ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

KYOTO部

【京都の桜2024】背割堤の桜はどんな感じ?

京都府八幡市にある桜の名所

背割堤の桜を見に行ってきました

前回行ったのはコロナ禍の2021年

撮影日は3月29日

【京都】背割堤の桜2021


今年は4月7日の日曜日です

9時頃に京阪・石清水八幡宮駅に到着

この時間帯は電車が到着したときだけ一時的に混む程度でした
20240407_091826_copy_1024x768






木津川に架かる御幸橋を渡って背割堤へ

ここから見る桜もいいですね
20240407_093021_copy_1024x76820240407_093017_copy_1024x768






20240407_093331_copy_1024x76820240407_093317_copy_1024x768






以前は無料でコロナ禍から募金箱を設置していた背割堤

昨年から100円の協力金を支払うシステムになったようです

総合案内所で両替もしてくれますが

100円硬貨は予めよういしておいたほうが良さそうです

肝心な桜の開花状況は・・・

文句なしの満開!!

ちょっと曇り空なのが悔やまれますが

桜は最高のコンディションです
20240407_094625_copy_1024x76820240407_100137_copy_1024x768






背割堤には遊覧船がいっちょ前に2つあります

Eボート(1000円)
手漕ぎのゴムボートで背割堤の先端まで行く片道

△気らであいクルーズ(1500円)
エンジン付きの大きな遊覧船で同じ桟橋まで往復

どちらも所要時間は20分

今回はさくらであいクルーズに乗船してみました
20240407_101946_copy_1024x76820240407_102247_copy_1024x768






背割堤には何度か来ていますが遊覧船に乗るのは初めてです
20240407_102644_copy_1024x76820240407_104404_copy_1024x768






正直、桜はあまり見えない遊覧船なのですが

ガイドさんの案内がめちゃくちゃ面白くて大満足!!
20240407_104548_copy_1024x768fotor_1712623049992






この撮影の前日までガイドなしの3日間コースに行っていたので

バスガイドさんの存在の大きさを改めて感じました

ちなみにこの遊覧船のガイドさん

下船後にお話しをしに行ったんですが

やっぱり本業はバスガイドさんでした(笑)


船を降りたらいつの間にか空は快晴!

人もめっちゃ多くなっていました
20240407_105500_copy_1024x76820240407_115530_copy_1024x768






再度、堤防の上を歩いてみました

やっぱり日差しがあるのとないのじゃ全然違いますね
20240407_111926_copy_1024x76820240407_111403_copy_1024x768_1






20240407_111403_copy_1024x768_120240407_112425_copy_1024x768






このときのショート動画は コチラ
20240407_113349_copy_1024x76820240407_113610_copy_1024x768






20240407_113622_copy_1024x76820240407_113934_copy_1024x768






20240407_114456_copy_1024x76820240407_114220_copy_1024x768






人もえらい増えたもんだ

やっぱりスタート地点に戻れば戻るほど人が多い
20240407_115444_copy_1024x76820240407_114753_copy_1024x768






朝は空いていた入場ゲートも大混雑でした
20240407_120422_copy_1024x768






最後はさくらであい館の展望塔へ

普段は無料で上がれますが

さくらまつり期間中は300円
20240407_124146_copy_1024x76820240407_121437_copy_1024x768






めっちゃ混んでると思ったけど

待ち時間なく上がれました(笑)
20240407_121648_copy_1024x768






これこれ

やっぱり背割堤と言ったらここからの景色ですよね
20240407_121614_copy_1024x76820240407_121621_copy_1024x768






ここから桜の全景と

御幸橋の渋滞を見ないと背割堤の桜を見たとは言えません(笑)
20240407_121714_copy_1024x76820240407_122626_copy_1024x768






このときのショート動画は コチラ
20240407_121748_copy_750x100020240407_121921_copy_750x1000








石清水八幡宮駅の駅前もかなりの混雑っぷり

やっぱり桜は朝から動くのが正解やね
20240407_125910_copy_1024x768






駅前の朝日屋にタイミングよく入れたので

名物の棒寿司とうどんのセット(1650円)を食べて帰りました
20240407_131248_copy_1024x76820240407_131253_copy_1024x768






なんか以前に比べ鯖がえらい薄くなったような・・・

↓2020年購入時
623d908c







さて、今回の様子も動画で撮影しています

今年はあまり需要がないかもしれませんが

来年以降の桜のタビトレ動画にご活用ください



【京都の桜2024】京都の桜は本当にまだ早いのか?

今年はどこも桜の開花が遅れていますよね

去年は開花が早くて

4月1日の時点で既に見ごろが終わっていると言われていて

それじゃーどれだけ終わってるか見に行こうじゃないか!

ってことで撮影したのがこちらの映像↓


今年も同じ4月1日がお休み

まだ見ごろには早いのは分かっていたんですが

じゃーどれだけ早いか見に行こうじゃないか!

ってことで行ってきました


昨年とほぼ同コースです

まずは嵐山

阪急嵐山の前にある“花伝抄(かでんしょう)”ってホテルがあって

その脇がめちゃくちゃ綺麗でした

川沿いも思ったより咲いてますね
20240401_094630_copy_1024x76820240401_100407_copy_1024x768






20240401_100919_copy_1024x76820240401_100942_copy_1024x768






天龍寺は庭園の枝垂れ桜が見ごろと出ていました
(この案内はあまりあてにならないけど)

嵐山は30分ほどで切り上げ

JRと地下鉄を乗り継ぎ蹴上へ向かいます

みんな大好きインクライン!

はちょっとまだ早いね
20240401_112855_copy_1024x76820240401_112849_copy_1024x768






20240401_113630_copy_1024x76820240401_113734_copy_1024x768






場所によれば綺麗に咲いている木もありました

この快晴で満開やったら最高やったでしょうね

ブルーボトルコーヒーの前の枝垂れ桜が綺麗でした
20240401_113933_copy_1024x76820240401_114251_copy_1024x768






南禅寺の境内は

法堂の脇がいい感じ
(毎年ここは綺麗)
20240401_115140_copy_1024x76820240401_115231_copy_1024x768






ちょっとだけ哲学の道を歩きました

大豊神社の参道入口の桜がめちゃくちゃ綺麗!!
20240401_121103_copy_1024x76820240401_121458_copy_1280x960






穴場の桜スポット

真如堂の塔頭、法伝寺

境内の桜はまだ早かったけど

やっぱりここは綺麗ですね
20240401_123320_copy_1024x76820240401_123600_copy_1024x768






金戒光明寺もまだこれから

ついでに岡崎神社にも行ってみました

桜のシーズンに訪れてたは初めてですが

境内に2本くらい枝垂れ桜がありました
20240401_125013_copy_1024x76820240401_130505_copy_1024x768






オムライスで有名なグリル小宝さん

今日も長蛇の列・・・
20240401_131020_copy_1024x768






もちろんお次は平安神宮です

ここは神苑に入らないと桜は楽しめないスポット
20240401_133300_copy_1024x76820240401_131814_copy_1024x768






600円払って入りましたが

惨敗でした・・・(涙)
20240401_132817_copy_1024x76820240401_133111_copy_1024x768






神苑より岡崎公園の方が綺麗やったし!!

この赤い品種は何やろ?

松山城で咲いてた陽光かな?
20240401_135113_copy_1024x76820240401_135120_copy_1024x768






岡崎疎水沿いの桜もまだ全然でしたが

大鳥居前のセブンイレブンの枝垂れ桜がめちゃ綺麗でした

最初造花かと思った(笑)
20240401_140323_copy_1024x76820240401_140657_copy_1024x768






円山公園まで来ました

枝垂れ桜が満開やないかい!!

ここの枝垂れ桜ってなかなかタイミングが難しいんですよね

これはかなり見ごたえがありました
20240401_142947_copy_1024x76820240401_142744_copy_1024x768






お花見宴会ポイントの桜はまだ早いようです
20240401_143310_copy_1024x76820240401_143320_copy_1024x768






ねねの道はなかなか綺麗に咲いていました
20240401_144303_copy_1024x76820240401_144309_copy_1024x768






20240401_144206_copy_1024x76820240401_144158_copy_1024x768






高台寺は枝垂れ桜が見ごろって出ていましたが

あまり好きなお寺ではないので存在自体忘れてた(笑)

怒涛の二年坂・三年坂を通り清水寺へ
20240401_144516_copy_1024x76820240401_145541_copy_1024x768






平日とは思えないほどの混雑っぷり

これ土日とかどうなんの???
20240401_150016_copy_1024x768






無料エリアでも綺麗に見れる場所はあるのですが
20240401_150413_copy_1024x76820240401_150443_copy_1024x768






ちゃんと拝観料を払って有料エリアへ入りました

やっぱり無料エリアの方が綺麗やった・・・(涙)
20240401_151810_copy_1024x76820240401_151114_copy_1024x768






夕暮れの祇園白川

ここも桜はまだ早いですが

柳が青々していて綺麗でした
20240401_162428_copy_1024x76820240401_162445_copy_1024x768






最後は高瀬川沿いを歩いて阪急で帰りましょう
20240401_164331_copy_1024x76820240401_164144_copy_1024x768







どうです?

思ったより楽しめたと思いません?

それなりに花見感を味わうこともできたし

これからに期待も出来る

京都の桜はしばらくお楽しみが続きそうです
(私は来週まで休みがないですが)


てことで今年の桜も急いで編集してみました

映画並みの長編大作だった昨年よりは

手短に収めたつもりです・・・



【京都紅葉】醍醐寺の紅葉ってどんな感じ?

朝から山科の毘沙門堂&山科聖天の紅葉を満喫したあと

午後は“醍醐寺”へ向かいました

撮影日は11月30日(木)


京都駅から山科駅へは

JRで1駅5分

山科駅から醍醐駅へは

地下鉄で4駅8分

このあたりはセットで訪れるのがおススメです

紅葉シーズンの醍醐寺の有料エリアは

三宝院と伽藍

セット券で1000円
Gallery_1701574980230_copy_1280x944






桜のシーズンはここに

“霊宝館”が入って1500円でしたね

しかも1500円で霊宝館の館内にも入れると見せかけ

1500円に含まれているのは

霊宝館の“敷地”に入るための料金

霊宝館の館内へ入ろうと自動扉が開くと

これより先は500円以上の寄付をお願いします

って張り紙が貼ってあるという

ぼったくりバーみたいな商売をしていてドン引きしたのを覚えております・・・

そんな桜のシーズンはコチラ↓


秋のシーズンは1000円で霊宝館の敷地には入れますが

やっぱり建物内は別途500円(以上の寄付)

そして三宝院もセット券の内容では

敷地に入れるだけでして

建物の中から庭園を見たければ

別途500円が徴収されます・・・

醍醐寺の有料エリア

全部みたければ2000円よこせ

ってことです(泣)
20231130_122720_copy_1024x76820231130_122837_copy_1024x768






ゆーても三宝院の敷地には

紅葉はそれほど多くありません
20231130_122733_copy_1024x76820231130_122857_copy_1024x768






メインは仁王門から先の伽藍エリアです

だからと言って伽藍だけは見せてくれません

セット券しか販売してませんからね

人気商品と売れ残った商品

抱き合わせにして販売しているお店ってあるでしょ

あれと一緒ですわ

ほんと最近のお寺はどこもお金に対して煩悩まみれ

そこに紙きれ1枚500円とかで売ってるんでしょ

こりゃ笑いが止まらんやろな

“坊主丸儲け”とはよく言ったもんだ
20231130_123842_copy_1024x76820231130_123836_copy_1024x768






おっと話しが反れてしまいましたね


こちらは観音堂と鐘楼周辺

苔の上に広がったイチョウの落ち葉が綺麗でした
20231130_125545_copy_1024x76820231130_125652_copy_1024x768






伽藍エリアのメインは

やっぱり“林泉(りんせん)”

池に反射する紅葉が見事です
20231130_131341_copy_1024x76820231130_131503_copy_1024x768






観音堂の裏にある大きな銀杏の木が綺麗!
20231130_131252_copy_1024x76820231130_131624_copy_1024x768






林泉の奥に見えていた赤いお堂は弁天堂

この周辺も紅葉が綺麗
20231130_132835_copy_1024x76820231130_132841_copy_1024x768






さらに奥は“無量寿院”って庭園

突き当りに小さな滝があって

小川を通じて林泉へ水が流れています
20231130_132559_copy_1024x76820231130_132230_copy_1024x768






ちょっと青っぽいけど、グラデーションが綺麗です
20231130_132800_copy_1024x76820231130_132459_copy_1024x768






こちらは観音堂から見た林泉

観音堂に上がったら銀杏が間近で見れると思ったけど

銀杏側へは出れなかった・・・
20231130_134122_copy_1024x768






さて、秋の醍醐寺のタビトレ動画も撮影しています

醍醐寺はスケールが大きいので

ぜひ、動画でしっかりタビトレしてから向かいましょう


これにて2023年の京都の紅葉レポートは終了です

今年は
・嵐山(千光寺・法輪寺)
・清水寺
・東福寺
・東寺(夜間拝観)
・毘沙門堂
・山科聖天
・醍醐寺
の紅葉をお届けしました

20231130_142038_copy_1024x76820231130_141711_copy_1024x768






↑帰りに仁王門へ戻る際の紅葉が圧巻でした

【京都紅葉】山科の敷きモミジ2大共演♪

今年の京都紅葉は

嵐山・清水寺・東福寺と同じ場所ばかりだったので

気分転換に山科へ行ってみました

山科の紅葉と言えば“毘沙門堂”

周辺の道路が狭く観光バスでは行けないので

旅行会社ではタクシーを利用してお客様をご案内している

京都でも穴場的な紅葉スポットなのです

桜のシーズンも綺麗ですが

紅葉シーズンの敷きモミジが特に有名
20231130_104907_copy_1024x76820231130_090406_copy_1024x768






勅使門の下の坂道が敷きもみじの定番スポット
20231130_085935_copy_1024x76820231130_085910_copy_1024x768






ちょっとまだ早い気もしますが

今年はこんなもんなのかな・・・
20231130_090132_copy_768x1024








唐門から先は有料エリア
20231130_093934_copy_1024x768






本殿→霊殿→宸殿、宸殿

って感じで進んでいきます

建物内は撮影NGですが外はOK

紅葉スポットで綺麗なのは

宸殿裏の晩翠園(ばんすいえん)ってお庭
20231130_092346_copy_1024x76820231130_092413_copy_1024x768






あと本堂裏の弁天堂付近
20231130_093129_copy_1024x76820231130_093215_copy_1024x768






特に霊殿から見る天堂周辺の紅葉がめちゃくちゃ綺麗
20231130_093618_copy_1024x76820231130_093715_copy_1024x768






有料エリアを出たら、ぜひ弁天堂へも行ってみましょう

こちらから霊殿側を見るのもおススメです
20231130_094125_copy_1024x76820231130_094218_copy_1024x768






20231130_094529_copy_1024x76820231130_094107_copy_1024x768






毘沙門堂周辺の紅葉は

グラデーションになっている紅葉が多かったです

個人的には真っ赤よりこれくらいの色づきが好きだな
20231130_095720_copy_1024x76820231130_095307_copy_1024x768






お次は毘沙門堂から徒歩3分ほどの場所にある

“山科聖天”こと“双林院”へ

入山料を取っていない小さなお寺なんですが

ここは知る人ぞ知る紅葉の穴場

こちらも敷きモミジが綺麗なんですよね
20231130_100558_copy_1024x76820231130_100416_copy_1024x768






山門周辺の紅葉も見事
20231130_100901_copy_1024x76820231130_100819_copy_1024x768






境内には歓喜天を祀る聖天堂と

不動明王を祀る不動堂があります

こちらは不動堂

奥には不動の滝がありますので

ぜひ奥までお参りください
20231130_100917_copy_1024x76820231130_101028_copy_1024x768






20231130_101114_copy_1024x76820231130_101908_copy_1024x768






京都の紅葉と言うと

東山エリアや嵯峨・嵐山エリアばかりが注目されますが

山科の紅葉もかなり綺麗なのでおススメです

この日に撮影した動画はコチラ↓


なんてったって観光バスや修学旅行生がいないので

東山や嵐山に比べのんびり紅葉が楽しめます

そして今回ご紹介した紅葉スポットは

散ってからが本番!!

京都の紅葉、ちょっと遅かったかな?

って時がチャンスですので是非覚えておいてください

12月上旬の東福寺の紅葉ってどんな感じ?

今シーズン3度目の東福寺

この秋、東福寺だけで3000円が飛んでった・・・
20231201_142739_copy_1024x768






9日前は入口付近は全然色づいていませんでしたが

まさかこんなに色づいたとは!!!
20231201_143023_copy_1024x76820231201_143137_copy_1024x768






20231201_142944_copy_1024x76820231201_143207_copy_1024x768






20231201_143556_copy_1024x76820231201_144344_copy_1024x768






20231201_143235_copy_1024x76820231201_145508_copy_1024x768






20231201_143303_copy_1024x76820231201_143341_copy_1024x768






愛染堂や開山堂への回廊手前もしっかり色づいてくれました
20231201_145406_copy_1024x76820231201_145329_copy_1024x768






20231201_145502_copy_1024x76820231201_145523_copy_1024x768






通天橋からはこんな感じ

時刻は15時頃なのですが

この時間は正直逆光で写真を撮るのは大変・・・
20231201_145814_copy_1024x76820231201_145943_copy_1024x768






それでも綺麗な紅葉を楽しむことができました
20231201_150111_copy_1024x76820231201_150329_copy_1024x768






名残惜しく通天橋を後にして

偃月橋の方へ行ってみましょう
20231201_150952_copy_1024x768






ここも前回はまったく色づいていませんでしたが

この9日間で既に見頃は去ったようです
20231201_152205_copy_1024x76820231201_152137_copy_1024x768







あ、東福寺の境内に

“最勝金剛院”って塔頭があるのご存じですか?

私は知りませんでした(笑)

ここの参道がちょっとユニークで

明治14年の火災で消失した東福寺の法堂の瓦を使っているんだとか
20231201_153031_copy_1024x76820231201_153025_copy_3000x2250






20231201_152953_copy_1024x76820231201_153003_copy_1024x768






観光寺院ではなく

永代供養や墓地がメインのお寺のようですが

奥にはひっそりと八角屋根のお堂が佇んでいました
20231201_152923_copy_1024x76820231201_152823_copy_1024x768






こんな塔頭があるなんて、全然気づかんかったな・・・

東福寺、奥が深いわ
20231201_162012_copy_1024x768






閉門ギリギリの16時半まで境内にいたんですが

警備員さんに追い出されるように境内を後にしました

動画のエンディングまだ撮ってないのに・・・

どこかないかな〜と彷徨っていたら

勅使門の近くに綺麗な紅葉があるではないですか!

ちょうど夕日が当たってめちゃ綺麗でした
20231201_162314_copy_1024x76820231201_163239_copy_1024x768






ここでエンディングを撮影した動画がコチラ↓

風の音がうるさくて申し訳ない・・・


こちらはいつも綺麗なカーブと臥雲橋

陽が落ちてちょっと暗いですが

真っ赤な紅葉が綺麗ですよね
20231201_163921_copy_1024x76820231201_163624_copy_1024x768






さて、このまま駅へ行ったら混むので

東福寺駅の前にある“大黒ラーメン”で早めの夕食

実は先週もここで食べて帰ったんですよね
20231201_165531_copy_1024x768






時間を空けて駅に向かったのに

京都駅行きのホームはこんな状況・・・
20231201_171213_copy_1024x768






このあと京都タワー下のスタバにこもって動画の編集

家に帰ったのは23時すぎだったのでした・・・

12月上旬の清水寺の紅葉ってどんな感じ?

JR嵯峨嵐山駅から二条駅で地下鉄に乗換えて清水寺へ向かいます

これまで2回は地下鉄・東山駅を利用していましたが

今回は気分転換に三条京阪駅で降りました

京都ゑびす神社や祇園白川を通り

六波羅蜜寺の近くにある人気のパン屋

新田ベーカリーでパンを購入

今回は時短のため

ランチは歩きながらパンを食べました
20231201_115813_copy_1024x76820231201_115847_copy_1024x768






このカレーパン、めっちゃ美味しかったです!!
20231201_120302_copy_1024x768






清水寺の駐車場はもちろん混んでいましたが

五条坂はそれほど混んでなかったかな?
20231201_122806_copy_1024x768






そうそう、今日12月1日から

きょうと魅力再発見旅プロジェクトが復活

いやいや、旅行支援とかせんでも

嫌っちゅーほど人来てますがな・・・

やるなら京都市内を除く旅行のみ

って条件にしたらどうでしょう

魅力再発見ゆーても

もともと魅力的な場所にしか旅行者は行かんでしょうに・・・
20231201_123059_copy_1024x768






清水寺の拝観入口

轟門の近くに弁天堂があるのをご存じですか?
(トイレの前あたり)

この弁天堂の周辺がめちゃ綺麗でした
20231201_123719_copy_1024x76820231201_123947_copy_1024x768






轟門入ってすぐの石垣下もいい感じ

この下はアテルイ・モレの碑です
20231201_124520_copy_1024x768






清水寺って奥之院の舞台から本堂の舞台を見るのが定番ですが

よく見たら本堂の舞台から奥之院の舞台も綺麗ですよね
20231201_125442_copy_1024x76820231201_125208_copy_1024x768






こちら側の方が山の緑が入るので

紅葉の赤が映えて綺麗です
20231201_125155_copy_1024x76820231201_125114_copy_1024x768






これまで数えきれないほど訪れている清水寺でも

見る角度によって全然印象が違いますね
20231201_125458_copy_1024x76820231201_130356_copy_1024x768






もちろん定番の場所からもパチリ

ちょっとピークは過ぎていますが

それでもまだまだ楽しめそうです
20231201_130908_copy_1024x76820231201_130730_copy_1024x768






子安の塔周辺の紅葉はずっと綺麗な色を保っていますね
20231201_131521_copy_1024x76820231201_131620_copy_1024x768






前回はまだ早かったアテルイ・モレの碑周辺の紅葉

ついに色づきました!!
20231201_133215_copy_1024x76820231201_133222_copy_1024x768






やっぱりここの紅葉が好きなだな

毎年綺麗に色づく場所は

やっぱり綺麗に色づくもんですね
20231201_132513_copy_1024x76820231201_132610_copy_1024x768






放生池周辺はかなり色あせていました・・・
20231201_133803_copy_1024x768






この日の様子はこんな感じ↓


このあと京阪で東福寺へ向かいます

12月上旬の嵐山の紅葉ってどんな感じ?

3週に渡って京都の紅葉をお届けする企画も

早いもので最終回を迎えました

前回から9日経過した12月1日

吐く息も白い寒い朝を迎えました

今日の最低気温は3度だそうです

今回も嵐山→清水寺→東福寺

の順にまわりたいと思います


まずは法輪寺

裏参道や表参道の紅葉はこの9日間に見頃を過ぎたようですが

まだまだ綺麗な紅葉が楽しめました
20231201_084525_copy_1024x76820231201_084032_copy_1024x768






多宝塔の周辺もまだ綺麗
20231201_084129_copy_1024x76820231201_084043_copy_1024x768






舞台のイチョウは2枚くらいの葉を残して

見事に散っていました・・・

保津川沿いを歩いて千光寺へ
20231201_085714_copy_1024x76820231201_090018_copy_1024x768






鐘楼の上の紅葉はほぼ全滅
20231201_094605_copy_1024x76820231201_094419_copy_1024x768






客殿から見る紅葉も

わかりやすいくらい見頃は過ぎていました
20231201_092145_copy_1024x76820231201_091854_copy_1024x768






客殿西側の紅葉はまだ綺麗やね
20231201_093453_copy_1024x76820231201_092126_copy_1024x768






滞在中は誰も上がってこなかったので

この絶景の客殿を貸切状態で堪能しました♪
20231201_093951_copy_1024x76820231201_094041_copy_1024x768






朝の嵐山はほんと気持ちいいわ

やっぱり京都の朝は嵐山だな
20231201_095407_copy_1024x76820231201_095654_copy_1024x768






20231201_095830_copy_1024x76820231201_100337_copy_1024x768






渡月橋もまだそんなに混んでいませんね

前回は横断禁止の柵が置かれていましたが

今回は柵は撤去されていました
20231201_101806_copy_1024x76820231201_103536_copy_1024x768






こちらは市営駐車場

10時の時点で奥までビッシリ埋まってた・・・
20231201_103120_copy_1024x768






こちらはトロッコ嵯峨駅

前回は建物の外まで行列だったので

今回はまだマシかな?
20231201_104951_copy_1024x768






こちらはJR嵯峨嵐山駅

京都駅方面からの電車が到着すると

改札前はかなり混み合うのでご注意ください
(これは東福寺もやね)
20231201_105354_copy_1024x768







この日の様子はこんな感じ↓


このあとJRで二条駅まで移動して

清水寺へ向かいます

初めて東寺の夜間拝観に行ってみたら・・・

京都で紅葉の夜間拝観と言えば

パッと思いつくのが東寺と永観堂でしょうか

永観堂は仕事で何度か行ったことがありますが

東寺って桜のシーズン含めて行ったことないんですよね

毎年、行こう行こうと思いながら行かない(笑)

寒いのが苦手なのでわざわざ高いお金を払って

夜に紅葉を見る気になれないのです・・・

今年も特に行く予定はなかったのですが

ここ数日、夜でも暖かい日が続いているし

明日も休日

ってことで晩御飯を食べている途中に

そうだ 東寺、行こう!

って思い立ち

洗い物もせずに新快速に乗り込んだのでした



東寺に到着したのはちょうど20時

この時間なら空いてるだろうと思ったんですが

結構、賑わっていました

拝観受付は東側の慶賀門(けいがもん)

夜間は東寺の境内全てが有料エリアとなるようです
Gallery_1700794639461_copy_1024x754Gallery_1700794593780_copy_1024x754






入っていきなり左の水路(?)に反射する五重塔が綺麗
20231123_201717_copy_1024x76820231123_201229_copy_1024x768






慶賀門入ってすぐなのでこの辺りで流れが悪くなります
20231123_201256_copy_768x1024








宝蔵前に差し掛かるコーナーもいい感じ

個人的にここが一番幻想的だったかな?
20231123_212519_copy_1024x76820231123_212540_copy_1024x768






さっきより五重塔がハッキリ映ります
20231123_212741_copy_768x1024_1








普段は有料エリアとなっている金堂・講堂エリアはそのまま入れます
Gallery_1700795416548_copy_1024x755






五重塔の北側に広がる庭園を散策

中央部分に池があるので

ここに反射する逆さ五重塔が人気でした

人物と一緒に撮る逆さ五重塔はここが一番最適ですね
(かなり混み合いますが・・・)

飛び石に立って撮影する際は

池に落ちないようにご注意ください!
20231123_203547_copy_1024x76820231123_205627_copy_1024x768






東寺の夜間拝観

なんと一脚・三脚OK

夜間拝観で三脚OKとか珍しいですよね

人が多いので自撮り棒があると便利です
20231123_205715_copy_768x1024








池に反射する紅葉もいい感じ
20231123_210241_copy_1024x76820231123_210009_copy_1024x768






ここの庭園、普段はあまり歩かないので

こんなに広いんだと驚きました

ベンチもあるのでゆっくり鑑賞したいですね
20231123_205508_copy_1024x76820231123_205912_copy_1024x768






最後は金堂・講堂の諸仏を拝観して帰ります

夜に見る金堂の薬師三尊

そして講堂の立体曼荼羅は厳かな雰囲気で素敵でした
(もちろん堂内は撮影不可)
20231123_211016_copy_1024x768






いや〜東寺の夜間拝観がこんなに良いとは意外でした

正直あんまり期待していなかったんですよね

駅から近いから余計は交通費はかからないし

夜21時半までなので仕事帰りでも楽しめるし

写真好きには嬉しい一脚・三脚OK

ペット連れもOK

さらに普段500円の金堂・講堂にも入れて

1人1000円はかなりお得じゃない?

先日の一目千円で撮影NGの飛雲閣とは偉い違いだ(笑)


ぜひ、皆さんもお時間がありましたら

東寺の夜間拝観に行ってみてくださいね

初めて行かれる方はこちらの動画でタビトレ!


【夜の特別拝観】
会期:11月1日〜12月10日
時間:21時30分(受付は21時まで)



あ、久々に京都駅の八条口側に出てみたら

新幹線中央改札の横に

551の蓬莱が出来てるやん!!
20231123_194819_copy_1024x768






もはや551は大阪土産じゃなく関西みやげやな(笑)

11月下旬の京都の紅葉ってどんな感じ?

3週に渡って京都の同じ場所の紅葉をお届けする第2弾です

先週はこんな感じでした↓

11月中旬の京都の紅葉ってどんな感じ?


あれからちょうど1週間

京都の紅葉はどんな感じに進んだのでしょうか?


今回は先週とは逆コースでまわってみたいと思います

【嵐山】

まずは法輪寺

先週に比べ、だいぶ境内が色づきましたね

舞台のイチョウはまだ半分くらい残っていました
20231122_090356_copy_1024x76820231122_090338_copy_1024x768






20231122_090046_copy_1024x76820231122_090037_copy_1024x768






舞台下の紅葉はこれ以上ムリっぽいかな・・・

今年はやっぱり色づきが悪い・・・
20231122_085953_copy_1024x76820231122_090133_copy_1024x768






保津川沿いを歩いて千光寺
20231122_092241_copy_1024x76820231122_100719_copy_1024x768






あさイチに行ったので客殿からの景色は独り占めでした♪
20231122_095811_copy_1024x76820231122_093713_copy_1024x768






色づきはこれ以上期待できなさそう・・・
20231122_094833_copy_1024x76820231122_093946_copy_1024x768






朝の嵐山

川沿いを歩くのはホント気持ちいいのでオススメです
20231122_092430_copy_1024x768






こちらはトロッコ嵯峨駅

建物の外まで列ができていました・・・
20231122_105702_copy_1024x76820231122_105414_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


このあと二条駅で乗り換えの際

立命館大学近くで見つけたスパイスカレーのお店

“アジパイ”ってお店でランチ

ちょっと分かりにくい場所にあるんですが

味はなかなか美味しかったです♪
20231122_113514_copy_1024x76820231122_113842_copy_1024x768






20231122_113651_copy_1024x76820231122_114442_copy_1024x768







【清水寺】

清水寺には13時頃に到着

駐車場も拝観受付も混み合っていました
(そりゃそうだわな)
20231122_130116_copy_1024x76820231122_131145_copy_1024x768






20231122_131757_copy_1024x76820231122_131643_copy_1024x768






20231122_131650_copy_1024x76820231122_131726_copy_1024x768






こちらもかなり色づきましたね

1週間でここまで変わるとはビックリです
20231122_132351_copy_1024x76820231122_132119_copy_1024x768






こちらは子安の塔からの景色
20231122_133430_copy_1024x76820231122_133445_copy_1024x768






個人的に清水寺で好きなスポット

アテルイ・モレの碑の裏と

放生池の裏の池周辺も綺麗に色づいていました
20231122_134341_copy_1024x76820231122_134925_copy_1024x768






14時頃の駐車場が出発ラッシュでヤバかった・・・
20231122_140555_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓



【東福寺】

いつものコーナーも臥雲橋もいい感じに色づいてる
20231122_154616_copy_1024x76820231122_144433_copy_1024x768






有料エリアに入ったあたりはまだ青かったかな
20231122_145038_copy_1024x768






谷から上がってくる階段周辺が一番綺麗だった印象
20231122_145536_copy_1024x76820231122_150036_copy_1024x768






渡月橋からの紅葉はこんな感じ

15時すぎに撮影したので西日で影になっちゃてますね・・・

でも赤・黄・緑・オレンジ

色んな色が混ざって綺麗です
20231122_151921_copy_1024x76820231122_151047_copy_1024x768






注意をしたいのは

渡月橋を渡った先の出口

以前はこの出口の手前で右に曲がれたんですが

今年は曲がれなくなっていました・・・

てことでここまで来ちゃうと後は出るだけになってしまうので

いい場所があれば気が済むまで撮影してから進みましょう
20231122_152312_copy_1024x768






有料エリアを出た後

先週行かなかった堰月橋も行ってみたんですが

全然色づいてなかった・・・
(この先色づくのか?)
20231122_153224_copy_1024x76820231122_153313_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


今年の人ごみのピークは23日の勤労感謝の日か12月最初の土日でしょうか?

次回のレポートは12月上旬を予定しています

11月中旬の京都の紅葉ってどんな感じ?

道南&九州の連添が終わり

ようやくお休みがやってきたので

京都へ紅葉を見に行ってきました!

え、まだ早いやろ!って?

いやいや、早くていいんです

旅行会社のパッケージツアーは

もうとっくに京都紅葉ツアーが出てますからね(笑)



今年はYouTubeで京都の人気紅葉スポットの

綺麗な動画を撮影するのではなく

11月中旬→11下旬→12月上旬と

どのように紅葉が色づくのか?

人の多さは変わるのか?

を検証したいと思っているのです

なので今年は少し早めに京都の撮影スタート!


まず最初に向かったのは

東福寺

ちなみに昨年(11/25)はこんな感じでした


8時半頃に着いたんですが

めっちゃ人は少なかったです

臥雲橋もガラガラ・・・

今年は京都国立博物館で行われている

「東福寺展」の影響で

例年以上に混むと予想していたんですが・・・
20231115_085019_copy_1024x76820231115_084955_copy_1024x768






こちらは渡月橋の拝観受付

一番左が団体受付でした
20231115_085408_copy_1024x768






有料エリアの中はこんな感じ

やっぱりまだ早いですね
20231115_091006_copy_1024x76820231115_091013_copy_1024x768






1週間後が楽しみ♪
20231115_085805_copy_1024x76820231115_091228_copy_1024x768






一番人気の渡月橋中央部分も

人が少ないので後ろを気にせず撮影できました♪
20231115_090725_copy_1024x76820231115_090613_copy_1024x768






黄色っぽい紅葉もなかなか綺麗じゃないですか
20231115_090251_copy_1024x768






彩度やコントラストを調節すれば

さらに綺麗になります(笑)
fotor_1700121818285_copy_1024x768







はい、次いってみましょう!

清水寺

ちなみに昨年(11/17)はこんな感じでした


さっきの東福寺とは違いえらい人混みだ・・・

しかも修旅が多いのなんのって・・・
20231115_104347_copy_1024x76820231115_103845_copy_1024x768






奥之院の舞台もGW並みに混んでいました
20231115_100402_copy_1024x76820231115_100412_copy_1024x768






20231115_100440_copy_1024x76820231115_100633_copy_1024x768






20231115_101225_copy_1024x76820231115_101012_copy_1024x768






こちらもアプリで編集したら

ええ感じに映える写真に♪
fotor_1700121870513_copy_1024x768






子安塔からの景色がなかなか良かったです
20231115_102034_copy_1024x76820231115_102257_copy_1024x768






あとアテルイ・モレの石碑の献花がめちゃ綺麗でした
20231115_103136_copy_1024x76820231115_103601_copy_1024x768






このあと円山公園と知恩院に寄ったのですが割愛します(笑)

最後は

嵐山

ちなみに昨年(11/20)はこんな感じでした


20231115_125158_copy_1024x76820231115_130242_copy_1024x768






ネットの情報だとなぜか嵐山は

「見頃」ってなってたけど

絶対まだ早いやろ!!!
20231115_132156_copy_1024x76820231115_140818_copy_1024x768






行く予定はなかったのですが

千光寺に登ってみました


看板犬のすみれは健在でしたが、寒いのかケージで丸くなっていました
20231115_134516_copy_1024x76820231115_134542_copy_1024x768






客殿からのGREAT VIEWはどんな感じでしょうか?
20231115_135159_copy_1024x768






やっぱりまだ早いね

誰や、嵐山の紅葉は見頃なんて誤報を出したのは!!
20231115_135124_copy_1024x76820231115_134415_copy_1024x768






千光寺といえば法輪寺にも寄らないとね


20231115_142434_copy_1024x76820231115_142442_copy_1024x768






こちらは舞台横のイチョウが綺麗に色づいていました♪
20231115_143638_copy_1024x76820231115_143731_copy_1024x768






さて、11月中旬の京都の紅葉

少しはイメージできましたか?
(撮影日は11月15日)

1日で東福寺→清水寺→嵐山

と慌ただしくめぐった訳ですが

ランチはちゃんとお店で座って食べました
(当初はコンビニのおにぎり程度で済ます予定でした)

東山駅から地下鉄に乗る前に

前から気になっていた

“三味洪庵(さんみこうあん)”を覗いてみたんです

いつもはお店の前に行列ができているのに

誰も並んでいないではないか!

テラス席だったらすぐにご案内できます

ってことで通してもらったんですが

別途テラスチャージとして330円取られた(笑)

三味洪庵と言えばインスタ映えする“すだち蕎麦”が人気

ということでミーハーなので頼んでみました
20231115_113340_copy_1024x76820231115_113348_copy_1024x768






温蕎麦だとダシにすだちの苦みがでるので

気になる場合はお皿へ取り分けて下さい

ってことだったんですが

すだちをどけたらめっちゃ貧相なお蕎麦になってもーた(笑)
20231115_113740_copy_1024x768






しかもこのお蕎麦

全然おいしくなかった・・・

これで1530円・・・

テラスチャージで1860円ですよ・・・


なんてお蕎麦の文句は伏せていますが

この日の紅葉の様子を動画にまとめました


撮影も編集も全てスマホで完結したので

なんとも安っぽい動画ですが

現在の紅葉の様子は伝わると思います


旅行やお仕事の参考にして頂けると幸いです

次は11月下旬にご報告しますね

【マニアック京都】西寺跡と鎌達稲荷神社

最近は大阪の神社仏閣ネタが続いたので

今日は京都の知られざるスポットをご紹介

京都のシンボルと言えば

東寺

京都観光のド定番ですよね

平安京のメインストリート

朱雀大路の左右に建てられた東側のお寺です

じゃあ西側の“西寺”って行ったことあります?

実は私も行こう行こうと思っていながら

長年スルーしていたスポットなんですよね

先日の弘法市の帰りに行ってみました


東寺からひたすら西へ進み

羅城門跡までも少し歩くのですが

さらにその倍、西へ進んだとろにありました

こちらが西寺

です(笑)
20230703_150448_copy_1024x768Gallery_1688435325833_copy_1600x1200






現在は公園になっていて

ポツンと石碑と案内板が立つのみとなっていました


かつて東寺と同様の規模があったのに

この差はなんだんだ・・・
20230703_144646_copy_1024x76820230703_144654_copy_1024x768






所々に東寺を

いや当時を偲ばせる礎石がありました
20230703_144706_copy_1024x76820230703_144838_copy_1024x768







この西寺跡のすぐ脇に神社がありました

“鎌達(けんたつ)稲荷神社”
20230703_150217_copy_1024x76820230703_150208_copy_1024x768






とても小さい神社なんですが

由緒書きによると

安倍晴明の子孫

土御門(つちみかど)家が祀ったお稲荷さんがはじまりのようで

伏見稲荷よりも歴史が古いことから

“元稲荷”とも呼ばれているんだとか
(泉涌寺の近くにもそんな神社があったような・・・)
20230703_145920_copy_2000x150020230703_145904_copy_1024x768






ご祭神はお稲荷さんこと

ウカノミタマに加え

記紀の中ではツアコン的な役割をした

導きの神、サルタヒコを祀っているそうです


あと面白いのが

なぜかあの大阪で人気のパワースポット

スピ系の人たちががホイホイ集まる

サムハラ神社

のお守りが受けられるということ

神秘の合言葉・サムハラ神社に行ってきました♪


20230703_150009_copy_2000x1500






なぜ、京都でサムハラのお守りが???


安倍晴明

陰陽師

サムハラ


スピ系の人にはたまらんスポットですな
(私はどれも興味ないけど・・・)

私はサムハラのお守りより

神社の向かいの家が気になりました

20230703_150229_copy_1024x768







ここ、人が住んでるのかな???

ピザと宵山と私

はい、このタイトル見てこの曲をイメージした人は

同世代ですね(笑)



7月22日、祇園祭(後祭)の宵山へ行ってきました

まずは錦市場の近くにある

“マリータ”ってピッツェリアでランチ

ちょうど2年前の祇園祭で友人から教えてもらったお店です
20230722_122526_copy_1024x768






窯焼きの本格的なピザがリーズナブルに食べれるお店

営業時間も短く、席数も少ないので

並ぶのは覚悟です

並ぶのが苦手な私も

この日はどうしてもピザが食べたくて10分くらい並びました
20230722_121606_copy_1024x76820230722_121026_copy_1024x768






マルゲリータ(ドリンク付き)1000円

立地もいいのにこの価格は嬉しい♪
20230722_121807_copy_768x1024









さて、食後は11基の山鉾をめぐります

今回は4年ぶりの通常開催ということで

昨年は公開していなかったご神体も見れるようです


まずは蛸薬師通りの“橋弁慶山”

もちろんご神体は弁慶と牛若丸

20230722_134418_copy_1024x76820230722_134439_copy_1024x768








お次は六角通りの“浄妙山”

テーマは平家物語の宇治川合戦

ご神体は筒井浄妙一来法師
20230722_131413_copy_1024x76820230722_131439_copy_1024x768






山鉾巡行当日は

めちゃアクロバティックな態勢で巡行します(笑)
df040e3e









烏丸通りの“鈴鹿山”は会所が閉まってた・・・

どちらにしてもこちらは会所内でのご神体の撮影不可

ちなみにご神体は“瀬織津姫”です
493048c2







室町通りには3基の山が並びます

“役行者山”

ご神体は主役の“役行者”の左右に

“一言主神”“葛城神”

大峰山と葛城山に橋を架けようとした故事が題材
20230722_124358_copy_1024x76820230722_124800_copy_1024x768








“黒主山”

ご神体は“大伴黒主”

謡曲「志賀」がテーマ
20230722_130816_copy_1024x76820230722_130840_copy_1024x768









“鯉山”

ここは懸想品が豪華絢爛で人気

会所にはいつも列ができています
20230722_134715_copy_1024x76820230722_133504_copy_1024x768






20230722_132841_copy_1024x76820230722_133240_copy_1024x768






ベルギー・ブリュッセルで作られたタペストリー

昨年は公開を中止していました
20230722_132921_copy_1024x76820230722_132948_copy_1024x768






左甚五郎作と伝わる木彫りの鯉はいつみても見事です

山に乗っていた神社は八坂神社

鯉が滝を登ると龍になる

「登竜門」を題材とした山です

なのでご神体は

と思いきや

八坂神社の“スサノオ”だそうです
(そっちがご神体だったのか!)
20230722_133249_copy_1024x76820230722_133256_copy_1024x768









お次は三条通りへ

昨年196年ぶりに巡行に復活した“鷹山”

ご神体は“鷹遣”こと

在原行平(左)

粽を手に持つ“樽負”(中央)

狩猟犬を連れている“犬遣”(左)

20230722_140621_copy_1024x76820230722_140258_copy_1024x768









お次は新町通りへ

通りには4基の山鉾が並びます

まずは“八幡山”

鯉山同様、懸装品の展示は有料級
20230722_142031_copy_1024x76820230722_142049_copy_1024x768






ご神体はもちろん“八幡神”

石清水八幡宮から勧請

黄金の社殿の中の黄金の厨子に入るのは

運慶作と伝わる応神天皇の騎馬像

巡行寺は見れない貴重な仏像です
20230722_141952_copy_1024x76820230722_141959_copy_1024x768






宵山の会所飾りは新旧の懸装品

両方が展示されている場合があります

八幡山の鳥居に乗る鳩もそのひとつ
20230722_141857_copy_1024x76820230722_141904_copy_1024x768






古い鳩は左甚五郎作と伝わっているそうです
20230722_141908_copy_1024x768









そのまま新町通りを南下します

この通りは高張提灯が並んでいるので

お祭り雰囲気を盛り上げてくれます
20230722_143208_copy_1024x76820230722_143147_copy_1024x768






八幡山より南には“北観音山”“南観音山”

鉾のように見えますが

屋根に松が立っているので山です

山の中でも鉾みたいなカタチの山は

“曳山(ひきやま)”と呼ぶそうです
20230722_142712_copy_1024x76820230722_142740_copy_1024x768






それに対し人が担いでいるようなカタチの山は

“舁山(かきやま)”です
(実際に昔は担いでいたそうです)
760b7a09a7814797







北観音山の会所飾りも山への搭乗も関係者のみ

南観音山は会所飾りも山への搭乗もできますが

1000円をお支払い頂きます(笑)

どちらもご神体は

“柳谷観音”“韋駄天”

南観音山は夜中に柳谷観音を台車に乗せて町内を駆け抜ける

“あばれ観音”って神事があるんですよね

一度見てみたいものです・・・


新町通りの一番南に鎮座するのは“大船鉾”

メインのご神体は“神功皇后”

こちらは別途500円で

会所飾りとご神体の神功皇后が拝観でき

さらに鉾にも上がれるコスパ最強な鉾でございます
20230722_144447_copy_1024x76820230722_144145_copy_1024x768






神宮皇后にお供した

“住吉明神”“鹿島明神”“安曇磯良神”

の3柱もご神体
(船鉾と同じメンバー)

こちらは無料で拝観できます

ちなみに大船鉾って舳先に龍頭が付いているイメージですが

これは1年ごとに置き換えられる飾り
e8f7c997ce1e14bc






今年は大金幣が付いていました
Gallery_1690254686824_copy_1024x811









最後は四条通りの御旅所でお神輿をお詣りして帰りました

八坂神社のお神輿は3基
20230722_153136_copy_1024x768






屋根が八角形の西御座

スサノオとクシナダ姫の子ども

八柱御子神がご神体

八柱御子は八王子とも呼ばれ

東京・八王子の由来にもなっています
20230722_153311_copy_1024x768






屋根が四角形の東御座

ご祭神はクシナダヒメ

スサノオがヤマタノオロチ退治をした時に結ばれたお姫様です
20230722_153329_copy_1024x768






六角形の屋根の中御座

祇園祭の主役である“スサノオ”が乗っております
20230722_153320_copy_1024x768






この日の様子はこちらの動画でまとめていますので

ぜひ、来年の祇園祭のタビトレ用にご覧ください


さて、お祭りって花火や山車など

派手なイベントに目がいきがちですが

お祭りの本来の主役はお神輿

普段は神社に鎮座している神様を神輿に移し

氏子さんたちがワッショイワッショイって町内を担いでまわり

神様のご機嫌をとって、五穀豊穣や疫病退散を祈るのが目的です

祇園祭も本来のメインは宵山でも山鉾巡行でもなく

神輿渡御ということです

17日の山鉾巡行のあと

八坂神社から御旅所まで神輿渡御(神幸祭)が行われ

24日の山鉾巡行のあと

御旅所から八坂神社まで神輿渡御(還幸祭)が行われます


自慢じゃないけど私

どっちも見たことはありません(笑)


祇園祭も奥が深いわ・・・

【噂の検証】献血ルーム四条から山鉾巡行はどう見えるのか?

四条通りにある献血ルーム四条

ここは祇園祭の穴場ってお話しをしたのを覚えているでしょうか?

【献血部】京都四条の献血ルームがほぼカフェ状態と話題に


前々から気になっていた山鉾巡行の開催日の献血ルーム

今回は事前に予約を入れて検証してきました!

祇園祭のスタートは9時ですが

献血ルームのオープンは10時ですので

一番早い10時に予約を入れました


めっちゃ混んでるのをイメージしてたけど

思ったほど混んでいませんね・・・
20230717_100244_copy_1024x768






室内にはライブ映像の鑑賞スペース

さらに窓際のテーブルには

山鉾の特徴が詳しく書かれたパンフレットまで置いてあり

なんとも至れり尽くせりな環境です
20230717_100719_copy_1024x76820230717_100738_copy_1024x768






下界は37度の猛暑ですが

こちらはクーラーがガンガンに効いており

冷たいドリンクは飲み放題♪

アイスまで食べれます
(これは1人1本まで)

ビルの5階なので祇園囃子はほとんど聞こえませんが

上から見る山鉾もなかなか面白いですよね
20230717_110543_copy_1024x76820230717_110915_copy_1024x768






山鉾巡行の順番を改める儀式

“くじ改め”の場所も近いので

上からくじ改めの様子がじっくり見れます
20230717_100659_copy_1024x768Gallery_1689770321357_copy_1024x742






20230717_105726_copy_1024x76820230717_110804_copy_1024x768






個人的に一番面白いと感じたのは

鉾の上に立つ真木(しんぎ)に付いている

天王人形が間近に見れること

これは沿道からだと遠すぎて見れませんからね
Gallery_1689770353693_copy_1024x74220230717_110900_copy_1024x768_1






そんな献血ルーム四条の様子をYouTubeにアップしました

自分で言うのもなんですが

なかなか上手くまとまった動画だと思います(笑)


この動画で1人でも多くの方が

献血に興味を持ってもらえたら嬉しいですね

24日に行われる後祭の山鉾巡行でも

献血ルームの前を通りますよ
(前祭と逆方向です)

【祇園祭2023】カオスも雅も全部含めて祇園祭な1日♪

棚ぼたでやって来た連休はしっかり休養し

祇園祭(前祭)の山鉾巡行へ行ってきました!

昨年は後祭の山鉾巡行の出発前の様子を撮影したので

今回も出発前の山鉾町を撮影するため

気合を入れて5時に起きたのに

のんきに朝マックを食べてたら

結局、現地に着いたのが7時半

完全に出遅れました・・・
20230717_075830_copy_1024x768






出発前の山鉾は

懸想品が完全にセットされた状態なのがいいですね

ご神体をじっくり鑑賞できるのもポイント高し


こちらは“保昌山(ほうしょうやま)”

ご神体は梅の枝を持つ平井保昌(ひらいやすまさ)
20230717_073036_copy_1024x76820230717_073051_copy_1024x768






こちらは“太子山(たいしやま)”

ご神体は16歳の聖徳太子
20230717_075155_copy_1024x76820230717_075210_copy_1024x768






こちらは“伯牙山(はくがやま)”

ご神体は鎌を持った“伯牙”
20230717_080343_copy_1024x76820230717_080337_copy_1024x768






こちらは“綾傘鉾(あやかさほこ)”

ご神体は右足で卵を掴む
20230717_080624_copy_1024x76820230717_080635_copy_1024x768






船鉾(ふねほこ)はやっぱり人気ですね
20230717_081036_copy_1024x76820230717_081024_copy_1024x768






こんな感じで先に四条通りより南側を見て

この後、北側の山鉾町を歩こうと思ったら

もう山鉾が動き出してタイムオーバー・・・

四条烏丸のスタート地点で人混みをかき分け
20230717_083015_copy_1024x768Gallery_1689760794987_copy_1024x742






東へ東へと歩いていきます

中継カメラよりさらに東へ
20230717_085137_copy_1024x76820230717_085134_copy_1024x768






しばらく歩くと注連縄のかかった交差点が現れます

ここが山鉾巡行のハイライトのひとつ

長刀鉾の注連縄切りが行われる場所です
20230717_085258_copy_1024x76820230717_091404_copy_1024x768






はじめて注連縄切りを見たんですが

沿道のカオスな状況と

鉾の上の雅な光景のギャップが衝撃的でした(笑)
20230717_092720_copy_1024x768Gallery_1689760489372_copy_1024x742






その様子はコチラの動画で味わえます


さて、このあとは御池通りの有料観覧席へ

団体が去ったあとなのか

暑すぎて座っていられないのか

このエリアの座席はガラガラでした(笑)
20230717_122004_copy_1024x76820230717_122000_copy_1024x768






暑さはハンパないですが

やっぱり広々した御池通りを進む山鉾はいいですね
20230717_124019_copy_1024x76820230717_131949_copy_1024x768






20230717_131943_copy_1024x768Gallery_1689760576722_copy_1024x742






でも同じ御池通りの有料観覧船でも

北側と南側が同じ料金ってのはどうなん?

ご神体はみんな南を向いてるし

南側の方が影になってるから涼しそう!

これなら絶対南側の座席のほうがいいですよね
(だから団体は北側が多いのか?)

そんな暑さにとろけそうになった山鉾巡行の様子は

こちらの動画で味わえます


今回の動画はすべてスマホで撮影したんですが

心配していたのはスマホのオーバーヒート

直前にアマゾンでスマホ冷却装置を購入したんですが

これ、急速かつキンキンに冷えるので

めっちゃ助かりました!!
20230719_200020_copy_1024x768






まぁオーバーヒートの心配をしないといけないのは

スマホだけじゃなく

人間もなんですけどね・・・

【祇園祭2023】二階囃子って知ってる?

早いもので7月に入りましたね

7月に入ると京都の繁華街ではBGMに祇園囃子が流れ始めます

祇園祭といえば宵山や山鉾巡行ばかりが注目されますが

各山鉾町で夜に行われる

お囃子の練習風景を楽しみにいしているコアなファンもいます

だいたい会所の二階で行われるので

通称“二階囃子”と呼ばれているそうです
20230703_202226_copy_1024x76820230703_202757_copy_1024x768






この二階囃子は7月1日から始まる山鉾町が多く

開始時間はだいたい18時か18時半

終了時間はだいたい21時半か22時

“二階囃子”という楽しみ方はあまり知られていないので

聞きに来ているのは地元の方が多いようです
20230703_205630_copy_1024x76820230703_210048_copy_1024x768






20230703_203449_copy_1024x76820230703_203539_copy_1024x768






当たり前のように日常に溶け込んでいるの風景や

練習風景を見守る方の後ろ姿がエモくて素敵です

web上で詳細を公表している山鉾町と

非公表の山鉾町

外から見える山鉾町

扉が閉ざされている山鉾町

各山鉾町によって違いがありますが

山鉾町を歩いていたら

自然とお囃子が聞こえてくるので

音のする方へ歩けば見れると思います

ちょっとマニアックな楽しみ方ですが

この時期だけの夏の京都のお楽しみ

機会があればぜひ

夜の山鉾町を宝さがし感覚で歩いてみてください


こちらは昨日の二階囃子の様子です


頑張って夜中2時までかけて編集したので

高評価ヨロ(笑)

【GWの京都】京都の観光地は本当に外国人観光客だらけなのか?

ゴールデンウイーク後半戦の5月3日

夜に四条烏丸で高校時代の同窓会があるので

それまでの時間を活用して

京都の観光スポットを撮影してきました

添乗員がGWに働かんといつ働くねん!

って突っ込まれそうですが

たまたま休みだったんですよ

ほんとたまたま(笑)

で、時間がないので撮影するのは

東・西・南の人気観光スポット3つに絞りました

まず最初に向かったのは南の横綱

“伏見稲荷”
20230503_111210_copy_1024x76820230503_112552_copy_1024x768






この日は“稲荷祭”の開催日だったようで

色んな意味で混んでいました

でも日本人の団体ツアー客は少なかったですね

バス乗降所のおっちゃんも

今日はバス少ないわー

ってぼやいてました


お次は東の横綱

“清水寺”

ここは想像通りの混みっぷり
20230503_122925_copy_1024x76820230503_123119_copy_1024x768






外国人観光客も多いけど

日本人もやっぱり多い

気温が上がってきたせいか

思ったほど着物姿の観光客は少なかったように感じました
20230503_123654_copy_1024x76820230503_124023_copy_1024x768






20230503_125153_copy_1024x76820230503_125203_copy_1024x768






清水の舞台ではちょうど空に

“環水平アーク”って現象が出現

たぶん太陽のまわりにはハロが出ていたはずなのに見逃した・・・

なんだかいいこと起きそうですよね♪
20230503_125446_copy_1024x76820230503_125458_copy_1024x768






20230503_130740_copy_1024x76820230503_130356_copy_1024x768






ちなみに観光バスの駐車場はこんな感じ

やっぱりここも少なかったです
20230503_123217_copy_1024x768







最後は西の横綱

“嵐山”

トロッコは2時間先まで満席

保津川下りは現在も運行中止です
20230503_145234_copy_1024x76820230503_145251_copy_1024x768






渡月橋は東側の渡月橋交差点の信号が赤になったときに停滞するくらいで

入場制限とかは特に出ていませんでした
20230503_152632_copy_1024x76820230503_153954_copy_1024x768






でもボートの数が凄かった

今から壇ノ浦の合戦かっ!

ってほどボートが出陣していました
20230503_153553_copy_1024x76820230503_155236_copy_1024x768






レストラン嵐山の駐車場にはバス4台・・・
20230503_152145_copy_1024x768






この3ケ所をふりかえると

京都の観光地は

日本人の個人客は多い

外国人のツアー客も多い

でも日本人のツアー客は少ない


って印象でした

そんな京都の様子を35分の動画にまとめました

初めて撮影・編集・アップロード

すべてスマホで完結させた動画なので

めっちゃグダグダな編集となっております・・・

でもまー今の京都は伝わるのではないでしょうか?


あ、この動画では途中から後輩のよねちゃんが友情出演しております

GW渋滞で道が混む中

日帰り添乗ご苦労様でした
20230503_155652_copy_1024x768






さて、翌日からは私もちゃんと添乗に出ます

はたして無事に終えられるのか・・・

【京都の桜2023】今年のサクラは本当に1週間早いのか?

2023年4月1日

京都へ桜を見に行ってきました

今年の桜は1週間くらい早い

なんて各地で言われていますが

京都はどんな感じなんでしょうか?

私の中では

昨年のピークは4月2日(土)

てことは今年の4月1日(土)なんて

完全に出遅れなのか?

でも今年の桜シーズンはこの日しか休みがない

とにかく1日で見れるだけ見てきました!

まずは嵐山

7時半頃に現地に着いたのでめちゃ空いていました

てかめっちゃ綺麗やん!

文句なしに見頃なんですけど!!
20230401_071356_copy_1024x76820230401_073201_copy_1024x768






20230401_073225_copy_1024x76820230401_073727_copy_1024x768






滞在30分で嵐山を後にして

JRと地下鉄で蹴上へ

インクラインもこんな感じで見ごたえがありました
20230401_085132_copy_1024x76820230401_085437_copy_1024x768






南禅寺は法堂と水路閣の間の桜が綺麗でした
20230401_090754_copy_1024x768






哲学の道も色んな桜の競演で華やか
20230401_092645_copy_1024x76820230401_093052_copy_1024x768






2年前に見つけた真如堂の塔頭・法伝寺

ここもまだ綺麗に咲いていました
20230401_094905_copy_1024x76820230401_094838_copy_1024x768






そして参道の階段が桜のトンネルになる宗忠神社
20230401_100250_copy_1024x76820230401_101929_copy_1024x768






鳥居と桜が交互に迫ってくる竹中稲荷社
20230401_101622_copy_1024x76820230401_101653_copy_1024x768






金戒光明寺までは観光客も少ない穴場のお花見ルートです
20230401_103109_copy_1024x768






岡崎疎水も京都らしさがあっていいですね
20230401_105011_copy_1024x76820230401_105340_copy_1024x768






20230401_105510_copy_1024x76820230401_105302_copy_1024x768






黒い三門に桜が映える知恩院
20230401_111848_copy_1024x76820230401_112249_copy_1024x768






お祭りムード満点の円山公園
20230401_113106_copy_1024x76820230401_113307_copy_1024x768






ねねの道もまだまだ綺麗!
20230401_115031_copy_1024x768






海外旅行ムードが味わえる二年坂・産寧坂・清水坂を歩き

清水寺
IMG_20230403_221803_copy_1024x768IMG_20230403_221556_copy_1024x768






噂には聞いていたけど

想像以上の外国人の多さに圧倒されました・・・
20230401_120448_copy_1024x76820230401_121334_copy_1024x768






20230401_121557_copy_1024x76820230401_120802_copy_1024x768






20230401_121938_copy_1024x76820230401_122006_copy_1024x768






このあと祇園白川
20230401_131947_copy_1024x76820230401_132035_copy_1024x768






20230401_132028_copy_1024x76820230401_132421_copy_1024x768






そして川端通りを北上して三条大橋を渡ったあとは

木屋町通りを南下
20230401_132607_copy_1024x76820230401_134204_copy_1024x768






高瀬川では高瀬舟の乗船イベントが開催されていました

2日間限定で行われていたそうです
20230401_135113_copy_1024x76820230401_135214_copy_1024x768






こちらは先斗町にある“先斗町公園”

ここがこんなに桜が綺麗だとは知りませんでした
20230401_135520_copy_1024x76820230401_135401_copy_1024x768






このあと四条まで歩いて終了!
20230401_140311_copy_1024x768






帰って動画の編集もしないといけないので

このあたりが限界です・・・

2年前ほどじゃないけど

今年もよく歩いたわ・・・
20230401_155023_copy_1024x768






こんな感じで、出遅れたと思っていた京都の桜

どこもまだ綺麗な桜を楽しむことができました!

でも強めの風が吹くたびに桜吹雪が舞っていたので

次に雨が降ったら終わりなのかな・・・

この日の様子もYouTubeでアップ済みです

今回は時間短縮のためGoProではなくスマホで撮影し

テロップを入れる代わりに私がずっと喋ってます(笑)

編集は不要なシーンをカットするカット編集のみ

ひたすら撮影した数分の動画ファイルを繋げるだけだったんですが

まとめてみたら

1時間34分の超大作になってもーた・・・


さすがにこれが長すぎるやろ・・・

と反省したので

翌日、この動画のキャプ画を繋げて

3分間の動画(スライドショー)を作成しました

結局、3分で伝えられるんかーい!!(笑)

まずはコチラの動画をインデックス代わりに見てもらって

気になるスポットがあれば本編でチェック

って感じで見てもらえればと思います♪


ちなみに今回はGoProを使用せず

初めて自撮り棒にスマホを装着して撮影

というミーハースタイルで挑みました

GoProよりスマホの方がズームで撮影できるので使いやすいかも♪

GoProだといかにもYouTubeって目で見られるしね・・・

【検証】あの小説の表紙に描かれた景色は存在するのか?

そろそろ京都も桜のシーズンが近づいてきましたね

昨年はお花見ツアーの仕事もなかったので

京都のお花見動画の撮影にあけくれていた訳ですが

恐らく2022年で桜が一番のピークを迎えていたのは

4月2日(土)あたりだったと思います

この日は朝から蹴上のインクラインの撮影をしていました


この動画は哲学の道で終わっているんですが・・・

実はそのあとにもう1ケ所撮影に行った場所がありました



それがコチラの小説

「二十年目の桜疎水」の舞台です
d8f2fd80_copy_1024x768_1






2年前に読書部でも紹介した小説です

【読書部】エモい京都ミステリー♪

(2021年6月22日)


本屋で表紙のイラストを見たとき

素敵なイラストだな〜とCDのジャケ買いのように衝動買いした1冊です
20230309_125729_copy_768x1121








この小説は京都を舞台にした短編小説集

その3話目に「二十年目の桜疎水」が収録されています

切なくてエモい大人のラブストーリー

この小説の中でヒロインが住んでいるのが

京都市左京区松ヶ崎(まつがさき)

表紙のイラストもこの松ヶ崎にある疎水が舞台のようです

それも桜が満開の季節の疎水

松ヶ崎に疎水があるのもこの小説で初めて知りましたが

ほんとにこんな桜が綺麗な場所があるんでしょうか?

実際に検証しに行ってきました!

インクラインから哲学の道を歩き

ひたすら西へ西へ・・・・

高野川沿いの桜も綺麗ですが
IMG_20220402_145440_copy_1024x768IMG_20220402_145900_copy_1024x768






高野川を越えると

再び桜が密集しているエリアに突き当りました
IMG_20220402_150554_copy_1024x768_1IMG_20220402_150645_copy_1024x768






ここから松ヶ崎の疎水が始まるようです

確かに疎水と桜のコントラストが綺麗なスポットがありますね

ここがイラストのモデルなのでしょうか?
IMG_20220402_150729_copy_1024x768IMG_20220402_151146_copy_1024x768






いや、ここはここで綺麗だけど

なんかちょっと違うかな?

このあとさらにイラストの舞台を求め

西へ西へと疎水沿いを進んだのでした・・・
IMG_20220402_151248_copy_1024x768






はたしてイラストのモデルになった景色には

このあと出会えたのでしょうか?

続きはYouTubeで!(笑)


あ、この動画は北大路通りで終わっているんですが

そのあとめっちゃ行列ができているお店を見つけたんですよね

“グリルはせがわ”って洋食屋さん
IMG_20220402_165153_copy_1024x768IMG_20220402_165246_copy_1024x768






IMG_20220402_165224_copy_1024x768






このお店も気になる・・・・・・



【京都グルメ】グリル小宝の名物・オムライス♪

前回は平安神宮の近所にあるウサギの神社

岡崎神社をご紹介しましたが

今回は平安神宮から岡崎神社へ行く途中にある

人気の洋食店をご紹介

それがコチラ

グリル小宝
20221222_142232_copy_1024x768






いつ通ってもお店の前には行列ができていて

前から気になっていたんですよね

この日も岡崎神社へ行く際に通ったときは列ができていたんですが

帰りに寄ったら前に2組しかいなかったので

小雨が降る中、珍しく並んで待ちました
(実は予定していたお店がことごとく休みだったのです)

お店の雰囲気は純喫茶のようですが

お値段はそこそこしますね(笑)

カニクリームコロッケ

2個で2350円か・・・

しかもライスは別料金・・・
20221222_140717_copy_1600x120020221222_140822_copy_1600x1200






お店は純喫茶のようなのに

しっかり全席禁煙なのは嬉しい♪

IMG_20221222_152116_copy_1024x76820221222_141216_copy_1024x768






はじめてなので何を頼むか迷いましたが

クチコミを見ているとダントツ人気なのが

オムライス

何故かオムライスだけ庶民的なお値段で

小720円・並1100円・大1650円

写真は中サイズです
(大はSNS映えするほどデカいです)
20221222_140324_copy_1024x76820221222_140333_copy_1024x768






流行りのふわとろオムライスではなく

昔ながらの薄皮

正統派オムライスです

中のケチャップライスに使われているのは

鶏肉でもひき肉でもなく

牛肉と豚肉のブレンド

しっかりした食べ応えがあります

※ライスはリゾットみたいに柔らかめなので好き嫌いが分かれるかも


そしてこちらのお店の人気のヒミツである

ドビソース(デミグラスソース)が濃厚で美味しい

ソース2倍の場合はプラス170円
20221222_140508_copy_1024x76820221222_141318_copy_1024x768






中サイズでもかなりのボリューム・・・

女性は小でいいんじゃないでしょうか
(常連さんはシェアして食べているようです)
20221222_141148_copy_1024x768






“グリル小宝”ってお店の名前も縁起が良くていいですね

2023年の初詣は

子宝のご利益のある岡崎神社とグリル小宝

子宝&小宝詣

なんてどうですか?

位置関係はこんな感じです

スクリーンショット (300)






あ、ちなみに

年始の営業は5日からなのでご注意ください(笑)
20221222_142221_copy_1024x768







私がこの日行こうとしていた岡崎エリアの人気店

“山元麺蔵”は3日から

“おかきた”は5日からの営業です

【京都グルメ】平安神宮の帰りは“山元麺蔵”♪


【京都初詣】うさぎ年にはウサギの神社、岡崎神社へ♪

2023年の干支は卯(うさぎ)

毎年、その干支にゆかりのある寺社が注目を浴びますが

京都にも“うさぎ”にゆかりのある神社があります

それが京都市左京区岡崎東天王町にある

岡崎神社
20221222_133615_copy_1024x768






平安京遷都の際、王城鎮護として置かれた東側の神社なので

別名を“東天王社”
(町名にもなっています)

ちなみに岡崎神社の少し西側には

“西天王社“にあたる

“交通神社(須賀神社)”が鎮座しています

(西天王社も平安京より東にあるんですけど・・・)

まぁそんな話しはさておき

この岡崎神社がなぜうさぎに縁があるかというと

この地に野兎が多かったことで

氏神様の遣い(神使)が

“うさぎ”とされてきたそうです


境内には狛犬ならぬ“狛兎”

招き猫ならぬ“招き兎”が置かれています
20221222_123844_copy_1024x76820221222_123827_copy_1024x768






20221222_123904_copy_1024x76820221222_123911_copy_1024x768






20221222_132520_copy_1024x76820221222_132526_copy_1024x768






社殿の装飾もうさぎのモチーフが多用されています
20221222_132515_copy_1024x76820221222_123744_copy_1024x768






ほんとどこを見てもウサギだらけ(笑)
20221222_131324_copy_1024x76820221222_124043_copy_1024x768






20221222_131255_copy_1024x76820221222_131304_copy_1024x768






いつも金戒光明寺に行く際に横は通っていたんですが

実際に参拝するのは初めて

想像以上にうさぎ満載やった・・・(笑)
20221222_124000_copy_1024x76820221222_131441_copy_1024x768






うさぎおみくじ(500円)も人気

入れ物を持ち帰らず境内に並べている人も多いようで

この光景がSNSなどで人気を呼んでいます
20221222_130037_copy_1024x76820221222_130041_copy_1024x768






ご祭神は“スサノオ”“ ”クシナダヒメ”

その子である“八柱御子神(ヤハシラノミコガミ)”

兎が多産であること

あとスサノオ夫妻も子宝に恵まれたことから

子宝・安産・縁結びにご利益があるとされ

参拝者は若い女性が多かったです
20221222_133525_copy_1024x768







安産の神として信仰されたのは

高倉天皇の中宮、平徳子がお産の際に

幣帛を奉納したことから始まったようです
(この時出産したのが安徳天皇)


本殿の周囲はグルっと歩けます

色鮮やかな落ち葉が印象的でした

来年は紅葉シーズンに来てみよ♪

20221222_132103_copy_1024x76820221222_132041_copy_1024x768






境内社には“宮繁稲荷神社”という稲荷社のほか

奥には“雨社”と呼ばれる珍しい神社もありました
(雨乞いのための龍神を祀っているとか?)
20221222_125519_copy_1024x76820221222_124222_copy_1024x768






観光バスの駐車場はないので

ツアーで行くなら金戒光明寺と同様に

丸太町通りで乗降となるでしょうね

最寄りに鉄道の駅はないですが

市バスでは“岡崎神社前”というバス停があります

平安神宮からも徒歩圏内なので

平安神宮とセットでお詣りするのもオススメですよ


あ、平安神宮から徒歩圏内と言っても

団体で歩くのはちょっと厳しい距離なのでご注意ください(笑)


岡崎神社を50秒でまとめた動画を作ってみました

【京都力検定第・38問】


本編であるイメトレ用動画は現在制作中です

元旦までにはアップする予定・・・

【京都紅葉】東福寺の紅葉2022

またまた貴重な休日を利用して

京都の紅葉を見に行ってきました!

今回は京都紅葉の横綱

東福寺

ほんとは鷹ケ峯とか一乗寺とか善峯寺とか

その辺に行きたいんですけど

とにかく時間がないのです!!

アクセスがいい紅葉スポットって限られますからね・・・

頑張って早起きして拝観時間前に現地入り

なんとも朝日が眩しいっ!!
20221125_081533_copy_1024x76820221125_081208_copy_1024x768






秋の拝観時間は8時30分

8時すぎに行ったんですが

既にとんでもない行列ができていました・・・
20221125_084825_copy_1024x76820221125_082624_copy_1024x768






ちなみに団体受付はこんな感じ


拝観時間前は本堂を囲うように長い行列ができていましたが

8時50分頃には行列は綺麗になくなっていました

お寺の拝観受付も

旅行会社の電話受付も

あさイチは大変混み合うのですm(__)m


この日は朝からめっちゃいい天気

赤や黄色の紅葉に青い空

そして太陽の日差しと木々の影

なんとも清々しいですね

やっぱり天気って大事だわ
20221125_091818_copy_1024x76820221125_092231_copy_1024x768






20221125_092053_copy_1024x76820221125_092022_copy_1024x768






20221125_092120_copy_1024x76820221125_093023_copy_1024x768






20221125_093440_copy_1024x76820221125_094413_copy_1024x768






20221125_093917_copy_1024x76820221125_094113_copy_1024x768






20221125_094537_copy_1024x76820221125_094614_copy_1024x768






20221125_094946_copy_1024x76820221125_094921_copy_1024x768






20221125_095619_copy_1024x76820221125_095632_copy_1024x768






この日の様子も頑張って編集しました


この動画の一番の見どころは

やっぱり拝観時間前の行列だな・・・



【京都紅葉】嵐山の紅葉2022

新潟帰りの疲れた体にムチ打って

紅葉シーズンど真ん中の嵐山へ行ってきました

気合を入れて6時に起きたんですけど

外は土砂降り・・・

あ、これは休めってことやな

って諦めて二度寝したんですが

9時に目が覚めた時、外を見ると止んでるやん♪

急いでGoProをリュックに詰め込み、電車の中で昨日までの報告書を入力しながら嵐山駅へ・・・

まず最初に向かったのは“法輪寺”

2年前に紅葉の穴場として紹介したスポットです


fotor_1668920465426_copy_1024x76820221120_104930_copy_1024x768






20221120_104857_copy_1024x768fotor_1668920528809_copy_1024x768






表参道はこれからさらに綺麗に色づくでしょうね

舞台から見下ろす紅葉は見頃でした♪

お次は“大悲閣・千光寺”

ここも2年前に紹介した穴場スポット


大堰川(保津川)沿いから見る紅葉も綺麗ですね
20221120_120721_copy_1024x76820221120_115917_copy_1024x768






20221120_120410_copy_1024x76820221120_120045_copy_1024x768






20221120_120431_copy_1024x768fotor_1668920294918_copy_1024x768






穴場スポットゆーても、さすがにここも人が増えてるかな?

と覚悟はしてきましたが

今年も穴場でした(笑)
fotor_1668920337912_copy_1024x768






まぁ人が少ないのは個人的にはありがたいことですが

私の動画の影響力がないってことか・・・
20221120_114055_copy_1024x76820221120_114108_copy_1024x768






紅葉のタイミングはこれまでで一番が良かったかも♪
20221120_113634_copy_1024x76820221120_113609_copy_1024x768






看板犬のすみれは健在でしたが

かなり痩せこけていたのがちょっと悲しかった・・・

渡月橋を渡り穴場スポットの領域から

定番スポットの領域へ入ります
fotor_1668920098011_copy_1024x768fotor_1668920559878_copy_1024x768






fotor_1668920267595_copy_1024x768fotor_1668920245093_copy_1024x768






穴場→穴場と続いたので

最後は定番の“天龍寺”へ

嵐山をダイナミックに庭園に取り入れた

見事な借景庭園ですね
(庭園と嵐山の境界がわからん)
fotor_1668920599308_copy_1024x768fotor_1668920632454_copy_1024x768






紅葉の綺麗さを求めるなら

メインの曹源池庭園より

百花苑や無料エリアの参道の方が綺麗な気がします


天龍寺の北門から出て

最後は“竹林の小径”
20221120_124420_copy_1024x768






思ってたほど混んでないですね

前日の土曜日の方が混んでたっぽい

てことは混雑は来週の土曜が一番のピークでしょうか?


今回も急いで家に帰って動画の編集をしました

ぜひ、京都紅葉のタビトレにご活用ください


本当はもっと色々と見てまわりたかったんですが

翌日は仕事なので3ヶ所が限界でした!!


【京都紅葉】清水寺の紅葉2022

添乗と添乗の合間の貴重なお休みを利用して

清水寺へ紅葉を見に行ってきました
(撮影日は11月17日)

全体的には見頃近し

といった感じですが

舞台の下はかなり色づいていましたよ
fotor_1668684018287_copy_1024x76820221117_091601_copy_1024x768






穴場スポットとしては

アテルイ・モレの碑周辺が綺麗でした

綺麗に花が生けられていると思ったら

毎年11月の第2土曜日に

アテルイ・モレ会による法要が行われているそうです
(今年は11月12日)
20221117_094124_copy_1024x76820221117_094452_copy_1024x768






20221117_094052_copy_1024x76820221117_094018_copy_1024x768






そういえば、この碑の周辺は

桜の季節も綺麗だったんですよね



放生池周辺も綺麗に色づいてきました

18日からライトアップも始まるので

いい感じに紅葉が楽しめるのではないでしょうか?
20221117_095326_copy_1024x76820221117_095410_copy_1024x768






今朝は9時前に到着するように行ったんですが

続々と修学旅行生が来てた

修学旅行生って朝が早いんですね・・・
(8時に出発してあさイチで来てるのか?)
20221117_101931_copy_1024x76820221117_091052_copy_1024x768







京都の紅葉スポットへ行くなら

9時前には到着しておいたほうが良さそうです


今回はじめて4Kで撮影してみました

ぜひ、清水寺の紅葉を4Kでお楽しみください♪
(ちょっと重たいかもしれませんが・・・)





【京都グルメ】京都で食べたいスパイスカレー“ダウチカレー”

しばらく滋賀県の記事が続いたので

今日は京都ネタです

ここ数年、スパイスカレーって人気ですよね

大阪はもはやご当地グルメみたいになってるし


この夏、祇園祭の宵山へ行った際

丸太町に美味しいスパイスカレーのお店があると聞いて

さっそくランチに行ってきました

お店の名前は

Da.uchi Curry(ダウチカレー)

京阪・神宮丸太町駅から徒歩10分弱

駅から中途半端に距離があるので

知る人ぞ知るって感じのお店です
IMG_20220721_124332_copy_1024x768IMG_20220721_121517_copy_1024x768






カレー屋とは思えぬ洋風でスタイリッシュな手書きメニュー

それもそのはず

このお店は元フレンチのシェフが作るスパイスカレーなのです
IMG_20220721_120913_copy_1094x1459








実はスパイスカレーを食べるのはこれが初めて

スパイスカレーって単品でも頼めますが

基本的には2種類とか3種類とか

違カレーをあいがけにしてオーダーするのがメジャーみたいです

こちらはタコのカレーとエビのカレーの2種あいがけ

見た目もめっちゃ写真映えしますよね
IMG_20220721_122650_copy_1024x768






ぷりっぷりのタコに

これでもかってほどゴロゴロ入った海老

まずは具の多さにびっくりです

カレーは辛すぎないので、カレーが苦手な方でも食べやすいと思います
IMG_20220721_123045_copy_1024x768IMG_20220721_122946_copy_1024x768






付け合わせの野菜も1つ1つ丁寧に調理されているのが伝わってきます
IMG_20220721_122934_copy_1024x768






この動画の冒頭にちょこっと登場します




で、今回のビワイチ&長浜観光のあと

京都で再度ダウチカレーに行ってきました

今回は3人でディナータイムに利用

オードブルから頂いたんですが

さすがフレンチのシェフって感じでどれも美味しかったです
IMG_20220916_182735_copy_1024x768IMG_20220916_185853_copy_1024x768






今回もタコが食べたかったけど

メニューになかった・・・
(メニューはその日の食材の仕入れによって変わるのです)

てことでこちらはエビカレーとサーモンカレーの2種あいがけ

もちろん今回も絶品でした♪
IMG_20220916_190000_copy_768x576







てか2回続けて魚介類を頼んでしまった・・・

今度は肉系のカレーを食べなあかんな・・・

デイナータイムはデザートも注文できるので

コース料理としても楽しめますよ♪
IMG_20220916_195752_copy_1024x768








さてさて、それにしても気になる

“ダウチカレー”の“ダウチ”

ヒンドゥー語で〇〇

とかそんな意味かと思ったんですが

オーナーさんの名前

“ウチダ”が由来だそうです(笑)
IMG_20220721_124401_copy_1024x768






近くに京都御苑くらいしか観光地がないので

観光客がフラッと入るような立地ではないですが

わざわざ食べに行っても損はない

そんなお店でした♪



【祇園祭2022】後祭・山鉾巡行のオモテとウラ♪

7月24日は祇園祭(後祭)の山鉾巡行

先日の宵山同様、たまたまお休みだったので見に行ってきました

恥ずかしながら、プライベートで山鉾巡行を見に行くのは

今回で生まれて初めてです(笑)

早めに京都へ向かい

各山鉾町を出発する前の山鉾たちを見たかったんですが・・・

前日の町石道ウォークの疲れが残っていて

予定より1時間ほど遅れてしまった・・・

出発に間に合ったのは“橋弁慶山”
IMG_20220724_082020_copy_1024x768IMG_20220724_082206_copy_1024x768






そして“浄妙山”
IMG_20220724_082412_copy_1024x768






浄妙山は宵山で会所飾りが中止だったので

ここでじっくり見れて良かった♪

久しぶりの筒井浄妙&一来法師
IMG_20220724_082517_copy_1024x768IMG_20220724_082502_copy_1024x768






そして長谷川等伯親子の競演「桜図・楓図」
IMG_20220724_083109_copy_1024x768IMG_20220724_083100_copy_1024x768






唯一、烏丸通りにたつ“鈴鹿山”もなんとか間に合いました

ご神体の瀬織津姫は会所飾りでは撮影NGだったので

ブログ初登場(笑)

お面の下も美しい顔をしているそうです
IMG_20220724_083528_copy_1024x768IMG_20220724_083533_copy_1024x768






“役行者山”は出発ギリギリやったね

最終の打ち合わせ中でした
IMG_20220724_083921_copy_1024x768IMG_20220724_083826_copy_1024x768







そして室町通りと三条通りの交差点まで来ると・・・

西から出発したての“鷹山”がやってきました!
IMG_20220724_084159_copy_1024x768IMG_20220724_084500_copy_1024x768






やっぱり今年の祇園祭は

196年ぶりに山鉾巡行に復活した

こちらの鷹山の話題で持ち切りですね
IMG_20220724_084413_copy_1094x1459








アイドルグループのライブか!ってほどの熱狂ぶり

ほんとここの町だけ異様に盛り上がってた(笑)

そして出発したはいいけど

三条通りからなかなか出れないトラブル発生・・・

これはこれで観光客はじっくり鷹山を満喫できました
IMG_20220724_084519_copy_1024x768IMG_20220724_090243_copy_1024x768






山鉾巡行のメイン会場、御池通りへ出てみました

仕事だと御池通りの観覧席から見るので

祇園祭の山鉾巡行と言えば

この景色が自分の中ではスタンダード
IMG_20220724_091044_copy_1024x768IMG_20220724_090958_copy_1024x768






鳥居に鳩が止まった“八幡山”
IMG_20220724_091014_copy_1024x768IMG_20220724_091022_copy_1024x768






“黒主山”“役行者山”

みんな御池通りに集合です
IMG_20220724_094902_copy_1024x768IMG_20220724_094809_copy_1024x768






そんな中、室町通りを北上してくる2基の山鉾

“鷹山”“大船鉾”です

狭い通りに巨大な2基の山鉾が迫ってくる姿は

ゴジラでも見ているような感覚でした(笑)
IMG_20220724_092204_copy_1024x768IMG_20220724_092215_copy_1024x768






無事、鷹山が御池通りに到着
IMG_20220724_095648_copy_1024x768






196年ぶりとはいえ、十分すぎる貫禄です
IMG_20220724_095706_copy_1094x1459








貫禄といえば、やっぱり大船鉾か

金色に輝く龍頭もイカツイですが

毎年舳先で怖い顔をしているおっちゃんもイカツイです
(普段なにしてる人やろ?)
IMG_20220724_100847_copy_1024x768IMG_20220724_100921_copy_1024x768






大船鉾、やっぱりカッコいいですよね
IMG_20220724_101139_copy_1024x768






さて、河原町通りに来てみました

ちょうどこれから先頭の“橋弁慶山”がやってくるところ
IMG_20220724_103046_copy_1024x768IMG_20220724_102924_copy_1024x768






河原町通りって意外と人が少ないんですね

日陰になる東側はそこそこ混んでいまいしたが

日当たりがいい西側はガラガラでした
IMG_20220724_110517_copy_1024x768






日当たりがいいと言っても屋根があるのでそんなに暑くありません

御池通りに比べ道路の幅も狭いので

大迫力で目の前を通り過ぎる山鉾が楽しめました
(有料観覧席よりこっちの方がいいやん)
IMG_20220724_103439_copy_1024x768IMG_20220724_103539_copy_1024x768






IMG_20220724_103618_copy_1024x768IMG_20220724_103604_copy_1024x768








IMG_20220724_111941_copy_1024x768IMG_20220724_112550_copy_1024x768






鷹山もバッチリ見れましたよ♪
IMG_20220724_113230_copy_1024x768






東側へ渡って、最後の大船鉾を見送ります
IMG_20220724_114120_copy_1024x768IMG_20220724_114235_copy_1024x768






近代的な商業ビルの間を進む大船鉾

なかなか見応えがありました
IMG_20220724_114248_copy_1024x768IMG_20220724_114258_copy_1024x768






規制解除の寸前に河原町通りに出て記念写真を撮るのも人気なようです

確かにこんな状況、普通じゃありえませんもんね(笑)
IMG_20220724_121035_copy_1024x768






さて、この日はブログ用に写真だけ撮って

YouTube用の動画は撮影しないつもりで行ったんですが

結局、動画も撮影しちゃいました

予備バッテリーも撮影用スティックも持ち合わせていなかったんですが

なんとか1本の動画にまとめることができました

行き当たりばったり、色んな通りから撮影したので

同じ山鉾でも色んな顔が見れると思います

ぜひ、動画で色んな顔を持つ山鉾巡行の魅力に触れてみてください



動画のサムネにもあるように

鷹山を見ていたらほんとに途中でウルっときてしまった

関係者でも何でもないのに(笑)

【祇園祭2022】後祭11基の山鉾を歩く!

先週に引き続き

祇園祭の宵山を歩いてきました!

前祭の宵山はわざわざ休みを取って見にいったんですが

後祭はたまたま休みだったのです♪

前祭ではちょっと時間が早すぎて準備ができていない山鉾が多かったので

今回は先にランチを食べたあと

13時半頃からスタートしました!


【橋弁慶山】はしべんけいやま

昨年は山建てすら中止でしたが

今年はしっかりご神体の弁慶&牛若丸も見学OK
IMG_20220721_132613_copy_1024x768IMG_20220721_132627_copy_1024x768






ただし、山車には提灯すら上がっていませんでした・・・
IMG_20220721_132645_copy_1024x768IMG_20220721_161530_copy_1024x768






【浄妙山】じょうみょうやま

こちらも昨年は山建て中止でしたが

今年も会所飾り&御朱印が中止でした・・・
IMG_20220721_134022_copy_1024x768






同じ祇園祭と言っても

山よって対応は異なります

ここは山鉾町が下した判断を素直に受け入れましょう

【鈴鹿山】すずかやま

唯一、河原町通りに建つ山です

会所飾りは14時からで、ギリギリ閉まってた・・・
(後からリベンジしましたが会所内は撮影NGでした)
IMG_20220721_134901_copy_1024x768IMG_20220721_134910_copy_1024x768
 






【役行者山】えんのぎょうじゃやま

ここは恐らく後祭で一番

サービス精神旺盛な山じゃないかな?

宵山初日でも山車の飾りはほぼ完成形に近いし

天気が悪のにビニールも被せずに見せてくれます

おまけに会所飾りの展示もしっかりしていて見やすい
IMG_20220721_140726_copy_1024x768IMG_20220721_141609_copy_1024x768






IMG_20220721_141415_copy_1024x768IMG_20220721_141457_copy_1024x768






ただしご祭神はめちゃ怖いので

小さなお子様づれのお客様はご注意ください・・・
IMG_20220721_141111_copy_1024x768






室町通りは北から

役行者山→黒主山→鯉山と並んでいるので

道路に高張提灯がズラッと並んで壮観です

IMG_20220721_141735_copy_1024x768






そんな室町通りから三条通りを西へ進むと・・・

【鷹山】たかやま

今年、196年ぶりに巡行に復活する注目の山です
IMG_20220721_141937_copy_768x1024IMG_20220721_142228_copy_768x1024








この日は招待客のみ搭乗拝観していたみたい

記念品販売コーナーも大賑わいでした
IMG_20220721_142541_copy_1024x768IMG_20220721_142323_copy_1024x768







あ、室町通りで京都が生んだロックな壁画氏

キーヤン(木村英輝氏)が描いた無数の鯉が!!
IMG_20220721_143524_copy_768x1024








これはかなりインパクトがある作品でした
IMG_20220721_143547_copy_1024x768IMG_20220721_143508_copy_1024x768







【黒主山】くろぬしやま

昨年同様、会所飾りもオープン

ここの飾りはコンパクトに凝縮されていて、とても見やすいです
IMG_20220721_143747_copy_1024x768IMG_20220721_143917_copy_1024x768






【鯉山】こいやま

左甚五郎作と言われる鯉が有名

昨年は会所飾りは中止していた山です
IMG_20220721_144614_copy_1024x768IMG_20220721_145012_copy_1024x768






16世紀に制作されたB.B(ベルギー・ブリュッセル)タペストリー

と呼ばれる懸想品は必見

IMG_20220721_145348_copy_1094x1459








IMG_20220721_145003_copy_1024x768IMG_20220721_145403_copy_1024x768






IMG_20220721_145357_copy_1024x768IMG_20220721_145410_copy_1024x768







お次は室町通り同様、複数の山鉾が並ぶ新町通りへ

この通りには北から

八幡山→北観音山→南観音山→大船鉾

と4基の山鉾が並ぶ

後祭りで一番賑やかな通りです

【八幡山】はちまんやま

こちらも左甚五郎作と伝わる鳩が有名
IMG_20220721_151645_copy_1024x768IMG_20220721_160159_copy_1024x768






黄金の社殿にはこれまた黄金の厨子が安置されていて

その中には運慶作の応神天皇の騎馬像が収められています

とっても小さいし、暗くてよく見えませんが

宵山の会所飾りでしか見られない貴重な像

どこぞの“なんちゃらやしゃそん”とは格が違います
IMG_20220721_160205_copy_1024x768IMG_20220721_160424_copy_1024x768







【北観音山】きたかんのんやま
IMG_20220721_152248_copy_1024x768IMG_20220721_152441_copy_1024x768






町内にある呉服店の屏風飾りが素晴らしかったです
IMG_20220721_152524_copy_1024x768IMG_20220721_152354_copy_1024x768






【南観音山】みなみかんのんやま
IMG_20220721_152724_copy_1024x768IMG_20220721_153206_copy_1024x768






昨年同様、一般搭乗拝観も可能でしたが

あまり上がっている人はいなかった・・・

1000円はちょっと高いよね・・・
(大船鉾みたいに500円にすればいいのに)
IMG_20220721_153221_copy_1024x768







【大船鉾】おおふねほこ

最後はやっぱり大船鉾フィニッシュです
(実際の巡行も大船鉾が最後)

今年も一般搭乗拝観を行っていました
(こちらは500円で大盛況)
IMG_20220721_154419_copy_1024x768IMG_20220721_154253_copy_1024x768






前回の巡行(2018年)の際は白木だった龍頭

今年は金箔になってからは初の巡行で

こちらも鷹山同様に注目されています

IMG_20220721_154211_copy_1024x768







さて、駆け足で後祭の山鉾11基を巡りましたが

この様子もYouTubeでアップしています

寝不足になりながらも急いで仕上げた動画ですので

ぜひ、宵山気分でご覧くださいね♪





【祇園祭2022】前祭23基の山鉾を歩く!(後半)

蛸薬師通りのお店でランチを食べたんですが

お店の近所でこんな光景に遭遇

うわ、これ布袋山やん!!

布袋山ゆーたら現在

休み山になっている山ですよ

今年、約200年ぶりに巡行に復活する鷹山のように

いつか布袋山の巡行が見られる日が来てほしいですね
IMG_20220714_134234_copy_1024x768IMG_20220714_134228_copy_1024x768







四条傘鉾(しじょうかさほこ)

綾傘鉾に続く傘鉾

ここは会所飾りが見当たらなかった
(どこかにあったのかもしれません)

IMG_20220714_135419_copy_1024x768IMG_20220714_135426_copy_1024x768






蟷螂山(とうろうやま)

みんな大好き蟷螂山!(笑)

歴史上の人物や中国の史話など

ちょっと難しそうな題材の山鉾が多い中

かなり親近感の湧く山鉾です
IMG_20220714_134942_copy_1024x768IMG_20220714_134958_copy_1024x768






“かまりきおみくじ”は必見!

こんな優雅なおみくじ、なかなかないですよ

まさに京都!!って感じのおみくじです
IMG_20220714_135100_copy_1024x768IMG_20220714_135044_copy_1024x768









郭巨山(かっきょやま)
IMG_20220714_140507_copy_1024x768






放下鉾(ほうかほこ)
IMG_20220714_141022_copy_1024x768






霰天神山(あられてんじんやま)

霰天神山は会所がうなぎの寝床みたいになっていて

舞妓さんみたいな恰好の女性がいたりして雰囲気がありますが

ご神体は撮影NGなので気をつけましょう
(撮影できない会所はここくらいかな?)
IMG_20220714_141441_copy_1024x768






菊水鉾(きくすいほこ)

裏千家・表千家のお茶会が行われる鉾なので

着物をきた上品なマダムがウロウロしています(笑)
IMG_20220714_142238_copy_1024x768IMG_20220714_142346_copy_1024x768






山伏山(やまぶしやま)

会所は狭いですが、綺麗に懸装品が飾られています

2階のご神体もお見逃しなく!
IMG_20220714_142847_copy_1024x768IMG_20220714_142917_copy_1024x768






占出山(うらでやま)

恐らく、前祭の会所飾りで一番見ごたえがあります
IMG_20220714_144049_copy_1024x768IMG_20220714_143538_copy_1024x768






IMG_20220714_143549_copy_1024x768IMG_20220714_144013_copy_1024x768






三十六歌仙や日本三景をデザインした刺繍は必見です
IMG_20220714_143959_copy_1024x768IMG_20220714_144008_copy_1024x768






孟宗山(もうそうやま)

提灯すら出ていなかった・・・

宵山初日といっても

準備のスピードにはかなり差があるようです
IMG_20220714_144245_copy_1024x768






長刀鉾(なぎなたほこ)


“キング・オブ・ヤマホコ”

って唯一無二の存在感ですが

立地的にゆっくり見れないのが難点かな
IMG_20220714_145048_copy_1024x768IMG_20220714_144901_copy_1024x768






函谷鉾(かんこほこ)

長刀鉾と同じくらいの規模だと思いますが

こちらの方が開放感があって撮影しやすいです
IMG_20220714_145603_copy_1024x768






月鉾(つきほこ)

祇園祭で一番大きくて思い鉾

四条通り沿いに並ぶ

長刀鉾・函谷鉾・月鉾

は山鉾の中でも御三家って感じやね
IMG_20220714_150721_copy_1094x1459








左甚五郎作と伝わる兎の彫刻は必見です
(確かに眠り猫感のあるウサギやな)
IMG_20220714_172424_copy_1024x768IMG_20220714_152217_copy_1024x768






これにて前祭の山鉾

23基すべて制覇!!

さっさと撮影してさっさと帰宅しようと思っていたんですが

なんやかんやで時間が押してしまったので

17時から行われた函谷鉾のお囃子を聞いて帰りました
IMG_20220714_170815_copy_1024x768









提灯に明かりが灯る

生でお囃子が流れる


お祭りにはこの要素は欠かせませんね

ってことで函谷鉾のお囃子もバッチリ収録された動画がコチラ


さて、来週は後祭が控えていますね

ちなみに昨年の宵山はこんな感じでした・・・










 

【祇園祭2022】前祭23基の山鉾を歩く!(前半)

今年も祇園祭の宵山へ行ってきました

今回は3年ぶりに全ての山鉾が勢揃い!

できるだけ時間のムダがでないよう

事前にしっかり順番を決めて

そのルートに沿って歩きたいと思います
IMG_20220714_091250_copy_1459x1094







全部で23基あるので一気に歩くのはしんどいです

なので四条通りで線引きをして

午前に南側11基

午後に北側12基

と分けて歩きたいと思います


撮影日は宵山初日にの7月14日(木)

それでは前半戦スタート!!

保昌山(ほうしょうやま)

まずは1つだけ離れた場所にあるこちらから

以前、全て歩いたつもりでホテルに帰ってきたら

ここだけ抜けてた・・・

なんて苦い思い出のある山なのです
IMG_20220714_103903_copy_1024x768IMG_20220714_104012_copy_1024x768






2階に鎮座したご神体をお見逃しなく!
IMG_20220714_104345_copy_1024x768IMG_20220714_104338_copy_1024x768







太子山(たいしやま)

この山はちょっと閉鎖的な印象やね
(そこがまた魅力的でもある)
IMG_20220714_105718_copy_1024x768IMG_20220714_105736_copy_1024x768






木賊山(とくさやま)

IMG_20220714_110521_copy_1024x768






油天神山(あぶらてんじんやま)

IMG_20220714_110838_copy_1024x768






芦刈山(あしがりやま)

ここの会所飾りは見ごたえがありました
IMG_20220714_112112_copy_1024x768IMG_20220714_111310_copy_1024x768






ご神体の頭がちょっと怖いです・・・
(子どもが見たら泣きそう)
IMG_20220714_111952_copy_1024x768IMG_20220714_111855_copy_1024x768







伯牙山(はくがやま)

杉本家住宅の目の前の山

ここで蠅蕕たびのツアーに遭遇

山村先生のツアーじゃなかったけど

よくご一緒するお客様とバッタリ会いました(笑)
IMG_20220714_112750_copy_1024x768






船鉾(ふねほこ)

誰がどこから見てもわかる唯一の鉾(笑)
IMG_20220714_113041_copy_1024x768






舳先に乗っているのは金色の生き物は

空想上の鳥、“鷁(げき)”
IMG_20220714_113118_copy_1024x768IMG_20220714_113106_copy_1024x768






岩戸山(いわとやま)

日本神話の名シーン

天岩戸開きを題材とした山
IMG_20220714_113906_copy_1024x768IMG_20220714_114643_copy_1024x768






ご神体はアマテラス・スサノオ・タヂカラオ

会所飾りとは別に

「かみさん飾り」という場所を設けて飾るそうです

名前が書かれた木箱が神々しい!!
IMG_20220714_114238_copy_1024x768IMG_20220714_114233_copy_1024x768






白楽天山(はくらくてんやま)

IMG_20220714_115741_copy_1024x768






ここはグッズ販売の後ろ手にご神体が置かれているので

ちょっと撮影しにくいのが難点・・・
(会所の方はとても親切です)
IMG_20220714_115730_copy_1024x768IMG_20220714_115558_copy_1024x768






綾傘鉾(あやかさほこ)

祇園祭で2つある傘鉾の1つです

他の山鉾に比べ、一見地味に見えますが

台車の上に傘をおく傘鉾は

昔ながらの形態を今に伝える貴重な鉾なのです
IMG_20220714_121347_copy_1024x768IMG_20220714_121401_copy_1024x768






会所飾りは大原神社の境内で雰囲気があります
IMG_20220714_120956_copy_1024x768IMG_20220714_120947_copy_1024x768






IMG_20220714_120659_copy_1024x768IMG_20220714_120735_copy_1024x768






鶏鉾(にわとりほこ)

これまで見てきた中で一番立派な鉾ですね

場所も四条烏丸の交差点に近く、人気の鉾です
IMG_20220714_121502_copy_1024x768IMG_20220714_122325_copy_1024x768







はい、これにて前半戦は終了!

雨が心配でしたが、なんとか傘いらずでまわれました

この様子はYouTubeでもアップ済

ぜひ、動画で祇園祭の雰囲気が味わってみてください



ちなみに去年はこんな感じでした↓




【祇園祭2022】祇園祭の足音が聞こえた夜♪

7月に入り京都はすっかり祇園祭モード

今年は3年ぶりに山鉾巡行が行われますね
IMG_20220704_153235_copy_1024x768IMG_20220704_152612_copy_1024x768






こちらは四条通りにある“田中彌”

創業1808年の老舗京人形店です
IMG_20220705_110926_copy_1024x768_1IMG_20220705_110934_copy_1024x768






こちらのお店では毎年、祇園祭の期間中

店頭にミニチュアの山鉾が

その年の巡行順に合わせて展示されます
IMG_20220705_110909_copy_1024x768IMG_20220705_111032_copy_1024x768






ジオラマで祇園祭のイメトレができますね♪


大丸では四条通りに面したショーウィンドウで

後祭に登場する“大船鉾”の龍頭を展示
IMG_20220705_110603_copy_1024x768IMG_20220705_110517_copy_1024x768






山鉾巡行本番では大きな船型の鉾の頭に付くので

同じ目線で見学できるのはかなりレア♪
IMG_20220705_110532_copy_1024x768IMG_20220705_110547_copy_1024x768







新京極や四条通りではBGMに祇園囃子が流れ始め

祇園祭ムードが漂っていました
IMG_20220704_204518_copy_1024x768IMG_20220704_204835_copy_1024x768






各山鉾町も準備が着々と進んでいるようです
IMG_20220704_210143_copy_1024x768IMG_20220704_205929_copy_1024x768






夜、四条通りを歩いていると

音量がやたら大きい祇園囃子が聞こえてきました

BGMにしては臨場感があるな〜

長刀鉾の会所へ近づいてみると・・・

生演奏でした!!
IMG_20220704_205545_copy_1024x768IMG_20220704_205608_copy_1024x768






どうやら祇園囃子の練習が行われていたようです

たまたま通りかかったので

めちゃお得な気分になりました♪


ひょっとしたら他の山鉾でも?

と思って四条界隈で耳をすませ

祇園囃子が聞こえてくる方向へ歩いてみると・・・

あ、船鉾でもやってる!!
IMG_20220704_210512_copy_1024x768








岩戸山でも!!
IMG_20220704_210839_copy_1024x768








周囲がシーンとしているので

マップとか見なくても

お囃子が聞こえる方向え歩けばたどり着けます

GoProを持って撮影している人もいたので

地元の人はこの練習風景を目当てに見にきてる人もいるんだろうな

お囃子の練習はだいたい会所の2階で行われるので

“二階囃子”と呼ばれているそうです


祇園祭前に京都へお越しの際は

夜の山鉾町を歩いてみては?

タイミングが合えば貸切状態で祇園囃子が聞けるかもしれませんよ♪


ちなみに去年の宵山はこんな感じでした

【前祭】


【後祭】




【お茶の京都】宇治田原町へ行ってきました♪

先日、京都駅の観光案内所で

“宇治田原いいとこガイド”

ってパンフレットを手に取りました
IMG_20220515_151903_copy_1024x768






そういや宇治田原って名前くらいしか知らんな・・・

プライベートでも仕事でも行ったことないし・・・

てことでさっそく休日を利用して歩いてきました

IMG_20220423_124755_copy_1024x768IMG_20220423_122609_copy_1024x768






昨年、同じくお茶の京都である

和束町を歩きましたが

あの時は4月中旬

今回は4月下旬だったので

シートに覆われてる茶畑が多い・・・

IMG_20220423_122700_copy_1024x768IMG_20220423_124023_copy_1024x768






IMG_20220423_123412_copy_1024x768IMG_20220423_122728_copy_1024x768






IMG_20220423_113328_copy_1024x768IMG_20220423_113334_copy_1024x768






でも今回は茶畑がメインではないのでいいんです

こちらは野面積の石垣が美しい

“大道神社”

紅葉の隠れた名所でもあるそうです
IMG_20220423_120008_copy_1024x768IMG_20220423_120942_copy_1024x768






流造の小さな社殿ですが

かつて極彩色に塗られていた面影が残っていますね
IMG_20220423_120627_copy_1024x768IMG_20220423_120338_copy_1024x768






木造の狛犬がいい顔してます
IMG_20220423_120529_copy_1024x768IMG_20220423_120604_copy_1024x768






すぐそばには“信西入道塚”

平安時代、平清盛の時代に活躍した人物です

大河ドラマ「平清盛」では阿部サダヲさんが演じていていましたね

IMG_20220423_174858_copy_1024x768IMG_20220423_174838_copy_1024x768






お昼は“そば処・実り”ってお店で食べたんですが

極細に切られたお蕎麦がめっちゃ美味しかったです!
IMG_20220423_124928_copy_1024x768IMG_20220423_125941_copy_1024x768







午後は湯屋谷(ゆやだに)エリアを歩きました

レトロな茶工場が点在する

ノスタルジックな町並みです
IMG_20220423_131801_copy_1024x768IMG_20220423_132048_copy_1024x768






こちらは観光拠点となっている

宗円交遊庵・やんたん

「湯屋谷」は地元では

「やんたん」と呼ばれているそうです

IMG_20220423_132834_copy_1024x768IMG_20220423_152838_copy_1024x768






お土産コーナーの他にカフェも併設

土日祝はランチも対応しています

IMG_20220423_152931_copy_1024x768IMG_20220423_152823_copy_1824x1368






湯屋谷出身の人物に

日本緑茶に欠かせない人物がいるのをご存知ですか?

それが“永谷宗円(ながたにそうえん)”

現在の煎茶製法は

宗円が15年かけて編み出したものが源流になっているそうです

“永谷宗円・生家”では

宗円が実際に使用していた“焙炉(ほいろ)”も残っています

焙炉→茶葉を揉みながら乾燥させる作業台
IMG_20220423_141408_copy_1280x960IMG_20220423_141355_copy_1024x768






IMG_20220423_141008_copy_1024x768IMG_20220423_140635_copy_1024x768






現在、緑色の美味しいお茶が気軽に飲めるのは

宗円さんのおかげな訳です

ちなみに宗円がこの新しいお茶を江戸に売り込みに行った際

誰も見向きもしなかったこのお茶を買い上げ広めてくれたのが

山本屋の山本嘉兵衛(かへい)

宗円のお茶で繁盛した山本屋はのちに

上から読んでも下から読んでも・・・の

“山本山”となり

永谷宗円の子孫はお茶漬け海苔で知られる

“永谷園”を創業します

意外なところに意外な歴史が隠れているもんですね〜

宗円の生家の奥には

湯屋谷で最初に茶畑がはじまった

“大福谷(おおぶくだに)”の茶畑が広がっていました

IMG_20220423_173748_copy_1024x768IMG_20220423_173826_copy_1024x768






あ、途中で化石も見れましたよ

湯屋谷は海底が隆起してできた土地だそうです

こんな山の中がかつての海の底だったなんて・・・
IMG_20220423_133742_copy_1024x768IMG_20220423_133709_copy_1024x768







最後は“高田通泉園”で人気の“ほうじ茶ソフト”

注文してから茶葉を混ぜるので風味がいいんですよね

舌がザラザラするくらいたっぷりの茶葉パウダー

想像以上に濃厚でめっちゃ美味しかったです♪
IMG_20220423_154647_copy_1024x768IMG_20220423_155009_copy_1024x768







この様子もYouTubeにアップしています

是非、知られざるお茶の京都

宇治田原の魅力に触れてみてくださいね

【前半】


【後半】


今回、やんたんの散策は

観光部会長の木谷さんに案内をして頂きました

ぜひ、初めて宇治田原を歩かれる際は

案内人と一緒に歩くことをお勧めします♪
(案内料は無料)


【鎌倉殿の13人】京都の知られざる源氏ゆかりの地へ♪

ちょっと前のことになりますが

京都にある“源氏ゆかりの地”を歩いてきました

このツアーの下見を兼ねてだったんですが

「鎌倉殿の13人」ゆかりの地めぐりツアー♪【第1回】

その際に下京区が推奨しているこんなコースを見つけたんですよ
IMG_20220501_162157_copy_1824x1368






これがなかなか見応えというか

歩き応えがあったのです

北条義時はあまりよく知りませんが

源平争乱の時代って好きなんですよね♪
(どちらかというと平家推しですが)
IMG_20220326_091858_copy_1024x768







まず最初に向かったのが

六孫王(ろくそんのう)神社

※コチラは南区なので下京区のモデルコース外

清和源氏の祖で六孫王こと

源経基(つねもと)を祀る神社なので

清和源氏発祥の地をして知られています

穴場の桜の名所でもあります
IMG_20220317_113815_copy_1024x768IMG_20220317_113229_copy_1024x768






境内の弁財天社の弁財天は空海作と伝わっているらしいです

毎年6月13日にご開帳←見たい!!
IMG_20220317_112559_copy_1024x768IMG_20220317_112957_copy_1024x768







お次は日帰りツアーでも行った

権現寺(ごんげんじ)

源為義(ためとも)の供養塔があるお寺

大河ドラマ「平清盛」では

小日向文世さんが為義を演じていましたね

IMG_20220308_145009_copy_1024x768IMG_20220308_145023_copy_1024x768






IMG_20220308_145151_copy_1024x768IMG_20220317_120901_copy_1024x768






このお寺は七条通りの

“七条センター商店街”の一角にあるのですが

ここにある“朱常商事”って青果店が

まるで時間が止まっているかのようなレトロ感で

個人的にツボでした(笑)

IMG_20220308_145515_copy_1024x768IMG_20220308_145507_copy_1024x768






このあと七条通りに面した魚問屋

“ととや”でランチタイム
IMG_20220317_121744_copy_1024x768IMG_20220317_121757_copy_1024x768






中央卸売市場のそばの魚問屋

ってことで期待していたんですが

ちょっと思ってたのと違った・・・

↓お刺身定食(935円)
IMG_20220317_123250_copy_1024x768






コスパ的には

“もりもりエビフライ定食”を頼むべきだったか・・・
IMG_20220430_220337_copy_768x1024









午後は日帰りツアーでも訪れた

“左女牛井(さめがい)之跡”

源氏の六条屋敷があった場所に残る井戸の跡

現在は石碑のみ
IMG_20220308_152107_copy_1024x768IMG_20220308_152008_copy_1024x768






若宮八幡宮

源頼義(よりよし)が創建の神社

五条坂にも“若宮八幡宮”ってあるな〜と思ったら

ここが旧鎮座地だそうです

IMG_20220317_133804_copy_1024x768IMG_20220317_133826_copy_1024x768







五條天神社

弁慶と牛若丸(源義経)の出会いの地と言えば

“五条大橋”ってイメージがありますが

実は“五條天神社”の境内とも言われているそうです
IMG_20220308_153032_copy_1024x768IMG_20220308_153327_copy_1024x768






この五條天神社の旧名は“天使社(天使の宮)”

豊臣秀吉が京都大改造の際

境内に道を作ってしまったので

近隣住民が嫌味で

“天使突抜(てんしつきぬけ)”という地名を付けたそうです

これは京都の珍スポットとしてよく話題になる地名
IMG_20220317_143011_copy_1024x768IMG_20220317_142755_copy_1024x768






次のスポットへ向かう途中

“繁昌(はんじょう)神社”なる神社を発見

こんな神社初めて知ったわ
IMG_20220308_154706_copy_1024x768IMG_20220308_154929_copy_1024x768






最後はこちら

神明(しんめい)神社

思わず素通りしてしまいそうな場所ですね・・・
(今回のスポットはみんなそんな場所です)

名前もよくある名前だし・・・
IMG_20220308_160103_copy_1024x768IMG_20220308_160054_copy_1024x768






ここは源頼政(よりまさ)ゆかりの神社

源頼政といえば妖怪

“鵺(ぬえ)退治”が有名

頼政は摂津源氏の武将

摂津源氏といえば

“大江山の鬼退治”“土蜘蛛退治”で有名な

源頼光(よりみつ)が祖と呼ばれています

妖怪退治に縁のある家系ですね(笑)

o0473069814746749166_copy_600x885








で、頼政が鵺を退治した際に使用した矢じりが

この神明神社に奉納されているそうです
(見れませんけど)
IMG_20220308_160527_copy_1024x768IMG_20220308_160544_copy_1024x768






ここの神社は存在は知っていたけど

そんな歴史があったとは知らなかったな・・・

皆さんも今まで素通りしていた神社を調べたら

意外な発見があるかもしれませんよ!!


さて、今回歩いたコースはYouTubeでもアップしています

なかなマニアックなコースなので一般向けではないですが

ぜひ、知られざる京都を体験してみてください♪



大河ドラマ➡「鎌倉殿の13人」➡源氏ゆかりの地

ってことで歩きましたが

大河ドラマで言うと

「鎌倉殿の13人」というより

「平清盛」ゆかりの地やったね・・・(笑)

1648271675679_copy_1194x1194











【京都府民限定】実質0円でホテルに泊まる方法♪

以前、京都の大浴場付きコスパ最強ホテルで

京都駅の駅前にある

“ホテルエルシエント京都”に泊まった話しをしたのを覚えていますか?

京都のコスパ最強&大浴場付ホテル〜ホテルエルシエント京都〜


実質1000円

のありえないほどお得な宿泊プランでしたが

あのプランを上回る

実質0円

でホテルに泊まってきました

はい、またあのキャンペーンを使ったのです

京都府民限定の

“きょうと魅力再発見旅プロジェクト”

Screenshot_20220418_214251_copy_384x288 







京都に限らず各都道府県で行われている

いわゆる都道府県割りの旅行・宿泊応援キャンペーンです

前回は6000円の宿泊料に

3000円の割引

2000円分の京都応援クーポンで

実質1000円というプランでしたが

今回宿泊した

“アーバンホテル京都二条プレミアム”では

10000円の宿泊料から

5000円の割引

2000円分の京都応援クーポン

で、実質3000円と思いきや

さらに・・・

3000円分のホテル利用券が付くので

実質0円となるプランです

IMG_20220419_082149_copy_1459x1094







これめちゃお得ですよね!

アーバンホテル二条プレミアムって

大浴場が付いているんですよ

しかもこのプランは素泊まりじゃなく

朝食バイキング付き!

さらに嬉しいのは

京都応援クーポンは有効期限がチェックアウト日ですが
(日帰りツアーだと旅行当日のみ)

ホテル利用券は1ヶ月間有効なのです!

ホテル利用券はホテルの売店・レストランの他

太秦映画村や交通チケットの購入にも使えます

IMG_20220418_220713_copy_856x1186









2枚(2000円分)の京都応援クーポンの使い道ですが

IMG_20220418_213939_copy_800x600






1枚は夕食にカプリチョーザで持ち帰り用のピザを買って

IMG_20220330_203051_copy_1024x768







残りの1枚は

忘れた・・・


3枚(3000円分)のホテル利用券は

IMG_20220418_213917_copy_800x600






宿泊した際に使う用途がなかったので

先日の日帰りツアーの帰りの夕食代にしました


初日は“アーバンホテル五条プレミアム”

ポークカツカレー(990円)を食べ

IMG_20220416_172700_copy_1024x768







2日目は“アーバンホテル四条プレミアム”

ビール+ハラミステーキ+ご飯味噌汁セット

これで合計1980円

IMG_20220417_165432_copy_1024x768IMG_20220417_170226_copy_1024x768






有意義にキャンペーン特典を使わせて頂きました♪
(3つのホテルで下見もできたし)


このキャンペーンは

アーバンホテル二条プレミアムのほか

アーバンホテル四条プレミアム

アーバンホテル五条プレミアム

アーバンホテル京都(伏見区)

でも実施しています


現在、各都道府県で

都道府県割りのキャンペーンが行われていますよね

皆さんのお住まいの都道府県で同様のキャンペーンが行われているのであれば

一度チェックしてみては?

旅行会社でも都道府県割りを使ったお得なツアーを用意しています


ただ注意して欲しいのは・・・

キャンセルをした場合

GoToトラベルキャンペーンと同様に

キャンセル料は割引適応前の料金にかかるので

かなり割高となってしまいます

その点は十分にご注意くださいm(__)m


あ、ちなみに“きょうと再発見プロジェクト”

4/28まで

残り僅かですのでご予約はお早目に!




【京都の桜】退蔵院(妙心寺)の桜・2022

こちらは本日(4/13)の高瀬川
IMG_20220413_155731_copy_1024x768






こちらは先日(4/1)の高瀬川
IMG_20220401_090855_copy_1024x768






桜のシーズンってあっという間ですね

先日は市内の桜は終わっているので美山へ!

お話をしましたが

実は市内でもまだ見頃の桜ってあるんですよ

そのひとつが妙心寺の塔頭

“退蔵院(たいぞういん)”
IMG_20220413_101609_copy_768x1024








退蔵院は「そうだ 京都、行こう。」でも起用された

大きな傘のような“紅枝垂れ桜”が有名

IMG_20220413_122815_copy_1824x1368IMG_20220413_120822_copy_1024x768






さすがに今が見頃!!とはいきませんが

まだ十分綺麗やん♪

IMG_20220413_145232_copy_1024x768PICNIC_20220413_145434630_copy_1024x768






PICNIC_20220413_151015982_copy_1024x768Fotor_164983895904495_copy_1024x768






枝の中に入って見上げると

その大きさに圧倒されます

Fotor_164983201469147_copy_1024x768PICNIC_20220413_145613907_copy_1024x768






PICNIC_20220413_151625529_copy_768x1024PICNIC_20220413_150450224_copy_768x1024








IMG_20220413_153401_copy_1024x768IMG_20220413_150252_copy_1024x768






IMG_20220413_105600_copy_1024x768IMG_20220413_105626_copy_1024x768






退蔵院はこの大きな紅枝垂れ桜がある

“余香苑(よこうえん)”の前に


本堂でもある方丈が見学ルートに入っています

以前は方丈には入れず

見学は手前の庭園まで

奥にある狩野元信(もとのぶ)が作庭した

“元信の庭”は横からちらっと見る程度だったんですが
IMG_20220413_120911_copy_1024x768IMG_20220413_114309_copy_1024x768






今年から方丈の中に入れるようになり

元信の庭を正面から見学できるようになりました
GOPR1289_copy_1024x768GOPR1286_copy_1024x768






庭師や僧侶が造った庭ではなく

絵師が造った珍しい枯山水庭園

方丈から庭を見下ろす景色は

屋形船から眺めているように設計されているそうです
(定期観光のバスガイドさんが説明してた)
IMG_20220413_114925_copy_1024x768IMG_20220413_114406_copy_1024x768






廊下にある「瓢鮎図(ひょうねんず)」より

本物っぽい瓢鮎図も室内に飾ってありました

もちろんこれも模写ですけど(笑)
GOPR1287_copy_1024x768GOPR1288_copy_1024x768






さて、妙心寺といえば

お隣は我が母校の校舎なのですが

学校名が“京都学園”から

“京都先端科学大学付属高校”

に名前が変わってた・・・

学校の名前が変わると母校感が一気になくなって

なんだか悲しいですね・・・
IMG_20220413_125507_copy_1024x768IMG_20220413_125518_copy_1024x768






しかもその“KUAS”ってロゴなんなん

宇宙航空研究開発機構の“JAXA”みたいやな・・・

IMG_20220413_125447_copy_1024x768







話は変わりますが

退蔵院で空を見上げると

太陽の周りにハロ現象が出ていました

IMG_20220413_150118_copy_1024x768









なんとも神々しい光景ですが

天気が下り坂って予兆でもあるそうです

確かに天気予報でも明日から天気は下り坂

桜もこの雨で散ってしまいそうですね・・・



【美山の桜】大野ダム公園と合わせて行きたいスポット3選

昨日は知られざる桜の名所

大野ダム公園をご紹介しましたが

お花見に行った際に合わせて行って欲しいスポットを3つご紹介します

位置関係はこんな感じ

,大野ダム公園です

スクリーンショット (204)







∪佚腸判斬

日本最古と言われる農民家

かつてこの土地の庄屋さんだった上級農家

石田家の住宅がほぼ当時のまま

保存・展示されています
IMG_20220410_110918_copy_1024x768






屋根の葺き替えは最近なので見た目は新しいですが

中に入るとまるで江戸時代にタイムスリップしたかのよう

IMG_20220410_105958_copy_1024x768GOPR1133_copy_1024x768






IMG_20220410_110930_copy_1024x768IMG_20220410_110737_copy_1024x768






公開は4月〜11月の土日祝のみ

見学は無料ですが
(協力金箱があるのでご協力ください)

受付で住所・氏名を記入します
(代表者のみでOK)



カフェ・ビアンキ

このエリアの貴重な飲食店のひとつ
IMG_20220410_114520_copy_1024x768IMG_20220410_115142_copy_1024x768






2021年にオープンしたばかりなので綺麗な店内です

そして敷地内の桜もめちゃ綺麗
IMG_20220410_115054_copy_1024x768IMG_20220410_124800_copy_1024x768






ランチメニューは

パスタ・カレー・ビビンバの3種類

単品メニューとしてピザトーストもあります
IMG_20220410_115403_copy_1024x768IMG_20220410_115654_copy_1024x768






IMG_20220410_115824_copy_1024x768IMG_20220410_120919_copy_1024x768






ビビンバが地元の人もリピートするほど人気

確かに自家製キムチとの相性バツグンで美味しかった♪

隣接する古民家を改築した宿泊施設は

京都美山さくら荘

IMG_20220410_115126_copy_1024x768







1棟貸しスタイルで

1泊2食15000円〜
IMG_20220410_123631_copy_1024x768IMG_20220410_123948_copy_1024x768






最大9名まで宿泊できるので

家族連れやグループで利用すると楽しそう!!

カップルだと広すぎて落ち着かないかもね(笑)



cycle seeds(サイクルシーズ)

美山に桜の名所があることも知りませんでしが

美山っていま

“サイクリングの聖地”でもあるんですね

その拠点となっているサイクルステーションが

こちらのサイクルシード
IMG_20220410_130116_copy_1024x768IMG_20220410_132624_copy_1024x768






IMG_20220410_132645_copy_1024x768IMG_20220410_132634_copy_1024x768






もちろんレンタサイクルも行っています
IMG_20220410_132802_copy_1024x768






サイクルシードは単なるサイクリストだけの交流の場ではなく

美山町の地域住民同士

そして地域住民と来訪者を繋げる多目的なスペースとして

代表の“ブラッキー中島氏”が様々なイベントを仕掛けています

このブラッキー中島氏がめちゃ個性的!!

そしてエネルギッシュでとにかく熱い!!

このサイクルシードの建物も

クラウドファンディングで資金を集め

ブラッキー氏がセルフビルドで建てたそうです


ぜひ、サイクリングを通して

美山町の知られざる魅力に触れてみて下さい

美山ってかやぶきの里以外にも

色々と面白いスポットがありますよね♪

ってことで大野ダム公園の動画に

この3ヶ所のスポットも少しだけ盛り込んでいます



そしてこの動画の最後には

特別にブラッキー中島氏のご自宅の様子も

ちょこっと撮影させて頂いています

目の前に広がる田園風景

ここからの景色にほれ込んで

この家の購入を決めたそうです
IMG_20220410_130526_copy_1024x768IMG_20220410_131504_copy_1024x768






ぜひ、動画でかやぶきの里だけではない美山

そして桜だけではない美山を感じてみてください



【京都の桜】大野ダム公園(美山町)の桜・2022

皆さん、京都府南丹市美山町

と言ったら何を思い浮かべますか?

こんな感じですよね

IMG_20220410_142301_copy_1024x768







美山=かやぶきの里


ではないでしょうか?


私もそうです(笑)


今回、美山に桜の絶景スポットがあると聞いて行ってきました

それが

大野ダム公園

バス釣りでは結構有名なポイントです
(この日も数名のアングラーがいました)

地元では桜や紅葉の名所として

春はさくら祭り

秋はもみじ祭りが開催されているそうです

ゆーても今まで桜の名所とか聞いたことないし

これまで京都市内の有名な桜の名所を撮影しまくっている身としては

大して期待せずに行ったんですが・・・



めっちゃ綺麗でした!!

IMG_20220410_105016_copy_1824x1368IMG_20220410_105007_copy_1824x1368






IMG_20220410_104443_copy_1024x768IMG_20220410_195943_copy_1024x768






日曜なのにこの人の少なさ

もちろん団体ツアー客とかおりません

IMG_20220410_103446_copy_1024x768IMG_20220410_101251_copy_1024x768






IMG_20220410_103802_copy_1024x768IMG_20220410_101203_copy_1024x768






IMG_20220410_200408_copy_1024x768IMG_20220410_200256_copy_1024x768






IMG_20220410_200220_copy_1024x768IMG_20220410_200203_copy_1024x768






大自然の中のお花見は

市内の名所とは一味違いますよね

ダムという巨大建造物と桜

って構図がそもそも市内ではありえないし

大きなダム湖(虹の湖)に映る山々や桜

そしてなんと言っても

高さ60m以上のダムの堰堤から見る桜は

まるで自分がドローンになって上空を飛んでいるような

そんな浮遊感の中で桜を楽しめます

このスケールの大きさは

ちょっと市内の名所では味わえないですね


とりあえず

この動画を見たら絶対行きたくなるやろ

って動画を作りました

ぜひ、騙されたと思ってご覧頂きたいと思います

自分で編集しながら何度もうっとりしました

綺麗すぎて(笑)



市内の桜はもうピークを過ぎていますが

美山の桜はまだ楽しめます!!

ぜひ、今週末はドライブを兼ねて

美山町へ遊びに行ってみませんか?


バス釣りする方はタックルもお忘れなく!!



【京都の桜】金戒光明寺&真如堂の桜・2022

平安神宮とセットで桜と言えば・・・

やっぱりここでしょ

金戒光明寺

ここは去年も来たけど

駆け足でめぐったので心残りがあったんですよね

今年もやっぱり山門周辺の桜が綺麗だわ
IMG_20220405_114200_copy_1024x768IMG_20220405_114221_copy_1024x768






IMG_20220405_112935_copy_1024x768IMG_20220405_112755_copy_1024x768






墓地エリアもめっちゃ綺麗

トイレや蓮池がある辺りが特に桜が多いので

三重塔まで上がって見下ろすのがオススメです
IMG_20220406_144245_copy_1024x768IMG_20220406_144232_copy_1024x768






IMG_20220405_110151_copy_1024x768IMG_20220405_110647_copy_1024x768






この日の様子もサクッと動画にまとめております

去年は落ち着きのない動画だったので

今年はゆっくり金戒光明寺の桜をお楽しみください♪




そして金戒光明寺とセットで桜と言えば・・・

真如堂

真如堂自体の桜はそれほど多くはないです

やっぱりここは紅葉やね
IMG_20220405_123504_copy_1024x768IMG_20220405_123526_copy_1024x768






こちらは去年見つけた桜の絶景スポット

真如堂の塔頭寺院“法伝寺”

こじんまりした境内ですが

桜の密度はかなり濃いめ
IMG_20220405_121311_copy_1024x768IMG_20220405_122505_copy_1024x768






IMG_20220405_121830_copy_1024x768IMG_20220405_121816_copy_1024x768






そして真如堂とセットで桜と言えば・・・

向かいにある

宗忠神社

ここまでは去年と同じルートですね

IMG_20220405_125353_copy_1024x768






去年はこのあと吉田神社によって山を下りたんんですが

今年は“竹中稲荷神社”なる神社に行ってみました

桜と鳥居が交互に迫ってくる参道

まさに鳥居と桜のミルフィーユ状態です!!(笑)
IMG_20220405_130612_copy_1024x768IMG_20220405_130303_copy_1024x768






竹中稲荷神社の存在は知っていたけど

桜がこんなに綺麗だとは知りませんでした
IMG_20220405_130942_copy_1024x768IMG_20220405_130834_copy_1024x768






本殿の脇からは見る大文字山もいい感じ♪
IMG_20220405_132604_copy_1024x768IMG_20220405_132558_copy_1024x768






金戒光明寺と真如堂は

セットで1本の動画にする予定でしたが

集中力の限界だったので2本の動画に分けました

その分、各場所でじっくり桜が楽しめると思います

ぜひ、どちらの動画も合わせてお楽しみくださいね




これにて2022年

京都市内の桜めぐりは終了です

たぶん・・・



【京都の桜】平安神宮(神苑)の桜・2022

2022年の京都桜めぐり6回目は

平安神宮

IMG_20220405_101841_copy_1024x768






色々と迷ったけど

やっぱりベタなスポットに来てしまった

どうせ行くなら観光バスが来そうな場所の方が勉強になるし♪
IMG_20220405_093420_copy_1024x768IMG_20220405_093811_copy_1024x768






平安神宮の桜はほとんどが有料エリアの神苑内

無料では見せまへん!

神苑の桜は

八重紅枝垂桜という品種が多いらしい

色が濃くて鮮やかですね
IMG_20220405_094144_copy_1024x768IMG_20220405_094553_copy_1024x768






谷崎潤一郎の小説「細雪」にも登場する有名な桜だそうです

どんな話かは知らんけど・・・
IMG_20220405_094204_copy_1024x768IMG_20220405_094416_copy_1024x768






IMG_20220405_094947_copy_1024x768IMG_20220405_094614_copy_1024x768






4つあるエリアの池には桜は少ないですが

最後の尚美館横の桜はなかなか見事でした
IMG_20220405_100023_copy_1024x768IMG_20220405_095904_copy_1024x768






IMG_20220405_100707_copy_1024x768






よくガイドブックとかに載っている桜はコチラです
IMG_20220405_101118_copy_1024x768IMG_20220405_101315_copy_1024x768






蒼龍池にある“臥龍橋”は渡れなくなっていました

混雑する桜のシーズンは危ないので通行禁止にしているようです
IMG_20220405_095538_copy_1024x768







この日もいいお天気だったので綺麗な空と桜を撮影できました

再生回数の伸び方を見ると

やっぱり京都の桜では平安神宮は人気のようです



サムネだけみたら平安神宮っぽくないですけどね・・・・・



【京都の桜】毘沙門堂&山科疎水の桜・2022

2022年の京都桜めぐり5回目に行った醍醐寺

醍醐寺のお花見のあと、地下鉄で山科まで戻り

そこから歩いて山科の桜スポットへ行ってきました

山科の桜スポットと言われてもピンとこない方も多いと思いますが

最近、こんな写真をお花見サイトなどで見たことありません?
IMG_20220404_132836_copy_1024x768






この疎水沿いに咲く桜と菜の花が綺麗なスポットは

山科疎水

そのまんまですね・・・

前々から山科出身の後輩に勧められていたんですが

初めて見に行ってきました

想像以上の桜の多さと

菜の花とのコントラストに驚きました

京都にこんな場所があったとは!!

しかも無料ですよ

某・醍醐寺の1500円はなんやったんや!!
IMG_20220404_132244_copy_1024x768_1IMG_20220404_132310_copy_1024x768






ここは観光客というより地元の人が楽しむスポットって感じですね

比較的人も少なくのんびり桜を楽しめました
IMG_20220404_132322_copy_1024x768IMG_20220404_132503_copy_1024x768






そんな山科疎水の先にあるのが

山科のお花見スポットの代表格

毘沙門堂

そう、紅葉シーズンの京都でここ数年一気に注目を集める

あのモミジの絨毯で有名な毘沙門堂です

IMG_20220404_143501_copy_1024x768IMG_20220404_145911_copy_1024x768






桜が有名だとは知りませんでした・・・

天台宗の門跡寺院ですが

本堂や塀が朱色なので

なんだか神社っぽいですよね
(本堂もここでは本殿と呼ぶし)
IMG_20220404_143838_copy_1024x768IMG_20220404_143520_copy_1024x768






宸殿前のお庭が綺麗ですが

拝観料の500円を払うと

建物内の貴重な襖絵や杉戸絵が見れます
(トリックアート的な作品が多くて面白い!)

建物側から桜を鑑賞できるのも優越感があっていいです(笑)
IMG_20220404_141758_copy_1024x768IMG_20220404_143142_copy_1024x768






宸殿と勅使門の間にひときわ大きな枝垂桜があります

樹齢100年を越える通称「毘沙門しだれ」

過去に「そうだ 京都、行こう。」

のキャンペーンでも起用されたこともあるそうです
IMG_20220404_144547_copy_1024x768IMG_20220404_141959_copy_1024x768






IMG_20220404_143650_copy_1024x768IMG_20220404_143553_copy_1024x768






紅葉シーズンは有料エリアもゆっくり見れないと思います

ぜひ、紅葉シーズンのイメトレも兼ねて

桜のシーズンもお越し下さい
IMG_20220404_145159_copy_1024x768IMG_20220404_145147_copy_1024x768







この動画を見たら

山科のイメージがきっと変わると思いますよ〜♪



動画ではこのあと安祥寺まで歩いています

最後に面白い映像が撮れたので

ぜひ、エンディングまでご覧くださいね♪

IMG_20220406_135400_copy_1024x768











 

【京都の桜】醍醐寺の桜・2022

2022年の京都桜めぐり5回目は

醍醐寺

ここの桜は仕事ではけっこう見ている印象ですが

プライベートでは来たことがないんですよね

初めて地下鉄・醍醐駅から歩いていってみました

IMG_20220404_090334_copy_1024x768IMG_20220404_090303_copy_1024x768






駐車場と霊宝館の間の通り

ここの桜のトンネルは絶景ですね

無料でここまで綺麗な場所はそうないと思います
IMG_20220404_091407_copy_1024x768_1IMG_20220404_091431_copy_1024x768






IMG_20220404_091700_copy_1024x768IMG_20220404_091824_copy_1024x768







醍醐寺の有料エリアは3ヶ所

〇以院 伽藍 N酳館

IMG_20220404_091930_copy_1024x768






チケットは三宝院の入口で販売しています
IMG_20220404_092115_copy_1824x1368IMG_20220404_092132_copy_1024x768






現在は1500円のセット券のみの販売

なかなか庶民の財布には厳しい設定です・・・

さらに三宝院には建物奥部分に進むには

別途500円

霊宝館にいたっては

霊宝館の料金込みってことなのに

館内の寺宝を見るのに

別途500円以上

の寄付が必要

(500円程度じゃなく500円“以上”ってナニ?)

“寄付”なんだから任意でしょ♪

って安易に館内へ入ると痛い目にあいます

これ、ほぼ強制です

館内では入口で係員に声をかけられるので

よほどの根性がない限り

ここを無賃で突破するのは難しいです

その様子を見て構えてしまう人がいるので

扉が自動扉で中が見えなくなっているのが嫌らしいです

いくら文化財保護とはいえ

これはちょっとやりすぎじゃないかな・・・
IMG_20220404_113955_copy_684x912









とはいえ

三宝院の枝垂桜は綺麗だし

IMG_20220404_092512_copy_1024x768IMG_20220404_092438_copy_1024x768







伽藍内にある五重塔周辺や林泉周辺の桜も綺麗

IMG_20220406_125311_copy_1024x768IMG_20220406_125334_copy_1024x768






IMG_20220404_095123_copy_1024x768IMG_20220404_094857_copy_1024x768






IMG_20220406_125437_copy_1024x768IMG_20220404_100027_copy_1024x768






IMG_20220404_100119_copy_1024x768IMG_20220404_095644_copy_1024x768






IMG_20220404_101235_copy_1024x768IMG_20220404_110810_copy_1024x768







霊宝館も敷地内の桜は見事でした

IMG_20220404_113919_copy_1024x768IMG_20220404_113829_copy_1024x768







別館みたいな収蔵庫は寄付なしで入れます

中には平安時代の貴重な五大明王などが鎮座しておりました
(ここだけでもかなり見ごたえがあります)

いつもできる訳じゃないようですが

建物の外周の通り抜けもぜひ歩いてみて下さい
IMG_20220404_114834_1_copy_1024x768






IMG_20220404_121407_copy_1024x768IMG_20220404_121342_copy_1024x768







この日は天気が良かったのでなかなかいい映像が撮れました

敷地が広いのでそれなりに長い動画となりましたが

是非、1500円分の桜をお楽しみ下さい♪



あ、午前中だと五重塔は

逆光となるのでご注意ください・・・

IMG_20220406_125457_copy_1094x1459











【京都の桜】インクライン&哲学の道の桜・2022

2022年の京都桜めぐり4回目は

蹴上から哲学の道まで

ド定番ルートを歩いてきました

撮影日は4月2日(土)

恐らく見頃も混雑も今年一番のピークになりそうな1日です

蹴上インクライン

さすがにすごい人だ(笑)

IMG_20220406_121255_copy_1024x768IMG_20220406_122020_copy_1024x768






IMG_20220406_122126_copy_1024x768_1IMG_20220406_121218_copy_1024x768







南禅寺

法堂の横の桜が綺麗でした

方丈庭園は入ってないけど

桜はどうなんだろ?

IMG_20220406_121711_copy_1024x768IMG_20220406_121730_copy_1024x768







哲学の道

京都のお花見ツアーでは

必ずと言っていいほどコースに入っていますね
IMG_20220406_121406_copy_1024x768IMG_20220406_121344_copy_1024x768_1






哲学の道って

若王子神社から銀閣寺橋までだと思っていたんですけど

今出川通りまで続いていたんですね

今まで知らなかった・・・

しかも銀閣寺から今出川通りまでの区間の方が綺麗!
IMG_20220406_121433_copy_1024x768_1IMG_20220406_121635_copy_1024x768_1






看板も今出川通り側の方が立派だし(笑)

IMG_20220406_123631_copy_1024x768IMG_20220406_121603_copy_1024x768







この日は1日中“花曇り”な空模様

あまりいい映像ではないんですが

一応、YouTubeにアップしています

天気はパッとしないし人も多いし

個人的にはボツにしようかと思ったくらいの動画なんですが

再生回数は他より多い・・・

やっぱり京都の桜と言えば

インクラインや哲学の道が人気のようです



あ、“花曇り”って桜が咲くこの時期によくある

明るい曇り空をさすそうです

仕事で使えそうなポジティブワードですよね♪

↓サムネは思いっきりアプリで加工済み(笑)



ここまでの撮影はお昼まで

実は午後に向かった先がこの日のメインだったんですよね

その様子はまた後日・・・



【京都の桜】車折神社の桜・2022

3月30日に桜を求めて行った嵐山

実はそのあともう1ヶ所桜を見にいきました

向かった先は

車折(くるまざき)神社

芸能人が奉納した朱色の玉垣が人気の

神社というか観光地・・・


ここは創建当初から

“桜の宮”と呼ばれるほど桜が有名なのです

IMG_20220406_113722_copy_1024x768IMG_20220406_113952_copy_1024x768






IMG_20220406_114105_copy_1024x768IMG_20220406_114126_copy_1024x768






IMG_20220406_113836_copy_1024x768IMG_20220406_114016_copy_1024x768






でも今は桜というよりご利益のテーマパーク化していますね

風情とか厳かな雰囲気とかは感じません

商売のやり方がちょっとえぐいなと思ったら

やっぱり神社本庁には所属していない神社でした・・・


IMG_20220406_113746_copy_1024x768_1IMG_20220406_113858_copy_1024x768






車折神社と言えば

ズラリと玉垣に書かれた芸能人の名前
(厳密にいえば境内社の芸能神社)

あれ、見た目を揃えるため同じ人が書いているそうです

なので申し込んでも数か月かかることもあるんだとか

もちろんプロアマは問わずだれでも奉納可能

料金も21000円と意外とリーズナブルです

興味のある方は是非(笑)

車折神社もYouTubeにアップしています




車折神社駅は嵐山駅から3駅

所要時間も4分なので

プラスαの観光としてはオススメですよ




【京都の桜】清水寺&祇園界隈の桜・2022

2022年の京都桜めぐり3回目は

ド定番の祇園界隈へ!!

撮影日は4月1日(金)

スタート地点の京都河原町駅

高瀬川沿いの満開の桜がお出迎え
IMG_20220401_090855_copy_1024x768







円山公園

27日に来たときは全然だったのに

5日でこんなに変わるか?

ってほど満開になっていました
IMG_20220401_094001_copy_1024x768IMG_20220401_093914_copy_1024x768






坂本龍馬・中岡慎太郎像の周辺が桜の園でした
IMG_20220401_101229_copy_1024x768IMG_20220401_100238_copy_1024x768






祇園枝垂れも満開です
IMG_20220401_094316_copy_1024x768IMG_20220401_094704_copy_1024x768







ねねの道

意外と人が少ない・・・
IMG_20220401_102503_copy_1024x768_1IMG_20220401_102520_copy_1024x768







清水寺

人はさすがに多いけど

観光バスは3台・・・

IMG_20220401_122837_copy_1024x768IMG_20220401_122925_copy_1024x768






昨年は無料エリアしか見ませんでしたが

今年はちゃんとお金を払って境内へ
IMG_20220401_114029_copy_1024x768IMG_20220401_114440_copy_1024x768






桜が特に綺麗と感じたのは・・・

|羔銃価阿旅場
IMG_20220406_111739_copy_1024x768_1IMG_20220406_111815_copy_1024x768







▲▲謄襯ぁΕ皀譴糧蠅料阿寮亞
IMG_20220401_120915_copy_1024x768IMG_20220401_120844_copy_1024x768






J生池周辺
IMG_20220401_121435_copy_1024x768IMG_20220401_121514_copy_1024x768






アテルイ・モレの碑以外は無料エリア

てことは春の清水寺は無料エリアで十分ってことなのか・・・

子安の塔あたりは行かなかったけど

桜はどうなんだろ?

他にもいい場所をご存じの方は教えてください!


安井金比羅宮

先日の日帰りツアーでも来ましたが

意外とここは桜が多いんですよね

祇園界隈のお花見の際はぜひ寄ってほしいスポットです

IMG_20220406_112128_copy_1024x768IMG_20220401_125247_copy_1024x768






IMG_20220401_125121_copy_1024x768IMG_20220401_124901_copy_1024x768







祇園白川

去年は夕方になってしまいましたが

今年は青空のもとで桜が楽しめました

やっぱりここは“ザ・京都”って風情があります

IMG_20220401_130918_copy_1024x768IMG_20220401_131439_copy_1024x768






IMG_20220401_131525_copy_1024x768IMG_20220401_131728_copy_1024x768






川端通りと大和大路通りの間の桜のトンネルも綺麗でした
IMG_20220401_130942_copy_1024x768IMG_20220401_132812_copy_1024x768_1







この日の様子は2本の動画にまとめています

ぜひ、祇園界隈の桜の雰囲気を味わってみてくださいね

↓この動画では清水寺を収録



↓それ以外のスポットはコチラ



あ、円山公園でベテランカメラマンのおっちゃんが言っていましたが

4月1日は入学式や入社式の人が多いので

桜の写真を撮るには狙い目の日だそうです

確かに一理あるかも・・・

 

【京都の桜】嵐山の桜・2022

2022年の京都桜めぐり2回目は

どこに行こう・・・

正直どこも“満開”と呼べるほどのタイミングではないんですよね

そんな状況で拝観料が高いスポットへ行くのもなんだし・・・

結局どこに行くか決めないままとりあえず電車に乗って

車内でいつも親しくさせてもらっている

“かわいい京都”さんのチャンネルを見ていると

前日にアップされた“嵐山”の桜が綺麗だったので

それに影響されて“嵐山”に決定!!

めちゃ単純です(笑)

まぁ去年来ていないスポットだし

春の嵐山ってプライベートではあまり縁がなかったのでいい機会です

撮影日は3月30日(水)


さっそくホームから満開の桜がお出迎え

一気にテンションが上がります♪
IMG_20220330_100912_copy_1024x768IMG_20220330_101647_copy_1024x768_1






JRの嵯峨嵐山駅からアクセスするより

阪急の嵐山駅からの方が風情があっていいですね
IMG_20220330_102319_copy_1024x768IMG_20220330_102047_copy_1024x768






まず最初は“宝厳院(ほうごんいん)”

春と秋に特別拝観を行っている天龍寺の塔頭寺院

桜のイメージはあまりないですが

実際あまり桜はなかった・・・(笑)
IMG_20220330_104013_copy_1024x768IMG_20220330_104339_copy_1024x768






IMG_20220330_104523_copy_1024x768IMG_20220330_105953_copy_1024x768






まぁここは苔が綺麗な庭園で有名なので

雨の日はオススメです


それより宝厳院の前にある

“嵐山羅漢”付近の枝垂れ桜がめっちゃ綺麗でした
IMG_20220330_111151_copy_1024x768IMG_20220330_110903_copy_1024x768






IMG_20220330_110945_copy_1024x768IMG_20220330_111439_copy_1024x768






近くに若者に人気のベーカリーカフェ

“パンとエスプレッソと嵐山庭園”という

“部屋とYシャツと私”みたいな名前のお店があるので

よけいに人が多かったです

(え、例えが古い?)
IMG_20220330_111649_copy_1024x768IMG_20220330_112342_copy_1024x768






お次は“天龍寺”

さっきは有料施設で失敗していますが

もっかいリベンジや!!

IMG_20220330_135205_copy_1094x1459








宝厳院と同じ500円でしたが

この500円は価値がありました
IMG_20220331_095454_copy_1024x768IMG_20220331_095948_copy_1024x768







曹源池(そうげんち)周辺に桜はないですが

後醍醐天皇を祀る多宝殿の周辺がめちゃ綺麗でした!
IMG_20220331_100007_copy_1024x768IMG_20220331_095743_copy_1024x768






後醍醐天皇は満開の枝垂れ桜かぶりつきやね
IMG_20220331_100022_copy_1024x768IMG_20220331_095802_copy_1024x768






IMG_20220331_095642_copy_1024x768IMG_20220331_095723_copy_1024x768






さらに奥にある“百花苑”では色んな花が咲き乱れていました
IMG_20220331_095814_copy_1024x768IMG_20220331_095838_copy_1024x768






IMG_20220331_095853_copy_1024x768IMG_20220331_095826_copy_1024x768






IMG_20220331_095919_copy_1024x768IMG_20220331_095907_copy_1024x768






花の横には名前が書かれた看板が

花に無知な私みたいな人間にも優しい天龍寺なのでした

この日の映像もYouTubeでアップ済み

ぜひ、プライベートで仕事で

嵐山へ行かれる方は参考にしてみて下さい




ちなみみ私が参考にしたミヤコさんのチャンネル

“かわいい京都”の動画はコチラ

私と違ってかわいい京都の映像満載です♪




春の桜も秋の紅葉も

見頃をチェックするなら情報サイトよりYouTubeやね♪



 

【京都の桜】京都御苑の桜・2022

いよいよ京都の桜も各地で満開の声が聞こえてきましたね

今年は今のところ仕事でお花見ツアーは入ってはいませんが

休日はYouTubeの撮影も兼ねて

きるだけ京都の桜を追いかけていこうと思います



2022年最初の桜は

京都の桜の中でも開花の早い

“枝垂れ桜”が有名なスポット

“京都御苑”

京都御苑って京都でも不慣れな場所なんですが

どうやら桜スポットは西側に集中しているようです
sakura map_20190205






一番有名なのは“近衛邸跡”

去年、3月31日に来たときは既に見頃は過ぎていたスポットです

今年はバッチリでした!

撮影日は3月28日(月)
IMG_20220328_104517_copy_1024x768IMG_20220328_104609_copy_1024x768






IMG_20220328_104943_copy_1024x768IMG_20220328_105106_copy_1024x768






IMG_20220328_105933_copy_1024x768IMG_20220328_110124_copy_1024x768






IMG_20220328_111020_copy_1024x768IMG_20220328_110647_copy_1024x768







もう1ヶ所有名な枝垂れ桜がコチラ

“出水(でみず)の枝垂れ桜”

ここは近衛邸跡と違い1本桜なんやね
IMG_20220328_114332_copy_1024x768IMG_20220328_114403_copy_1024x768






下立売御門のそばには“ユキヤナギ”が満開でした
IMG_20220328_115121_copy_1024x768IMG_20220328_120052_copy_1024x768







そんな下立売御門の向かいにあるのは

“菅原院天満宮神社”

ここはまだ咲いてなかった
IMG_20220328_122326_copy_1024x768IMG_20220328_122336_copy_1024x768






もう少し上に鎮座する

“護王神社”

ここもまだみたい
IMG_20220328_121457_copy_1024x768IMG_20220328_121229_copy_1024x768






手水舎にカラフルなイノシシがたくさんおりました(笑)
IMG_20220328_121415_copy_1024x768IMG_20220328_121410_copy_1024x768







菅原院天満宮神社や護王神社はカットしましたが

京都御苑の桜はYouTubeにアップしています

ぜひ、京都御苑に行く前のイメトレにご活用くださいね♪





京都・東山花灯路2022に行ってきました♪

先日の日本縦断ツアー5日間

17時半すぎに新大阪に帰ってきたあと

京都・東山花灯路へ行ってきました
IMG_20220313_192118_copy_1024x768






久々の添乗でヘトヘトでしたが

この日がちょうど最終日でどうしても行きたかったのです

東山花灯路はこれまで仕事でもプライベートで何度か足を運んだイベント

寂しいことに今年で最後となるそうです・・・

東山花灯路と嵯峨野トロッコ日帰りツアー♪
(2018年3月15日)
東山花灯路2014に行ってきました♪
(2014年3月18日)


まず最初は八坂神社からスタート
IMG_20220313_193814_copy_1024x768IMG_20220313_194528_copy_1024x768






IMG_20220313_195511_copy_1024x768IMG_20220313_194727_copy_1024x768






八坂の塔は綺麗にライトアップされていました

やっぱりここは絵になりますね
IMG_20220313_200450_copy_1024x768IMG_20220313_200532_copy_1024x768






IMG_20220313_195919_copy_1024x768IMG_20220313_200109_copy_1024x768






清水寺は現代アートとコラボしているようで
IMG_20220313_205644_copy_1024x768IMG_20220313_202939_copy_1024x768






仁王門横にでっかいこけしの花子さん
IMG_20220313_202455_copy_1024x768IMG_20220313_201826_copy_1024x768






西門の下にはヤノベケンジ氏のメタリックな狛犬が置かれていました
IMG_20220313_204508_copy_1024x768IMG_20220313_203710_copy_1024x768






IMG_20220313_204239_copy_1024x768IMG_20220313_204316_copy_1024x768







高台寺公園にはウクライナの国旗柄の灯籠も
IMG_20220313_211401_copy_1024x768IMG_20220313_211133_copy_1024x768






2011年は東日本大震災の翌日

3月12日が花灯路の開催日でしたね

あの時はこの公園が“祈りの広場”として被災地へメッセージを送っていました

「東山花灯路2011」に行ってきました
(2011年3月14日)
「京都・東山祈りの灯り」に行ってきました
(2011年3月16日)


震災や紛争に巻き込まれることもなく生活できていることに感謝です

IMG_20220313_210211_copy_1024x768IMG_20220313_210643_copy_1024x768






IMG_20220313_212157_copy_1024x768IMG_20220313_212602_copy_1024x768






この日の様子も一応、YouTubeにアップしました

本当は動画は撮影しない予定でしたが

夜に弱いGoProがどこまで夜の撮影に耐えられるか?

テストを兼ねての撮影です



途中までなんとかそれなりに撮影できていましたが

最後あたりは設定を間違えてめちゃくちゃが映像が汚いです・・・

予めご了承くださいm(__)m

※ちなみにこのブログの画像はスマホで撮影しています
(3年前に買ったスマホなのにこっちの方が綺麗)

卒業生を送る桜、“春めき”って知ってる?

月末に予定しているツアーの下見を兼ねて京都へ行ってきました

高辻通りを歩いていると

レトロな学校の校舎が見えてきました

Fotor_164751200035559_copy_1024x768







この校舎は昭和6年に成徳小学校として建てられたあと

戦後に成徳中学校として使用

2005年に閉校になったあとは

NPO団体が利用しているそうです

味のある黄色っぽい石材

“龍山石”とアーチ状の青い扉が絵になりますね


敷地内には“栄養給食発祥の地”

“軟式野球発祥の地”の石碑もありました

Fotor_164751220026278_copy_1024x768IMG_20220317_145557_copy_1024x768






そんな成徳小学校(中学校)の校舎の前が

満開の桜並木になっていました!!
Fotor_164751196273667_copy_1024x768Fotor_164751208504655_copy_1024x768






曇っていたのでイマイチ伝わりにくいですが

めっちゃ綺麗でした

今がまさに見頃といった感じです

満開の桜とレトロな校舎が絵になります

Fotor_164751230819176_copy_1024x768Fotor_164751235050930_copy_1024x768






最近、一気に暑くなったとはいえ

早すぎじゃない???
Fotor_164751241877359_copy_1024x768Fotor_164751226294263_copy_1024x768






と思ったら

この桜、

春めき(足柄桜)

という品種だそうです


平成3年に神奈川県足柄市の

古屋富雄氏により発見された新しい品種


学校の校舎に植えられている桜と言えば

新入生を迎える“ソメイヨシノ”が定番

“春めき”はソメイヨシノより早く満開を迎えるというとこで

卒業生の門出を一足早い桜でお祝いしたい!

との思いを込め

古屋氏が全国の小中学校に提供しているそうです

なんともいい話しじゃないですか♪


そういえば、今日は龍谷大学の卒業式だったようで

振り袖姿の卒業生をたくさん見かけました

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます!


さて、今年の桜はどんな感じですかね?

ちなみに去年の3月31日はこんな感じでした



恐らくこの日が京都市内の一番のピークだったんじゃないかな?


 

読んで見て行く京都観光♪

伏見稲荷大社

言わずと知れた全国の稲荷神社の総本社です

皆さんも1度は訪れているのではないでしょうか?

伏見稲荷=千本鳥居

ってイメージが強いですが
IMG_20211223_115749_copy_1024x768IMG_20220129_101938_copy_1024x768






伏見稲荷は奈良の大神神社が三輪山をご神体としているように

稲荷山というお山を信仰していた場所

稲荷信仰の真髄は

山を歩いてなんぼ

ということのようです

神社は時代とともに祀られているご祭神が変わってしまったり

創建当初の信仰とは違ったカタチで現代に受け継がれている場所も多くあります

京都にはたくさんの有名な神社がありますが

そこに神社がある本来の意味は?

そこに祀られているご祭神は本当はダレなのか?

そんな少々マニアックな疑問に答えてくれるのが

高田崇史先生の小説

神の時空(とき)シリーズ

舞台は鎌倉・京都・宮島・奈良・東京と広範囲ですが

伏見稲荷大社が舞台になっている作品もあります


神の時空ー伏見稲荷の轟雷ー

IMG_20220208_101147_copy_800x600







千本鳥居に吊るされた四つの遺体!!

ってなんとも不謹慎なキャッチコピーですが

ミステリーとしてもガイドブックとしても楽しめる作品です


もうしばらく自由に旅行に行けない時間が続きそうですが

この時間を利用して

次に行きたい観光地が舞台の本を読んでみてはどうでしょうか?

今まで何度か足を運んだことのある場所でも

新しい発見がたくさんあって

次に行った際に新鮮な気持ちで楽しめると思います

さらにその観光地がイメトレができる動画があれば・・・


てことで今回、伏見稲荷大社のイメトレ動画を作りました

2020年からずっと作りたかった動画です

これまで何度か足を運んだんですが

なかなか納得がいく映像が撮れなかったんですよね

昨年末、4回目にしてようやく軸となる撮影に成功

これまで撮りためた映像も一部使用しているので

途中で季節が変わったりしているのはここだけの話・・・

是非、伏見稲荷大社へ行く際は

「神の時空」を読んで

「タビトレ!」を見てから行くことをおススメします

これまでの何倍も楽しめると思いますよ♪


動画が長くなったので前半・後半に分けております・・・



神の時空シリーズには貴船神社が舞台の作品もあります

神の時空ー貴船の沢鬼ー

IMG_20220208_103449_copy_800x600







貴船神社へ行かれる際はこの作品を読んで

こちらの動画を見てから行けばバッチリやね♪



こんな感じでこれからも

旅行者が役立つ(であろう)動画を作っていきたいと思います!

チャンネル登録はしなくていいので

ぜひ、高評価なり低評価ボタンを押して頂けると嬉しいです♪



【元旦の京都】新春・京都五社寺めぐり♪

あけましておめでとうございます

昨年に引き続き

添乗に出ない新年を迎えました


せっかくなので京都の人気初詣スポットの様子を見に行こう!

ということでさっそく元旦に

自分で日帰り初詣ツアーを決行

選んだのはコチラの5社寺

スクリーンショット (141)








\仞郷緘幡宮
伏見稲荷大社
清水寺
と坂神社
ナ唇多正


だいたい旅行会社で“京都三社詣ツアー”と言ったら

伏見稲荷大社・八坂神社・平安神宮

って行程が定番ですが

今回は“京都五社寺詣ツアー”やね



まずは一番南(ほぼ大阪!)に位置する

“石清水八幡宮”からスタート

一の鳥居や駐車場付近には露店が出ていました
IMG_20220101_082359_copy_1024x768IMG_20220101_082621_copy_1024x768






大晦日の寒波の影響で、京都でも雪が降りました

八幡でこれだけ積もるのはかなり珍しいです
IMG_20220101_082243_copy_1024x768IMG_20220101_073433_copy_1024x768






7時半頃から登り始めたので、まだ参拝客は少ないですね
IMG_20220101_074250_copy_1024x768IMG_20220101_080006_copy_1024x768






拝殿手前の斜面が凍結している影響で

お賽銭箱が手前に移動していました
IMG_20220101_075857_copy_1024x768IMG_20220103_085806_copy_1024x768






展望台からは綺麗な雪景色が見れましたよ♪
IMG_20220101_081340_copy_1024x768IMG_20220101_081255_copy_1024x768







お次は京阪に乗って“伏見稲荷大社”

お正月期間の特別ルールがいくつかあるのでいい勉強になりました

例えば

‖膩織丱垢任た参拝者はシャトルバスを利用
稲荷大社までの移動は右側通行
5阪から行く場合も大鳥居経由で境内へ


IMG_20220101_094750_copy_1024x768IMG_20220103_092400_copy_1024x768






IMG_20220101_100028_copy_1024x768IMG_20220101_100251_copy_1024x768






今回は千本鳥居方面へは行かず

内拝殿の参拝のみで撤収!!

帰りに伏見稲荷名物の“うずら丸焼き”を購入

実は今まで食べたことなかったんですよね

これ、頭も骨もバリバリ食べるんです

鯉のあらいとか鱧の小骨も苦手な自分にとっては

かなりキツいものがありました・・・
(肉は普通に鶏肉なので美味しかったです)
IMG_20220101_100821_copy_1024x768IMG_20220101_101247_copy_1024x768






お次も京阪に乗って“清水寺”

清水道はかなり賑わっていましたが
IMG_20220101_104748_copy_1024x768IMG_20220103_092936_copy_1024x768






拝観受付以降はそれほど混んでいませんでした
(みんな有料エリアには入らないのかな・・・)
IMG_20220101_111715_copy_1024x768IMG_20220101_105401_copy_1024x768






本堂前の舞台の雪は溶けていましたが
IMG_20220101_110137_copy_1024x768IMG_20220101_110015_copy_1024x768






日当たりの悪い釈迦堂、奥之院の屋根は

綺麗に雪が残っていました
IMG_20220101_110034_copy_1024x768IMG_20220101_110100_copy_1024x768






本堂の雪も今日中になくなりそうですね
(屋根からはユラユラと湯気?が出ていました)
IMG_20220101_110455_copy_1024x768IMG_20220101_110502_copy_1024x768






お次は歩いて“八坂神社”

西楼門付近の混雑が凄かった・・・

中学生の頃、友人と大晦日の夜に八坂神社へ行ったことがあるんですが

この西楼門の階段から四条通りを振り返った時の人ごみは

今でもはっきり覚えているほど衝撃的な光景でした(笑)
IMG_20220101_114948_copy_1024x768IMG_20220103_093741_copy_1024x768






IMG_20220103_093846_copy_1024x768IMG_20220101_114321_copy_1024x768






IMG_20220103_094159_copy_1024x768IMG_20220101_114343_copy_1024x768







最後は“平安神宮”

円山公園から神宮道を直進するだけなので

意外とすんなり移動できます

応天門手前の参道には露店がズラっと並んで賑わっていました

それはいいけど

参道のど真ん中にゴミ捨て場を置くセンスよ・・・

平安神宮の“なんちゃって神社感”

こーゆーところに出ますよね・・・
IMG_20220101_124347_copy_1024x768IMG_20220101_124250_copy_1024x768






個人的に平安神宮ってどうしても

“神社”として見れないんです

そもそも博覧会の目玉として造った“パビリオン”でしょ

再現された歴史的建造物を見に行く場所だと思っています
(奈良の“平城京跡”とかと同じ)


平安神宮も桓武天皇を祀らなければ

ただの“平安京跡”って観光地だったと思います
(跡地はここではないですが)

そう考えたらパビリオンを神社として再利用しよう!

って発案した人はナイスアイデアですね

だってここが“平安京跡”って観光地だったら

ここまで人はこないと思います(笑)
IMG_20220103_094626_copy_1024x768IMG_20220103_094806_copy_1024x768






IMG_20220101_121545_copy_1024x768IMG_20220101_121540_copy_1024x768






IMG_20220103_094831_copy_1024x768IMG_20220103_094848_copy_1024x768







ちょっと話がそれてしまいましたが

そんなこんなで朝早くから出発したおかげで

ランチ前に5つの初詣スポットを参拝することができました

急いで動画もまとめたので

ぜひ、元旦の京都の様子を感じてくださいね♪



人気の初詣スポットはさすがに混み合っていましたが

河原町や新京極は人が少なかったです

鴨川の河原もこんな感じでした・・・
IMG_20220103_094957_copy_1024x768














【異世界の京都】世にも奇妙な堂本印象鳥居って知ってる?

皆さん、堂本印象(どうもといんしょう)ってご存じですか?

大正から昭和にかけて京都を中心に活躍された

京都出身の日本画家です

数多くの寺院にも作品が残っていて

一番有名なのは東福寺・法堂の雲龍図かな?

立命館大学の前には“堂本印象美術館”もあります


そんな京都を代表する日本画家がデザインした鳥居がある!

と聞いて見に行ってきました

最寄り駅はJR・藤森(ふじのもり)駅

初めて降りる駅です
IMG_20211020_113028_copy_1024x768






駅から住宅街を抜け山の中を歩き
IMG_20211020_120044_copy_1024x768IMG_20211020_120725_copy_1024x768






今は神主不在となっている“大岩神社”に到着

その社殿の前後に堂本印象鳥居はありました


逆ルートから行ったので、まず最初に現れたのが

小さい方の堂本印象鳥居

行ってから知りましたが

堂本印象鳥居は2種類あるようです

こちらの鳥居には天女のような女性と

幾何学模様のような不思議なデザインが彫られていました
IMG_20211020_122512_copy_1024x768IMG_20211020_122517_copy_1024x768






IMG_20211221_201240_copy_1024x768IMG_20211221_201304_copy_1024x769








そして次に現れたのが大きい方の堂本印象鳥居

さっきの鳥居もたいがい神秘的でしたが

こちらは神秘的というかなんというか・・・

異次元とか異空間って言葉がしっくりくる雰囲気の中

異様な存在感を放っていました
IMG_20211020_125531_copy_1024x768IMG_20211020_130820_copy_1024x768






左右の柱には地蔵菩薩と毘沙門天かな?

神社なのに仏教色の強いデザインです
IMG_20211020_125959_copy_1024x768IMG_20211020_130015_copy_1024x768






そして鳥居の近くに鎮座する狛犬も独特

これは堂本印印象とは関係ないのかもしれないけど

この空間にピッタリのデザインです
IMG_20211020_130601_copy_1024x768IMG_20211020_130025_copy_1024x768






ここだけ見たらインドネシアの遺跡みたいですよね
IMG_20211020_131025_copy_1024x768IMG_20211020_131021_copy_1024x768






正直ひとりで行くにはかなり勇気がいるスポットですが

機会があれば是非訪れてみてください!

大岩神社から少し上がった場所には

夜景の穴場スポットにもなっている

大岩山展望所もありました
(ここまでは車で来れます)
IMG_20211020_124025_copy_1024x768IMG_20211221_194902_copy_1024x769







※注意※
境内は倒壊した鳥居などが散乱していて足場が悪いです

行かれる際は十分にお気をつけください
(雨の翌日などは避けたほうが良いです)


どんな場所かは動画でタビトレ!



YouTubeを始め、ネットで「大岩神社」と検索すると

「怖い」とか「心霊スポット」とかたくさん出てきます

確かに今は神主不在の廃墟みたいな場所ですが

平成26年に神主さんが退職され不在になったそうなので

けっこう最近まで人がいた神社のようです

行けば分かりますが奉納された鳥居や燈籠などが多数あり

信仰の篤さが伝わってきます

特に大岩神社は結核の治癒に効験があるとして信仰されていたそうで

恐らく健康長寿・病気平癒を祈って沢山の人が参拝されていたんだと思います

そんな祈りの場を

「心霊スポット」とか

「あの場所はヤバい」とか

面白がって発信するのはどうかな?

と個人的には思います

だって信者さんにも神様にも失礼でしょ!!



でもまー

怖がりの私からひとこと言わせてもらうとすると

堂本印象鳥居は確かに一見の価値アリですが・・・


ひとりでは行かんほうがええ




【秋の京都】金閣寺・龍安寺・仁和寺の紅葉2021♪

京都の紅葉シーズンに入ってから

21日(日)⇒南禅寺・永観堂

28日(日)⇒東福寺


と週末に紅葉スポットへ出かけてきましたが

12月4日(土)もお休みだったので

紅葉を見に行ってきました

京都ではほとんどの紅葉スポットが見頃を過ぎていますが

龍安寺は今が見頃!

との情報をキャッチしたので

“きぬかけの路”にある主要な寺院へ

IMG_20211204_105849_copy_1280x960







まずは“金閣寺”

紅葉スポットってイメージは少ないですが

意外と参道などには紅葉がありました

境内はちょっと見頃を過ぎていましたが

池に映る逆さ金閣と青空が綺麗でした
IMG_20211204_094842_copy_1024x768IMG_20211204_095519_copy_1024x768






IMG_20211204_095853_copy_1024x768IMG_20211204_102045_copy_1024x768






IMG_20211204_101151_copy_1024x768IMG_20211204_100901_copy_1024x768_1







お次は“龍安寺”

拝観受付がある山門から既にめちゃ綺麗!!
fotor_1638682367752_copy_1024x768fotor_1638682335662_copy_1024x768






fotor_1638681598544_copy_1024x768fotor_1638681658452_copy_1024x768






石庭もいい感じですね

庭の白砂と紅葉のコントラストが素敵です
IMG_20211204_113858_copy_1024x768fotor_1638682419109_copy_1024x768






fotor_1638682478045_copy_1024x768fotor_1638682510805_copy_1024x768






唐門周辺も絵になるな〜
fotor_1638681922402_copy_1024x768fotor_1638681951204_copy_1024x768






fotor_1638681993294_copy_1024x768fotor_1638682095166_copy_1024x768






境内は黄色いモミジが多い印象です
IMG_20211204_122700_copy_1024x768fotor_1638682048671_copy_1024x768






そして鏡容池周辺がなんとも素晴らしかった!!

ここだけでも拝観料取れそうなほど見事!!
fotor_1638681861992_copy_1024x768_1IMG_20211204_131613_copy_1024x768_1






池に空が映ってどっちが上か下か分からないですね(笑)

ほんとこの鏡容池周辺の紅葉は絶景でした!!
IMG_20211204_131334_copy_1024x768IMG_20211204_131918_copy_1024x768







最後は“仁和寺”

五重塔周辺や金堂周辺の紅葉が綺麗

ここもちょっと見頃を過ぎていましたが

綺麗な紅葉を見ることができました
fotor_1638682180939_copy_1024x768fotor_1638682234843_copy_1024x768






fotor_1638682274355_copy_1024x768fotor_1638682147469_copy_1024x768






この様子も急いで編集してアップしました

是非、続きは動画でご覧ください♪


同じ京都でも場所によって紅葉の見頃にこんなに差があるんですね

インスタはツイッターは過去の写真を再投稿している場合も多いので

SNSで今の京都を知るには

やっぱりYouTubeやね♪(笑)

※サムネイルや概要欄に撮影日が記載されている動画を選びましょう





ちなみに私は“kyoto time 京都じかん”さんの情報をもとに今回の行先を決めました

“kyoto time 京都じかん”さんに感謝m(__)m

京都在住のプロのカメラマンさんなので

めちゃくちゃカッコいいチャンネルです↓








旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
tabitore888@gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・