x76820231030_094645_copy_1024x768






お地蔵さんみたいな真ん丸顔の如来像に癒されます

この三尊像は全て如来という珍しい形式だそうです
20231030_094649_copy_1024x768






最後は“古園(ふるぞの)石仏”
20231030_092634_copy_1024x768






よくガイドブックやポスターで見かける石仏

大日如来はこちらにおります
20231030_095654_copy_1024x76820231030_095704_copy_1024x768






臼杵石仏では2021年に“美仏総選挙”というイベントを行ったそうで

その際にエントリーされた9体の仏像が

総理大臣や防衛大臣などに就任しています
20231030_093844_copy_1024x76820231030_093856_copy_1024x768






この9体の中で自分に合った仏像を占ってくれるサイトもあるので

行かれる際はぜひやってみて下さい♪

美仏内閣マッチング診断


見学のあとは観光センターでお買い物

臼杵せんべいが結構人気でした
(生姜味の甘いせんべい)
20231030_101045_copy_1024x76820231030_100449_copy_1024x768






日程表では所要時間が40分ってことでしたが

1本目に行った後輩ヤナギーの報告書通り

50分取りました

それでもめっちゃバタバタでした・・・

臼杵石仏のまわり方はこんな感じ↓



お次は“日田豆田町(ひたまめだまち)”

ここも初めて来る観光地です

江戸時代に幕府の直轄地(天領)として栄えた町です

日田は雛飾り発祥の地でもあるみたいで

雛飾りの時期に来ることがあるそうですが

私はこれまで縁がなかったです・・・

バスは“クンチョウ酒造”の駐車場にお世話になりました

観光バスはここに止めるか

“広瀬資料館”の駐車場を利用するようです
(どちらも有料)
20231030_115126_copy_1024x76820231030_114906_copy_1024x768






現在、クンチョウ酒造では

案内人による説明は行っていないようで

各自自由見学だそうです
(指示書の内容と話しが違う・・・)
20231030_114732_copy_1024x76820231030_114810_copy_1024x768






豆田町は2本の大きな通りと

その通りを結ぶ6本の筋による町割り
20231030_122525_copy_1024x76820231030_122344_copy_1024x768






まずはクンチョウ酒造がある

“豆田上町(まめだうわまち)通り”を歩いてみましょう

こんな感じの通りです↓


お次は“豆田美幸(まめだみゆき)通り”
20231030_124922_copy_1024x76820231030_125349_copy_1024x768






このカッコいい建物は豆田まちづくり歴史交流館
20231030_125201_copy_1024x76820231030_125149_copy_1024x768






以前は“船津歯科”って歯科医院だったようです

さすが船津さん、センスがいいです(笑)
20231030_125138_copy_1024x768






こちらは“天領ひな御殿”

日田醤油の支店にあたるのですが
(本店は別にあります)

奥には雛飾りのギャラリーがあります
20231030_124633_copy_1024x76820231030_123257_copy_1024x768






常設展示としては日本でここだけという10段の雛飾りは必見!!
20231030_123452_copy_1024x76820231030_123502_copy_1024x768






他にも色んな種類の雛飾りが飾られていて

めちゃくちゃ見ごたえがりました

有料(300円)ですが

ここはかなりオススメできます!!
20231030_124018_copy_1024x76820231030_123754_copy_1024x768






そんなひな御殿もある美幸通りはこんな感じ↓


2日目は日田豆田町で自由昼食

うなぎ屋さんやお蕎麦屋さんが多い印象ですが

添乗員さんはお客様が行かなさそうな

“宝華(ほうか)ラーメン”
20231030_122256_copy_1024x76820231030_120030_copy_1024x768






日田と言えば“日田焼きそば”

てことで“五目焼きそば(850円)”をオーダー

日田焼きそばらしく

焼き目がしっかりした硬めの麺で美味しかったです

ただお店の方の対応はやっぱり塩対応やった・・・
(大分県民はみんなこんな感じなのか?)
20231030_120042_copy_2000x150020231030_120830_copy_1024x768






後からこんなお店を発見

モツラーメンとかめっちゃそそるやん!!

次回はここやな
20231030_124945_copy_1024x76820231030_124952_copy_2000x1500






さて、これにて2日目の観光は全て終了

2日目の観光は2ヶ所のみ!!

帰りは博多駅から15:00発の新幹線なのです

新大阪駅17:28着ですよ

こんな早い帰着のツアーなんて珍しいですよね


いったん家に帰って荷物を置いて

ツアー中に売れたメルカリの商品を発送して

梅田に出てかむくらでラーメン食べて

そのあと梅田のヘアサロンで髪を切って

そのあと茶屋町のマクドでブログ書いて

ってツアー帰着後も時間が有効に使えました♪

普段やったら家に帰って寝るだけやのにね


毎日17時半や18時に退社できる仕事をしていたら

仕事のあとに色んなことができるんやろーなー・・・
20231030_184345_copy_1024x768






ズームイン大分みどころ大周遊ツアー1日目♪

先月のズームイン佐賀同様

ゾンビのようにしつこい旅行支援を使った

お得な期間限定ツアーで大分へ

お客様は25組44名様

組数20組オーバー

お客様40名オーバー

バスガイド同行なし

おまけにほとんど初めて行く観光地

2日間のツアーなのに

このツアーのためにどれだけ休日に時間を使ったか・・・



小倉駅からタイガーバスさんの観光バスに乗り換え

最初に向かった先は“宇佐神宮”

言わずと知れた全国約44,000社を数える

八幡神社の総本社です

恥ずかしながらツアーで来るのは初めて

かろうじてプライベートで1度だけ来たことがあったので助かりました

島旅部・春のひとり合宿2日目【宇佐神宮編 

(2019年5月5日)

宇佐神宮は上宮(じょうぐう)と下宮(げぐう)に分かれておりまして

現在、上宮は工事中・・・
20231029_121916_copy_1024x768_120231029_124056_copy_1024x768






でもこの社殿がプリントされたシート

めっちゃよく出来てますね

輪王寺の工事を請け負ったのと同じ会社かな?(笑)
20231029_123754_copy_1024x768






下宮は通常通り参拝できます
20231029_124751_copy_1024x768






こちらは団体が利用するレストランの“かくまさ”
20231029_125645_copy_1024x76820231029_125650_copy_1024x768






今回のツアーは2日間とも昼食は完全フリーなのですが

今朝は小倉到着までに色々ありまして

小倉駅でお弁当を購入してもらって

移動中に召し上がって頂きました


宇佐神宮の参拝ルートはこんな感じ↓



お次は昭和レトロのまち“豊後高田”

ここは去年、1度だけ来たことがあります

伊予八幡浜と別府温泉ツアー・3日目【後半】♪

(2022年11月17日)

あのツアーも事前の下調べで苦労したわ・・・
(映画まで見たしね)
20231029_132922_copy_1024x76820231029_133032_copy_1024x768






本来はここで自由昼食ってことでしたが

もともと飲食店が少ない上に

今日は日曜日・・・

団体が利用できる“南蔵”ってレストランも

予約だけで既に満席でした・・・
20231029_132609_copy_1024x76820231029_132614_copy_1024x768






結果的に移動中にお弁当を食べてもらって正解やった

添乗員さんはまだお昼を食べていなかったので

“彩庵”ってお店に入ってみました
20231029_133042_copy_1024x76820231029_133425_copy_1024x768






とり天サラダ丼定食(800円)
Gallery_1698580827724_copy_1024x768Gallery_1698580845389_copy_1024x768






なんかとり天の大きさが

見本の写真とかなり違うんですど・・・・
20231029_133413_copy_768x1024









てか、とり天どうこうより

接客がかなり塩対応で

気分の悪いランチとなりました・・・

なんか今日は色々とうまいこといかないな・・・


このあとバスは“湯布院”

今回のツアーで自信を持ってお客様をお連れできるのはここだけ(笑)

駐車場は“旬彩浪漫”にお世話になりました

今は2階のレストランだけで

1階の売店はやってないんやね
20231029_160353_copy_1024x76820231029_160613_copy_1024x768






でもトイレ事情が悪い湯布院で

トイレがある駐車場にバスが止められるのはありがたいです
20231029_160617_copy_1024x768






駐車場代は湯の坪横丁にある

“YUHUIN TSUBAMEYA”で支払います
(旬彩浪漫と同じ経営みたい)
20231029_160150_copy_1024x768






ちなみに湯の坪横丁のトイレは

こんな感じで買い物しないと利用できないのでご注意ください
20231029_160246_copy_1024x76820231029_160304_copy_1024x768






ちょっと来ない内にまた見慣れないお店がたくさんできていました
20231029_153420_copy_1024x76820231029_153523_copy_1024x768






しかしすごい人やな・・・
(これでもまだマシな方みたいです)
20231029_152800_copy_1024x768






金鱗湖まで来てみました

いい感じに秋めいてきましたね
20231029_153946_copy_1024x76820231029_154348_copy_1024x768






この日は天気が良かったおかげで

かなり綺麗な金鱗湖を見ることができました
20231029_154336_copy_1024x76820231029_154629_copy_1024x768






水面のリフレクション具合がいいじゃないですか

下の画像をクリックしたら動画で見れます

20231029_154724_copy_1024x768







これにて本日の観光は終了

お宿は選べるプランになっておりまして

別府鉄輪温泉プランのお客様25名は

“おにやまホテル”

大分市内プランのお客様19名は

“アートホテル大分”

添乗員・乗務員はアートホテル泊りでした

別府市内なら分かるけど

大分市内って・・・・・

バスで30分以上離れてるんですけど・・・
20231029_180358_copy_1024x76820231029_181135_copy_1024x768






チェックイン後、大分駅周辺を散策

ホテルから大分駅は徒歩約15分
20231029_183620_copy_1024x76820231029_183727_copy_1024x768






夕食もフリーだったので

“たかをや”って老舗の定食屋へ
20231029_190443_copy_1024x76820231029_190752_copy_1024x768






20231029_190659_copy_2000x1500






“ぷりぷりえびフライとチキン南蛮(1590円)”
Gallery_1698580866453_copy_1024x76820231029_191137_copy_1024x768






料理は美味しかったんですが

お店の方がちょっと塩対応やった・・・

なんか今日は飲食店に縁がないな〜

てか大分県民の印象

めっちゃ悪いんですけど!!



ホテルへ戻ってきました

アートホテル大分では

スパークリングワインとコーヒーが1杯無料サービス

コーヒーはわかるけど

スパークリングワインってユニークですよね

しかもおつまみ付き!
20231029_180405_copy_1024x76820231029_194330_copy_1024x768






そんなスパークリングワインを寝酒にして

この日はブログも書かずにバタンキュー・・・・

新幹線ふれあいデー2023♪

福岡県にある新幹線の車両基地

博多総合車両所の一般公開

通称、新幹線ふれあいデーに行ってきました

もちろん仕事です(笑)

このイベントはJR西日本が毎年行っているイベント

今回は抽選により選ばれた

15000名を招待
(倍率は5倍ほどだったそうです)

旅行会社でもツアーとして参加できるので

確実に行きたい!!ってお客様や

抽選に外れた方が旅行会社のツアーに申し込んでいたようです

無料のイベントですが、新幹線代を考えても

関西の方なら旅行会社に申し込んだほう断然お得♪

新大阪からは会場まで直通の貸切新幹線を利用

うちの会社は300名ほどのお客様にご参加頂きました

同じ新幹線には他社さんも乗るし

日曜日なので他のツアーの受付もあるし

新大阪の受付が一番の不安要素でしたが

添乗員もセンダーも精鋭揃いだったおかげか

参加者が若いお父さんお母さん層が多かったおかげか

意外なほどスムーズに受付は終了
IMG_20231016_084202_copy_1024x768IMG_20231016_084054_copy_1024x768






新幹線は16両編成のN700系

車内ではワゴンサービスがありましたが

新幹線やJRのグッズがメイン

お弁当やサンドイッチなどの扱いはありませんでした
20231015_092323_copy_1024x768






20231015_092625_copy_768x1024








博多駅では会場の最寄り駅である

博多南駅まで行く新幹線を待つ人でホームはごった返していました

この混雑を横目に

我々の新幹線は会場へ直接乗り入れできるので

これだけでも旅行会社に申し込む価値はあります♪

ちなみに博多駅から博多南駅は

車両は新幹線を利用するのに特急料金がかからない特別な区間なので

330円で新幹線に乗れる面白い路線だそうです
(乗車時間は8分間)
20231015_110646_copy_1024x76820231015_110637_copy_1024x768






博多南駅から会場までは営業運行していない区間

この区間の景色が鉄道好きにはたまらないそうです

鉄道系添乗員・だいちゃんの解説付きでお楽しみ下さい(笑)

開場は10:00ですが

我々の新幹線は11:20着

ってことで会場内には既に多くの個人のお客様が入場しています


我々の貸切新幹線は博多総合車両所内にある

仕交検庫と呼ばれる建物の

一番西側のホームに入線しました

扉は全て開きますが

降りれるのは々羲屬鉢Ч羲屬里
(帰りも同様)

なので姐羲屬里客様は建物を出るまで10分ほどかかりました

帰りも同じ新幹線に乗る予定ですが

清掃が入るので荷物は全て持って降りて頂きます

泊まりで来ているお客様は荷物が多いのでここがネック・・・
IMG_20231016_082009_copy_1024x76820231015_113625_copy_1024x768






新幹線下車後の導線はこんな感じ↓


会場はめちゃくちゃ広いので

会場に到着する前に

しっかりイメトレしておいてもらいましょう
Gallery_1697412962541_copy_1477x1057






貸切新幹線で車庫を出ると

右へ進めば正門方面へ続く西ロード

左へ進めば大食堂方面や工場方面へ続く南ロード

まずは南ロードのグッズ販売所の様子を見てみましょう
IMG_20231016_110408_copy_800x600IMG_20231016_110231_copy_1024x768






レジ待ちに長蛇の列・・・

その奥は数量限定のノベルティの配布コーナー
(ドクターイエローのペラペラトート)

在庫はさんあるのに配る人が少ないのか

ここにも長蛇の列ができていました

時間がもったいないのでスルー
20231015_115735_copy_1024x76820231015_120537_copy_1024x768






小さいお子様連れのお客様はベビーカーを預けたいですよね

大食堂の横に無料のベビーカー預け所がありました

常連さんはベビーカーに荷物を突っ込んで預ける

という裏技を使ったりするそうです(笑)
20231015_120715_copy_1024x76820231015_120745_copy_1024x768






大食堂が楽しみで行ってみたんですが

12時すぎの時点で食券が売り切れ・・・
(カレーと唐揚げはこのあと追加があったみたい)
20231015_121409_copy_1024x76820231015_121328_copy_1024x768






てかめっちゃ広い食堂ですね

スキー場のレストランより大きい!!


食堂以外でフード類が買えたのは

今回は西ロードのPRコーナーのみ

ゆーても自治体が用意したピザとマフィン程度・・・

食堂で食べれなかった来場者がピザに集中

ってことでここも長蛇の列・・・
20231015_143657_copy_1024x76820231015_143721_copy_1024x768








大食堂の前では0系新幹線やWIN350って試験車両が展示されていました

まったく興味がないので先へ進みます
20231015_122131_copy_1024x768IMG_20231016_082346_copy_1024x768






12種類のイベントが集中している工場内にやってきました

ミニ新幹線は120分待ち・・・
20231015_122519_copy_1024x76820231015_123141_copy_1024x768






工場内では他にも

・パンタグラフ動作体験
・新幹線綱引き大会
・新幹線おそうじ体験
・車内表示器展示デモ


などが行われていました
20231015_123501_copy_1024x76820231015_122527_copy_1024x768






中でも一番人気だったのは

新幹線ジャッキアップ

1時間に1回程度の実演なので

時間をチェックしてから見に行きましょう
(パンフレットに載っています)
20231015_123633_copy_1024x76820231015_123724_copy_1024x768








正門側の本部棟までやってきました

会場の中央部分

倉庫側と正門側は地下通路を利用します

この通路が混み合うので移動の際はご注意下さい

屋上展望所・1階展示室共に20分待ち

ここはまだマシですね
IMG_20231016_103116_copy_1024x768






私は興味がないので上がりませんでしたが

パパラッチ系、いや報道系添乗員・イソップが写真を撮ってきてくれました

ズラっと並ぶ新幹線は圧巻です

右側に停車しているのは山陽新幹線

左側の高架を走るのは九州新幹線です
(通過時間はパンフレットに記載されています)
1697412397501_copy_1024x7681697412448563_copy_1024x768






ちなみに九州新幹線は熊本の車両基地が見学できるようです


本部棟の裏ではN700系とドクターイエローが展示されていました

やっぱり人気はドクターイエロー

正面から写真を撮るには

これまた長蛇の列を並ばないといけないので

ここは諦めたお客様が多数でした・・・
20231015_125309_copy_1024x7681697413488108_copy_1024x768






そんなドクターイエローには車内見学というイベントもありまして

個人の方はふれあいデーの応募時に申し込んで

抽選で選ばれます

ツアーのお客様はもともと付いているプランもあれば

今回の我々のように

参加者の中から抽選で選ばれるツアーもあります
20231015_142857_copy_1024x768Gallery_1697414158156_copy_1586x1128






中にはドクターイエローの車内見学もお弁当も全て込み!!

なんて豪華版のツアーもあったようです
(羨ましい・・・)

ちなみに車内見学は静止画・動画含め撮影NGだったようです


さて、楽しい時間はあっという間

帰りの時間が近づいてきました

15時〜16時が個人客の帰宅ラッシュ

博多南駅も入場制限を行う場合があるので

博多駅で乗り換えがある方は余裕を持って会場を出ましょう
(1時間に2本程度なので)

15時半頃の正門周辺の様子はこんな感じ↓


復路の貸切新幹線は16:38発

会場が16:00までなので

15:15〜15:55までに各自で新幹線へ戻って頂きます
(全ての旅行会社共通)

帰りの導線はこんな感じ


20231015_155327_copy_1024x768






この時間を過ぎると貸切新幹線には乗れないので

絶対に遅れないように!!!

帰りはサプライズ洗車サービスやスタッフのお見送りなど

最後の最後までお楽しみ満載の新幹線ふれあいデーでした


帰りもワゴンサービスがありましたが

やはりフード類の販売はありませんでした

その代わり、行きにはなかったアルコール類の販売があったので

車内では至る所で

プシュっていい音が鳴り響いていました(笑)

おつまには珍しい猪ジャーキーなんて商品もありましたよ


ちなみに会場内へはアルコール持ち込み禁止で販売もしていません

グッズも行きと内容が違うので

これまたワゴンがまわってくるのに

えらい時間がかかりましたわ・・・
20231015_190902_copy_768x102420231015_190907_copy_768x1024








あ、最後に今回ご参加のお子さまから頂いた

嬉しいお手紙をご紹介

N700系の塗り絵の裏には

今日の感想が書かれていました
20231015_193259_copy_1024x76820231015_193254_copy_1024x768






こんなんもらったら

おっちゃん泣けてくるやないか!!

ってこれ

私じゃなくて隣の号車の添乗員

ひろしさんが貰ったんですけどね(笑)

食事難民やどこのイベントも長蛇の列で

お客様はかなりお疲れだったと思いますが

お子さまには楽しい思い出になったようです


今後、新幹線ふれあいデーへ行かれる方は

現地で食べもの類は全く買えないと考えて
(自販機はたくさんあります)

食料やおやつは多めに用意しておいた方が良さそうです

あと飲食可能な休憩所もありますが

芝生広場もあるのでレジャーシートなどがあれば便利

一般のお客様もツアー参加者も

会場から出ると再入場できないのでご注意下さい

【唐津銘菓】松露饅頭って知ってる?

さてさて、今回行ったズームイン佐賀ツアー

後輩よねちゃんの報告書に

“松露(しょうろ)饅頭”なる和菓子が紹介されていました

しょうろまんじゅう???

松露とは松林に生える卵型のキノコ

唐津には日本三大松原のひとつ

“虹の松原”があることから

この松露を模ったお菓子が有名なんだそうです

唐津で松露饅頭を製造しているのは2社のみ

メジャーなのは“大原老舗(おおたにろうほ)”

唐津駅構内にもお店があるし

国道沿いの大型店舗では工場見学もでき

団体ツアーで立ち寄ることもあるんだとか
20231004_130205_copy_1024x768






百貨店なのでも扱っているので

松露饅頭=大原老舗

ってイメージが強いようです

まぁ前日まで松露饅頭じたい知らんかったけど・・・


もう1社は“宮田松露饅頭”

実は松露饅頭の商標登録をしているのはこちらの宮田さん

九州のローカルCMとして長年放送されていたのも

こちらの宮田の松露饅頭だそうです
20231004_131234_copy_1024x768






九州の人には馴染みが深いのか

YouTubeにはこのCMのパロディ版とかアップされてた


関西でいうパルナスのCMみたいな存在なのか?(笑)


創業は

宮田さんが天保年間(1831年〜1845年)

大原さんが嘉永3年(1850年)

ってことなので宮田さんの方が若干古いみたい


まぁそんな話しはさておき

やっぱり気になりますよね

どっちが美味しいのか?


そこで両社の松露饅頭を食べ比べてみました

アルピノさんでは2社の松露饅頭が買えますが

箱入りしか買えません

1個単位で買うには

宮田さんは五福の縁結び通りにある本店

大原さんは旧唐津銀行横の本町店で購入しましょう

右が宮田の松露饅頭(97円)

左が大原の松露饅頭(108円)

大きさはどちらも同じくらいですね
20231004_211313_copy_1024x768






カステラ生地の中に餡子が入っています

あんこ入りベビーカステラってとこかな?
20231004_211428_copy_1024x768






食べ比べてみた感想は・・・


違いが分からんわ!!


まぁどっちも美味しいので

唐津へお越しの際はぜひお買い求めくださいね

ズームイン!よかとこ佐賀ツアー2日目♪

ツアー2日目

今回のコース最大の難関

“吉野ケ里歴史公園”

あの邪馬台国・九州説の聖地

吉野ケ里遺跡ですよ!!

墳活している身としは言いにくいんですが

ここ、初めて行きます・・・

入園口は西口・東口・北口の3ヶ所あるようで

帰りに迷子にならないよう注意です

今回は歴史公園センターがある東口を利用しました
(ここがメインゲートらしい)

65歳以上はシニア料金が適応されます
(特に証明書とかは不要)

今回40名中、36名が該当しておりました(笑)
20231005_095157_copy_1024x76820231005_094219_copy_1024x768






年間パスがあるくらい広大な公園なのに

今回の滞在時間は1時間・・・

南内郭→北内郭→北墳丘墓まで行って折り返しって感じ

それでもバッタバタですわ・・・

行きに園内循環バスを使えたらちょっとはラクですが

1時間に3本で

さらに定員が20名ほどなのです・・・
20231005_091427_copy_1024x768






理想は環濠入口からバスに乗って北墳丘墓まで行って

歩きながら帰ってくるのがベスト
20231005_094714_copy_1024x76820231005_094243_copy_1024x768






北墳丘墓は墳丘の中に入れます

館内は発掘時の様子がそのまま展示されていて

めっちゃ見応えがありました
(じっくり見ている余裕はないですが)
20231005_093229_copy_1024x76820231005_093211_copy_1024x768






吉野ケ里遺跡と言えば、今年の5月に発見された

“謎のエリア”

マップに載っていないのでちょっと場所が分かりにくいですが

北墳丘墓のバス停から坂を下った先にありました
20231005_094025_copy_1500x2000








謎のエリアは日吉神社の境内であることから

これまで発掘調査が出来なかった場所で

神社の移設に伴い、発掘調査を行うと

社殿の下から石棺が見つかって

卑弥呼の墓では???

と注目を浴びたエリアです
20231005_094034_copy_1024x76820231005_093952_copy_1024x768






結局、石棺の中には決定打となる副葬品は入っていませんでしたが

石棺内は朱色に塗られ

相当、地位の高かった人物のお墓だと推定され

今後、新たな発見があることが期待されています
20231005_093621_copy_1024x76820231005_093928_copy_1024x768






佐賀県知事も会見開いちゃうくらい注目↓


そんな発掘現場は週に2、3日公開しているようで

今回はラッキーなことに公開日でした♪
20231005_090650_copy_1024x768






なんとか謎のエリアまでは行けたけど

北内郭の中にも入れず時間切れ

これ1時間じゃ酷やわ!!

と一番不満に思ったのは

お客様より添乗員だったのかもしれません(笑)

そんなバタバタの吉野ケ里遺跡はコチラ↓


初・吉野ケ里遺跡の興奮冷めやまぬまま

お次は“佐賀城本丸記念館”

鍋島直正(なべしまなおまさ)によって再建された

本丸御殿の一部を復元した施設です

はじめて来ました

鍋島藩の第10代藩主・鍋島直正は

いち早く西洋の技術に目を向け

倒幕のために尽力した人物のひとり

佐賀藩(鍋島藩)は幕末の雄藩

薩長土肥(さっちょうとひ)

のひとつですからね

佐賀県人が選ぶ佐賀県の偉人ナンバー1の人物

銅像の大きさが人気を物語っています
20231005_105140_copy_1024x76820231005_105152_copy_1024x768






櫓が付いた鯱の門をくぐると大きな玄関が見えてきます

ここからは靴を脱いで見学
20231005_111556_copy_1024x76820231005_111651_copy_1024x768






入館無料でさらに案内人も無料

今回は2班に分けて案内して頂きました
20231005_105729_copy_1024x76820231005_105448_copy_1024x768






あ、最初の鯱の門の石垣

ここにはハートの石が隠れていて

これを撫でると願い事がかなうとかなんとか・・・
20231005_112943_copy_1024x76820231005_112938_copy_1024x768






ここは駐車場からも近いし

案内人さんも付くから初めてでも安心♪


お次は“祐徳稲荷神社”

ここは何回か来たことある

東照宮の陽明門を模したと言われる楼門が立派ですね
20231005_125722_copy_1024x768






中に鎮座している随神(随身)の質感がピカピカしてると思ったら

これ、有田焼でできているそうです

さすが焼物のまち佐賀県だ
20231005_125655_copy_1024x76820231005_125701_copy_1024x768






手水舎はフラワーアレンジメントもオシャレ

花手水はよく見かけますが

手水舎の天井を花で飾るのは初めてみました(笑)
20231005_125835_copy_1024x76820231005_125822_copy_1024x768






社殿は舞台造り(懸崖造り)で高い場所にありますが

行きかえりの階段には風鈴が奉納されていて

境内には風鈴のいい音が響いていました
(11月まで飾られているそうです)
20231005_125208_copy_1024x76820231005_125214_copy_1024x768






20231005_124513_copy_1024x76820231005_124532_copy_1024x768






奥の院へはちょっとハードな道のりなので

よほど体力と信仰心がある人以外は

やめたほうがいいと思います・・・
20231005_124452_copy_1024x768






第二駐車場から境内の導線はこんな感じ↓



2日目はこちらで完全自由昼食

自由昼食ゆーても参道に食事ができるお店はそんなにないのです・・・
20231005_130405_copy_1024x76820231005_130350_copy_1024x768






そもそも商店街自体があまり商売っ気がないというか

元気がないというか・・・

ってそんな中、やたら元気なお店を発見

“井出商店”って祐徳せんべいのお店なんですが

とにかくユニークなので一度足を運んでみてください(笑)
20231005_130253_copy_1024x76820231005_130256_copy_1024x768






そんな門前商店街の今がわかる動画がコチラ↓


添乗員さんは前回、色々とお世話になった角屋さんで

ちゃんぽん(830円)をオーダー

野菜たっぷりで美味しかったです♪
20231005_130423_copy_1024x76820231005_133126_copy_1024x768






お次は“肥前浜宿(ひぜんはましゅく)”

かつてお酒や醤油造りで栄えた宿場町です
20231005_144737_copy_2000x1500






ずいぶん昔に町歩きガイドさんと歩いた記憶がありますが

今回は観光酒蔵・肥前屋さんで

酒蔵見学と試飲くらいしか時間は取れませんでした
20231005_143004_copy_1024x76820231005_142349_copy_1024x768






最後は嬉野の“お茶ちゃ村”

ここもずいぶん昔によく来た想い出が・・・

バスが大好き!お茶ちゃ村の看板犬“チビ”

(2009年5月4日)
20231005_152942_copy_1024x76820231005_153712_copy_1024x768






これにて2日間のツアーの観光はすべて終了

復路も博多駅から帰ります

筑紫口の外にあるデイトスアネックス

来年の春までが工事のため休業のようです

よくここのリンガーハット利用してたのに・・・
20231005_173845_copy_1024x76820231005_173859_copy_1024x768






久々にバスガイド同行なしツアーで

さらに初めて行く観光地ばかりで

精神的にかなり疲れた2日間でしたが

無事に終わってやれやれです


なんかこの2日間で一気に秋に近づいた感じがする

新大阪駅で新幹線を降りた瞬間

さぶっってなった(笑)
20231004_135944_copy_1024x768






皆さんも体調にはくれぐれもお気をつけください

ズームイン!よかとこ佐賀ツアー1日目♪

ズームイン!よかとこ佐賀ぐるっと大周遊2日間

という佐賀県にズームインしたJR利用の新コースへ

初めて行く観光地多めな上に

バスガイドの同行なし

さらにお客様は22組40名様・・・


唯一の救いは1本目にしっかり者の後輩

よねちゃんが既に行っていたことかな?

よねちゃんの報告書を握りしめ

博多駅から唐津を目指します

唐津では“ふるさと会館アルピノ”にバスを駐車
20231004_124248_copy_1024x768






1階に綺麗な売店とカフェ(ドリンクのみ)

2階に唐津焼の展示販売コーナーがありました
20231004_134838_copy_1024x76820231004_135001_copy_1024x768






唐津くんちの山車が展示されている“曳山展示場”

本来は唐津神社の横にありますが

現在は工事中のためアルピノの横に移設されています

ちなみに唐津神社の秋祭り

唐津くんちは11月3・4日だそうです
(2日は宵山)

さて、1日目はここ唐津で自由散策&自由昼食

唐津市街地でフリータイムも初めてなのに自由昼食て・・・
20231004_124345_copy_1024x768






観光地としてはこちらの“旧唐津銀行”が王道ですね

東京駅(丸の内駅舎)や大阪市中央公会堂で知られる

唐津出身の建築家

辰野金吾監修の建築物として有名

ここは以前にも来たことがあります

入館無料ですがめちゃ見応えがあります
20231004_124939_copy_1024x76820231004_125017_copy_1024x768









その他の観光地としては

唐津神社・旧高取邸

ちょっと足をのばして唐津城ってところでしょうか
(唐津城は片道30分ほどかかります)

問題は自由昼食

唐津駅周辺ってランチが食べれるお店がめっちゃ少ないそうなのです・・・

グルメ番長、よねちゃんからオススメされていた

海鮮丼が食べれる“亀山”

めっちゃ楽しみにしていたのに

お客様にもオススメしたのに

定休日でした・・・・・・・・・・
Gallery_1696515173759_copy_800x590






周辺の飲食店をグルっとリサーチしながら歩きましたが

結局、目ぼしいお店は見つからず唐津駅まで戻ってきました

駅構内は観光案内所やコンビニはあるものの

ほぼシャッター商店街状態・・・
20231004_123737_copy_1024x76820231004_123559_copy_1024x768






時間もないので駅構内にある“ラーメンきあげ”

一応、佐賀県内で2位になったことがあるラーメン店だそうです
20231004_123803_copy_1024x76820231004_132248_copy_1024x768






ラーメン580円とめちゃ庶民的

今回は定番の

“半チャーラーメンセット(850円)”

チャーシューの代わりに豚の角煮の串が付いていて美味しかったです
Gallery_1696400685720_copy_1024x768Gallery_1696400695383_copy_1024x768






駅周辺の飲食店の少なさをレポートした動画はコチラ


午後は伊万里焼の里で鍋島藩の御用窯

大川内山(おおかわちやま)

ここは何度も来たことある
20231004_145635_copy_1024x76820231004_150055_copy_1024x768






お次は“武雄温泉物産館”で休憩&お買い物タイム
20231004_162113_copy_1024x76820231004_163007_copy_1024x768






本日最後の観光地は

“筑後川昇開橋(しょうかいきょう)”

という聞きなれない観光地へ

はじめて行く観光地です

筑後川に架かる鉄橋で

大きな船も航行できるよう

中央部分が23mほど上昇する面白い仕組み

国鉄時代は佐賀線が通っていたそうで

現在は遊歩道として整備されています
20231004_174617_copy_1024x76820231004_174827_copy_1024x768






ちょうど夕日が沈む時間帯でめちゃ綺麗

バスを止めた筑後川昇開橋展望公園は福岡県大川市で

川の対岸は佐賀県佐賀市諸富(もろどみ)町です

このあたりは徐福上陸伝説があるようで

佐賀県側には徐福の像も建っています
(個人的にこれ見たかった)
20231004_175018_copy_1024x76820231004_175453_copy_1024x768






16:30以降は可動部が上昇しているので対岸へは渡れません

先端部分まで行ったら引き返してもらいましょう
20231004_175531_copy_1024x76820231004_175753_copy_1024x768






先端はこんな感じになっています↓

このあとホテルではなく夕食会場へ

佐賀県にズームイン!

したコースのわりに

夕食は柳川(笑)

福岡県やないかーい!!

お世話になったのは駅前にある

“福泉操(ふくせんそう)”

スタッフさんがやたら親切なお店です
20231004_183621_copy_1024x76820231004_182602_copy_1024x768






わざわざ佐賀にズームインせずに柳川に来たからには

うなぎが出てくるのだろうとお客様は期待していたようですが

世間はそんなに甘くなかったのでした・・・
(そこは旅行代金をお考え頂きたい)
20231004_183740_copy_1024x76820231004_183752_copy_1024x768






しかし柳川駅ってめちゃカッコいいですね

なんか柳川のイメージ変わったわ
(普段は御花くらいしか行かないので)
20231004_185658_copy_1024x768






今夜のお宿は佐賀県鳥栖市にある

“ホテル ビアントス”


鳥栖駅からは徒歩30分くらいの工業地帯に立つ

小ぎれいなシティーホテルです
(かつてはブライダルもやっていたそうです)

立地があまりよくない上に大浴場がないのがちょっと難点・・・
20231004_201627_copy_1024x76820231004_205049_copy_1024x768






セレクトホテルグループみたいです

京都では堀川三条に

“セレクトンホテル京都堀川三条”ってホテルがあります

京都は大浴場あるのにね・・・



さて、昨晩は唐津関係の動画を深夜まで見ていたの寝不足・・・

早く寝たいところですが

翌日の吉野ケ里遺跡も初めてなのでめちゃ不安

この日も遅くまで吉野ケ里関係の動画を見てしまった・・・

ほんとバスガイドなしツアーって負担が大きいわ・・・

まるごと鹿児島ぐるり大周遊ツアー3日目♪

早いものでツアーも最終日

霧島温泉に泊まった朝は

もちろん“霧島神宮”からスタート
20230822_085938_copy_1024x76820230822_085754_copy_1024x768






主祭神はアマテラスのお孫ちゃん

ニニギノミコト

その後につづくお名前は

ニニギの奥様の“コノハナサクヤヒメ”

ニニギの子にあたる“ヒコホホデミノミコト”こと

“山幸彦夫妻”

その山幸彦の子にあたる

“ウガヤフキアエズノミコト夫妻”

そのウガヤフキアエズノミコトの子にあたる

“カムヤマトイワレビコノミコト”こと

“神武天皇”

まさに天孫族オールスターな神社なのでした
20230822_085910_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


このあと黒酢の郷・桷志田(かくいだ)
20230822_100942_copy_1024x768






壺畑に敷き詰められた仕込み用の壺も圧巻ですが
20230822_100752_copy_1024x76820230822_100819_copy_1024x768






地元の高校生による

“壺アート展”もなかなか見応えがありましたよ
20230822_101530_copy_1024x76820230822_101606_copy_1024x768






このあとバスは桜島へ

まずは“有村溶岩展望所”

恥ずかしながら初めて来たかも

10分・15分・20分の散策ルートがあるようです
20230822_112120_copy_2000x1500






ガイドブックに載っている桜島の写真はここから撮影したものが多いです
20230822_110610_copy_1024x76820230822_110807_copy_1024x768






山もいいですが海側の景色もサイコー!

遠くに開聞岳も見えていました
20230822_111121_copy_1024x76820230822_111244_copy_1024x768






売店が3軒ほど並んでいますが

一番奥のお店だけ地域クーポン利用OK
(嬉しいことに紙でもOK)
20230822_112136_copy_1024x76820230822_112201_copy_1024x768






お店のご主人にいきなり

「兄ちゃん炭酸水好きでしょ」

って声をかけられて

ペットボトルの炭酸水を頂きました

なんで炭酸水好きなのわかったんやろ(笑)
20230822_112245_copy_1024x768









お昼は“桜島物産館”

今でも昭和に取り残されているような

ノスタルジックなドライブインでございます
20230822_122227_copy_1024x76820230822_120701_copy_1024x768_1






昨日の昼食との振り幅が大きすぎる・・・
20230822_114349_copy_1024x768Gallery_1692672391843_copy_1024x768






添乗員&乗務員は名物の

“マグマカレー”を頂きました

まぁビーフカレーに豚骨が入っているだけなんですけどね

でもなんかこっちの方が良さそうやん・・・

そして今日もお客様から見える位置やん・・・
20230822_115011_copy_1024x768







話しはちょっと反れますが

今朝は桷志田さんで黒酢ドリンクを頂き

有村溶岩展望所で炭酸水を頂き

こちらの物産館でも鹿児島茶を頂き

気が付けばペットボトルまみれや!!
(帰りの新幹線が止まっても安心やね)
Gallery_1692710526103_copy_1024x768







午後は桜島港から鹿児島港まで桜島フェリーに乗船

約15分の船旅です
20230822_125142_copy_1024x76820230822_125100_copy_1024x768






鹿児島市内では天文館付近のフリータイム班と

OPの市内観光班に分かれます

市内観光班はまず“城山展望台”
20230822_133236_copy_1024x76820230822_132745_copy_1024x768






駐車場にあったでっかいクスノキ

いつか倒れてきそうで怖いんですけど・・・
20230822_133802_copy_768x1024









お次は“仙厳園”

御殿の見学は別途500円

地域クーポンは使用不可ですが
20230822_142113_copy_1024x76820230822_142206_copy_1024x768






売店はどこのお店も地域クーポンOKでした
(紙でもOK)
20230822_143124_copy_1024x76820230822_142531_copy_1024x768






さて、これにて3日間の観光は全て終了

帰りも鹿児島中央駅から九州新幹線で新大阪へ帰ります

改札前の“みやげ横丁”

地域クーポンはほとんどのお店で電子クーポンのみ

紙でも使えるお店は

・城山ホテル
・山福製菓
・明石屋


の3店舗のみだそうです

お弁当が買えるお店は“鹿児島銘品蔵”くらいしかなく

種類も少ないんですが・・・
20230822_154328_copy_1024x768






アミュプラザの地下1階へ行けば

スーパーも総菜コーナーもあるので

美味しそうなお弁当が選び放題!!
20230822_155101_copy_1024x76820230822_155634_copy_1024x768






帰りに鹿児島中央駅でお弁当を買う際は

ぜひ、アミュ地下も覗いてみてください

めっちゃ目移りしますから!!
20230822_155903_copy_1024x76820230822_155543_copy_1024x768






ちなみにこちらのアミュ地下には

“白くま”で有名な“むじゃき”も入っていますよ
20230822_155427_copy_1024x768






ただしめっちゃ混んでますが・・・

まるごと鹿児島ぐるり大周遊ツアー2日目・後半♪

午後は知覧へ

お客様は武家屋敷特攻平和会館か選べる観光

特攻平和会館

チケットもパンフレットも変わったんですね!

って言ったら

3年くらい経ちますかね?って言われた(笑)
20230821_124130_copy_1024x768






知覧パラダイスこと“桜見亭”

フロント周辺がえらいスッキリしましたね!

って言ったら

3年くらい経ちますかね?って言われた(笑)
20230821_130311_copy_1024x76820230821_130252_copy_1024x768






このあと“清水摩崖仏(きよみずまがいぶつ)”

初めてくる観光地です

南九州市川辺町(かわなべちょう)にある

平安末期から明治時代に掘られた摩崖仏群だそうです
20230821_141734_copy_1024x768






地元のボランティアガイドさんの案内で50分ほど見学
20230821_141832_copy_1024x76820230821_141852_copy_1024x768






ここの摩崖仏は仏像はほとんどなく

彫られているのはほとんどが

梵字、五輪塔、宝篋印塔などです
20230821_140909_copy_1024x76820230821_140944_copy_1024x768






20230821_141047_copy_1024x76820230821_141306_copy_1024x768






知覧から10分ほどの場所にこんな史跡があったとは!

鹿児島で摩崖仏とか

なかなか新鮮味のある観光スポットでした

動画で見るとこんな感じ



このあと空港近くにある焼酎工場

“バレル・バレー プラハ&GEN”
20230821_155224_copy_1024x76820230821_155319_copy_1024x768






先月、売店の場所が変わったようです
20230821_155653_copy_1024x76820230821_160000_copy_1024x768






本日最後の下車観光はJR肥薩線の

“嘉例川(かれいがわ)駅”

明治36年開業の駅舎は

登録有形文化財に指定されています
20230821_165233_copy_1024x76820230821_165801_copy_1024x768






地域猫ならぬ駅猫が駅長になっているようで

現在は二代目のさんちゃんが駅長なんだとか
(基本ノラなので不在が多いみたい)
20230821_165205_copy_1024x76820230821_165749_copy_1024x768






駐車場から駅舎まで階段なので

帰りがちょっと大変・・・
(トイレは駅にしかないです)
20230821_165938_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


このあと“塩浸温泉龍馬公園”を車窓から見てホテルへ

今夜のお宿は霧島温泉にある

“ホテル霧島キャッスル”

横に長い系のホテルなので

部屋によってはEVから遠いので注意です
20230821_181041_copy_1024x76820230821_181001_copy_1024x768








和室と洋室がありますが

添乗員さんは和洋室でした

ちなみに7階と8階は禁煙フロアですが

それ以外は喫煙OK

そこは全室禁煙にしよや・・・
(さすが玉造の保性館と同系列のホテルや)
20230821_175212_copy_1024x76820230821_175223_copy_1024x768






今夜の夕食はバイキング
(時間指定あり)
20230821_182406_copy_1024x768






やたら肉っ気の多い内容でしたね
20230821_182442_copy_1024x76820230821_182556_copy_1024x768






ほぼずっと肉焼いてたわ(笑)
20230821_200455_copy_1024x768






・メキシカンサラダ(恐らくシーザーサラダ)にサラダコーナーのトマトを混ぜたら美味しい

・陶板焼きのタレは焼肉のタレじゃなくしゃぶしゃぶコーナーのポン酢で食べたら美味しい



以上、次回の自分へのメモでした

まるごと鹿児島ぐるり大周遊ツアー2日目・前半♪

ツアー2日目

指宿は夜も朝もセットメニュー・・・
Gallery_1692622404393_copy_1024x768






2日目の観光は“長崎鼻”からスタート
20230821_090535_copy_1024x76820230821_090245_copy_1024x768






長崎鼻の売店はシャッターが閉まっているお店が多いですが

にしき屋さんは相変わらず元気に営業中
20230821_085645_copy_1024x76820230821_092209_copy_1024x768






このあと“釜蓋(かまふた)神社”

なかなかレアな観光地ですね

私は2度目ですが、ほとんど記憶がない・・・

“かまふた”とかコミカルなネーミングですが

正式名称は

“射楯兵主(いたてつわものぬし)神社”

って言うそうです

えらいギャップがありますね(笑)
20230821_101353_copy_1024x76820230821_101401_copy_1024x768






ご祭神は“スサノオ”“保食神(ウケモチノカミ)”

ウケモチノカミは古事記では“オオゲツヒメ”として出てくるんですが

スサノオに切り殺されるストーリーなんですよね

なんでこの2柱なのか・・・・・・
(ちなみに日本書紀ではツクヨミに切り殺されてます)
20230821_102009_copy_1600x1200







駐車場から海沿いの参道を歩くと

岬のような場所にポツンと鎮座している小さい神社です
20230821_101843_copy_1024x76820230821_101913_copy_1024x768






鳥居からお賽銭箱があるところまで

頭に釜の蓋を乗せてお詣りする

ちょっとユニークな参拝方法が数年前に話題になりました
(なんか山口県の元乃隅神社に通じるものを感じる・・・)
20230821_102019_copy_1024x768IMG_20230821_220912_copy_1024x768






本殿の脇に“希望の岬”って小径があって

そこを進むと開聞岳が綺麗に見える広場に出ます
20230821_102739_copy_1024x76820230821_102303_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


このあと“枕崎お魚センター”で昼食

昔はよく利用してたけど

めーーーっちゃ久々にきました

恐らくこのあたりから来てないはず

指宿・霧島ツアー・2日目♪

(2007年3月12日)

1階は個人商店が数店舗入っている売店エリア
20230821_114353_copy_1024x76820230821_114152_copy_1024x768






レストランは2階です

お客様の昼食は“ぶえん鰹御膳”
20230821_110354_copy_1024x768Gallery_1692592890909_copy_1024x768






この鰹、めっちゃ美味しそうやん♪
Gallery_1692592914301_copy_1024x768






添乗員さんは鰹のたたきとジャンボ海老フライでした

なんかお客様より華やかに見えて申し訳ない・・・
Gallery_1692592988244_copy_1024x768






たまにお客様の食事より

添乗員・乗務員食の方がよく見える時ってあるよね

そんな時に限って

お客様から見える席だったりするのは

なんでなんですかね・・・・・・・

まるごと鹿児島ぐるり大周遊ツアー1日目♪

久々に新幹線利用で九州へ

お客様は21組42名様!

組数が20組

そしてお客様が40名を越えると

さすがに精神的にくるわ・・・


さらに添乗自体が2週間ぶり!

私がサボっていた訳ではなく

ただ単にツアーが出ていなかったのです・・・


今朝の新大阪駅

さすがに台風の影響はもう残っていませんが

えらいことになってました・・・
20230820_082659_copy_1024x768






舞洲で行われているサマソニに行く人の列かと思いきや

なんか客層が違う・・・

Twitter、いやXで調べてみたら

スーパーコミックシティって二次元界隈のイベントでした

バス何台くらい出てたんやろ・・・
20230820_082929_copy_1024x76820230820_082710_copy_1024x768







今回のツアーは新大阪から鹿児島中央まで

直通の九州新幹線で行くのがポイントのひとつ

まぁ乗り換えなしはラクやけど

3時間49分座りっぱなしも結構キツい・・・

昼食は車内で各自済ませて頂きました

添乗員さんは新幹線のコンコース内で買った

“但馬牛・牛めし弁当(950円)”

まぁそれなりに美味しいけど

駅弁ってなんでこんなに高いんでしょうね

1000円以下ってほとんどないし・・・
20230820_111227_copy_1024x76820230820_112638_copy_1024x768






今回のツアーは新コースで

さらに利用するバス会社さんも初めて利用する

“霧島観光バス”

一面ブルーのボディーカラーが分かりやすくていいですね
20230820_154907_copy_1024x768






出発後は安全装置についてのDVD放映

意識高い系のバス会社さんのようで安心♪
(前日に鹿児島で大型バスの事故もあったし・・・)
20230820_141149_copy_1024x76820230820_141152_copy_1024x768






まず最初に向かったのは

屋久杉見学工場・アリヨシ民芸品店
20230820_144723_copy_1024x768






めっちゃ久々に来ましたが

こけし制作の実演も健在
20230820_144321_copy_1024x76820230820_144438_copy_1024x768






添乗員・乗務員休憩室のチオビタも健在でした

でも相変わらず休憩室がめちゃタバコ臭い・・・
(喫煙OKは健在しなくていいと思う)
20230820_150644_copy_1024x76820230820_144800_copy_1024x768






お次は“池田湖”

湖畔の畑では

マリーゴールドと夏コスモス(キバナコスモス)がチラホラ咲いていました
20230820_154759_copy_1024x76820230820_154833_copy_1024x768






最後は本州最南端の“西大山駅”

いつもガラガラなのに

看板前には撮影待ちの行列が!!

さすが夏休み・・・
20230820_163356_copy_1024x76820230820_163352_copy_1024x768






今夜のホテルは毎度お世話になっている

“指宿フェニックスホテル”
20230820_175014_copy_1024x768






夏の指宿って南国ムードがマシマシでいいですね
20230820_174707_copy_1024x76820230820_174655_copy_1024x768






夕食も白ご飯以外は美味しかったです♪
20230820_193708_copy_1024x76820230820_183614_copy_1024x768








夜にロビーで“紙芝居”ならぬ

“神芝居”って面白そうなイベントが行われるようですが

お風呂を優先してしまった(笑)
20230820_193358_copy_1024x768






なんかめっちゃ眠いんですよ・・・
(砂蒸しの途中で寝落ちした)

次回はしっかり見させてもらいたいと思います
(不定期開催っぽいけど)

由布院・黒川温泉ツアー3日目♪

ツアー3日目は熊本県から一気に宮崎県へ

まず最初の観光地は“天岩戸神社”

ご神体の洞窟周辺が綺麗に整備されスッキリしていました
(写真撮影不可)
20230604_101947_copy_2000x1500_120230604_101112_copy_1024x768






お次は2022年の台風14号の影響で

遊歩道の改修工事が続く“高千穂峡”

昨年の10月に来た際はほぼ車道へ迂回でしたが

現在はかなりの区間を歩けるようになっていました
20230604_105718_copy_2000x150020230604_105709_copy_1024x768






20230604_105857_copy_1024x76820230604_110116_copy_1024x768






真名井の滝が見れる展望所も

おのころ池側からなら入れました
20230604_111528_copy_1024x76820230604_111523_copy_1024x768






でもまー川の水はこんなでしたけど・・・
20230604_111537_copy_1024x768






今の状況を動画で見たい方はコチラ↓


ちなみに昨年の10月はこんな感じでした↓




散策後は千穂の家で昼食
20230604_114329_copy_1024x768






添乗員さんは唐揚げでした
(なんか鶏肉ばっかり食べてるな・・・)
20230604_115624_copy_1024x768






20230604_121919_copy_1028x1380








千穂の家も昨年の10月以来ですが

駐車場脇のうどん屋に引き続き

花神楽(売店)も営業を終了したそうです・・・

なんで買い物は下の渓谷側で済ませてもらいましょう
20230604_121954_copy_1024x76820230604_121754_copy_1024x768






このあと“北熊本SA”で休憩

現在工事中につき売店もトイレも仮設です
20230604_135405_copy_1024x76820230604_135501_copy_1024x768






地域クーポンは電子のみなのでご注意下さい
20230604_135913_copy_1024x76820230604_135555_copy_1024x768






最後は九州ツアーの関所的存在

“はねや”でお買い物

ブラックモンブランのカレーが気になりすぎる!!(笑)
20230604_153039_copy_1024x76820230604_153016_copy_1024x768






これにて3日間の行程は全て終了

帰りは博多駅から帰ります
20230604_140540_copy_1200x1600








毎回思うけど、バスガイドさんが書く

バスの前に貼る地図ってすごいと思いません?

これ毎回1時間以上かけて書いているそうですよ

ほんと頭が下がりますm(__)m


博多駅にはかなり余裕を持って到着

初日は台風でどうなることかと思ったけど

終わってみれば一度も傘を使わずに過ごせました
20230604_162402_copy_1024x768






筑紫口の団体集合場所で知られるひかり広場

なんと椅子が撤去されていました!!
20230604_161454_copy_1024x76820230604_161556_copy_1024x768






まぁ今まであの中途半端な席数で

毎回椅子取りゲームみたいなってましたもんね・・・

あとお客様や添乗員が時間潰しに利用している“プロント”

“キッサカバプロント”

って新業態のプロントに変わってました
20230604_174344_copy_1024x768






お通し代取られるそうなのでご注意ください(笑)

由布院・黒川温泉ツアー2日目♪

ツアー2日目

今日からめっちゃ久々に

祐徳バスさんにお世話になります
20230603_162744_copy_1024x768






まず最初に向かったのは湯布院の

“菓子工房・五右衛門”

大分のクーポンが使えるお店はここが最後です
20230603_093339_copy_1024x76820230603_094233_copy_1024x768






お次は瀬の本高原の“瀬の本高原レストハウス”
(旧三愛高原レストハウス)

阿蘇の五岳もバッチリ
20230603_113132_copy_1024x76820230603_112533_copy_1024x768






お昼は以前の面影はほとんど残っていない

草千里の“ニュー草千里”

ほんと全てがニューになっています(笑)
20230603_131456_copy_1024x76820230603_131417_copy_1024x768






リニューアルしてからここで昼食を食べるのは初めて

お客様のメニューはなんだか質が下がったような・・・
20230603_123304_copy_1024x76820230603_123235_copy_1024x768






添乗員・乗務員は数種類の中からチョイス

今回はカツカレーを頂きました

なかなか美味しかったです♪
20230603_124752_copy_1024x768






しかし今日の草千里は今までみたことがないほど賑わっていました

なんかのイベントでもあるんですか?(笑)
20230603_131719_copy_1024x76820230603_131751_copy_1024x768






いつから草千里ってこんな人気スポットになったんやろ・・・
20230603_124607_copy_1024x76820230603_133822_copy_1024x768






このあといったん黒川温泉のホテルへ

今夜のお宿は基本プランが“瀬の本高原ホテル”

寛ぎプランが“優彩”

瀬の本高原ホテルから温泉街への送迎は現在は行っていないので

引き続き祐徳バスさんで温泉街へ

なんか温泉街から少し離れた場所に

新しい駐車場ができたようで

ちょっと散策するには面倒になりました・・・
20230603_153559_copy_1024x768






新しい駐車場(第一駐車場)から温泉街の入口までは

こちらの動画を参考にしてください↓


久々に温泉街を歩いてみたけど

けっこうお店が増えてますね

てかリラックマのショップとか

なんか湯布院みたいになってるんですけど・・・
20230603_155924_copy_1024x768






デイリーヤマザキ兼酒屋の後藤酒店

どら焼きの中に大福が入った

どらどらは紙クーポンも利用可能
20230603_160358_copy_1024x76820230603_160440_copy_1024x768






クーポンが使えるお店はたくさんありましたが

紙クーポンOKのお店は半分くらいかな?
20230603_160449_copy_1024x76820230603_160533_copy_1024x768






“パティスリー麓”ってお店がやたら賑わっていましたね

こちらは電子クーポンのみ
20230603_160849_copy_1024x76820230603_160609_copy_1024x768






シュークリーム(300円)が人気ってことで食べてみましたが

ん〜

やっぱり北菓楼は偉大だと思った(笑)
20230603_160855_copy_1024x768






散策時間は1時間40分とりましたが

それなりにお客様は温泉街を満喫してきたようです


今夜の瀬の本高原ホテルは満館のようで

乗務員は他館

添乗員は本館のシングルルームでした
(ちょっと新館を期待してたのに・・・)
20230603_174451_copy_1024x768






三愛高原ホテル

いや、瀬の本高原ホテルも何年ぶりだろ?
20230603_172314_copy_1024x76820230603_174701_copy_1024x768






しばらく来ない内にオシャレなデッキや
20230603_172432_copy_1024x76820230603_172424_copy_1024x768






SNS映えしそうな絶景ブランコができていました
(実際にSNSで話題になっているんだとか)
20230603_175359_copy_1024x76820230603_175344_copy_1024x768






あと4月から夕食バイキングが始まったようです

これにはビックリ
20230603_172818_copy_1024x76820230603_172700_copy_1024x768






種類も豊富で味も美味しかったです
20230603_172705_copy_1024x76820230603_173251_copy_1024x768






奥の方にアルコールコーナーがあるんですが

なんとこれも全て飲み放題!!
20230603_173246_copy_1024x768






うちの酒好き添乗員さんたちが

飲みすぎないかが心配です・・・

そんな瀬の本高原ホテルの現在の様子はコチラ↓




由布院・黒川温泉ツアー1日目♪

久々に九州エリアの鉄板コース

JR利用の由布院・黒川3日間です

関西は台風2号の影響で朝から大雨・・・
Gallery_1685718185541_copy_768x995








お客様は14組31名様

こんな悪天候の日に限ってお客様は

富山から北陸新幹線&サンダーバード利用で新大阪へ来るお客様

金沢・福井からサンダーバード利用で新大阪へ来るお客様

壬生川(愛媛県)からしおかぜ利用で岡山合流するお客様

って多方面から参加の方が多い・・・
(和歌山方面がいなかったのが幸いです)


北陸エリアのお客様は問題なく来れたけど

四国エリアのお客様はダイヤがかなり乱れている模様

本来の列車だと完全にアウトだったんですが

予定より2本早い特急に乗るつもりで家を出ていたそうなので

なんとか岡山まで来れて合流できました

危機管理能力の高いお客様で良かったです♪


1日目は博多駅到着までに新幹線車内で昼食を済ませます

添乗員さんのランチは2階のパントリーで買った

七穀バランスご飯・黒酢鶏(648円)
20230602_120003_copy_1024x768






これ、昔よく買ってた弁当

さっぱりしていて暑い季節におススメです

博多駅で“ゆふいんの森5号”にのりかえ

のりかえの導線はコチラ↓


ホームは既にインバウインドの旅行者で溢れていました
20230602_142153_copy_1024x76820230602_142827_copy_1024x768






ゆふいんの森は一世(4両編成)と三世(5両編成)がありますが

今回は初代の一世
(けっこう車内は老朽化が目立ちます)
20230602_142726_copy_1024x768






荷物置き場もこんな状況・・・
20230602_144130_copy_1024x76820230602_144036_copy_1024x768






普通座席はこんな感じで2席・2席の配列
20230602_144931_copy_1024x76820230602_144829_copy_1024x768






一部、4名ボックス席があるので

添乗員さんは席割りの際に注意です
20230602_143605_copy_1024x768






こちらは共有スペースのサロン

早いもの勝ちです
20230602_143622_copy_1024x768






こちらはビュッフェと呼ばれる売店コーナー

乗車記念スタンプやカードがあります
(各自自由ですが1人1枚まで)
20230602_144730_copy_1024x76820230602_144741_copy_1024x768






博多を過ぎたころからだんだん外が明るくなってきました

由布院に近づくにつれて青空まで!!
20230602_150948_copy_1024x768






このコースは湯布院駅からホテルまで徒歩移動なので

めっちゃ雨の中を歩く覚悟で来ましたが

なんとか傘いらずで移動できました

駅からホテルまでの導線はコチラ↓



今夜のお宿はもちろん

“ゆふいん山水館”
20230602_172007_copy_1024x76820230602_175841_copy_1024x768






大分の地域クーポンは独自カードですが

山水館さんのご厚意で

全員紙クーポンで頂きました♪
Gallery_1685718298306_copy_1410x1057






以前は添乗員もお客様と同じ会場で同食でしたが

久々に来たら別会場・別メニューになってた
20230602_191939_copy_1024x76820230602_192227_copy_1024x768






お客様の食事に比べ品数は少ないですが

とり天が付いてて個人的には大満足な夕食でした♪

そんなゆふいん山水館の現在の様子はコチラ↓



パノラマ南九州ツアー・2日目♪

ツアー2日目

なんとか雨は止んでくれたようです
Gallery_167385556160320230116_081925_copy_1024x768






最初に向かったのは

本州最南端の“西大山駅”

昨日はほとんど見えていなかった開聞岳も姿を見せてくれました
20230116_091600_copy_1024x76820230116_091755_copy_1024x768






お次は“池田湖”

ツアータイトル通り

菜の花も綺麗に咲いていました
20230116_094801_copy_1024x76820230116_094637_copy_1024x768






長崎鼻の“にしき屋”と同様

池田湖の“池田湖パラダイス”も入社以来お世話になっているドライブイン
20230116_095050_copy_1024x76820230116_095112_copy_1024x768






大ウナギも健在
20230116_095142_copy_1024x76820230116_095301_copy_1024x768






お昼は知覧

池田湖と言えば

“いけパラ(池田湖パラダイス)”

知覧と言えば

“ちらパラ(知覧パラダイス)”

でしたが、店名が

“桜見亭”って名前に変わっていました
20230116_120432_copy_1024x76820230116_120408_copy_1024x768






お客様は2種類より選べる昼食
(あ、オプションです)
Gallery_1673855671388_copy_1024x768Gallery_1673855682238_copy_1024x768






添乗員さんは炒飯でした(笑)
20230116_111050_copy_1024x768






ちらパラさんの乗務員食は昔から日替わりなのです

ご希望のお客様は“特攻平和会館”
20230116_115745_copy_2000x1500






しばらく来ない内に見慣れないお店ができてたな・・・
20230116_114208_copy_1024x76820230116_114220_copy_1600x1200






桜見亭周辺の飲食店はこんな感じ↓


特攻平和会館へ行かないお客様は“知覧武家屋敷”

ここも昔から変わらんな〜

森のおばちゃん(駐車場の受付)もお元気そうで何よりです
20230116_123910_copy_1024x76820230116_123628_copy_1024x768






このコース最後の観光地は“城山展望台”

駐車場から展望台へ向かう途中にはお店が並んでいるんですが

1軒しか開いてなかった・・・
20230116_143339_copy_1024x76820230116_143422_copy_1024x768






昨日はほとんど見えていなかった桜島

今日はバッチリでした♪
20230116_144223_copy_1024x76820230116_144258_copy_1024x768






あの市街地に建つでっかいタワー

あれ、何作ってるんやろ???
20230116_144323_copy_1024x76820230116_144311_copy_1024x768







帰りも鹿児島空港なので気持ちラク

昨日、しっかり下見できているので案内もしやすいし♪
20230116_161005_copy_1024x76820230116_162539_copy_1024x768






あ、この2階の山形屋ってお土産屋さん

ここ、本もクーポンで購入できますよ
(アプリのみ)
20230116_162519_copy_1024x76820230116_162510_copy_1024x768






鹿児島空港って

ANAとJAL以外に

ピーチ・ソラシドエアー・ジェットスター・スカイマーク・FDA

って乗り入れしている航空会社がめちゃ多いんですよね

時間があまったら3階の展望デッキもおススメです
20230116_163026_copy_1024x76820230116_163016_copy_1024x768






あと天然温泉の足湯もあるしね

そんな魅力いっぱいの鹿児島空港はコチラ↓


こんな感じで昨年からスマホで添乗員さん向けに

空港や駅のイメトレ用動画を撮影しています

これまでに撮影した空港リストは

・隠岐空港
・大分空港
・新潟空港
・関西空港
・函館空港
・石垣空港
・神戸空港
・新千歳空港
・徳島空港
・鹿児島空港


この3ケ月だけでけっこう溜まったわ(笑)

パノラマ南九州ツアー・1日目♪

ひとっ飛び!菜の花咲く絶景!パノラマ南九州2日間

というツアーで鹿児島へ

いよいよ始まりました

大怪獣より恐ろしい

恐怖の全国旅行試練(第二期)対象コースです・・・

お客様は13組33名様

スタンバイは7時40分

そんなに早い集合じゃないのに

他社さんは1本も出てなかった・・・

てかカウンターの電気すら消されてたし!!
20230115_070349_copy_1024x76820230115_070405_copy_1024x768






鹿児島空港に到着したら

バスに荷物を預け、空港内で自由昼食

先日の石垣空港と違い

鹿児島空港は飲食店が豊富なので助かります♪

今回はドライバーさんが行きたいお店がある!

ということなのでご一緒させて頂きました
20230115_114648_copy_1200x1600








それがこちら、3階にあるラーメン店

“月うさぎ”

濃厚な白湯スープで有名らしい

ドライバーさんが行きたいっていうからコスパのいいお店かと思いきや

ラーメンなのに結構いいお値段しますやん・・・
20230115_114436_copy_1024x768
20230115_114422_copy_1600x1200






添乗員とドライバーさんは“THE鶏そば(990円)”

ガイドさんは“坦TAN鶏そば(1045円)”
Gallery_1673823637939_copy_1024x76820230115_112922_copy_1024x768






白いどんぶりに白いスープなので見た目がめっちゃ地味やな・・・

でも自慢の白湯スープは想像以上に濃厚

めちゃ美味しいやん!!

でもラーメン食べてるって感じじゃないな

さながら洋食のクリームスープって感じ

確かに時間とお金がかかってそうな味がした(笑)
20230115_112930_copy_1024x76820230115_113108_copy_1024x768






帰りも鹿児島空港利用なので

食後は空港内でどれくらいクーポンが使えるかリサーチ

鹿児島は昨年まで紙クーポンでしたが

今年からリージョンペイを採用しています

電子クーポンのみのお店は青

紙・電子の両方使えるお店はピンクのポスターが目印です
(これめちゃ分かりやすい!!)
20230115_114926_copy_1024x76820230115_115316_copy_1024x768






飲食店で使えるお店はこんな感じ
(1月15日現在)

3階:“ふく福”
20230115_114551_copy_1024x768






2階:“山形屋食堂” “大空食堂”
20230115_115522_copy_1024x76820230115_114933_copy_1024x768






1階:フードコートウイング
20230115_120317_copy_1024x768






物販系はほとんどのお店で使える感じですが

両方使えるお店は現時点では“ANAFESTA”のみでした

空港内には2店舗あります
(写真左:2階/写真右:1階)
20230115_115335_copy_1024x76820230115_120455_copy_1024x768







鹿児島空港を出発し、最初に向かったのは

“仙厳園”

なんだか天候が崩れてきた・・・
20230115_131925_copy_1024x768






尚古集成館は本館(右側)が耐震工事中

別館(左側)は見学可能でした
20230115_133922_copy_1024x76820230115_133959_copy_1024x768







お次は“長崎鼻”

雨と風が急に強くなってびしょ濡れになった・・・
20230115_155620_copy_1024x76820230115_155727_copy_1024x768






数年ぶりの長崎鼻ですが

にしき屋さんも元気そうで安心しました

ここは入社以来、様子がまったく変わってない(笑)
20230115_160804_copy_1024x76820230115_160741_copy_1024x768






見た目は思いっきりアナログですが

クーポンはしっかりピンクでした
20230115_155831_copy_1024x768






本日の観光は以上で終了

今夜は指宿温泉の“ホテル翔月(しょうげつ)”

初めて聞くホテルだな〜と思ったら

昔の“指宿コーラルビーチホテル”でした

なんだかリノベーションしてアジアンリゾートテイストなホテルになっていました
(昔どんなだったか覚えてないけど・・・)
20230115_190917_copy_1024x76820230115_191049_copy_1024x768






20230115_190958_copy_1024x76820230115_190854_copy_1024x768






部屋も広くていい感じやん♪

ウナギの寝床みたいなユニットバスもユニーク(笑)
20230115_175156_copy_1024x76820230115_175437_copy_1024x768






夕食が美味しかったです

豪華な食材とは言えませんが

手間暇かけて作っているのが伝わってきます

かなり腕のいい料理人がいると見た!
20230115_200717_copy_1024x768






クーポンも部屋毎にセットして頂いて助かりました
20230115_165320_copy_1024x768







話は変わりますが

飛行機利用で指宿1泊って今では珍しいですが

私が入社した当時は結構メジャーだったんですよね

新人添乗員フナッシュが初めて担当した飛行機コースも

指宿1泊でした

6名グループの代表の怖いおっちゃんに

バスの座席が分かりにくい!


っていきなり怒鳴られたのは今でもトラウマです・・・

軍艦島クルーズと紅葉の御船山ツアー・2日目♪

ツアー2日目は今回のツアーのメインイベント

“軍艦島上陸クルーズ”

現在、軍艦島クルーズは5社が運行していますが

今回は“やまさ海運”のツアーを利用

5社の中で唯一、桟橋が長崎港ターミナル

軍艦島クルーズの中では最も歴史のある船会社です
20221127_102609_copy_1024x768_120221127_110609_copy_2000x1500






乗船までの導線はこんな感じ↓


乗船するのは9時出航の第1便

受付開始は8時15分からですが

すでにすごい人だ・・・

受付で受け取るものは3点

‐菫シ堯蔽賃里惑髻個人は緑)
班分けシール
パンフレット(中に上陸券が挟んであります)


上陸券は軍艦島に上陸した際にスタッフに渡します

上陸できなかった場合は返金してもらうのに必要なので

最後までなくさないよう注意しましょう
20221127_082840_copy_1024x76820221127_082002_copy_1024x768






乗船開始は8時40分

2号桟橋の番のりばから出航です
20221127_090902_copy_1200x1600








全員着席で定員は220名ほど

この日は日曜日だけあって満席でした

席は自由席で2階の右側が人気だそうです
(案内する対象が右に多いため)
20221127_082708_copy_1024x76820221127_084217_copy_1024x768






それではお気をつけていってらっしゃーい!

はい、このコース

添乗員は経費の関係上、乗船できません

桟橋でお客様をお見送り・・・
(決してさぼっている訳じゃないです!)

クルーズ船は11時30分に帰港

そのあと南山手地区へ

ご希望のお客様は“グラバー園”へご案内しました

駐車場周辺はこんな感じ↓


グラバー邸は前に来た時はたしか改修工事をしていたような

以前と色がちょっと変わっていますね
20221127_122032_copy_1024x76820221127_122123_copy_1024x768






南山手地区では2時間半ほどフリータイム

昼食も自由昼食です

南山手地区は飲食店が少ないので

中華街へ行かれたお客様も多かったようです
(松ヶ枝町駐車場からは徒歩15分ほど)
20221127_130701_copy_1024x76820221127_130838_copy_1024x768






からすみちゃんぽんが気になる・・・

前にプライベートで食べた“江山楼”

めっちゃ並んでた・・・
20221127_130936_copy_1024x76820221127_131134_copy_1024x768






ちゃんぽん発祥のお店として有名な“四海楼”

ここで食べたお客様は50分ほど並んだそうです
20221127_133023_copy_1024x768






今回参加のお客様に教えてもらったんですけど

駐車場のすぐそばに“レッケル”ってお店があるんですが

ここ、サッカー日本代表

田中麻也選手プロデュースだそうです

現在、ワールドカップが開催されているので

めちゃタイムリーですよね

その田中なんちゃらって選手は知りませんが

トルコライスが有名だそうなので今度行ってみよ♪
20221127_142508_copy_1024x76820221127_142521_copy_1600x1200






あ、添乗員さんの昼食ですか?

リンガーハットですよ!!
20221127_104905_copy_1024x768







このあと佐賀県の金立SAで休憩をとって

博多駅から新幹線で帰ります

今回のコース、めちゃシンプルでしょ

お客様は軍艦島クルーズがメインですから

これくらいシンプルでいいと思います

筑紫口側に新しいお弁当売り場ができていまいした

お客様は帰り、お弁当を買われる方が多いので助かります
20221127_165324_copy_1024x76820221127_165550_copy_1024x768






あ、添乗員さんの夕食ですか?

リンガーハットですよ!!
20221127_170441_copy_1024x768






明日も連添で日帰りツアーだし

早めに夕食たべとかんとね・・・

軍艦島クルーズと紅葉の御船山ツアー・1日目♪

新幹線利用で軍艦島がメインの2日間コースへ

お客様は10組21名様

添乗員としては精神的に余裕が持てる人数です♪

博多駅で“くろき交通”さんのバスに乗り換え

まず最初に向かったのは佐賀県武雄市にある

“御船山楽園”

いつも高速から見えるあの猫耳みたいな山

“御船山(みふねやま)”の麓にある庭園です

御船山楽園では四季折々のイベントが開催されていますが

現在は紅葉まつりが開催されています

受付で精算をしたら領収書を受け取り

入場ゲートのスタッフに見せるとお客様分の地図がもらえます

これがチケット代わりになるようです
(配布は添乗員が行います)


20221126_142715_copy_1024x76820221126_142656_copy_1024x768






庭園の中心には大池(鏡池)と呼ばれる池があって

そこをぐるっとまわる池泉回遊式の庭園
20221126_143343_copy_1024x76820221126_144128_copy_1024x768






紅葉は見ごろで綺麗でした
20221126_145919_copy_1024x76820221126_144515_copy_1024x768






20221126_145511_copy_1024x76820221126_145558_copy_1024x768






一番奥にあるのが“つつじ谷”

御船山楽園はサクラやツツジも有名なんだとか

ツツジの季節に来てみたいな〜
20221126_145256_copy_1024x76820221126_144941_copy_800x600






なんてったってこの御船山の絶壁がかっこいいですよね

はじめて来た観光地でしたが

なんで今までコースに入ってなかったんだろ?

所要時間は1時間とりましたが

少し余ったくらいでした
20221126_143745_copy_768x1024








本日の観光はこれにて終了

本日のお宿は長崎市内の高台にたつ

“ホテル矢太樓”

本館と南館があってちょっと館内がややこしい
20221126_163309_copy_1024x76820221126_163338_copy_1024x768






今回は添乗員もお客様も本館利用

かなり昭和テイスト強めなお部屋でした
20221126_163552_copy_1024x76820221126_163614_copy_1024x768






添乗員の部屋にはありがたいことにカップラーメンの差し入れ付き

これもまた時代を感じます
20221126_163620_copy_1024x768






昔はツアーでもだいたいカラオケが付いていたので

添乗員の食事はお客様の食事時間から

2時間後とかザラだったんですね

なのでホテルの方が気をつかって

先に何か食べて下さいとか

夜食に食べて下さいって

部屋におにぎりとかの差し入れがよくあったのですよ


おっと、話がそれましたが

矢太樓本館のホワイトルームの奥には

夜景が見れる展望台があります
20221126_225423_copy_1024x76820221126_225228_copy_1024x768






立地が高台なので夜景がめちゃ綺麗♪

遠くに見える橋は“ながさき女神大橋”

あんな橋あったかな?と思ったら

平成17年に新しくできた橋だそうです
20221126_200717_copy_1024x76820221126_200736_copy_1024x768






今夜は南館は静岡県からの修学旅行生の貸し切り

なんとバスは12台口!!

祐徳バスの知ってるガイドさんやドライバーさんもたくさん来ていました
20221126_225056_copy_1024x768






祐徳バスもここ2年くらい乗ってないな〜

恐らく最後に乗ったのは

コロナが流行り始めたこのツアーかもしれん・・・

カフェ・トレインで行く島原天草ツアー1日目♪
(2020年2月2日)

この記事ではまだ“コロナ”じゃなく

“新型肺炎”って書いてる!!

この頃はこの未知なる“新型肺炎”の影響が

こんなに長く続くとは思ってもみなかったな・・・・・

伊予八幡浜と別府温泉ツアー・3日目【後半】♪

3日目の午後は再び別府へ戻ります

午後の観光地は2ヶ所とも初めての場所なのでめちゃ不安・・・

まずは“八幡竈門(はちまんかまど)神社”

昨年、鬼滅の刃で注目を集めた神社です

マイカーは坂の上に駐車場がありますが

観光バスは上がれないので下で路駐し

歩いて坂を上ります・・・

鳥居をくぐって左にトイレあり(男女兼用)
20221116_140649_copy_1024x76820221116_140153_copy_1024x768






主祭神は八幡大神こと

応神天皇・仲哀天皇・神功皇后
20221116_140021_copy_1024x76820221116_135927_copy_1024x768






鬼滅ファンの聖地だけあって

奉納された絵馬もこんな感じ
20221116_140039_copy_1024x768







境内にはいくつか見どころスポットが点在

まずは鳥居の横に狛犬代わりに置かれた“機雷”
(日露戦争に戦勝した際に奉納されたんだとか)
20221116_135959_copy_1024x76820221116_135454_copy_1024x768






鬼に関わるスポットとしては

鬼が積み上げた“九十九段の石段”

鬼が忘れた“石のわらじ”
20221116_135536_copy_1024x76820221116_135712_copy_1024x768






龍に関するスポットとしては

拝殿の天井にある龍の絵
20221116_140057_copy_1024x768






龍が出入りすると言われる“龍穴”

見上げると龍の顔に見える木など
(これはちょっとムリがあるような・・・)
20221116_135847_copy_1024x76820221116_135758_copy_1024x768






こちらはご神木の“魂依(たまより)の木”

社務所でご神木のお守りを買うと

ご神木の中に入れるそうです
20221116_135740_copy_768x1024








所要時間は30分とったんですが

皆さん20分で帰ってきた・・・





お次は“豊後高田市・昭和の町”

昭和30年代の雰囲気が味わえる商店街を散策

バスはメイン施設の

“昭和ロマン蔵(ぐら)”の横に止めます
20221116_151624_copy_1600x120020221116_155119_copy_1024x768









この町は

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」のロケ地でもあります

公開:2017年
原作:東野圭吾
主演:西田敏行・山田涼介


ちょっとでもイメージできるよう

事前にアマプラで見ました(笑)
20221116_155252_copy_1024x76820221116_155242_copy_1024x768






現在は撮影で使われた建物はないですが

看板がロマン蔵の敷地内にあります
20221116_155849_copy_1024x768






ロマン蔵は一部有料

16時までなので注意しましょう
20221116_151557_copy_1024x76820221116_151531_copy_1024x768






ロマン蔵の敷地の中を通って駅通り商店街へ入ります

この角にある魚屋さん

映画では“魚松”って魚屋として登場
(ほんまに魚屋として営業しています)
20221116_152529_copy_1024x76820221116_152656_copy_1024x768






“肉の金岡”“昆虫に館”も映画でチラっと映ってた!

金岡のコロッケが美味しいと聞いていたんですが

水曜日はお休み・・・
20221116_152802_copy_1024x76820221116_152813_copy_1024x768






20221116_152909_copy_1024x76820221116_153019_copy_1024x768






金岡の手前の細い道を進むとポケットパーク

映画ではここにナミヤ雑貨店がありました
20221116_153601_copy_1024x76820221116_153617_copy_1024x768








駅通り商店街→新町商店街→中央通り商店街って進むと

地図でい竜叛電機商会の隣に

復元されたナミヤ雑貨店が!!
(中はヘアサロン?)
20221116_153909_copy_1024x76820221116_153921_copy_1024x768








そのまま桂川の方向へ進むと“桂橋”

ラストに山田涼介が全速力で走る場面にで出てくる橋です
20221116_154332_copy_1024x768






こんな感じで映画を見た人ならそれなりに楽しめますが

そうじゃない人にはちょっと反応が弱かった・・・
(閉まってるお店も多いし)

あ、帰りの近道教えておきますね



さて、これにて3日間の観光は全て終了

帰りは大分空港から帰ります

大分空港とか、全然記憶にないけど

このツアー以来のようです・・・

今日から九州涼景めぐり2日間♪
(2009年8月17日)



保安検査場・売店は2階
20221116_173112_copy_1024x76820221116_173134_copy_1024x768






レストランは3階です
20221116_173152_copy_1024x76820221116_173227_copy_1024x768






20221116_173307_copy_1024x76820221116_173256_copy_1024x768






1階にセブンイレブンや足湯(無料)があるのがいいですね
20221116_173445_copy_1024x76820221116_183917_copy_1024x768






あと保安検査場を過ぎても

搭乗待合室の売店が充実してるのもありがたい
20221116_185449_copy_1024x76820221116_185506_copy_1024x768






さらに・・・

最後の最後まで満喫クーポンが使えます!!
20221116_185517_copy_1024x768







さて、今回のツアー

松山INの大分OUT

なんともユニークなコースでした


観光地は初めて行く場所ばかりだし・・・

ガイドさんもいない・・・

お客様も多い・・・


不安すぎて休みの日を利用して

大阪にある愛媛県と大分県の大阪事務所へ行って資料を集め

アマプラで「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を見て

YouTubeで検索かけまくって色んな動画を見てイメトレ

いや、タビトレしてから行きました


そしてつくづく感じました

YouTubeって便利!!


やっぱりこれからの時代は動画やなと改めて思った


企画担当者も添乗員への指示や資料は

動画を使えばもっと伝わると思うんだけど・・・


伊予八幡浜と別府温泉ツアー・3日目【前半】♪

ツアー3日目を迎えました

今日もいい天気になりそうです

てか最近、やたら天気に恵まれてるな♪
20221116_071131_copy_1024x768






朝のバイキングも郷土食があっていいですね
20221116_073452_copy_1024x76820221116_073505_copy_1024x768






自分で焼く干物も焼き立てのクロワッサンも美味しかった
20221116_073518_copy_1024x76820221116_073547_copy_1024x768






3日目最初の観光地は“九重夢大吊橋”

何年振りやろ?

ここはあまり以前と変更点はなさげ
20221116_100532_copy_1600x120020221116_093654_copy_1024x768








あ、唯一こんなことがありました

お客様にチケットを配っていたら

どこからともなくスタッフが寄ってきて

「今からチケットの説明をします!」とか勝手にお客様を集めてたんですね

そんな説明とかあったっけ?と思ったら

このスタッフ、写真屋さんでした

もちろんチケットの説明とかはどうでもよくて

ただ単に撮影場所に連れて行くための口実です・・・

撮影場所でムダに待たされるので

時間のないときは断ったほうがよさげ

てか写真屋さんもひとこと添乗員に声をかけてくるのが筋じゃないかな?

写真屋さんには同情するところはあるのですが

ここはちょっと強引で協力する気が失せる・・・
(旅行会社に手数料が入るわけでもないし)

あ、話がそれましたが

さすがに標高777mなので

橋を渡る際はめちゃ寒いです

おかげで紅葉も楽しめました
20221116_094134_copy_1024x76820221116_094604_copy_1024x768








20221116_095101_copy_1024x76820221116_094531_copy_1024x768







お次は“湯布院”

金鱗湖周辺の紅葉が綺麗!!
20221116_111451_copy_1024x76820221116_111551_copy_1024x768






20221116_112109_copy_1024x76820221116_111854_copy_1024x768






20221116_111918_copy_1024x76820221116_112019_copy_1024x768






大分川沿いの駐車場

ここが以前とかかなり変わっていました

湯布院に来るのは実に3年ぶりなのです(笑)

九州5県周遊ツアー♪【前半】
(2019年12月20日)
20221116_112513_copy_1024x768






民芸村があった場所が広場みたいになっていて

綺麗なトイレもできていました
20221116_112632_copy_1024x76820221116_112647_copy_1024x768








見慣れないお店もたくさできたな〜

スヌーピーとかミッフィーとか
20221116_113206_copy_1024x76820221116_113350_copy_1024x768






湯の坪横丁には“パンとエスプレッソとゆふいんと”

が7月にオープンしたそうです

このカフェ、嵐山でも人気ですよね
20221116_113750_copy_1024x76820221116_113932_copy_1024x768






湯の坪横丁のトイレはコイン制になっていました

お店を利用した際にコインがもらえるシステムです
20221116_114052_copy_1024x76820221116_113914_copy_1024x768






しかし平日なのにすごい人!!

外国人もかなり多かったです
20221116_123326_copy_1024x76820221116_124218_copy_1024x768






今日のお昼は湯布院で自由昼食
(このコースは自由食が多い)

湯の坪街道あたりは混んでいるので

駅の方まで来てみました

今回は“えびす”ってお店で

“チキン南蛮定食(850円)”

湯布院でこの価格設定はリーズナブル♪
20221116_120304_copy_1024x76820221116_122736_copy_1024x768






タレの量が半端なくて

さながら“しみだれチキン南蛮”やな(笑)
20221116_121434_copy_1024x76820221116_121438_copy_1024x768






味もボリュームも大満足!!

次に来た時は地鶏焼き定食やな♪

伊予八幡浜と別府温泉ツアー・2日目【後半】♪

別府港に到着

八幡浜港は新しいのでバリアフリーが進んでいましたが

別府港は階段・・・

車椅子の方は昇降機を使っております
20221115_130028_copy_1024x768






宇和島運輸のターミナルと道路を挟んで建つのが

“別府交通センター”
20221115_141214_copy_1024x76820221115_140611_copy_1024x768









大分のお土産が充実していますが
20221115_132337_copy_1024x76820221115_131958_copy_1024x768






1階の食堂、2階の竹未来館(竹細工の無料資料館)は

週一程度しか開かないそうです・・・
20221115_132020_copy_1024x76820221115_132109_copy_1024x768






飲食は2階のレストランさざ波のみ営業中

今回はこちらでオプショナル昼食でした
20221115_132358_copy_1024x76820221115_131841_copy_1024x768






このあとホテルまではタクシー10台に分かれて移動・・・

今夜のお泊りは“ホテル風月”

別府泊りで昔からお世話になっているお馴染みのホテルですが

以前の“ホテル風月・ハモンド”はこのコロナ禍で閉館しており

現在は“湯快リゾートPremium”として生まれ変わっています

湯快リゾートになってからは初めてなので楽しみ♪
20221115_152346_copy_1024x76820221115_152209_copy_1024x768






以前とはフロントの場所も変わっています
20221115_152546_copy_1024x76820221115_152106_copy_1024x768






現在のフロントは前に売店があった場所やね
20221115_152624_copy_1024x768






ロビーには珍しい砂の足湯がありました
20221115_152848_copy_1024x76820221115_152905_copy_1024x768









15時前に到着ですが、部屋に入れるのは15時以降

お部屋に荷物を置いたあとは

夕食までホテル周辺の地獄めぐりなどを散策
20221115_153549_copy_1200x1600








海地獄やかまど地獄なら徒歩圏内

血の池地獄・竜巻地獄へはタクシーがおススメです

あ、足だけの箱湯とかあるんや(無料)
20221115_153619_copy_1024x76820221115_153753_copy_1024x768






添乗員のカギは後でもらおうと思ったら

いつの間にかフロントは一般客のチェックインで大混雑
20221115_152006_copy_1024x768






結局、2時間くらい部屋に入れなかった・・・

今夜の添乗員の部屋

なんかめっちゃ広くて落ち着かない
(こんな広い部屋じゃなくていいのに)
20221115_171334_copy_1024x76820221115_171355_copy_1024x768






夕食はバイキング

やたら肉料理が充実したメニューで美味しかったです
20221115_185641_copy_1024x76820221115_185702_copy_1024x768






自分で食材を選べる地獄蒸しもありました♪
(地獄蒸しプリン食べ放題も嬉しい)
20221115_185824_copy_1024x76820221115_191007_copy_1024x768






あと以前は宿泊者も有料だった温泉施設の“夢たまて筥”

現在は無料で利用できます♪
20221115_171215_copy_1024x768






8階に大きな露天風呂もできたようで

こちらはプールの扱いとして水着着用(混浴)
(500円でレンタルもできます)

湯快リゾートといえばカラオケってイメージですが

このホテルにはカラオケ設備はありません

てか湯快リゾートって以前はジャンカラのグループ会社だったけど

今は独立しているんですね

ホテルの2階には大きなキッズコーナー

マンガコーナー、卓球コーナーがありました
20221115_231310_copy_1024x76820221115_231418_copy_1024x768






20221115_231343_copy_1024x76820221115_231358_copy_1024x768








湯快リゾートはプライベートでも仕事でも何度か泊まったことがありますが

ここはあまり湯快リゾートっぽくない湯快リゾートでした

さすが湯快リゾートPremium


秋彩の九州!パノラマルート【3日目・後半】♪

さて、3日目の後半は“熊本城”

前回来た時はこんな感じでしたが

現在はどうなっているのでしょうか?

カフェ・トレインで行く島原天草ツアー3日目♪
(2020年2月4日)

工事が完全に終わるまであと14年ほどかかるそうですが

天守閣は見れるようになったので

ご希望のお客様をご案内

入城料は大人800円ですが

30名以上で640円

めっちゃ小銭が溜まったわ・・・
(そこは650円でええやん)
20221030_151049_copy_1024x768






現在の見学ルートはこんな感じ

チケットは南口発券所で購入

日祝は北口発券所もオープンするそうですが

南口発券所の方が駐車場から近いです
20221029_144407_copy_2000x1500






バスは城彩苑の横の駐車場を利用

要予約で入庫の際に予約票にあるQRコードが必要なので忘れないよう持参しましょう

駐車場から南口発券所まではこんな感じです



チケットを購入する場所は

有人窓口が3つと自動発券機が1機

この自動発券機が1機しかなく

おまけにタッチパネルなので

1組1組に時間がかかるかかる・・・
20221029_144028_copy_1024x76820221029_125549_copy_1024x768






団体は有人窓口だからいいですが

チケットは発券機で1枚1枚

ガッチャンガッチャンって出てくるので

時間がかかるかかる・・・

お客様の誘導はガイドさんにお任せして

添乗員は先に走って精算をしましょう
(美ら海水族館や首里城みたいな感じ)

これガイドさんの同行なしツアーだったら大変やな・・・
20221029_125253_copy_1024x768






南口発券所から天守閣までは

“特別見学通路”と呼ばれる空中回廊みたいなデッキが続いています

途中、階段が2ケ所ありますがEV完備
20221029_125657_copy_1024x76820221029_125808_copy_1024x768






回廊からお城を見るってなかなか斬新なアイデアですよね


20221029_125842_copy_1024x76820221029_130040_copy_1024x768






20221029_130200_copy_1024x76820221029_130406_copy_1024x768






この回廊はなんと

天守閣の入口(地下1階)まで続いているです!

お城って天守閣までが迷路みたいで歩きにくいじゃないですか
(攻めにくくしているので当然ですが)

受付のあと天守閣に着くまでにお客様がバラバラになることが多いですが

ここは回廊にさえ上がってしまえば

後は道なりなので迷いようがありません

添乗員としてはめちゃありがたい♪
20221029_131002_copy_1024x76820221029_131028_copy_1024x768






城内は最上階の6階まで階段で上がります

足の弱い方はEVも利用できます
(1階で乗り換えあり)
20221029_131128_copy_1024x76820221029_131217_copy_1024x768






20221029_131250_copy_768x1024








各フロアの展示コーナーもとても見ごたえがあるので

歴史好きはいくら時間があっても足りないだろうな
20221029_131431_copy_1024x76820221029_131823_copy_1024x768






こちらは6階の展望フロア
20221029_131924_copy_1024x76820221029_131947_copy_1024x768






お城の見学のあとは城彩苑で自由昼食

前にも1度ここで自由昼食ってあったけど

城彩苑ってあんまり食べるとこないんですよね

地域クーポンも売店では使えても

飲食店ではほぼ使えませんでした
20221029_142841_copy_1024x76820221029_143127_copy_1024x768






添乗員さんはちょっとアーケードまで出てみました
20221029_141937_copy_1024x768






久々の熊本なので

熊本名物・熊本ラーメン!

と思ったけど、暑すぎてラーメンだと汗だくになりそうなので

“小樽名物・なるとキッチン”

おろしザンギ定食(950円)を食べました
20221029_141918_copy_1024x76820221029_135729_copy_1024x768






さて、これにて3日目の観光は全て終了

帰りは博多駅から帰ります

筑紫口の駐車場が綺麗になりましたね
20221029_172004_copy_1024x768






構内はそれほど変わった点はなかったですが

ひかり広場のそばにあったコインロッカーが撤去されていました(泣)
20221029_174232_copy_1024x76820221029_174242_copy_1024x768






あ、帰りの新幹線

なんかシートが綺麗だな〜と思ったら

N700Sの車両でした
20221029_180143_copy_1024x76820221029_180854_copy_1024x768






13年ぶりにフルモデルチェンジした東海道・山陽新幹線の最新車両です

デビューは2020年7月1日だそうですが

たぶん利用したのは今回が初めてじゃないかな?

見た目は今までのN700Aとほぼ一緒ですが

全シート充電コンセント付きで

リクライニングも深く沈み込む仕様で座り心地が良くなったそうです

まぁ添乗員は仕事中にリクライニングを倒すことがないので

N700AでもN700Sでも一緒ですわ(笑)



秋彩の九州!パノラマルート【3日目・前半】♪

ツアー3日目

今日も朝から快晴です
20221029_083921_copy_1024x76820221029_065329_copy_1024x768






2日目最初の観光地は“天草パールガーデン”

なんか聞いたことあるようなないような名前だなと思ったら

以前の“天草パールセンター”

昨年12月に“天草パールガーデン”としてリニューアルオープンしたそうです

昨日のニュー草千里と同様

めっちゃ雰囲気が変わっててビックリ

この辺りは急にオシャレなスポットに様変わりしましたね

グーグルマップで見るとこんな感じ

観光バスはリゾラテラス天草の前にある大きな駐車場へ
スクリーンショット (34)






動画で見るとこんな感じ


3つある商業施設の一番奥が“天草パールガーデン”
20221029_091553_copy_1024x76820221029_090918_copy_1024x768






水中水族館・シードーナツも健在です

パールガーデンの売店は水族館のグッズコーナーって感じかな
20221029_090901_copy_1024x76820221029_094311_copy_1024x768






ちなみに以前はこんな感じのドライブインでした
91c94279







真ん中は“リゾラテラス天草”

塩パンが人気のパン屋さんが入っていて

店内はめちゃいい香りが漂っています

売店の品揃えも豊富でお客様には一番人気でした
20221029_091726_copy_1024x76820221029_092927_copy_1024x768






海側にはオシャレなカフェもあります

添乗員・乗務員はサービス♪

カフェの向かいはシークルースの桟橋
20221029_093355_copy_1024x76820221029_093527_copy_1024x768






一番手前は“ミオ・カミーノ天草”

ここはボルダリングのショップが入っていたり

レンタサイクルやレンタカー

観光船(シークルーズ)の受付が入っています

売店で取り扱っている商品はアウトドアアイテムが中心
20221029_092402_copy_1024x76820221029_092410_copy_1024x768






今回のツアーではシークルーズさんの

“天草五橋クルージング”が入っていたので

お客様が散策中に乗船手続き
20221029_092422_copy_1024x76820221029_092153_copy_1024x768






ミオ・カミーノ天草はこんな感じ


この3つ施設をまとめると・・・

●天草パールガーデン➡小さなお子様のいる家族向け
●リゾラテラス天草➡カップル・女子旅・ツアー客など万人向け
●ミオ・カミーノ天草➡アウトドア好きのアクティブ派向け


って感じでしょうか
(あくまでイメージです)

どの施設でも熊本の地域クーポンが使えます
(シードーナツも利用可能)


さて、時間になってので“天草五橋クルージング”へ出航!

初めて利用する観光船です

船はJR九州のD&S列車のデザインでお馴染みの

あの“水戸岡鋭治氏”がデザイン

シートもJR九州の特急で使用されている素材だそうです
20221029_105834_copy_1024x76820221029_101310_copy_1024x768






青い海に青い空!

めっちゃ気持ちいい!!
20221029_102211_copy_1024x76820221029_102541_copy_1024x768






ちょっとお客様にはおススメしたくないですが

航行中はいつでもデッキに出れます

出るのは自由ですが、くれぐれも落ちないように!
(救命胴衣も付けてないしね・・・)

奥に見える山は島原半島の雲仙普賢岳です
20221029_103451_copy_1024x76820221029_103205_copy_1024x768







五橋クルージングといっても1号橋まではいかず

2号橋で折り返し

所要時間は30分です
20221029_104405_copy_1024x76820221029_104209_copy_1024x768






これは今まで乗った観光船&遊覧船の中でも

トップ3に入るほど良かった!!

景色はいいし

船も快適だし

そして何がいいって

30分って所要時間がいいわ♪



秋彩の九州!パノラマルート【2日目・後半】♪

ツアー2日目の後半は宮崎県の“高千穂峡”

まずは“神楽宿”でお昼ご飯
20221028_120548_copy_1024x768






食後は渓谷の散策ですが・・・

台風14号で遊歩道が被災

真名井の滝までは迂回路を歩きます
20221028_130039_copy_2000x150020221028_132010_copy_2000x1500







あららぎ茶屋横の神橋(しんばし)から車道を歩くので

散策中はほぼ車道です・・・
20221028_130032_copy_1024x76820221028_130206_copy_1024x768






20221028_130528_copy_1024x76820221028_130843_copy_1024x768






途中、おのころ池の横にある展望台から

真名井の滝と遊歩道が見下ろせます
20221028_131515_copy_1024x76820221028_131933_copy_1024x768








高千穂の遊歩道って数年おきに被害に遭いますよね

このブログで振り返っただけでもこれだけ出てきた

別府・阿蘇ツアー3日目♪
(2007年3月3日)
由布院・黒川ツアー3日目♪
(2010年12月18日)
情熱のリメンバー九州4日間♪〜ニュース編〜
(2016年9月1日)

自然の厳しさを感じます・・・

もちろん千穂の家の手前の御橋(みはし)からは

通常通り真名井の滝を見下ろすことができます
20221028_132849_copy_1024x1365








千穂の家も久々だな〜

日向夏ソフトも健在でした
20221028_132908_copy_1024x76820221028_133051_copy_1024x768






午後は“通潤橋”

以前は道の駅の前にバスを止めていましたが

現在は少し上に駐車場が移動したようです
20221028_151533_copy_1024x76820221028_150459_copy_1024x768






放水は決まった日の13時から限定なので

今回は見れませんでした
(現在は橋の上を歩くことはできません)
20221028_150736_copy_1024x768






これにて2日目の観光はすべて終了!

今夜は天草松島温泉にある

松島観光ホテル岬亭
20221028_193215_copy_1024x76820221028_194122_copy_1024x768






20221028_185902_copy_1024x76820221028_185806_copy_1024x768






ホテルに着いたら再び地域クーポンと格闘か・・・

とテンション低めでチェックインしたんですが

今回はホテルの方が部屋毎に輪ゴムで分けていてくれました

しかもちゃんと連番で!!

ほんまこれは神対応!!

岬亭さんにはほんと感謝ですm(__)m
20221028_174511_copy_1024x768






熊本県のキャンペーンは

“くまもと再発見の旅(全国版)”

明日も使える場所はたくさんありますが

やっぱりホテルの売店が使いやすいみたい
20221028_193020_copy_1024x76820221028_193042_copy_1024x768






今夜もホテル売店が賑わっておりました


秋彩の九州!パノラマルート【2日目・前半】♪

ツアー2日目の朝を迎えました

出発前はエンジェルくんとの記念撮影で

ロビー周辺がゴタゴタします

写真をご希望の方は早めにチェックアウトしてもらいましょう
20221028_074940_copy_1280x96020221028_075648_copy_1024x768






あ、ロビーにキャリーケースを置いてトイレに行ったんですけど

戻ってきたら勝手にホテルのタグが付けられてた・・・
20221028_074621_copy_1024x768






いや、こんなタグ恥ずかしからいらんし・・・


で、バスに乗ったら添乗員の席に

エンジェル君の名刺が勝手に置かれてた

お客様の人数分・・・

いや、余計な仕事増やさんといて・・・
20221028_080055_copy_1024x768








2日目最初の観光地は“阿蘇神社”

いつの間にか駐車場が有料になってるやん
20221028_085219_copy_1024x76820221028_085240_copy_1024x768






2016年の熊本地震で

楼門、拝殿が倒壊した阿蘇神社ですが

拝殿が新しく建て替えられていました

駐車場からの参拝ルートはこんな感じ↓


楼門が描かれた建屋の中では修復作業中

なんか工事中の日光・輪王寺みたいですね
20221028_085332_copy_2000x150020221028_085303_copy_1024x768






拝殿ができたことによって

3つある本殿は再び見えにくくなってしまいましたが

かなりかつての姿に近づきました
20221028_090652_copy_1024x76820221028_090509_copy_1024x768






新しい白木の拝殿が眩しいっ!!
20221028_090116_copy_1024x76820221028_090203_copy_1024x768






使える部分は再利用しているので

色の違いでどこが修復されたのかよく分かります
20221028_090418_copy_1024x76820221028_090346_copy_1024x768






このあとバスは“草千里”

草千里とかめっちゃ久しぶり!!

恐らく2019年のこのツアーぶりです

由布院・黒川温泉3日間ツアー♪
(2019年10月5日)


“ニュー草千里”はただいま外観が工事中

店内は知らない間にリニューアルしていました

めっちゃオシャレになっていてビックリ!!
20221028_102131_copy_1024x76820221028_102918_copy_1024x768






お店の人に何度も

「ここってニュー草千里ですよね?」って聞いてしまった(笑)
20221028_102936_copy_1024x76820221028_103005_copy_1024x768







2階に上がって

あ、ほんまにニュー草千里や

って安心した

店内に“草千里珈琲焙煎所”ってカフェが入っていて

添乗員・乗務員はサービスでもらえます♪

草千里でこんなオシャレなラテが飲める日がくるとは・・・
20221028_103716_copy_1024x76820221028_103812_copy_1024x768






長年お世話になっていた“草千里グリーンパーク”

なんか直視できないほど痛々しくなってた・・・(泣)
20221028_104044_copy_1024x768






昔はあれだけツアー客で賑わってたのにな

諸行無常の響きを感じます・・・・・

秋彩の九州!パノラマルート【1日目】♪

秋彩の九州!山海浪漫パノラマルート3日間

という新コースで九州へ

お客様は

22組42名様

ついに宿泊コースでも40オーバーの日々が戻ってきか・・・


初日は新大阪から新幹線で小倉へ

最初の観光地は“青の洞門”

10年以上ぶりですわ

途中にバスの乗降所みたいな場所ができていて

そこで下車、歩いて洞門を歩きます
(バスの先にある駐車場へ回送)
20221027_140553_copy_1600x120020221027_140352_copy_1024x768






20221027_140730_copy_1024x76820221027_140905_copy_1024x768






20221027_141056_copy_1024x76820221027_141145_copy_1024x768






途中、下へ降りると禅海和尚の手彫りの洞門を見ることができます
20221027_141631_copy_1024x76820221027_141841_copy_1024x768






ここを通ると道路の向かい側(山側)に出るので

再度、横断歩道で川側へ戻ります
20221027_141904_copy_1024x768






駐車場付近には売店もあったけど

平日だからなのか閉まっていました
20221027_142440_copy_1024x76820221027_142516_copy_1024x768






お次は中九州では定番の紅葉スポット

“深耶馬渓(しんやばけい)”

青の洞門と同じく、深耶馬渓も

恐らくこのコースぶりです

「九年庵」と九州紅葉八景ツアー2日目♪
(2010年11月18日)

駐車場から一目八景と呼ばれる展望所までは1本道


駐車場から展望台まで途中にいくつかお店があるんですが

営業していないお店が多かったです
(いきなり団子のお店は営業中)
20221027_151918_copy_1024x76820221027_151959_copy_1024x768






こちらが“一目八景展望所”

紅葉の見頃はこれからですね
20221027_151550_copy_1024x768








これにて本日の行程はすべて終了

今夜のお宿は大分県の筋湯温泉

筋湯観光ホテル 九重(ここのえ)悠々亭

日本人の団体は我々だけでしたが

韓国からのインバウンドが3団体入っていました

ついに日本人よりインバンが多い日々が戻ってきたか・・・
20221027_171136_copy_1024x76820221027_174652_copy_1024x768






悠々亭と言えば、看板犬の“エンジェルくん”が有名

スタッフのほぼごり押しともとれるエンジェルくん愛が

ちょっと狂気に満ちていて怖い・・・
20221027_171228_copy_1024x76820221027_165940_copy_1024x768






添乗員さんはなぜかヒノキ風呂付きの特別室でした
(1人でこんな広い部屋もらっても・・・)
20221027_171529_copy_1024x76820221027_171657_copy_1024x768






夕食にはちょっと変わった料理が出ていました
20221027_175436_copy_1024x768






それがこちら

悠々亭名物の“極楽温鶏(ごくらくおんけい)”

和風北京ダックみたいな料理だそうです
20221027_181538_copy_1024x76820221027_181542_copy_1024x768








鶏肉好きなので、めちゃ楽しみにしていましたが

添乗員さんの料理には付いてなかった・・・(泣)



さて、今回のツアーはめでたく全国旅行支援の対象コース

クーポンもちゃんと付きます

平日なので1泊につき3000円!

このクーポンはGOTOトラベルの時と違い

自治体独自のクーポンを使うので

九州など遠方の場合は

ホテルのフロントで添乗員がまとめて受け取ります

今回だと42名なので126枚!
20221027_165640_copy_1024x768






これをお客様へ配布前に

券番を控えて同意書に書けって指示なんですが

7桁の数字を現場で126枚分控えるって

ちょっと過酷すぎません?

しかも中途半端に連番じゃないし!!

GOTOトラベルの時は出発前にお客様ごとに券番が振り分けられていて

ちゃんと封筒にセットされていたのに・・・

この差はなんなんだ・・・

しかも同意書は都道府県ごとに

全国共通書式・独自の書式・必要なし

と3パターンに分かれていて

今回でいうと大分県と熊本県は

それぞれ独自の書式・・・
(熊本県は両面あり)
IMG_20221029_080422_copy_1368x1824IMG_20221029_080455_copy_1368x1824








やっぱり全国旅行試練やん!!


そしてこのクーポンは大分県の

“新しいおおいた旅割第2弾”の地域クーポン

大分県でしか使えません

2日目の行程では大分県の観光地は入っていません

てことは翌朝ホテルを出てしまえば

ただの紙切れとなってしまいます

もちろんホテルの売店は大盛況

エンジェルくんゴーフレットが売れる売れる(笑)
20221027_191613_copy_1024x76820221027_192020_copy_1024x768






在庫がなくなるんじゃないかと心配しましたが

なんとか補充もしてくれて

皆さま無事にクーポンを使いきったようです

やれやれ、これで安心して寝れるわ
20221027_191523_copy_1024x768






ってなんで添乗員が夕食後に

売店の在庫の心配しなあかんのや・・・


あ、これも明るい地球の未来のためか・・・

世界三大奇蟲“スムシ”って知ってる?

甑島ツアーの最終日

里港に乗船手続きに行ったら

足元にこんな虫がおりました

え?サソリ???

IMG_20220625_085501_copy_1024x768






なわけないよね・・・

でもサソリみたいなハサミを持ってるし

やっぱりサソリ?

でも尻尾がヒゲみたいの細い

じゃやっぱりサソリじゃないか・・・



とりあえず写真だけ撮り

まだホテルにいた案内人の塩田さんに聞いてみると

この虫は世界三大奇蟲にも数えられる

“サソリモドキ(別名:スムシ)”という虫だそうです

ヒゲみたいな尻尾からお酢みたいな匂いを出して

相手を威嚇するので“スムシ”なんだとか

以前、町おこしでこのスムシのポテトチップス

「ビネガロンチップス」という商品を販売して話題になったそうです
(もちろんビネガー味ってだけで虫は入っていません)
0001-724x1024









甑島では特に珍しい虫ではなく

潰したり威嚇すると臭いので

殺さずにほうきで掃いたりして追いやるのだとか
(カメムシみたいな存在?)

でもこれ、絶対商材として人気出そうじゃない?

シンガポールとか行ったら本物の小さいサソリが入ったキーホルダーとかあるじゃないですか

あんな感じで加工したらお土産として売れそうだけどな〜

甑島に行って、スムシビジネスでも始めるか♪



甑島列島ツアー3日目♪

甑島ツアーもいよいよ最終日

あれ?晴れてるやん・・・

昨晩の内に嵐は去ったのか???
IMG_20220625_082907_copy_1024x768






ホテルの朝食はバイキングスタイル

“パンモーニング”って名称なので

小さめですがパンが美味しいです
(和食もちゃんとあります)
IMG_20220624_073207_copy_1024x768IMG_20220624_073201_copy_1024x768






IMG_20220624_073221_copy_1024x768IMG_20220624_073234_copy_1024x768_1







ホテル出発前に昨日、島内を案内してくれた

ふるさと案内人の塩田さんが

手作りの栞を持って見送りに来てくれました

ついでに薩摩藩英国留学生についての講義が始まり・・・

ってどんだけサービス精神旺盛なんですか!!(笑)
IMG_20220625_090132_copy_1024x768IMG_20220625_085124_copy_1024x768







港の受付は7時から開いているので

乗船手続きは早めにしておいたほうがいいです
IMG_20220625_082858_copy_1024x768IMG_20220625_082624_copy_1024x768






早く並んでも船内には既に長浜港から乗船している乗客がいるんですけどね・・・
IMG_20220625_091524_copy_1024x768IMG_20220625_090906_copy_1024x768






乗船口が2つに分かれていますが

左側は高齢者や足の不自由な方の優先ルート
IMG_20220625_090513_copy_1024x768






9時30分、里港を出航

名残惜しく甑島を後にします

無事出航できて良かった〜
(翌日はどうしても外せない仕事があったのです)
IMG_20220625_092953_copy_1024x768






船内は椅子もカーペットもほぼ満席

この島のどこにこんなに人がいたんや!!
IMG_20220625_100458_copy_1024x768IMG_20220625_094323_copy_1024x768






土曜日の朝便は

鹿児島市内へ遊びに行く島民が多いから混む

と聞いていたけど

ほんとその通りでした

その辺の床や階段に座り込んでいるほど混んでた・・・

あ、後方デッキに椅子のエリアがあるやん♪

でもここは喫煙所も兼ねていたようで

タバコ臭くて諦めました・・・
IMG_20220625_094201_copy_1024x768






出航時は雨も降っていなかったのに

串木野新港に到着時はゲリラ豪雨!!!

やっぱり嵐は去っていなかった・・・
Screenshot_20220625_184057IMG_20220625_105326_copy_1024x768






串木野新港に着岸後は

“薩摩藩英国留学生記念館”

初めて訪れる観光地です

最近できた施設と思ったら

オープンは2014年だそうです
IMG_20220625_113704_copy_1024x768






展示スペースは撮影禁止ですが

小規模ながらもとっても綺麗な記念館でした

館内のデザインややオリジナルグッズなどがいちいちオシャレ

スタッフの皆さんもめちゃくちゃ親切
(頼めば説明もしてくれます)


展示スペースが生麦事件の被害者

リチャードンソンの遺体の大きなパネルから始まるとか

斬新すぎて鳥肌が立ちました
IMG_20220625_112649_copy_1024x768IMG_20220625_113734_copy_1024x768






ちなみに薩摩藩英国留学生というのは

幕末に国禁を犯してまで英国に留学した

薩摩藩士19名のことです

メンバーとしては五大友厚が有名ですね

同時期に英国に留学した藩士としては

長州藩士5名(長州ファイブ)も有名
(伊藤博文とか井上勝とか)


ちょっと物足りないですが今日の観光

というかこのツアーの観光は以上で終了!

帰りもJR川内駅から九州新幹線利用です
IMG_20220625_121321_copy_1024x768IMG_20220625_121249_copy_1024x768_1






改札の横にファミマがあって

ファミマの中に待合所があります
IMG_20220625_121254_copy_1024x768IMG_20220625_121301_copy_1024x768






ファミマの横にはお土産屋さんがありました
IMG_20220625_121357_copy_1024x768






観光バスが発着するのが駅の裏側(東口)なんですが

表側(西口)の方がお店は多いです

ベーカリーカフェや和食屋さん物産店などなど
IMG_20220625_121537_copy_1024x768IMG_20220625_121809_copy_1024x768






IMG_20220625_121559_copy_1024x768IMG_20220625_121710_copy_1024x768






うわ、この農協牛乳のパッケージ

めちゃ懐かしい!!
(これはクッキーです)
IMG_20220625_121554_copy_1024x768







さてさて、これにて久々の甑島ツアーも無事終了

と思いきや

最後の最後の

ほんま最後に

信じられないトラブルが発生!!

お客様にはご迷惑をおかけしたにも関わらず

お土産やらバナナやら

色々と頂いちゃいました
IMG_20220625_172515_copy_1024x768






最近、急に目の衰えを実感する機会が増えました

強がって裸眼で過ごしているんですが

お客様に迷惑をかけないよう

仕事の時だけでもシニアグラスをかけたほうがいいのかも・・・


2と3

6と8

この見分けがどうも・・・・・・・・・


甑島列島ツアー2日目・後編♪

午後は“おふくろさんの歌碑”

“手打麓武家屋敷通り”の散策

森進一さんのお母さんは、こちらの手打地区で育ったそうです
IMG_20220624_130815_copy_1024x768IMG_20220624_133131_copy_1024x768






お次は下甑島きっての景勝地

“背尾観音三滝(せびかんのんみたき)”

名前の通り三段に落ちる滝です

一番下の三の滝は駐車場からそれほど歩きませんが
IMG_20220624_135615_copy_1024x768IMG_20220624_135803_copy_1024x768






二の滝と三の滝が見れる場所までは

かなり急な階段が続きます
(3分の1くらいのお客様しか上がりませんでした)
IMG_20220624_135941_copy_768x1024IMG_20220624_135836_copy_1094x1459








三の滝は横にダイナミックで

二の滝、一の滝は縦にダイナミックって感じ
IMG_20220624_140244_copy_1024x768IMG_20220624_140408_copy_1024x768






このあと中甑漁港の

“コシキテラス”でトイレタイム

本来はここから断崖クルーズが出航する予定でした

梅雨時期はルート変更や欠航が多いので

できればツアーの設定は避けて欲しいそうです
IMG_20220624_151123_copy_1024x768IMG_20220624_151804_copy_1024x768






このあと上甑島へ戻って“トンボロ展望所”

眼下に見えるのはホテルがある里町の集落

なんだか函館の景色に似ていません?
IMG_20220624_153740_copy_1024x768IMG_20220624_153915_copy_1024x768






この地形は函館と同様、陸繋砂州(りくけいさす)

陸繋砂州を“トンボロ”と呼ぶそうです


最後は“里麓武家屋敷通り”を散策

通りの入り口には八幡神社があります
(八幡神社なのにご祭神はニニギだそうです)
IMG_20220624_161126_copy_1024x768IMG_20220624_161137_copy_1024x768






日本遺産にも指定されている

“薩摩の武士が歩いた町〜武家屋敷群「麓」を歩く〜”

には鹿児島城跡をはじめ11の

「麓」と呼ばれる武家屋敷群で構成されていますが

甑島には2つの「麓」があるのです!
(あと1つはお昼に行った“手打麓武家屋敷通り”)

あ、所々でカノコユリが咲いていました
(あと2週間くらいで満開かな?)
IMG_20220624_161219_copy_1024x768IMG_20220624_161733_copy_1024x768






八幡神社の向かいには

“おみやげセンターかのこ館”と書かれた建物がありますが

ここにはおみやげは一切置いていません(笑)
IMG_20220624_160744_copy_1024x768IMG_20220624_162430_copy_1024x768






普通に地元のスーパーです
IMG_20220624_160808_copy_1024x768IMG_20220624_160818_copy_1024x768






そういえば、今日お客様はお土産を買うのに

1円もお金を使っていません!!

甑島の観光地には売店がないのです!!

お土産を買うとしたら・・・

ホテルの目の前

里港の中に“甑みなと市場”って売店があります
IMG_20220624_165718_copy_1024x768IMG_20220623_180912_copy_1024x768






あとはホテルから徒歩5分ほどの場所に

“我夢”って釣具店兼お土産店があります
(お土産より釣り具の割合が大きいかも)
IMG_20220624_170344_copy_1024x768






あとは無難にホテルの売店かな
(種類は少ないです)


さて、こちらは2日目の夕食

今日もボリューム満点やね
IMG_20220624_191129_copy_1024x768IMG_20220624_191140_copy_1024x768






ごはんは鯛めしで

さらに鯛の塩焼き付き!
IMG_20220624_191404_copy_1024x768IMG_20220624_191021_copy_1024x768






肉豆腐に海鮮焼きとか

ご飯がすすむ系のおかずばっかりやん!
IMG_20220624_191221_copy_1024x768IMG_20220624_192755_copy_1024x768






連日、美味しいお食事をありがとうございました


今日は遊覧船が欠航するほど風が強かったけど

明日のフェリーは大丈夫かな
IMG_20220624_175200_copy_1024x768






このあと薩摩川内地方

めっちゃ荒れてくる予報なんですけど!!!
Screenshot_20220624_193635_copy_925x935










甑島列島ツアー2日目・前編♪

ツアー2日目は“長目(ながめ)の浜展望所”からスタート!

長さ4キロの砂州を見下ろすことができる

甑島を代表する景勝地です
IMG_20220624_083558_copy_1024x768IMG_20220624_083830_copy_1024x768






天橋立みたいですよね
IMG_20220624_084139_copy_1094x1459IMG_20220624_084206_copy_1094x1459








2日目は甑島のふるさと案内人、塩田さんが同行

とにかく知識が豊富でプロ意識の高いお方でした

地形を説明するための模型や

これから歩く場所の地図など手作りで持参
(ネコが入りますので注意して下さいは関係ないそうです)
IMG_20220624_085927_copy_1024x768IMG_20220624_101132_copy_1024x768






IMG_20220624_101244_copy_1024x768IMG_20220624_101239_copy_1024x768






“なまこ池”“貝池”

さっき展望所から見えていた池です
IMG_20220624_091321_copy_1024x768IMG_20220624_091247_copy_1024x768






歩いて浜側へ行くことも可能

綺麗な玉石がゴロゴロ転がっていました
IMG_20220624_090807_copy_1024x768IMG_20220624_090857_copy_768x576






こちらは“田之尻展望所”

今度は反対側からの景色ですね
IMG_20220624_092636_copy_1024x768IMG_20220624_092605_copy_1024x768






ここに甑島の観光地では貴重な公衆トイレがあります

行ける時に行っておきましょう!
IMG_20220624_092817_copy_1024x768






ご紹介が遅れましたが

昨日、川内駅よりお世話になっている鹿児島中央交通さん

今回は島のバスではなくバス持ち込みなので安心です♪
IMG_20220624_093030_copy_1024x768







このあと中甑港から

“甑島断崖クルーズ”に乗船する予定でしたが

!強風のため欠航!

代替として中甑島の2ケ所の展望所へ

まずは“鹿の子大橋展望所”

中甑島と中島を結ぶ全長240mのアーチ橋が綺麗に見れます
IMG_20220624_100852_copy_1024x768IMG_20220624_100814_copy_1024x768






お次は“木の口展望所”

2020年8月に開通した

中甑島と下甑島を結ぶ

全長1533mの“甑大橋”が眺望できます
(双眼鏡は無料)
IMG_20220624_103526_copy_1024x768IMG_20220624_103740_copy_1024x768






前回来た時はこの橋はなかったので

中甑島〜下甑島間は船で移動していたんですよね
IMG_20220624_103605_copy_1024x768IMG_20220624_103657_copy_1024x768






ここは想像以上に絶景やね!!

代替とはいえお客様も大喜びでした♪
IMG_20220624_103804_copy_768x1024








このあと旧平良港でトイレタイム

甑島はほとんどの観光地にトイレがないのです・・・
(ちなみに自販機もほとんどなし)
IMG_20220624_110318_copy_1024x768






時間があったので午後から行く予定の

“鳥ノ巣山展望所”

ここからも甑大橋が綺麗に見れます
IMG_20220624_111640_copy_1024x768IMG_20220624_112223_copy_1024x768






ニシノハマカンゾウ(6月〜7月)や

カノコユリ(7月中旬〜8月中旬)の群生地としても人気のようです
IMG_20220624_112018_copy_1024x768IMG_20220624_112300_copy_1024x768






このあと下甑島の手打地区にある

“福寿し”さんでお昼ご飯

外観はほぼ民家ですが、中もほぼ民家です
IMG_20220624_122336_copy_1024x768IMG_20220624_182222_copy_1024x768






なんか思ってた料理と違う・・・
IMG_20220624_121937_copy_768x576






こちらは前回

“こしき寿司”さんで食べた昼食
a1a4d8e3







まぁこれも寿司と言えば寿司ですけどね・・・
IMG_20220624_122725_copy_1024x768










甑島列島ツアー1日目♪

久々に鹿児島県の離島

8000万年前まで50分

がキャッチコピーの

甑島(こしきしま)列島

佐渡島、屋久島、種子島、壱岐・対馬、奄美大島、利尻・礼文

この仕事をしていると色んな離島へ行きますが

甑島はかなりレア

私も過去に1度だけ行ったことがあるのですが

もう10年以上前なんですね

今日から甑島列島3日間♪
(2011年7月1日)


でっかいカエルがウヨウヨいた想い出しかないわ・・・


初日は新大阪駅から九州新幹線さくら号に乗って

“川内(せんだい)”駅へ

お昼は新幹線内で自由昼食

添乗員さんの本日のランチは

新大阪駅2階のスーパー“パントリー”で買った

“しらすわかめご飯弁当(594円)”
IMG_20220623_130209_copy_1024x768






かなり見た目が地味なお弁当ですが

カロリーもお値段も控えめで美味しかったです♪


今回のツアーは全国募集なので

新神戸・姫路・岡山・広島・新山口

と色んな駅からお客様が乗車
(ゆーても総勢12名)

新大阪を出発して

最後のお客様が乗車してきたのが新山口(笑)

全員無事に揃ってやれやれです


川内駅の改札を出たらこんな看板が!!

一瞬、フェリーが欠航になったのかと焦ったわ!!
IMG_20220623_153015_copy_1024x768






川内駅から串木野新港まではバスで約20分

串木野新港は10年前とあまり変わっていませんね

待合室に入った際に検温があります
IMG_20220623_162307_copy_1024x768IMG_20220623_161502_copy_1024x768






10年前はこんなちっこい乗船券でしたが
21c4dd96






10年経つとQRコードが印字されている

立派な乗船券になっておりました!
IMG_20220623_161224_copy_1024x768






ただしQRコードをピッとかざすゲートとかはなく

乗船の際は人間の目で確認してもらい

下船の際は人間に手渡しです(笑)
(下船までなくさないように!)

パンフレットは待合室内にあるので

各自ピックアップしてもらいましょう
IMG_20220623_161356_copy_1024x768






出航時間は16時40分

乗船開始は15分ほど前ですが

早めに並んだ方がよさそうです
IMG_20220623_162407_copy_1024x768IMG_20220623_162705_copy_1024x768






2等船室は前方が椅子席

後方がカーペット
IMG_20220623_163121_copy_1024x768IMG_20220623_163306_copy_1024x768






プラス1050円で2等指定席ってプランもあります
(団体の場合は船内の案内所で支払い)
IMG_20220623_164344_copy_1024x768IMG_20220623_162920_copy_1024x768






売店はなく、案内所にお菓子がちょこっとある程度
IMG_20220623_164423_copy_1024x768IMG_20220623_162956_copy_1024x768






もちろんデッキへ上がることもできますが

デッキに椅子などはなし
IMG_20220623_164240_copy_1024x768IMG_20220623_163254_copy_1024x768






17時55分に上甑島の里港に着岸

フェリーはこのあと下甑島の長浜港まで行くので

寝過ごして長浜港までいかないように!!!


今夜のお宿は港の目の前

ホテルエリアワン・コシキアイランド
IMG_20220623_181219_copy_1024x768IMG_20220623_181043_copy_1024x768






ここまで好アクセスなホテルはなかなかないでしょ(笑)


ちなみに10年前は“甑島館”って古風な名前でした
(えらいイメチェンしたな)

甑島のホテル“親和館”と“甑島館”

ホテルエリアワングループのホテルは初めて泊まったかも
(関西にはないようです)
IMG_20220623_182405_copy_1024x768IMG_20220623_182350_copy_1024x768






天然温泉の大浴場があるのがいいですね
(露天風呂もあります)
IMG_20220623_182713_copy_1024x768IMG_20220623_202000_copy_1024x768






レストランも広々していて綺麗
(結婚式とかもやるみたい)
IMG_20220623_181809_copy_1024x768IMG_20220624_194259_copy_1024x768






夕食は和定食ってことですが

めちゃボリュームあったな
IMG_20220623_191320_copy_1024x768IMG_20220623_191120_copy_1024x768






陶板が埋まるほどの豚肉!!
(野菜どこに置くんですか!!)

さらに後出しの天ぷら
(いや、もう食べきれんて・・・)
IMG_20220623_191454_copy_1024x768IMG_20220623_191834_copy_1024x768






部屋も綺麗で快適です

ただし、和室の布団敷きはセルフなのでご注意を
(お客様にめちゃ怒られたー!!)
IMG_20220623_182005_copy_1024x768IMG_20220623_182013_copy_1024x768






あ、HPにはWi−Fiなしってなってけど・・・

スクリーンショット (19)



ちゃんとWi−Fi入るやん!!
(この部屋が低層階だからか?)

念のため、surfaceを持ってきといて良かった♪

最近、添乗報告書をエクセルで書くので

添乗先にもタブレットPCを持ち歩いているのです


それに最近はおかげ様で忙しいので

休日にゆっくりブログを書いている時間もないしね・・・

【奄美グルメ】“ひっきゃげ”って知ってる?

奄美大島で名瀬市内に泊まる際

いつもお客様に案内するのが

“グリーンストア入舟店”

奄美のお土産も扱っている

観光客にも人気のスーパーです

宿泊先のウエストコート奄美からも近いし便利だったんですが・・・

現在改装工事中

オープンは7月1日の予定だそうです
IMG_20220421_175055_copy_1024x768






ホテルからの近さ重視だと“123MART”

ってコンビニでもお土産は買えます

ちなみに2階はファミレスの“ジョイフル”
(ほんま九州はジョフル多いな・・・)

IMG_20220421_174745_copy_1024x768






バスガイドさんに

グリーンストアならアーケード内にもあるよ!

って教えてもらったので

ティダモール中央通りへ行ってみました
IMG_20220421_175417_copy_1024x768






こちらが“グリーンストア末広店”

2階建てでお土産コーナーもちゃんとあります
IMG_20220421_175637_copy_1024x768IMG_20220421_190144_copy_1024x768







そんな店内で気になるものが・・・

ひっきゃげ???
IMG_20220421_190401_copy_1094x1459









奄美の変わった食べものといえば

“ミキ”が有名ですが

“ひっきゃげ”は初めて聞いたな・・・

気になるので買ってホテルで食べてみました

IMG_20220421_192331_copy_1024x768






材料:いも・もち・砂糖

以上!!

お味の方は・・・

材料そのまんま

サツマイモ味のお餅でした(笑)
IMG_20220421_192504_copy_1024x768






これ1パックが1人前なのかな?

適量がわからん・・・
(美味しいけど途中で飽きます)

そもそもこれはどういう時に食べるんやろ?

おかずなのかおやつなのか?

これが完成形なのか?

それともケーキでいうところのスポンジケーキみたいな存在なのか?

もちもち感的には団子にしてもよさげ

茶団子みたいに串に刺したものもあるのか?

謎が謎を呼ぶ不思議な食べ物

“ひっきゃげ”

皆さんも奄美へ行かれた際は是非

“ミキ”と一緒に味わってみては?



“所変われば品変わる”とよく言いますが

郷土色のある食べ物って面白いですよね


郷土色があると言えば・・・

高校野球のポスターにも郷土色を感じました

IMG_20220421_182516_copy_1024x1365









モデルさんがめっちゃ南国顔!!(笑)


【奄美グルメ】瀬里奈の〇〇♪

今回の奄美ツアーは自由夕食

飲食店はホテルの周辺にたくさんあるので

お客様が食事に困ることはないのですが
(ホテル内のレストランでも食べれるし)


添乗員が1人で入れるお店ってなかなか見当たらない

名瀬市内で自由夕食とか初めてだもんな〜


一応、事前に調べて目星をつけていたお店がコチラ

“サカナヤダケド奄美店”
IMG_20220421_180845_copy_1024x768IMG_20220421_181149_copy_1024x768






ボリュームたっぷりの海鮮丼が人気らしい

値段も手ごろ!

1人でも入りやすい!


ここしかないやろ!!

ってかなり楽しみにお店へ行ったんですが
IMG_20220421_181158_copy_1094x1459









お店は開いていたものの

お米切れ

とのことで断られる・・・



次に向かったのは“ティダモール中央通り”

ホテルの近くにこんな商店街あったんや
IMG_20220421_175417_copy_1024x768IMG_20220421_175504_copy_1024x768






あまり活気があるとは言えませんが

ストリートピアノは完備(笑)
IMG_20220421_175827_copy_1024x768






ピアノはあるけど

食べるところがほとんどない・・・


唯一入りやすそうだったお店がコチラ

“地産地消レストラン・瀬里奈”
IMG_20220421_181649_copy_1024x768IMG_20220421_190040_copy_1024x768






お刺身・カキフライ定食1500円

IMG_20220421_181656_copy_1024x768






このメニューと値段に釣られて入ってしまいました

揚げ物と刺身が一緒に食べれるのがいいですね

茶わん蒸しやドリンクが付いてこのお値段も魅力です
IMG_20220421_183750_copy_1024x768IMG_20220421_183803_copy_1024x768






味はフツーに美味しかったです


他のメニューはこんな感じ
IMG_20220421_182026_copy_1094x1459IMG_20220421_182047_copy_1094x1459








IMG_20220421_182111_copy_1094x1459








メニューにいちいち

“瀬里奈の〇〇”って書くのが可愛いですよね


瀬里奈の黒豚ハンバーグ

瀬里奈の軽食

瀬里奈のドリンク

瀬里奈の選べるパスタフェア

IMG_20220421_185109_copy_1024x768IMG_20220421_185044_copy_1024x768






ぜんざいにまで

瀬里奈のぜんざい(笑)

このお母さんが瀬里奈さんなのか?
(絶対違うか・・・)
IMG_20220421_185118_copy_1024x768IMG_20220421_182144_copy_1024x768






お店のメニューも雰囲気も

なんともアットホームな瀬里奈さんでした


ちなみにメンバーズカードはこんな感じ

IMG_20220422_165852_copy_1024x768







どう見てもスナックの名刺やろ!!(笑)


復路の機内でこのカードを出したとき

ちょうど横を通ったCAさんに見られてめちゃ気まずかったです・・・

いもーれ!奄美大島ツアー・2日目♪

ツアー2日目

ホテルでバイキングの朝食を食べながらふと思ったんですけど

このコロナ禍でトングの売り上げって

めっちゃ上がったでしょうね

ホテルスタッフもいちいちトングの交換とか大変やろな・・・
IMG_20220422_073908_copy_1024x768IMG_20220422_073928_copy_1024x768






2日目最初の観光は黒糖焼酎の工場

“浜千鳥館”
IMG_20220422_090250_copy_1024x768IMG_20220422_091847_copy_1024x768






お次は“大島紬村”

何度ここで説明を聞いても

全然作り方が理解できない(笑)

ほんと気の遠くなる作業です・・・
IMG_20220422_095213_copy_1024x768IMG_20220422_095244_copy_1024x769






IMG_20220422_100059_copy_1024x768IMG_20220422_100618_copy_1024x768







はい、これにて今回のツアーの観光は全て終了

今回のこのコース

2日間なんです!!


1泊2日で奄美とか初めて

めっちゃもったいない気がするけど

仕事の関係で2日しか休めない!

みたいなお客様にはいいコースだったのかな?
(毎日がGWみたいなお客様も多かったけど・・・)


前回はまだリニューアル工事中だった奄美空港

2018年の6月に完全リニューアルしてからは初めての利用です

チェックインカウンターの前に座るところが多くあるので

添乗員としてはありがたいです
IMG_20220422_110931_copy_1024x768IMG_20220422_111002_copy_1024x768






1階の売店は1店舗
IMG_20220422_110905_copy_1024x768






到着ロビーはこんな感じ
IMG_20220422_111449_copy_1024x768IMG_20220422_111501_copy_1024x768






2階はこんな感じ
IMG_20220422_112543_copy_1024x768IMG_20220422_111645_copy_1024x768






売店は4店舗

レストランはジョイフルが入っています
(九州ってジョイフルが多いですよね)
IMG_20220422_111718_copy_1024x768IMG_20220422_111901_copy_1024x768






IMG_20220422_111835_copy_1024x768






検査場の先には売店が1店舗

自販機はミネラルウォーターのみですが

ドリンク類は売店で販売していました
(フード類はサンドイッチ・カップラーメン程度)
IMG_20220422_113017_copy_1024x768IMG_20220422_112959_copy_1024x768






復路のフライトは

奄美空港(12:05)➡伊丹空港(13:35)

IMG_20220422_115542_copy_1024x768






久々に伊丹でランチ

ってことは

やっぱり“オアシス”ですよね〜

オアシスってことは

やっぱり“天津飯”ですよね〜

IMG_20220422_135821_copy_1024x768IMG_20220422_140103_copy_1024x768






作ってるのは昔のおっちゃんじゃないけど

味は昔からほとんど変わらんわ♪



ちなみに今回のツアータイトルの付いてる

「いもーれ!」は奄美の方言で

「ようこそ!」とか「いらっしゃい!」の意味です

沖縄でいう「めんそーれ!」みたいな言葉ですね


いもーれ!奄美大島ツアー・1日目♪

久しぶりに飛行機利用で奄美大島へ!

奄美には頻繁に行っている印象ですが

ここ数年は奄美諸島4島めぐり

奄美・徳之島2島めぐり

みたいな周遊コースが多く

奄美大島だけのツアーは

実に2017年ぶりです

仕事で伊丹空港に来ること自体1年以上ぶり

しかも1年前はANAだったので

北ターミナルで受付するのは

2年以上ぶりとかになるのかな?

現在、団体チェックインは5番カウンターでした
IMG_20220421_070827_copy_1024x768IMG_20220421_070847_copy_1024x768






旅行会社の受付カウンター

めっちゃ賑わってる!!

他社さんやけど・・・(笑)

3台口の北海道ツアーの受付中だったみたいです
IMG_20220421_065336_copy_1024x768






今は通常の受付業務に加え

・検温
・健康チェックシートの回収
・ワクチン接種の確認
・免許証などによる本人確認


などを行う会社が多いので受付にも時間がかかります
(参加条件や必要書類は旅行会社やコースにより異なります)


本日のフライトは

伊丹空港(9:05)➡奄美空港(10:50)

まず最初に訪れたのは“あやまる岬”

天気予報ではずっと悪い予報だったんですけど

ここで晴れてくれて良かった〜

陽があるのとないのでは雲泥の差ですからね
IMG_20220421_114235_copy_1024x768IMG_20220421_113249_copy_1024x768






IMG_20220421_113422_copy_1024x768IMG_20220421_113726_copy_1024x768






駐車場に他の観光バスは止まっていませんでしたが

レンタカーでほぼ満車
IMG_20220421_114356_copy_1024x768






IMG_20220421_114941_copy_1024x768IMG_20220421_114448_copy_1024x768






このあと“ばしゃやま村”でお昼ご飯

メニューはもちろん奄美名物の“鶏飯(けいはん)”

何気にばしゃやま村を利用するのは初めてです
IMG_20220421_130730_copy_1024x768IMG_20220421_130504_copy_1024x768






IMG_20220421_123526_copy_1024x768IMG_20220421_123747_copy_1024x768






売店も大きいし、すぐ裏が海岸で立地も良いです

ただお店の前にバスが止められないのが難点・・・
IMG_20220421_130548_copy_1024x768IMG_20220421_131035_copy_1024x768






IMG_20220421_130853_copy_1024x768IMG_20220421_130838_copy_1024x768






午後は佐用町にある

“黒潮の森・マングローブパーク”

すぐ隣に世界遺産センターができていました
(オープンは今年の夏予定)
IMG_20220421_160402_copy_1024x768IMG_20220421_160227_copy_1024x768






ここまでなんとか天気がもってくれていたんですが

カヌー体験の際には雨が降りだしてしまいました

小雨程度ならカッパを借りて問題なく出発できるんですが

出発したあとかなり本降りに・・・
IMG_20220421_145936_copy_1024x768IMG_20220421_150818_copy_1024x768






あやまる岬ではあれだけ晴れてたのに〜!!

島の天気はほんと変わりやすいので油断大敵です


本日のお宿は毎度おなじみ

名瀬市内にある“ウエストコート奄美”
IMG_20220421_174627_copy_1024x768IMG_20220421_165500_copy_1024x768






今回のツアーは珍しく自由夕食です
IMG_20220421_165638_copy_1024x768






久々にウエストコートに泊まってみたら

いつの間にか

“ウエストコート奄美供って新館ができたようで

そちらの大浴場が使えるようになっていました
IMG_20220421_174414_copy_1094x1459








IMG_20220421_174528_copy_1024x768






旅先のホテルは温泉じゃなくても大浴場付きがいいですよね


GW前だからなのか

最近、この動画の人気が上がってきております



やっぱりみんな大きなお風呂が好きなんですね


旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
tabitore888@gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・